議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年第2回定例会(第4号) 本文




2016.06.14 : 平成28年第2回定例会(第4号) 本文


                                    午前10時00分 開議
◯議 長(石居尚郎) おはようございます。
 ただいまの出席議員は18名です。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付の議事日程(第4号)のとおりであります。
 日程第1、28陳情第3号「住民の健康増進と2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて『受動喫煙防止条例』の早期制定を求める陳情書」の件を議題といたします。
 朗読を省略いたします。
 お諮りいたします。28陳情第3号の件については、会議規則第94条の規定により、厚生委員会に付託し、審査することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は厚生委員会に付託し、審査することに決定いたしました。
 次に、日程第2、議案第35号「専決処分の承認を求めることについて〔羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例〕」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) おはようございます。
 議案第35号「専決処分の承認を求めること」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、「地方税法施行令等の一部を改正する等の政令」が、平成28年3月31日に公布され、同年4月1日から施行することに伴い、「羽村市国民健康保険税条例」の一部を改正する必要が生じましたが、議会を招集する時間的余裕がなかったことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、「羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」を専決処分させていただいたもので、同条第3項の規定に基づき、議会に報告し、承認を求めるものであります。
 改正の主な内容ですが、お手元に配付しております議案第35号資料のとおり、国民健康保険税の課税限度額を変更したもので、第2条第2項に規定する基礎課税額に係る課税限度額を52万円から54万円に、2万円引き上げ、同条第3項に規定する後期高齢者支援金等課税額にかかる課税限度額を17万円から19万円に、2万円引き上げ、国民健康保険税の軽減措置において、第11条中の各課税限度額の金額を引用する部分をそれぞれ改正後の金額に改めるとともに、第11条第2号に規定する均等割の5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の判定の際、被保険者の数に乗ずるべき金額を26万円から26万5,000円に、5,000円引き上げ、同条第3号に規定する均等割の2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定の際、被保険者の数に乗ずべき金額を47万円から48万円に、1万円引き上げるものであります。
 なお、この条例は、平成28年4月1日に施行したものであります。
 以上、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) まず、所得の高いほうの話なんですけども、保険税の上限額を引き上げるということだと思います。所得でも収入でもいいんですけれども、対象は、いくら以上の人ということになるのか。また、何人ぐらいの方が引き上げということになるのか。また、その保険税の引き上げの総額がどのぐらいになると見込んでいるのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 今回、税率等の改定もしてございますので、実際のところ、限度超過となる収入額、こちらのほうにつきましては、逆に下がっております。本来でしたら、限度額を引き上げれば超過する額というのは上がるんですが、今回の場合は下がっておりますので、まずそれからですね。
 給与収入額で申しますと、4人世帯、夫婦と、あと子ども2名の設定ですと、27年度ですと、1,430万円が給与収入額で、これが上限に達する額でございました。28年度の改正によりまして1,140万円、逆に290万円減ということになります。
 続きまして、影響額でございますが、限度額の引き上げによりまして、影響額としましては438万円ほどの増額が試算されてございます。
 対象者の人数でございますが、先ほど申しましたように、実際上、改定と一緒にやっておりますので、単純に引き上げのみの影響によって超過額に達しなくなった人ですね。その世帯につきましては、24世帯の方が限度額にいかなくなったということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) わかりました。今度は逆に所得の低いほうのことなんですけれども、これも税率の改定と重なっていますから、単純に言えないのかもしれませんけれども、5割軽減、2割軽減ともに対象者が何世帯ずついるのか。また、その収入の幅、どのぐらいの幅の方が対象ということになっているのか。それから総額ですね。影響額、どのぐらいになるのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) それではまず2割軽減でございますけれども、改正前と比べまして、こちらは42世帯、97名の方が対象増となっております。あと5割軽減でございますけれども、こちらの対象者は、改正前と比べまして18世帯、37名の増でございます。影響額、総額でございますけれども、こちらは178万円程度の減収が見込まれております。
 収入の幅ということでございますが、2割軽減の対象者でございますが、給与収入で言いますと、347万円程度、この辺が境界線ではないかというふうに考えております。また、5割軽減でございますが、こちらは給与収入でいきますと、244万円程度が対象のボーダーラインということで考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) わかりました。今回の改定によって、国保会計全体に対する影響が、税収は増えるということなのかな。あるいは国や都のほうから何か軽減に関して来るお金が増えたり減ったりということがあるのかないのか。トータルで会計に対してはどういう影響があるのかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 低所得者に対する軽減対策を実施しますと、基盤安定という関係で、補助金が4分の3まいりますので、あと先ほど申しました限度額の引き上げによる増で、収支といたしましてはプラスになります。ただ、プラスと申しましても、羽村市といたしましては赤字繰り入れをしておりますので、その赤字繰り入れが少し減るという考えでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) およその金額は出ますか。市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 先ほど申しました438万円というのは引き上げの額でございます。そちらから軽減拡大によりまして減収になる178万円が引かれます。ただその4分の3が都の負担金で、大体130万ぐらい、こちらが入ってまいりますので、大体その差の45万、今回の改定によりますと、大体400万弱程度のプラスになるという見込みでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第35号「専決処分の承認を求めることについて〔羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例〕」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本案は原案のとおり承認することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり承認されました。
