議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成27年第8回議会運営委員会 本文




2015.11.20 : 平成27年第8回議会運営委員会 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(瀧島愛夫) おはようございます。定刻になりましたので、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は8名であります。定足数に達しておりますので、これより第8回議会運営委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。
 議事に入る前に、議長よりご挨拶をお願いをいたします。石居議長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) おはようございます。秋のさまざまな行事がここで一通り終わりまして、早いもので、いよいよこれから師走に向かおうとしております。12月定例議会の重要な案件が種々ございますので、どうぞ慎重な審議をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 日程第1、「市長提出議案の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 市長部局より説明をお願いをいたします。企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) それでは、平成27年第5回羽村市議会(定例会)の提出議案概要につきましてご説明申し上げます。
 まず、概要書の1ページ目でございますが、議案第63号「羽村市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、羽村市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正するものでございます。
 改正内容でございますが、この条例の適用を受けまして、公務災害補償として、年金若しくは休業補償を受ける者が、同一の事由によりまして他の法令等に基づき年金が支給される場合におきまして、それぞれ当該補償額の調整を行う規定の整備を行うものでございます。
 なお、施行日につきましては、公布の日から施行し、平成27年10月1日から遡及適用するものでございます。
 続きまして、議案第64号「羽村市児童遊園条例の一部を改正する条例」でございます。
 理由につきましては、市財産の取得に伴いまして、宮地児童遊園の面積に変更が生じるため、条例の一部を改正するものでございます。
 別表中の宮地児童遊園の面積を、「1,578平米」から「1,644平米」に改めるものでございます。なお、この面積の変更につきましては、その部分につきまして、寄付がありましたため、これらの面積の変更になるものでございます。
 施行日につきましては、公布の日でございます。
 おめくりいただきまして、議案第65号「羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」でございます。
 理由でございますが、国民健康保険税率等の改正を行うために条例の一部を改正するものでございます。
 改正内容でございますが、まず、国民健康保険税率等の改正でございます。後期高齢者支援金等につきましては、所得割額を「1.4%」から「2.0%」、均等割額につきましては、「7,800円」から「9,800円」、介護納付金につきましては、「1.2%」から「1.8%」、均等割額につきましては、「1万1,000円」から「1万3,000円」とするものでございます。
 また、羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例(平成25年条例第30号)でございますが、ここで定めました付則第14項の改正規定のうち、「配当所得」を「利子所得、配当所得及び雑所得」に改める部分に限りまして、施行日を平成29年1月1日から平成28年1月1日に改めるものでございます。
 施行日につきましては、保険税率等の改正につきましては、平成28年4月1日、先ほどお話しました平成25年の条例改正の施行日の変更につきましては、公布の日でございます。
 議案第66号「羽村市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 改正理由でございますが、羽村市職員の給与に関する条例の表記と整合性を図るため、条例の一部を改正するものでございます。
 内容でございますが、羽村市職員の給与に関する条例で規定する手当等々の表記と整合を図るために、手当の名称変更並びに不要な条文の削除を行うものでございます。
 施行日につきましては、公布の日でございます。
 続きまして、議案第67号「羽村市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用に関する条例」でございます。
 制定理由でございますが、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律によります個人番号の利用が平成28年1月1日から開始されることに伴い、羽村市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用に関する条例を新たに制定するものでございます。
 制定の主な内容でございますが、市の個人番号利用につきまして、市の責務、個人番号の利用範囲等を定める条例を制定するものでございます。
 施行日につきましては、平成28年1月1日を予定してございます。
 続きまして、議案第68号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第4号)」でございます。
 歳入歳出それぞれ1億2,490万円を増額し、歳入歳出それぞれ229億2,840万円とするものでございます。詳細につきましては、後ほどご説明申し上げます。
 おめくりいただきまして、議案第69号でございます。「人権擁護委員候補者の推薦」でございます。
