議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成28年度一般会計等予算審査特別委員会(第3号) 本文




2016.03.17 : 平成28年度一般会計等予算審査特別委員会(第3号) 本文


                                    午前10時00分 開議
◯委員長(門間淑子) おはようございます。ただいまの出席委員は、17名です。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付の一般会計等予算審査特別委員会議事日程第3号のとおりです。
 日程第1、議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」の件を議題とし、前日の議事を継続します。
 これより、教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金及び予備費関係の質疑に入ります。予算書のページは300ページから383ページまでです。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 予算書の327ページ、小作台小学校校舎大規模改造事業に要する経費2億5,997万7,000円のところなんですけれども、予算案説明書で言うと25ページなんですけれど、小作台小、ありがとうございます。昭和57年度に増築した校舎の老朽化等に対する機能低下の改善ということなんですけれど、どういうところが改善されるのか、具体的に教えていただきたいと思います。
 それから、監理業務というのが入っているんですけれど、それはどこに委託するのでしょうか。740万2,000円なんですけれど、それはどこに委託されるのでしょうか。
 工事なんですけれど、夏休みだと思うんですけれど、いつからいつまで実施されるのでしょうか。
 それから、工事と児童の登校日が重なるということも多分あると思うんですけれど、もし重なるのであるならば、児童の安全はどのようにして確保されるのでしょうか。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) まず、小作台小のどこを改修するのかという部分でございますが、小作台小の昭和56年度に増築した部分を大規模改造を実施いたします。
 内容といたしましては、トイレの改修、これは洋式化、それから乾式等に関して行うものでございます。それから、照明器具のLED化、それから、キュービクルの更新、それから、既存の空調、個別空調ですけれども、この空調機器の改修等を実施するような内容でございます。
 それから、監理業務について、どこが実施するのかということですけれども、監理業務については、これから契約するような形になりますので、まだ業者等は定まっておりません。
 工事をいつからいつまでという部分でございますが、基本的には、工事は夏休み期間を中心に実施したいと考えております。月に関して申し上げますと、例で言いますと、6月から大体9月ぐらいを予定しております。
 それから、児童等の安全対策という部分でございますが、確かに、学校の夏休み工事の改修ですので、先生方は校舎に入られる。それから、飼育委員ですとか、それから、校庭の利用等、生徒の利用はあると思いますので、その辺については、きちんと仮囲い等で区画をして安全にすみ分けができるような形で工事を実施していきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑。関連、浜中順議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 今、トイレの改修ということを言われたんですけれども、和式と洋式の数、それぞれ数、それから、その根拠を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 今現在のですね。建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 改修後の便器の数で申し上げさせていただきます。今回、改修する部分が主に昭和56年に増築した部分のところのトイレを改修するということで、1階から4階までございまして、女子トイレのほうが洋式トイレを1階から4階まで3基ずつ全て取り替えます。男子トイレのほうは、小便器が4つ、4階までで16個、16カ所、それから、こちらも大便器については洋式のものを2カ所ずつ8カ所の設置を考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 浜中順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 女子のほうは、全て洋式化ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) こちらの昭和56年に増築したほうについては全て洋式化を実施いたします。ただし、既存のその前に建てた部分については、まだ和式の部分が1カ所、2カ所残っていますので、和式については少し残して、56年に増築した部分については全て洋式化を図っていくという状況です。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 浜中順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) ちょっと男子のほうが洋式かどうかというのが、ちょっと聞き取れなかったんですけれども、男子のほうは洋式化ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 男子のほうも各階に2基ずつございますが、そちら全て洋式化を図ってまいります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 3項目になると思うんですけれども、質問させていただきます。
 349ページの放課後子ども教室の運営に要する経費で、来年度は指導員報酬が今年度に比べて90万円ほど減額されているんですが、その理由についてお伺いしたいことと、来年度は指導員は何名体制、できれば各校何名とか、もし組むのであれば何名体制でやっていくお考えなのかをお伺いします。
 それから、353ページから始まるんですけれど、ゆとろぎの維持管理に要する経費で、これ昨年も質問したんですが、ここに施設修繕料がありますけれども、3階の和室の畳替えが、昨年お伺いした時には、必要に応じて、畳替えは9年間やっていないので、必要に応じて替えていくというお答えいただきましたけれども、利用者の方からも畳表のわらが着物についてしまって汚れるという苦情も今いただいていますが、来年度は畳替えの予定があるのかどうかをお伺いします。
 それから、355ページ、ゆとろぎ事業のところで旅費のところに、石見神楽公演事業特別旅費というのが入っているんですけれども、これの石見神楽、島根県のほうのお神楽で、お神楽の発祥と言われていることはよく存じ上げておりますが、これを見に行って、その後、羽村に呼ぶ予定があるのかということと、この特別公演にどなたが行かれるのかということについてお伺いします。
 それとあともう一つ、ゆとろぎ事業の市民講座が来年度は現在の21講座から18講座となるようなんですけれども、その理由と、合わせて芸術鑑賞事業が今年度8回が来年度は7回と減っているんですが、それの理由についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 1点目の放課後子ども教室のご質問の関係でございます。
 指導員の報酬が減額になったというふうなことでございますが、これにつきましては、実施日の日数を再度確認させていただきまして、実施日の精査をした結果、減になったというようなことで、各学校の予定の週1回ですとか、2日ですとかという、それの実施についてはずっと実施していくというふうなことでございまして、内容的には変更ございません。
 それから、指導員の配置の関係でございますが、学校ごとに申し上げますと、羽村東小が3名、羽村西小が4名、栄小が4名、富士見小も4名、小作台小6名、武蔵野小6名、松林小4名というようなことで配置を計画してございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) まず、1点目の畳の表替えのことですが、こちらにつきましては平成28年度で予算措置してございます。全部でゆとろぎの畳、3部屋ありまして、全部で25畳ございます。こちらについては、来年度で実施予定と。それから、市民の皆さんから畳表が傷んでいるという情報はいただいており、承知しております。それが1点目でございます。
 続いて2点目でございますが、石見神楽でございますが、これは島根県の伝統文化ということで、特に大蛇の舞等が非常に有名な舞でございます。伝統的な文化でございますが、若手の方がたくさんかかわっておりまして、盛んに行われている伝統文化の一つでございます。こちらを来年度、ゆとろぎに招聘したいというふうに考えております。こちらの旅費でございますが、2人分予算措置してございます。こちらについては、まだ誰が行くというのは決まってございませんが、職員で、またコーディネーターで対応していきたいというふうに考えております。
 3点目、事業が21事業から18事業に減しているということでございますが、こちらにつきましては、昨年と同様、予算措置としましては講師謝礼の70万円を予算措置してございます。決して規模が縮小するというわけではございませんでして、順次必要に応じて事業を行っていきたいというふうに考えております。
 続いて、ゆとろぎの公演事業でございますが、こちらにつきましては、減というお話でございますが、規模としては同程度の規模。ただし、今年度につきましては10周年記念事業が入りましたので、その分が多少減するというような状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) まずは、放課後子ども教室の件についてお伺いします。
 今、指導員のことはちょっと事前に調べさせていただいて、各校何名ってわかっていたんですけれども、西小学校も1人増えたなっていうのはありがたいんですが、やはり学校によってお一人当たり指導員が見る人数、例えば、登録人数、全員が出てくるとは限らないかもしれませんけど、一番少ないところで松林が93名登録していて指導員4人だと、お一人当たり23.25人ぐらい見るわけですよね。一番多いのは富士見小学校で、登録人数が208人いて、仮に全員出てきたら、お一人で50人以上見るということになるわけですよ。やはりこれはもうちょっと各校に応じた指導員の体制を組んでいかないと、1人で50人とかとっても無理だと思いますし、その辺、やっぱり指導員の方も子どもに何かあったら大変だという責任感、皆さん持っていらっしゃるので、その辺を含めて来年度きちんと体制を組んで予算措置していくべきだと考えますけど、その辺はいかがなんでしょうか。
 それから、ゆとろぎの畳替え、わかりました、ありがとうございます。
 それと、芸術鑑賞事業もわかりました。
 石見神楽なんですが、そのお神楽の内容は、お神楽発祥の一番古いお神楽ということでよく存じ上げております。職員の方が行くの、とってもいいんですけど、もし予算、これから取れるとしたらば、羽村のお神楽保存会の方とか、あと石見神楽の公式サイトのホームページは浜田市観光協会がやっているんですね。ですから、羽村の観光協会の方とか、特にお神楽保存会の方にはきちんと見ていただいて、その上で羽村で公演をやっていくべきじゃないかと思うんですけれども、その辺のお考えをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 放課後子ども教室の関係でございますが、それぞれ毎日、その実施日の指導につきましては、指導員とボランティアの皆さんにご協力をいただいて実施をしているというふうな状況でございます。
 また、それぞれ実施日の参加人数につきましては、登録人数全て来るということではなくて、その時々によりまして参加人数も変わってきておりまして、多いところで小作台小が最高で74人ぐらいの参加でございますので、指導員とボランティアの皆さんのご協力をいただいて、放課後子ども教室、順調に運営できているのかなというふうに考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) 今、市内の保存会、お神楽の、それからあと観光協会の皆さん、こういう方たちと一緒に協力して現地を見て、すばらしい公演をというようなことだったかと思います。なかなか現地に行くというのも経費がかかることでございますので、難しいかと思いますが、いただいてきた情報を、羽村の神楽の方ですとか、観光協会の方に提供しまして、事業を実施する上で一緒に行っていくというようなことも考えていきたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 放課後子ども教室について、もう1回確認させていただきます。
 今のご答弁だと、全員出てくるかどうかわからないし、ボランティアのご協力もあって小作台は運営できているとおっしゃっていましたけれど、そうではなくて、私は、各校やっぱり指導員はある程度ちゃんときちんとお一人が子どもを見られる人数だけちゃんと、保育園だってあるじゃないですか、お一人何名とか。そういった体制を組んでいかないと、何かあった時には、やはり指導員も大変だし、子どもたちも危ないことがあったら、けがしたりとか。安全安心という意味からも、きちんと登録人数に対して何名という体制を今後組んでいくべきじゃないかということでお考えをお伺いしたんですけれど、そのお答えを聞いて最後にします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 指導員の配置につきましては、現場のほうからいろいろお声をいただいて、ちょっと多動なお子さんが多いですとか、そういうような場合につきましては、指導員を増やすですとかそういうような対応を取らせていただいております。
 先ほど申し上げました、ボランティアさんにもご協力をいただいて実施をしているというふうな状況でございます。4月にもまた新しくボランティアを募集しますということで広報等にも募集させていただこうというふうに考えてございます。学校のほうにもご協力いただきまして、学校だより等にもボランティアの募集等も記事の掲載をお願いしているような状況でございます。
 その辺を含めまして、何人当たりいくらということではなくて、先ほど申し上げました、全ての登録者が一遍に来るということはございませんので、その時、平均の人数、先ほど小作台小学校74人と申し上げましたが、その辺のところの現状を考えながら、見ながら、十分な体制を取っていきたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) 現在のところで、いくつかの学校で教室が足りないとか、活動する場所が少ないとかっていうふうな問題があると聞いていますが、その辺の対応は来年度はどんなふうにされますか。具体的には、富士見小と武蔵野小です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 活動場所、授業との絡みで活動場所がなかなか制限されているというふうな状況をお聞きしているのが、武蔵野小学校と小作台小学校というふうに、私聞いております。
 武蔵野小学校につきましては、金曜日の日に放課後子ども教室を実施しておりましたが、金曜日にクラブ活動が重なっているというふうな状況がございまして、クラブ活動については月曜日のほうに移動をしていただいて、6時間目をなるべく体育館、校庭等が使えるようにということで学校のほうにご配慮いただきまして、平成28年度については実施をしていくというふうなことで、今、準備を進めているような状況でございます。
 また、小作台小学校につきましても、一つの教室に全部入り切らないということで、2階に一つ部屋を確保していただきまして、そちらのほうも活用しながら放課後子ども教室を実施していくというふうなことで、今、計画をしているような状況でございます。
 富士見小学校につきましては、4階のほうに放課後子ども教室の拠点がございますが、富士見小学校につきましては、今、特別こうだというような状況は聞いてないというようなことでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。浜中順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 予算書の323ページの真ん中ちょっと下の就学援助の扶助費、335ページの同じような場所ですけれども、平成27年度予算よりも多少増えているんですけれども、それは児童・生徒の対象人数が増えたのか、それとも積算の仕方が変わったというのもあるんじゃないかと思うんですけれども、どちらか説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 就学援助につきましては、平成28年度につきましては、予算ベースで要保護者については25人に対して25人と変えておりません、見込みとして。準要保護者につきましては、平成27年度455名に対し、平成28年度459名を想定しております。
 中学校につきましては、平成27年度と平成28年度の人数の要保護者は変わりはございません。準要保護者につきましては、中学生につきましては3名多く見越しております。
 それで、予算額が上がっている状況といたしましては、来年度、給食費のほうが増額することになりますので、そこの影響が大きいものということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 309ページの教育相談・学校適応指導教室に要する経費のスクールソーシャルワーカーについてお尋ねします。
 増員ということで、いいと思います。まずは、現在の状況と相談件数とかをお伺いして、そして、1名増員となることでよりきめ細かな対応が可能になると思いますけれども、どのような体制で対応していくのかというところをお聞きします。
 2つ目は、321ページと335ページあたりになるのか、小学校の教育振興に要する経費になろうかと思います。音楽のあるまちとして力を入れてきた羽村市で、その甲斐あって吹奏楽が全国トップレベルということで、市民にとっても誇らしいし、知名度アップにも当然貢献しているんじゃないかなと思っております。以前にも一般質問等でも質問がございましたけれども、その子どもたちが使用している楽器の傷みですとか不足に充足対応ができているのか、進んでいるのかというところをお聞きします。ここ数年の楽器にかかる予算の、小学校、中学校それぞれどう推移しているのかお尋ねします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) ただいまいただきました質問の1点目、スクールソーシャルワーカーの現在の活動状況等についてでございますが、まず現在、スクールソーシャルワーカー1名で週に2、3回ということで勤めていただいておりますが、中学校には月に2、3回の訪問、小学校には月に1回の訪問ということをさせていただいております。
 その中で、お子さんの状況を得ながら、学校ではなかなかできない家庭の支援ということで、学校から依頼を受け、家庭訪問等を行っております。今年度の実績といたしましては、218回家庭訪問ですとか学校の校内委員会に参加してのアドバイス等をさせていただいております。
 実際に関わったお子さんの人数でございますが、昨年度は20人でしたが、今年度は数が減っておりますが、12人というふうになっております。しかし、小学校のお子さんについて人数が増えております。こちらは小学校の校長から、ぜひ家庭訪問に行ってほしい、スクールソーシャルワーカーを活用しながら保護者にも働きかけをしたいという要望を受けて行っているものでございます。
 来年度2名にさせていただくということで、現在、週に3日のスクールソーシャルワーカーが週に4日ということになり、お一人2日ずつということになりますが、学校と教育委員会としっかり連携を図りながら、訪問または子ども家庭支援センター等々関連機関ともしっかりと連携を取るということをさらに充実させながら、子どもたちの支援に当たってまいりたいというふうに思っております。
 基本的には、時間外での家庭訪問等もしていただいている現状がございますので、そちらにつきましても、来年度採用させていただく方にはご了承を得ておりますので、家庭に合わせた対応というものができていくのではないかというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 小中学校における金管バンド、ブラスバンド等の備品等の推移でございますが、まず、金管バンド、ブラスバンドにつきましては、楽器等の修繕をする修繕料、それと消耗品費、あと備品費という形で分けております。
 ここ5年間の予算の推移ですが、消耗品、修繕費、備品を合計した金額を小中学校それぞれ比較していきますと、小学校、平成28年度454万6,000円、平成27年度413万8,000円、平成26年度453万5,000円、平成25年度343万9,000円、平成24年度349万5,000円と徐々に上げている状況にございます。
 中学校につきましては、それぞれ平成28年度が325万7,000円、平成27年度が262万2,000円、平成26年度が226万4,000円、平成25年度が230万6,000円、平成24年度が225万円となっております。
 消耗品につきましては、ここ5年間小中学校ともに金額は変えてございません。特筆と言ったらあれですけれども、修繕費につきましては、特に東小学校につきましては、弦を中心に行っていることから、修繕費のほうは割とかかる状況にございますので、配当の際には東小学校に多目に配当している状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。関連、馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 先ほどのスクールソーシャルワーカーなんですけれども、どういう資格の人で、男女別も含めてお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 来年度お二人ということになっておりますが、お二人とも女性でございます。
 また、資格につきましては、お一人は社会福祉士、もうお一人は精神保健福祉士という資格をお持ちの方で、そのうちのお一人につきましては、現在も他地区でスクールソーシャルワーカーとして活躍されているということですので、さまざまなお知恵もいただきながら充実させていけるのではないかというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 臨時財政対策債の返還について聞きたいんですが、今聞いていいか、あるいは総括のほうがいいか、どっちがいいですか。(「総括がいい」と呼ぶ者あり)総括にする、じゃあ、総括でやります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 予算書317ページと329ページ、校務支援システム機器等使用料ですけれども、平成27年度に引き続き平成28年度も機器の入れ替えをするようですが、何校で何台の入れ替えなのか伺います。
 それともう1点、パソコン等機器廃棄処分委託料の内容を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 校務支援システムの機器使用料の関係でございますけれども、平成28年度につきましては、管理用サーバー一式、校務支援管理ソフト等一式、プリンター29台、インターネット用のパソコンを30台、10校。サーバーですので、中央管理システムみたいな形になりますので、これが一式になります。
 それと、廃棄につきましては、平成27年度分と平成28年度にパソコンの入れ替えを行いますことから、全ての廃棄を平成28年度に行うということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) この入れ替えの機器というのは、金額からするとリースだと思うんですけれども、リースの場合、こちらで処分しなければならないんですかね、その辺をお伺いします。リース会社に返して終わりじゃないのか伺います。
 それと、パソコン等は買い取りなんかに出す考えはないのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) リースですので、使えるものは譲渡していただくという形。それと、使えないものについてはこちらで廃棄という形にしております。返還する、返さないにつきましては、無償譲渡という形の契約をつけておりますので、その形を取っております。
 廃棄につきましては、個人情報の関係がございますので、適正に処理するためにそういう形を取っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 個人情報ということなんですけれども、ハードディスクを取り外して買い取りに出すことも可能だと思うんですけれども、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(早川 正) コンピュータ等の廃棄等につきましては、情報セキュリティポリシーあるいはその対策基準の中で廃棄するということが、現段階では原則となっておりますので、教育委員会、行政委員会、市のほうとはまた別組織ではございますけれども、統一的に扱ってございますので、その辺の部分については、有効活用という部分については、今後検討する余地はあるかもしれませんけれども、現段階では、情報セキュリティポリシーに則った形の対応というようなことで対応しておりますので、ご理解いただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 外部指導員の報酬について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ページは何ページ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) ページは307ページと、あと金管バンドの指導員の報酬も311ページに載っているんですが、307ページと311ページについてそれぞれお伺いしたいと思うんですが、307ページについては部活動の外部指導者ということで、これ、外部指導者と教員の割合を教えていただきたい。
 人数と割合を教えていただきたいのと、その報酬の時給。時給の最高額と最低額を教えていただきたいんですけれども。それとあと、金管バンドについては、これは何名の報酬かということで、それもやはり時給の最高額と最低額をまずお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) まず、307ページの部活動外部指導員報奨金につきましては、教員以外の方の指導でございますけれども、2時間以上の場合が2,000円、4時間以上の場合が4,000円でございます。現在の平成27年度の実績といたしまして、一中に7名、二中に7名、三中に3名でございます。
 それと、311ページの小中学校金管バンドの指導者の報奨金につきましては、これは音楽の部分なんですけれども、弦と金管のそれぞれ単価が分かれております。それぞれプロ級の方とセミプロ級、学生の方を分けておりまして、弦につきましては5,500円がプロ、セミプロが4,400円、学生が2,000円。金管につきましては、それぞれ4,500円、3,000円、1,500円ということになっております。
 それで、現在、平成27年度につきましては、一番高くお支払いしている人で時給が4,500円になっております。
 部活動の外部指導員のほうですけれども、元教員の割合なんですけれども、ちょっと今、数値出していないので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 元教員じゃなくて、部活動に携わっている教員の人の話を、その数を教えていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 外部指導員と現職教員の数です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) すみません、委員長、数字がちょっとないので、また後ほどお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) いろいろプロ、セミプロ、学生とかいろいろ、金管のほうなんですが、かなり差があるということですよね。こういった時給を定める場合の基準、条件というそういうものが何かあるのかどうか。同じ、例えば、その一方で、307ページのほうの部活動の方の報酬ということになれば、やはりかなりそれと差が開いているなということの思いがあるんですが、そういった時給の定める条件というのがどうなのかというのを、ちょっとお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 金管バンドの指導員につきましては、単価を定めるに当たりまして、民間等の某音楽会社等で、例えば、レッスンを1時間受けたらいくらというような形を参考に金額を決めております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 部活動の外部指導員についてですけれども、今、一中から三中までの外部指導員の方の数というのが出ていましたけれども、今、部活の中で指導員が足りなくて、どうしても部活ができないという部活っていうのが存在するんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) さまざまな部活、中学校のほうにございますけれども、基本的には教員のほうがやっていくということでは対応はしているところですが、なかなかそのあたりのマッチングであったり、難しい部分というのがございます。その中で外部指導員の活用という形でやっていますが、今現状で大丈夫というふうな話もありますが、例えば、いわゆるなかなか専門ではない先生がその部活の指導に携わらなければならないという現状もございますので、そういった点では外部指導員のほうをさらに活用していく必要があるという認識を持っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) そういうことがあるので、先ほど現職の教員の方と外部指導員の数の割合がどうなのかというのをお聞きしたいなと思って、一般の本当に教師の方が頑張ってる方がいらっしゃって、その数ぐらいはやはり把握しておいていただきたいなというふうに思うんですけれども。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 関連、鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今の307ページの中学校の部活の指導員なんですけれども、金額がアップしているんですが、その内訳ですね。来年度はどうなるのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 307ページの外部指導員の報奨金の金額の上昇ですけれども、それぞれ中学校3校に20万円ずつ掛ける60万円増額になっております。
