議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成27年度一般会計等予算審査特別委員会(第1号) 本文




2015.06.22 : 平成27年度一般会計等予算審査特別委員会(第1号) 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(門間淑子) ただいまの出席委員は17名です。定足数に達しておりますので、これより一般会計等予算審査特別委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。
 これより、日程第1、議案第43号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。浜中 順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 2番の浜中 順です。
 議案その2の28ページ・29ページ、教育費の関係で、2目の教育指導費の委託金の中で、一番下の学力ステップアップ推進地域指定事業委託金についてご質問いたします。
 先日の本会議での私の、「学習の場づくりの中の学習支援について」でこの事業が説明され、学校が補習等に活用できる指導補助員の配置などを行い、児童・生徒への支援を強化していきます、というふうな説明がありました。その補習等も含めて、また、誰が中心となって事業をやるかも含めて、事業内容を説明していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学力ステップアップ推進地域指定事業の中身に関してですけれども、こちらは、放課後等、補習等に活用できるというようなことでお話のほうをさせていただきました。算数・数学、学習サポーターというような形でやっていく予定でございます。こちらは、各校の実態に応じた補習等を実施していくというような予定でございます。
 これは、例えば学校のほうが授業の中で使うということも可能ですし、放課後、今、現状で教員のほうがしている授業の中で活用したり、それから放課後の、ちょっと残してやりましょうというようなところで使うというようなこと、また、長期休業中、例えば夏休み中の初めの部分とか、プールのあるときのちょっと前の時間とか、そういうところでも活用できるように、それは各校の工夫のほうになるかなというふうに思いますけれども、そういった実態に応じての活用をしていくということでございます。
 誰が中心になってやっていくかということになりますと、こちらは、計画のほうは学校のほうで立てまして、それを補助をしていくような形になります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 浜中 順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 31ページの上の、囲みの上のほうの一番下の部分で、学力ステップアップ推進地域指定事業用消耗品の中身を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) 消耗品の中身でございますけれども、教材等を予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長、再度どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) ドリル等の消耗品でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 浜中 順委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(浜中 順) 今回の事業にはあたらないと思いますけれども、私の教員経験からすると、こうした委託金を受けた事業について、校長はよかれと思っているんですけれども、実は教育現場の多くの職員、教員は、もっとほかのことをやったほうがましじゃないかという、そういう事業も見受けられるんですね。
 そういうことが昔かなり起こっているんですけれども、そういうことが起こらないようにやっていただきたいと思うんですけれども、このことに関してご意見をお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) それぞれの教員の思いというのは、もしかしたら、あるもしれないなというふうに思いますが、こちらは各学校で、全体で取り組んでいくということを、昨年度も含めてやってきているところでございます。これはすべての学校で教員たちも一致団結というか、同じ方向を向いてやっていきたいというふうに思っておりますし、学校もそういうふうに捉えているというふうに考えております。
 この事業ですけれども、羽村市の子どもたちの学力というところの目安としましては、東京都の学力向上を図るための調査のほうを大体の目安としているんですけれども、その中で特に苦手としているところは、やはり算数・数学のところであるというような結果となっております。
 そのところをそれぞれ、小学校の教員も、中学校の教員も考えて、捉えて、ぜひこのところの取り組みを活かしていきたいというところは、すべての教員変わらずやっていきたいというふうに考えておりますので、ぜひご協力のほうをよろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質問ありませんか。大塚あかね委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 取りあえず1項目だけ質問します。
 21ページ、民生費の生活保護費なんですが、今回、生活保護対策に要する経費で、生活保護システム改修委託が計上されていまして、先だっての本会議での説明では、住宅扶助と冬季加算の見直しによるものという説明がありました。
 もうちょっと詳細に、住宅扶助費のどういった点が見直されていくのかということと、冬季加算の見直しについてご説明いただきたいんです。