 理由でございますが、人権尊重の思想を広く普及させるとともに、意識の高揚を図るため、現在1期目でございます木村兼江様を、また委員の候補者として推薦したいため、議会の意見を求めるものでございます。
 木村兼江様につきましては、住所、羽村市羽中一丁目9番6号、生年月日につきましては、昭和26年7月9日、任期につきましては、平成28年7月1日から平成31年6月30日でございます。
 議案第70号「羽村市スイミングセンターの指定管理者の指定」でございます。
 この後、71号、72号も同様でございますが、指定管理者の指定でございます。
 まず、70号でございますが、羽村市スイミングセンターの設置目的を効果的に達成するため、当該施設に係ります指定管理者を指定するものでございます。
 指定される指定管理者の公の施設でございますが、羽村市スイミングセンター、東京都羽村市五ノ神319番地3、指定管理者の名称でございますが、大和興産株式会社・特定非営利活動法人羽村市体育協会共同企業体でございます。
 大和興産株式会社につきましては、東京都立川市柴崎町三丁目10番23号、また、羽村市体育協会につきましては、東京都羽村市小作台一丁目19番地2でございます。
 指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成32年3月31日まででございます。
 続きまして、議案第71号「羽村市水上公園の指定管理者の指定」でございます。
 提案理由でございますが、羽村市水上公園の設置目的を効果的に達成するため、当該施設に係る指定管理者を指定するもので、施設の名称につきましては、羽村市水上公園、東京都羽村市羽中四丁目9番1号、指定管理者でございますが、大和興産株式会社、東京都立川市柴崎町三丁目10番23号でございます。指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成32年3月31日まででございます。
 議案第72号「羽村市動物公園の指定管理者の指定について」でございます。
 提案理由につきましては、羽村市動物公園の設置目的を効果的に達成するため、当該施設に係る指定管理者を指定するものでございます。
 指定される施設につきましては、羽村市動物公園、東京都羽村市羽4122番地、指定管理者でございますが、株式会社横浜八景島、神奈川県横浜市金沢区八景島、指定の期間につきましては、平成28年4月1日から平成32年3月31日まででございます。
 おめくりいただきまして、議案第73号でございます。「損害賠償額の決定」でございます。続きます74、75号につきましても同様に損害賠償額の決定でございます。
 まず、73号でございますが、損害賠償の額216万円でございます。
 損害賠償の相手方でございますが、広島県広島市中区鉄砲町7番18号、タイムズモビリティネットワークス株式会社でございます。
 損害賠償に至った事故の概要でございますが、平成27年8月26日、午後0時30分ごろ、羽村市羽東3−17先、市道第7001号線を走行中の貨物トラックが、東小下樹林地から道路に張り出しておりました立木に接触し、車体を破損させたものでございます。
 本案につきましては、この損害賠償額につきまして、上記の額を支払うことをもって和解するものでございます。
 続きまして、議案第74号「損害賠償額の決定」でございます。
 損害賠償額でございますが、13万5,000円でございます。
 損害賠償の相手方につきましては、東京都青梅市河辺町10丁目8番地の12 1203、石嵜隆夫様でございます。
 事故の概要でございますが、平成27年9月17日、午後5時50分ごろ、羽村市立羽村第一中学校敷地内通路を自家用車で走行中、側溝のグレーチングに乗ったところグレーチングが外れ、車体のマフラー等を破損させたものでございます。
 本案につきましては、先ほどの額を支払うことをもって和解するものでございます。
 続きまして、議案第75号「損害賠償額の決定」でございます。
 損害賠償額は45万3,600円でございます。
 損害賠償の相手方でございますが、東京都中央区日本橋堀留町一丁目2番10号、コスモ石油販売株式会社東京カンパニーでございます。
 事故の概要でございますが、平成27年10月1日、午後4時10分ごろ、羽村市小作台四丁目14番地先、小作緑地公園の樹木が倒れ、隣接しますガソリンスタンドの自動消火配管類等また空調配管ステンレスカバーを破損させたものでございます。
 本案につきましては、先ほどの額を支払うことをもって和解するものでございます。
 1枚おめくりいただきまして、議案第76号「訴えの提起」でございます。議案第77号、78号につきましても訴えの提起でございます。
 まず、76号でございますが、市税等の滞納処分により差押えた過払金に係る取立訴訟を提起するものでございます。
 当事者でございますが、原告につきましては、羽村市、被告につきましては、東京都中央区晴海一丁目8番10号トリトンスクエアX棟、CFJ合同会社でございます。
 訴訟の価格でございますが、88万5,640円及び支払日までの年5分の割合による利息でございます。
 内容でございますが、滞納市税等を徴収するため、滞納者が有する不当利得返還請求権及び年5分の割合による利息の支払請求権を差押え、その支払いを求めておりましたが、期限までに納付がないため、相手方に対して訴えにより支払い命令を求めるものでございます。
 なお、この事件に関する取り扱いでございますが、上訴、和解、その他本件処理に関する事項につきましては、市長に一任させていただくものでございます。
 続きまして、議案第77号「訴えの提起」でございます。
 理由につきましては、市税等滞納処分により差押えた過払金に関する取立訴訟を提起するものでございます。
 原告につきましては、羽村市、被告につきましては、東京都中央区銀座四丁目12番15号、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社でございます。
 訴訟の価格でございますが、267万6,696円及び支払日までの年5分の割合による利息でございます。
