議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 相模原市

平成27年  第2回定例会開会会議 05月20日−02号




平成27年  第2回定例会開会会議 − 05月20日−02号







平成27年  第2回定例会開会会議



    平成27年相模原市議会第2回定例会開会会議会議録 第2号

 平成27年5月20日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程

 日程1 議案第53号 相模原市介護保険条例の一部を改正する条例について(民生委員会審査報告)

 日程2 議案第54号 相模原市建築基準条例の一部を改正する条例について(建設委員会審査報告)

 日程3 議案第59号 副市長の選任について

 日程4 報告第9号 専決処分の報告について(地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律による介護保険法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例)

 日程5 報告第10号 専決処分の報告について(相模原市国民健康保険条例の一部を改正する条例)

 日程6 報告第11号 専決処分の報告について(相模原市旅館業法施行条例の一部を改正する条例)

 日程7 報告第12号 専決処分の報告について(相模原市手数料条例及び相模原市鳥屋猟区入猟承認料徴収条例の一部を改正する条例)

 日程8 報告第13号 専決処分の報告について(損害賠償額の決定)

 日程9 継続調査の承認について(議会運営委員会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(46名)

      1番    羽生田 学

      2番    竹腰早苗

      3番    田所健太郎

      4番    石川 達

      5番    小林丈人

      6番    南波秀樹

      7番    宮崎雄一郎

      8番    渡部俊明

      9番    山口美津夫

     10番    鈴木晃地

     11番    長谷川くみ子

     12番    山下伸一郎

     13番    松永千賀子

     14番    小田貴久

     15番    臼井貴彦

     16番    後田博美

     17番    小野 弘

     18番    石川将誠

     19番    古内 明

     20番    寺田弘子

     21番    長友義樹

     22番    野元好美

     23番    五十嵐千代

     24番    桜井はるな

     25番    関根雅吾郎

     26番    鈴木秀成

     27番    西家克己

     28番    久保田浩孝

     29番    大崎秀治

     30番    小野沢耕一

     31番    阿部善博

     32番    中村昌治

     33番    須田 毅

     34番    森 繁之

     35番    栗原 大

     36番    岸浪孝志

     37番    大沢洋子

     38番    江成直士

     39番    金子豊貴男

     40番    栄 裕明

     41番    加藤明徳

     43番    米山定克

     44番    沼倉孝太

     45番    稲垣 稔

     46番    久保田義則

     47番    山岸一雄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長           加山俊夫

 副市長          山口和夫

 副市長          小池裕昭

 副市長          小星敏行

 総務局長         隠田展一

 企画財政局長       湯山 洋

 危機管理局長兼危機管理監 彦根 啓

 市民局長         森 多可示

 健康福祉局長       和光 亨

 環境経済局長       小野澤敦夫

 都市建設局長       野村謙一

 緑区長          北村美仁

 中央区長         佐藤浩三

 南区長          服部裕明

 消防局長         兒玉員幸

 総務部長         熊坂 誠

 渉外部長         高野好造

 企画部長         齋藤憲司

 財務部長         矢部祐介

 税務部長         藤田雅之

 市民局次長        荻野 隆

 福祉部長         青木 仁

 保険高齢部長       内田雅美

 こども育成部長      佐藤 暁

 保健所長         鈴木仁一

 経済部長         谷 圭介

 環境共生部長       大貫雅巳

 資源循環部長       八木 博

 まちづくり計画部長    森  晃

 広域交流拠点推進担当部長 中島伸幸

 まちづくり事業部長    佐藤時弘

 土木部長         匂末敏男

 総務法制課長       長谷川 伸

 教育長          岡本 実

 教育局長         笹野章央

 教育環境部長       新津昭博

 学校教育部長       土肥正高

 生涯学習部長       小山秋彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会局長         石井賢之

