議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 川崎市

平成20年 11月議会運営委員会−11月28日-01号




平成20年 11月議会運営委員会

議会運営委員会記録

平成20年11月28日(金)  午前10時00分 開会
                午前10時18分 閉会
場所:502会議室
出席委員:大島 明委員長、東 正則副委員長、嶋崎嘉夫、松原成文、潮田智信、
     粕谷葉子、西 譲治、小林貴美子、岩崎善幸、後藤晶一、竹間幸一、
     佐野仁昭各委員
※鏑木茂哉議長(公務出張のため欠席)、玉井信重副議長(出席)
※小貫事務局長(公務出張のため欠席)
欠席委員:廣田健一委員(代理出席:林浩美議員)
出席説明員:小笠原次長、安藤庶務課長、福井庶務課主幹、宮村課長補佐・庶務係長、
      平野議事課長、石塚議事係長、小泉議事課主査、議事課書記4人(?橋、
      榎本、大磯、?野各書記)、二松調査課長、常松調査課主幹、野口課長補佐・
      調査係長、城後調査課主査、中冨調査課主査

日程第1 委員会で審査中の請願・陳情にかかわる代表質問について
日程第2 議会運営委員会での検討事項について
 (1) 常任委員会への所属制限の廃止
 (2) 委員会の議案提出権
 (3) 議会活動の範囲の明確化
日程第3 その他

