議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年度一般会計等予算審査特別委員会(第1号) 本文




2016.06.16 : 平成28年度一般会計等予算審査特別委員会(第1号) 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(瀧島愛夫) では、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は17名です。定足数に達しておりますので、これより一般会計等予算審査特別委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。
 これより、日程第1、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 2点ございます。
 その1点は、議案書の(その2)の18ページと19ページなんですけれど、民生費・児童福祉費・児童育成費で、児童扶養手当の支給に要する経費というので、児童扶養手当管理システム業務委託料として259万2,000円の補正予算が提案されています。制度改正に伴うシステムの改修委託とのことですが、制度がどう変わったのか、内容について教えていただきたいと思います。
 2番目が、同じ資料の25、26ページなんですけれど、商工費・商工費の商工振興費、産業福祉センターの維持管理に要する経費の産業福祉センター屋上防水工事で、771万5,000円の補正予算が提案されております。770万円の防水工事というのは、ちょっと本格的な工事のような気がいたしますが、この金額の取扱いというのは、見積りか何かをとって決定されたのでしょうか。
 以上2点、質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 1点目の児童扶養手当管理システム業務委託料についてですけれども、こちらの制度改正はどのような内容かということでございます。
 こちらにつきましては、児童扶養手当の制度改正ということで、こちらは国の子どもの貧困対策の一環として実施をされるもので、ひとり親世帯の経済的な負担軽減のための制度改正となってございます。具体的には、児童扶養手当の第2子と、あと、第3子以降の加算額、こちらの変更となってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 産業福祉センターの防水改修の関係の回答でございますが、本工事における見積り等につきましては、建築課のほうで積算等を行いまして、内部の設計によって工事費のほうを算出している事業でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) まず、それぞれについて質問させていただきます。
 この貧困対策で加算額の変更ということでわかりました。この制度の変更はいつから実施されるのでしょうか。また、この変更は当初予算に盛り込むことはできなかったのでしょうか。それを質問いたします。
 それから、産業福祉センターの関係なんですけれど、公共施設管理計画というのが、つい最近、3月に策定されていますけれど、その中でこの産業福祉センターというのは、耐震診断を実施した結果、耐震性が確保されていない場合には耐震改修と更新の両面から検討しますという形になっています。
 耐震改修の場合は屋上防水なども一緒にやられたほうが合理的かなという気はするんですけれど、特に問題なのは更新の場合で、要するに取り壊すということですので、この改修費用が全くの無駄と、そこまでは言わないにしても、かなり問題のある改修じゃないかなという気がするんですけれど、いかがでしょうか。以上2点、質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) まず、制度改正、こちらはいつからかということでございます。こちらにつきましては、児童扶養手当は年3回の支給になってございます。8月分からということで、実際の支給は8・9・10・11月の4月分を12月に支給するものでございます。
 それと2点目の、こちら、当初予算に盛り込むことができなかったのかということでございますが、制度改正が、当初予算の編成時におきましては、まだ詳細が明らかになってございませんでした。システムの改修の内容も当初予算には間に合わなかったということで、一番直近のこの6月の定例会で盛り込ませていただいたものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 産業福祉センターにつきましては、平成12年度に羽村市が無償譲渡で東京都から移管を受けた施設でございます。移管時には、外壁、それから内部改修等を実施してきました。
 その後、長年にわたって企業等の研修ですとか、ダンスホールとしての利用等、いろいろ利用されてきております。
 その間、部分的な維持補修等は対応してきましたけれども、今年の3月頃ですか、屋上の防水が立ち上がり部分から大きく裂けてしまった関係で、緊急修繕を部分的に対応したところがございます。
