議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年第1回議会運営委員会 本文




2016.02.22 : 平成28年第1回議会運営委員会 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(瀧島愛夫) おはようございます。定刻になりましたので始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は、8名であります。定足数に達しておりますので、これより平成28年第1回議会運営委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。
 議事に入る前に、議長よりご挨拶をお願いいたします。石居議長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) おはようございます。お忙しいところ、お集まりいただきまして、ありがとうございます。
 1月は行く、2月は逃げるですか、3月は去ると。正月だったのが、あっという間にもう3月定例議会かなという、今、実感をしております。
 この3月定例議会は、予算審査ということもあり、また、補正予算、大事な案件も出ております。どうぞ慎重な審議をよろしくお願いを申し上げまして、ご挨拶にかえさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 日程第1、「市長提出議案の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 市長部局より説明を願います。企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) それでは、平成28年第1回羽村市議会(定例会)提出議案につきましてご説明申し上げます。
 それでは、提出議案概要書をご覧ください。
 議案第1号から議案第7号までにつきましては、平成28年度の各会計の当初予算でございます。
 まず、議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」、歳入歳出予算総額を219億2,000万円とするものでございます。対前年度比につきましては、0.1%の増となっております。
 議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」でございます。歳入歳出予算総額を72億6,650万円とするもので、前年度比につきましては0.7%の減でございます。
 議案第3号は「平成28年度羽村市後期高齢者医療会計予算」で、予算総額につきましては、10億1,960万円でございます。対前年度比でございますが、4.8%の増でございます。
 議案第4号「平成28年度羽村市介護保険事業会計予算」でございます。予算総額につきましては32億3,350万円でございます。対前年度の比率が9.2%の増でございます。
 議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」でございます。予算総額につきましては、14億180万円でございます。対前年度比が315.6%の増でございます。
 議案第6号「平成28年度羽村市下水道事業会計予算」でございます。予算総額につきましては12億4,380万円で、対前年度比で2.6%の減でございます。
 1枚おめくりいただきまして、議案第7号「平成28年度羽村市水道事業会計予算」でございます。
 まず、収入支出予算総額でございますが、収益的収入及び支出でございますが、収入につきましては11億3,016万4,000円でございます。支出につきましては、8億8,539万2,000円でございます。対前年度比でございますが、収入につきましては2.8%の減、支出につきましては5.5%の減でございます。
 資本的収入及び支出でございますが、収入につきましては8,568万5,000円、支出につきましては5億9,701万5,000円でございます。対前年度比でございますが、収入につきましては22.4%の増、支出につきましては3.8%の減でございます。
 議案第8号「行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例」でございます。
 提出理由でございますが、「行政不服審査法」の施行に伴いまして、関係する条例の一部を改正するものでございます。
 主な内容でございますが、行政不服審査制度変更への対応及び文言の整理を行うもので、内容でございますが、「羽村市固定資産評価審査委員会条例」「羽村市行政手続条例」「羽村市個人情報保護条例」「羽村市情報公開条例」「羽村市人事行政の運営等の状況の公開に関する条例」、5本の条例の改正でございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定しております。
 なお、行政不服審査の改正内容の主なものにつきましては、この後、行政不服審査に関する条例の制定を行いますので、その時に合わせてご説明いたします。
 続きまして、議案第9号「羽村市組織条例及び羽村市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、市の内部組織につきまして、多様化する市民ニーズや行政需要に的確かつ迅速に対応するための効率的な組織体制を構築するとともに、市民に対し業務内容が明快な組織構造へと転換を図るため、条例の一部を改正するもので、内容でございますが、まず、「羽村市組織条例」では、第1条に規定しております市長の権限に属する事務を分掌させるための部のうち、「建設部」「都市整備部」を「都市建設部」「区画整理部」「上下水道部」とさせていただくものでございます。
 また、第1条の改正に合わせ、第2条に規定してございます各部の事務分掌を整備するものでございます。
 「羽村市水道事業の設置等に関する条例」では、第4条第2項に規定してございます水道事業の管理者に属する事務を処理させるための組織について、「水道事務所」を「上下水道部」とするものでございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 議案第10号「羽村市職員の旅費に関する条例及び羽村市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、「地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律」の施行に伴いまして、条例の一部を改正するものでございます。
 主な内容でございますが、地方公務員法を引用する条文等の整備を、それぞれの条例につきまして整備するものでございます。
 施行日でございますが、平成28年4月1日を予定してございます。
