議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成27年第3回総務委員会 本文




2015.09.09 : 平成27年第3回総務委員会 本文


                                    午後1時30分 開会
◯委員長(富永訓正) こんにちは。定刻になりましたので、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は6名です。定足数に達しておりますので、これより平成27年第3回総務委員会を開会いたします。
 なお、本日は請願の審査がありますことから、委員長において紹介議員の出席を求めておりますので、ご承知おきください。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。
 日程第1、27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 なお、質問は市長部局か紹介議員かわかるような方法でお願いします。
 では、質疑を許します。質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 請願の審査は、私も実は、議員になって初めてということで、なかなか勝手がわからないんですけれども、紹介議員が出席されているということですので、簡単に請願の趣旨と、特に強調したい点というのはどういう点なのかというのを伺いたいというふうに思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) では、紹介議員として発言をさせていただきます。
 二学期制を三学期制に戻してほしいという理由は、この請願書にもいろいろ書かれていますが、特に次の2点について強調したいと思います。
 中学生の部活動では、近隣の西多摩地区及び都内においての公式戦を開催するにあたって、羽村市の定期テストの前後と重なることが非常に多く、テスト勉強との両立に多くの中学生が大変な努力を強いられています。今年の実績でも、6月の定期テスト前後に、それから9月の定期テスト前後に、野球部、卓球部、陸上部など、その直後、またはそのテスト中に公式試合が組まれているというそういう事態があります。
 それから、2点目として、二学期制では夏休み前に通知表が出ないので、夏休みの過ごし方がどうしてもだらけてしまいがちだというのが多くの保護者からの意見であり、児童・生徒の実態です。
 また、夏休み、冬休み、春休みと長期休みを区切りとしている三学期制は、子どもたちにとって学校生活の流れを捉えやすく、学期ごとの目標も立てやすくなっています。一方、二学期制は、1年を通してメリハリがなく、子どもたちが生活のリズムを作りにくいという意見も多く寄せられています。
 特にこの2点で、学校で子どもたちが十分に力を発揮できるのはどちらなのか、生徒や保護者から十分に意見を聞いて、さらにほかの方々からも意見を聞いて、しっかりと検証していただきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) はい、了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに質疑ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 浜中議員に質問いたします。
 今、紹介議員になられた理由を伺いました。現在、教育委員会の検証、それらも含めてそういったことの検証も始まっておりまして、議会としても総務委員会で調査研究をこれから行おうと対応しているのに対し、一議員として紹介議員になられて、そして請願書を提出することに対しての違和感というのはないのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) これは市民の多くの方がたくさん望んでいることで、私にもいろいろ直接言われたことがありますので、やっぱり議員というのは、市民からの付託を受けているわけですから、それに応えていくということは極めて当然の責務だと思っていますので、違和感はありません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 同じく浜中議員へ質問いたします。
 ご自身が元学校の教師としてのお立場から、今回このような意見が、三学期制に戻す検討を求めますというようなそういう意見を議会の総意として言われた時に、学校長や現場の教師の方はどのように捉えるのか、感じられるのかということをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) それは、私がそういうことをしていることに対してですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) じゃなくて、それをそういうふうな意見が議会からあったということに対して、学校長とか教員の方はどういうふうに捉えられているのかと、どういうふうに感じられているのかと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) それは学校について学校の状態、学校の様子について、真剣に論議して下さるということで、歓迎してくれると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 浜中議員に質問しますが、教育内容を決める権限というのは、どこにあるとお思いですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) 内容の権限は、教育委員会にあると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 浜中議員に質問します。
 議会からこういった請願を議会の総意として出すっていうことは、ある意味、教育委員会に対して一定の権力とかが働くことになりませんか。だからこそ、中立性とか合議制に対する配慮、また、議員としてのバランス感覚が求められていると思いますが、浜中議員は、教育委員会の持つ中立性の確保とか合議制に対してどのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) では、お答えします。
 教育は、教育委員会と学校の教員だけで進められるべきものではなくて、保護者、住民らの意見も反映されながら進められる必要があると思うんですね。その民意の反映は教育委員会発足の原点の一つでもあり、教育委員会制定、この前の改定の時にも国会の答弁でも、現在なお生きている原則として確立したと思うんですね。地方議員は住民の代表であり、それが子どものよりよい教育のために支持できるものならば、自治体の教育施策についての住民請願を支持し、議会の議決を経て教育委員会にアピールすることは、アピールすることは当然の責務だと思っています。また、その議決は教育委員会を拘束するものではありません。ですので、教育行政への越権行為にもあたりません。
 なお、その際に、学校への不当な介入にならないように留意する必要はあると思うんです。
 で、この場合、学期制は教育条件であり、教育内容にもかかわる問題ですけれども、教育委員会が基本方針を定めているもので、個々の教員の教育実践などへの不当な介入には当たらないと思うんです。また、そうした請願や議員の同意が不当な教育に当たるというこれまでの日本中の判例はほとんどありません。
 なお、以前に日野市の養護学校で性教育についての介入がありました。裁判によって、不当な介入というふうに確認されましたが、この場合は、この学生についてはもうほとんどそういう問題になれば、そこで裁判として争われて判例が出ているはずなんですけれども、全くないということは、全然介入にもならない、そう思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 合議制というのは、今、ご説明いただきましたけれども、多様な属性を持った複数の委員による合議ということで、さまざまな意見や立場を集約した中立的な意思決定を行うことだと思いますけれども、今、教育委員会が始めているこの各関係者による検証委員会、これは非常にいろんな関係者が集っての検証ですから、非常に重要だと私は思いますが、この検証がまだ始まったばかり、そして、議会としても調査研究を行うということで行動を起こしている、こういった段階で、三学期制に戻すという請願の紹介議員を受けられることは望ましくないというふうに思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) 検証委員会は検証委員会として、いろんな方の意見を集めてやられると思うんですね。この二学期制については、実施施行されてから、もうかなり経ちますよね。いろんなところで議会でも論議になっていて、かなり意見というのは多様にされておりますし、論議されていますし、ある面ではかなり論議が成熟しているかなというふうに思うんです。それを踏まえた形で議員が総意をアピールするということは、それは検証委員会でそこをちゃんと受けてやればいいことであって、それは個別の問題じゃないかなというふうに思うんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) その内容についてお尋ねしたいと思います。教育委員会のほうにお聞きしたいと思います。
