議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 あきる野市

平成25年環境建設委員会 本文




2013.03.07 : 平成25年環境建設委員会 本文


                              午前9時28分  開会
◯委員長(細谷 功君) それでは時間少し前ですけれども、進めてよろしいですか。
 皆さん、おはようございます。きょうはたくさんの案件がありますので、迅速かつ丁寧な御審議をよろしくお願いいたします。
 それではただいまより環境建設委員会を開会いたします。
 本日は、委員並びに理事者、部課長各位には御多忙のところ出席をしていただき、大変御苦労さまです。
 ただいまの出席委員は7人全員であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。
 それでは初めに議長より御挨拶をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(町田匡志君) おはようございます。
 昨日は総務委員会ということでございました。きょうは常任委員会2日目、環境建設委員会ということでございます。委員の皆様には大変御苦労さまでございます。また、市長以下、市長部局の皆様方には大変御苦労さまでございます。本日もよろしくお願いを申し上げます。
 さて、ただいま委員長の方からお話がありましたとおり、本委員会に付託された案件は大変多ございます。しかも一つ一つの案件がかなりのボリュームを伴っております。一つには、国の上位法令の改正によりまして、市の条例を整備する必要があるということで提案されている案件が多いわけですけども、今、ここに例規集ございますけども、地方分権が進む、まだまだ過渡期だというふうに思います。このような案件が多くなるとこの例規集がいずれは六法全書のように多くなるのかななんていうふうに思っております。
 いずれにいたしましても、慎重な御審議をよろしくお願いを申し上げまして、挨拶といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ありがとうございました。
 続きまして市長より御挨拶をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(臼井 孝君) おはようございます。
 本日は大変御苦労さまです。春がすみが立って、日1日と暖かくなってくるようであります。しかし、このかすみの中に花粉が混ざっていたり、大陸からのとんでもない汚染物質が混ざっているというようなことで、日本人も少し脅威を感じている昨今でもございます。あきる野市はそんなことないというふうにたかをくくっていてはいけないんじゃないかなというふうに思っているわけであります。これからも環境都市あきる野をしっかりと守っていきたいと、こんなふうにも思う次第であります。
 さて、きょうの御審議をいただく議案は、議案第4号から20号まで、ほとんどが地方主権一括法によるものでございまして、1件の陳情の視察を皆様方にはいただくというような日程になっているようでございます。よろしく御審議をいただきますようにお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ありがとうございました。
 お諮りいたします。傍聴の希望がありましたら、これを許可したいと思いますが、御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。傍聴を許可いたします。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) それでは付託案件審査をする前に、現地視察をいたします。視察場所は日程表に記載しているとおりでございます。
 それではこれより直ちに出発しますので、暫時休憩といたします。
 なお、執行部側の同行は、関係する部課の職員の方々によろしくお願いいたします。
                              午前9時32分  休憩
          ────────── ◇ ──────────
                              午前10時20分  再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) それでは休憩前に引き続き会議を開きます。
 現地視察、大変御苦労さまでした。
 それではただいまから付託案件審査を行います。
 議案第4号あきる野市工場立地法地域準則条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。町田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(町田匡志君) 見させていただいても数式がよくわからないというと私の不明を恥じるようなんですけども、国の上位法令を当てはめたということなんですが、緑地の割合を示す数式等がここに記載されていますけども、これは理解できる人が、皆さん理解しておられるんでしょうか。私、危惧するのは、こういうふうな条例ではなくて、もっと市なりの簡便な、例えば緑地の部分は何割にしなさいとか、何%にしなさいというような形の条例でもいいのかなというふうに思っているんですけども、その辺の市の見解をお聞きいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境政策課長(吉澤桂一君) お答えいたします。
 本条例のこの計算式、大変難しい内容になっております。これは兼業であったり、単独だったり、さまざまなことが考えられますので、こういった数式でしかあらわすことができません。これは国も東京都も同じなんですけども、これは、内容的には理解をしているつもりでございます。
 今後、これがわかりやすくなるような要領的なものをつくっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(町田匡志君) そうしますと、ただいまの説明にありましたとおり、当座の処置としてこの条例を制定するという解釈でよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境政策課長(吉澤桂一君) お答えいたします。
 条例としてはこの内容で制定をしまして、これを補則というか、説明する資料としてそういったものをつくっていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質問等ございますか。清水委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) ちょっと初歩的なことで、国の緑地面積率等から5%減した基準を規定しているということですが、これは都基準をそのまま適用するということですよね、これね。それで4カ所ということですが、市内にあるということですが、これで何かこの条例をこのまま施行することによって状況的な変化というのはあるんですか。その点についてお答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境政策課長(吉澤桂一君) お答えいたします。
