議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年第1回厚生委員会 本文




2016.03.10 : 平成28年第1回厚生委員会 本文


                                    午後1時30分 開会
◯委員長(大塚あかね) 皆様、こんにちは。定刻になりましたので、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は6名です。定足数に達しておりますので、これより平成28年第1回厚生委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。
 日程第1、28陳情第1号「軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 質疑を許します。質疑はありませんか。印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) それでは、お伺いいたします。
 この陳情者は羽村にお住まいの市民の方ではないんですけれども、羽村市内でも、こういった事故事例というものが起こっているのか。教育の現場とそれ以外の部分でそれぞれ教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 頭部の損傷や脳しんとう等の重篤な事故等においては、起こってはおりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 羽村の事例ということですが、そういう事故等があったかというのは細かいところはわかりませんが、およそ羽村市に、東京都の推計を基にしますと、約200名程度いるのではないかということで言われております。
 ただ、うちのほうの障害者支援係のほうで把握しているのは20名程度ということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 子ども家庭部の所管ですと、保育園等での事故ということになりますけれども、保育園等の事故におきましても、重大事故─重大事故の中には、意識不明な状態、そういったものも含まれておりますが、そういったものについては、市のほうへ報告義務がありまして、それを受けた市のほうとしては都道府県に報告する。さらに、国がそういった事故情報をまとめてデータベース化や検証、それから、再発防止策を講じるということになっておりますけれども、現時点では、そういった重大事故として脳しんとうあるいはそれに伴う意識不明の状態、そういった状態の事故の報告はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) わかりました。福祉健康部のほうで大体200名程度いる。今、把握しているのは20名程度だというお話だったんですけれども、私、この陳情内容の真ん中の下辺りに、「特に」というところの「高次脳機能障害」という言葉を今回初めて知ったんですけれども、どういった暮らしの中で不便を強いられてくるのかっていうことと、あと、社会的に、私、今回初めて知ったので、どのくらい認知されているのかということをお教え願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) 今回の高次脳機能障害という言葉なんですけれども、この陳情の中には、まず、軽度外傷性脳損傷という言葉が出ておりますが、この損傷の中には高次脳機能障害を伴うことがよくありますということで、イコールではないんですが、そういった高次脳機能障害というものが生じるということです。
 高次脳機能障害というものは、脳の損傷により、いろいろな部位によって脳がもともとつかさどるものがありますので、それに対する障害が生じるというものです。中には、記憶であるとか、それから、認知であるとか、注意とか、それから、精神的な障害を伴うというものもございます。
 こちらの言葉に対する認知の度合いということでございますが、現在、区市町村でこういった高次脳機能障害に対する相談窓口というものを設置しているところがございます。羽村市においても、平成28年度になりますが、その事業を新規事業として予定させていただいております。
 一般的には、やはり高次脳機能障害だと疑われるとか、そういう方たちにとってはとても身近な問題ではあると思いますが、一般的には、なかなかそこら辺の理解というのは、それほどでもないのではないかと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) わかりました。
 最後に、ちょっと、先ほど参事のほうから、羽村の学校ではこういったことは起きなかったというお話なんですけれども、陳情内容が教育現場のことが多いので、仮に、こういった事故が起きた場合の羽村市の学校のほうの対応と言いますか、そういった事故の原因とかが調査されて他校の先生にも情報共有がされるのか、そのあたりを少し、最後にお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学校教育現場の中で、もし、体育の時間や休み時間等、子どもが活動していく中で、頭等を打つ場合というのはあろうかと思います。こういった場合は、学校のほうへは、いわゆる子どもたちが上半身のけがをした場合等については、やはり念のため、一見もう大丈夫だということがあるんですけれども、病院のほうに連れて行くというようなことは徹底しているところでございます。