 しかしながら、既存防水シートの劣化が著しく、緊急修繕を行った場所以外でもシートの膨れ等が生じておりまして、伸縮により裂ける可能性が高いことから、緊急に屋上全体の防水の改修を実施して、施設の延命化を図っていくものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 建築課長。耐震工事と併用したほうがいいのではないかというご質問があったと思いますが。建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 耐震工事と一緒にやったほうがいいんじゃないかという部分でございますが、現在、部分的に雨漏りがしているところがございますので、早急にそちらのほうを改修しまして、利用者に対しての提供に努めてまいりたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 耐震診断の予定でございますが、現在のところ、今後、重要度、それから防災的な拠点等を考慮しまして順次やっていく関係から、現在のところ、いつやるという部分では決めておりませんが、今後そういう部分では調整しながら実施していきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市建設部長(細谷文雄) ただいま、耐震改修と同時にやれば合理的ではないかというお話がございましたが、今回は緊急的にやらなければならないということでございまして、そのあとに耐震改修はぜひ進めていくということになりますので、一緒にできないという状況がございますが、随時、耐震は進めていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) わかりました。結構です。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかにありますか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 先ほどのシステム改修、国の制度改正によるシステム改修の件なんですけれども、これ、国の制度改正であるならば、ある程度、国の補助とかそういうことも必要になってくるんじゃないかと思うんですけれども、そういうふうな手続はしたかどうかということと、それから他市は、これによってシステム改修というのは行っているのかどうかということをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) こちら、制度改正に伴うものなんですが、国からの補助等は示されておりません。国では、まだはっきり通知があったわけではないんですが、普通交付税で措置をするというよう形でお知らせのほうはいただいております。
 それと、他市の状況でございますが、近隣、青梅市、あきる野市、福生市の状況は確認してございまして、こちらは3市ともいずれも改修を行うということで承知をしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 普通交付税ということになると、うちの場合はどういうふうになるかという問題もあるんですけれども、それはちゃんと後で手当がつくと考えているということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 普通交付税措置ということは、普通交付税算定にあたっての基準財政需要額に盛り込まれてくるということになろうかと思います。普通交付税の算定につきましては、需要額と基準財政収入額との差し引きですから、28年度はまだ、羽村の算定状況はこれから決定するので今は未定ですけれども、仮に収入のほうが多いということになれば、また不交付になりますので、そうしますと普通交付税では入ってこないという形になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに質疑ありますか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 28、29ページの教育なんですけれども、さまざま新しく学校を指定しまして、追加で事業をやられるということなんですけれども、それぞれ、人に対する予算の措置、また消耗品等のことがありまして、詳しい内訳ですね、例えば人であれば何人が、何時間、また消耗品はどういう内容なのか等を、ちょっとまとめてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 教育費の委託金の関係のご質問でございます。まず、29ページの上からいきますと、スーパーアクティブ事業の指導者の謝礼でございます。スーパーアクティブ事業は都内の中学生の体力を向上させるということが東京都の課題であるということで、羽村市は東京都においては体力のレベルは高いレベルにあるんですけれども、体育の授業や部活動において体力向上に係る緊急開発。人数だけでいいですか。
 講師のほうは、1人で150時間がアクティブスクールとなっております。あと、道徳のほうの講師につきましては、大学教授クラスの方の講演の経費になっております。それと、国際理解教育に関することでございますけれども、英語教育外国人講師報奨金ですけれども、これが482時間増額になります。それと、英語教育外国人講師コーディネーターは、400時間を、2名でございます。あと、アドバイザーでございますけれども、1,250時間になっております。ALT、外国人講師につきましては10名、コーディネーターについては2名、アドバイザーについても2名を予定しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 消耗品の内訳を。学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) それでは消耗品ですけれども、まずオリンピック・パラリンピックの重点校の消耗品でございますけれども、これは運動用具の消耗品の経費でございます。あと、道徳の消耗品でございますが、これは道徳教育を推進していく上でのパンフレットと、成果物として使う消耗品でございます。最後の23万円の消耗品につきましても、成果物をまとめるための消耗品でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。人のほうなんですけれども、道徳教育の講師は大学教授クラスの人が、さっき講演とおっしゃったのかしら、そこはわかったんですけれど、ほかはどういう人が、誰に頼むのか。既に学校に配置済みの方の時間延長ということなのか、あるいはまた別の方を、どういう方を含めて来てもらうということになっているのか。ちょっとそこらまで、もうちょっと詳しくお教えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 国際理解教育に関する経費のうちの報奨金につきましては、既に学校でご協力いただいている方の経費ということでございます。以上です。