               午前10時00分開会
○大島明 委員長 おはようございます。ただいまから、議会運営委員会を開会いたします。
 本日の日程は、お手元に配付のとおりでございます。
○大島明 委員長 日程に入ります前に、報告事項がございます。本日、議長及び事務局長におかれましては、公務で出張しておりますので、会議を欠席いたします。
○大島明 委員長 それでは、はじめに日程第1の「委員会で審査中の請願・陳情にかかわる代表質問について」を議題といたします。お手元に配付した資料のとおり、代表質問の際、委員会で審査中の請願・陳情にふれたいという通告がございました。慣例によりまして、議会運営委員会の了承を受けることになっております。まず、事務局から説明をさせます。平野議事課長。
◎平野 議事課長 昨日の午後3時の締切でお願いをいたしましたが、4会派すべてから通告がございました。
 それでは資料の2ページをごらんいただきたいと存じます。自民党の清水勝利議員からの通告でございます。
 まず、請願は、「請願第44号 本市の「保育緊急5か年計画」の推進に際し、公立保育園の民営化については、既存の公益法人を優先することに関する請願」の1件でございます。
 下段に参りまして、陳情は「陳情第99号 川崎市認可保育園入所に際し、きょうだいケースが同一保育園入園に向けての配慮に関する陳情」、「陳情第105号 住吉保育園の廃園・移築・民営化に関する陳情」、「陳情第106号 宿河原保育園の民営化計画の見直しに関する陳情」及び
「陳情第107号 坂戸保育園民営化計画の見直しに関する陳情」の以上4件でございます。なお、各各派の通告の一部が重複しているところは、2度目は表題のすべての朗読を省略し、要旨のみとさせていただくこともありますので、あらかじめ、御了承をお願いいたします。
 それでは、3ページにまいりまして、民主党は堀添健議員からの通告でございます。
請願は、「請願第42号 JR川崎駅の各ホームへのバリアフリー化に関する請願」及び「請願第44号 本市の「保育緊急5か年計画」の推進に際し、公立保育園の民営化については、既存の公益法人を優先することに関する請願」の2件でございます。
 下段にまいりまして、陳情は、「陳情第26号 局指定管理者等選考委員会の委員は、選定された指定管理者の法人等に再就職禁止の条例制定を求めることに関する陳情」、「陳情第47号 障害者のいのちとくらしを守る支援施策に関して国への意見書提出を求める陳情」及び陳情第48号の陳情第47号と同名の表題の陳情、「陳情第91号 市立病院の運営を聖マリアンナ医科大学に運営下請させる指定管理者制を使うことは憲法第20条、
 第89条違反になるから解除を求める陳情」、「陳情第99号 川崎市認可保育園入所に際し、きょうだいケースが同一保育園入園に向けての配慮に関する陳情」、陳情第105号の住吉保育園に関するもの、陳情第106号の宿河原保育園に関するもの及び陳情第107号の坂戸保育園に関するものの以上8件です。
 次に4ページにまいりまして、公明党の沼沢和明議員からの通告でございます。「請願第20号 安心して出産できる産婦人科医療体制を整備し、妊産婦無料健診を拡大することを求めることに関する請願」の1件でございます。
 次に5ページにまいりまして、共産党、宮原春夫議員からの通告でございます。「請願第18号 視覚障害者移動支援事業の改善に関する請願」、請願第20号の産婦人科医療体制の整備と妊産婦無料健診の拡大を求めるもの、及び「請願第44号 本市の「保育緊急5か年計画」の推進に際し、公立保育園の民営化については、既存の公益法人を優先することに関する請願」の以上3件でございます。
 下段に参りまして、陳情は、「陳情第38号 市長は市立総合リハビリテーションセンターはA型であるとの当初の約束を守ることに関する陳情」、「陳情第45号 県の医療費助成制度見直しに関する陳情」、陳情第46号の陳情第45号と同名の表題の陳情、「陳情第47号 障害者のいのちとくらしを守る支援施策に関して国への意見書提出を求める陳情」、陳情第48号の陳情第47号と同名の表題の陳情、「陳情第49号 深刻な医師不足を打開するための法律を制定するよう、国に対しての意見書決議を求める陳情」、「陳情第50号 「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改正を行うよう、国に対しての意見書決議を求める陳情」、「陳情第52号 重度障害者医療費助成制度の改定に関連して重度障害者に配慮を求める陳情」、「陳情第53号 医療費助成制度維持に関する陳情」、「陳情第56号 貴市における医療費助成制度維持に関する陳情」、陳情第57号の陳情第45号、第46号と同名の表題の陳情、「陳情第87号 リハセンター再編整備及び陽光園・明望園の今後に関する陳情」、及び「陳情第88号 リハセンター再編整備におけるしいのき学園に関する陳情」、「陳情第91号 市立病院の運営を聖マリアンナ医科大学に運営下請させる指定管理者制を使うことは憲法第20条、第89条違反になるから解除を求める陳情」、「陳情第104号 小児医療費助成制度拡充に関する陳情」、陳情第105号の住吉保育園の関するもの、陳情第106号の宿河原保育園に関するもの、陳情第107号の坂戸保育園に関するものの以上18件でございます。
 通告は以上のとおりです。
 なお、代表質問において、審査中の請願・陳情にかかわるものであっても、大綱的・政策的な問題については、この議会運営委員会の了解を得て質問ができるとされております。しかし、その際、常任委員会の審査権を尊重する観点から、意見・要望は行わないとの申し合わせがございますので、念のため申し添えさせていただきます。
 以上でございます。
○大島明 委員長 ただいまの事務局の説明について、委員の皆様から何か御発言がございますか。
                ( なし )
○大島明 委員長 それでは、従来どおり進めさせていただきます。
       ───────────────────────────
○大島明 委員長 次に、日程第2の「議会運営委員会での検討事項について」です。本件については、先日の議運にて各会派で御協議をいただくこととなりました。
 各会派で御協議いただいた内容について、順次御発言いただければと思います。それでは、自民党から。