 金額の割合ですけれども、一中が150万円、二中が110万円、三中が90万円となっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 20万円ずつ増やすということなので、大体何人ぐらいこれで増やせるというふうに見込んでいるのかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 現時点では、何名増員とかというようなことではなくて、各学校の状況に応じて充実した外部指導員が雇用できるようにというような形で増額のほうをさせていただいております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 現場からは、これ増やしてほしいという声が多分あったんじゃないかなと思うんですけれども、それに十分応えられたかどうかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 現場からの声というのも当然ございますし、教育委員会としましても部活動の適正なあり方、指導の適正なあり方ということも考えております。その中で十分かどうかというところは言えないところもありますけれども、そうした声になるべく応えていけるようにというところで、今回、増額のほうを出させていただいたところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに。関連、印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) やはりなかなか人手不足の時代に適正な人を確保していくというのは難しいとは思うんですけれども、ここで一旦仕事を一段落終えられる方で、非常に優れたスポーツ経験者の方とかがいらっしゃいますので、そういった方にぜひ指導者のほうの道に進んでいただきたいな。そういった方に協力していただいて確保していただきたいなというふうに思うんですけれども、いかがでしょうか。具体的に、ずっとサッカーをやっておられて、ここで一旦仕事が一段落するという方もいらっしゃいますので、中学校の指導者とかそういったほうにいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 人材確保の方法ですね。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 各校アンテナを高くしながら、いろんな部分で人脈のほうも使いながら確保に努めているところでございますけれども、そういったところ、教育委員会のほうも同じようにアンテナを高くして対応してまいりたいと思いますので、ぜひ具体的に教えていただければというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) はい、わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 3点お伺いいたします。
 まず、1点目は、この予算書のページの341ページです。上段のほうに私立幼稚園等園児保護者負担軽減に要する経費の中で19として保護者負担軽減補助金というのがあります、5,444万4,000円。
 まず、これを補助することによって負担軽減にもちろんつながるとは思いますが、この一般的にいう保育園に通わせている保護者の負担と同じ土俵でもって並べた場合、この私立幼稚園に通わせている保護者の負担と比較して、大体はほぼ同じなのか、それともどっちかが負担がこれこれの理由で大きいのかというところを、まずそれを教えていただければと思います。
 それから、351ページなんですけれども、埋蔵文化財発掘調査に要する経費として委託料で48万6,000円計上されていますが、ここの調査、どの部分のどういう所を調査という対象がもう決まっているんでしょうか、それを教えてください。
 それから、355ページの中段にあります土地・建物賃借料、この中で立体駐車場、ゆとろぎの立体駐車場の借上料というのがあります。1,213万円払っている。これの借り上げは、建物・上物、土地と両方借り上げているとは思いますが、使用料ですから。これ、1台いくらで計算、1,213万1,000円の根拠、そういうところを教えていただきたいと思います。前からの経緯は、若干、前聞いたことがあるんですけれども、ここでやっぱり今後、借り上げに対する、いつまで借り上げるのかとか、そういう期限が決まっているのか、あるいは借り上げの今言った金額の根拠、それから、財務処理的にはどういうふうに、これをまた公会計になった時に扱うというふうな見通しなのかをお聞きしたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 3点ですね。子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) まず、1点目の保育園と幼稚園の保育料、授業料の違いということなんですけれども、まず、保育園と幼稚園のそれぞれ保育料、授業料、それにつきましては、その設定方法ですとか、減免の仕組み等々、大きく仕組みが違います。そうした中で、双方を単純に比較することは、まずなじまないものなのかなというふうに認識してございます。
 ご承知のように、認可保育園につきましては、保護者の就労などのため家庭で十分保育することができないお子さんを児童福祉法に基づき保育をする制度となってございます。一方、幼稚園につきましては、私立学校としまして各園の教育理念に基づいて運営がされております。そうした中で、保護者の方の選択によりまして、市内外を問わず広域的に運営されているものとなっております。授業料につきましても、それぞれの園が自由に設定をしておりますので、市内の各園でもそれぞれ違っております。
 ということで、比較して高い安いをするのはちょっとなじまないのかなということで、ご承知おきいただければと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 郷土博物館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯郷土博物館長(河村康博) お尋ねの埋蔵文化財調査委託料につきましてですけれども、こちらにつきましては、どこということは決めてございません。一昨年まではこういった費用を計上しておりませんでしたけれども、昨年度から、やはり試掘調査とかといった場合にその予算がどうしても必要になる部分については迅速性に欠けてしまうということがございますので、予算の措置をさせていただくようにしてございます。
 今回につきましても、どこということではなく、迅速な対応ができるようにということで、あらかじめ用意をさせていただいているという予算でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) ゆとろぎの駐車場の借上料のことについてお答えいたします。
 こちらにつきましては、1,213万1,000円、こちらの内訳でございますが、ゆとろぎにつきましては全部で4カ所の駐車場がございます。その総額がこちらの金額になっております。お尋ねの立体駐車場につきましては、1台当たり8,000円、117台駐車できる関係で、それプラス消費税ということで、約1,000万円の借上料ということになっております。
 債務負担行為をかけてございまして、平成35年まで借用という形です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) ゆとろぎ駐車場がバランスシート上、どこの費目に計上されるのかということなんですが、ちょっと確認して、後ほどお答えさせていただきます。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) この立体駐車場のことについてなんですけれども、前に上物の鉄骨部分にひびというんですか、少し敷いてある鉄板が暴れて音がうるさいということ、それは直してもらったんですが、その時に、ここの上物の所有者、借りていると言えば貸し手がいるわけですけれども、所有者というのはどういう方が所有者なんでしょうか。支払いの相手先ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) 所有者のお尋ねでございますが、こちらにつきましては、市内の有限会社沖屋というところの所有でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 財務的な処理をきちんとされておけば、また後、問題ないと思いますけれども、その辺のところをよろしくお願いしたいと思います。
 もう1点だけ、それでは、私立幼稚園と一般的に言う保育園の保護者の負担という意味では、確かにお答えになったように、本当に比較するのはなかなか難しいというふうに思うんですが、保護者の声っていうのは、こちらが負担が大きいんじゃないかとかというふうな声っていうんですか、幼稚園は幼稚園の協会がありますし、連合会の。そういった声というのは、どういうふうに届いているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 幼稚園と保育園の保育料、拠って立つところが異なるということで、それぞれ比較は難しい現状ではありますけれども、そういったところで保護者からの要望等については、今、国が取り組んでいる幼児教育の無償化、そういったところを早くやってほしいというようなお声も聞いております。
 これに伴いまして、国のほうは段階的に財源を確保しつつ幼児教育を無償化していく、そういった方針のもとに、毎年度改善が図られてきておりまして、来年度におきましても、鈴木委員のほうからご質問がありましたけれども、さらに負担を軽減していく。それから、羽村市といたしましても、そういった国の動きに合せて、平成26年度には第2子以降を半額にしているんですけれども、そういったところでの所得制限の撤廃、これによって予算上ですと、1年に400万円ほど増額してきている。
 それから、平成27年度におきましては、所得階層の低い方に対して、今まで補助金額が3,000円、就園奨励費3,000円だったところを6,100円に増額したりしている。そういったところで国の動きにも合せて保護者負担の軽減を図っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) いくつかありますので、分けてお尋ねします。
 まず、305ページ、一番下の入学資金融資なんですけれども、なかなかやっぱり使われていないようで、予算が半減してしまっているということになっています。状況をお尋ねいたします。
 2点目は、ちょっと前後しますが、327ページ付近なんですけれども、通級指導学級に要する経費って約400万円近くあったんですけれど、これはなくなっているということなんですけれども、その理由というか状況、それをお尋ねします。
 それから、3点目に、315ページ、特別支援教育の支援員さんを2人追加という話でしたけれども、どこに追加をするかと。それから、ニーズとの関係でどうなっているかという点、まず3点お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) まず、1点目のご質問の入学資金融資制度の関係でございますが、今現在、平成27年度3月現在の利用件数、まずご回答させていただきますが、平成27年度で利用件数12件、平成26年度で8件、平成25年度が3件、平成24年度が10件、平成23年度が7件といったような形で、今年度につきましては、昨年度8件から12件に実際には増えています。
 今回、予算的には平成28年度は若干減らしていますけれども、一度現状に見合った形での予算の計上の見直しをさせていただいているという状況ですが、利用件数としましては、周知等も図らせていただきながら、今年度は増になっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 2点目にございました通級指導学級の経費がなくなっているというところに関してでございます。東京都といたしましても、これまでの通級指導学級が特別支援教室ということで変わるという中で、学級としての単位ではなくなるというところから、今回、予算につきましては特別支援教室に要する経費として一本化をさせていただきました。
 今までは、この通級指導学級に松林小学校と羽村東小学校に介助員を1名ずつ、計2名つけておりましたので、その予算が通級指導学級に要する経費に計上されておりましたが、こちらにつきましても、東京都として専門員という形で同じような働きをする方をつけるということになりましたので、羽村市といたしましては、その介助員につきましては無しにし、東京都としての人をつけるという形にしておりますので、大幅な予算が減っているというふうになっているところでございます。
 その他の経費等につきましては、来年から充実を図るということで、今までのものを減らすというよりも、多少プラスの形でつけさせていただいている現状でございます。
 続きまして、3点目の特別支援教育の支援員の2名増員というところでございますが、小学校7校に、現在1名ずつ平均的につけておりますが、やはり学級の数、または発達の課題等のあるお子さんの状況が学校によって違います。ですので、小学校に1名は確実につけると同時に、学校によって必要に応じて配置をするという形に変えさせていただいております。現在、学校からどのような活用の仕方をしたいのか、どれだけ必要なのかということの申請を出していただいているところでございますので、そちらに基づきまして、来年度、その2名については配置してまいりたいというふうに思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。まず、入学資金融資なんですけれども、ちょっとすみません、詳しくわからなくなっちゃんですけれども、継続してお金出す方も多分いらっしゃったんじゃないかと、何年間かにわたって。平成27年は新規の人は何人いたっていうのを知りたいんですけれども、お願いします。
 それから、2点目の通級の話をお聞きしたのは、ここで330万円ぐらい浮いているわけですよね、お金がね。だから、以前やっていた6万円の高校入学補助金、できるんじゃないかと、その分で、思ったものですから、やっぱりこれ入学資金融資、余り使われていないので、その分はスクラップしたのをビルドしなかったっていうふうになっちゃっているので、ぜひやってほしかったなと思うんですけれども、これは回答はいいですけれども。
 それから、3点目なんですけれども、全体のニーズからいうと2人増で足りるのかというところを聞きたかったんですけれども。いろいろやっぱりお聞きしていると、かなり大変な状況もあるようで、1校2人ぐらいの配置というふうにこれからしていきたいという思いがあるのかどうかということも含めてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) 今、鈴木委員のおっしゃったとおり、入学融資制度につきましては、複数年かけてお金をお借りしますので、その部分の利子補給を金融機関のほうにお支払いをするのが制度と、まず一つです。
 もう1点、新規の方につきましては、当初に保証料というのがかかりますので、そちらは本人が金融機関にお支払いしますので、その部分については当初、決定した時点でお支払いします。実際には、今ご質問いただいた平成27年度の新規というご質問ですけれども、先ほどもお答えさせていただきましたけれども、12件の新規をいただいておりますので、保証料につきましては平成27年度の予算で執行しております。お金をお借りしているその部分の利子につきましては、この12人の方につきましては、平成28年度予算から支出されるというふうな仕組みになってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) ニーズからいうと、この人数で足りるのかということでございますが、基本的には、今の中でやっていくというところでございます。
 また、来年度から特別支援教室がございますので、身近なところで発達の課題のあるお子さんの支援を受けることができるということを活用すると同時に、東京都が配置します特別支援教育の専門員につきましても活用して、子どもたちの支援に当たることができますので、基本的には、市がつけている特別支援教育の支援員と都からの専門員、ダブルの形で、多いところは3名の支援があるという形になるというところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 再々質問、今の分の継続ですね。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 最後の特別支援教育支援員さんなんですけれども、私の理解では、都がつけてくれる専門員さんというのは、特別支援教室のほうでもかなりの仕事が恐らく発生するので、かなりそっちにつきっきりになっちゃうんじゃないかなと。この支援員さんは、どちらかというとクラスに入り込んでぴったりついて、いろんな問題を解決していくと。ちょっとやっぱり役割が違うんじゃないかというふうに理解しているんですけれども、その専門員さんは支援員さん的な仕事はかなりできるというふうに考えているのかどうか。それとも、特別支援教室の仕事のほうがやっぱり中心で、かなりそちらに仕事が、力を使ってしまうというふうになっているのか、ちょっとそこら辺のイメージはどういうふうに思っているのかをちょっとお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 専門員につきましては、巡回指導教員、今で言う通級の先生方の指示のもと、お子さんの支援にあたることができるということで、その特別支援教室という構想については、どこかの教室で1日中支援をしているのではなくて、そのお子さん自体は、自分の今いる学級で生活をしながら、必要な時だけ違う場所に行って指導を受けるというふうになりますので、今自分がいる教室で指導を受けている時にも専門員は関わることはできますので、通常の学級での教室での支援も可能というふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) しばらく休憩いたします。
                                    午前11時05分 休憩
                                    午前11時14分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 先ほど質疑の中で答弁漏れがありますので、これをお願いします。学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 先ほどのクラブ活動に従事している教員の数でございますけれども、中学校につきましては82名となっております。
 それと、パソコン費の処分につきましての補足ですけれども、今まで使っていたパソコンにつきましては、備品購入していたものでございますので、備品購入していたものを廃棄するものでございます。リースの説明をしてしまいましたが、リースは入れ替え後の部分がリースでございますので、その辺を修正させていただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 先ほど小宮委員のゆとろぎの立体駐車場が公会計上、どの財務書類に載っかってくるのかというご質問にお答えいたします。
 公会計上、今、4つの財務書類を作っておりますが、この立体駐車場につきましては、資産形成に結びつかない行政サービスに係る経費ということで、行政コスト計算書というものを今、作っておりますけれども、その教育分野の物件費に計上されることになります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 再開しますが、皆さん、手を挙げて、それから、ご自分のお名前をおっしゃってください。お願いします。
 ほかに質疑ありませんか。印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) 予算書359ページのビジネス図書の関係と、373ページの多摩・島しょのスポーツ教室の新規事業2点についてお伺いいたします。
 ビジネス支援コーナーの設置についてですが、図書館の3階にということなんですけれども、具体的にどういったところにどのように作るのかって詳しく教えていただきたいと思います。
 2点目の多摩・島しょの走り方教室やフィジカルトレーニング教室が実施ということですが、子どもだけ対象なのか、それとも一般市民誰でも対象なのか、詳しくご説明していただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 図書館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯図書館長(大野直敬) 1点目のご質問の図書館に設置するビジネス支援コーナーのことについてでございますが、先般の一般質問の馳平議員からの質問にもお答えをしているところでございますが、昨年の10月に図書館に隣接します産業福祉センターに創業支援スペース「iサロン」が設置されましたことから、本年の7月を予定しておりますが、図書館の3階、スペース的には図書館の階段並びにエレベーターを上がって正面の左手に、今、インターネットのコーナーがあるんですが、その背に今、情報メディアの冊子を置いてある部分があるんですが、そこをビジネス支援コーナーとして改めて開設をする予定にしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(諸星 進) 2点目の多摩・島しょスポーツ習慣定着促進事業の中のフィジカルトレーニング体感教室につきましては、対象はスポーツを実施している小中学生を対象に実施したいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) わかりました。
 まず、ビジネス支援のほうなんですけれども、できるだけ市内の企業というものをイメージしてもらうような設置にするお考えがあるのかなということをお伺いしたいんですね。できれば、市内で実際に起業した社長が読んできて役に立った本、おすすめ書みたいな展示の仕方ですとか、そういったお考えがあるのかどうか。ソファーのところですよね。多分、棚の上って何かちょっと置けるような形にはなると思うんですけれども。あと、羽村市が実施してきた大手の市内企業に市民の皆さんと一緒に訪問したりした企画があったと思うんですけれども、そういった市内の企業を身近に感じられるような展示にされるお考えがあるかどうかということをお伺いいたします。
 2点目のスポーツ教室の関係ですけれども、子どもたち対象ということはわかりました。できれば、指導される先生にもぜひ体験していただきたいなと思うんですけれども、多分全員がそれに参加するっていうのは難しいと思うので、簡単な映像を撮っておいて、10校各校に1枚ずつぐらいでも後々見られるようメディアに焼いて渡すようなことをお考えになっているのか、それを最後にお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 図書館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯図書館長(大野直敬) ビジネス支援コーナーの関係でございますけれども、スペース的にやはり1,000冊程度置けるスペースしかございませんので、その中に有効かつ市民の方にとって有効な書籍、資料等をそろえていきたいと考えておりますので、今、ご提案をいただきましたようなことも考えながら整備をしていきたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(諸星 進) ただいまのフィジカルトレーニング体感教室の先生の参加ということですが、こちらの参加者は、小学生ですと少年のサッカーですとか野球ですとか、スポーツをやっている団体、また中学校ですと、クラブ活動を行っている各クラブに呼びかけたいと思っておりますので、その参加者というわけではありませんが、そこに引率ということで指導者の方が一緒についてきていただいて、その教室をご覧になっていただくことは可能だと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 映像で普及はどうですか。スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(諸星 進) 失礼しました。ビデオを撮って映像を活用するということに関しては、検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 315ページの特別支援教育に要する経費のところなんですけれども、今、羽村の小中学校で特別支援が必要な子ども、また必要だと思われる子ども、これは何人ぐらいで、全児童・生徒の何パーセントぐらい、各小中学校でどのくらいになるのか教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 今のご質問の今現在の小中学校におきまして特別支援が必要なお子さん、人数、割合はどれぐらいかということでございますが、今年度は2月に各学校に調査を行いましたところの結果を申し上げさせていただきます。小学校におきましては、発達障害等支援が必要であるというふうに考えているお子さんは174人、割合で言いますと5.8パーセント、こちらは平成26年の7月に取ったものでございます。2月の数値といたしましては。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 2月というのは平成27年の2月。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) はい、平成27年度、今年度といたしましては、小学校208名が支援が必要だということで、6.9パーセントのお子さんについて支援が必要だというふうに考えられているところでございます。
 中学校につきましては、今すぐに数値が出ませんので、後ほどお答えさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 何で出ないの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 申し訳ありません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 支援してるんだろう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 出た時に質問します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) はい。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 先ほど印南委員の関連で、ビジネス図書なんですけれども、3階の入り口のところに作るということで、今、パソコンの本なんかはほかのところに多分移っていくんでしょうけれども、全体としての本棚の数というのは増えてくるということになるのかどうか。あるいは新しくビジネスの本、追加した分、冊数は減らしてしまうのかどうか。
 それから、図書の購入費は増えていないんですけれども、ビジネス本を集中的に買ったら、ほかの本に回るお金は減ってしまうのかどうか、ちょっとその辺の話を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 図書館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯図書館長(大野直敬) ビジネス支援コーナーにつきましては、先ほど申し上げましたように、ちょっとスペース的な問題もございますので、1,000冊程度を、今現状で持っている蔵書冊数が約800冊程度でございます。そういった中でやはり古いものとかそういったものを整理いたしまして、新たに追加購入をした中で1,000冊程度をそろえたいというふうに考えております。
 当然、今あるスペースのところにあります情報メディアの冊子については、移動すると。空いている書架に移動するというような考えを持ってございます。
 それから、購入につきましては、まだ不確定な部分ではございますけれども、地方創生交付金のほうの申請をしてございますので、それが確定いたしますれば、それを活用した中で整備を図っていきたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 生活困窮者自立支援法の枠組みの中で、約3分の1の自治体で子どもの学習支援が始まったということなんですけれども、羽村市の中では、この支援法の枠組みの中での事業というのは、この予算の中にあるのかどうかというのがまず1点目です。
 それから、2点目は、先ほどの359ページ、図書館の運営なんですけれども、読書手帳なんですけれど、また新入生にも配るということなんですけれど、これまでの読書手帳の利用度と、それから、小中学生、これぜひとも進めてもらいたいんですけど、学校のほうでは利用促進に向けてどういうふうな対応を図っているかということも含めてお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 2つですね。福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 生活困窮者自立支援法の関係ですと民生費のほうになるんですが、

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 窓口の中で子どもの支援というのを行っているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 生活困窮者自立支援法の中に任意事業で学習支援事業がありまして、今、委員おっしゃったとおり、3分の1ぐらいの市で行っております。平成28年度、うちのほうでは予算措置はしておりませんが、ここで福祉健康部、それから子ども家庭部、それから、教育委員会のほうで、どういう形でやったらいいのかという協議会みたいなものを立ち上げて、ここでもう第1回目を始めるというところで、来年度に、平成29年度ぐらいに向けて今、検討を始めたところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 読書手帳の学校での活用という形ですけれども、基本的には読書手帳は図書館に行っていただいて使うということがあるとは思うんですけれども、現在、進めております学校図書館と市の図書館をつないで連携していくというようなところをやっておりますけれども、この中で今、各校導入している学校には読書手帳に張れる、いわゆる本の題名とかが打ち出されるようなものがあるんですが、そちらのほうを学校図書館でも打ち出して、その読書手帳に張っていくというふうな形で活用していくことを、今取り組み始めたところでございます。そのような形で、学校でも同じように読書手帳を活用し、また、その中で子どもたちが図書館のほうにも行くというような形を連携を取りながらやっていくという計画でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 前回の一般質問の中でも市独自で学習のサポート事業を、あきる野でも瑞穂でも始まっているという話をしていて、そういう面では、羽村は学校の授業の中でやっていくんだという答弁だったんですけれど、今後もそういう面では検討を、そういうところを踏まえて検討もしないということなのかどうか。多分、何もしなかったら本当に抜かれちゃうという危機感もあるんですけど、そうした部分では検討すらしないのかどうかっていうのを、まずお聞かせいただきたいということと、それから、2点目の読書手帳なんですけれども、わかりました。ぜひとも学校のほうで強く推していただいて、特に読書手帳でたくさん本を借りている子どもたちに対してインセンティブ与えてあげて、ほめてあげるようなそうしたことも学校で行ってもらえると、また、読書の環境というのは広がってくるかなというふうに思うんですけれども、その2点、お聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(桜沢 修) ただいまの一般質問も含めての学校教育の中でそういった取組みをしないのかというようなことでの馳平委員さんからのご質問ですけれども、瑞穂町でやっています塾の先生を、または塾に委託したような形でのそういった取組みについてはどうかというふうなことで、私のほうも答弁をさせていただいたというつもりでいます。基本的に、瑞穂町がやっているような内容についても研究はしておりますけれども、今のところ、それを導入するよりは学校教育の教育現場の中で教員の授業力向上だとか、または一歩つまずくとなかなか次に続いていかない算数などの積み上げが必要な教科については、ステップアップ授業ということで、その推進地域の指定もいただいて、学校の中で教員の皆さんがしっかりと子どもたちを教えていき、学力の定着を図るんだというようなことで取り組んでおりますという趣旨での話をさせていただいたつもりでおります。
