議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 平塚市

平成24年 総務経済常任委員協議会 本文




2012.06.22 : 平成24年 総務経済常任委員協議会 本文


議 題
  1.第62回湘南ひらつか七夕まつりの開催について

                  午前11時14分開会
【出村委員長】引き続きまして、総務経済常任委員協議会を開催いたします。
 議題は「第62回湘南ひらつか七夕まつりの開催について」です。
 まず、理事者から説明があります。よろしくお願いいたします。


【経済部長】委員会の後、恐縮ではございますが、引き続きお時間をいただきまして、第62回湘南ひらつか七夕まつりの概要につきまして、資料に基づき御説明をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。恐れ入りますが、着座して御説明させていただきます。
 それではまず、1ページをごらんいただきたいと思います。第62回湘南ひらつか七夕まつり開催計画になっております。
 12月のこの協議会で御報告いたしましたとおり、7月6日金曜日から8日日曜日までの3日間の開催となります。
 七夕飾り消灯時刻といたしまして、午後8時30分まででございますが、最終日につきましては、午後8時までに変更となっております。当初よりも時間を長くしましたのは、夜景を3日間とも考慮しましょうということで、委員会の方で提案され、実行委員会で決定をされて、最終日のみ時間が延長になったものでございます。
 また、エリアにつきましては、明石町通りをエリアに含まず、昨年と同様となっております。
 イベント関係につきましては、市民センター会議室で5月27日に開催いたしました織り姫セレクションでは、63名の応募があり、当日の参加者45名の中から3名が第62回の織り姫に選出されております。氏名等につきましては3ページで御確認をいただきたいと思います。織り姫に選ばれました3名につきましては、七夕まつり期間中はもとより、1年間を通しまして、平塚市の観光行事を初め、さまざまな公的行事に出席していただくことになっております。
 次に、4ページと5ページをごらんいただきたいと思います。3日間の各種イベント一覧となっております。4ページにつきましては、会場内のイベントを中心に、5ページにつきましては、市の施設を中心とした認定イベントの状況を掲載させていただいております。
 4ページではまず、初日の7月6日午前8時30分から、避難誘導訓練をまちかど広場を中心として実施いたします。午前10時から開会式を市民プラザ前のメーンステージにて実施いたします。ことしはメーンステージを、仮設のトラックですけれども、設置することになりました。開会式に引き続き、昨年は中止といたしました七夕おどり千人パレードを実施いたします。それ以外のパレードにつきましては実施いたしませんが、土曜、日曜にかけまして、メーンステージにて、崇善小のブラスバンドを初めとして、バトン等の4団体や県警のカラーガード隊に御出演をいただくことになっております。
 土曜、日曜日にかけまして、旧警察署跡地の見附台駐車場で、青年部と青年会議所が開催するイベントといたしましては、被災地への支援として、石巻市の物産等の販売や、熊本県から陸前高田市へ、動く七夕ということで山車の形態なんですけれども、それが寄附されるのに伴いまして、平塚市に途中寄りまして、それを披露するということで、動く七夕の展示もございます。その旧警察跡地のところでは、チャリティーイベントを実施するということになっています。また、先月行われました湘南グルメグランプリの3位までの入賞者が出店することとなっております。
 続きまして、土曜日の午前10時から、崇善マーチングバンドを含み4団体が演奏やバトンを行います。土曜日の午前11時から七夕結婚式がメーンステージから湘南スターモールを行進し、紅谷町のまちかど広場で行われます。現在11組22名のカップルが参加をする予定となっております。この七夕結婚式につきましては、スターモール商店会のアーケード改修に伴います記念イベントとして、開催される予定でございます。