 次に、日程第3、議案第36号「羽村市堰下レクリエーション広場条例の一部を改正する条例」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 議案第36号「羽村市堰下レクリエーション広場条例の一部を改正する条例」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、国土交通省から占用許可を受けている羽村市堰下レクリエーション広場について、国土交通省との協議により、現況で利用可能な部分の面積を増やすとともに、実測により面積の修正を行う必要が生じたこと、また、位置の表記について、現況に合わせるため、条例の一部を改正するものであります。
 改正の内容ですが、お手元に配付しております議案第36号資料のとおり、羽村市堰下レクリエーション広場の位置等を規定する第2条の表の位置を「羽700番地先」から「羽731番先」に、面積を「1万1,664平方メートル」から「1万3,042平方メートル」に、有料施設の芝生広場を「6,330平方メートル」から「6,343平方メートル」に、有料施設のテントサイトを「500平方メートル」から「1,141平方メートル」に改めるものであります。
 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものであります。
 以上、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) テントサイトの面積がかなり増えるということかと思います。変更することに伴って工事ですとか、また、樹木を伐採するとか、何かしら市のほうで、使用のためにやる必要があることがあるのかないのかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(小山和英) 従前指定していた部分のものについて、今回占用許可を得るものという形になって、現状に即したものになるという形になりますので、工事をする必要はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) わかりました。大体テントで言いますと、大きさの大小がありますけど、これまでの部分は何張りぐらい張れる面積で、今度広げると何張りぐらい張れる面積になるのか。
 それから、実態として、あまりたくさんテントが並んでいるということを見たことがないんですけれども、どのぐらいの最大で何張りぐらいというふうな使用の実態なのかということをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(小山和英) 現状、現在使用している面積が変わるものではございませんので、現在もこれからも20張りを想定しているというところになります。
 使用されている中身で今最大というところなんですけれども、最大ということで調べてはいないんですが、大体5張りぐらいという形で最大という形がありますので、報告させていただきます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第36号「羽村市堰下レクリエーション広場条例の一部を改正する条例」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第4、議案第37号「羽村市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 議案第37号「羽村市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、建築基準法施行令を準用し、規定しております特別避難階段に係る規定について、「建築基準法施行令及び地方自治法施行令の一部を改正する政令」の施行に伴い、条例に引用している建築基準法施行令の規定に変更が生じたことから、条例の一部を改正しようとするものであります。
 改正の内容ですが、お手元に配付しております議案第37号資料のとおり、小規模保育事業A型を行う事業所及び保育所型事業所内保育所の設備の基準について規定しております条例第28条第7号及び第43条第8号の表の避難階段などの構造について、建築基準法施行令第123条第3項第1号の規定に準じて、文言の整理と引用法令の号番号の変更を行うものであります。
 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものであります。
 以上、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) この新旧対照表の2ページのところにあります、旧のほうでは、これは小規模保育事業所A型のことなんですけども、4階以上の階の避難用の階段に関してなんですけれども、以前は、バルコニー又は外気に向かって開くことのできる窓若しくは排煙設備を有する付室を通じて連絡しなきゃいけないとなっていましたね。ところが今度は、その付室に関して、「外気に向かって開くことのできる窓若しくは排煙設備を有する」という部分がなくなっちゃっているということになっているんですけども、つまり安全に対する基準が緩和されてしまったというふうに読めるんですけれども、実態はどういうことになるかを説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) ただいまの規定のところ、緩和されているんではないかということなんですけれども、こちらにつきましては、従来につきましてはこちらの規定にありますとおり、国土交通大臣が定めた排煙設備というふうに明言をされたものが、今回は、こちらの建築基準法施行令の各号に規定されている内容に準じてという形に改正をされたものでございます。実態としては、内容としては変わってございません。ただ、これまでは付室に必ず設置をしていなければいけなかったものが、これが階段室、避難階段か付室、どちらかに設置をすればいいというような形で言えば緩和されておりますが、安全性については従来と変わってございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) わかりました。それからこの小規模保育事業所A型というのは、市内ではこういう事業はあるのか。あるいは今後短い期間の中でやりたいという話があるのかなどをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 小規模保育事業でございますが、現在のところ羽村市ではございません。
 それと、こちらの小規模事業保育につきましては、現状、羽村市におきましては待機児童がそれほど多くないという状況もございますので、小規模保育事業を今後推進をしていくということは考えてございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) ちょっとお聞きしたいんですけど、今の議案の下から7行目、第43条第8号イの表4階以上の階の部避難用とあるんですけど、この部避難用の「部」というのは何ですか。一部と思ったりするんですけど、部というのは何かどこかあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 今回この表の中の改正ということで、例規法制上、部という指定の仕方をするという形になります。この場所を特定するための表現となってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第37号「羽村市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第5、議案第38号「羽村市営駐車場条例の一部を改正する条例」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 議案第38号「羽村市営駐車場条例の一部を改正する条例」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、羽村市動物公園駐車場用地の位置等の変更に伴い、条例の一部を改正しようとするものであります。
 改正の主な内容ですが、羽村市動物公園第1駐車場に隣接する民有地を新たに賃借し、駐車場として拡大することに伴い、羽村市動物公園第2駐車場を返却することとしたため、名称、位置などの条文の整理を行うものであります。
