議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 あきる野市

平成24年福祉文教委員会 本文




2012.12.13 : 平成24年福祉文教委員会 本文


                              午前9時30分 開会
◯委員長(子籠敏人君) おはようございます。
 ただいまより福祉文教委員会を開会いたします。
 本日は、委員並びに理事者、部課長各位には御多忙のところ御出席をいただき、ありがとうございます。
 ただいまの出席委員は7人全員であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。
 それでは初めに、議長より御挨拶をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(町田匡志君) おはようございます。
 本日は、福祉文教委員会ということで、委員の皆様方にはお寒い中、御出席を賜りまして誠にありがとうございます。また、理事者並びに部課長各位には連日円滑な議事運営に御協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
 さて、本日の審査は、条例1件、事件3件、陳情1件の計5件が審議されるわけでございます。充実した審議内容になりますよう御期待を申し上げ、簡単ですが、挨拶といたします。よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) ありがとうございました。
 続きまして、市長より御挨拶をいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(臼井 孝君) おはようございます。
 天気続きなんですが、気温は大変冷え込んでおりまして、風邪をひかないように気をつけていただきたいと思います。その中を本日は御出席をいただきまして誠にありがとうございます。
 きょうの新聞も大騒ぎですけども、何が大騒ぎかと言えば、選挙も大騒ぎだけど、ミサイルが北朝鮮から打ち上げられて、何か衛星の軌道にも乗せたというような技術の進歩を書いてありましたけれども、日本政府ももう少ししっかり今度はやらないと、この国もすっ飛ばされちゃうじゃないかという危機感もあるわけでございまして、本当にこの隣国にそんな大きな脅威が発生しているわけでありますから、これはただじゃおけないよということをもう少し考えるべきだと思いますね。
 それと同じように我があきる野もそうですけど、熊が押し寄せてきましてね、大岳のふもとから発生して夏ごろ。それが今度どんどんどんどん下りてきて、小宮を越えて戸倉、そして今、五日市の小中野のまで来たんですね。ですから大変な、親子3頭で来ているんですけどね。今レンジャー、それから猟友会、これに頼んで山に入って、とにかく追い返してくれということを言っているんですけど、もうここまで来ると駆除せざるを得ないだろうと。あれ、害獣じゃないんでね、東京都の許可を取ったりして、いろいろ脅威が迫ってきたということで、これはやっぱり戦わなきゃならんということで、連日農林課長、一生懸命戦っておりますが、我々も後方支援をしっかりやらなければだめだと思っているわけであります。
 そんな情勢でございまして、きょうは議会の皆様方、3委員会の最後の常任委員会ですけども、四つの議案の御審議をお願いすることになっていますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) ありがとうございました。
 お諮りいたします。傍聴の希望がありますので、これを許可したいと思いますが、御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 御異議なしと認め、傍聴を許可いたします。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 日程2 それではただいまから付託案件審査を行います。
 本日は、5件の案件が付託されております。皆様には簡潔な質疑、答弁をお願いいたします。
 それでは、議案第59号あきる野市障害者通所支援施設の設置及び管理に関する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。たばた委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) この条例は、法内化しなければならないということでの提案だと思うんですけれども、法内化しなくてはならない理由については、その法外施設である小規模作業所に対する補助がなくなるために補助の対象となる障害者自立支援法内の生活介護施設にする必要があるということだというふうに理解しました。
 このひばり訓練所も分室にしなくてはならない理由について説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障がい者支援課長(中村 茂君) ひばりを一緒にしなければならないという理由なんですが、本来、障害者自立支援法でいきますと、障害者支援施設の設備及び運営に関する基準第9条第1項第1号に、生活介護の施設においては定員を20名以上とするとされています。そのため、20人以上の定員を設けなければならないですが、今現在は9名ということでございます。また、第2項に、複数の昼間の実施するサービスを行う支援施設は、生活介護の場合には6人以上ということで、五日市の希望の家、あとひばりと二つの施設で複数になりますので、9人利用者がおりますので、6人以上ということはクリアできておりますので、二つの施設を一緒の複合施設ということで、自立支援法の設備及び運営に関する基準第9条第1項第1号、第2項の基準に基づきまして、二つのところを一つという形で運営するということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) ひばり訓練所だけでは一つの施設として認められないので分室として存続させるということだと思います。