 実際に、まだ大きなそういった重篤な事故等、近年ではなかったということがございます。今後も、そういった場合に、その事故原因であったり、そういうものについては教育活動の中で、計画の中でしっかり行われていたのかどうか、安全配慮はどうだったのかというような観点から、教育委員会のほうで検証はしていくというような形を、今のところとらせていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑ございませんか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) この陳情書の一番下の所にも書いてあるんですけれども、平成24年度に新学習指導要領が実施される時に、体育の武道の必修化というのが行われまして、その武道の必修化で特に柔道がその武道の中に入るわけですけれども、その柔道の事故が非常に多くて、その当時、4年前ですか、社会問題となってNHKの「クローズアップ現代」などでも取り扱われてきたんですけれども、それに関連して、その当時、文部科学省からの指導とか、それから、各学校、市内中学校に対するどのような指導をされたか、お伺いします。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 現在、羽村市では、武道の必修化というところでは柔道のほうの選択を3校ともしておるところでございます。
 ちょうどその当時、そういった議論のほうもされたところで、実際に、いろいろな資料であったりというのは配布をしたり、それから、実際に柔道の研修会というふうなことで指導者の研修会等も開催しつつ、今現在に至っているところです。
 1年生、2年生、3年生、それぞれ柔道のほうの授業をやっておりますけれども、年間それぞれの学年8時間程度の今計画というふうになっておりまして、皆さん初心者というような形になりますので、そのところは学習指導要領にのっとって計画的に行うというようなところです。
 特に、柔道、事故等が多いという話にはありますけれども、実際に日本スポーツ振興センター等の統計等の中では、いわゆる部活動の中の柔道等の事例が非常に多くて、実際に重篤な事故というのは授業の中では数は少ないというような今傾向にあるというところでございます。
 実際に子どもたちがやる際に、難しいところではなくて、例えば、組んでやるとしても、型を決めているような約束のもとでやっていくような組み方であったりとか、受け身のほうを中心にやっていくというような指導の対応をしておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) その当時、文部科学省から、このような配慮をしなさいとかそういう指導はどうだったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 文部科学省のほうから通知のほうが来たというふうに記憶をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 内容はどういう感じのものか、わかればよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 申し訳ございません。ちょっと今、手元に資料がございませんので、後ほどお答えできればというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 3校で実際に柔道が授業として行われていて、体育の先生は何回か研修に行かれているということですけれども、その時の、毎年こういうところはよく十分注意してとか、そういう教育委員会側からの指導というのは、毎年行われていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) これは柔道だけに限らず、学校教育の中でさまざまな安全確認、それから、授業を計画している中では、週案の中等にも、しっかりと安全に配慮していくというところについては、指導のほうを確実に行っております。
 また、柔道の指導体制に関する状況調査みたいなものもございますので、その中で各学校が、今後講ずべき改善の方向性であったり、それから、こういった各学校のほうに配布されている柔道指導のための資料等、そういったものはどんなふうに活用されたのかというようなところについても把握のほうをしているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑ありませんか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) すみません、ちょっと何点かありますので、順番に質問していきます。
 先ほどの質疑の中で高次脳機能障害に関する窓口の設置、平成28年に予定しているというお話でしたけれども、この窓口が今現在、設置されている自治体の数は把握されているのかということが1点です。
 それから、羽村市ではこの対象が200人ぐらいいるのではないかと。で、20名は把握しているんだというお話でしたけれども、この方たちの年齢構成、今回のこの陳情では、主に子どもが対象になっておりますけれども、高次脳機能障害などについては年齢幅があると思いますので、どんなふうな年齢幅なのかということをちょっとお聞きします。