 なお、この条例は、平成28年7月1日から施行しようとするものであります。
 細部につきましては、都市建設部長から説明いたしますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市建設部長(細谷文雄) それでは議案第38号「羽村市営駐車場条例の一部を改正する条例」の細部につきまして、ご説明をさせていただきます。
 議案第38号資料の5ページ目になりますけれども、羽村市動物公園駐車場の位置図をご覧いただきたいと存じます。
 羽村市動物公園の駐車場につきましては、現在、この図面にございますように、公園東側、図面では右側になりますけれども、濃い網かけの部分の第1駐車場と公園西側、図面では左側の第2駐車場を指定して来園者にご利用をしていただいております。使用料につきましては、土・日、祝日に限り徴収することとして、大型、中型車が1台につき1,000円、普通自動車が300円として、本条例に規定をしております。
 このたび、第1駐車場の奥側に隣接する民有地3,558平方メートルを、土地所有者の了解を得て借用できることとなりましたので、第1駐車場の面積を、図面のとおり拡張をいたします。また、これに伴い、これまで借用しておりました第2駐車場を返却することといたします。
 台数的には、新設の駐車場が100台分の増で、返却する第2駐車場が25台分の減となりますので、差引きでは75台分の駐車台数が増えるということになります。
 次に、条例の改正の内容ですが、資料の2ページ目の別表第1の羽村市動物公園第1駐車場の位置の欄に、面積の増加により、他の地番が加わりますことから、「外」を追加いたします。
 また、第2駐車場を返却するため、別表第1、第2、第3及び備考から、「羽村市動物公園第2駐車場」を削除し、これにより第1駐車場、第2駐車場の区別がなくなりますので、それぞれの条文にあります「羽村市動物公園第1駐車場」を「羽村市動物公園駐車場」に改めるものとし、平成28年7月1日から施行をしようとするものであります。
 以上で、羽村市営駐車場条例の一部を改正する条例の細部の説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由並びに内容説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。8番 大塚議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8 番(大塚あかね) 2点ほどお伺いさせていただきます。民有地ということなので、お伺いしたいんですけれど、借りられる期間と所有者の方に対する賃借料、それはおいくらなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 今のご質問でございますが、まず、賃借料につきましては、今回借上げを行う賃借料でよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) しばらく休憩をいたします。
                                    午前10時28分 休憩
                                    午前10時29分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 休憩前に引き続き会議を再開をいたします。
 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 失礼いたしました。今回新たに借上げをいたします土地の賃借料につきましては、215万4,600円を見込んでおります。なお、契約期間につきましては、基本的には1年間契約となりますが、契約の中で、双方の申し入れがない以上は継続して契約を延伸するという内容になっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 8番 大塚議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8 番(大塚あかね) わかりました。そうすると、今回7月1日からこれは使えるということなんですけれども、その賃借料について、今回の補正に出ていないのはなぜなのかの理由を聞かせていただきたいことと、それと7月1日からということで、ある程度駐車場として使われるための整備というか、土地をきれいにする、使いやすいようにする必要もあるんじゃないかと思うんですが、そういったことの整備についての、今回補正も出ていないんですけど、その辺をご説明いただきたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) このたびの補正には載せてございませんけれども、平成28年度の予算の中で見込んでおりましたので、補正としては提出しておりません。
 それと駐車場の整備につきましては、28年度の予算で、動物公園駐車場整備工事といたしまして230万円予算で計上しております。この内容につきましては、新たに借上げをいたします土地の整地、その他仮囲い等の移設、そういったようなことを見込んで、230万円予算化しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。5番 中嶋議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5 番(中嶋 勝) 今のにちょっと関連してご質問します。整備の内容なんですけれども、動物園という特徴がら、小さいお子様等を連れてくる方がいるということで、ベビーカー等を引きながらという形になると思いますので、その辺のバリアフリーといいますか、配慮がどのような整地になるのかというところをお聞きします。
 それから、第2駐車場のほうは、シルバー人材センターさんを土・日にお願いをしていたと思いますが、今度第1駐車場のほうだけになるということで、そちらにはシルバー人材センターさんもいたということで、その辺の人数が不要になるのかどうか。となると、全体で、年間の維持費というか、運営費が、第2がなくなって第1だけになるということで、賃借料も当然プラスマイナスあるんですけれども、どのような推移になるのかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) まず1点目の駐車場の整備につきましては、私ども、ゴールデンウィーク等でも職員が駐車場整理ということで対応させていただいておりますけども、やはりお子様の多い、若い親御さんが多いということで、ベビーカーを引きながら動物公園のほうまで向かっていただいているという現状がございまして、現状砂利の駐車場になっていることから非常に引きづらいというご要望はいただいております。そういった中で、今年度の予算の中で、対応できる範囲について検討を今後していきたいというふうに思っておりまして、例えば、通路のところを舗装するですとか、そういったような検討をさせていただきたいと、予算の範囲の中でやらせていただきたいと思っております。
