議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成26年度一般会計等決算審査特別委員会(第1号) 本文




2015.09.16 : 平成26年度一般会計等決算審査特別委員会(第1号) 本文


                                    午前10時00分 開議
◯委員長(水野義裕) ただいまの出席委員は、16名です。定足数に達しておりますので、これより平成26年度一般会計等決算審査特別委員会を開会いたします。直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付の平成26年度一般会計等決算審査特別委員会議事日程(第1号)のとおりです。
 これより、日程第1、認定第1号「平成26年度羽村市一般会計歳入歳出決算の認定について」の件を議題といたします。
 本決算について、直ちに審査に入ります。
 本決算の審査の方法は、お手元に配付の平成26年度一般会計等決算審査要領のとおりです。
 歳入については一括審査とし、歳出については、各款を五つに区分して審査をしたいと思いますので、よろしくお願いします。
 なお、歳入歳出の質疑が一通り終わった段階で総括質疑を行いますので、ご了承いただきたいと思います。
 次に、質疑、答弁の方法について申し上げます。
 質疑、答弁の際は、職員も控えておりますので、必ずマイクの電源を入れてください。質疑、答弁が終わりましたら、必ずマイクの電源を切ってください。
 それから、質問の際は、挙手し、委員長と呼び、お名前を言ってください。指名をされたら、質疑にかかわるページ数を必ず言ってください。同一項目内で質疑が数カ所にわたる場合は、分割して質疑をしていただくようお願いいたします。
 答弁の際は、挙手し、委員長と呼び、必ず○○部長、○○課長というように役職名を言ってください。先ほども申し上げましたが、答弁は、記録の関係がありますので、大きな声で端的に行ってください。
 また、質疑につきましても、質問事項を整理し、質疑していただきますようお願いいたします。
 要望、意見については、意見開陳の場がありますので、質疑の場ではご遠慮願います。
 それでは、質疑に入ります。初めに歳入について質疑を行います。決算書のページは18ページから57ページまででありまです。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 事務報告書の10ページの1)市税個人分の表が一番下にありますけれども、それに関して、本文でも「個人所得の伸びが低調であったことにより」というふうな記載がされています。低所得者が増えていることが心配されるのですが、収入の階層ごとの分布の変化、推移、ここ数年間の推移と非課税世帯の増加数の推移を教えてください。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 浜中委員、推移と言われましたけれども、推移というと何年間にわたるという話なんですが、そこについては何年間とかというふうに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 3年間。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ここ3年。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) はい。4、5、6です。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) それでは、ご質問の1点目の階層別の推移でございますけれども、過去3年ですけれども、ちょっと推移、手元にございませんで、平成25年度と平成26年度の比較で申し上げさせていただきます。
 平成26年度の給与収入のベース状況を、課税に満たなかった方々も含めた形で申し上げさせていただきます。
 給与収入200万円以下が前年比で3.1%、こちら329人増加してございます。それから、200万円超から550万円以下、こちらが2.6%、335人減少してございます。それから、550万円超が0.9%、58人増と。したがいまして、200万円以下の低所得者層が増加いたしまして、200万円超から500万円以下の所得の方々が減少しているといった傾向にございます。
 それから、非課税者でございますけれども、平成26年度の決算ベースの状況では、前年比で293名、2.2%、1万3,900人となっている状況でございます。こちら、非課税者の増加の要因といたしましては、平成25年中の景気と雇用が回復基調にありましたけれども、若年層や老年層の単身世帯の増加や、それから、ここ最近の傾向といたしまして、景気の回復基調によりまして在職者がよりよい労働条件やキャリアアップを求めて就職活動を行う動きも見受けられてございますので、特徴といたしましては、均等割非課税者が平成26年度決算では201人、1.6%増加しているようなことでございますので、そういうことでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 決算書19ページの市税についてお伺いします。
 現年度分の収納率は99.1%という高い数字で、努力が実っていると感じます。滞納繰越分のほうは2.5ポイント下がってしまったんですけれども、不納欠損額については約2,700万円ということで、ここ3年間では低い数字でありました。この収納率と不納欠損額について、どう捉えているかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) 不納欠損の状況ですけれども、こちらにつきましては、平成26年度対前年比で35.4%ほど減少しております。収納率につきましては、滞納繰越分が減少ということでございますが、この関係ということでございますが、過去の状況を見ましても、前年の不納欠損が減少した時に収納率が上がる場合もありますし、不納欠損が増加して収納率が上がる場合もございます。一概にこれ、不納欠損と収納率が連動しているというよりも、やはり調定額の増減、また、収入額の増減、これによって収納率のほうが変動すると捉えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 滞納整理の特別対策がされて、それが功を奏しているのかと思いますけれども、対策、いろいろと講じていると思いますけれども、その辺の内容をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) 滞納整理の対策ということでございますが、まず、滞納繰越分につきましては、遠隔地へ転出した方の実態調査ですとか、あとは財産調査、また、そういったものに基づきます差し押さえ、こういったものを通じまして、差し押さえた物の公売ですとか、債権の換価、こういったものを収納対策として行っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 税の公平性の観点からも、この特別対策、今後ともしっかりと取り組んでもらいたいんですが、今議会の議案でもありましたように、分納の申請等も可能になるということで、この辺の方法も合せて周知していく必要もあろうかと思います。そうすれば、そこからまた期間も延びるということで、収納も上がるんじゃないかなと思いますけれども、いかがお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) 今回の徴収猶予、換価の猶予の申請ということでございますが、これまでも徴収の猶予というような制度もございまして、滞納した場合に納税相談していただきまして、法律に定める事案に、条件に合致しました場合には、こういった猶予を適用してまいりました。新たに本人の申請によります換価の猶予という制度もできましたので、そういった意味では、間口が広がったかと思います。
 また、こちらにつきまして、今までも市の公式サイト等で納税相談について、また猶予についても周知しております。また、あと、それぞれ税制改正の内容について、毎年広報紙等でも周知しておりますので、その中で周知していきたいと考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 市税についてお尋ねします。
 今回、法人税が非常に大きく増えたということで大変喜ばしいことではあるんですが、ただいまの質疑の中で、個人分については所得の低い方たちの層が増えたというお話もありました。
 事務報告書209ページでは、この市民税法人分については、一部大手企業を中心に業績改善が図られたというふうになっておりますけれども、この企業全体の中で明らかに業績が改善したというグループと、それから、今、努力中というグループと、それから、まだまだそこまで至っていないというグループとあるのかなというふうに思うんですが、その全体比率の中でどのぐらいの割合になっているのか、それをちょっと、比率で構いませんのでお伝えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 法人の全体の個々のグループというようなことでございますけれども、こちら、規模別の状況で申し上げさせていただきます。
 資本金1億円以下の1号から3号法人の中小企業につきましては、前年比で5,360万円、55.3%ほど増加してございまして、資本金1億円以上の4号から9号法人につきましては、前年比で8億7,710万円、率にしますと293.9%増加となっておりますので、平成26年度の法人税割につきましては、一部大手企業の大幅な改善と、中小企業においても業績改善の兆しが見えつつある状況にあるものと捉えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 一部の大手の企業が引っ張る形で全体が底上げされてきたというふうな表現だったと思うんですけれども、兆しがあるというふうなお話、回復の兆しがあるというふうなお話でしたが、全体的にいろんな市のほうも施策を打っていて、活性化施策を打っていて、全体底上げはいいわけですが、まだまだ厳しい中小の方たちというのがまだいらっしゃるのかなと、そのあたりがちょっと心配で、そのあたりについては大体どのぐらいの割合で頑張っているのか。そこについて、今回の一部大手企業の業績アップが、全部に均等に行くわけではないとは思いますので、まだまだ厳しいところはどれぐらいあって、そこに対して今後、どのようなサポートをしていこうとしていらっしゃるのか、ちょっとお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) それでは、中小企業のということで申し上げさせていただきますと、平成26年度決算におきましては、1号から3号法人の中小企業数が1,049社ございまして、そのうち増額となった法人数が263社、1,049社の25%となってございまして、残りの75%が前年比で上がらなかった法人数の割合となってございます。
 それから、中小企業は大変今厳しいというようなお話もございましたけれども、現状では、円安による原材料費や仕入れ単価の上昇、またこれから、平成29年4月から消費税率の引上げに対する業績改善の懸念なども出てくるわけでございますけれども、国の統計資料では、今年1月から6月までの生産指数が0.6%ほど増加傾向にございますので、今後、徐々にではございますけれども、業績改善が図られていくものと現時点では捉えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 徐々に回復傾向はみられるけれども、まだというお話もありました。これは、円がどうなるかとか、それから、これから先、この後になりますけれども、マイナンバーの問題とか出てきて、かなり厳しい中小の方たちが出てくるんじゃないかなっていうふうに予想はするんですけれども、そのあたりについてはどういうふうに分析されていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 全体的な業績面という形でちょっとお話をさせていただきますと、海外経済の影響とか、また先ほど申し上げましたように、平成29年4月からの消費税率引き上げに伴います業績改善などの懸念もございまして、その一方で、ここで法人実効税率が下がったことによりまして、企業間の競争力の増進や内需を中心とした生産強化の動きも見受けられてございますので、今後は、徐々にではございますけれども、業績改善、全体的に図られていくものと推測してございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今の門間委員の質疑のちょっとつけ足しで聞きたいんですけれども、1号から3号法人の中で税額が増えた企業というのはわかりました。上のほう、4号法人以上で税額が増えた企業、また増えなかった企業、上のほうはどういう状況なのかということもちょっとお聞きしたいんですけれども、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 4号から9号法人、上の法人でございますけれども、先ほども規模別のところで申し上げさせていただきましたように、やはり4号から9号法人で8億7,710万円ほどの増加となっているということで、今回、一番増額が大きかったのは、やはり9号法人、これが8億7,700万円になりますので、そのほか8号、7号でも減少を若干してございます。4号から6号につきましても、若干の増ということで、やはりこの一部大手企業の大幅な業績改善が平成26年度の決算の特徴として捉えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 税額が増えた、減ったっていう数字での内訳はお持ちでしょうか。もし、あれば、示していただければ助かりますが。まとめてでも構いません、上の4号法人以上で何社が増えて、増えなかったのは何社あったかというのがわかれば。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 号ほう別の形で申し上げさせていただきますと、まず、法人数につきましては、1号から3号法人で39社増えてございます。4号から9号につきましては、10社増えてございます。法人税割の納付があった法人数につきましては、これら足しますと、前年比で49社増の532社となってございます。
 それから、9号法人から1号法人までの段階的に1号ずつ申し上げたほうがよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) まとめてで。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) まとめてでいいですか。
 まとめて申し上げますと、先ほど申し上げましたように、1号から3号法人につきましては、前年比で5,360万円ほどの増と、4号から9号法人につきましては、8億7,710万円の増ということになってございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) すみません、細かいことなんですけれども、2点ほどお伺いさせていただきます。
 決算書の56ページ、諸収入で有料広告掲載があるんですが、事務報告書は177ページになります。広報はむらなんですが、平成25年度は94万6,000円ほど収入があったものが、平成26年度は54万6,000円と減ってまして、広報はむらはフルカラー化したにもかかわらず、平成25年度は8事業者、延べ37件から、平成26年度は4事業者、延べ23件と減ってしまっています。公式サイトのほうもデザインを更新したにもかかわらず、平成25年度の12事業者、92枠から11事業者、延べ89枠とそれぞれ減ってしまっているんですが、新しくしたにもかかわらずこれだけ減ってしまったということについて、どのように分析をなさっているのかお伺いいたします。
 あともう1点は、決算書の28ページの土木使用料で駅前駐車施設使用料なんですが、平成26年の4月から消費税が8%になっているんですが、平成25年度と同じ使用料収入というのは、これは何か理由があるんでしょうか。
 以上、2点です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) 有料広告ですけれども、平成25年度と平成26年度を比較しますと、減少しております。公告を載せていただいています企業の方に、年度の切りかえ、新年度もということでお願いもしておりますけれども、広報はむらのほうで掲載している企業さんがバナー広告も出していまして、もう、バナー広告だけにしたいとか、そういうような形です。あと、長期掲載よりも単発の傾向があるということが近年ございます。
 今、ご意見のありましたデザインを変えたり、広報もフルカラー化にしました。そういう形でフルカラーになって見やすくなりましたというようなチラシを作りまして、商工会のほうにご協力いただきまして、ダイレクトメールの中に入れさせていただいたり、そういう形をさせていただいておりまして、若干ですけれども、平成27年度は少し持ち直してきているかなと。1社、2社増えてはいるんですけれども、そんなような傾向です。
 そういう形で、カラー化したと、リニューアルしたというところが、余りそういうところの作用が企業さんのほうとしては意識としてはないのかなとは、うちのほうは感じております。
 広報はむらのほうは、紙面のほうの広報紙は、ちょっと近隣自治体でやっているところもかなり苦戦しているようでございますが、やはり見ていただける方が市内の方に限定している。バナー広告ですと、いろいろ広いところで見ていただけるということと、広報の打ち方、PRの広告の打ち方で、バナー広告はクリックして自分のほうのページに引き込んで、そこで広告展開できるんですね。広報の紙面のほうですと、その枠のところでやはり表現していかなければいけないと。ちょっとそんなところが、実際やってみて事業者さんがバナーのほうにシフトしたとかいうところもございますので、そういう関係かと思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 29ページの駅前タクシーの駐車場使用料の消費税の関係なんですけれども、以前まで、今までも消費税のほうは換算していないような状態でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課長、以前も、何とおっしゃいました。土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 以前も消費税のほうを換算していないような形で占用しておりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 消費税を掛けていないということですね。
 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 有料広告のほうですけれども、ご苦労はなさっているということはよくわかるんですが、今、今週のテレビはむらでも有料広告の宣伝なさっていますけれども、やはりメリットをもっと訴えていくべきじゃないかなと思うんですね。長期掲載の場合は、たしか割引もありますよね。そういったところが、テレビを拝見していても伝わってこないというか、その辺をもうちょっとPRしていくべきじゃないかなと思ってはいます。その点について、こういうふうに変わりましたよっていう利点について、もっとどのように訴えていくのかということと、あと駐車場なんですけど、消費税を取っていないということは、これは税務上というか、会計上、問題はないんでしょうか。素人質問ですみません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) 広告料収入の増収に向けていろいろ見直しをさせていただいてます。カラー化というのは先ほどありましたけど、割引の関係は、今までは期限、年度初めに期限を決めて12カ月の長期掲載とかってやっていたんですけれど、それをちょっと見直しまして、年度途中でも随時長期の掲載という形で対応しました。そちらもチラシを作りまして宣伝をさせていただいたということがございます。それは平成27年度で、2業者ですけど、年度途中で長期6カ月の掲載というのが実際に起こっていますので、そういうところでは若干功を奏しているのかなというところがございます。
 広報のほうの担当のほうに有料広告の問い合わせが来ましたら、できる限り掲載にこぎつけるように努力はしておるつもりでおりますが、今後も努力をしていきたいと思います。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 消費税の件はどなたですか。財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 駅前のタクシー駐車施設の使用料については、使用料の中に消費税は入っていないという形で捉えております。
 消費税上、消費税法に基づいて課税対象経費、非課税対象経費というものが決められておりますので、それに基づいて使用料については消費税を入れたり、入れてないものがございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 関連で、今の有料広告に関してなんですが、ホームページ、広報はむら、収集袋とあって、まず、ホームページ、広報はむら、収集袋の枠数、どのくらい枠があるのか、可能なのか。それから、今回、平成26年度予算を立てるにあたって、どのくらいの掲載ということを考えたか。それから、実際に掲載されたのは、平成26年度はどのくらいであったか。
 加えて言うと、市外の事業者からもということだったので、市外の事業者からはどのくらい入ったかということをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) 予算と決算の関係で申し上げますと、まず、ホームページの予算を立てた時の事業者でございますが、長期掲載を8社見込んでいたんです。これは努力をしたいなというところで、実績よりも多くしたんですけれども、実際のところ、長期の掲載、平成26年度でバナーをしていただいたところは6社になっております。
 あと、広報はむらのほうですけれども、通常の標準的な2号広告というところは6社、そのほか小さい広告なども合せて予算化をしたんですけど、広報はむらのほうは長期掲載は1社になってしまいました。そんな形で、予算と比較しますと減少という形になってしまいました。
 また、ホームページのバナー広告の市外ということでございますが、実際、今現在の羽村市のほうの公式サイトで掲載している事業者さん、全て西多摩圏内でございます。例えば、羽村市にも営業サービスをしているような業者さんということでございますが、現在のところ、市外も数社ありますけれども、西多摩圏内の事業者さんということでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 全体の枠数がまだどのくらいあるのか・・・

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) 枠数というものは、例えば、広報はむらでいきますと、お知らせの段は5段組みしているページの一番下のところにあるんですね。2行広告だったら二つ入るとか、例えば、ゆとろぎの講演なんかで某お笑いの興業のところが全段使ったりとか、そういう形で行っておりますけれども、枠のキャパとしましては、1号当たり1段もしくは2段取っていますから、2号広告ですと二つという形になります。増えれば、それはレイアウトのほうで改善をさせていただきたいと思っています。
 バナー広告のほうですけれども、標準では10枠という形で表示という形を取っていますけれども、こちらについても見直しを行いまして、増えれば、その分足し込んで増やす形はできます。1社だけ定期的に循環して一番上のところに目立つようにというところの対策を取ってございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) そのホームページのバナー広告、たまたま現在ですと7社入っています。そのほかに第2階層というところで暮らしとか観光とかそれぞれのところにいくと、まだ下に四つ入るスペースがあります。ということは、そこだけで4×5で20ぐらい入るスペースがあるということで、かなりスペースはある。それから、広報はむらのほうだと2枠あるということですが、大体去年の暮れから見ると、12月1日号は1、15日号はゼロ、平成27年度に入って1月15日はゼロ、2月1日は、これちょっと調べてない、2月15日はゼロというふうに、やっぱりかなり厳しいという状況が伺えます。そこで、枠はあるけれども、入らないということは、逆に言えば広告料が高いのか、もう少し安くして入れることはできないか、あるいは割引率を上げて、もっと出しやすいようにするとか、どこか全体の予算を組んでいる以上、枠もある以上、うまく予算に近づくような工夫を、具体的な数字でやっていったほうが、なかなかPRしても難しいでしょうから、ずばり安くしますというようなことでやったらどうかと。
 バナー広告なんかは、ちゃんとそれぞれのお店のほうにつながるようになっているので、結構アクセス率も高いですよね、数値見ると。ですから、やりようによってはかなりPR効果があるんじゃないかと思うので、少しそこらを工夫していただきたいんですが、値下げなんかに関してはどうなんでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) 値段の設定につきましては、他市の近隣の金額等、またやはり大体の相場っていうんですか、それを試算しまして現在の価格を決めております。安くすると、安くすればいいのかどうかというのは、また研究とか検証とか、他市の様子を見ながら行わなければいけないかなと思っておりますけれども、他市の状況を見ますと、値下げしているところというのはないんですね。
 実際のところ、例えば、他市も相当厳しい状況になっているので、やり方の一つとして、広告代理店に全部枠を売ってしまうという自治体もございます。羽村市が、じゃあ、広報の担当としてそれがいいかどうかというところになりますと、例えば、羽村市の場合ですと、広報はむらの広告のところに住所を載せているんです。それはどこの事業者に所在があるかというところなんですけど、例えば、近隣の市町村などでは住所を載せないでフリーダイヤルだけの広告というのもございます。広報はむらに載ったり、ウェブサイトに載っている企業ですからということで、やはり市民の方が安心感というか、この企業ならばということもあると思うんです。そういうところを広告代理店に全部売ってしまって、例えば、歳入のほうでは、概算ですけど、100万円ぐらいは増えるかもしれないですけど、それに対する潜在的なちょっと心配というのがどうなのかというところもありますので、増収とかそういうところについてはいろんな面で検討させていただきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 他市との比較で、他市に準じてということのようですけど、羽村は人口少ないわけで、広報紙2万5,000部、見る人も少ない。例えば、これが八王子、町田になれば10倍になるわけですね。だから、当然、人口が少なければ値段も安くもいいわけで、余り他市の値段に、比較にこだわることなく、羽村らしくやっていいと思いますので、そこらの検討を願いたいと思いますが、いかがか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員、今、意見とか。広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) それも一つの手段としては認識はしておりますけれども、いろんな面で考えさせていただきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 先ほどのにちょっと関連するんですけど、事務報告書の210ページで3点お聞かせいただきたいと思います。
 まず、1点目が、210ページの2番の給与所得者のところなんですけど、アベノミクスとかで給与を上げるような政策を取られているわけですけれども、前年と比べて給与所得者の給与額が減っているわけですよね。これはどういうふうに分析されているかというのが1点、まずお聞かせいただきたいと思います。
 それから、2点目は、先ほどの説明で市民税法人分のほうなんですけれども、その上のところですね。増えたっていうのはわかったんですけど、納入額が減ったか変わらないかっていうのがちょっと曖昧だったと思うので、納入額が変わらないところと減ったところは何件で、全体の中の何%か、それぞれお聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから、3点目は、同じく3番目の配偶者控除の件なんですけれども、配偶者控除、配偶者特別控除の人数出ているんですけど、夫婦世帯で配偶者控除を受けていない人数というのはどのぐらい女性の方いらっしゃるのかっていうのと、ここ数年、この配偶者控除と配偶者特別控除、受けていない女性というのはどういうふうな割合になっているかっていうのをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) それでは、1点目の給与所得の関係でございますけれども、所得割からちょっとお話しさせていただきますと、平成25年中は景気と雇用の回復基調によりまして民間企業の…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課長、もう少しゆっくりしゃべってください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) はい、失礼しました。民間企業の時間外給与や特別給与は増加傾向にあったんですけれども、基本給などの所定内給与が前年比で1%減ということで、8年連続で減少したこと。それから、先ほども申し上げましたように、今回、均等割非課税者が206人、1.6%増加しているということで、こういったことによりまして所得割が減少している要因の一つとして捉えてございます。