 今後、何もしないのかということですけれども、そういうわけじゃなくて、やはり今後、羽村市の教育にとって必要なことはどういうことなのかというのは十分考えながら、今後の対応についてはまた検討はさせていただきたいというふうに思っておりますので、瑞穂町に抜かれてしまわないよう、私としては、さらに東京都でも上を行くような羽村の教育というものが評価されるように頑張っていきたいというふうに思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 図書館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯図書館長(大野直敬) 先ほどの読書手帳の関係でございますが、図書館といたしましては、平成25年の11月に図書館のシステムを改修した際に、読書手帳を導入させていただきました。もう数年経っておりますので、今後の活用という部分では求めていかなければならないなというふうに考えております。そういった中で、新入学の小中学生には毎年配りまして、その活用方法につきましては、学校現場とも調整、協議をしながら、よりよい読書習慣を身に着ける一つのツールとして活用ができるような方法を考えていきたいというふうに考えてございます。
 また、今週の19日に、初めてではございますが、読書手帳表彰というものを行います。これにつきましては、一般の方で1,000冊を超えた方、それから、中学生以下につきましては500冊を超えた対象者ということでご応募いただきまして、小学生が1名と大人の方が1名、それから幼児、これはお母さんが読み聞かせたということで、3名の方を表彰対象として実施をするところでございます。こういったことも展開をしながら、読書手帳の活用を考えていきたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 特に教育格差がかなり広がりを見せていて、そういう面で、私は夏休み、塾に通えない子どもたちを町内会で面倒を見たりしているんですけれども、あれもどんどん増えてきていて、もう1つは、学校の教師が多忙化していて、学校の中で全部やるっていっても、本当にこの間も答弁にあったように、もう1個前の学年、もう1個前の学年の資料から取り寄せなければいけないという、我々もそこで教えていても同じような状況というのはやっぱりあるわけですね。
 そういう面では、それぞれ、特に小学校、中学校のうちにそれがある程度改善できれば、ある程度途中でどこかから一緒にまた勉強楽しくなっていくということもあるだろうし、瑞穂やまたあきる野でやっているのは別に強制じゃないわけで、自分から参加してということでも半分の子たちが参加するというふうなところまで皆来ているということは、やっぱりそれなりに需要というのはあるし、学ばなければいけないというふうに思っているご家庭や、また子どもたちっていうのは多いんじゃないかなというふうに思うんですけれども、そういう面で、学校もそうなんですけれど、地域も交えて、そういう学校だけじゃなくていろんな町内会でもやっているような形の、地域の力も借りてやっていく、学習サポーターやっていくということは、案外、塾だけっていうことを言っているわけじゃないんです。
 そうしたことも含めて考えていただきたいなというふうに思っていますが、どうですかということが1点。
 それから、図書館のほうは非常にそういう形でやっていただきたいというふうに思っているんです。
 新たな図書館のやり方として、いろんな地域に根差したということで提案させていただいているんですけれど、例えば、長崎の長崎図書館なんかは、医療機関と連携してがんの資料だけはものすごくそろえて、どこよりも発達した形でやっていくとか、そうした図書館として何らか逆に情報発信をやっていただく、何らか特色に合わせて、ビジネス支援なんかもそうだと思うんですけど、先ほど印南さん言われたようなことも含めて、そうした情報発信を能動的にやっていただくということはできないかどうかってお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(桜沢 修) 馳平委員さんのおっしゃること、よくわかります。先ほど福祉健康部長のほうからもありましたように、やはり塾の関係も、基本的に生活困窮で塾に行きたくてもなかなかというようなお子さんたちもいらっしゃるとは思います。そういったことも含めて、平成28年度中には十分研究する中でやっていきたいというふうにも思いますし、あと、実際に五ノ神のほうではそういった形で会館を利用した補習のような形での取組みを地域の方がされているというお話は、前からお聞きしております。そういった面も含めて、今後、確かに学校と地域、また家庭、そういったところの中で家庭学習をどうするというようなことも含め、それから、学習塾と学校教育というもののあり方についても、少し考えさせていただく中で、地域の皆さんの力がそういったところで協力を得られるというような形になれば、さらに地域の教育力みたいなものも含めて検討させていただきたいというふうに思っております。
 全くそういうものについては考えておりません、やりませんということじゃありませんので、その辺は、しっかりとまた対応についても検討させていただきたいというふうに思っております。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部長(市川康浩) 図書館のさまざまな利用と、活用というようなことで今お話をいただきました。先ほど図書館長のほうからもご説明をさせていただきましたけれども、ここで読書手帳ということで都内では初めてということで取組みをし、また、ここで表彰をしていくということで広く活用していくということ。それから、学校の図書館にいたしましても、システム化をして、また司書を充実して読書活動の推進を図っているところでございます。
 今、お話をいただきましたご提案も含めて、特色もどう特色をして利用拡大にしていくのかということも含めまして、さらなる図書館、市民に活用される図書館としていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 細かいので4つまとめてお聞きします。
 予算書317ページと、331ページは中学校費も入るんですけれども、校務システム機器使用料というのがありまして、先生方のパソコンの入れ替えというふうに説明があったんですけれども、今年からやっているんじゃないかと思うんですけれども、全て新しい物にこれで入れ替わるということになるのかどうか。
 それから、パソコンを替えますとアプリケーションがもしかしたら前のは使えなくなるなんていうこともあるんじゃないかと思うんですけれども、その辺の予算も十分に充てられているのかどうか。1点目です。
 2点目が335ページ、一番上に自動車の借上料ってありまして、恐らく中学校のブラスの楽器移動用なんじゃないかと思うんですけれども、これもかなり金額がアップになっています。今年は、去年かな、お金がなくなっちゃったって聞いていたんですけれども、状況と、これで十分に足りるということになるのかどうか、2点目です。
 それから、353ページ中ほどにゆとろぎの公共施設予約システムっていくつか出てくるんですけれども、保守の委託料というのが120万円ぐらい増えまして、逆にシステム使用料っていうのが300万円ぐらい減っているんですね、今年と比べて。何か変更があったのかなと思うんですけれども、この理由を教えてください。
 それから、最後、375ページ、スポセンなんですけれども、一番最初の窓口の臨時職員の賃金がアップしていまして、これの理由ですね、その4点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) まず、1点目の校務支援システムの機器でございますけれども、来年度をもって全て新しいものに替わるということと、アプリケーションにつきましても、影響がないように移行していくことと考えております。
 それと、335ページ、自動車借上料でございますけれども、この増額の理由ですけれども、一中は全国大会に行ったんですけれども、名古屋にも楽器を運んでおります。その部分を増額して、上部大会に参加する時にも賄えるような形を取りました。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) 公共施設予約システムの件でございますが、こちらにつきましては、平成27年の11月でリースアップしております。その後、単年度で契約を更新しているという状況でございます。それに伴いまして、来年度につきましては保守委託料というのを新たに増額しまして、また、システムの使用料については、これは減額になったということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(諸星 進) 現在、スポーツセンターでは職員4名と臨時職員で管理運営を行っておりますが、体育祭など大きな事業は別といたしまして、職員の業務の中心は受付業務というふうになっております。
 しかしながら、昨年3月に策定いたしました「羽村市スポーツ推進計画」においては、その基本目標をスポーツ実施率の向上というふうに掲げております。また、2020年の東京大会、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が決定して以降、市民のスポーツに対する関心が高まりを見せている中で、スポーツ推進事業に取り組んでいくために臨時職員に受付業務を中心に行っていただいて、スポーツ推進課の職員が事業を行っていくという体制を整えるための臨時職員の増加になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。2点目にお聞きしていた自動車借上料なんですけれども、ほかの二中、三中なども必要な分は全て足りているという、129万円で足りるということになるのかどうか、確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) それだけですか、再質問は。学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 自動車借上料でございますけれども、3校とも参加する大会の予定と、それがどこの場所にあるかということをかんがみ予算を計上しております。具体的には、例えば、東京都吹奏楽コンクール、府中等で行うんですけれども、そのような形で措置しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 先ほどの瀧島委員のご質問に際しまして答弁漏れがございましたところを答弁させていただきます。
 支援の必要な子につきましての中学校の人数と割合でございますが、中学校75人、5.01パーセントというふうに認識しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) この中学の調査はいつの調査ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 小学校と同じく、この2月に調査した結果でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 平成26年7月の調査はやっているんですか、中学校。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 平成26年7月につきましては、東京都が特別支援教室の導入にあたり、小学校のみ調査をしているものでございますので、中学校の数値はございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) この調査は各学級からの報告の積み上げ人数でしょうか。でまた、平成26年の7月調査で174人、平成27年の2月調査で209人、小学校ですね。これ、同一年度内ですよね。半年。平成26年7月でしょう。(「その次のは平成28年」と呼ぶ者あり)平成28年か。ああ、そうか。
 それで、これだけの人数がいるということは、多いという認識でしょうか、少ないという認識でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) まず、一つ訂正でございますが、平成27年度というふうに申し上げてしまいましたが、平成28年の2月ということでございます。大変失礼いたしました。
 その認識でございますが、多いというふうに認識してございます。
 また、東京都の数値と比べますと、東京都は6.1パーセント、小学校におきましては6.1パーセントというふうになっておりますので、それと比べると割合的にも増えてきておりますので、多い、そのための支援が必要であるというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 多い、支援が必要だと。これ、小学校になってからこの発達障害って発症するわけじゃないですよね。私も一般質問もさせていただきました。各ライフステージでは一生懸命やっていますよという答弁をいただいた。だけども、羽村の子どもでこれだけ、要は発達障害を疑われる子どもがいる。で、支援が必要なんだと。学校へ入ってからこれだけ厚い支援、これは支援していただくのは本当にありがたいことです。でも、もうちょっと前からやっていけば、学校現場ではもうちょっと楽になるんじゃないかなと思うんですけれども、その辺の見解をお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 未就学児の対応。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 未就学児で対応して症状が良くなってくれば、学校の中での対応はもうちょっと楽になるんじゃないですか、なりますかということなんです。未就学児で対応をしっかりやれば、学校教育で楽になるんじゃないですかと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 今、教育支援課等でも取り組んでいるのは、就学前のところでも見ていかないと、学校に上がっていった時にやはり大変なところがあるというのは、今、瀧島委員のおっしゃっているとおりでございます。そういった点では、やはり前の段階からしっかりとした支援というのが入っていると非常にありがたいというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑はありませんか。小宮委員どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 予算書のページは382ページです。開発公社費という欄で、利息を市は負担しているということだと思うんですが、この帳票類の中に連結ベースのいわゆる諸表が、この予算書の説明のところに普通会計というのが従来ちょっとあったような気がするんですが、この普通会計の形を今回、何かあえて取らなかったんでしょうか、それとも、その辺を教えていただきたいと思いますが。
 もう1つあるのは、公社のあり方なんですけれども、これは親に対して子どもが代わりに借りて、親が利息を払っているという、中身がそういうことなものですから、今度、公会計になりますと連結でこれがきちんと表されると思うんですが、その辺のお考えをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 普通会計ということが今、ご質問でありました。普通会計というのは、決算におきまして総務省が実施する決算統計で用いられる全国共通の会計基準。羽村の場合は、一般会計プラス西口の特別会計が基本になります。ですので、決算で用いられる会計というようなことになります。
 また、土地開発公社等、今後、公会計、連結していくというお話ですけれども、そのとおり連結していくような形で考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑の方はいらっしゃいますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) いませんね。時間の関係もありますので、教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金及び予備費関係の質疑を終わらせていただきたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前11時52分 休憩
                                    午後0時59分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 平成28年度羽村市一般会計予算について、一通り質疑が終わりましたので、これより総括質疑に入ります。質疑ありませんか。濱中俊男委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 市長の施政方針の中にありましたので、この場でお尋ねしたいと思います。
 東日本大震災の被災地に職員を1名派遣するというふうに市長がおっしゃっておりました。風化させないためと、また、被災地の支援ということでございますけれど、そこで2点お尋ねしたいと思います。
 まず1点目は、この被災地へ派遣するというのは、どういういきさつで派遣することになったのかお尋ねしたいと思います。
 あと、まだこれは辞令が発令されていないのかよくわかりませんけれど、相手のほうからどういった要望が来て、どういう所へ行って、どんな仕事をされるのか。
 以上、2点お尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 被災地が風化しないようにという形で、一連の3.11を1週間、防災週間を作らせていただいております。そういう意味では、直接、間接的にこれを市民と一緒に災害復旧のための努力をしていくという基本スタンスであります。
 そういう中でも被災地のところの職員が不足しているところに対する派遣という事業は、各自治体でもそれぞれ姉妹都市を組んでいるところとかは個別にやっているところもありますけれども、羽村市は、一応市長会が東京都を通じて市長会に、向こう側の被災地の人たちの要望とかそういうのを聴いて、その中でこういう人に来てほしいとかそういう、4県、福島やそういうところ、まとめて市長会のほうに来ますので、そういう中でそれぞれの26市、3町1村ですけれども、そういう要望に対して応えられるところはありませんかという形で、手挙げ方式で市長会でまとめてやっている事業がございます。
 そういう意味では、ずっと被災以降やっていたんですけれども、羽村市は都教委のほうから栗原市に先生を1年間、行政の先生に行っていただいたという実績、あれは教育委員会のほうでしたけれども、市長会のほうの私たちも出したいという気持ちもありましたけれども、小さいところでしたので、なかなか派遣は、短期間は行きましたけれども長期でなくて、ここにきていろんな市長会から出ている人たちの数が減ってくるとか、そういう意味では国からも、あるいは東京都からも、出せる時は出しましょうということで、たまたま羽村市もそういう意味では今年派遣しようということで決めさせていただいて、そういう形で情報が来ているところから、うちの職員とマッチングした人を出そうと、1年間出そうということで内々で今進めております。
 希望地のところにも、候補者には向こうの担当の方にもお会いして、それが適正な人物かどうかということを、行ってからでは困りますので、内々でそういうところまで詰めてやっておりますので、1年間派遣する人を、きっと役に立つ人を派遣しようという、ここまで今来ております。
 市長会全体で数は、風化しないようにということで、昨年と同様の数と、プラス1名ぐらいが東京都の市長会からは被災地に行くような派遣事業になっています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 私も、今、どのくらいの方が被災地のほうに派遣されているのか知らないんですけれども、ただ、東京都とか全国とかで、今はどのぐらいの職員さんが被災地のほうに行かれているのか、もし数字がありましたら、教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 今、全国から被災地3県の市町村に派遣をしている職員でございますが、これ平成27年9月現在の数値でございますが、470名の全国の地方公共団体の職員また国の職員も含めて派遣がされております。
 また、東京都の状況でございますが、東京都の26市からは平成27年度は20名の職員を派遣してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) はい、わかりました。
 今回、一般職の方を派遣するというふうに思いますけれど、それで派遣している時もいろいろ向こうの情報をこちらに伝えてくると思いますけれども、終わった後、1年間なら1年後、その方がこの羽村市役所の中で働くわけなので、そういったところから向こうの情報をぜひ市なりまた市民なりに伝えていただきたいと思います。その辺についてどうお考えなのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 派遣をした職員が戻ってきてからの対応ということでございますが、当然、1年間派遣をした中でいろいろな経験、また情報、被災地での困難さ、そういったものをいろいろ見聞してくるところもございますので、そういったものは、羽村市の職員にもそうですし、また、場合によっては羽村市民の方々に還元をすると言いますか、そういったものを情報提供していくような場も設定をし、被災地のこれからの支援、風化をしないようにというようなことは続けて対応していきたいというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 予算書にありますインターネット接続料について伺います。
 予算書の中に10カ所、インターネット接続料がありまして、大体1カ月で見ると5,500円前後となっていますけれども、その中で小学校が7校で割ると1カ月約6,300円、中学校が3校で割ると1カ月6,200円となっています。ほかにも消費生活センターだと思いますが、約7,400円、図書館が1カ月580円、非常に安いんですけれども、この金額の開きというのはどうしてなのかをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) どなたですか。冨松委員、まとめてお聞きしているんですよね。1個1個ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) ちょっと値段が。大体。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 情報管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯情報管理課長(田村和隆) ご質問のインターネットの接続料でございますが、各施設ごと、各機関ごとに契約している内容でございます。全体で申し上げることは、ちょっと今把握はしておりませんが、学校関係で申し上げますと、学校ですと、スクールアグリーメントという特別な契約をされているようでして、その関係で安くなっているような状況もございます。基本的には、各施設ごとの契約ということでインターネット接続料をお支払いしている状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 今、ご答弁で学校は安いとおっしゃっていましたけれども、高いというふうに解釈すればいいのかなと思うんですけれども、ただ、図書館が1カ月580円と非常に安くなっているのはどうしてなのか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 図書館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯図書館長(大野直敬) 今、お尋ねのインターネットの接続の件でございますが、この7,000円につきましては、官報のインターネット検索サービスの使用料ということで計上してございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 官報、国の報告書。いいですか。冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 再質問なんですけど、先日の一般質問でゆとろぎの講座室、学習室でインターネット接続ができるというご答弁でしたけれども、ゆとろぎのところを見てもインターネット接続料の予算が計上されていないように思います。また、スポーツセンターも予算計上されていないように思いますが、この理由をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) どなたですか。出ますか。スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(諸星 進) スポーツセンターのインターネット接続につきましては、まず一つは庁内LANのインターネット接続ですね。こちらは料金はかかりません。
 もう1つは、公共施設予約システムで使っているインターネットに接続できるものがありますが、こちらについては、公共施設の予約システムの料金の中に含まれておりますので、予算には出てまいりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ゆとろぎと消費生活センター。ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) ゆとろぎの2階の部分なんですが、こちら2階の部分については、学習に使うインターネット、こちらにつきましてプロバイダーとつなげることができるようになっております。こちらの経費につきましては、先ほどお話がありましたように公共施設予約システム、このシステム回線使用料、この中に含まれてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 産業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業課長(粕谷昇司) 消費生活センターのインターネット接続の関係ですけれども、こちらは事務室内にございます消費生活相談員の使っています専用のパソコンで、東京都等との回線とつながっているものでございます。こちらにつきましては、1カ月接続料4,800円、回線使用料2,000円で、月6,800円ということになってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。関連、水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) 今、あちこちで費用が上がっていて、それぞれの事情があるんですが、それぞれを串刺しにして、それぞれの契約が妥当であるかというチェックはされているかどうかを確認したいんですか、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(早川 正) それぞれの各施設等々のインターネットにつきましては、それぞれの環境、そのつながりのあり方ですね、設備とか環境によってそのプロバイダーとの契約になってまいりますので、それは多少のずれはあると思います。なおかつ、予算上には、適正に見積りの中での対応というふうに認識しております。
 また、庁内LANの環境の部分と、それぞれ各部署単独でやっている部分ございます。ですから、庁内LAN系列の中で一括で情報管理が所管しておりますけれども、それぞれ他施設のそれにつきましては、それぞれの業務の中で必要なインターネット環境を整えているというふうに認識しております。
 また、その額につきましても、適正な値段だというふうに思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) それぞれに適正と思っておやりになっていても、ノウハウだとかそういった面でもっと工夫ができるんじゃないかということを、そういう知恵というか、コスト面の妥当であるかというふうなチェックはしているかどうかだけ答えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(早川 正) 今、そういったところの値段、それぞれの各施設のチェックはしてございません。今、こういったご意見いただきましたので、今後はそういった部分についても調整あるいは調査はしてまいりたいというふうに思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。関連、橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) すみません、今の水野委員のお話と関連するんですけれども、歳出の部分で今回の予算の中で、結構な高額な支出がありますよね。例えば、特殊な専門の分野だとか、大規模修繕だとか、高額機器の購入だとか、IT分野のそういった購入とかっていうのいろいろあると思うんですが、それとまたこの間、お話の中で堰下橋の設計や建設等の耐震補強の関係も出てきたんですけれども、そういった中で、今言った、水野委員も言われたんですが、こういった価格が適正かっていう判断というのをどういう形で、結構高額なものっていうのはやっぱり専門的な知識だとか、いろんなところの裏づけがないと判断ができないのかなというように思うんですけれども、そういった場合、例えば、外部委託でその価格が適正なのか、そういったものを考慮するようなそういった手法も使っているのかどうかというのをちょっと聞かせていただきたいと思うんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 橋本委員、契約事務ですか。契約の適正化ですか。財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 予算編成にあたりまして、各課が各事業の見積りをするわけでございます。基本的には、各課が見積りを数社から徴収したり、インターネットで適正な価格を調べたりとか、相場なんかも調べながら要求が上がってまいります。それを財政課のほうでも査定をするわけですけれども、インターネットあるいはヒヤリング等を通じて適正な価格かどうかということで査定をしておりますので、そういった形での調査研究をした上での金額になっているというふうには認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) そうしますと、あくまでも外部で特殊な、金額の大きいものなんかについても、そういった、あくまでも市庁舎の中でそういった見積りを基にして決定していくというのが今までのやり方ということで理解してよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 総括質疑です。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) ページで言うと113ページになりますが、広域行政で姉妹都市との協議負担についてなんですが、これは北杜市との交流になろうかと思います。実は、この交流も今年でちょうど20年ということで、平成8年10月、高根町時代からですよね。その後、合併をしながら今の北杜市になっても、ちょうど10年という節目になります。そういう年に、来年度、何か周年事業みたいなものを考えているのかとか、また、市が進めている市民交流の中でそういう冠をつけたものにして意識づけ、より固いきずなにしていくようなそういうふうなお考えはあるのか。負担金が毎年15万円ずつ同額計上されていますけれども、そのような内容の中でそのような考えがあるのかということをお聞きします。
 それから、住民基本台帳に要するマイナンバーの件なんですが、このカード配布に合わせて平成28年度の10月ごろからコンビニでの交付、証明書等の交付が可能になるというふうなやり取りがあったわけなんですが、予算化されていなくて、実計を見たら、平成29年度からのということになっておりました。その辺のいきさつを、どうなっているのかお聞きします。