 この脳しんとうに関してですけれども、陳情書の中に、これはポケットスキャットというんでしょうかね、チェックリストのようなもののようですけれども、これを教師・保健師・スポーツコーチ及び救急救命士・救急隊員に携帯させるようにというお話なんですが、救急救命士・救急隊員というのは、別の研修というか、体系の中にあるような気がするんですが、こういう方たちはこういうものを持っていらっしゃるのかどうかですね。
 それから、学校で教師・保健師・スポーツコーチがこうしたものを携帯していった時に、どういうような安全が確保されていくのか。それが、例えば、保育園、幼稚園の教師、保育士までそうしたものを携帯した時に、どれだけの安全性がレベルアップしていくのか、考えられる範囲でちょっとお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) この相談の窓口を設置しているのは、26市中13市と聞いています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) この高次脳機能障害の年齢構成というご質問でございますが、こちらにつきましては把握しておりませんが、この原因となるものとして、いわゆる脳卒中、脳出血等の脳の疾患、それと、それから頭部の外傷。先ほどから話しているように、ぶつけたとか、それから、いわゆる交通事故であるとか、それから、脳腫瘍とか低酸素脳症といったそういった疾病型のものに大きく分かれるんですけれども、その発症というのは、子ども、先ほどから言っている幼児の場合もあるし、それから、大人になってから事故に遭う、年齢層を問わず。それから、脳出血はやや年齢が行ってからというそういった状態ですので、年齢構成につきましては、幅広くあるかと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) こうしたポケットスキャットというんですかね、そういうものを携帯していくとどれほど安全性がレベルアップしていくかというところについてでございますけれども、一義的には、これだけに限らず、それぞれの教員が、そういった危機的な状況に陥った時にどのように対応していくのかというような救急救命の講習であったりというものを、繰り返し繰り返し毎年今も行っておりますけれども、そういったところをやっていくということがまず大切かなというふうに思います。
 ただ、そういった場面で、例えば、セットみたいな中にそういうものがもし入っていれば、指針として、こういうことを聞いて相手が答えることができなかったという時に、これはやはり危険な状態だというふうに判断する材料として活用するという点ではよろしいかなというふうに思っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 主に乳幼児の保育等の現場でございますけれども、このままスポーツによる脳しんとう評価ツールというのがそのまますべてが当てはまるということではないかと思いますけれども、こういった取組みが進むということで、保育園で働く保育士等の認識等も上がってくれば、そういった事故の未然防止等にもつながってくるかというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) この相談窓口を設置していく方向性だというのは、とても大変いいことだっていうふうに思っています。実際に、家族の中にそういう方が出た時に、どこにつないでいったらいいのかって、大変混乱を極めたっていう話を幾つかちょっと聞いているものですから、支援プログラムを作る時に窓口があったらという話はちょっと聞いているので、それはとてもいいことだっていうふうに思います。
 先ほどお聞きした救急救命士や救急隊員もこのチェックリストみたいなものを持つようにってこの陳情にはあるんですけれども、救急救命士や救急隊員というのは、こういうものを持って活動しているのか、あるいは別のちゃんときちんとした教育、指導を受けてやっているのか、その辺はおわかりになりますか。ちょっと私もそこはわからないのでお聞きするんですけれど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 健康課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康課長(野村由紀子) 救急救命士に関しましては、情報がありませんが、もちろん意識障害があった場合などは、その意識レベルを測る方法というものが具体的には医療の中ではございまして、あと手足が動くかとか、あとは言っている内容が的確だとかという、測るような、こういうふうに対応するというものは持っていると思うんですが、このスケール自体は使っているかどうかは、申し訳ありませんが、情報がございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) すみません、高次脳機能障害のところについて、ちょっともう一度お尋ねするんですけれども、これはこの障害という言葉も割と最近のことだっていうふうに思うんですが、この陳情書の中に「専門医による診断と適切な検査の実施」というのがありまして、羽村の脳神経外科医というのが羽村市内にはいないわけですけれども、そことの連携というのは、この障害に関する連携というのがスタートしているのかどうか。これも含めていろんな医療の普段の話し合いなのかどうか、そのあたりについてちょっとお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 健康課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康課長(野村由紀子) 高次脳機能障害に関しましては、実際上の救急の現場ももちろん認知はしているとは思うんですけれども、やはり頭部外傷という枠で運ぶ病院が決まってまいります。青梅総合病院ですとか、目白第二病院というような、きちんと頭のCTスキャンですとか、あとはMRIというような機械があるところにまず運びます。