 これは、今まで東京都がやってきたものをそのまま並行して同様なものを制定していきたいと考えております。今4社ございますけれども、その中の1社につきましても都条例を準用しておりますので、特段市が条例を定めたからといいまして、今までと変ることはございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) そこで、所管はそうしますと、今、課長が答弁しましたから課長のところに所属するようになるんですか。それだけ聞いておきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境政策課長(吉澤桂一君) お答えいたします。
 特定工場の受理等につきましては、私ども環境政策課が担当いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質問等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第4号あきる野市工場立地法地域準則条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第5号あきる野市市道における道路標識の寸法に関する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) この議案第5号も地域主権改革一括法の関連ということで、今回これの関連の条例がいっぱい出てきているんですけど、内容は膨大になっていますので、今回のこの分については市道の道路標識のうち案内標識、警戒標識、補助標識の三つの標識について、標識板及び文字の寸法を定めたものだということで、内容は国基準ということなんですが、幾つか市独自のものがあるという説明がされましたよね。備考2の(4)と備考3の(2)、この市独自の規定を設けた趣旨というか、理由というか、その辺のところだけもしよろしかったら教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) ただいまの御質問にお答えいたします。
 今回の条例制定で盛り込みました独自の規定でございますが、今、委員さんがおっしゃったように、警戒標識の表示板の寸法と案内標識の文字のローマ字の大きさというものを市の方の独自で2点改正しました。
 その内容につきましては、警戒標識の表示板の寸法を縮小できる規定でございますが、これは部長が議案説明でも説明したとおり、あきる野市の実情にあわせて、狭隘な道路が多いところに警戒標識をつけるのに今の標識よりも小さいもので、交通に邪魔にならないような形でつけることができるように縮小できるというふうにしました。
 もう一つ案内標識につきましては、日本字の文字の大きさ、ローマ字の文字の大きさを3分の2まで拡大できるという規定でございますが、これについては観光に訪れた海外の方にわかりやすくするために、そういうような拡大できるというような標識をつけられることにいたしました。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質問等ございませんか。清水委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) では、後の議案にもひっかかっているかもしれませんが、まず、この部分だけ。道路標識の関係の、1点は、予算が、この条例を施行することによって、これは都基準と一緒にすることですが、今度はこの標識等についての予算措置ですね。これは今後どうなっていくのか。
 それから、若干地域特徴が出てくるわけですから、これを執行するに当たって標識の、当該警察との連携というか、調整が今度は直になって、今までもやっていると思うんですが、今まで以上に直になると思うんですが、まず、その2点だけお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) 予算措置というお話ですが、予算措置につきましては要望箇所を検討しまして、予算の範囲内で設置を考えていきたいと思っております。
 あと警戒標識の設置なんですけども、警戒標識につきましては,交通管理者であります警察との協議はいらなくて、道路管理者の権限で設置できますので、要望の箇所を検討しまして、設置に向けて努力していきたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) そこでですね、このいろんな標識が出ていますが、これは市民に対して、ちょっと私も市民に聞いてみたんですが、この標識そのものについてはまだこれを、3月議会が終わって、市民に広報等で、こういう標識が新たに市でやってますからというふうなことで、広報として何か市民にPRというか、PRということはないんですが、そういうようなことはあれですか、市民に注視する方法としては考えているんですか、今度とも。4月以降か何か。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) お答えいたします。
 市民に周知というのは特に考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) 別表に案内標識とか、それから警戒標識とかありますよね。道路標識とか。今までと、都基準と同じなんだから、そのまま条例だけ施行すればいいんだというふうなことではちょっと不十分かなと思うんですが、その点について検討いただけませんかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) お答えいたします。
 その辺は状況を見ながら検討させていただきたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑等は。よろしいですか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第5号あきる野市市道における道路標識の寸法に関する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第6号あきる野市道路の構造の技術的基準を定める条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 質疑、意見なしと認めます。
