議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年第2回定例会(第5号) 本文




2016.06.28 : 平成28年第2回定例会(第5号) 本文


                                    午前10時00分 開議
◯議 長(石居尚郎) おはようございます。
 ただいまの出席議員は18名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 この際、議会運営委員会委員長より報告願います。16番 瀧島愛夫議員。
     [議会運営委員会委員長 瀧島愛夫 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会運営委員会委員長(瀧島愛夫) おはようございます。
 去る6月24日午前10時より開催されました、第5回議会運営委員会の協議結果について報告いたします。
 議長より諮問を受けました議員提出議案3件の取り扱い、及び審議日程案の変更等について協議いたしました。
 議員提出議案3件については、当日議決とすることが妥当であるとの結論でありました。
 審議日程案につきましては、「議員提出議案」、「各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査」、並びに「議員派遣について」の件を従前の審議日程案に追加変更し、差し替え分の審議日程案を目標に努力することを確認いたしました。
 以上、簡単ではありますが、本委員会に諮問されました事項につきましての協議結果の報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 議会運営委員会委員長の報告は以上のとおりです。
 本日の議事日程は、お手元に配付してあります議事日程(第5号)のとおりです。
 日程第1、28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」の件を議題といたします。
 本件に関する厚生委員会の審査報告書は、お手元に配付したとおりです。朗読を省略いたします。
 本件に関し、委員長の報告を求めます。厚生委員会委員長、8番 大塚あかね議員。
     [厚生委員会委員長 大塚あかね 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯厚生委員会委員長(大塚あかね) おはようございます。
 厚生委員会の審査結果について報告いたします。
 平成28年6月14日の本会議において厚生委員会に付託されました28陳情第3号については、平成28年6月17日に、理事者並びに担当職員の出席を求め審査いたしました。
 28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」については、採択とすべき意見はなく、趣旨採択とすべき意見として、「現在、羽村市の公共施設はすべて屋内全面禁煙となっており、また路上喫煙を規制する条例も制定しているが、飲食店など市内の事業者を含む規制は喫煙者・非喫煙者とも利用することからそぐわないものと考える。受動喫煙防止対策は、たばこを吸わない方々の健康に影響を及ぼすことから、分煙や喫煙者のマナー意識の啓発はこれからも引き続き推進していく必要があると考える。よって、本陳情は趣旨採択とすべきである。との意見があり、継続審査とすべき意見として、健康のためには喫煙は望ましくない。受動喫煙防止を求める陳情者の趣旨は理解できる。平成22年度から施行した「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」では、公共的施設は禁煙とし、飲食店や宿泊施設などでは禁煙か分煙かを選択としている。職員2名で巡回しているが、罰則の適用事例はないとのことであった。政府でも、検討チームを作って対応が始まっている。先進事例を研究しつつ、急がず、継続して審議すべきである。との意見、また、陳情書にもあるとおり、喫煙の健康障害は既に医科学的にも立証され、対策に努力されている。また、これまでのオリンピックの開催地においても対策に努力されていることが確認されている。禁煙については、オリンピックに限らず、市民の健康を守るという点で、これから求められることだと考える。陳情では、「地域の特性に応じた条例の制定を求める」と書かれ、各自治体の事情に即して制定できると考えるが、国や都の制定の動きもあり、期間もあるので、継続審査とすべきである。との意見があり、採決の結果、趣旨採択と決定いたしました。
 以上で、厚生委員会の審査結果の報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 以上をもって委員長の報告は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより、28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、趣旨採択です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり趣旨採択と決定いたしました。
 この際、日程第2、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」から、日程第7、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」までの6件を、一括議題といたします。
 本件に関する一般会計等予算審査特別委員会の審査報告書はお手元に配付したとおりです。朗読を省略いたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。一般会計等予算審査特別委員会委員長、16番 瀧島愛夫議員。
     [一般会計等予算審査特別委員会委員長 瀧島愛夫 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯一般会計等予算審査特別委員会委員長(瀧島愛夫) 一般会計等予算審査特別委員会における審査結果についてご報告いたします。
 平成28年6月14日の本会議において本委員会に付託されました、一般会計補正予算ほか4つの特別会計補正予算、並びに水道事業会計補正予算については、平成28年6月16日に、理事者並びに担当職員の出席を求め審査いたしました。