 午後12時からは、市民センターホールでマイ・ディズニージュニアという、ディズニーチャンネルさんの協賛イベントが実施されます。午後1時からはメーンステージにおきまして、神奈川県のカラーガード隊の演奏と演技が行われます。午後2時からは、高山市、花巻市の郷土芸能が披露されます。さらに復興支援イベントとしまして、先ほど言いました陸前高田市の太鼓や、いわき市からフラガールなども出演いただく予定となっております。午後5時からはメーンステージにおきまして、市制施行80周年を記念しましたイベントを予定しております。詳細につきましてはまだ未定となっております。午後6時からはメーンステージにおきまして、SCN七夕特別番組の生中継として、ひらつか観光大使の山瀬まみさんに御登場いただく予定となっております。
 次に、最終日の8日の日曜日でございますが、午前5時から青少年育成団体の御協力によりまして、早朝クリーン大作戦といたしまして、中心街の清掃を実施いたします。午前10時から織り姫の市中訪問パレードが市役所前を出発いたします。午前11時からは市民センターホールでファミリーショーが、日産自動車さんの協賛イベントとして実施されます。メーンステージで、午前10時から伊豆市、高山市、花巻市の郷土芸能が予定されておりますけれども、市民休養の郷の伊豆市の郷土芸能は確定をしておりますけれども、高山市、花巻市につきましては、場合によりまして土曜日のみの出演、日曜日はなくなる可能性もあります。今調整をしております。
 午後1時からはメーンステージにおきまして、ラスカ芸能大道芸がラスカさんの協賛イベントとして実施されます。午後2時からメーンステージにおきまして、市民参加イベントが実施されます。午後5時からはメーンステージにおきまして、七夕飾りコンクールの表彰式を行います。表彰式の後、そちらのお手元の表には入っておりませんけれども、午後7時からメーンステージにおきまして、黒岩知事が太陽光発電設備の設置推進に係る施策の普及啓発のために御出演いただく予定となっております。午後7時を予定しております。
 続きまして、午後7時20分からの閉会式で閉幕宣言を行った後、午後8時の消灯をもちまして、七夕まつりの幕が閉じられるということになっております。
 終了後につきましては、商工会議所、西湘イベント商業協同組合、市職員によります大清掃が行われます。
 続きまして、6ページ、7ページをごらんいただきたいと思います。6ページ、7ページでは、七夕おどり千人パレード、続きまして8ページにつきましては、織り姫市中訪問の詳細を掲載させていただきました。
 続きまして、七夕飾り関係につきましては、9ページをごらんいただきたいと思います。七夕飾りのコンクールの審査日程等が記載されておりますけれども、昨年中止いたしました地区別の部、それから中心街の部に統合されましたけれども、夜景の審査がことしは復活をいたしました。審査の方法がかなり変わっております。また審査員も大きく見直しをいたしまして、人数を少なくしております。
 続きまして、10ページをごらんいただきたいと思います。七夕飾りコンクールの賞も見直しを行っております。ちなみに一昨年、第60回までは、昼の部の特選は恒例によりまして3点ほどあったと思うんですけれども、その辺も見直しております。さらにこのコンクールとは別に、紅谷パールロードと湘南スターモールのアーケードの下に、もうそろそろ始まりますけれども、七夕期間前から長期間飾りを掲出して、例年とは違った飾りが掲出されるという形になっております。
 次に、11ページをごらんいただきたいと思います。交通規制が載せてございます。基本的には昨年と同様の交通規制となっております。しかし交通規制の開始時刻が、前日の7月5日木曜日の午後9時からとなっております。これは湘南スターモールと紅谷パールロードの七夕飾りの掲出に配慮したものでございます。今までは開始の夜中から交通どめをして、それから掲出をしていたんですけれども、市民飾りとか市民団体の飾りが多くなりますと、夜中に出てくるということは大変になります。次の仕事に影響しますので、前日の午後9時から湘南スターモール、紅谷パールロードをとめまして、掲出しやすい形に持っていこうということで、警察と交通事業者、神奈川中央交通さんの御協力をいただきましたので、実施することができます。
