議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 あきる野市

平成24年総務委員会 本文




2012.12.11 : 平成24年総務委員会 本文


                             午前9時28分  開会
◯委員長(堀江武史君) おはようございます。ちょっと時間より早いのですが、皆さん、そろいましたので始めたいと思います。
 朝晩本当に寒いので、体調には皆さん御注意していただきたいと思います。
 ただいまより総務委員会を開会いたします。
 本日は、委員並びに理事者、部課長各位には御多用のところ御出席いただきましてありがとうございます。
 ただいまの出席委員は7人全員であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。
 それでは、はじめに議長より御挨拶をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(町田匡志君) おはようございます。
 真冬の間でもめったにないような第一級の寒波が日本列島を覆っております。大変寒い日が続いております。委員長が今、挨拶の中で申し上げましたように、皆様、お体の方は十分御留意をいただきたいというふうに思います。
 さて、本日より3日間、常任委員会の開催でございます。本日は、その先頭を切って総務の委員会でございます。皆様方には、寒さに負けず活発な御議論、御期待を申し上げます。
 円滑な運営に御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、挨拶といたします。大変御苦労さまでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ありがとうございました。
 続きまして、市長より御挨拶をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(臼井 孝君) おはようございます。
 年末の何かと御多忙の中を御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。また、市の年末におけるいろんな行事等が、もう行われましたし、また、これからも行われる予定もありますので、いろいろ御協力をいただいておりますし、また今後ともよろしくお願いをしたいと思います。
 きょうは、御審議いただく議案は2件でございます。よろしく御審議をいただきますようにお願いを申し上げて、御挨拶といたします。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ありがとうございました。
 お諮りいたします。傍聴の希望がありますのでこれを許可したいと思いますが、御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) 御異議なしと認め、傍聴を許可いたします。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) それでは、ただいまから付託案件審査を行います。
 議案第61号あきる野市防災会議条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。岡野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡野悦史君) おはようございます。
 以前、説明は受けているんですが、確認いたします。
 この5名が増員になりますけれども、その対象予定者を教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域防災課長(山本常雄君) お答えさせていただきます。
 市の災害医療コーディネーターをお一人、あと自衛隊と、残りの3名なんですけれども、歯科医師、学校関係者、助産師会、看護協会の関係者の方、保育関係者、薬剤師等の中から女性を中心として3名の方を選出したいというふうに考えております。これは、いずれも今の災害時の連絡体制ということで、うちの市のところで若干不足している部分の連携を強めたいというところの部分でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ほかに質疑等ございませんか。戸沢委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(戸沢弘征君) 防災会議の規定ですけれども、これは法が「認めた」を「認める」というふうに改めるという問題と、「30人」を「35人」にするということなんですけれども、どういう時に防災会議が開かれているかというのが、市民的にも関心があるし、我々もチェックしなければならない時だと思っております。
 例えば、きょうは大震災の1年9カ月目なんですね。あの時もちょうど議会が我々あって、今の委員長堀江氏ともテレビ見てね、「いや、もう大変だ」なんていう話をしていたんですけれども、じゃあ、そういう時にぴしっと防災会議の招集はかけられていたのかとか、また、安心メール等を見ておりますと、不具合があって通信ができなかったなんていう知らせが入ったりもしてますけれども、じゃあ、防災会議というのはどういう規定で開いているのか。それには市長も参加して、その上でいわゆる医療関係者、コーディネーターという方を入れて、女性中心に3名を入れるのも結構なんですけれども、その防災会議に来るまでの対応ということも考えなければいけないし、その辺はどうなっているのか。
 それから、もう一つは、今、防災計画の見直しを進めているわけなんですが、この立川断層の問題なんかもあるので、そういうことについて一定の報告を年に2回ぐらいは最低、改定じゃなくていいですから、どういうことを半年ごとにやっていたかというような経過報告もぜひやっていただいて、内容を充実させてほしいというふうに思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域防災課長(山本常雄君) お答えさせていただきます。
 まず、1点目の経過なんですけれども、市のところは副市長以下の危機管理体制ということで、いざ災害対策本部を敷く前に、市のいわゆる防災担当部局等で情報把握をいたします。そこの段階で、市の中で災害対策本部を設置していただくような条件が出てきた場合には災害対策本部を設置し、それと防災会議というような形での連携になっていくかと思っておりますが、まずは災害対策本部の方が先に設置がされるような状況になるかと思っております。
 防災会議につきましては、いわゆる市の防災計画という関係の策定ですとか、大規模災害が発生した場合の連携体制というような形になってまいりますので、大規模災害が発生した時には、お願いをさせていただいている委員さんがそれぞれの長という形ですので、それぞれの部署でのいろいろないわゆる連絡を取らせていただくようなところの長という形になってくると思いますので、そこの部分での連絡体制を取らせていただくような状況になるかと思っております。
 それと、回数なんですけれども、今現在のところ、今年度につきましては、東京都の見直し、被害想定の見直しがあったものですから、それを送らせていただいて会議に代えさせていただいております。