 議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」、議案第40号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」、議案第41号「平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」、議案第42号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」、議案第43号「平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」、及び議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」について、いずれも反対、賛成の意見は特になく、採決の結果、いずれも全会一致で、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上で、一般会計等予算審査特別委員会の審査結果の報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 以上をもって委員長の報告は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、原案可決です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより、議案第40号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第40号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、原案可決です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより、議案第41号「平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第41号「平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、原案可決です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより、議案第42号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第42号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、原案可決です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより、議案第43号「平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第43号「平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、原案可決です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」の件の討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、原案可決です。
 お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決いたしました。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時15分 休憩
                                    午前10時40分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 この際、議会運営委員会委員長より報告願います。議会運営委員会委員長、16番 瀧島愛夫議員。
     [議会運営委員会委員長 瀧島愛夫 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会運営委員会委員長(瀧島愛夫) 休憩中に開催をいたしました、第6回議会運営委員会の協議結果について報告いたします。
 議長より諮問を受けました、追加の市長提出議案1件の取り扱い、並びに審議日程案の変更等について協議いたしました。
 追加の市長提出議案1件については、当日議決とすることが妥当であるとの結論でありました。
 審議日程案につきましては、「追加の市長提出議案の件」を従前の審議日程案に追加変更し、差し替え分(その2)の審議日程案を目標に努力することを確認いたしました。
 以上、簡単でありますが、本委員会に諮問されました事項につきましての協議結果の報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 議会運営委員会委員長の報告は以上のとおりです。
 お諮りいたします。ただいま議会運営委員会委員長から報告がありましたとおり、議事日程(第5号)に議事日程(第5号)その2を追加したいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時42分 休憩
                                    午前10時43分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 日程第8、議案第48号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     [市長 並木 心 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) それでは、追加議案となりました議案第48号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」につきましてご説明いたします。
 今回の補正は、歳入・歳出それぞれ3,150万円を追加し、予算の総額を、歳入・歳出それぞれ219億5,910万円とするものであります。
 補正の内容ですが、平成28年6月21日に東京都知事が辞職したことに伴い、平成28年7月31日に東京都知事選挙が執行されることとなりましたことから、同選挙に要する経費について予算措置を行うものであります。
 歳入につきましては、東京都知事選挙事務に係る都支出金3,150万円を措置いたしました。