 また、バスの運行経路ですけれども、昨年同様明石町通りは交通規制は実施いたしませんが、神奈川中央交通さんの運行につきましては12ページに掲載させていただきましたけれども、明石町通りは通行しないということで、歩行者の安全確保等もありますので、明石町通りは交通規制は行っていないんですけれども、神奈川中央交通のバスは通らないという形になっております。
 次に、13ページの災害等緊急時の対応策と、14ページの災害時避難路及び避難場所位置図をごらんいただきたいと思います。ことしは時間が延長されますことによって、夜の来場者もふえるだろうという想定をいたしまして、学校につきましては崇善小学校のみですけれども、臨時駐車場として開設いたします。このために、見附台広場と八幡山公園及び総合公園を避難場所として指定いたしました。
 続きまして、15ページをごらんいただきたいと思います。河川敷駐車場、それから崇善小学校、競輪場を臨時駐車場として利用いたします。また、駐輪場といたしまして、駅前大通りの東側ラックにつきましては平常どおり営業し、錦町公園に加えて明石町公園も臨時駐輪場として利用いたします。自転車で来られる方が非常に多いということで、臨時駐輪場をふやしております。
 次に、16ページでございます。本年度の露店出店規制につきましては、昨年同様駅前大通りの西側歩道とMNビル北側、中央地下道とし、新たに市民プラザ前交差点から市民センター前まで、東海道本通りの歩道にも出店することとなりました。ことしの露店の出店は約400店となります。昨年は360店、その前は850店ということになっております。
 なお、ことしにつきましても、露天商の出店場所や違法駐車等の対策としまして、開催期間中は露店出店パトロール班を編成するとともに、違法駐車関係は交通安全協会等関係機関の協力も得ながら、適切な指導監督を行ってまいりたいと考えております。また、商店街連合会によります道路使用等自主規制委員会も5年目となり、暴力団規制法の遵守のため、申請を厳密に行っております。
 続きまして、17ページをごらんいただきたいと思います。関連施設配置図でございます。つどいの広場もこもこを救護所本部とし、ことしから保健師さん等の2名体制で対応し、授乳等も市民プラザの第1案内所に加えて実施できるようにいたします。また、南口案内所を初め、まちかど広場では、市民ボランティア等によるお土産の販売も実施いたします。これは高校生等が案内所に入っていただくんですけれども、その学校の特色となるようなものを、そのテントの中で販売させてあげたらどうかということで、試験的ではございますが、お土産を案内所の中で販売するという新たな試みがございます。
 続きまして、18ページをごらんいただきたいと思います。ことしからボランティアの方のかかわっていただく種類を多くいたしまして、多方面に運営を担っていただく予定となっております。青年部や青年会議所をリーダーとし、ボランティア説明会も、あす6月23日土曜日に実施する予定となっております。
 続きまして、最後に20ページでございますが、過去5年間の七夕まつりの諸記録を参考までに掲載させていただきました。昨年の第61回の開催につきましては、地震と節電の関係から3日間開催、夜7時消灯、エリア縮小といたしましたので、来場者数、露店数、駐車台数、観光バスの台数が減少しておりますけれども、中段にございます青少年の指導件数も大幅に減少しております。期間の問題、時間の問題等で、大幅にそういう指導された青少年が減っているというものも出ております。
 なお、七夕飾りの本数につきましては、あくまでコンクールに参加いただいた本数をそちらに掲載しております。昨年は夜景の部と地区別の部がなかった関係上、大幅に総数としては減っておりますけれども、その他につきましては幸いに大きな変化はございませんでした。コンクールの出店数について大きな変化はなかったということでございます。
 以上をもちまして、今年度の開催概要の御説明を終わらせていただきますが、資料といたしまして、第61回の決算書及び第62回の予算書を配付させていただきましたので、よろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。