 これより議案第6号あきる野市道路の構造の技術的基準を定める条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第7号あきる野市移動等円滑化のために必要な市道の構造に関する基準を定める条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) この条例も地域主権改革一括法の関連で、特定道路に該当する市道のバリアフリー化に必要となる基準を定めるものだと。内容について、国基準及び東京都の福祉のまちづくり条例と整合を図り、規則で定めているというふうな説明がございました。
 そこでお聞きしたいんですけれども、第10条と第11条の関係なんですが、第10条の第2項のところには、移動等円滑化が行われた立体横断施設にはエレベーターを設けるものとすると。第11条では、移動等円滑化が行われた立体横断施設に設けるエレベーター、傾斜路、エスカレーター、道路及び階段の構造は規則で定める基準を満たすものとすると、こんなふうになっているんですけど、この条例の内容からしても、例の住民から陳情が出されました秋川駅自由通路、このエレベーターの設置、趣旨採択になっているわけですけれども、何とか早く進めなければならない課題かなというふうに思います。
 このことについてちょっと聞きたいんですが、今、市の方でその後何らかの調査を、できるだけ早くやるための調査をするための予算とか、そういうことを組むことなどについて、今、考えていることはございますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設課長(高橋 勇君) お答えいたします。
 この条例につきましては、今、委員さんがおっしゃったとおり、市道の特定道路、このバリアフリー化を図るための基準の条例の制定になっております。したがいまして、この条例の制定によって直ちに市道すべてのバリアフリーを行うというような義務化を課したものではございません。
 御質問の秋川駅のエレベーターの設置につきましては、市といたしましても整備の必要性、こちらは認識しております。ただ事業化に向けた予算等、まだ措置の方はされておりませんが、今後、事業化に向けて検討を進めてまいりたいというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) 今後の問題なんですけれども、やはり国とか東京都に対して、そういう関係部局に財政的な支援も含めて、ぜひ要望活動等も進めていくことが必要ではないかなというふうに思うんですけれども、現状ではその辺のところは進めておられるんでしょうか。その辺のところをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設課長(高橋 勇君) お答えいたします。
 現在の状況につきましてはまだ国等に対しましてそういった事業の要望、補助金の要請活動、そういったものはまだ取り組んでおりません。今後、具体的に制度の内容ですとか、そういったものを詳細に詰めた上で、市にとって最も有利なもの、そういったものの導入に向けて今後動いていきたいというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) では最後に意見だけ。こうした条例が上から下りてきて市の条例ということになりましたので、ぜひ、まずは、陳情も出ていることですので、秋川駅のバリアフリー化を早急に着手できるよう、市も先ほど必要性は感じていると、こういう答弁でしたので、ぜひ取り組んでいただきたいということを意見として申し上げます。全体的なこともありますので、反対ではございませんので。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑等ございますか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第7号あきる野市移動等円滑化のために必要な市道の構造に関する基準を定める条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第17号あきる野市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) 今回の条例の一部改正ということなんですけれども、南小宮地区計画の決定及び建築基準法施行令の改正に伴い、あきる野市の地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正するものだと、こんな説明がありました。
 そこで一つだけお伺いしたいんですけど、別表2のところの、それぞれの区域の地区が幾つか示されていますけど、その中の福祉施設地区というのがありますよね。それから、教育施設地区、この二つのところは具体的にはどこなのか。草花児童館とか草花小学校のことを言っているのかなあというふうに思うんですけど、具体的な場所、どこを言っているのか。その辺のところを教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(腰塚信一郎君) お答えいたします。
 図面で示させていただきます。福祉施設地区につきましては、中央地区北側中央のピンクの区域になっております。教育施設地区につきましては、地区の東側、青色で塗っておりますけれども、草花小学校と草花児童センターの区域を含んでおります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑はございますか。よろしいですか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第17号あきる野市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第18号あきる野市立公園条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) これも地域主権一括法の関連で上から来たんですけど、今回の条例改正は、都市公園に関する条例改正だということです。それでちょっとお聞きしたいんですけど、初歩的なことで申しわけありませんが、都市公園とはそもそもその概念、基準とか、どういうことを。何か基準があるのかどうか。それから、当市にはその都市公園と言われる公園が何カ所ぐらいあるのか、まず最初にその辺のところを教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) お答えいたします。
 都市公園は、国または地方公共団体が一定の管内の土地の権限を取得して、街区公園や総合公園などの目的に応じて、形態で一般に公開する公園を言います。その役割としましては良好な都市環境の提供、災害時の市民の避難地、健康な運動ができる場所、文化活動等の活動拠点また豊かな地域づくりでの都市景観の形成などがあります。