 羽村市は、今現在2級地なんですが、それは見直しによって変更があるのか、ないのかとか、その辺も含めてご説明いただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) ただいまの生活保護システム改修委託料に関連するご質問でございますが、今回の改修委託料を計上した経緯につきましては、住宅扶助の級地別の限度額及び冬季加算の額が改定され、今年7月から施行に伴う電算システムの改修の必要な経費でございます。
 住宅扶助の基準の見直しにつきましては、全国で、一つに、単身世帯の上限額につきましては、各地域における家賃の実態を把握しまして、最低床面積25平米を満たす民営借家を一定限度、確保可能な水準にするというようなこと、それと、近年の家賃、物価の動向、全国平均ではマイナス2.1%と言われてますが、そういったことを踏まえて住宅扶助の限度額の適正化を図るもの。
 それと、今まで2人世帯以上につきましては、2人〜6人と、7人以上の区分でございました。その区分が2人、3人〜5人、6人、7人以上の世帯人数の区分に細分化し、人数別の上限額を適正化するというものでございます。
 それから、地域区分につきましては、これまで、1級地と2級地、それから3級地の2区分に分かれておりましたが、2級地を分け、3区分に細分化するというような内容でございます。
 生活保護のまず住宅扶助につきましては、今まで羽村市は1級地と同じ額でしたので、2級地が設定されたことによりまして、新たな限度額、2級地としての限度額が設定されたということでございます。
 例えば単身世帯で言えば、これまで5万3,700円の限度額でしたものが、4万5000円。2人から6人までの世帯につきましては、6万9,800円の限度額でしたものが、2人世帯は5万4,000円、3人〜5人世帯は5万9,000円、6人世帯は6万3,000円。そういうような限度額が設定されたということでございます。
 それから冬季加算につきましては、一般低所得世帯における、冬季における増加する光熱費の実態を反映するということ、それから近年の光熱費、物価の動向を反映、豪雪地域の山間部など気候が厳しい地域等に配慮した調整ということで示されております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) わかりました。特に単身の方は、今まで5万3,700円が4万5,000円になったということで、かなり影響を受ける方もいらっしゃるのかなと思うんですが、具体的に影響を受ける方が何人ぐらいいらっしゃるのかということと、それから、7月から適用ということなので、お引っ越しとかをする方も多い、せざるを得ない方もいらっしゃると思うんですが、その経過措置みたいなものが設けられているのかどうかについて、ご説明いただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) まず、影響を受ける世帯はどのぐらいかというご質問ですが、この住宅扶助の限度額が下がったことによる影響を受ける世帯につきましては、6月1日現在ですが、全体で241世帯となっております。単身世帯では174世帯、2人世帯では44世帯、3人〜5人の世帯では23世帯となっております。
 それから、7月からの経過措置のようなものがあるのかどうかということでございますが、特別基準ですとか、経過措置というものがございます。実質、241世帯に対して新たな住宅扶助基準を上回る家賃の、全体に対して、原則としては転宅指導をしていくことになるわけでございますが、世帯の実情によって、例えば高齢者の場合、住み慣れた地域でお仲間の方と一緒に生活してきた状況だとか、通院、通所をしている状況ですとか、そういった状況もございますので、そういった場合には、将来的に特別基準ということで今までの額を設定して対応すると。転宅をしないで済むような形、中には転宅を希望する方もいらっしゃるかと思いますので、その世帯世帯、個々に対応していく必要があろうかというふうに感じております。
 それとあと、転宅が可能な世帯につきましては、7月以降、早く、家賃の契約更新の時期を迎える場合に、早い順にどんどん、制度改正の内容をお知らせするとともに、転宅を説明していくわけなんですが、契約更新までに転宅が難しいという状況であれば、例えば一生懸命住宅を探しながらも転宅が難しいという状況であれば、またその契約更新の時期を越えて、ある一定の期間を定めて転宅指導をしていくということになると。
 経過措置につきましては、7月1日以降の次期の契約更新日までは経過措置という形で決められております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 今現在、羽村市の賃貸住宅の平均家賃というのを、もしわかれば教えていただきたいことと、その上限額の新しいお宅というか、転居する場合に転居費用の支給補助というのはあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 平均的な家賃につきましては、借家の間取りですとか、築年数等からも異なると思われますので、平均的な家賃の額というものは示されていないし、また、こちらとしても調査はできてないんですが、今回、改定で基準額を上回る単身世帯174件の実質家賃を見ますと、その平均額が4万1,433円、それから2人世帯では6万3,391円、3人〜5人の世帯では6万5,487円となっております。
 それから、転宅指導に係る転居の費用でございますが、敷金等の費用は生活保護費から出すことが可能でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 失礼しました。先ほどの家賃の平均額のところで、単身世帯4万と言ったと思うんですが、5万1,433円の誤りです。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質問ありませんか。小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 2点ほどありますので、1点ずつやりたいと思います。