 失礼しました。追加で。スーパーアクティブの指導者の謝礼につきましても、外部指導員をやっていらっしゃる方ということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 英語教育に関してなんですが、カリキュラムの中の時数がこれで増えるんですか。それとも、今まで日本人の教員ではやりきれなかったところをやるということでやるんですか。カリキュラムを追加するんですか、授業時数が増えるんですか。
 それから、アドバイザー活用事業指導者報奨金。アドバイザー活用事業というのは、具体的なイメージがわからない。学校現場でどんなことをやっているのかよく見えないんですけれども、そのあたりをお願いします。
 外国人講師は今やっている人がやるんだという話なんですが、コーディネーターとか指導者というのは新しいメンバーなのか、今の人にもっと働いてってやるのか、そこのところをもう一度明確にお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 時間数ですけれども、増加という形になっております。
 あと、アドバイザーの役割でございますけれども、英語コーディネーターの研修や育成、あと、指導案作成に関する助言、教材開発の準備等、事業に関する助言を行っていくものでございます。
 それとあと、新しい方をということでございますけれども、今までやっていた方を時間を増やすという形でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 学校教育課長。カリキュラムは追加するのか。要は子どものために使えるのか、使えないのかということを。学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) ALTにつきましては、例えば今まで1時間の授業の中に、ALT、外国人の英語をしゃべれる方ですけれども、例えば1人付けていたところ、そうすると30人に対して1人の形でやっていたんですけれども、それを小クラス等に分けることによって、複数のALTを配置することによって、子どもたちが外国人の英語をしゃべる方と関わる時間が増えるということで、非常に効果が高いというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 関連なんですけど、今の水野委員がおっしゃっていた授業時割にも関わるんですけれども、従来の授業時間の中に組み込んでいくのか、どこかでちょっと時間がプラスになるのかということと、これは東京都からの委託金として入ってきているわけですが、オリンピック・パラリンピックなどの重点校というふうな形になっていますけど、東京都がこういうところを選んで「お願いしますね」というふうに言ってきたのか、あるいは、「こういうような事業予算があるので、皆さんのほうから手を挙げてくださいね」というふうに言ってきたことなのかどうか。まず、オリパラについてはそれです。
 そのあとの、スーパーアクティブとか、道徳とか、英語とかというのは、これ、全国的な広がりを持った事業なのか、あるいは東京都に特化しているのか、今後子どもたちの英語教育が増えてくるというようなお話もありましたので、そこにつながっていくものなのか、単年度で終わるのか、あるいは3年ぐらいで終わるのか、そのあたりの時間的なものについても説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 門間委員のご質問の、まず1番目の英語のところなんですけれども、こちらは、今、改定作業が行われております国の学習指導要領のところと関連が大きくございます。
 平成32年には、今、小学校5・6年生は外国語活動という形で行われているものが、教科化されます。いわゆる英語になります。これが5・6年生で、今、週1時間なんですけれども、こちらが週2時間になるというような予定でございます。
 また、今、3・4年生では行われていない外国語活動が新たに追加される。こちらが週1時間になります。年間35時間というふうに考えていきますので、3・4年生については外国語活動が35時間増、そして5・6年生の英語につきましては、週2時間ということなので、70時間増になります。こちらを平成32年までにこういった形を整えていくということが、これからやっていかなければならないことになります。
 羽村市におきましては、小学校1年生から、外国語活動というか英語教育に取り組んでおりますので、今現在でも1年生から時間数のほうは、1・2年生が10時間、3・4年生が15時間というような形で取組みを進めております。こちらをこれから徐々に増やしていくという段階に今、来ております。