 歳出につきましては、都委託金を財源とし、投票立会人等報酬やポスター掲示場設置等委託料をはじめとする、都知事選挙執行に係る所要の経費を措置いたしました。
 以上、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) 都知事選挙が急に入ってきたということで、市のほうも本当にいろいろ大変なんじゃないかなというふうに思います。特に羽村の夏まつりと重なるということもありまして、投・開票日でもありますから、その辺の態勢が十分とれるのかということと、それと学校もそれぞれ夏休みに入るところですけれども、いろんな予定が入ってきたかというふうになると思うんですけれども、投票所の確保と、またそれがうまくいくのか、また、投票所もほかにまた増やすとかそういうことも考えているのかどうかを含めてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 選挙管理委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) ただいまのご質問でございますが、夏まつりと重なることでございまして、態勢をとるために、今回、人員確保の課題がありますことから、臨時職員の賃金を通常よりも多く見込ませていただいております。
 また、学校や投票所の関係でございますが、学校等関係者や社会教育団体の方、また町内会の皆さんのご理解により、既に投票所、開票所の確保はできております。また、投票所を増やすかどうかという点でございますが、投票所につきましては、これまでと同様に10の投票所で実施していく考えであります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) 特に投票所の中でも富士見小は、夏まつりの時は駐車場としても使っていたというふうに思うんですけれども、それからまた今、ちょうど工事も入っているような状況もありますけれども、それでも市民の皆さんが投票に行くのは安全で行けるのかどうかということもお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 選挙管理委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) 今ご質問にございましたように、富士見小学校ですが、通常、体育館を投票所としておりますが、工事の関係で、校舎の1階にございます図書室が投票する場所となります。そういった関係もございますが、安全対策については学校の校長先生等、また産業振興課とか関係機関と調整しながら講じていく考えでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) 図書室ということで、ちょっと狭い気もするんですけれども、投票のプライバシーとか、そういうこともきちっと確保できるかどうかということを最後にお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 選挙管理委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) ただいまのご質問でございますが、確保できるように十分に態勢をとってまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。18番 門間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18 番(門間淑子) 馳平議員の質問にも関わるところなんですが、夏まつりもあって、投票もあってと。ちょうど土・日になってきますね。土・日開庁もあるんじゃないかと思うんですね。ちょうど夏まつりということもありますので、やはり投票率を上げていただくというのが一番大きな必要なことだというふうに思うんですが、土・日開庁、31日の日曜日を土曜日だけにするとか、そういうようなことは何か考えられるのかどうか。従来どおり土・日開庁もやっていくのか。役所が投票所になりますので、それはそれで別としまして、業務の関係ですけれども、何かこう十分考えることがあるのかどうかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 7月30日・31日の土・日につきましても、通常どおり土・日の開庁のほうは行います。今、議員がご心配になられている部分でございますが、職員が、今回は急なところでございますので、そういった意味では一致団結して、総動員というような形で、お祭りもございますので、選挙のほうにも向かっていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議案第48号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第9、議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。10番 橋本弘山議員。
     [10番 橋本弘山 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯10 番(橋本弘山) 議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」。上記の議案を別紙のとおり、羽村市議会会議規則第13条の規定により提出いたします。平成28年6月28日。羽村市議会議長・石居尚郎様。提出者、羽村市議会議員・橋本弘山。以下、敬称を略させていただきます。賛成者、同上・中嶋 勝。賛成者、同上・馳平耕三。賛成者、同上・鈴木拓也。賛成者、同上・門間淑子。賛成者、同上・水野義裕。賛成者、同上・山崎陽一。
 以下、議案の朗読をもって提案説明に代えさせていただきます。
 「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」
 舛添前都知事は、政治資金や公用車使用の公私混同疑惑について明確な説明責任を果たすことなく、去る6月21日に都知事を辞職した。
 事態は一応の収拾をみたものの、辞職によって全容解明を望む都民の声に背を向けることは、一度は都民の信託を得た政治家としての責務を全うしたとは言えない。今後、公の場での全容解明を強く望むとともに、舛添前都知事が説明責任を果たすことを求めるものである。
