議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成27年度一般会計等予算審査特別委員会(第2号) 本文




2015.03.11 : 平成27年度一般会計等予算審査特別委員会(第2号) 本文


                                    午前10時00分 開議
◯委員長(小宮國暉) 皆さん、おはようございます。
 ただいまの出席委員は17名です。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付の一般会計等予算審査特別委員会議事日程(第2号)のとおりです。
 日程第1、「平成27年度羽村市一般会計予算」の件を議題とし、前日の議事を継続いたします。
 よろしくお願いいたします。
 昨日に引き続いて行いますので、これより、土木費、及び消防費関係の質疑に入ります。
 予算書のページは262ページから299ページまでです。
 これより質疑に入ります。
 質疑ありませんか。川崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(川崎明夫) 1点、お尋ねをいたします。
 273ページの道路新設改良費。これは羽村駅の自由通路拡幅の施工委託料とかいろいろで、相当なお金が出ていますけれども、まず、この自由通路、予算、補正予算、そしてまた予算ということで、なかなか遅々として進まない事業でありますけれども、時系列でこの流れを教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それではお答え願います。建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 川崎委員のご質問でございますが、今までの経緯ということですので、述べさせていただきます。
 羽村駅自由通路拡幅事業については、平成17年から事業を開始しております。17年からいろんな意見を聞こうということで、羽村駅西口エレベーターの設置基本計画検討会というもので検討を行った成果をもとに、JRと事業の実施に向けた協議を重ねてまいりました。
 そこで同意が得られましたので、18年9月議会において、羽村駅自由通路拡幅等事業に関する業務委託の契約を提案しまして、自由通路拡幅と多目的スペースの設置を委託概要として、平成18年基本設計、平成19年度実施設計・工事とする設計費1,986万1,000円、工事費2億4,925万2,000円、合わせて2億6,911万3,000円の委託業務をJRとの間で締結することを議決いただきました。
 その後、19年度に入りまして、自由通路の管理方法について、市としては以前から道路認定をして道路として管理していきたいことを伝えておりましたが、JRから、自由通路を道路認定管理することは基本的に認められないということがございました。
 その結果、19年の8月には工期の延長を認められない旨の交渉を粘り強く行うとともに、道路としての整備を強く主張してきましたが、道路認定することの承諾が得られないということで、平成20年3月の議会において、建築基準法に基づく既存駅舎の……

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(川崎明夫) もうちょっと簡単で結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長、もうちょっと縮めてお伝え願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) わかりました。
 それで、平成20年3月の議会において、建物の既存遡及の部分の設計をしなければいけないということで、当初の履行期限平成20年3月31日から、平成21年3月31日に変更する議決をいただいて、実施してまいりました。
 その後、平成20年度に入りまして、再三要望していた概算事業費が8月に指定されました。その概算事業費が当初、工事費について2億4,925万2,000円に対して、5億4,800万円という、約倍の事業費が示されたことから、主な増額の要素について聴取したところ、保安要員、それから停電作業等の増加、既存遡及工事の追加などによって事業費が倍になったということでした。
 一方、20年の11月には、国土交通省のほうから自由通路整備及び管理に関する要綱が出されるという情報をつかみまして、内容を確認したところ、自由通路の位置付けを、道路、それから通路、鉄道事業者の施設、三つに分けることができるということで、この要綱が示されることによって、羽村駅の自由通路拡幅については道路法による道路で整備することができるだろうということをご助言いただいたことから、建築基準法による建物既存遡及が適用されなくてもできるのではないかということで、適用を受けなければ工事費の削減にもつながるということで、21年の3月議会において自由通路拡幅事業に関する委託業務の変更契約を提案しまして、当初、工事まで全部の金額として契約金額2億6,911万3,000円のところを……

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 川崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(川崎明夫) じゃあ、もう結構です。まだまだ時間がかかりそうなので。今まで聞いたことだけで、もう十分です。
 今聞いたところで、もう17年から始まっていますよね。ここで、27年ということになると、もう10年になるわけですよ。たった、あの駅の拡幅工事だけで。
 やはり今、単価とか人件費とか、いろんな工事費が相当上がっているんですね。そういう中でこれだけの年数がかかってくると、当初やったとしたら、その金額からすると相当アップしているんではないかと思うんですよね。
 それはもう、相手がしたたかなのか、羽村のほうが交渉が下手なのか、よくわかりませんけれども、やはりそういうことを考えると、鉄建公団の流れでしょうと思いますけれども、独占企業みたいなものですね、JRの工事というのは。
 直近の工事でも、設計だけでも、去年の7月から始まっていなきゃいけないのが10月から、店舗の移転も設計が昨年の7月からの予定が10月半ば。すべて遅れ、遅れで来ているわけですよね。我々に以前示された補正予算の中で、国体に合わせて通路を広げるという、それでキヨスクを移動するということで、それも全然進まなかったわけです。
 それで、今回の金額を見ますと、非常に莫大な金額ですよね。あのキヨスクの店舗を移動するだけで1億ですよね。常識じゃ考えられない金額なんですけれども、きちっとした、相手の見積りだけなのか、例えばこれ、民間、ほかのところへ頼んだら、こんな金額なんかとてもじゃないけど、これはもう喜んでやりますけど、もっとうんと安くできると思うんですね。
 その辺の交渉の内容をちょっと教えていただきたいんですけど。言いなりですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) この件について答弁願います。建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 交渉の内容という部分でございますが、今回計画している店舗の移転の場所が、どうしてもJR敷地内、なおかつ軌道敷内ということで、JRに頼まざるを得ない状況にあります。
 ただ、内容について設計段階での架設の方法だとか、そういうことについてJRのほうからの説明を求めてやっていく中で、今提示されている金額です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 川崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(川崎明夫) この自由通路の中で、今あるところのキヨスクを、改札口の右側ですよね、西口側のほうに移動するだけだと思うんですよ。これだけで、常識的には考えられないような金額というふうに思います。
 いわゆるコンテナというか箱型のものを移動するだけという感じですよね。営業権もあるでしょうけれども、営業補償といいますかね。これはちょっと、ここで今さら言ってもしょうがないとは思いますけど、やはり交渉力というか、そういうものがちょっとまずいんじゃないかなと思うんですけれども。市長、どうですかね、これ。毎回、もう10年前から設計とか始まって、いまだにできてない。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 川崎委員のおっしゃるとおり。こちらから頼まれてという形で、期間が延びた間には、向こう側に考え方を変えてほしいと。八王子支社ではオーケーと言ったのを、まだ本社に上げなくちゃだめだとか言って、それで、本社に聞いてみたら本社から回答が来ないからできないとか、そういう形の交渉の中身というのは、誠に我々の常識的な主張が通る、通らないという交渉で、こんなことだったらうちはもう、こちらからの条件で早くやってくれとか、そういうのを、唯一国体に合わせてやってくれというのは我々のほうから条件で出しましたけれども、「それじゃあ、それだけ短期にやらせるんだったらお金をよこせ」とか、間に合わせるというのを、「そちらが間に合わせてくれと言っているんだから、こっちの言いなりに設計して金をよこせ」とか、そういう交渉の経緯がずうっと続いております。
 今回の青梅線の増築、拡幅の件でも、まさにJRの体質というのは、我々のところのものを無視するとか、軽視するとか、交渉というよりも、自分たちが持っている物差しそのものを当てはめて、「いやならやめろ」と、「うちは痛くもかゆくもない」みたいな、かたちの交渉ということです。
 ただ、自由通路につきましては、私も最初から促進の、地元の皆さんが造ったということを百も承知ですので、そういう意味では経済的にも安く、そして合理的な理由で造りたい、こういう基本姿勢で、向こう側の交渉に対しては抵抗をしながら、うちの主張をしてきたというのが、この延びてきて今回に来ているところでございます。
 そういう意味では、これからまちづくりとかいろんな形で、あそこを自由にしていくと、イオンが来るとかいろんな形になって、ここまで切羽詰まってきておりますので、ある程度は向こう側の主張を折り合いをつけるところで、ここで決着をつけなければいけない時期かなと、こういう判断をさせていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 川崎委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(川崎明夫) これからもきちっと、予算とか、決算だとか、議会のほうでチェックはすると思いますけれども、やはり早く、市民の望んでいるところですので、ぜひやっていただきたいと思いますのでお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに質疑ございますか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 予算書273ページの街路照明施設整備に要する経費ですけれども、これはLEDに変更する事業が入っていると思いますが、これまで3年の予定が6年ということで、計画が延長されましたけれども、今後の工事計画はどのように変更になるのかお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 273ページのLEDの整備の関係なんですけれども、27年度の計画としましては、小作台と栄町の一部、一丁目、二丁目の区間の小型の蛍光灯、水銀灯をLED化しまして、243基計画しております。
 28年度につきましては、栄町地区の一部と、緑ヶ丘、神明台地区、29年度としましては、双葉町、羽西、羽加美地区で605基、30年度につきましては、羽中、羽東、川崎、玉川、清流、羽字とか川崎地区の547基を計画しています。
 大型の街路灯の水銀灯をセラミックメタルハライドランプに替えるのが、平成31年度に617基を計画してございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに質疑ございますか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 3点お伺いいたします。
 最初に287ページの、新たなみどりの創出推進事業助成金なんですが、生け垣緑化、庭木緑化、屋上緑化云々ありますけど、それぞれ助成金が違うのかどうか、まずそこをお伺いしたいと思います。
 続いて289ページ、羽加美団地外壁補修工事なんですが、これ、いつから始まるのかということをまずお伺いします。
 それと、297ページの防災訓練の、27年度の訓練内容についてお伺いします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 環境保全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境保全課長(山口ひとみ) まず1点目のご質問でございます。
 新たなみどりの創出助成金の関係でございますが、こちらにつきましては、生け垣緑化については限度額が20万、庭木緑化についても20万、屋上緑化については25万というふうに、要綱の中で限度額、また対象経費などを細かく定めております。
 また、こちら、市内の事業所の方にはインセンティブを与える形で、優先施工者、一般施工者ということで、対象経費の2分の1、対象経費の3分の1というような形で、違う金額で設定をしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 羽加美団地の外壁の補修はいつかということでございますが、この件については、タイルが何カ所か浮いているところがこの間発見されました関係から、今回この補修工事を行うものですので、年度当初、なるべく早いうちに工事のほうを設計して、実施したいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 来年度の防災訓練につきましては、平成27年9月6日、日曜日、発災を9時ということで予定してございます。詳細につきましては、訓練内容等につきましては、これから関係機関、それから市役所の方で詰めていくというふうに考えてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 防災訓練はわかりました。夜間訓練じゃないということでよろしいですよね。
 新たなみどりのほうですけれども、特に生け垣緑化はなかなか、初めてやる方は厳しいかなと思うんですけど、来年度は大体何件くらいをそれぞれを目標としているかについてお伺いします。
 団地の外壁工事はわかりました。住民というか、住んでいらっしゃる方への説明はいつから開始なされるのかをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 環境保全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境保全課長(山口ひとみ) 来年度の目標値ということなんですが、今年度につきましては、生け垣緑化と庭木緑化で30万円ということの支出予定となっております。それで、来年はその倍、大きなみどり、新たなみどりを増やしていきたいなというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 住民への説明ということですけれども、年度当初のうちに、今年度こういう事業が予定されるということで、お知らせのほうをしたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今の市営住宅に関してなんですけれども、今年度、耐震診断をやっているというふうに思うんですけれども、その結果がどうだったかと。来年早速何かかかってくるのかと思ったんですけれども、入ってこなかったので、その辺どうなっているかをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 現在、市営住宅の耐震診断の結果につきましては、評定委員会のほうに今、かかっている状況でございます。今の進み具合で診断事務所のほうから言われている内容で申し上げますと、建物的には安全であると。is値もすべてクリアしていますということが今、得られております。そのほか、評定委員会の中で今後出されるだろうという部分では、屋上の高架水槽ですとか、あと、外にあるブロック塀等の関係で、何カ所か指摘がされる可能性があるということで報告を受けております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 報告はいつ頃になるんでしょうか。その結果、おそらくやるところも出てくると思うんですけど、いつそれはやられる話になっているのかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 報告の結果については、今週末ぐらいには報告が上がってくるということで確認をしております。
 そこで指摘がされたものについては、今後、市営住宅の長寿命化計画に基づいていろんな改修等が予定されておりますので、その中で、住居的には安全性が保たれているものですから、そのほかの部分ということで、それに合わせて改修のほうを行っていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 3点あるんですけど、初めに2点お尋ねしたいと思います。
 まず1点目は、273ページの市道203号線の道路拡幅の関係についてお尋ねいたします。奥多摩街道間坂交差点のほうで、都道と市道と両方関係すると思いますけれど、この内容、また完成時期についてお尋ねいたします。
 2点目は、同じページの堰下橋の耐震補強工事でございます。これも、内容と完成の時期をお尋ねいたします。清流町の住民にとりましては、羽村大橋からのあきる野市道も完成したわけでございますけれど、やはり多摩川の右岸と左岸を結ぶ橋ということで、大変重要だなと思いますのでお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それではその2点について。土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 273ページの間坂街道の交差点の事業につきましては、工事の内容につきましては、まず、市道第203号線の道路拡幅設計委託としまして、補償代行工事の擁壁等の設計を行います。また、道路拡幅工事としまして、擁壁設置の工事を35メートル、補償代行工事として計画しております。
 また、203号線の道路拡幅用地取得としまして、面積としまして58平方メートルの用地を買収する計画でございます。
 また、203号線の道路拡幅用地の地上物件補償につきましては、建物移転補償としまして、土蔵、倉庫等の移転を計画しております。工作物の補償としましては、大谷石の塀などを補償します。立木の補償としまして、梅、柿等、またアジサイの移植を計画しております。また、動産移転補償としまして、倉庫内等にあるものの移転料を補償しております。
 また、完成時期につきましては、今回は間坂街道の地権者1件分の工事となりまして、全体的な路線の整備につきましては、今後、東京都と連携を図りながら、早い時期に完了するよう努めていきたいと考えております。
 次に、2点目の堰下橋の耐震補強工事なんですけれども、こちらのほうの工事の内容としましては、既存の橋脚5基にコンクリートを巻き立てることによりまして補強を図りまして、また、激しい揺れに対しまして橋桁が橋台から落ちないようにチェーン等で連結し、落橋防止システムを10カ所取り付けることにしております。また、橋梁の補修工事としましては、床板のひび割れ補修15カ所、うき・剥離箇所の補修3カ所、床板ジョイント部分の伸縮装置の取替え5カ所を計画しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) この203号線に関しましては、土地の所有者は1件というふうに今、あったのかなと思いますけれど、ちょっと確認をしたいと思います。
 それと、東京都の工事のほうはどこまで、契約といいますか、進んでいるのか、その辺についてもちょっと今ご答弁がなかったようなので確認をしたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 1点目の今回の工事なんですけれども、間坂交差点の部分の擁壁等の補償移転工事ということで、東京都と連携しながら事業を行うものでございます。
 2点目の、東京都の進捗状況なんですけれども、東京都では昨年12月に地権者と物件補償、移転補償、用地買収等の契約を締結しまして、現在、樹木の移植等に着手している状況でございます。地権者数は1名でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市 長(並木 心) 全体の拡幅計画は鋭意進めておりますので、経過としてそういう交渉がそこまで進んでいるところもあるという例として、大事なところを言わせていただいたわけで、個別のところについての交渉経過とか、そういうことのご報告ということではないので、あと残っているところについては、そこが一番大切なところでしたので、交渉が進んでいるという意味で、今後はそれに合わせて一刻も早くやっていくという、工事の進捗を図っていきたいと、こういう姿勢でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 別項目でございます。297ページの防災行政無線(移動系)の工事についてお尋ねいたします。これは今年度と来年度で行うというふうに承知しておりますけれど、今年度の事業内容、そして来年度の事業内容につきましてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 防災行政無線の移動系の整備工事、委員おっしゃいますように、2カ年、今年度と来年度ということになります。
 今年度につきましては、電波の伝達調査、それから実施設計を行っております。今年度中に一部の機器、本体になる基地局が5階のほうに整備ということになってございます。来年度につきましては、今まで消防団とか公用車等に配備されていた昭和56年に購入したトランシーバー型の防災の無線なんですが、そちらを、老朽化、それから製造がもう中止しているということもありますので、新たに購入するということと、それからアナログとデジタル化の関係で、ここですべて移動系の無線はデジタルのほうに移行させていただくというものです。