 おめくりいただきまして、議案第11号でございます。「羽村市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、「地方公務員災害補償法施行令の一部を改正する政令」の施行に伴いまして、条例の一部を改正するもので、主な改正内容でございますが、本条例の適用を受け、公務災害補償として傷病補償年金又は休業補償を受ける者が、同一の事由により厚生年金保険法による障害厚生年金等を受給する場合におきまして、受給する公務災害補償額を調整する率を「0.86」から「0.88」に改正するものでございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 議案第12号「羽村市実費弁償条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、「農業協同組合法等の一部を改正する等の法律」の施行に伴いまして、条例の一部を改正するもので、費用弁償の対象となるものを規定している農業委員会等に関する法律を引用する条文の整備をするものでございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 続きまして、議案第13号でございます。「職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、東京都人事委員会勧告等を勘案し給与改定を行うもので、また、「地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律」の施行に伴いまして、職員の職務を給料表の各等級に分類する際の基準となる等級別基準職務表を新たに条例に規定するものでございます。
 なお、従前につきましては、規則で規定してございました。
 併せて、職員手当につきまして、条例で規定するため、条例の一部を改正するもので、主な内容でございますが、まず、給料表の改定でございますが、東京都の職員表に合わせ、一般行政職につきましては、表上の改定率を0.15%、職員分布を加味した実際の改定率につきましては0.12%でございます。技能労務職につきましては、表上の改定率が0.15%、職員分布を加味した実際の改定率につきましては0.08%でございます。
 また、期末勤勉手当の年間支給月数の改定で、年間「4.2月」を「4.3月」とするもので、再任用職員につきましては、「2.2月」を「2.25月」とするものでございます。6月及び12月に支給します勤勉手当を「0.8月」から「0.85月」、再任用職員につきましては「0.375月」から「0.4月」に改定するものです。
 ただし、平成27年12月に支給する勤勉手当につきましては、0.9月、再任職員につきましては0.425月とするものでございます。
 また、等級別基準職務表を追加するものと、現在、管理職手当につきましては、パーセンテージ表示をしてございますが、支給範囲、支給額を定額の支給額にするために追加するものでございます。
 施行日でございますが、公布の日から施行させていただきます。ただし、等級別基準職務表については、平成28年4月1日から、給料表につきましては、平成27年4月1日にさかのぼり、また、期末勤勉手当につきましては、平成27年12月1日にさかのぼり適用させていただくものでございます。
 おめくりいただきまして、議案第14号でございます。「議会の議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、議員の期末手当の支給月数を引き上げるため、条例の一部を改正するもので、期末手当の年間支給月数を「4.2月」から「4.3月」に改正するものでございます。6月期の期末手当につきましては、「2月」から「2.05月」に、12月期の期末手当につきましては、「2.2月」から「2.25月」に引き上げるもので、ただし、平成27年12月に支給する期末手当につきましては、2.3月とさせていただくものでございます。
 施行の日でございますが、公布の日から施行しまして、平成27年12月1日から適用するものございます。
 議案第15号「羽村市長等の給料等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、市長、副市長及び教育長の期末手当の支給月数を引き上げるため、条例の一部を改正するもので、期末手当の年間支給月数の改定は、「4.2月」から「4.3月」、6月期期末手当を「2月」から「2.05月」に、12月期の期末手当を「2.2月」から「2.25月」に引き上げるものでございます。
 ただし、平成27年12月に支給する期末手当につきましては、2.3月とするものでございます。
 施行日につきましては、公布の日から施行し、平成27年12月1日から適用するものでございます。
 なお、先ほどの議案第13号、第14号、本第15号につきましては、それぞれ東京都人事委員会の勧告を勘案し、改定するものでございます。
 続きまして、議案第16号でございます。「羽村市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、行政不服審査法の施行と総務省から、番号制度の一部の手続きにおける個人番号の利用の取り扱いを見直す方針が示されたことに伴いまして条例の一部を改正するもので、主な改正内容でございますが、行政不服審査法の施行による行政不服審査制度変更への対応及び文言の整理、市民税及び特別土地保有税の減免申請の手続きにおける個人番号の記載に関する規定の整備、また、固定資産税の番号制度に関する一部の条文に法律の条番号を加えるものでございます。
 施行日でございますが、行政不服審査法の施行に伴うもの、また、市民税及び特別土地保有税の関係につきましては平成28年4月1日、固定資産税に関するものにつきましては公布の日とさせていただくものでございます。
 議案第17号「羽村市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、「学校教育法等の一部を改正する法律」の施行に伴い、学校教育法に規定する小・中学校に加え、小学校から中学校までの義務教育を一貫して行う「義務教育学校」が新たな学校の種類として規定されることから、条例の一部を改正するもので、改正内容でございますが、放課後児童健全育成事業に従事する職員の資格要件として、学校の教諭資格を規定している第10条第3項第4号に「義務教育学校」を加えるものでございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定しております。
 議案第18号「羽村市学童クラブ条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、武蔵野第二学童クラブの移転に伴いまして条例の一部を改正するものでございます。
 主な内容でございますが、武蔵野第二学童クラブの位置を改めるもので、現在、東児童館に第一学童、第二学童、二つございますが、そのうち第二学童クラブにつきまして、神明台アパートの中にあります場所に第二学童クラブを設置するために、本条例の改正をするものでございます。
 なお、施行日につきましては、平成28年5月16日を予定してございます。
 なお、この日につきましては、現在、内装工事等を進めてございますが、実際に動くことができる日につきまして施行日とさせていただいているものでございます。