 まず1点目は、先ほど浜中委員がおっしゃったことと若干関連があるんですけれども、29ページの下のほうの2の教育指導費、そこのところで、国からインクルーシブ教育システム構築モデル事業委託金、あるいは東京都のオリンピック・パラリンピック教育推進校事業委託金、それからもう一つ、東京都学力ステップアップ推進地域指定事業委託金というのがそれぞれ計上されて、それでそれぞれに教師を派遣したり、または教材をということはわかるんですけど、もともとこの三つに対して、羽村市が独自で、こういうことをしたいから国に、または東京都のほうにお願いして、何とか委託していただけないかというふうに羽村市のほうから持ちかけたのか、相手から、こういうことをやるから、これだけのお金を出すから羽村市は頑張ってくれと、こういうふうに来たのか、この点をまず伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) こちらの三つの事業ですけれども、例えばインクルーシブ教育システムのほうは、こちらは羽村市が実際に行っていることと、それから国のほうでこういったところがありますよというのは、合致しているようなものというふうに捉えていただければと思います。
 また、オリンピック・パラリンピックの教育推進校事業委託のほうにつきましては、こちらは都のほうの事業ですけれども、やはりこれも羽村市でもオリンピック・パラリンピックについては推進をしていくというような趣旨のところで、合致をしているものだというふうに捉えております。
 学力ステップアップ推進地域指定事業は、こちらは、どんな内容でというところは、予算的な部分というのは置いておきまして、やはり羽村市での、先ほどお答えしましたように、算数・数学を中心とした学力向上を図るというところは、大切な点であるというふうに捉えておりまして、そういったことで、こういった事業があるというところで手を挙げさせていただいたというところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議 長(石居尚郎) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) それぞれが、羽村市が望むところと、この委託事業を提唱してきた国または都と一致したと、こういうことですか。それでよろしいんですかということをもう一度。学力ステップアップというと、どうしたって遅れているところに助成しようじゃないかというのが普通の考えですね。ところが、自分から手を挙げたのか、それとも向こうから来たのか、そこら辺をもうちょっとお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 合致していたというところは、まずお答えしたいと思います。
 それから、こちら、学力が遅れているというようなところではなくて、やはり目安としている東京都の平均にまだ届いていないということは確かでございますが、しっかりと力を入れてやっていきたいというような強い気持ちがございまして、こちらのほうに手を挙げさせていただいたところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) それでは、もう1点目に移りますが、同じく教育費の中で、概要説明の中の教育費で一番下のところに、玉川上水の羽村堰ですね、33ページにありますが、前にちょっと大きさを聞いたところ、なぜこんな小さいのかななんていうふうに疑問を持ったんですけど、これを企画して、それでこういう設計ですね、こういう模型を造ってくださいというのは、どこに、どう、委託したのか。
 また、その大きさとか、私がこれを聞いた時には、この部屋の大きさぐらいのものを造るのかなというふうに思っていたんですけれども、ということは羽村堰というのは非常に100何十メートルの長さがあるわけですね、入り口から。それをマッチ箱ぐらいのものを造ったところで、これはもう話にならないというふうに直感したものですから、どういう企画で、どういう考えのもとで、その模型の規模、中身はいいとしても、規模を決めたのかということをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 郷土博物館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯郷土博物館長(河村康博) ただいまお尋ねいただきました投渡堰の模型につきまして、ちょっと考え方を整理してご説明をしたいと思います。
 まず、企画という部分でございますが、投渡堰はやはり羽村の堰全体の中で象徴的な部分でもありますし、また、投渡堰がなぜああいう形なのかということを調べていくことによりまして、実は羽村堰全体がどういうことなのかということがわかってくるということもございます。
 ただ、反面、投渡堰というのは日本にあそこしかないということもあるんですが、言葉で説明しようとすると、これは非常に難しいんですね。また、写真等を使ってもなかなか、子どもたち、玉川上水は東京都では小学校4年生のカリキュラムの中へ入って社会科で勉強して、私どもにも見学の学校が来るわけですけれども、子どもたち、特に玉川上水がない地域の子どもたちに、全くわからないところから始めなきゃいけないということがございまして、博物館としては以前から、ここを何とかわかるようなことができないかということを考えてきた部分がございます。
 そういったところの中で、ご承知のとおり、昨年11月に土木学会のほうで土木遺産ということで認定をしたということがございまして、またここで30周年の記念事業をさせていただくということの中で、やはり投渡しのことをきちんと出していきたいと考えまして、たまたま羽村市域中心に、今、産業課のほうで支援をしていますけれども、特殊美術造形という、こういった特殊な模型を、博物館だとか、あるいはテーマパークだとかの特殊造形物を造る工房が、大体この地域に60社ぐらいあるんですね。
 そういったところを、企業活動支援員の方にちょっとご相談しまして、どこか手ごろな相談場所はないだろうかということでお話しをしましたところ、ある企業をご教示をいただきまして、そこの企業は直接、こういったものについてはちょっと難しいんだけどということの中で、こういう土木物の構築物の模型を得意とするところをご紹介をいただきました。
