議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 あきる野市

平成24年環境建設委員会 本文




2012.09.12 : 平成24年環境建設委員会 本文


                            午前9時28分  開会
◯委員長(町田匡志君) おはようございます。
 日曜日は、二宮神社の例大祭で大変お疲れの方もいらっしゃるんではないかなというふうに思います。何がお疲れかといったって、やっぱり口と頭が一番疲れるんですけども、それにも増してやっぱり胃袋が一番疲れたんじゃないかなというふうに思います。大変お疲れさまでございました。
 なお、本日10時からJ−ALERTの試験が予定をされております。これは我々環境建設委員会だけなくて、執行部の方たちも大変緊張しておられるのではないかなというふうに思います。この環境建設委員会がその10時に終了できるかどうかわかりませんけども、御協力のほどひとつよろしくお願いをいたします。
 ただいまより環境建設委員会を開会いたします。
 本日は、委員並びに理事者、部課長各位には御多忙のところ御出席をいただき、大変御苦労さまでございます。
 ただいまの出席委員は7人全員であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。
 それでは初めに、議長より御挨拶をお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(澤井敏和君) おはようございます。
 昨日もお話がありましたけど、本当に震災から1年と半年という形でありました。この間の新聞なんかを見ますと、もう地元に戻りたくないというような人が50%を超えていると。それには何かというような質問の中で、ちっとも自分のライフスタイルが決まらないと、それには道路の計画もわからないし、家も構築もできないし、一、二年が長い年月であるなんていうことが新聞に書いてありました。しかし、あきる野市ではまちづくりは着実に進んで、理事者及び幹部の皆様方の御努力で財政も本当に改善をしてきております。これからますますあきる野市のまちづくりが進むことをお願いを申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。きょうはよろしく御審議のほどお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) ありがとうございました。
 続きまして、市長より御挨拶をお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(臼井 孝君) おはようございます。
 いよいよ秋らしくなってまいりまして、これから過ごしやすい季節でありますから、どうか皆様方いろいろと御活躍をいただきたいと思います。
 今、委員長から話がありましたように、あきる野の祭りが今盛大に行われております。三大祭りの一つ、二宮神社のしょうが祭りはもう終わりましたけども、これから増戸の岩走神社、五日市の阿伎留神社と、大きなお祭りが展開されてまいりますので、ぜひ皆さんも盛り上げていただくようにお願いをしたいと思っております。
 今の、もう一つお話がありましたように、J−ALERTが全国一斉に通信されますので、きょう10時からと聞いておりますけれども、何の支障もなく、我々としても傍受できるようにしていければいいなと思っているところでございます。初めての試みでありますから、多少緊張気味でございます。それもよろしくお願いしたいと思います。
 きょう委員会にお願いしてあります議案は下水道の1件のみでございます。あきる野市には余り影響のない議案だということで恐縮ですけれども、きょうは本当にありがとうございます。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) ありがとうございました。
 お諮りをいたします。傍聴の希望がありますので、これを許可したいと思いますが、御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) 御異議なしと認め、傍聴を許可いたします。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) それではただいまから付託案件審査を行います。
 議案第43号あきる野市下水道条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。
 質疑、意見をお願いをいたします。山根委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) それでは何点かお聞きします。
 今回の条例改正は、事業所等から排除される下水の水質規制項目にジオキサンが加えられることに伴う条例改正ということで、説明では該当する事業所はあきる野市にはないというふうな説明がありましたけれども、参考のために3点ほどお聞きします。
 まず、一つ二つ最初に一遍に聞いちゃいます。
 そもそも私もインターネットで引いてみましたけれども、このジオキサンとはどのようなものか。また今回このジオキサンが水質規制項目に加えられることになった背景とか経過、その辺のところおわかりになりましたら教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道課長(本郷朝次君) お答えいたします。
 まず最初の質問ですが、ジオキサンの物質でございますが、常圧常温におきまして、特徴的な臭気のある無色透明の液体でございます。抽出、精製、反応溶剤として広く用いられている有機化合物でございます。平成24年3月の中央環境審議会の報告によりますと、人への健康影響としては、目、鼻、咽頭に刺激が見られ、さらに急性中毒として脳、肝臓、腎臓の障害が見られているそうです。また、国際がん研究機関では、人に対して発がん性を示す可能性がある物質に分類がされております。
 それから、ジオキサンが規制されるようになった要因と経緯ですね。平成21年11月に水質基準を定める環境基本法の「人の健康の保護に関する環境基準」が改正されまして、1,4−ジオキサンが新たに追加され、水質環境基準が設定されましたが、環境基準以上の濃度が各地で検出された実績があることや、ジオキサンの製造や輸入量が近年増加傾向にあることから、有害物質として排出規制を導入することになったものでございます。
 経緯といたしましては、平成24年3月の中央環境審議会による水質汚濁防止法に基づく排出水の排出の規制に係る項目追加等についての答申を受けまして、人の健康にかかる被害を生じる恐れがある物質に1,4−ジオキサン等を追加するため、平成24年5月、水質汚濁防止法に基づく排出基準を定める省令が改正されました。この改正にあわせまして、下水道法施行令が平成24年5月25日に施行され、1,4−ジオキサンが追加されるとともに、水質基準が1リットルにつき0.5ミリグラム以下とされましたので、条例の一部を改正するものでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) わかりました。私もジオキサンというのをインターネットで引いてみましたけれども、なかなかわかりづらい無色透明の液体の有機化合物であるというふうなことが出ていましたけれども、発がん性のある物質だということでちょっと怖いなということで、新たに加えられたことはよかったかなというふうに思います。
 そこでですね、この数値の方なんですけれども、1リットルにつき0.5ミリグラム以下というふうな基準が設けられましたけれども、この数字で大丈夫というふうな根拠というのは何らかの会合の中で示されたんでしょうか。どういうことですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道課長(本郷朝次君) お答えをいたします。
 私どももこういう水質の専門でありませんので、はっきりしたことは言えませんけども、平成24年3月の中央環境審議会の水環境部会におきまして、有害物質にかかる排出基準はこれまで環境基準の10倍、いわゆる飲む方でなくて排出する方については10倍に設定されてきておるわけですね。そのため1,4−ジオキサンの水質基準についても従来の考え方を踏襲しまして、環境基準1リットルにつき0.05ミリグラムの10倍の1リットルにつき0.5ミリグラムとすることが適当であるというような報告を受けております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山根トミ江君) よくわかりました。平成24年3月の中央環境審議会の中でそういう数字を設定されたということです。下水道の水質規制物質を新たに加えるということですので、よろしいと思いますので、賛成をいたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) ほかに質疑等ございませんか。
             (「なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) これをもって質疑、意見を終了いたします。
 これより議案第43号あきる野市下水道条例の一部を改正する条例の件を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。
            (「異議なし」と発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 以上をもちまして、本日の付託案件審査は終了いたしました。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) 次に3、その他の質問事項に入りますが、質問の申し出がございませんので、質問なしと認めます。
          ────────── ◇ ──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(町田匡志君) 以上をもちまして、環境建設委員会を閉会といたします。本日は大変御苦労さまでした。
                            午前9時38分  閉会
          ────────── ◇ ──────────
  あきる野市議会委員会条例第29条の規定により、ここに署名する。

    委員長    町 田 匡 志