 東京都におきましては、平成30年度、あと2年間で先行実施を施行していってほしいというようなことがございます。羽村市ではこういったところにいち早く取り組んで進めていきたいということがございますので、積極的に手のほうを挙げまして、こちらの準備をしていくということで考えております。
 この中で、当然、授業時数も増やしていかなければなりませんので、少しずつ増やしていかないと、学校の負担というのがございますので、そのあたりのところでのALTの時間増であったり、また独自に、3・4年生等は教科書等があるわけではありませんので、同じような内容でやっていくカリキュラムを作っていかなければならないということがございます。こういったところをアドバイザーの方等のご意見等もいただきながら、カリキュラムを作るというようなところでございます。
 それから2点目でございますけれども、オリンピック・パラリンピックとか、重点校とか、こういったところでございますけれども、やはり今の教育課題ということがありますので、いろんな事業につきましては積極的にこちらのほうから、それを活用して先手を打っていくというような考え方で取り組んでいるところでございます。
 3点目の、全国的に例えばスーパーアクティブとかというのがございますけれども、やはりオリンピック・パラリンピック等も開催されるということ、また全国的に見ても東京都の体力の状況が低いというようなことがございますので、それを全都を挙げて取り組んでいこうというようなことで、こういった都のスーパーアクティブスクールとの取組みがなされているということでございます。
 なお、英語に関しては2年間、そしてスーパーアクティブについては3年間、道徳については2年間の予定でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) わかりました。そうすると、この英語とかについては、新たな学習指導要領に向けての準備期間というような形の捉え方でいったほうが、むしろいいかなということなんですね。それはわかりました。
 オリンピック・パラリンピックなんですけれども、市内小学校が重点校として指定を受けたことに伴う増ということで、羽村東小というふうに、これ、概要説明書のほうにはあるわけですが、今のお話ですと、全校に向けての指導という形になるのかどうか、それはどういう、重点校として羽村東小になったんだけれどもほかはどうなのか、ここで何をポイントにするのかをちょっとお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) オリンピック・パラリンピック教育ですけれども、こちらは市内の小中学校10校すべてが推進校という形になっております。こちらは、取組みのほうはすべて同じ形、各学校でもさまざまな取組みの中心があるわけですけれども、この中では、オリンピック・パラリンピック教育に関わりますボランティアマインドであったり、それから障害者理解であったり、それからさまざまなスポーツに取り組んでいくスポーツ志向であったり、日本人としての自覚や誇り、それから豊かな国際感覚といったようなものを、オリンピック・パラリンピック教育の中で学んでいくというようなことでございます。
 そして、羽村東小学校の重点校でございますが、この中で特にどこの分野を強く取り組んでいくかというようなところで、羽村東小学校につきましては、スポーツ志向の部分を重点として取り組んでいくというようなことでございます。
 例えば、市内の企業にありますラグビー部による、タグラグビーの教室等を実施したり、それから、トップアスリートの方を呼んで子どもたちと一緒に活動するとか、体を動かすことにつながるようなところを重点的に取り組むというようなことでございます。
 こういったものを、また市内の小中学校のほうにも発信をして、こんな取組みができるというようなところを率先して行っていくということで計画のほうは出ております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 今回のこの交付金とか支出金は東京都支出金として出てきているわけですけれども、学習指導要領の改訂というのは全国的な問題ですから、そこに至るまでの期間の準備という形でいくと、文部科学省のほうからの交付金であれば全国展開になるわけですが、今回は都の支出金ということなので、この事業予算については東京都に限定されたものなのか、オリンピックなどについても全国的にやっていくものなのか、都支出金、これは国費から流れているのか、東京都単独なのか、そこだけちょっとお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) オリンピック・パラリンピックの支出金ですけれども、東京都の予算となっております。補助金としては東京都の単独の予算となっております。全国的にというのはちょっと情報は…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 単独事業なのかどうかということを。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 単独です。東京都の委託金ですので、100パーセント東京都のお金ということです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに。水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) スーパーアクティブに絡んで、いわゆる体育に非常に力が入れられているんですが、都内の中学校で保健をやらなかったというような話があるんですが、そのあたりについて羽村市は大丈夫ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 市内中学校3校、すべて大丈夫でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに質疑ございますか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 28ページ、29ページです。