 内容につきましては、56台配備を予定してございます。災害対策本部室になる防災安全課の隣の会議室とか、それから、消防団はもとより消防車両。それからあと、建設部が主になる車両、公用車ですね。それと避難所が10カ所、小中学校ありますが、そちらにも移動系を配備するという計画になっています。それからあと、消防署、警察にも今までは移動系がいってなかったものですから、今後またこの中で配備をしていきたいというふうに考えています。
 今回、購入させていただくことで、回線が今までは1回線だったものが8回線となって、消防団のグループとか、役所の建設部のグループとかということで分かれるように、非常に使いやすくなってございます。それから、メールやメッセージも送れる形で、簡単に言いますと携帯電話と同じような機能を持った、画面なども携帯電話と同じような形になってございます。
 それとあと、どこの現場で、どんな災害が起きているかというふうなことがわかるように、災害対策本部でモニターによって地図上に映し出されまして、災害時に指示が本部から出しやすいような移動系の無線にしてございます。
 なお、新しくなる関係で、職員及び消防団の通信の訓練等につきましても、今まで以上に実施して、有効に活用していきたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 形が今までのトランシーバー型から、ちょっとどういう形になるか、スマホみたいになるんですか、ちょっとその辺についてもう一度お願いしたいと思います。
 あと、消防団関係には今までも配備されていましたけれど、新規に配備する箇所につきまして、新規の分だけ改めてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 携帯電話の、通常、ガラケーと言うんですかね、ああいうような形で、1台、今、整備している関係で防災安全課にございますので、もしも本物をご覧になりたければ、防災安全課に見にきていただければと思います。そうすると示せると思います。
 それとあと、新規の配備ですが、固定系といいますか、半固定系というのが、固定してあるんですが、例えば体育館なんかでもできるような、外して使えるような固定系が、小学校が7台、中学校が3台、10校分、これを新たに配備します。それとあとは、警察、消防署、そちらについては新たな配備というふうな形になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) ちょっと2点、ご質問させていただきます。
 まず、273ページの上から4行目ぐらいのところで、羽加美栄立体交差の電光掲示板改良工事ということで、39万8,000円の予算が示されておりますけれども、この内容をちょっとお知らせいただきたいと思います。
 それともう一つ、消防のほうなんですが、295ページぐらいなのかなと思うんですが、地域防災計画の改定ということで、説明書のほうには30ページに地域防災計画の改定ということで、今年度57万2,000円の予算が出ているんですが、この内容についてちょっとお伺いしたいと思うんですが。
 その2点、お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 1点目の羽加美立体交差の電光掲示板の件なんですけれども、現在は道路冠水時に自動で通行止めの表示等が出されているんですけれども、昨年の大雪の関係がございまして、積雪時に、手動で通行止めやスリップ等の表示ができるように改良するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 危機管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理課長(伊藤文隆) 地域防災計画の改定の関係でございますけれども、平成25年12月に、地震対策の部分につきましては全面的に改定を行わせていただきました。
 27年度に予定させていただく地域防災計画の修正の関係ですが、災害対策基本法、風水害の部分が強化されたりですとか、あるいは水防法の改定、あるいはそれを受けて東京都の地域防災計画が平成26年度に改定をされましたので、今回の改定につきましては風水害の部分を中心に、全面的な改定というよりは、ちょっとそういったところを、改定された部分を受けて補強してまいりたいというようなところがメインのところでございます。
 あと、合わせまして、一般質問でもいただいております火山編、こちらにつきましてもちょっと検討してまいりたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 最初の立体交差の掲示板の内容については、通行止めの表示ということでわかったんですが、実はあの地域の方が、羽加美の立体ができたことで、生活道路の中に車が入ってくるということで、前にちょっとその話も出たんですか、そのところの、今、立体で出てきますと、あそこに青梅方面と福生方面という形で矢印が多分出ていると思うんですが、そこのところの立て看板で、生活道路だということで注意は書いてあるんですが、あの地域の方で羽加美の立体を真っ直ぐ出て奥多摩街道に出るときに、あの生活道路にかなり車が入ってくるということで、やはりあの辺の方は、ちょっと車の速度が速かったり量が多いということで、非常に心配されている方がいらっしゃるんですよ。
 それで、そういうことの内容なのかなと思ったんですが、そういうことではないということなので、もしそういうところもちょっと一緒に、もう少し大きな表示がもしできたら、そういうこともお願いしたいと思うんですが、それはいかがでしょうか。
 それともう一つ、先ほどの地域防災計画のことで、今年は風水害のということでわかったんですが、1点、水害のことでお伺いしたいんですが、平成19年の9月ですか、羽加美の四丁目の水田の地域で浸水履歴ができましたけれども、浸水履歴のある場所については、あの場所については排水のポンプを増設したり、今度、間坂の交差点の改良工事で雨水が下に来ないような形にはなると思うんですが、それとは別に、多摩川の増水で、大正土手の上の地域の阿蘇神社の参道の地域の下に住んでいる方が、堤防の改築を非常に望んでいるんですが、以前から一般質問もあったと思うんですが、それがなかなか進まない中で、長期的にはそれをやっていく必要があると思うんですが、短期的にそれを、あの辺のところ、上から多摩川のかなり増水した水があそこへ溢水する可能性というのはもしかしたらあると思うんですよ。
 その時に、短期にやはり防ぐ防御策といえば、水防訓練をやっているところの、大きな土のうの配置だとかというのは非常に必要だと思っているんですが、2年に一ぺん、宮の下で水防訓練をやりますけれども、そのときに大型の土のうの、クレーンで吊るすような大きな土のうがあるんですが、ああいったものの貸し出し等を、あれは羽村にもないし、福生消防署にもなくて、国交省にあるそうなんですよね。
 そういう緊急な場合に、それをどういう形であそこに持ってきて配備できるかという、そういう計画というのも、防災計画の中で、いざという時に、大水が出そうだという時のそういった準備というのを、ぜひ、そういった配置もお願いしたいと思うんですが、その辺いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ただいまのご質問、大きく二つに分かれたと思うんですが、お答えをお願いしたいと思います。土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 1点目の、羽加美立体交差の生活道路のほうに車が入らないような関係なんですけれども、現場のほうを確認しながら検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 危機管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理課長(伊藤文隆) 2点目の大型の土のうの関係でございますけれども、国土交通省京浜河川事務所の多摩川上流出張所のほうには配備をされているお話は伺っております。
 地域防災計画の中では、関係機関と連携をとりながら水防体制なども強化をしてまいるということは言っているわけですけれども、防災会議等ででも、京浜河川事務所のほうにも委員になっていただいておりますので、そういった中で連携を図りながら調整してまいりたいと。地域防災計画についても、具体的にどの部分までということは、今この段階では申し上げられませんけれども、防災会議などに諮りながら、そういった連携体制なども盛り込んでいくような方向で検討してまいりたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 土木費で3点ほどお伺いします。
 初めに、川崎委員の関連なんですけれども、自由通路の店舗移転負担金、1億420万という非常に大きな額なんですが、この金額の内訳といいますか、おおよその内容がわかれば教えていただきたいと思います。
 2点目。同じ予算書の273ページで、堰下橋耐震補強なんですが、これの工期。いつ頃からいつ頃ぐらいなのか。それと、工事中の通行はどうなのか。それと、通行制限等はあるのかどうか。その辺をちょっと確認したいと思います。
 3点目。予算書の281ページなんですけれども、公園高木剪定委託料なんですが、1,259万円。平成27年度の計画の概要をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 以上3点です。お答えをお願いします。建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 店舗移転に関するご質問でございますけれども、内容的には鉄骨造の24.5平米程度のものを、駅改札口西口側のところに2階建てで設置するという内容でございます。金額については、移転補償という部分で全体で1億420万円。この部分の内訳ですけれども、施工工事、建物を建てるために9,720万、それから、建物を移転するという部分で700万のものが示されております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 2点目の堰下橋の耐震化の工期の関係なんですけれども、こちらの工事につきましては、河川内の工事になりますので、渇水期の工事となりまして、11月から3月の工事を予定しております。
 通行のほうなんですが、こちらのほうは、歩行者は常時通れるような計画で進めていきたいと考えております。
 3点目の、281ページの樹木の公園高木等の剪定委託の計画なんですが、こちらのほうにつきましては、苦情や要望による周囲の枝の剪定を計画しております。また、計画的に進めていくため、あさひ公園の藤棚の剪定を予定しております。また、市の管理しています樹林地の剪定としまして、羽西三丁目樹林地の剪定を予定しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 自由通路の店舗移転負担金です。これ、休業補償とかはどうなっているんでしょうか。市で負担しなきゃいけないのか、あるいはJR独自で処理する内容なのか、その辺を確認します。
 それと、堰下橋についてはわかりました。
 あと、高木についてなんですけれども、今、要望に基づいて、あるいは計画的にということがありましたけど、市民の皆さんから、高くなり過ぎた木については、やはり台風のときなんかは怖い、恐怖を感じる、あるいは、冬に入る前の時期には落ち葉が毎日毎日掃いても切りがないという状況ですので、ぜひ計画的に、また要望に基づいてスピーディーに処理していただけるようにお願いしたいと思いますが、この点、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 休業補償という部分の関係でございますが、現在のところ、工事を進めていく上で店舗を休業させるという部分は今考えておりませんので、休業補償については発生しないという部分でJRの同意は得ております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 2点目の高木の剪定の関係なんですけれども、要望や苦情等、現地を確認しながら進めていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) よろしいですか。ほかに。水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 消防費で、東京都からの委託の費用が1,400万近く減っているんですが、その背景なんかについては何か説明を受けていますか。
 それから、この予算書には直接関係はしないんですが、消防団の分団の更新計画というのはどんなふうに、もうあと2台ぐらい残っているかなと思うんですけれども、そのあたりはどうなっているかについてお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 多分、常備消防費の委託料が減額ということのご質問でよろしいかと。
 こちらにつきましては、消防費の基準財政需要額が決定するのが毎年10月ごろになってしまうということで、その辺の関係で前年の予算と同じ予算を組ませていただいています。
 最終的には10月の基準財政需要額が決まった段階、前年と今年を比較しますと、去年、平成26年は1万1,300円だったものが、今年は1万1,200円ということで通知を受けてございますので、その辺で変動が出ているということでございます。
 それとあと、車両の更新のことだと思いますが、第三分団の車両は平成30年ごろ更新を予定してございます。それから、四分団が31年ということに予定をしてございます。4トン車が2台残っていますので、そちらを今、今後整備するということで計画してございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 委託消防の件は結構です。
 車両の耐用年数とか、そういった問題は当然クリアしていると思っていいですね。消防車両の更新については。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 15年ということで、クリアはしてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) ちょっと、さっきの自由通路の拡幅工事のことなんですが、今年の予算、総額で2億2,830万ということで、それぞれ内訳がありますけれども、これ、来年度、28年度開通予定ということなんですが、その中でこの工事の業者のことなんですが、これ大体、JRの関連企業のところの工事がほとんどなのか、羽村の業者がこの工事をどのくらい請け負うことができるのかというのがわかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 今のご質問に対してはどなたかお答えできますか。今の現状で結構ですよ。建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 市内業者が入れるかという部分でございますが、自由通路の拡幅、それから店舗の移転についてはJR委託の工事となりますので、JRの精通した会社になると思われます。
 自由通路につながる東口の階段部分の改修につきましては、市発注で行いますので、今後、市内業者ができるかどうかという部分については検討してまいりますが、近接工事という部分で、JRからのいろいろ要望等、条件等がつけられるということは考えられます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) その辺のところをできるだけ、やはりいろんな面で羽村が譲歩する部分もあるかもしれないんだけれども、できるだけ羽村の業者をお願いしたいということは、声を大にして言っていただきたいというふうに思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 内部の工事等について、内装工事ですとかそういう部分も発生してきますので、そういう部分については市内業者でもできる部分はあると思いますので、そういうところについて下請けとして入れるかどうかという部分を調整していきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) ぜひ、羽村の業者をお願いするということを、声を大にしてもう一回お願いして、質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(加藤 博) ただいま建築課長が申したとおりでございますけれども、東口の階段部分につきましては市の発注ということでございますので、今後また契約案件として調整していくわけですけれども、できる限り、市内の業者が入れるような態勢を今後JRと協議してまいりますので、よろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今の自由通路の店舗の移転なんですけれども、先ほどの説明で、鉄骨の2階建てのものだという説明がありまして、ちょっとよくイメージが湧かなかったんですけれども、もう少し詳しい内容をご説明ください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 内容的には、1階部分、地上レベルでは柱しか出てこないんですけれども、2階レベル、今の自由通路のレベルになりますけれども、そちらで店舗が乗ってくると。なおかつ、自由通路から直接入れるような空間を24.5平米の床面積をもって構成するような形になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 何かイメージとしては、要するに改札からもキヨスクが利用できる、そういう形なのかなと思ったんですが、そういうわけじゃないんでしょうか。つまり今と同じ形で、場所だけ変わる。それで地上のほうに柱が付くということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 基本的には自由通路からの出入りという形になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それでは、ここでしばらく休憩いたします。
                                    午前10時57分 休憩
                                    午前11時10分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 土木費、消防費の質疑を継続します。
 質疑ありませんか。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 私は、295ページの災害対策に要する経費で、防災週間について。先日8日の日曜日でしたかね、初めての防災週間の講演会がありまして、非常に突っ込んだ内容で、いつもの講演よりもよかったかなというふうに感じております。
 この来年度の週間の、同じように3.11前後にするのか、それが1点と、今度は質問が変わりまして、災害用備蓄物資の予算が計上されていますが、27年度はどんなものを補充していくのかということ。
 それともう1点。285ページに戻りまして、動物公園の運営に要する経費ということで、以前、質問をさせてもらったんですが、キリンの駐車場のトイレの問題は、来園者からたびたび声を聞いているところなんですが、これ、検討するということだったんですが、その辺の検討内容はどうなのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 危機管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理課長(伊藤文隆) 防災週間についてのお尋ねについて、お答えをさせていただきます。
 今年度より、防災週間ということで、3月11日前後を防災週間に設定をいたしまして、今年度は企画展、それから防災の講演会、それから、今度の土曜日になりますけれども、防災ハイキングということで市内の防災施設のほうを見学する、そういったハイキングを計画しております。
 27年度につきましても、基本的には同様の事業内容として継続してまいりたいというふうに考えております。防災講演会、それから企画展、防災ハイキング、こういった事業を通じまして、市民の皆様の防災意識の高揚を図っていくということ、それから3月11日の東日本大震災の記憶を風化させないということを主眼に置いておりますので、こういった事業を継続しながら取り組んでまいりたいというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 備蓄物資の内容でございますが、来年度につきましては、アルファ米が1万9,900食、クラッカーが4,900食、乾燥がゆが2,500食、備蓄用のパンが2,400食として、合計で2万9,700食を購入予定してございます。
 なお、新しい防災計画に則って被害想定が変更したものですので、平成29年度までに、26年度から計画的に増食をしてございます。
 それとあと、マンホールトイレ等、便器とか、そういうものについて、東小、富士見小、三中、この3校を予定してございます。それで市内の10カ所がすべて、トイレの関係については終了ということになってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 動物公園のキリン駐車場のトイレの要望の件なんですけれども、本来ならトイレを新設しなければならないんですが、なかなか場所的に難しい問題等ございますので、今後、仮設トイレなどの設置を検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 防災週間、充実した内容になるようにお願いします。
 それともう1点。100円グッズのコーナーも非常によかったというお声をいただいておりますので、ここでお伝えしておきます。
 公園のほうのトイレなんですが、仮設のいいものがあるということも、前にご意見をいただきましたけれども、公園の柵を改修するとともに、公園の角あたりを使ってトイレを設置しようかというようなことも伺っているところですけれども、公園周辺の柵なんですけれども、実は長計のほうで26年度で予算が計上、計上というか、予定されておりました。
 27年度にも上がらなくて、28年度に期待されておりますが、その辺の経緯が、どういうふうにして2年もずれたのか、また28年度に柵の改修を行うのであれば、同時にトイレの設置もそこでするのかどうかということをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 動物公園の外柵の件なんですけれども、こちらのほうは、指定管理者のほうで現在、鉄筋と、また網によりまして柵の補強等を行い修繕いたしまして、対策を図っているところでございます。