 そういったところ、それから私どものほうの今ある常設展を造った会社、そういったいくつかの会社に話を持ちかけまして、何か具体化ができる方策はないだろうかということでお話をしていたところ、ある会社から、実際に水を使って再現ができると考えますということでご提案をいただきまして、その提案をもとにして模型の構想を組み立てていったということでございます。
 大きさですけれども、今予定をしておりますのが、幅が80センチ、高さが80センチ、それから奥行きが60センチぐらいの箱型の形状のもの、これはまだ確定したものではございませんで、実際に予算をお認めいただいた後に実施設計するわけですけれども、そのくらいの大きさのものを考えております。
 これは、なぜこういったものかといいますと、実は、持ち運びができるようにキャスター等を付けたものを想定しております。なぜかといいますと、実は水を使うということで、わかりやすくはなるんですが、博物館の展示室の中にそういった水を使ったものを常に置いておくということになりますと、これはかびの問題ですとか、いろんな害虫の問題ですとかが生じますので、あまり好ましいことではない。
 ですので、この模型につきましては可動式にして、展示、見ていただくという場においては持ち出しをする、そうでない時はバックヤードに引いておくということを想定して、そういった形になっております。ですので、私どものほうでも展示説明員というボランティアの方にご協力いただいていますけれども、そういった方々が移動が可能なような大きさということも考えまして、今のような大きさになっております。ご質問につきましては以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 小宮委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(小宮國暉) 経緯等わかりましたけれども、ちょっとやはり規模的にですね、昔、私は小さい時、あの上を渡ったり、あるいは丸太の匂いを嗅いだり、あそこで小魚をつかまえたという経験がありまして肌で感じてますけれども。規模が小さければ小さいほど、その詳細的なところがわかりにくいといいますかね、特に子どもさんたちが見たり触ったりするわけですから、そういうところで非常に、少しできれば、なるべくわかりやすいような大きさですね、それを再検討願えればというふうな希望的なものがあるんですが、それについてもう一度お聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 郷土博物館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯郷土博物館長(河村康博) ありがとうございます。規模の問題ですけれども、やはり模型は、大きくなればなるほど、費用的なものもかなり大変になってくるということもございます。
 今、委員おっしゃられたとおり、大きければそのほうがわかりいいということは、全くそのとおりだと思いますけれども、逆に言いますと、主な今回の模型もターゲットとしている小学4年生に例えば絞ってみますと、ほとんどのお子さんは当然のごとく実物の投渡しを見てきます。
 ですので、見てきた後、あるいは私どもへ来ていただいた後に実物を見ていただくということの中で、これまでよりも、その実物を見たときに「ああ、こうなんだ」ということが、まずわかってほしいというところで、今回はバランスをとったといいますか、ぎりぎりのところで、そういうふうな形を考えさせていただいたということでございまして、あと、現場を見た時にそういったことがご説明いただけるよう、私ども直接行って先生方に、例えば何か資料等お渡しするとか、そういったことも合わせて行いながら、子どもたち、あるいは一般のお客様の理解を図っていきたいというふうに思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質問ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 二つありまして、分けてお聞きします。
 まず29ページ、先ほど質疑がありました教育の学力向上関係なんですけれども、先日の本会議で、29ページの学習サポーターは10校という説明がありました。
 ページをめくりまして、授業力向上アドバイザーは2人分という説明がありました。それぞれ項目が分けられているわけですけれども、どういう違いがあるのか、担い手、それから役割、また対象校などですね、まずこれをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) まず、算数・数学アドバイザーのほうですが、算数・数学を専科としていた元教員を想定しております。各校を巡回し、学習方法について教員へ指導や助言を行う。こちらがアドバイザーで、2名でございます。
 それで、サポーターのほうにつきましては、各校1名ずつ、既存の学習サポーターと同様に、教員の資格を有する者を雇用する予定でございます。したがって10校すべてです。
 アドバイザーのほうにつきましては、2名ですけれども、各校を巡回するという形ですので、すべての学校、10校です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。それぞれ1校あたり何時間程度を想定しているのか。小学校、中学校違えば、その内訳も知りたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯学校教育課長(阿部知宏) アドバイザーの2名分につきましては、週3日、1日6時間、単価が2,000円を予定しております。
