議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 横浜市

平成13年 福祉衛生環境保全委員会 P.1  06月15日−14号




平成13年 福祉衛生環境保全委員会 − 06月15日−14号









平成13年 福祉衛生環境保全委員会



               福祉衛生環境保全委員会記録

◇開会年月日      平成13年6月15日(金)

◇場所         市会第一会議室

◇時間         午前11時01分開会

            午後0時22分休憩

            午後1時22分再開

            午後1時31分休憩

            午後1時33分再開

            午後2時43分休憩

            午後2時49分再開

            午後2時50分休憩

            午後2時51分再開

            午後3時49分閉会

◇出席委員       12人

  委員長    中島憲五君(民主党)

  副委員長   川口正寿君(自民党)

  副委員長   岩崎ひろし君(共産党)

  委員     酒井喜則君(自民党)

  委員     角田和宏君(自民党)

  委員     横山正人君(自民党)

  委員     松本 敏君(民主党)

  委員     横溝富和君(民主党)

  委員     石井睦美君(公明党)

  委員     加納重雄君(公明党)

  委員     中家治子君(共産党)

  委員     宗形もと子君(ネット)

◇欠席委員    なし

◇傍聴議員    なし

◇出席理事者

  助役                 藤井紀代子君

 (衛生局)

  衛生局長               鳥羽和憲君

  総務部長               渡辺興三君

  保健部長兼衛生研究所長        渡邉 哲君

  生活衛生部長             兼近庸喜君

                             ほか関係職員

 (福祉局)

  福祉局長               田中克子君

  介護保険担当理事           甲能 迪君

  総務部長               松野完二君

  地域福祉部長             田村和正君

  生活福祉部長             岸 義信君

  児童福祉部長             合田加奈子君

  障害福祉部長             原  賢君

  介護福祉部長             上野和夫君

                             ほか関係職員

 (環境保全局)

  環境保全局長             土田 稔君

  総務部長               岡本忠夫君

  調整部長               香林仁司君

  公害対策部長             福島徹二君

  環境科学研究所長           平本俊明君

                             ほか関係職員

◇市会事務局

  委員会係長              屋代英明君

  議事課書記              佐藤洋一君

  調査課書記              岩本克雄君

◇議題

  衛生局関係

   1 請願審査

    (1) 請願第1号 墓地(戸塚区品濃町)建設工事の差し止めについて

   2 その他

    (2) がん検診及び新生児の聴覚検査について

  福祉局関係

   1 市第4号議案 横浜市地域ケア施設条例の一部改正

   2 請願審査

    (1) 請願第4号 緊急通報システム(あんしん電話)の改善について

   3 陳情審査

    (1) 12年度

     陳情第39号 無年金障害者の救済に関する意見書の提出方について

   4 その他

    (1) よこはま子育て支援計画について

  環境保全局関係

   1 請願審査

    (1) 請願第2号 ダイオキシンの発生を限りなくゼロに近づけるための条例の制定について

  調査案件

   1 福祉施策の推進について              (継続審査)

   2 保健衛生及び医療供給体制について         (継続審査)

   3 環境保全施策の推進について            (継続審査)

  その他

   1 各種委員会委員について

開会時刻 午前11時01分



△開会宣告



○(中島[憲]委員長) これより委員会を開会いたします。

 時節柄,上着の着用は御自由に願います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第1号の審査,採決



○(中島[憲]委員長) それでは,衛生局関係に入ります。

 請願第1号を議題に供します。

   請願第1号   墓地(戸塚区品濃町)建設工事の差し止めについて



○(中島[憲]委員長) 請願の趣旨については事務局に朗読させます。



◎(佐藤議事課書記) 請願第1号について朗読いたします。

 件名は,墓地,戸塚区品濃町建設工事の差し止めについて。平成13年5月28日受理いたしました。

 請願者は,横浜市戸塚区の深沢一さんほか162人。紹介議員は川辺芳男議員です。

 請願事項ですが,横浜市戸塚区品濃町の墓地建設は,手続上,違法かつ不当である上,付近住民に甚だしい迷惑を及ぼすことが明らかなので,速やかに建設工事を差しとめられたい。

 以上でございます。



○(中島[憲]委員長) お諮りいたします。

 本件につきましては,6月14日付で紹介議員より,請願の紹介取り消し願いが提出されましたが,これを承認することに御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



◆(中家委員) 紹介議員を取り下げられるというのは何らかの御事情があるんだと思いますけれども,その内容とか,どういう経過かという部分についてはお知らせいただけないのでしょうか。



○(中島[憲]委員長) 本人から,都合によりということでございますので,御了承願います。



◆(中家委員) わかりました。



○(中島[憲]委員長) これより質疑に入ります。



◆(松本[敏]委員) 横浜市の人口が345万人ほどでありますが,人口急増を背景に,墓地の需要が年々高まってきており,横浜市内のさまざまな地域で問題が起きていることは私も承知をしております。大変大事な問題でありますので,慎重に対応していかなければならないと考えております。そこで幾つか順を追って整理をしながら質問してまいりたいと思いますが,まず,説明会はどのような時間帯であったのか。そして何回開催されたのか伺います。



◎(鳥羽衛生局長) 説明会の時間帯は,品濃第一町内会に対しまして1月14日午後5時から,2月3日午後7時30分から,そして3月2日午後8時から,いずれも町内会館で説明しております。



◆(松本[敏]委員) 時間帯を分けて説明会を開いていただいたようですが,それぞれの出席者の状況を把握していればお答え願います。



◎(鳥羽衛生局長) 個別の出席者は把握できておりませんが,延べ80名の方が参加しておられます。



◆(松本[敏]委員) これだけの大規模の墓地に対する説明会に延べ80人という数が果たして妥当なのかどうか。請願者の文言を見ますと,かなり反対者も多いようです。人数が少ないという私の感想に対して,局長はどのような感想を持っていますか。



◎(鳥羽衛生局長) 実際に同意の対象となる110メートル以内の居住者は9人の方ですので,町内会の方々を含めてこれだけ参加いただけたということは,それなりに参加をしていただけたと考えております。



◆(松本[敏]委員) 当然反対者がいるわけですが,反対者の声を聞くためには,どうしても説明会に出席していただかなければならないと思いますが,反対者の出席状況はどうだったのでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 反対の方の出席状況は確認できておりません。



◆(松本[敏]委員) 次に,保健所で担当の方が現地に赴いて調査をしたという報告を受けておりますが,調査結果について簡単に説明してください。



◎(鳥羽衛生局長) 同意対象となる110メートル以内の居住者に関しましては9人で,そのうち4人の方の同意書が添付されておりました。同意されない5人の方につきまして,戸塚保健所の職員が反対理由を聞き取り調査いたしました。そのうち計画地に面しており影響を受けると思われる4人に関しましては,直接訪問して確認しております。



◆(松本[敏]委員) 影響があると思われる方は4人で,保健所の方が行って説明をした内容について,差し支えない範囲でお知らせいただけますか。



◎(鳥羽衛生局長) 保健所の職員による調査と申しますのは,御説明をするわけではなくて,この墓地に関して賛成か反対か御意見を伺う調査でございます。



◆(松本[敏]委員) どういう意見が返ってきたのでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 幾つかの反対理由が出ておりました。防犯上の問題。町内会に計画説明が不十分であった。地元にメリットが少ない。周辺の地価が低下する。経営者が地元の宗教法人ではない。カラスなどにより生活環境が悪化する。今後墓地の拡張が懸念される。駐車場の確保が十分でないといったことが反対理由として述べられております。



◆(松本[敏]委員) 近隣の地権者に対しては,衛生局としてどういう調査を行ってきたのでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) この調査は現在お住まいになっている方の意見を伺う形で行っておりまして,地権者という形で,そこにお住まいになっていない方がいらっしゃっても,その調査はやっておりません。



◆(松本[敏]委員) 当局としては,法に基づいて審査をして,許可を下ろしたのだろうと思いますけれども,心情的に考えても,地域住民の方々の同意が必要だろうと私は感じるところです。同意という点については法的にいろいろ論議をされておりまして,判例なども出ているようですので,私も一定の理解はしているところです。身近な問題としてとらえている地権者の方々や御近所の方々の心情を考えれば,地域対策,住民対策は当局の大変大事な仕事だろうと考えているところです。最近,横浜市においては墓地の問題が年々ふえてきている状況ですが,住民の同意を得る努力について,私の感触では年々薄れているような気がしてなりません。局長はどういう見解をお持ちでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 同意の取得につきましては,私どもとしては計画地周辺の住民の方々に対して,墓地計画を十分に事業主体の方で説明をさせ,その後の経営等に関するあつれきを防止することが目的であると考えております。そのこと自身を許可の要件とすることは現時点ではできないと考えております。同意書の取り扱いにつきまして,墓地・埋葬等に関する法律は,個人の個別的利益の保護を目的とはしていないという大阪高等裁判所の判決が平成7年1月に出ておりますし,その後の最高裁の判決等もございます。それから厚生労働省からの指導もあり,弾力的に扱う形になってきております。



◆(松本[敏]委員) 局長の答弁は,判例に基づく文言をそのまま答弁されたような気がしますが,今回の請願の内容を見ますと,そういった判例があるにもかかわらず,心情的には請願者の気持ちがよくわかるような気がいたします。

 さて,個々の問題として今回の問題をとらえていくときに,どうしても道路の問題が絡んできまして,衛生局は所轄外ですので,道路局の問題についてここで論議をしようとは思いませんが,確認だけしておきます。現地は進入路が一方しかない場所で,車両の通行が多くできないわけですから問題だと思いますが,どのように考えているのか。市道今井268号線が認定道路になっていますが,地権者の話を聞きますと,納得がなされていないということで,私は道路認定が誤認ではなかったのかと思っております。衛生局で知っている範囲で結構ですが,見解を伺いたいと思います。



◎(鳥羽衛生局長) まず,最初の御質問ですが,実は許可に接道要件として明記したものがないのが現状です。したがいまして,参拝者等が通行できる道路が確保できれば,墓地・埋葬法上では問題がないことになっております。私どもとしましては,交通の往来の確保を事業主体に対して指導しております。

 それから,後半の御質問ですが,道路局に確認したところによりますと,この道路は平成元年に路線再編成の一環として道路認定をしております。この時点で従前から一般の交通に供されていた道路であるということから認定等を行ったと聞いております。



◆(松本[敏]委員) 衛生局としての答弁はその程度にとどまると思います。もう1つ,現地の中で切り土1メートル,盛土1メートルという開発をしているようです。確認したところ,申請をしないまま土どめのような構造物をつくっているようですが,法的に問題ないのか。衛生局としては,どのような見解でしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 墓地区域が含まれております土地区画整理事業の施行区域につきましては,平成9年に一括して宅地造成等規制法に基づく許可を受けております。しかし,この墓地の計画によりまして擁壁部分について許可時点の設計と相違することがわかりましたので,建築局の指導を受けるよう指導しています。その後6月7日に宅地造成等規制法に基づく許可申請を行い,許可を受けるまで造成工事は行わないよう指導を受けていると聞いております。



◆(松本[敏]委員) 今回の件については,請願者の方が心情的に,当局のこれまでの地元説明を含めて許可に至るまでの説明が余り十分だったとは言えないという声を聞いております。それぞれの立場で言い分があるだろうとは思いますが,墓地の問題は本市において数年前からいろいろなところで顕著になってきているわけですし,当然これからも問題が出ることが予想されます。したがって,私は当局の地元対策,調整能力をもっと高めていただきたいという気持ちがありますが,局長はどういうお考えでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 松本委員御指摘の点は,確かに我々も感じておりますので,できるだけ地元の方との調整がうまくいくように我々自身の調整努力と,それから事業主体に対する指導をきちんとする。両面で努力をしてまいりたいと思います。



◆(松本[敏]委員) 請願の趣旨にありますように,緑地の問題は緑政局も絡んできます。駐車場の問題,地区計画の問題は建築局,都市計画道路の問題は道路局ということで,墓地の問題はさまざまな局に関連してくる問題だと思います。したがって,前からも申し上げておりましたが,墓地の許可に対してはきちっとした横浜市独自の考え方を,この際議論を重ねながら明確にしていく必要があるのではないかという意見を申し上げておきます。



◆(加納委員) 今の松本委員の質問,局長の答弁の中身を踏まえながら,請願そのものについて幾つか確認をさせていただきたいと思います。

 請願者の方から大きく6項目という形で出されておりますが,大項目の1で請願者と管理者であるお寺,建設会社,両者間で弁護士を立てて何かの訴訟が起きているのかどうか確認します。



◎(鳥羽衛生局長) 現時点では請願者の代表の深沢さんと建設会社の側で弁護士を立てて話し合っている段階です。



◆(加納委員) 大項目の2の1番目,スクールゾーンの問題ですが,この請願は各局にまたがっているので衛生局としてなかなか発言しにくい部分があるかと思いますが,スクールゾーンについてはどのような判断をされているのか。



◎(鳥羽衛生局長) 市民局に確認をした結果を申し上げますが,小学校からおおむね半径500メートルの範囲をスクールゾーンとして安全対策を実施しているということです。墓地の許可基準の中にはスクールゾーンに関する規定はございません。また,スクールゾーンの推進要領の方にも,墓地などの工作物の設置を制限する規定はございません。なお,実態としては市内の大半の区域がスクールゾーンになっているそうです。



◆(加納委員) わかりました。そうするとスクールゾーンということから,墓地の許可云々は言えないと判断します。

 2番目の墓地・埋葬等に関する法律で,墓地から110メートル以内の人たちに同意を得るということがありますが,最近の判例ではなかなかそうはいかない。あくまで参考としてのものであって,これを前面に出して同意がなければだめだということではないという意見を聞きましたけれども,よろしいですか。