 公園の数ですが、市内にあります都市公園につきましては、都立秋留台公園も含めまして33カ所ございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) わかりました。33カ所、かなりあるんですね。
 それで、次に第3条の3なんですけど、ここで敷地面積、市民1人当たりの標準は10平方メートル以上とすると、こういう数字まで規定がされているんですけど、あきる野市はこの基準からいくと現在足りている数があるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) 先ほど申し上げました公園数を総面積を人口で割りますと、現在人当たり面積は3.65平方メートルでございます。基準には達しておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) これは意見ですけど、五日市とかいろんなところから公園が少ないという声も実際に聞かれることが多々ありますので、今後の問題として、ぜひこういう条例もまた下りてきたことですし、この基準に足りるよう公園の整備の御努力をぜひお願いしたいと、そういう意見を申し上げまして、全体的なことでは特に反対ではございませんので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑等ございますか。清水委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) では、今、山根委員との関連も若干ありますが、今度は管理ですね。例えば33カ所の管理。これについて、そして本市の基準として規定するということにしてますよね、これは今回の場合は条例ですから。するとどのくらい今度はあれですかね。管理費とか選定とか何かいろいろ変わってきますよね。どんな方法で来年度以降やっていくんですか。その点についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) 管理についてという御質問でございます。
 市内の公園、都市公園も含めてほかの公園もございますが、その公園については樹木の剪定、除草につきましてシルバー人材センター、専門業者等に委託をして管理をしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) ではその先に、年間今度は今まで以上に予算がかかってくるんじゃないかと思うんですよね。ボランティアでできるような公園があればいいんですが。その点についてはどのくらい見積もっているんですか。その点について。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) 全体の公園の中でボランティアの活動している公園の数はちょっと把握しておりませんが、数多く、届け出が市の方にされておりませんので、アダプトでの公園の管理というのは1カ所もないんですが、付近の方が、ゲートボール、ターゲットゴルフだとか、そういう使用している団体がボランティア的に掃除をしていただいている公園というのは市内に多数ございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) 質問がちょっとあれだったかな。要するに、今までの管理費と、来年度以降、細かくはまた予算特別委員会でやりますが、どのくらい増額になるんですか。そういうのは把握はしていないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) 当面の都市公園の数は変りませんので、昨年度と同様な金額で管理できると思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第18号あきる野市立公園条例の一部を改正する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第20号あきる野市下水道条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見ございますでしょうか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 質疑、意見なしと認めます。
 これより議案第20号あきる野市下水道条例の一部を改正する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第22号市道路線の廃止についての件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。清水委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) この部分については、秋川駅の北口の方だよね。そうすると、この民地に一部、そして都道ですね、ここのところは。都道ですから、寄附行為になっちゃうんですか、この一部分、この処分については。違うんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管理課長(吉澤辰夫君) 都道に行く分につきましては、寄附行為ではなくて所管替え、要するに市から東京都になるという形になります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第22号市道路線の廃止についての件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、議案第23号市道路線の廃止についての件を議題といたします。
 質疑、意見はございますでしょうか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 質疑、意見なしと認めます。
 これより議案第23号市道路線の廃止についての件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、陳情第25−4号JR武蔵引田駅南地区に関する陳情の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。松原委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松原敏雄君) 引田駅周辺の区画整理につきましては、今までもたびたび御説明等受けておりますが、今現在におけるこの区画整理事業の進捗状況、それと、北口を優先的にまずなさるという方向性がありますが、その理由といいましょうか、その辺を教えていただければと思います。
 それと確認なんですが、陳情者の木下さんというのは農業委員さんじゃなかったかなと認識しておるんですが、その辺の確認をお願いします。以上、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えいたします。