 もう1つだけ。一昨日、西川委員の質問で電気自動車の購入のお話がありました。その購入は全然いいんです。必要な台数確保ということと、しかも電気自動車なのでいいんですけれども、行財政改革基本計画の中に、「庁用車は減らしていき、そのかわりに自転車なり電動自転車を導入していく」という計画があります。その中で、じゃあ、自転車はどうなっているんだろうと思って見てみましたら、どこにも見当たらないので、購入なり修理代なり、毎年載っていないので、その辺の自転車の管理はどうなっているのかというところをお聞きします。
 以上、3点。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 1点目の、委員ご指摘のとおり、平成8年10月1日に旧高根町と姉妹都市を提携をしていまして、平成28年10月1日がまいりますと20年ということになります。これから幹事会ですとか、また、年度が明けましてすぐ総会なども予定されていますので、まだ、この20年のことについて、確かに20年でございますので、相手の北杜市とも協議が必要になってまいりますので、そういった幹事会や総会の場に議題として出させていただきながら、どういったことができるのか、双方で調整、検討をさせていただきたいというふうに考えてございます。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民生活部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民生活部長(伊藤文隆) 2点目のマイナンバーの関係でお答えさせえていただきたいと思います。
 当初、平成28年10月ぐらいということでご答弁を差し上げておりましたけれども、ご存じのとおり、今、地方公共団体情報システム機構のほうのシステムの不具合が、相次ぐ不具合とか、それから、マイナンバーの個人番号カードの発行の遅れですとか、それから、機器の整備状況なんかもなかなか遅々として進まないようなところもございまして、当初の予定よりちょっと遅らせていただきまして、実施計画上は平成29年度に半年遅らせていただいております。
 そういった機器の整備状況ですとか、それから、今、羽村市でもマイナンバーの個人番号カードのほうの交付作業を鋭意進めておるところでございますけれども、そういった状況を見ながら、できるだけ早期のコンビニ交付の実現に向けて、担当として検討を進めてまいりたいというふうには考えておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 契約管財課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯契約管財課長(飯島直哉) 3点目の行政改革実施計画に伴う庁用車を減らして自転車を導入する件でございますが、こちらにつきましては、平成27年度の庁舎の維持管理に要する経費の中の備品購入費のほうに計上させていただいておりまして、平成27年、昨年の5月に庁用車の老朽化に伴って廃車してございますが、その代替として電動アシスト自転車を2台導入してございます。
 管理のほうは、庁舎管理のほうで管理しておりまして、庁内LANシステムで各課が予約をして使用するという庁用車と同じような形態で、今、運行している状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 北杜市との交流、ぜひ進めていただければと思います。
 総括なので、いきなり産業のほうの分野に入りますけれども、北杜市との羽〜杜プロジェクトというものが進められていると思いますけれども、地方創生等に絡めて地産地消じゃなくて互産互消なんていうことも今、出てきておりまして、この羽〜杜プロジェクトは向こうの材料をこっちで製造しょうという形なんですが、何かそういう食べ物だけじゃないんですけれども、うまくこっちも向こうもという連携がこれからも図れていって、関係強化につながっていけばいいのかなというふうな思いもあるんで、この羽〜杜プロジェクトのその後どういうふうな方向で進んでいるのか。商工会さんの事業になるのかもしれませんが、産業課としてはどのように捉えているのかお聞きします。
 それと、マイナンバーのコンビニ交付ですね。平成28年度の秋口だと思っている市民もいると思いますので、その辺、うまく広報を使って周知のほうをしなければいけないのかなというふうに思います。
 3点目は、庁舎管理の備品の中でそのような電動自転車とか購入をして管理しているよということですね。わかりました。可能であれば、そういう予算書のところに、よく備品の下に消火器なんてこう書いてあるところもあるので、自転車とかって書いてあればよかったかなと思いますけれども。
 そうしたら、その電動自転車2台、導入して活躍をしているかと思いますけれども、何かこの1年間乗ってきたデータとか、どのくらい使われているのかとかあればお示しいただきたいと思います。
 その平成28年度の予算の中の庁舎管理用備品ですか、その項目の中には自転車等また購入するものが含まれているのか、または、今回はそういうものは入っていないのか、その辺をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 産業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業課長(粕谷昇司) 1点目の羽〜杜プロジェクトの件でございますけれども、今年度も引き続き、北杜市のほうとは会合を持っていろいろ調整を進めているところでございます。
 今、委員が言われましたように、これまでは主に商業的な部分が多かったところでございますけれども、工業関係でも、工業者が現地の工場等を視察するというようなことも行っております。また、農業関係でも、北杜市の農地を借りて生産を羽村の農業者がやりたいというようなお声も上がっていまして、そのようなことについても現在、相手方のほうとも調整を進めているところでございまして、そのような形でいろいろな分野で今後とも連携可能なものについては行っていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民生活部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民生活部長(伊藤文隆) 2点目のマイナンバーコンビニ交付の関係でございます。
 実施時期等を見据えて適宜広報を行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 契約管財課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯契約管財課長(飯島直哉) 3点目の電動自転車の導入、利用状況でございますが、昨年5月に導入しまして、本年2月末までの間でですが、延べで455回使用ということになってございます。大体開庁日1日当たり平均1回ぐらいになります。
 利用形態でございますが、事前に予約して、自動車と同じように主に市内に用がある時に使っていただいているほか、当日、急遽何か業務が入った時なんかに、その場ですぐ自転車ですと使えるということで、重宝な使い勝手となってございます。
 今後につきましてですが、自転車ですので、自動車と違いまして雨天の時は利用がしづらい、また、荷物が多い時も利用がしづらい、こういった自動車とは異なる面もありますことから、現在は、導入して利用形態ですとか、業務への影響とかそういったところを検証しているところでございます。ということで、平成28年度の備品購入費のほうには、新たな自転車の導入というものは見込んではございませんが、また、使用形態などを見極めまして平成29年度以降、台数を増やすかとかそういったことは検討してまいりたいと考えてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) わかりました。そうしたら、その自転車の件で学校関係にもちょっとお聞きしたいんですが、校長とか副校長、先生方もよく車を使わずに自転車で行ったり来たりしているところを見ます。学校関係においても自転車の管理のどこにも見当たらないので、今、契約管財のほうと同じように、管理用備品の中で購入なり修理なりしているというふうに判断してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 小中学校における自転車なんですけれども、電動ではないんですけれども、自転車は1校に対して4台から5台等ございます。パンク等の修理等で予算を使う時があります。平成28年度については、購入の予算は措置しておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 2点お伺いいたします。
 初めに、市長の施政方針に、3月の今回の議会で施政方針の中に「羽村市の水資源を最大限活用していくため、水を生かした特産品の研究、開発、水を大切にし、保全するための条例や宣言などに取り組むとともに」というところがあるんですけれども、今年度、羽村市としてもう少し具体的なことで考えていらっしゃることがあれば教えていただきたいと思います。
 それから、もう1点目は、きのうもちょっと話が出ました消防団活動費に要する経費なんですけれども、消防団の報酬については数人の卒団された方々から、20年前から報酬が変わっていない。少なくともここ10年は変わっていないのではないかということで、変わらないのは後輩がかわいそうだという声もちょっと伺っているんですけれども、質問は、前回改定されたのは何年なのか。
 それから、羽村市の消防団員の報酬は団員の方と分団長と団長さんは、それぞれどのくらいなのか。また、西多摩の中でどのくらいに位置しているのか、それぞれ伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 2問、水資源と消防団報酬ですが。企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 羽村市の特色として、水や花や緑というのがあります。水を生かした特産品、委員からも一般質問などでもご指摘などを受けていますけれども、今、ペットボトル水の「水はむら」を使ってシティプロモーションで市外に向けてプロモーションをやっていますけれども、今後、水に関連をする、または水から生まれた特産品、それは飲み物なのか食べ物なのかというようなことも含めながら、今後、市だけで考えるのではなくて、市民や団体、事業者の皆様方と一緒になって、そういった羽村市をシティプロモーションをしていく上での特産品というものを引き続き開発などに取り組まさせていただきながら、そういったものを使って羽村市の良さというものを外にPRするとともに、そういった良さを知っていただいて、新たな定住促進にもつなげていくというような施策として考えているものでございまして、今、具体的にどういったもので売っていくのかという具体的なことはお答えができませんけれども、そういった保全をするという観点から宣言であったり条例などについても取り組んでまいりたいという考えであるというふうに捉えてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 消防団員の報酬の改定の時期ということですが、平成8年の3月議会以降、報酬と費用弁償、出動費の改定は行っておりません。
 それと、2点目の団長の報酬ですが、羽村市の場合は年間29万円、それから、分団長の場合は15万4,000円、団員の場合で6万5,000円ということになってございます。
 西多摩平均でお答えしますと、団長が約26万3,000円ということで、羽村市が上から3番目、平均的で、平均よりも2万7,000円ぐらい多いと。それから、分団長につきましては、西多摩の平均が15万4,000円ですので、ほぼ同じ額ということです。8市町村ですと4番目ぐらいになります。それから、団員になりますと、平均で、5万1,563円ということなんですが、8市町村2番目に団員は高く、約1万4,000円の平均より上というふうになっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 1点目はわかりました。
 2点目の消防団員の報酬なんですけれども、これは先ほどは年間ということだったと思うんですけれども、それ以外にも出動費というのが出ていると思うんですけれども、その出動費に関しては、他市でも出ているのかどうか、お伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 出動費につきましても、羽村市の場合は、条例で2,200円、1回当たりの出動手当が出てございます。西多摩の平均ですと、1回当たり2,160円ということで、平均より40円ですが、高いと。8市町村中3番目に高いということで、全ての市町村が条例で出動手当を充ててございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 平均すると大体中ぐらいか、それよりもちょっと高いかということでちょっと安心しましたけれども、これまで20年間というかなり長い間変わっていないということで、今後、もし基準を検討するとすると、どういったタイミングで改定の基準というか、どういったタイミングで変更等を検討されるのか、これをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民生活部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民生活部長(伊藤文隆) 消防団員の皆さんは、本当に自分たちの地域は自分たちで守るという強い志とボランティア精神に立脚して任務にあたっていただいております。順位がどうのとか、高いか低いかということでもって、もちろん他市に比べて低いのであれば、それは見直さなければいけないとは思っておりますけれども、報酬の金額をどうするか、見直すかどうかというタイミングにつきましては、これは時宜を得ながら、近隣市町村ですとかそういった状況なんかを見ながら検討してまいることになってくるかと思いますけれども、多い少ないをすぐにどうのというところの考えは、今のところございません。今のところ、平均的なレベルで、人員にしても充足しておりますので、これにつきましては、また時期を見ながら先々検討していくという形を取りたいというように考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかにありませんか。関連の方、濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 水に関して関連で質問させていただきます。
 水を生かした特産品がシティプロモーションということでお話をお伺いしました。それと同時に、水を大切にし、保全するための条例や宣言などに取り組むというふうに市長はおっしゃってございます。どういう形で条例、宣言をお作りになるお考えなのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) ただいま水を生かした宣言や条例というふうなことでございます。かねて一般質問などでもご提案、ご指摘などいただいているところでもございますけれども、今、羽村市の水というものを未来永劫大事に使っていく、また、その良さを多くの皆様に知っていただくという意味において、その両面において、それを明文化した宣言なり条例なりの制定を検討して、それを上手に使いながら大切な水を将来に引き継いでいこうという考えのもとに検討していこうというのが趣旨でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) わかりました。羽村市の水が安全で大変おいしいというそういったPRも大変重要かなというふうに思っております。
 それで、この水に関した宣言なり条例なり、こういったのはほかに例があるのかどうか、その辺についてわかりましたらお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 水道事務所長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水道事務所長(田中繁生) 現在、他市あるいは全国的な状況について調査をかけているところでございます。多摩地域に関して申し上げれば、近くでは国分寺市が、あそこは湧水の関係で、ちょっと正式な名称は失念しましたけれども、湧水に関する保全の条例を制定しております。それから、あと東久留米市につきましては、たしか「緑と水」というふうな表現だったと思うんですけれども、その宣言を行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 羽村の水はむらの販売とかそういうもの以前に、水と羽村の関係というのは大変深いものでありますので、そういう意味でお水を大事にする、水と自治体とか、人と生きていく、そういうところをバックにした水を大切にした条例とか、そういう形になってくると思うんですね。
 それのきれいな水を販売したり、皆さんとやっているところも、その一つの手段になってきますので、そういうためには宣伝するための条例というものじゃなく、総合的な水とのかかわりを持った、羽村の検証の中のそれを条例化していくというふうな形が一番ふさわしいというふうに思っております。
 それから、行政のほうだけで水はむらのことを販売とかそういうのではなくて、それぞれ大切にしながらすばらしい水があるんだということを市民の皆さんあるいは事業者とも共有の土俵に立って、それを宣伝したり、必要なことをやっていく。そして、観光のためにも使うというようなことを考えております。
 それから、行政と私自身ができることと言いますと、やっぱり市長会とか都知事と、非常に例になりますけれども、そういうところの協議会があった時には水はむらを使ってテーブルに並べてもらうとか、そういう形での、大きなところでの水はむらを大切にしているということの宣伝なんかもしておりますので、それから、職員には、富山の薬じゃないですけれども、水はむらの行商に出てもらいたいぐらいのことを言って、1人10本売って、その差額を水道の企業会計に入れるとか、そんなアイデアを出しながらやっております。
 そういう汗水を流してそれをやるというようなことも、一つの、そういうコアな、あったものとして、水とのかかわりを今以上に関心を強く持っていくということと、それから、水はむらの販売、市内の皆さんでも水道事務所に行けば、あるいは酒屋さんで売っているんだけれども、それについての販売に対する努力というか、買っていただくための、自分たちが需要と供給の関係で使うんだよというところについてのまず内部の宣伝と言う、それちょっと不足しているかなという気がいたしますので、市民の皆さんも月に1回か2回は水道事務所で水はむらを買っていただくようなそういう形のものにして、皆さんが宣伝マンになっていただくというようなところも一つの、地道な努力ですけれども、そういうところも含めて実行について職員とも、また皆さん市民の意見も聞きながらやっていきたいと、こんなことも思っています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 今、シティプロモーションということだと、市民が発信ということが出たので伺いますが、はむらの魅力発信・知名度向上に要する経費及びこのオリンピック・パラリンピックに関するのでおよそ2,000万円、そのほとんどが委託費です。つまり、業務の内容が見えません。そこで、一つ、お金を使わずに100万人にメッセージを送る方法を考えました。
 市長よく言っているように、オール羽村ということを言います。このまちおこしもオール羽村ですよね。そうしたら、市民運動としてオール羽村で、市民運動として町のポテンシャルエネルギー、潜在的エネルギーを発掘し、育て、発信していくというのを取り組んだらどうかと。
 これを、例えば、写真で表す人、絵を書く人、あるいは短歌で表現する人がいてもいい、キャッチコピーを作る人がいる、いろんな人が作って、それをみんなで検討し合っていいものを選んで発信していきましょう。その方法が年賀状。市の職員、今、非常勤を合せて700人、その人たちが1人50枚ずつ出せば3万5,000通。羽村の2万5,000世帯、2万の世帯の人が50枚ずつ出せば、これで100万人。これ、ほとんどお金かけずにまちの自慢をみんなでできるということで、やはりこういった方法を考えるのも一つの市長のおっしゃるオール羽村じゃないかということで検討していただけないかという、これは提案ですので、お考えいただきたい。
 それから、もう1点、私、このオリンピック・パラリンピックの事前キャンプに関しては非常に懐疑的でした。でも、考え変えました。
 きのう、東京のシンポジウムで斎藤聖美さんというバスケットボール日本女子リーグの会長と話す機会がありました。彼女は川淵三郎さんに誘われて民間企業から、実業界から女子バスケットに入ったんですけれども、そういった話だったので、きょう、議会でこういう話をしてきたと、事前キャンプを。それは、すばらしいと言われました。えっ、と言ったら、実は、スポーツ団体ってお金がないんだそうです。女子バスケットボールリーグもそうだそうです。やはりオリンピックが始まれば選手村ということは可能なんだけど、その前に事前キャンプということであれば、いいところがあれば、きっと行きたい国があるに違いないということでした。
 じゃあ、どうすればいいか。人と人とのつながり。羽村にはおよそ2,000人の各国からの人がいたら、その国の人を通じてその国のオリンピック委員会なり、あるいはメディアなりに羽村として発信したらどうかと、そうすると、その人の知り合いにオリンピック委員会の人がいる、そういうこともいっぱいあるんだそうです、人と人とのつながりというのは。ですから、これもそういう形で羽村が今回のように、バスケットボール、バレーボール、バトミントン、そういったことで、実際に参加する国があれば、そういった発信の仕方というのが非常に効果的だなというふうに思って、これも考えていただきたいと思うんですが、これは市長のお考え、オール羽村をおっしゃっている市長の考えを伺いたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員、提案ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 考えを伺いたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 総括質疑、先ほど言っていた臨時財政対策債、それも一緒にやってください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 臨時財政対策債、これいつも聞いているんですが、なかなか返還の問題というのがあります。これは不交付団体になれば返さなければいけないということで、ことしは4億500万円でしょうか。今までは、交付団体であればそれは交付金の中で手当てしますということで、手当されていたのは去年までなのかどうかです。これ仮に、4億500万円ということなんですが、仮に前年度、去年交付団体であれば、この分というのはいくらかは交付金のほうから補填されているというふうな考え方でいいのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(北村 健) 1点目の市民の皆さんがいろいろ外へ向けていろんなことをやっていくということは大変すばらしいアイデアだと思いますけれども、それを市が押しつけてやるというのはどうかなとういことがありまして、平成28年度に市民活動推進基本計画ですか、これを作るということで今やっていまして、そういう中で市民の活動を高めていく中で、そういうふうな提案もしながら、そういう議論もしていただいて、そういうことができるようになれば大変すばらしいことではないかというふうに思っております。基本的にそういうことを含めて羽村市をPRしていくということは大変重要なことでありますので、そういう面で努力はしていきたいというふうに思います。
 それと、臨時財政対策債のほうですけれども、これは交付税の不足分を国債を発行して国は待っていたんですけれども、その国債の発行をなくして各自治体へ配る基準財政需要額をある程度減らして、その分を起債させて、その元利償還金を国がまたみるということであります。これは交付団体であろうが不交付団体であろうが、基準財政収入額という中にその返還金は算入されておりますので、たまたま不交付でありますから現金が来ないということであります。したがって、ですから、算入はされておりますので、その算入された基準財政需要額というのが、例えば、羽村の場合はぎりぎりのところを、それは、ですから、1億円足りなくなれば1億円の交付税が来るんですけれども、その1億円が何々のものだというところまではっきりしませんので、この臨時財政対策債の分がいくらだとか、そういうところはなかなか出ないわけですけれども、確かに、不交付ですから、今、来ておりませんけれども、また交付になれば来ますし、これは、ですから来ないからといって返してしまうと、いずれそういう時にもらえるものがもらえなくなるということがあるので、その辺のことを判断しながらやっていく必要があるというふうに思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 臨時財政対策債に関してはわかりました。
 今の羽村の魅力発信ですが、市の強制ということじゃなくて、「その考えはいい。しかし、」の「イエス、バット」じゃなくて、「その考えはいい。こうやればもっとよくなる。」というふうにやっていくのがやはり一番楽しいまちおこしだと思いますので、そういうふうな答弁ということで結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 正規、非正規の問題と同一賃金、同一労働についてお聞かせいただきたいと思います。
 そこで3つ質問あるんですけれども、まず、市長も、前、私の質問に答えられていたように、東京都の一自治体としても非正規から正規に向けて、その目標に向けて最善を尽くすという話でした。羽村市のちょっと現状を聞きたいんですけれども、今年度の予算の中で正規の雇用者というのは増えていくというふうに予算立ての段階で出ているかどうか、まず、それをお聞かせいただきたいと思います。
 それから、2点目は、それに向けて最善を尽くすということで言われているわけですけれども、本予算の中で非正規から正規に向けての何か対応というのはされているのかどうか。
 それから、3つ目は、正規の職員も待遇改善されているという話なんですけれども、例えば、1人当たりの羽村市の職員についてなんですけれども、1人当たりの正規職員の年収と非正規職員の年収の倍率というか比率が、前年度と今年度と比べてどういうふうになったかというのをお聞かせいただきたいと思います。
 2点目は、若者対策なんですけれども、それぞれ小中学校、子ども・子育てもあって、高齢者は高齢者の対策というのがあるんですけれども、ちょうど高校生とか大学生あたりに対してそういう部分で手当てするような部署というのはなくて、定住促進という観点からも、高校生や大学生に対するアプローチというのは非常に、市内の、特に市内で育った若者に対するアプローチというのは非常に重要なのかなというふうに思っているわけです。
 前回、ここで自殺の対策についても話があったように、若者の自殺率というのは羽村でも非常に高いという話も、この間の研修会でもありました。そういう面でも、若者の相談窓口をきちっと整備するということと、それに総合的に対応していくというふうな対応というのは必要なんじゃないかと。とりわけ高校生は中途退学者も増えていますし、大学生は授業料なんかもものすごく高くなって、公立大学で40年前の15倍、大学生の2人に1人が奨学金で、出た時にはもう数百万円の借金を抱えているという現状で苦しんでいるという若者たち、非常に多いわけですけれども、こうした若者たちに対してどういう対応するのかということもお聞かせいただきたいと思います。
 以上、2点です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 最初に、1点目の正規・非正規というご質問でございますけれども、これは再三お話してございますように、地方公務員と地方公務員で集まっております正規の職員と非常勤の職員、また嘱託員の職員というのは、それぞれ、要は民間で言う正規・非正規という部分ではないというふうに思っております。例えば、臨時職員であるですとか嘱託員、専門的な分野が必要な部分で一定の期間、その業務が必要だというところにつきましては、当然、嘱託員というような形で雇用をしているわけでございますが、それをまたさまざまな方法論で、例えば、指定管理者ですとか、人材派遣による委託ということも、これは視野に入れてございます。
 そういった意味では、さまざまなマンパワーの使い方をして行政サービスを提供していくという方法論を取っておりますので、今の地方公務員法上でお話がございます、例えば、非常勤の臨時職員ですとか、嘱託員は、イコールそのまま正規という部分ではないというふうに認識をしております。
 ただ、やはり業務の中でずっと継続的に必要になってくる業務の中で、専門性を問われる部分が近年増えております。従前はスペシャリストよりもジェネラリストということで、総合職の方がやはり地方公務員では増えていく傾向にあったんですが、現実的に見ますと、非常に国からいろいろな事務が下りてきて、それも専門性が問われるようなもの、例えば、介護にしろ、また今の馳平委員の2番目のご質問であります若者等子どもの関係でも、非常にきめ細やかに業務サービスを行っていかなければいけないような時代になってまいりましたので、そういった意味では、羽村市の職員層でも、やはり専門職を多く採用している状況にございます。例えば、保健師ですとか、土木技師ですとか、そういう専門的なものの方々につきましては、新規採用ではなく、ある程度枠を作って採用させていただいているような実情もございます。
 そういった意味では、今まで嘱託員であったところが、それが継続的に必要な業務であるということであれば、やはりそういった枠を取っていかなければいけないというふうには思っておりますが、やはりある程度専門職になりますと、もともと職員のキャパシティが少ないところでございますので、その方のキャリアデザインをどうしていくかという部分も一つ非常に大きな問題がございます。ですので、その辺を調整しながら、やはりこれからは専門的な分野につきましても、正規職員での雇用による対応ということも考えていかなければいけないと思っております。
 ただ、民間で言いますような非正規・正規というような区別ではなく、必要な部分につきましては、さまざまな方法論によってマンパワーを使っているんですが、それがある程度フィックスして固定化していくのであれば、それは当然、正規職員の仕事ということでございますので、それはそういう専門的な部分についても検討しながら採用していくというようなことの道は、やはりこれは取っていくべきだというふうには考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 若者へのアプローチというご質問でした。
 ご質問の中には高校生の相談とか、それから、大学生の授業料負担の軽減というご質問がありました。例えば、高校生ですと、まだ児童福祉の部門に入ってまいりますので、相談ということであれば子ども家庭支援センターで受けていくことができます。実際に、児童虐待の関係でも高校生が学校の担任の先生を伴ってそういった相談に訪れているというケースもございます。それに限らず、さまざまなそういった相談には応じていけるという形になります。
 それから、生活困窮、授業料の負担軽減というところであれば、さまざまな奨学金制度や、それから、福祉の分野での制度がございます。もう一つは、自殺ということのご質問もありました。これ、先般の議員研修会でも、非常に参考になりました。
 そのさまざまな課題を、若者という切り口で取ってアプローチをしていくのか、あるいは、例えば、自殺ということであれば、若者だけではないということ。生活困窮ということであれば、若者だけではないということもありますので、そういった各分野の支援の中で今は対応しているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 正職と非常勤の職員の給与の比較というご質問でございますが、これを正確に比較をしている資料はちょっと持ち合わせてございませんけれども、そうした中、職員の平均給与の動きを申し上げますと、平成27年度予算ベースでは、職員1人当たりの平均給与、これは時間外勤務手当、実績給を除いたものでございますが、約640万円でございました。こちらが平成28年度の予算ベースでは、約620万円ということで、20万円ほど減になってございます。こちらにつきましては、給与改定等、引き上がっている部分もあるんですが、職員の新陳代謝等もございまして、平均の給与としては下がってございます。