 議案第19号「羽村市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の一部改正に伴いまして条例の一部を改正するもので、主な内容につきましては、地域密着型通所介護の創設、認知症対応型通所介護における運営推進会議の設置でございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 続きまして、議案第20号「羽村市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準の一部改正に伴いまして条例の一部を改正するもので、介護予防認知症対応型通所介護におけます運営推進会議の設置でございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 続きまして、議案第21号「羽村市防災会議条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、羽村市防災会議の委員に、陸上自衛隊の隊員及び市長が必要と認める者を追加するため、条例の一部を改正するもので、主な内容でございますが、防災会議委員の規定に、「陸上自衛隊の隊員のうちから市長が委嘱する者及び市長が必要と認める者」を加えるもの、また、「市の消防団員のうちから市長が任命する者」を「市の消防団長」に改めるものでございます。
 また、その他、文言の整理を行うもので、施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 議案第22号「羽村市行政不服審査条例」でございます。新たな条例制定でございます。
 行政不服審査法が改正され、従前は、異議申立てと審査請求の2本の形で取り扱いがございましたが、異議申し立てにつきましては、処分庁に直接不服申し立てを行うもの、また、処分をした処分庁以外の行政庁に行う審査請求という2種類でございましたが、今回の改正によりまして、全てが審査請求に一本化されました。このため、これらの改正も行うわけでございますが、まず、市としては、直接処分庁でございますところにつきましては、審理委員を置かせていただきまして、全ての審査請求に関する手続きを、その審理委員が行うこととさせていただく形になります。
 処分庁と審理委員につきましては、まず、処分庁につきましては、その行政処分があったところにつきまして審査請求を行うわけでございますが、そこと直接関係がない部署におきまして審理委員を選出し、その者が全ての審理手続きを主宰するという形になります。また、妥当性を判断するために、第三者機関として行政不服審査会等を新設するものとされております。
 そしてまた、法律では、行政不服審査につきましては、手数料の規定が新たに加わってございますが、それにつきまして、手数料は無料。ただし、関係者が提出書類等のコピーを求める時につきましては、情報公開条例等と同様にコピー代をいただく、実費徴収をするというような規定を設けさせていただくものでございます。
 それでは、概要書のほうにお戻りいただきまして、制定理由でございますが、行政不服審査法の施行に伴い、法に定めるもののほか、羽村市におけます行政不服審査の手続きを定めるため、この条例を制定させていただきます。
 まず、行政不服審査法第38条第6項の規定により読み替えて適用する同条第4項及び法第81条第3項の規定により読み替えて準用する法第78条第4項に規定する手数料、また、法第81条に規定する行政不服審査会について、必要な事項を定めるものでございます。
 なお、先ほどお話ししたように、手数料につきましては無料とする、また、コピー代等につきましては、実際にかかった費用につきまして徴収をさせていただく。そして、第三者機関として行政不服審査会を設置するというものが主な内容でございます。
 施行日でございますが、平成28年4月1日を予定してございます。
 続きまして、議案第23号「羽村市保育園条例を廃止する条例」でございます。
 羽村市立保育園民営化ガイドラインに沿い、平成29年4月1日に市立しらうめ保育園を民間事業者に移管することから、条例を廃止するもので、本条例の廃止でございます。
施行日につきましては、平成29年4月1日を予定してございます。
 議案第24号でございます。「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第6号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ3億2,760万円を追加し、歳入歳出それぞれ230億2,770万円とするものでございます。
 詳細につきましては、後ほど別紙でご説明申し上げます。
 議案第25号「平成27年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ5,177万4,000円を減額し、歳入歳出それぞれ75億3,738万9,000円とするもので、歳入につきましては、被保険者数の減少に伴います保険税の減、退職被保険者数の減少に伴います療養給付費等交付金の減でございます。
 歳出につきましては、退職被保険者の減少に伴う退職被保険者等療養給付費及び高額療養費の減、実績に伴います共同事業交付金等の減でございます。
 おめくりいただきまして、議案第26号「平成27年度羽村市後期高齢者医療会計補正予算(第2号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ2,575万1,000円を追加し、歳入歳出それぞれ10億3,714万8,000円とするもので、歳入につきましては、後期高齢者医療費保険料の増、歳出につきましては、広域連合負担金の増でございます。
 議案第27号「平成27年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ138万1,000円を減額し、歳入歳出それぞれ30億4,429万円とするもので、歳入につきましては、都補助金の減、また一般会計繰入金の増でございます。
 歳出につきましては、総務費(非常勤特別職報酬等)の減、地域支援事業費の減でございます。
 議案第28号「平成27年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ54万5,000円を増額し、歳入歳出それぞれ3億4,168万1,000円とするものでございます。
 歳入につきましては一般会計繰入金の増、歳出につきましては給与改定等に伴う職員人件費に要する経費の増でございます。
 議案第29号「平成27年度羽村市下水道事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ7,382万8,000円を減額し、歳入歳出それぞれ11億9,832万9,000円とするもので、歳入につきましては、使用料、繰入金、市債の減、また、歳出につきましては、維持管理費、公共下水道事業費、流域下水道事業費等の減でございます。
 おめくりいただきまして、議案第30号「平成27年度羽村市水道事業会計補正予算(第2号)」でございます。
 まず、年間総給水量でございますが、6万立法メートルを減量し、654万5,720立法メートルとするものでございます。
 また、1日平均給水量につきましては、164立法メートルを減量し、1万7,884立法メートルとするものでございます。使用水量等の減によるものでございます。