 また、28年度に外柵の工事等計画しておりますが、その中でトイレの新設につきましても、今後、検討していきたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 外柵、特に駐車場から歩いてきて公園に入る、その通路、動線の部分ですね。非常にやはり柵がもう腐ってきておりまして、見てもちょっと恥ずかしいかなという部分もあります。そういうふうに腐った部分でですね。しっかり、補強なり対策を講じていただきたいなというふうに思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 柵の件につきましては、また私どもも現場を確認しながら、指定管理者と協議をしながら進めていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) まず、土木のほうへ2点お尋ねします。
 273ページにあります道路維持保全計画の改定業務なんですけれども、道路ストック点検というのを今年やって、それに基づいてやっていくということなんですけれども、その結果がどういう特徴を持ったものになったのかというのをお尋ねいたします。
 2点目は、275ページの三中前の市道202号線なんですけれども、どういうスケジュールで工事が進められようとしているのか。その2点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 273ページの、1点目の道路維持保全計画の点検の関係でございますが、道路ストック点検業務で道路付属物のほうの点検につきましては、落下や倒壊等による第三者被害が発生するような緊急に補修するような箇所は見当たりませんでしたが、塗装の剥離やコンクリートのひび割れ、また鉄部のさび等が見受けられたことがわかりました。
 この辺につきましては、来年度の維持保全計画の中で取り入れながら検討していきたいと思っております。
 また、道路のほうの路面性状調査につきましては、国の基準を参考にしているんですけれども、ひび割れ率40%以上というのが32路線のうち、15路線ほどございましたので、その辺も現場確認しながら検証して、計画に反映させていきたいと考えております。
 2点目の、市道第202号線の歩道設置工事の計画でございますが、こちらにつきましては、歩道用地の不動産鑑定、用地補償物件調査、物件補償、用地買収を行うものでありますので、地権者と協議・調整を図って行っていきたいと考えています。その後、地権者のご協力を得ましたら、補償物件の移転等の工事を行っていただき、その後、歩道設置工事、瑞穂の境まで延長90.4メートルですが、そちらのほうの歩道を設置していく計画になっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 1点目、わかりました。
 2点目の202号線ですけれども、主にやはり子どもの安全な通行という目的が大事かと思うんですけれども、なるべく早く工事をやっていただきたいという思いがあるんですけれども、相手のあることですから、こちらの一方的な話だけでは進まないかもしれませんが、市としては何月ごろにやりたいと思っているのかどうか、そこをお尋ねします。
 それから、以前、雑木林のところに新しく住宅地ができまして、そちからから歩道のほうに渡る必要がやはりあるわけですよね。その渡るための安全対策、以前は信号等も要望してというお話もありましたけれども、それに関しては何か検討ですとか具体化が進んでいるのかどうか。そこも合わせてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 1点目の工事の時期の関係なんですが、やはり、先ほど委員さんもおっしゃいましたように、地権者のご協力がなければ進まないことなので、市も早い時期に工事ができるように進めていきたいと考えております。
 また、先ほどの横断歩道の件につきましては、福生警察等と協議を進めている段階でございまして、また、信号機の要望につきましても、市としましては重要箇所として福生警察のほうに要望してございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。
 今度は消防費のほうですけれども、297ページのJアラートの設備の改修工事ということで、何か印象としましては、Jアラートっていうのは常にお金がかかることがやられているんじゃないかなという印象が強い感じがするんですね。来年度、これはどういう内容の工事になるのかという点をお尋ねいたします。
 それからもう1点は、同じページの木造住宅の耐震診断と改修の件なんですけれども、同額の予算ということになっています。今年の実績と、来年同額ということになっているその理由をお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 危機管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理課長(伊藤文隆) Jアラートに関するお尋ねでございます。
 Jアラートの平成27年度の改修につきましては、このJアラートの機器の中に、自動起動機といいまして、衛星を通じて流す情報が入ってきた時に、そこから防災行政無線を自動で起動させていく装置がございまして、これはコンピュータで制御しております。このパソコンの自動起動機のOS、これがウインドウズXPのプロフェッショナルのエンベデッドシステムというのを入れているんですけれども、そのサポート期間が平成28年に終了いたします。
 そうしますと、そのセキュリティ更新プログラム適用ができなくなるということで、これを更新する必要があるということが1点と、それと合わせまして、平成22年度にこの機器のほうは導入しておるわけですが、そこから5年を経過いたしまして、機器自体も耐用年数が来ているといった点がございます。
 この2点によりまして、そのOSも含めたパソコンの入れ替えという形で次年度を予定しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 木造住宅の耐震の関係でございますが、実績としましては、診断業務が26年度3件、改修が1件でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) Jアラートのほうはわかりました。
 2点目の木造住宅なんですけれども、なかなか制度は、仕組みは大事だと思うんですけれども、その利用がやはり思ったように進んでいないんじゃないかなというふうに感じるんですけれども、建築されている方にちょっと、「どうしてですかね」って聞いてみましたら、設計にも補助というのが羽村市はあるのかと。診断しても、設計、施工となるので、設計のところにも補助があると、より使いやすくなるんじゃないかという指摘もされたんですけれども、今、仕組みはどういうふうになっていたかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 羽村市の今の補助金制度で申しますと、耐震診断と改修に補助金があります。設計には、現在のところ補助金を交付するような形は考えておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) これまで診断を受けて、これは改修が必要だというふうに結果が下った中で、実際にどのぐらいが改修されているかという点、いつも聞いているんですが、改めてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) 実績の内容でございますが、今まで、耐震改修については6件の改修がございました。そのうち2件については市の診断の補助金を利用して実施したもので、それによって、こちらのほうは改修が必要という判定を受けて改修のほうへ移ったものでございます。
 そのほかの4件につきましては、実際には市のほうに相談に来られたんですけれども、耐震診断も合わせて改修工事をするような業者もおりまして、耐震診断はそちらの業者がやってくれるということなので、耐震改修のみで補助を行った件数が4件です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) よろしいですか。そのほかありますか。山崎副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(山崎陽一) 279ページの区画整理に関する予算です。
 繰出金に関しては特別会計で伺うとして、土地権利者の会への補助金30万円ですけれども、これに関しては、市が施行する土地区画整理事業に協力し権利者相互の連携と共同の利益を図るための団体に拠出するというということですが、施行者はこの30万円でどのような協力を期待しているのでしょうか。権利者の会は、これに対して今までどのような協力をしてきたのか。それによって、市はどのような利益があったか。以上3点伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 区画整理管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理管理課長(細谷文雄) 3点共通する事項でございますので、合わせてお答えをさせていただきます。
 土地権利者の会の活動内容としましては、先ほど山崎委員がおっしゃったように、事業によって生じる利害関係の調査とか対策、それから権利者の相互の連携、また、先進地等の事業の視察とか研修、これを目的に実施をしております。
 これまでの事業推進にあたりましては、勉強会とか、それから視察研修などさまざまな場面において、会の目的はこれまで十分に果たされてきたものと考えております。
 また、今度のハード整備におきましては、このような会の役割はますます重要となってきますし、特に以前からお話しをしております集団移転、このような場面においては権利者相互の連携、調整が不可欠となってまいります。
 そして、これが事業期間の短縮と経費の縮減につながっていくと考えておりまので、先ほど委員がご指摘になりました権利者相互の協力、これを生かしまして、今後もこの補助金を有効的に活用いただきまして、円滑な事業推進に協力をしていただきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 山崎副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(山崎陽一) 経費の縮減効果があるということですが、非常に今の説明は抽象的で、具体性が全くありませんので、もうちょっと具体的に、どのような協力を具体的にしたかということ、及びどのくらい縮減になったか。
 それからもう一つ。これは全体の計画を理解してもらうためにという意味でしたら、一定の会としての補助への部分は理解できないわけではありませんが、今後は、実施段階になると個々の地権者との協議になっていきます。
 そういった中で、これから会が何かそれに対して入ってくるというのはちょっとあり得ないことで、個々の権利者が市と交渉していく、そういう中で、会として何かするというのはこれは間違ってきませんかと。つまり、既にこの補助金の意味は、実施段階に入ってくればなくなるのではないかと。
 もしこれをやっていったら30年経つ、50年経つ、その間ずっと払い続けることになります。これ、今回の市の予算編成方針でも、補助金に対してはきちっと精査し本当に必要かどうかを検証の上で考えるということを言っておりますが、それにも反しているんじゃないかと思います。答弁願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 区画整理管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理管理課長(細谷文雄) まず1点目の、具体的にどのような活動をしてきたかということでございますけれども、昨年の12月に事業計画の変更を行いまして、その前に換地設計を、その前の年の8月に決めたわけですけれども、そのような場面におきまして、権利者相互とそれから施行者との間、この辺のつながりを重視しまして、個々の権利者との換地調整、こういうようなものにも、この権利者の会のその成果が生かされたというような具体的なことが考えられます。
 それから、個々の権利者にとってはどのような効果というかメリットがあったのかという2点目のご質問ですけれども、これまで視察研修などを行いまして、個々の権利者としましてもいろんな情報を取り入れながら知識も身についてきたということで、その辺のメリットを生かして、先ほど言いました換地設計、そのほうに活かして成果が生まれたと。そういうようなことで効果があるというふうに認識しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 山崎副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(山崎陽一) 換地調整ということでも協力を得たということですが、これはちょっとまた違うんじゃないですか。反対している人もいるわけですし、これは、換地に関しては区画整理審議会でやるべきことであって、そういったところに土地権利者の会が何らかの関わりをするということは公平性に問題が出てくると思います。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 区画整理管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理管理課長(細谷文雄) ただいま、反対という言葉がありましたけれども、権利者の会につきましては、特に反対、賛成の意識に関係なく組織している団体でございます。そういう面では、それぞれ皆さんの意見を取り入れて換地設計を行ったという面で申し上げたものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 山崎副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(山崎陽一) 今の答弁もまたこれは矛盾してきますが、土地権利者の会は土地区画整理事業に協力し、という会です。交付要綱に書いております。今の答弁ですと、賛成、反対関係なしということですけれども、そういったことであればなおさら、やはり実施段階になったら問題が出てくるのではないかと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 先ほどの質問で、会として何かするというのは、これから個別の交渉なのでそれは難しいんじゃないかというお話がありました。ただいまの再質問もそれに関連がありますけれども、一般質問の答弁でも申し上げておりますけれども、これから実施段階にあたっては、工区を分け、ある程度、そのブロックの単位で説明を行ってまいります。
 この説明の際には、まさに反対、賛成、全く関係なく、事業概要、あるいは工事の工程ですとかスケジュール、こういったものをご説明を申し上げます。
 最終的には、先ほど委員がおっしゃるように、移転の協議、これにつきましては個々個別の対応になりますので、まさに個々の問題として扱っていきますけれども、今申し上げましたような工事の概要説明、こういったところでは合わせてご説明いたしますので、そういった会の中で、それぞれ会員の方もいらっしゃいますし、そのほかの方もいらっしゃいますけれども、相互の協力をいただきながら事業を進めていくという基本的な考えでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 都市整備部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備部長(阿部敏彦) 基本的に、管理課長が言っている換地の話というのは、推進の会のほうから要請書、要望書があって、これは反対とか賛成ではなくて、駅前の利便性の向上のための換地設計のあり方だとか、そういう意見が換地設計の中に、当初の段階においての事業計画上では小作側に歩道がついていましたけれど、福生側には歩道がなかったんですね。
 全体の権利者のためにそういうふうなものが、やはり福生側にも歩道関係を設置していただきたいと、こういうふうな形が換地設計上の中にあったという例で申し上げただけであって、反対、賛成の方云々の議論をしているわけではないと。
 2点目は、山崎副委員長のおっしゃるとおりで、これからは個々に入っていくわけでございますから、全体のものと個々のものを分けて、ある面では権利者の会そのものが縮小傾向、そういうふうな機会と分けて対応していく必要があるということは、きちっと認識して対応する必要があるだろうというふうには思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 山崎副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(山崎陽一) 集団移転という中でそういう権利者の会等が意見の取りまとめをということであれば、なおさらこれは圧力団体になる恐れがあるので、私の意見として言っておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) そのほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 西口の繰り出しに関してなんですけど、詳しくは特別会計の方でということになると思うんですけれども、27年度は特に事業の内容は何をやられるのかという点をお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) ただいまの繰り出しの内容でございますが、基本的には、今回3億3,585万7,000円、一般会計から繰り出しをいただいております。主にこの繰り出しの充当先、もちろん区画整理事業本体の委託の業務もありますけれども、職員の人件費であったり、あるいは審議会の経費。それから現場を管理していくための除草等の管理委託料。それから、もう今お話ししました公社の委託料ですね。それから非常勤特別職の報酬。あとはその他ということで、庁用自動車の管理の費用だとか、そういったものでございまして、合わせまして3億3,585万7,000円を一般会計から繰り出しをいただいているものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 委託の内容はどういうものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) これは特別会計もありますので、そちらのほうの質疑に移したいと思うんですが、よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 一般会計の意見開陳を先にいきますので、あまり詳しい話は聞きませんが、その内容の大枠を伺っておきたいと思って質問いたしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 区画整理事業課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯区画整理事業課長(石川直人) 公社の業務委託の関係でございますけれども、まず、事務費。これは主に人件費、諸経費という形になりますけれども、これが計画業務、それから換地の業務、補償業務、工事業務、それから調査設計等でございまして、約2,300万円でございます。
 それから、これは埋蔵文化財の調査等の調査設計費。そちら等ございまして、これらが約1,500万円。それから工事費でございます。工事費につきましては、建物の補償の調査、あるいは移転というようなことで、約3億円を見込んでおります。
 総額で3億7,900万円ほどの委託経費によって、そのうち、東京都の交付金が2億5,400万円ということで、一般財源として1億2,500万円の予算規模となってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) ちょっと予算書のどこにあるかわからないんですが、2階の危機管理センターというか、いざ災害の時に対策本部を作るというようなこともあって、そういう作業が進んでいると思うんですよね。耐震の調査もあって、その関連でまだ完成してないんだろうと思うんですが、それの完成時期はどんなふうに今計画をしていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 危機管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理課長(伊藤文隆) 危機管理センターといいますか、災害対策本部を設置する会議室というのは、従来から東庁舎2階の202、203会議室を想定しておりましたけれども、それを、ここで庁舎の耐震改修に伴いまして、会議室のスペースを広げまして、地域振興課の隣の会議室を202、203と合わせまして、もう2部屋、もう既に会議室を設置をいたしました。
 この災害対策本部が設置される際には、この間のパーテーションを全部取り払いますと、従来の倍近い面積を確保しております。
 特殊の機材とかは現在のところ持ち込んでおりません。災害用電話ですとか、電源の確保とか、そういったところはもちろん行っておりますけれども、いわゆる災害対策本部の設置としての機能強化というのはその部分で、例えば災害発生時に自衛隊とか警察、消防、そういった関係団体などが災対本部に入ることが想定されますが、そういった外部からの応援部隊などの情報員、そういったものを受け入れ態勢というのも、その会議室の面積を広げることによって現在確保されております。
 四つの会議室を確保することによって、東庁舎2階の災害対策本部としての機能強化を図ったというのが現状でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) そうすると、そういう意味での対応は終わったというふうに考えていいんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 危機管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理課長(伊藤文隆) 電源ですとか、インターネットの回線なども確保しまして、一応、対応としては完了いたしました。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかによろしいですか。もしありましても、総括質疑という場がありますのでよろしくお願いします。
 時間の関係もありますので、ひとまず土木費及び消防費関係の質疑をこれで終わらせていただきたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ご異議なしと認めます。