 次長兼政策調査課長    小峰幸夫

 議会総務課長       若林和彦

 議事課長         小宮 豊

 速記者          石阪恵美子

 (大和速記情報センター)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午前9時30分 開議



○阿部善博議長 ただいまから平成27年相模原市議会第2回定例会開会会議第2日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は46名で定足数に達しております。

 本日の議事日程は、お手元に御配付いたしました日程表のとおりであります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程1 議案第53号 相模原市介護保険条例の一部を改正する条例について(民生委員会審査報告)



○阿部善博議長 日程1議案第53号を議題といたします。

 本件に関する委員長の報告を求めます。西家克己民生委員会委員長。

   〔民生委員会委員長登壇 拍手〕



◆西家克己民生委員会委員長 ただいま議題となりました議案第53号相模原市介護保険条例の一部を改正する条例についてにつきまして、去る5月19日に民生委員会を開催し審査いたしましたので、その経過並びに結果について、御報告を申し上げます。

 本件については、質疑の後、採決を行った結果、出席委員総員の賛成により可決すべきものであると決しました。

 以上で民生委員会の審査報告を終わります。(拍手)



○阿部善博議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 ただいま議題となっております議案第53号相模原市介護保険条例の一部を改正する条例については、委員長報告は可決であります。本件を委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成する者あり〕



○阿部善博議長 賛成総員。

 よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程2 議案第54号 相模原市建築基準条例の一部を改正する条例について(建設委員会審査報告)



○阿部善博議長 日程2議案第54号を議題といたします。

 本件に関する委員長の報告を求めます。沼倉孝太建設委員会委員長。

   〔建設委員会委員長登壇 拍手〕



◆沼倉孝太建設委員会委員長 ただいま議題となりました議案第54号相模原市建築基準条例の一部を改正する条例についてにつきまして、去る5月19日に建設委員会を開催し審査いたしましたので、その経過並びに結果について、御報告を申し上げます。

 本件については、質疑の後、採決を行った結果、出席委員総員の賛成により可決すべきものであると決しました。

 以上で建設委員会の審査報告を終わります。(拍手)



○阿部善博議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 ただいま議題となっております議案第54号相模原市建築基準条例の一部を改正する条例については、委員長報告は可決であります。本件を委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成する者あり〕



○阿部善博議長 賛成総員。

 よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程3 議案第59号 副市長の選任について(梅沢道雄)



○阿部善博議長 日程3議案第59号を議題といたします。

 提出者の提案理由の説明を求めます。市長。

   〔市長登壇〕



◎加山俊夫市長 議案第59号副市長の選任につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 本議案は、この5月末日をもちまして任期満了となります副市長山口和夫氏の後任といたしまして、公益財団法人相模原市まち・みどり公社理事長梅沢道雄氏を選任いたしたく、地方自治法第162条の規定により、議会の御同意をお願いするものでございます。

 梅沢氏の経歴につきましては、裏面の議案第59号関係資料の略歴により御承知いただきたいと存じますが、昭和52年9月に相模原市に就職して以来、経済、福祉、都市建設、総務等、各般にわたる分野におきまして職責を果たし、市政の推進に御貢献いただいてきたところでございます。また、平成26年5月からは、公益財団法人相模原市まち・みどり公社理事長として御活躍されております。

 同氏の誠実な人柄と行政運営に関する豊富な知識と経験からいたしまして、副市長として適任と存ずるものでございます。

 以上をもちまして、議案第59号の提案理由の御説明とさせていただきます。よろしく御同意くださいますようお願い申し上げます。



○阿部善博議長 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 22番野元好美議員。



◆22番(野元好美議員) 自席にて質問させていただきます。

 今回の副市長人事について、梅沢氏の推薦ということで、この人物について、どうこうということを申し上げるつもりはありません。私も市議になって8年、梅沢氏の活躍ぶり、御人格等を拝見しておりまして、それについて、とやかく言うつもりは全くないということをまず申しおきまして、この機会に、市長に対しまして、2点、質問させていただきたいと思っております。