 主な建設改良事業につきましては、2,360万円を減額し、1億5,750万4,000円とするものでございます。なお、これにつきましては、配水管整備でございます。
 施設整備につきましては、1,500万円を減額し、5,055万6,000円とするものでございます。事業確定に伴います事業費の減でございます。
 収益的収入及び支出でございますが、まず、収入でございますが、3,590万円を減額し、11億2,636万5,000円とするものでございます。
 支出につきましては、1,294万4,000円を減額し、9億1,558万4,000円とするもので、収入につきましては、有収水量減に伴います水道料金の減、他会計負担金の減等でございます。
 支出につきましては、動力費、事業確定に伴う委託料の減、また、給与改定等に伴います人件費の増でございます。
 資本的支出でございますが、4,095万円を減額し5億7,723万8,000円とするもので、事業確定に伴います委託料、工事請負費、量水器費等の減、また、給与改定に伴います人件費の増でございます。
 補てん財源でございますが、資本的収入額7,000万1,000円が資本的支出額5億7,723万8,000円に対して不足する額5億723万7,000円につきましては、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,531万円、減債積立金1億5,954万7,000円、過年度分損益勘定留保資金1億2,721万6,000円、当年度分損益勘定留保資金2億516万4,000円で補てんするものでございます。
 続きまして、議案第31号「市道路線の認定について」でございます。
 認定理由でございますが、宅地開発事業により設置されました道路を市道路線として新たに認定するもので、認定する路線につきましては、市道第2159号線、場所につきましては、羽村市五ノ神二丁目5番地6のところでございます。
 議案第32号「東京都市町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について」でございます。
 変更理由でございますが、健全な財政運営の観点から、内部努力の一環として組合議員定数の削減を行うものです。
 また、組合が処理する事務につきましては、議員の公務災害に対する補償等であることから、本組合の議員につきましては構成団体の議長から選任することとするため、規約を変更するものでございます。
 主な内容でございますが、選挙区数の変更が「3区」から「5区」、議員定数の変更が「10人」から「5人」でございます。
 なお、施行日につきましては、東京都知事の許可のあった日からでございます。
 おめくりいただきまして、議案第33号「東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について」でございます。
 変更理由でございますが、平成27年度で終了します東京都後期高齢者医療の保険料軽減措置を継続するため、規約を変更するものでございます。
 改正内容でございますが、保険料軽減に係る各区市町村の分賦金の負担項目・割合を規約の附則に規定するもので、軽減期間につきましては、平成28年度から29年度とするものでございます。
 施行日につきましては、平成28年4月1日を予定してございます。
 それでは、もう1枚、別紙の平成27年度一般会計補正予算(第6号)概要説明書のほうをご覧ください。
 今回の補正の主な内容でございますが、それぞれ事業費の確定等に伴います予算の整理と決算に向けた予算の過不足を調整するもの、そして、平成28年1月20日に成立しました国の補正予算(第1号)に対応し、補助金等を活用して実施するものなどで、3億2,760万円の増額補正でございます。
 それでは、平成27年度一般会計補正予算の説明をさせていただきます。
 まず、歳入でございますが、市税につきましては1億6,000万円の増額でございます。
 市民税個人分につきましては、個人所得の伸び、法人分につきましては、一部大手企業の業績改善などに伴いまして、それぞれ増額するものでございます。
 続きまして、地方特例交付金でございますが、交付額の確定に伴い338万6,000円を減額するものでございます。
 分担金及び負担金は、実績に基づき371万6,000円の増額でございます。
 次に、使用料及び手数料でございますが、746万4,000円の減額でございます。各公共施設の使用料、手数料につきまして、実績に基づきそれぞれ減額措置を行ってございます。
 続きまして、国庫支出金でございますが、2億300万7,000円の増額でございます。主には、歳出の事業費と連動して国庫負担金、国庫補助金等の増減措置を行うものでございます。
 10番のところの特定防衛施設周辺整備調整交付金3,146万5,000円につきましては、追加交付分を補正するもので、この増額分につきましては、特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金に全額を積み立てるため、歳出の土木費に特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金積立金に同額を計上させていただいてございます。
 次に、12番自治体情報セキュリティ強化対策費補助金945万円でございますが、こちらにつきましては、歳出の総務費に情報管理に要する経費のうち情報セキュリティ機器設定等委託料、情報セキュリティ機器購入に対します補助金で、市の人口などを基に算出された補助上限額を計上してございます。
 なお、この補助につきましては、平成28年1月20日に成立しました国の補正予算に計上された地方自治体の情報セキュリティ強化のための補助金でございまして、この補助金を活用して羽村市の情報セキュリティの対策を進めてまいります。
 なお、本事業につきましては、繰越明許費を設定させていただいてございます。翌年度にかけて実施してまいります。
 また、繰越明許費につきましては、後ほど、またご説明申し上げます。
 国庫支出金の21学校施設環境改善交付金5,507万6,000円でございますが、歳出の教育費、5小中学校体育館改修工事(非構造部材対策)1億5,856万4,000円に対します国庫補助で、補助率は3分の1となっております。
 なお、こちらにつきましても、繰越明許費を設定させていただいてございます。
 なお、この補助金につきましても、国の補正予算(第1号)に計上されたものでございます。今回、補正予算で対応することで確実に補助金を獲得し、早期に着手していく予定でございます。
 1枚おめくりください。次に、都支出金でございます。6,221万3,000円の減額でございます。国庫支出金と同様に、歳出の事業費と連動して、都負担金、都補助金等の増減措置を行ったものが主な内容でございます。
 12番介護施設等の施設開設準備経費等支援事業補助金1,117万8,000円につきましては、歳出の民生費、11認知症高齢者グループホーム施設開設準備経費等補助金1,117万8,000円に対します補助で、平成27年12月に、市内の川崎地区に開設されました認知症高齢者グループホームの施設備品などの整備に対して補助を行うもので、10分の10の補助でございます。