教育関係で、今、スーパーアクティブというのが前に出ましたが、その下の道徳教育推進拠点校事業講師謝礼というのと、その下の、その消耗品に関してですけれども、道徳教育推進拠点校というのはどのように決定されるのか教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) こちらは、手挙げ方式というか、こういうところにやっていくところはないかというようなところでありましたので、こちらのほう、市内では小学校では松林小学校、中学校では羽村第二中学校のほうが、立候補するような形でこちらのほうを受けております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 私が現役の時ですけれども、いろいろな学校で研究指定校とか、いろいろとそれを取り組む際に、校長が学校の職員の意向をあまり、ほとんど聞かずに「はい」って教育委員会にやる場合がすごく多くて、各学校の課題は今それではないだろうって、こんなのじゃ、今、力が出ないよ、そういうことをやるのは力が出ないよという場合が多々あったんですね。
 学校長が代表して言うんでしょうけれども、そういう時に、職員、教員の合意がちゃんととれているのかどうか、その辺お聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず道徳でございますけれども、ご存じのとおり、平成27年の3月に学校教育法の施行規則の一部改正によりまして、「特別の教科 道徳」というふうになりました。
 こちらは、小学校におきましては平成30年度から、中学校におきましては平成31年度から全面実施という形になります。こちらのほうも、やはりいろいろな今までの課題、取組み、もっとこういうふうにしたら良くなるんではないかというようなところがありますので、こういった形での改正というのがございます。それに、やはり対応し準備をしていく必要がございます。
 学校のそれぞれの持つ固有の課題というのも当然ございますけれども、全体でこの道徳教育の全面移行、「特別な教科 道徳」に移行していくための準備というのは、やはりもう喫緊の教育課題としてあるというふうに捉えていただければ、大変ありがたいなというふうに思います。
 そういったところでは、この2年間を使いまして、市内の中心として引っ張っていく取組みを松林小学校と羽村二中に担わせ、発信等をその2校にしていただくことで、それぞれの取組みもさらに加速するというような形でございます。
 当然、いろんな部分でそういった指定校を受けるのは大変であるというような意見等は、もしかしたらそれはあるかもしれませんけれども、今の子どもたちにとって必要なことでございますし、当然、学校長のほうも、教員の了解を得た上でこういったものは実施はして、学校全体として取り組むものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) それらを受けると大変だということを最後に言われたんですけれども、やはり現場はものすごく大変なんですよ。その一事業を受けるということは、ほかのことを削ってそこを集中的にやらなきゃいけないというので、ものすごく大変なんですよね。その現場の大変さをどのくらいわかっているのかどうかわからないんですけれども。
 やはりそういう拠点校を受けるということは、かなりのエネルギーをそこに集中させなきゃいけない。担当者は、ある意味ではほかの課題を少し抑えてもやらなきゃいけない。そういう中で、果たしてその課題を受け取るのが、その時に限らないんですね、それぞれの課題でそういう研究指定校とか重点校というのを受け取る時に、それぞれの学校の今一番、これはやらなければいけないということは、みんな大体共通認識を持っているんですね。そのところにそういうのが、失礼ですけれども、割り込むんですよ。道徳の場合は全体的に流れがありますから、割り込むとは言いませんけれども。
 でも、その時に、やはり現場の教員がどのくらいその切実さを感じているかどうか。それによって教員のその課題に対する取組みの姿勢も全然違うんですよね。納得いかないで…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 浜中委員。まとめてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) はい、すみません。ですので、ぜひそこのところの課題の決め方については、十分に教職員の意向を聞いてやっていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) これは要望でいいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) その点についての意見を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学校にはさまざまな教育課題があります。また、目の前の子どもたちが抱えるいろいろなところがあるというのは、これはもう、当たり前のことでございます。また、今取り組んでいかなければならない新たな教育課題というのは、やはりさまざま出てくるということはございます。その中で、例えば何かの指定校といったものは、そういったものに対して積極的に取り組んでいくという仕掛けの一つであるというふうに考えています。