 まず1点目なんですけれども、女性の登用についてです。私、かねてより、男女共同参画の視点からも、女性の登用ということを申し上げてまいりました。今回もなんですけれども、残念ながら、この議場に、女性の姿は1人もないという現状になっております。

 限られた財源の中で、これから立ち向かうべき課題は非常に多くあります。先日、杜のホールはしもとで、里山資本主義を書かれた藻谷浩介氏の講演会がありました。その際にも、相模原市の問題として指摘されたのが、超高齢化が急激に進んでいくという視点でした。相模原市は、2010年から2020年の10年間で、後期高齢者の方が79%もふえていくといった実態があります。それは若い人たちを集めることができた相模原市だからこその課題だという指摘がありました。当然、毎年毎年1つずつ年老いていくわけですので、新しい方がたくさん来れば、それに伴って高齢者の人口もふえていく、それは簡単にわかることでございます。そういったことも含めまして、新しいまちづくりと、それから、高齢化、民生部門の課題、市長は、非常にバランスのとれた市政運営を行っていくことを心がけていらっしゃることと思います。したがいまして、実効性を担保しながら、スピード感を持って、そして、バランスのとれた議論を重ねていくためにも、ぜひ、政策決定の場に女性の登用をお願いしたいというように思っております。今回は男性ということでありますけれども、女性登用という視点について、まず、お伺いしたいと思います。

 それからもう1点−このもう1点というのは、今申し上げましたけれども、人口が減っていくという、日本において、これから非常に困難な時代、そして、新しい事態を迎えてまいります。そういった意味で、市が行うべき役割は何かということを、卓越した識見を持っておられる知識人が求められると同時に、新たな発想、新たな視点、それから、専門的な視点が求められていくと思います。そういった意味で、今回、梅沢氏は長く相模原市に御尽力いただいた職員でありますけれども、民間からの登用ですとか、あるいは、市長が求める人材を幅広く登用していく公募という視点についても、どうお考えか、お伺いしたいと思います。



○阿部善博議長 市長。



◎加山俊夫市長 今、野元議員から御質問いただきまして、2点挙げていたわけでございますが、副市長登用に当たりましては、野元議員のお考え、私も全く同感だと思っております。特に、超高齢社会、人口も減少していく、そうした中で、日本の自治体の新しい構造といいましょうか、そういったときを迎えてきていると十分認識しておりますし、今、日本全体でも女性の登用が叫ばれておりますし、また、あらゆる場面で女性に御活躍いただくということは必要不可欠と思っております。

 今お話しいただきましたように、例えば、この議場におきましても、幹部職員の登用という御提言もいただいておりますし、私どもも、人事を行うに当たりましては、なるべく今のそういった実情をしっかり踏まえた中で、女性幹部職員もぜひ登用したいと。この4月にも定例的な人事異動があったわけですが、そのときも十分考慮させていただきました。できる限り登用したいということで、いろいろ、そういう作業も行ったわけでございますが、残念ながら、今回は、この議場でお世話になります女性幹部職員は登用できなかったということで、次回には、なるべくできるようにしていきたいと、そんな思いも持っております。

 また、行政のトップをつかさどります副市長につきましても、本市は、御案内のとおり、3人制を施行させてもらっているわけでございますので、できれば、女性を1人登用したいということで、いろいろな人材について検討もさせていただきました。また、3人の中で、ちょっと語弊があるかもしれませんけれども、多様な連携ということの中では、国からも副市長を登用させてもらっておりますけれども、国へも、そういった面で女性の配慮もできないかというような御相談もさせてもらっていることも事実でございまして、できれば幅広く登用していきたいという考えのもと、今回の副市長人事の人選につきましても、私自身はそういった視点で検討させていただいたわけでございますが、これも残念ながら、今、野元議員が言われておりますように、超高齢社会を初めとします多様な市民ニーズに対応する、今、自治体の変革期を迎えているのだろうと思っておりますけれども、そういったものにしっかりと対応でき、副市長としての職責を果たせる人材が見受けられなかったというのが実態でございます。