 続きまして、財産収入につきましては、831万5,000円の増額でございます。玉川一丁目地内の旧市道の廃道敷地を払い下げたことによります市有地処分金でございます。
 寄付金につきましては、329万8,000円の増額でございます。市民の皆様また団体の皆様からのご厚意によります一般寄付金と特定目的寄付金でございます。
 繰入金につきましては、5,229万1,000円の減額でございます。歳出の減額等に伴いまして、財政調整基金繰入金、公共施設整備基金繰入金等の一部の繰り戻しを行うものでございます。
 続きまして、諸収入でございますが、2,938万2,000円の減額でございます。それぞれ実績に伴い減額をしたものでございます。
 市債でございますが、1億400万円の増額でございます。先ほど国庫支出金のところでご説明いたしました、国庫補助金を活用して実施します小中学校体育館改修工事(非構造部材対策)にかかる市債でございます。
 1枚おめくりください。歳出でございます。
 まず、議会費でございますが、150万円の減額でございます。職員人件費でございますが、この職員人件費につきましては、議会費だけではなく、本3月定例会に提案予定の給与改定や、また、年度途中の職員の退職、育児休業などに伴います増減を見込み、各款におきまして職員人件費の増減措置を行ってございます。
 1枚おめくりいただき、歳出の2枚目をご覧ください。
 一番下の欄外に職員人件費の一般会計全体での補正額を記載させていただいております。総額では101万9,000円の減額でございます。
 内容でございますが、給与改定による影響額が1,704万7,000円の増額、年度途中の退職等による影響が3,850万円の減額、その他2,043万4,000円の増額となっております。
 それでは、歳出の1枚目にお戻りください。
 総務費でございます。総務費につきましては527万5,000円の増額でございます。
 まず、2情報管理に要する経費のうち、2行目の右端に記載のございます社会保障・税番号制度中間サーバー利用負担金558万6,000円と、5の住民基本台帳に要する経費の地方公共団体情報システム機構番号制度事業負担金944万8,000円など、マイナンバー制度に関わります負担金につきまして国庫補助金を財源として措置してございます。
 続きまして、民生費でございますが、民生費は2億2,916万1,000円の増額でございます。
 16保育の実施に要する経費2億312万5,000円のうち私立保育園運営費につきましては、子ども・子育て支援制度におけます公定価格が確定し、市で見積もっておりました単価を大幅に上回ったこと、また、平成27年度の国の人事院の勧告に伴います国家公務員給与改定に準じた引き上げが行われたこと、また、保育園利用者数が増加したことなどの要因によりまして、2億4,418万3,000円と大幅に増額するものとなってございます。
 27生活保護に要する経費につきましては、医療扶助の増加などにより8,535万4,000円の増額となってございます。
 1枚おめくりいただきまして、衛生費でございますが、衛生費は2,217万8,000円の減額でございます。実績等に基づきます増減措置が主なものでございます。
 農林費でございますが、職員人件費の補正のみで、59万5,000円の減額でございます。
 商工費につきましても、同様に職員人件費の補正のみで、348万8,000円の減額でございます。
 続きまして、土木費でございますが、2,203万9,000円の増額でございます。
 5番羽村堰下橋耐震補強等工事2,408万6,000円については、平成27年度当初予算に計上させていただき、本年度中に実施する予定でございましたが、入札不調等に伴い事業期間を延伸させる必要が生じてございます。したがいまして、繰越事業として翌年度に実施する予定でございますが、労務単価等の見直し等を行いまして所要の経費を増額した上で繰り越しをするものでございます。
 続きまして、消防費でございますが、消防費は140万8,000円の減額で、消防団の出動回数の増加に伴い費用弁償を増額する一方、消火栓設置費等負担金につきましては、実績に基づき減額するものでございます。
 教育費でございますが、教育費は1億2,806万円の増額でございます。
 9番生徒派遣費等補助金213万円におきましては、全国大会等の上部大会へ出場する市内中学校のクラブが多かったことなどから増額するものでございます。
 続きまして、公債費でございますが、公債費は1,386万6,000円の減額でございます。元利償還金、利子償還金などそれぞれにつきまして、利率の確定等に基づき増減措置を行ったものでございます。
 諸支出金につきましては、1,390万円の減額でございます。羽村市土地開発公社土地取得利子補給金等につきまして、利率の確定に基づき減額を行うものでございます。
 なお、歳入のほうで歳出につきましてご説明したところにつきましては、省かせていただきました。申し訳ございません。
 1枚おめくりください。繰越明許費等につきましてご説明を申し上げます。
 まず、第2表の繰越明許費でございますが、こちらに記載の6事業につきまして、事業の全部または一部を翌年度に繰り越して実施するものでございます。
 まず、自治体情報セキュリティ対策事業、そして、上から五つ目と六つ目の小学校及び中学校体育館非構造部材耐震改修事業、この三つの事業につきましては、歳入等でご説明したとおり、国の補正予算に対応する形で、今回の補正予算で予算を確保し、翌年度に繰り越して実施するものでございます。
 上から二つ目の地方公共団体情報システム機構番号制度事業負担金につきましては、マイナンバー制度に係る国庫補助金10分の10事業ですが、国の指示に基づき繰越明許を設定するものでございます。
 三つ目、私立保育園施設整備費補助金でございますが、こちらにつきましては、民間事業者への補助金でございますが、私立さくら保育園の園舎建て替え事業の工期が延長となることに伴いまして繰越明許費を設定するものでございます。
 なお、園児等の新入園につきましては、間に合うというお話しを受けてございます。
 続きまして、四つ目の羽村堰下橋耐震補強等工事につきましては、先ほどお話ししたとおり、入札不調等に伴いまして事業期間を延伸する必要が生じたことから、これらの経費を翌年度に繰り越しして実施するものでございます。
 続きまして、第3表債務負担行為補正でございますが、平成27年度に契約期間が満了し、平成28年度から新たに指定管理委託契約を締結します三つの施設、水上公園、動物公園、スイミングセンターにつきまして、本年度中に契約行為等を進めていくため、債務負担行為を設定するものでございます。
 最後でございますが、第4表地方債補正でございますが、国庫補助金等を活用して実施します小中学校体育館の非構造部材対策の改修工事に係る地方債を措置させていただきました。表に記載がある補正後の限度額につきましては、本年度既に実施した体育館非構造部材耐震改修工事に係る地方債と、今回の補正で実施していくものの地方債の合算額となってございます。
 雑ぱくでございましたが、以上で、一般会計補正予算(第6号)の概要説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 以上で説明は終わりました。