 障害者自立支援法では使用料1割負担だというふうに聞いていますけれども、本人に収入がほとんどなければゼロ円になりますということは本会議の方でも多少聞いてはおりました。同居家族があっても、また、その同居家族に収入がある程度ある場合でも利用料はかからないということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障がい者支援課長(中村 茂君) 利用料でございますが、利用料につきましては18歳以上の方は、御本人及びその配偶者の部分の所得の判定ということでございますので、今現在利用されている方は住民税の非課税の方が大半だと思われます。あと単身ということで、御自身の負担の方はないということで判断しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) ほかに質疑。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第59号あきる野市障害者通所支援施設の設置及び管理に関する条例の件を採決いたします。
 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 次に、議案第64号あきる野市障害者通所支援施設に係る指定管理者の指定についての件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。質疑等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第64号あきる野市障害者通所支援施設に係る指定管理者の指定についての件を採決いたします。
 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 次に、議案第65号あきる野市高齢者在宅サービスセンターの五日市センターに係る指定管理者の指定についての件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。たばた委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 指定管理者が前まで社協がやっていたんですけれども、社協が下りてしまったということで、指定管理料が減額になってしまったことが理由じゃないかということでしたが、その指定管理料が減額になった理由をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢者支援課長(窪島成一君) お答えします。
 ただいまの御質問でございますが、今回は、指定管理者を公募するに当たりまして、収支予算モデルを作成いたしまして、その結果、指定管理料を約5%ほど削減をさせていただきました。3施設ございましたので、平均しますと1施設70万円ほどになりますが、そういったことで今回社協は指定管理料が現在より減額されたということで、応募はしないというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) これも財政改革の一環なのかなというふうに思いますけれども、これまで管理していた社協さんはこの減額を理由に手を引いちゃったということなんですけれども、新たに今度管理者に名乗りを上げてくれましたこの医療法人暁は、この減額された管理料でこれまでと同様のサービスを行えるということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢者支援課長(窪島成一君) 減額しました指定管理料でできるというふうに考えております。今以上の高いサービスをしていただけることをこれからもお願いしていきたいなというふうに考えます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 行財政改革による減額もほどほどにしないと、今回できると言ってくれているということなんですけれども、やはり人対人のサービスですので、ほどほどにしていかないとサービス低下で取り返しのつかないことになっては困るなというふうに危惧はしております。スタッフ自体は変更があるかどうか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢者支援課長(窪島成一君) お答えいたします。
 指定管理者がかわりますので、当然、現在雇用されている職員もかわっていくというふうには思います。新たな指定管理者の考え方もあるんじゃないかというふうに思います。
 ただそういう中で、利用者にとってみますと、余り大きな環境の変化というのは望ましくないんだろうというふうに思います。そういったことを含めて、これから調整や協議をしていく中で、できるだけ高齢者に不安を与えないようなことをお願いしながら、現在働いている職員の方で希望する方があれば、所定の手続きを取る中で採用していただければいいんではないかということはお願いしていきたいなというふうには考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 高齢化が進む現状ですので、介護予防施設というのは重要です。今以上に利用者がふえるように、今以上のサービスを期待するということでしたので、私も新たな管理者に期待したいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 他に質疑等はございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第65号あきる野市高齢者在宅サービスセンターの五日市センターに係る指定管理者の指定についての件を採決いたします。