 また、これまでの疑惑解明に多くの時間を費やし、東京2020オリンピック・パラリンピック開催都市となる都政の混乱は著しいものがあることから、一日も早い正常化を求めるものである。
 以上、決議する。
 平成28年6月28日。東京都羽村市議会。
 以上、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。12番 小宮國暉議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12 番(小宮國暉) 議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」に、反対の立場としての討論を行います。
 この提出された決議案には、まず前段において、政治資金や公用車使用の公私混同疑惑について明確な説明責任を果たすことなく辞職した、このことを非難しておりますが、自ら辞職を決意し辞職したということは、その過程においてさらなる都民あるいは国民に悪影響を懸念し、反省し、自ら最大の責任をとったことになると考えます。
 さらに、説明責任を果たすことなく辞職しているとのことや、今後も公の場での全容解明を強く望むとともに、前都知事個人に説明責任を求めておりますが、説明責任とは何なのか、その範囲、時期、内容、規則との整合性、法律上の解釈等、いろいろな多岐に及ぶことでありますので、軽々しく使用してはならないと考えます。
 さらに、公の場での全容解明を望むとありますが、誰が誰に対してどのようなことが全容解明なのか、いささか言語明瞭にして意味が不明と言わざるを得ません。果たして東京都の行政当局、それを監視している都議会、あるいは監査機能、さらに、法に触れていれば告発という手段も用意されているのが社会の仕組みであります。それゆえ、自分たちが選んだ都知事がこのような事態になったことそのものに自ら反省しなければなりません。
 さらに、オリンピック・パラリンピック開催都市となる都政の混乱は著しいと言及しておりますが、混乱しているのは都議会の党利党略的な一連の動きであると言わざるを得ない。このような動きに迎合しているとも思われるような本決議案を羽村市議会として決議することは賛成できません。
 以上、反対としての討論といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 次に、本件に対する賛成討論の発言を許します。6番 富永訓正議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6 番(富永訓正) 議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」に対しまして、賛成の立場からの討論を行います。
 このたびの前都知事の一連の疑惑に対し、都政に対する都民の信頼の失墜は計り知れないものであります。疑惑に対する第三者弁護士による調査結果をはじめ、都議会定例議会では多くの政策課題が山積しているにもかかわらず、一般質問、代表質問、総務委員会での集中審議では質疑の大半を知事の公私混同問題に割かなければならなかった事態を招き、さらに、舛添前都知事の答弁は、都民の誰もが到底納得できるものではなく、疑惑がますます深まり、何も解明されないまま舛添氏は都知事を辞職いたしました。
 しかしながら、辞職したからといってそれで済まされるものではありません。この問題をしっかりと総括しなければ、都民の多くが納得できませんし、同じような問題がまた起こり得る可能性への懸念も拭えません。そのことからの、今回の問題の全容解明と前都知事自身の説明責任を果たすことを求めること、そして多くの政策課題の前進を図る必要性からも、都政の停滞から一刻も早く脱し正常化を求めることは、市民の代表である羽村市議会としても、同時に一都民としても当然のことであります。
 また、議員提出議案第4号「政治資金規制法の改正を求める意見書」では、今回の舛添前都知事の一連の疑惑から端を発し、市議会として全会一致で提出された議案であり、本決議と必然的に連動しているものと考えます。
 したがいまして、議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」に対しまして、賛成の立場からの討論といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 次に、13番 馳平耕三議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) 議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」に、賛成の立場で討論させていただきます。
 まず、本決議案が出されるに至った経緯を少し説明したいと思います。本市議会の初日、6月9日、うちの会派から舛添都知事の政治資金をめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都知事の辞職を求める意見書を提案させていただきました。そして、6月14日の会派代表者会議で全会一致で議会として意見書を出すというところまで話がまとまっていました。
 しかし、15日、舛添前都知事が都議会本会議で辞職表明をしたことを受け、その後、都知事が都民にどう説明責任を果たし全容解明に至るかどうかを見守ってきましたが、説明責任を果たすどころか、辞職決定後は一言の説明もないまま。2カ月あまり混乱した都政は、待機児童や非正規雇用など、審議されるべき深刻な問題が放置されたままになり、疑惑の真相がわからず、政治資金規制法の欠陥がいくつも出てきたのに制度の見直しは隠れてしまう中で、全容解明を求める市民の皆さんの声はますます強くなってまいりました。
 舛添氏に380万円の期末手当と2,200万円の退職金が支払われることにも、羽村市民の怒りがおさまることはない状況です。政治の信頼は著しく損なわれたと言えるでしょう。市民の間にも、このままで幕引きでいいのかという声が強く、政治の信頼を回復し、再発防止のためにも、本市議会として本決議を政治資金規制法の改正を求める意見書とともに提出しようと、各会派の皆さんの声が出されて本決議案を提出することになりました。
 先ほど、反対討論の中に、党利党略という言葉がありましたけれども、これほど多くの我々党派を越えた皆さんが、声をそろえて今の状況を憂いて、そして何としても政治の信頼を回復したいという思いから出させていただいたわけですから、その辺はぜひ理解いただきたいと思っております。本来は羽村市議会の総意で、また議会の良識として、全会一致で本決議案を提出したかったのですが、そうならなかったのは残念です。