 これは、やはりいろんな仕事を並行でやっていく中で、負担が増えるであるとか、そういうことも感じる方はいらっしゃるかもしれませんけれども、やはり今の必要なことを今やっていく、しかも率先してやっていくということは必要なことです。やはりこれは仕事としてしっかりとやっていくことが必要ですし、そういったところを支援していくところでも、指定校というような形というのはやはり先生方も意識しやすいこともございます。
 また、周りからもそんなふうに見て、「どんな発表をするんだろうか」とか、「こういうすばらしいところをうちの学校でもやってみよう」というようなところ、こういったところも出てまいりますので、逆に先生方の意欲につながったりしていくのではないかというふうに考えております。
 こういったところで、「いや、そういうのを受けると、もう仕事ができないよ」というような仕事の仕方というのがいいのかどうかという、私個人の話をしてはいけませんけれども、それはいかがなものかというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 9ページの商工費の補助金、25ページの消費生活の推進に要する経費についてお聞かせいただきたいと思います。
 これ、「消費生活センターだより」の印刷を、パンフレットをカラーにするということだと思うんですけれども、消費生活相談というのはものすごい増えてきているわけですよね。現状も非常にいろいろな、多岐にわたっている状況もありますけど、内容は変わらないのかどうかということと、あと、もしこれは本当に、補助金のもうちょっと使い道があるのだったら、例えば生活相談員を増やすとかいろんな方法もあったと思うんですけれども、カラーにするということを選ばれたというのは何か意味があるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中島静樹) この「消費生活センターだより」は、従来から白黒という形で両面刷りで、年4回発行していたものでございますが、このもの自体は東京都の補助金等を入れて活用している部分で、東京都と調整をした結果、これをカラー化することによって、今いろんな犯罪等が増えている中で、市民皆さんのいろんな啓発活動に十分資する内容に変更できると。そういう補助金として見込みができましたので、補助金の変更申請をするとともに、これをカラー化して、市民の啓発、向上を図りたいということで話がついたもので、このものを増額の補正をしたものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 相談が増えているということは、いろいろな複雑な部分というのも非常に多くなっていて、詐欺まがいなのかどうなのかわからないとか、そういうことも含めてあって、内容にかかわらず、このカラーにしただけで本当に消費生活の相談という内容が変わってくるのかという問題もあるんです。
 例えば、うちなんかでも複数の議員に、国会資料編さん室というところから電話がかかってきて、本を買えと送りつけられてくるわけです。それで、何十万も送りつけ、あとで請求書が来るとか、それと同じところからは市民のほうに、東日本大震災の何か資料がまとまったからできたと。それで、来たのは写真集だけなんですけどね、それでまたウン十万のお金を支払わされているような、そういうこともあって、そういう相談も我々のほうにもよく来ているわけなんですけれど、そういうふうな事例別のことをきちっと捉えて、どういうふうに対応したらいいのかということも、きちっとその中でまた内容を吟味して、ただ、カラーにするだけだとあまり意味がないんじゃないかなという気もするわけですけれども、そういう面では、多岐にわたるこういう消費生活の相談にきちっと対応してもらうということと、各種機関とも今後連携してきちっと、こういうふうな部分は犯罪行為に巻き込まれないように市民を守っていただきたいなというふうに思うんですけれど、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中島静樹) ただいまの馳平委員からのご質問のとおりですが、今年度はそういう犯罪行為が複雑化する件数も増えているということで、特に専門家のアドバイザーとして、弁護士との契約を今年、このほかに結ばさせていただいています。
 そういう部分で、相談員の増員もしておりますが、その中で複雑化する、また今までの中で対応できない部分を、そういう専門家のアドバイスを聞いて、さらに皆様の、市民等のそういう犯罪等を抑止、または相談にのって解決するような形で、今年度から専門アドバイザーの意見等を求める、弁護士等の意見を求めるような方策もとっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 並木市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) このお知らせのカラー化ということは、消費生活センターの皆さんのほうからのニーズで、こちらのほうにご要請がございました。私たち行政としてということよりも。それだけ、これ、市民協働とか、本当にそういう皆さんが関わって自分たちで作ってくださるというふうな方向性がありますので、自分たちの努力があのページの中にどこまで表れていくかと。お金を最少限度でやってほしい、例えばパンだとかそういう写真も、白黒で見てもどういうふうに違うかわからない、自然食品とか、そういうのもカラーであったら本当に自分たちの仕事が発展していくんだと、やっている消費者活動を本当に皆さんにお知らせする方法として、それをぜひお願いをしたいということで、あの記事を自分たちで作ってくださっているわけですね。