◎(鳥羽衛生局長) 私どもとしては,周辺の住民の方々に対して墓地計画を十分に説明することは必要で,そのことが建設に関してもあるいはその後の運営に関して,住民の方々とのあつれきを防止する大事なことだと考えております。同意は申請者を行政指導するために使っているのが現状でございます。ただし,法的な意味でこれを不許可の基準にすることはできない状況でございます。



◆(加納委員) 3番目の道路の問題で,不法侵入ではないかということが書かれておりますが,法律に照らして問題がないということでよろしいですか。



◎(鳥羽衛生局長) そのとおりだと考えております。



◆(加納委員) 4項目目の都市計画道路との問題についても,現時点で計画段階でこの道路との接点がないということで問題がないという判断でよろしいでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 都市計画局に確認いたしましたところ,この都市計画道路は墓地区域の中には食い込んでいないということです。また,後段にあります公衆衛生上の問題は当局所管ですが,焼骨のみを埋葬する墓地に関しましては,公衆衛生上の問題がないために,使用道路に関する位置の制限規定は適用していないということでございます。



◆(加納委員) 5番目の土地利用についての制約で,地区計画に違反しているのではないかという請願の中身ですけれども,どのような判断ですか。



◎(鳥羽衛生局長) 建築局によりますと,地区計画でこの地区を研究開発機能を補完する業務施設,生活利便施設,スポーツ施設等の立地を図ると定めておりますけれども,この計画の中に墓地建設を制限する規定がございませんので,地区計画に違反するとは言えないということでございました。



◆(加納委員) 関係局が幾つかございますので,なかなか踏み込んだ質問,答弁ができないと思いますけれども,請願者から言われております項目について,法的根拠からすると,差しとめについては難しいという御答弁かと思います。ただ,先ほど来お話がありましたように,今後墓地の問題については,さまざまな形で地域住民との問題も出てまいりますし,ここで請願者が言っている中身についてもわかるところが幾つかありますので,当局におかれましては,地域住民,環境問題等々しっかり把握していただきまして,その上での指導,徹底をお願いしたい。意見として申し上げます。



◆(中家委員) 審議をするに当たって,基本的なことで幾つかお伺いしたいと思います。墓地・埋葬等に関する法律に基づいた本市の墓地経営許可審査基準の概要を教えていただきたいと思います。



◎(鳥羽衛生局長) 審査基準は大きく3つございます。1つは,経営主体は地方公共団体,公益法人,そして市内の宗教法人でなければならない。2番目に大きなものとして位置の制限,学校,公園,または人家との距離が110メートル以上離れていない場合には,墓地から110メートル以内の人家等から墓地造成の同意を得ることがございます。構造基準ですが,1つは緑に囲まれた施設環境とするために,30%以上の緑地を確保すること。それからお墓の基数の5%以上の台数を収容できる駐車場を確保することが基準になっております。



◆(中家委員) 私も審査基準を見せていただきましたが,大きな基準としては3項目で,その他として,地元町内会の同意を得ること。造成に関する関係法令の許可を得ていること等が載っていると思います。近隣の方の同意については調査にも入り,意向を伺ったという答弁がありましたが,町内会としての同意はどうなっていますか。



◎(鳥羽衛生局長) 関係する町内会が2つございまして,品濃第一町内会に関しては,全員の総意のもとでないと同意できないという御意見をいただいております。また品濃町内会に関しましては,町内会長として決定権がないので同意できないという意見をいただいております。



◆(中家委員) 2つの町内会があって,それぞれ町内会単位で,今回の墓地の新設に関して何か市の方に御意見を寄せられているという事実はないでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 平成13年3月21日に品濃第一町内会会長から,霊園の設置を不許可とするようにという要望書が市長あてに提出されております。



◆(中家委員) 審査基準のその他の項目ではありますけれども,今まで各委員がおっしゃっているように,地元の中で同意を得ることは非常に大事だと思います。墓地自体は私たちが生活していく上で必要な施設だと認識していますが,設置をするに当たっては,地元の理解とかさまざまな問題をクリアした上で事業を進めていかなければいけないと思いますし,局長も当然のことと認識されているかと思います。

 請願項目の問題があるという指摘の中で,1番目に実質的な墓地の経営者は八王子の墓地経営,墓地墓石販売業者であると書かれています。管理者は保土ケ谷区内のお寺さんですが,実際お寺さんが墓地を新しくつくる場合に,通常考えられるのは御自分の持っている土地とか隣接するところだと思いますが,今回は離れている。通常は市内の業者さんと考えられますが,管理者のお寺さんと今回の実質事業を進めている会社の方たちとの関係は,衛生局で詳しくつかんでいらっしゃいますか。



◎(鳥羽衛生局長) 私どもとしましては,申請者が工事を委託する先がどこであるかという詮索は,本来的な審査の内容にかかわりのあることとは考えておりません。申請書に添付されました墓地経営に関しての議決書であるとか,資金計画につきまして審査いたしまして,宗教法人が経営主体として適格であるかどうか審査しております。



◆(中家委員) 今回のお墓の建設は500基以上あると伺っています。通常お寺さんが500基以上新設される例がこれまであったのかどうか。



◎(鳥羽衛生局長) 500基以上つくったケースもございます。宗教法人の場合の活動として,宗教のための活動が1つ大きなものとしてあるわけです。檀家さんのためにお墓をつくって運営するのは,宗教法人の宗教的な活動の中に入ると考えられております。そのほかに宗教法人は公益法人としての活動をすることが認められており,墓地をつくったり運営したりすることも業務として認められていることも御理解いただきたいと思います。



◆(中家委員) 宗教法人が公益法人として墓園などを経営できることは,そのとおりだと思います。今回の場合はお寺さんですから,公益法人ではなくて宗教法人だと思いますが,確認します。一般的な話ですが,横浜市に設置する場合は市内の宗教法人,また公益法人でなければいけないという経営主体の規定があります。そういう問題をクリアするために特定の宗教法人にお願いして,とりあえず管理者になっていただくという名義貸しの問題が全国的にあると聞いています。横浜市でそういうことが起きているかどうか。また名義貸しに関しての認識を伺いたいと思います。



◎(鳥羽衛生局長) 名義貸しに関しましては,定義をはっきりさせることが非常に難しい面があります。私どもとしては,運営主体となる宗教法人がきちんと運営に関して適格性を持っているかどうかを一番の基準にして審査をしています。



◆(中家委員) 位置の制限の部分についてですが,取りつけ道路については,法3条では,鉄道,国道,県道,市道,その他の主要道路に沿わないでという項目もあります。まさにこの請願の地域については横浜新道に隣接していますが,見解はいかがでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 主要道路に沿わないでというのは,確かに基準の1つとして考えられていますが,これはもともとの基準がかなり昔につくられた明治時代の通達がベースになっている側面がございまして,私どもは焼骨のみを埋葬する墓地につきましては公衆衛生上の問題がございませんので,主要道路に関する位置の制限規定は適用しないとしております。



◆(中家委員) 取りつけ道路については審査の基準の中には入れてないというお答えだったのですが,110メートル以内の人家等の同意を得ることは非常に大事なことだと思います。墓地自体は生活の中で必要な施設であっても,近隣の方たちにとっては,いろいろな面で負担,不安に感じられる部分があると思います。業者の方からすれば,同意がなくても進められるという判例をよりどころに,半ば強引に進めているような実態があるのではないかと懸念されますが,いかがですか。



◎(鳥羽衛生局長) 私どもとしましては,住民の方々の理解を得ることが,建設に関しても,その後の運営に関しても非常に大事な要素になってくるということで,墓地計画を十分に周知して,その後のいろいろなあつれきを防止するため,その項目を使って行政指導を行っております。



◆(中家委員) 衛生局だけの問題でなくて,土地利用計画の問題では都市計画局,道路の問題では道路局という部分で,請願者が幾つかの点を問題だとしていることについて,1つ1つていねいにわかっていただくための努力ということで,きちんと業者に対しての指導も含めて行っていくことが非常に大事だと思います。ですから,取り扱いは慎重にしていかなければいけないという意見を申し述べます。



◆(横山[正]委員) 墓地の必要性については議論の余地のないところで,生活をする上で必要な施設であります。ただ,横浜市のように都市部で,特に核家族の世帯が多くなってくると,どうしても新しい墓地を求める方が多くなり,それだけ需要が多くなってくるわけでもあります。特に相続などで山林や調整地などを相続される場合,土地の有効活用という点から,福祉施設を建てるかあるいは墓地にするかといった選択を強いられるという相談を多く寄せられているのも事実です。墓地の問題は,都市部における大きな問題だと思います。先ほど局長から,こういったトラブルについて指導を強化していくという御発言があったわけですが,審査基準とかあるいは許可基準あるいは指導をしていく中で根拠となる法令について,どういうものがあるのか確認をさせていただきたいと思います。



◎(鳥羽衛生局長) 審査基準につきましては,行政手続条例の規定に基づき定められたもので,申請によって求められた許認可等を行うかどうかについて判断するために必要とされる基準と考えていただければと思います。まず,国の法律として墓地・埋葬等に関する法律,それから施行細則がございます。これが横浜市で決めているもので,さらにその中の細目に関し,審査基準という形で行政手続法によって明示しております。



◆(横山[正]委員) 本市の行政指導の根拠となるのは細則によって行政指導を行うということであろうかと思います。例えば本件で問われているような緑地,駐車場について明確な条例化はされていないのか。確認をさせていただきます。



◎(鳥羽衛生局長) 条例としては定めてございません。



◆(横山[正]委員) そういった中で行政指導するわけですから,おのずと限界を感じる部分も当然あるわけです。ですから,こういう問題が出てくるのではないか。請願書の中では多くの不当かつ違法な欠陥がありますと指摘されています。スクールゾーンの問題あるいは道路の件といった具体的な質問が他の委員からございましたが,2項目の中で,本件工事施行者の中から金銭を提供され,買収工作を受けた事実があるという記述がされているわけですが,事実ですか。



◎(鳥羽衛生局長) その点につきましては,確認してございません。



◆(横山[正]委員) 仮にこれが事実だとすれば,公の意思を故意にねじ曲げる。金銭を提供して買収を行い同意を得ているということになれば,極めて趣旨に反するような行為であると思いますが,請願の紹介議員は下りたとは言え,請願として議会に上げられていますので,確認するつもりはないですか。



◎(鳥羽衛生局長) 私どもとしては確認する権限がございませんので,できないと考えております。



◆(横山[正]委員) 明確な基準がないわけで,今の局長の答弁はやむを得ない,権限が及ばないということであります。以上,申し上げたように,極めて当局が許可基準や判断する上で,条例化も視野に入れて今後検討していく余地があるのではないかと思います。意見として,このケースを教訓とし,これからの墓地行政に当たっていただきたいと思います。



◆(横溝[富]委員) 今いろいろとやり取りを聞きながら,また今回の請願を踏まえつつ,今後のこともありますので,何点か質問させていただきます。

 まず,今本市で墓地計画について相談がきている案件はどの程度ありますか。



◎(鳥羽衛生局長) 現在のところ8件ございます。



◆(横溝[富]委員) 墓地計画があっても,幾つかは反対があるという話も漏れ聞いているところですが,反対の主な理由を,差し支えない範囲で結構ですけれどもお聞かせ下さい。



◎(鳥羽衛生局長) 例えば自然環境が破壊されるとか,住宅地に墓地はなじまない。周辺道路の混雑,路上駐車が心配である。防犯上の問題があるといった理由で反対理由が述べられることはかなりございます。



◆(横溝[富]委員) 今横山委員,中家委員から,審査基準あるいは細則のやり取りがありましたけれども,先ほど局長から明治時代という言葉も出ておりました。そういった面から審査基準,細則の基準自体が古いのではないかという印象を持ったのですが,感想はいかがですか。



◎(鳥羽衛生局長) 確かに細則を制定した当初,何を基準にするかというと,これまでの歴史の中で言えば,明治時代の通達などを参考にして,例えば範囲であるとか,道路に関することを規定していったという実際的な状態があったようです。現在は火葬がほとんどですので,時代にそぐわない部分も出ているという印象は持っております。



◆(横溝[富]委員) そういった基準等々が明確になっていないことによって,どういったことが支障として起きているのかお尋ねしたい。



◎(鳥羽衛生局長) 1つは,経営者の適格性の審査方法が,場合によって難しい点がございます。周辺住民の方々に対する計画の事前周知等の方法をどうするか明確に定められていないという部分で支障となる場合がございます。また周辺に配慮した緑地等の構造基準に関して余り明確でない部分もあるということで,実際の審査に当たりましては苦労するところがございます。



◆(横溝[富]委員) 三、四点支障になっている点を話されましたが,基準のさらなる明確,それから条例化も前向きに取り組んでいただくことを要望として申し上げておきたいと思います。



◆(宗形委員) 今相談にきているのは8件ということですが,昨年度,一昨年度で100基以上で許可を出されたケースはどのぐらいありますか。



◎(鳥羽衛生局長) 平成11年度が8件,平成12年度が10件でございます。



◆(宗形委員) 長い期間で考えてみると,ここのところふえてきたと考えられますか。それとも大体こんな感じで昭和30年代から徐々にふえてきたと考えられますか。



◎(鳥羽衛生局長) 特にここ二,三年でかなりふえてきている傾向がございます。



◆(宗形委員) 横浜市の345万の人口のうち,かなりの方が後から引っ越してこられた方で,これから団塊の世代が高齢化していく中,墓地はますます必要とされていくものであると思います。この請願の中に地区計画というのがありましたが,開発事業が全然進まない中で,これからもっとこの問題が出てくると思います。今相談が8件あって,反対もあるということです。今回私も事前にこの御説明をお聞きしまして,同意というものが必ずしも許可の要件にかかわってくるものではないという中では,今のままでは相談を受けてもやはり許可は出さざるを得ないとなっていくのでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 先ほど申し上げました幾つかの点につきましては,開発主体の方々にきちんと修正していただくとか,あるいは計画を少し変更していただくことが必要だと考えておりますので,そういう意味での指導はかなり強くやっております。



