議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年第2回厚生委員会 本文




2016.06.17 : 平成28年第2回厚生委員会 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(大塚あかね) おはようございます。定刻になりましたので、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は6名です。定足数に達しておりますので、これより平成28年第2回厚生委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。
 日程第1、28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 質疑を許します。質疑ございませんか。冨松副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(冨松 崇) お伺いいたします。
 市内の公共施設での喫煙場所というか、分煙の状況はどうなっているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 答弁をお願いしたいのですけれど。桜沢教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(桜沢 修) 公共施設ということですので、まず初めに、学校施設と、それから、社会教育的な関係の施設の状況ですけれども、学校については、敷地内全面禁煙というのを原則としております。その中で、教員の喫煙につきましても、いろいろと、今度、受動喫煙だけじゃなくて、敷地外ということで、道路での教員の喫煙というのも、やはりこれは、子どもや周辺の方々との関係もありますので、各学校の中で工夫をして対応をしているところです。
 それから、皆さんご存知だと思いますけれども、スポーツセンターについては、外の場所にベンチを置いて喫煙所というふうな形で実施しておりますし、ゆとろぎについても、喫煙場所を1カ所設けさせていただいて、その形はとっております。あそこの場所が適切かどうか、また、いろいろと不特定多数の方が近くを通りますので、また受動喫煙についても、場所的なところについては、検討はしていきたいなというふうには思っておりますけれども、現状としては、そういうことでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(粕谷昇司) 庁舎のほうにつきましては、ご存じだと思いますけれども、分煙というような形で、職員については地下に設置してある喫煙場所、あるいは、来庁者等については、正面玄関入口横に、外でございますけれども、そういうような形ですけれども、設置してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 冨松副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(冨松 崇) ということは、公共施設の中というのは、全面禁煙になっているということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(粕谷昇司) 圧倒的にはそういう形で、施設内については全面禁煙というような形で、先ほど言いましたように、分煙の対応をしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑ありませんか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) すみません、この陳情書の中の中段部分なんですけれども、この「たばこのないオリンピックをめざす合意文書」に係るあたりですが、一応、「禁煙の国や都市で開催されることが慣例となっています」ということなので、日本は、東京のオリンピックに向けて、この慣例を多分受け入れているんだろうと思いますけれども、そのあたりの過去のオリンピックから東京までに至るそれぞれの国の法整備はどうなっていたのか。
 そしてまた、日本は今どういうふうに、どこまで来ているのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 企画総務部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部参事(竹田佳弘) それでは、オリンピック関係の受動喫煙防止対策の関係でございますけれども、まず、日本の今の状況と言いますか、5月24日の閣議後に、オリンピック・パラリンピックの担当大臣の遠藤大臣が、質疑応答を受けている記録がございまして、五輪に向けた受動喫煙対策の進捗状況を記者会見の中で聞かれて、その回答が、まず、2020年東京大会における受動喫煙防止対策を推進することは重要だということで、この「2020年東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会の準備及び運営に関する施策の推進を図るための基本方針」というのを平成27年11月に閣議決定されておりまして、その中では、受動喫煙防止対策の強化をするということが明記されています。