 まず、現在の区画整理事業の進捗状況でございますけども、現在、区画整理事業といたしましては、駅の北側の約19.4ヘクタールにつきまして事業化を進める区域ということで進めているわけでございますけども、市街化調整区域でございますので、それを市街化区域にするために東京都の関係機関と協議をしているところでございます。しかしながら、現在の現段階におきましてはまだその合意が取れていないという状況でございます。
 また、北口地区に選定した理由でございます。これにつきましては、ちょっと区画整理の事業経過から御説明をさせていただきたいと思うんですけども、当初区画整理事業につきましては、武蔵引田駅の周辺約30ヘクタールを事業化するというような計画で平成12年から進めさせていただいているところでございます。その後に、平成14年、たしか8月でございますけども、地権者18名によりまして、区画整理事業の白紙撤回の要望書というものが出された経緯がございます。この18名の方々の所有する面積が事業区域の約6分の1、5ヘクタール強あったものでございますので、まずさきにその方々の合意形成を取ることが先決であろうというような形で、その方々の合意形成を取る取り組みを進めてまいりました。
 そのような中で、平成18年5月に行われましたその要望書撤回の皆様方の意見交換会の中で、北・西地区の事業縮小案というものを提示させていただいたときに、数名の方から理解が得られたという経緯がございます。また、今回要望書が出されている南地区につきましては、農振農用地という特別な配慮を払う土地でございますので、やはりそれを市街化区域区に編入するというのは相当困難でございまして、なおかつ時間のかかる問題だということがございます。
 一方で、武蔵引田駅につきましては、やはり周辺の開発に伴いまして利用者が多くなったというようなことがございます。また、駅北の既存住宅につきましても、下水道等の問題がございました。この駅周辺の整備というものは喫緊の課題であったということがございます。
 このようなことを総合的に考慮いたしまして、平成18年10月に、駅の北側地区と西側地区の19.4ヘクタールの事業を先行していくというふうに方針を変更させていただいたものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えいたします。
 先ほどの陳情者の方の、農業委員かどうかという御質問でございますけども、住所と氏名からいたしますと農業委員だと思われます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑等ございますか。清水委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) まず、今、松原委員も言われました。もう少し詳しい経過を教えていただきたいんですが、さっき平成18年10月、北と西を含めて変更したということですから。この全体というんですか、今までこれらに要した経費ですね。前も野村議員がどこかで質問したかと思うんですが、私もたしかその当時8000万円近く費やしているんだと、今までいろんな点でね。
 それと、この今言った北口の19.4ヘクタールを含めてまだ75ヘクタール、全体東の方にありますよね。それを含めてたしか100億円ぐらいこれから事業費でやっていくんだという、市長が説明したような気がするんですが、これについての、まず確認をしたいんです、もう一度。もう少し膨らませていただいて幅広くちょっと答弁いただきたいんですが。全体的には今申し上げたとおりどれくらい経費を使っているのか。現在、たしかこの計画は100億円近い経費の中でどのくらい起債というか、賄うのか。その点をまず教えていただきたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えいたします。
 武蔵引田駅周辺地区土地区画整理事業の今までに使った経費ということでございますので、これは平成13年度からいろんな調査等を行っております。それで合計金額、平成23年度決算ベースで申しますと8482万6350円でございます。
 また、100億円というのは、当時区画整理事業を30ヘクタール実施したときに100億円というような御説明をさせていただいたというふうに思っておりますが、現在、北・西地区につきましては、まだ絞りきれておりませんけども、概算で約60億円程度というふうに考えております。
 また、あくまでも計画なんですけども、かかる起債額というものにつきましては、市費の負担額の約8割程度を起債で充当していきたいというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) そうしますと、提出されている方が農業委員さんということですが、それはともかくとして、この陳述というのができたわけですね。そのとき委員長が議会改革でやって、我々も委員でやったんですが、陳述はどうなんだと、陳述はしないでと。この書面で審査しなきゃいけないということですから、この書面でやらせていただきます。
 まず、この上の方は、として、堆肥の臭いが不愉快ではないかとか、この農薬散布で迷惑をかけるんではないかということを含めて、下段の方に、「同駅から300メートル以内の農地は極めて農業環境が悪く、現状のままでは若い後継者も一目を憚って耕作拒否の姿勢が見えるなど」というふうなことをうたってあるんですが、自治法の農業委員会の農業委員の職務というか、それも含めて、例えば平成22年度の事務報告書を持ってきましたが、農業委員会事務局の。これらの方を含めますと、農業委員さんがすべき仕事というのは、こういう今私が申し上げたようなことを含めて、農業委員会の中で、ここに陳情に出てくる前に農業委員会として何か議論してここに上がってきているんですかね。事務局の方にお聞きしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えいたします。
 この場所につきましては、農振農用地ということで、農業を守っていくということで、この陳情に関しては議論はされておりません。(「この陳情に対して農業委員会に相談したかということだよな」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) もう一つ私お聞きしようと思ったんですが、そういう議論がなかったと。じゃあ単独で陳情を出そうということで出てきたんですよね、これ。名簿は参考ですよね、署名簿については。一般には出ていないようですが。改めて、今、農業委員会とは別にこれは単独で提出したということでよろしいですね、これについては。ちょっともう一度確認お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えいたします。