 一方、非常勤の職員の年収でございますが、これは各職種ごとによって当然異なってまいります。
 例えば、一般事務で週5日勤務をしていただいている方、こちらの臨時職員につきましては、平均年収が約160万円ほどとなります。また、図書館の司書、学芸員、こういった専門職の給与につきましては、年収で約230万円ほどとなってございます。こちらの年収につきましては、先日もお答えさせていただきましたけれども、社会情勢等を考慮いたしまして、約2%前後引き上げをさせていただいている状況でその程度の数値となってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 最初の、予算だけでなくて、正規雇用者というのは全体として羽村市の中で増えているかっていうのは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 産業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業課長(粕谷昇司) 正規・非正規の関係ですが、この問題につきましては、12月の一般質問で馳平議員からご質問いただきまして、その後、その対応といたしまして市の広報紙、それから、公式サイト等を通じて各企業等に周知また労働者に対しても周知してまいりました。
 また、今回、予算にということでございますけれども、平成28年度予算にはその辺についての予算は特に盛り込んでございませんけれども、今後とも商工会等と、また企業活動支援員などを通じて、法律の趣旨に基づいて事業所また労働者もそれに見合うような形で企業と労働者がよりよい関係で進めていくように取り計らっていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 産業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業課長(粕谷昇司) 正規・非正規の人数、実態というものについては、現状では把握できておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) これ、東京都でも目標数値立てて、市長もそういう面では非正規雇用から正規雇用に向けて最善尽くすと言われているわけで、その辺きちっと把握していただいて、とりわけ大事なのは、2030年問題というのがありまして、今、就職氷河期の人たちが高齢者に達した段階では、本当に生活保護等も非常に増えていって、羽村市の財政どうなるのかな。市の財政、それぞれの自治体そうだと思うんですけど、そういう面では今本当にかじを切っていかないと、一自治体の中の問題ではなくて、ようやく今、ちょうど国も東京都も腰を上げようとしているところですので、この機を逸さず、ぜひともその部分に関しては何らか検討するような場を設けていただいて、非正規の正規化、民間のことですけれども、そういう対応についてじっくり検討していただきたいというふうに思っています。
 それから、羽村市の職員について、正規職員が20万円下がったというのは本当にびっくりしたんですけれども、前年度と比べて、これだけ仕事もきつくなっていて対応することも多くなっているわけで、本来はやはり、今きちっとそういう部分で対応していかないと、私はだめだと思うんですけれども、そこも含めて、逆に今後もこういう状況っていうのは続けていくつもりなのかというのをちょっとお聞かせいただきたいと思います。
 それから、2点目の若者対策については、わかりました。高校生、大学生がむしろ本当にいろんな部分で悩んでいるなというのは、我々も対応していて感じることが多いのがあるんですけれども、やはり逆に言えば、行政とは一番遠い立場にあるというふうにあるのではないかなというふうに思うので、いろんなツールを利用して、そうした若者の声に応えていくということも大事なのかなというふうに思うんですけれど、どちらかというと市内じゃないところだけじゃなくて、市内の若者にどうして定住してもらうかも含めて、きちっとメッセージというのは送っていくべきじゃないかというのはどうお考えかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 羽村市の職員の給与が下がったという話、指摘でしたっけ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) そういう数字が出ました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) あれは人勧に従っていますので、各自治体のほうも、羽村の職員だけがそういう給与体系が下がって収入が少なくなったという傾向ということではないと思います。それはこっちへ置いておきまして、非正規と正規の間の境界が、二者択一とかそういうところじゃなくて、今、もうばりばり正規で職員になった人も頑張っていただいて、今まで以上に、羽村は羽村で職員の公務員としてのアイデンティティというか、やってきましたけれども、こういう時代になって正規の職員もそれなりの自分の自己研さんもしながら、今の時代に合った仕事をしていこうと、そういう努力の結果としていいサービスができて、それが給与とかいろんな待遇に結びついていく。
 それから、非正規の人を雇って、そういうことでトータルとして質を上げようという前に、やっぱりそれぞれ自治体は個別に努力をしてきておりますので、全体のトータルの中で何番目かと、人数が何人とかそういうことよりも、羽村市のこの規模というのは少数精鋭で頑張っていくというのが大前提でこれまでやってきておりますので、そういう意味では、職員が、比較するのはおかしいですけれども、よそと、私は頑張りますよと、羽村の中で頑張ると、そういうモチベーションがあって初めて職員と仕事の体制ができてくるというふうに思っていますので、今おっしゃったような危機的場面かどうか、そういう問題意識は強く持っていますけれども、今、自分ができる職員としての正規の職員の人の守備範囲と、それから、必要な非正規の人に入ってもらって、トータルでやっていくというそのことは、基本的には、私は、まだ羽村市はそういう形のバランスの中でやっていけばいいと思います。
 それから、今、新職員の採用を去年、今年と数はたくさん採っていますけれども、そういう中でも数合わせというよりも、採用する時に、それぞれ総合試験の中で見ていますけれども、その方がキャリアとしてどういうことを学んできたか、あるいは大学とかそういう中で、学歴の中でどういうことを専攻してきたか、その辺は極めて注目しながら採用の時にはして、入ってすぐレギュラーでそこの専門の知識のところに行っても、それはまだいろいろジェネラリスト等やっていただきながら、2、3年勉強していただいて、そこで活かしたものをいくと、そういうふうなところのダイナミクスな職員のそういう意識というものを、羽村の職員、まだ持っていてくださっておりますので、そこは大事にしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 1点目のご質問で、まず、2つの部分がございますが、正規・非正規の関係、市内の市民の皆様の部分で、非正規・正規という部分でございますけれども、まず、今まで労働行政というのは国また東京都、都道府県が行っていたものでございまして、ここ数年来、やはりそれだけではなかなか地域の勤労者の方々のための部分につきまして、なかなか手が入っていかないというようなことで、近年は地方自治体、いわゆる市町村、区市町村がそれらの労働行政の部分まで手を出していくというような状況になってございます。そういった意味で、まだきちんとどの部分を市町村がやりなさいという部分には分化されていないんですけれども、それでもやはり手をこまねいているわけにはいかないということで、ハローワークや東京都等と連携をしながら、さまざまな形で産業振興のほうで就職支援セミナー等々を行ってございます。
 そういった意味では、これからどうやって市町村がその部分に対して、市民の方々のためにどういう行政をやっていくかというのは、まだ手探りの部分だというふうに思っております。
 ただ、それをやらないと言っているのではなくて、そういった意味では、これから、例えば、創業ですとか起業家を増やしていくですとか、やはり就職セミナーも、近年はそれぞれの自治体でハローワークを呼んで行っているというような状況もございます。そういった意味では、これからやはりその分野につきましては、当然、市町村も頑張っていかなければいけない部分でございますので、そういった意味で非正規から正規へのそういった流れを作っていくという部分に着手していくのではないかというふうに思っております。
 あともう1つ、今、620万円と20万円下がったというお話でございますが、これは職員課長が話したように、新陳代謝による部分が非常に大きくて、それぞれ個人の一人ひとりの年間所得については、当然、人事委員会の勧告に沿ってやっておりますので、人事委員会の勧告が下がれば当然下がってまいりますし、上がれば、その部分についてはプラスになっていくという状況でございますので、平均年齢が下がったという部分もございますので、ご理解いただければというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 2点目のご質問があったかと思います。若者の関係でございます。
 大学生、一番その年齢の時期というのは、行政や、自分が住んでいる市町村の行政に関してあまり関心のない時期なのかもしれません。ただ、困っていることがあった場合には、やはり行政は若者に限ったということでもないんですけれども、広く窓口を開いて市民相談や、それから、中嶋議員の一般質問にもありましたけれども、引きこもりの関係、若者に限ったということで東京都へつないだりもしております。生活困窮者自立支援の中でも、将来的に生活が困難になるんじゃないかという方々の相談にも応じているところでございます。
 それから、羽村市は生涯学習の基本計画を作りまして、それぞれのライフステージごとにさまざまな事業を展開して、そういったところの生涯学習の中でも、若者たちが互いに話し合える場とか、そういった機会を通じて悩みを解決していっていただけたらなというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) さっきの年収のほうはわかりました。上のほうが大分抜けたから一人ひとりの分はそうじゃないということの、わかりました。その分、非正規のほうも年収も上がっていて、そこの部分も増えてきているということなんだろうなというふうに思っています。
 最後に、ずっとここ数年、やはりこの非正規も増えてきて、また、非正規の中でも格差が生まれてきていて、非常に生活困窮に陥っているという皆さんが多くなってきているわけですよね。それで、そういう面でも、本当に子どもに食事すら満足にさせてあげられないというふうな家庭も多くなって、都内でも子ども食堂とか、いくつかのところでやり始めたりしているような状況の中にあります。そういう子どもの貧困対策と、それから、格差の中の格差ということについて、どういうふうに今後考えていくかということも最後にお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) どなたですか。貧困対策ですか、大きくは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 子ども食堂について、いくつかの自治体で始まっているわけですけれども、その辺の状況というのは確認されていて、ちょっと研究とかされているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 子ども食堂、特に区部のほうですとか、八王子市のほうで始まっているという情報はつかんでおります。それについては、やはりその実態がNPOであったり、それから、大学生であったり、そういった方々が生活困窮者に限らず誰でも来ていいですよという形でやっているということでございますので、そういった市民活動が盛んになってくるというのは、それはそれで市としての効果にもなってくるのかなというふうには考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに。何名いらっしゃいますか。
 しばらく休憩いたします。
                                    午後2時13分 休憩
                                    午後2時29分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 ほかに質疑ありませんか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 再質問はしませんから、よろしくお願いします。
 羽村の知名度アップと、あるいはシティプロモーションというんですか、そういう観点から2点ほどお伺いいたします。
 先ほど、水というテーマでいろいろ話を聞いておりますが、何としても羽村は、水はむらもそうなんですけれども、玉川上水ということが、いろいろな団体が世界遺産への活動というんですか、遺産登録への活動をしていると。それについて市はどういうふうに、今、それを捉えておられるのかという、その動きに対してです。
 それから、水はむらなんですけど、前、7年前でしたか、市長もご存じなんですけど、北京のオリンピック・パラリンピックの時に、北京大会の時に水はむらを障害者スポーツ、いわゆるパラリンピックに出る方々に水はむらを贈ろうじゃないかという企画、提案もありまして、ゆとろぎをあの時にある1日借り切ったんですけれども、別の人ですけどね、それに応援するために活動しようかという時に、最終的にはぽしゃっちゃったんですけど、そういうふうな水はむらをそういった障害者スポーツ団体あるいはアスリートの人たちに贈るというふうな外からの応援、これも知名度アップにつながるんじゃないかと、そういうことで、もう一つは、市長もご存じですけど、羽村の祭りが全国放送、東京MXテレビで八雲神社の取材に来ていますけれども、9日、10日のお祭りに撮影されて、おみこしが川を渡るところがクライマックスだと思うんですけれども、そういったところの知名度アップにつながる応援というんですか、市としての応援もそういうようにお願いできないかというふうなことを質問させていただきます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) では、簡潔にお答えさせていただきます。世界遺産につきましては、羽村はもう羽村の堰があります。玉川上水と大事に大事にしていますので、それが世界遺産になるかどうかというのは、安易に観光だとか売名とか、PRのためにそういう手段として使うということは絶対あってはいけないと。玉川上水、いくつか自治体がたくさんありますけれども、それに民間団体も入ったりして、そういう動きがありますので、羽村はやっぱり玉川上水が管渠になって、新宿で出ています。
 ああいう本当の玉川上水って下に巡っていて、それから、途中の水道水入れて流してみたいな、それが本当の世界遺産として価値があるかどうかというところについては、きちんと検証をしていただくと。そういう取り入れ口としての責任ある歴史的な意味を考えながら、遺産についてのいろんな直接、間接的な会議とかそういうのに関心を今寄せているというのは事実、そういうスタンスであります。
 それから、北京とかそういうところの機会があれば、今回は東京、日本でやるわけですから、水はむらについては、そういう機会があればそういうところをきちっとやっていきたいというふうに思っています。
 それから、八雲神社の関係ですけれども、ダイドードリンコというのが、会社の関係でMXテレビと、日本の毎年40ぐらいのお祭りを放映しながらやっていく。その中に選ばれたということで、大変貴重なあれでございます。これから撮影して、放映はまた後日だということになって、そういうものがあるという形で有形、無形にきちんとPRはして、市民の皆さんにもやっていただくし、それを見ていただく方、全国放送ですから、たくさんありますので、その機会はきちんと捉えてやっていきたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 昨日の質問で、いろんな部門にまたがっているということで総括に回させていただきました。しつこいくらいですけれども、発達障害支援についての質問をさせていただきます。
 羽村市の市長部局の部につきましても、雨倉部長のところ、小林部長のところ、それと教育委員会、3つにまたがって関係するところなんですけれども、午前中の私の質問で、学校、小学生が200人からの発達障害を疑われている子どもがいる。この間、保育園協会からの情報で、保育園でも3歳、4歳、5歳かな、そこで大体90人ぐらい気になる子どもがいると。幼稚園は別ですよね。やはり、今、羽村市では、学校、教育委員会の部門で特別支援教育を重点としてやっている。ただ、子どもは学齢期になって症状が出てくるわけじゃなくて、やはり若いころ、だから、乳児期なんかは3歳児健診で見つける。で、対応している。幼児期については子ども家庭部が対応している。ただ、それがつながっていかない。学校のほうも、幼児期にある程度の支援をすることによって、症状が改善されれば学校のほうも助かるよっていう答弁も先ほどありました。今、乳幼児期に羽村であったらいいなと思うのが、学校で今までやっていた通級と同じように通園、要するに、その子どもたちを週に1回か2回、専門家に見せて、対応し、症状を和らげていく、そういう養育施設があったらいいのかなと思います。
 これを横につなげていくには、各担当の部長さん、課長さん、これ数年で替わりますよね。これは人が見ていくんではなくて、システムとして、羽村市として、その子どもたちを見ていく、そのシステムをやはり構築をしておいていただきたい。人が替わっても同じサービスを子どもたちに受けさせられるような方策を作っていただきたい。
 今回、この予算書を見ますと、そういう部門の予算が欠如しているように感じます。担当の皆様方のお考えをお聞かせをいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 発達障害の関係ですと、福祉健康部のほうでは、一般質問でもございましたが、健康課のほうで、先ほど瀧島委員がおっしゃったように、3歳児健診そういうところで発達、何かあるというものが大体、1歳6か月だとなかなか健診でわからなくて、大体3歳児健診というふうなところでその辺がつかめて、うちのほうでは、問題があれば経過観察、それから、発達健康診査のほうに行っていただくということで行っております。
 先ほど小学校のほうでも208人、小学校全体で208人というふうなことでありまして、私も、その発達健康診査、ここ数年の傾向を見てみますと、やはり少しずつではありますが、増えているというような傾向にございます。これは、一つには医療技術の発達に伴いまして、今まで発達のところでグレーだったもの、重い方から軽い方までいますので、そのグレーだったような方をなるべく今は拾うようにして医療機関へつなげるようなことをしております。
 ただ、ここのところで療育を通じて見るような施設というのは、必要なことはわかりますが、羽村だけの、この小さい行政機関だけでその療育施設を設けるというのは、もう少し広い範囲でしたほうがそれは効率的にもいいのかなと思います。できればそういう施設があって、支援センターみたいな形で行っていくのはベターだというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 瀧島委員のほうからは、一般質問でも発達障害に特化した発達支援室を作ってほしい、そういったご質問もいただいております。確かに、今、子ども家庭部では総合相談の中で拾ってきた発達に関する悩みのある方に関しては保健センターにつなげていく。就学までそこでいろいろな相談をしていただいているということになっております。
 そういった中で、これは石居議長のほうからも再三そういった一般質問をこれまでいただいてきておりまして、その中では、やはり一生を通じて、発達障害なので一生を通じて支援していくことも必要というご指摘もいただいております。発達障害として支援を検討をする際には、発達障害ということで、今、現に中学生や高校生や、それから、社会に出て悩んでいるということも、そういった課題も保健センターの専門職からは聞いておりますので、組織を検討する際には、本当に瀧島委員がご指摘されたような一生を通じて見守っていくことができるようなそういった組織の、検討する際にはそういったことも検討する必要があるかなというふうには考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 義務教育9年間の部分、つないでいくというところ、それから、就学前の部分ということで、小学校に入ってくる子どもたちの部分、今のところで教育委員会としてできることというところで、今、努力をしているところでございます。つないでいくことの大切さということは、強く認識をしております。
 今後も、今、瀧島委員から指摘された部分につきましては、大切な観点として今後考えていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 今、羽村では、独自で設置するのは難しい。今、そういう子どもたちをつなげている療育施設ってどこですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 羽村市のほうでつなげているのは東京小児療育病院、そちらのほうに紹介をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) どこにあって、通うのに何時間かかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 武蔵村山市です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 何時間かかる。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 車で20分ぐらいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 何時間ですか。福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 車で20分ぐらいだと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 車で20分。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 電車で。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) ちょっと計ったことがないんですけど、武蔵村山、鉄道がないということで、途中でバスとかになると、もう少し時間がかかると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 強いて電車でって聞いたのは、駅から遠いですよね。タクシー使わなければ行けないような所ですよね。小さい子どもを抱えて保護者の方がついて行って、羽村で保育園で90人、幼稚園入れれば、およそその倍はあるんじゃないかな。180人や200人、学校と同じくらいの人数になる可能性あるんじゃないですかね。それだけの子どもが、すべての人が療育が必要だとは言わないけれども、やはりそういう人たちがいる。やはり今、羽村が紹介している施設というのは、車を持っている方だと20分ぐらい。電車だと、駅から降りてタクシーで行かなければいけないような施設ですよね。そんなに大きくなくてもいいんですよ。よその市町村の子どもたちを見られるような施設じゃなくてもいいんで、専門職を置いて、羽村の子どもたちが羽村で見られるような予算措置ってできないですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 先ほどの東京小児療育病院のお話をしましたが、そこにも行っているんですが、あきる野にある上代継の療育施設、そちらのほうにも紹介をしております。そちらのほうですと、やはり20分ぐらいはかかります。
 羽村に、大きな施設でなくてもということですが、やはりうちのほうの発達健診などにも、やはり東京小児療育病院の先生たちも来ていますので、保健センターで、毎日ではありませんが、そういう相談には乗れている状態はあります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかにありませんか。水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) 3点ほど伺います。
 教育のほうで聞き漏らしちゃったんですが、来年度、学期制検証委員会の費用がないように見受けられますが、検証の進み状況とか今後の予定をお知らせください。
 それから、職員は仕事が増えて人数が増えていますけれども、臨時職員は来年度、どのくらいの人数を予定しているか、今年度と比べてどのくらい増えるのか。
 それから、あとは、予算説明書に関連してなんですが、例えば、2020年東京オリンピック・パラリンピックに関する事業の推進に1,000万円という説明があるんですが、結局ここには外に出ていくお金が載っているわけですね。ここに職員をどのくらいかけるつもりか。こういうあたりは、特に大きな職員の手を煩わすような仕事については、こういうあたりにきちんと載せて、どのくらの仕事量を確保してこの仕事をするかというようなことについての明示をして、で、作業量に基づいて、職員のコストだって、やっぱりその事業をするためにはかかっているわけですよね。民間なんかは、ある仕事をしようとすると、全部コストを上げて、そのほかに経費として上げて、この事業でこれだけかかるから売り上げをこうやってという話になるんですよ。
 もちろん経常的に、例えば、市民課あたりを出せとは言いませんけれども、そういったことについて、特に新しいことで大きな事業に関して職員の手をどれだけかけないとこの仕事はできないか、また、かけてやるつもりかというようなことについて、特に新規だとかレベルアップだとかで手のかかる仕事については、工数みたいなものを表示して、で、我々も規模を理解するというようなことが必要ではないかと思うんです。そのあたりについての見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 2学期制の検証委員会の関係ですけれども、3月の28日の日に第8回の検証委員会を開催する予定でございます。平成28年度のスケジュールというか、今後の見込みですけれども、4月の19日の教育委員会の定例会のほうに検証委員会の最終的なまとめという形でご報告をする、最終報告を提出する予定でございます。
 その後ですと、教育委員会のほうで委員の皆様と今後の方針を協議するようになるかと思うんですけれども、その後、5月、6月ぐらいまでに、流れとしては、そこでいろいろ変わってくるかと思うんですけれども、例えば、学校のほうにこういう形で検討してみてほしいというような動きになっていくのかなというふうに予測はしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 2点目の臨時職員の人数ですけれども、予算案説明書の23ページに臨時職員の人数を掲載しております。昨年度の資料がないものですから、ちょっと比較ができませんけれども、今、確認しておりますので、それは後ほどお答えします。平成28年度については419人を予定しております。
 それと、3点目の予算案説明書の事業の説明というご質問ですけれども、なるべく対象者人数等数字で表せるものは表すようにしておりますけれども、ちょっと足りないところがあるというようなご指摘です。また、新規事業ですとか大きな事業につきましては、行政評価の中で、人件費どれくらいかかりそうだというものを出しておりますので、予算案説明書にも反映できるかどうか、来年度以降、ちょっと研究させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) 失礼しました。後でちょっと差はどのくらいかを教えてください。
 検証委員会そのものの活動は来年度も続くということで、だけど、費用としては特に上げないというふうなことになると、どこにあったかちょっと見えないところなのかなと思います。そこの点を。
 3点目なんですが、工数もそうなんですが、この予算説明書で作業量がやっぱり書いてある。例えば、生活保護者何人とか、国保の保険者数何人とか、いろいろ数字があるところもあるんですけれども、サービス量の定義として、対象者の数だとかっていうのが明示できるところはどんどん載せていただいて、我々はその辺についていちいち聞かなくてもいいようにすることも大事だと思うんですね。ぜひその辺について、もう一度、今後の予算書のあり方とか、説明書のあり方についての考え方を確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 学期制の検証委員会ですけれども、3月の最後の第8回をもって一応終了という形になっているので、平成28年度予算はございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) まず、臨時職員の人数につきましては、平成27年度予算説明書の数で申し上げますと、348人でしたので、71人の増ということになります。
 また、予算案説明書の事業の説明の記載の方法につきましては、先ほども申し上げましたとおり、人件費等については、今、載せてない状況です。この予算書に計上してある予算額を計上しているような状況でありますけれども、フルコスト、人件費も入れたフルコストで掲載するほうがわかりやすいというようなことですけれども、今後、公会計の導入等で人件費も含めたフルコストでの計算ということも視野に入ってまいります。そうしたことも踏まえまして、来年度以降、研究させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 経営管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経営管理課長(ぬで島孝文) 新規及びレベルアップ事業につきましては、予算化をするにあたりまして新規の事務事業評価というものを、経営管理システムの中で構築をいたしまして、その人材をどれだけの量を必要とするか、投入するかというようなこともすべて評価の対象としながら、次年度の予算に反映をするようなことを現在行っております。
 こちらにつきましては、現在、評価結果を公表する準備を進めておるところなんですが、これが現在、まだこれを一般に公表できる状況にはまだなっていないところなんですが、こうしたもの、せっかくこういう評価を行いながら人件費の算出も行っておりますので、先ほど財政課長からご答弁申し上げました予算のほうにもこういった内容がお示しできるように、今後検討を進めてまいりたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) 最後に1点、さっき予算書のレベルで、昨年度予算では臨職が348人ということなんですが、今年度の実績として数字をもし把握しておられたら、348に対してどのくらいの臨職がいたかということ、データがあれば教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 平成28年3月1日現在の非常勤の職員の数でございますが、418名となってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんね。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) これをもって総括質疑を終わらせていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」に賛成の立場より意見開陳を行います。