 サポーターにつきましては、週5日、1日4時間を予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) お答えがちょっと違うんですけど。アドバイザーが1校につき何時間担当して回っていくのかという質問です。小・中の違いも質問にありましたが。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 算数・数学授業の向上アドバイザーですけれども、先ほど課長のほうから話があったとおりなんですが、大体、各校月2、3回程度巡回をしていくような形で考えております。
 時間のほうは、先ほど、6時間ということですけれども、月2、3回行くということですので、行って授業を例えば2コマ見て、そのあと、ちょっと間が空くのかなというふうに思ってはいるんですけれども、放課後であったり、先生が空いている時間等もございますので、そこのところで指導を個別にしていくようなイメージを持っております。
 サポーターのほうは、こちらはいわゆる補習等になりますので、各校の実態に応じまして、どんなふうに配置していくのかというのは違ってくるかなというふうに思いますけれども、1回1日4時間というような形になりますので、授業のところで使いたいというふうになれば昼間ですし、放課後を中心に使いたいというふうになれば、午後からの時間帯に配置をするというような形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 大体わかりました。
 まず、学習サポーターのほうなんですけれども、中学校って学習サポーターが配置されていないですよね。ですので、各3校、新しく学習サポーターを配置して、1週間4時間、5日間、いつからいつまでという期間がわからなかったので全体がわからないんですけれども、やっていくということになりました。
 学習サポーターは、中学校は引き続き今年度以降も、実施計画でも配置したいという、ちょっと先の話でしたけれども、出ていましたので、いいんじゃないかというふうに思ったんですけれども。ちょっと期間の問題とその先の問題ですね、ちょっともう少し、教えていただければと思います。
 それから、向上アドバイザーのほうは、やはり2人で10校なので、かなり何というか、しっかり教えるまでにはいかないんじゃないかなって、ちょっと思うんですよね。量的に不足しているんじゃないかと。予算の部分があるんですけれども、そこをどういうふうに考えているのか、ちょっとそこだけ、すみませんが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず、1点目のサポーターのほうの、今後というようなところも含めてですけれども、まずここで、中学校、今までついていないというところがございましたが、なかなか実態の中で、小学校のようにTTのような形で入ってくるというところが、少し子どもたちの気持ちのところでも難しい部分というのがやはりあるかなというふうには考えています。
 そういった点では、中学校のほうの話を聞いていく中では、やはり補習のような形、放課後の補習のような形で見ていくようなところというのを、希望のほうがあるのかなというふうに思っております。
 それで基本的には、きちんと実績を上げて、子どもたちの学力が向上するというようなところを上げていって、今後のことについては考えていきたいというふうに思っております。
 それから、2点目の学力向上アドバイザーのほうですけれども、一応、算数・数学のアドバイザーにつきましては、小学校籍、それから中学校籍の先生を今予定をしております。
 確かに2名で、というところがございますが、授業のほうを見ていただくことと、それから全体的な傾向等も、打ち合わせ等もしながら把握をして、全体の学力向上や授業力向上につなげていきたいというふうに考えております。
 こちらも、こちらの活動とか取り組みについて見ながら、またいろんなところで考えながらやっていきたいというふうには思っておりますので、まずこれの形でやらせていただければというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質問ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 21ページの生活保護対策に要する経費ですけれども、先ほど冬季加算についてお話がありました。これは、この時期というのがいつからいつまでなのかという点が1点と、それから2点目に、この冬季加算や住宅扶助に関しての今後の実態調査など、実態に合っているのかどうかといった調査を行われるのかどうか。この2点、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) まず、冬季加算の支給の月につきましては、羽村市におきましては11月から3月までの間となっております。
 それから、住宅扶助に係る調査をするのかどうかということにつきましては、これ、なかなかちょっと難しいものがあるかなというふうに。実際に、先ほど言いましたように、物件の間取りですとか、築年数、そういったものでさまざまでございますので、この調査をするという考えは今の段階ではございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 冬季加算は、今、11月から3月ということなんですけれども、実際に支払われるのはその1カ月後になっていると思いますが、ここら辺も考慮されてこの期間にされたのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 冬季加算の支給月につきましては、先ほど言いました11月から3月の、生活保護費は月の初めに支給されますので、そこで認定されて支給されております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質問ありませんか。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 全体を通じての職員人件費について、お聞かせいただきたいと思います。