 これは木下さん個人で提出したと認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) そこで、先ほど事務局の方からも説明ありましたが、北の方については比較的農振農用地というのは余りないんですが、南側は、まず1点は、農振農用地というのはどのくらいあるんですかね。先ほど見に行ってきましたが、この8.4ヘクタールのうちですね。そこからいきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えします。
 南地区の農振農用地につきましては、7.6ヘクタールと把握しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) そうしますと、かなり、先ほども答弁にありましたが、北口の方がまだまだ、たしか私調べたところでは北口には農振地区があるんですが、白地区なんですよ、白なんですよね、これは。ですから、そう問題ないと思うんですが、南口は、この冒頭の趣旨にあるとおり、農業振興地域の解除、この件についてかなり精力的にやっていきませんと解除は難しいと思うんですが、その点どうですか、状況は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えいたします。
 先ほどお話しましたとおり、農振農用地ということでございますので、この解除・除外ということは非常に厳しいというふうに認識しております。ただ市の計画等いろいろございますので、その中では議論といいますか、検討していく必要性はあるのかなと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) それでは私の方はまず最初に理事者の方にちょっと確認の意味でお聞きしたいんですけど、今、松原さんや清水さんの質問の中で、今回出された陳情の武蔵引田駅の南地区は現在市が進めようとしている、武蔵引田駅周辺地区の土地区画整理事業を今市が進めようとしていますよね。その中には入っていないということでいいんですねというのが一つと、もう一つ、二つ聞いちゃいますけど、現在この地域で農業を行っている方は何人ぐらい、何世帯ぐらいなのか、もしわかりましたら教えていただきたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えいたします。
 私からは事業計画の方から御説明させていただきますと、現在進めている事業計画でございますけども、これは先ほども御説明させていただいたとおり、五日市線の北側19.4ヘクタールを進めておりますので、今回要望がございました南地区につきましては計画をしておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えいたします。
 この地区の所有者でございますけれども、78名となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) この陳情書の内容が今のお話の中から、この地域は農振農用地域として農業者を守っていくという考えだと、市の方もね。そういうふうな説明がありまして、現在78名の人が農業を行っていると。私たちも今見てきましたけれども、ほとんど家はなくて農業をやっているところですよね。
 それで、陳情の内容なんですが、やはりこの内容で私たちは審議しなきゃいけないので、どうも何というのかな、何回も私も読ませていただいたんですけれども、この趣旨がとても、農業に対する考えがいま一つわかりにくい。今後、農業をこの地域は引き続きもっと進めてやっていこうという趣旨なのか、それともこの最後の方に、さっき清水委員が言ったようにいろんなことが書いてありますよね。農薬散布で堆肥の臭いがするとか、道が狭くて通りにくいとか、迷惑をかけないかと気を遣うばかりだとか、泥まみれとか、いろいろ具体的なことが書いてあるんですけど、この文章からどうも何ていうのかな、農業後継者が今あきる野市でも、農業を育てていく方向で力を入れているというふうな町ではないかというふうに思うんですけど、今後育てていってもっと農業をやりやすくするようにしたいのかどうなのかというところがどうもこれ何回も読ませていただいて、なかなか判断がしにくい文章かなというふうに思っているんです。ですから、そこら辺のところが今私も悩んじゃっている。だから、本来ならこれを、区画整理をすることによって農業者がどうなっちゃうのかなというところが心配されることなんですけど、この陳情ではどういうふうな方向にしたいのかというのがこの文章の中からなかなか見えてこないので、判断がなかなかしにくい。どうしたらいいのかなと。皆さんの知恵をぜひいろいろおかりしたいなというふうに思っています。もう少し皆さんの議論を聞いてみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) 1点目は所管で、2点目は市長にお尋ねしたいんですが、まず1点目は、この若い後継者も、先ほど一目を憚って耕作拒否の姿勢が見えるというんですが、課長ね、要するに、農振農用地で持っている所有者ができない場合、先ほど68人と言ってましたね、個人がね。共有地が20人。ですから、できる方がいるわけですね、何人かというのはあきる野市には。農業で専属でやっている方がね。そういう人たちがフォローしながら、農業委員会の事務局で中に入って、じゃあうちの畑を耕してくれとか、そういう制度というのはたしかあると思うんですが、何という制度でしたっけ。それについて活用されているんですかね。今後も活用したらどうですかね、この部分を。どうですかね、その点について。

-------------------------------------------------------------------------------

◯農林課長(山際由晃君) お答えいたします。
 ただいまの御質問ですけども、これは農地の利用集積ということで、うちの方では平成22年から実施しております。この内容につきましては、遊休農地の解消などを図るためを目的としまして、あと農業振興地域とか調整区域内で耕作がなかなかできなくなってきたという方で、土地を貸してもいいよという方がいらっしゃいましたら、農業委員会が間に入りまして、今のところ認定農業者を中心に農業経営基盤強化促進法の第18条によりまして、通常ですと大体3年ぐらいのスパンを見まして契約をすると。契約をしてその方が、認定農業者が耕作をしていくという制度がございます。
 これにつきましては、非常に、必ず農地が3年たてば返ってくるということがありますので、また農業委員会が仲介に入りますので、所有者の方も安心して貸していただけるというような制度でござまいす。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水 晃君) ありがとうございます。そういうことでね、そうすれば、きょうは傍聴の方たちもいるし、かなりバックアップという、この文章はだんだんに解消していくんじゃないかなと、農業委員会の中でこの議論をしながら、例えば会議しながら、農業委員さんたちがやっていけば解決していくかなと思うんですが。