 第五次羽村市長期総合計画前期5カ年の最終年度としての本予算は、財政の健全性を維持しつつ、効果の高い施策に予算が重点配分されており、後期基本計画へつなげていく節目の年として重要な年であります。市の将来像実現に向けた編成概要となっておりますし、その点では、予算規模としては219億2,000万円となり、前年比で3,000万円の増となっております。前年からの地方創生計画方針に基づいた着実なる施策展開実現に向けた予算編成になっており、過去最大規模になっております。
 行財政改革として予算編成における取組み、事務事業の見直しによる980万円余の効果額を生み出したことは大変すばらしいことであるというふうに思っております。特に平成28年度の新規レベルアップ事業として2020年オリンピック・パラリンピックに関する事業をはじめ、創業支援起業活動支援事業として、産業福祉センターにiサロン設置と連動した図書館内にビジネス支援コーナーの設置をする。それと30年度完成に向けた羽村駅自由通路拡幅整備の一歩も踏み出しております。堰下橋や堂橋の耐震補強工事、あるいは市道5013号線の隅切り、市道6117号線の道路拡幅、また、動物園の40周年に合わせ老朽化した管理棟、以前より指摘をしてきましたが、周りのさびついた外柵も取り替えるというふうなことでございまして、これは平成28年度設計、また平成29年度工事計画というふうな内容となっておりますが、このはむらの魅力発信・知名度向上事業の実施、小中学校3校の太陽光発電システム等の設置など、いろいろな形でよく工夫され、検討され工夫された予算編成となっております。
 以上、限られた予算の中で重点的に配分され、新規に工夫された事業に果敢に挑戦していることが伺えます。政府からの地方創生の加速化にいち早く即応した市独自の施策展開は大いに評価できます。
 また、第五次長期総合計画後期基本計画策定の中に行財政改革基本計画の策定をここで織り込んだことも、その評価に値すると思います。
 地方公会計の整備に向けての財務諸表類の作成準備に取り組むなど、いわゆる活性化に向かっていろいろな施策、待ちの施策から積極的に攻めの施策転換と評価しております。
 以上、平成28年度一般会計予算案に賛成の意見といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」に反対します。理由は3点。
 1、地方自治の本旨は、住民福祉の向上であり、それに沿った予算編成をしようと努力していることは理解します。しかし、平成28年度予算では、行政のダブルスタンダードが顕著になり、今後の市民生活への影響が心配されます。税収増は、円安による輸出産業の好調であり、一過性のもの。引き続き、行財政改革が必要と考えます。
 2、シティプロモーション課を新設し、2名配置、はむらの魅力発信と知名度向上を図ると言いますが、誰に何を売り込むのか、目的、対象、方法、達成目標が予算委員会の答弁では見えてきません。
 補助金があるからやるという受け身ではないでしょうか。民間の経験者の知恵、市民の力など積極的な活用が必要と考えます。
 3、区画整理部設置は、都内26市どこにもなく異常な施策と考えます。まちづくりの一手法を目的化したため、どんなまちを目指すのかがますます見えなくなりました。まちづくりは、住民合意のもと楽しくやらねばならないものです。しかし、区画整理事業は、地域住民に煮え湯を飲ませるような進め方をしており、関係住民は強い怒りと苦しみを感じております。これを最重要課題とするならば、羽村魅力発信のスローガンとして「全市民一人当たり45万円負担の区画整理。広い道路があなたを待っています」と掲げなければならなくなるのではないかと恐れています。
 区画整理繰出金5億4,194万円、土地権利者の会補助金30万円は認められません。
 シティプロモーションとは、羽村のポテンシャルエネルギー、つまり潜在的魅力を発掘して育て、発信することだと思います。一方で、区画整理という旧来型のまちづくりに巨額の税金を投入する、こうした行政の不一致が市職員も市民をも疲弊させています。
 一つの例として、羽村の魅力として緑や自然環境を掲げながら、市政世論調査では、希望する将来の市のまちづくりの設問から「緑豊かな美しい景観のまち」を削除、「自然と都市が調和した美しい景観のまち」と、区画整理事業の目的に掲げた設問に変えています。こうした姿勢にも市民は不信感を募らせています。
 以上、社会経済状況の変化に対応できない長期市政のひずみが予算案にもあらわれており、反対します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」に賛成の立場から意見の開陳を行います。
 平成28年度は第五次羽村市長期総合計画の前期5カ年計画の最終年度であり、計画の仕上げを行う大変重要な年であります。このため長期総合計画実施計画事業、市民生活の安全と安心、都市基盤整備、産業の活性化、市民活動の活性化、生涯学習の推進、地球温暖化対策の6つの重要施策、それと「まち・ひと・しごと創生計画」に掲げられた地方創生を深化・推進するための施策についても積極的に予算化が図られ、羽村市が将来にわたり発展を遂げていくための予算として編成されたことについて、まず評価をしたいと思います。
 一般会計の予算規模は219億2,000万円で、過去最大の予算規模となりましたが、子育て支援策の充実や産業振興、安全安心のまちづくり、公共施設の老朽化対策や都市基盤整備など喫緊の課題に取り組むための必要な予算規模であると認識しています。
 まず、歳入に関して見てみると、市税収入は、前年度と比較して2億3,360万円の増となり、前年度当初予算との比較で4年連続の増加となりました。これは市税において個人分、法人分ともに増加したこと、また、固定資産税において償却資産分が増加したことなどが主な要因であります。市税は歳入の根幹であり、自主、自立の自治体経営を進めていくためには、安定的な税収確保が重要でありますので、さらなる収納率の向上や市内企業の経営力の強化、支援などに努めていただきたいと思います。
 次に、歳出について見てみると、子ども・生涯学習の分野では病児保育が新たに実施され、子育て環境の充実が図られるとともに、小作台小学校大規模改造工事などの学校教育施設の老朽化対策にかかわる改修事業費が予算化されています。福祉・健康の分野では、障がい者の就労支援の強化が図られるとともに、妊婦健診の充実が図られるなど、福祉・健康施策の充実に向けた取り組みが予算化されています。市民生活・産業の分野では、市民活動基本計画の策定に取り組まれるとともに、市民提案型協働事業が新たに実施されるなど、市民活動のさらなる促進に向けた予算が計上されています。環境・都市整備の分野では、羽村駅自由通路拡幅等事業や羽村駅西口土地区画整理事業などの都市基盤整備事業や動物公園の改修事業など安全で快適な都市の形成に向けた事業が予算化されています。
 以上、第五次羽村市長期総合計画前期5カ年計画の最終年度にあたり、市民福祉の向上に寄与する施策をはじめ、少子化対策や産業振興、都市基盤整備など将来を見据えたまちづくりへの対応も十分に図られた予算であると捉えております。引き続き、安定的な財政基盤を堅持しながら、羽村市が将来にわたって発展を遂げていくために努力していただきたいと思います。
 以上、平成28年度羽村市一般会計予算について、適正な予算内容であることを確認し、本予算に賛成の立場からの意見の開陳といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。浜中順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」案に対し、反対の意見開陳を行います。
 西口区画整理事業への繰出金は約5億2,000万円、区画整理事業総合計は、平成27年度の約4.2倍の約14億円です。平成28年度の主な新規及びレベルアップ事業の中で突出した額です。これからハード事業を本格的に着手する初めの段階から、一般財源からの繰り出しが約5億2,000万円、地方債が7億7,000万円という巨費がかかることになります。多様化する市民の要望に応えた福祉施策等を確実に進める必要性にかんがみ、財政の見通しは非常に不安です。
 平成28年度の歳出については、延長保育の拡大、小作台小学校の大規模改修、小中学校3校への太陽光発電システムの設置等、市民の要望に沿った積極的な面もありますが、全体として新味が薄い印象はぬぐえません。
 過大な西口区画整理事業を見直し、予算を減らせば、もっともっと高齢者福祉、教育、子育てなど市民の切実な要求に応える施策の充実が図られるものと考えます。よって、一般会計予算案には反対いたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」に、公明党を代表いたしまして賛成の立場から意見を述べさせていただきます。
 平成28年度は、第五次羽村市長期総合計画の前期基本計画の最終年度にあたり、計画を締めくくる重要な年度であり、基本理念でもあります自立と連携はどのように進み、課題は何か、しっかりと総括し、次の5年間の後期基本計画の策定の中で生かされなければなりません。
 東日本大震災から5年目を迎えた本年、平成28年度予算に被災地への支援をはじめ、市民生活の安全と安心、都市基盤整備、産業の活性化、市民生活の活性化、生涯学習の推進、地球温暖化対策の6つの重点施策にプラスして、羽村市長期人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生計画に掲げた地方創生を推進するための施策に積極的に予算化が図られております。
 平成28年度の予算は、規模につきましては219億2,000万円で、前年度に比べて3,000万円、0.1パーセント増となっており、子育て支援策の充実、産業振興、公共施設の老朽化対策、都市基盤整備を推進するため、過去最大の予算規模となったものと認識しております。
 歳入では、市税収入は108億3,376万円で、前年度と比べ2億3,360万円、2.2パーセントの増加となり、そのうち個人分は給与所得の増加傾向で35億8,084万円、2パーセント増、法人分も、引き続き製造業の業績が顕著で増加傾向にあり、7年ぶりに10億円を超えた前年度に引き続き、平成28年度もリーマンショック以前と同水準の10億9,746万円、5.7パーセント増まで見込まれております。市たばこ税は、売上本数の減少が見込まれ4億8,131万円、1.7パーセント減とする一方で、軽自動車税は保有台数の増加など見込まれていて、8,313万円と27.1パーセント増などが増加の要因と見込まれております。今後も自主財源の柱である市税の安定は重要であり、健全的な税収の確保へさらなる努力を望むものであります。
 市債は2億4,400万円を借り入れ、起債残高は86億4,811万円で、前年度に比べ7億1,469万円の減少と、市税の増など普通交付税が引き続き不交付になることが見込まれ、基金繰入金を最大限活用した予算編成となっています。
 次に、歳出では、子育て家庭を応援する病児保育事業や、学校での特別な支援を要する児童への支援充実のため、特別支援教育支援員の増員、小作台小学校の大規模改修事業、小中学校3校の太陽光発電事業など、子どもたちの学習環境が整備されます。また、認知症高齢者の早期発見、早期診断へつながるよう認知症支援コーディネーターや認知症地域支援推進員の配置、動物公園内へのトイレ等の設置をはじめ、改修事業、市民提案型協働事業、創業支援事業、街路灯のLED化など、地球温暖化対策がさらに推進され、これまで私たち公明党会派で重点的に取り組ませていただいた具体的な施策が反映されております。
 さらに、羽村市長期総合計画の前期5年間は、基本目標の枠組みを越えた羽村の絆プロジェクト事業として戦略的視点を入れて、みんなの絆を育むための長期人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生計画の推進など盛り込み、それぞれの推進が図られることは評価できるものであります。
 しかし、予算計上の中には、市民要望の高い市内全域の生活道路の整備への計画的な予算化や学童クラブ支援員、補助員、さらに放課後子ども教室など運営に係わる人員の確保など体制の充実、近年の工事費値上げを踏まえた予算の確保などが求められております。
 行政課題が増える中、さらなる行財政改革を進め、地方創生に向けた積極的な予算の確保にさらに全力を挙げていただくことを願い、賛成の立場からの意見とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」に賛成の立場からの意見開陳を行います。
 アベノミクス、1億総活躍社会、地方創生、新三本の矢など政府のスローガンは、国民、市民の生活実態とは大きくかけ離れていて、実質賃金は4年連続下がり続け、非正規労働者は4割を超え、さらに非正規労働者間でも格差が広がりを見せています。高齢者や子どもの貧困も進み、格差の固定化はさらなる問題を生み始めてきています。年初からの景気情勢を見ても、金融緩和だけでは問題は解決できないことが露呈し始めてきています。2020年の東京オリンピック後は、経済の大幅な減速があることが想定され、就職氷河期世代の皆様が子どもを産み、壮年になる2030年以降は、地方財政に何が起こるか全くわからない状況になるのは確実です。
 こうした状況の中で、平成28年度一般会計予算はいかに市民生活に沿ったものになっているか、進む少子高齢化や格差の拡大に対応できているか、高齢者や若者、障害ある皆様の就労に直結したものになっているか、住民自治をいかに進めていくのか、意欲を持って自ら学ぶ子どもたちをどう増やしていくかという観点と、2030年を見据えて持続可能な財政運営になっているか等の観点から審査をいたしました。
 保育・子育ての分野では、病児保育の実施、延長保育・一時預かりの拡大等環境整備に努め、待機児童対策にも対応が適切に図られた予算となっています。
 福祉分野については、医療、高齢者対策の分野で緊急通報システム事業やひとり暮らし高齢者への訪問事業の充実、認知症対策や各種健診、医療救護体制を構築するなど、さまざまな施策で他市と比較しても健康寿命の長い高齢者対策が行われていることを高く評価しています。審査で指摘した高齢者、障害者の皆様の雇用という点で、人生100歳時代を見据え、異世代交流という観点からも、子育て支援とのミックス、ITC等を活用した働く生きがいを持っていただく施策、スローガンではない高齢者や障害者の活躍できる環境整備をお願いしたいと考えています。
 介護においては、政府は介護離職ゼロを標榜していますが、現場の実態は、介護報酬が引き下げられ、介護士の平均年収は300万円未満に落ち込んでいます。本来は、介護保険を拡充し、重すぎる家族の負担を減らすことが重要であり、高齢者福祉計画及び介護保険事業計画、地域福祉計画の中で介護従事者、サービスの利用者、家族の実情に即した心のこもった計画になることを期待をしています。
 市民参画の分野では、市民活動基本計画、市民提案型協働事業が組まれていますが、これまではどうしても行政側から考えた協働と市民の皆様にも受け取られがちだったと思うので、市民がまちづくりに参加していく機会と意欲につながるよう、地域の真の自治拡大につながるべく権限と予算の自主権も高めていくことが重要だと考えています。
 オリンピック・パラリンピックについては、せっかく東京でやったのに自分たちには最も遠いオリパラであったということにならないように、東京都に対して主張もしていただきたいと考えています。
 1964年の東京オリンピックの際には、聖火も羽村市を通り、オリンピックを国民、東京全体で盛り上げようという気運がありましたが、聖火台すら想定していなかったとか、エンブレムでごたごたするなど、今のままでは国民、都民、市民の心とはかけ離れた大会になるのではないかと危惧しています。
 審査の中でも指摘したように、子どもたちに対する効果も大きいことから、西多摩の中でいち早く準備局に参加した利点を生かし、さまざまな場で子どもたち、高齢者、障害ある皆様に夢を与えるよう工夫していただきたいと考えています。事前キャンプ、ホストタウンについては、各自治体では既に方針、計画を策定し、計画的に進められています。東京都の大会成功に向けた区市町村事業等の補助メニューを活用し、施設の改修整備を進めるとともに、市民講座等でオリパラ講座の開催を期待します。
 また、シティプロモーションについては、オリパラから始めてマスコミ、SNSを活用し、費用対効果を検証し、進めていただきたいと考えています。
 商工費については、今後、近隣市の大手企業が閉鎖される予定が発表されたり、イオンタウンの進出等、大きな環境の変化が考えられます。ここ数年が正念場になろうかと思いますので、これまでの延長線上の施策ではなく、ゼロベースで即座に対応できる体制の構築が必要だと考えています。サイクリングステーションの設置等、新たな施設の掘り起こしも重要な課題だというふうに考えています。
 教育の分野では、格差拡大の中で教育分野、若者支援は喫緊の課題だと考えています。生活困窮者自立支援法の枠組みの中で教育格差を是正し、教員の負担軽減を果たし、子どもの学習支援を早期に地域の人材や若者を生かした学習サポートの施策が必要だと考えています。
 また、スクールソーシャルワーカーの増員、特別支援体制の充実など高く評価しています。学校教育においては、制度論ではない教育内容の充実に努めていただき、保護者や子どもたちのニーズや現状に即した対応を求めたいと思います。
 生涯学習の拠点としてのゆとろぎ、図書館もビジネス支援等新たな試みもあり、さらなる試みを期待するとともに、学校図書館総合管理システムも、よりスピード感と予算を取って充実に努めてほしいと考えています。
 マイナス金利、マイナンバー制度の導入等、今後の経済社会の変化が市民生活にどう影響を及ぼすかなども熟慮していただき、2030年問題を踏まえ、今後予定される既存公共建築物設備の維持管理、更新改修工事等に基金と市債のバランスのとれた財政運営と行財政改革が求められます。
 さて、今年度は第五次長計後期基本計画、男女共同参画基本計画、生涯学習基本計画後期基本計画など、重要な計画の策定が行われる年度でもあります。羽村市の実情に合わせた計画の策定を望み、賛成の立場での意見とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第1号「平成28年度羽村市一般会計予算」の件を挙手により採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
     (賛成者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 挙手多数です。よって、平成28年度羽村市一般会計予算は、原案のとおり決定いたしました。
 しばらく休憩いたします。
                                    午後3時23分 休憩
                                    午後3時34分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 日程第2、議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」の件を議題といたします。
 直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 1点だけ端的に質問させていただきます。
 41ページなんですけれども、データヘルス計画が来年度予定されていまして、策定がされていまして、国は平成26年度中に計画を作成し、今年度から実施ということだったんですけれども、羽村市の場合は、来年度作成ということなので、確認ですけど、平成27年度からの3カ年計画ということでよろしいのかどうかということ。
 それから、策定スケジュールとかパブリックコメントを含めどういったスケジュールで策定していくのかということと、あと、計画と実施、評価、改善を行っていく中で、外部の専門職の活用についてはどのように考えていくのかということについてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) まず、計画期間ということでございますけれども、まず、計画策定にあたりましては、羽村市特定健康診査特定保健指導実施計画との整合性を取るようにというようなことがございます。同計画は、実は平成30年3月で計画期間が終了するということがございまして、今後の策定の方向性も合わせて、ですから、データヘルス計画を短い単年度の計画にしてしまうのか、それとも11年度の計画にするのかということも含めまして、まず、それも検討しながら決定していきたいというふうな考えでございます。
 2点目が、スケジュール、パブコメ等でございますが、基本的には、スケジュールにつきましては、来年度早々に契約、要するに、委託業者先を決めまして、早々に計画策定に入っていきたいと思います。
 まず、最初にやるのは、当然データの分析でございます。データの分析結果が出てからそれに基づいた事業計画を考えていくというようなことになります。まだ細かいスケジュール編成というものは特にしてございませんが、イメージとしては、前半はデータ分析、後半が事業計画を作成というようなことでございます。
 パブコメにつきましては、現時点では、内部で作ることですので、今、予定はございませんけれども、中身によりましては検討してまいりたいと思います。
 また、最後に外部評価ということでございますが、基本的には、データヘルス計画につきましては、PDCA、要するに、実施・評価・改善・計画、これを回していきながら効果とか効率を考えていく。要するに、例えば、1億円の医療費の節減をするために、例えば、2億円の費用がかかっても、それは意味がないのではないかとかっていうのは、それは数字的にかなりあらわれますので、基本的には、現時点では、外部の評価というのは入れることは考えてございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) わかりました。
 それで、これは過去の加入者の健康課題、国民健康保険に加入している方に網羅的にやっていきなさいというふうに国のほうは示しているんですけれども、それを踏まえて、各保険者において国はもう、今日、割愛しますけれども、基本的な実施範囲を示していますよね。それに加えて松竹梅というふうに3パターン出しているんですが、羽村市の場合は、基本的な実施範囲に加えて国保加入者をある程度、相当程度網羅的にカバーしたリスク別の健康管理を行っていく方向なのかだけ確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 国が出した資料に松竹梅という、たしか名称が入っておりまして、なかなかわかりやすいのかわかりにくいのか、ちょっとわからないところでございますけれども、広さっていうんですか、それを示しているというようなことが書いてあるんですけれども、今回のデータヘルス計画を作るにあたっては、やっぱり事業実施の際の選択と財源の集中、要するに、その効果を上げるためには、あまり広げても意味がないのではないかというような、担当の考えでございます。
 ただ、これはあくまでも現時点での担当の考えでございますので、計画策定の中で効率的な事業の提案等が委託業者から上がれば、それに基づいて事業を実施していきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 2点お伺いします。
 まず、羽村市において国民健康保険の世帯、それとそれ以外の世帯の割合をまず教えていただきたいのと、それから、保険給付費が多少減っている状況であるんですけれども、1人当たりの保険給付費がどのような状況になっているのか。過去の推移をちょっと提示していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 国民健康保険の加入世帯の割合でございますけれども、平成27年度の決算見込みでございますと、大体9,278世帯でございます。総世帯が2万5,000世帯程度でございますので、4割弱ということになります。
 続きまして、保険給付費の状況ということでございますけれども、実際のところ、ご指摘のとおり、総額では微減傾向を示してございますけれども、1人当たりの保険給付費、一応療養給付費、療養費、高額療養費、要するに、医療費が10割と考えますと、その本人負担分を除いたもの、そちらの推移ということで、平成24年度のところからちょっとお知らせいたします。1人当たり23万7,596円、平成25年度が1人当たり24万6,084円、ここで3.57パーセント上がっています。平成26年度決算でございます。こちらはまだ確定数値にはなっておりませんけれども、見込みということで、25万3,713円、3.10パーセント増です。平成27年度決算、こちらも見込みということでございます。1人当たり26万6,861円、5.18パーセントでございます。
 このように増加傾向を示しておりまして、また、さらに懸念材料ということがありまして、昨年、保険適用になりましたC型肝炎の特効薬、ソバルディとハーボニーという有名な薬があるんですけれども、こちらはハーボニーは1錠8万円いたします。ワンクールっていうんですか、治療に要する費用が大体500万円以上かかるというようなことも言われております。実際、昨年の10月、11月の診療の内容をチェックしましたところ、6人の方が服用しております。この方たちに対する保険給付額というのは、1カ月1,400万円。医療の進歩というのは大変すばらしいことでございますけれども、こういうことからも1人当たりの保険給付費はちょっと増加傾向は続くのではないかというのが見込まれております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」に反対の意見開陳です。
 本会計予算案は、今年度会計と比較をしまして平均9.6パーセントの国民健康保険税引き上げを行っているため、賛成できません。引き上げの議案の際にも、他自治体と比較をしても羽村市の繰入金高くないという指摘もいたしました。
 以上の理由で反対いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」に賛成の立場からの意見開陳をいたします。
 国民健康保険の運営は原則法定負担金等と保険税で賄うものでありますが、国民健康保険制度は都内26市においては法定負担以外に一般会計から多額の繰り入れを行っているのが現状であります。そのいわゆる赤字繰入金は、市民税等が財源となっていることから、国保以外の健康保険加入者からすると保険料の二重払いとなってしまうと考えられます。しかし、国保以外の健康保険の加入者も定年退職後は国保に加入するようになることなどから、繰り入れすることの必要性も否めない面があり、適正な負担については定期的な見直しが必要と考えます。
 そんな状況を踏まえ、平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算を精査したところ、特に問題はないことから、今後も国民健康保険事業の健全運営に向け適正な負担についての定期的な見直しを行うこと、収納率の向上に努めること、ジェネリック医薬品の利用推進を図ること、データヘルス計画を作成し、医療費の削減のための効果的な保健事業の実施など、一層の経営努力を行うこと。また、平成30年度の都一元化に対する準備をしっかり行うことなどを要望し、平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算に賛成の立場からの意見開陳といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第2号「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」の件を挙手により採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
     (賛成者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 挙手多数です。よって、「平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算」は、原案のとおり決定いたしました。
 これより日程第3、議案第3号「平成28年度羽村市後期高齢者医療会計予算」の件を議題といたします。
 直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 以前、市の方から示していただいたこの新しい保険料の表なんですけれども、均等割それから所得割ともに増えているんですけれども、平均保険料は減っているという結果になっています。この理由が何かという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 基本的には、それはデータを使っている数値が現在の年度を使っておりますので、正式には実際に賦課してみないとわからないわけでございますが、基本的には、所得の見込みが一応下がった算定、データ、そちらでは広域連合からは届いてございます。一応、所得が低くなるということで当初データをこちらのほうにはいただいてございますので、そのために保険料が下がっているというような、数字のマジックのようなことでございますけれども、そのようなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 保険料の軽減措置もやられていると思うんですけれども、それの対象拡大等の影響ということではないのかどうか、確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 市民課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民課長(小林秀治) 軽減拡大とそういうようなことの影響によるものではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第3号「平成28年度羽村市後期高齢者医療会計予算」の件を採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成28年度羽村市後期高齢者医療会計予算」は原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第4、議案第4号「平成28年度羽村市介護保険事業会計予算」の件を議題といたします。
 直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 特別会計予算書の103ページなんですけれども、地域密着型介護サービス給付に要する経費、地域密着型通所介護9,914万円について、その内容と内訳みたいなものを教えていただきたいと思います。
 この制度は、今年の4月1日から羽村市の指定に移行したようなんですけれど、羽村市が、平成28年度中に指定する予定の事業所、何カ所あって、具体的な事業所名称を教えていただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) こちらの地域密着型通所介護でございますが、介護保険法の改正によりまして、定員が18人以下の事業所が地域密着型に移行するものでございます。
 こちらのサービスにつきましてでございますが、通所介護事業所におきましてデイサービスを受けられた場合に、その利用者の方の1割または2割の自己負担を除いた分を介護給付として支給をさせていただくものであります。
 内訳といたしましては、執行見込みが、回数として1121.2回分、利用人数が142人で、1回当たりの平均で8,842円の給付額を見込んでおります。
 それから、4月以降、特に市のほうから指定をするという行為は必要ございませんで、4月1日時点で通所介護としての指定を有する事業所は、みなしという形でみなし指定を受ける形となっております。現在、市内で通所介護の指定を受けていまして、通所定員が18人以下ということで公表されている事業所ということでお答えをさせていただきたいと思います。2カ所ございまして、1カ所が「デイサービスはむらとまりぎ」という双葉町にある事業所であります。もう1カ所が「歩行リハビリセンター、HOKORU」という事業所で、神明台にある事業所でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 2点ほど、端的に。