 それから、2点目の法人分の関係ですけれども、こちら、変わらなかった法人数で申し上げますと、今回、全体の増額となった法人数が1,230社のうちの357社でございました。減額となった法人数が240社、残りが633社、こちら52%に当たりますけれども、こちらの633社につきましては増減がなかったというふうなことで捉えてございます。
 それから、3点目の配偶者控除の関係につきましては、こちらちょっと手元に資料がございませんので、調べて後ほどお答えさせていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 1点目なんですけど、まず、企業でもこれほど、先ほども法人分、払って増額した会社っていうのは増えているわけですよね。増えたというか、かなり払っていただいたということで、そういう会社もそれ相応の給与というのは、この羽村市にも大分お住いになっていると思うので、今後上がっていくのかなというふうに思うわけですけれども、この年まではまだこういう状況ではなかったということなのか、今後の見通しも含めて給与所得っていうのはどうなっていくのか。公務員の給与も案外大きかったんじゃないかなというふうに思うんですけど、その辺も含めて今後の給与所得額というのはどういうふうになっていくのかっていうの、ちょっと、今後増えていかないとだめだと思っているので、お聞かせいただきたいと思います。
 それから、2点目、大体わかりました。その中で630社、52%変わらないということなので、払えてないところは、その中、払えてないっていうか、変わらない中で、増減が変わらないんじゃなくて、払うまでに至っていないぐらいの会社っていうのはどのぐらいあるのかっていうのをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) それでは、1点目の給与所得の見通しも含めたお話をさせていただきますと、昨年、今年と春闘によりまして、2年連続の春闘によりまして賃上げが実施されたところでございまして、平成27年度に入った状況で申し上げますと、今年4月から7月までの累計前年度実績で所得割が5,400万円、1.6%ほど増加してございますので、これら昨年の春闘の結果が賃金に現れているものと捉えてございます。
 それから、法人の変わらなかった中での関係でございますけれども、法人税割が出なくて算出されませんで、均等割だけの会社が中にはやはりいらっしゃいます。それを合計いたしますと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) それがどのくらい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 698社になります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 633と698の関連は。課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) ちょっと調べて後ほどお答えさせていただきます。失礼します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 配偶者控除の件は、まだ数字出ていないんですけど、今後の保育園の問題とか、それから、100万円の壁、120万円の壁っていうのが今後どうなるかっていう問題もあって、非常に重要なことだと思うので、ぜひともこの辺もきちっと精査したデータをちょっと出して、ここにも出してもらえると、本当は私はいいのかなと思っているんですけれども、そういう部分で今後もこういう部分はわかりやすいようにしていただきたいなと思っています。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 事務報告書33ページ、一番下で個人住民税の特別徴収の推進の話があるんですけれども、67社、209人を新たに源泉徴収にしたと。努力されているんじゃなかと思うんですけれども、本来、特別徴収すべき事業所のうち何%ぐらいが今そういうふうになっているのか。事業所の手間がかかりますから、なかなか大変だとか、またダブルワークをしている方なんかは特別徴収しないということもあるのかと思うんですけれども、今後、それをさらに増やしていこうというために、どういう取り組みをされているのかという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 特別徴収推進事業の関係でございますけれども、当初の基準では、従業員3名以上の事業所を対象にいたしまして特別徴収を実施してございますけれども、平成26年度決算ベースでは、特別事業社数は5,815社となってございます。したがいまして、当初の基準に基づいて特別徴収推進事業を行ってございますので、基本的には移行していない事業所はないものと考えてございます。
 それから、推進の対策でございますけれども、やはり平成23年度からこの特別徴収推進事業、西多摩地区市町村あげて実施してまいりました。それで、今回、東京都全自治体におきましても、オール東京として平成29年度から一斉指定を行うということで、関東近県も都道府県レベルで特別徴収の対策に取り組んでございますので、これに準じて西多摩市町村をはじめ広域的な連携も視野に入れながら、これからも取り組んでいきたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) すみません、もう一度確認なんですけれども、指定は、つまり指定されていないところがどのぐらい残っているかっていうのを知りたかったんですけれども、それがないということで、つまり100%になったということなんですか。恐らく、実態は違うんじゃないかと思うんですけれども、もう一度ちょっと、もう少し、すみません、多分、専門的な知識が欠如しているのかもしれません。わかりやすくご説明いただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) 今回、特別徴収推進事業につきましては、当初の基準といたしましては、従業員3名以上ということで特別徴収をさせていただいてございます。また、現に、数字的にはちょっと捉えていないんですが、従業員2名以下の場合でも、現に特別徴収を行っているところもございます。
 また、現状では、やはり大手各社などは、1人でも給与特徴を希望する会社もいらっしゃいますので、今後も従業員2名以下も含めて特別徴収のほうを推進していきたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに、鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。
 続きまして、事務報告書11ページ、また214ページなどにも記載がありますけれども、基地交付金ですね。いつも聞いているんですけれども、ここでは日米地位協定により合意された資産が新しく加わったと。いつも「内容はわからない」というお話を伺っているんですけれども、やはりこの部分も内容は不明ということなのか。
 それから、これもいつも聞いているんですけれども、本来来るべき金額と実際に来ている金額の割合が何%ということに平成26年度はなったのかということをお尋ねします。
 それから、もう1項目、決算書53ページなんですけれども、一番下にあります生活保護の弁償金ですね。不正受給等のお金ということなんですけれども、大幅に平成25年度比でアップしてしまっていまして、この状況がどういうことだったのかという点をお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) それでは、1点目の基地交付金の関係でございますけれども、対象資産、平成26年度につきましては1.2%ほど増加してございます。その資産内容につきましては、資産調査事務を行っています東京都におきましても把握できていない状況でございまして、5市1町の基地関係税務協議会におきましても、その辺のところの内容の明確化なども、交付金増額と合せて要望してございますので、今後も引き続きそういったところを重点的に要望していきたいと考えてございます。
 それから、2点目の平成26年度の固定資産税相当額に対する交付割合につきましては、28.96%となってございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) ご質問の生活保護費の弁償金の関係でございますが、昨年度と比べて現年度分につきましては1,100万円ほど増額となっております。
 この理由につきましてですが、この弁償金の内訳として、法律の第63条というものと、いわゆる不正と言いますか、法律の第78条、その二つが入っております。主に増えたのが第63条の部分が大幅に増えておりまして、逆に第78条の部分については、額として若干、件数も減少しているという内容でございます。主に第63条が前年度比で1,100万円ほど増えたという内容でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいでしょうか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 初めの基地のほうはわかりました。
 すみません、第63条の件なんですけど、いろんなケースがあるかと思うんです。つまり、大きな額なので、具体的にどういうケースでということなのか、もうちょっと詳しくご説明いただけないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 法律の第63条のほうの弁償金につきましては、保護者の方、被保護者の方が急迫の場合等において、資力があるにもかかわらず、これが直ちに最低生活のために活用できない、そういった事情がある場合に、とりあえず保護を行いまして、資力が換金できるような状態になった時に、返還金を、あらかじめ返還を設定しておくものでございまして、細かい内容としましては、例えば、年金が受給できる可能性が出てきたとか、そういうことによって設定しておくものでございますので、内容としまして、そういったものが一括して年金が遡及受給になって一括して入ってきたとか、そういったことで大幅に増額になったものでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 決算書の57ページなんですけれども、ここに雑入の項目、金額が載っていますけれども、この中で2点ばかりお尋ねいたします。
 最初は、上から3行目の自治総合センターコミュニティ助成事業助成金ですが、1,120万円載っていますけれど、これの算定根拠といいますか、こちらから、羽村市のほうからこれだけかかりますよというふうに言って貰える助成金なのか、それとも相手からある一定の物差しで来る額なのかということ。
 それと、同じく中間にオータムジャンボ宝くじ交付金というのがございます。前からいろいろ交付金に関しては使い道がいろいろあると思うんですが、これについても、どういう物差しで相手から、またこちらから働きかけて交付金が下りているのかというところの2点をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 1点目の自治総合センターのコミュニティ助成事業でございますけれども、毎年ちょうどこの時期、次年度の予算編成を行う時期に、これは宝くじを財源とするのが主なものでございますけれども、自治総合センターからメニューの紹介がございます。その中で、基本的には枠配分の中で上限額が設定されているものがほとんどでございます。平成26年度1,120万円の交付を受けてございますけれども、この事業については三つの事業の採択を受けてございまして、一番大きいのは、羽村駅東口駅前のLED灯の設置、更新工事、駅前の58灯を更新したものでございまして、上限額どおり1,000万円の交付を受けてございます。
 また、消防団のテント6張りでございますけれども、これについて90万円の交付を受けています。
 また、ゆとろぎで行いました演芸、江戸を感じる初笑いでございますけれども、これについて30万円という枠配分を受けています。この三つの事業を合せて1,120万円の交付を平成26年度は採択を受けたということでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 2点目のオータムジャンボ宝くじの交付金につきましてお答えをさせていただきます。
 こちらは、公益財団法人東京都区市町村振興協会から、都内62自治体に均等に配分されるものでございまして、均等割、東京都に交付された金額の半分が均等割で、もう半分が各区市町村の人口割で算定されて、都内の区市町村に公平に配分されているものでございます。
 また、この交付金につきましては、地方財政法に規定する事業に充てろという規定がございますので、芸術文化活動の拠点となる施設の運営等に係る事業に充てるということで、本市では、ゆとろぎの運営に要する経費及びゆとろぎの事業に要する経費に充当してございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 2点ともわかりましたけれども、こういうご時世で、新しい財源をということを皆さん一生懸命やっていると思うんですね。その中の一環でこういうことを聞いたんですけれども、最初のコミュニティ助成事業助成金、これについては、3点ばかり認められたという、ほかにもメニュー出したんだけれども、この3点のみ認められたという解釈でよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 毎年度、その特定財源の確保という観点から、宝くじ等の社会貢献事業のメニューの中で応募しているものはもっと多くございます。その中で、平成26年度に採択が受けられたのが、この3事案だったという意味でお答えをさせていただきましたので、不採択に残念ながら平成26年度なったものもあるということでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) これで終わりますけれども、オータムジャンボの宝くじ交付金なんですが、以前は、子どもの遊び場、遊具、これに対して主に出てきていたというふうに記憶しておりますが、今回ゆとろぎの芸術関係の事業に引き当てるということなんですが、これ毎年そういう形で、こちら側がこれに引き当てますからという形で相手に出すのでしょうか。それをお聞きして終わりにします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) オータムジャンボ宝くじの交付金につきましては、収益金が東京都のほうに配分されまして、その東京都の配分金を公平に都内の区市町村に配分するという形になっておりますので、これに充当したいからと言って市が申請するものではなくて、公平に配分されていきます。その配分金を地方財政法に規定する事業に充てなさいということになっておりまして、そこでいろいろ国際交流ですとか10事業ございますけれども、羽村におきましては、ここ数年、芸術文化の拠点となる施設の運営等に要する経費に充てるということで、ゆとろぎの事業あるいは運営に要する経費に充当しているのが現状でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。
     (質疑なし)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 質疑がないようですので、この辺で一旦質疑を終わらせていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 異議なしと認めます。以上で、歳入についての質疑を一旦終了いたします。
 しばらく休憩いたします。
 この際、説明員の交代を求めます。
                                    午前10時59分 休憩
                                    午前11時09分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより、歳出について質疑を行います。議会費及び総務費関係の質疑に入ります。ページは決算書の58ページから129ページまでです。
 改めてお願いいたします。答弁の際は、できるだけゆっくりと、数字も聞き取れるようにお願いいたします。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 総務関係で、決算書75ページ、3の下のほうの平和事業に関してです。
 中学生の派遣の選考はどのようにされたのか、一つ目。
 二つ目、派遣された中学生がこの体験をどのように報告したのか。
 3番目、今後、この取り組みを一層多くの児童・生徒や市民に広げていくために、広島への中学生の派遣の増員や広島派遣だけではなく、より多くの小・中学生に幅広く平和教育を行うために、例えば、各学校で被爆者から話を聞く会など、そのようなものが今、検討の課題となっているのか。
 その3点について、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 決算書75ページの平和事業でございます。広島中学生派遣事業についてだと思いますけれども、まず、昨年度は6人の中学生を広島へ派遣をさせていただきました。その選考にあたっては、一中、二中、三中から各2名ずつ選考いただいて、計6名、これを決定したものでございます。
 また、報告や体験してきたことをどのように市内に広めていくかということでございますけれども、昨年は8月15日に、終戦記念日でございますが、ゆとろぎにおいて平和の企画展を行っている会場において報告会というものを行わせていただきました。また、各学校などにおいても、おのおの取り組みが進められているというふうなことは聞いてございます。
 今年度からの課題でありますけれども、今年は戦後70年として平和フォーラムを8月15日にゆとろぎで開催をさせていただきました。その中においても、今年度は青梅市と羽村市での共同事業として、合せて25人の中学生を同じく広島に派遣をさせていただいたところでございまして、ピースメッセンジャーとして、その日にも報告会をゆとろぎの小ホールで開かせていただいたところでございます。
 今後の課題として、これから評価・検証を行っていく段階でございますので、この取り組みなどを次年度以降どのように生かしていくかというような、具体的にはまだお答えができる段階ではございませんけれども、平和事業の平和思想の趣旨普及という観点から、平和啓発事業、市として他団体などとも連携を図りながら取り組んでいきたいというふうに考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 中学生の選考ですけれども、各学校で2名ずつですか。学校でどのように選考されているのか、わかったら教えていただきたい。
 それから、各学校で報告している、今お答えなさいましたが、各学校でどのような形で報告がされたか、わかる範囲で教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず、応募のほうですけれども、学校のほうで広報するような形で、そちらについて自由に応募してくるというような形になっております。
 また、学校における発表等ですけれども、全校集会であったり、そうしたところで子どもたちがお話ししたりするような形であるというふうに聞いております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 事務報告書で32ページ、細かくは196から198ページです。決算書で76ページから79ページなんですけれど、羽村市史の編さんについてお尋ねいたします。
 昨年度の当初予算額が1,964万4,000円に対して補正予算がありまして、最終予算額が1,429万8,400円、決算額が810万円になっております。最終予算額と決算額の乖離がかなり大きい気がいたします。これは事業が遅れているのではないかという心配がありますが、その理由を教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 1点ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) もう1点あるんですけれども、ちょっと全然別なんですが、一緒にやったほうがいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) では、答弁をお願いします。市史編さん室長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市史編さん室長(田中祐子) ただいまのご質問でございますけれども、平成26年度におきまして市史編さん委員会…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 室長、もうちょっと大きな声でお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市史編さん室長(田中祐子) 市史編さん委員会を10月に開催をいたしました。その際に、その時に部会を一緒に立ち上げました。5部会あるわけですけれども、第1部会から第5部会ありまして、そちらの部会委員の謝礼の部分、そちらを予算計上させていただいておりました。そちらの5部会のうち3部会については10月以降立ち上がりをいたしまして、謝礼も支払うような形で順調に活動のほうもすぐに立ち上がったわけですけれども、2部会につきまして、具体的に申しますと、第2部会、近世部会と第5部会の民俗の部会でございますが、こちらにつきましては、実際に活動のほうもしたわけですけれども、そこの謝礼まで支払うような形での活動にはまだ至らないという形で、準備の形で活動のほうをさせていただいたということで、これは部会長のほうとも調整をさせていただいて、意向もありまして、そちらの2部会の謝礼のほうのお支払いにまで至らなかったということで、不用額が出たということでございます。
 実際に活動のほうをしなかったかということでございますけれども、そういうことではございませんで、実際に羽村のほうにも部会員の方々も来て市内のほうを巡ったりとか、実際に施設のほうも見たりとか、そういった活動のほうはしていただいたところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 平成33年度までに完成させるという詳細なスケジュールがあると思うんですけれども、今、第2部会の近世と第5部会の民俗については、活動はしているけれど、報酬は支払うようなものはなかったということなんですけれど、この遅れというんですか、遅れを挽回するような対策というのは何か講じているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 市史編さん室長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市史編さん室長(田中祐子) ただいま申しましたように、平成26年度も活動はしておりました。平成27年度4月になりまして、スタートダッシュをしまして活動のほうは順調にやっております。
 具体的に申しますと、第5部会の民俗の部会で申しますと、8月に実際に市民の方々にお集まりをいただきまして聞き取り調査等もしておりますし、今後もその聞き取り調査等も継続をしてまいりますので、平成27年度からはきちっと謝礼もお支払するという十分な活動のほうをさせていただいております。第2部会も同じように古文書等の解析等、分析等も順調に進んでいるというところで認識しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) ちょっと違うのかもしれませんが、羽村堰下橋のあたりで風の調査をしていたんですね。第4部会自然の調査活動の一環とは思うんですけれど、また、費用も大したことないと思うんですけれど、ただ決算の金額には含まれると推測いたします。この気象に関するデータというのは、観測地点が少なかったりすると余り意味のないデータになるし、観測データが多いと膨大になって何を集計しているのかわからなくなる、整理不能になるような感じになると思うんですけれど、第4部会の自然については、過去の文献を調査するとかその程度にまとめていかないと、まとまらない可能性があると思うんですけれど、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 市史編さん室長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市史編さん室長(田中祐子) ご指摘の自然の分野でございますけれども、自然の分野につきましては、地質・地形、それから今、委員のほうからお話が出ました気象であるとか、それとか、あと生態系と申しまして動植物、それから植物等、そういったものの調査というものも含まれております。
 今、ご指摘がありました気象の部分でございますけれども、こちらにつきましては、気温ですとか天気ですとかそういったものを、過去にありますデータ、実際に羽村の取水所でありますとか、水道事務所とかそういったところでは、過去ずっと長年データも取っております。そういったものと、それから、実際にそういった定点的にやっているもの以外の所で移動して、先ほど委員のほうからお話がありましたのは、移動で観測をしているというところなんですけれども、市内の中を四季を通じて、四季、大体年に4回ぐらい、そこで移動してそちらの風の向きだとかそういったものを一応観測をしているというところでございます。
 これをなぜやるのかということになるんだろうと思いますけれども、これらにつきましては、やはり人々の暮らしでありますとか、また、そういった歴史の営みの前提になってまいります。特に河川や崖線、それから、標高の違い等がそういった地域特性とかも見えてくるであろうというようなところもありまして、そういったところと過去のデータ等も踏まえまして、今申しましたように、人々の暮らしや歴史の営み、そういったものが歴史の始まりにつながってくるわけでございますので、そういったところを原始、古代の前にそういったところの解説と言いますか、内容を記述していきたいというふうに考えておりまして、そういった調査もしているということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) ありがとうございました。わかりました。では、頑張ってやっていただきたいと思います。
 もう一つだけ別件で質問があるんですけれど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 事務報告書28ページ、細かくは130ページなんですけれど、あと決算報告書で124ページから127ページ、現在、国勢調査の真っ最中でありますが、基幹統計調査についてお尋ねいたします。
 昨年度の当初予算額792万円に対して、補正予算があって、最終予算額が502万6,000円、決算額が334万円になっております。全額は東京都からの支出金のようですが、当初予算額と決算額のやっぱり乖離が大きいと感じますが、その乖離の大きい理由を教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 統計についての説明でございます。平成26年度事務報告書に記載させていただきました統計調査を実施いたしましたが、この予算額と決算額の乖離についてでございますけれども、まず、第1に最も大きな要因といたしましては、決算書127ページの一番上ですが、平成26年経済センサス基礎調査及び商業統計調査に要する経費というのがございます。これは、もともとが5年前の調査の段階では、経済センサスが総務省の所管、それから、商業統計調査につきましては経済産業省の所管、それぞれ別の省庁が別個に行っていた調査でございます。これが当初予算の編成段階では、従来どおり5年前と同様にそれぞれ別個に実施するという方針のもとで、東京都から、前回を参考にしがなら予算措置をするようにという指示がございまして、それに基づきまして予算を計上させていただきました。その後、平成26年になりまして、この調査段階におきまして、この両方の調査を一緒に実施するというふうに方針が変わりまして、これによりまして臨時職員の賃金ですとか、それから、調査員につきましても、同一の調査員を、両方の調査を同時に実施いたしましたので、調査員につきましても、同一の調査員により実施をしたというところもございまして、大幅に経費の削減が図られたというところでございます。これにつきましては、補正予算で減額をさせていただいております。
 そのほかの調査につきましても、予算額に対する乖離というのが、先ほど申しましたとおり、これは平成26年度に実施する、当該年度に実施する調査につきましては、前年の統計担当主管課長会ですとか、それから、事務担当者の連絡会議、こういったところで次年度の予算に対して方針が一応示されるんですけれども、これは大体ほとんどのケースが、前回調査を参考にというか、前回調査どおりで予算措置をするようにというような方針が示されます。実際に調査の段階になりまして、その予算の配当の関係もございますし、いろいろな面で多少乖離が生じているのが実態でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高田委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(高田和登) 大体、前回並みというような形で東京都から連絡が来るということだったんですけれど、そうすると、東京都に所属している全ての区市町村が同じ問題を抱えているんじゃないかなという気がするんですね。東京都に対してもっと精度の高い予算というか、そういうのを提示すべきではないかなというふうに考えるんですけれど、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 東京都に対する要望というお話でございます。