 事件の概要でございますが、滞納市税等を徴収するため、滞納者が有する不当利得返還請求権及び年5分の割合による利息の支払請求権を差押え、その支払いを求めましたが、期限までに納付がないため、訴訟により支払い命令を求めるものでございます。
 また、取り扱いにつきましては、上訴、和解、その他本件処理に関する事項つきましては、市長に一任させていただくものでございます。
 おめくりいただきまして、議案第78号「訴えの提起」でございます。
 提案理由でございますが、市税等滞納処分により差押えた過払金に係る取立訴訟を提起するためでございます。
 原告につきましては、羽村市、被告につきましては、東京都千代田区外神田三丁目12番8号、新生フィナンシャル株式会社でございます。
 訴訟の価格でございますが、95万9,365円及び支払日までの年5分の割合による利息でございます。
 事件の概要につきましては、滞納市税等を徴収するため、滞納者が有する不当利得返還請求権及び年5分の割合による利息の支払請求権を差押え、その支払いを求めておりましたが、期限までに納付がないため、訴訟により支払い命令を求めるものでございます。
 また、事件に関する取り扱いでございますが、上訴、和解、その他本件処理に関する事項は、市長に一任させていただくものでございます。
 それでは、補正予算のご説明に移らさせていただきます。
 A3判の補正予算の概要一覧をご覧ください。まず、平成27年度羽村市一般会計補正予算(第4号)につきましては、先ほどご説明したとおり、1億2,490万円の増額補正でございます。
 まず、歳入でございますが、市税につきましては1,500万円の増額でございます。新規設備投資等が増えたことによりまして、固定資産税の償却資産分の増額でございます。
 続きまして、国庫支出金につきましては6,501万7,000円の増額でございます。まず、1の障害福祉サービス等費負担金4,800万につきましては、歳出の民生費、1、障害福祉サービス費9,600万円に対する国庫負担金でございます。生活介護サービス、就労移行支援サービス等の一人当たりの利用回数が増加しておりまして、給付費に不足が見込まれることから増額するもので、国庫負担金の充当率につきましては2分の1。同様に、都支出金の1、障害福祉サービス費等負担金2,400万も同様の負担金で、充当率は4分の1となっております。
 続きまして、2、障害者医療費負担金(更生医療)600万円につきましては、こちらも歳出の民生費、2、自立支援医療給付費(更生医療)1,200万円に対する国庫負担金でございます。これにつきましては、視覚障害、内部障害等の除去、軽減のために必要な医療費の支給を行うものですが、新規件数が増加していることにより、給付費に不足が見込まれることから増額するもので、こちらも充当率につきましては2分の1。また、都支出金の2、障害者医療費負担金(更生医療)300万円も同様の負担金で、こちらも充当率は4分の1となっております。
 続きまして、3、障害児施設措置費(給付費等)900万円でございますが、こちらにつきましては歳出の民生費、3、障害児通所給付費1,800万円に対する国庫負担金でございます。放課後デイサービスや児童発達支援サービス等の一人当たりの利用回数が増加しており、こちらも給付費に不足が見込まれることから増額するもので、充当率につきましては2分の1となっております。また、都支出金の3、障害児施設措置費(給付費等)450万円も同様の負担金で、充当率は4分の1となっております。
 続きまして、4、選挙人名簿システム改修費補助金71万6,000円でございますが、こちらは歳出の総務費、6、選挙人名簿システム改修委託料143万3,000円に対します補助金で、公職選挙法の選挙権年齢の引き下げ、「20歳」から「18歳以上」に伴いまして、選挙人名簿調整システム、投票管理システムを改修するもので、補助率は2分の1となっております。
 続きまして、5番、小学校費補助金835万円の減額でございますが、こちらは歳出の教育費の2、学校維持管理に要する経費、小学校のうち、小学校体育館改修工事非構造部材対策でございますが、これらに対します補助金で、事業の完了に伴いまして事業費が確定したことにより、歳出の減額に合わせて国庫補助金を減額するものでございます。都支出金の5、小学校費補助金417万5,000円の減額も同様でございます。
 続きまして、6、中学校費補助金1,294万9,000円の減額につきましては、歳出の教育費、3、学校維持管理に要する経費、中学校のうち、中学校体育館改修工事非構造部材対策及び、羽村第一中学校トイレ改修等工事に対する補助金で、まず、体育館改修工事につきましては、事業の完了に伴いまして事業費が確定したことにより、歳出の減額に合わせて国庫補助金を減額するものでございます。
 羽村第一中学校トイレ改修事業に係ります補助金につきましては、国の予算の関係で、補助採択が見送られたことから減額するものでございます。
 なお、今年度トイレ改修事業の補助採択につきましては、多摩地域26市でも軒並みに見送られている状況でございます。また、都支出金の7、中学校費補助金145万9,000円の減額も同様で、歳出の減額に合わせて減額してございます。
 続きまして、7、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金2,260万円でございますが、地方創生先行型の上乗せ分交付分でございます。歳出の総務費、8、マーケティング調査及び雑誌広告掲載等業務委託料1,000万円、民生費、5、学童クラブ設置に要する経費1,260万円に充当するもので、充当率につきましては10分の10でございます。
 続きまして、都支出金につきましては2,821万8,000円の増額でございます。4番、高齢社会対策区市町村包括補助事業補助金36万8,000円につきましては、歳出、民生費、4、小作軽スポーツ場整備工事73万7,000円に対する補助金で、補助率につきましては2分の1でございます。こちらにつきましては、羽西三丁目地区、小作坂下でございますが、ペタンク等ができる軽スポーツ場を整備するもので、用地につきましては、固定資産税免除で無償借り上げとなっております。
