議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 川崎市

平成21年  2月市民委員会−02月27日-01号




平成21年 2月市民委員会

市民委員会記録
平成21年2月27日(金)  午前10時21分開会
               午前10時32分閉会
場所   :601会議室
出席委員 :石川建二委員長、山田晴彦副委員長、矢沢博孝、嶋崎嘉夫、吉沢章子、潮田智信、
      三宅隆介、市川佳子、後藤晶一、吉岡俊祐、竹間幸一、佐々木由美子各委員
欠席委員 :なし
出席説明員:(経済労働局)平岡経済労働局長、小泉産業政策部長、武田庶務課長、和田労働雇用部長、
       川島労働雇用部主幹

日程 1 平成21年第1回定例会追加議案の説明
    (経済労働局)
    (1) 議案第54号 平成21年度川崎市一般会計補正予算

   2 その他
                午前10時21分開会
○石川建二 委員長 ただいまから、市民委員会を開会いたします。
 本日の日程は、お手元に配付のとおり、経済労働局関係の追加議案の説明でございます。
 それでは、経済労働局から説明を受けたいと思います。理事者の方、よろしくお願いいたします。
◎平岡 経済労働局長 それでは、平成21年第1回市議会定例会に追加で提出させていただきます、「議案第54号 平成21年度川崎市一般会計補正予算」につきまして、労働雇用部の川島主幹から御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。
◎川島 労働雇用部主幹 それでは、「議案第54号 平成21年度川崎市一般会計補正予算」につきまして御説明申し上げます。
 議案第54号の平成21年度川崎市一般会計補正予算につきましては、国の平成20年度第2次補正予算で創設されました「ふるさと雇用再生特別交付金」及び「緊急雇用創出事業臨時特例交付金」を活用いたしまして、失業者等に対する雇用・就業機会を創出する取り組みとして、「ふるさと雇用再生事業」及び「緊急雇用創出事業」を実施するものでございまして、これに係る一般会計予算の補正をお願いするものでございます。
 それでは、補正予算の内容説明に入ります前に、お手元に配付しております「市民委員会資料」により、この「ふるさと雇用再生事業」及び「緊急雇用創出事業」の概要につきまして、御説明させていただきます。
 資料の1ページをお開き願います。「ふるさと雇用再生事業」についてでございます。
 まず、?の「ふるさと雇用再生特別交付金について」でございますが、この交付金の目的といたしましては、交付金を都道府県に交付して基金を造成し、都道府県及び市町村等がこの基金を活用することにより、地域の実情や創意工夫に基づき、地域求職者等を雇い入れて行う雇用機会を創出する事業を実施して、地域における継続的な雇用機会の創出を図るものでございます。
 次に、交付金事業の概要でございますが、対象事業といたしましては、地域内で現在ニーズがあり、かつ、今後の地域の発展に資すると見込まれる事業であって、地域における継続的な雇用が見込まれる事業とされております。
 また、事業実施に当たりましては、民間企業等に委託して実施すること、新規に雇用する失業者の人件費割合は、事業委託費の2分の1以上であること、新規に雇用する失業者の雇用就業期間は原則1年以上であることなどの要件がございまして、平成21年度から平成23年度までの3年間で、地域における継続的な雇用機会の創出に取り組むこととしております。
 なお、国における、この交付金の予算額及び雇用創出効果につきましては、予算額は2,500億円で、雇用創出効果は3年間で最大10万人と見込まれております。
 右側部分に、この交付金の概略図を掲載しておりますので、御参考にしていただければと存じます。
 次に、?の「川崎市における『ふるさと雇用再生事業』について」でございますが、本市におきましては、「ふるさと雇用再生特別交付金」の制度を踏まえ、事業の選定に当たりましては、地域の活性化やまちづくり、産業の振興等に資する事業で、今後とも事業の継続が見込まれること、新たな雇用、継続的な雇用の創出につながる事業であること、事業分野や実施地域に偏りがないことなどを考慮して、平成21年度から平成23年度までの3年間にわたり、「ふるさと雇用再生事業」を実施することとしております。
 事業の財源につきましては、全額補助事業であり、県からの3年間の補助金配分額として、3億4,000万円が決定されております。
 また、平成21年度の実施事業についてでございますが、予算額は7,608万1,000円として、7事業を実施することとしております。
 なお、実施事業の概要につきましては、2ページに別紙1として、「ふるさと雇用再生事業一覧」を掲載しておりますので、後ほど御参照いただければと存じます。