 それと、今とりまとめをしております地域防災計画が中間まとめぐらいができた段階で一度開かせていただいて、内容を御説明したいという状況でおります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) よろしいですか。戸沢委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(戸沢弘征君) ここに高圧線があって、東地区の区画整理地区の中なんですけど、ソフトバンクの塔が立っている。私自身もソフトバンクなんですね。もう一つ、auというのかな、それが橋本自動車の屋上につくというような計画が今あるようです。それから、もう一つは、日の出のイオンへ行くところ、途中、あきる野市に入りますけれども、右側に高い塔が立っているんですが、何で、機種で聞こえなくなってしまったのか、その辺がちょっとさっぱりわからないんだけれども、そういうのは、ここには「修復できました」って今、書いて入っていますけど、そういうような時に何が起こるかわからないという心配は市民の中にはあるので、その辺は、どういうふうにやるかは別にして、善処方を要望しておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域防災課長(山本常雄君) 今回の障害についてなんですけれども、ホストのいわゆる機械のところに情報を送り込みまして、そこから各メールが配信されるんですけれども、今回、たまたま地震があったりした関係と、セキュリティーを強化されたということで、そのサーバーに対していろいろな、いわゆる違法な攻撃がかけられるのを防ぐようなことで、セキュリティーを若干強化したらしいんですけれども、それと重なりまして、震災に伴ういろいろな情報発信というようなことと、そのセキュリティーの強化ということで、いわゆるそこのところで受け入れをしないような、遮断をされてしまったような状況が起こってしまったらしいということです。それを改善するということで、できたということで、通常の送信がこれからはできるというような形だそうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ほかに。田中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田中千代子君) 今回5名の中で女性が3名という御説明がありまして、今まで30名の中では、たしか女性が二人、で、新たに女性3名ということで、5名というふうな人数で捉えてよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域防災課長(山本常雄君) お答えさせていただきます。
 3名なんですけれども、これは職種で、なるべく女性をお願いしたいというようなことで考えておりまして、できるだけ3名にはしたいと思うんですけれども、内容によると2名になる可能性もあるかとは思います。(「足して」と発言する者あり)足して4名、最大5名ぐらいを計画したいとは思っているんですけれども、お願いできる方が女性かどうかというのも、ちょっとまだありますので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田中千代子君) では、この会の会長は市長をもってあてるというふうなことで決まっておりますので、市長にお尋ねをいたします。
 やっぱり女性の視点ということを、災害の時にはとても大事であるということを、私はことしの第1回定例会の時に訴えさせていただきましたけれども、積極的な女性の登用をということで。今回、ふえるということなんですが、今後、この女性の視点を生かす方向で、この35名の中で女性を積極的にふやしていくような方向性のお考えはありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(臼井 孝君) 今、課長が答弁したのは、職種でお願いをしているから確たるお答えにはならなかったと思うんですけど、今後、改選になる時に女性を確保できるように最善の努力を傾けていきたいと、また、そのように指示を出していきたいと思っていますので、よろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ほかに質疑等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第61号あきる野市防災会議条例の一部を改正する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) 次に、議案第62号あきる野市暴力団排除条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いいたします。岡野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡野悦史君) お聞きしますが、号ずれなので特にはないんですが、この暴力団排除条例が施行されまして、本市で適用された、対象になったようなことがありますか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域防災課長(山本常雄君) お答えさせていただきます。
 今までのところ、ないということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ほかに質疑等ございませんか。合川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(合川哲夫君) おはようございます。一つだけお聞きしたいと思っているんですけれども。
 関連団体の中で、この間の麻布のスナックで事件を起こした関東連合ですか、母体は暴走族で、これは暴力団とはちょっと違う組織みたいなようなところがあります。いわゆる暴力団の人たちに言わせると、我々も迷惑しているんだというようなお話もあるようですけれども、この辺のいわゆる関東連合みたいなああいう団体は、これに当てはまるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域防災課長(山本常雄君) お答えさせていただきます。
 この条例は、あくまでも暴力団になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) ほかに質疑等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより、議案第62号あきる野市暴力団排除条例の一部を改正する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 以上をもちまして、本日の付託案件審査は終了いたしました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) 次に、3その他に入ります。
 質問の申し出がありませんので、質問なしと認めます。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(堀江武史君) 以上をもちまして総務委員会を閉会といたします。
 本日は大変お疲れさまでした。
                             午前9時44分  閉会
          ────────── ◇ ──────────
 あきる野市議会委員会条例第29条の規定により、ここに署名する。

    委員長   堀 江 武 史