 127ページの地域ケア会議なんですが、介護保険事業計画だと、来年度からは小地域ケア会議が開催されることになっていますけれども、この小地域ケア会議の開催はどうなっているのかということです。
 それと、戻って95ページに該当するんだと思うんですけれども、来年度から認知症支援コーディネーターに加えて認知症支援推進員の方が配置されることになっていますけれども、この方の活動内容と活動日数、時間ですね、あと配置人数とこの方の報酬についてお伺いいたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) ご質問の1点目の地域ケア会議についてでございます。
 平成27年度につきましては、個別ケア会議ということで開催を始めてございます。来年度につきましては、それに加えまして小地域ケア会議ということで、まだ詳細は未定ではございますが、おおむね小学校区の範囲を単位といたしまして、年に2回程度開催したいというふうに考えてございます。
 それから、ご質問の2点目の認知症地域推進員の関係でございます。
 こちらですが、国の地域支援事業のほうの実施要綱のほうに位置づけがされまして、配置することとされたものでございます。
 業務の内容でございますが、認知症地域支援推進員につきましては、、認知症施策の検討及び推進ということで、関係機関の連携でございますとか、研修会の開催等を業務内容と考えております。
 それから、活動日数、時間等のご質問でございますが、正職員の配属を予定しておりますので、正規の職員の勤務体制ということでございます。人数は1名でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) ケア会議については、わかりました。
 認知症支援推進員、正職員ということなんですが、どういった資格をお持ちの方で、予算説明書によると専門医につなげるようなことが書かれていますけれども、実際に専門医につなげていくということでよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) 国のほうでこの推進員に求めている資格ということでお答えをさせていただきます。
 認知症の医療や介護における専門的知識及び経験を有する医師、保健師、看護師、作業療法士、歯科衛生士、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士となっております。それから、それに相当する者として、市が認めた者ということで、准看護師ですとか研修修了者という形になっております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。浜中順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 97ページの13、14、委託料と使用料及び賃借料について。
 総合支援事業への移行準備として地域包括支援センター給付管理システム機器の委託料、使用料ですけれども、これ、今までのシステムとどのように変わっていくのか、わかりやすく説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) 予算書97ページの地域包括支援センターの給付管理システムの関係でございます。
 こちらにつきましては、システムの機器自体が保守の期間が満了しておりまして、現在、リースで対応しておりますが、それの入れ替えという面がまずございます。
 それから、平成29年の4月には総合事業に移行する期限ということで、新しい総合事業の中でもそれに沿った形での給付管理ですとか、報酬の請求事務が発生してまいりますので、平成28年度中にはそれに沿った形での対応ができるようにシステムを交換する必要があるというものでございます。
 それから、相談の記録等をこのシステムの中で記録してございますが、そういったところの入力も効率的なものにいたしまして、相談業務につなげたいという内容でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第4号「平成28年度羽村市介護保険事業会計予算」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成28年度羽村市介護保険事業会計予算」は原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第5、議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」の件を議題といたします。
 直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。濱中俊男委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 159ページの上から12行目、公有財産購入費6億1,500万円についてお尋ねいたします。
 事業を進めていく上で、土地購入は大変必要なことかなというふうに思っております。ただ、かなりまとまった額なものですから、この購入費が何カ所なのか、まず伺いたいと思います。そして、この土地購入の目的はどういうふうに捉えているのかお伺いしたいと思います。
 もう1点が、161ページ中段の羽村駅西口土地区画整理事業の事業委託に要する経費5億5,200万円についてお伺いいたします。
 昨年3月に議決いたしました業務委託契約で、今、しらうめ保育園周辺や、また羽村大橋周辺を進めていると承知しておりますし、また、羽村大橋周辺、かなり土地が空いたなという印象を持っております。市民の注目度も大変高いのではないかなと思いますので、平成28年度どういった事業を行うのか、以上、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) それでは、まず1点目の土地の購入6億1,500万円の関係でございます。箇所数につきましては、9カ所でございます。そして、筆数にしまして19筆となっております。
 それから、その中で購入を予定している面積でございますけれども、現段階では、実測の測量等もまだかけていないものがありますので、約4,730平方メートルを予定しております。
 それから、購入の目的でございます。これまで西口事業におけます用地取得につきましては、これまでも申し上げておりますけれども、平成25年8月に換地設計を施行者決定、これをする以前までは、基本的に道路ですとか、あるいは公園、こういった都市施設に充当するための用地として、いわゆる減歩緩和の用地として、権利者の皆さんの負担の軽減を図るために購入してまいりました。さらに、換地の段階では換地設計に関する意見書を踏まえました換地の変更ですとか、あるいは換地の調整、こういった用地としての活用を図ってまいりました。
 そして、換地設計を決定した今回、購入する目的でございますけれども、先ほど委員もご指摘のとおり、既成市街地におけます移転工事、いわゆるハード事業ですね、円滑に進めていくためにはやはり公共用地のあり、なしが非常に大きく影響してまいります。こういったことから、特に今回の物件につきましては、都市計画道路ですとか、あるいは主要な区画道路、この計画線上にあるものですとか、あるいは駅の周辺に位置しているものであったり、比較的規模の大きい土地でありますので、今後、事業展開をしていく上で非常に工事ヤードですとか代替の用地としての活用が非常に有効であるということでございます。
 さらには、これから早期の着手あるいは補償費の抑制、こういったものも考慮しますと、どうしてもこの用地、公共用地があることによってその円滑な進展につながるということでございました。こういった公益性などから、今回、購入を希望しているものでございます。
 それから、平成28年度からの工事の概要でございますけれども、西口の業務委託の中の工事の概要でございますが、まず、工事費として6,371万円を見込んでございます。今回、工事としましては4つの工事を計画しております。それから、道路の築造工事に関わります付帯工事、これを1件予定しております。
 具体的には、まず1つ目は、これはまちなみでも既にご案内をさせていただいておりますけれども、区画道路の築造工事、これは第5号というふうに申し上げておりますけれども、この工事。それから、汚水管の布設工事ということで、これが工事費が1,897万円を見込んでおります。これにつきましては、平成27年度に実施いたしました東小学校の校庭の整備によります用地が確保できましたものから、校庭の東側に道路の築造を計画しているものでございます。
 それから、今、申し上げました付帯工事の関係ですけれども、この工事に係る付帯工事ということで、約40パーセントを想定しまして759万円ほど見込んでおります。
 それから、2つ目の工事といたしまして、雨水管の布設工事、これは金額にしまして1,015万円でございますけれども、予定しております。当初は平成26年度におきます工事全体計画の中では東小学校の南側、これ遠江坂を使って雨水管を布設する予定でございましたけれども、平成27年、昨年の9月に奥多摩街道の歩道が整備できまして、東小学校の児童・生徒の通学路が新たに指定がされました、遠江坂に。こういった関係もありまして、実際に、現況は道路が非常に狭隘であるということの中で、工事を進めていくにあたって、せっかく通学路として指定したところを工事によって切り回しをしたり、そういうことがないようにしていったほうがいいんじゃないかということで、当初の計画を見直しまして、計画では、都市計画公園、川崎街区公園の6号公園というのが従来の水道局の官舎のところに予定しておりますけれども、こちらのほうに雨水を流していくということで、その工事の費用を見込んでおります。
 それから、3つ目の工事でございまして、維持その他工事ということで、これは単価契約でございます。2,000万円を見込んでおりますけれども、私ども事業課が西口の中の施設の維持管理をしていく上、例えば、道路ですとか歩道、それから、事業管理用地もございます。それから、都市整備用地でございます。こういった適正な管理をしていく上で、緊急的な修繕ですとか補修など、こういったものの経費を見込んでおります。さらには、災害時の対応ということで、これなども想定いたしまして、1,000万円の限度額を設定して、2本の単価契約ということで2,000万円を見込んでおります。
 それから、4つ目の工事でございますけれども、これは羽村大橋の東詰交差点の擁壁の準備工事でございます。これまで東京都並びに東京都の建設局あるいは都市整備局のほうと協議を進めてまいりまして、都道の擁壁として整備費用を交付金で対応いただけると、公社交付金をいただけるということになりました。これまで、既に移転を協力いただいている権利者の方がいらっしゃいます。この権利者の方々ですとか、あるいは今後、移転の協議をして移転をしていただく権利者の方々の移転先を早期に確保していかなければいけないということがございますので、今回、その前段の作業として擁壁の設置工事に向けました準備工事として計画をしているものでございます。
 内容的には、今後、施工方法は具体的に検討していくんですけれども、擁壁工事に着手するための工事ヤードの確保ですとか、あるいは大橋の東詰から造成工事の車両の進入路だとか、あるいは資材の置場、それから転回の広場、こういった空間を土坑の掘削工事によりまして確保していきたいということで考えておりますのが工事の概要になります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 詳細に工事の内容について、今、お示しいただいたところでございます。
 まず、この土地の購入でございます。今、9カ所19筆で4,730平方メートルというご答弁がございましたが、これは土地の権利者とはこれから交渉に入るんでしょうか。ある程度、もうめどがついているのか、その辺についてお伺いいたします。
 あと、もう1点でございます。この4つの工事、詳細にお伺いしたんですけれど、この場所というのは、今、業務委託契約で4つ優先的に整備しますよね。その中で、羽村大橋のところに関することだけなんでしょうか。ほかの3カ所に関するところもあるのか、その辺についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 土地購入にあたっての経過でございますけれども、購入にあたっては権利者の方から買い取りの申し出を受けております。こういったものを受けた上で、市内部の手続きを踏まえまして、今回、予算を計上させていただいているものでございます。
 細かい内容につきましては、これは今後、契約ですとか交渉の事務の性質上、申し上げられないんですけれども、基本的には、これからです。予算の措置をいただいた後に正式に協議をしていくこと、交渉になっていくという形になります。
 それから、今回の平成28年度の工事、先ほどもご説明しました概要なんですけれども、主に、羽村大橋周辺の整備の中で、羽村大橋東詰周辺と、それから、東小学校の東側の道路の築造工事ということで、今、優先的に整備する箇所ということで、駅前の周辺とか、あるいはしらうめ保育園周辺、それから、川崎一丁目周辺というようなことで計画をしておりますけれども、これらの工事の動きとしたら、平成29年度からになります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。関連、瀧島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(瀧島愛夫) 土地の購入なんですけれども、購入に関して、今回、陳情でも出ていましたんですけれども、この対象の土地については更地買いですか、すべて。その確認だけお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 今回、購入に当たりましては、今、申し上げましたように、今後、協議をしていきますけれども、今、実際には、建物が存在している土地もございます。基本的には、やはり更地で購入するということで交渉を進めてまいりたいということで考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 関連ですか、鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 9カ所を買いたいという話でしたけれども、権利者から買ってほしいという申し出はどのぐらい数があったのか。その中で9カ所というふうに選んだということになっているのか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 西口の地区内の状況をご覧いただいてもわかるんですけれども、平成15年に認可を受けてから13年目が経過しております。そういった中で、やはり、実は高齢化も進んでいるという中で、やはり今回もそうですけれども、相続に起因した買い取りの申し出が、ご相談が多いです。今回、提案させていただいている9カ所につきましては、当然、買い取り申し出が全て出ておりまして、これ以外にも相談はございます。ですけれども、今後も、将来的な補償費の負担増ですとか、あるいは事業を展開していく上での有効性、これがないところ、例えば、建物が1棟建っていて、そこについて購入しなくても、将来、建物の1棟の補償は変わりませんので、今回、購入するところは、先ほどもご説明したように比較的規模の大きいところで、仮に買わないとすると、やはり開発業者が建物の分譲をすることになります。100平方メートル単位でもし分譲された場合には、相当の建物の数が計画できますので、そういった中で、それぞれ補償費が発生してくるということになりますので、こういった将来的な負担を考慮した中で、今回、ご提案をさせていただいているということで、ご相談はほかにもありますけれども、今回は9カ所のご提案をということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 今いくつか出たので、ダブるかもしれませんが、順に聞いていきます。
 まず、この7億7,000万円の区画整理事業債ですけれども、念のために、これは全部出ているとは思いますが、これまでの事業債の借入額及び年間の返済額及び返済利子額を確認します。
 それから、この事業債の借り入れ条件というのはどういうものかと。今までは全部、土地の購入ということで9割借りてきたというふうに聞いていますが、今回、補償費のほうにも2,200万円を充てられると。この補償費にもこれは借りることができるのか。借り入れるとしたらどういう条件か。この2億2,000万円、これは補償費のどの部分に充てられるのかということ。
 それから、今後、補償費というのは全体で240億円くらいになると思うんですけれども、補償費を借金で賄っていくということが前提なのかということを確認します。
 土地購入に関しては、今までの答弁で換地設計が済んだので、基本的に土地は買う必要はないということでした。ただ、今の答弁では、必要ならば買うと。都市計画道路であったり、主要道路であったり、なおかつ、権利者から求められれば、更地買い、権利者に求められれば、それを買わないことによって民間に売られて建売等になれば補償費が増えるのでということになると、これはまた買うという話になるわけで、今後、際限なく買っていくことになるんじゃないかという危惧があります。そこらを確認します。
 それから、この9カ所ですか、これ、それぞれ必要性と金額、わかれば教えてほしいと。
 以上、土地と7億7,000万円に関してです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) まず、7億7,000万円の区画整理の事業債の関係でございます。
 現在までの総額ということで、平成28年度の7億7,000万円を含めまして総額で28億9,600万円ほどお借りしております。
 起債の額、元金の総額が今、申し上げました28億9,600万円でございまして、これに係る利子でございます。この利子相当分が2億8,518万1,773円となっております。それから、平成28年度の7億7,000万円を含めまして、総額で、償還合計ということで31億8,181万1,773円ということになります。
 それから、この事業債の借り入れの条件ということだと思いますけれども、この対象は、東京都の区市町村の振興基金条例、これに基づいて手続きを取ってございます。その中でこの対象となる起債は、公共施設の整備に関する事業に要する経費というところの位置付けがございまして、これらによってこれまで借り入れを起こしてございます。特にこの東京都の振興基金条例の貸付等の方針ですとか、あるいは貸付等の実施細目、こういったところには都市計画事業に対して重点的に貸し付けをする旨が示されております。こういった条件の中でこれまでお認めをいただいてきたというものでございます。
 そういう中では、先ほど、今後、補償費にずっと充てていくのかというところで、これが3点目ですね、2億2,000万円ほど今回、充てることになります。補償費のほうですね。これも今、補償費についても、今申し上げましたように、公共施設の整備に関する事業に要する経費ということでお認めをいただいておりますけれども、これまでお話も申し上げておりますけれども、補償費に関しましては、都市計画道路、これに係る建物につきましては、これは東京都交付金、100パーセント交付金が受けられる形になります。それから、これまでもご説明しております住宅市街地総合整備交付金、こちらのほうはそれ以外の建物で、その基準を満たしているものについては充当していきたということで考えておりますので、国の補助金と東京都の交付金、こういったものを充当していくということになりますので、残ります240億円、残りの補償金全てをこの起債で充当していくのかということで考えれば、そういうことではないというものでございます。
 それから、土地の購入で、今後も買うのかというところでございますが、平成15年度の当初の事業計画決定から、先ほど申し上げましたように13年が経過しております。今後もこれまで同様に相続に起因した処分、相談が出てくるということは容易に想定できるところでございます。こうした中で、施行者としての立場からは、今後、先ほど申し上げましたが、効率的な移転、円滑な移転、こういった工事を進めていく上では、重要地として取得ができると非常に望ましいというところでございますけれども、相談があった際には、例えば、その箇所が、先ほども触れておりますけれども、駅前で潜在価値があるとか、あるいは今後、移転工事を実施していく上でその合理性ですとか、経費の抑制効果、こういったものが検証できて、その有効性が認められた場合には、当然ですけれども、健全な財政運営を大前提とした中で、財政担当との協議、調整を踏まえた上で、内部にあります公有財産管理運営委員会に諮って購入の可否について判断をいただきたいということで、予算化、購入についてはそういった手続きを踏まえて原課で行ってまいりたいということで考えております。
 それから、ちょっと今、答弁漏れでございました。9カ所の場所と金額ということでございます。
 先ほど、これ濱中委員のご質問でもお答えしましたけど、今後、契約交渉の事務を行っていきます。こういった事務の性質上、今、あまり細かいところを公にすることによって事業の適正な執行に支障を来す可能性もありますので、それらを踏まえた範囲でご説明をさせていただきたいと思います。
 まず、9カ所のうちのまず1カ所なんですけれども、これ、羽東一丁目283番付近でございます。
 ここは、じゃあなぜかと言いますと、駅から南側に直線距離にして大体120メートルぐらいの非常に駅から直近しております。将来的に移転を進めていく上で、やはり月極め駐車場があったりしますので、こういった代替用地としての活用が図れるんじゃないかということで想定をしております。
 それから、2つ目につきましては、羽東二丁目314番付近ということで、奥多摩街道沿いで、これまでたつの子保育園の仮園舎がありました、あの近くになります。ここは、今後整備にあたって、東小学校へのアクセスの区画道路、これは10メートルを計画しておりますけれども、この計画線上にございます。そういったところも踏まえて購入してまいりたいと。さらに言えば、今、これまで取得している用地と連担ができますので、さらにそういった効果があるという考えでございます。
 それから、3カ所目が川崎四丁目の269番付近でございます。これは羽村大橋東詰の直近の所でございます。区画整理の地区界の道路の脇にございまして、これから大橋直近の工事を進めていく上で工事展開には有効であるということでございます。それから、先ほど申し上げました、前に取得している用地と連担ができるということも大きな要素でございます。
 それから、4カ所目が羽東一丁目の229番付近でございます。これは駅前の現在あります通り、西武信用金庫さんがありますけれども、この裏側あたりに位置する駐車場になっている土地でございます。これは駅に近いということで、その有効性、公共用地の確保ということで購入を予定しているところでございます。こちらにつきましても、既に購入している土地と連担が図れるということで、その効果が大きいというものでございます。
 それから、5カ所目が羽東二丁目246番付近でございます。これは消防団の3分団の車庫の向かい側の土地になります。ちょっと入った所になりますけれども、ここもやはり区画道路の線形上にありますので、今後、工事の展開を図っていく上で非常に有利だと。それから、かなり、200坪の規模がありますので、今後、工事ヤードとしての活用も図れるのではないかというその有効性を判断しております。
 それから、6カ所目が羽東一丁目、これは120番あるいは121番付近でございます。現在、本町第一町内会の広場の付近でございます。これは都市計画道路3・4・15号線の計画線がありますけれども、この計画線上にあたる土地、畑でございます。こちらも既に取得している土地と連担が図れるということで、この有効性もかなり大きいということでございます。
 それから、7カ所目が羽東一丁目278番及び279番付近でございます。それから、8カ所目も羽東一丁目279番と280番付近。それから、9カ所目も同じく280番付近ということで、位置的には、新奥多摩街道とお寺坂の交差点付近で、福生方面に向かって左側あたりに位置する土地でございます。いずれもこれは駅に近いということで、その有効性を判断しているものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 土地に関してはちょっとわかりにくいので、後で詳しく聞くということで、この程度にしておきましょう。場所がわかりにくいと思うので、大体。
 既に予算を立てたということは、既に下交渉をして、ある程度の見積りというのはお互いにやってあるというふうに。全くこれはこの予算というのはなしですか。なしで概算ですか。
 そうしたら、仮に、この額が余ったら、新たな土地を買うという可能性もあるのかと。
 それから、土地に関して、先ほど瀧島委員からもあったように、土地購入に関しては原則を守るということで、これは改めて確認をしておきたいと。
 それから、この補償費の2億2,000万円も特に条件はないと。土地の場合は1割は現金でということで、9割は借りてもよろしいということですが、やはりそういうような条件であるかということを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 土地の購入にあたりましては、市で指定をしております不動産鑑定士の方に事前に情報をいただいております。こういった想定の価格の中で予算を計上させていただいております。実際には、これから、先ほど申し上げました、これから交渉をしてまいりますので、既に交渉して金額が決まっているということは一切ございません。これから交渉していく中で、じゃあ、いつ契約が締結できるかと、その時期によって、また鑑定、今までお聞きしている金額と時点修正が出てまいりますので、多少の乖離は出てくるということで承知しておりますけれども、大幅な残額が生じて別な所を購入できるほどの残額は生じないということで、今、認識しておりますので、多少の時点修正による増減はあるということで承知しております。
 それから、先ほど瀧島委員のご質問にもお答えしております、今回の箇所につきましては、これまでも現地踏査も踏まえまして建物も見させていただきました。そうした中で、建物を残して、例えば、仮住居として使うとか、別な倉庫として使うとか、そういった機能には適さないというふうに判断しておりますので、基本的には原則は更地でございます。これは、原則更地でございますので、これまでもそうですけれども、特例はあるということでございますので、基本的には原則に基づいて対応していきたいということでございます。
 それから、起債の2億2,000万円、今回補償費に充当する2億2,000万円でございますけれども、これも土地の購入と同じに、購入予定額の90パーセントを起債率ということで、同じ考え方で充当を予定しているものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 次の3点に移ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) まだ、あと3つ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 3つずつ3回。あとどなたかいたら、簡単にやっていきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 簡単にお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 業務内訳ですが、年度別交付金申請177万円ということで、毎回この申請業務というのは結構お金がかかるなと思っているんですが、今回どんな申請、何件、で、それによっていかほどの交付額があるかということが1点。
 それから、換地業務で仮換地の変更の処理ということがあるんですが、これはどの土地を仮換地変更するのか。既に換地設計ができているわけですから、これを変えるというのはどういうことなのかと。その場合は区画整理審議会を開く、つまり、審議会の対象になるのか。
 それから、先日の答弁で、仮換地指定後の移転期間を損失補償基準では曳家は大体2.5カ月、再築で5カ月ということでした。現実に2.5カ月で曳家で住めるかと言ったら、考えられない。再築5カ月で、今、空き地のないところで計画すればできないと。そうしたら、この補償というのは、例えば、駅前、今、8年戻ってきていません。それと、大橋東詰は3年かかるという話があると。ということは、損失補償基準、2.5カ月及び再築5カ月というのは、どういう意味なのかということを伺います。
 それから、補償業務、1,086万円で25棟、そうしますと、1棟当たり43万円ほどになると思いますが、今までの補償業務、これは建物調査ということで200万円前後かかっていたと思うんですが、それが今回これだけ安い額になったというのは何か理由があるのかと、その3点伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 端的にお願いします。区画整理管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理管理課長(細谷文雄) ただいまの一連の質問は、以前に市議会のほうから資料請求がございまして、その資料に基づいた質問かと思いますので、その資料に基づいた内容でお答えをさせていただきます。
 まず、はじめに、各業務の人工につきましては、都市づくり公社と東京都と17市町村で構成します都市づくり公社の関連市町村連絡協議会、これで作成した事務算定基準、これに基づいて人工は算定をしております。
 そして、1点目の質問の年度別交付申請、これの53.4人工、約179万円を計上しておりますけれども、これにつきましては、東京都交付金、平成28年度におきましては8,800万円、この交付金を受けるための一連の申請業務手続の費用でございます。具体的には、東京都への要望、それから、協議調整事務、申請図書の作成、それから、完了報告書の作成や完了検査の事務費用、これなどの一連の費用を計上したものでございます。
 それから、2点目の換地業務、これに関しましてですけれども、換地業務の仮換地変更の処理業務、これが18.6人工で約62万円を予算計上しております。現在、個人から換地の変更願が3件ほど提出されておりまして、これを換地変更の処理をするための事務経費となります。具体的には、この換地変更の場所の現況調査、それから、図面資料等の作成、それから、必要によっては権利者との調整など、これらに関する一連の手続きの経費となります。
 また、もう一つお尋ねの仮換地の変更について審議会に諮るのかというご質問でしたけれども、仮換地の変更については、原則仮換地の指定と同様に審議会への付議対象として扱うことになりますけれども、事業の進捗に影響しない軽微な変更につきましては、審議会の会長の判断によって審議会への報告事項として扱うこともあろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 3点目の補償の関係でございます。
 一般質問でお答えした内容につきましては、その際にも申し上げておりますけれども、あくまでも今回申し上げたのは、標準移転ということで、通常移転というふうにまた別には申しますけれども、1棟の建物が換地先があいて、そこに曳家あるいは再築をする場合の補償、これを100平方メートルの建物ということで想定して、その工期を土地区画整理の損失補償基準に照らしてお答えをしたものでございます。今、委員のほうからご指摘のあります駅前が8年、それから、大橋が3年というお話がございました。これらにつきましては、権利者の皆様方にご協力をいただく中で、区画整理事業の中では中断ということで表現しております。これは仮換地の指定を受けて移転先が使えない状況で移転をお願いするということでございます。これらの期間につきましては、その中で適正な補償をしていくという考え方でございまして、あくまでも一般質問でお答えしているのは、標準的な移転の内容で申し上げているものでございます。
 それから、4点目の補償の関係でございます。