 請願の理由の(1)なんですけれども、入試制度の問題が指摘されておりまして、三学期制に比べて二学期制の場合は、暫定的な評価をもとに学校のほうに内申点を提示するということになっていると思うんですけれども、そこに対して大きな親子ともに不安を抱いているという指摘がされています。私も、こういう声はよく聞きますし、先日の検証委員会の中でも同様の意見が委員会の中で出されていたというふうに思います。このことに関して教育委員会は、まず、どういう見解をお持ちなのか。
 それから、実際、手続き上は二学期制の学校と三学期制の学校の場合、違いというのはどこにあるのかという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず、評価のところですけれども、ここで指摘されている12月の評価、入試に関わる評価というところですけれども、こちらが暫定的なものかどうかというところですけれども、これは暫定的なものではなくて、正式な評価であるというところがまず。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 個別のことじゃなくて、要するに、これは通知表じゃないんだね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 通知表ではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) そういうことを指摘されたんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 通知表とは違って12月の評価というのは、これは入試に関わる評価というふうに捉えておりまして、これは暫定的な評価ではなく、正式な評価であるということでございます。これは、4月から12月までの評価を出していくというのが入試に関わる評価ですので、これは二学期制であろうと、三学期制であろうと、変わるところはございません。
 三学期制のところで、12月に出して、いるいわゆる1学期の評価を出し、2学期の評価を出し、そして3学期の評価となっていますけれども、これはきちんと言えば、例えば、1学期は4月から7月までの評価を出す、それから、2学期の評価というのは、9月から12月までの評価で、3学期は1月から3月までの評価ということで、入試の評価は4月から12月までの評価ということになりますので、きちんとやれば4回出すということになるわけです。
 ですので、二学期制の場合は、前期ということで4月から10月までの、9月いっぱいまでのところで1回出しています。そして3月にもう1回出て2回ですが、こと入試に関わるところに関しては4月から12月まで正式な評価を出していくというふうに捉えていただきたいというふうに思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 繰り返しになるんですけれども、もちろん内申点というのは、テストだけでなくてさまざまな学習に対する意欲ですとか、また提出物がどうかとかさまざまなことを加味して決まってくるというふうに思うんです。ただ、やっぱり非常にわかりにくい、不明確になっているのは、三学期制の場合は、二学期の期末テストっていうのは12月の頭ごろにあるのかしら、普通は。11月の終わりか12月の頭って今、馳平委員にお聞きしましたけれども、そこに向けてやっぱり頑張るわけですよね。テストでいい点取るんだと。やっぱりそのことが内申点にも直接反映される大きな要素になるんだということをわかって頑張るわけですね、三学期制の場合は。
 ところが、二学期制の場合は、後期のその時期にテストってないわけですね。ですから、もちろん学校では4月から12月までの評価で内申点は決まるんだから、皆さん頑張ってねという話はするんでしょうけれども、非常に何と言いますか、焦点が絞りにくいというか、何を頑張ればいいんだろう。例えば、じゃあ、授業中はきはき手を挙げて態度をよくしようとか、そういうのもあるかもしれませんけれども、12月末に向けてテストで頑張ろうって焦点が三学期制の場合は定まってくるわけですね。そこが非常にわかりにくい。正式な評価はもちろん高校のほうに出すんでしょうけれども、一体それがどういう要素を加味して決まってきたのかというプロセスも、ちょっとこれわかりにくい。三学期制の期末テストの結果がよかったから、あっ、上がったんだなってわかれば、わかりやすいんですけれども、そこが非常にわかりにくいという点で、やはり保護者や子どもが不安に思うっていうのは当然のことであって、そこは全体の評価だっていうのは確かにそうなんでしょうけれども、非常にわかりにくさが二期制の場合は伴ってくるということは言えるんじゃないかと思うんですけれども、その点どうかということと、それが子どもや保護者にきちんと伝わっているのかどうか、ちょっとそこ、もう一度お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 評価というところの、どんなふうに捉えるかというところですけれども、これはあくまで大きな定期考査のみでやっているわけではありませんので、そこが目立つというのはもちろんあるかなというふうには思いますけれども、これはもうそれぞれの学習の中で単元の中を学んでいくところでの評価というのをしていくという、その積み重ねがそういった4月から12月までの評価になっていくということでございますので、どのように捉えられているかということについては、わかりませんけれども、評価というものは大きいテストのみで決まっていくというようなことではありませんし、そのところだけ頑張って子どもたちがやればいいというところではないというふうに捉えております。
 また、そういったところの保護者、それから子どもたちへの伝えているところというところですけれども、どんなふうにそれが伝わっているかというところは、うまく伝わっていないところがやはりあるんだろうなというふうには、やはり私も思ってはおります。
 ただ、これは各学校とも、一中、二中、三中とも、4月当初にこういった入試の説明会、これからずっと1年間やっていく中での説明等も年度当初のほうにも行っておりますし、そういった中でいろんな資料等もお配りしながら、こんなふうに内申点のほう、決まっていきますよというようなところについてもお話のほうはしておりますので、そんなふうにご理解していただければというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) ちょっとこのことに関してもう一つだけ。
 平成22年にありました「二学期制の検証と充実について」という検証、ありましたよね。その中でも、同じような課題が指摘されているんですね。
 例えば、その13ページ、中学校のほうですけれども、こういうふうにあります。教員からのこれは声ですね。「第3学年担当に関しては、高校入試の制度が二学期制に対応されておらず、成績を出す時期が中途半端となり、実際には成績通知の回数が増加している」という指摘がありますね。
 また、これは小学校の教員の声なんですけれども、これは受験、中学受験もありますから、一概に対応しないとは言えないと思うんですが、こういう指摘がありまして、「2度の通知表に加え、学校によっては2度の補助簿の作成があるため、成績処理が4回に増え、多忙化の一因となっている。」と、こういう指摘もございます。
 つまり、5年前にこういう指摘、既になされていて、教育委員会は認識していたというふうに思うんですけれども、また、先ほど言われた保護者にはなかなかうまく伝わっていないという話もありましたけれども、こういう問題、以前からわかっていたにもかかわらず、なかなかそこがうまく解消できなかったんじゃないかと、その課題に対して。そういうふうに思うんですけれども、この間、どういうこういった指摘に対して対応がなされて、現状はうまく対応が進んできているという認識にあるのかどうか、そこを最後お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 啓発につきましては、努めているところでございます。
 また、例えば、増加をしているという視点のところですけれども、子どもの立場から見た時にどうかというふうなことを考えますと、例えば、丁寧に見ていくというような視点からいけば、4回、例えば、夏休み前に仮の成績というのは各校出しているんですけれども、こういったもので、これは暫定的なんですけれども、仮の成績表を出し、さらに10月にまた見てもらえる。その分プラスアルファーした分が見てもらえる。そして、12月にも、これは3年生ですけれども、個人面談の際に、やはりきめ細かく面談の際にこういった成績ですよという、4月から12月までのところはこういうところですというものを伝えて、そして3月にまたあるというようなことでは、よりきめ細かくなっているのではないかという捉え方もできるというふうに考えています。