 決議は、議会が行う事実上の意思形成行為で、市議会の意思を対外的に表明するために行われる議会の議決を指します。地方分権の中で基礎自治体の決議の議決は、身近な市民の声を反映させるもので、重要な議会活動の一つです。反対されている方は、今からでもいいので、ぜひ市民の声に耳を傾けていただき、考えを変えて議員の良識として賛成していただきたいというふうに考えています。
 ここで、都知事は2人が短期で、政治と金の問題で辞任となりました。多額の税金を使って選挙が行われること、羽村でも、先ほどもありましたけれども、市民の祭りとも重なり、本当に多くの皆さんが迷惑をしているわけです。都民の失望や怒りは頂点に達しています。混乱した都政の一日も早い正常化を求め、本決議案に賛成の討論とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって討論を終了いたします。
 これより、議員提出議案第3号「舛添前都知事の政治資金などをめぐる一連の公私混同疑惑に対する全容解明と都政の一日も早い正常化を求める決議」の件を起立により採決いたします。
 お諮りいたします。本件は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
     [賛成者起立]

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第10、議員提出議案第4号「政治資金規制法の改正を求める意見書」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。10番 橋本弘山議員。
     [10番 橋本弘山 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯10 番(橋本弘山) 議員提出議案第4号「政治資金規制法の改正を求める意見書」。上記の議案を別紙のとおり、羽村市議会会議規則第13条の規定により提出いたします。平成28年6月28日。羽村市議会議長・石居尚郎様。提出者、羽村市議会議員・橋本弘山。以下、敬称を略させていただきます。賛成者、同上・中嶋 勝。賛成者、同上・馳平耕三。賛成者、同上・小宮國暉。賛成者、同上・鈴木拓也。賛成者、同上・門間淑子。賛成者、同上・水野義裕。賛成者、同上・濱中俊男。賛成者、同上・山崎陽一。
 以下、議案の朗読をもって提案説明に代えさせていただきます。
 政治資金規制法の改正を求める意見書
 政治資金は、政治家や政治団体が政治目的を達成するために必要な資金で、政治資金規制法(昭和23年法律第194号)で規定している。
 この政治資金は、従来から次のような問題が指摘されている。
1 支出についての規制がほぼ存在しないため、政治活動と無関係の私的流用などに使われてしまう。
2 政治家の親族への支出に対する規制がなく、政治資金が親族や親族が関係する団体に支払われマ
 ネーロンダリングを経て政治家本人や親族の個人資産になってしまう。
3 政党交付金などの用途を一部規制されている資金も迂回することにより自由に使うことができ
 る。
4 罰則規定の大半が3年で時効となっており非常に短い。加えて収支が公開されるまでの期間を考
 慮するとより短くなる。
 特に、今般問題化した舛添前東京都知事の政治資金をめぐる一連の公私混同疑惑については、納得できる説明もなされず、都民の怒りは頂点に達していることからも、政治資金規制法のあり方に問題があることが明らかである。
 このことから、政治に対する信頼を確保するため、政治資金規制法の改正を求める。
                     記
1 国会において、問題点が多いとされる政治資金規制法を改正し、使途の規制や明確化など、国民
 の信頼に足る制度を確立すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成28年6月28日。東京都羽村市議会議長・石居尚郎。
 衆議院議長、参議院議長あてでございます。
 以上、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議員提出議案第4号「政治資金規制法の改正を求める意見書」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第11、議員提出議案第5号「繰り返される米軍人・軍属による重大犯罪に関する意見書」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。5番 中嶋 勝議員。
     [5番 中嶋 勝 登壇]

-------------------------------------------------------------------------------

◯5 番(中嶋 勝) 議員提出議案第5号「繰り返される米軍人・軍属による重大犯罪に関する意見書」。上記の議案を別紙のとおり、羽村市議会会議規則第13条の規定により提出します。平成28年6月28日。羽村市議会議長・石居尚郎様。提出者、羽村市議会議員・中嶋 勝。以下、敬称を略させていただきます。賛成者、同上・橋本弘山。賛成者、同上・馳平耕三。賛成者、同上・小宮國暉。賛成者、同上・鈴木拓也。賛成者、同上・門間淑子。賛成者、同上・水野義裕。賛成者、同上・濱中俊男。賛成者、同上・山崎陽一。
 以下、議案の朗読をもって提案説明に代えさせていただきます。
 繰り返される米軍人・軍属による重大犯罪に関する意見書
 今年4月下旬から行方不明となっていた沖縄県うるま市の女性が遺体で発見され、元海兵隊員の米軍属が5月19日に死体遺棄容疑で逮捕されるという凶悪事件が発生し、国民に衝撃を与えた。
 この事件は、今年3月13日に那覇市で発生した米軍人による女性暴行事件に関して、同月22日に沖縄県議会が抗議決議を可決した直後に発生した。
 また、6月4日には沖縄県嘉手納市で米軍人が酒酔い運転による交通事故を起こし、2名に重軽症を負わせる事故が発生した。死体遺棄事件を受けて、在沖縄米軍が基地外での飲酒を禁止している最中のことだった。
 繰り返される米軍人・軍属(以下「米軍人等」という。)によるこのような重大犯罪は、日本国民の生命をないがしろにするものであり、断じて許されるものではない。横田基地をかかえる自治体の議会として、深い悲しみと、強い怒りを覚えるものである。