 続きまして、資料の3ページをお開き願います。「緊急雇用創出事業」についてでございます。
 まず、?の「緊急雇用創出事業臨時特例交付金について」でございますが、この交付金の目的といたしましては、交付金を都道府県に交付して基金を造成し、都道府県及び市町村等がこの基金を活用することにより、離職を余儀なくされた失業者の方に対して、次の雇用までの短期の雇用・就業機会を創出し、生活の安定を図るものでございます。
 また、事業の概要でございますが、対象事業といたしましては、地域内にニーズがあり、離職した非正規労働者、中高年齢者等の失業者の次の雇用までの短期の雇用・就業機会を創出・提供する事業等とされております。
 また、事業実施に当たりましては、民間企業等に委託、または地方公共団体が直接実施すること、事業費に占める人件費割合は7割以上、かつ、新規に雇用する失業者の割合が4分の3以上であること、新規に雇用する失業者の雇用就業期間は原則6か月未満であることなどの要件がございまして、平成21年度から平成23年度までの3年間で、失業者の方に対して、次の雇用へのつなぎの雇用・就業機会の創出・提供に取り組むこととしております。
 なお、国における、この交付金の予算額及び雇用創出効果につきましては、予算額は1,500億円で、雇用創出効果は3年間で15万人と見込まれております。
 右側部分に、この事業の概略図を掲載しておりますので、御参考にしていただければと存じます。
 次に、?の「川崎市における『緊急雇用創出事業』について」でございますが、本市におきましては、国の「緊急雇用創出事業」の制度を踏まえ、事業の選定に当たりましては、地域内にニーズがあり、離職した非正規労働者、中高年齢者等の失業者の次の雇用までの短期の雇用・就業機会にふさわしい事業であること、雇用・就業機会を創出する効果が高い事業であることなどを考慮して、平成21年度から平成23年度までの3年間にわたり、「緊急雇用創出事業」を実施することとしております。
 事業の財源につきましては、全額補助事業であり、県からの3年間の補助金配分額として、4億3,700万円が決定されております。
 また、平成21年度の実施事業についてでございますが、予算額は2億2,975万2,000円として、18事業を実施することとしております。
 なお、実施事業の概要につきましては、4ページに別紙2として、「緊急雇用創出事業一覧」を掲載しておりますので、後ほど御参照いただければと存じます。
 以上で、「ふるさと雇用再生事業」及び「緊急雇用創出事業」の概要についての御説明を終わらせていただきます。
 続きまして、補正予算につきまして御説明申し上げますので、別冊、青い表紙の「平成21年度川崎市一般会計補正予算(追加提出分)」の1ページをお開き願います。
 「議案第54号 平成21年度川崎市一般会計補正予算」でございますが、第1条第1項は、歳入歳出予算の補正でございまして、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3億583万3,000円を追加し、予算の総額を、歳入歳出それぞれ5,819億8,345万8,000円とするものでございます。
 第2項は、歳入歳出予算の補正の内容でございまして、2ページから3ページにございます「第1表 歳入歳出予算補正」のとおり定めるものでございます。
 次に、補正予算の内容につきまして、歳入歳出補正予算事項別明細書により御説明いたしますので、6ページをお開き願いたいと存じます。
 はじめに、歳入でございますが、上から3段目の16款2項5目経済労働費県補助金は、3億583万3,000円の増ですが、これは、右のページの3節労政費補助のふるさと雇用再生事業費補助及び緊急雇用創出事業費補助の増によるものでございます。
 次に、8ページにまいりまして、歳出でございますが、上から3段目の7款経済労働費は、3億583万3,000円の増となっております。
 項目といたしましては、5項2目雇用対策費の増でございまして、右のページ「目の説明」欄にございます「ふるさと雇用再生事業費」及び「緊急雇用創出事業費」について、各節ごとに必要な経費を計上したことによるものでございます。
 以上で、経済労働局関係の議案についての御説明を終了させていただきます。
○石川建二 委員長 本日は提出予定議案の説明ですので、この程度とさせていただきますが、よろしいでしょうか。
                 ( 異議なし )
○石川建二 委員長 それでは以上で、経済労働局の追加議案の説明を終わらせていただきます。
       ───────────────────────────
○石川建二 委員長 その他として、委員の皆様から何かございますでしょうか。
                  ( なし )
○石川建二 委員長 それでは、以上で本日の市民委員会を閉会いたします。
                午前10時32分閉会