 第2駐車場につきましては、土・日、祝日につきまして、概ねシルバー人材センターさんのほうから1名、2名の方で徴収から整理をしていただいている部分もございますので、今後1か所に駐車場が集約されるということもございますので、そういった人件費の縮減は可能であると考えております。また、今後の利用状況を鑑みながら、そういった何名減できるかというようなところを精査しながら対応していきたいと、そのように考えております。全体につきましては、今、第2駐車場をお返しして、新たに借り上げるということで48万円増ぐらいの賃借料になりますけれども、駐車場料金の増額が見込めておりますので、そういった観点からは、プラスマイナスゼロぐらいというように予測しております。また、人件費につきましては、現在、シルバー人材センター様に27年度ベースで、438万円ほど委託をしておりますが、そちらについても削減が可能かと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 5番 中嶋議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5 番(中嶋 勝) わかりました。最後ちょっと確認なんですが、第1駐車場、第2駐車場というこの名称がわかりました。それが動物公園駐車場になるということなんですが、確認なんですが、公共施設等総合管理計画ですね。この中に、動物公園駐車場、それと動物公園第1臨時駐車場、それから動物公園第2臨時駐車場と3つに分かれているんですね。どういう意味なのか、整理をして教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 公共施設等総合管理計画に、議員のおっしゃるとおり、臨時という言葉が確かございます。日常の土・日、祝日の営業につきましては、基本的には舗装がされている駐車場がございますけれども、そちらをメインとして活用させていただいておりまして、満車になった段階で開放して第2駐車場もしくは隣接するところを使っているというような現状がございます。そういったところから臨時という言葉を使わせていただいているのと、また、臨時というふうに記載させていただきました駐車場につきましては、民有地ということもございまして、表の中で名称をわかりやすくというような中で臨時という言葉をつけさせていただいているというのが現状でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 5番 中嶋議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5 番(中嶋 勝) 臨時という言葉はわかりました。3つに分かれているんですね。だけども、新旧対照表ですと、第1、第2の2つなんですよ。この辺をちょっと整理しておきたいなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 第1駐車場につきましては、現状舗装がされている部分と、奥に砂利として隣接している既にある駐車場がございます。第1駐車場につきましては、市有地でございます土地、そちらが4万4,521平米ございまして、今、隣接するところで3,814平米ほどの土地がございまして、そちらを第1の臨時というふうな形で呼ばさせていただいております。第2駐車場につきましても、762平米ございまして、そちらも第2の臨時という形でつけさせていただいているというような状況です。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。ほかに討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第38号「羽村市営駐車場条例の一部を改正する条例」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 この際、日程第6、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」から日程第11、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」までの6件を一括議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) それでは、一括議題となりました議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」から議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」までの6議案につきまして、ご説明いたします。
 まず、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」につきまして、ご説明いたします。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ760万円を追加し、予算の総額を、歳入歳出それぞれ219億2,760万円とするものであります。
 補正の主な内容ですが、歳入については、東京都教育委員会が実施する「オリンピック・パラリンピック教育重点校事業」、中学生の体力向上のための取組みを推進する「スーパーアクティブスクール事業」、「道徳教育推進拠点校事業」及び「英語教育推進地域指定事業」について、市内小中学校がそれぞれモデル校等の指定を受けましたことから、都委託金を歳出と同額で計上いたしました。
 歳出については、本年4月の人事異動等に伴い、給料、職員手当等の職員人件費を組み替える必要が生じましたことから、一般会計における歳出科目間並びに特別会計への人件費に係る繰出金について、それぞれ増減措置を講じました。
 また、歳入連動事業のほか、被災地支援に要する経費、産業福祉センター屋上防水工事など、喫緊の課題等に対応するための予算を計上いたしました。
 次に、議案第40号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」につきまして、ご説明いたします。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ340万3,000円を減額し、予算の総額を、歳入歳出それぞれ72億6,309万7,000円とするものであります。
 補正の内容ですが、本年4月の人事異動等に伴う職員人件費の調整を行うものであります。
 また、これに伴い、歳入の財源措置として、一般会計からの繰入金を減額するものであります。
 次に、議案第41号「平成28年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」につきまして、ご説明いたします。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ417万5,000円を減額し、予算の総額を、歳入歳出それぞれ32億2,932万5,000円とするものであります。
 補正の内容ですが、本年4月の人事異動等に伴う職員人件費の調整を行うものであります。
 また、これに伴い、歳入の財源措置として、国・都補助金、一般会計からの繰入金及び基金繰入金を減額するものであります。
 次に、議案第42号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」につきまして、ご説明いたします。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ279万6,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ14億459万6,000円とするものであります。
 補正の内容ですが、本年4月の人事異動等に伴う職員人件費の調整を行うものであります。
 また、これに伴い、歳入の財源措置として、一般会計からの繰入金を増額するものであります。
 次に、議案第43号「平成28年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」につきまして、ご説明いたします。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ203万4,000円を減額し、予算の総額を歳入歳出それぞれ12億4,176万6,000円とするものであります。
 補正の内容ですが、組織改正に伴い、下水道事業にかかる業務を水道事業で設置した水道事務所において、上下水道部として実施することから、下水道事業会計から水道事業会計へ、土地・建物賃借料及び負担金を支出するための増額と、人事異動に伴う職員人件費の調整を行うものであります。
 また、これらに伴い、歳入の財源措置として、一般会計からの繰入金を減額するものであります。
 次に、議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」につきまして、ご説明いたします。
 今回の補正は、組織改正に伴う雑収益の増額及び人事異動等に伴う職員人件費の調整を行うものであります。
 予算第2条、収益的収入及び支出の予定額のうち、収入については、他会計補助金及び雑収益の増により、水道事業収益を609万6,000円増額し、収入の総額を11億3,626万円とし、支出については、水道事業費用を18万円増額し、支出の総額を8億8,557万2,000円とするものであります。