 これについて何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第1、「市長提出議案の取り扱いについて」の件は、原案のとおり提案することをご承認願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり提案することを承認いたしました。
 では、ここで市長部局側については退席をお願いします。大変ご苦労さまでございました。
     (市長部局退席)
 次に、日程第2、「一般質問の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第2、一般質問の取り扱いにつきましてご説明申し上げます。お手元の一般質問者一覧表、そして一般質問通告項目一覧表をご覧いただきたいと存じます。
 今回の定例会で一般質問をされる議員は全員で17人でございます。質問項目は、全部で39項目ありまして、所要時間を合計いたしますと16時間45分でございます。
 割り振りの関係でございますが、3月1日の初日には、1人目の富永議員から5人目の小宮議員まで、2日目の3月2日は、6人目の大塚議員から11人目の門間議員まで6人、そして、3日目の3月3日は、12人目の馳平議員から17人目の水野議員まで6人の議員に質問を行っていただくよう、日程を割り振りさせていただいております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第2、「一般質問の取り扱いについて」の件は原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 次に、日程第3、「陳情書の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第3、陳情の取り扱いにつきましてご説明申し上げます。
 お手元の請願・陳情一覧表をご覧いただきたいと思います。今回は、新規の陳情2件が提出されております。
 それでは、陳情番号及び件名を読み上げさせていただきます。
 28陳情第1号、軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情、新規でございます。
 28陳情第2号、羽村駅西口地区整備用地取得に伴う定着物(建築物等)の解体撤去に関する建築物等解体撤去費用負担に関する経緯を明確にし、決算委員会における偽証答弁に対し相当の処分を求める陳情書、新規でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 それでは、ただいま事務局から説明のありました陳情書の取り扱いについて、順次ご協議を願います。
 まず、28陳情第1号の取り扱いについてご協議願います。ご意見ございますか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 本陳情に関しては、いわゆる議会、委員会に付託して相当なる審査をするのが妥当を思われます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかにご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) では、ご協議をいただきました28陳情第1号については、3月定例会に上程することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、3月定例会に上程することに決定をさせていただきます。
 では、次に、28陳情第2号の取り扱いについてご協議を願います。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 本陳情も常任委員会に付託の上、協議すべきというふうに考えます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかにご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ないようでございます。
 それでは、これにご協議をいただきました28陳情第2号については、3月定例会に上程することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、3月定例会に上程することに決定をさせていただきます。
 それでは、ご協議をいただきました陳情2件につきましては、3月定例会に上程し、審査することにしたいと思います。ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、日程第3、「陳情書の取り扱いについて」の件は、そのように決定をさせていただきます。
 なお、付託先の委員会につきましては、後ほど説明のあります審議日程(案)の中で決定をさせていただきます。
 次に、日程第4、「平成28年第1回羽村市議会(定例会)の会期について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第4、平成28年第1回羽村市議会(定例会)の会期につきましてご説明申し上げます。
 会議日程(案)をご覧いただきたいと存じます。
 市長によります招集日が3月1日(火曜日)と決定しておりますので、会期は、3月1日を初日といたしまして、最終日の3月23日(水曜日)までの23日間としております。
 本会議が3月1日(火曜日)、3月2日(水曜日)、3月3日(木曜日)、3月7日(月曜日)、最終日、23日(水曜日)の5日間でございます。
 そして、会期中、常任委員会を3月9日(水曜日)と10日(木曜日)に設定しております。
 また、予算審査特別委員会につきましては、補正予算を3月4日(金曜日)、平成28年度予算を15日(火曜日)、16日(水曜日)、17日(木曜日)の計4日間設けてございます。
 なお、補正予算(案)は、3月7日(月曜日)の本会議4日目に、平成28年度予算(案)は3月23日(水曜日)の本会議最終日に議決をお願いする予定でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第4、「平成28年第1回羽村市議会(定例会)の会期について」の件は原案のとおりご承認願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 次に、日程第5、「平成28年第1回羽村市議会(定例会)審議日程(案)について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第5、平成28年第1回羽村市議会(定例会)審議日程(案)につきましてご説明申し上げます。
 お手元の審議日程(案)をご覧いただきたいと存じます。
 まず、3月1日(火曜日)、初日でございますけれども、日程第1は、会議録署名議員の指名についてでございます。今回は、議席番号9番西川美佐保議員と10番の橋本弘山議員の予定でございます。
 日程第2が会期の決定についてでございます。
 日程第3が議案第24号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第6号)」でございます。