 しばらく休憩します。
                                    午前11時43分 休憩
     [説明員交代]
                                    午前11時46分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより、教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金、及び予備費関係の質疑に入ります。
 予算書のページは、298ページから379ページまでです。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 1点だけお伺いいたします。
 323ページの学校給食に要する経費ですけれども、学校給食組合議会でも報告があったんですけれども、給食費の食材が値上げをされているわけですけれども、給食費は値上げをしない方向性で検討されているというようなお話があったと思うんですけれども、子どもさんから学校給食の量が足りないというお声を伺っているんですけれども、今後の対策、また、どういう話し合いになっているのか、そういったことをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 給食のところにつきましては、組合のほうでやっているところになりますけれども、今後、審議会のほうでの答申が出ますので、そちらのほうでの内容を踏まえた上で、給食費のところであるとか、給食の量であるとか、そういったところにつきましても触れられるというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 給食の関係でちょっと、昨年度に栄養教諭が配置されていまして、今年度いらっしゃらなくなってしまったんですが、来年度を含めて、栄養教諭の配置というのは教育委員会としてはどのようにお考えなのかをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 一昨年、平成25年度で1名いなくなったんですけれども、26年度新たに栄養教員の配置をしております。いろいろ給食のほうとの兼務ということも、栄養士との兼務ということもございますので、仕事の部分ではいろいろ大変な部分があるかなというふうに思いますけれども、武蔵野小学校配置ということで、食育校も含めて、研究授業等、非常に活躍をしているというふうに捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) 323ページと335ページにあります小中学校の備品購入費の中で、AEDの入れ替えがあるんですけれども、今回、1台あたり21万6,000円だと思いますが、昨年度の26年度は1台あたり26万3,000円と、5万円差がありますけれども、どうして安くなったのか伺います。
 それともう1点。353ページのゆとろぎ事業に要する経費のイベントガイド印刷の費用ですが、26年度より40万円弱増えていると思いますが、これは量を増やしたのか、それとも回数を増やしたのかをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それではこの2点についてお答え願います。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 1点目のAEDの入れ替えについてですけれども、こちらの値段のほうが下がっているところでございますけれども、こちら、入札の実績のほうで下がっているということでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) イベントガイドの金額のアップでございますが、こちらにつきましては、今まで、ゆとろぎ市民の会のほうでデザイン等について行っておりました。このたび、その部分を合わせて委託のほうで行うということになったものですから、金額が上がったということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 冨松委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(冨松 崇) AEDのほうはわかりました。
 イベントガイドのほうなんですけれども、じゃあ、昨年同様の枚数とか、回数は同じなのかを再度お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) おっしゃるとおり、配布枚数等については変わりはございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) よろしいですか。中嶋委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(中嶋 勝) 私は、315ページの通学路防犯カメラ設置工事についてちょっとお尋ねします。
 8箇所の12台ということで、それぞれの場所が、一般質問でも言われておりましたけれども、資料提供として地図等もいただければと思うんですけれども、駅に今、防犯カメラをつけておりますけれども、そのタイプと同型のものを考えているのかということです。
 今回は、東京都の補助金もいただけたということなんですが、単年度の事業なのか、今後もそのような補助金をうまく活用して、まだつけてない、今回の8カ所12台以外の部分にも継続的な考えがあるかどうかということです。
 それから、貸し出し用AEDの導入ということで21万6,000円の計上がありまして、これ、375ページのスポーツセンターのところかなというふうに思いますけれども、この辺のご説明と、どのような形で借りる申請とかをして、どうしたらいいのかというところ、また、各団体等に周知はどのようにしていくかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 中嶋委員のご質問の1点目、防犯カメラ関係のところでございますけれども、その一つ目の、まず地図の提供等でございますけれども、現状では今ここでやろうというような、案でございます。これが学校長また地域とで決定いたしましたら、どこにつけるというところについては提供させていただきたいというふうに考えております。
 また、カメラですけれども、駅前等に使用しているものと同型のものを考えております。
 それから、今後の見通しというところでございますけれども、基本的には、地域の方々の子どもの見守り活動を補完する意味というところが一番大きいかなというふうに考えておりますので、この先どうするかということについては現在では未定でございますが、一応ここで一区切りというふうには、通学路の防犯カメラについては一区切りというふうには考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) スポーツ推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ推進課長(諸星 進) 貸し出し用AEDの関係ですが、現在、スポーツセンターでは1台の貸し出し用AEDがございます。そこに新年度予算でもう1台増設をいたしまして、主に屋外施設でスポーツをされる方に対して貸し出しを考えております。
 貸し出し方法といたしましては、現在の備品の貸し出しと同様に行いたいと思っております。周知は、施設を利用される際に周知をするほか、「はむらの教育」等でも周知していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 319ページの学校図書館総合管理システムでお尋ねいたします。
 現在、事前準備をされていると思うんですけれど、それで平成27年度に1校をモデル校、そして28年度に残りの学校というふうには承知しておりますけれど、この学校はどこになるのか、どこの小学校になるのかお尋ねしたいのと、またこの内容についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学校図書館システムでございますけれども、こちらは学校図書館の貸し出し作業や統計処理等の充実を図る、また、子どもの読書機会の向上を図るということを目的として導入をしていきます。
 平成27年度1校ということでございますけれども、現在、どこにするかというところについて調整中でございます。決まりましたら、またお知らせをしたいというふうに思っております。
 また、28年度以降の予定でございますけれども、長計のところでも示させていただいておりますが、平成28年度には残りの9校にというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) ちょっと内容がよくわからないんですけど、これは学校の図書館と市の図書館がつながるというふうな形なんでしょうか。それで、どこかの小学校に導入するということで、小学校のシステムを検索とかするのは、小学校1年生の児童でもできるような、そんなことを考えているんでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) この学校図書館のシステムでございますけれども、一つは蔵書データのほうを電算化をしていくということがございます。こちらで、子どもたちの検索や、それから学校のほうで利用していく中での利便性のほうを高めていくというところがございます。
 これを導入するにあたりまして、市の図書館と同様なシステムにしていく、つなげていくということによって、市の図書館とそれから学校図書館の利用が、それぞれ活用ができるようにというふうなことを目的としております。
 現状で、例えば市の図書館のほうで読み聞かせ等いろんなこと、それから団体貸し出し等々もいろんなところで協力をしていただきながらやっているところでございますけれども、蔵書データ等を共有するようなことによりまして、例えば読み聞かせ、それからブックトーク等で紹介した本が、学校図書館にもこういう本があるよということであったり、それから、関係する本はこういうものだなんていうところが、市のほうの図書館の司書の方、ボランティアで来てくれる読み聞かせができるような方などにもそれがわかるというようなところでの活用を図っていくと。それがまた、学校図書館だけではなくて、市の図書館の利用にもつながるというような形で考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 濱中委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(濱中俊男) 小学生低学年の児童でもその辺の操作は大丈夫なのか、ちょっとお伺いしたいのと、もう一つは、ちょっとこの学校図書館と離れるかもしれませんけど、こういうことができるんでしたら、西多摩広域行政圏で各市町村の図書館と、今、どこの市民も借りられるようになっていますけれど、こういったシステムが同じようなシステムになれば、そういったつながりもできるのではないかなと思いますので、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 検索等につきましては、低学年でもできるものであるというふうに認識をしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部長(市川康浩) ただいまご提案がありました西多摩広域圏等のことにつきましては、今後の研究課題とさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それでは、しばらく休憩をいたします。
                                    午後0時01分 休憩
                                    午後1時00分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金、予備費の質疑を継続します。
 質疑ありませんか。大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 3項目になると思うんですけど、質問させていただきます。
 まず1点目が、311ページの国際理解教育に要する経費と、合わせて313ページの小中一貫教育に要する経費で、ひょっとしたら絡んじゃうかなと思うんで、取りあえず質問させていただきますけど、まず311ページの国際理解教育のところで、来年度は外国語活動アドバイザー活用事業指導者報奨金というのがありまして、これは25年度に東京都教育委員会が始めた事業で、中学校英語教育の経験者や英語に堪能な地域の人材を、小学校外国語活動アドバイザーとして小学校に派遣するということなんですけれども、それはいいんです、そこで。
 それで小中一貫のほうが、英語コーディネーターが今年度は240万で、来年度は160万に減額されているということで、これは、じゃあ人数が減るのかなと私は思ったわけです。
 小中一貫教育の来年度からの計画を見ますと、5・6年生においては英語は外国語活動として位置付けるってあるわけですよ。ということは、この小中一貫教育の英語コーディネーターを1名、国際理解教育のほうに持ってくるのか、それとも、この外国語活動アドバイザー活用事業の指導者という方がこの英語コーディネーターと同様の活動を行うのか、それとも、英語活動アドバイザーという人がいて、それを指導する人がいるのか、まずその辺の確認をさせてください。
 合わせて、学習コーディネーターが今年度は630万円で6名配置されていたのが、来年度は550万円に減額されているので、これは何名になってしまうのかということについて質問します。
 そのほかに、学校支援地域本部コーディネーターが80万円計上されていますが、これはどこの学区に配置していくのかということを質問します。
 次が、351ページのゆとろぎの維持管理費で、施設修繕料が60万円計上されていますけれども、何の修繕をするのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) では、そこまでの質問に対してご回答をお願いします。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 大塚委員のご質問の1点目、外国語活動アドバイザーの件、それから2点目、学習コーディネーター等の件についてお答えをいたします。
 まず1点目の、外国語活動アドバイザー活用のことについてですけれども、小中一貫の英語コーディネーターのところで80万円減額というふうになっているかと思います。こちらを、形としてはこちらへ組み替えているというような形にはなっております。ですので人数としましては、トータルの人数は変わりません。
 この外国語活動アドバイザーというところにした理由でございますけれども、ご存じのとおり、学習指導要領等の改訂が今後検討されているところでございますが、小学校3・4年生でもいわゆる外国語活動をしていくというようなこともございます。5・6年生については、教科のほうに移行してくるのではとないかというような現状もございます。
 羽村市は先進的に英語活動には取り組んでおりますので、こういったところにも対応できるかなというふうには考えておりますけれども、やはりこの先のことを考えていく中で、しっかりとした計画を立てること、また、その指導をしていく教員についての支援をきちんとやっていくというようなことを考えております。継続していかなくてはいけないというふうに思っております。
 こういったことから、英語のアドバイザーにつきましては、英語コーディネーターの業務と、それから、そういった英語コーディネーターの育成のほうも含めたところで対応していきたいということで、新たにこういったところをつけたところでございます。
 それから、2点目の学習コーディネーターにつきましては、これもやはり80万円減額ということで、その部分を地域支援コーディネーターのほうに組み替えをさせていただいております。
 こちらの理由につきましては、学習コーディネーターは、小中一貫教育を進めていく中で英語以外の乗り入れ授業の調整であったり指導へのアドバイス、子ども同士の児童・生徒の交流活動、学校間をつなぐ役割、それからまた、地域の方々をゲストティーチャーとして、学校が授業協力をしてほしい人たちを見つけたり、また、地域が学校について協力をできる態勢づくりというところでの役割を担ってきたところでございます。
 これからの小中一貫教育のあり方やそれから生涯学習の観点から、地域の方々の学校を支援する組織を作っていく必要ということがございます。その方向にややシフトをしていく方向を今考えておりますので、そういったところで業務自体は、この地域支援のコーディネーターにも同じ今の学習支援コーディネーターの部分も担ってもらうところがあるんですけれども、地域のほうとのつながりのほうにやや重点を移すというような形で、こういった職のほうを作らせていただいたところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建築課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建築課長(山本和晃) ゆとろぎの修繕料の関係でございますが、こちらに載せている60万につきましては、基本的な形では、通常の利用で不具合が生じたような場所の一般的な修繕という形で、特にどこを直すという部分で計上しているものではございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) すみません、答弁漏れがございましたので。
 学習コーディネーター等の配置ですけれども、基本的には変わりはないような形では考えておりますが、ここで入れ替え等も発生するようなこともございますので、現段階では未定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 外国語活動アドバイザー活用事業の指導者は、結局、英語コーディネーターとやることは変わらないという理解でいいのかなと思うんですけれども、そもそも、じゃあ外国語活動アドバイザーになる方は、今、3校区にお一人ずつという私は解釈をしているんですけれど、どこの方が外国語活動アドバイザーになっていくのかなということと、今までは報酬だったものが今度は報償になるわけなので、勤務形態ですとか、勤めている年数というのかな、そういうものに変化は生じてくるんでしょうか。その点についてお伺いしたいですし、合わせて、国際理解のほうには英語教育外国人講師コーディネーターという方もいらして、その方との関わりというのはどういった形になっていくのかということについて、ちょっとご説明いただきたいんですね。
 それから、その学校支援地域本部コーディネーターは、じゃあ今度はどこの学区に、これから移行していくんだということはわかりましたけれども、どこに配置なさる予定なのかをお伺いします。
 次は、ゆとろぎの修繕費の件なんですが、ここで10周年を迎えるということもありますが、3階の和室の畳替えというのが、私が記憶する限り、ここほとんどやってないんじゃないかなと思うんですが、畳替えの予定などは今後どのようにお考えなのかをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) では4点について。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず、英語関係のところでございますが、この学習コーディネーター、それから外国語活動アドバイザーの関係ですけれども、現状で今お願いをしている方、3名いるんですけれども、こちらの中でリーダー的にしている方が1名ございます。こういった方のところで、各校、一中校区、二中校区、三中校区というふうに配置はしておりますけれども、全体を統括して見てもらったりとかというようなところも、現状ではございます。
 そういった点を踏まえて、この外国語活動アドバイザーというような位置付けにしていきたいというふうに思っております。
 また、英語教育外国人講師コーディネーターにつきましては、羽村市は、同じ311ページの上にございます英語教育外国人講師というのが、いわゆるALTを羽村市が独自で雇用というか、学校できちんと指導ができるような研修等も含めて行っておりますけれども、こちらのほうを合わせながら一緒にやっていくということでございます。
 項目としては分かれてはいるんですけれども、内容としては一体化をしたような取り組みというふうになっております。
 また、雇用の体制の部分というのが、当然、変わってくるところというのはございますけれども、この東京都の事業のほうを活用していく中で、こちらのほうは報償費のほうになっているんですけれども、そうでないとこの活用ができないという部分もございまして、歳入確保ということもございますので、そういった観点からこのような形でやっていきたいというふうに思っております。
 それから2点目の、どの学区にというところですけれども、こちらは兼任をしてもらうような形になっておりますので、基本的には今後検討していくと。あと1カ月以内には当然決まりますけれども、そういう形で対応させていただきたいというふうに考えております。私からは以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ゆとろぎセンター長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ゆとろぎセンター長(石田武尚) 畳の表替えについてでございますが、こちらにつきましては、開館してから9年、まだ一度も表替えをしておりません。畳につきましては、仕様頻度が高い場所というのがどうしても出てきます。そういったところにつきましては、どうしても傷みが激しいということで、時々見まして確認をしております。
 2年ほど前、特に釜の周辺ですね、そこが傷みが激しかったものですから、その場所を移動させて、比較的きれいなところと替えたということがございます。しかし、9年経ちますと全体的に傷みも激しくなってきておりますので、もう一度確認をしまして、必要に応じて考えていきたいというふうに思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 大塚委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(大塚あかね) 313ページの特別支援教育に要する経費で、中学校1校に試行的に特別支援教育支援員を配置ということなんですけれども、これはどこの学校を想定というか、今現在、もし決まっていれば教えていただきたいと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 来年度新たに支援員を中学校に配置するということで、現在、第二中学校に配置するということを考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 石居委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(石居尚郎) 特別支援教育のことが出ましたので質問させていただきたいと思います。