 あと1点、民間または公募という幅広い人材確保の場面をつくったらどうだろうという御提言でございましたけれども、まさにそのとおりだと思いまして、我々も、先ほど言いましたように、まず、一番最初に女性の登用を考えながら、公募ですとか、また、相模原市の発展のために必要な人材ということを考えれば、いろいろなジャンルといいましょうか、幅広い人材確保をしなくてはいけないという視点で検討させていただいたわけでございますが、残念ながら、今回、公募または民間から適任となるような人材というのは、私の狭い人脈といいましょうか、そういった中ではなかったということだと思っております。これらにつきましても、幅広く登用ができるように考えていかなくてはいけないということは、十分認識させてもらっているところでございます。

 ちなみに、ほかの政令市で民間、公募登用というものをどのくらいやっているのかも確認させていただいたんですけれども、民間登用については、仙台市と名古屋市、堺市の3市だけでした。公募については、なかったということですね。女性登用も堺市と福岡市だけということで、指定都市市長会ですとか九都県市首脳会議でも、女性登用の問題については、我々行政の関係だけではなく、民間で女性が幅広くリーダーシップをとれる人材登用ができる環境づくりをしなくてはいけないというようなこともよく検討され、話が出てきて、どこの市も、やはり、そういう必要は絶対あるという認識を持っているんですけれども、人材となりますと、なかなか、いないと。

 相模原市も優秀な女性職員がいるんですけれども、いざとなりますと、我々の希望にかなう人がいたとしても、御本人がなかなか難しいなんていうお話もありますので、今お話しいただいたとおり、そういったことを含めて努力して、なるべく、女性が御活躍、また、リーダーシップがとれる地位でお働きいただける環境をしっかりとつくっていきたいと、このように思っております。

 以上でございます。



○阿部善博議長 22番野元好美議員。



◆22番(野元好美議員) 市長から、誠意を持った答弁をいただきました。ありがとうございます。

 市長を初め、大変御苦労されて、女性の登用を考えていただいているということは重々承知しているつもりでございます。先ほど、この議場には女性がいないと申し上げましたけれども、管理職には確実に女性の採用を進めいただいているということも承知しているところではあります。

 一方で、やはり、そういう一番の政策決定の場に女性がいないがために、女性の管理職、声をかけても、なかなか受けていただけないということもあるのかというように思っております。

 今回、梅沢氏には、山口副市長の後任ということで、大変期待しているところであります。山口副市長には、いろいろなところでお目にかかり、特に民生分野では、温かいハートで向き合っていただいて、さまざまな課題解決をしていただいてまいりました。深く敬意を表するとともに、感謝申し上げるところです。

 市長を補佐していく立場で梅沢氏は入られると思いますので、大いに期待すると同時に、市長の任期は、これからまだ、長うございます。副市長の人事、教育長の人事、また、これからありますし、毎年、人事異動というのは伴いますので、ぜひ、女性の登用、それから、幅広い人材活用というところで、期待し、注目してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

 以上です。



○阿部善博議長 他に質疑はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第59号は、会議規則第35条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部善博議長 御異議なしと認めます。

 よって、議案第59号については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 ただいま議題となっております議案第59号副市長の選任については、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成する者あり〕



○阿部善博議長 賛成総員。

 よって、議案第59号は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程4 報告第9号 専決処分の報告について(地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律による介護保険法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例)



△日程5 報告第10号 専決処分の報告について(相模原市国民健康保険条例の一部を改正する条例)



△日程6 報告第11号 専決処分の報告について(相模原市旅館業法施行条例の一部を改正する条例)



△日程7 報告第12号 専決処分の報告について(相模原市手数料条例及び相模原市鳥屋猟区入猟承認料徴収条例の一部を改正する条例)



△日程8 報告第13号 専決処分の報告について(損害賠償額の決定)