 全体として、地域手当がマイナス、期末手当がマイナス、勤勉手当がプラスになっていると思うんですけれども、それぞれ総額で、一般会計と特別会計を合わせても別に構わないんですけど、それぞれ地域手当全体でどれだけマイナスか、期末手当全体でどれだけマイナスか、勤勉手当全体でどれだけプラスかということと、それから、この補正全体での人件費のプラス・マイナスをお知らせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) まず、人件費全体の補正額からご説明をさせていただきたいと思います。一般会計におきましては、今回、人件費の総額で3,273万2,000円の減額をさせていただいております。
 この主な要因でございますが、三つございます。一つは、3月議会に条例改正等をさせていただいた給与改定の部分。こちらのほうが1,775万4,000円と試算してございます。
 また、職員の人事異動。これは職員数の差異も含めた部分でございますが、こちらが807万3,000円の減額の形となっております。
 それから、最初の給与改定に伴う影響額1,775万4,000円。こちらのほうもマイナスの影響額でございます。
 また、共済費の負担率。こちらにつきましても、影響額のほうがマイナスとなってございまして、こちらは共済費の負担率が当初見込んでいたよりも減になっているということで、こちらの影響がマイナス609万5,000円となっておりまして、一般会計全体では3,273万2,000円を減額をさせていただいているというものでございます。
 それから、各手当の増減の部分でございますが、まず地域手当の部分につきましては、申しわけございません、資料のほう、37ページをご覧いただきたいと思います。
 こちらのほうが、今ご説明させていただいた全体の補正額の概要となってございますが、こちらにつきまして、各手当ごとの増減のほうも掲載をさせていただいております。
 地域手当につきましては74万6,000円の減額。ただしこちらは、今、委員からご指摘のあった1%減額した部分につきましては、これ、当初予算の部分で、もう予算措置のほう、減額をしてございますので、この74万6,000円の部分につきましては、今回の補正の中で給料月額を減額となっておりますので、これに連動する形で減額をさせていただいている部分でございます。
 また、期末・勤勉手当につきましては、一般会計で総額1,032万7,000円の減額となってございます。こちらにつきましては、給与改定による影響額が主な部分でございまして、人事異動等に伴う部分も含めまして1,032万7,000円の減額となってございます。
 勤勉手当の部分でございますが、今、ご覧いただいている37ページの給与費明細書の部分では、期末・勤勉手当一緒の、合算の金額での増減を出させていただいてございますが、3月の条例改正の中で期末手当の支給月数を0.35月引き下げをさせていただきまして、その一方、勤勉手当にその分を割り振りをさせていただいております。
 ですので、全体では一般会計の中で4,143万1,000円、こちらを期末手当から勤勉手当に割り振りをしたというような形になってございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 37ページの期末・勤勉手当が何で一緒になっているのか、それぞれ別々になっているのに、よくわからないところがあったので個別に聞いたんですけれども。
 それで、全体として3,273万2,000円の減ということですよね、今回の補正予算で。今、アベノミクスで、もう全体として給与を上げていって、それで景気循環にという話をしているんですけれども、そういう中で、全体を通じて今、職員の人件費をこれだけ補正予算の中で下げていくということは、どういうふうな政策判断なのかというのをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 今回の平成27年の4月からの給与の関係につきましては、これは国のほうの制度改正がございましたので、それに伴いまして、東京都の人事委員会も同じような形で変更をかけてございます。
 そういった意味で、羽村市につきましては従前から東京都と同じような給与体系をとっておりますので、その部分で給与の改定をさせていただいた。これにつきましては、3月議会のほうでご承認いただいた部分でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 今の説明は、例えば期末手当、勤勉手当についても同様ですか。勤勉手当のプラスの部分も、それも東京都に準じてということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 3月の条例改正におきまして、先ほど、0.35月を期末・勤勉手当の割り振りを変えたということにつきまして、これは東京都に準じる形で支給月数を変更させていただいたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) よろしいですか。ほかに質問は。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 先ほどの質疑にありました生活保護の関係、21ページなんですけれども、この前、資料請求で東京都知事宛ての厚生労働省社会援護局長の文書をいただきました。4月14日付ですね。
 家賃扶助は特にもう、えらい下がっちゃいまして、おそらく、これだと市内で健康で文化的な生活を営めるような住宅って、多分ないんじゃないかと。生活保護はだめというところも多いんですよね、実際は。貸さないというとこも多いんですね。新しい住宅を探すというのはもう困難を極めるというふうに思うんですね。