◆(宗形委員) 規模を小さくするとか,そういう意味では集合住宅の建設などと同じように指導はされているかと思います。今回2つの町内会の合意が得られない中でも,かなり進んでいってしまうということでは,もうちょっと審査基準の問題とか,今回この請願が出されたということはそれだけの理由があるかと思います。今まで慎重にという御意見も出ていますし,私たちもこの請願に関しては,書かれている3項目目の差しとめということは権限の問題,それから法の裏づけということで難しいと思いますけれども,この請願が今後に及ぼす影響も考えますと,委員会として,ぜひ慎重に受けとめるということでお願いしたいと思います。



◆(岩崎副委員長) 今までの質問と答弁を聞いた上で,二,三伺います。

 この請願は,この墓地の建設は違法,不当なので差しとめしてほしいと結論としてなっています。今までの質問者に対して局長は,違法,不当とはなかなか言えないと答えられているので,そこのところをもう少し厳密にしておきたいというのが第1点です。

 墓地・埋葬等に関する法律及び施行細則には,事細かく許可基準が書かれているわけです。特に施行細則には110メートル以内の同意を得なければいけないとか,都市計画道路に接してはいけないとか全部書いてあるわけです。これが明治時代につくったかどうかはともかくとして,現実に生きている法律として国民に示されるものです。判決があったとかいろいろありますけれども,自分の家の前に墓地がつくられそうだ,これは困ったなと思った人は,この法律に頼るでしょう。基準に合っているのかなと当然見ます。そういう意味で判決とか現状に合わないものについては認めていないという先ほどの答弁でしたけれども,法律を適用される国民の側から見れば,これが生きている法律だと主張すのは当然だと思います。この点違法,不当とは言えないとはいうものの,現実に国民の前に公にされている法律として生きているわけですから,請願者の指摘はそのとおり一たん受けとめなければいけないのでないかと思いますが,見解はどうですか。



◎(鳥羽衛生局長) 法に関しましての部分では,最高裁の判例が一番大きな決定的な基準だと思います。都道府県ないし政令指定都市も含め,知事による許認可の基準の考え方として,個々の人たちの利益を保護するために設けられたものではないという法の趣旨から,それを厳格にあるいは書いてある文言どおりに例えば細則の内容であるとか,審査基準の内容であるとかをそのまま適用することは,むしろ違法であると判断がされております。法として文書に書いてあることは,解釈する考え方の問題は当然出てまいりますので,社会の受けとめ方もそこに影響している部分はあろうかと思っております。そういう意味で考えますと,審査基準という形で110メートル内における住民の同意は書いてありますが,私どもとしては行政指導の内容ということを含めて審査基準の中で明示していると御理解いただきたいと思います。



◆(岩崎副委員長) 答弁の仕方としてはそうなると思いますが,市民的な目線で見ていかないと,なかなか納得が得られないという問題があるので,先ほど何人かの委員の皆さんからも,審査基準として同意できる内容のものを本市としてもつくる必要があるという意見が出ていますから,その点では私も同意見だと述べておきたいと思います。

 続いて,事前審査で受けつけられたのはいつですか。



◎(鳥羽衛生局長) これは開発行為ではございませんので,事前審査はしておりません。



◆(岩崎副委員長) 墓地建設をしたいということについての衛生局への事前相談です。



◎(鳥羽衛生局長) 一番最初の相談は平成12年8月8日でございます。そのときに許可基準などを説明しております。



◆(岩崎副委員長) きょうの委員会の顔ぶれでは戸塚区の出身は私だけですが,この問題は戸塚区の区議団会議のときにかなり議論になりまして,周辺の同意を重視するのだったら,どうしてもっと早くに情報を地元に提供しなかったのかということが1つの大きな問題になりました。地元は年が明けて2月とか3月の時点で知ったわけですが,実際に話があったのは去年の夏です。周辺の同意,納得を重視するのであれば,最初の段階で地元の意見聴取はスタートさせることが必要だと思いますが,どうですか。



◎(鳥羽衛生局長) 町内会への説明は,平成12年12月15日に町内会長にまず御説明している事実がございます。



◆(岩崎副委員長) この点では,もっと早めに情報提供するように意見として申し上げます。

 次に,道路局にかかわることですが,先ほど違法とは言えないという話があったと思います。請願者の申し立てによれば,私有地があり,そこの道路を指定することによって一般の通行を許可している。同時に,今度の墓地の開発に当たって車や人の通行を認めているのは不当ではないかと書かれています。事前に伺ったところ,道路局の方の供用開始に向けての手続に本当にそごはなかったのかどうか。請願者はそこを強く主張されているわけですから,衛生局長に聞くのはちょっと申しわけないですが,どうでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) 私どもとして道路局に確認した範囲では,供用の開始に当たって一部問題があったという認識を持っているそうです。



◆(岩崎副委員長) 問題があったと認識されているようだったら,私はそれでいいと思います。これは道路局できちんと審査すべきことだと思いますので,これ以上は言いません。問題があったということについて確認をしておいていただきたいと思います。

 最後に,都市計画局の問題になりますが,土地区画整理事業の組合があるわけです。そこで土地開発についての土地利用計画その他都市計画決定をしたものがあります。これも中身に触れませんけれども,そこで言う土地利用計画の中に墓地は含まれていたのかどうか。



◎(鳥羽衛生局長) もともとの中では含まれてはおりませんでした。



◆(岩崎副委員長) 土地利用計画というのは法的拘束力は多分ないと思いますので,今言われたように,墓地は入っていない。だから普通常識的に考えれば,墓地は困りますという対応をしていいと思います。何らかの事情があって墓地の開発になり,その点で都市計画局の土地利用計画の計画どおりに土地を利用していくという点での担当局としての指導に不十分さを我々は感じるのですが,都市計画局はどのように考えているのでしょうか。



◎(鳥羽衛生局長) その点につきましては都市計画局に確認してございませんので,お答えできかねます。



◆(岩崎副委員長) 道路局にしても,都市計画局にしても,衛生局長に答えていただけない問題なので,これでとどめますけれども,きちっと審査しないといけない対象の事案だと思いますので,請願者が違法,不当と言われている根拠は全くなしとは言えない。むしろ請願者の立場から違法,不当と当然言ってもしかるべき内容がこの中には含まれているのではないかという私の意見を申し上げます。



○(中島[憲]委員長) ほかに御発言もないようでございますので,お諮りいたします。

 本件につきましては,質疑を終了し,各会派の意見表明の後,採決に入りたいと思いますが,御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,自民党さんからお願いします。



◆(横山[正]委員) 自民党としましては,今までの議論の過程の中で,本件につきましては当局として許可をせざるを得ない状況にあるのではないかと思いますので,不採択とすべきものと考えます。ただし,墓地の埋葬基準を明確にするためにも,緑地や駐車場などの周辺環境に配慮した基準や住民への事前周知などを内容とした条例の制定を早急に検討すべきものであると考えます。



◆(松本[敏]委員) 先ほど来質疑がありますように,本件は道路局等の問題もありまして,この委員会では十分な審議ができないと考えております。したがって,当局におかれましては,審査をするという立場で,引き続き地元の調整をしっかりやっていただきたいという意見を申し上げます。

 もう1つは,墓地という性格,性質をかんがみて,国の法律やあるいは判例は,都道府県知事,政令指定都市の首長の裁量を相当重く見ていると思います。しかしながら,現実的に墓地というものは最近においては,税金対策の問題とか,横浜市の場合にはだんだんニーズが高まってきておりますので,商売になるという問題もございますので,ぜひとも条例化に向けて,きめ細かな審査基準をつくっていただきたい。もちろん衛生局だけでは済まない話で,市民局,都市計画局,道路局,建築局,その他の局も関係するでしょう。ぜひ全庁的に真剣な議論をして,早急に,できれば次の定例会ぐらいまでに条例化に向けての案文をつくっていただきたいという意見を申し上げます。

 結論といたしましては,法的な根拠も踏まえて,本件については不採択とさせていただきます。



◆(加納委員) 私どもも,請願趣旨にあります建設工事を差しとめることについては,法的根拠が非常に難しいということから,不採択とさせていただきたいと思います。ただ,先ほど来お話がありましたように,住民の皆さん方の心情もわかりますし,墓地・埋葬等に関する法律につきましても,非常に古い状況の中でつくられているということから,生活の中で墓地というものは大切な問題でございますので,自然環境の問題等々含めて,本市としてしっかりとした条例化を含めて考えるべきだという意見を申し上げます。



◆(中家委員) 衛生局だけの問題ということではなくて,先ほど来の議論の中で他局にわたって議論すべき内容が含まれていることと,今現在,開発行為の工事にかかわる申請漏れがあり,工事が中断していることもあります。衛生局の指導も,もっときめ細かく地元対応も含めてやっていただくということもあるので,きょうこの場で採決で結論を出すのではなくて,慎重審議ということで継続を主張したいと思います。



◆(宗形委員) 私も先ほどからの話をお聞きする中で,この請願の中で明らかにされたこともありますけれども,まだ審議が十分とは言えないと思います。今後,条例化に向けて委員会として1つの方向性を出すことができたことは評価できると思いますが,2つの町内会の同意が得られない中では,次回までの継続にしながら,局の方でも基準を明確にした条例化の検討をあわせていてしていただくことがよいのではないかと思います。



○(中島[憲]委員長) 一言言わせていただきますが,慎重に審議をするといっても,審議の内容が他局にわたるところがありますので,中家委員の言われている中で,これを延ばしていっても,この常任委員会での議論がなかなかしきれない部分があります。そういうことも踏まえていただきたいと思います。



◆(中家委員) 委員長の意見ということで受けとめればよろしいですね。



○(中島[憲]委員長) それでは,継続審査の主張がございますので,お諮りいたします。

 本件を継続審査にすることに賛成の方の挙手を求めます。

        (挙手)



○(中島[憲]委員長) 挙手少数であります。

 次に,意見表明の中で本件につきましては不採択理由を付すという御意見がございました。特に異論がなければ,案文について賛成会派によって作成をしたいと思います。後ほどそれをこの委員会に提示をしたいと思いますけれども,よろしいですか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,案文作成のため暫時休憩いたします。

        休憩時刻 午後0時22分

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        再開時刻 午後1時22分



○(中島[憲]委員長) 休憩前に引き続き,委員会を再開いたします。

 ただいま不採択理由の案文ができましたので,事務局より配付の上,朗読させます。



◎(佐藤議事課書記) 不採択理由案。

 墓地の許可基準を明確にするため,緑地や駐車場など周辺環境に配慮した基準や,住民への事前周知などを内容とした条例の制定を早急に検討すべきと考えるが,現状では趣旨の実施は困難である。



○(中島[憲]委員長) ただいまの案文について何か御意見ございますか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 特に発言もないようですので,案文のとおり決定することに御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 御異議ないものと認めます。

 それでは,採決いたします。

 本件につきましては不採択理由を付し,不採択すべきものとすることに賛成の方の挙手を求めます。

        (挙手)



○(中島[憲]委員長) 挙手多数。

 よって,そのように決定いたします。

 なお,不採択理由の字句の整理については,正副委員長に御一任いただきたいと思いますが,御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 御異議ないものと認め,さよう取り扱わせていただきます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△がん検診及び新生児の聴覚検査について



○(中島[憲]委員長) 以上で衛生局の質疑は終了したいと思いますが,何かございますか。



◆(加納委員) その他で検診のことについてお聞きしたいことがございますが,よろしいでしょうか。



○(中島[憲]委員長) どうぞ。



◆(加納委員) 今胃がん検診でさまざまな実を上げていると聞いておりますが,第1次検査の後,第2次検査にどのぐらいの割合で来るのか,1点お聞きしたい。



◎(鳥羽衛生局長) 平成11年度の実績で,受診された方が5万8,959人,そのうち要精密となった方が6,717人で11.4%となっています。



◆(加納委員) 第1次検査がバリューム検査で,その後,多分内視鏡検査をやるのだと思いますが,医者の方と懇談する機会があったときに,バリューム検査よりも内視鏡検査を最初からやられた方が,お金の問題,時間の問題,そして検査中身の問題からしても非常に効果的であるという御意見を聞いたのですが,バリューム方式の検査から内視鏡方式の検査をやることについて,当局はどのようにお考えになっているか聞かせてください。



◎(鳥羽衛生局長) 国のがん検診実施のための指針におきましては,胃がん検診は第1次検査はX線検査とされておりまして,全国的にもX線検査が主流であるということから,本市においても同様にX線検査で行っております。内視鏡検査に関しましては,精密検査としては非常に優れた方法であると言えますが,第1次検査として用いるためには幾つかの問題点があるという認識を持っております。例えば検査全体にかかる時間,あるいはあれだけのものを飲みますので,人によりまして違いますが,受診される方の肉体的な負担が大きく,また技術にある程度幅があるという問題もございますので,今後の研究課題とさせていただきたいと思います。



◆(加納委員) もう1点,新生児の聴覚検査について確認させていただきます。

 難聴というのはそれに伴う言語障害等含めて,発見が早ければ早いほど治りがよく,通常の方に近い段階までいくと聞いております。国として新生児の聴覚検査について補助金という形で後押しをしていると聞いておりまして,本市も幾つかの病院でこのための機械が導入されておりますが,先日,衛生局の方に聞きましたら,稼動率がなかなかうまくいっていないという問題と,未熟児等で生まれた子に限ってのみしかやっていないということを聞きました。国も新生児の聴覚検査を後押ししていることと,一人でも多くの子供を救ってあげたいということから,機器を導入されているところでしっかり新生児の聴覚検査をしていただき,実態を掌握して,今後本市として新生児の聴覚検査にしっかり取り組んでいただきたいと考えておりますが,局長の御意見を聞かせていただきたい。