【出村委員長】御苦労さまでした。説明は終わりましたけれども、質問等がありましたら御遠慮なくどうぞ。


【渡辺委員】駐車場なんですけれども、学校の駐車場は、雨天のときはグラウンドがぬかるんでしまうということなんですけれども、この数年間を見ても非常に多いわけですよね。これはどの程度雨を。雨の場合閉鎖とか、雨がやんだらまたあけるとか、非常に複雑になってくると思うんですが、その辺はどんなふうに考えているのか。
 あと、もう1つ、これは我々の問題ですけれども、審査員で回るんですけれども、いつも服装がユニホームで行くのか、自由なのか、統一してほしいんです。


【商業観光課課長代理】ただいま、学校駐車場の雨の場合の対応、それから七夕飾りのコンクールの審査員の服装について、2点の御質問をいただきましたので、順次お答えさせていただきます。
 学校駐車場につきましては、教育委員会の教育施設課に常時いていただく形になりまして、雨天等の場合には、教育施設課と学校と御相談をさせていただいて、使える状況かどうか、学校側の判断をもちまして、開設するか否かの判断をさせていただいております。状況によりまして、途中から降ってくる、またあらかじめ降ったのがやむという状況も想定されますが、そのときどきの状況を考慮いたしまして、開設する、しないという判断をさせていただいてございます。当然教育施設課、学校の相談が実行委員会に上がってきまして、最終的な判断をさせていただきますけれども、その都度学校側と御相談をしながら開設させていただいているところでございます。
 七夕飾りコンクールの審査員さんの服装につきましては、審査班を通しまして、基本的には七夕アロハを着用していただくお願いをしているところでございます。常時渡してありますけれども、忘れた何とかということで控えを用意していますが、サイズの関係等ありまして、統一できていない部分があるかもしれませんが、基本的には七夕アロハということで、審査班にサイズも含めて余分に、そのとき持ち忘れた方にも着用していただけるような形で対応していきたいと考えてございますので、よろしくお願いいたします。


【渡辺委員】駐車場の周知について、どうお客さんたちに周知をしていくのか、その辺は大事な問題なんです。答弁してください。


【商業観光課課長代理】学校駐車場につきましては、プログラム等、それからホームページ等でも大々的に周知はさせていただいておりません。基本的には河川敷の無料の駐車場を御利用いただきまして、そこからのシャトルバスを御利用いただくような形での周知を行っております。ただ、例年御存じの方はいらっしゃって、御利用になる場合がございます。また雨で閉鎖している場合等につきましても、ガードマンとか表示を立てまして、無料の河川敷の駐車場の方を御案内するという形で対応させていただいております。
 以上です。


【渡辺委員】要するに学校があいている、あいていないというのは、今の話だったら河川敷の方で案内をするということですか。そうすると、要するに学校にとめようとしている人たちは、雨が降っているとか、やんでいるとか、そのときにわからないわけでしょう。だからそれをどう徹底するのか。今の話だとわからなくなってしまう。


【商業観光課課長代理】学校駐車場の場合には先ほどから御質問いただいているとおり、雨のときに使えないという状況が想定されますので、あらかじめいろいろな広報物等では、河川敷の駐車場のみの御案内をさせていただいておりまして、学校駐車場が使えるという発表は、現実にはさせていただいていないところです。ただ、利用者も多くいらっしゃることから、そこに来られる方もいます。雨であけていなくても来られる場合には、ガードマン等で河川敷の駐車場までの地図も用意しましてお渡しして、御理解いただいて回っていただいているというのが現実でございます。
 当然あいているということであれば、そのとき問い合わせが開催本部等にいろいろ来ます。そのときには、学校駐車場が開設していれば御案内をさせていただいたりはしてございます。その当日のお問い合わせ等につきましては対応させていただいていますが、あらかじめ事前に天気等で開設できるかどうかはわからないので、事前の告知はしていないということで、当日等につきましては周知をさせていただいていますし、また途中でクローズになるとか、あらかじめクローズの場合には、車が来た場合にはガードマン等にそういった対応をとらせていただいているということで、御理解いただければと思ってございます。
 以上です。