 だからその広報宣伝の手段として、少しお金をかければその目的が達成できるといった、詐欺とかそういう犯罪的な問題ではなくて、もともとの消費者センターの活動、そういうものをきちんと挑戦していきたいというご要請がありましたことから、我々行政のニーズとも一致しておりますし、たまたまこういう予算措置ができるということで交渉してやっておりますけれども、これからこういう予算措置がほかのメニューでないとしても、カラー化についてはそういう意味ではご意見を聞きながらこれからも継続していく価値のあるものだというふうに承知をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) もちろんカラー化について文句というわけではないんです。それはぜひやっていただきたいと思うんですけれど、それとともに、消費生活の相談がいろいろ多岐にわたって複雑化しているので、そこの部分が、もし大変な部分があれば相談員も増やすとかも含めて、また、カラー化だけじゃなくて、もっとマンパワーのほうにも力をいれていただきたいということの意味なので、誤解のないようにお願いいたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 商工費のところについてお尋ねします。
 今の「消費生活センターだより」のカラー化の問題もそうなんですが、ここは、市長のご説明では団体のほうからというお話でしたけれども、交付金が20万円出ていると。この交付金はずっとこれから先も出てくるものなのかどうかです。だとすると安定的にカラー化はできるわけですが、どこかで途絶えるのかどうか、今年だけなのかどうかということが、まず継続の部分として。
 それで、もう一つ、費用に関しましては、概要説明の中に商工振興に要する経費のところで、平成27年度の7号補正で、地方創生加速化交付金を活用し平成28年度に計上した創業支援事業を前倒して行ったので、そのことに伴って予算の整理というふうに書いてあります。平成27年度の7号補正のところで見ると、地方創生加速化交付金というのが、1,800万円ですかね、出て、この時にいろいろな事業内容が語られましたね。
 そこで、いろいろな事業があったんだけれど、それがこう前倒して実施してきて、もう終了しちゃったのかどうかです。これからも続いていくものがあるのかどうか、途中経過なのかどうかですね。その時に、平成28年度予算にいろいろなものが入っておりましたけれども、それが完成して、その完成した結果の補正なのかどうか。何か、地ビールの販売とか、いろんなことをおっしゃっていたと思いますけれども、この予算でどのぐらいそれが産業として定着して、成果が見えて、今どのあたりまで来ているのかということをお尋ねします。
 確かこの事業はもう少し先まで続いていくんだというふうに思うんですけれども、今どのあたりぐらいまで、登山で言うと何合目ぐらいまで来ているのかということも、最後の課題は何になっているのかということも合わせてお聞きできればというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中島静樹) ただいまの門間委員の1点目、「消費生活センターだより」のカラー化の補助金の関係でございますが、これはほかにも豆知識とか、いろんな印刷物等も、東京都のこのような補助金をいただいて活動をしております。その中で、毎年、東京都消費者行政推進交付金というものを都のほうからいただいておりますが、この中で毎年申請しておりますので、来年度以降は申請をさせていただき、引き続き都の交付が認められれば、同じ内容で継続で申請をしていく予定でございます。
 2点目の、平成27年度の補正予算第7号でお認めいただいた、地方創生加速化交付金によりいただいたものでございますが、そのものを繰越明許いたしまして、平成28年度で使っております。今回、平成28年度の当初予算でみていて、重複した部分を補正で減額するものでございますが、今、実際の経過の何号目ぐらい、登山で言えば何合目というような内容でございますが、内容的には、もう通年を通して、企業支援員等の活動、また創業する方への支援事業の委託金等が主になっておりますので、これは今、何合目ということではなくて、平成28年度年間を通して、通年いろんなものを実施していくものでございます。月数で言えばまだ四半期の前半、1期目が過ぎたというところでございますが、事業の内容といたしましては、来年の3月まで、通年やっていく内容の予算でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 産業環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業環境部長(橋本 昌) 創業支援の関係でございますけれども、課長から申しましたとおり、平成27年度7号補正と平成28年度当初予算の関係を整理をしたものとして今次定例会にご提案をしたものでございます。
 その中で、創業の関係でございますけれども、創業コーディネーターを配置させていただいて創業窓口相談会、相談会については今年度22回を計画していまして、今、5回まで終わったところでございます。また、創業支援セミナーについては11回を計画させていただいて、2回が終わったところでございます。
 予算審査特別委員会などからも、地ビールだとかというようなこともございました。昨年10月1日から、この事業を地方創生交付金を活用して始めさせていただいていて、産業福祉センターにiサロンというスペースを設けさせていただいています。