 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 次に、議案第66号あきる野市民文化ホールに係る指定管理者の指定についての件を議題といたします。
 委員からの質疑、意見をお願いいたします。質疑等はございませんか。増崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(増崎俊宏君) 2点ほどお伺いいたします。
 まず、指定管理移行になりまして、その効果、市としてのメリット、財政的な部分だとも思うんですが、その金額とかも教えていただきたいのと、市民としてのメリットがどのようなものがあるのかもお伺いしたいと思います。
 あともう1点が、キララは名誉館長という存在があったかと思うんですけども、指定管理に移行することによってその位置づけというんでしょうか。そこら辺の考え方がどうなるのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯秋川キララホール館長(平野泰弘君) お答えいたします。
 まず1点目の金額面ということで、それと市民へのメリットということでお答えさせていただきます。
 金額につきましては、たしか6月の議会で約2000万円ぐらい削減できるというお話をさせていただきました。その後精査しましても、2000万強は削減できるというような状況でございます。
 それともう一つ、市民へのメリットということでございますけれども、やはり文化ホールにつきましては専門的な業者が運営また施設の管理をしていくということでございますから、市民へのより一層の安心・安全また親切な施設運営ができるんじゃないかということで思っております。
 それともう1点、名誉館長というお話でございましたけれども、館長につきましては今までどおり1名置くということでございます。それと、名誉館長です、名誉顧問ということでよろしいでしょうか。名誉顧問につきましては、前回の委員会の方でもお話しましたけども、今までどおり海老澤敏先生に引き続きやっていただくというような方向でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田野倉由男君) 今のその名誉顧問の報酬が発生しておると思うんですが、それはどちらの、市の負担なのか指定管理者の負担なのかということを教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯秋川キララホール館長(平野泰弘君) お答えいたします。
 名誉顧問の顧問料という御質問でございます。これにつきましては、市が支払う指定管理料の中に予算的に含んでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 他に質疑等は。中村委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村雅一君) 意見、お願いを申し上げたいと思います。
 この前の委員会でもこのキララホールのことについては質疑をさせていただきましたが、指定管理者になっても、このキララホールの設置目的により合ったような企画や運営がされることを希望するわけでありまして、そういうことをより指定管理者に強く要請をお願いをしたいということです。簡単な意見だけです。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 今回指定管理を受けるこのコンベンションリンケージとNTTファシリティーズというところだということなんですけれども、この団体が、それぞれでもいいですし、また共同して指定管理をやっている例があるかどうか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯秋川キララホール館長(平野泰弘君) お答えいたします。
 各事業者また事業体の経営実績ということでございます。まず、コンベンションリンケージ、こちらでございますけれども、近くでは東大和市のハミングホール、それと西東京市のこもれびホール。それとNTTファシリティーズ、こちらにつきましては八王子のオリンパスホール、山梨県の県民文化ホールということでございます。それと、この二つの会社の事業体による運営につきましては、埼玉県と春日部市が共同事業やっています、春日部市にありますふれあいキューブという複合施設がございます。こちらでこの企業体が指定管理を受けて運営しているということで聞いております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 実績が随分あるようですが、これはそれぞれ非常に評判がいいということでよろしいですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯秋川キララホール館長(平野泰弘君) お答えいたします。
 評判ということでございますけれども、先ほど春日部市の例を取りましたけれども、指定管理を行っていますのが、埼玉県でございます。私、県庁の方に電話をしまして、状況について若干聞きました。そうしましたら、事業の展開についても積極的に行っている、また職員につきましても親切、丁寧な対応をしているというような情報を得ております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 文化ホールについては長期で計画を立てられるということは非常にいいことだと思います。私たちも市民の文化レベルの向上に寄与することを期待しております。意見として。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 他に質疑、意見等はございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第66号あきる野市民文化ホールに係る指定管理者の指定についての件を採決いたします。