 予算第3条では、資本的支出の予定額について、建設改良費を42万円増額し、資本的支出の総額を5億9,743万5,000円とするものであります。
 また、当初予算第4条、本文括弧書き中の収支不足額及び補てん財源の内訳を改めるものであります。
 予算第4条では、「議会の議決を経なければ流用することのできない経費」として職員給与費を規定しておりますが、60万円を追加し、9,754万5,000円とするものであります。また、予算第5条では、他会計からの補助金の金額について、「12万円」を「21万6,000円」に改めるものであります。なお、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の細部につきましては、財務部長から説明いたしますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(早川 正) それでは議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の細部について、ご説明をいたします。
 お手元の議案(その2)、一般会計補正予算書(第1号)をご覧ください。
 2ページ、3ページをお開きください。今回の補正予算は760万円の増額補正です。
 補正の主な内容ですが、国の制度改正に伴うもの、東京都教育委員会事業の指定に伴うもの、被災地支援に関わるもの、緊急修繕に関わるもの、人事異動等に伴う職員人件費の補正などでございます。
 8ページ、9ページをお開きください。まず歳入ですが、15款都支出金は760万円の増です。2項都補助金、商工費都補助金、消費者行政推進交付金20万円は、消費者問題解決力の強化に関する事業に対する交付金で、補助率は10分の10でございます。本交付金を財源として、歳出の商工費に計上いたしました「消費生活センターだより」のカラー化を図るものでございます。
 3項委託金、教育費委託金740万円は、東京都教育委員会が実施する4つの事業について、市内の小中学校がそれぞれモデル校等の指定を受けましたことから、各委託金を歳出と同額で計上いたしました。
 オリンピック・パラリンピック教育重点校事業については、平成28年度当初予算におきまして、オリンピック・パラリンピック教育推進校事業に係る予算を300万円を計上し、市内全校で事業を展開していく予定でございますが、このたび、オリンピック・パラリンピック教育重点校として、羽村東小学校が指定を受けましたことから、新たに20万円を計上するものでございます。重点校では、特にボランティアマインドの醸成、障害者理解の促進、スポーツ志向の普及・拡大などに取り組んでまいります。
 スーパーアクティブスクール事業については、中学生の体力向上に係る研究・開発を行い、生徒の体力向上を目指すものですが、羽村第一中学校が指定を受けたことから、新たに30万円を計上するものでございます。
 道徳教育推進拠点校事業については、道徳教育に先進的に取組み、研究・開発等を行うものですが、道徳教育推進の中核的な役割を担う学校として、松林小学校、羽村第二中学校が拠点校の指定を受けましたことから、新たに40万円を計上するものでございます。
 英語教育推進地域指定事業については、小学校における英語教育の指導体制や学習環境の強化及び授業改善を図るものですが、羽村市が推進地域の指定を受けたことから、新たに650万円を計上するものでございます。
 10ページ、11ページをお開きください。次に歳出です。
 1款議会費は546万9,000円の増です。これは4月の人事異動等に伴う職員人件費の増額です。職員人件費の補正については、各款においてそれぞれ増減措置を行っておりまして、各特別会計への職員人件費に係る繰出金についても増減措置を行っております。
 職員人件費に係る補正額は、各特別会計への職員人件費に係る繰出金も含めて、総額で92万円の減額となります。
 次に、2款総務費は210万5,000円の減でございます。1項総務管理費、1目一般管理費のうち、庶務事務に要する経費、訴訟弁護委託料27万円は、過払金差押え債権取立請求事件の提訴に伴う訴訟弁護委託料着手金でございます。本件は、今次定例会に上程いたしました議案第47号「訴えの提起」に関わるものでございます。被告は、アコム株式会社、訴訟請求額は約240万円、市税滞納分の回収見込み額は約140万円となっております。
 15目広域行政費、被災地支援に要する経費184万4,000円は、熊本地震で多大な被害が出ている被災地を支援するため、職員派遣、支援物資の送付などを実施するものでございます。
 職員派遣については、6人をそれぞれ1週間派遣するための特別旅費、予防接種手数料などを計上いたしました。支援物資の送付については、土のう、防水シートなどを購入するため、被災地支援消耗品を計上するとともに、水はむらの購入費として、公営企業被災地支援負担金66万6,000円を計上いたしました。
 また、これらの物資を被災地へ送付するための運搬料として、郵便料等37万8,000円を計上いたしました。
 16ページ、17ページをお開きください。3款民生費は1,110万9,000円の減でございます。
 18ページ、19ページをお開きください。一番上に記載があります児童扶養手当管理システム業務委託料259万2,000円については、国の制度改正に伴い、児童扶養手当管理システムを改修する必要が生じましたことから、システム改修を実施するものでございます。
 次に、20ページ、21ページをお開きください。4款衛生費は128万9,000円の減です。4月の人事異動等に伴う職員人件費の増減措置を行うものでございます。
 22ページ、23ページをお開きください。6款農林費は、職員人件費の補正のみで16万2,000円の減です。
 7款商工費は438万3,000円の減です。
 24ページ、25ページをお開きください。2目商工振興費のうち商工業振興に要する経費1,784万円の減額及び産業福祉センターの運営に要する経費の12万6,000円の減額については、平成27年度第7号補正において、地方創生加速化交付金を活用し、平成28年度当初予算に計上したこれらの創業支援事業を、前倒しして繰越明許費として予算措置したことに伴い、同じ内容の予算がダブル計上されておりますことから、予算の整理を行うものでございます。
 次に、産業福祉センターの維持管理に要する経費、産業福祉センター屋上防水工事771万5,000円については、産業福祉センターで雨漏りが発生しており、これまで職員が直営で修繕をして対応してまいりましたが、修理の後、また別の場所から雨漏りする状況が発生しており、今後、梅雨や台風の時期を迎えるにあたり、利用者の安全・安心を確保し、快適に利用していただくため、緊急修繕を実施するものでございます。
 次に3目消費経済費、消費生活の推進に要する経費20万円は、歳入で説明しましたとおり、東京都補助金を財源として、「消費生活センターだより」をカラー化し、内容の充実を図るものでございます。
 次に8款土木費は848万3,000円の増です。4月の人事異動等に伴う職員人件費の増減措置を行うものです。
 28ページ、29ページをお開きください。10款教育費は1,269万6,000円の増です。1項教育総務費、2目教育指導費のうち、教育研究・教育指導に要する経費90万円については、歳入でご説明しましたとおり、東京都委託金を財源として、オリンピック・パラリンピック教育重点校事業、スーパーアクティブスクール事業、道徳教育推進拠点校事業を実施するため、指導員謝礼、事業用消耗品などを計上いたしました。
 次の国際理解教育に要する経費650万円についても、歳入で説明しましたとおり、東京都委託金を財源として、英語教育推進地域指定事業を実施するため、外国人講師報償金、事業用消耗品などを計上いたしました。
 以上で、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」の細部説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由並びに内容説明は終わりました。