 在日米軍は、米軍人等による事件・事故が発生するたびに、綱紀粛正、再発防止及び関係者への教育等を徹底するとしているが、その実効性には、強い疑問を抱かざるを得ない。
 よって、羽村市議会は、日本国民の人権・生命・財産を守る立場から、繰り返される事件に対し厳重に抗議するとともに、下記の事項か速やかに実現されるよう強く要請する。
                     記
1 日米両政府は、在日米軍人等の犯罪を根絶するための実効性ある対応を図ること。
2 米軍人等を特権的に扱う身柄引き渡し条項を含む日米地位協定の抜本的な改定を行うこと。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成28年6月28日。東京都羽村市議会議長・石居尚郎。
 内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣あて。
 よろしくご審議の上、ご決定くださるようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより、議員提出議案第5号「繰り返される米軍人・軍属による重大犯罪に関する意見書」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第12、「各常任委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 各常任委員会委員長から、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の特定事件継続調査事項表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。本件については、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。
 次に、日程第13、「議会運営委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 議会運営委員会委員長から、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の特定事件継続調査事項表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。本件については、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。
 次に、日程第14、「議員派遣について」の件を議題といたします。
 お諮りいたします。地方自治法第100条第13項及び会議規則第129条の規定により、閉会中において議員派遣を行う必要が生じた場合、その日時、場所、目的及び派遣議員名等について、議長にご一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は議長に一任することに決定いたしました。
 次に、日程第15、「諸報告」を行います。
 市長部局側並びに議会関係の報告については、お手元に配付してあります諸報告書をもって報告に代えさせていただきたいと思いますので、ご了承願います。
 以上をもちまして、本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。
 市長よりごあいさつを願います。並木市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) それでは、議長のお許しをいただきまして、平成28年第2回羽村市議会(定例会)の閉会にあたり、一言ごあいさつをさせていただきます。
 本定例会におきましては、条例案件4件、補正予算案件6件、契約案件1件、損害賠償案件1件、訴えの提起1件、追加議案として補正予算案件1件、合わせて14件の議案を上程させていただきました。いずれも原案どおり可決・承認をいただきまして、誠にありがとうございました。
 梅雨を迎える中でございますけれども、国内では参議院議員選挙、そして、先ほど議題にありましたけれども、都知事の辞職に伴う都知事選挙という形で大きな影響のある状況が動いておりますけれど、それに加えてイギリスのEUの離脱というニュース、全世界を駆けめぐりました。羽村市にとりましても、物づくりのまちでございますので、それがそういう形で、我々一人にとりましても大変なことでございますけれども、東京都、国、そして世界にとってこれがどういうふうにいくかということは、誠に我々の羽村市議会、あるいは羽村市の中で、どこまでできるかは別として、注視をしなければならないといいましょうか、大きな出来事だというふうに思っております。ぜひ、日本国、政府、あるいは財務、その他日銀等々の中で、オール日本で、この日本の方向性に向けてしっかりしていただきたい、これを願うところでございます。
 ぜひ、議員の皆様方とも協力しながら、羽村のまちづくりの根幹にも関わるようなことになりますので、ぜひお知恵と、ご協力と、そして協議も、そういう必要がありましたらば、お力をいただきたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。
 暑い夏、盛夏に向かっております。くれぐれもご自愛の上、これから来るいろんなイベントもございますので、そういう中で議員としてご活躍をいただきますようご祈念申し上げまして、閉会にあたってのあいさつといたします。
 どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 以上で市長のあいさつは終了いたしました。
 これにて、平成28年第2回羽村市議会(定例会)を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。
                                 午前11時19分 閉議・閉会

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
     平成28年6月28日
                   羽村市議会議長   石  居   尚  郎


                   羽村市議会議員   山  崎   陽  一


                   羽村市議会議員   小  宮   國  暉