 ページが313ページです。それからあと、小学校と中学校のそれぞれの目としてありますので、323ページから、あるいは335ページから、ここら辺が関連になろうかと思うんですけれども。
 まず一つは、インクルーシブ教育。今年度からスタートして、来年度もコーディネーターを配置していくということですが、ここら辺がどう充実していくのかということが1点と、それから特別支援教室、これはモデル事業として3年間実施をしてきて、それが終わっていよいよ来年度から本格実施をするという形でここの予算書の中に組まれていると思うんですけれども、そこのところのもうちょっと具体的な内容をお聞きしたいというのがございます。
 もう1点です。303ページ。これは入学資金の融資に関する経費ということでございます。一般質問にも出ておりましたけれども、まず、今年度の問い合わせが現段階で何件ぐらいあったのかということ。それから、その中で申し込み件数が何件あり、最終的に現段階で契約をされた方が何件で、その金額がいくらなのか。前回よりも少し日にちが経って、受験も終わっていますので、もうちょっと変化をしているのかなということでお聞きします。
 それから、再度、その辺の経年、2、3年の流れを教えていただきたいということと、それから、このスタートした概要です。確か高等学校等の就学支援金、これが始まるということで、それまで6万円支給していたものが、入学時に集中してお金がかかるので、そこに要するに手厚くしていこうということだったと思うんですが、この入学資金、いわゆる各種の奨学金というのは、国の制度であったりとか、東京都の制度であったりとか、また、今回、市の独自の制度であったり、また民間もやっている。たくさんあるんですけれども、その中の位置付けとしてどうなのか。ここら辺の概要もお聞きしたいというふうに思います。以上、大きく2点質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それでは、この2点についてお答えをお願いいたします。教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) ただいまご質問いただきました石居委員の、大きな項目の1点目と2点目についてお答えさせていただきます。
 1点目の、インクルーシブ教育システムの構築事業につきまして、今年度から羽村市でも取り組んできたというその成果等についてでございますが、インクルーシブ教育システムの構築につきましては、これまで羽村市が取り組んできた特別支援教育の取り組みのもと、特別支援学級ですとか、新たに取り組みました特別支援教室、さまざまな機関を通しまして、多様で連続性のある学びの場を用意をし、それを効果的に活用して、一人ひとりの教育的ニーズに応える支援を行うとともに、児童・生徒の特性、ニーズに応じた、また保護者のニーズに応じました就学支援、就学相談、指導・支援に当たる相談員ですとか支援員等の資質の向上というところに努めてまいりました。
 具体的には、今年度新たに、発達相談員とインクルーシブ教育システムコーディネーターを配置していただきましたので、その実績について報告させていただきます。
 まず、適正就学ですとか就学相談の充実として、臨床心理士の資格を持つ発達相談員を配置していただきましたが、この相談員でございますが、幼稚園・保育園の訪問を年間31回行いました。また、中学校への訪問も10回行い、中学校におきましては、約50名の支援が必要な生徒の観察や学校への指導・助言を行ってきております。
 また、先ほど、幼稚園・保育園31回と申しましたが、その中で観察した幼児の数といたしましては、143名の幼児の観察をし、幼稚園・保育園の方々と連携を図ってきた、その方々が現在、就学相談につながり、来年1年生に入学してくるということになっております。事前に情報が手に入りましたので、非常にスムーズな形で就学相談が進んだというふうに受け取っております。
 また、インクルーシブ教育システムコーディネーターにつきましては、学校訪問を主に行いました。個別の支援の指導・助言といたしまして、学校訪問を69回行い、115人の児童・生徒の観察、また学校への指導・助言を行ってきております。また、教育相談室におります教育相談員ですとか支援員の研修を43回行ってきております。
 このような実績から、インクルーシブ教育システムの構築、個々のニーズとライフステージに応じた特別支援教育の体制の整備というものの充実を図ってきたというふうに捉えております。
 このことから、平成27年度、来年度もさらにこのインクルーシブ教育システムコーディネーター、発達相談員の方々の日数を増やすことにより、支援の充実を図ってまいりたいというふうに考えております。
 2点目のモデル事業についてでございますが、こちら3年間、都の指導を受けまして、東京都の特別支援教育モデル事業の取り組みを行ってまいりました。こちらにつきましては、これまでの子どもが動くという通級指導学級に行く指導の形から、教員が動く、先生が動くということで、現通級指導学級の先生方が学校に来て、学校における支援体制を広げ整備を図る、新たな支援体制の構築を図るという機会と捉え、在籍校における支援の充実を図ってまいりました。
 これまでの羽村市における通級指導学級の多大な成果ですとか効果を生かし、発達の障害のあるお子さん、また疑いのあるお子さんに対して、在籍する学校において指導が受けられる、相談が受けられるというような形を作り上げ、教員また保護者に周知を図ってこられたというふうに受け取っているところでございます。
 平成27年度は、先ほど27年度本格実施をということで石居委員からお話がありましたが、東京都といたしましては、平成28年度から本格実施ということでございますので、羽村市といたしましては、来年度本格実施のための最終準備段階ということで捉えております。
 実際、今年度末に出る東京都のガイドラインのもとに、計画の再検討を行いながら支援の充実を図っていくということで、モデル事業の充実を図ってまいりたいというふうに捉えているところでございます。長くなりましたが以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) それでは、入学資金融資制度についてお答えさせていただきます。
 まず1点目、今年度の問い合わせ件数ということですが、大変申しわけございませんが、具体的な件数は把握してございません。
 2点目の、申し込み件数につきましてお答えさせていただきます。平成26年度におきましては、申し込み件数が現在14件ございます。そのうちの決定が6件、取り下げという形で7件、まだ現在1件継続、まだ合格が出ていないということで、1件が保留となってございます。
 また、決定の金額でございますが、今、合格決定者の6件の融資金額としましては、合わせて260万円になってございます。
 3点目。この2、3年の流れということですが、この制度が23年度から立ち上がりまして、23年度が、申し込み件数19件、うち、融資決定が7件。24年度が、申し込み件数16件、そのうち融資決定10件。25年度が、申し込み件数5件のうち、決定が3件となってございます。
 また4点目でございますが、国や都との制度の中での位置付けというご質問だったと思います。この入学資金の融資制度につきまして、高等学校等への入学するにあたりましての、主に入学時に必要とする経費と、授業料というのが入学する際にはかかりますけれども、まずそのうちの授業料につきましては、高等学校等の就学支援金という形で国の制度や、またさらに一定の収入以下の世帯を対象としまして、授業料の減額助成金という東京都の制度がございます。こちらの制度を活用していただくことにより、授業料につきまして経済的負担の軽減が図られております。
 またさらに一方で、羽村市におきましては、高校入学だけではなくて大学や短期大学等にも融資範囲を広げさせていただきまして、入学する際に必要となります入学金や、かばんや制服等の入学支度金の融資を金融機関にあっせんしまして、融資を受ける際の利息や保証機関への保証料を全額補助をするという制度を行っております。
 この制度におきまして、入学時に必要となります一定の初年度にかかります、入学の際にかかります多額な金額を無利子で貸し付けられるという、保護者の皆様にとっての経済的負担の軽減を図るという制度でございます。
 このように、高校への進学等にあたりましては、市の制度、また東京都や国の制度を活用することで、経済的負担が軽減されることになっております。
 また、国や都以外につきましてもいろいろな制度がございますので、お問い合わせ等で窓口等に見えられた際には、私どもの職員から資料等を配布させていただき、その方々に見合ったような制度のご紹介をしているという現状でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 石居委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(石居尚郎) ありがとうございました。
 まず、インクルーシブ教育ですけれども、具体的に数字を示していただいて、本当にご活躍をいただいているんだなというのが、改めてこの数字でわかります。特に特別支援というのは、自分のほうからはなかなかわからず、また学校の先生も、人手が足りないというんですかね、一つのクラス運営をする中でどうしていったものかという中の、悩みながらの学級運営だと思います。
 そういった中で、見守り、また相談も含めて、さらなる充実を望んでいきたいというふうに、また期待をしていきたいと思います。
 それから、特別支援教室の件ですけれども、これ、「児童・生徒が動く」から、「教師が動く」ということで、東京都の特別支援の第3次の計画の中に示されて、それがいよいよこれで本格実施される。できるところから27年をやって、28年度から東京都は本格実施ということで、また羽村市としてはモデルとしてやったので、27年度から具体的に進めていくという、こういうことだろうと思うんですけれども、そこで一つは、今まで本当に羽村市というのは、先ほどおっしゃったとおり、通級指導というものが非常に質の高い教育を提供していただいてきたのかなというふうに思っています。
 その上で、さらに今度は、巡回する教師の質の向上というものが非常に求められてくるのかなということと、同時に、それを受ける各学校の先生方の質の向上、要するに日常的にどうしていかなきゃいけないのかというのは、各先生方の意識、また知識、経験というものが積み重なっていかないと、この事業というのは成功しないのかなと。
 そこら辺の体制というのはどういうものなのかということと同時に、予算確保が非常に大事なのかなと。以前も、議会質問等で申し上げてきたんですけれども、学校の施設にしても、パーテーションであったりとか、備品、ある程度のものがやはりないと確保できないということ、また人的配置もそれなりのお金がないとできない。私たちなりに東京都にも要請をしてきたところですが、そこら辺のところというのは具体的にどう進んでいるのかということをお聞きしたいと思います。
 また、特別支援の充実、人の配置となってくると、たくさん人がいればいるほど、まだ助かるということなんですが、その中で、教職員の研修センターというのが、今、分室にあると思うんですが、そこら辺の今後の成り行きというものはどうなっていくのか。
 これは東京都の予算で、羽村市の予算には、ここには出てきてはいないんですけれども、実際、要するに、いろんなところに若い先生方が研修に行くというよりも、現場で起きている事象というものを、経験豊かな、校長先生を退職された方が寄り添いながら、直接的なアドバイスをするという羽村独自の制度で、非常に高い評価が、また成果が今まであったんじゃないかというふうに私は見ているんですが、その辺のところが今後どうなっていくのかというのをお聞きしたいと思います。
 それから、入学資金の融資制度でございますけれども、23、24、25年と示していただきましたが、金額も合わせて教えていただきたいというふうに思います。
 それから、これ、広報にちょっと課題が残るんではないかと思っているんですね。一般質問の中では、人数が少ないので必要ないんじゃないかというような質問も出ました。でも実際、私ごとですが、羽村の小学校、中学校でお世話になって、ここで卒業をするんですけれども、中学校3年。
 それでいろいろお話を聞いたら、ほとんどの方がこの制度を知らないんですね。「こんな制度があったんですか」という声がほとんどでした。これ、先ほど、窓口に来ていただいたら説明しますということで、見たら、「奨学金制度のご案内」というふうに、非常に詳しくここには書かれているんですが、国のもの、都のもの、民間のもの、どう使っていいのかというのが非常にわかりづらいんですね。
 まして中学校3年の保護者からすれば、どこに進学するのかという、そちらのほうがちょっと随分頭がいっぱいになって、あと、ぎりぎりになって、このお金の問題に差しかかる。
 あとになって、「こんな制度があったんですか」という現実があろうかと思っているんですが、そこのところをどう解決していくのかということが、実はこの融資制度を、よりもっと有効的に活用できるんじゃないかなと思いますが、そこら辺の広報、周知の仕方、タイミング、ここら辺のところの現在のところと課題、今後の取り組みについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 簡潔明瞭にお答えをお願いしたいと思います。教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 1点目の質問にお答えいたします。
 教員の質の向上というところでございますが、これまで、市での研修も行ってまいりましたので、市での研修をさらに充実させるとともに、来年度につきましては、各校における研修、支援ということで、教授、専門家の派遣等ということを、今、計画しているところでございます。
 また、巡回に行く教員の資質の向上につきましては、ベテランと若手が組む等、ペアで行く等しながら、OJTをもとに資質を高めていくということを考えております。
 また、予算の確保につきましては、平成28年度から本格実施の東京都の予算の補助がつくというふうに今聞いております。具体的には、物品購入の補助と、教室等の簡易工事をする場合の補助がつくということで、現在伺っている金額としましては、物品購入として30万、工事費として70万の補助を、今、東京都として各校について考えているというふうに伺っておりますので、そちらについても活用してまいりたいというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 教職員研修センターの成り行き等について、お答えをしたいというふうに思います。
 石居委員がおっしゃられたとおり、教員の資質向上というのは本当に大きな、大切な視点であるというふうに捉えております。現状、若手教員の育成等につきましては、教育委員会が実施しております年間を通じての研修、それから各校で行っていますOJTによる研修、そして、それを補完するような意味というところもございますけれども、教職員研修センターの指導員が各校を回って授業アドバイスをする、授業のカウンセリングをするような形で行っております。
 こちらは、本当に大変大きな成果を上げているところで、こちらは学校からも、それから指導を受けている教員からも、本当に勉強になる、明日の授業に活かせるということで評価をいただいているところでございます。
 今後なんですけれども、こういった制度につきましては継続をしていくというふうに捉えておりますし、ただ、なかなか人材確保の面では、退職をされた校長等、今、再任用等もございましたりするところで、確保が難しいというようなところもございます。
 こういった点では、継続してこういった指導ができるようにということで考えていかなければならないなというところは、課題として今残っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) それでは、入学資金融資制度のご質問にお答えさせていただきます。
 まず1点目の、過去の、23年度からの融資額決定額をお答えさせていただきます。23年度、決定件数7件、金額が234万円。24年度、決定件数10件、金額が382万円。25年度、決定件数3件、金額が87万円となってございます。
 2点目の、広報の仕方というところでのご質問でございますが、今年度の取り組みとしてお答えさせていただきますと、各中学校の3年生を対象といたしまして、チラシを9月と年明けに2回、各学校に3年生を対象としたチラシを配布させていただき、また、「はむらの教育」への掲載や、メール配信、市公式サイトでの掲載ということでの周知に取り組んでおります。
 なお、今、委員からのお話もありましたが、私自身も、先日、高校へ入学したけれども何か融資する制度はないかというご質問を直接受けました。実際に今のお話のように、そういうことを私も肌で感じたところでございます。
 来年度におきましては、校長会などを通じまして、さらに各中学校との連携を密にさせていただきながら、学校から直接保護者の方に、今お話のあったとおり、受験中には受験のことで保護者の方も頭がいっぱいであると思います。時期を捉えながら、学校とも連携を密にしながら、保護者の方へこの制度を周知させていただきながら、必要とされている方、より多くの方に使っていただき、この制度をこれからも推進をしていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 石居委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(石居尚郎) ありがとうございます。
 特別支援教育のほうは、ご説明ありがとうございました。さらなる充実に向けて取り組んでいただきたいというふうに思います。
 それから、融資制度ですけれども、今、課長に答えていただいたとおり、口頭で言わないと、これ、伝わらないと思います。口頭でどこかの機会で、しかも何回か回を重ねて行く中で伝わっていくものかなと思いますので、そこら辺の工夫をお願いしたいということと、もう一つ合わせて、制度自体の使いにくさということもあるのかなと思います。
 実際、要するに契約をするのに、本人が役所に行って、それから銀行に行って、また役所に行って、銀行に行ってという、最低2回ぐらいですか、家族の者じゃなくて本人が来ないといけないという状況の中で、じゃあこれを使いたいと思っていらっしゃるのは、例えばひとり親の方であったりとか、なかなか休めない方、こういう方に対するやはり配慮というものも考えていかないと、なかなか活用として難しいのかなというのも実感としてありますので、その制度の中身の、これは金融機関との交渉にもなろうかと思うんですが、せっかくこういうすばらしい制度、「こんなのがあるんだったら使いたい」とおっしゃった人が多いのであれば、その中身の充実というのも真剣にさらにやっていただきたいと思うんですが、そこら辺の中身について再度お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) 今のご質問とご意見の、制度の使いにくさという点でございますけれども、今お話があったように、金融機関との間ということもございます。実際に印鑑や印鑑証明等をとって申し込みに行く、また決裁後に本申請、本申込書という形で行くなど、金融機関には2度か若しくは3度行くということに今の制度ではなってございます。
 この件につきましては、今お話にもありましたが、羽村市だけではどうにもならないというところは当然ありますので、この制度をよりよく、使い勝手をよくするために、一つの課題として加えさせていただいて、金融機関とは今後もいろいろな面で調整させていただきながら、事務の簡素化等も働きかけていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 石居さんの質問の関連です。
 まず、325ページの特別支援教室のことなんですけれども、本格実施になっていくという中で、通級指導学級は何か変化していくのかどうか、それをお尋ねいたします。
 2点目は、入学資金のことなんですけれども、金額や件数の実績、わかりました。それからさらに知りたいのは、高校、専門学校、大学、それぞれ内訳が、件数で構いませんが、どういうふうになっているのかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) ただいまの、通級指導学級はどのように変化していくのかということでございますが、現在ある通級指導学級は、特別支援教室の拠点校という形で存続いたします。
 基本的には、学校で指導を受けるという形が基本となりますが、小集団での指導ですとか、その指導が必要なお子さんにつきましては、現在ある通級指導学級拠点校に通っての指導というものは継続するということになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) それでは2点目の、高校以外の内訳というところで、今年度の決定した6件の内訳を回答させていただきますが、大学入学が1件、高等学校が5件となってございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 1点目の特別支援教室と通級のすみ分けの違い、わかりました。
 ご指摘があったように、小集団での指導が大事なケースというのは、おそらく多々想定されると思うんですけれども、その子どものニーズ、また必要な指導に、しっかりフィットさせていくことができるのかなという不安もお聞きしていますし、感じるんですけれども、その辺は十分にうまく両方使ってやっていけるということになるのかどうかを、ちょっと確認したいと思います。
 それから2点目は、26年の内訳はわかりました。過去のものも知りたいんです。というのは、高校の場合は中学校に在籍しているお子さんが相手ですので、話が伝わりやすいと思うんですけれども、その上のさらに学校に行く、進学する際に、こういう制度があって使えるということは、なかなかこう、忘れてしまったりということもあって、伝わりにくいんじゃないかと。