 ただ、それに対して、各教員のほうの、いわゆる事務量というところでの多くなってきているというのは、ご指摘のとおりかなというふうには思っておりますけれども、子どもや保護者にとってはどうかというふうに考えていった時には、それは逆にプラスになっている部分もあるのかなというふうに捉えているところでございます。
 こういったこの中での平成22年の報告書のところから、なかなか啓発のほうは各校を通じてやっているところですし、取り組みのほうは重ねて、例えば、学校だよりであったり、そういったところでも話のほうは保護者のほうに発信のほうはしているところではありますけれども、その辺のところでまだ十分に伝わっていない部分もあるというところは課題としては捉えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) とりあえず、了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 紹介議員に3点、まず質問します。
 まず、1点目は、1項目めのところに「東京都の高校入試は三学期制を基準にしたものになっている」というふうに書いているんですけれども、この意味がよくわからない。別に二学期制でも三学期制でも、もちろん対応できるような高校受験になっているというふうに私は思っているんですけれども、この意味をまず教えていただきたいというのが1点目です。
 それから、2点目が(3)のところなんですけど、「短いスパンで区切りながら評価を定着してはかれる三学期制のほうが学力向上につながる」という話があるんですけれども、これは何かそういうデータがあるんでしょうか。例えば、羽村が二学期制の時、三学期制の時と比べて学力がどうなったかとかそういうふうなデータがあるのかどうか、お聞かせいただきたいと思います。
 それから、3点目は、一番最後のところなんですけど、「二学期制を三学期制に戻すよう教育委員会へ働きかけ等」って書いてあるんですけれども、働きかけるということは、具体的にどういうことを指しているのか。3点お聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) 1点目の(1)のご質問ですけれども、これは参考までに申し上げておきますと、多分、三学期制が全都で大体4分の3ぐらいじゃないかなと思うんです。残り4分の1が二学期制だと思うんですけれども、これちょっと前のデータで、ちょっと変わっている可能性があるんですけれども、中体連といって中学校の部活を取り仕切るところが、三学期制の定期テストが大体このくらいだよ、というのを大体全都的にわかるんですよ。大体位置が決まっているんですね。それを外して公式戦を組んでいる。そうすると、三学期制を基準にして公式戦が組まれるので、二学期制のところはその配慮がされないんです。(「入試に関して」と呼ぶ者あり)
 これは先ほども言われていたんですけれども、二学期制の場合は、二学期制の前期の評価に対してさらにプラスアルファをちょっと短期間、その残り期間を調整して入試のための評価を出すというふうになるんですね。ですから、そのところで、実際に評価が変わるのかどうかというのが極めて短期間のところの、「おれはこんなに頑張ったんだけれども、ちゃんと変われるかどうか」っていうのがすごく不確実になる。頑張りの期間がちょっと短いですよね。10月に評価が出て、それプラスアルファというので結果が出てくるんですよ。それに対して、三学期制は一学期のやつが出て、二学期十分頑張って、「ああ、これだったらいけるな」というのがはっきりしますよね、という意味なんですけれども、おわかりですか。
 それから、(3)の短いスパンのことですけれども、これは教職員に対するアンケートが1回取られまして、2010年に。かなり数、125人の教職員からフリーでアンケートが取れまして、その時には圧倒的に、子どもの実態からして長いスパンよりも短いスパンのほうが定着は図りやすいというのが圧倒的多数で声が出ているんですね。それから、いろいろ父母の集まる機会でも、そういう声を圧倒的に聞きます。父母のことについては、アンケートは実際に私は関係していませんけれども、教員の数の中では圧倒的に強い。80%以上です。それが2番。
 3点目は、議会で論議をしていただいて、こういう問題点があるんじゃないかということを整理していただいて、その集約として三学期制に戻してほしいとかそういう要請をしていただきたいということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) では、ちょっと教育委員会のほうにお聞かせいただきます。
 まず、今の点なんですけれども、1点目の入試制度自体は、私は、別に二学期制でも三学期制であっても、別に不利も何もないし、そういう三学期制を前提にしているものではないというふうに思っているんですけれども、これに関してはどういうふうにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) こちら、要綱のほうがございまして、そちらのほうをちょっと今読み上げさせていただきますけれども、「成績一覧表の作成について」ということなんですが、「中学校第3学年における中学校学習指導要領に示された目標に照らして、その実現状況を見る観点別学習状況の評価及び観点別学習状況の評価を総括した評定を記載する。評価、評定にあたっては、第3学年の第1学期及び第2学期の成績を十分参考とする。また、二学期制の学校にあっては、前期の成績及び後期の12月31日までの学習状況を十分参考とする」というような記載がございます。
 ということで、こちらは二学期制であろうと、三学期制であろうと同じというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 先ほど鈴木さんの言っているのもちょっと誤解があるんじゃないかと思っているんですけど、実際、今の二学期制でやっていても、もう1回3年生に関してはテストがあるわけですよね、二学期制の一発目のテストですよね。そこでまたその成績も加味されるし、前期の成績と、またその時の次に入試する時の成績というのは、かなり、私も子どもたちのを見ていて変わっているし、頑張ったらそれだけきちっと評価されていると私は思っているんですけど、その点に関してはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 今、馳平委員がおっしゃるとおりで、やはり子どもたちの学習状況に応じて成績のほうは反映されていきますので、そういった形になろうかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 3点目の学力向上につながるかどうかという話なんですけど、二学期制が始まる前と、その後でも、学力調査とかやっていたと思うんですよ。その時のデータにそんなに、例えば、二学期制にして成績が下がったとかそういうデータというのはあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学力調査等については、なかなか経年で見ていくというのが難しいという部分というのがございます。というのは、対象のお子さんたちが違うお子さんたち、集団になりますので、一概には比較できない部分というのがあろうかというふうに思います。
 ただ、今から、ちょっと10年前のデータがどうかということは、ちょっと今手元にないのであれなんですけれども、ここはずっと学習の状況を見ていくと、上がったり下がったりというのは当然あるんですが、全体の流れとしては、今、上昇、上に伸びているというふうに捉えておりまして、そういった点も含めて算数、数学のほう等も、また課題となっているところをしっかりと見て、さらに伸ばしていこうというようなことで、今、教育委員会としましては、子どもたちの学習、しっかりと今少しずつ積み上げがなって、その成果が実を結んできているというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 私も、二学期制、三学期制、両方の子どもたちをそれぞれ見たことがあるんですけど、そんなに学力差があるとか、学力定着が二学期制だから図れないということもないし、逆に二学期制だからできる部分もいくつかあるのかなというふうには思っているんですけど、問題になっているのは、一つは通知表と部活の話なんですよね。