 先ほど申し上げました統計の主管課長会ですとか、それから、事務担当者の連絡会議におきまして、東京都との意見交換をする機会がございますので、そういったところで、これはもちろん羽村市だけの問題ではございません。東京都あるいは全国規模で行われている調査でございますので、全国の市町村でもこういったところは発生しているものというふうに考えられます。そういった関係の市町村などとも調整を図りながら、東京都に対して機会を見て、こういった要望については出していきたいというふうに考えております。
 ただ、東京都が所管している調査ではございませんので、結局国のほうにどの程度声が届くかというところがございますけれども、いずれにしましても、できるだけ精度の高い予算編成には努めてまいりたいというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 国勢調査について関連していきますので、質問します。
 今、国勢調査が進んでおりますけれども、このところ、マスコミ報道でもありますように、今年からインターネットで調査・回答ができるようになって、その調査票の扱いが非常にずさんだっていうことで、9月15日の朝日新聞には、封が開いたままでIDパスワードも盗み見が可能だということで新聞報道がありましたね。総務大臣のほうも、全国にそういうきちんと指示をするようにということで話をしたということでしたが、市のほうにも、恐らく苦情が来ているのではないかというふうに思います。私のところにも2カ所から、やっぱり封が開いたままで外から丸見えの状態になっていて、今は皆さんも携帯やスマートホンを持っていますから、十分に撮影も可能だというような状態だったという話がありました。
 きちんとポストの中に入れて、二つ折りにしてポストに入れてということを総務省では徹底したというようなお話だったようですが、今のお話ですと、調査員が途中でダブって二つの調査をするというようなお話だったんですか。国調は国調だけでやったと思うんですけれども、そのあたりの調査員に対する指導の問題とか、調査区域の問題とか、事前にどういうように今回の国勢調査について指導されてきたのか。今ちょうど実施している最中ですし、苦情も来ているところでありますので、ちょっとあえて質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 国勢調査の調査員に対しましては、既に説明会を実施いたしまして、全調査員の方にお集まりをいただきまして、その調査の流れですとかそういったところも含めまして調査票の取り扱い、これにつきましては厳重を期すように、もう既に指導は行っているところでございます。
 ただ、委員ご指摘のインターネット回答紙の封の関係ですけれども、インターネットのIDパスワードにつきましては、その場で調査員が、原則的には世帯員の方にお渡しするのが原則になっております。その際に、中身を確認して、IDとそれから入っているものを確認してお渡しするというふうな形を取っておりまして、封筒自体にのりづけの封はしてはおりません。ただ、折り込んで丁寧に取り扱うという形で各戸に配付はさせていただいております。何回か訪問しまして、それでもいない場合には、メモ書きなどを添えた状態で投函をさせていただくような形を取っておりますけれども、いずれにしましても、IDパスワードの関係は、外に遺漏することのない、確実に織り込んでと言いますか、袋に入れて、入れるところをちゃんと折ってそれで配付するように指導は行っているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員、決算のほうなので、そこは認識して質問をしてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 決算ですけども、今、非常に重要な課題ですので、1年後の問題になってしまいますと、ちょっと大変ですので、決算ですけれども、質問させていただきます。
 今回の苦情の方は、たまたま留守だったんですけれども、留守の場合にはポストに入れてもいいと、最悪は。ありますが、ポストから出ていたと。ちょうどその通りの方たちがみんなそういう状態だったということで、また、もう一つは全然別の地域ですけれども、やっぱりそういうことがあったというお話なんです。
 国勢調査については、ホームページでも書いてありますし、今、新聞報道でもテレビでも毎日報道していますので、市としての対応と言いますか、姿勢というのか、そういうものはきちんとやっぱり表明する必要あると思うんですね。インターネットで回答するのは、もうやめようかなっていうようなお話も伺っていますので、今後そういう総務省のほうで指示を出したっていうことに対して、市としては市民の皆さんにきちんと伝達していく必要があるだろうと思いますし、調査員の方にも再度徹底していく必要があるだろうと思いますけれども、このまま何もなしということではないんじゃないかなと思いますけれども、ご意見いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) インターネット回答の用紙につきましては、一応現在、一通り配付を終了している状況でございますけれども、この後、9月20日が回答期限というふうに設定されておりますので、その前に9月の17日から、再度、調査員のほうは全戸にインターネット回答についての促進のリーフレットを配付いたします。それに合わせまして、各調査員には、調査区内に配付したインターネットの回答用紙が適正にと言いますか、ポストからはみ出ていたなんていうことがございましたら、それはちゃんと処理するようにということは、再度徹底したいというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 答弁漏れです、答弁漏れ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 何が。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 市として、市民の皆さんにというふうにも聞いていますけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 市として市民の方へというお話でございますが、試験的なものもございますけれども、まず、市のホームページなどにアップしまして、そういった情報については周知を図ってまいりたいというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) この調査に関してなんですけれども、基幹統計調査ということで、これは国の事業で国で行われていると。これに関しては、調査員は秘密を漏らしてはいけないとか、あるいは調査されるほうは答えなければいけないということで罰則規定もあるというように聞いています。この調査はどのように行われるのか。例えば、農業センサスは1軒1軒農家を訪ねてやるのか、工業だったら工場へ行って聞くのかということ。聞かれた、要するに、答えた対象者に対してその後の調査結果はどのような形でフィードバックされるのかと、あるいは羽村市に対してどういう形で調査の結果が報告されるのかというようなことを伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) それぞれの調査の実施方法につきましては、まず、各調査の調査員が事業所なりそういったところを回って調査、紙の場合ですけれども、紙を配付しまして、それを回収する、あるいは郵送で出していただくというような形を取っているのが普通でございます。
 その調査結果についてですけれども、私どものほうも調査票を集めて国のほうに提出して、その後、結果というのは、羽村市に全部まとまった統計調査の結果として来る場合はございますけれども、個別の調査の結果、例えば、羽村市はこうなったとかいう情報というのは、その簿冊でしか見ることはできません。
 各調査をした世帯に結果がどのように伝わっているかというところまでは、ちょっと私どものほうでは把握はしていないんですけれども、一般的には、各調査を行った省庁のホームページなりで結果が示されるですとか、あるいは、簿冊にまとまってきたものについては、羽村市のほうでも保管をしておりますので、そういったものでご覧いただくという形になってくるかとは思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) これ、今、羽村のホームページで「平成24年度統計はむら」というのを見ると、そこにいろんなものが出ていて、中には、例えば、羽村の農家数123戸、自給的農家56戸みたいに全部出ていて、農家の収入まで出ているわけですね、自作農はどのくらいっていう。それを見ると、経済センサスからってあるわけですよ。それから、これは工業の1から9の区分であるとか、全部それもあるし、それから、羽村市の人の平均収入、例えば、200万円から何業では何人、製造業では何人、全部出ているわけね。恐らく、それがこの結果ではないかと思うんです。としたら、これはやはり羽村できちっと整理して、統計はむらには確かに載っていた。ただ、そこまで行き着くまでに議会事務局で調べてもらってたどり着いたんですが、ひょっとしたら、これ以前、冊子になっていたような気もするんですよ。
 で、できれば、これだけの調査をしたんだったら、やはりきちっと市民にフィードバックすることが、未来の羽村を見ていくための一番のベースになるんじゃないかと思って、そこらの工夫をちょっと聞きたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 統計はむらについてでございますけれども、平成24年度は、今、ホームページのほうにアップをさせていただきました。委員ご指摘のとおり、以前は冊子にして配布をしていた時期もございます。今は、ホームページ上で公開をさせていただいております。最新版が今、平成24年度となっておりますけれども、統計調査の結果というのは、調査が行われて1年以内に全部結果が来るというわけではございませんで、順次来たものから時点修正をかけつつ今までも修正を図ってきているところでございます。ですので、ここで国のほうから調査結果なり来たものを順次見ながら、時点修正をかけつつ、また更新をかけていきたいというふうには考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) そうしますと、平成24年で前回のデータとして全部整理ができたとしたら、今回、国勢調査も含めて平成27年度以降、平成28年度か平成29年度、つまり5年に1回ぐらいずつそれは作れると。羽村市で必要なデータを全部取りまとめた上でやれる、あるいはやるというふうなことで考えてよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 国勢調査、例えば、今回、国勢調査を今、実施しておりますけれども、これが調査結果が全て明らかになるのは、結構時間がかかります。速報値としてすぐ出るようなものもあるかもしれませんが、そういたしますと、5年ためておいて全部一斉更新というのではなくて、ある程度まとまったところで更新をかけつつ運用してまいりたいというふうに考えております。
 国勢調査は、その集計作業、膨大な量ですので、集計作業にもかなり時間を要することが想定されます。使えるデータが来たところから、内容を更新かけながら、また、随時更新を図りながら公開していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 決算書71ページ、事務報告書176ページの公式サイトデザイン更新業務委託料ですが、事務報告書を見ると、デザインを改善し、見やすさ、扱いやすさの向上を図ったとのことですが、確かにきれいになって見やすくなったと思います。ただ、以前にもお聞きしましたが、なかなか目的の情報にたどりつけない、また、イベントの日程を調べようとしても、まだ今年度の日程になっていないなど改善されていない状況のようですけれども、見る人の立場になった更新をする意識が必要ではないかと思います。今回、平成26年度のトップページのリニューアルと同時に、その辺の改善はできなかったのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) デザインは変えさせていただいて、リンクですとかというのも見直しを一応させていただきました。今までは、入り口がかなり多いところから入ってきたために、リンクの間、構造がかなり複雑になっていたというところが割とシンプルな形になりました。
 このリンクにたどり着くかどうかというのは、実際のところ、いろいろいじってみて広報係で変えることもできるんですが、今まで見ている方からすると、その構造というのは余り大幅に変えてしまうと、また、わからなくなってしまうというところもございますので、いろいろ意見をいただきながら、またそういう形は随時見直していけると思います。
 あと、イベント等の日程について、まだ残っているというところになりますけれけれども、広報広聴課のほうがそのホームページ全体をある程度管理しているところもございます。各部署でページを作っておりますけれども、また、呼びかけをしていきたいと思います。基本的には、例えば、イベントがあるページは、終わってしまっても、そのイベントがあるんだという形で掲載はする。ただ、時期的にそのイベントが終わってしまったかどうかという表示をするとか、そういうことは必要であるかと思います。
 一番いい形のページを目指しておりますので、努力していきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(冨松 崇) まあ、わかりましたけれども、来月の市民体育祭、11月の産業祭、もうすぐ迫っているんですけれども、日程が出ていない。広報広聴課でもチェックされているということですけれども、ぜひその辺の改善をお願いしたいと思います。結構です。終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 今の冨松委員の質問の関連なんですけど、やっぱりこのアクセス件数が平成26年度は平成25年度に比べると、更新した割には6,151件ほど減っちゃっているんですよね。この数字がそれは見事に表われていると私は思うんですが、その辺を含めてどういうふうに分析なさっていらっしゃいますか。せっかくお金かけて更新したのに、逆にアクセス件数が減ってしまったのでは効果がなかったと私は思っているんですけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。課長、語尾をしっかり言ってください。イエスかノーかよくわからない。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) わかりました。失礼しました。
 アクセス件数でございます。平成25年、26年比較で、トップページのアクセス数は、確かに6,000件ほど減っております。ただ、全部のページのアクセス件数というものについては、1万6,000件ほど増えております。例えば、この平成24年度比較でいきますと、平成26年度は増えていたり、かなり上がったり下がったりはしているんですけれども、ここら辺の数字がずっと右肩上がりに上がっていくというものが、やはり時期的なもので、イベントの時にはそのイベントのページが多くなったり、また、固定のページなんかについては、ある程度、リニューアルすれば増えますけれども、ずっと同じような施策のものについてはだんだん見なくてもわかるとか、そういう変動というのがあると思いますので、こちらについては、極端に減っていったりした時には、対策は当然講じなくてはいけないと思っておりますが、ある程度の数字の推移というのは、前後するのかなというところの判断というか、そういうふうに分析はしているところでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 三つの経費についてお伺いします。
 まずは、決算書の113ページ、004の滞納処分に要する経費を伺います。
 滞納処分の強化の一つとして、先ほどご答弁のあった遠隔地等居住実態調査をされたということで、前年は10件だったんですが、平成26年度は70件と大幅に増えまして、その効果というものをちょっと具体的にお伺いします。
 それと、101ページのはむらん、コミュニティバス運行に要する経費をお伺いします。
 平成26年7月以降は、羽村中央コースにおいて待望の福生病院までの延伸が図られたわけですね。それによって乗車人員等、また、その反響はどうなのかということをお伺いいたします。
 もう1点、107ページの002で被災地支援に要する経費ということで、東日本大震災被災者支援施設使用料で30万5,000円が計上されています。予算時にはなかったものですけれども、どのようないきさつで、どのような内容かをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) 1点目、滞納処分に要する経費の遠隔地居住実態調査の効果ということでございますが、平成26年度につきましては70件調査をいたしまして、その中で居住の確認が取れたものが31件ございました。居住がなしというものが13件、居住が不明というものが26件でございました。
 居住確認が取れました31件のうち、文書の差し置きを26件、差し置いてまいりまして、そのうち7件からこちらのほうへ連絡がありまして、その者が滞納税につきまして一時納付また分納中ということで、本日現在で合計で90万300円が納付されてございます。
 また、これ以外にも、この調査によりまして居住地が会社の寮であったことから、その会社の給与について、差し押さえについて検討するきっかけとなったようなケースもございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 2点目のはむらんの関係でございます。委員おっしゃるとおり、羽村中央コースが土・日・祝日も福生病院へ運行するということで、市民からは、特に高齢者の方からお見舞いとか通院とかの関係で非常に利便性の向上が図れたというお話は伺ってございます。
 また、乗車数ですか、乗客数につきましても、16万7,585人ということで、年間15万人の目標を、長計などでは平成28年度に15万人という目標があったんですが、平成24年度にはもう15万人を超えておりますので、当初の目的を果たしているように考えてございます。
 あと、乗り継ぎの場所を小作の東口、西口を増やしたことなども、市民の方から非常に助かっているというような声も聞きます。
 あと、バスの時刻表とか路線図、バス停を路線別に色分けをして、わかりやすいような形で市民の方が以前よりわかりやすくなったという好評もいただいております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 3点目の107ページの被災地支援に要する経費でございます。当初予算に計上していなくて、ここに記載がございますが、流用によって対応させていただいたものでございます。
 これは、新年度、この年度に入りましてから、市内で活動されているNPO法人、また市民活動団体、2団体でございますけれども、8月に羽村市の自然休暇村を活用して、福島県の子どもたち、親子を招いて保養をしていただくというようなプロジェクトを計画をしたいというようなことがございました。市への申し出がございました。それによって、市と、また姉妹都市である北杜市さんともご相談などをさせていただきながら、その2団体が行う事業について後援という形で支援をさせていただくことにいたしました。その結果、この記載の決算額でございますけれども、自然休暇村のいわゆる使用料でございます。指定管理者制度を導入しておりますので、使用料、いわゆる宿泊料でございます。子ども1,000円、大人2,500円でございますが、食事料についてはおのおのの団体にご負担をいただいたということでございまして、公の施設の使用料である子ども1,000円、大人2,500円について、市として財政支援を後援団体として行わせていただいたというものでございまして、一つの団体が「にこにこプロジェクト・サマーキャンプイン清里」というもので、子どもが42人、大人が32人ご参加なされました。もう一つが、「福島の子ども疎開保養プロジェクト」ということで、子どもが58人、大人が50人でございまして、合せて決算額が30万5,000円というふうになってございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) ありがとうございます。
 滞納処分のほうなんですけれども、全体の差押物件とインターネット公売との関係をお聞きしますけれども、公売数が少なかったようなんですけれども、その辺の流れというか、どういうことなのかお聞きします。
 それと、はむらんのほうですね。非常に反響がいいということで承知しました。
 バス停の名前を変えたということで、地域に知られた名前を入れたということであろうかと思いますが、これ、いいことだなと思っているんですね。今後もそういうのを進めていって、民間企業等のネーミングなんかもうまく使えれば、広告収入なんかにもつながるのかなというふうに思いますけれども、その辺はいかがでしょうか。
 それから、被災地の支援ですね。団体からの年度途中からの要望に対応したということで、非常によかったなというふうに思います。近年、各地で災害等も発生している状況なんですけれども、そのような被災者を支援する団体等からの要望が、例えば、今後あれば、相談に乗る、検討していただけるのかということをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) 滞納処分に関します差し押さえとインターネット公売の状況ということでございますが、インターネット公売につきましては平成20年から開始いたしまして、平成20年当初は88点の出品をいたしまして、落札が82点ということでございました。その後、差し押さえ自体につきましても、いろいろ換価する物件と、それよりも債権、直接金額充当できます債権、こういったものの差し押さえが中心に移行しておりまして、インターネット公売につきましても、その後、平成21年度が37点、平成22年度が32点、平成23年度が18点、平成24年、25年はそれぞれ1点ということでございました。平成26年度につきましては7点出品いたしまして、これが全て落札されまして、17万2,600円落札のほうはしております。こちらのほう、インターネット公売の手数料の5,592円を除いた額を税のほうへ充当しております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 先ほどの地域の名前をバス停に活用するとか、それから、ネーミングライツみたいな公共施設に企業の名称を入れるというようなことにつきましては、今後、またコミュニティバスはむらんの運営推進懇談会等もございますので、そちらのほうの意見を聞きながら、改良できるものについては改善していきたいというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 3点目の被災地の支援でございます。確かに、近年、さまざまな自然災害が多く発生してございます。羽村市として人的だとか物的、または財政的な、いろいろ支援の方法というのはさまざまあろうかと思いますけれども、市民活動団体の皆様方、また地元の企業の皆様方、そういったご相談など、また、市としてもできる最大限のご支援というものを連携をしながら、これからも対応してまいりたいというふうに考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 最後、市税収納事務に要する経費になるのかもしれませんが、納税方法の一つとして、カード決済というそういう検討はされているのか、また、今後どう思っているのかをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) カード決済ということでございますが、クレジット収納というような形でよろしいかと思いますが、クレジット収納につきましては、インターネットを利用して手続きをしてクレジットカードで決済する方法でございます。26市中でも実施しているところが4市ほどあると把握しております。
 現在、税に限らず公金の収納の窓口の拡大ということでさまざまな検討を行っているんですけれども、その中でクレジット収納についても検討していきたいと考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) すみません、さっきの公売のことなんですけれども、7件ということで、具体的にはどういった品物だったのかというのを教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 納税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯納税課長(島田裕樹) インターネット公売の品物ということでございますが、カフスボタン、あとは切手セットが4セット、以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 2点お伺いします。
 1点目は、決算書の83ページ、中ほどにあります文書管理に要する経費の中の一つに永年保存文書マイクロフィルム撮影委託料というのがあるんですけれども、これは文書で積んでおくとあれなので、マイクロフィルムに撮って保存していくというふうにもちろん理解していますけれども、この中に、例えば、この前、スポーツセンターの改装をやった時のスポーツセンターの中の秘密情報、いわゆる構造計算ですとか、あるいは意匠の関係とか、そういった特に建築的なもの、前に建てた建築的なものがマイクロフィルムで図面等が保存されているのかどうかという質問でございます。
 それから、次の質問は103ページです。中ほどにありますけれども、集会施設の関係の業務委託。これ以前に、主に清流会館が町内会で指定管理者にするか、あるいは市が直営的にやるのかという議論があって、結局は市が直営になっていると思いますけれども、その辺は、前の形と変わってないかどうかということと、この集会施設に対して、先ほどのことにもなりますが、だんだん老朽化してきます。これに対する、いわゆるストックマネジメントがどのようにできているかを教えてください。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 永年保存文書のマイクロフィルム撮影についてでございますが、ちょっと手持ちに何が入っているというリストは持っていないんですけれども、永年保存文書についてマイクロフィルムに撮っておりますので、委員がおっしゃったような図面なんかは、それに入っていれば撮影して保管している場合もございます。永年保存でない部分があれば、永年保存でない文書については撮ってありませんので、そこでちょっと振り分けをさせていただいているという状況でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 集会施設の管理委託料の関係でございますが、施設の管理委託料につきましては、今までどおり冷房設備の保守点検ですとか消防設備、それから、建築設備等の定期点検を行っております。それは直営で実施しております。
 そのほか、次にストックマネジメントの関係ですけれども、今までにも空調等の改修等はそれぞれ計画的に実施してきております。
 今後につきましても、耐震改修という部分で、古い施設等がございますので、そちらについても耐震診断をしてNG、ノーグッドということで耐震性が保たれていないという施設については、その都度耐震改修を進めていくというような形になりますので、そのほうは全て維持保全計画の中で実施していくような形になります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) それでは、初めの文書管理、いわゆるマイクロフィルムに撮影して保存しておくというふうなところは契約書等々もあると思いますが、私がここでしたいのは、先ほども言ったようにハード面の建築のことに関するものはきちんとやっぱり保存方法ですね。機密管理的に保存方法をきちんとやってもらいたいと思うんですが、それは各部署がやっているのか、総務のそこで統括してやっているのかをお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 改修等における図面等の管理という部分でございますが、以前は手書きによる図面で、青図とかそういう部分が各課または建築課のほうで保存をしておりました。ただ、最近につきましては、先だって行いましたスポーツセンター、庁舎に関係しましても、もうキャドのデータとなっておりますので、最近では建築課のほうできちんとその辺については整理をして保存しております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに質問のある方。
     (質問者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) はい。しばらく休憩いたします。
                                    午後12時01分 休憩
                                    午後1時00分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) それでは、休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 午前中の歳入における馳平委員の質問に対する答弁を許します。課税課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯課税課長(吉岡隆宏) それでは、午前中に馳平委員からご質問いただきました2点につきまして、お答えをさせていただきます。