 厚生労働省をはじめ関係省庁等で構成された「受動喫煙防止対策強化検討チーム」という会議体を設置して、いろいろ検討するということにしているようで、できるだけ早い段階で法改正に取り組んでいきたいという発言をされています。これが今の日本の状況と言うんですか、そういう事実関係がありまして、それで受動喫煙防止対策強化検討チームというのが今年の1月に設置されて、1月25日にその会議が開かれているんですが、その中の資料で、まず1つは、世界保健機関と国際オリンピック委員会は、身体活動を含む健康的な生活習慣を選択すること、すべての人々のためのスポーツ、そして、たばこのないオリンピック及び子どもの肥満を予防することを共同で推進することについて合意したという資料があります。これは、2010年7月21日です。
 それで、その資料に関連してというか、付随する資料として、2008年以降のオリンピックの開催地及び予定地の受動喫煙防止対策という資料がありまして、そこでは、2008年の中国の北京オリンピックから今度の韓国ですね、2018年の冬季のオリンピック・パラリンピックの関係ですけれども、そちらの、先ほど門間委員からご質問のあった法規制の状況が記載されておりまして、これによると、ちょっと一部を除きますけれども、公共性の高い施設だとか公共交通機関、また、飲食店等については、それぞれ法律であったり、条例であったり、州の法律であったり、そういったことで屋内完全禁煙の義務、それから、罰則ありということの、一部除かれますけれども、状況にはなっていて、ここ近年では、そういった受動喫煙防止対策を措置をしてオリンピックやパラリンピックが開催されているという状況にはなっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 国のほうは、わかりました。
 東京都のほうは、どうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 企画総務部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部参事(竹田佳弘) 東京都のほうは、平成27年5月29日に「東京都受動喫煙防止対策検討会における議論のまとめ」というのが出ています。やはり、受動喫煙防止対策を検討されておりまして、その中で、東京都への提言というのがあります。
 この会議の中では、委員さんからの意見が、飲食店等の屋内施設への全面禁煙の導入や条例の制定の必要性が委員の中から述べられたと。ですが、全体として意見の一致は得られなかったということで、多くの団体から喫煙者と非喫煙者の共存できる対策の推進を求める声が、関係団体のヒヤリングの中では出てきた、ということの前文があって、提言が4つほどあります。
 1つは、先ほどお話があった、2010年のWHOとIOCの間で、たばこのないオリンピックを共同で推進することで合意されていると。東京都は、開催都市として受動喫煙防止のための明確なビジョンと対策を示し、取組みの行程表を提示することというのが1つあります。
 それから、2つ目として、受動喫煙防止対策は、国家として進めるべき課題であり、規制についても全国統一にすることが望ましいことから、国に対しては、全国統一的な法律での規制を働きかけることが2つ目で、3つ目は、今、ガイドラインというのがあるんですけれども、それの一層強化というのと、分煙や禁煙等の表示の徹底をはじめとした受動喫煙防止対策を、より一層推進することということが3つ目と、4つ目に、事業者においては、従業員対策を行っている事例を幅広く収集し、事業が実効性のある対策が取れるよう、普及啓発をはじめとしたさまざまな支援を行うことという4つの提言をされております。
 それ以降の動きというのは、まだ、私どものほうでは把握できておりませんけれども、この文書によると、なかなかまだ難しい状況なのかなということが伺えるところです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) そうしますと、国も都もそれなりに考えてはいるけれども、まだ、強制的にやるというところまでは踏み込んでいないと。まだ、検討中という考え方でいいのでしょうか。実施の方向に向けて協議中ということなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 企画総務部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部参事(竹田佳弘) 先ほど申し上げましたけれども、オリンピック・パラリンピックの関係の基本方針の中には、受動喫煙防止対策を強化するというのがはっきり明記されておりますので、何らかの形で検討したり、東京都も含めてしたりということはあると思いますけれども、まだ、その結論が出ているというふうには聞いておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) もう1点、ちょっとお尋ねしたいのは、下段のほうにありますアンケートみたいなところで、「東京都では都民の61.1パーセントが『罰則付きの規制』を求めている」ということで、私も、この団体に連絡を取って、どのデータなのかということをお聞きしようと思ったんですけれども、いまだにちょっと連絡が取れていません。市のほうで、このデータの裏づけを何かお持ちでしたら、ちょっとお伝えいただきたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(粕谷昇司) 今、委員よりご指摘ございました、この東京都民の61.1パーセントが罰則付きの規制云々と、この調査のことでございますけれども、これにつきましては、平成27年5月28日に、国立研究開発法人国立がん研究センター、それから、がん対策情報センター、たばこ政策研究部が行った調査として、「東京オリンピックのたばこ対策について都民アンケート」というものを行い、その調査報告の中に記載されているものでございます。