 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 次に、陳情第24−11号保育園入園に関する陳情の件を議題といたします。
 委員から質疑、意見をお願いいたします。田野倉委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田野倉由男君) 指名されましたので。これはちょっと事務方にお尋ねします。兄弟姉妹が同じ保育園に必ず入園できるようにしてくださいと、大変厳しい言葉かなというふうに感じるんですが、上村さん以下19筆、現実このように兄弟で入れなかった子どもさんどのぐらいあるのか。それから、逆に入れるためには今度は何か方法があるのか、ルールがあるのか、ちょっとその辺のところを聞かせてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 今現在、平成22年4月で兄弟で転園希望があった世帯が22世帯ございまして、4月の段階ですと12人がそのときに転園できました。10人が保留となっておりまして、この11月までで4人の方が転園できたという形になっております。
 なお、今現在での入園者数については1,803名おりまして、世帯数ですと1,422世帯ございます。その中で兄弟入所の世帯というのが354世帯、全体の24.9%になります。このうち同じ保育所に行かれている方が323世帯、そのうちの91.2%になります。別々の保育園に入所されている方が31世帯ということで8.8%の割合となっております。そのうち31世帯のうち今現在転園希望が出されている世帯が9名ございます。4月からの転園で希望で転園できていない方というのは6人という形になっております。
 なお、転園がどうしてそうなってしまうかということになるかと思うんですけれども、幾つかパターンがございまして、上の子が入園をしていて2人目の子が入所希望を出される場合がございます。そのときに受け入れ枠がない場合、第2希望以下に回ることになります。また、受け入れ枠があったとしても、入所選考というのは、保育に欠ける状態を点数化しております。これはあきる野市の保育の実施に関する条例施行規則の中で、入所の選考基準表というのがございます。これに保育に欠ける程度が点数化されておりますので、その中で点数が付されます。それで点数がほかの子の方が高いと必ず兄弟一緒の保育園にならない。そういうのがあります。
 また、同時申請というケースがございます。同時に2人兄弟一緒に入れてくださいと。そういったときというのは、入所の選考申込書に、1人だけ入所できる場合でも希望するという形で優先順位をつけるとか、また全員入所できれば別々の保育園でもいいですよと、そういうケースがあります。また、全員同じ保育園に入所できなければ入所できるまで待つというような、御本人に選んでいただいて入所の方法というのを入所の申込書に記入をしていただいていると、そういった形になっております。
 今、そんなような形で入所に当たっている次第であります。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田野倉由男君) 今の説明でほぼわかりましたが、一つにはやっぱりもう少し待機児童が減ってきて、枠があいてくるという状況になればこういうことも可能なのかなというふうにも思いますし、それから、確かに親の立場にしてみれば一つの手間で済むものが二つやることはないですから、言われることはよくわかるんですが、いずれにしましても、この必ずというのがやっぱり無理なんだというその辺の説明は限定的には何かできますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 やはり必ずということになりますと、まず入所選考基準表自体が、点数が低くても上に兄弟がいれば入れるということになってしまいますと、不公平感が必ず出てしまうと思うんですね。保育に欠ける人からやはり入所するというのが一つの基準だと思いますので、そこのところがおかしくなってしまう。そこのところが第一にあると思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(野村正夫君) 今、私も田野倉委員の質問の内容のようなことをお聞きしたかったんですけども、わかりました。この陳情は、この複数の児童を持った親の気持ちとしては、私も数十年前経験がありますので、十分わかり過ぎるほどわかるんですよ。この陳情を採択したいという気持ちで保育の現況や条例やいろんな規則を精査してみたんですけれども、確かにこの主文の中に、「必ず入園できるように」というふうにあるんですね。ここがひっかかったものですから、これをこのまま委員会が採択をして、執行部がこれを尊重して実行するということになりますと、本市の保育条例とかあるいは先ほど説明されました施行規則とか実施に関する条例、特に公平とか平等の見地から定められた入所選考基準、こういったものが、保育に関する条例の施行規則、先ほど申されましたけれども、こういったものをほぼ全面的に改定しないとこの当該陳情の趣旨は実現できないと私は思ったんですね、そういうふうに。
 確かに少子化の時代でありますから、これは日本国憲法の精神に従って、すべての児童の幸せを図るために制定されました12項目の児童憲章、それから児童福祉法に基づいて家庭で適正な保育ができない場合はこれにかわる環境が与えられると、こういうことになっていることは言うまでもありませんが、たしか保育所の数や入所定員、こういうのも枠があるわけでありますね。たしか保育士1人が受け持つ児童の数も、私のうろ覚えですけど、乳児が3人とか、一、二歳児が6人とか、3歳児が20人とか、4歳児以上が30人とか、こういう基準があるはずだと私は思っているんですね。