 2点目は、市長、今ここで陳情出てきました。それでこれが市の計画の中にある程度含まれて、今後、陳情よく出してくれたてよかったなあなんて思うか、あるいは2点目は、いやあこれだけうちの方が、おれが始めてやっているのに、おれが進めてやっているのにこれ出されるとやっていないような感じするなとか、ちょっといろんな所見があろうかと思うんですが、かいつまんで、どういうふうに、所見があったらどう捉えますかね、これ。市長、何か答弁お願いできればありがたいんですがね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えいたします。
 計画論でございますので、私の方から御説明させていただきます。
 南地区につきましては、私、先ほど御説明すればよかったんですけれども、まず、先行しまして駅の北・西地区のまず19.4ヘクタールを事業化を進めるという計画で先ほど来計画を進めているというお話をさせていただきました。その後、完成を見極めた時点で南側の地区につきましては、そのときのやはり社会情勢だとか、市の財政状況だとかを見極めながら事業化の検討をしていきたいと、このように考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(臼井 孝君) 清水委員の質問にお答えいたします。
 あの武蔵引田駅の周辺区画整理ということで、南・北両方を含めたところを検討してきたと思うんですね。説明会も行いました。ところが、かなり南側は地主さんの反対が強かったと。それからもう一つ大きな問題点は、先ほど話があったように農振農用地域でもあったと。
 そこで市も、あの周辺の区画整理をやって、駅周辺はきちっと整備する必要があるという認識は持ちながら、そういう条件がありますので、住民が既に生活をしておられる北側にとにかく今手をかけなければいけないんじゃないかということを決めたんですね。あそこには富士通も進出してきておりますしね。やっぱりあの土地利用が進むには富士通を初め、都有地の跡とかね。そうするとやっぱり北側の方に絞ってやりますよという説明会を2年前に市の考え方を地主さんに申し上げて、北口をとにかく先にやらせてほしいと。南の方はまた先のことですねという話をしたわけですね。そうしたら、そこまで市の態度です。地主さんの中から、置いていかれてしまうと。駅周辺のいいところが置いていかれてしまうということが出たんじゃないかと思うだね。農業を一生懸命やっていきたい人はやっていくんでしょうけど、区画整理でもやって、一部農地として使って、一部駐車場にするとかアパートをつくるとか、そんなことを考えたのかもしれないですね。これは想像ですよ。そんなことで、置いていかれちゃ困るからこの際市にひとつアプローチしておこうと。こういう、何という考えというのこのことを。政治的というんですか、それはわかりませんが、地主的というんですか、何かわかりませんけれども、そんな気持ちがこの陳情に感じられるなということであります。私の感じとしてはそんなことです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに質疑、御意見等。市倉委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(市倉理男君) 経過が、先ほど来の質問と答弁でわかりました。今の市長の答弁じゃないですけど、南も北も計画は当初は全体が入っていたということで、その経過の中で南口の反対が多いという話で北口を優先してという経過があったと。確かに北口の方に住んでいる方は下水道も整備されなくてということで、もう田中市長の時代からずうっとなかなか進まないでいたと。
 そのような経過の中で、今回出てきた最初の趣旨に書いてありますのが、農業振興地域の解除及び土地区画整理による市街化区域への線引き変更という趣旨なんですね。ですから、これはだから農業振興地域を解除するという陳情と思います。そのとおりだと思うんです。一番最後の、このような理由でというところで、要望者を代表し陳情するものでありますという文があるんですけど、実際問題、今現在この南口の事業予定地域にはもう反対者はいないという市の方は認識持っておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えいたします。
 これは平成12年に取ったアンケートでございまして、現状とは大分かけ離れている可能性もございます。しかし、その数字で御説明させていただきますと、対象者につきましては、先ほども申しました68名の方を対象にしております。回答者は50名でございます。その中で反対という方が7名、また、未回答の方が18名、計約37%の方が意思表示をされていないという状況です。(「12年で」と発言する者あり)平成12年の段階でございます。
 その後、南地区につきましては、ちょっと事業計画の立案を後に伸ばしたということで具体的なアンケート調査等は行っておりませんので、最近の考え方というものにつきましてはちょっと把握していない状況でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(市倉理男君) 平成12年と言いますと、もう10年の上、前ですから、大分意識は変わってきているとは思うんですよ。後継者の問題とかいろいろ農業者の個人の問題もあるでしょうから。これを、あきる野市は地産地消の農業を進めるということで現在も農業政策を重点的に考えているわけなんですから、農業を放棄したいというような考え方になってきた人が全員じゃしようがないと、それは思うんですよ。だけど反対が本当にいるかどうかね、またアンケートを1回取ったらどうでしょう。そのような考えはないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えいたします。
 先ほどすみません、私ちょっと見落としたものがありまして、平成20年のときにも取ったのがございまして、そのときはやはり同様な数字なんですけども、反対者が5名おりまして、未回答の方が18名、計約36.8%の方が意思表示をされていないという状況でございます。
 また、新たにアンケート調査ということでございますけども、私ども、今、北・西地区につきまして事業化を進めているという中で、それが、先ほども申しましたけども、ある程度完成が見えた時点でこの事業化というものを図ってまいりたいと考えておりますので、その時点におきましてはまた新たにそのアンケート調査等をやっていきたいというふうに思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(町田匡志君) 御説明はよくわかりました。ただこの要望者は、地権者の68名中の60名ほどの名簿が添付をされております。これは全部地権者かどうかとか、チェックはしたんでしょうか。この要望者の付属の一覧表の人たちの占める耕地面積というのは事前にお調べいただいておるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境経済部長(浦野治光君) お答えいたします。