 まず、1点目の配偶者控除、配偶者特別控除の適用を受けていない方の割合でございますけれども、こちらにつきましては、各家庭の事情によりまして、夫婦であっても必ずしも同じ世帯というわけではございませんで、続き柄を捉えられないのが現状となってございます。また、市外在住の方に扶養されているケースもございまして、市内在住の方が市外在住の方の配偶者控除の対象かどうかというのが把握できない状況にございます。
 したがいまして、配偶者控除、配偶者特別控除の適用を受けていない方の実数と割合につきましては、現状では捉え切れないものとなってございます。
 それから、2点目の均等割の法人数ということでございましたけれども、最初にお答えしました633社の根拠につきましては、平成25年度と平成26年度を比較いたしまして、移動増減に着目したところでお答えさせていただきました。例えば、平成25年度で法人税割がありまして平成26年度でゼロの場合ですと、減少していますので、この方は均等割だけになりますので、減少のほうにカウントしてございます。
 それから、2回目にお答えさせていただいた698社につきましては、1,230社のうち、今回法人税割の納付のあった法人数が532社でございますので、それを差し引きますと698社につきましては均等割のみとなりますので、そちらが均等割の法人数となります。
 したがいまして、移動増減とその捉え方の違いで誤解を招いたところもございますので、今後は誤解を招かないような数字の捉え方をしていきたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) それでは、歳出の質疑に移ります。質疑ありませんか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) いくつかあるんですけど、とりあえず3点だけ聞かせていただきます。
 決算書の75ページの男女共同参画の推進に要する経費で、平成26年度に男女共同参画推進会議の中で北杜市との意見交換会というのが11月に行われているんですが、これ新たな取り組みだと大変いいなと思っているんですけれども、今回、どういったテーマで行ったのかということと、その時の出席者が北杜市の委員は14人、恐らく全員いらしたんだと思うんですけど、羽村市の委員が14人中、出席者が6人、欠席なさった方が8人、すごく多かったんですね。なぜこんなに羽村市側の欠席が多かったのかということについて、まずお伺いいたします。
 2点目は、事務報告書の177ページのロケーション支援なんですが、平成25年度は18件成立し、平成26年度は26件成立していますけれども、その内容についてお伺いします。
 3点目は、決算書の77ページで事務報告書は147ページになりますが、若者フォーラムに要する経費で、若者フォーラム実行委員会に153万8,000円の補助金を出していますけれども、予算の時では、若者アンケート調査に全部使いますというご説明でしたが、その補助金の平成26年度決算でどういった形で使われたのか、その内訳についてお伺いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) まず、1点目の男女共同参画に要する経費のうちで北杜市との連携事業でございます。事務報告書ですと142ページのところに記載をさせていただきました。
 平成26年11月11日に北杜市・羽村市男女共同参画意見交換会というのを、姉妹都市の連携事業に位置づけて実施をしたところでございます。これは北杜市の委員の皆様方が羽村市を訪問していただいて、市内の視察並びに産業福祉センターを活用して意見交換会を開いたものでございます。羽村市側の欠席者が多かったことについては、平日の昼間であったことということが挙げられます。事務局としても、委員の皆様方に出席をお願いして回ったわけでございますけれども、結果として、欠席された方がおられたというのが事実でございます。
 この男女共同参画については、これからも両市が抱えている地域性によっての考え方の違いというのは多く意見交換の中で出てきたところでございますので、継続して、時期は不定期でございますけれども、進めさせていただきながら、お互いの意識の醸成を図ってまいりたいというふうに考えてございます。
 それから、一つ飛ばせていただきまして、若者フォーラムに要する経費でございます。決算書では77ページでございます。
 これは、若者フォーラム実行委員会に対しまして補助金として153万8,000円を支出させていただきました。この事業の内訳というご質問でございます。まず、若者意識調査というのを昨年度やらせていただいて、発表会、報告会なども行わせていただきました。1,200通発送したわけでございますが、それに要した経費が23万8,026円でございます。それから、報告書、議員の皆様にも白い報告書でございますが、年度末にお配りをさせていただいた報告書の印刷作成費が7万909円でございます。それから、ファシリテーターとして講師を1年間を通じて招いてフォーラムを展開してまいりました。その経費が82万円でございます。それから、若者フォーラムの記事をフェイスブックだったりインターネット媒体であったり、いわゆるSNSを活用して記事を掲載していくための費用として20万円でございます。それから、紙だったり文房具だったりという事務用の消耗品費が14万995円でございます。それから、打ち合わせのための電車賃、旅費として3,508円と、それから、市の公共施設だけを使ってやっている関係ではないものがありますので、会場使用料、またペットボトルのお茶代などで1年間で6万4,562円でございます。以上、全部合計いたしますと153万8,000円の決算額でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) ロケ地支援の内訳についてご説明申し上げます。
 昨年度26件のうちジャンル別に見ますと、テレビドラマが1件です。バラエティ番組ですとかクイズ番組の類が12件、また、動物の赤ちゃんが産まれたとかそういうニュースが6件、CM撮影とスチール撮影ですとかプロモーションビデオ、こちらの類が7件でございます。
 また、撮影場所で見てみますと、動物公園が19件と圧倒的に多いです。これは動物ネタがいろいろと問い合わせがあるという傾向が多くなっています。また、ほかの公共施設がゆとろぎ1件、図書館1件、博物館が2件、その他の市街で2件というような状況でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) はい、わかりました。
 男女共同参画の件ですけれども、共通の話題というのも恐らく出てきたと思うんですけれども、そのことについての報告をお伺いしたいと思います。
 ロケーション支援のほうなんですけれども、このロケーション支援って最もですけれども、羽村市のPRということも兼ねていると思うんですが、そういった使われたところを、例えば、広報広聴課のほうで観光施策に役立てていくとか、そういったことに役立てたかどうかをお伺いします。
 若者フォーラムのほうなんですが、当初予算では実行委員が20人予定されていましたけれども、平成26年度、実際はコーディネーターが1人で委員は11人と、当初よりも部員構成が少なくなった原因と、それと、先ほど1年間を通じてファシリテーターをお願いした方ということで82万円とありましたけれども、確認させていただきますけど、津屋崎ブランチの代表の方を呼んでいるはずなんですが、その方の報酬はどうなっているんでしょうか。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) まず、1点目の男女共同参画でございますけれども、羽村市の男女共同参画推進会議については、ご承知のとおり、15人の条例定数で定めてございます。各関係団体からのご推選をいただいた方をはじめ、市民公募に至るまで行っています。
 北杜市の男女共同参画の委員の皆さんについては、学識の方はおられますけれども、地域が非常に広いものですから、合併前の地区から、いわゆる集落というんでしょうか、その地区から選出をされた委員の方々で主に構成をされている点が大きな違いとしてございます。それだけに、北杜市の場合、自治会地区から推薦されてついている方々が、地域性が広い関係で市域全体にわたる全てのお子さんの送り迎えであったり、高齢者の病院への送迎であったり、みんな車で行ってきているというようなところもあったりしながら、羽村市というコンパクトなまちでの男女共同参画の考え方や普段の会合の持ち方、それから、北杜市では比較的合併前の地域ごとの活動が主であるという点、それがまた、まちである須玉だとか高根町という部分と大泉だとかという部分との違いなどが、かなり、今の地域での暮らしの中での男女共同参画、いわゆる地域行事を行っていく上での捉え方というものが、羽村市と北杜市では随分と違うと。現代においても違うということが主な意見交換の内容でございました。そういったことを、どっちがいいとか悪いとかっていう話ではなくて、意見交換を進めることによってその地域社会における男女共同参画のあり方、ありようというものを、お互いの意見交換を進めることによって生まれてくるものって大きいよねっていうようなお話が大多数ございました。
 それから、若者フォーラムの関係でございますけれども、津屋崎ブランチの方の報酬そのもの、先ほどご答弁で82万円、年間で、申し上げましたが、そのものでございます。交通費込みでございます。福岡が本拠でございますけれども、その都度飛行機で羽村に来ていただくようなことでやっていますけれども、交通費込みの費用として82万円がそのままの金額として、間を介しているわけではございません。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 失礼しました、答弁漏れでございます。
 若者フォーラムの実行委員会でございますが、ご指摘をいただきましたとおり、予算審議の際には20人を想定しているということでご答弁をさせていただいていますけれども、それは下回っている人数で実際には運営をしているというのが現状でございます。これについても、連携協定大学などとも働きかけを行いながら、また、市の広報、フェイスブック、ツイッターなども使って若者に広く呼びかけをさせていただいて、随時、途中からでも参加をいただきたいということでやっていますけれども、現在はそのような状況になっているということでございます。お願いします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) ロケ地支援の観光の絡みということでございますが、ロケ地を受け入れるというか、ロケ地の支援をしていく中で、制作会社ですとかテレビ局ですとか、羽村市の字幕を入れてほしいというような交渉をしております。平成26年度はクイズ番組とかが多くて、羽村市とかそういうのがちょっとネタバレみたいなところもあって、ただ、ニュースですとかそういうところでは羽村市とか出ているところがございます。15件ほど、一応、羽村市出ました。
 こちらのところは、観光にというところでございますが、平成27年度の今の取り組みでございますが、地方創世の絡みで、やはり羽村を周知していく。こういうロケの形も手段の一つでございます。有効なものっていうものをどうしたらやっていけるかというところを、今考えているところでございますが、できましたら、テレビドラマとか映画というの、そういうところを、やっぱり定期的にレギュラーで出ていくと、だんだん情報が広まっていく。やっぱりバラエティ番組なんかですと、ちょっと放送の期日があんまり不確定ですとか、やっぱりいつロケがありましたが、いつ出しますというのがなかなか言いづらいというところがあります。平成27年度については、ドキュメンタリーで市内の製造業のところがありまして、そこは放送のところがわかりましたので、ツイッターという形で出させていただいて、そちらについては事前に周知ができたんですけど、そういう形で広めていければと思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 決算書97ページなんですけれども、自転車対策に要する経費についてお伺いいたします。1点です。
 収容台数が全体として6,220台ということであります。平均的な利用台数がわかれば教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 収容台数につきましては6,220台ということで、私どものほうでは平均的な台数、収容の台数については何台というのは捉えてございませんが、ほぼ収容台数近く満車のところが駅近くに多くあります。あと、多少駅より遠いところでまだ収容台数が余っている場所もあるというふうに捉えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) そうすると、平日はオーバーフローしているところも一部あるかもしれないんですけれども、全体的には収容台数としては足りているんじゃないかというようなお話だと思います。
 土日の駐輪場の整理、この辺はどうなっているのかということと、放置自転車、撤去台数が1,486台ということなんですけど、そのうち所有者が引き取った台数、割合でもいいんですけれども、それと廃棄処分された台数、これ割合で結構です。それと、リサイクルというのが891台あるということなんですが、これのリサイクルの用途と言いますか、扱いと言いますか、どうされているのかということをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 土曜日、日曜日につきましては、基本的には、土曜日は整理員を年間半分ぐらいですか、22日間整理員を置いて声掛け等を強化してございます。実質、日曜日については職員が出て、特に入学の多い時期、4月、5月、それから、夏休み等につきましては、その辺の自転車利用が少ないということもありますので、調整を、事業団のほうにお願いをする人たちを調整したり、年間を通して声掛けを中心に進めてございます。
 それと、放置の台数が1,486台ということで、引き取りに来た台数につきましては568台になります。それと、実際に業者といいますか、入札によってリサイクルをしている台数が209台です。市内の事業者、自転車屋さんが3店舗ありますので、そちらに入札をしてやっている自転車が209台。それとあと、平成26年度から今までは1台50円で契約をしてお金を払って処分をしていたものを、平成26年度は1台921円でリサイクルのほうに回しておりますので、今、引き取り手のない自転車等も全てリサイクルということで自転車を処分しているというのが現状です。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 廃棄したのは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 一応、廃棄している分というのはゼロというふうに考えています。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) リサイクルは1台921円ですか、売却しているということで、撤去手数料収入があります。それと別にこのリサイクル用の売却費用というのがあると思うんですけれども、これは雑入か何かに含まれているということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 平成26年度が41万7,213円ということで、歳入のほうで言いますと580万6,129円の中に含まれているということでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 最後にお伺いいたしますけれども、放置自転車が1,486台ですか。今後、この放置自転車対策というのはどのように考えていらっしゃるか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 自転車駐車場自体は、収容台数は足りてございますので、やはりマナーの問題ですので、指導員とか整理員を配置して、自転車を放置しないような方法を今後も継続的にやっていきたいというふうに考えています。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 事務報告書133ページ、決算書69ページの個人情報保護審議会についてお聞かせいただきたいと思います。3点あります。
 まず、1点目は、これ1回だけなんですけれども、5年前は4回開催していて、件数はここ2件だけなんですけれども、37件について審議していたというふうに思うんですが、5年前、平成21年ですけど。決算書の状況を見ていると、その時の5年前の決算書が50万9,387円、今回71万1,067円と。20万円も増えているのに、開催回数はこれだけ減ってるという状況はどういうことにあるのかということが1点目です。
 それから、2点目は、この二つの審議会の内容、引きこもりと若者への訪問相談事業、それから、ハーグ条約に基づく情報提供、この2点のどの部分が個人情報の審議の対象になったのかということと、そこで一定の結論というのは出たのかどうかというのが2点目です。
 それから、3点目なんですが、その下の3番目のところの個人情報制度における不服申立て、じゃあ、これだけ開催回数が減っているので、不服申し立て少なくなったのかなと思うと、5年前3回に対して、今、42件の不服申立てがあるという状況なんですけれども、この不服申立ての中身、どういう不服申立てが多いのかということと、私は、もうこんなに不服申立てがあるんだったらもっときちっといろんな開催して、情報審議会もっと回数を多くしてきちっと話し合うべきなんじゃないのかなというふうに思うんですけれど、ご意見をお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) まず、最初のご質問でございますけれども、この決算額につきましては、確かに個人情報の保護審議会の報酬については1回分となっておりますけれども、同じ項目で情報公開と個人情報保護審査会の委員報酬も計上しておりまして、こちらのほうが回数が増えたので、合せて増えているという形になっています。20万円ほど増えたという話だったと思うんですが。
 それから、個人情報保護審議会の開催の内容、まず、引きこもり等の若者への訪問相談事業につきましては、この訪問相談事業の実施に伴います個人情報の取り扱いについての審議を行いまして、承認されております。
 それから、ハーグ条約に基づく情報提供というのは、これは国のほうで行っておりますハーグ条約についての報告ということで、これは報告のみということで、特に審議は行っておりません。
 それから、3点目でございますけれども、この情報公開の不服申立ての件数につきましては、これは情報公開に関するものでございまして、公開した情報に対する不服の申立てがほとんどでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) どういう内容。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 開示請求があった内容につきまして、開示決定を行い、あるいは一部開示の決定なりを行って、それに対する不服を受けたものでございます。これを情報公開個人情報保護審査会のほうで審議を行って、それに対する決定を行う、という手続きでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 両方あるんですけど、確かに個人情報保護審議会委員の報酬自体がもともと6万5,000円だったのが23万3,000円に、5年前と比べて増えているわけです。これだけ回数減っているのにそれだけ増えているのはなぜかということと、あともう一つは、さっき言ったように、何でこれだけ回数、前は4回あったのに1回になっているわけですよね。年間に4回やっていたのが1回になっていて、その内容も前は37件あったのがこの2件という形になっている。それ、もう個人情報についてかなり修練されてきているのかどうかっていうことですね。その中身、話している内容がそういうふうになってきているのかどうかということをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 個人情報保護審議会につきましては、これは各課で取り扱う事務とかそういったもの、個人情報の収集とか外部提供とか目的外利用とか、そういったものが発生した場合に、審議会を開きまして審議を行って、適正な取り扱いについてのご審議をいただくという場になっております。したがいまして、年度、どうしても増えたり減ったりというのは、業務によって開催回数が変わってまいりますので、平成26年度については1回だけということになっています。
 逆に、先ほどお話がございました情報公開とか個人情報の保護審査会につきましては、審査請求があれば、結構件数は出てまいりますので、これは逆に言うと開催回数が頻繁になっているという形になっています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 増えた分、報酬が出ている。審議会の委員の、5年前と比べて。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 審議会の報酬については、減少していると思いますが。審議会は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 2点お伺いします。
 決算書の77ページのはむりんの運用支援委託料というのが432万円ですか、計上されておりますけれども、これが具体的にはどういうような運用に対して支援委託料というふうになったのか。ちょっと具体的な動き方についてお知らせいただきたいと思います。
 それから、85ページの情報管理に要する経費の中で、ここで社会保障・税番号制度中間サーバー利用負担金というのが初めて発生したわけですけれども、この利用負担金については、今後、この98万1,000円という形でずっと固定化していくのか、あるいは増えていくのかということです。
 同時に、この情報管理に関しては、事務報告書の233ページでさまざまな研修、番号制度について何度も研修が重ねられておりますけれども、特定番号制度、課長のセミナーとか合同研修会とか、それから、保護評価セミナーとか、そういったところに何度も出られていますが、この個人情報保護評価のところで、中間サーバーについてはどういうふうに評価するというふうにお話をされていたのかについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 情報管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯情報管理課長(田村和隆) まず、ご質問の1点目、中間サーバーの負担金について、今後、増えるかどうかというご質問でございます。
 こちらの負担金につきましては、国のほうで用意しました中間サーバー、こちらの設置費の費用を各自治体で賄うというものでございます。こちらにつきましては、平成26年度につきましては、国のほうからの経費負担という通知が来ておりまして、区分で申し上げますと、市町村割ということで1万1人から10万人以下の自治体では98万1,000円の負担金をというふうな通知になってございます。こちらのこの金額の想定につきましては、設計費の総額、それから構築費等々を考慮してそれを各市町村で分担するという形でなってございます。平成26年度につきましては、先ほど申し上げました98万1,000円ということでございますが、その後の参考といたしまして、次の平成27年度につきましては653万6,000円、これは概算レベルでございます。これが平成27年度分のソフトウエア、ハードウエアの負担分ということでございます。これ以外に、保守経費がこの後もかかるというようなことも通知をいただいております。
 それから、平成28年度以降につきましては、開発費ではなくて、こちらの運営費の負担金に移行するというような通知をいただいているところでございます。
 次に、今お話のありました研修の中で中間サーバーについての何か情報があったかというそういうご質問でございますが、研修の内容につきまして、その中間サーバーについての研修については、実際の研修、それに直接関わるような研修はございませんでした。私どものほうで参加している研修はございません。この中間サーバーについての研修については、ないというふうな状況でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 1点目でございます。77ページのはむりんの関係の運用支援委託料432万円の内容でございます。平成25年度については直営という形で運営をしてきていまして、平成26年度から、はむりんについて運用支援委託を出させていただいたものでございます。
 この内容でございますけれども、事務報告書のところで149ページからがはむりんの関係でございます。
 まず、操演、中に入って演じていただくという操演の部分でございますが、市内外のイベント85のイベントに出演をさせていただいて、そのアテンド、アシスタントと中に入って操演する方の委託料として252万円でございます。
 それから、はむりんの歌とCDの制作でございます。CD1,000枚納品をいただいて、各幼稚園、保育園、小・中学校などにも、また町内会などにもお配りをさせていただきましたが、はむりんのCDの歌の制作費、また、CDの作成を含めまして60万円でございます。
 それから、はむりんのダンス、踊りです。踊りのほうを作らせていただきました。DVDも100枚作りましたけれども、この画面の演者からDVDの作成費に至るまでを含めて36万円です。
 それから、商標登録、はむりんの商標権を登録をしていこうということで、32類と41類という二つの分類に登録をいたしましたが、その費用として20万円。それから、はむりんのイベントで配るパンフレット5,000枚を作らせていただいて、それが10万円。そして、諸経費、事務費として消費税含めて54万円の経費がかかりまして、合計で432万円の決算額でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 情報のほうですけれども、そうしますと、今回はこの中間サーバーの負担金は98万円ということで、今年度は600万円ということですね。それ以降については、運用費ということで、そこについてはまだ価格はわかっていないということでいいんでしょうか。
 それから、ここで事務報告書の234ページで特定個人情報保護評価セミナーのほうに委託がされていると思うんですけれども、特定個人情報保護評価の中には、評価の中で中間サーバーが入っているわけですね。この中間サーバーについて、市のほうは、運用にと言いますか、運営にどの程度の責任が発生するというふうに認識されているのかどうかということを、まずは1点お聞きします。
 それから、はむりんのほうですけれども、はむりんのほうは、羽村PR作戦の推進ということで、いろんなことをなさってきて、もちろんロケなどもそうですけれども、このはむりんを登場させたことで羽村の認知度というのがどの程度広がっていって、それが羽村の活性化につなげるということですけれども、どういうふうな活性化になっていって、プラス効果が出てきたのかということを、どういう形でか捉えていらっしゃいますか。どういう効果が生まれてきていて、それから先どうするというのがそこから出てくると思うんですけれども、産業もそうですし、それから、子どもも参加していきますから、そういうことも含めてどういう形で捉えていらっしゃるかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 情報管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯情報管理課長(田村和隆) それでは、ご質問1点目の平成28年度以降の運用経費に係る部分でございます。中間サーバーの運用経費に係る部分でございます。
 こちら、通知でいただいた部分でございますと、192万6,000円という経費がかかる予定ということで、想定ということで通知をいただいております。ですから、この後、いろいろな開発費等々がかさむということ、逆に開発費が削減できるということであれば、この運営費についても下がってくるというふうには考えております。
 それから、ご質問の2点目の中間サーバーに対する市のほうの責任ということでございますが、中間サーバーの設置につきましては、総務省、国のほうから各自治体が中間サーバーを持つということは大変財務省も厳しい、セキュリティ上、システム上も各自治体が構築するのでは総額費がかかるということで、クラウド型ですね、クラウド型のシステムを推奨しまして、こちらで集約するというふうな形を取っております。その中間サーバーを二つに分けて、西日本、それから東日本の各自治体で管理、運用するという形になっております。こちらの基金につきましては、地方公共団体システム機構、こちらは国が創設しました民間団体でございますが、こちらでシステムを創設いたしまして、ソフトは国が提供するという形になっております。ですから、この管理につきましては、国、それから、通称J−LIS(ジェイリス)と呼んでおりますが、J−LIS(ジェイリス)で責任を持ってやっていただけるというふうに考えております。
 また、そこにアクセスする市町村のデータをアクセスして、問い合わせの各団体にデータ提供するわけでございますので、その通信につきましては、私ども市町村のほうでしっかり構築していくところは必要なのかなというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 1点目のはむりんの関係でございます。どの程度の効果がということでございます。
 はむりんの制作をさせていただいて、当初は市内で一生懸命認知度を高めていくための活動から、現在では、市の外に積極的に出張って行って、そこで羽村市という、はむりんという手段を使って羽村市をPRをしていくという方向に変わってきています。
 まず、効果として、まず、産業の面においては、市内外の事業者の皆様方が食べ物だとかグッズの商品などにおいて、現在まで54の商品を開発をしていただいて、各イベントや模擬店で、または地元の商店で販売をしていただくなどの効果が生まれていると。これは、今でもどんどん増えてきていまして、今54種類が販売されているという現状でございます。