 したがって、この陳情の趣旨はよく理解できるんですが、必ず入園できるようにということになりますと、これらの条例や規則を全面改正しなければならない。そうなった場合は、一般の入所希望者の方々の公平さに欠けるとか、現行制度に著しい混乱を招いてしまうというふうなことが私もわかりましたので、私は、率直に申し上げて、私の意見としては、結論的にはこの心情はよくわかるんですけれども、保留というふうなことにさせていただけたらいいかなというふうに思うんです。
 一つだけ執行部の方にお聞きしたいのは、こういう条例改正みたいなことをして、こういうふうなことをしている自治体、身近に東京都の26市の中で結構なんですけど、やっているところはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 26市ですけども、必ずといったところはありません。やはりどうしても公平性の観点から保育に欠けるといった部分を優先されるという部分で点数化されていますので、必ず同じ保育園にということをやっておられるところはございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(野村正夫君) わかりました。先ほど御説明にもありましたように、現行規定の中で陳情の趣旨を実現できるように、同じ園に入所なども図られておられるようですし、今後も親御さんの申請について綿密な手配をお願いをすることとして、やはりこの陳情は、心情はよくわかるんですけれども、不採択ではなくて、保留というのが私の意見であります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(奥秋利郎君) 私も孫が保育園に御厄介になっておりまして、そういう関係で親御さんから同様の御意見やらお願いというんでしょうか、何とかならないものだろうかという声を聞くことが多々あります。
 ちょっとお尋ねしますが、先ほどの野村議員がいみじくもおっしゃいましたが、保育士が1人に対して何人の何歳の子どもは何人が預かれるかという基準がありますね。そこは多少のフレキシブルさ。例えば保育士1人だったらゼロ歳児は何人とかありますね。何割までは許されるよとかということはないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 やはり入所のときには部屋の面積であったり保育士の数というのを見させていただいて、それに沿う形で入れないと、もし万が一事故があったときには市役所の責任にもなりかねませんので、その部分というのは見させていただいておりますので、それを上回るような形の入所はしておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(奥秋利郎君) そうすると、もう保育園が認可される時点で部屋の広さで何人というのは、フレキシブルさはないんですね。決まっちゃうわけですね。わかりました。無理でしょうね。理解します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(増崎俊宏君) 私も1点だけ。この陳情の理由の中の下の方に、入園・転園の選考に関しての記述がございまして、諸々の状況を点数化する基準の中に、「兄弟姉妹が同じ保育園に入れるように」という観点の評価が低いというような御指摘があるんですが、こういった、例えば何か基準の中に兄弟姉妹がいる場合に加点をするような、そういったことが検討できないのかどうかというところをちょっとお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 うちの方では、今、基準の中には書かれてはいないんですけれども、選考に当たっては4月の入所の段階では兄弟姉妹はなるべく一緒にするような形での配慮は行っております。そういった部分では、同点の場合での優先という形での扱いをしている。そういったところは各市においても、選考基準表に調整点がついていたり、また、同点の場合には優先をしているというそういったケースはございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(増崎俊宏君) 実際現場でもそういった運用上でやっていらっしゃるということです。私も、本当に子どもを持っていまして、まだ保育園には私の娘は行っていないんですが、気持ちは十分わかるつもりでおりますし、ただ行政もやはり公平性を保つ必要もあるということで、私の意見としては、この陳情については不採択をすべきかなというふうに思っております。ただ、今後もこの兄弟姉妹いらっしゃる家庭に関しては、十分に配慮していただきたいというふうに要望はしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 先ほど兄弟が別々の保育園に入っている件数というのを言ってくださったんですけれども、これはいつも大体把握されている件数だということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 兄弟姉妹別々にというのはなかなか出ないもので、今回こういった陳情が出されたことによりまして調べておりますけれども、多分にこの程度の数ではないかというふうには思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 現状8.8%が別々ということですので、確かにそんなに多くはないでしょうけれども、普段から把握されていないというのはちょっと残念かなというふうに思っております。
 そもそも絶対数としての定員が足りないために起きているということは皆さんの認識と一緒だと思いますけれども、なるべく同じようにしてくださっているということもよくわかりましたが、なるべく同じようにしようと思っているんであれば、常に別々になっているケースというのも把握していてほしいなと思うところです。
 参考までにこの転園願いを出している人というのは待機人数としてカウントされるかどうか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童課長(市川 勤君) お答えします。