 お諮りいたします。議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」から議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」までの6件については、17人の委員をもって構成する一般会計等予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、議案第39号「平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)」から議案第44号「平成28年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」までの6件は、17人の委員をもって構成する一般会計等予算審査特別委員会を設置し、これに付託し、審査することに決定いたしました。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時58分 休憩
                                    午前10時59分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 ただいま設置されました一般会計等予算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第2項の規定により、議長からお手元に配付の名簿のとおり、17名の方を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、委員はお手元に配付の名簿のとおり選任することに決定いたしました。
 この際、役員互選のため休憩し、一般会計等予算審査特別委員会を委員会条例第9条第1項の規定により、議員控室に招集いたしますので、ご了承願います。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時59分 休憩
                                    午前11時20分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 この際、報告いたします。一般会計等予算審査特別委員会から、委員長に、瀧島愛夫委員、副委員長に、濱中俊男委員が選任された旨、報告がありました。
 以上で報告を終わります。
 この際、土木課長から、議案第38号に係る質疑に対する答弁について、訂正の申出がありますので、これを許します。土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 「羽村市営駐車場条例の一部を改正する条例」の中で、中嶋議員のご質問の中で、私、動物公園第1駐車場の市有地の部分の面積について、4万4,521平米とご回答させていただいたんですが、大変申し訳ございません。4,452平米の誤りでございます。大変申し訳ございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 次に、日程第12、議案第45号「羽村堰下橋耐震補強等工事請負契約について」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 議案第45号「羽村堰下橋耐震補強等工事請負契約」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、羽村市が管理する羽村堰下橋につきまして、大地震に備えた橋脚の補強や落橋防止対策等を図るため、耐震補強等の工事請負契約を締結しようとするものであります。
 契約の方法は、制限付一般競争入札、契約金額は、1億6,416万円、契約の相手方は、東京都羽村市神明台二丁目4番地39、株式会社島田組、代表取締役島田弘道、契約の期間は、契約確定の日の翌日から平成29年3月24日までであります。
 工事の概要ですが、耐震補強工事として、橋脚補強と落橋防止装置を設置するほか、補修工事として、ひび割れ補修等を行うものであります。
 細部につきましては、都市建設部長から説明いたしますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市建設部長(細谷文雄) それでは議案第45号羽村堰下橋耐震補強等工事の細部につきまして、ご説明をさせていただきます。
 議案第45号資料の1ページ目、羽村堰下橋耐震補強等工事の概要説明書をご覧ください。
 羽村堰下橋は、玉川一丁目から清流地区へとつなぐ、長さ267メートルの人道橋でありまして、昭和54年3月に建設され、37年が経過をしております。
 本工事は、大地震に備えた橋脚の耐震補強に併せ、経年劣化によるひび割れなどの補修等を行うものであります。
 なお、本工事につきましては、平成28年第1回羽村市議会定例会において議決されました、平成27年度羽村市一般会計補正予算(第6号)による、平成27年度の一般会計繰越明許費により執行するものでございます。
 工事の概要としましては、まず、耐震補強工事としまして、5本ある橋脚を鉄筋とコンクリートにより巻き立て、橋脚の補強工事を行います。また、橋桁と橋台及び橋脚をチェーンにて連結し、地震による橋桁の落下防止を図ります。
 次に、補修工事としまして、コンクリートのひび割れ箇所の補修やフェンスの塗装、7か所あります照明灯を水銀ランプからLEDに交換するなどの工事を行います。
 4ページから5ページまでの図面につきましては、大変小さくて恐縮でございますが、工事の概要を、側面図、平面図、断面図等により示したものとなります。
 工期としましては、平成29年3月24日までとしておりまして、橋脚の部分については、台風などによる河川の増水も予想されますので、渇水期の11月頃の着手となる見込みでございますが、年間を通して工期の調整により、なるべく早く着手するなど、円滑な工事の推進に努めてまいります。
 以上で、羽村堰下橋耐震補強等工事の細部の説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由並びに内容説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) この工事をしますと、震度いくつまで耐えられる橋になるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 今回のこの工事を行いますと、耐震レベルでいきますと、レベル2地震動ということになります。レベル2地震動となりますと、許容期間中に発生する確率の低いが、大きな強度を持った地震動ということでございまして、阪神・淡路大震災、東日本大震災、今回の熊本大震災、こちらのレベル震度6強以上の耐震レベルが図られるというような形になっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) 震度7でも大丈夫かどうかというのは、防災計画の話もありますけれども、何かもし数値があればお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) これにつきましては、震度6以上ということでございますけれども、同等レベルということで考えれば、震度7についても耐震レベルは確保できるというような判断で、私どものほうは設計をしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。16番 瀧島議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16 番(瀧島愛夫) ただいまの答弁なんですけど、震度6以上というと、限度はどこまで。以上ということはどこまで持つんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 震度につきましては6以上とお話しさせていただきましたが、6強から概ね7レベルというような判断をしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。10番 橋本議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10 番(橋本弘山) この橋につきましては、耐震の補強ということなんですけれども、そこで、補修工事の中で、高欄塗装という工事があるんですけれども、私、ちょっと希望といいますか、この生活橋も羽村の堰の土木遺産になっている堰の一部というか、そういうふうな考え方だとすれば、周りの景観にマッチしたような塗装、色の配色をぜひお願いしたいと思うんですが、その辺はどういうふうに考えておるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) 高欄の塗装につきましては、現在では現況の塗装の着色と同じものを使用しようと考えておりますが、この景観等含めまして、その辺につきましては内部で検討させていただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。5番 中嶋議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5 番(中嶋 勝) 工事期間中の安全面の確認と、今、出ていた塗装したりするので、上の通路、通行止めになるかならないかとか、市民が使っている生活橋ですので、その辺のお話をお願いします。