 通知表に関しては、今は絶対評価とかにもなっていますし、教育委員会でも夏前にも学校からきちっとというか、そういうふうな今の学力状況を示す部分というのはデータで渡しているということだと思うので、親が心配される点があるとすれば、そこら辺のきちっとしたことを親にも生徒にもお伝えしていただいてできる話じゃないのかなと思うのが1点と、それと、テストの日程なんですけど、これは別に学校にある程度裁量があるんじゃないかなというふうに思うんですけれど、テストの日程が9月になるということで心配されている親というのはかなり多いのは確かだと思うんです。それは今まで勉強やっている内容が飛んで、夏休みに全然もう忘れているところにまた9月テストだということなんですけど、これ、例えば、7月にテストをやるとかということは可能なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) テストの日程についてですけれども、今、現状、今年度のいわゆる夏休み前のテストですが、一中は6月10日、11日、二中が6月1日、2日、三中が5月21日から22日というふうに学校によって違っております。
 こちら、例えば、7月にテストを入れられるのかどうかというところですけれども、期間的には、二学期制だと大体6月のあたりのところというのが多いとは思いますし、7月にやりますと、当然期末が9月の上旬のほうにございますので、近過ぎるというところがある関係で、バランスからするとそれくらいになるのかなというふうに思います。
 また、いわゆる定期考査のほかに各学校のほうで復習テストのような形のものや実力テストのようなものというのは、年間の中で織り込んでおりますので、そういった形で子どもたちの学習状況を把握したり、そのことをフィードバックしていくということは可能かなというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 部活の件に関してちょっとお聞かせいただきたいんですけど、基本的に、は部活は、テスト1週間前になったら休みにしているところがほとんどだというふうに思うんですけど、そうなると、この部活との重なりというのに関して言うと、試合等で行くという場合の、そこら辺の部分というのは確かにあるかな。それでも、二学期制でも三学期制でもどの部分でもそれって必ず出てくる問題ですし、今、その二学期制の中で、二学期制にしたからっていってテスト期間中も部活をやっているという実態というのはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 基本的には、部活はテスト期間のところはなしという形に今なっております。
 それと、部活の期間なんですけれども、例えば、これは二学期制も三学期制もどこの時期に重なってしまうかというところが違うというふうに捉えております。変な言い方なんですが、1年中、部活の試合というのは組まれておりまして、例えば、春の大会は4月から5月が地区大会です。5月から6月のところに都大会が組まれています。夏の大会が6月から7月が地区大会、そして、7月の都大会が8月の上、中旬ぐらいから末、その後、関東や全国というふうにつながっていきます。夏季の新人大会みたいなものは8月の終わりから9月中、それから、新人戦は10月から11月の上旬というような形で年間を通じて部活動の試合は組まれておりますので、例えば、テストの時期というのが、例えば、以前の三学期制のところであれば、7月のところというのは、当然、夏前のところにかぶってきていて、そういったご指摘というのは以前もあったはずなんです。これが9月に変わったということで、9月の部分のご指摘というのは出てきているというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 大体わかりました。
 最後に、紹介議員にもう1回お聞かせいただきたいと思います。
 先ほどから、特に意見を二つ述べられているのは、部活の話と、それから評価の話が多かったと思うんですけれども、どちらかというと中学生の話ですよね。これ、小学校も含めて三学期制に戻すように働きかけるということなんでしょうか。私は、どっちがベターかと言うと、中学生は三学期制のほうがベターだと思っているんです、正直言うと。ただし、小学生は二学期制の部分でもかなり余裕を持ってできる部分というのは確かにあるのかなというふうに思ったりしていて、でも、それが三学期制になったらあんまりよくないのかなと思っているんですけど、ここの「働きかける」という内容の中には、両方とも、とにかく二学期制から三学期制にということなのかどうかというのを最後にお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 浜中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2 番(浜中 順) やっぱり2点というか、進路に関することですね。部活、9月と言いましたけれども、3年生、9月はもういませんよね。いないですよ。やっぱり6月の夏休み前が勝負ですから、そこのところで重なりやすい。全都的には配慮されているんだけれども、どうしても二学期制はその配慮から漏れるというのを、そういう実感はずっと抱いているし、今、現役の先生方もそうです。ですので、それは中学生も保護者もすごく心を痛めているんですね。実際、自分が体験すると、「あっ、これは後輩にはこういうつらい思いはさせたくない」というのが、もう圧倒的多数というふうに感じているもので、それを改善していただきたいということが一つ。
 それから、やっぱり小学生の親からも強い、生活のリズムですね、それから、評価がやっぱりぱっとそこに出る。夏休み前に評価が出ないというのは、余りにも親として通信簿をもらってきて親子で話し合って、次どういうふうに頑張ろうかなっていうのを夏休みを使ってやるとか、あと冬休みもそうですけれども、そういうほうがより自然で、親子の話し合いも十分できますし、それから、やっぱりスパンが短いほうが。小学校については、特にそういう点が言えますので。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 若干ありましたが、部活動についてお尋ねします。
 先ほど6月だか、春のシーズンなのかな、春のシーズンの重なりというのは解消の方向に向かっていて、秋のシーズンにぶつかってくることが、今、起こっているというお話伺いました。
 ちょっと実は、今年のスケジュールをちょっと調べてきたものがあって、こんなものなんですけれども、羽村二中のテストの期間、それから、瑞穂中ですね、瑞穂町のテストの期間と部活の春の大会というのを調べてみたんですね。そうしますと、瑞穂中は5月の14、15日に一学期の中間考査、それから、6月の24、25日に一学期の期末試験、これがあるんですね。その中に、例えば、卓球部の西多摩ダブルス大会というのが5月の31日、野球部の西多摩8ブロック新人戦というのが6月5日、陸上部の西東京陸上というのが6月の6日にあるんですね。これは、言ってみれば瑞穂中のテスト期間のちょうど真ん中に設定されているんですね。それから、そこから1週間ほどずれまして、サッカー部の8ブロック大会都予選、陸上部の多摩西部大会の都予選、テニス部の8ブロック大会の都の予選というのが並んでいるんですね。
 これ、どうして1週間ずれているのかなって聞いてみましたらば、実は、1週間前に羽村二中の修学旅行が今年はちょうど入っていまして、それと重なってしまうと出られなくなるというので1週間ずらしたということをお聞きしました。例年は1週間前に大体やっていると。やはりこれちょうど、瑞穂中の試験のど真ん中に部活の大会が集中するんですね。ところが、羽村二中の場合は6月1日、2日が前期の中間試験ですから、卓球部の大会の翌日からテストが始まるんですね。野球部と陸上部に関しては、定期考査が終わった3日後に試合が重なっているんです。ですから、実態としてはいろいろ工夫されているんでしょうけれども、現在でも、春の季節でも、羽村二中に関してはやはり前期の中間テストと部活の大会というのは重なってしまっているという現状にあるというのがわかったんですけれども、ちょっとさっきの説明と違うものですから、これはちょっと説明いただきたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 今、一例で瑞穂中学、二中の比較ということでお話しをいただきましたけれども、例えば、近隣の中学校、別のところでございますが、今、一学期の中間をやらない中学というのがございます。年間5回ではなくて4回。こういう選択をしている中学校では、今の羽村二中等と同じような形の6月の中旬から下旬のところに組んでいる学校もございます。これは、各学校でいろんなほかの行事や取り組み等の間で考えていくところで、一つの例をもってどうかというのは、私が判断できるところではないかなというふうには思うんですけれども、いろんな工夫の中でそういうことは起きてくるのはもちろんありますし、一つをうまく解消すれば、ほかのところがというようなところのバランスの中でこういったものは設定されているかなというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) ほかにも福生一中の定期のテストがどうかと調べてみましたら、やはり瑞穂中とほとんど一緒なんですね。同じ時期にやられています。その真ん中に部活の大会が来ますから、こうなれば、子どもたちは勉強も部活も両方頑張ろうというふうにできるなと思いました。恐らく、羽村の場合は、今いろんな事情があって、ほかの三学期制のところでもわざわざ移してくるというケースがあるんですけれども、やはり三学期制の自治体に比べてなかなか難しさがあるんだろうなというのは感じるんですね。