◎(鳥羽衛生局長) 新生児の聴覚検査は脳波を用いた検査でございますが,現在市では市大の附属病院及び市民総合医療センターの2カ所に設置をして検査を行っている状態でございます。国では検査の手順であるとか判定方法,その後の見つかった方の療育に関しての新生児聴覚検査の手引を現在つくっていることもございます。国あるいは実施をしている他の自治体等の動向を見守りながら,私どもとしても今後の検討課題として考えていきたいと思っております。



○(中島[憲]委員長) 以上で衛生局関係は終了しましたので,当局の交代を求めます。

 当局交代の間,暫時休憩いたします。

        休憩時刻 午後1時31分

        (当局交代)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        再開時刻 午後1時33分



○(中島[憲]委員長) 委員会を再開いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市第4号議案の審査,採決



○(中島[憲]委員長) 福祉局関係に入ります。

 市第4号議案を議題に供します。

   市第4号議案   横浜市地域ケア施設条例の一部改正



○(中島[憲]委員長) 当局の説明を求めます。



◎(田中福祉局長) 市第4号議案横浜市地域ケア施設条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 提案理由ですが,本市では身近な地域における福祉保健活動の拠点,身近な相談の場として,また援護を必要とする高齢者等に通所介護等を提供する施設として,地域ケア施設を整備しています。このたび建設を進めてまいりました横浜市東寺尾地域ケアプラザ及び横浜市笠間地域ケアプラザが竣工となりますので,条例改正をお願いするものです。

 改正の具体的内容についてですが,別表に横浜市東寺尾地域ケアプラザ,横浜市笠間地域ケアプラザを追加します。

 次に,各施設の概要について,お手元の資料に沿いまして御説明いたします。

 まず,横浜市東寺尾地域ケアプラザですが,鶴見区東寺尾に単独で整備しているものです。?の構造・規模についてですが,鉄筋コンクリート造2階建てとなります。?の運営委託先は,社会福祉法人若竹大寿会の予定となっています。?の開所は,平成13年9月を予定しています。

 次に,横浜市笠間地域ケアプラザについてですが,栄区笠間一丁目で大船駅再開発ビルの中に整備しているものです。?の構造規模についてですが,鉄筋コンクリート造11階地下1階建てのビルの中で,地下1階から地上3階までの一部となります。?の運営委託先は,社会福祉法人同塵会の予定となっています。?の開所は,平成13年9月を予定しています。

 いずれの施設も開館時間については,火曜日から土曜日については午前9時から午後9時まで,日曜日については午前9時から午後5時までとなります。通所介護は月曜日も実施します。

 これにより,地域ケア施設は地域ケアプラザ69館,地域ケアセンター10館の全市で79館となります。

 条例の施行日は,規則で定める日から施行とさせていただきます。



○(中島[憲]委員長) 質疑に入ります。



◆(宗形委員) それぞれの用地費と建設費を合わせた費用と,それぞれのデイサービスの定員数を教えていただきたいと思います。



◎(田中福祉局長) 東寺尾地域ケアプラザは建設費が4億9,000万円,用地費が1,300万円でございます。笠間地域ケアプラザは建物費が5億3,400万円,用地費が2億8,400万円でございます。デイサービスは,基本的には30人程度を目安にデイケアをする面積については設定してあると思いますが,1人3平米につきまして各法人から何人でやりたいという事業所指定の申し出等がありまして,最終的に決定されるかと思います。



◆(宗形委員) 東寺尾の方の用地費は1,300万円で間違いないですか。



◎(田中福祉局長) そのとおりです。



◆(宗形委員) 30人規模といいますと,横浜市では地域ケアプラザ,地域ケアセンターの定員数は40人,50人,30人,さまざまですけれども,定員数はどう決められているのですか。



◎(田村地域福祉部長) 定員の問題につきましては,法人の方がこの例でいきますと大体8月ぐらいに申請を県の方にして認定されるということで,そういう意味で決まっていない。規模的には30名ぐらいで考えていますが,実際に1人当たりの平米から考えますと50名ぐらいまでのゆとりはあることになっています。



◆(宗形委員) 横浜市ではデイサービスの待機者がいて,昨年介護保険が始まってから各デイサービス施設については,それまでの定員をどこも大体5人から10人にふやしています。そういう意味では,これは50人のキャパシティがあり,これから決まっていくということでいいわけですね。横浜市として定員の考え方は,先に建物があって,これだけ入るからここはこれだけの定員と考えるのか,それともこの地域のデイサービスにはこれぐらいの人数が必要だからとか,この施設にはこれぐらいの規模が利用者にとっていいからということで決めるのか。



◎(田村地域福祉部長) 地域ケア施設についてはある一定程度の規模,仕様がありまして,普通でありますと1,100平米と考えています。そういった中で,デイケア,ほかにもトイレとかいろいろ換算する平米がありますが,少しゆとりを持たせて30人ということでやっています。法人の方が規模によって収入等あるいは職員の雇用も変わってきますので,それはまた法人の方で決めていただく。特別ここでは幾つをやりなさいとか,そういうことは考えておりません。



◆(宗形委員) 地域ケアプラザは大体1,100平米と決められて進められているということから,ある程度定員の数も定まってくるのかなと思います。私たちも再三取り上げ,予算のときにも申し上げています。デイサービスの待機の方が1月で全市351人とかなり減ってきていると思います。金沢区で聞きましても,待機の方は32名いますけれども,中身はさまざまです。この間ケアマネージャーの方にお聞きしましても,ある特別養護老人ホームがとても人気があってなかなか入れない。その理由はこじんまりしているからということで,以前いただいた資料を見ても,そこは定員が15人。横浜市では地域ケア施設でデイサービスも一緒に整備をしていますが,デイサービス,ボランティア等の交流の機能,在宅介護支援センター,それぞれ必要ですけれども,規模を1,100平米と決めて定員は30人。去年1年間を見ると40人,50人という定員にふやしている。そういう進め方をするよりは,公設で地域に小さい規模のものをもっとたくさんつくるという方針転換が必要だということを私たちは申し上げていますので,この議案には今回も反対します。



◆(中家委員) デイサービスの利用の状況について伺います。

 昨年,区内の地域ケア施設を何件かお訪ねしてお話を伺った中で,1週間のうちでも利用される人数に返答があるということは考えられると思います。地域でもバラつきがありますから,全市的に見ればかなりアンバランスの部分があるのではないかと想像します。状況はどうなっているか,わかれば教えていただきたいと思います。



◎(田村地域福祉部長) 平成12年度のデイサービスの利用実績を平均的に見ますと,1日当たり24.8人になっております。デイサービスの定員の平均は37.8人で,ゆとりのあるところもありますが,概して新たに施設がオープンしますと,何カ月間かは利用者が段階的にふえていく。初めから定員がいっぱいとはなりませんので,そういったアンバランスがあります。また,確かに高齢の方々の需要が多いところについては,定員ぎりぎりいっぱいのところもあります。



◆(中家委員) 横浜市も施設整備は頑張ってやっているとは思いますが,利用されなければ事業者自体の運営にもかかわってきますし,つくっていくという行政の側の視点からいっても,たくさんの方に利用していただきたいと思います。横浜市として利用促進のための手だては実際にやられているのかどうか。もしそういうものがなければ,今後どう考えていこうとしているのか聞かせてください。



◎(田村地域福祉部長) 直接私たちが具体的な助成策とか援助は今やっておりませんが,10カ所のケアセンターの施設長とかあるいは法人の経営者の会議をやることになっておりまして,お互いに情報交換をしながら効率いい運営をやっていこう。例えば非常に効率よくやっているところは,きょうは20人来ると予約で決まっているわけですが,きのうの段階から,あしたは平気ですかと連絡する。そこで高齢ですから体調の問題で来れなくなる場合には,ほかの方をお誘いする。また,当日の朝もう1回お電話して,そこでだめだったらば,再度ほかの方に空きがありますというお誘いをすることで,できるだけ有効に使っていただこうとケア施設の側でも努力されている。そのようなこともいろいろ情報交換しながらわかってきていることです。



◆(中家委員) 市民の皆さんから見て,ケアプラザとケアセンターの違いがなかなかわかりにくい。ケアセンターには福祉機器の紹介の機能がありますが,福祉機器の普及については,どういう状況にあるのか教えてください。



◎(田中福祉局長) 整備の順序といたしまして,必ずしも地域ケアセンターの方が地域ケアプラザに先立って整備されてきておらない区が多くございます。最近地域ケアセンターが整備されている状況がございまして,先行して活動している地域ケアプラザを後からできた地域ケアセンターがまとめていくことになっているので,そういう意味から地域ケアセンターの役割が区民の方々に十分理解されていないことがあると認識しております。その点,福祉機器の状況等も含めて十分関係者にも周知していく必要もありますし,市民にもPRしていく必要があると思っております。福祉機器につきましては,住宅改修も含め,使用することによって家族の方が介護を非常に軽く行うことができるということで,私が聞いておりますのは,区役所の窓口等では福祉機器も日々新しいものが出ておりますので,今まで使っておられる方が新しいものについての情報を得たけれども,どこで得られるのかとかいう問い合わせが最近では多いと聞いております。



◆(中家委員) 18行政区の中で地域ケアプラザをまとめる役割が地域ケアセンターにあるとすれば,数的には足りない状況だと思います。整備や土地の取得,どういうふうに建てるかも含めてなかなか大変だと思いますけれども,引き続き頑張っていただければと思います。



◆(横山[正]委員) デイサービスについては,大分改善をされてきていると思いますが,あわせて,鶴見区と栄区の入所型の施設の状況はどうですか。例えば特別養護老人ホームとかショートステイの状況について教えていただきたいと思いますが,元気なお年寄り,健康なお年寄りが地域ケアプラザや地域ケアセンターで老人体操をやったりして健康を維持されている。非常にすばらしいことだと思うのですが,他方で特別養護老人ホームであるとかケアをより必要としている重篤な方々に対しての入所待ちが非常に問題になっていると思います。デイサービスについては,施設建設を進めておりますから待機されている方が数少なくなってきているのが事実だと思いますけれども,優先順位の問題があると思うのです。家族の負担とか身内の負担を考えた場合に,私はより重い症状の方の施設を優先して建てていくべきではないかと思いますが,優先順位についてはどのようにお考えですか。



◎(田中福祉局長) 優先順位については,在宅でデイサービスが必要な方はもちろん,もっと重くて入所しなければならない方についての特別養護老人ホーム等の施設整備は十分認識しておりまして,現在,介護保険事業計画等に基づき,横浜市では従前の民間の法人に土地も用意していただいて整備していくことのほかに,最近では積極的に市有地を貸与して,かなり大型の特別養護老人ホームを建てていただくほか,既存の公共の施設,市大の1号館などもそういった入所施設に改装,転換していくという方法を考えまして,積極的に定員数の確保に努めてきておるところでございます。

 どちらが優先順位として高いのか,入所施設にちょっとデイサービスの籍を置いておいて,在宅で療養なり介護を続けていきたいという方ももちろんいらっしゃいますので,特別養護老人ホーム等の施設整備を優先しているということではないですが,計画を上回る規模で,いろいろな方法を使って整備している状況でございます。



◎(上野介護福祉部長) 区別の状況ですが,鶴見区では特別養護老人ホームが2カ所,定員は294人,ショートステイは64人。栄区では特別養護老人ホーム2カ所,定員204人,ショートステイが20人。そのほかに老人保健施設が鶴見区と栄区で1カ所ずつとなっています。



◆(横山[正]委員) 2区の待機状況はどうですか。



◎(上野介護福祉部長) 現在,施設ごとに特別養護老人ホームは申し込みになっていますので,ダブルで申し込んでいる方がかなりいらっしゃいますので,正確な数は申し上げられません。全市で名寄せした段階では3,000人程度でございます。



◆(横山[正]委員) 先ほどデイサービスの待機が300人ぐらいとおっしゃった。今伺うところ特別養護老人ホームは3,000人待っている。やはりこの差だと思うのです。今局長がおっしゃったように,意気込みは確かに感じられますが,実感としてわかない。それは何年待たされるかとか,あるいは何人入れるかという問題になってくると思う。優先順位を考えると,おのずと重たい方を優先するべきではないかと思います。

 あわせて,痴呆の方プラス精神分裂病とか精神的な疾患を持っていらっしゃる方のケアは,今福祉の分野で受け入れられるのですか。



◎(田中福祉局長) 介護保険のサービスとして精神分裂病等の疾患を持っておられる方を,特別処遇するといったことは具体的にはございませんが,福祉局で特にそういった方々を中心とした施策として,今一番足りなくて,つくっていかなくてはいけないことになっておりますのは,そういう病気をお持ちの方はかなり長期的に入院していて高齢になっておられる。その間に家族を失うとか借りていた家もなくなってお帰りになるところがないといった状況で,入院して治療をするほどではないけれども,帰るべきところがしっかり定まらないといった方が多ございます。そういう方を民間のアパート等に受け入れていただくこともなかなか難しく,基本的には生活保護になりますので,救護施設等を建てまして入所していただくことで,かなりの部分を解決しています。現在は,そういう施設が少々足りなく,それを早急に整備していく必要があるということで,ただいま計画しているところでございます。



◆(横山[正]委員) 実は御家族と一緒に生活されている精神分裂病の方が,症状がひどくなってパニック状態になってきた。家族も少し休息をとりたいということでショートステイをお願いしたところ,相当先まで待たざるを得ない状況だ。介護保険が導入される前は福祉事務所が突発的な方に対しては措置入所という形で素早く対応してくれた。しかしながら,介護保険が導入された後は,ケアマネージャーを通じていろいろなところに電話をかけて,なおかつ入所が困難な状況にある。制度も変わったことですし,やむを得ない事情も中にはあると思いますけれども,数の問題が大きな原因だと思います。今回ケアプラザを2件設置するということで,ますますデイサービスの分野については充実を図るということですから,ありがたいことだと思いますけれども,優先順位はどうあるべきかもう少し考えていただいて,より重篤の方のケアを優先する方向でぜひ考えていただきたいと思います。