 名簿の方については、私どもの方には来ておりませんので、確認ができておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(町田匡志君) 個人情報の問題もありますので。聞くところによりますと、市長あての要望書を出したいというようなことで、それに対する要望書の一覧という形を今回の陳情に、参考資料として私ども議会の方には添付をされております。ですから、私どもからも、基本的にお出しするわけにもいかないのかなというふうに思いますけども、いずれにしても、68名の地権者中60名の方の署名を添えておられるという。
 もう一つ、市の方の御説明でいま一つはっきりしない部分があるんですが、それはやはり都市計画マスタープランでこの南口の方を良好な市街地形成としての位置づけがなされているんではないかなというふうに思うんです。平成12年のときには当初29ヘクタールで、平成18年に20.4ヘクタール、そのうち民間が1ヘクタールばかり開発したんで、それを除くと19.4ヘクタールの北口の方を先行する。しかしながら、この南口も区画整理の対象事業地だということは変わっていないわけなんですよね、あきる野市としては。要するに、小野室長さんは、北口の方を優先をする、南口の方は計画がないというような御答弁だったんですが、区画整理の全体的な計画としては、現在も南口も市の計画としては入っているという解釈でよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理推進室長(小野義幸君) お答えします。
 大変言葉足らずで申しわけございませんでした。私が計画がないと言ったのは、自主的な、要するに事業計画として自主的な動く計画は今していないということでございまして、要するに、エリア的には区画整理事業を実施する地区という、都市計画マスタープランにおきましても位置づけされておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(町田匡志君) としますと、あきる野市としては、この地域の区画整理を積極的に推進すべき立場にあるというふうに思います。それには地権者の同意ですとか、国の農振の解除ですとか、いろんな障害があるとは思います。しかしながら、今回やはり地権者の方たちがこの地域を区画整理を進めてくれというようなことは、やはりある程度市の計画に合致した陳情だというふうには思うんですね。ですから、区画整理推進室としては大変ありがたい陳情だというふうに私は理解しなければいけないのかなというふうにも思っております。
 ですから、先ほどこの南の方の計画がないというようなことだったものですから、ちょっと一言質問させていただきました。文章等は大変問題があるようなあれですけども、ただ趣旨そのものは市が進めている事業を地権者も一緒になってやりたいというような趣旨ですので、私はある程度理解できるなというような意見を申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ありがとうございました。松原委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松原敏雄君) 今、町田委員が趣旨は理解できるというお話がありましたけども、この陳情の趣旨そのものは、農振地域の解除、それと市街化の線引きの変更を早期に行うようにお願いしたいという陳情ですよね。今までるるお話を伺ってきて、今現在この陳情を採択するにはとても現実的でないと私は思います。ですから私は、趣旨云々というよりは現実的でないんで、不採択の立場を取らさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに御意見等ございますか。
 ここで暫時休憩を取りたいと思います。
                              午前11時25分  休憩
          ────────── ◇ ──────────
                              午前11時41分  再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑、意見等ございますでしょうか。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) 私の意見を述べさせていただきます。先ほども意見申し上げましたように、何回もこの陳情書の内容を読んでいるんですけど、非常に今の段階では悩んでいるんですね。もう少し時間をかけて、いろんな方の意見を聞いたり、判断の時間が欲しいなというふうな思いがしますので、できれば継続にしてやったらどうかというふうに思います。以上、私の意見です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ほかに。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) ただいま質疑中でありますが、本件について、閉会中の継続審査にすべきという意見が出されております。
 本件について継続審査にしたいと思いますが、御異議ございませんでしょうか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。継続審査と決定しました。
 ただいま決定しました継続審査について、会議規則第112条の規定により、議長へ申し出たいと思います。これに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 御異議なしと認めます。よって、議長へ申し出ることに決定しました。
 以上をもちまして、本日の付託案件審査は終了いたしました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(細谷 功君) 次に、3、その他に入ります。
 質問の申出がございませんので、質問なしと認めます。
 以上をもちまして、環境建設委員会を閉会といたします。
 本日は大変御苦労さまでした。
                              午前11時43分  閉会
          ────────── ◇ ──────────
あきる野市議会委員会条例第29条の規定により、ここに署名する。

   委員長    細 谷   功