○阿部善博議長 日程4報告第9号から日程8報告第13号までの5件を一括議題といたします。

 提出者の補足説明がありましたらお願いいたします。総務局長。

   〔総務局長登壇〕



◎隠田展一総務局長 報告第9号から報告第13号までの専決処分の報告につきまして、御説明申し上げます。

 これら5件につきましては、いずれも地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をさせていただきましたので、同条第2項の規定により報告いたすものでございます。議案集の18ページをお開きいただきたいと存じます。

 報告第9号につきましては、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律による介護保険法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例につきまして専決処分をさせていただきましたので、御報告いたすものでございます。内容につきましては、次ページをごらんいただきたいと存じます。

 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律による介護保険法の改正に伴い、相模原市ペット霊園の設置等に伴う生活環境の保全に関する条例外10条例につきまして、同法の条項を引用する規定の整理を行ったものでございまして、平成27年3月31日に専決処分をさせていただき、同日に公布いたしたもので、平成27年4月1日及び平成28年4月1日から施行いたすものでございます。

 続きまして、23ページをごらんいただきたいと存じます。報告第10号につきましては、相模原市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきまして専決処分をさせていただきましたので、御報告いたすものでございます。内容につきましては、次ページをごらんいただきたいと存じます。

 地方税法施行令等の一部を改正する政令による地方税法施行令の改正に伴い、同令の用語を引用する規定の整理を行ったものでございまして、平成27年3月31日に専決処分をさせていただき、同日に公布いたしたもので、平成27年4月1日から施行いたしたものでございます。

 続きまして、25ページをごらんいただきたいと存じます。報告第11号につきましては、相模原市旅館業法施行条例の一部を改正する条例につきまして専決処分をさせていただきましたので、御報告いたすものでございます。内容につきましては、次ページをごらんいただきたいと存じます。

 少年院法及び少年鑑別所法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律により、少年院法が廃止され、新たに少年院法が制定されたことに伴い、旧法の条項を引用する規定の整理を行ったものでございまして、平成27年4月27日に専決処分をさせていただき、同日に公布いたしたもので、平成27年6月1日から施行いたすものでございます。

 続きまして、27ページをごらんいただきたいと存じます。報告第12号につきましては、相模原市手数料条例及び相模原市鳥屋猟区入猟承認料徴収条例の一部を改正する条例につきまして専決処分をさせていただきましたので、御報告いたすものでございます。内容につきましては、次ページをごらんいただきたいと存じます。

 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の改正に伴い、同法の題名を引用する規定の整理を行ったものでございまして、平成27年4月27日に専決処分をさせていただき、同日に公布いたしたもので、平成27年5月29日から施行いたすものでございます。

 続きまして、30ページをごらんいただきたいと存じます。報告第13号につきましては、本市の義務に属する損害賠償額の決定につきまして専決処分をさせていただきましたので、御報告いたすものでございます。

 内容につきましては、次ページの別紙にお示ししたとおりでございまして、交通事故に係るもの1件、道路管理に係るもの1件、中学校の課外活動に係るもの2件でございます。

 以上で、報告第9号から報告第13号までの説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○阿部善博議長 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 34番森繁之議員。



◆34番(森繁之議員) 自席から、報告第13号専決処分の報告についてを質問させていただきます。

 損害賠償額の決定についてですが、議案書の最終ページの中学校の課外活動に係るもの2件については、中学校の屋外運動場において軟式野球をしている際に、生徒が打ったボールが防球ネットを越えて、1件は屋根に当たって、1件は乗用車に当たったとされるものであります。また、この2件は同じ中学校だというように事前に伺っております。これはたまたま、屋根あるいはとまっている自動車だったので人的被害はなかったものの、歩行者や動いている自動車だったら、ややもすれば、大きな被害になったということが考えられます。そこで、2点伺います。

 1点目は、当該中学校において、その後の防球対策がどのように図られたのかについて伺います。

 2点目は、それ以外の中学校でも課外活動が行われておりますので、前にも同様の事故の報告があったということも承知しておりますし、ほかの学校もボールが外に出る可能性があるのではないかと考えますが、市内全体の学校の防球対策あるいは点検を行っているのかについて、以上、2点を伺います。