 実際、26年度の大学進学は1件ということだけで、やはり少ないわけですよね。よりお金がかかるにもかかわらずですね。ですからそこは、先ほども周知をというお話がありましたけれども、より注意して力を入れてやっていかないと、使われないということになりかねないと思うんですけれども、どういうふうにお考えになっているのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) ただいまのご質問でございますが、保護者、子どものニーズにフィットさせてやっていくということを、きちんとこちらとしても確認をしながら取り組んでまいりたいということと、実際に巡回することによって、今まで送迎の負担があったですとか、なかなか連れて行くことができないという保護者にとっても、今いる自分の学校で指導が受けられるようになって、よかったという声も、今、聞いているところでございます。
 拠点校での指導も残すというところで、そこにつきましては、保護者の意向ですとか実態をよく把握しながら、今後取り組んでいきたいというふうに思っております。
 また、コミュニケーションだけではなく、学びにくさのあるお子さんにつきましても、今後対象となってまいりますので、在籍学校での指導ということを、しっかりと充実させていきたいというところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) それでは、1点目の内訳です。
 平成25年度、大学進学申し込み件数1件、短大等がゼロ、高等学校が4件、計5件です。24年度が、大学が5件、短期大学等が1件、高等学校が10件、計16件。23年度が、大学が7件、短大等が3件、高等学校が9件の、計19件となってございます。
 また、2点目のご質問の、大学等高等学校進学以外の方への周知ということですが、なかなか個別にというか、学校を通してというのは当然難しいと思っております。今現在では、これまでも取り組んでおりますけれども、市の公式サイト、はむらの教育等の広報紙等で広く市民の皆様に周知していくという考えでございます。
 また、今後、何かまた新たな手立てというんでしょうか、周知の方法があれば、引き続き検討はしていきますが、当面この形で周知をまずしていくことを考えてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 2点目、わかりました。
 1点目の通級と特別支援教室のすみ分けですね、しっかりニーズに合わせてというのはよくわかりました。
 ただ、やはり、送り迎えの件は以前から指摘されていまして、公共交通であればお金が出るという話をお聞きしたんですけれども、なかなか羽村の場合はつなげませんから、タクシーの補助をということを以前も提案したことがあったんですけれども、ぜひ踏み込んでやっていきませんと、実際には集団指導が必要なんだけれども、保護者の方が多忙で送り迎えが無理だから特別支援教室へというケースもあり得ますので、そこは、よりフィットさせていくというのであれば、検討が必要だと思うんですけれども、お考えをお尋ねして質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 小集団の活動につきましては、現在、拠点校での通級指導学級でというふうになっておりますけれども、今後は、特別支援教室の在籍校でも小集団の活動を行っていくということを視野に、現在考えております。
 その中で、特に必要な拠点校、今整っている拠点校での必要なお子さんについては、そちらに通うということも考えられるというような発想の転換をしていくというところでございますので、現在のところ、拠点校に行くための費用の負担等については検討していないというところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) 2点、お伺いさせていただきます。
 まず1点目は、309ページの音楽教育に要する経費、及び333ページのブラスバンド用の楽器の購入費159万円に関してですが、以前、決算、予算どちらもですけれども、議会のほうから、楽器の不足と、どの学校にどういった楽器があるのかというのを調査、それから管理していく、今後そういう計画があるというようなお話があったと思うんですけれども、その辺がどういうふうになっているのかという点と、あともう1点が、「はむらの教育」、年6回、全戸配布されるということですが、これをカラーにする予定はないのか。この2点をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 楽器の管理等についてのご質問でございますけれども、それぞれの学校のほうが持っております楽器につきましては、議会等でのご質問等もございまして、もう一度精査のほうはさせていただきました。
 その中で、今後どんなような形でその管理をしていくか、または修理等も含めてですけれども、していくかということについて検討のほうをしております。学校から公費による楽器購入の要望等は、大型の楽器、例えばティンパニー等とか、そういったもの、それから個人パートでやるようなものではない、たまに使うようなものとか、そういったものについて希望する傾向にございます。
 また、立川市等ではレンタル方式による楽器ということもやっているというようなところがございましたけれども、基本的には、保守メンテナンスを含んだ契約としており、いわゆる楽器を、日々のメンテナンスをしていくというような形だそうです。その場合、やはり備品購入費等も同時に予算化のほうもしているというふうに聞いております。
 27年度予算では、備品購入につきましては要望があったもの、学校からの要望があったものについて予算化をしております。また、中学校につきましても同じような形で、要望があったものについて購入をしていくというふうにしております。
 どちらにつきましても、今後も引き続きまして、学校の要望等に配慮しながら、レンタル方式等も、それが有効かどうかということも継続して検討しながら、取り組んでいきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) それでは2点目の、「はむらの教育」のカラー化でございます。
 今現在、年に6回、2色刷りの「はむらの教育」で発行させていただいております。これは、今後というよりも今現在も、2色からカラー化へ向けての検討をしております。当然、見積りも取ったり、制作の工程からカラー化にする、今の2色からカラー化にするにあたっての作業工程等も含めまして、検討をしております。今、そういう状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 印南委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(印南修太) わかりました。
 楽器のほうなんですけれども、次年度も購入される。増えていくと思うので、なるべく早くその全体像をつかんで、学校間同士で貸し借りができるようなものは、そういったことができるようにしていけばいいと思うんですけれども、最後その点だけ改めてお伺いさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) どの学校にどの楽器があるということについては、把握はしておりますので、その辺はご心配はあたらないかなというふうには思っております。
 また、いろいろ市内等、学校間の貸し出し等につきましても、やはりたまにしか使わないものがあったりとか、そういったところにつきましては、今後も継続してやっていきたいというふうに思っております。
 いずれにしましても、子どもたちがしっかりと音楽に取り組んでいける体制につきましては、しっかりと取り組んでいきたいというふうに思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 楽器の把握はしているということなんですが、その状態の把握はきちんとしていますか。穴が空いていたり、それから耐用年数を超えて使っているとか、そういうようなこと、結局、楽器としてきちんと機能するか、しないかについて状況を把握しているかどうかを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) そういった点につきましても、把握のほうをしております。特に学校のほうから、これはもう使えないので新たなものを買ってくれということにつきましては、優先して購入できるように配慮のほうをしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかにありませんか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 2点、お尋ねします。
 通学路の安全対策というのが先ほど出てきましたが、羽村の中にスクールゾーンが、3カ所でしょうか、あると思うんですけれども、通学している子どもたちや保護者はわかっていると思うんですけれども、近隣の方とか、新しく入ってきたとかという方もいらっしゃいますので、どこがスクールゾーンなのか、何時から何時まで、どういうふうに対応が必要なのかということを、一度、「はむらの教育」の中で、とりわけ新学期などに知らせてほしいというようなお話がありまして、毎年度ではなくてもいいとは思うんですが、やはり折りを見て、安全対策ということも含めて、防犯カメラだけではなく、近在の方にお知らせするという意味も含めて対応していただけたらと思うんですが、それが一つです。
 もう一つは、就学援助に関してですけれども、この就学援助の費用が年々下がってきています。小学校のほうでの被災児童生徒就学支援等事業補助金というのも、27年度下がっているわけですけれども、これが被災児童のほうはどういう形で下がってきたのか。それから、就学援助に関して言えば、児童・生徒数が少なくなればそれに伴って少なくなるという見方もありますし、児童・生徒に占める割合が増減しているのかどうかですね、年次で。そのあたりまでご覧になっているのかどうかを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) まず1点目、通学路、スクールゾーンの周知についてですけれども、ご指摘のほう、どうもありがとうございます。やはりこちらのほう、把握はしておりますけれども、やはり周知をして多くの方に知っていただくということは必要かと思われますので、検討をさせていただいて、多くの方に知っていただくというふうにしていきたいと思っております。
 2点目の、就学援助に関してですけれども、基本的には、対象児童・生徒の増減で多少変化があるということで、基本的には同じような基準でやってきております。
 また、就学援助費の交付額のほうですけれども、実際には学用品費、それから通学用品費等、小学校1年生であれば、26年の4月1日に改定がありましたけれども、1万1,100円が1万1,420円というふうに上がっております。これは、新入学用品につきましても、1万9,900円が2万470円というような形で上がっている部分もございます。
 そういった点では、大きな影響がないように、また充実したものになるようにということで、対応のほうをさせていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) せめて被災児童生徒就学費のこの減少もちょっとお答えいただきたいんですが。
 それから、就学援助に該当する子どもの割合といいますか、消費税が上がれば支出が減るというようなこともありますけど、児童・生徒に占める就学援助の必要な子どもの割合を経年で見ているかどうか。それを見ているのでしたら、その結果をお知らせいただきたいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 現在、被災児童のほうは、小学校2年生に1名の見込みでございます。
 それから、もう1点のほうにつきましては、ちょっと今、手元に資料がございませんので、後ほどお答えしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 質問が、なぜ下がったんですかということなものですから、それについてのお答えをお願いしたいと思います。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 申しわけございません。対象の児童が減ったということで下がっております。申しわけございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 今の就学援助の件なんですけれども、2年前の春の生活保護の金額の基準で、受けられるか、受けられないかということになっていましたよね。生活保護費も25年8月から3年間かけて減額ということで、基準を変えない場合には、この4月から対象者の枠が減ってしまうということになっていました。
 それは、そうならないようにという質問をしてきまして、なるべくそうならないようにしたいというお答えがあったんですけれども、具体的にどういうふうにしていく考えなのか。その手法も、どういう、例えば文書をこう変えるということも含めて、対応していくのかをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 就学援助費についてですけれども、平成25年8月の生活保護費基準額の改定によって、基準額が下がるということから、今の要綱のままでいきますと、対象外となる世帯が増えていくということが予想されるということです。また、厚生労働省からは、生活扶助費基準の見直しに伴って他制度に生じる影響についてという通知がございまして、他制度に影響が及ばないように対応すること、ということがございました。
 児童・生徒の就学の機会の確保というのをきちんと図っていくということから、生活保護基準の改定に伴う影響が生じないように、生活扶助費、改定前の基準額、つまり25年4月1日を使用するというような形で要綱の改定をしていきたいというふうに考えております。
 このような同様な対応をするのは、東京都26市におきまして16市であるというふうになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それでは、しばらく休憩いたします。
                                    午後2時00分 休憩
                                    午後2時15分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金、予備費の質疑を継続します。
 なお、本日は東日本大震災の発災日であります。午後2時46分から1分間の黙とうを捧げたいと思います。会議の途中に休憩を挟むことになりますので、あらかじめご承知おきください。ご協力をよろしくお願いいたします。
 それでは、質疑に入る前に、先ほどの門間委員の質問に対する答弁の中で、生涯学習部参事よりお答えをまずいただいてから始めたいと思います。生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 先ほどの門間委員の準要保護者の全体に占める割合ですけれども、過去3年間の分でお答えをしたいというふうに思います。
 24年度が、小学校が15.6%。25年度が15.12%。26年度、こちらはまだ確定をしているものではないんですけれども、現状として15.25%。
 中学校ですけれども、24年度が18.27%。25年度が17.97%。26年度が16.18%です。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ありがとうございました。
 それでは質疑を再開します。西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) 予算書の363ページ、博物館事業に要する経費、郷土博物館の費用なんですけれども、この予算は大幅に前年度よりも増額されておりますけれども、これは一般質問でも、30周年を記念して事業が行われるということでございましたが、この内容についてお伺いします。
 それと軽便鉄道も、同じ水の歴史ということで、こういったことも展示をされるのかどうか。その2点、お伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 郷土博物館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯郷土博物館長(河村康博) ただいまのご質問にお答えをいたします。
 30周年を、27年の今年、迎えさせていただくということにあたりまして、現在、予定をしておりますのが、まず特別展という位置付けで充実した展示を行うということ。それから、総合展示事業として、体験学習であるとか、講座であるとか、そういったものを関連付けて実施をしていくという内容を検討してございます。
 タイトルといいますか具体的な中身につきましては、土木遺産認定等のこともございますので、玉川上水、特に今回は羽村堰を取り扱うということで、仮のタイトルでございますが、「玉川上水 羽村堰 今に生きる先人の知恵と工夫」という形で展示を展開してまいりたいというふうに思っております。
 また、来年、小学校4年生の副読本、玉川上水の関係のが変わるというような情報も入っておりまして、その辺のところも事前に情報を得ながら関連させていきたいというふうに思っております。
 2点目の軽便鉄道ですけれども、こちらにつきましては、いろいろ資料収集とか、またかつて展示ですとか、そういったこともしてございますけれども、今回は羽村堰に特化をしていきたいと、羽村を前面に出したいというふうに思ってございまして、軽便鉄道まで今回の展示の中で触れていくという予定は今のところ、してございません。
 ただ、軽便鉄道につきましては、現在、東村山の博物館のほうで、現館長さんがご専門でいらっしゃるということがあって、つながりがございますので、そういったところで情報収集等をしているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 西川委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(西川美佐保) ありがとうございました。
 軽便鉄道は展示されないということなんですけれども、以前、この多摩川の土手の仮設のトイレの横に、軽便鉄道の線路跡というか、一時保管してあったのではないかというお話を伺ったことがあるんですが、それは今現在どこに保管されているのか、ご存じであればお答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 郷土博物館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯郷土博物館長(河村康博) ただいまのご質問でございますが、直接そのもの自体についての現在の所在等については把握をしてございません。ただ、同じようなものが、先ほど申し上げた東村山の博物館等に所蔵されているということは承知してございますので、そういったあたりからまた勉強していきたいというふうに思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) よろしいですか。ほかに。郷土博物館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯郷土博物館長(河村康博) 修正を1点、させていただきたいと思います。
 今、私、東村山と申し上げたようですが、武蔵村山の誤りでございます。申しわけございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) はい、わかりました。それでは、水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 307ページのスクールソーシャルワーカーと学校適応指導教室指導員報酬というあたりは、実施計画の18ページの中学校不登校等対応指導員の配置に関連することだと思うんですが、現状、その不登校の状況をまず教えてください。
 それからもう1点は、実施計画の19ページに学校支援地域本部の運営というのがあります。コーディネーターの云々という話がありました。この学校支援地域本部はどんな活動をしているかということについては、どのように地域の中に伝わっているのか。まず、その2点を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) 不登校の現在の状況ということでございますので、お知らせをさせていただきます。
 公に公表されている不登校の数値といたしましては、平成25年度の文部科学省が行いました問題行動調査による数値でございますが、小学校の不登校の数値が14名、中学校の不登校の数値が43名というふうになっております。こちらは、平成25年度の数値でございます。
 平成26年度につきましては、まだ公表がされていないというところでございますが、現在のこの2月におきます不登校の状況につきましてお知らせをさせていただきますと、小学校につきましては現在5名、中学校におきましては現在43名の生徒が不登校ということで学校から報告をいただいているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) ご質問の2点目の学校支援地域本部について、地域にはどのように伝わっているかという点でございますけれども、基本的には各校での、例えば学校ボランティア連絡会のようなものが各校でございます。
 こちらを通じて、中学校区ごとに学校支援本部というような形で、一中校区学校支援本部、二中校区学校支援本部、三中校区学校支援本部といった形を作っていくということでございます。
 これはまだ、今、地域の方々にというところはまだまだのところがございます。しっかりと地域のほうの方にも伝わっていくことが必要だというふうに考えておりますけれども、まず、学校でのボランティアをしていただいている方たち、こちらのほうを今まとめて、大きな組織にしていこうというようなところの途中でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 実施計画のところでは、指導員の巡回は各中学校3校への巡回訪問、こういう話になっています。件数が多いからそうなんでしょうけれども、ある中学校の校長先生と話をした時には、新たに発生する不登校は多くなくて、小学校からの不登校が継続している傾向だという話なんですよね。
 そういう意味では、小学校のうちから対応するようなことは必要ではないかなというふうに思うんですが、そのあたりはいかがでしょうか。
 それから、地域本部の話なんですけど、具体的な活動がまだスタートしていないという状況なのかもしれませんけれども、学校評議委員なんかの会もあったりして、その辺の活動は、富士見小なんかは評議委員会だよりなんて出しているわけですね。