 何か教育委員会の話を聞いていますと、難しくないって聞こえちゃうんですけれども、個々にいろんなケースがありますよ。ただ、やっぱりぶつかることって、実は正直言って多くて、なかなか課題としてあるって認識されているのかどうか、ちょっとそこをもう一度お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) これは先ほど申し上げましたとおり、いろいろな事情というのがそれぞれ学校にはございますし、多くの学校が関係しているところですから、それを調整していく中でいろいろ不具合が出てきたり、どこかがその年に我慢をしなければいけないとかということはあるかなというふうには思っております。
 これは、特に私が二学期制、三学期制というところで、どちらかの立場で話しているつもりは特にはございませんけれども、指摘をされたところで、こういうことですという説明をさせていただいておりますので、というふうに捉えてはおります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに質疑はありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) そうしましたら、請願書の(3)のところなんですけれども、学習と二学期制の問題が指摘されています。特に、冒頭、中学に入学したばかりの中一生の子どもに関して、一番最初の中間テストが少し時期が遅れますから、それがその後の学習に大きく影響するって指摘があるんですね。
 実は、同じく平成22年の検証の際にも、これは7ページというところで同様の指摘があります。これは中学校の「しっかり、たっぷり、じっくり」という三つの観点で評価しているんですけれども、「しっかり」のところで、ここでやはり第一学年の教育面談について、「夏季休業日前の実施では遅い面がある。入学して中学校生活に適応した段階でやるべきだ」と指摘がありまして、どういうふうに解決するかっていうのは、前期の中間考査の後にすべきだと、面談を、指摘がされています。テストそのものではないんですけれども、やはり中一の子どもの学力がどうなのかっていうことは、なるべく早期に明らかにしていく。また、親にもそれを伝えていくということが必要だっていうふうに指摘されているんですけれども、これ、実態として今、問題の解決ができているのかどうかという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず、つまずきの発見というところでございますが、つまずきの発見を、いわゆる定期考査までできないということであれば、それは大きい課題ではないかなというふうに捉えます。やはり学習というのは、それぞれの1時間1時間の授業、それから、また一つの単元といったところで見ていくという必要があるかなというふうに思っています。ですので、定期試験が行われないとつまずきの発見ができないということであれば、それはやはり個々の教員の指導や、そういった評価に関しての指導というのを、やはりもっとやっていかなければならないというふうに捉えておりますので、そういったテストまで待たなければならないかというところではないというふうに捉えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) つまり、テストがありますと点数が出ますから、自宅に持って帰るから、本人も保護者もよくわかりますよね、それはね。今はどういうふうにして、例えば、つまずきが起こっているのかどうかというのは、本人や保護者には伝えられるようになっているのかどうか、そこを知りたいんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学習の結果や子どもの状況について伝える機会というのは、もちろん設定されているかいないかというところはあろうかと思いますけれども、先ほど申し上げましたとおり、テストがあって、大きい定期考査がないと伝えられないということであれば、これはやはり課題があるというふうには捉えますけれども、それはそれぞれの学校、それぞれの先生方がしているというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに質疑ありませんか。鈴木委員、そろそろまとめに入っていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) いや、項目たくさんあるので、まだしばらくかかります。申し訳ありません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) では、ちょっとせかされたので、委員長に。先に行くことにします。
 請願書の学期の区切りのことでした、(4)です。学期の区切りが短くて曖昧になっているという指摘がありますけれども、市内の小・中学校は、学期の区切りというのは大体どういうふうに、何日間ぐらい設定されているのかを確認します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 前期、後期の区切りというふうに思いますけれども、それぞれ違うんですけれども、典型的なところでいきますと、今年度につきましては、10月の9日の金曜日が前期の終業式、そして、後期の始業式が10月13日の火曜日ということで、この間の体育の日を含む3連休というような形を区切りというような形になっております。多くはそういった形が多いというふうに捉えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) やはりかなり短いということになりますので、なかなかここで指摘されているように気持ちの切り替えができにくいですとか、また、新しい学期に備えての準備が十分にやりにくいという面が生じているんじゃないかと思うんですけれども、実態はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) この学期の区切りのところですけれども、この二学期制導入当初の時には、いわゆる土日の休みプラスアルファ何日間かを間に取るというふうな形で実施のほうはされていたかなというふうに記憶しております。
 ただ、いわゆる授業時数を確保するとか、ほかの行事等の関連や、それから、保護者の方の要望等もありまして、だんだんそこの間というのが短くなってきたというふうな経緯がございます。
 やはり、ここは区切りというところで、ある程度の期間がやっぱりないと、子どもたち、特に小学生など切り替えという部分では、気持ちの切り替えはやや難しい部分があるかなというふうには思います。これは、先生方も同じように準備の部分であったりするところでは、やはりすぐ後期に入るというところでの慌ただしさみたいなところは感じられているというふうなことは、私のほうも聞いております。
 ただ、全体の印象としては、二学期制といっても1年間の学習が続いているというような認識で捉えているというふうなお声のほうもあるかなと捉えています。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員、あと何問ぐらいありそうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) じゃあ、もう一つにします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今の件、了解しました。
 最後に、(5)のところなんですけれども、長期休暇の過ごし方が夏休み前に通知表が出ないので、どうしてもだらけてしまいがちだという点。それから、1年通してメリハリがつきにくいという指摘がありまして、私も、うちの子どもだけかもしれませんが、これは非常に実感しているんですね。多くの保護者からこういう声を聞いていますけれども、どういうふうに教育委員会はその辺つかんでいらっしゃるのか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) いわゆる長いお休みをどんなふうに捉えるかというところかなというふうに思います。これは、個々のご家庭や子どもたちの実情によりますので、メリハリがあるかないかというのは、その過ごし方の問題ではないかというふうには思っています。