○阿部善博議長 学校教育部長。



◎土肥正高学校教育部長 中学校で発生しました事故、その後の防球対策についてでございますが、昨年8月の1回目の事故発生後に、野球部顧問の教諭の指導のもとで、使用しておりました防球ゲージをバッティングする位置の近くに移しまして、ゲージを越えないようにするなどの配慮をした上で練習を行って、再発防止を図っていたところでございますけれども、残念ながら、本年2月に、同じ状況下で2回目の事故が発生しましたところから、以後、同校では同様の練習を中止しているところでございます。

 また、市内の他の学校での状況についてでございますが、実は本事故の事案は、防球ネットの前に、さらに防球ゲージを置いてバッティング練習を行うという、いわば特殊な練習において発生した事案でございまして、他の学校では、現在のところ、同様の事案は発生しておりません。ただ、他の学校におきましても、同様の事案が発生する可能性がございますので、当然、校庭には防球のネットを設置しておりますけれども、防球のゲージを使うとともに、バッティングをする方向、練習する位置、そうしたものに配慮しながら練習を行う中で、事故防止に努めているところでございます。

 教育委員会といたしましても、今後も同様の事故が再発しないように、事故の状況を周知するとともに、注意喚起に努めてまいりたい、このように考えているところでございます。

 以上でございます。



○阿部善博議長 34番森繁之議員。



◆34番(森繁之議員) 私がなぜこのような質問をしたかというと、今、答弁にもあったんですけれども、損害賠償事故が起きてしまって、生徒たちが伸び伸びプレーできなくなってしまうのではないかという問題が発生すると思ったからです。今、答弁があったとおり、同様の練習を中止したということでありましたけれども、同じ練習をして子供が伸びるということであれば、練習を中止するのではなくて、ぜひ、対策のほうに力を入れていただきたい、そんな思いでいっぱいであります。

 先般行われた高校野球の神奈川県大会で、東海大相模高校と県立相模原高校の市内の学校同士で激戦の神奈川県大会の決勝を行ったというニュースが全国紙をにぎわしました。特に県立相模原高校は、県立高校として活躍したと全国でも称賛されております。市内のトップアスリートの卵が確実に育って、そして、全国へ羽ばたいていくことを私は期待しておりますので、ぜひ、子供たちの課外活動に支障のないように、引き続き、御指導あるいは対策を図っていただくよう求めて終わります。



○阿部善博議長 他に質疑はありませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 ありませんので、これをもって質疑を終結し、報告5件を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程9 継続調査の承認について(議会運営委員会)



○阿部善博議長 日程9継続調査の承認についてを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております継続調査の承認については、お手元に配付した議会運営委員会委員長からの継続調査申出書のとおり承認することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部善博議長 御異議なしと認めます。

 よって、本件は継続調査申出書のとおり承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○阿部善博議長 お諮りいたします。議員派遣については、会議規則第158条の規定により、お手元に配付した議員派遣についてに記載のとおり派遣することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部善博議長 御異議ありませんので、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○阿部善博議長 お諮りいたします。各常任委員会は、平成27年5月21日から平成28年3月31日までの間に、お手元に配付した常任委員会調査事項に記載の事項について、他都市の調査を閉会中も行うことができることといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部善博議長 御異議ありませんので、そのように決しました。

 なお、議会運営委員会及び各特別委員会においても、必要に応じて他都市の調査を閉会中も行うことができることといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部善博議長 御異議ありませんので、そのように決しました。

 以上をもって今開会会議の日程は全て終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。

   午前10時03分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  相模原市議会臨時議長 久保田義則

  相模原市議会議長   阿部善博

  相模原市議会副議長  大沢洋子

  相模原市議会議員   羽生田 学

  相模原市議会議員   桜井はるな