 ですからやはり、この地域本部が動き出した時に、やはり地域を巻き込むということで、学校だよりの中に入れるのかどうかは別にして、そういう存在をアピールして協力を求めるという体制を敷くべきだというふうに思うんですが、そのあたりの活動はどう考えていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 教育支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育支援課長(上松久美子) ただいまご指摘のとおり、小学校からの対応というものが非常に大事だというふうに、こちらも認識しております。
 配置しておりますスクールソーシャルワーカーにつきましても、中学校だけではなく、小学校に訪問をし、管理職と連携をとり、場合によりましては家庭の環境が原因という部分もございますので、家庭への訪問等も現在行っているというような現状がございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学校地域支援本部についてですけれども、やはりどのような形でやっていくのか、それぞれのイメージというのがきっとあると思います。各学校で取り組んでいるボランティアの皆様、それから地域で学校についていろいろ助けていただいている方々、いらっしゃると思いますので、そういったところのイメージを皆さんが共通して持てるようにしていくということが、まず大切かなというふうに思っております。
 そういう中で、現状でそれぞれ取り組んでいることをまとめながら、また、どのようにしてそれをしっかりと共通なものにしていくかということについては、やはり周知のほうをしっかりとしていくということで、ご指摘いただいたような点を活かしながら、取り組んでいきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 339ページにあります幼稚園の保護者負担軽減補助金なんですけれども、今回、認証保育園に関しては料金を補助するというのが始まりまして、また、認定こども園も新しい仕組みの中では料金が低廉になったと。
 それで、幼稚園はまだ高いままじゃないかと、随分、保育料と差額があるじゃないかという声も聞くんですけれども、この都と市で出している保護者負担の軽減というのも、もう少しやはり増額をして、不公平感といいますかね、それをなくしていくということも大事じゃないかと。
 やがて、国の方も含めて幼児教育無償ということになれば要らなくなるでしょうけれども、それまでのつなぎということも含めて、要るんじゃないかというふうに感じるんですが、いかがでしょうか。今回は入ってないと思いますけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 保育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯保育課長(鈴木宏哉) ただいまいただきましたご意見につきましては、先般、子ども子育て会議の保育料の答申の中でもそういった話がございますので、将来的な課題としては捉えておりますが、直ちに今、それをどうこう変えるということでは、今のところ具体的な計画等は定めておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 実行できないのに何か問題があるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 保育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯保育課長(鈴木宏哉) 問題ということよりも、今まで両方の制度が積み重ねてきた長い歴史がありまして、双方には双方の、幼稚園には幼稚園、保育園の方には保育園の方の考えがありまして、それを一気にここでお金だけで決着をつけるのが難しいということです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに質疑ありますか。水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 芝生のことなんです。331ページの一中の芝生管理、317ページの松林小学校の芝生管理なんですが、これ、都の補助金がついたからということもあってやられた事業なんだけど、あとの維持費は持ち出しですよね。
 特に気になるのは、一中の芝生が、目的がどういう目的で、有効に活用されているのかどうか。さらに、松林小学校の芝生も養生が必要であったりというようなことで、このまま本当に続けていいのかというふうなことも考えなきゃいけないのかなというふうに思うんですが、そのあたりに関しての見解を伺いたいと思います。
 それからもう1点は、図書館で読書カードを全員に配って、今度、新入生に配るよという話だったんですが、その成果は何か数字として動きがあったかどうかを教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) では、1点目の芝生化のご質問にお答えさせていただきます。
 松林小学校には平成22年度に、羽村一中には25年度に、都の補助金を活用させていただき、芝生を校庭の一部に設置してございます。
 今の現状でございますが、松林小学校におきましては、管理を、芝生の雑草等も生えますので、地域の社会教育関係団体、学校開放の時等にサッカーや野球の団体さんに定期的に芝生の中の雑草を抜くなどのお手伝いをしていただいております。また、学校の教員を含めて、子どもや児童・生徒たちも芝生の管理をしております。
 また、一中につきましても、町内会による雑草抜きをしたというふうに聞いております。
 また、この芝生を管理していく上でございますけれども、東京都からの維持管理のほうの補助金が3カ年ということで、2分の1を活用させていただき、これまでも設置の翌年度から3カ年ということで、その補助金を活用して管理してございます。
 なかなか、正直なところ、子どもたちが芝生に直接、当然踏み入れるというか、芝生と接するという目的で設置をしておりますけれども、逆に踏み固められたりということで、この冬の時期に枯れてしまったりということもございまして、その都度、委託業者の管理のもとで、冬芝の種をまいたりしながら、養生しながら今やってございます。
 そもそもの東京都の掲げる設置の目的としましても、緑化対策とともに、環境学習効果というところと、地域でのコミュニティ形成というところを目的として設置してございますので、今後も、これ、今までなかなか地域も巻き込んだ維持管理というところは、正直うまくいってないところというのは私も認識してございます。
 また改めて、来年以降というんでしょうか、もうここで各校の副校長先生等と今後の維持管理については綿密に詰めて、地域の方たちの協力を得ながら、管理していく方向の検討をしていこうというところのお話をさせていただいておりますので、引き続き管理をしながら、子どもたちが芝生の上でいろいろな取り組みができるように取り組んでいきたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 図書館長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯図書館長(大野直敬) 2点目の、読書カードということですが、読書手帳ということでよろしいでしょうか。読書手帳につきましては、一昨年の11月にシステムを入れ替えた際に導入をいたしました。今、市民の方で読書手帳をお持ちの方が約800人ほどいらっしゃると思います。それから、小中学校には昨年6月に、全小中学生にお配りをしたものでございます。
 その成果といたしましては、まず、学校での読み聞かせ等、図書館でも展開をしておりますが、そういった際に、読書手帳に書き込むとか、そういったようなこととか、さらには学校の中で独自に活用をしていただくというような中で、読書活動の推進に活用しているというようなことでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 水野委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 読書手帳の件は結構です。
 芝生の件で。昔、鳥取に行って、鳥取方式で「雑草も刈ってしまえば芝生だよ」なんて話もあるんですよね。手入れをするという時にそのコストをカットするという意味では、芝刈機も買ってあるわけですから、雑草を抜くというやり方もあるけど、それを活用するというやり方もあることをちょっと指摘して、その辺も参考にしてもらえればと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習総務課長(西尾洋介) 私の今の回答の中で、各学校で地域の方も含めまして雑草取りという発言がございました。確かに芝刈機、手動のものも含めて芝刈機も設置しておりますので、抜くばかりでなくというか、芝刈機も活用しながら、今後も維持管理に努めていきたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(水野義裕) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。よろしいですか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それでは時間の関係もありますので、ひとまず教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金、及び予備費関係の質疑を終わらせていただきたいと思います。これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ご異議なしと認めます。
 しばらく休憩いたします。
                                    午後2時36分 休憩
     [説明員交代]
     [黙とう]
                                    午後2時47分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 平成27年度羽村市一般会計予算について、ひととおり質疑が終わりましたので、これより総括質疑に入ります。
 質疑ありませんか。舩木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(舩木良教) それでは1点、お願いいたします。
 私のほうから、電線類の地中化について、しばらくこの計画というのが止まっているように思っています。西口の区画整理ですとか、いろんな都市計画もあるでしょうけど、商店街の活性化ですとか、安心・安全対策、避難路の確保、震災への対応等々、さまざまな観点から、この電線類の地中化というのを私は進めていただきたいというふうに考えておりますので、その辺のお考えを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(加藤 博) 昨年の12月議会の一般質問でもご質問をいただきましたけれども、現在、東京都無電柱化促進協議会という会がございまして、そちらにも積極的に参加をいたしまして、情報収集をしているところでございます。
 そうした情報を集める中で、今年度は道路維持保全計画の道路ストック点検を加味した見直し、改定も予定しておりますので、そうした中で道路の改良工事等計画してまいりますので、それらと合わせて無電柱化も促進する方向で検討していきたいと思っております。
 また、あと、西口の土地区画整理事業の中でも、駅前、それからにぎわいが創出できるような場所、また幹線道路、そうしたところで検討していきたいというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 舩木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(舩木良教) ぜひ、検討していただいて取り組みをしていただきたいと思うんですが、これ、商店等の活性化というふうな意味から非常に、今、羽村市で区画整理等も進んでおりますが、そういった時、1点だけでなくていろんな意味を持っている電線類の地中化だと思います。安心・安全もそうですし、ちょっと繰り返しになりますけど、やはり例えば羽村駅西口、東口、あの辺の商店の活性化なんていうのも、そういったものが一つの起爆剤というふうになると思いますので、これから強力に進めていただきたいと思います。
 何か、一番近いところで、具体的にこういった方法で取り組みますということがありましたら、お願いしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 都市整備部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備部長(阿部敏彦) 今言われますように、駅前のまちづくりの中において、電線類の地中化については、基幹産業として何を基軸に対応していくのかというのが求められてきます。
 その中では、西口の土地区画整理事業を起爆剤として駅前の拠点整備の事業として立ち上げていく、こういうふうな中で、今言われるような視点で、商業の活性化も視野に入れながら事業展開を図っていきたいというふうに考えておりますので、現計画の移転計画、あるいは工事計画等は、でき上がる段階においては既に東京都のほうにもそういうふうな仕掛けをしてございますので、ご理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 舩木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(舩木良教) ぜひ、進めていただきたい。繰り返しますが。市民とか事業者に求めるもの、この事業を進めるにおいて何かありましたら。今後の取り組みにおいて。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(加藤 博) 具体的に電線の地中化を進めるにあたっては、羽村市だけの施行ということではございませんので、電線を所有しているいろんな、東電であるとか、NTTであるとか、そうした事業所も大きく関係しているところでございます。
 また、電線の地中化をしていく沿線にあるいろいろな事業所、そうしたところの意見も伺いながら、今後、計画・検討する中では反映させていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(舩木良教) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 3点、お願いします。
 1点目は、今年度の予算で、全体の職員に占める非正規職員というのはどのぐらいの割合になっているかというのが1点目です。それと、その非正規の皆さんの待遇ですね、特に単価というのはどういうふうにこの予算でなっているかというのが1点目です。
 それから2点目は、行財政改革の取り組みなんですけれども、この予算の説明書でいくと23ページ、それから実施計画ですと93ページにあるんですけれども、特にやはりこういう、今、不交付になったこういう時期だからこそ、逆に行財政改革の取り組みというのは非常に重要で、ここをきちっとやはりやっていくということが大事だと思うんですけど、あまり具体策というのはたくさん見えてこないわけなんですけれども、特に、不交付になって経常収支比率というのは特に上がるわけだと思うんですよね。
 そういう面では、経常収支比率をどの辺までに目標を定めて、具体的にどういう行財政改革に取り組んでいくのかというのを、お聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから3点目は、2020年、オリンピックがあるわけですけれども、それに向けていくつかちょっとお聞きしたいことがありまして、まず一つ目が、去年も私、羽村市でホームステイしたいという人がいて、団体があって、それで探したりしたんですけど、全くそういうところがなかなか非常に難しい状況だったんです。
 自治体によっては、2020年を見据えて、そういうところを受け入れてくれているようなところもありまして、国際化に向けて、特に高校生とかであちこちに、羽村市内の私立の高校生なんかというのはホームステイしたりしているわけで、逆に向こうから受け入れる時に、この市内に何もないというのもどうなのかなというのもあって、そういう受け入れ態勢をどのように整えていくのかということを。
 それから二つ目が、外国の方にいろいろ聞くと、やはり自転車でこっちに遊びに来たいとかいう人も多いんですね。そういう中で、福生とか府中とかは、わりと自転車道も、市道なんかも整備されていて、きちっとナビマークをつけていて、自転車の通行の左側通行だとか、そういうこともかなりこまめにできてきていて、都内でもいくつかできてきているんですけれども、そういうふうな部分というのはどうなるかということと、それと、ビジネスチャンスでもあると思うので、今、外国からもいろんな多くの、中国人なりいろんな方が訪れてきていますけれども、そういう部分で、2020年までに向けてどういうふうな形でビジネスにもつなげていくかという点も含めて、この予算の中に表れているものがあればお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 1点目の非常勤職員のご質問にお答えいたします。
 現在の非常勤職員、いわゆる嘱託員とそれから臨時職員の人数でございますが、420名となってございます。この数字につきましては、例年と同様の人数で推移をしてございます。
 それから、非常勤職員の待遇ということでございますが、単価の関係でございますが、今年度、民間の賃金の状況、それから同職種の他市の単価等を勘案しまして、単価のほうを若干見直しをしております。
 見直しの方向としては引き上げの方向で、おおむね1.4%から2%程度の範囲の中で引き上げを行ってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 2点目の行財政改革の関係でございます。
 来年度、不交付になることを見込んでおりますけれども、もっと行財政改革を推進していくべきではないかというお話です。平成27年度の予算での取り組みとしては、予算案説明書の23ページに記載させていただいたとおり、委託料の見直しですとか、事務経費の見直しという内部管理経費等を中心とした経常経費の削減に取り組みました。この取り組みにつきましては、引き続き実施していきたいというふうに考えております。
 また、経常収支比率が上がっていくんじゃないかというようなお話がありましたけれども、経常一般財源であります税のほうが増えていけば、経常収支比率というのは一概に上がっていくとも言い切れません。経常収支比率の改定につきましては、経常一般財源、歳入の方の確保と、経常経費充当一般財源、歳出の削減、両面から取りくんでいくべきだと考えておりますので、その観点からも歳入の確保と歳出の抑制ということが重要になってくるわけです。
 ただ、財政改革につきましては、行政サービスの向上ということも主眼に置いて取り組んでまいりますので、行政運営につきましては、一層の合理化、効率化を図りながら、行財政改革に引き続き取り組んでいくという考えであります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 先ほどのご質問の中で、非常勤職員の占める割合というご質問がございましたが、現在、正職員も含めた中での先ほどの420名の割合につきましては、53%程度となってございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 経営管理課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経営管理課長(田中智文) 27年度の行財政改革の具体的な取り組みについてということでございますが、平成24年度を始期とする行財政改革基本計画は、新たな行財政改革の方向性として5つの目標を掲げております。
 目標の1つとしましては、顧客視点の行政サービスの展開。2点目としましては、地域の経営資源を活かした個性的で活力あるまちづくりの推進。3点目としては財政基盤の強化。4点目としては事務事業の見直しによる一層の歳出の削減。5点目としては職員の意識改革と組織の再構築、という5つの基本目標をもとに45の事業を掲げ、計画の達成に向けて積極的に取り組んでいくものでございます。
 平成24年から25年の2カ年に、1億8,770万9,000円の効果を生み出しております。27年度につきましても、この計画に則って引き続き取り組んでまいりたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 3点目のオリンピックの関係でございますけれども、オリンピック・パラリンピック、2020年、あと6年後に開催されるということで、それに伴いまして基盤整備、またそれぞれの受け入れ整備ということでございます。
 ご質問いただいた、市内の外国人の受け入れ態勢、また自転車対策、ビジネスチャンスというお話でございますが、東京都のほうでもここで、平成27年度予算のほうで、オリンピック・パラリンピックに関しましてはさまざまな事業を展開するというふうな情報が入ってございます。
 そういった意味では、羽村市としましても、オリンピック・パラリンピックに関します専門の部署は置いてございませんけれども、企画政策課を中心に、スポーツ推進課、また産業課等、関係するところをはじめまして、平成27年度からはチームを作って、少しその辺については取り組みをしていこうというふうに思っております。
 その中で、羽村市にとって、このオリンピック・パラリンピックというチャンスは、どういった形に、子どもたちのために、また施設整備、また施設の機能を盛り上げるという意味では、いわゆる共生文化の部分についても触れられていければいいなというふうに思っておりますので、そういった意味では、このチャンスを逃さずに、羽村市としてできることをやっていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) わかりました。
 1点目の非正規の話なんですけれども、単価が少しずつでも引き上げられてよかったなというふうに思っています。
 それで、羽村市が職住近接のまちとして発展した頃は、やはりほとんどの人が正規で働いて、ここの職員だけじゃなくて企業もそうで、みんな家を持って固定資産税も払っているというような状況だったと思うんですけれども、そういう面では、今、小泉改革以降、非正規が増えちゃって、そういう面でなかなか経済的に大変だという方が増えているというのは確かです。