○(中島[憲]委員長) ほかに発言もないようですので,質疑を終了し,採決に入りたいと思いますが,御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,採決いたします。

 本件については原案どおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。

        (挙手)



○(中島[憲]委員長) 挙手多数。

 よって,市第4号議案については原案可決と決定いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第4号の審査,採決



○(中島[憲]委員長) 次に,請願第4号を議題に供します。

   請願第4号   緊急通報システム(あんしん電話)の改善について



○(中島[憲]委員長) 請願の趣旨については事務局に朗読させます。



◎(佐藤議事課書記) 請願第4号について朗読いたします。

 件名は,緊急通報システム(あんしん電話)の改善について。平成13年5月31日受理いたしました。

 請願者は,横浜市鶴見区の生活と健康を守る会横浜市協議会議長,前田幸男さんです。紹介議員は中島文雄議員,与那原寛子議員です。

 請願事項ですが,ひとり暮らし高齢者を対象に設置事業が実施されている緊急通報システム,あんしん電話による第一通報先を消防署など公的機関にするとともに,それが実施されるまでは留守番電話でも受け入れ可能なシステムに改善されたい。

 以上でございます。



○(中島[憲]委員長) この際,当局の見解を求めます。



◎(田中福祉局長) 当局の見解を申し上げます。

 あんしん電話の第一通報先の改善ですが,本事業は基本的な理念を,地域における支え合いにより,あんしんして暮らせるまちづくりとしていることから,第1通報先はできれば近隣にお住まいで,すぐに駆けつけていただける方にお願いしております。あんしん電話では第1通報先が留守番電話機能等使用されておられますと第2通報先の消防局に転送されないということがあり,近隣協力者の方には御不便をおかけすることになるわけですが,現在第1通報先を承諾していただいている方には,留守番電話機能等を使用しないで御協力いただくようにお願いしておるところでございます。

 この件は,本年3月の予算第一特別委員会で既に御審議いただいておりますが,現在西区の社会福祉協議会で第1通報先を専門事業者へ委託する事業を行っておりまして,この実施状況などを見るとともに,他都市の状況なども踏まえ,事業実施上の課題について現在整理しているところであります。第1通報先については,消防署など公的機関も含めまして,それだけに限らず幅広く検討しているところでございます。



○(中島[憲]委員長) これより質疑に入ります。



◆(中家委員) この請願は本当に大事な問題だと思いますが,当局にお聞きします。政令市の中で第1通報者を消防署としているところはどこでしょうか。



◎(田中福祉局長) 第1通報先を消防署にしている都市は,札幌市,仙台市,名古屋市,京都市,神戸市,北九州市でございます。



◆(中家委員) 6都市ですが,横浜市のように近隣の方が第1通報者というところはどこでしょうか。



◎(田中福祉局長) 近隣に協力者を得ている市は,広島市です。広島市の場合,近隣に協力者がどうしても見つからない場合は,第1通報先を直接消防局にしております。



◆(中家委員) 広島市が横浜市と同じような形式で,第1通報者は基本的には近隣の方,第1通報者がどうしても見つからない場合は,新たに設置をするときに第1通報者を消防局にするということでしょうか。



◎(田中福祉局長) そのとおりでございます。



◆(中家委員) 広島市の設置の件数をつかんでいれば教えていただきたい。第1通報者を近隣の方が見つからなくて直接消防署にしたケースは,方針が変わった時点からどのくらいあるか数はわかりますか。



◎(上野介護福祉部長) 平成11年度末で広島市は緊急通報システムを579件設置し,このうち約半数が第1通報先が消防局です。



◆(中家委員) 近隣の方といっても,今ほとんどの御家庭では留守番機能を持っている電話だと思います。磯子区の中で実際にお聞きした話ですが,第1通報者の方に連絡をしたけれども,夜が遅かったということで,特定の方ということじゃなくてお宅にかかるわけですから,かかってきた電話を,いたずら電話だというような,何だろうということで気持ち悪くなって,そのままにしてしまった状況があって,かけた方が大事には至らなかったけれども,急を要する状況になったということがあります。福祉局の中でそういう事例があれば教えていただきたいと思います。



◎(田中福祉局長) 私もきめ細かく報告を受けておるわけではないですが,最近聞きました事例では,たまたまお子さんがお出になって,緊急通報ということを言うだけですので,どういうことかわからなくてそのままになってしまって,第1通報先に通じたことが本来の意味で効果を持たなかったということを聞いております。



◆(中家委員) 現在の本市の設置件数と,設置をしたいという市民の方からの相談件数に対して,実際にあんしん電話を取りつけた割合はわかりますか。



◎(田中福祉局長) 平成12年度末で設置しております台数は3,223台。平成12年度に新規に設置した数は438台。相談の件数が何件あって,その中から438台決まったというもとの相談件数については把握しておりません。



◆(中家委員) 局長から,課題を整理して,さまざまな問題について解決する方向で検討されているという意味に受け取りましたが,突き詰めていくと,かけた方の生命も関係してくる大事な問題ですので,早急に解決することと,なかなか第1通報者が見つからない現状の中では,広島市も第1通報者については半数が消防署にした。第1通報者を消防署にすることが問題解決する上で,今の段階では一番の近道ではないかと思います。



◆(酒井[喜]委員) 私たちの町内会では,第1通報者は近隣ということで決めていただいております。そして第1通報と同時に,そこに何名かの人がかかわっていくという方法をとっております。ですから例えば通報を受けてそこの家へ行きます。その病人を連れていくと家が空きますから,かかわった人もそこに行くというようなシステムをとっています。これからの高齢化社会において,地域でそれをやっていくことが一番基本だと思っています。今中家委員は第1通報者を見つけることが困難だということですが,現実問題どういうことになっておりますか。



◎(上野介護福祉部長) あんしん電話を設置するときに,まず申し込むときに常に受けてもらえる第1通報者を探すことが条件になっています。第2通報先は当然消防局ですし,第3通報先は身内の方ですので,市内にいる方とは限らないわけです。最近,近所づき合いがされてないこともあって頼みにくい。結果的には民生委員さんあるいは老人クラブの推進員の方,そういうつてで何とかお願いしている状況にあります。



◆(酒井[喜]委員) そこが中家委員が心配している1つだと思う。地域で例えば僕が当事者であれば,どういうふうにすることで僕を助けることができるか考えてあげなければいけないと思う。それにかかわるためには,その地域の人たち,近隣の人たちが,初めはだめかもしれないけれども,いろいろな角度でかかわりながら,その人を助ける工夫を当局の方でも相談に乗ってあげて,多くの人にかかわってもらうということが,これからの社会に必要な気がいたします。直接消防署なり行政に行くこと自体は僕は反対です。お互いに地域で助け合うことが,これから一番大きなことだと思います。



◎(田中福祉局長) 私どもも近所づき合いとか地域の横の連絡といったものが今の地域社会では少なくなっているということがあり,そういったことがこの少子・高齢化社会の中である意味では一番大きな問題であると認識しております。ですから,将来は横浜市がひとりで暮らしていても地域の方々に支えられてあんしんができる都市であるといったことを1つ1つの中で実現させていく方策をきめ細かく検討し,実行していくことが何よりも重要であると思います。ただ,これにつきましては,都市の現象としてなかなかそういう方法を得られにくいという現実があることも事実ですので,そういうことに対する一定の対応が現在求められていることも現実の問題としてあるという認識をしております。



◆(横溝[富]委員) 酒井委員が言われたことについては全く同感ですけれども,先ほど局長から西区は専門事業者の方に依頼してやっているというお話がございましたが,まだ期間が短いですが,実態としてどのように把握されていますか。



◎(田中福祉局長) 西区では従前からのものでなくて,専門事業者に委託している方は平成13年5月末現在で34人の方が登録されて,利用者になっておられる。それにより実際に救急車が出動した件数は,平成12年8月事業開始から本年5月末までで4件となっております。



◆(横溝[富]委員) 今後,各区に広げていきたいという理解でよろしいですか。



◎(田中福祉局長) あんしん電話をどうするかという解決方法は,留守番電話になっていても第2通報先の消防署につながるような機種としてはどういったものがあるのか。とりあえず異状があることがどこかにつながらないといけないので,そういった先を確実に確保するために事業者に頼むことも含め,どこにするか。3番目に酒井委員がおっしゃいましたように,急場のことがしのげても,その後,不在になったりした場合の後始末をどうするか。そういったいろいろな面から検討して,それぞれの問題点をどのように解決していくのがいいか現在整理しているところでございます。



◆(横溝[富]委員) 請願の方は消防署を第1通報先にということですが,消防局の皆さんは救急対応でマンパワーの問題で大変だ。通報件数がかなりあるということを聞いています。本当にこの請願どおりになった場合,消防署としてまさにパンクする可能性があるのではないかという感じを持っています。局が違うので答えていただけるかわかりませんが,局として感想があれば教えていただきたいと思います。



◎(上野介護福祉部長) 消防局の方も110番の通報件数がここのところ急速に伸びている状況にあり,年々数%から11%ぐらいふえている中で,あんしん電話について誤報も結構あるということですので,できればスクリーニングして,今の体制のような形を維持してほしいという要望を受けております。



◆(加納委員) 住民の方からの相談,要望等を踏まえた上で3月予算特別委員会で,あらゆる角度からもう一度検討していただけませんかということで,私どもの党の仁田議員からお話があったと思います。地域の民生委員さんから,第1通報者になりたい気持ちはあるけれども,地域が非常に希薄になっていることから,少子・高齢化社会を地域みんなで支え合っていきたいというのが本当の気持ちですが,留守電機能とかファックス対応を考えると非常に難しいということを通して,何とか地域の声を生かした形で検討してくれませんかという趣旨だと思います。港南区からあんしん電話についての要望が出ていると聞いていますが,地域の声を把握していれば聞かせていただきたいと思います。



◎(田中福祉局長) まだ具体的なものを聞いてないですが,第1通報先のことについて,必ず届くような方法をとってもらいたいという要望が港南区で具体的な運動としてあるということです。また,ほかの区でも区長の方にいろいろ区民から要望があって,数区であんしん電話の通報先について確実性のある方法は何かないのかという話が出ておると聞いております。



◆(加納委員) この請願では第1通報先は消防署ということで,誤報の場合も含めて消防署が行って,どういう対応をしているのかお聞かせください。



◎(上野介護福祉部長) 実際に出動して行ったところが,単身世帯は連れていくしかありませんので,とにかく救急搬送ということで対応していると聞いています。ただ,行った後も,結果的には余り大したけがではないので,すぐ戻らなければいけないときも,消防としては困ってしまう状況もある。帰っていいのか,待っていなければいけないのか,いろいろなケースがあります。



◆(加納委員) 私も実はこの話は大変多くの方から聞いていまして,高齢化,少子化ということで地域との兼ね合い,地域との信頼関係からしますと,本市が行っているあんしん電話の基本ベースは,地域をまず第1に,その上で第1通報先を法的機関,ここでは消防とおっしゃっていますが,そういった形で行われていることは,誤報の問題,後の措置等含めると,地域との人間関係,つながりを大事にしていかなければならないかと思います。

 もう1つは,これだけIT革命ということで騒がれている中で,ファックス対応だとか留守電機能についても,第一義的に消防にするとか公的機関にすると現時点で限定するのではなく,もう一歩深く行政改革,民間活力の推進,地域との兼ね合いを踏まえて,大きく考えていくべきではないかと思いますが,局長のお考えをお聞かせいただきたいと思います。



◎(田中福祉局長) 私どもも,この問題はどこかに確実につながれば,その機能がすべて果たせるといったものではないと認識しておりますので,それぞれの部分の課題につきましては,地域での協力体制がどのようにとっていけるかをベースにおきまして,解決の方向を整理してまいりたいと思っています。



◆(加納委員) できましたらそういった観点で,制度としては大変ありがたいし必要だと思いますので,システムについてもう一歩踏み込む形での当局の御努力をお願いしたいと思います。



◆(石井[睦]委員) わが党としては,消防署に限定した据えかえにつきましては,もう少し選択肢を広げるべきである。請願については趣旨に沿いがたいという見解です。



◆(宗形委員) 3月の予算議会のときとデータは変わらないと思いますので,それをベースにお聞きしたいと思います。ひとり暮らし高齢者は横浜市で何人ぐらいと把握していますか。



◎(田中福祉局長) 平成12年の分はまだ結果が出ておりませんので,平成7年の国勢調査の結果しかございませんが,平成7年では65歳以上の単身世帯は7万7,448世帯となっております。



◆(宗形委員) 3月の時点で一番多い大阪市ではこのようなシステムに登録している方が1万4,000人ぐらいいると考えると,横浜市の現在の仕組みの中で三千二,三百人というのはまだまだ少ないと思います。ですから使いにくいという課題があることは間違いないと思います。横浜市では留守番電話はだめだとなっていますが,留守番電話にかかっても転送できるわけです。留守番電話が第1通報先で,留守番電話機能になってしまったら消防局にいく。留守番電話になっても出たことにならないということは機種的に現在可能ですね。



◎(田中福祉局長) いろいろ業者の方が機種を開発していると聞いておりまして,そういった話の中で一定の設備を整えればつながるというような仕組みもあると聞いております。