 また、はむりんの出演のオファーと言うんでしょうか、それも関東近県からたくさん今いただいていて、平成26年度においても着ぐるみを作らせていただきましたので、今は2体を使って市内外で活動をしているということでございます。
 はむりんというのは、当然、ご指摘のとおり目的ではございませんので、羽村市というのを知名度を上げて、今、地方創世が叫ばれていますけれども、羽村市の認知度を上げて羽村を元気にしていくための手段として、手ごたえは感じていますので、これからも積極的に活用していきたいというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 情報システムのほうで、この中間サーバーの利用負担金というところですけれども、これは全額羽村市の持ち出しになるのかどうかです。その後、運営費になった時も全額羽村市の持ち出しになるのかどうかということをお聞きします。
 それから、中間サーバーの管理運営に関しては、確かに国だと思うんですけれども、運用分野に関しては自治体がという話も聞いているんですけれども、その運用部分についてのセキュリティ対策と責任の所在についてはどんなふうに考えられているのかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 情報管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯情報管理課長(田村和隆) それでは、ご質問の、その後の運用経費の件でございます。
 市のほうの持ち出しというところでございますが、平成26年度につきましては、全額補助ということで交付をいただいているところでございます。これ、今年度、平成27年度、こちらにつきましては、まだ交付負担額の通知はいただいておりませんが、平成26年度、こちらの経費、構築経費の負担分でございますので、平成27年度分の請求につきましても構築負担分の経費ということになりますので、恐らく、満額負担というふうに考えてよろしいかと思います。ただ、平成28年度以降の運用経費につきましては、その辺のところの通知はまだいただいておりませんので、この場でどうなるかということはちょっと申し上げられない状況でございます。
 それから、中間サーバーの運用の部分でございます。
 確かに、運用が始まりますと、その中間サーバーにデータを送信するのは市町村各自治体の役目ということになるかと思います。ただ、こちらの管理運営、機器の管理、それからシステムの管理につきましては、この負担金によりまして国が行うことになりますので、実際の中間サーバーの区間の責任というのはJ−LIS(ジェイリス)、それから国の責任になるかと思います。ただ、そこまでの通信回線、そちらのセキュリティ部分につきましては、市町村のほうで、各自治体のほうでつなぐことになりますので、そこの部分のセキュリティ対策というのは、我々市町村の責任になるかと思います。平成27年度におきまして、その通信につきましてのやり方を今、国のほうからの通知を待っている状況でございまして、実際は、年金機構等の問題がございました関係で、どのような形にすべきかというそういった部分もございます。そんな形での総務省からの指示等もございますので、その辺をしっかり判断しながら、この後の通信の仕方について、セキュリティをきちんとした形での通信網を構築していきたいと考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員、いいですか、答弁は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) はむりんについて伺いますが、今、外へ出てPRということですが、じゃあ、はむりんが有名になることがPRなのか、はむりんが何を伝えるかがPRではないかと思うんですが、私は、はむりんは薬だんすじゃないかと思っています。薬だんすというのは、漢方の生薬がたくさん入ったたんすです。引き出しをあければその患者の容態に合った薬が出てくる。それを混ぜながら作る。つまり、はむりんが外へ出た時に、羽村というのはどういうところですかと聞かれたら、すぐぱっと答えられるかどうか。羽村の特徴は何ですかと言われた時に、答えられるかどうか。羽村ってどこにありますかっていう時に、都心から西に45キロで、多摩川の台地にできたというようなことが答えられるかどうか。例えば、羽村の…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員、質問を。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) つまり、そういうことが今の外へ出て行った時に答えられているかどうか。アシスタントがいるそうですけれども、アシスタントの方がそういうチラシなり知識なり持って行って、そういうPRができているかどうか、それを伺いたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) ご指摘どおり、はむりんは手段ですので、冒頭申し上げましたように手段でございますので、はむりんが市外のイベントや会場に出張って行って、操演とアシスタントと、それに市の職員、はむりんの関係について委託をさせていただいていますので、委託業者だけで出向くことはないわけでございまして、そこに産業課なり広報広聴課なりの職員がついて、それでアシスタントとして委託をしているわけでございます。
 その際に、羽村をPRをしていく。そのためにいろいろな媒体として紙のリーフレットやパンフレットなども、その都度回りで配らせていただきながら、またはプロモーションビデオをそこの会場で流させていただくなど同時に行いながら、羽村市というのはこういうまちですよと、ぜひお越しをいただきたいと、こういうところが特徴ですよとか、こういうイベントをやっていますよとかというのをPRをしていく、その人寄せの一つの手段として、そこにはむりんがいることにある存在感というのがあるということでございますので、はむりんは、あくまでも手段として広報の手段、広報媒体の手段としてこれからも使っていきたいということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 市内で見ることが多いから、そういうことが気がつかなかったかもしれませんが、具体的には外へ出ていくことが多かったというんですが、85イベントのうちに市外に出たというのは、どんな所に、どんなイベントに、何カ所ぐらいというのがわかったら教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 一番大きなイベントとしては、遠くに行くのはキャラクターを今イベントで使っているところで、ゆるキャラグランプリというものもございます。去年は愛知県で開かれましたが、そこにも3日間行かせていただきました。また、災害時の相互応援協定を締結している自治体、今、45の自治体がございますが、そこの産業祭であったり、夏祭りであったり、例えば、姉妹都市である北杜市はもちろんのこと、古河市のど真ん中祭りに行かせていただいたりということで、各イベントごとを相互にやらせていただいています。
 また、都内で開かれる、例えば、東京ドームでのイベントであったり、よみうりランドでのイベントであったりというところのアトラクション的な所にも、近隣の自治体のキャラクターと一緒になって出演をさせていただいて、そこで大型のビジョンなどにも映し出されるわけでございますけれども、観光PRと同時に行わせていただいているということでございまして、基本的に、今のところ、関東圏のところが活動の中心になってはございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですかほかに。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 決算書の95ページですが、町内会・自治会の振興に要する経費、これは全体的に町内会の活動支援、それから、いかに会員を増やすかというそういう活動の経費だと思いまして、大変重要なんだというように思います。それでお伺いします。
 従来から取りざたされている町内会の加入率のことなんですけれども、この年度末、平成26年度末では加入率というのをどういうふうに数値的に捉えているかということ。それと、東側とか西側とか、大分加入率が違うみたいですけれども、その辺の差異についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 加入率のご質問でございます。
 平成26年度で申し上げますと、42.3%でございます。
 地域別で申し上げますと、やはり線路以西のほうがやはり加入率が高くて、線路以東のほうが加入率が低いという現状でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) その西と東の違いというのが、分析されているとは思いますけれども、実は、加入率のことで以前から関係者には質問したことはございますが、分母と分子がありまして、分母は住基台帳上の世帯数、それから、分子は町内会のほうから報告のあったか加入員の数ということでよろしいんでしょうか。それ、今の率の出し方ですけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 小宮委員のおっしゃるとおり、分母のほうは住基台帳、分子のほうは町内会から報告のあった数値で算出してございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 一つ前から疑問に思っていたのは、特に西側のほうに多いと思うんですけど、2世帯住宅というのがあるんですね。住基台帳上には一つの1軒家の中に二つの、2という所帯数で登録されていると。ところが、町内会には1なんです、1軒で間に合っちゃうから。そういうふうな、いわゆる2世帯住宅、3世帯住宅ってあんまり少ないと思うんですが、その辺のことによると、パーセントが非常に大きく皆さんの頭の中に、4割しか入っていないのかとか、そういうふうなことをよく聞きますけど、数値的にはやっぱりしっかりとその辺も捉える必要があるんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 今、小宮委員のおっしゃるとおり、2世帯住宅というのは市内にいっぱいございます。そこいら辺も、各町内会長さんにできるだけわかる範囲で、わかる範囲で2世帯のところは2世帯でカウントしていただきたいというふうにお願いはしてございます。あくまでも個人個人の問題になってしまいますので、じゃあ、町内会長さんが、お宅は2世帯ですか、何ですかというふうに聞いて回るというわけにもいきませんので、わかる範囲で2世帯のところは2世帯というふうにカウントして出していただきたいというふうにお願いはしてございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 事務報告書の576ページ、衆議院議員選挙に要する経費について、お聞かせいただきたいと思います。
 前回の衆議院選挙なんですけれども、東京都の平均と比べても、約3ポイントぐらい羽村市は低いというふうな状況になっていますけれども、これについてどういうふうに分析されているかというのを、まず1点目、お聞かせいただきたいと思います。
 それから、2点目は、その衆議院選挙の20代、30代の投票率、何%だったかというのをお聞かせいただきたいと思います。
 それから、3番目に、そこの事務報告書の574ページですけど、明るい選挙啓発ポスターコンクール、対象は小・中・高で、高校生は多分ゼロだということになると思うんですけれども、これから18歳から投票ということもあるんですけれども、こうしたところも羽村高校とかにも働きかけていく考えがあるのかどうかということと、それから、表彰されるのは、これ4人ぐらいなんですけど、4点ぐらいしか表彰されないわけですけれども、それ以外の一生懸命書いた子たちに対してはどういうふうなフォローというのを今までやっているのかというのをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 選挙管理委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) ただいまの衆議院議員選挙の、まず1点目の分析についてなんですが、投票率につきましては、随分以前からちょっと投票率の低下が全国的な課題となっております。そのような状況の中で、羽村市につきましても、20代、30代の投票率は平均よりも20ポイント下がっているというふうな結果になっておりまして、衆議院議員選挙の小選挙区で言いますと、20代の投票率につきましては29.95%、30代につきましては、これ2点目になってしまうんですが、すみません、38.08%と、全国平均よりも若干落ちているような状況でございます。
 そのような状況の中で、若者への選挙啓発に力を入れいているところでございますけれども、恐れ入ります、3点目のところをちょっともう一度、ご質問をご確認させていただけますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) ポスターコンクールで、多分高校生、ゼロだと思うんですけれども、今後、高校生にも働きかけることになるのかということと、表彰されていない子どもたちってたくさんいるわけですけど、その子たちにはどういうふうなフォローというか、しているのかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) 申し訳ございません。3点目ですが、明るい選挙啓発ポスターコンクールなんですが、羽村市は点数をかなり多く出してくださっております。その中の5%程度が羽村市の入選作ということで、東京都のほうに送らせていただいておりまして、そこで東京都のほうでまた審査のほうをしていただいている状況でございます。そういった状況の中で、入選した方に対しましては11月の文化祭の時にポスター展などを行っておりまして、ちょっとしたお礼などをしているところなんですけれども、お礼というか、商品みたいなものを、ちょっとした物をお渡ししているようなところなんですが、若者、高校生に対しての啓発という部分も含めまして、なかなかポスターはあれなんですけれども、高校に出向いて、投票箱を持って行って、模擬投票とかそういったことができないかというところで、今、いろいろ検討しているところでございます。
 選に漏れた子へのフォローというところが、ちょっと難しいところもあるんですけれども、東京都の入選と同時に学校での、昨年は西小がというような形で学校で賞をもらえるところもありますので、そういったところの団体のところでフォローというふうな形を取らせていただければと思っております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 特に都内の中でも3ポイントも低いということで、東京都全体の中でも、東京都全体の平均よりも約3%近く低いということで、羽村市としてもまだまだ努力できることがあるんじゃないかなといくつか思っているわけですけれども、例えば、いろんな自治体では駅前に期日前投票所を作るであるとか、それから、明るい選挙推進協議会に若者も入れていくとか、特にやっぱり投票に行かない世代をどう取り込んでいくかというような、今後の大きな課題でもあるというふうに思うんですけれども、こうしたまたすぐ参議院選挙とかも始まってくるわけですけれども、今までのような形でこのまま続けていくのかというのが1点、まずお聞かせいただきたいと思います。予算も200万円ぐらい、その時もかなり100万円ぐらい余っていたと思うんですね、衆議院の予算。この予算もっと使って、もっと啓発とかいろいろなことができたんじゃないのかなというふうに思うんですけれども、それが1点です。
 それから、2点目はポスターコンクール、私もこの間、夏休みに子どもたちが町内会で勉強しているのがあって、そこで一生懸命みんな書いていたりしていまして、非常にこんなに頑張ってみんな書いているんだなというので私も驚いたんですけれども、それはそれぞれ本当にそういうかなり思いで書いているわけですよね。何点か飾られるということだけじゃなくて、それに関してきちっと選管なり、また学校なりがきちっと評価してやって、やっぱりその思い、きちんとくんであげて、何らかの形にしていくと、やっぱり選挙に行こうかなというふうに思うんじゃないのかな。書いたけど、何にもなかったということじゃ、私もちょっと今後あれかなというふうに逆に思うので、そのポスター書くことのフォローについてどういうふうにお考えか、お聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 選挙管理委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) 啓発の部分でございます。
 期日前投票所も含めたご質問だと思いますが、ハード的なものは当面このままの形で続けていきたいと考えておりますが、やはり啓発はいろいろ工夫してやっているところが状況でございまして、羽村市明るい選挙推進協議会のツイッターなどを始めましたり、あと包括協定を結んでおります杏林大学とともに、いろんな話し合いなどで進めております。それから、インターンシップの学生さんを受け入れながら、若い人の考えで若い人にどういうふうに訴えていけるかというところを一緒に考えていっております。
 20歳になった方にバースディカードのような物を送っているんですけれども、それも昨年かな、インターンシップに来た学生さんがちょっと考え直してもらって、いろいろ工夫しながら続けているんですけれども、いろいろあると思いますが、啓発というのは続けていかなくちゃいけないというところでやっていきたいと考えております。
 それから、2点目のポスターコンクールの件なんですけれども、申しわけございません、先ほど私、申し上げなかったんですが、提出した方全員に参加賞というものを差し上げているということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 何を。

-------------------------------------------------------------------------------

◯選挙管理委員会事務局長(山口ひとみ) 昨年度は消しゴムを差し上げました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 教育委員会としては、今のこの投票率の低下も含めて羽村市の中で、羽村市が低いわけですから、そういう面では羽村市の子どもたち、これからどういうふうな形でやっていくかということを含めて、これだけじゃなくてほかにもいろんな方法、ポスターだけじゃなくていろんな学校でも方法、今後もあるというふうに思うんですけれども、教育委員会の考え方をお知らせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 義務教育の中で取り組んでいるのは、知識的な理解であったり、それから選挙の仕組み、それから、それがどのように生活の中で生かされているのかというところをしっかりと学ぶということかなというふうに捉えております。こういったことをしっかりやることによって、将来、選挙権を持つ時にそれが活用できるようにしていくということを、しっかりと取り組んでいくというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。何項目。
 しばらく休憩いたします。
                                    午後2時05分 休憩
                                    午後2時20分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 ほかに質疑ありませんか。山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 1点伺います。広報広聴、市長トークと手紙に関してです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 何ページですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 事務報告書の31ページ、それから、182ページ、決算書の73ページです。
 市長トークに関しては、市民目線に立った開かれた市政を運営するためにということで、182ページの表にいくつか内訳があります。安心して暮らせる支えあいのまちということで20件ほど出ておりますが、これに関するどんな市民からの要望、提案が出て、それが実際に市政に反映したようなものがあれば聞きたい。
 それから、市長への手紙、これも市民からの意見、要望を広く聞き、市政運営の参考にするということですが、これも90通ということで、生涯学習で20、この部分が多いんですが、これも具体的にどのような提案、要望があって、市政にどのように反映したかということを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 広報広聴課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯広報広聴課長(松原 隆) 今の広聴の関係で、市長とトーク、また、市長への手紙でございますが、市長とトークのほうからいきますと、いろいろな意見をいただいておりますが、長期的に検討とかということもございます。今、ご質問のどういう形で形にして出たものというのは、市長とトークについては1件ございます。団体ですけれども、団体のパンフレットとかそういうもののラックを施設に置いて公表してほしいというご要望がありまして、それは形にしております。
 また、市長への手紙については、昨年度受けたものが形としてなったというものが6件ございまして、主なものとしては、例えば、公園ですけれども、公園のところでバイクの乗り入れが見られるので看板を立ててほしいということです。それとか、児童館ですけど、空調が壊れて、それが国の補助金の決定待ち、そういう形だったんですけど、猛暑だったということもありまして、仮設で急遽つけたというふうなことで対応したとかそういうことの件数がございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) そういった市民からの声が市政に反映したというようなことを、何らかの形で市民のほうに伝えるようなことをされているかどうか。
 例えば、昭島では、広報に市長への手紙ということで、それの概要とどのような要望でどのように応えたかというのが載っております、ここに。そこに書いてあるのは、寄せられた市長への手紙の一部については内容の要旨と回答を広報や市ホームページで公開しますのでご了承くださいと。ただ、個人的な特定できるようなことはいたしませんというような断り書きがあります。
 また、あきる野も、これはホームページで、例えば、平成26年の4月から9月ですと、あきる野PRのためのキャッチフレーズについて、いくつかの提案が載って、それに対する答えが出ている。それから、秋川駅広場への喫煙設備の設置について、それをやったために逆に喫煙者が増えてしまったと、撤去してほしいというような要望ですが、これに関しては、それも踏まえながら、できるだけ清潔なまちづくりにしますというような回答が全部載っております。
 例えば、こういう試みも羽村もそろそろしてもいいんじゃないかと。要するに、個人的な誹謗中傷のようなものは別として、全市民に関わりあるようなことは、こういう要望に関して市としてこう対応したというのはやってもいいんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 並木市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 前にもお答えしたような気がいたします。あくまでも、個人のトークと市長への手紙というのは個人のご質問でございますので、その中でできること、できないこと、それから宿題にさせていただくこと、いっぱいありますので、その中の成功体験、できたことについてだけ広報とかその他という形で載せるというよりは、その質問してくださった方にお答えして、そういうふうにしましたということをお伝えして、それが一市民の方がそのことについてリアクションとしてどうなさるかはその方でございますけれども、間接的には、これを広報してこういうことになりましたと言わなくても、実際にはそれを生かしていくわけですので、市の行政に反映することは公にしなくても十分できていることでしょうし、本件の2件に関しては、極めて限定的にそのご本人のできたことについて、簡単に言えば、広報していいですかとこういうふうな承諾も、できないことについて、どうしてできなかったかを広報で説明しろとそういうふうな形にも結びついたりもいたしますので、今の形で、こういう公にする、しないということの前提として市長への手紙を書いてほしいとこういうふうなバイアスはかけずに、何でも書いていただくという形がよろしいかというふうに思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 山崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) それも一つの考え方ですが、逆に言えば、聞きおくだけ、不満のはけ口になっているということとも見られかねないと。逆に言えば、公にならない、絶対ならないからということで、クレームみたいなのが多いということも聞いております。
 だから、やっぱり本来、行政というのは全てオープンが基本である以上、これ自体も、全部出せとは言ってませんが、そういう方向で考えるべきではないかということを私は考えますが、改めて、今後もそういう気はないということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 並木市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 同じ考えでございます。市長だから、市長に向けて、行政がどうというよりも市長に向けて言いたいというふうなことも多々ありますので、そういう意味では今の形でお答えして、それに対して努力をしないとか、答えを出すというのは懸命に努力をした上で出していますから、結果がどうであろうと、そういうこちらが受けとめたものについてはきちっと反応するということが一番いいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(山崎陽一) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。関連は。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) いくつかありまして、分けてお聞きします。
 まず、事務報告書21ページ、行財政改革のところなんですけれども、さまざま去年も取り組まれていまして、その中で物件費等の削減ということで1,900万円ほど削減ということがうたわれています。具体的には、何項目ぐらいの見直しがなされて、その中で、例えば、金額の多い順で主なものがどういうものだったのかというのをお示しいただければと思います。
 2点目が、事務報告書131ページで、法制係のところで、訴訟に関する事務というところで、ナンバー2のところに、以前、ちょっと議会等でも報告があって問題になりました墓地経営不許可事件ですね。これが係争中ということなんですけれども、今どういう状況になっていまして、今後どういう見通しが得られているのかという点をお尋ねいたします。
 三つ目が事務報告書186ページ、職員係のところで、中ほどの(5)というところに職員の有給休暇の取得日、7.9日というふうになっていまして、なかなか業務が多い中で全て消化ということにはなっていないだろうと思うんですけれども、これは何%ぐらいの消化率になっているのかというところをお尋ねします。三つです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 財務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) まず、1点目の行財政改革の取り組みの物件費の削減という項目でございます。
 平成26年度の取り組みといたしましては、合計で76項目の取り組みを行いました。主なものは、委託料の見直しですとか、事務経費の見直しというものがあります。
 金額の大きいものを申し上げますと、新たに新住民基本台帳システムを稼働したことによりまして、各個別のシステム、例えば、国税連携システムですとかそういったもの、個別の保守委託が削減できました。それが658万円。それと、施設のほうの館内の清掃委託などを仕様を見直しまして41万3,000円の削減が出ております。また、富士見平の高齢者住宅の借上料につきましては、単価の見直し等を行いまして、369万4,000円の削減が出ております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 墓地経営不許可処分取消等請求事件の関係でございますが、現在、14回の口頭意見陳述をやっておりまして、まだ双方の主張について裁判所のほうに提出をしている状況でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務課長(伊藤文隆) 今後につきましてですけれども、まだあと何回か口頭意見陳述が続くのではないかという見込みでございます。まだ、はっきりはしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 年次有給休暇の消化率ということでございますが、総付与日数に対しての消化率、20.6%となってございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 1項目、2項目、わかりました。