 特別基準の設定というところもありまして、これまでより若干下がるんですけど、もうちょっと高い表が示されているんですね。少なくともこの特別基準の設定ということを羽村市も、1人世帯は5万9,000円で少し高いんですけれども、少なくとも複数世帯に関してはこの特別基準の設定ということをしませんと、そもそも引っ越すところが見つからないという状況になっているんじゃないかと思うんですけれども、ちょっと認識を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 社会福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯社会福祉課長(笠井宏泰) 特別基準の設定につきましては、世帯の人数ですとか、世帯の状況、それから地域の住宅事情により、やむを得ないと認められるものにつきましては、特別基準の設定があったものとして、新たにここで示された額、特別基準の額が設定されたものでございますが、特別基準につきましてはそういった世帯の状況等を十分に個々に見ながら設定していく必要があろうかなということを考えておりますので、地域にどのぐらいの基準以内の住宅が見つかるかどうかということもありますが、今まで生活してきた世帯の状況等もございますので、十分そういった個々の状況を見ながら、ご本人が転宅したいという気持ちがあれば、そういったことで基本的には個々の世帯に丁寧に説明をしながら、指導していきたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 先ほど、1人世帯、2人世帯などの、現在住んでいるところの住宅額の平均値という答弁がありました。例えば1人世帯ですと5万1,433円ですよね。それが今度の基準は4万5,000円にしろっていうんですよね。つまり、6,400円下げろというわけですよね。2人世帯に関しては、6万3,391円というのを5万4,000円ですから、1万円近く下げろという話で、もうこれ、絶対無理なんですよ。
 今の答弁というのは、特別基準の設定というのは例外的というニュアンスがありましたけど、羽村市の場合は、そんなことしちゃったら、これは絶対無理なんです。そこをもう一度、同じ答弁になるかもしれないんですけれども、しっかりこれは、かなりやはりひどい話なんですよね。市内の状況を見れば、もう特別基準がこれ当たり前で、これでも安すぎるというふうになっちゃっていると思うんで、そこをどういうスタンスで判断していくのか、もう一度答弁をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 住宅扶助の引き下げということで、今まで国の基準では1級地と2級地が同じ基準でありまして、羽村市は2級地ですが、これ、1級地というのは23区と24市、ほとんどその辺のところが1級地ということで、そこと同じ基準であったというのが、今度、国のほうで、1級地と2級地と3級地、すべてで分かれたということで、こういう設定ができたわけです。
 ただ、今、委員おっしゃっているように、やはり国のほうも特別基準というのを設けておりますので、私も、すぐ4万5,000円というのでその差は大きいと思います。ただ、こういう法律で決めてあることはそれに沿ってやっていかなければいけないので、一つ一つ丁寧に、その住宅事情とか世帯の状況、先ほど課長が申し上げましたけど、そういうもの一つずつのケースで見ていって、どうしてもだめなら、これ、本当に特別基準を当然のように当てはめていかなければいけないと思っておりますので、それは丁寧にやっていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) それから、引っ越しをかなりの世帯が余儀なくされると思うんですけれども、引っ越しそのものも、すごいエネルギーがかかるんですよね。不動産屋へ行って探すのもご自身でしょう。それから、掃除をして移すという作業、三月分は出るという話がありますけれども、すごいエネルギーがかかりますよね。
 高齢の世帯や病気を持っている世帯が大変多いので、これはやはり大変な負担をかけることになるんですよ。
 これに関しては、例えば業者に頼めば、お金を払えばやってくれるんですけど、そこまで出ませんでしょう。これも非常に不安になるわけですけれども、どういうふうに対応していこうと考えているのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) やはり世帯の状況というのも、やはり高齢者の方で転居が難しいと。このままいったら、今の場合の方が自立に向けてできている。これが引っ越したことによって自立ができなくて通院にも時間がかかってということでありますと、これ、何のために引っ越すんだかわからなくなってしまいますので、やはり自立というものがありますので、その世帯世帯、障害者の世帯であったり、高齢者の世帯であったり、傷病の世帯であったり、いろいろもう本当にケース・バイ・ケースですので、本当に一世帯一世帯丁寧に状況を見ながら判断していくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 了解しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質問ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。
 順次発言を許します。意見ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 議案第43号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」に反対の意見開陳を行います。
 本議案に賛成できない理由は、生活保護費のうち、住宅扶助、冬季加算の削減に伴うシステム改修費が含まれているからです。
 健康で文化的な生活を営むことが難しいような住宅しか借りることができない家賃設定、また、そもそも住宅がない状況にあります。引っ越しの手間も大変なものがあります。冬になれば、ますます灯油代が嵩むようにもなると思います。まさに弱い者いじめ、弱いところから削る政治の典型であり、認めることはできません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第43号「平成27年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」の件を挙手により採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
     [賛成者挙手]