 続きまして、6番、東京都公立小学校特別支援教室設置条件整備費補助金198万4,000円でございますが、こちらは歳出の教育費、4、特別支援教室に要する経費198万4,000円に対する補助金で、充当率につきましては10分の10。特別支援教室の充実を図るため、教授用の消耗品、備品等を整備するものでございます。
 次に、繰入金につきましては3,741万6,000円の増額でございます。歳出に対します歳入不足を補うため、財政調整基金からの繰り入れでございます。
 続きまして、諸収入でございますが、224万9,000円の増額でございます。歳出の総務費、4、事故等賠償に対する保険金で、充当率は10分の10。車両損害補償が2件、建物設備損害補償が1件でございます。
 続きまして、市債でございます。市債につきましては2,300万円の減額でございます。まず、小学校事業債1,600万円の減額につきましては、先ほどもお話したとおり、小学校の体育館改修工事非構造部材対策に係る市債で、事業の完了に伴い、事業費が確定したことにより減額するものでございます。
 続きまして、2、中学校事業債700万円の減額につきましても同様で、中学校の体育館改修工事に伴います事業の完了に伴いまして、市債の減額をするものでございます。
 続きまして、おめくりいただいて、歳出でございます。
 まず、総務費でございますが、総務費につきましては2,913万8,000円の増額でございます。1の過年度分市税還付金及び還付加算金1,000万円につきましては、当初見込みを上回って過年度分の還付金等が発生したため、予算の不足が見込まれていることから増額するものでございます。
 続きまして、2、土地購入費369万5,000円につきましては、現在、稲作体験用水田として無償で借りている用地につきまして、買取り希望の申出があり、緑地保全用地として購入させていただくものでござます。
 続きまして、3、庁舎修繕料78万3,000円につきましては、去る9月24日に庁舎の停電がございましたが、老朽化に伴います庁舎の高圧電気設備の故障が原因でございました。このため、緊急修繕で対応しておりますが、この修繕料の補正をするものでございます。
 続きまして、4、事故等賠償金224万9,000円につきましては、歳入でもご説明いたしました車両損害賠償2件、建物設備損害賠償1件、また、議案概要書でもご説明した補償金でございます。
 続きまして、5番、行政バス等運転管理業務委託料40万円でございますが、行政バスの利用需要が増加したことによりまして、予算に不足が見込まれるため補正するものでございます。
 続きまして、6番、選挙人名簿システム改修委託料143万3,000円につきましては、歳入でもご説明したとおり、選挙権年齢の引き下げに伴いまして、システム改修を行うものでございます。
 続きまして、7番、訴訟弁護委託料57万8,000円につきましては、差押債権取立請求訴訟に係ります弁護委託料の着手金でございます。3件でございます。
 なお、これにより回収できる税額につきましては464万6,000円を見込んでおります。
 続きまして、マーケティング調査及び雑誌広告掲載等業務委託料1,000万円でございますが、まち・ひと・しごと創生計画に掲げております羽村スタイルの策定発信事業に係ります委託料で、地方創生先行型の上乗せ分を財源として実施するものでございます。広報戦略策定のための基礎調査の実施、また、羽村市の魅力を発信するため、子育て世代などをターゲットとして雑誌等へ広告掲載を行うものでございます。
 続きまして、民生費でございますが、1億5,393万8,000円の増額でございます。まず、障害福祉サービス費9,600万円につきましては、歳入でもご説明したとおり、生活介護サービス、就労移行支援サービス等の一人当たりの利用回数が増加していることから、増額させていただくものでございます。また、2、自立支援医療給付費(更生医療)1,200万円につきましても、同様に新規申し込み件数が増加していることにより、増額させていただくものでございます。
 続きまして、3、障害児通所給付費1,800万円につきましても、一人当たりのサービス利用回数が増加しており、給付費に不足が見込まれることから、増額させていただくものでございます。
 続きまして、4、小作軽スポーツ場整備工事73万7,000円につきましては、羽西三丁目地区にペタンク等ができる軽スポーツ場を整備するものでございます。
 続きまして、5、学童クラブ設置に要する経費1,260万円につきましては、まち・ひと・しごと創生計画に掲げております児童館学童クラブの充実を図るため、学童クラブの待機児解消などを目的に、地方創生先行型の上乗せ交付分を財源として利用し、実施するものでございます。
 内容でございますが、都営神明台三丁目アパート内に設置しておりました障害者宿泊訓練施設を学童クラブに改修するもので、内容につきましては、学童クラブ設置工事費1,200万円、備品購入費60万円となっております。
 続きまして、6番、国・都支出金返還金1,460万1,000円につきましては、事業の確定に伴いまして、過年度分の国・都支出金を精算し、返還するものでございます。
 続きまして、衛生費でございますが、衛生費は3,703万8,000円の減額でございます。まず、1番の西多摩衛生組合負担金3,553万8,000円の減額につきましては、平成27年度の負担金が確定したことにより減額するものでございます。
 続きまして、2、保健センター空調設備改修工事設計業務委託料110万でございますが、老朽化によりまして熱源等が故障し、空調機器の改修工事が必要となったため、実施設計を行うものでございます。これにつきましては、国庫支出金の再編交付金を財源として充当させていただいております。また、来年度以降、工事を実施してまいりますので、債務負担行為を設定させていただいております。
 1枚おめくりいただきまして、歳入の部分の下のところに記載してございますが、債務負担行為の補正、1番、保健センター空調設備改修事業、平成27年度設定でございます。限度額につきましては3,181万8,000円、期間につきましては、平成28年度でございます。こちらのほうの財源内訳も、特定財源、その他、2,424万6,000円につきましては再編交付金でございます。また、一般財源につきましては、757万2,000円でございます。なお、単年度で保健センター改修工事を平成28年度に行うものでございます。