 実際上、症状が出てくるというのがその先のことにはなりますので、まずは外傷の部分で脳にダメージがあって呼吸ができないとか、心臓のほうにダメージがあるとか、まずはそちらのほうの危険性がある場合は、救急隊のほうでその病院に運ぶというか、探すということをして搬送をしているというふうに認知しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑ございませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ございませんか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) この陳情の趣旨に賛成の立場で意見を申し上げます。
 陳情の趣旨はよく理解できます。私は、22年前から10年間ほど中学校で柔道部の顧問をしておりました。投げ技がうまくいかない時や受け身がうまくとれない時など、脳しんとうを起こすことがたたびたびありました。幸いにして重症化にはならずにすみました。
 平成24年に新学習指導要領の実施に伴い、体育の選択必須授業として武道が挙げられ、柔道の授業が始まりました。その時に、全国的に柔道の死亡事故の多さが問題とされ、NHK「クローズアップ現代」をはじめ新聞各社も社説でこの問題を取り上げ、子どもの安全が確保されないままでの必修化は延期すべきであるという主張がなされ、保護者の間でも不安が広がりました。
 2012年当時の文書によれば、中学校や高等学校での柔道の事故が他のスポーツに比べ非常に高い割合で発生していることが明らかになっています。名古屋大学の内田良准教授の調査研究によれば、柔道と他のスポーツ競技での中学生の死亡事故発生率、これは部活動ですけれども、それは10万人当たり、柔道が2.376人で、2位のバスケットボール0.371人、これは2000年から2009年の競技人口で換算したものですけれども、それに比べて柔道が6倍から7倍になっています。また、過去28年で、中高で114人が死亡し、275人が重い障害を受けています。これは死亡と重い障害事故が毎年平均14件起こっていたことになります。事故になったケースの多くは試合形式や、あと乱取りといって投げ合うことですね。その際の投げ技によって頭部打撲や脳の加速損傷が原因とされています。中学校の授業の必修となれば、そのリスクが多くなることが危惧されます。というふうに、2012年当時の文章は語っています。
 今回の陳情は、平成24年度当時の例よりも軽い事例も扱っています。陳情書の最終段落、1ページ目表側の最終段落にもあるとおり、平成24年7月に文部科学省が「学校における体育活動中の事故防止について」という報告書をまとめ、平成25年12月には、文部科学省より「スポーツによる脳損傷を予防するための提言に関する情報提供について」の事務連絡が出されています。しかしながら、関係者への十分な理解と対応がとれているとは思えません。
 よって、この陳情事項のように、国・政府等関係機関に対し、ここに示された内容を要請する意見書を提出することに賛同いたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、28陳情第1号「軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情」の件を採決いたします。
 本件は採択と決定することにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ご異議なしと認めます。よって、本件は採択と決定いたしました。
 28陳情第1号については、本日の厚生委員会で採択されました。これにより、私を提出者、厚生委員会の委員の皆様を賛成者として議員提出議案として意見書を最終日の本会議に上程することとなります。
 意見書の文案につきましては、委員長にご一任いただきたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 異議なしと認めます。意見書の文案につきましては、委員長にご一任ください。
 次に、日程第2、「厚生委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 お諮りします。委員長から議長に対し、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の「特定事件継続調査事項表」のとおり、閉会中の継続調査の申し出をしたいと思います。これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、日程第3、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) なしということで、以上で、本日の厚生委員会に付議されました案件はすべて終了しました。
 本委員会の審査報告書並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、平成28年第1回厚生委員会を閉会いたします。皆様、大変お疲れさまでございました。
                                    午後1時58分 閉会