 それから、渇水期に工事ということで、実質5か月弱ですか、勘定するとね。本当にこの期間で完了してもらうように一生懸命私たちも思っているわけですけれども、その辺の取組み。柱に関しては、渇水期からということになろうかと思いますが、できるところはやって、この5か月弱でどうにか仕上げてもらいたいというふうに思っている1人なんですけれども、その辺のお答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(杉山 誠) まず初めに、安全面に関してでございますけども、河川内につきましては、河川管理者と綿密な調整をいたしまして、河川利用者の安全を確保するための対応策を取ってまいりたいと思っています。橋の上部につきましては、やはり日常の生活の橋でございますので、歩行者、自転車等の通行がございますので、それについても福生警察署も含め、万全な体制が取れるよう請負者とともに対応していきたいと思っております。
 また、そちらにつきましては、常に歩行者がございますので、保安要員等を配置いたしまして、その辺の安全面を確保していくというような形で考えております。
 あと施工時期につきましては、確かに渇水期は5か月ほどになってしまいます。できるものにつきましては、渇水期の前から河川管理者とともに協議をしながら、進めていきたいと思っておりますので、また、施工管理、これについても組織として、全体で対応していくというようなことを考えておりますので、そういった中で3月完了目指して取り組んでまいりたいと思っております。
 あと、橋の上の通行止めですけども、基本的に通行止めはしない形で工事は進めてまいります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。12番 小宮議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12 番(小宮國暉) 2つばかり質問させていただきますが、一つはこの工事そのものは、本来昨年度中に完成という取組みをしていたというふうに思っております。なぜこの28年度の工事に移ったかというところと、その理由が、不調というふうな言葉は不適切かとは思いますけども、それになった要因ですね。それと再発防止、それによって金額が上がって、そういうふうな今回の結果になってくると思いますが、結果については賛成でございますが、その要因をきちんと調べておかないと、またこのようなことが起こるというふうに思いますので、その辺のことをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市建設部長(細谷文雄) これまでも議会等でご説明をしておりますけれども、遅れた要因というのは、前年度、発注時期が年度当初から行わなかったということで、業者の方も着手の時期が遅れて、年度内には難しいと、そういう話もございました。それから、経費面でも、若干工法的な経費を見ましても、費用が若干足りないのではないかというご意見もいただいておりましたので、その2点を見直して、今年度は経費を補正で上げさせていただきまして、さらに時期についても、今回の6月議会で、年度当初からスタートできるような形を取って、それで対応をしているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 並木市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 今、小宮議員からもご質問がありましたように、契約の案件でございまして、議会にも補正予算を組んでいただいたり、大変ご迷惑をおかけした案件でございます。その時の不調のことにつきましては、それぞれの業者の方の入札行為でございますので、私たちは最善の案を出したつもりでございますけども、それが結果的にはうまくいかなかったということで、我々内部でこれにつきましてきちんと検討させていただくと同時に、客観的ないろいろなご意見についても参酌させいただいて、今回は不退転の決意で出させていただいたものでございます。そういう意味では、今、ご質疑ありましたところにつきましても、検討した上で、今回の事業については落札業者がきちんとしてくださるということを確信はしているところでございます。
 また、昨日の冨松議員からのご質問もございましたけども、制限競争入札でございますけれども、指名競争入札等々で、公正に行った行為でございますけども、結果的に羽村の業者の方が落札して、この羽村の公共事業についてきちんとやっていただくと、こういうふうな形の一つの例でもございますので、議員の皆様方のご理解に対して感謝申し上げながら、きちんとした事業が遂行できるように期待をかけていきたいと思います。行政も監視をしていきたいというふうに思っています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第45号「羽村堰下橋耐震補強等工事請負契約について」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第13、議案第46号「損害賠償額の決定について」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 議案第46号「損害賠償額の決定」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、羽村市老人福祉館神明苑に係る物損事故に伴い、国家賠償法第2条第1項の規定に基づき、相手方の損害を賠償する必要が生じておりましたが、このたび、相手方との示談が成立いたしましたので、損害賠償額を決定し、和解するため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。
 損害賠償の額は27万7,066円で、その内容は車両の修繕費等であります。
 損害賠償の相手方は、議案に記載のとおりであります。
 事故の概要は、平成28年1月19日、午後3時30分ごろ、羽村市神明台一丁目16番地6に所在する神明苑の屋根に積もった雪の塊が落下し、隣接地に駐車していた自動車の車体の一部を破損させたものであります。
 以上、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) ちょっと状況もよくわからないところもあるんですけども、まず、雪については、何ら降った後に神明苑のほうで雪かき等していなかったのかどうかということと、それと今後も起こる可能性があるわけですから、今後の防止策、きちっとした防止策をお伝えいただきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) ただいまのご質問でございますが、今回1月17日から18日にかけて東京地方に積もった雪のため、この神明苑の2階部分に積もった雪が落下して、こういった事故になってございます。その降雪の際には、雪かき等の措置は行っておりませんでした。