 歳出のほうにお戻りください。続きまして、3、健康で安心して暮らせるまちづくり基金積立金260万円の減額でございますが、ただいまご説明いたしました保健センター空調設備改修工事設計業務委託料、また、後でご説明いたしますけども、羽村西小学校の防音機能復旧工事設計業務委託料の財源として、再編交付金を充当することができることになりましたことから、当初予算で予定しておりました充当先の一部をこの基金の積み立てから工事設計委託へ変更させていただくものでございます。
 続きまして、商工費でございますが、商工費につきましては365万円の増額でございます。まず、1、羽村にぎわい商品券発行事業補助金365万円につきましては、商工会との共同により、第8弾のにぎわい商品券発行事業を実施するための事務費等に係る補助を行うものでございます。また、商品券につきましては、換金が2か年度にわたりますので、プレミアム分の2,000万円につきまして、債務負担行為を設定させていただいております。
 1枚お戻りいただきまして、歳入のところでございますが、下段でございます。債務負担行為補正、2番、羽村にぎわい商品券発行事業補助金2,000万円でございます。平成28年度に措置させていただくものでございます。
 歳出にお戻りいただきまして、次に、土木費でございますが、土木費につきましては、342万5,000円の増額でございます。まず、水上公園修繕料89万6,000円につきましては、プールろ過器のバルブ設備が故障したため、緊急修繕するものでございます。
 続きまして、道路補修委託料200万でございますが、市道第5028号線、羽加美4−4−7先でございますが、宅地への雨水の流入を防止するため、雨水処理施設集水桝等を設置することに伴い、道路補修を行うものでございます。
 続きまして、3、市営住宅修繕料52万9,000円でございますが、入居者が退去した際、部屋の原状回復等の修繕を行いますが、当初予算に見込んでいた件数を超え、予算に不足が見込まれますことから増額するものでございます。
 次に、消防費につきましては405万4,000円の増額でございます。1、常備消防都委託金405万4,000円につきましては、平成27年度委託金が確定したことに伴いまして、増額するものでございます。
 続きまして、教育費でございます。3,226万7,000円の減額でございます。まず1番の羽村西小学校防音機能復旧(機器取替)工事設計業務委託料410万円につきましては、老朽化により熱源等に不具合が生じ、空調機器の改修工事が必要となったため、実施設計を行うものでございます。本件につきましても、国庫支出金の再編交付金を財源として今年度実施設計を行い、来年度に改修工事を実施するものでございます。このため、債務負担行為を設定させていただいております。
 歳入のページにお戻りいただきまして、債務負担行為の一番下、3、羽村西小学校防音機能復旧(機器取替)事業でございます。限度額につきましては、1億3,509万7,000円でございます。期間につきましては、平成28年度。財源内訳でございますが、財源内訳の特定財源、その他、1億294万7,000円につきましては、再編交付金でございます。
 また、歳出のほうにお戻りいただければと存じます。
 続きまして、2番の学校維持管理に要する経費、小学校2,722万3,000円の減額のうち、小学校の体育館改修工事非構造部材対策でございますが、これらにつきまして事業が完了し、事業費が確定したことに伴い減額するもので、また、植木伐採等委託料50万2,000円でございますが、こちらにつきましては今年度実施しました学校の樹木の調査等の結果を受けまして、倒木の危険性が高い樹木の伐採を行うものでございます。伐採する学校でございますが、東小学校が桜が1本、西小学校が桜が1本、栄小学校も桜が1本、松林小学校はアカマツが1本、小作台小学校はしだれ桜が2本でございます。
 続きまして、学校維持管理に要する経費、中学校、1,112万8,000円の減額のうち、中学校体育館改修工事非構造部材対策及び、羽村第一中学校トイレ改修工事につきましては、事業費が確定したことから減額するものでございます。
 また、羽村第三中学校消防設備修繕料340万円につきましては、消防設備点検において不具合が指摘されたことに伴い、自動火災報知器等の受信機の修繕を行うものでございます。また、植木伐採等委託料36万7,000円につきまして、小学校同様、羽村第一中学校で4本、ハナミズキ、桜、ソメイヨシノ、ニッコウヒバ、羽村第二中学校、1本、桜を伐採するものでございます。
 続きまして、4番、特別支援教室に要する経費、198万4,000円につきましては、歳入でもご説明しましたが、東京都の補助金を財源に特別支援教室の充実を図るため、教授用の消耗品、備品等を整備するものでございます。
 雑ぱくでございますが、以上で、一般会計補正予算(第4号)の概要説明を終わらさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 これについて、何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第1、「市長提出議案の取り扱いについて」の件は、原案のとおり提案することをご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり提案することを承認することに決定をいたしました。
 では、ここで市長部局側については退席をお願いをいたします。どうもご苦労さまでございました。
     (市長部局退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 次に、日程第2、「一般質問の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。議会事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第2、一般質問の取り扱いについてご説明申し上げます。お手元の一般質問者一覧表、一般質問通告項目一覧表をご覧いただきたいと存じます。