 有給休暇の取得率、なかなか低いなというふうに思うんですけれども、このままいきますと、どんどんたまっていっちゃうと、きっと、有給が。例えば、退職の時にどかっと何十日も休みを取るみたいなことになると困ったことになるなと思うんですけれども。(「年間だもん」と呼ぶ者あり)もう、なくなっちゃうの。ああ、なくなっちゃう。
 何か今、委員からなくなっちゃうんだというお話伺いまして、仕事も多い中でしっかり取っていかないと、リフレッシュしてますます仕事も頑張るというふうにならないので、そこをどういうふうに取り組みを、今年進めているのか、また、今後進めていこうとしているのかという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) まず、有給休暇の余剰と言いますか、余った場合の考え方なんですけれども、前年に余ったものについては、20日間の部分については繰り越しができるということになっておりますので、今、1年間に20日付与するという形になりますので、20日以上余った場合については、年間で40日付与されるというような形になっております。ですので、40日以上有給休暇のほうはたまっていくということはございません。
 それから消化率、どういった形で増やしていくかということでございますが、こちら、ワークライフバランスの観点からも、また、特定事業主行動計画でも、職員に月1日は休むというような形で、年間12日は休もうというような形で周知しております。26市の平均も、おおよそ12日弱ということになっておりますので、まず、そこを目標として取り組んでいきたいというふうに考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) はい、わかりました。
 26市平均の話がありましたけれども、平均は、26市平均が今、何日というふうにおっしゃったか。羽村市の7.9日というのは何番目ぐらいの位置になっているのかというのをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 26市の平均でございますが、平成26年度でございますが、11.8日となってございます。
 この7.9日、羽村市の水準でございますが、26市中26番目となってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。別のことに移るんですか、それとも。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 移って、ちょっと関連で。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。ちょっとそれに関連して、事務報告書194ページのところで、健康管理でストレスチェックテストってやられているんですね、平成26年度。7割の方が受けたというふうになっているんですけれども、この結果がどうなったかというのを知りたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) ストレスチェックにつきましては、これ、安全衛生法の法制化もありまして、平成26年度から取り組んでございます。この70%の職員のほうがこのチェックを受けたわけでございますが、個人的な部分につきましては、人事のほうでも把握できないような形になってございます。
 ただ、このストレスチェックのほうで非常に危ない状態だというような職員に対しては、この事業主のほうから個人宛てにメールで連絡を取って、カウンセラー等に受診をするような形で促しているような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) プライバシーに関わることなので、わかりました。
 ただ、ちょっとこれは危ないというお話の場合には、メールで連絡を取るということ。これは何件ぐらいあったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) そういった件数の部分につきましても、具体的に何件ということで、今、報告は受けていない状況です。ただ、そういったケースもあるということで、報告をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 関連です。事務報告書の186ページなんですけど、管理職等昇任試験結果及び昇任者のところなんですけど、これも5年前とかと比べると、どんどんどんどん試験を受ける方も減ってきているような気がするんです。これ、部長、課長に関しては試験がなかったということなのか、それとも誰も受けなかったということなのかわからないんですけど、それ以外のところも5年前だと、これ受験率というのは60%ぐらい。部長、統括課長については80%、90%あったんですけど、ほかのところ、今もう20%、30%、25%という中で、やっぱりそういう面では、責任ある立場になると、本当に仕事が大変だという状況になっているんじゃないのかと思うんですけど、この辺はどういうふうに分析されているわけでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) まず、部長職、課長職の試験のあり方ということでございますが、今現在、こちらにつきましては、人事評価によって昇任の選考を行っているということで、改めてペーパー等の試験、また論文等の提出等、そういったものについては行ってございません。なお、係長以下の試験の部分につきましては、今現在、手上げ方式ということで、論文の提出をさせまして、その論文の結果と、それから、人事評価によって昇任の選考を行っております。
 ただ、委員ご指摘がございましたように、こちらにつきましては、受験率というか、昇任を希望する職員が減ってきているというのは、現状としてございます。こういった部分につきましては、確かに管理職になったり、係長職に昇任をするということになると仕事が大変だというそういった意識もあるのかもしれませんが、それぞれの経験だとかそういったものを、きちっと上の職層に行ってやはり職員が果たしていくということは、これは絶対組織としては必要ですので、これは試験制度の見直しですとか、また、職員に対するそういった意識啓発というか、キャリアデザイン、そういったことも研修を通じて、今後対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 特に大幅にかなり受験率がダウンしている。もう半端じゃないぐらい皆さん受けなくなっていると。我々の常識からいくと、考えられないぐらい。普通の職場であれば、みんなやっぱり昇給して上に行きたいというふうに思っているというふうに思うんですけれども、現状でこういうことになっているわけですけれども、そういうふうな今の対応で、皆さん受けるような形になるっていうことなんでしょうか。どこか問題があるんじゃないのかって思っているけど、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 実際に、一番受験率が低下をしているという部分につきましては、これ係長職の昇任選考をなかなか受けないという職員が増えているというのが実情としてございます。
 そうした中、分析をしていきますと、男女比の部分を見ますと、やはり女性職員が係長職試験を受けないというようなそういった実態がございます。そうした中、今、女性が活躍をしていかなければならない、こういったことも叫ばれておりますので、若手職員を中心としまして、そういった女性職員、今後、活躍していってもらわないと、今後の羽村市を考えた場合、当然必要なことですので、そういったところで、今現在、研修として女性職員に対してキャリアデザインを考えるような研修、このあたりにつきましては、女性の活躍という話になれば、じゃあ、女性の職員だけを意識すればいいということではなく、当然、それは組織全体として男性職員も含めて、今後、そういったことをやっぱり考えていかないといけないと思いますので、そういった研修も含めまして、組織全体がレベルアップするようなそういった意識啓発というか取り組みというものは必要であるというふうに考えておりますので、ここにつきましては、継続的にそういった対応を実施していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 先ほどの年次有給休暇の取得率もそうなんですけど、今いるメンバーからやっぱり上のほうから変えていかなければいけない部分て、ワークバランスの部分で変えていかなければいけない部分っていうのも大きいのかなというふうに思うのが1点と、もう一つは、非正規の部分がかなり羽村の場合は大きくなっていて、1人の正職員がやらなければいけない部分ってかなり多くて、その中の責任ある立場ということになると、非常にいろんなところまで多岐に見なければいけないというふうな状況にもあるのかなというふうに思うんですけれども、そこの責任の重さみたいなものも非常にやはりプレッシャーになっちゃうんじゃないのかなというふうに思っているわけですけど、今後の非正規、正規の割合も含めて、この辺、正規職員の負担を少しずつ減らしていくとかそういうことも考えていかなければいけないんじゃないのかなといろいろ思っているんですけど、その点に関してはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) まず、年次有給休暇の消化率、こういったもの、中身を見ていきますと、やはり部長職、課長職、管理職のほうは日数的には少ないという状況になっております。そうしたところは、やはり管理職のほうがきちっと実践をしていくというところを取っていかなければいけないというふうに考えてございます。
 もう1点、非常勤職員と正規職員、ここの部分の考え方でございますが、これは、一般質問等でもお答えをさせていただいておりますが、業務等によって正規職員がやるべきものにつきましては正規、また、非常勤職員にお願いをしていくところは非常勤にお願いをしていく。また、外部に委託するような業務につきましては外部に委託をしていくと。それは業務を見た形で、それぞれ判断をしていきたいというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 1点だけ、ちょっと今までの流れと関連してしまって申し訳ないんですが、事務報告書の186ページと194ページになりますが、平成26年度は男子の職員の方が育児休業を取られたということはよかったなと思っているんですけど、病気休暇が、平成25年度は9名だったのが平成26年度は17名と増えてしまっているんですね。これは産業医の巡視が平成25年度は11回あったのが、平成26年度では5回しかなかったということと、あとやはりメンタルヘルスカウンセリングを新規事業として始めたということと関わっているんでしょうか、その辺はどのように判断というか、分析なさっていらっしゃるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) まず、病気休暇の部分の人数のほうからお答えをさせていただきます。こちらにつきましては、今回、17名ということで報告をさせていただいておりますが、このうち精神疾患と言いますか、メンタルな部分に起因する職員が10名ということで、増加をしているという形にはなってございます。
 なお、この増加等につきまして、先ほど産業医の巡視との関連ということは特段ないというふうに考えてございます。
 それから、育児休業の部分でございますが、今回、新たに男性職員で育児休業、取る対象となった者が4人おりまして、そのうちの1名が、期間的には短いんですけれども、育児休業、それから、出産支援休暇、育児参加休暇、こういったものを組み合わせるような形で半月程度、実際に休暇を取得をしたというような形になってございます。
 こうしたことも、今後も男性職員等に啓発をしていければというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 大塚委員。もう少しゆっくり、私のほうも聞き取れないので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) すみません。産業医の巡視は、平成26年度5回に減ってしまっているのは何か理由があったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 実は、平成26年度に産業医が変更になってございます。従前の産業医の先生がちょっと体調的になかなか厳しいというようなことで、次の産業医をお願いするにあたって、若干時間があったことから、そういったことから巡視の回数のほうが減少しているというふうな状況になってございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 決算書の100ページから103ページにかけて、先ほど出ました集会所の施設管理費について、地域の集会施設についての利用状況の概要と、それをどう評価しているか、それが1点目の質問です。
 2点目は、昭島では11の市立会館全てで管理人がいて、無料で利用でき、多くの市民が気軽に学習や趣味を楽しんでいます。生涯学習にとっても大切なこの学習等供用施設である地域会館を、もっと利用しやすくする考えはないのか。以上、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 1点目の集会施設の利用状況でございます。この評価ということでございますが、地域集会施設につきましては、主に地域の町内会・自治会のほうでお使いいただいているというふうに思っております。また、それに町内会・自治会に限らず、PTAや地域で活動する市民活動団体などもご利用いただいているというふうに認識しておりまして、稼働率につきましても割と高いものというふうに私どもは考えております。
 それから、2点目の地域集会施設の管理人ということでございますが、今は集会施設につきましては、会館の管理運営委員会のほうへ鍵の管理や受付などをお願いしておりますので、そこいら辺も管理人を特にこれから置くという考えはございませんので、今までどおり管理運営委員会のほうでやっていきたいというふうに思っております。
 管理運営委員会のほうは、会館の地域の方々が使う町内会・自治会のほうにもお願いしておりますので、そういう意味では利用しやすいのかなというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 使われる方は地域の自治会なんかが中心という感じがして、一般の市民に開放されていないという感じがするんですね。これは学習等供用施設ということになっていると思うんですけれども、市民に開放されて、利用されやすくて、やっぱり生涯学習にとっても役立つようなそういうところがすごく弱いような感じがするんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 委員おっしゃることもわかるんですが、確かに町内会、それからPTAなんかの利用率は高いです。ただ、先ほども申し上げましたとおり、地域で活動している市民活動団体なんかももちろんその地域の会館を使っておりますし、先般も問い合わせがございましたが、市民の方が「会館を利用したいので、どこがいい会館はないでしょうか」というような問い合わせも何件かございますので、必ずしも町内会それからPTAなんかが全部使っているというわけではございませんので、そこいら辺の周知も市民活動情報紙なんかを使いながら、地域の会館も利用できますという形で周知はしているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 地域の方々またPTAが使われる以外の、フリーの一般の方々が使われる割合というのは大体わかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) すみません、割合については、こちらのほうでは算出してございません。申し訳ございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) いいですか。ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 三つお尋ねします。
 1点目が、事務報告書232ページ、ここで情報セキュリティの強化ということで、近隣3市での外部相互の監視ですとか、また、J−LIS(ジェイリス)がサービス利用提供している脆弱性検査、レスポンス検査を繰り返し行ったということがあるんですけれども、この結果がどういうことになったのか。仮にセキュリティホール等が見つかった場合には、それをしっかりと対応が取られたという経過があるのかどうか、まず1点目、そこをお尋ねします。
 2点目が、事務報告書の275ページ、情報紙「きずな」の件なんですけれども、昨年も全戸に行っていないという状況がありまして、どうかと聞いたら、85万円ほどお金が余計にかかってなかなかというご答弁をいただきました。行政評価でもそじょうに乗っていたようでなんすけれども、新聞の購読率というのが多分徐々に下がってきているんじゃないかというふうに思っていまして、町内会の回覧板ですとか、金融機関に置くっていう工夫もされているのが読み取れたんですけれども、その新聞の購読率というのが今どのぐらいまで来てしまっているのかということです、2点目お尋ねします。
 3点目が、事務報告書の285ページ、羽村駅東口につけました防犯カメラなんですけれども、カメラがあることで犯罪抑止という効果は発揮できているんだろうというふうに思います。小作の時にも警察がこのカメラの情報を使って捜査に役立てたという報告があったんですけれども、羽村駅東口の場合はこれまでにそういう事例があったのかどうかという点をお聞きします。三つです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 情報管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯情報管理課長(田村和隆) ご質問のご1点目、情報セキュリティ総合監査についてお答えしたいと思います。
 この監査につきましては、平成23年度から近隣の5市、羽村市を含めました昭島市、福生市、それから青梅市、あきる野市ということで監査を行っているところでございます。こちらにつきましては、市長会の助成金を受けまして、その費用を賄っているところでございます。
 平成26年度につきましては、監査に実際には参加できなかった市町村もございますが、実際の状況を申し上げますと、昭島市の監査をあきる野市、それから、羽村市の監査を昭島市、あきる野市の監査を羽村市が行うという形で、11月11日から11月14日の間で行っております。
 その結果でございますが、羽村市に対する監査の結果としましては、セキュリティポリシーの関係で、その遵守、その周知をしっかり行うというそういうところの1点がございました。また、あと裏紙を使う際の個人情報の取り扱いについて、もうちょっと注意を払うようにというような事例がございました。
 それから、これは他市にもあった事例ではございますが、パスワード、パソコンを使う際のパスワードの設定、こちらの桁数が一応8ケタ以上というふうにはなっておりますが、桁数が足りていない事例があったということで指摘を受けております。
 そういうような部分につきましては、監査を行いました部署におきまして指摘をさせていただいて、改善をさせていただいているというところでございます。(「もうちょっと語尾をはっきり」と呼ぶ者あり)はい、わかりました。失礼しました。
 それから、J−LIS(ジェイリス)による脆弱性の検査等の結果でございますが、こちらにつきましては、検査を自動監査という形で自動的に行われるものでございますが、メール等の通知がございます。現在のところ、今までにこういった脆弱性、それから、ホームページのレスポンスの状況の悪化、そういったものの報告はございません。通常、良好であるという報告をいただいております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 2点目の新聞購読率でございますが、決算ベースで申し上げますと、折り込みのほうも毎回毎回ちょっと世帯数が変化しますので、平均で申し上げて割り出しますと、購読率は66%となってございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 街灯防犯カメラの設置の関係で、捜査関係事項照会書を福生警察のほうから羽村駅東口の関係で件数が来たのは4件ございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 1点目、わかりました。
 2点目の「きずな」なんですけれども、3分の2という状況なので、去年だったと思うんですけれども、市民活動センターの充実を、市長からもハード、ソフト両面考えているというお話ありましたので、ぜひこれは「きずな」の内容の充実も合せて全市民に届くということが必要なのではないかというふうに思うんですけれども、ちょっとどういうふうに担当が考えていらっしゃるのかを改めてお聞きします。
 それから、3点目の福生警察からの照会4件というふうなお話しありました。恐らく、余り詳しい情報提供というのはないんじゃないかと思うんですけれども、何か防犯カメラの情報を基にして捜査が解決に向かったとか、何かそういう実際の効果が上がっているのかどうか、わかる範囲でそこをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 地域振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興課長(羽村典洋) 2点目の「きずな」の関係でございます。昨年も鈴木委員からご指摘いただきまして、いろいろその後、考えさせていただきまして、その後、市内の金融機関、それから郵便局、それから、町内会への回覧も行いまして、なるべく多くの方々に、なるべくお金をかけずに周知していこうということで努力しているところでございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) その事件の、例えば、内容とかそういうものは、一切その捜査事項照会書にも書かれてございません。何時何分ごろの情報を知りたいということでございます。
 それと、先ほど4件と言いましたが、1事件に対して4台のカメラを提供したということですので、訂正させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) 決算書75ページ、報告書143ページの再就職支援セミナーについてお伺いいたします。
 非常に充実した内容で、重要な事業だと思っています。5人の方が参加されたということですが、この3日間縛りというのがちょっとハードルが高くて参加できなかったという声があったんですけれども、その点についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 決算書75ページ。企画政策課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策課長(橋本 昌) 決算書75ページ、多分、女性の再就職支援セミナー委託料4万5,000円かと思います。
 3日間のコースで、3日間の連続講座、日にちは飛びますけれども、行わせていただいて、委員ご指摘のとおり、3日間出ることが、お子さんの都合であったり、また、親の介護だとかということもあって、なかなか全部が3日間通して出られないという意見はアンケートなどにおいても、私ども主催者に受けております。1日で詰め込まずに3日間かけて分けて行っているわけでございますけれども、その点については、今後も改善の余地があるなと、改善をしていかなければいけないものだなというふうな捉え方を、市としてしていまして、これからも継続して取り組ませていただきたいと考えておりますので、そういったアンケートで承った意見などを踏まえながら、改善を繰り返して取り組んでいきたいというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。
 それでは、ひとまず議会費及び総務費関係の質疑を終わりたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 異議なしと認めます。
 しばらく休憩いたします。この際、説明員の交代を求めます。
                                    午後3時01分 休憩
                                    午後3時04分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより、民生費関係の質疑に入ります。ページは民生費が128ページから195ページまでです。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 4点ありますので、2点ずつお願いします。
 事務報告書354ページ、決算書139ページの障害者福祉施設の事業運営に要する経費、この中の委託料の地域活動支援センターハッピーウイング事業運営委託料のことなんですけれども、事務報告書を見ますと、相談延べ件数が福生市に比べて羽村市の利用者が倍以上多くて、交流室の利用の延べ人数も、福生市よりは少ないんですけれども、1,446人利用されております。こういった利用状況について、利用者の声など聞かれているかどうか。
 また、2点目に、委託料は前年度に比べて200万円ほど減になっていますが、この要因はどういうことなのか。まず、2点お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) ご質問のハッピーウイングについてでございますが、こちらの相談延べ件数と、それから、交流室利用延べ人数と、こちらも平成25年度と比較して増えているということでございますが、こちらの内容につきましては、相談延べ件数につきましては、やはりハッピーウイング自体が福生市にあるということで、羽村市からは若干距離があるということで、相談件数として増えているということでございます。
 また、交流室の利用についても、同様の理由で増えているということでございまして、内容につきましては、基本的には社会参加活動ということで、通われる皆さんがそれぞれの事業に参加して楽しんでという言い方、一言で言うならば楽しんでということですけれども、そういったさまざまな事業に参加しているということでございます。
 また、委託料につきましては、羽村市と福生市とで共同で事業を実施しておりますので、その負担の割合というのが、均等割が3割、7割が利用者割、利用者によって変動するということになっておりますので、その平成26年の前の年の3年間の平均の利用者数で計算した結果、この委託料となったものでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) ありがとうございます。
 相談延べ人数が福生市に比べてものすごく多い。それで、実際に行かれる方が少ないというのは、やはり行きたいけれども、いけない方も多いという、私もそういうご意見をいただいているんですけれども、行きたいけれども、電車に乗れないとか、バスに乗れないという方が、行きたいけど、ちょっと遠いっていう声も伺っているんですけれども、こういったことに対して、例えば、出張で何か設けるとかそういったことを検討されたことがあるのかどうか、お伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) 羽村市のほうが相談等多いということで、実際には、行けないからではないかというようなお話でございました。それにつきましては、実際にはそういったことも若干あるかと思いますが、ただ、距離的には福生の駅の近くということで、羽村市から通所するにあたって、それほどすごく遠い距離ではないかと思います。
 ただ、この件数が多いことにつきましては、割と固定の方が繰り返し繰り返し相談されているという部分がありまして、相談内容の中には、先ほどちょっと答弁漏れがありましたが、やはり経済的なこと、それから生活のこと、そういったことに加えてやはり個人の情緒不安定であるとか、そういったことをやはり繰り返し相談される方が多いということで、こういった件数になってございます。
 また、出張につきましては、月に1回、スポーツセンターのロビーをお借りして出張交流室という形で実施してございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 西川委員、マイクのほうに向かってしゃべってください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 今の件ですけれども、スポーツセンターで出張事業をされているということなんですけど、利用者とかはどのくらいなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) そちらのほうは、実際の数字というのは、ある程度は把握してございますが、現在、手元には数字としてはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) わかりました。では、ちょっと次の件にいきたいと思います。
 決算書の149ページ、敬老事業に要する経費、その他の敬老のつどい関係記念品に関して、昨年の決算で商協さんの発行されている商品券に関して、利用できるお店が少ないということで、商工会でも利用できるようにできないかというふうに質問させていただいて、検討しますということだったんですが、その後、どのように検討されたのかということを伺います。
 それから、2点目に決算書の165ページ、子育て支援事業に要する経費の中に入っているんだと思いますけれども、赤ちゃん休憩室事業は平成26年度、予定よりも増えて40カ所設置されたということで、多く設置されておりますが、この要因というのは、民間からの申し出が増えているのかということをお伺いをいたします。