 これからの対応についてでございますが、雪止めがございませんので、雪止めをするという方法が一つあるかと存じますけれども、例えば、降雪時におきます現場確認の徹底ですとか、雪下ろしなどしながら対応する一方で、近隣にお住まいの方に対しては、一時的にちょっとご注意をお願いするような形で対応してまりいたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) 最後のほう、ちょっとよくわからない。近隣にお住まいの方にはということはどういうことか。具体的にはどういうことを言っているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) 降雪があった際に、周りのお住まいの方に、一時的にそういった形でご注意もしていただけたらということで、お願いなどもしてまいりたいという意味でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 13番 馳平議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13 番(馳平耕三) 相手方は福生の方ですよね。そこに住んでいる人じゃなくて、店舗に来た人なわけですよね。構造上も多分その店舗に雪が行っちゃうような形になっているんで、降雪したら雪が行く形になっているからそういう事故が起こっていると思うので、その近隣の方とか関係ないような気もするわけですけれども、何をその近隣のお住まいの方がどういうふうなことができるのかということがわからないんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) 今回の事故につきましては、隣にアパートがございまして、その1階に不動産会社が入ってございますが、そちらのところにお客様としていらっしゃっていた方の車に事故があったものでございますが、そういった形で、その駐車場をご利用されている、アパートにお住まいの方などについて、そういったことを一時的にご注意をお願いするというようなこともあるかなということでご答弁させていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) こういうケースでは保険か何かに入っていて、そこからお金が出るということがあるのかないのか。今回は車だからよかったんですけども、例えば、人を傷つけるなんてことになった場合大変だと思いまして、質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 契約管財課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯契約管財課長(神尾成也) 市では、市民総合賠償保険金に入っておりまして、そこから損害賠償については、1回、市のほうに入って、ご本人にお支払いするような格好になっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 7番 鈴木議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7 番(鈴木拓也) その保険の内容なんですけれども、最高額はどのぐらいのものが出るという保険になっているのかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 契約管財課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯契約管財課長(神尾成也) 賠償責任保険につきましては、身体賠償につきまして1名につき2億円、1事故につき20億円、また財物賠償につきましては、1事故につき2,000万円の保険に入っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第46号「損害賠償額の決定について」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第14、議案第47号「訴えの提起について」の件を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。並木市長。
     〔市長 並木 心 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 議案第47号「訴えの提起」につきまして、ご説明いたします。
 本案は、市税等滞納処分により差押さえた過払金に係る取立訴訟を提起するため、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 訴えの内容ですが、訴訟当事者は、原告が羽村市、被告をアコム株式会社とし、過払金及び過払金に対する支払日までの年5分の割合による利息の支払いを求めるものであります。
 細部につきましては、財務部長から説明いたしますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(早川 正) それでは議案第47号の「訴えの提起について」の細部についてご説明申し上げます。
 まず、訴えの提起に至る経緯でございますが、市は、市税等の滞納者につきましては、法律に基づき財産調査を行い、換価が可能である土地、建物といった不動産、給与、預金、生命保険、過払金といった債権などの財産を発見した場合は、差押えを行っております。
 今回議案として上程いたしました訴えの提起に係る滞納者は、2人で、合わせて約225万3,300円の滞納額がありましたが、財産調査の結果、過払金のほかに差し押さえ対象財産がございませんでした。そこで、滞納者本人の了解を得て、貸金業者を第三債務者として過払金を差し押さえたものでございます。
 その後、貸金業者と交渉を重ね、支払いを求めましたが、自主的に履行されないことから、提訴が妥当であると判断し、提案に至ったものでございます。
 次に、市と滞納者と貸金業者の三者の関係でございますが、市が滞納者の有している貸金業者に対する過払金とその利息の返還請求権について差押え処分を執行したことにより、滞納者が本来持っている過払金の返還請求権を取得いたしました。このことにより、今後支払われる過払金については、滞納税に充当することが可能となるものでございます。
 それでは、訴えの内容につきまして、議案の次ページにあります別紙によりご説明いたします。
 訴訟当事者は、羽村市が原告となり、被告を東京都千代田区丸の内二丁目1番1号、アコム株式会社とする訴訟でございます。
 訴訟の目的の価格は、過払金238万9,159円と、これに支払日までの法定利率であります年5分の割合による利息を加えるものです。
 事件の概要ですが、先ほど訴訟に至る経緯でご説明したとおりでございます。
 事件に関する取扱いですが、上訴、和解、その他、この事件の処理に関する事項は、市長に一任するというものでございます。
 次に、裁判に要する費用とその効果ですが、申立て諸費用及び着手金、成功報酬等の弁護士費用は、裁判の経過にもよりますが、合わせて80万4,081円と見込んでおります。このうち、申立て諸費用及び着手金については、議案第39号平成28年度羽村市一般会計補正予算(第1号)において、訴訟弁護委託料として、そのうち27万円を計上させていただいております。
 成功報酬については、被告から支払われた段階で金額が確定することから、改めて補正予算に計上させていただく予定でございます。
 また、この訴訟費用等は、一度市の一般会計から支出しますが、被告から支払われた後に、歳入の雑入にあります滞納処分費として、一般会計に収入することになり、こちらも金額が確定した後、改めて補正予算に計上させていただく予定でございます。
 今回の提訴に係る効果額ですが、仮に、平成28年7月31日に被告から過払金が支払われると想定し、年5分の割合による利息を加算した試算ですが、支払われる金額が284万3,684円、このうち市税に充当できる金額は、延滞金を含めて約138万8,934円、弁護士費用等の滞納処分費への充当80万4,081円と見込んでおります。
 以上で、訴えの提起についての細部の説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) これをもって提案理由並びに内容説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより討論に入りますが、通告がありません。討論ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第47号「訴えの提起について」の件を採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。本日はこれにて散会といたします。大変ご苦労さまでございました。
                                    午前11時49分 散会