 12月定例会で一般質問をされる議員は15人でございます。質問項目は全部で34項目ございまして、所要時間を合計いたしますと、14時間40分でございます。
 割り振りの関係でございますが、12月1日の初日には、1人目の西川議員から5人目の大塚議員まで質問を行っていただきたいと考えております。2日目の12月2日でございますが、6人目の橋本議員から10人目の水野議員まで5人の議員に質問をお願いしたいと存じます。そして、3日目の12月3日でございますが、11人目の印南議員から15人目の浜中議員まで5人の議員に質問を行っていただくよう、日程を割り振りさせていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第2、「一般質問の取り扱いについて」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 次に、日程第3、「陳情書の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、日程第3、陳情書の取り扱いについてご説明申し上げます。お手元の請願・陳情一覧表のとおり、今回は27陳情第5号、新規でございますが、1件提出されております。
 それでは、陳情番号及び件名を読み上げます。27陳情第5号「羽村市議会の改革に関する陳情」、以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わります。
 それでは、ただいま事務局から説明のありました陳情書の取り扱いについて、順次ご協議を願いたいと思います。ご意見ございますか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 本陳情が指摘する事項に関しては、問題点を共有するところなんですけれども、この陳情を協議する場としては、なかなか3つの常任委員会のどこかということでもないのかなと思いまして、事務局のほうにお尋ねするんですけども、どこで扱うのがふさわしいという陳情になるのか、性格的にですね。ちょっとそれを教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 議会事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) 本陳情に関しましての付託委員会としては、議会運営委員会が適当かと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。そういうことになるんですかね。例えば、今やっていますから、ここで扱ってしまうということもできるわけですけども、配付が議場配付で、まだ十分読んでいないということもありますが、もう一度議運を開くというケースもあるんじゃないかと思うんですけども、委員長も含めてですけれども、どういう形のほうがふさわしいというふうに判断されているか、お考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) この件に関しましては、この後、日程の中に常任委員会の開催を2日取ってありますので、この陳情の取り扱いについての件が議運に託された場合には、その2日の中で日程を取りたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) ただいまの鈴木委員の発言ですと、通常で言う委員会付託するというふうな、上げられて、私も委員会付託、いわゆる議会で取り上げるという、いわゆる議長預かりにしないというふうなご意見だと思いますけども、そういう意味では、これは委員会付託にして審議すべきというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ほかにございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) では、協議をいただきました本陳情につきまして、12月議会の定例会に上程をしたいと思いますが、ご異議ございませんでしょうか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、12月定例会に上程することに決定をさせていただきます。
 なお、付託先の委員会につきましては、後ほど説明のある審議日程案の中で決定をさせていただきます。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時42分 休憩
                                    午前10時44分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 次に、日程第4、「平成27年第5回羽村市議会(定例会)の会期について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、ご説明申し上げます。会議日程(案)をご覧いただきたいと存じます。
 市長によります招集日が12月1日(火曜日)と決定してございますので、会期は、12月1日を初日といたしまして、最終日の12月17日(木曜日)までの17日間として設定させていただいております。
 本会議につきましては、12月1日(火曜日)、2日(水曜日)、3日(木曜日)、4日(金曜日)、最終日の12月17日(木曜日)の5日間を考えております。
 そして、会期中、予算審査特別委員会、補正予算の関係でございますが、12月8日(火曜日)、常任委員会を12月9日(水曜日)と10日(木曜日)に設定させていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますでしょうか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第4、「平成27年第5回羽村市議会(定例会)の会期について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定をいたしました。