 日程第4が議案第25号「平成27年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第5が議案第26号「平成27年度羽村市後期高齢者医療会計補正予算(第2号)」でございます。
 日程第6が議案第27号「平成27年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第7が議案第28号「平成27年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第8が議案第29号「平成27年度羽村市下水道事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第9が議案第30号「平成27年度羽村市水道事業会計補正予算(第2号)」でございます。
 以上、議案第24号から議案第30号までの平成27年度補正予算関係7件につきましては、関連がありますので一括議題とさせていただきたいと存じます。
 なお、予算審査特別委員会を設置していただきまして、そちらに付託の上、審査をお願いしたい議案でございます。一般質問の前に委員会付託をいたしまして、3月4日(金曜日)開催の予算審査特別委員会で審査のうえ、3月7日(月曜日)本会議4日目に議決をお願いするものでございます。
 日程第10が一般質問でございます。
 次に、3月2日(水曜日)でございます。日程第1、一般質問でございます。
 次に、3月3日(木曜日)でございます。日程第1、一般質問でございます。
 1枚おめくりいただきまして、3月7日(月曜日)でございます。
 日程第1、28陳情第1号「軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情」でございます。厚生委員会に付託の上、審査をお願いしたい議案でございます。
 日程第2、28陳情第2号「羽村駅西口地区整備用地取得に伴う定着物(建築物等)の解体撤去に関する建築物等解体撤去費用負担に関する経緯を明確にし、決算委員会における偽証答弁に対し相当の処分を求める陳情書」でございます。経済委員会に付託の上、審査をお願いしたい議案でございます。
 日程第3、議案第8号「行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例」でございます。
 日程第4、議案第9号「羽村市組織条例及び羽村市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第5、議案第10号「羽村市職員の旅費に関する条例及び羽村市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第6、議案第11号「羽村市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第7、議案第12号「羽村市実費弁償条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第8、議案第13号「職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第9、議案第14号「議会の議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第10、議案第15号「羽村長等の給料等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第11、議案第16号「羽村市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第12、議案第17号「羽村市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第13、議案第18号「羽村市学童クラブ条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第14、議案第19号「羽村市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第15、議案第20号「羽村市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第16、議案第21号「羽村市防災会議条例の一部を改正する条例」でございます。
 以上、議案第8号から議案第21号までの議案14件につきましては、いずれも当日議決をお願いしたい議案でございます。
 なお、議案第14号及び第15号につきましては、関連がございますので、一括議題とさせていただきます。また、議案第19号と第20号も関連がございますので、一括議題とさせていただきます。
 次に、日程第17、議案第22号「羽村市行政不服審査条例」でございます。総務委員会に付託の上、審査をお願いしたい議案でございます。
 次に、日程第18、議案第23号「羽村市保育園条例を廃止する条例」でございます。当日議決をお願いしたい議案でございます。
 日程第19、議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」でございます。
 日程第20、議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」でございます。
 日程第21、議案第3号「平成28年度羽村市後期高齢者医療会計予算」でございます。
 日程第22、議案第4号「平成28年度羽村市介護保険事業会計予算」でございます。
 日程第23、議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」でございます。
 日程第24、議案第6号「平成28年度羽村市下水道事業会計予算」でございます。
 日程第25、議案第7号「平成28年度羽村市水道事業会計予算」でございます。
 以上、議案第1号から議案第7号までの平成28年度予算関係7件につきましては、関連がございますので一括議題とさせていただきます。
 なお、予算審査特別委員会に付託の上、審査をお願いしたい議案でございます。
 次に、日程第26、議案第24号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第6号)」でございます。
 日程第27、議案第25号「平成27年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第28、議案第26号「平成27年度羽村市後期高齢者医療会計補正予算(第2号)」でございます。
 日程第29、議案第27号「平成27年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第30、議案第28号「平成27年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第31、議案第29号「平成27年度羽村市下水道事業会計補正予算(第3号)」でございます。
 日程第32、議案第30号「平成27年度羽村市水道事業会計補正予算(第2号)」でございます。