 待機児童数にはカウントされません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 定員が不足しているためというのが理由ですから、この転園願いも待機人数としなければまたこの問題の解決も遅れていくばかりじゃないかというふうに思っています。この陳情者の実情、非常によくわかりますし、これは解決すべきことだと思います。非常に負担も大きいと思いますので。定員の問題がありますので、実現が困難かなとは思うんですけれども、私は可能ならば趣旨採択ぐらいにはしてあげたいものだと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) ほかに意見等は。中村委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村雅一君) 私もこの陳情者の気持ちもよくわかりますが、ただ待機児童がある、定員増が望まれるというような現状の中で、このことだけをあえて最優先というか、最も大切な考え方だということにするのはいかがなものかなと。まずは、希望する者が全員が入れることがまずは第一優先にすべきことであって、その上でこのことが十分配慮されるような形というのが私は望ましいんじゃないかなというふうに思います。決してこの陳情者の意思を無視するわけじゃありませんけども、余りここだけに配慮し過ぎというのもいかがなものかなというのが私の意見です。
 陳情扱いについては、私も野村委員の意見と同じです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) ほかに意見等。田野倉委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田野倉由男君) いろいろ御説明をいただいた中で、やっぱり役所の中のルールの変更というのは、これは手続上大変なことだというふうに思うんです。少子化ですから、いずれはだんだんまた子どもが、あきる野市の場合は、ちょっと私も細かい数字わかりませんけど、これから一気に増員ということはないはずですし、今、課長の言われるとおり、もう少しの待機児というか、調整ができれば、できるわけですから、あえてこの陳情を今すぐ採択するんではなくて、様子を見る意味でも保留にさせていただいて、時間が経過する中で少しずつこういう形が。ですから仮に私が陳情者であれば、「保育園になるべく入園できるように」という言葉を使わせてもらえれば、役所の方もあたりがもう少し。必ずとなるとやっぱり大変だよという思いがありますので、私も今回はこの陳情は、不採択にするのは少しかわいそうかなという気がしますので、保留程度にしてよろしいんじゃないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 暫時休憩します。
                             午前10時15分  休憩
          ────────── ◇ ──────────
                             午前10時18分  再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 再開いたします。
 引き続き、意見等をお願いいたします。奥秋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(奥秋利郎君) 陳情者のお気持ちはとてもよくわかる。しかし、大変困難な問題であると思いますので、お気持ちはよくわかるので、これからも考えていただきたいという範囲で私は保留がよろしいかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(増崎俊宏君) 先ほど私も不採択ということで述べさせていただきました。ただ、皆様の御意見も伺いながら、もう少し考えるという時間も必要かなというふうにも思いますので、保留という意見も多いようでございますので、私も保留ということでさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(たばたあずみ君) 皆さん気持ちはよくわかるというふうに言ってくださっていますので、せめて含みを持たせて、全くだめということではなく、また市の方も御努力くださっているので、さらにがんばってほしいという期待も込めまして、保留で私も同意します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 他に意見等はございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) これをもって質疑、意見を終了します。
 これより陳情第24−11号保育園入園に関する陳情の件を採決いたします。
 本陳情を保留することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 御異議なしと認めます。よって、本陳情は保留されました。
 以上をもちまして、本日の付託案件審査は終了いたしました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 次に、日程3、その他の質問事項に入りますが、質問の申し出がありませんので、質問なしと認めます。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(子籠敏人君) 以上をもちまして、福祉文教委員会を閉会といたします。
 本日は大変御苦労さまでした。お疲れさまでした。
                             午前10時21分  閉会
          ────────── ◇ ──────────
あきる野市議会委員会条例第29条の規定により、ここに署名する。

   委員長    子 籠 敏 人