◆嶋崎嘉夫 委員 それでは、まず「常任委員会への所属制限」の廃止の件ですが、こちらの方で複数所属を認めるかという内容なんですが、やはり所管局の問題、それから同時開催が不可能になるということで委員会開催日設定の課題、そして何よりも会期中において議案の審議が日程の調整等、それが会期そのものにかかわるという課題もあります。まして、重要案件の審議の場合、やはり予備日というのもしっかり担保しておかないとならないだろう。そうやって考えると効率性の面でまだまだ検討する課題が多いと考えています。ですので、委員会条例の改正につきましては、私どもは現在まだ考えていないというところです。
 なお、現在議会基本条例について、あり方プロジェクトで御協議いただいていますし、その中でいろいろと協議を含め、調整をされているということもありますので、そちらの方もよく勘案しながら、今後話し合う必要があるだろうと思います。
 それから、2番目「委員会の議案提出権」の件でございますが、法改正に伴って議案提出が可能と位置づけられましたので、基本的には会議規則に規定するということについては、これは尊重したいと考えます。ただ、意見書や決議案の委員会での扱い、それから委員会で協議され提出される議員提出議案の扱いには影響がやはり出てくるという面もありますし、また併せて全会一致制という形の中について、私ども会派の中で意見が統一されていません。ですので、これについては協議を継続でお願いしたいと考えております。
 それから、「議会活動の範囲の明確化」にかかわる案件なんですが、この中で対象となります全員説明会、それから全員協議会、正副委員長会議につきましては、その性格等を含めまして既に取り扱っていることも勘案しながら規定については、問題はないのかなと考えます。ただし、団長会議、世話人会、議員総会につきましては、それぞれ性格がやはり異なっておりますし、特に団長会議につきましては、会派の意見調整、政策内容も含めた議論している場でもありますし、今までの流れの中でもこれを公開するということは想定をされていないと考えています。また、世話人会につきましても、選挙改選後議会成立の課題を協議していくという議会運営の基本的な事項に対する会議でもありますので、やはり規定にはなじまないのではないのかなと。議員総会につきましては、同じように任期当初の議員の身分や各種制度、こちらを説明する会議として位置づけられていますので、規定にはなじまない、このような考えでおります。
◆潮田智信 委員 「常任委員会への所属制限の廃止」については、団の中では常任委員会の複数所属を認めていくかについては、将来的な課題でありますが、現段階では困難ではないかという意見がありました。今、お話しがありました議会基本条例制定の制定に向けたプロジェクトの検討がされていることもあり、条例制定後に改めて議会運営全般の議論をしていく中で検討していく課題ではないかというふうに結論に達しました。
 2つ目の「委員会からの議案提出権」についてですが、団の中では基本的には現在の全会一致制を前提として会議規則の改正を行っていく方向でよいのではないかという意見がありましたが、これもまた、改革に向けて検討課題と認識しております。
 3つ目の「議会活動の範囲の明確化」についてですが、全員協議会や全員説明会、また正副委員長会議については、会議規則に規定していくのは当然であるというふうになりましたが、今お話しがありましたように、団長会議や世話人会については、会議の内容等からさまざまな課題がありますので、会議規則に位置づけるかどうかについては、今後の検討課題ということでお願いをしたいと思います。
◆小林貴美子 委員 1番の「常任委員会への所属制限の廃止」につきましては、現段階では日程の決め方、そこまで今複数所属をしてまでやらなければならないのか、そこまで今やる必要はないのではないかと、公明党としては複数所属、所属制限の廃止については必要はないのではないかというふうに考えております。
 それから「委員会の議案提出権」、これにつきましては今までやってきておりました形を踏襲していくということも一つの考えなんですが、これからさらにもっと全会一致でない形もあり得るのかなということも考えられるのではないか等々いろんな意見は出たんですが、これにつきましては検討をしてつめていく必要があるんではないかということで、このことについては検討課題ということでさせていただこうということになりました。
 それから、「議会活動の範囲の明確化」ということでございますけれども、これにつきましては全員協議会、それから全員説明会、正副委員長会議、それから議員総会、このあたりにつきましては、明確にしていっていいのではないかというふうに考えますが、団長会、それから世話人会につきましてはこれはいろいろと各会派の意見を調整するとか、もろもろ話し合う内容が多岐にわたる場合もございますので、これにつきましては位置づけないでいいのではないかというように考えます。
◆竹間幸一 委員 「常任委員会の所属制限の廃止」につきましては、皆さんも言われたようにすべての委員会が同時開催という状況のもとで、これが本当に可能なのかどうか・・・。可能じゃないわけだよね。可能な場合は変えなきゃいけなくなっちゃうわけなので、それはどうなのかなというふうなことですよね。
 あと、「委員会の議案提出権」の問題は、現行で意見書など全会一致でやっているのでそれを踏襲していくということでいいのかと考えております。
 最後の「議会活動の範囲の明確化」については、団長会議、世話人会も正規の会議として位置づけた場合に、どんな問題が出てくるのか、位置づけてもいいのかなと思ってるんですけれども、そうした場合の問題点などが考えられるのであれば、それを皆さんと一緒に協議していきたいというふうに考えています。
○大島明 委員長 ありがとうございます。ただいま各会派御発言いただきました。本日のところは、各会派からそれぞれの御意見をいただきましたけれども、まとまっていないということもございまして、一覧表にまとめて後ほど事務局から配付させますので、その一覧表をもとに各会派で再度協議をいただき、次回の議運で御意見をいただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。
               ( 異議なし )
○大島明 委員長 それでは、各会派にて再度御協議をお願いいたします。
       ───────────────────────────
○大島明 委員長 以上で本日の日程は終了いたしますが、委員の皆様から、特に何かございますか。
                ( なし )
○大島明 委員長 それでは、以上で本日の議会運営委員会を閉会いたします。
               午前10時18分閉会