 それから、3点目に187ページの児童館の施設維持管理に要する経費ですけれども、これは平成25年度に比べまして各児童館の経費はそれほど変わっていませんけれども、全体で倍以上に増えている要因をお伺いいたします。
 以上、3点お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) 最初のまず1点目の敬老のつどいにおける記念品の利用が可能な店舗の拡大というご質問でございますけれども、記念品につきましては、商業協同組合の商品券ということで配付をさせていただいております。こちらにつきましては、商業協同組合の加盟店舗が増えているというような状況の中で利用する店舗が増えているという状況はございますけれども、現在、まだそのほかの方法を使って、これという方法で使えるところを増やしていこうという具体的なところはまだ見つかっておりませんので、今後も引き続き検討していきたいというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 赤ちゃん休憩室の関係です。平成26年度、2カ所増えてございますが、こちらにつきましては、2カ所ともこちらの担当のほうからの働きかけにより増えたものでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 児童館の維持管理に要する経費の金額の約倍増というふうなお話でございます。これにつきましては、決算書189ページの下のほうにございますように、西児童館の空調設備の改修工事を2,554万2,000円ということで、工事請負費の増というようなことでよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 先ほど、赤ちゃん休憩室2件、こちらからの働きかけということだったんですけれども、今後、民間しか増やすところはないということでしょうか。民間のほうを今後広げていくというお考えなのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 赤ちゃん休憩室につきましては、公共施設につきましては、一通りこちらのほうで設置してございますので、これからは働きかけは民間事業所ということになります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 今、西川委員の質問と関連なんですけれども、敬老事業で自動車借上料が予算では76万5,000円だったところが100万6,000円何ぼで、高齢者福祉バスの運行に要する経費から流用しているわけですけれども、これ、計画と予算を立てた段階で、大体いらっしゃる方というのは把握していると思うんですね。で、この借上料を予算立てしたと思うんですが、なぜ増額せざるをというか、流用せざるを得ないような事象が何か起きたのかどうかをご説明いただきたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) ただいまの敬老のつどいにおけるバスの借上料のご質問でございますが、平成26年4月1日に貸し切りバスの選定利用ガイドラインが改正となりまして、契約額が増額となったことが増の理由でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。もう一度ゆっくりお願いします。答弁してください。高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) バスの借上料の関係でございますが、平成26年の4月1日、貸し切りバスの選定利用ガイドラインが改正になりまして、契約金額が増となっております。大型バスが1台6万円のものが8万9,250円、マイクロバスが1台4万円のものが6万4,150円ということで増となっております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。ほかにはいらっしゃいませんか。
 では、しばらく休憩いたします。
                                    午後3時17分 休憩
                                    午後3時29分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 ほかに質疑ありませんか。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 三つほどお伺いします。
 まずは、159ページ、決算書です。159ページの神明苑の管理運営に要する経費ということで、これ、以前から私、心配して質問しているんですけれども、例えば、大きな地震が起きた時に、建物は今、築43年、木造ということで、その建物自体が大丈夫なのかどうかということを心配しているんです。耐震基準等も含めてどうお考えなのか、お聞きします。
 2点目、191ページです。生活保護対策に要する経費です。平成26年度新規事業で社会保険労務士等の資格を持った方で、年金調査員の配置を実施しました。生活保護のこれは年金調査をしたわけなんですけれども、1人で152件という事務報告でありました。調査した結果を伺います。
 3点目、165ページです、決算書。子育て支援事業に要する経費としまして、家庭支援センターと教育相談室との連携、または情報交換というものは、どのように平成26年度したのか、また、その効果、成果をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) ご質問の1点目の神明苑の耐震性についてでございますが、委員のおっしゃるとおり、神明苑の建物につきましては、昭和47年の建築でございまして、その後、昭和52年の8月から神明苑として運営を開始してございます。
 現在の利用状況を見ますと、主に、一つの長寿会のほうで万灯の制作に利用している利用目的のほかは、余り利用がされていないような利用状況となってございます。これから耐震改修等を行っていくことがいいのか、それとも、そのほかの方法であり方を考えたほうがいいのかということにつきまして、今後、検討させていただきたいというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 2点目の生活保護対策に係る年金調査員の調査結果についてのご質問でございますが、事務報告書では345ページに掲載しております。委員がおっしゃったとおり、152件の調査を実施しまして、受給権が判明した、また、年金受給に至ったというケースが2件ございました。そのほかにつきましては、年金加入月数が増加した件数が4件、それから、現在は受給年齢に達してはいないんですが、年金加入月数が300月以上あることが、つまりは、受給権があるということが判明した件数が9件、そのほか、いわゆる法改正後の10年法と言うんでしょうか、まだ可決されていませんが、そういった法が改正された以後に老齢基礎年金が対象になることが判明した件数が19件あったということでございます。合計では152件の調査件数のうち34件について、調査員の雇用によるいろいろな内容が判明したという大きな成果があったものと考えております。
 また、財源につきましては、セーフティーネットによる、係る国庫補助金10分の10の活用をしたことや、年金調査員とケースワーカーなどとの連携によることで職員の資質の向上につながったものと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 教育相談室と子ども家庭支援センターとの連携ということでございます。こちらにつきましては、年3回会議を実施をしてございまして、ケースの共有を図ってございます。
 こちらの成果ということなんですけれども、なかなか成果として目に見える形でというのはなかなか難しいんですけれども、情報共有がより一層図れてきていると認識してございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 神明苑のほうなんですが、数年前から言っていて、検討ということで、進んでいないなと思いますけれども、木造の耐用年数というのは、一般的におおよそ何年とみているのか、お聞きします。
 それから、生活保護のほうです。2人の年金受給者が判明したということと、それ以外でも、今後、年金受給に至る、数年後に至る方等がわかったということで、結構大きな成果になろうかと思います。そういう方たちが保護費をもらわなくなるわけですので、減額につながるものとして、表にはまだ数字として出てこないけれども、大きな効果が出たのかなというふうに思って、この年金調査員の事業、非常によかったかなとこういうふうに思っております。
 ちょっと年金調査員から外れますが、就労支援員のほうの質問になりますけれども、就労支援員やケースワーカーによる支援で、平成26年度は46件の就労へ導くことができたということです。前年は38件だったので、努力が実っている感じですけれども、実際に生活保護から脱出できた件数というのは46件中何件だったのかなということをお聞きします。
 それから、3点目の子育て支援なんですけれども、子育てで悩んでいる保護者の方って結構いらっしゃって、相談体制というのは非常に重要だと思います。その一つに、三つの児童館で行われている相談事業があります。その中で東児童館の延べ相談件数が190件と、ほかの二つから比べると非常に多いわけですけれども、私のところにも東児童館を使っている保護者さんから、もう少しゆっくり相談時間が欲しいという話も、声も聞いているんですね。相談員さんの時間というのは9時から12時ということなんですけれども、もう少しきめ細かな対応等が可能なのかどうかということをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 木造の耐用年数ということのご質問ですけれども、一般的に言われているのは30年、40年という部分は言われておりますが、基本的な部分として何年かおきに改修をしているとかそういう部分によっては耐用年数というのはどんどんどんどん延びることもございます。ただ、神明苑の場合につきましては、昭和47年に建設ということでございますので、それから43年経っているということですから、もし今後、利用という部分になるのであれば、大規模な改修等を行って耐震化も図っていかなければならないというふうに思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 2点目の生活保護に係る就労支援員の関係でございますが、生活保護脱却に至ったケース、就労支援員のみではちょっと把握しておりませんで、就労支援事業として全体で生活保護廃止、全体で90件ほどあったんですが、そのうち15件が稼働収入の増加による廃止となったものでございます。就労支援員だけの保護廃止はちょっと捉えておりません。すみません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 児童館で実施しております子育て相談事業の関係でございます。委員おっしゃるように、東児童館の総延べ相談件数190件ということで、平成25年度に比べて大分増えてございます。
 ただ、こちら、相談件数としてはそれほど増えてはございませんで、お一人の方の回数が多くなっているという部分もあるかと思います。
 それと、実際、こちら週3回、午前中ということで、時間どれだけあってもなかなか潤沢ということは言えないかと思います。こちらの相談員さんにつきましては、相談、その後に子ども家庭支援センターのほうにつないでいただくっていうような役割を持ってございますので、その後のもう少し深い相談になった場合には、子ども家庭支援センターのほうにつないでいただくという形で考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 神明苑のほうは、年間6月、7月、9月、2月という年間を通して4カ月のみで延べ124人の利用者なんですね。だから、多くないんですね。前年も見たらば、同じような数字でした。ということで、しかも、使っている方たちは老人クラブの方だけということなので、何かうまい代替案みたいなものがあれば、特にお金も使わなくて済むのかなというふうに思いますので、その辺の代替案が何かあるかお聞きします。
 それから、2点目、生活保護はオーケーです。
 最後、子育て支援は、子ども家庭支援センターに最終的にはその情報が行ったりして、そうすると、今度は家庭支援センターのほうに来てください、市役所のほうに来てくださいというような多分やり取りがあるかと思うんですけれども、保護者の中には、庁舎に行きたくでも車がなかったり、小さい子を抱えていて車も持っていない、自家用車がなかったり、また、小さい子どもを抱えてなのでなかなか自由がきかないということで、庁舎のほうにも足が遠のくみたいなことはおっしゃっておりました。そういう方のために、電話相談を受けた後に、逆に、訪問をして相談をアプローチに行くみたいなことの考えはあるのかどうかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 神明苑の関係でございますが、神明苑の成り立ちというか、その辺はちょっとお話しさせていただきたいんですけど、今から40年ぐらい前、やはり昭和52年の時に、向こうの地区にそういう老人の福祉施設がないということで、地元のほうから議会のほうに要望がありまして、そこの建物を寄付をすると、町に寄付をするということなので、それを老人福祉館神明苑、その当時、名前を神明苑として、老人福祉館神明苑としてオープンしました。当時は、あちらの地区で今の神明台上地区、神明台、川崎東・西、その辺の老人の方が使っていまして、後、それからずっと時間が経つにつれまして、上のほうですと三矢会館、それから神明台会館、下のほうでは、川崎会館は前からありましたけど、鉄筋コンクリートの建物になった。そういうことで、神明台上のほうからあそこの神明苑まで来るにも大変だと、もう三矢会館等できてきたので、あちらの神明台上の地区の方が、「もう、いいです。こちらでやります。」、それから、神明台会館とかこうなりまして、徐々に少なくなってきて、今使っているのは、川崎西長寿会というところで使っております。
 委員おっしゃるように、建物もかなり古いということで、今の公共施設等の総合管理計画の中にも、この神明苑をどういうふうにするかということで入っておりますので、今後、あの建物をこれから補強してということはちょっと難しいと思いますので、この計画の中でこの先どうするのかということも含めて検討していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 市役所のほうに直接ご来庁いただけないようなケース、確かにございます。この場合に、お電話をいただいて、お電話で大事な相談内容のほうをお伺いして、ケースによって、例えば、発達に関するご相談でしたら巡回相談という形も行っておりますし、支援が必要ということであれば、こちらの事務報告書のほうにも載ってはいないんですが、養育支援訪問という形で、事務報告書にはヘルパーの派遣という形で載せてはいるんですけれども、それのヘルパーという形ではなく、子育て支援課の子ども家庭支援センターの職員が養育支援の訪問を行うという事業も行ってございますので、ケースとして、そういう必要に応じてそういう対応をしてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 生活保護のことで関連でお尋ねします。
 事務報告書345ページに詳しく載っていますけれども、まず、1点目は、保護の受給者、受給世帯ともに目に見えて増加しているというのがわかりました。346ページのほうを見ますと、傷病・障害者世帯がすごく増えているなというふうになっていまして、これ読む前は、高齢者世帯かなと思ったんですけれども、そうでもないという状況なんですけれども、全体としてこの増えているという状況は、傷病・障害者世帯の内容ということにもなるかもしれませんけれども、ちょっとどういう状況なのかというのを1点目、お尋ねをしたいと思います。
 それから、2点目は、345ページの一番下のところに、廃止が92世帯と、これも数が増えているんですね。先ほど、15世帯は収入が増えて脱却ということになったということ、よかったんですけれども、その他、残りの世帯はどういうことが理由で廃止ということになっているのか。
 それから、三つ目は、去年も聞いたんですけれども、無料・低額宿泊所、これはなかなか一時的な利用ということを建前でやっているんですけれども、結構長期にわたって入っていらっしゃる方もいるというふうにお聞きしていたんですけれども、平成26年度末が現状でもいいですけれども、利用者がどういうふうになっているか。その三つをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 生活保護に係るご質問の1点目の傷病・障害者の世帯が増加しているという分類につきましては、その内容につきましては、それぞれの個の理由でなかなか分類と言いますか、分析と言いますか、ちょっとそこはできない状況にはございます。
 主に、世帯主の方の傷病と言いますか、それによって収入が減少したと、そういうような開始理由ではそういったものが多いので、世帯主の傷病ということによるものが多いかと感じております。
 それから、廃止の理由でございますが、主な廃止の理由としましては、全体に92件ほどございますが、死亡廃止、死亡された方が26件、稼働収入の増加が15件、それから、他の管内、羽村市以外に引っ越された方が8件、その他43件でございますが、その他としては、失踪、扶養の引き取り、年金が増えた、そういったような内容でございます。
 それから、無料・低額宿泊施設の利用の状況でございますが、平成27年3月末現在でお答えしますと、利用者14人でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。
 1点目の傷病・障害者の増ということは、もちろん個々のさまざまなケースで保護を受けるということですから、ひっくるめてどうだっていうふうに言いがたいんですけれども、世帯主の傷病っていうものが目立つということなんですけれども、増えた世帯で世帯主の年齢構成なんていうのはわかるでしょうか。ちょっと事前に言っていなかったものですから、すぐには出ないかもしれませんが、ちょっとそこをお尋ねをします。
 それから、2点目は、了解しました。
 3点目の無料・低額宿泊所なんですけれども、ちょうど1年前ですね、平成26年3月で15人だったというふうにお聞きしていました。一番長い方はどのぐらいの期間、この無料・低額宿泊所を利用されているという状況になっているのかどうか。かなり以前は長い方がいらっしゃるとお聞きしていたんですけれども、その理由がなぜかと。やはり基本的には市内に転居させて、しっかり生活をフォローしながら自立に向けて取り組みを進めていくというのが基本だと思うんですけれども、長くなっている方がいらっしゃるとしたら、なぜそうなっているのかという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 1点目の廃止の世帯に係る年齢構成でございますが、すみません、これにつきましては、ちょっとうちのほうでも捉えておりませんので。
 それから、次の無料・低額宿泊…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 課長、最初からもう一度大きな声で。結論がはっきり聞こえません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) はい、失礼しました。
 次の無料・低額宿泊施設で長い方がいるということについてでございますが、平成27年3月現在で一番長い方で7年11カ月、次に6年1カ月、3番目には4年10カ月、こういった方が長く入っていらっしゃる方でいらっしゃいます。
 その理由につきましては、やはりなかなか居宅に戻すにも金銭管理ができないとかそういったことがございますので、無料・低額宿泊施設のほうには管理者、寮長等がいらっしゃいますので、そういう方にフォローして支援していただいております。そういったことで長くなっているという場合もありますし、また、ご本人の希望という場合もございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 事務報告書80ページの児童青少年課で3点お聞きします。
 まず、少年少女球技大会についてなんですけれども、これも5年前と比べると参加者が800人ぐらい減っているのかな。当初予算に関して言うと、でも、15万円以上増えているんですよね。15万6,000円増えていると。決算を見ると、66万円、63万円。前年度が63万円、66万9,000円ということで、当初予算80万円の意味って何かあったのかなというふうに思うわけですけれども、不用となった額も含めて状況についてまずお聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから、2点目は、同じページの社会参加実践活動なんですけれども、これもやはり参加者は5年前と比べると減ってきてます。この内容から見ると、特に中学生に参加してもらいたいなという内容で、私もずっと参加していますけど、もっと中学生にアピールできないのかな。市内には中学生で来ているところもあるという話は聞いているわけですけれども、一律ではないわけですけれども、この辺の各中学校の扱い、どうなっているかということと、ここは数年雨が続いているというふうに思うんですけれど、雨の場合、雨でうちなんかなくなったと思うんですが、その場合は、例えば、文房具とかはまた次の年に回せたりできるのかどうか。細かいことですけど。
 それから、同じ80ページの夢チャレンジセミナーなんですけど、これ、参加者19人ということで、多分リーベン・ブロートの場所でやったのかなと思うんですけど、そうすると人数は限ってやったのかなとは思うんですが、19人ということで、どういうふうな内容でやったのかということをちょっとお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 少年少女球技大会の予算の関係でございます。これにつきましては、教育費のほうに関連するんですが、青少年健全育成事業に要する経費がございまして、その中の少年少女球技大会に関連する予算を合計して合算をさせて、このところの概要書のほうには記載をさせていただいているというふうな状況でございまして、昨年度は確かに80万9,000円ほどで、今回80万円というようなことで、その時の内容によって若干消耗品の関係ですとか、備品の関係で記念のメダルですとか、その辺の関係で若干違ってきているのかなというふうに考えております。
 それから、夢チャレンジセミナーの関係でございます。これにつきましては、市内のパン屋さんに平成26年度は講師をお願いしまして、そのパン屋さんの場所で「めざせ パン職人!」ということで、今年の2月8日に実施をさせていただきました。募集は20名程度ということで募集をさせていただきまして、58人の申し込みがございました。当日1名欠席というふうなことで、最終的に19名の参加というふうなことで、夢チャレンジセミナー、実施をさせていただいたものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 3点目につきまして、社会参加実践活動でございます。323ページの関係、決算書でいきますと教育費のほうの関係かなというふうに思います。これについて、中学校の参加につきましても、積極的に声掛けをさせていただいて、学校の校長先生にもご協力いただきながら…

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 一応答えまで出れば話してもらっていいんですが、基本的には費目でいけば教育費なので、馳平委員、そこでの答弁、もう一度質問していただくことでよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 答弁はとりあえず結構です。
 いつも民生なのか、それともあれの中で、ちょっときわどいところでわかりにくいんですけど、費用としてはそっちへ入っているということですけど、例えば、少年少女球技大会の運営、例えば、あそこで熱中症対策とかそういうことで、その時に看護師とかを増やすとかそういうことをやってくれたのかなと思って、その分の予算がついているのかなと思った。その分に関してはこっちがなるのかどうかわからないんですけど、そういうことじゃないのか、ちょっとお聞かせいただきたい。
 あと夢チャレンジのほうなんですけど、58人せっかく申し込んで20人だけということで、残り38人ぐらい出れなかったわけですよね。こういう機会、別に1回じゃなくてもできるのかなというふうに思うんですけど、その件に関しては、せっかく見たいと思っている方がいたわけで、何らかその対応というのはできないのかということをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 夢チャレンジセミナーの関係につきましては、毎回テーマを決めて年1回実施をさせていただいています。
 子どもたち、将来の夢ですとか、そういうふうなテーマ、いろいろなりたいものですとかそういうものの内容を確認させていただいて、毎年1回実施をさせていただいています。平成26年度も、今お話しましたとおり、「めざせ パン職人!」というふうなことで実施をさせていただきました。平成27年度も同じような形で予算も措置をさせていただいてございます。今回、平成26年度につきましては58分の20というふうなことでございますので、平成27年度も状況によっては同じようなパン職人というふうなことで実施もできるのかなというふうなことで、検討をしてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 3点お伺いいたします。
 決算書の165ページになると思うんですけれども、児童福祉総務費の一般事務に要する経費の中になると思うんですけれども、幼稚園・保育園・小学校連携推進懇談会についてなんですが、これは平成18年8月に連携推進懇談会が設立されたというふうに認識しております。
 1番目に、この幼・保・小学校連携推進懇談会の研修講師等の謝礼が、基本的に毎年度予算化されているのかなというふうに思うんですが、最近、平成23年、25年、26年は支出がなかったように見えます。平成26年度も予算書の中で児童福祉総務費として一般事務に要する経費、その中で幼・保・小学校連携推進懇談会の研修講師等の謝礼として5万円計上されていると思うんですが、今回支出がないように見えます。講師等の謝礼等が発生しなかったということになるんでしょうけれども、なぜ支出がなかったのか。講演会が持てなかった、あるいは持たなかったということだと思うんですが、その理由をお聞きします。
 全部で3点お伺いします。
 次に、決算書の139ページ、障害者福祉施設の事業運営に要する経費で、障害者就労支援事業の実施、この中で障害者就労支援センターエールの件なんですけど、事務報告書の中で相談件数が2,170件、平成26年までの登録者数になると思うんですが、104人ということで、この登録者数104人のうち平成26年度の新規登録者数というのをお聞きしたいと思います。
 続きまして、同じ決算書139ページの就労継続支援B型事業いちょうなんですけれども、定員35名に対して在籍者数も35人ということで、平成26年度の空き待ちと言うんでしょうか、入所待ちと言うんでしょうか、そういう方がいらっしゃれば何人いたのか、まず、この三つをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) まず、1点目の幼・保・小学校の連携懇談会の関係です。こちらの講師謝礼の関係なんですけれども、平成26年度、実績がないということで決算書には載ってございません。こちらは部会のほうは3回開催をしておりまして、就学前プログラムですとか、就学前カリキュラム、こちらの作成に関する検討は行ってございます。
 ただ、こちら部会の検討結果が懇談会に諮るまでの進捗が見られなかったということで、懇談会自体は開催に至ってございません。ということで、謝礼のほうも発生していないということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) エールについてのご質問でございます。
 エールの登録者数は、平成26年度で104人ということで、このうち新規の登録者数はというご質問でございましたが、前年度、平成25年度は93人の登録者数でございますが、この増えた分が新規ということではございませんで、中で一度登録をやめている方、それから新たに登録した方というのがありますので、その増えた分がそのまま新規ということではございませんので、今、手元には新規という数字は持っておりません。すみません。
 それから、次のご質問でございますが、いちょうの待機者ということでございますが、こちらにつきましては、現在ございません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 幼・保・小学校の連携懇談会なんですが、恐らく平成25年度、26年度、なかったのかなというふうに思うんですけど、その時々のテーマ、どういうった講演をされているのかということもありますけど、その時々のテーマとか課題に合わせた講演会などを行うことによって、その懇談会の内容も前進してくるのかなというふうに思うんですが、その辺、ちょっとお伺いしたいのと、エールのほうで、最初、電話での問い合わせというふうになると思うんですが、実際に相談件数2,170件、延べですけど、この中で実際に面談までされた方というのは何人ぐらいいらっしゃるのかということをお聞きします。
 まず、その2点お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 講演会のテーマということでございます。今、委員おっしゃるように、開催をさせていただく際には、その時々のテーマというか、その時々に適したテーマで講演会のほうを設定してまいりたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) エールについての相談から登録へというそういった数字についてのご質問かと思いますが、実際には、相談の件数は多いのですが、そのまま、例えば面接を行うとかそういう詳細の件数につきましては、把握してございません。