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 挙手多数です。よって、平成27年度羽村市一般会計補正予算(第2号)」は、原案のとおり決定いたしました。
 しばらく休憩いたします。
                                    午前10時57分 休憩
                                    午前11時08分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより、日程第2、議案第44号「平成27年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。
 順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第44号「平成27年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成27年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第3、議案第45号「平成27年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。
 順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第45号「平成27年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成27年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第4、議案第46号「平成27年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。
 順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第46号「平成27年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成27年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第5、議案第47号「平成27年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。
 順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第47号「平成27年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、「平成27年度羽村市下水道事業会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり決定いたしました。
 これより、日程第6、議案第48号「平成27年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」の件を議題といたします。
 本予算について、直ちに審査に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) この議案の5ページ、予算書の5ページで、人の数が11人から10人に減って、再任用短時間が1人から2人に増えているということになっていまして、何かすぐに4月から始まって人が替わったなというふうに思ったんですけれども、この内容ですね、どうしてこうなったかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 職員数につきましては、予算編成後、組織定員管理、こちらにつきまして改めて精査をいたしまして、当初予算と比較をいたしまして、正規職員を1名減、また再任用職員を1名増というような形にさせていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) つまり正規職員の代わりに再任用が増えたということだと思うんですけれども、仕事の割り振り等は、要するに正規職員がやっていたのを再任用の方が引き継いだということで、ほかの職員に負荷が増しているとか、そういうことではないということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 職員の張りつきにつきましては、特に再任用の部分につきましては、今までの経験、知識、そういったものを十分生かしつつ、そういった職場に適材適所に人を張りつけるということですので、そういった意味では、ほかの職員に負担が増えるような、そういったことは考えてございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ほかに質疑ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ありませんね。質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより、議案第48号「平成27年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」の件を採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(門間淑子) ご異議なしと認めます。よって、平成27年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり決定いたしました。
 以上で、本日の予算審査特別委員会に付議されました案件は、すべて終了いたしました。
 本委員会の審査報告書、並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、予算審査特別委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。
                                    午前11時17分 閉会