 ただ、長期休業の捉え方っていうところでは、区切りとして長期休業を使うのか、それとも学期の間として、その中でどんな学習活動ができるのかっていうふうに考えるというところでの違いというのはあると認識をしております。学期の間にある長期休業というような考え方の中で、今、それぞれの学校の中で、さまざまなアイディアや取り組みというものは行われてきたというふうに認識をしております。その中でのメリハリという部分は、しっかりと捉えているというふうに捉えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) やはり同じく平成22年度の検証の際にもこの問題も指摘されていまして、例えば、学校改革に向けた活力ある取り組みという項では、小学校の場合、長期休業期間中に各校とも学習教室等児童の学力向上のために取り組みを行ったが、児童によっては参加しないと個人差がさらに増す結果になった。中学校でも同様の学校改革の項で、長期休業中の各生徒の取り組みの差により、各生徒の学力の格差が拡大している等々指摘がされていまして、なかなかうまくいってないんじゃないかなというのが伝わってきます。
 また、11ページというところでは、先ほどの項にもつながりますけれども、保護者の状況、児童の状況として、やはり前期・後期の気持ちの切りかえがつきにくい、メリハリがつきにくいというご指摘がされていまして、なかなかここは難しいところで、取り組みいろいろされているというお話でしたけれども、現在でも十分に、こういった指摘をされていることを、その後5年間経って改善してきたというふうには言えない状況に現在でもあるんじゃないかというふうに思うんですけれども、ちょっとそのもう一度繰り返し的にもなりますが、よろしくお願いします、どういうふうに考えているか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 夏季休業中の子どもたちの過ごし方というところですけれども、まとめの中に出てきている、報告の中に出てきている個人差が拡大しているというような捉え方、これは多くの子どもたちがしっかりとそういったものに参加して、自分の興味の中でやっていく子どもたちも増えてきている。でも、その一方で、そういうところになかなか参加しづらいお子さんがいるというふうなことを指摘してあるものだというふうに捉えています。
 そういった個々にもっと参加してもらいたいんだというお子さんに関しては、やはりしっかりと個別に対応はしてきておりますし、逆に、小学校では、そういったお子さんに「来て一緒にやるんだよ」っていうことでできますし、中学生でも「補習教室のほうに来てね」っていう話では、きちんと来てくれるというようなことがございますので、こういったことに個人差が拡大しているということではなく、そういった個人差に対応するようなことができているのではないかというふうに捉えています。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 しばらく休憩いたします。
                                    午後2時30分 休憩
                                    午後2時40分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」に対し、不採択の立場からの意見を述べさせていただきます。
 この請願書の趣旨は、本年6月議会に陳情書として提出され、議会運営委員会で議長預かりとなったことを不服とし、再度請願書として出されたものであります。もともとの趣旨は、現状の問題を精査し、現行の二学期制を三学期制に戻すよう、教育委員会へ働きかけを行うよう求めています。
 27請願第1号の請願者の言われている請願理由は理解できるところであり、市民の方から議員にも多くの要望が寄せられ、これまで市議会として盛んに取り上げられました。二学期制が始まって10年が経過し、今回、見直されることになり、検証委員会が設置され、まだ検証は始まったばかりです。
 また、6月議会の議会運営委員会の中で議長預かりになりました。その上で議員全員協議会の席上、議長より学期制について、総務委員会で調査研究をしてはどうかと投げかけられ決定しました。早速、総務委員会として、現在、二学期制から三学期制に戻した学校等調査について交渉し、日程が決まったばかりのタイミングでの本請願書の提出でありました。
 請願書にも記載のとおり、学期制について、当事者としての方針を決定するのは教育委員会であります。民意を反映されているのか、教育委員会や議会としてのチェックは必要であると考えます。だからこそ、教育委員会が検証を始めていて、その結果も出ぬうちに、また、これから議会として委員会でも調査研究を行おうとしている時に、三学期制に戻すという請願の紹介議員を受けられたことに甚だ疑問が残ります。
 よって、本請願を不採択といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」を採択すべきとの意見開陳を行います。
 市内の小・中学校で実施されている二学期制については、さまざまな意見が市民、教員、保護者などから上げられ続けてきました。例えば、平成20年度の学校アンケートでは、「学校は二学期制の実施により、授業時数を確保したり、子どもとの関わりを増やしたりするなど、効果的に活用して教育活動に役立てているか」との設問に対し、小学校では、プラス評価71%、マイナス評価が29%、中学校では、プラス評価54%、マイナス評価46%という結果でありました。そして、教育委員会がまとめた調査結果報告書では、中学校でのプラス評価が5割台になり、小・中学校ともに昨年度よりプラス評価が低下傾向にあると指摘をされていました。
 平成22年1月に市内の三つの教職員組合が作る一貫校対策会が発行したニュースでは、二学期制について、教員からの意見を集めたアンケート結果の報告がなされています。回答は、教員の約5割に当たる125名からなされていまして、「メリハリがつきにくい」「部活動とテストが重なる」「夏休み明けのテストはかわいそう」など、さまざまな問題点が率直に語られています。
 そして、「今後も二学期制を続けたほうがよいか」との問いには、とてもそう思う、ゼロ%、少しそう思う、7%、余り思わない、25%、全く思わない、54%、わからない、14%という結果になっていました。
 さらに、以前、議会でも紹介をいたしましたが、私が平成24年5月に、当時中学校3年生だった長男の同級生の保護者に、「二学期制を評価しているか」とのアンケートを行いました。クラス31人中23人から回答を得、評価する、ゼロ人、やや評価する、3人、余り評価しない、16人、全く評価しない、4人という結果になっていました。
 「なぜそういう評価をするのか」という問いに対する意見としましては、代表的なものとしては、やや評価する人は「まだよくわからない」、余り評価しない人は「夏休み明けに期末テストは不自然」「部活大会とテストが重なり、両方頑張れない」、また、全く評価しない人は「デメリットが明らかなのに、なぜ続けるのか」などの声がありました。
 本請願が指摘する内容は、こうして多くの保護者、教員などから挙げ続けられてきた問題でありました。しかし、教育委員会は、こうした声に耳を貸さずに来てしまったというふうに言えると思います。
 例えば、学校アンケートでは、二学期制についての設問をなくしてしまいました。議会の質疑では、私が「依然として多くの保護者が二学期制に疑問を持っていることについて、どう認識しているか」と問いますと、「二学期制により、長い目で目標達成に向けて学習を進めることができるようになったことなど、わかりやすく説明していく」と、あたかも保護者が二学期制のよさを理解していないというような答弁が返ってきました。また、同じく議会質問で、「中学校でテストと部活の大会が重なる問題をどう認識しているか」と問いますと、「二学期制に特化した問題ではない」との答弁。「夏休み明けにテストが行われるという問題をどう認識しているか」との問いには、「夏休み中にテスト準備が進められるので特に問題はない」との答弁。さらに、「三学期制の学校でも夏休みを短縮するなどの動きが進んでいて、授業時数確保のために二学期制にする意味は薄れているのではないか」との問いに対しては、「羽村市では二学期制の目的を時数確保だけではなく、学校改革のきっかけにすることと考えており、その成果は出ている」などの答弁を行ってきました。いずれも説得力に欠ける答弁であったというふうに思います。
 今回、ようやく見直しに向けて動きが始まったように見えるのですが、余りに対応が遅すぎたというふうに思います。現在、行われている二学期制検証委員会では、保護者アンケート、教員アンケートを取るなど、十分な材料を提供し、徹底的な検証が行われるようにすべきだと思います。また、これまでの議会質疑などを通じて二学期制の当初の目的は薄れ、デメリットが顕在化していることは明らかになっていると考えます。
 本請願を採択し、三学期制へ戻すよう、議会として意思表示をすべきだと考え、賛成の意見開陳といたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」について、不採択の意見開陳を申し述べます。