 ただ、エールにつきまして、まず、電話で相談いただく、それから、また、実際に来ていただく、そういった時に、基本的には就労の意思があるとか、それから、障害者であるとか、そういった条件で、基本的には入口の部分で受け付けをしております。ですから、電話があった時にそういったようなお話があれば、基本的には、お越しいただいて登録をするという形にはなってございます。ただ、あとの相談の中には登録はしているけれども、そのままなかなか就労につながらないとか、いろいろ、例えば、仮に就労につながっていても、また、定着に関してのいろいろな悩み事とか、そういったことも全部含めての就労支援センターでございますので、そういった相談もあるかと思います。相談の種類ごとはある程度把握できるんですが、それを例えば、登録、例えば、就労しているとかそういった数字の捉え方は、今、手元にございませんので、ご報告できません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 幼・保・小学校の連携なんですけれども、就学前プログラムあるいはカリキュラムの策定、これが今年度、平成27年度まで行われるということで、来年度、策定予定となっているということなんですけれども、平成26年度までにどのような内容で、どの程度検討が進んでいるのかということを確認させていただきます。
 2点目にエールのことなんですけれども、相談内容は別としまして、市民の要望としてどういうことが上がっているか。また、基本的には事業運営委託なんですけど、市としてのこの障害者就労支援事業、これに対する取り組みはどうなっているのか。
 それと、いちょうのほうでも同じように市民の要望としてどういうことが上がっていて、市の取り組みはどのようなものがあるかということをお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) ただいまの就学前プログラム、就学前カリキュラムの関係、大変申しわけございません、ただいま手元に資料がございませんので、後ほど回答させていただきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) エールについての市民からの要望ということでございますが、障害者の就労ということにつきましては、こちら非常に大事な課題であると考えております。
 それで、登録される方も、最初に相談を電話で受けるとか、それから、登録に実際に来られるとか、エールに行かれる方について、そういった市民の障害者の要望、ご家族も含めてそういった要望があるものと捉えております。
 先ほども少しお話しさせていただきましたが、就労に結びつけるためには、いろんな仕事のマッチングとかありますので、そこまでのいろいろなエールとしての支援、生活と就労と、それから、どういった仕事が合うかといったそういった部分、それから、またさらに、就職された場合、その後の定着の支援、それから、やはり企業側への理解を求めるとか、そういったこと全てが就労支援事業として必要だというふうに市としては捉えておりまして、そういった事業を展開しているところでございます。
 また、いちょうにつきましては、現在、就労継続支援事業として実施しておりまして、こちらにつきまして、先ほど待機がいるかどうかというようなご質問もありましたが、現在では、実際には定員のとおりということで、特に要望等はございませんが、今後はそういった要望がございましたら、そちらにつきましては、例えば、定員等、それから、事業等についてございましたら、そちらをそういったものに対応していきたいというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 先ほど、幼・保・小の関係の就学前プログラム等のご質問で、担当課長のほうから、後ほど資料をということで申し上げましたが、私のほうからお答えをさせていただきますと、やはり幼・保・小の連携というのが重要な課題というふうにはなってきておりますけれども、実際に部会、今、課長のほうから答弁で部会を数回実施しております。そういった中で、そういったカリキュラム等が、就学前のプログラム等が東京都のモデル等もございます。そういったものをたたき台に、実際に現場の教員であり、保育士であり、幼稚園教諭でありという方々に集まっていただいて、議論は、意見は交換していただいているんですが、なかなか羽村市としてそれを策定していくというのは難しいなというふうには考えております。
 委員の皆さんからも、こういったカリキュラムを作るよりは現場のもう少し情報交換とか、小学校の様子を見たいとか、そういったところもありまして、平成26年度は部会委員からの要望もありまして、実際に栄小学校の給食を見学に懇談会のほうで伺いました。未就学児を育成している保育園や幼稚園の関係者が、実際に保育園、幼稚園でやった教育の内容として、次の小学校で、例えば、給食ではどんなふうに子どもたちがきちっと対応できているんだろうか、そういったところを見たい。例えば、それを見て、今度は自分たちのところに戻ってそれをフィードバックして、もう少しこういったところを子どもたちに伸ばしていけば、給食の中でもきちっと対応できるのではないかとか、そういった本当に具体的なところを知っていきたいというお話もありまして、少し時間がかかっているところでございますけれども、そういった内容の中で検討しているという状況でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) よろしいですか。ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今のエールのことなんですけれども、事務報告書354ページにありました。登録者数の内訳が、障害の区分ごとにどうなっているかっていう情報はお持ちなのかどうかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) 登録の方の障害別の内訳でございますが、今、手元にはございませんが、あります。それは、エールに関しましては、毎月1回必ず情報交換というか、そういった形で1カ月の登録の推移とか定着、就労型定着、それから研修、それから、個々の個別のケースについても把握してございますので。今、その資料は手元にないということです。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。発達障害の方で、実は、障害があるということがわからなかったんですけれども、なかなか職場に定着しないと、いろんなことがあってそのことに気がついて、支援をというケースがあるんだって言うんですけれども、その発達障害の方の登録というのはどういう状況、増えているということになっているのか、余り変わらないということなのか、その辺をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) 発達障害の方の登録ということでございますが、そちらにつきまして、徐々に数字として増えているという状況です。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに、門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 決算書は135ページ、事務報告書では343ページになりますが、受験生チャレンジ支援貸付事業についてお聞きします。
 この事業は、年度を追うごとに利用者が増えてきて大変よかったというふうに思いますが、これは合格すると確か返還しなくていいということになっていたと思います。貸付ですから、これ、返還しなければならなくなった人がいるかどうか。アフターのほうの調査をされているかどうかというのが1点です。
 それから、市民税の個人分でも所得の少ない人たちが増えているっていうことですので、今後、このチャレンジ支援貸付事業というのは、もっともっと普及していく必要があるというふうに思いますけれども、きちっと必要とされている人たちに話が届いて、その方たちが理解して、必要とされる方は全員申し込んでいるのかどうか。申し込まない方には、それなりの理由があると思うんですけれども、そうしたところにきちっと声が届いているかどうかについて、まず、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 1点目の受験生チャレンジ支援貸付受付事業の関係で、返済免除になる場合につきましては、高等学校、大学等へ入学した場合、合格した場合に返済が免除されます。その他、償還免除の適格要件はいくつかございます。実際には、若干名、返済免除にならなかった方も出てきております。受験に失敗された方等につきましては、返還免除となっていない方も若干出ております。
 それから、こういった制度の利用について隅々まで声が届いているかということにつきまして、受付事業につきましては、いろいろな形で周知しているところでございます。毎年6月と12月に社会福祉協議会から各中学校宛てに文書を付して、制度のリーフレット、そういったものを中学3年生全員に配ってもらえるよう、依頼しております。また、高校生につきましては、市内で行っている塾にリーフレットを配布しております。また、毎年7月1日号の広報はむらですとか、10月号の社協だよりに掲載して、その制度が周知されるよう努力しているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) これ教育委員会のほうにも関わってくるのかなと思うんですけれども、中学3年生の進学ということに関わるところだと思うんですが、1回の受験で失敗したから返還が発生するというのではちょっと酷だなっていう感じがするんですけれども、きちっと再チャレンジも含めて進学をしていった場合には、ここの返還は免除されるのではないかなというふうには思うんですが、そういう考えでいいのかということと、教育委員会として、とりわけ教育機会をきちんと保障するということで合格へ導いていくということをきちんとされているんだと思うんですけれども、そこのあたりについて、返還ができるだけ発生しないように工夫は必要かなと思うので、お聞きいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 受験生チャレンジ支援の関係で、返還が免除されるというのは、やはり努力して、そういった結果としてそういう制度があるということで頑張ってもらうということもあると思います。若干、返還免除にならなかったケースとしても、最終的には受験しなかったり、細かい内容というのは、ちょっと社会福祉協議会からデータとして上がってきていないので、返還免除にならなかった人の内容というのは、ちょっと把握してございません。すみません。
 要は、今後もこういった制度の周知につきましては、十分努めていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) これ、チャレンジ支援ということですから、受験も1回、2回チャレンジは可能だと思うんですけれども、それを見て、1、2、3ぐらいのチャレンジの中でちゃんときちっと成果が出ていけば、それでオーケーということだと思うんですが、そういうことでよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) この受験生チャレンジ支援事業につきましては、制度としましては東京都社会福祉協議会の制度でございますので、この市で実施しているのは、受付の申請の支援でございます。制度自体は東京都社会福祉協議会の貸付事業でございますので、そこにつきましてはご理解いただきたいと思います。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 2点ほどお伺いいたします。
 1点目は、141ページの下のほうなんですけれども、障害者の参加・交流事業に要する経費のうち障害者スポーツ・レクリエーションのつどいの件でございますが、これは非常に障害者と一般の関係者の間のレクで大事な事業であるというふうに認識をしておりますが、この事業の参加者、障害者の家族とか障害者ご自身の参加者が毎年減ってきているんじゃないかと。私の記憶でも3割、4割減ってきているとこういうふうな状況において、その要因がどういうふうに、どのくらいの人数が減ってきているのかというデータも取られているのかどうか。また、その要因はどういうふうなところにあるのかというところを、まず1点目でお伺いしたいと思います。
 2点目は、187ページの児童館の運営に関することなんですけれども、これ、それぞれコーディネーターですとか、あそびクリエーターですとかって、近年非常に保護者にとりまして大変助かるコーディネーター、支援員だというふうに理解しています。私の孫も、事業をやっている関係で中央児童館に行った時に、上にそういう方が、逆に遊ばせてくれるんですね。そういう中から前に私は、議員になったばっかりだったんですけれども、子どもたち、お昼休みまたは3時のおやつの時でもいいんですけど、その児童館の中に親御さん同士、子どもも交えてお茶でも飲む、食事だと軽い軽食ぐらいできるようなものを設けたらどうかと。早速その時に、そういうふうなことをやってくれたんですね。今もそういうことが、非常に大事なことなもので継続されているのかどうかということをお聞きしたいと思います。
 その2点で結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) 障害者スポーツ・レクリエーションのつどいについてでございます。こちらの参加者の推移でございますが、平成26年度全体で426名ということでございますが、そのうち障害者と障害者のご家族の数字は128名でございます。平成25年度は、この障害者と障害者のご家族が130名ということです。それから、平成24年度が90名です。そのように、人数としましては多少の増減というか推移がございまして、ここ1、2年は、また若干増加している状況にございます。
 もともと障害者スポーツ・レクリエーションのつどいということで、障害のある方もない方も一堂に会して、そういったスポーツ・レクリエーションに親しむというようなことでございましたが、最近、これは34回、今年は35回目だったわけなんですけれども、それぐらい歴史があるものなんですが、当初は、やはり障害者と障害のない方も一堂に会してといった趣旨があったかと思うんですが、障害のある方たちも、それぞれ昔と比べますといろいろな余暇の過ごし方とか、それから障害の種別によってはそういった集まりが余り得意ではないという方もいらっしゃるので、また、一方で、そういったものを楽しみにしているという方もいらっしゃるので、その辺につきましては、当初の目的とは若干違ったような形にはなっているかと思います。
 ただ、その中で近年では、いろいろ障害者の競技、障害者スポーツの競技紹介をしたり、また、小学校のソーランの参加があったり、それから、もともとボランティアの方たちにはたくさんお手伝いいただいたりとか、そういった形で実施してございますので、これからも競技についても、また、そのほかのことについても、いろいろ検討して続けてまりいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 児童青少年課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯児童青少年課長(細谷満広) 児童館での飲食の関係です。
 児童館、原則的には小学生とか子どもさんについては、館内は食事だめですよというようなことでお願いしてございますが、親子に限りまして、昼食を取りながら親子で触れ合ったり、保護者の方同士が情報を交換したりする場として利用できるようにということで、館内、市内に三つ児童館がございますが、それぞれ場所を決めさせていただきまして、そこで飲食コーナーということで、親子での昼食等をやっていただけるように、時間帯につきましては正午から午後1時ということで、親子で食事等を楽しんでいただく場所については児童館の中に確保してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) わかりました。最初の障害者のスポ・レクの件に関してなんですけど、ある体育関係の長の人に、2年ぐらい前でしたか、お弁当ぐらい出したらどうかというふうなあれがあったんですけれども、その辺も、今、答えはいいですけれども、検討材料にしておいてもらえればと。参加者を増やすということと直接は結びつかないにしても、ある一定の効果はあるのかなというふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、2番目の児童館の中にそれはあるのは、やっぱり前に話したんですけれども、小さいお子さんを持つと、どうしてもお母さん方はプレッシャーがかかるんですね。いわゆる育児ノイローゼにかかりやすい、そういう環境にあるので、いわゆる井戸端会議じゃないですけれども、おしゃべりすることによってそういうものが解消されて、結局は子育て支援に大きくつながるというふうな趣旨でございますので、よろしくその辺はお願いしたいと思うんです。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 要望とか意見は、意見開陳の場に、改めて申し上げますけれども、質問をしていただく場ですので、その辺徹底をお願いします。
 ほかに質疑ありますか。浜中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 決算書157ページ、真ん中辺の22高齢者福祉計画及び介護保険事業計画等の策定に関連して、第6期介護保険事業計画について、要支援1、2の通所介護、訪問介護に該当する利用者のための新しい総合事業について、既に参入する予定の事業者かなっていうふうに見られる事業者が市内にも見受けられます。
 まず、1点目、質問、新しい総合事業は今年度、平成27年度、平成28年度で準備、平成29年度から実施となっていますが、平成29年度4月から一斉に開始することになるのかどうか。
 2点目、新しい総合事業の事業者の参入希望状況、今の時点でどうなっているか。2点教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 答えられますか。決算とは直接リンクしないところなので、今後の計画ということなので、今答えられれば答えていただければと思いますが。高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) ただいまの新しい総合事業に関するご質問でございますが、委員ご指摘のとおり、平成29年4月までにこの事業を開始することとされておりますが、羽村市におきましても、平成29年4月開始をということで、平成28年度中に準備を行い、平成29年4月開始ということで予定をさせていただいております。
 それから、ご質問の2点目の現時点で参入を希望表明されている事業者の方があるか把握しているかというご質問でですが、現在のところ、把握はしてございません。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 把握していないということですね。
 ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 何点かありまして、三つ、まずお聞きします。
 事務報告書420ページにあります病後児保育なんですけれども、平成25年度比較で利用延べ児童数が半減ぐらいにしていまして、あんまりニーズがないということなのかなと思ったんです。ただ、今度病児保育が入ってくるということもありますから、その辺はニーズがあると見込んで入ってくるんだろうと思うんですけれども、ちょっと状況がどういうふうになっているのかをお尋ねします。
 2点目は、事務報告書425ページ、幼稚園のところなんですけれども。すみません、事務報告書84ページのほうに詳しく。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員、420ページは教育に関する分野になりますので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) ごめんなさい、間違えました。場所を間違えました。これ、キャンセルします。
 事務報告書361ページ、下のほうの障害児の通所給付の中で放課後等デイサービスってありまして、少し前からこれ始まったと思うんです、制度化されまして。市内で2カ所やっているということだったんですけれども、かなり利用者が増えているという状況になっています。ただ、以前からこれぜひやってほしいという声がたくさんあったものですから、現在、2カ所で充足しているのかどうか。あるいは、もう少し希望者が行けずにいるのかどうかというその辺の状況を知りたいと思います。
 3点目、事務報告書382ページ、高齢者の配食サービスなんですけれども、平成25年度と比較しますと、若干利用が増えたという状況になっています。以前から、周辺他市に比べますと自己負担額が高いものですから、なかなか、いい事業だと思うんですけれども、利用が進んでいかないということを指摘していたんですけれども、本来、もう少し利用してほしい事業なんですけれども、その料金に関して、現時点でどういうふうな考えをお持ちなのか。また、もう少し補助金を増やして下げるという検討などはなされたのか、そうでないのか、その点をお尋ねします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 1点目の病後児保育の関係です。
 確かに、平成25年度、26年度を比較しますと、延べ利用人数でも大分数が減っているんですけれども、過去平成22年度ぐらいから推移を見てみましても、それほど減っているという傾向にはございません。平成26年度減った原因というのは、ちょっと分析はできてございませんが、ただ、こちらの事業、こういった事業、市としても実施をするということで担保する。こういった病後児ということで担保する必要性は認識してございますので、引き続き実施はしていきたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(島田由則) 高齢者の配食サービスについてのご質問でございますが、平成26年度につきましては、合計で8,155食ということで、平成25年度の7,531食に比べて増という形となってございます。
 ご感想を伺いますと、おいしいという評判ですとか、それぞれの好みに合わせた物とか、あるいは体調に合わせた物などを準備できるということで、ご好評をいただいているものと考えております。
 価格設定のお話でございますが、現在、利用者の方からは1食当たり600円の負担金をいただいておりまして、それから、1食当たりの単価を750円ということで委託業者のほうに支払いをしております。差額の150円というところは、見守りにかかる経費ということで、見守りを併せて配食の時に実施をしていただいているという形になってございます。
 近隣の同様のサービスの値段ですとか、単価ですとか、1人当たりの利用者負担などを見ましても、さまざまな状況がございますので、今後、サービスの内容ですとか、1食当たりの単価、利用者負担がどの程度が適当かなどということを含めまして、検討・研究はしてまいりたいというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 障害福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯障害福祉課長(遠藤也寸子) 放課後等デイサービスについてのご質問でございます。
 こちらにつきましては、平成24年度から児童福祉法に基づく事業ということで、近年、この事業を実施する事業所が増えまして、需要に対しまして充足しているかどうかということでございますが、基本的には、現状で充足というか、利用がどんどん増えている状況にあります。先ほどご質問の事業所は、市内に2カ所だったんですが、今年度から3カ所になりまして、またさらに増えるというような予定を聞いております。
 先ほど来、お話をしていますように、利用の日数だけでも、平成25年度と平成26年度を比較しますと、平成25年度は1,858日であったのが、これは総数です。平成26年度では2,392日という数字になっておりまして、これは、現在、市内だけではなく近隣の市に行っている方もいらっしゃいますが、そういった形で充足されているということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) 決算書169ページ、報告書419ページの休日保育について質問をさせていただきます。
 我々厚生委員と私立保育園の意見交換の際に、この休日保育が1園で担当しているとちょっと負担が大きくなってきたという意見があったんですけれども、羽村市のお考えをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) 休日保育の関係ですけれども、現在、太陽の子保育園のほうの1園で実施をしてございます。こちらも利用人数の推移につきましては、過去3年、それほど増減なく推移してきてございます。市としましては、現時点では直接厳しいというような声、伺ってございませんので、現状、過去3年同じような推移でできているということで認識してございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) 人数だけで見ると、大体毎週3、4人というふうな平均だと思うんですけれども、中に、日曜日に1人だけのお子さんを預かる時とかもあって、それでも園長さんをはじめ職員さん2人とか対応していかなければいけないということで、例えば、休日診療ありますよね、病院の。私もずごい利用したことあって、大変助かるんですけど、あれも複数の病院で回していらっしゃいますよね。そういう形で、1園だとやっぱり何かあった時にと思うので、2園とかで対応されたらどうかなというふうに思うんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子ども家庭部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども家庭部長(小林宏子) 休日保育、おっしゃるとおり、1人の利用者だったとしても職員が出てくるというのは当然そういったことが出てくるというふうに思います。市内に1カ所でもそういった保育園があれば、子育て家庭においては安心して就労できるということもございます。
 今、印南委員のご質問の中では、保育園協会との話し合いの中でそういったお話が出たということでございます。協会として、例えば、輪番制でやっていきたいとか、みんなで分かち合っていこうとか、そういったお考えがあれば、市としても検討していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかにありませんか。何項目ありますか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 事務報告書406ページ、一番下のひとり親家庭休養ホーム事業なんですけれども、今、清里のほうに変更になったということで、利用がすごく減ってしまっているように見受けられるんですけれども、どういうふうに認識をされているか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) ひとり親家庭の休養ホーム事業ですけれども、こちらは平成25年度比で、平成25年度が9世帯25人、平成26年度は事務報告書にございますとおり4世帯12人ということで、数のほうは減ってございます。そのあたりは、担当としても認識してございまして、今年度、今年これからなんですけれども、自然休暇村のホームページのほうにバナー広告を張らせていただいて、そちらのほうからもこういった制度が利用できますという案内もさせていただくようにしてございます。
 事業自体は、こちら他市では行われていない羽村、かなり独自性が強い事業となってございますので、利用件数を増やす努力はしていく必要はあると認識しておりますが、事業自体は引き続き継続していきたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 以前はディズニーランドのほうにということで、非常に楽しみにしているという方いらっしゃったんですけれども、なかなかニーズに合っていないのかなと、調査と。ちょっとそういうのを感じるんですけれども、そこはどういうふうに分析をされているのかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(吉岡泰孝) こちらは羽村市の施設、自然休暇村を使っているということで、羽村市の施設の魅力を知っていただくということも必要かなと思っております。ニーズということなんですけれども、過去のディズニーランドなどは、同じ方が毎年のように使われているというような実態もございましたので、そのあたり、見直しを図って現在に至っているところでございます。
 引き続き、こちら利用を増やしていく努力をしていきたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) ほかに。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 民生費関係の質疑を終わらせていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 異議なしと認めます。
 お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(水野義裕) 異議なしと認めます。
 本日はこれにて延会といたします。大変ご苦労さまでした。
                                    午後4時48分 延会