【渡辺委員】では、入っている車はもう入ってしまえば、雨が降ろうと何だろうと、それはもうとめていてもいいということになるわけですよね。あとは早い話が、要するに雨のときはそこに行かなければわからないということですよね。


【出村委員長】ほかにございますか。


【片倉委員】説明ではなかったんですけれども、附則として、七夕まつりの平成23年度の一般会計決算、今年度の当初予算が資料として配付されました。ここでちょっと教えていただきたい点があるんですが、まず平成23年度の収入、支出と24年度は、大分書式が変わってきているということがあります。一般会計と臨時駐車場特別会計が23年度の前年度繰越金として掲出されています。24年度の予算で見ますと、これが前年度繰越金のところからではなくて、臨時駐車場の250万円が諸収入190万円に減額になっていますけれども、諸収入として今度やっていく状況になるのか、ちょっとわからなかったので。台数を含めて250万円から190万円に60万円減額されているわけですよね。これらの理由がもしわかるんであれば、お願いしたいなと。
 もう1つ、織り姫に関して、旅費の支出ですとか、飲み物含めて、平成24年度の予算の中に大分計上されていますよね。
 ボランティア謝礼というのが、平成24年度の予算の中から27万円実際出ているのですけれども、ボランティア謝礼は何を考えているのですか。実行委員会で考えているのか。具体的にわかれば教えてください。


【商業観光課課長代理】何点か予算の関係で御質問いただきました。
 まず、平成23年度に臨時駐車場特別会計と記載があるが、24年度はまた違ってくるということなんですが、これは22年度までは平塚市が主催ということで、市から委託料として実行委員会に支出されておりまして、その委託料を含まないということで、駐車場特別会計と環境接遇特別会計という一般会計以外に2つの特別会計を持って、臨時駐車場の部分につきましては、臨時駐車場の収入をもって、その中で学校駐車場の整備等を含めたお金を、その収入の中でやっているということで、市の委託を使わないところの特別会計という形で実施しておりまして、そこで平成22年度、天候が恵まれて、それから今と違って、崇善小学校だけでなく、江陽中学校、松原小学校と3つの駐車場を活用できたことから、収入が多くあり、250万円の繰り越しが平成22年度に発生しているということでございます。
 平成23年度、主催が市から実行委員会に変わったということで、市からの支出が補助金という形になりまして、名目ごとに補助金ということになっていますので、特別会計を昨年度廃止いたしまして、1つの一般会計とさせていただきましたので、特別会計からではなく、こういった記載の変更がある部分でございます。
 また昨年につきましては、震災の影響もあり、学校を臨時で駐車場として開設しなかったということで、臨時駐車場の収入というのが昨年はなかったものでございます。ことしにつきましては崇善小学校1校のみの開設となりますので、金額が190万円ということで、250万円繰り越しがあったということは、もっと収入もあったということの御質問だと思いますけれども、下がっているというのは、江陽中学校と松原小学校の分が減っているということで御理解いただければと思ってございます。
 それからボランティア謝礼につきましては、この平成24年度におきまして、ボランティアを拡充させていただいて、市民に運営に多く参加していただくといった部分がございます。その中で、交通費相当額分のという形のものを考えてございまして、そちらの支出等を盛り込ませていただいている部分でございます。今まで環境接遇ということで、案内所のお手伝いをしていただいたり、クリーンキャンペーンのみだったんですが、今後イベントの運営等のお手伝いですとか、七夕飾りの掲出、撤去等のお手伝いといった部分まで、ボランティアの範囲を広げておりますので、それに対応した措置ということで御理解いただければと思います。
 以上です。


【出村委員長】片倉委員、よろしいですか。


【片倉委員】はい、いいです。


【出村委員長】これで質問等を終わらせていただきたいと思います。
 なお、それ以外、お尋ねになる方については、窓口にお尋ねいただいて御了承いただければと思います。
 それでは本件は報告でありますので、これで委員協議会を閉会いたします。大変御苦労さまでございました。
                  午前11時43分閉会

           委 員 長   出 村   光