 日々やっていますけれども、今、10月1日以降、6件の創業が結び付いたところでございまして、サービス業が2件、整体・はり・きゅうの関係が2件、食品の販売が1件、衣料品の販売が1件ということで、6件の創業に結び付いたというのが成果でございます。地ビールの関係もご相談をいただいていますけれども、現段階では創業までには至っていないという状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに質疑ないようですので、質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 意見がないようです。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定をいたしました。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時49分 休憩
                                    午前10時59分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより、日程第2、議案第40号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第40号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第3、議案第41号「平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第41号「平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第4、議案第42号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第42号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第5、議案第43号「平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第43号「平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第6、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 議案書の3ページのところで、雑収益が600万円増えているということになっているんですけれども、これ、下水道会計のほうから回ってくるお金の分じゃないかと思うんです。
 下水道のほうは600万2,000円になっていまして、金額が2,000円、違いがあるので、ここはどういうふうに理解すればいいのかというのをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 上下水道業務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道業務課長(加藤 純) 鈴木委員がおっしゃるように、この600万円につきましては、下水道にあります600万2,000円とリンクしてございます。2,000円の違いでございますが、こちらにつきましては、支出につきましては1,000円以下を切り上げる関係がございます。その関係で、それぞれ1,000円ずつの切上げがある関係で、600万2,000円となってございます。収入につきましては、1,000円未満を切り捨てる形になってございますから、その分で2,000円の差が生じているというような状況でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) そういうことなんですね。知らなかったんですけど。それは何か、どこで決まっているのかわかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 上下水道業務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道業務課長(加藤 純) これは地方自治法ですとか、そういった中で、いわゆる財政のいろんなルールがありまして、その中での決まりというふうに認識してございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ちょっと聞き取れないので。上下水道業務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道業務課長(加藤 純) こちらのほうは、決まりとしましては、地方自治法ですとか、そういった中の予算を組む中で、そのようなルールがありますので、それに則りまして予算を組んでいるというふうに認識してございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) いいですか。ほかに。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定いたしました。
 以上で、本日の一般会計等予算審査特別委員会に付議されました案件はすべて終了いたしました。
 本委員会の審査報告、並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、一般会計等予算審査特別委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでございました。
                                    午前11時08分 閉会