◆(宗形委員) 西区の民間の事業者に委託しているところでは1カ月3,800円の負担とお聞きしましたが,本人の負担と横浜市からの補助の金額はどれくらいですか。



◎(田中福祉局長) 費用ですが,機械設置をする費用1万5,000円は,区の補助として区づくり推進事業で西区で行っていただいています。毎月の利用料3,800円のうち利用者は2,200円を払い,残りは西区の社会福祉協議会が補助しています。



◆(宗形委員) 現在の市のあんしん電話の仕組みでは予算が1億1,000万円で,この中に本人負担はありますか。



◎(上野介護福祉部長) 本人負担は所得に応じてございまして,所得が低い方については基本料金を市が負担していますけれども,通話料等は利用者が全部負担するということです。



◆(宗形委員) これからぜひ利用を進めなければならないという意味から,電話の機器もまだ開発の余地もあり,今の時点でこの請願の趣旨にあるように,消防署など公的機関に限定してしまうのは早いかなと思います。私たちは,もちろん地域の見守り機能ということと一緒に,NPOの活用などもぜひ考えていきたいという立場でおりますので,これからたくさんの高齢社会を支えるには,行政と民間企業と市民の力,市民の中にはボランティアもNPOもいらっしゃる。その方向で考えていきたいと思いますので,この請願に関しては趣旨に沿いがたいと考えます。



○(中島[憲]委員長) ほかに発言もないようですので,本件については質疑を終了し,採決することに御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,お諮りいたします。

 本件につきましては,不採択とすべきものとすることに賛成の方の挙手を求めます。

        (挙手)



○(中島[憲]委員長) 挙手多数。

 よって,請願第4号については不採択とすべきものと決定いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△12年度陳情第39号の審査,採決



○(中島[憲]委員長) 次に,12年度陳情第39号を議題に供します。

   12年度

   陳情第39号   無年金障害者の救済に関する意見書の提出方について



○(中島[憲]委員長) 陳情の要旨については事務局に朗読させます。



◎(佐藤議事課書記) 12年度陳情第39号について朗読いたします。

 件名は,無年金障害者の救済に関する意見書の提出方について。平成13年3月13日受理いたしました。

 陳情者は,横浜市南区の大藪文代さんです。

 陳情事項ですが,無年金障害者の救済に関する意見書を横浜市議会で採択し,政府に対し,無年金障害者の救済措置を速やかに講じるよう要請されたい。

 以上でございます。



○(中島[憲]委員長) 質疑に入ります。



◆(中家委員) この陳情の無年金障害者はどのくらいいらっしゃるのか把握されていればお聞きします。



◎(田中福祉局長) 横浜市のレベルで正確な把握はしておりませんが,厚生労働省の推計は全国で約10万人となっております。人口比で推計すると横浜市の場合2,800人程度という計算上の数値でございます。



◆(中家委員) 無年金の障害者の方もそうですが,今無年金の方をどう救済するかというのは横浜市だけの問題ではありませんし,国でいろいろ議論されている部分もあるかと思います。陳情の趣旨の中で言われているように,無年金の障害者の親がいつまでも元気であればいいですけれども,そうでなくなったときに,全く年金がなく心配だということが出発になっているのではないかと思います。参考資料として東京都議会で1998年第4回定例会で採択されたものが載っています。1994年の年金法改悪のときに,付帯決議として無年金障害者問題に対する福祉的な措置も含めて速やかに検討することというのが,1999年の年金改正時には全く具体化されてないという問題,障害者プランの中でも明らかになっていないことは事実ですので,議会の中で後押しをしていくことが非常に大事かと思いますので,趣旨に沿って意見書を上げる方向で御検討いただきたいと思います。



◆(宗形委員) 学生であっても年金加入が義務づけられたのが1991年とお聞きしていますが,それ以前,二十歳を過ぎて学生であって年金に加入していた方はどれぐらいの割合いらっしゃいますか。



◎(岸生活福祉部長) 学生が任意加入として約1%が加入ということです。



◆(宗形委員) 私も1%とか2%というのをどこかで聞いたと思って,大変少しの方しか加入していらっしゃらない。自分自身を考えても,義務づけられていなかったときは年金に対する意識はなくて,実際こういうことが起こってから大きな問題だと気がつくという状況だと思います。この方もどういう状況でこういうふうになられたかわからないですが,大変大きな問題だと考えています。今障害1級だと障害基礎年金が100万円ぐらい。これを全国では10万人,横浜市では2,800人の方たちにどういう形でやっていくかは,私たちもまだまだ学習しなければならないと思いますが,必要性は十分あると思っています。

 東京都議会の意見書を見まして,請願を出されているのが1998年,年金法改正の前の年で,障害者プランが2002年が最終年であるのに盛り込まれていない。国会の付帯決議等いろいろな意見がついているにもかかわらず先送りされてしまいそうな状況なのですか。



◎(田中福祉局長) 平成6年以来,平成7年,平成11年と無年金者の問題も含めて,年金についてはいろいろな角度で検討され,政府の方から考え方も出されているわけですが,最近では平成13年3月30日に,政府与党社会保障改革協議会がまとめた社会保障改革大綱により,平成12年の改正規定をどのように具体化していくかについて,安定した財源確保の具体的方策と一体として鋭意検討していくということが,この会議の後,私どもの方に知らされた。そういった方向で救済的な措置も含めて具体的な方策が検討されるのではないかと,私どもも見守っておるところでございます。



◆(宗形委員) 今のお話で特に平成11年に義務づけられる以前の救済措置が必要で,そこまでの方の救済措置ということで考えれば,将来的な予算もいつまでもふえ続けるものでもないかと思います。現在,国の方で検討ということでしたら,意見書を出していくことに賛成です。



◆(加納委員) この請願では実はよくわからないところもありますが,無年金障害者に対する救済ということで意見書を出していただきたいという趣旨だと思います。国が国民年金制度そのものについてさまざまな観点で今論議をしている。その中にもちろん無年金者の問題も論議されているとも聞いておりますので,そういったことも加味しながら,この方がおっしゃっている無年金障害者の救済に限定することなく,もう少し幅広い形で委員会として意見書を提出する方向が,私どもとしてはより救済するという広い観点がいいのではないかと思います。



◆(横山[正]委員) 年金の問題というのは,未加入者であるとか,保険料の滞納の問題も大きな問題で,陳情者が挙げております無年金者の問題,低額年金者とかあるいは無年金になってしまったことの防止策だとか,さまざまな問題を今国民年金制度は抱えているわけですので,自民党としては,この無年金の問題だけを取り上げるのではなくて,包括的な意見書という形で上げていただきたいと思います。



◆(宗形委員) 包括的な意見書を今回出すというお話ですか。



○(中島[憲]委員長) 包括的な意見書を出したいという意見が皆さんからありますので,それをお諮りします。

 今いろいろ御意見が出てまいりましたが,年金制度の全体の枠の中で,救済措置も含めていかに意見書を出していくか。国の方もちょうど時間的にタイミングが合っているから,意見書については出そうと。ただ陳情者の意には沿うような形であるけれども,それだけに限った意見書ということになりますと,いろいろまだ議論の余地があると思いますので,できましたら国民年金制度全体にかかわる意見書として出したいと思いますけれども,その点でいかがでしょうか。



◆(中家委員) 今回は,無年金障害者の方も含めて全体的なという受けとめ方ですか。



○(中島[憲]委員長) 全会派一致して意見書を出そうということであれば,正副委員長の方で案文の作成をさせていただいて,それをもってまたお諮りしたいと思います。陳情に基づいていますから,これが全然入らないということはまずあり得ないだろう。しかし,これだけで意見書を上げるには限度もあるという考え方で,皆さん方の趣旨に沿えるような形で持っていけたらどうかと思います。



◆(宗形委員) この委員会中にですか。



○(中島[憲]委員長) 今すぐに,これから検討したいと思います。

 それでは,案文作成のために暫時休憩いたします。

        休憩時刻 午後2時43分

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        再開時刻 午後2時49分



○(中島[憲]委員長) 休憩前に引き続き,委員会を再開いたします。

 ただいま意見書の案文ができましたので,事務局より配付及び朗読させます。



◎(佐藤議事課書記) 国民年金制度の改善についての意見書案。

 本格的な高齢社会を迎え,老後や万一の所得保障の柱として,長期的に安定した国民年金制度の確立は,国民の大いに期待するところである。

 しかしながら,現行の国民年金制度は,数次の法改正を経て改善されてきてはいるものの,未加入者や保険料滞納者などの問題を抱え,すべての国民の将来生活を保障するのに十分なものとはいえない。

 よって,政府におかれては,年金給付の改善や年金財政の見直し,無年金者・低額年金者の救済や発生の防止など,真に安定し国民に定着した国民年金制度の確立を図るよう要望する。

 ここに横浜市議会は,全会一致をもって,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 議決年月日,内閣総理大臣,総務大臣,財務大臣,厚生労働大臣あて,横浜市会議長,小林昭三郎。



○(中島[憲]委員長) ただいまの案文について御意見等はございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは採決いたします。

 国民年金制度の改善についての意見書を提出することに御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 御異議ないものと認め,さよう決定いたします。

 なお,意見書の字句等の整理及び提出方法については,正副委員長に御一任くださることで御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 御異議ないものと認め,さよう取り扱わさせていただきます。

 本件につきましては,後日,議員提出議案として本会議に上程されることになります。各会派におかれましては,周知方よろしくお願いいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△よこはま子育て支援計画について



○(中島[憲]委員長) この際,当局より発言を求められておりますので,これを許します。



◎(田中福祉局長) 資料を配付させていただきたいのですが,よろしいでしょうか。



○(中島[憲]委員長) どうぞ。

        (資料配付)



◎(田中福祉局長) それでは,お手元に配付いたしましたリーフレット,よこはま子育て支援計画をごらんください。

 このリーフレットは,本年4月に発表しましたよこはま子育て支援計画をわかりやすく紹介するため,カラー印刷し,絵や写真などを盛り込みました。

 なお,この計画につきましては,できる限り広く市民の方々にお知らせしていきたいと考えておりますので,保育所,横浜保育室などの保育事業の関係者に配布するほか,区役所等で市民広報用に必要部数を配布してまいります。今後この計画に沿いまして,子育て支援事業を積極的に推進してまいりますので,委員の先生方におかれましては,よろしく御指導をお願いいたします。



○(中島[憲]委員長) 何か質問がございましたら。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 特に発言もないようですので,本件につきましてはこの程度にとどめます。

 以上で福祉局関係は終了しましたので,当局の交代を求めます。

 当局交代の間,暫時休憩いたします。

        休憩時刻 午後2時50分

        (当局交代)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        再開時刻 午後2時51分



○(中島[憲]委員長) 委員会を再開いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第2号の審査,採決



○(中島[憲]委員長) 環境保全局関係に入ります。

 請願第2号を議題に供します。

   請願第2号   ダイオキシンの発生を限りなくゼロに近づけるための条例の制定について



○(中島[憲]委員長) 請願の要旨については,事務局に朗読させます。



◎(佐藤議事課書記) 請願第2号について朗読いたします。

 件名は,ダイオキシンの発生を限りなくゼロに近づけるための条例の制定について。請願者は,横浜市鶴見区の生活クラブ生協神奈川,横浜ダイオキシン削減運動実行委員会代表,渡邊さよ子さんほか4万6,809人で,その後追加署名が6月15日付で1,311人ございまして,合計で4万8,120人であります。紹介議員は中島明子議員,太田正孝議員です。

 請願事項ですが,市はダイオキシンの発生を限りなくゼロに近づけるための条例を制定され,また,その策定に当たっては市民や市民団体も参加する検討委員会を設けられたい。また,その条例の目的をさらに推し進め,ダイオキシン発生をゼロに近づけるためにもリユース・リサイクルを推進し,焼却ごみの減量を進められたい。

 以上でございます。



○(中島[憲]委員長) この際,当局の見解を求めます。



◎(土田環境保全局長) それでは,請願事項に関しまして,これまでの本市におけるダイオキシン類対策について御説明させていただきます。

 主な発生源である廃棄物焼却施設に対しては,平成12年1月よりダイオキシン類対策特別措置法が施行され,法対象の焼却施設を持つ事業所に対しては,法令の基準に適合するよう設備の改善や燃焼管理の徹底などの指導を進めております。

 法規制対象外の小規模焼却炉についても,本市の焼却炉に関する煤煙,ダイオキシン類対策指導要綱により,市独自で基準を設け,適正な燃焼管理や使用しないことなどの指導を行っております。公立学校や保育園などの焼却炉については,既に廃止しております。また,ダイオキシン類の発生を抑えるために,ごみの減量化,資源化について広く呼びかけております。

 これらの施策を進めるとともに,全市域の環境状況を把握するため,大気・水質・土壌などの環境調査を継続的に行っておりますが,環境基準をおおむね達成しております。複数の廃棄物焼却施設が立地している瀬谷区北町については,特に集中的な立ち入り調査や指導を行っているところです。

 請願に対する本市の対応について御説明させていただきます。

 請願事項1のダイオキシン類の発生を限りなくゼロに近づけるための条例を制定することについてですが,環境保全局では環境汚染や水質汚濁等の公害問題について,法律や神奈川県条例のほか,本市独自の要綱等により規制,指導を進めてまいりました。しかし,今日の環境問題は,従来の産業型公害のほか,日常の生活に起因する公害など複雑多岐にわたっております。

 市民生活を取り巻くこれらさまざまな環境問題に的確に対応し,生活環境を保全し,安心した生活を送ることができるようにするため,深夜営業騒音や自動車公害等への新たな対応や要綱の条例化を含めた生活環境保全に関する総合的な条例の制定についても,検討に必要な経費が平成13年度予算化されたところでございます。また,これにあわせて平成13年4月26日に,横浜市環境審議会に,横浜市における環境保全に関する新たな条例等制度のあり方について諮問を行ったところであります。