 次に、日程第5、「平成27年第5回羽村市議会(定例会)審議日程(案)について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、お手元の審議日程(案)をご覧いただきたいと存じます。
 まず、12月1日(火曜日)初日でございますけれども、日程第1は、会議録署名議員の指名についてでございます。今回は、議席番号7番の鈴木議員と8番の大塚議員の予定でございます。
 日程第2が会期の決定についてでございます。
 日程第3が一般質問でございます。
 次に、12月2日(水曜日)でございますが、日程第1、一般質問でございます。
 次に、12月3日(木曜日)でございますが、日程第1、一般質問でございます。
 1枚おめくりいただきまして、12月4日(金曜日)でございます。日程第1は、27陳情第5号「羽村市議会の改革に関する陳情」でございます。こちらは、議会運営委員会に付託の上、審査をお願いいたします。
 日程第2は、議案第63号「羽村市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第3は、議案第64号「羽村市児童遊園条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第4は、議案第65号「羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」でございます。
 日程第5は、議案第66号「羽村市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例」でございます。
 議案第63号から議案第66号の4件につきましては、いずれも当日議決をお願いいたしたい議案でございます。
 日程第6は、議案第67号「羽村市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用に関する条例」でございます。こちらは、総務委員会に付託の上、審査をお願いいたします。
 日程第7は、議案第68号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第4号)」でございます。こちらは、予算審査特別委員会を設置していただきまして、付託の上、審査をお願いしたい議案でございます。
 日程第8は、議案第69号「人権擁護委員候補者の推薦について」でございます。
 日程第9は、議案第70号「羽村市スイミングセンターの指定管理者の指定について」でございます。
 日程第10は、議案第71号「羽村市水上公園の指定管理者の指定について」でございます。
 日程第11は、議案第72号「羽村市動物公園の指定管理者の指定について」でございます。
 議案第69号から議案第72号の4件につきましては、いずれも当日議決をお願いしたい議案でございます。
 日程第12、議案第73号、日程第13、議案第74号、日程第14、議案第75号は、「損害賠償額の決定について」でございます。一括議題といたしまして、いずれも当日議決をお願いしたい議案でございます。
 日程第15、議案第76号、日程第16、議案第77号、日程第17、議案第78号は、「訴えの提起について」でございます。一括議題といたしまして、いずれも当日議決をお願いしたい議案でございます。
 次に、最終日の12月17日(木曜日)でございます。日程第1は、27陳情第5号「羽村市議会の改革に関する陳情」でございます。こちらは、議会運営委員会に付託の予定となっておりますので、議会運営委員会委員長から審査結果の報告の後、採決をお願いするものでございます。
 日程第2は、議案第67号「羽村市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用に関する条例」でございます。こちらは、総務委員会に付託の予定となっておりますので、総務委員会委員長から審査結果の報告の後、採決をお願いするものでございます。
 日程第3は、議案第68号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第4号)」でございます。こちらは、予算審査特別委員会に付託の予定となっておりますので、予算審査特別委員会委員長から審査結果の報告の後、採決をお願いするものでございます。
 最後は、日程第4、「諸報告」でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何か質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第5、「平成27年第5回羽村市議会(定例会)審議日程(案)について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定をさせていただきます。
 なお、陳情及び新規条例の常任委員会への付託案件がございますので、委員会の日程についてご協議を願います。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時52分 休憩
                                    午前10時54分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 ただいま休憩中にご報告がございまして、総務委員会を12月9日午前10時から、議会運営委員会を12月10日午前10時からそれぞれ開催することに決定をさせていただきます。
 次に、日程第6、「予算審査特別委員会の正副委員長の選考について」の件を議題といたします。
 事務局から説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) 予算審査特別委員会につきましては、特別委員会でございますので、定例会ごとに設置しなければなりません。今回につきましても、前回と同様に正副委員長を選考させていただくものでございます。