 調査結果として、禁煙化の取組みについてというところで、東京オリンピックに向けて罰則付きの規制、法律や条例を求める意見が過半数となっているという形で、そちらにその調査表の中には図表がございまして、その中に、通常習慣的にたばこを吸っていない方のご意見として、サンプル1,451件、全体が2,375件ですが、その中で61.1パーセントに当たる部分の方が罰則付きの規制を設けてもいいのではないかいうような形での調査結果が出ております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) この受動喫煙防止条例をいち早く進めた神奈川県の条例のところで、当時、松沢知事でしたか、このスモークフリーキャラバンの顧問もしていらっしゃるようですけれども、この神奈川県でちょっと聞いてみましたその条例の施行状況なんですが、神奈川県の場合でも、第1種、第2種といろいろ分かれていて、公共施設は全面禁煙で、第2種、飲食店とか宿泊施設なんかについては、禁煙か分煙を選択できるというような話になっているんですけれども、その罰則について、いまだ実施したことはないんだそうです。
 東京都の中で、この受動喫煙防止条例を制定していて、罰則付き防止条例を制定していて、実質動いているというところがもしあるなら、ちょっとお知らせいただきたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(粕谷昇司) 23区の情報はつかめなかったんですが、26市の受動喫煙防止に関する件につきましては、確認がとれましたので、お答えさせていただきたいと思います。
 先だって、この陳情が出されたことによりまして、府中市のほうでこの陳情に関する調査をしていただきまして、そのとりまとめをした中で、26市の中では、現在、そうした受動喫煙防止の条例というのを制定しているところは、どこもございません。
 また、今後の予定としてお聞きしたところ、現状としては、予定はないと。
 また、その予定のない理由といたしましては、今陳情にかかわる条例につきましては、やはり国や都、あるいは他市の状況を踏まえて検討をしたいというようなことでございました。
 基本的に、条例の制定は、都内ではないものと思います。
 また、これはお隣の青梅市のほうで、昨年12月の定例議会におきまして、一般質問におきまして「受動喫煙防止対策について」という質問をされた議員の方がいらっしゃいます。その中で、市長の答弁とし、市の独自の条例の制定については、考えていないというようなお答えがされてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) はい、わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑ありませんか。印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) 1点お伺いさせていただきます。
 先ほど、冨松委員のほうから、公共施設のほうでは屋内の禁煙ということで、羽村市もう既に取り組んでいるということだったんですが、実際にそうなると、この陳情書、対象になってくるのが家庭や職場での屋内の禁煙をどうするか、羽村市内で考えていくということになると思うんですけれども、実際に羽村市のほうに、この受動喫煙による健康被害の相談というのが何件かあったのかどうかをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 健康課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康課長(野村由紀子) 受動喫煙の健康被害に関しましては、特に受動喫煙によるものではないかというような相談は、1件もございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) わかりました。
 あと、もう1点なんですけれども、昨年の平成27年6月1日に、職場の受動喫煙防止対策事業者の努力義務というのがありました。労働安全衛生法が改正されているんですけれども、その中で、いろんな屋内の喫煙、そういう分煙の設置の費用、助成のメニューが厚生労働省や都道府県、労働局、あと労働基準監督署ですね、メニューにあるんですけれども、この辺の羽村市の産業振興課にこういったものの問い合わせとか、事業者の方からは何か来ていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中島静樹) 今の委員のご質問ですが、特段、市内事業者からはそのような問い合わせは来ておりません。
 また、東京都の産業労働局のほうで、そういう補助金等の、飲食店等が自分のところで、そういう喫煙、分煙の施設を設けるための補助金の制度はございますが、東京都で出しているもので、条件的に外国人旅行者等の受け入れに向けた宿泊施設だったり飲食店施設のという、条件がちょっと特定をされているという部分がございますので、そういった部分で補助金等はございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかにありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。冨松副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(冨松 崇) 28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」について、趣旨採択とすべき立場からの意見開陳を行います。
