議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成27年第9回議会運営委員会 本文




2015.12.10 : 平成27年第9回議会運営委員会 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(瀧島愛夫) おはようございます。定刻になりましたので、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は8名であります。定足数に達しておりますので、これより第9回議会運営委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。
 議事に入る前に、議長よりご挨拶をお願いいたします。石居議長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) おはようございます。師走のお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。本日は、陳情、そして意見書ということでございます。慎重かつ活発な議論をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 日程第1、27陳情第5号「羽村市議会の改革に関する陳情」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 質疑を許します。質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 議会事務局にお聞きすることになると思うんですけども、陳情書が提案しています対話型市議会報告会また議会基本条例制定ですね。全国また多摩26市では実施や制定状況はどういうふうになっているか、これをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 議会事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) まずお尋ねのうち、議会報告会の関係でございますが、申し訳ございません。こちら全国の状況はまだ把握しておりませんが、26市で言いますと、八王子市、立川市、調布市、小平市、東村山市、国立市、東大和市、多摩市の8市が開催しているようなことでございます。
 議会基本条例の制定でございますが、全国市議会議長会の資料によりますと、こちら平成26年12月31日現在が最新のデータとなってしまいますが、全国で、401市、813市中ですので、49.3%が制定されているというふうな資料がございます。
 26市の議会基本条例の制定の状況でございますが、八王子市、立川市、調布市、小平市、東村山市、国立市、多摩市、あきる野市の8市でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 本陳情に関しては、当市議会も議会改革の委員会を設けて順次やっているところでありますけれども、陳情の内容について一部検討事項に合致するところと、それ以外の項目もあるやに思いますけども、本陳情は趣旨採択というのが妥当だというふうに考えます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかにありますか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) この本陳情の内容につきましては、今、小宮委員もおっしゃっていましたけど、ただいま開催されている議会改革推進委員会の中での検討事項に当たっていることでもあるので、参考ご意見ということで趣旨採択でよろしいかと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに意見ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 27陳情第5号「羽村市議会の改革に関する陳情」を、私も同様に趣旨採択とする意見開陳を行います。
 本陳情書は、羽村市議会に対し、1)対話型市議会報告会の開催、2)議会基本条例の制定を求めています。陳情理由を読みますと、その趣旨の中心点は、市民と議会が対話を深め、これまで以上に市民の声を踏まえた議会活動を求めるものであると理解をいたします。大変共感をするところです。
 陳情書でも述べられているように、現在、羽村市議会では、第6次の議会改革の取組みが進行しています。月1回のペースで、さまざまな提案について順次協議をしているところですが、基本的に、全会一致で決定をしていくことをルールとしています。これは少数意見を尊重するという民主主義の大事なルールを最大限保障するという立場からのものです。そのため、12月議会で、本陳情書が求める2つの取組みについて賛否を問うということになりますと、全会一致での採択でなければ、たとえ賛成多数で採択されたとしても、議会改革のルールと矛盾を来すことになります。そのため、この陳情内容への賛否また具体化については、議会改革推進委員会での議論に委ねていただくことが良いと考えます。
 また、陳情書として提案がなされましたので、この2つの内容は、検討の優先順位を上げて検討を進めていくことを提案しまして、趣旨採択との意見開陳といたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより27陳情第5号「羽村市議会の改革に関する陳情」の件を採決いたします。
 本件は趣旨採択と決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、本件は趣旨採択と決定いたしました。
 次に、日程第2、「議員提出議案の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 事務局より説明を願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは日程第2、議員提出議案の取り扱いにつきましてご説明申し上げます。
 別紙、お配りしておりますとおり、議員提出議案第13号の1件でございます。
 それでは朗読により説明に代えさせていただきます。なお、議案の提出者、賛成者の方の敬称は略させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 議員提出議案第13号。年金積立金の安全かつ確実な運用に関する意見書。上記の議案を別紙のとおり、羽村市議会会議規則第13条の規定により提出します。平成27年12月17日、羽村市議会議長石居尚郎様。提出者、羽村市議会議員、大塚あかね、賛成者同上、浜中順、賛成者同上、印南修太、賛成者同上、冨松崇、賛成者同上、門間淑子。
 おめくりいただきまして、年金積立金の安全かつ確実な運用に関する意見書。
 公的年金は高齢者世帯収入の7割を占め、6割の高齢者世帯が年金収入だけで生活しています。また、特に高齢化率の高い都道府県では、住民所得の17%前後、家計の最終消費支出の20%前後を占めているなど、年金は老後の生活保障の柱となっています。
 そのような中で、政府は、成長戦略である「日本再興戦略(2013年6月14日閣議決定)」などにおいて、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に対し、年金積立金の運用の見直しを求め、運用実績も上げてきました。年金積立金は、厚生年金保険法等の規定にもとづき、長期的な観点から安全かつ確実な運用を堅持すべきものであり、被保険者・受給者が被害を被ることがないよう慎重な運用を求めるものであります。よって、羽村市議会は国会及び政府に対し、下記の事項を要望します。記 1 年金積立金は、厚生年金保険法等の規定にもとづき、専ら被保険者の利益のために、長期的な観点から、チェック体制の強化や投資先の監視など、効率を追求しながら、安全かつ確実な運用を堅持すること。2 これまで安全資産とされてきた国内債券中心の運用方法からの急激な変更は、国民の年金制度に対する信頼を損なう可能性があるので、慎重に運用すること。3 GPIFに対し、被保険者・受給者の意思反映できる運用委員会やガバナンス会議の充実を図ること。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。
 平成27年12月17日。羽村市議会議長石居尚郎。衆議院議員、参議院議員、内閣総理大臣、厚生労働大臣あて。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何か質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第2、「議員提出議案の取り扱いについて」の件は、原案のとおり提出することをご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり提出することに決定いたしました。
 次に、日程第3、「議会運営委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 お諮りいたします。委員長から議長に対し、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の「特定事件継続調査事項表」のとおり、閉会中の継続調査の申し出をしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定をいたしました。
 次に、日程第4、「平成27年第5回羽村市議会(定例会)審議日程(案)の変更について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは日程第4、平成27年第5回羽村市議会(定例会)審議日程(案)の変更についてをご説明申し上げます。
 お手元の審議日程(案)追加変更差し替え分をご覧いただきたいと存じます。
 追加変更となる箇所でございますが、議会最終日17日の審議日程のうち、日程第4以降を変更し、追加議案等を加えるものでございます。
 日程第4は、議員提出議案第13号年金積立金の安全かつ確実な運用に関する意見書でございます。日程第5は、各常任委員会の閉会中の継続調査についてでございます。日程第6は、議会運営委員会の閉会中の継続調査についてでございます。日程第7は、議員派遣についてでございます。以上、日程第4から日程第7までの各案件につきましては、いずれも当日議決をお願いしたい議案でございます。最後に日程第8は、諸報告でございます。説明は以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。何か質疑ございませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第4、「平成27年第5回羽村市議会(定例会)審議日程(案)の変更について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 次に、日程第5、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) その他の件につきましてはないようですので、以上で、本日の議会運営委員会に付議されました案件はすべて終了いたしました。
 議長より、ご挨拶を願います。石居議長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 慎重な審議を大変ありがとうございました。暖かかったり、夜は寒かったり、温度の変化も激しいようでございます。議会最終日に向けてご準備のほうどうぞよろしくお願いを申し上げます。本日は大変ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 本委員会の審査報告書並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任を願います。
 以上で、平成27年第9回議会運営委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。
                                    午前10時14分 閉会