 以前の比較と違いということで、その中身がちょっとわかりかねるところもあるんですが、基本的には、この建物調査あるいは積算業務につきましては、建物の構造、例えば、これは木造・非木造ございます。それから、延床面積、建物の大小がございます。こういったものにより異なってまいりますので、単純に1棟当たりで比較することが非常にできないということになります。そういうことで比較できない。ですから、延べ床面積が大きければ、それだけ調査量が増加するということになりますので、単純比較ができないというものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員。山崎委員、ちょっとまとめてください、質問の中身を。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 仮換地指定の変更願ということですが、そうしますと、変更願というのはこれからも出すことができると、権利者として。出すための条件は何かと。それから、今回3件、軽微な変更は会長への報告でいいということなんですが、今回の変更はどういうものなのか。それは、会長報告で済むのか、審議会への対象なのかと。
 それから、先ほど、通常移転で5カ月という答えをしたと。ただ、長い場合は中断移転になると。
 その補償に関しては、じゃあ、どういう補償をするのか。単に仮住まいへの家賃の補償だけなのか。そうじゃなくて、例えば、営業補償もあるかもしれませんし、いろんな補償があると思うんですが、そういった場合のどんな補償があるかというのを確認したいと。
 それから、この補償業務で、家に関しては、たしか前回、マンションだったのかのな、200万円近いものがあったと思います。それはやはりマンションだったから高いと。通常の建物だとこのくらいと、100平方メートルぐらいのものだとこのくらい、45万円というふうに考えてよろしいかと。それを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理管理課長(細谷文雄) まず、換地変更願を出すための条件ということでございますけれども、特に条件を取り決めているわけではなく、相続とかそういったご家庭の都合によって換地の変更をしてほしいということがあった場合には、常時受け付けるということでございます。
 それから、審議会の報告で済むのかと、審議が必要じゃないかというご意見でございますけれども、原則は、仮換地指定と同様に審議を行うということでございますけれども、先ほど言ったように、軽微な変更で影響がないもの、これについては会長の判断で報告で済ませるということもあり得るといったことになると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) まず、補償の関係でございます。
 この補償そのものは、先ほど大橋ですとか駅前のお話、事業上は中断というような形を取っているというお話をしましたけれども、これにつきましては、それぞれその条件が異なりますので、一概にやはり申し上げられないんですけれども、基本的には、家賃相当ですとか、あるいはその方が店舗が必要であって、その店舗が別な所に必要であればそういった営業補償、そういったこともあります。
 この補償につきましては、補償の基準に基づいてそれぞれ適正に行っているというものになります。
 それから、先ほども、繰り返しになってしまいますけれども、単価の差といいますか、金額の差というのは、やはり建物の構造、木造か非木造、それから、建物の規模によって変わってきますので、単純に1棟当たりの平均、棟数に対して割り戻した数値というのは、一概に一律になりませんので、高い、低いというのは判断しづらいということになりますけれども、恐らく、低いということであれば建物の規模が木造で、建物の面積は比較的小さいものであるということで考えます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 同じ委託の表を見ながら質問するんですけれども、今も質疑がありました建物調査積算業務、25棟調査予定してございますよね、事務費のほうですけれども。この25棟の権利者は、区画整理事業に協力するという合意が取れている方たちばかりなのかどうか。それとも、そうではない状況なのか、まずお尋ねします。
 それから、もう1点、下の補償金なんですけれども、建物移転がやっぱり4億円以上で、非常にウエートが大きいわけですけれども、一緒についてきた地図を見ますと、しらうめ保育園周辺で2軒、それから、大橋付近で1軒、計3軒の補償金ということになると思うんですけれども、もうちょっと詳しい内訳を知りたいんですけれども、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) まず、1点目の補償業務に関するものでございます。建物25棟ですね。内訳は25棟でございますけれども、実際に、じゃあ、その移転にあたっての合意形成が図られているかというところのご質問ですけれども、これから本格的に協議に入っていくと。当然ですけれども、予算をお認めいただいた後に本格的な動きを取っていくということになりますので、合意が得られているというものはございません。ただ、これまでの個別の対応ですとかそういったものの中で、ご説明はしてきておりますので、こういったものを踏まえた中で、これから具体的に本格的な交渉協議に入っていくというものでございます。
 それから、補償費の約4億円でございますけれども、内訳につきましては、これも非常に個人情報ということになりますので、詳細については非常に申し上げにくいところがございます。なんですけれども、今、ご質問にありますように、この補償につきましては、4つほどございます、4つほど。内訳が4つほどございまして、まず、一つは建物補償ですね。この建物補償。これは5棟でございます。共同住宅が1棟と店舗併用住宅が1棟、それから、住宅と付属の建物、これが3棟で、合計5棟。これの建物の移転補償になります。
 それから、2つ目は、これは立木、工作物の補償ということで、これは金額にして580万9,757円ということでございますが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) いいですか、それは。金額はよろしいですか。建物だけでいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ちょっとお待ちください。どこまでどういうのか、はっきり言ってください。鈴木委員どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 調査のほうは、これからということでわかりました。
 それから、補償金なんですけれども、だめなんですね。要するに、3軒にしてはどえらい額になっていますからね。どうなのかということを知りたかったんですけれども。恐らく共同住宅の分がかなりのウエートを占めるんじゃないかと想像をするんですけれども、それはだめなんですね。はい、じゃあ、わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員、あと何問ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 3問ずつ2回。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) なお、本日の会議の時間は議事の都合によりあらかじめこれを延長いたします。
 山崎委員、少しまとめてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 後で聞けることは聞くとして、とりあえず。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) どうしてもここで聞かなければならないことだけにしてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 委員長に従って。工事業務なんですけれども、これ、事務事業のほうに出てくる工事業務1,634万4,000円と、それから、工事費のほうに出てくる工事費6,300万円、これは連動しているというふうに考えていいのかどうかということが1点。
 それから、調査設計費の中で埋蔵文化財調査の中で2,508万円、川崎一丁目試掘ということなんですが、これはどこらをやるのか。これは試掘だから、ボーリング調査だけなのかということ。
 それから、警視庁協議資料作成1,900万円というものがあるんですが、これはどういった資料を何のために作るのかということです。
 それから、いまの建物移転に関して、恐らくこれはマンション1棟と店1棟、それから、住宅3棟ということだと思うんですが、ここに住んでいる15世帯があると思うんですが、その方々の移転補償費というのはどのようにここに算入されているのか。これは恐らく、移転期間というのがいつからいつまでということで、その間に移るということでその補償ができると。その前に出てしまえば、できないというようなことのように今まで聞いていましたが、そこらのマンションに住んでいる方の移転の補償に関して説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 以上ですね。区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) まず、一つ目の工事業務、この事務費1,634万4,000円ということでございますが、この内容につきましては、工事等の実施に伴う事務費でございます。区画道路の築造工事であったり、それから、維持その他工事、これ管渠の部分です、先ほどご説明しました。それから附帯の工事、それから雨水管の工事、それから、3・4・12号線の擁壁の準備工事、こういったものに向けました設計業務、それから、監督業務費用、こういったものがこの1,634万円になってございます。
 それから、2点目の埋蔵文化財の試掘箇所でございますけれども、これは川崎一丁目エリアの平成29年度に道路の築造を予定している区画道路に当たる部分の試掘調査を予定しております。
 それから、3点目の警視庁の協議の関係でございます。費用として1,900万円ということでございますけれども、どんな資料ということですが、基本的に、道路の予備設計としまして、基本は地区内の道路計画の平面交差部、この8カ所、都市計画道路の平面交差部の8カ所の交差点の詳細図、こういったものを作成するというものでございます。
 内容的には、横断歩道ですとかあるいは滞留長、それから、導流帯ですね、ゼブラゾーンとも言っていますけれども、そういったもの、それから、信号機の位置、それから、交通安全標識、それから、停止線の位置ですとか路側帯、また、交通量の調査も踏まえまして警視庁との協議あるいは協議資料を作成するものでございます。
 それから、共同住宅に入居されている占有者の方々の補償の関係でございますけれども、基本的には、共同住宅に入居されている方は、建物のオーナーさん、余り詳しくは申し上げられませんけれども、入居者とオーナーさんの関係もございますので、一概に申し上げられません。なので、基本的には、補償基準に照らして適正に行っていくということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 今の意味がよくわからないんですが、石川課長のおっしゃっていた、つまり、以前の議会の答弁では、移転期間に移転する場合は、引っ越しの際に必要な更新料、敷金、保証金、標準的な家賃と現行家賃との差額、その他もろもろ説明されました。その確認をしょうと思ったんですけれども、それでよろしいんですか。つまり、いつからいつが移転期間ですかと。その時は、こういう補償の交渉をするんですねということを聞くんですが、移転期間はいつからいつ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 答弁、できることとできないことをはっきり切り分けてお答えください。区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) いつからいつまでというのは、ちょっとどのものを対象にしているか、ちょっとわかりにくいんですけれども、まず、一般質問でお答えしております借家人の方々の補償の中身ですけれども、この項目ですけれども、これは今、お話もちょっとありましたけれども、引っ越しの際に必要な更新料ですとか敷金あるいは保証金などの経費でございます。
 それから、家賃相当につきましては、標準的な家賃と現行の家賃との差額を補償するものでございます。これを借家人補償というんですけれども、それから、いろいろインターネットですとか電話、こういった回線もありまたり、あるいはエアコンなどもありますので、こういった工作物の移転の補償も入ってまいります。
 それから、動産ですね。家財の移転に伴う費用、それから、引っ越し先を見つける際に必要となる経費など、こういったものの移転雑費として補償しています。
 それから、通常の移転、先ほど申し上げましたように2.5カ月から5カ月と、これは標準的な移転で申し上げていまして、今回、例えば、占有者の方が移転するにあたっては、借家人の方に退出いただく、そういった期間を約1カ月ほど見ます、1カ月ほど。それから、実際に工期があるんですけれども、そういった工期はおおむね4カ月から5カ月の間、そういう形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員、ちょっと絞ってください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 住んでいる方が心配しているのは、いつの時期に移ればちゃんと補償の対象になるのか。例えば、今出ちゃうと早すぎて補償してもらえないということを心配しているわけ。だから、いつからいつまでが補償期間ですかって、移転期間ですかって聞きたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 都市整備部長、まとめてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備部長(阿部敏彦) 今回、議員のほうから資料提供ということで西口の区画整理事業の平成27年度から平成29年度までの内訳を予算の内訳資料としてお配りしたわけですね。実際に、これから権利者交渉だとか家賃補償だとか云々というのは、これからなわけですよ。今、言われるようなお話が権利者にはまだ何もしていないわけですね。それを今言われるような形で、誰から聞いて誰々が話をしたというのが全部ひとり歩きしているわけですよ。
 ですから、なるべくならば、資料は提供は避けたいわけです。そうでないと、さまざまな契約交渉の中でそれを使われてしまうわけですよね。ですから、その辺の理解をまずいただくのが一つとして、今回はそういう提供があったので、できるだけ細かい資料を提供して内容だけは理解をいただきたいという形で説明をしているわけです。
 今、山崎委員のご質問を受けちゃうと、今のお答えをすると、じゃあ、いつからいつまでが期間であって、いつからいつまでは外れてしまうのかって、そんなことは今の権利者には誰にも言ってないわけです。それがひとり歩きをしていくということは、これ議事録に残っていくわけですから、その辺は注意をしていただきたいということです。当然、先ほど鈴木委員もお聞きしたい内容、よくわかります。それは、個々個人の個人情報に該当する話になってしまいますから、そういう話についての内訳というのは、なかなかお示しができないのが事実です。
 ですから、その辺の内容を踏まえていただいて、この説明の内容については聞きおいてとどめていただきたいというお願いだけはしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 山崎委員、個別事例についての踏み込みはちょっと避けてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) これは全くおっしゃっていることは違います。今、これ、私が聞いたのは、以前の議会で議会の答弁、平成28年8月を移転時期として本調査結果をもとに個別の補償協議を進めていく予定。なお、土地区画整理損失基準に定める項目は以下ですって、今、課長がおっしゃったこと。
 つまり、これは議会の答弁、これは当然そこに住んでいる方に議会でこういう答弁がありましたから、こういうことを多分交渉に来ると思いますよということを私言いました。で、今言った内訳に関しては、全く見せてはいません。その説明もしておりません。だから、今、部長が言ったのはこのことです。このことであれば、これは議会の答弁を私が伝えたということは事実です。そこは誤解なさらないでください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 都市整備部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備部長(阿部敏彦) 当然、今言われるようなお話になっていくわけですから、当然、昨年ご質問にお答えをしているわけですから、今、今年の話というのは、今言うような内訳のお話を説明させていただいているわけですから、そこでとどめておいていただきたいというお願いをしているわけで、山崎委員がどうのこうのというふうな話は決してございませんので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 委員長権限で、ここで質問は個別事例に踏み込むことはちょっと避けてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 一旦止めて、次に移ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 整理してお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 今回の東京都の交付金8,800万円のこの名目、それから、国庫補助、住宅市街地整備総合整備事業2分の1補助8,800万円、一応この対象は何なのかということ。
 それから、全体、平成27年度に策定した平成28年度の予定より多少予定より額が変わっていると思うんですが、何が増え、何が減ったかということを伺います。
 以上、それで終わりにします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 区画整理管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理管理課長(細谷文雄) それでは、1点目の東京都交付金の名目というか内訳ですけれども、8,800万円を計上しております。内訳につきましては、東小学校の東側の道路の築造工事、それから、羽村大橋周辺で計画している建物移転補償費、これらに合計で8,800万円を充てると。なお、これの内訳につきましては、先ほども言ったように個人情報によりますので、内訳は回答できませんので、よろしくお願いします。
 それから、2点目の国庫補助金の対象事業、8,800万円ですけれども、建物の移転補償費につきましては、都市計画道路に係る建物移転補償費は東京都交付金を充てることができて、それ以外の老朽化建築物、これはここにあります国庫補助金の住宅市街地総合整備事業の補助金を充てるという形で、先ほども石川課長のほうから説明したところでございます。そして、平成28年度におきましては、その両者が存在していると。東京都交付金と国庫補助金、両者が存在しているとうい予算計上になっております。
 このような中で、住宅市街地総合整備事業の国庫補助金につきましては、個別の内容は、先ほどと同じように個人情報にかかわるものですので、個別の内訳は答えられませんけれども、算定根拠としましては、補償費の補助率、補償費に補助率2分の1を乗じて、ここからさらに各市町村への配分率、これが約66パーセント、この配分率というのは、住宅市街地総合整備事業に対して国全体で多くの市町村が手を挙げていまして、なかなか市町村には配分が少なく、減ってきていると、それが66パーセント、これを乗じて算出しております。
 それから、3点目の平成28年度予算と去年議決をいただきました債務負担の3カ年計画、これの違いでございますけれども、平成28年度の予算額は5億5,200万円、それから、一方、去年の予算額は5億9,640万円という形で、東京都交付金を含めた委託費の差で言いますと、その差は6,540万円減額というふうに、去年の状況からはなっています。
 この主な増減の理由としましては、増加の理由としまして、工事費に関して羽村東小学校の公園の下に雨水管を入れる工事、これが約600万円の増と、それから、もう一つは、羽村大橋周辺の都市計画道路3・4・12号線の整備に関連する擁壁の準備工事、これが先ほどご説明しましたけれども、700万円の増、それから、補償金に関しましては、約1億3,600万円の減ということで、理由としましては、昨年の概算の算出から1棟ごとに建物調査を終えまして、大体の、ほぼのめどが立ちましたので、その減額によるものでございます。
 なお、詳しい情報につきましては、先ほども、何度も申し上げますように、個人情報に該当しますので、内訳のお答えはすることができませんのでよろしくお願いします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 個々に改めて伺いますので、質問としては終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんね。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」に反対します。
 1、広い道路を作るため事業費370億円、1,000戸の家を取り壊しや移動する西口区画整理は、権利者だけでなく、全市民1人当たり45万円の負担を強いるもので、市財政危機の恐れがあります。
 2、平成28年度予算は14億180万円と今までの3倍、とりわけ7億7,000万円の土木事業債による土地購入、うち2億2,000万円を補償費に充てるなど次の世代にツケを回すことになり、認められません。工事着手するという都市計画道路3・4・12号線導入部分に関しては、地権者への説明がなく、住民の不安をあおっています。本来、都道であり都の事業です。区画整理で整備することには反対します。
 事業は、必要性、実現性、住民の合意、いずれもが欠けております。区画整理によるまちづくりには400人以上の地権者が反対の署名をしており、仮に30年間の延長をしても事業完了は不可能です。
 必要な整備のみ関係者の合意のもとに最少費用、最短期間で行うのが行政のあり方です。人口減少、財政縮小という社会経済状況の変化を先取りし、持続可能な羽村市を目指すことが市民への責任と考え、この時代錯誤である大型公共事業、区画整理特別会計予算に反対します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。濱中俊男委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」に賛成の立場からの意見の開陳を行います。
 羽村駅西口土地区画整理事業については、昨年3月の平成27年第1回定例会におきまして、平成27年度から平成29年度までの3カ年の債務負担行為と公益財団法人東京都都市づくり公社への委託契約を議決し、しらうめ保育園の周辺、羽村駅前の周辺、羽村大橋の周辺、川崎一丁目エリアの4つの重点整備地区を定め、現在、この計画に沿って事業が進められております。事業開始から13年目を迎え、ソフト事業からハード事業への移行に伴い、個々権利者への丁寧な対応が求められてきております。
 さて、こうした中で、平成28年度の予算総額は、前年度比315.6パーセント増の14億180万円で、国庫補助金、一般会計繰入金、市債を主な財源として予算が編成されております。
 歳出の内容を見てみますと、総務費については、都市整備用地9カ所の購入費6億1,500万円を計上しており、この土地購入費については事業を進めていく上で、先ほど審査の中で明らかになったとおり、大変有効な措置であるものと考えます。また、事業費における都市づくり公社への事業委託に関しては、前年度に引き続き、しらうめ保育園周辺と羽村大橋周辺の工事や移転を進めていくこととしており、昨年3月に議決した委託契約に沿った事業内容となっております。
 また、これらの優先地区の整備は、市民が注目している重要な事業でもありますので、関係する権利者や関係団体と十分な調整のもと、着実に進めていただきたいと考えております。
 以上、見てきたとおり、これらの事業費を計上した平成28年度の本予算は、事業の先行きを捉えた適切なものであり、今後の事業推進につなげていくための重要な予算措置であると認められます。
 また、来年度から区画整理部を新設し、本事業に特化した体制づくりをすることも本事業を最重要施策と位置づけた羽村市の意気込みを感じるところです。
 以上の理由から、本予算に賛成の立場からの意見の開陳といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第5号「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」の件を挙手により採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
     (賛成者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 挙手多数です。よって、「平成28年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算」は原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第6、議案第6号「平成28年度羽村市下水道事業会計予算」の件を議題といたします。
 直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 特会予算書189ページ、地方公営企業法の適用の委託料なんですけれども、かなり金額がかかるものだなというふうに思いました。完全移行まではさらにかかってくる、あるいはこれだけでもう移行の準備はできる、どういうことなのかをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 下水道課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道課長(金子善信) 費用につきましては、準備段階としまして平成32年度を目指しておりますが、実際、資産調査を含めまして全体で4,188万円を見込んでおります。その後、システム改修がございまして、それにつきましては650万円程度見込んでおります。これについては、また、あくまでもこれは平成30、31年度で考えておりますので、あくまでも見積りということで、以上の予算がかかる見込みでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) どうしてそんなにかかるのかって思うんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 下水道課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道課長(金子善信) この見積りにつきましては、5社ほど見積りをいただいております。その中で、このような見積りになっております。ただ、この企業会計につきましては、26市でやっている適正化委員会とかそういうものがありまして、おのおのそのやり方が違いますけど、羽村市としては、その5社程度のものを見込んで計上したものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第6号「平成28年度羽村市下水道事業会計予算」の件を採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成28年度羽村市下水道事業会計予算」は原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第7、議案第7号「平成28年度羽村市水道事業会計予算」の件を議題といたします。
 直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 議案書の37ページなんですけれど、第2配水場高区配水塔耐震補強工事4,730万4,000円というのがございます。震災時には、大変配水塔というのは重要な施設だと思うんですね。
 そこで、今回の耐震補強工事により耐えられる震度といいますか、それはいくらからいくらになるのでしょうか。
 それから、第2配水場には、もう一つ低区配水塔というのがあるんですけれど、それについての耐震補強工事は実施済みなのでしょうか。もし、未実施ならいつごろ実施されるのでしょうか。
 それから、その工事の開始日と終了予定日、教えてください。
 あと、工事期間中、水道が停止したり、水質が低下したりすることはないのでしょうか。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 水道課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水道課長(加藤 純) 今回、第2配水場の高区配水塔と言いまして、高さが30メートルある高いほうの耐震補強工事を行います。今回のものにつきましては、平成26年度に耐震の診断を行いまして、平成27年度に設計、そして平成28年度に工事ということで予定してございます。
 震度ということでございますが、レベル2地震度と言いまして、阪神淡路大震災クラスの地震がもし来た時には、その塔の地面との設置面のあたり、その部分に少し問題が生じるだろうということがございましたものですから、今回、工事を行うというものでございます。
 また、低区配水塔につきましては、こちらは昭和55年に竣工しておりまして、こちらは平成33年に耐震補強の調査を行う予定で、水道ビジョンのほうに記載がございます。
 また、工事につきましては、平成28年度に入りまして、なるべく早い時期に業者を決定いたしまして、着工する予定でございます。
 4点目でございますが、工事期間中に水道が停止したりすることがあるかということでございますが、工法としましては、外部の地面との設置の際のところに鋼鉄の棒を打ち込む形で補強工事を行いますので、塔の内部について工事を行うことは予定しておりませんので、特に断水等の予定はしてございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第7号「平成28年度羽村市水道事業会計予算」の件を採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成28年度羽村市水道事業会計予算」は原案のとおり決定いたしました。
 以上で、平成28年度羽村市一般会計等の各予算の審査は全て終了いたしました。
 本委員会の予算審査報告書及び委員長口頭報告については、委員長にご一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認め、そのようにさせていただきます。
 この際、私から一言ご挨拶申し上げます。
 委員の皆さんにつきましては、積極的に質問、提案を行い、また、理事者はじめ職員の皆様は、大変丁寧な答弁をしていただきました。心から感謝申し上げます。
 おかげをもちまして、各予算ともに滞りなく審査を終了することができました。皆様のご協力に対し、ここに厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。
 厳しい財政運営がありますけれども、審査の中で出された提案や意見については十分心にとめておいていただきながら、市民福祉の増進にともに努力していきたいというふうに思います。
 長い時間、本当にどうもありがとうございました。
 これにて一般会計等予算審査特別委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。

                                 午後5時13分 閉議・閉会