 本陳情は、2020年オリンピック・パラリンピックを控える東京都下54自治体へ、受動喫煙の被害から守るために、飲食店を含む屋内施設を全面禁煙とする受動喫煙防止条例の制定を求めているものだと思います。
 現在、羽村市の公共施設は、すべて屋内全面禁煙となっており、また、生活環境の保全及び向上と、健康で安心して生活することができる地域社会の実現のため、路上喫煙を規制する条例も制定していますが、陳情者が求めている飲食店など市内の事業者を含む規制は、喫煙者、非喫煙者とも利用することから、そぐわないものと考えます。
 受動喫煙防止対策は、たばこを吸わない方々の健康に影響を及ぼすことから、分煙や喫煙者のマナー意識の啓発は、これからも引き続き推進していく必要があると思います。
 また、受動喫煙の害という健康問題は、オリンピック・パラリンピックが開催される東京のみの特殊事情ではなく、全国的な問題であり、地方自治体が条例を制定するのではなく、政府として進めるべき課題であると考えます。
 よって、本陳情は趣旨採択とすべき立場からの意見開陳といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかにありませんか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」を継続審査とすべきとの立場で意見を述べます。
 たばこの喫煙というのは、健康の面から言えば、もう吸わないのが一番。百害あって一利なしというふうに思っています。しかし、一気に自治体の中で禁止しても、移動の自由もありますので、なかなか難しいと思います。羽村市の場合には、美しいまちづくり条例とか、ポイ捨て禁止条例でさまざまな努力をしてきているわけですけれども、より一層の健康の面から言えば、受動喫煙防止をもっと徹底していく必要はあるというふうには思います。
 しかし、産業の分野から言えば、全面的に店舗の禁煙ということは、なかなか難しいことでもありますし、陳情者が言っているこのデータの出所とか、趣旨について、まだ十分に確認されていないことでもありますし、なおかつ、オリンピックに向けてということであれば、時間的猶予もありますので、もう少し継続して審査していくほうが良いのかなというふうに思い、継続審査とします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに意見ありませんか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」に対する意見を述べさせてもらいます。
 結論的に言うと、継続審査ということなんですけれども、最初、採択に向けての意見を申し上げようと思ったんですけれども。たばこの健康被害については、もう、この陳情書に書いてあるとおり、医科学的にも立証されていて、やっぱりそれぞれ社会的に努力されているところだと思うんですね。
 先ほど、それぞれのこれまでのオリンピックの会場についても、努力してきたということがずっと確認されています。あと、このオリンピックに限らず、この禁煙のことについては、社会全体、市民の健康を守るという点では、やっぱりこれから求められることかなというふうに思うんですね。
 この陳情書でも、一番最後に、「貴羽村市の住民の健康を守るためにも、地域の特性に応じた受動喫煙防止条例の早期制定を求めるものです」と言って、それぞれの地域の事情に即したものをというふうに言っておりますので、それは、それぞれの自治体でケース・バイ・ケースでやれることだと思うんですけれども、全体的に国と都がオリンピック・パラリンピックに向けて規制をするという方向性で今動いているように、私は感じましたので、期間もあることですし、継続審査とさせていただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかにご意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」の件を挙手により採決いたします。
 本件を継続審査とすることに賛成の方の挙手を求めます。
     (賛成者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 挙手少数であります。よって、本件は趣旨採択と決定いたしました。
 次に、日程第2、「厚生委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 お諮りします。委員長から議長に対し、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の「特定事件継続調査事項表」のとおり、閉会中の継続調査の申し出をしたいと思います。これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、日程第3、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 以上で、本日の厚生委員会に付議されました案件はすべて終了しました。
 本委員会の審査報告書並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、平成28年第2回厚生委員会を閉会いたします。皆様、大変お疲れさまでございました。
                                    午前10時28分 閉会