 私は、3月議会で二学期制の検証について一般質問を行いました。これは議員個人の一般質問であります。私も、この請願の趣旨は理解できないわけではありません。しかし、今回のこの請願では、羽村市議会全体で二学期制から三学期制に戻すよう働きかけを求める請願であります。私は、基本的に議会が教育内容に踏み込むことは控えるべきと考えております。現に、ここにありますけれども、新聞赤旗の中でも、これ「教育委員会の独立性」なんて書いてありまして、首長、教育長の多数の支持なんてこういう記事も出ております。
 そんな中で、また、文部科学省のホームページ「教育委員会制度について」の内容を見てみますと、教育委員会制度の意義の中に「政治的中立性の確保の観点から、教育行政の執行にあたっても個人的な価値判断や特定の党派的影響力から中立性を確保することが必要である」と明記されています。また、教育委員会制度の仕組みの中では、「教育委員会は、教育行政における重要事項や基本方針を決定し、それに基づいて教育長が具体の事務を執行する」ということがうたわれております。
 今回、教育委員会では10名の委員から構成される二学期制の検証委員会を設置し、その検証を行っている最中であります。しかるべき方向性が示されるはずであり、議会としてこの検証委員会の検証を注視していきたいと思います。
 以上の観点から、この請願について不採択の意見開陳といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」を、不採択にすべきという意見を述べさせていただきます。
 先ほどから意見があったように、レイマンコントロールというのは非常に大事だと思っておりまして、政治的中立というのを議会としてはやはり果たしていかなければいけないというふうに思っております。
 今回、議会でも調査検討するという形になっていますし、その調査検討する中でも一定方向ではなく、私もこの委員会の中でも両方、一応メリット・デメリットあるので、きちっと両方のスタンスからこれから検証、検討をしてほしいという話をしました。そこまではいいとして、その後、それをもう結論ありきの二学期制を三学期制に戻すように教育委員会に働きかけるというのは、議会のあり方としてレイマンコントロールに反していると思っています。これが可能になれば、例えば、教科書の内容であるとか、いろんなことをこの場でいろんなふうに検討するという話も出てこないとも限らないといふうに思っておりまして、きちっと教育委員会の独立性、政治的中立性というのを担保していくということは大事だなというふうに思っています。
 私も、教育委員会に関してはいろんな質問をしていますけれども、それは教育委員会に働きかけているわけじゃなくて、そういう面では自分の考えを述べて、その中でこういうふうに考えていただきたいということはあるとしても、それを一定方向でこれを議会が働きかけるということに関しては、全く反対。それに、教育委員会でも検証委員会というのを今、設置されているということですので、そこの議論をきちっと待って、我々としても、委員会として調べるべきところは調べていくというふうなスタンスがいいかなというふうに思っておりますので、本請願に反対の不採択とすべき意見とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。水野副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(水野義裕) 27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」に対して、採択すべき立場での意見を述べます。
 この陳情の中で表現が2種類ある点は、非常に問題があるとは思っています。私自身は、議会でも動き出しているから要らないという議論ではなくて、市民の声を聞く議会であるということをベースに採択すべきであると思いますし、請願事項として三学期制に戻すことじゃなく、戻す検討を求めるという表現で、私はこれを採択すべきであると思います。
 残念な表記というのは、最後のところで、最後に「戻すよう働きかけ」、このあたりについてはくみするところではありません。
 議会として動いているから採用しなくてもいいではなくて、市民の声を聞いて動いているという姿勢を示す意味でも、これは採択をして議会の姿勢を示すべきだと、私はそう思います。
 以上で、採択の立場からの意見の開陳を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより27請願第1号「小・中学校の学期制に関わる請願書」の件を挙手により採決いたします。
 本件は採択とすることに賛成の方の挙手を求めます。
     (賛成者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 挙手少数であります。よって、本件は不採択と決定いたしました。
 では、ここで紹介議員については退席をお願いいたします。どうもご苦労さまでした。
     (紹介議員退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 次に、日程第2、27陳情第4号「入札業者選定が、『行政処分ではない』との見解を是正する意見書」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 質疑を許します。質疑はありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 本陳情が提出された経緯はどのようなことなのか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 本陳情が提出された経緯でございますけれども、平成25年4月、「行政手続き条例と契約事務規則の関係解明を求める件」という請願書が市に提出されまして、その請願に対して、業者選定その他の契約事務は行政処分には該当しない内部的手続き行為であるとの観点から回答しているため、改めて本陳情が提出されたものと思われます。
 なお、平成27年6月に本陳情書と同様の趣旨の請願書が市に提出され、「指名競争入札における指名業者選定は行政処分ではないと認識している」と回答してございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) ただいまの入札業者の選定が行政処分でないというその根拠は何なのでしょうか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 地方公共団体におけます売買、貸借、請負、その他の契約は、地方公共団体及び相手方双方の意思表示の合致によって成立する法律効果でございまして、契約自由の原則、信義誠実の原則が適用されます。いわゆる私法上の契約でございます。
 指名競争入札における指名、いわゆる入札業者の選定は、この私法上の契約締結に向けた準備行為でございますことから、同様に私法上の行為に該当いたします。さらに、入札業者の選定は、地方公共団体の長でございます市長が、自らの権限に属する事務について行う内部的手続き行為でございます。
 したがいまして、行政庁が行政目的を実現するために法律によって認められた権能に基づいて、一方的に国民の権利、義務、その他の法律的地位を具体的に決定する行為である行政処分ではないと認識してございます。これは、現在における一般的な見解でございまして、地方公共団体の契約事務についての解説図書、また最高裁の判例等でもご確認いただけるものでございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに質疑はありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) こういった陳情書が提出されてくる背景には、指名競争入札における業者選定に恣意的な取り扱いがされているんじゃないかっていうそういう疑いを持つということを背景にして陳情が出てきているんじゃないかっていうふうに思うんですけれども、その業者選定の仕組みが今どうなっていて、その透明性っていうのがどういうふうに確保されているのかという点をお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 私どもは、先ほど申し上げましたとおり、契約自由の原則、信義誠実の原則に則りまして、透明性を最も大事にしながら入札行為をしてございます。これについては、契約事務規則、指名基準、それらもろもろの基準に基づきまして指名をしているものでございまして、恣意的なものとかそういうものは全く働いてございません。
 そういった意味では、透明性、公平性を最も重要なポイントといたしまして指名をさせていただいてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。