 以上、議案第24号から議案第30号までの平成27年度補正予算関係7件につきましては、予算審査特別委員会に付託の予定となっておりますので、予算審査特別委員会委員長から審査結果の報告の後、それぞれに採決をお願いするものでございます。
 次に、日程第33、議案第31号「市道路線の認定について」でございます。
 日程第34、議案第32号「東京都市町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について」でございます。
 日程第35、議案第33号「東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について」でございます。
 以上、議案第31号から議案第33号までの議案3件につきましては、いずれも当日議決をお願いしたい議案でございます。
 次に、最終日の23日(水曜日)でございます。
 日程第1、議案第22号「羽村市行政不服審査条例」でございます。総務委員会に付託の予定となっておりますので、総務委員会委員長から審査結果を報告いただいた後、採決をお願いしたいと存じます。
 日程第2、28陳情第2号「羽村駅西口地区整備用地取得に伴う定着物(建築物等)の解体撤去に関する建築物等解体撤去費用負担に関する経緯を明確にし、決算委員会における偽証答弁に対し相当の処分を求める陳情書」でございます。経済委員会に付託の予定となっておりますので、経済委員会委員長から審査結果を報告いただいた後、採決をお願いしたいと存じます。
 日程第3、28陳情第1号「軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情」でございます。厚生委員会に付託の予定となっておりますので、厚生委員会委員長から審査結果を報告いただいた後、採決をお願いしたいと存じます。
 次に、日程第4、議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」でございます。
 日程第5、議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」でございます。
 日程第6、議案第3号「平成28年度羽村市後期高齢者医療会計予算」でございます。
 日程第7、議案第4号「平成28年度羽村市介護保険事業会計予算」でございます。
 日程第8、議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」でございます。
 日程第9、議案第6号「平成28年度羽村市下水道事業会計予算」でございます。
 日程第10、議案第7号「平成28年度羽村市水道事業会計予算」でございます。
 以上、議案第1号から議案第7号までの平成28年度の予算関係7件につきましては、予算審査特別委員会に付託の予定となっておりますので、予算審査特別委員会委員長から審査結果の報告の後、それぞれに採決をお願いするものでございます。
 そして、最後が日程第11、「諸報告」でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第5「平成28年第1回羽村市議会(定例会)審議日程(案)について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 なお、陳情、新規条例の常任委員会への付託案件がございますので、委員会の日程についてご協議願います。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前11時08分 休憩
                                    午前11時14分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 休憩前に引き続きまして、会議を再開いたします。
 ただいま休憩中に報告がございまして、総務委員会を3月9日午後1時30分から、経済委員会を3月10日午前10時から、厚生委員会を3月10日午後1時30分から、それぞれ開催することに決定させていただきます。
 次に、日程第6、「予算審査特別委員会の正副委員長の選考について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第6、「予算審査特別委員会の正副委員長の選考」につきましてご説明申し上げます。
 予算審査特別委員会につきましては、特別委員会でございますので、市議会定例会ごとに設置しなければならないこととなっております。今回につきましても、前回と同様に正副委員長の選考をするものでございます。
 予算審査特別委員会の正副委員長につきましては、申し合わせによりまして、平成27年度の最後の定例会ということで、委員長に議席番号18番の門間淑子議員、副委員長に議席番号17番の水野義裕議員にお願いしたいと存じます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見特にないようですので、日程第6、「予算審査特別委員会の正副委員長の選考について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 次に、日程第7、「諸報告の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 本会議での諸報告につきましては、議会側及び市長部局側とも、特別な事件を除き文書報告とすることを確認いたしております。今回につきましても、文書報告としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、そのように決定させていただきます。
 次に、日程第8、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますか。委員の皆さん、ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 事務局は。
     (「ないです」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ないようです。
 以上で、本日の議会運営委員会に付議されました案件は全て終了いたしました。
 議長よりご挨拶をお願いいたします。石居議長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 慎重な審議、大変にありがとうございました。
 季節柄、インフルエンザもはやっているようでございます。また、花粉も飛んでいるようでございます。それぞれ体調管理、予防に留意しながら、全議員で全力で3月議会に向かって取り組んでまいりたいと思います。
 本日は、大変にありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 委員長報告につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、平成28年第1回議会運営委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。
                                    午前11時18分 閉会