 ダイオキシン類対策についても,先ほど述べましたように,本市独自に要綱を制定しておりますので,環境審議会の答申を踏まえつつ,この要綱の規定を生活環境保全に関する総合的な条例の中で扱ってまいりたいと考えております。

 次に,条例の制定に当たって,市民団体も参加する検討委員会を設けることについてですが,現在審議を始めた環境審議会の答申を踏まえるほか,条例で扱う内容等について,市民の意見を聞く機会,パブリックコメントを設定するなど,広く市民の意見をお伺いしたいと考えているところでございます。

 以上のように,請願事項1については,今後広く市民の皆さんの意見を聞きながら,生活環境保全に関する総合的な条例を検討していくこととし,ダイオキシン類対策のみに特化した条例の制定は考えておりません。

 また,請願事項2についてですが,ダイオキシン類の発生を抑えるために,ごみの減量化,資源化について,引き続き広く呼びかけてまいります。



○(中島[憲]委員長) これより質疑に入ります。



◆(横山[正]委員) 請願者の言われている大気中のダイオキシン類濃度についてお伺いいたします。

 請願者の方がやられた松葉による測定はどういうものか教えていただきたいと思います。



◎(土田環境保全局長) 請願された方たちがつくられました冊子を見ますと,共鳴する方が松葉を集めまして,それを細かく破砕しながらダイオキシンを抽出して,松葉にどの程度ダイオキシンがあったかを測る。そのことによって大気との関連が類推できるという調査方法と理解しています。



◆(横山[正]委員) なぜ松葉なのですか。



◎(土田環境保全局長) 松葉というのは大体4カ月くらいまでの間にダイオキシンを吸収するそうで,この運動をやっている方たちが書きました冊子によると,6カ月くらいまでのものをとりましてやる。常緑樹で全国に広くあり,一定程度吸収する実績があるということで松葉を選んだ。基本的にクロマツでやっていますが,北海道ではクロマツが余りありませんので,イチイを使って便宜的にかえています。



◆(横山[正]委員) 松葉の測定は一般的なものですか。



◎(土田環境保全局長) 一般的には環境省が定めた測定方法がございます。松葉で大気を類推するというのは一般的ではありません。



◆(横山[正]委員) 環境省が定めている測定方法と松葉による測定方法では誤差が生じるおそれがあるということですか。



◎(土田環境保全局長) 継続的に測っておりませんので,誤差が生じるかどうかわかりませんけれども,大気の濃度を測定するには,大気中のダイオキシンを測定するのが一番正しいと思います。環境省の測定方法も大気の中のダイオキシンを捕捉して,どの程度入っているか検査する。松葉によって大気を類推するのは,科学的に連動するかどうか証明ができていない。



◆(横山[正]委員) 今回の請願書には具体的な数値については記載されていないわけですけれども,測定結果として4倍とか1.5倍という数字が出ていますが,具体的な松葉の測定で得られた数値は把握されていらっしゃいますか。



◎(土田環境保全局長) 請願を出されましたグループの方たちのまとめました冊子には,やった地域の数値が記載されております。



◆(横山[正]委員) その数値と環境省が一般的にとっている測定値との差は出ていますか。



◎(土田環境保全局長) 大気の測定方法は1立方メートル当たりの大気の中にどれだけのダイオキシンが含まれているかを測定します。松葉の方は松葉1グラム当たりどれだけのダイオキシンが含まれているかということを調べます。そうしたことから両方比較することはできない。



◆(横山[正]委員) できれば請願された方も一般的な環境省の測定方法で測定さているのであれば,前提となる資料として有効であろうと思いますが,今のお話ではなかなか一般的にとられてない手法で得た結果であるということです。今回約5万人近い方が請願されていますが,そういったことを理解した上で請願されているのかどうか,どうお考えですか。



◎(土田環境保全局長) 請願されている方がどう考えられているかちょっとわかりかねますが,大気1立方メートルにどれだけダイオキシンがあるのか測る場合には,単純に1立方メートルだけ捕捉したのでは足りませんので,24時間にわたり大気を吸引して,それの中にどれだけダイオキシンがあるか調べます。松葉の方は,ただ摘み取ってきて,きれいに洗うか何かしまして,それで測れますから,24時間吸引する作業はないということから,簡易な方法だいうことで始まった運動ではないかと理解しています。



◆(横山[正]委員) 今回の測定結果を見ますと,北海道の値の4倍,九州の1.5倍ですが,限りなくゼロにダイオキシンを近づけるというのはだれしも考えることで,社会の共通の認識であると思います。5倍とか1.5倍がひとり歩きすると,非常に我々の住んでいる地域は危険だなというイメージを受けるのですが,実際の測定値を見ると,環境省の示している基準からどうですか。



◎(土田環境保全局長) 私どもの環境省の測定方法にのっとり測定した結果と,札幌市におきまして同様な方法で測定した結果を比べますと,やはり横浜市の方が高い数値が出てきております。人口密度とか産業の分布状況から都会の方が高いという傾向が一般的にございます。請願にそういう傾向があると言われているのは,私どもの調査でも同じような傾向はございます。



◆(横山[正]委員) 具体的な直近の例で,環境省の基準とされている数値と横浜市内の数値ではどういう値が出ているのか教えていただきたい。



◎(土田環境保全局長) 私どもの調査では,年平均で0.13ピコグラムと出ております。札幌市の方は0.092から0.045という幅で,札幌市も何カ所かやっていますが,比較されている一番低いところと比べますと,何倍か高くなっています。環境基準は0.6ですから,0.13は環境基準をはるかに下回っております。



◆(横山[正]委員) 横浜市内の値は環境省が示している0.6よりもすべての地域で下回っているという理解でよろしいですか。



◎(土田環境保全局長) 大気についてはそういうことがここ数年続いております。ただ川につきましては,そのときの検体の採取の状況から若干環境基準をオーバーするケースもございますけれども,年間通じて全般的にはおさまっていると理解しております。



◆(横山[正]委員) 環境省が示している0.6というをイメージするために教えていただきたいのですが,人が生まれ死ぬまでの間,0.6という環境下で生活した場合でも,十分ふだんの生活あるいは健康に影響ないというのが,環境省が示した0.6ということででよろしいわけですか。



◎(土田環境保全局長) 環境省の方でこうした数値を出すに当たりましては,専門家が集まりまして一生涯通じてこういう数字であれば大丈夫であろうということから出したと報告されております。人間が摂取するダイオキシンが一番多いのは食べ物からで,大気の濃度がこれですと,川に行き,やがて魚,動物を通じて体内に入る。そうしたことも計算しますと,0.6という数値であれば一生涯こういう状況の中で生活しても大丈夫だろうという数字だと聞いております。



◆(中家委員) 請願の趣旨についてはおおむね賛同できる中身にはなっているという認識ですが,請願事項の1の(2)の前段部分,今後市の公共施設,公共事業でダイオキシン発生のおそれのある塩化ビニール製品は新たに購入・使用しないことというのがあるのですが,今実際市の公共事業ですとか公共施設で塩化ビニール製品はどのような形で使われているのか教えていただきたい。



◎(土田環境保全局長) 公共工事になりますと,例えば小さいな水道の管だとかパイプ類があると思います。公共工事の物品であれば,ボールペンであるとか,下敷のようなもの,あるいは消しゴムのようなもの,これはみんな塩化ビニール製品であろうと思います。



◆(中家委員) 請願者の方が言われているのですが,例えば公共事業の中で水道管とかパイプ管について代替のものは現時点では何か考えられるものが実際にあるのかどうか伺います。



◎(土田環境保全局長) 完全に代替かどうかというのはありますけれども,ほかのものにかえますと,ある面で性能的に劣るということがあります。しかし,全くそれにかえられないかというと,かえられる可能性もある。塩化ビニールと全く同じ品質のものではないですが,かえることができるものもあります。



◆(中家委員) 具体的な名称がわかるものがあれば教えていただきたい。塩化ビニールの管などを使わないければ具体的にどういう点で性能が劣るのか教えてください。



◎(土田環境保全局長) 例えば管のようなものですと,硬いポリエチレンでつくれば似たような機能があると思います。ただ,薬品に弱いですし,衝撃にも塩化ビニールよりは弱いのではないか思われます。



◆(中家委員) ネットさんが本会議の中でこの問題を取り上げたときに,川崎市では,塩化ビニールの製品を新たに購入しないという方向を決められたという趣旨のお話をされていましたが,事実ですか。もしそうであるならば,どういうものにかえようとしているのか情報を得ていますか。



◎(土田環境保全局長) 若干市民の方の懸念だと思いますが,川崎市で出した通知の中身としては,使用,購入する製品については,代替可能なものは塩化ビニールを使用していない製品に切りかえていくなど,引き続き環境にやさしい製品の使用,購入に努めましょうという程度の内容でございます。



◆(中家委員) 公共事業の中で代替品については,硬いポリエチレン製のものであれば代替が可能であると言われていますが,公共事業に使う塩化ビニールの製品をつくっているメーカーも,今の環境に負荷がかかるという点でいろいろ考えられていることもあるかと思いますが,何か情報は得ていますか。



◎(土田環境保全局長) 塩化ビニールを製造している企業でつくる工業会では,かなりリサイクルがきちっと進んでいるという説明をパンフレットを通じて行っています。したがって,塩化ビニールは安全ですというPRを行っています。実際に製造される塩化ビニールの8割ぐらいは産業廃棄物として工場の中でリサイクルできるような動きになっています。あとの2割ぐらいが文具類であるとか日常的に家庭の中に入り込んだり,家具とか電化製品に使われていると聞いております。



◆(中家委員) 8割のリサイクルの中身ですが,例えばパイプ管はまたパイプ管にリサイクルするという中身を具体的にわかれば教えていただきたい。



◎(福島公害対策部長) 特に塩化ビニール管の場合ですと,廃棄物として出たものをもう1回溶かして,また管にするという例が非常に多くあります。



◆(中家委員) 今これという代替品がなかなかない中で,行政も,市民の立場からも環境に負荷をかけない努力はしなければいけないと思います。今すぐ購入,使用しないという点については,現実的ではないのではないか。意見として申し上げます。



◆(宗形委員) 私たちの党の議員が紹介議員になっておりまして,この請願の趣旨の中で,調査の結果報告書を見ましても,私たちの暮らしがダイオキシンの発生の原因となる科学物質やごみをたくさん出してしまう暮らし方になっている。そういったことを変えていかなければならないということ。それから,毎日の暮らしの中の問題解決は,市民自らが参加をし,責任を持っていくことで進めていきたいという大きな趣旨でこの運動を行っていると思います。ですから,データの問題もかなり幅広く全国的に行ったデータということでは,先ほど局長のお話にもありましたように,市民が参加してこれだけのデータを得ているということは大きな意義があると思います。今横浜市では確かにダイオキシンの測定も行われていますが,国とあわせて行っていますから年に2回,春,夏,秋,冬に小学校の校庭とか多いと思いますが,どうですか。



◎(土田環境保全局長) 大気については,18区,24回,四季に行っております。



◆(宗形委員) その点では例えばダイオキシンというのは,たまたまそのとき燃やされたものが来たとか,天候の条件によって大きく異なると以前に聞いていますが,間違いないですか。



◎(土田環境保全局長) 非常に微量なものですから,若干波があるということは言えます。



◆(宗形委員) こういう幅広く行っている市民の運動は,データの正確さを競うものではないと思います。限られた予算の中でやっていることに対して,市民も参加して自分たちのまちを調査するということは大きな意義があると思っていまして,本会議でもそれぞれ市民が努力をしていることについての評価はあったと思いますが,いかがですか。



◎(土田環境保全局長) 環境問題への積極的な姿勢のあらわれだとは理解しております。



◆(宗形委員) 塩化ビニールに関して,横浜市で国に七都県市の要望書の中に一緒に出されていますね。



◎(土田環境保全局長) 代替品の研究だとか開発,そういう趣旨では出しております。



◆(宗形委員) 市長も,できるだけ使わないようにしていく配慮は望ましいということで,市民にもいろいろお話をしていきたいとおっしゃっていますが,具体的には今どのようになさっていて,今後どのようにしていこうと考えていますか。



◎(土田環境保全局長) 代替品が開発されれば望ましいわけですが,現状では横浜市の場合は混合して廃棄物として収集し,きちっと温度管理をして本市の焼却工場で焼却している。したがって,問題ないという理解です。基本的に塩素が多いということから,別のものが使えるのであれば,そうしたものに代替するのが望ましいだろうということは言えます。



◆(宗形委員) 今市の焼却炉は問題ありませんというお話で,焼却の温度が高く,バグフィルターでかなり抑えられるということは確かです。予算のときにもお聞きしていますが,50キロ未満の規制がない焼却炉に関する苦情が焼却に関する苦情の半分きていて,廃掃物処理法の改正で厳しくなりましたが,野焼きに関する苦情が三百何件もきているということになりますと,素材のところでかえていくということは,市の焼却炉が問題ありませんということとはまた違うと思うのですが,いかがですか。



◎(土田環境保全局長) 塩化ビニールの焼却だけがダイオキシン発生ということではありませんで,極端な場合,割り箸についているしょうゆの塩分でも十分ダイオキシンが発生するということですから,塩化ビニールの問題というよりも,小さな焼却炉の燃焼管理についてはきちっとしていただきたいという指導をするのが先決だろうと思っています。



◆(石井[睦]委員) 宗形委員は所属会派の方が紹介議員になっているわけですね。今の質問を聞いていますと,本人自らの勉強のために聞いているのであって,先ほど横山委員がこの関連について質問しているわけです。それで局長はこの請願項目に対して全部答えていますから,各党の意見表明にしてもらいたい。宗形委員については個人的に聞いていただくのは結構ですけれども,そこまで我々はつき合っていられない。