 それから、指名競争入札をめぐりましては、どうしても指名業者が一定の業者に偏ってしまう、あるいは同じ業者が繰り返し繰り返し選定されてくる。そういう、例えば、市内の業者を優先するなんていう項もありますから、どうしてもそういう傾向が生じてくるんじゃないかっていうことは言われていると思います。
 その点、結果として談合が生じてしまうという危険性も生じてくるわけですね。そういうことが起こらないように、何か羽村市としては取られている対応、気をつけていること等があるのかどうかという点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 今申し上げましたとおり、指名基準等に則って我々は信義誠実な形で指名をしてございます。実績あるいは市内業者の優先、こういうところも当然加味しながら、いわゆる指名をしてございますが、ただ、談合だとかそういうところは、我々はそういうものはないと思っていますし、そういった意味で開札までは指名業者を公表しておりません、今。そういった工夫もしてございます。
 全体的に言えば、公平また透明性を持って入札行為を行っているわけですので、引き続きそういう形で対応は図りたいと考えてございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 27陳情第4号「入札業者選定が、『行政処分ではない』との見解を是正する意見書」の件に、不採択の意見開陳を行います。
 本陳情は、指名競争入札の業者選定は私法上の契約の一環ではなく行政処分であるとの見解に是正すべきと述べています。ブリタニカ国際大百科事典小項目事典では、「行政処分とは、行政庁の処分のことであるが、この場合の処分とは、行政庁のなす行為のうち行政庁の一方的な意思によって公法上の法律効果が生じるものを言う」とされています。
 一般的には、公共工事の契約などは地方自治体が私人と対等な立場で締結するため、私法上の契約行為であり、それに向けた手続きの一環である業者選定は私法上の行為であるとされています。しかし、本陳情が指摘をする碓井光明東大名誉教授が主張するように、格付け行為を行政処分と見ることも考えられてよいとの見解もありますが、これが定まった定説にはなっていないという現状にあると思います。
 こうした議論がなされる背景には、業者の評価、格付けが恣意的に行われ、特定の業者を優遇する、あるいは排除する不透明な扱いがなされる可能性があるのではないかとの懸念があるのではないかと考えます。
 羽村市では、羽村市指名競争入札参加者指名基準等に基づき、優先指名すべき基準を明らかにし、業者選定を行っており、こうした懸念に応えたものとなっていると考えます。
 以上の理由から、本陳情は不採択すべきというふうに考えます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 27陳情第4号につきまして、先ほどの質問で明らかになったように、本陳情書に明記されている市長の見解は、法令や判例等に基づく一般的な考えであると判断できるため、本陳情は不採択が適切であると考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、27陳情第4号「入札業者選定が、『行政処分ではない』との見解を是正する意見書の件を採決いたします。
 本件は不採択と決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ご異議なしと認めます。よって、本件は不採択と決定いたしました。
 では、ここで市長部局側につきましてはご退席をお願いいたします。どうもご苦労さまでした。
     (市長部局退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 次に、日程第3、「行政視察に伴う委員の派遣について」の件を議題といたします。
 事務局より説明願います。議会事務局次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(郷 良則) それでは、お配りしております平成27年度羽村市議会総務委員会行政視察についてご説明いたします。
 1の調査事項でございますが、学校教育についてです。
 2の目的でございますが、先進地の取り組みを直接学び、成果を委員会活動に反映させ、もって市政の発展向上に寄与するということでございます。
 3の調査方法は、委員の派遣による行政視察でございます。
 4の視察先及び視察事項でございますが、(1)が神奈川県横浜市、二学期制の見直しについて、(2)が東京都武蔵村山市、二学期制の見直しについてでございます。
 期日でございますが、(1)の神奈川県横浜市が平成27年9月24日(木曜日)、(2)の東京都武蔵村山市が平成27年10月20日(火曜日)でございます。
 派遣委員につきましては、富永訓正委員長、水野義裕副委員長、鈴木拓也委員、西川美佐保委員、橋本弘山委員、馳平耕三委員でございます。
 随行員につきましては、議会事務局庶務係長の笹本佳良が随行いたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 以上で説明は終わりました。
 何かご質疑ございますか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 前に総務委員会でも私言ったと思うんですけど、両方とも「二学期制の見直しについて」ということになると、一定方向に、やっぱりさっきの説明じゃないけど、委員会が動いているというふうになりかねないので、私は、できるだけ両方を見てという話もしていたし、もし、中に学期制の検討とかであればいいんだけど、二つとも見直しだけ、ただ見てきたのかってなると、今ここで結論を出したこととまた違ってくるというのもあるので、タイトル、ちょっともう1回見直していただきたいなというふうに思うんですけど。(「横浜って二つのパターンがあるんじゃなかったっけ」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) その点について、事務局側で説明できますでしょうか。
 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 見直しを取りまして、「二学期制について」ではいかがでしょうか。
     (「いいです、はい」「本当は学期制がいいんだけどな。学期、二も取る、1個は入れたい」「横浜は両方あったから」「学期制の検討で」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) なるべく挙手の上、ご発言をお願いいたします。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 先ほど、見直しを取ったらどうかと提案しましたが、「二」も取りまして「学期制について」。私は、両方学期制についてということのほうが、何というか、シンプルでいいんじゃないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 以上のように、鈴木委員からご意見いただきました。皆さん、いかがでしょうか。
     (「賛成です」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) では、タイトルにつきましては、そのようにさせていただきます。
 そのほか何かご質疑ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 質疑ないようなので、何かご意見ございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 質疑、意見特にないようですので、日程第3、「行政視察に伴う委員の派遣について」の件は、原案のとおりご承認願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ご異議ないようですので、原案のとおり決定いたしました。
 次に、日程第4、「総務委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 お諮りいたします。委員長から議長に対し、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の「特定事件継続調査事項表」のとおり、閉会中の継続調査の申し出をしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、日程第5、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(富永訓正) 以上で、本日の総務委員会に付議されました案件は全て終了いたしました。
 本委員会の審査報告書並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、平成27年第3回総務委員会を閉会いたします。大変にご苦労さまでございました。
                                    午後3時09分 閉会