 予算審査特別委員会の正副委員長につきましては、申し合わせによりまして、平成27年度、年度を通して委員長に議席番号18番の門間淑子議員、副委員長に議席番号17番の水野義裕議員にお願いすることとなっておりますので、今定例会につきましても、そのようにお願いしたいと存じます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見、特にないようですので、日程第6、「予算審査特別委員会の正副委員長の選考について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、原案のとおり決定をいたしました。
 次に、日程第7、「諸報告の取り扱いについて」の件を議題といたします。
 本会議での諸報告につきましては、議会側及び市長部局側ともに、特別な事件を除き文書報告とすることを確認しておりますので、今回につきましても文書報告といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、そのように決定をさせていただきます。
 次に、日程第8、「平成28年羽村市議会(定例会)会議日程(案)について」の件を議題といたします。
 事務局から説明願います。事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、平成28年の議会の日程(案)につきましてご説明申し上げます。
 議会定例会の年間日程の策定にあたりましては、議員全員協議会で決定いただきました基本事項がございます。本会議日程については、原則初日から3日間を一般質問とし、議案審議は4日目とすること、一般質問の通告期間を本会議初日の13日前までの3日間とすること、本会議初日の設定については、原則、定例会開催月の最初の火曜日とすること、このような基本事項を踏まえまして、諸会議など、公務との調整を図りながら策定していくこととなっております。
 平成28年羽村市議会(定例会)日程(案)につきましても、この基本事項に基づき、市長部局と調整を経て作成したものとなってございます。
 それでは、お手元に配付いたしましたA3用紙の資料、平成28年羽村市議会(定例会)会議日程(案)をご覧いただきたいと思います。
 まず、3月定例会ですが、本会議初日が3月1日(火曜日)、最終日が3月23日(水曜日)の予定でございます。
 また、本会議3日目と4日目の間に予算審査特別委員会(補正予算)の関係になりますが、予定しております。
 6月定例会につきましては、6月9日(木曜日)を本会議初日とし、最終日は6月28日(火曜日)の予定でございます。
 また、常任委員会の日程の前に、予算審査特別委員会を設定しておりますが、付託案件によりまして、この3日間の中で予算審査特別委員会、常任委員会を開催する予定でございます。
 9月定例会ですが、9月6日(火曜日)が初日、9月30日(金曜日)が最終日の予定でございます。
 予算審査特別委員会の関係につきましては、6月定例会と同様でございます。
 12月定例会につきましては、12月6日(火曜日)が初日、12月21日(水曜日)が最終日の予定でございます。
 予算審査特別委員会の関係につきましては、6月定例会と同様となっております。
 本案につきましては、本委員会でご承認いただいた後、12月17日の議会最終日に予定しております議員全員協議会の場で全議員にお知らせしたいと考えております。
 また、その後、議会ホームページ等で公表していく予定となっております。
 説明は以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) この6月議会が非常にアンバランスな感じがするんですけれども、いろいろ調整されたということですが、これはどうにもならなかったんですかね。もう少し上に上げるかどうかで、グルーピングが大分変わってくるような気がするんですけど。どうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) 6月議会につきましては、27年も同様でございましたが、どうしてもこの6月というのは、議長の日程、それから市長の日程の関係、総会等がさまざまございまして、調整した結果、このような結果となっております。実は、27年の6月も木、金、土日をはさんでまた月、火というような形となっておりました。どうしても先に市長、議長の日程が入っておりますもので、このような形が例年出てくるようなことになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) よろしいですか。ほかにご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑ないようですので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) 質疑、意見ないようですので、日程第8、「平成28年羽村市議会(定例会)会議日程(案)について」の件は、事務局の説明のとおり、ご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ご異議ないようですので、そのように決定をさせていただきます。
 次に、日程第9、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますでしょうか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ないようですので、以上で、本日の議会運営委員会に付議されました案件はすべて終了いたしました。
 議長よりご挨拶をお願いいたします。石居議長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 慎重なご審議をありがとうございました。12月1日から12月定例議会という形で決定をしていただきました。どうぞ活発な議会となりますよう、よろしくお願いをいたします。本日はお忙しいところ、大変ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(瀧島愛夫) ありがとうございました。
 なお、委員長報告につきましては、委員長にご一任を願います。
 以上で、平成27年第8回議会運営委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでございました。
                                    午前11時03分 閉会