○(中島[憲]委員長) ただいま動議が出されました。私も正直言いまして,この請願の趣旨は,ダイオキシンに絞って条例をつくってほしいというのが趣旨で,局長の見解を求めているのは,環境保全にかかわる条例は当然つくる。宗形委員が話している中身も,責任と生活の環境の整備という中で包含的に出てくるわけです。これはまだ条例の案文も何も出てないところですから,やはり石井委員が話されていることはもっともなことだと思っているわけです。そのことについてお諮りを申し上げたいと思います。



◆(宗形委員) 本会議でネットの方からこの請願に関連して質問をしています。その中で市長の答弁でも請願の趣旨と食い違っているところもあります。そこのところは委員会の中で明らかにしていかなければならないと思うのですが,そこのところも封じられるということは私は納得がいきません。



◆(石井[睦]委員) 我々は何も封じていません。あくまでもこの請願に沿った横山委員の質問を前提として考えていますから。質問については,我々も中家委員が言われたような感覚を持ったし,市長がこのことを否定するという認識では我々決してとらえていませんので,当然本会議で議論があったことを承知の上で,我々この委員会に臨み,十分承知しておりますから,できれば委員長,各党の意見表明,採決をお願いしたいと思います。それは政党として市長に聞いてください。



◆(宗形委員) 市長の答弁の中で,市民の環境調査への支援を条例で制度化することについて,支援ということを助成と環境保全の基金のところで限定してお話しになっています。そこのところが請願の中で市民の方たちが計画への参加を求めていることとは大きく食い違っておりまして,これから特に環境保全の全般的な条例をつくるところで,市民の参加をどういうふうに進めていくか,市民の活動をこれからどれだけ広げていくのかということが本当に大切だと思っています。先ほどあんしん電話の請願のところでも地域の活動というお話がありましたけれども,こういうことを全部役所がお金をかけていつまでもたくさんのことをやろうとしても,要望がどんどん広がって,それにこたえることができない中で,市民活動を推進していくことが本当に大切で,環境保全基金の話だけではなくて,もうちょっとこれからの行政と市民活動との連携のあり方について横浜市としては取り組むべきではないかということがこの請願の中にあるのですから,そこを私はきちんと局長の方に答弁していただきたいですし,それは本会議の市長と,私たちの考えていることとは違っている。



◆(石井[睦]委員) それは先ほどの局長の答弁で,総合的な環境施策の条例をつくっていきたいという答弁で私は十分だと思います。我々はそういうことを前提にして請願の趣旨を判断したいと思います。政党として市長の答弁が気に食わない,満足いかない。共産党さんいっぱいありますね。それを1つ1つここでやられたのではたまりませんよ。ですからこの請願の趣旨だけに限定して議論をしてもらいたい。



◆(宗形委員) 私は請願の趣旨に沿って聞いております。



◆(石井[睦]委員) 市民運動を否定していません。市民の協力を否定していません。それは当然のことです。そんなことは織り込み済みで我々は判断しますので,あえてネットさんに言われる話ではないと思っています。



○(中島[憲]委員長) このやり取りで時間食っていますので,私は請願についてはここらで一定の結論をつけさせていただきたいと思います。条例のことについては,今後の課題の1つですから,それは幾らでも機会は次に持っていけるだろうと思いますし,逆に本来,この請願については紹介議員の会派である宗形委員に聞かなければいけない。それが聞く相手が違ってしまっている。皆さん方がダイオキシンを限りなくゼロに近づける条例をつくりましょう。それは一体何ですかと皆さんが聞くのだけれども,提案方になっている人が細かいところまで理事者の方に聞くというのはいかがなものかということでございます。その辺のところできょうはひとつお願いします。



◆(宗形委員) 公明党の石井睦美委員から,神奈川ネットワーク運動の意見とおっしゃいましたけれども,私が申し上げているのは,ここに4万6,000人という署名があってこの請願が出て,条例化を求めているわけです。特に市民参加のところでは,市長の考え方を聞いても,請願を出された方たちと違っているから,そこのところはきちんとしていかなければ,幾ら環境保全の総合的な条例が今後の課題であったとしても,この4万6,000人の方が出されていることと大きく食い違ったまま検討が進むということには,私は市民の中から出てきた議員として納得がいきません。今お話しした部分はきちんと考え方を。



○(中島[憲]委員長) 局長,これから盛り込まれる条例の精神的なものが,市民参加が図られるような内容,指針として出ていくのかいかないのか,答えてください。



◎(土田環境保全局長) 総合的条例,これは平成13年度に専門家の方々にお集まりいただいて議論していただくということですので,中身についても,市としての現在の考え方は当然いろいろありますけれども,条例をどうしていくかというのは外部の先生方にお願いしている内容でございますので,ちょうだいした答申にのっとって決めていくという内容になろうかと思います。



◆(宗形委員) 市長の答弁の中で,市民の連携のところが助成ということばかりに限られて,そちらはネットさんの政党の意見とおっしゃったから私も申し上げました。



◆(石井[睦]委員) 局長の答弁の中にパブリックコメントという言葉が入っているのです。これは僕は非常に重たいと思っています。ある面では本会議の市長の答弁でもそこが根幹でしょうし,あえて先ほど市民参加,市民の声をということでパブリックコメントと局長は答弁されていますから,我々はそれで十分だと思っていますし,これ以上この議論をやっても意味ないので,請願についての採決をお願いします。



◆(宗形委員) 市長答弁の中ではパプリックコメントという考え方は出てきていません。



○(中島[憲]委員長) ここは常任委員会ですから,局長は市長答弁も含めて話をされているわけですから,市長の答弁どおりに局長が話をすれば納得するのですか。そこのところを十分踏まえた上でやっていただかないと,先ほど私が時間配分もありますよといったのは,宗形委員が多分ここのところで時間をかけたいと思っているから,前のところは少し時間の配分を考えられたらいいんじゃないですかということを含めて話を申し上げていたわけです。今の話の中で,石井委員とのお二人のやり取りと見解を聞いていて,市長が基金制度の活用だけに限定するような条例を考えているとは思っていない。そんな小さいものを考えていくということであるならば大変ですよ。条例というのは細かいものではありませんし,きょうのところは局長の答弁と市長が食い違っているわけではないですから,そこまで話をしていっても,これ以上答えは出ないだろうと私も踏んでいます。ここのところは宗形委員も理解をしていただいて,質疑を打ち切っていただきたいと思います。



◆(宗形委員) 確認をさせていただきますが,先ほどお話の中であったのは,検討委員会にお願いして,その答申に沿って考えていきたいということとパブリックコメントの2点出てきたと思いますが,その2点を今のところは考えていて,そのほかはまだこれからということでしょうか。



◎(土田環境保全局長) 請願事項の1番で御説明した中で,審議会にお願いしているということと,条例化するに当たってはパブリックコメントという手法を用いていきますという説明をさせていただいております。



◆(宗形委員) まだまだ日本の中ではなじみのない考え方だと思いますが,公益的な仕事を行政だけで担うのではないということを含めて市民参加を考えていかないと,委員長がおっしゃったように,基金だけではないというのは当然ですが,そこからもう1つ先へ進んだ連携のあり方を,今までの横浜市の環境白書を見ましても,支援をしていく,データを見せてあげるとか,どうしてもそういうふうなやり方になりがちなので,もっと対等な連携をこれからは盛り込んでいく。それは検討委員会の中で当然時代の流れとして出てくると思いますが,その辺を踏まえていただきたい。今回,市民の方の請願の中ではそこのところを大きく市民活動からぜひ政策化に進めたり,実際に計画に盛り込んでいくところまで踏み込んだ連携の仕方を進めていこうとしています。ダイオキシンというのは環境の課題がたくさんある中でも大きな課題なので,この条例をぜひ制定していきたいと思います。



○(中島[憲]委員長) ほかにございますか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,採決に。



◆(中家委員) 先ほど石井委員から意見表明と言われたと思います。採決ではなく,各党の意見表明という形でしていただきたいと思います。



○(中島[憲]委員長) それでは,自民党さんから。



◆(横山[正]委員) ダイオキシン問題は自民党横浜市連の重要政策の1つで今年度掲げております。請願のあるなしにかかわらず,ダイオキシンを抑制していくというのは党是でもありますので,その点では納得するところもありますが,ダイオキシンの発生を塩化ビニールに特定したりとか,あるいはダイオキシンだけに限った環境の条例を制定してもらいたいというようなことに関しては,いささか趣旨に沿いがたいものがあると思います。環境保全局が生活全般にかかわる環境保全の条例の制定を目指している観点からしますと,今回の請願は趣旨に沿いがたいものであると思います。



◆(松本[敏]委員) 横浜市民の健康を有害物質から守るということは大変重要ですし,また生活環境を有害物質から守るということも大変重要な仕事であります。有害物質というのはたくさんありまして,ダイオキシンもその中の1つであります。そういう背景を考えたときに,影響の度合いの多い少ないはあるにせよ,ダイオキシンに限って条例をつくることには賛成しかねます。局長の説明の中で,本市としては環境問題全般にわたって条例をつくり,また,さまざまな規制をしながら管理をしてきた。これからもダイオキシンの問題はわが国における大きな問題として取り上げられておりますので,さらに規制強化なり環境浄化を図っていく。私はそれで十分ではないかと思いますので,この請願の趣旨には沿えません。



◆(加納委員) 私どもも環境問題,公害問題については真剣に取り組んでまいりましたし,私の住んでいる区におきましても,ダイオキシン問題について具体的な案件が出ておりますので,大変関心もありますし,対応もしっかりとしてまいりました。この請願の中身について,一部理解するところもありますが,今公害だけではなくて,さまざまな観点で環境問題等について,本市としての環境保全条例をつくることに取り組んでいる。これだけに限ってということより,むしろ枠の中でしっかりと取り組んでいただき,そういう観点でダイオキシン対策をしていくべきではないかということから,この請願書に対しましては,趣旨に沿いがたいというふうに思います。



◆(中家委員) 請願の趣旨,請願事項についてはおおむね賛同できると思っています。ただ,先ほども議論しましたが,1項の(2)公共事業等で塩化ビニールを使っている部分について,現在代替品がない状況の中で,使用しないということは現実的でない。今回この請願については一部採択,一部不採択ということで態度表明したいと思います。



◆(宗形委員) 今回の調査に参加した方たちは,例えば牛乳を紙パックからびんに変えたり,びんをリターナブルに変えたり,自分たちの生活の中で変えていく中で,この問題が大変大きいと気がついて,条例制定を目指してきたと思います。横浜市の環境ホルモン調査検討委員会の中でも,PCB,ダイオキシンは大変非分解性で,これからの委員会の調査でもそこのところを特にやっていくと議事録の中でも何年か前に出されています。確かにこの団体にしても,毎日の生活全部を変えていくんだということではありますけれども,ダイオキシンという分解できない,二度と戻すことができないものが東京湾にも堆積しているということに注目して,そこで市民の注意,自分たちの生活を見直すことを喚起していくことが必要だと思います。

 それから,市民の参加もこれから横浜市の条例の中で検討していかれるというお話でしたけれども,条例をつくる中でも実際にある市民の活動,NPOの活動との連携,実例をつくっていきながら,イギリスでは助成金とかいうことではなくて,市民グループとの大きな契約,どういう連携をとるかという1つの約定を結びながら,NPOと行政との関係を考えていくという動きもありますので,ぜひそういう観点からこの条例化をしていきたいと思います。



○(中島[憲]委員長) それでは,これから採決に入りますけれども,共産党さんの方から一部採択,一部不採択というお話もありましたけれども,項目別にはやらないで一括して採決をとりたいと思いますので,そのように扱わさせていただきたいと思います。

 それでは,お諮りいたします。

 本件につきましては,不採択とすべきものとすることに賛成の方の挙手を求めます。

        (挙手)



○(中島[憲]委員長) 挙手多数。

 よって,請願第2号につきましては,不採択とすべきものと決定いたします。

 以上で環境保全局関係は終了いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続調査案件について



○(中島[憲]委員長) 次に,調査案件についてお諮りいたします。

 1つ,福祉施策の推進について,2つ,保健衛生及び医療供給の体制について,3つ,環境保全施策の推進について,以上3件の調査案件を一括議題に供します。

 本件につきましては,いずれも閉会中継続審査といたしたいと思いますが,御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 御異議ないものと認め,さよう決定いたします。

 以上で本日の審査はすべて終了いたしましたので,事務局に委員会報告書等の朗読を求めます。

        (委員会報告書等を朗読)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各種委員会委員について



○(中島[憲]委員長) 次に,各種委員会委員についてを議題に供します。

 各種委員会委員につきまして,横浜市都市計画審議会委員につきましては,過日の運営委員会で役職をもって充てると決定されておりますので,御了承願いたいと思います。

 次に,横浜市社会福祉審議会委員についてお諮りいたします。

 この委員につきましては,副委員長より1人,委員の中から1人となっていますが,正副委員長で協議した結果,副委員長については岩崎副委員長に決定したいと思いますが,御了承いただけますか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 次に,委員1人については,先例により多数会派より選出することでよろしいですか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,自民党さんに選出をお願いいたします。

        (「横山委員」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,横山委員に決定いたします。

 次に,3つ目の横浜市民生委員推薦会委員についてお諮りいたします。

 この委員につきましては,副委員長より1人,委員の中から1人となっておりますが,正副委員長で協議した結果,副委員長については川口副委員長に決定したいと思いますが,御了承いただけますか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) 次に,委員1人については,先ほど横浜市社会福祉審議会委員に決定した自民党さんを除いた多数会派より選出することでよろしいでしょうか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,民主党さん選出をお願いします。

        (「松本委員」と呼ぶ者あり)



○(中島[憲]委員長) それでは,松本委員に決定いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会宣告



○(中島[憲]委員長) 以上で本日の議題はすべで終了いたしましたので,委員会を閉会いたします。

閉会時刻 午後3時39分

                 福祉衛生環境保全委員会

               委員長 中島憲五