 そういう面で、一時金について前に、例えば官民格差の是正も含めて、職員の皆さんのこととか、我々も含めてなんですけど、元に戻すことができたんですけれども、その中で非正規の皆さんは取り残されている感じがあるんですけれども、前に、一時金の時に支払った分というのは、今回の予算ではあるのかどうかというのを1点、まずお聞かせいただきたいと思います。
 それから、2点目の行財政改革の件なんですけれども、そこの23ページには、委託料の見直しとかいくつかあって、委託料の数量の減、事業の統合とかと書いてあるんですけど、具体的にはよくわからないところもあって、実際には例えば委託数量というのはどうふうになったのかとか、それはどういう分野で統合されたのかという代表的なものがあれば、言っていただきたいというふうに思います。
 それから3点目の、オリンピックに向けてということはよくわかりました。これ、特に羽村市だけでできることじゃないので、東京都、それから近隣自治体とも協力しなきゃいけないことというのは非常に多くなってくるのかなと思うんですけど、広域的な役割として、そういうふうなことをみんなで話し合えるような状況というのは整っているのかというのをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 以上3点、よろしくお願いします。職員課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯職員課長(森谷 誠) 非常勤職員の一時金の件でございますが、こちらにつきましては、以前、一般質問でもご質問いただいた時にご回答させていただきましたけれども、地方自治法上、非常勤職員に対しての一時金の支給というものについては明文化をされていないということ、また近隣市の状況も、一時金の支給について見直しをして、支給をしていないことがどんどん増えていると。そういった状況を鑑みて一時金の支給を廃止をしたという形になってございます。
 ですので、今回、27年度予算につきましては、単価につきましては、先ほど申し上げましたとおり、引き上げの幅がかなり大きくなってございますが、一時金の部分につきましては予算化はしてございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) 行革の取り組みの具体的なものということでございますが、例えば委託料で申し上げますと、施設の管理経費などについて精査を行いました。
 すべての項目を挙げますと大体100件以上になってしまいますので、具体的なものを申し上げますと、例えば施設の保守点検を回数を減らして、修繕料に替えて委託料を減らして、修繕料ももちろん増やすんですけれども、増やしても委託料が下がったとか、そういった形で事業の統合などを行いまして、委託については320万円ほどの減になっていると。
 事務経費につきましても、例えばクリーニング代を、毎年やっていたものを隔年にするとか、そういった形で経常的経費の縮減で600万円ほどの減をしたというような形で捉えておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 最後、3点目のご質問ですが、近隣自治体のとの関係でございますけれども、市長会のほうで近隣自治体と、26市の間でオリンピック・パラリンピックに関します情報の共有がなかなかできないというようなお話がございまして、平成27年度から、どこの部長会、課長会で持つかということはまだ決まっておりませんけれども、26市でオリンピック・パラリンピックに関します情報共有をする部会を作ろうというふうな機運が出ております。
 また、私ども構成しております企画財政部長会というところでも、やはりそういうお話が上がりまして、それぞれの自治体で、例えば競技に手を挙げたいというような話があった場合に、そこだけが突出して恩恵を被るのではなくて、やはり近隣自治体も含め多摩26市がウインウインの関係でいけるように、やはり情報を共有しようというようなお話が上がってございます。
 そういった意味では、今回、27年度に入りましてから、そういった協議体ができるというふうに思っておりますので、それらの中で情報共有をしていく、また近隣でございましたら西多摩広域行政圏に参加しております西多摩の地域の自治体の間でも、やはりそういった意味では意見交換をしていく必要があるというふうに思っておりますので、それらに向けて取り組んでいきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) オリンピックのほうはよくわかりました。そういう形でお願いします。
 非正規の問題は最後なんですけれども、今、どの業種も、非正規からの正規化も含めて動いていくような形にもありまして、羽村市でも、そういう面ではハローワークと連携しながら、ほかの企業に対してもそういうことを勧めていくという話です。
 羽村市では、今回、新規職員はまず何人いたのかということも含めて、今後、少しずつやはり、私は一つの行革、さっきの行革の話とは逆になってしまうのかもしれませんけど、正規職員というのはまた計画的に増やしていく必要というのはあるんじゃないかなと思っているんですけど、その辺について再度お聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 自治体の仕事というのはマンパワーに頼るところが非常に大きいということがございますので、そういった意味では正規職員、また雇用の形態としては臨時でございますけれども、その人たちのマンパワー、また、そういった意味から委託ですとか、指定管理ですとか、いろいろな方法をとりまして、そのマンパワーを集めてきて業務を行っているというところでございます。
 新規の職員でございますけれども、今回、予算書のほうでは4人オーバーの形で予算を組まさせていただいておりますが、現実的には、今のところはそこまでは採れない状況にはございます。
 また、退職者等もありますので、そういった意味では新規の職員というのは入ってきてございませんが、新陳代謝の部分でございますけれども、純増していく部分につきましては、定員管理計画等を再度、今、調整しているところでございます。
 なぜかと言いますと、新たにいろいろ国からの事務が増えてございます。例えば、平成27年度で言えば、ナンバー制度の開始、また子ども・子育ての新制度が始まっている、地方分権という形でいろいろな事務が国や東京都から下りてきているという実態もございます。
 そういった意味では、公会計制度もそうでございますけれども、新しい形の自治体を作っていくには、やはり若干のそういった正規の職員の力も必要だというふうに思っています。
 ただ、合理化できるところにつきましては合理化をしていくというのが、これは市民から税金をいただいているという部分では必要でございますので、そういった意味では今後も、雇用形態では臨時でございますが、そういった一定の部分を担っていただくマンパワーの部分も活用しながら、やはり業務を進めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかにありますか。石居委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(石居尚郎) 1点、自転車の安全対策について質問をいたします。
 昨年、中学生の痛ましい事故がある中で、一般質問でも自転車の安全対策というのは出てきたと思うんですが、以前私も、小学生の自転車の運転免許制度、あるいは中学生のスタントマンによる安全指導教室、こういうのを提案をさせていただいてきております。
 その中で、今言った制度をどういうふうに、これから小学校、中学校、充実させていくのか。あるいはまた、高校生の自転車の運転のマナーの悪さ、これ、随分市民の方から伺ってまいります。こういったことに、都立高校もあることから、そこら辺の要請等どうしていくのか。
 あるいは、運転免許を取得しないで、そのまま自転車に乗っていらっしゃる方というのは多くいらっしゃると思います。その辺の方への対策。また、先ほど道路のストック点検という総点検の話が出ましたけれども、ハード面での対策、この辺もどういうふうにしていかれるのか、お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 生涯学習部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生涯学習部参事(山崎尚史) 学校教育の部分からというところでお話しをさせていただきますと、委員ご指摘のとおり、小学校3年生で、自転車の運転免許というところで、すべての学校のほうで交通安全教室をして修了書を渡すというような取り組みを継続して行っております。
 これ、やはり中学校、それから中学生、高校生となっていく中で、やはり指導の積み上げというのが非常に大切かなというふうに思っています。小学校3年生で一度、自転車の乗り方の勉強をしただけでは、やはりなかなか積み上がっていかない部分というのはあろうかと思いますので、今後も複数の学年で自転車の乗り方、特にまた危険な乗り方等につきましては、ほかの学年でもいろんな場面を使いまして指導のほうは積み重ねていきたいというふうに思っております。
 そういった意味では、中学校でいわゆる本当にスタントマンを使ったところを、3年間のうちに1回はできるようなところで、継続的な指導というのは現状もしておりますけれども、さらに強化をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 土木課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯土木課長(渡辺 篤) 自転車レーンの、道路のハード面の対策につきましては、今後、道路の改良工事に合わせて、自転車レーン、ナビマーク等について、福生警察と協議して決めていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 防災安全課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯防災安全課長(中野秀之) 2点目の、高校生のマナーの悪さということで、議会のほうからもご指摘をいただいてございます、一般質問等にもいただいてございます。都立高校が主だと思いますが、そちらのほうの高校の先生と連携をしながら、私どものほうでも年に3回、3日間、集中的に高校生に指導をするということで、警察と推進員のほうで一斉に通学路に立って、決めてある通学路に対して指導を実施しているところであります。
 なかなか高校生のほうに、学校に行って私どものほうでお願いをしているんですが、学校のほうでも対応にいろいろ考えているということで、なかなかマナーの悪さが目立つということで、市のほうにも苦情があります。
 今後も学校と連携をとりながら、また推進員、警察等と連携しながら、進めていかなければいけないというふうに認識してございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 石居委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(石居尚郎) なぜここで、あえて自転車のことを総括質疑でしたかといいますと、先ほどオリンピックという話も出ましたけれども、2年後にイオンタウンが完成をして、一般質問でも答弁いただきましたけれども、1日に1万400台の車、それから1時間に1,500台の車が出入りするだろうと。
 市民の方で心配していらっしゃるのは、自転車の安全対策をどうするんだろう、このことが既にもう、いろんな方から出ております。
 特に若い方、また年齢を問わず、自転車で痛ましい事故を二度と起こしてはいけない。これは行政として全庁挙げてやはり取り組んでいかなきゃいけない問題じゃないかなと思いまして、ここで上げさせていただいたんですけれども、先ほどの、小学生でしたら複数回やっていくということ、あるいはまた中学生でしたら各巡回でやっていくというのであれば、前から申し上げているとおり、大人の人の参加を呼びかけてもなかなか少ない。そこをもうちょっと前面に出していただきたいということ。
 それからナビマークで、ある方から言われたんですけれども、もう左側通行を羽村市は徹底していくような先進的な地域にしてほしいと。ナビマークというのはそういうことだと思うんですね。左側のところに矢印がついて、自転車は左側を行きなさいと。それ、青梅市とか福生市にはもうついていますよね。
 ですから、いつ、つけるのか。つけるにしても、市民の方に徹底をしていかないと、今でも、皆さんご存じだと思いますけれども、要するに右側通行、何の悪気もなくやっているわけです。場合によっては自分もやっているかもしれないという反省を持っていかなきゃいけないと思ってるんですね。
 というのは、要するに自転車というのは車なんですよね、道路交通法で言えば。何か事故を起こしていけば自分も被害者にもなるし、加害者にもなるというという。
 これからイオンタウンができるにあたって、そのときに手を打ったのでは遅い、今のうちからしっかりと全庁挙げてやってもらいたい、こういう意図で質問をさせていただいたんですけれども、再度答弁をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(北村 健) 自転車の対策でございますけれども、まさに今おっしゃるように、重要な事項だというふうに考えております。
 まず、先ほどからお話がありますように、対策としては三つあると思うんですね。まずは、法制度の見直しですね。これと、あとは利用者の方々の教育。それともう一つは道路等の整備。この三つでいくと思うんですけど、まずは左側通行。これは法律が変わりまして左側でないといけないということになりましたので、これは今後、その辺のPRを十分にして、道路の部分の標識ですか、これをどうするのかというのは、今、私、わかりませんけれども、それが必要であれば考慮していくということになると思います。
 それであと、一番私なんかが思いますのは、今おっしゃる、左側を走ってくるのもそうですし、夜、電気をつけないものもありますし、あと、交差点ですね、交差点でもう車が曲がっているのに横のほうからサーッと来て、バーッと横断歩道を渡っていくというふうなものがありまして、そういうものはいくら施設を整備しても、やはり法整備ですとか、そういうところを直さないとなりませんので、そういうところも必要であると。
 あと、市ができますのは、ですから教育ですとか、道路の安全設備ですね、そういうものをどうするかというところですけれども、今いろいろご提案がありましたように、総力を挙げて考えていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに、総括質疑ありますか。橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 2点ほどあるんですが、まず、不交付団体に移行することに関してなんですけれども、移行することの見込みだということなんですが、これ、決定というのはいつ正式な決定が出されるのか。それで、移行することによって来年度の予算にどのような影響があるかというのを、まず教えていただきたいというふうに思います。
 それともう一つは、今、イオンタウンのお話が出たんですが、イオンタウンが平成29年の5月に、あそこに開業の予定だということが一応示されておりますけれども、それに関しての、先ほどの自由通路と同じように、これからイオンタウンの周りに例えば歩道の拡幅だとか、いろんな工事があると思うんですが、そのあたり、やはり先ほどと同じ、羽村市の業者の参入ということに対して、羽村市がどのくらいイオンタウンに対して要望事項として載せていくのかということについて、ちょっとお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 財政課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(高橋 誠) まず、不交付に移行するのはいつ決定するのかということです。普通交付税の算定結果というのが毎年7月の下旬に決定されます。従いまして、平成27年の7月の下旬にこの交付か不交付かということが決定することになります。
 また、予算への影響ということですけれども、財政力指数で補助率が変わるような国庫補助金等がございまして、例えば、不交付になる見込みですから来年度は財政力指数1を超えてくる見通し、見込んでおりますけれども、1を超えると、例えば安心こども基金、民間保育所の施設整備に充当しています安心こども基金などが、通常3分の2の補助率が、財政力指数が1を超えますと2分の1になるような、今、制度になっております。
 27年度はさくら保育園とたつの子保育園の整備をしていく予定ですけれども、ここの2カ年事業で平成26年度中に決定を受けておりますので、27年度については影響がないものと見込んでおります。
 また、安心こども基金につきましては、今の制度が続く場合、まだ来年度どうなるかちょっとわかりませんけれども、今の制度でいけば、通常、財政力指数を1というのは過去3年間の平均ということで捉えておりますので、27年度については影響がない、28年度ぐらいまでは影響がないのではないかというふうに今、見込んでおります。
 従いまして、27年度予算に影響するものは、現時点ではないというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 企画総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画総務部長(井上雅彦) 2点目のイオンの関係でございますけれども、イオンタウンがあそこの工事に入った時には、地元業者等の雇用につきまして、働きかけをしていただきたいというご質問でございますが、羽村市といたしましても、商工会等も含めまして、いろいろご意見が出ているということは存じてございます。
 そういった意味では、やはり民間企業者が事業を起こしているものでございますから、確実的なところにつきましては当然お約束はできないんですけれども、そういった意味では、これから事業が進展していく中で機会を捉えて、例えば工事であれば、先ほどのお話のように地元の関係者の雇用のほうをお願いするとか、施設の内容がわかってきた時に、そういった意味では近隣の商工会等との調整をしていただきたいというような要望につきましては、かけていく予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 先ほど、不交付団体に移行することで、7月の決定で来年度の予算には特にそんなに影響がないということなんですが、さっき課長が言われたように、例えば補助率の変更だとかそういったことで、市の負担分というのは増えてくると思うんですけれども、それは7月に決定されるということは、今年もう不交付団体ということになると思うんですが、今年、27年度の補助率というのは変わってくるということではないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 交付税の関係、交付税大綱が7月の末に出るということで、そこから規定されますので、一応27年度予算については、補助率の関係については交付団体の補助率ですべて見てございます。現実的に影響が出てくるのは28年度以降です。
 先ほど課長のほうからちょっと話がありましたが、このほかに、例えば小中学校大規模改修、あるいは東京都の市町村総合交付金、それと国有提供施設所在市町村助成交付金、いわゆる基地の交付金の関係、これらはいわゆる厳しい財政措置がされると。そういった意味では、今後の動向を見ながら対応するんですが、今の時点では27年度の補助率については影響がないということでお考えいただければと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) イオンタウンの出店の工事については、ぜひそういうことでお願いしたいと思います。
 今の、不交付団体に移行することの影響の中で、ここで臨時財政対策債制度の見直しに関する要望書というのを出すわけなんですが、要は、臨財債の原資ですよね、それが交付金で措置されないということに対して、やはり別の交付金でやってほしいという要望書だと思うんですが、その点につきましては、それも影響の一つだと思うんですが、それはどうお考えなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 委員ご指摘のとおり、不交付団体、今までは臨財債については交付税の代替措置だと。いわゆる国が、地方でも借り入れてくれと、折半だと。その中で、借り入れたお金を交付税の基準財政需要額の元利償還分として入れて、後年度それを、いわゆる交付税の算定ですので基準財政収入額と需要の差し引きがあるんですが、面倒を見ようということで臨財債は作られてございます。
 それが25年度から、不交付団体はもう臨財債も借りられないと。今までの借りた、累積された残高、いわゆる臨財債の残は一般財源で返すというような、非常に厳しい形になってございます。
 そういった意味では、我々としては当然、国も後年度、財源措置をすると言っているわけですので、交付税措置の中で、あるいはほかの交付金等を打って、借りた部分の負担はお願いしたいというのが本音でございます。
 ただ、制度がこういう制度になっておりますので、引き続き財調だとか減債基金を蓄えながら、粛々と今までの起債分は返還するんですけれども、ただ、今まで借りた臨財債についても、確かに一般財源の補完的な要素はあったんですけれども、基本的には、その時に借りたお金で高い行政サービス、それもできたのが事実です。
 そういった意味では現在につながっているものでございますので、よく今後も、制度についてはいろんなところで要望も必要でございますので、その辺見極めながら、交付税としての、不交付団体もここ何年続くかというのはちょっと微妙なところがありまして、市民税法人分の動向によっては、また景気によっては、また交付団体に移る可能性もあります。そういった意味では慎重に財政推計等も図りながら、財政計画を立てていきたいと考えてございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 橋本委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(橋本弘山) 確認しますと、27年度は、じゃあ交付金で措置されるということになるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財務部長(小作貫治) 27年度、不交付で、そこで我々も当然試算をしまして、市民税法人分が税割の部分で約7億5,000万以上入ると。地方消費税交付金も嵩上げされるということで、標準税収入が増える、基準財政収入額が増えるわけですので、その差し引きからしても、どうも不交付だと。その中で財源超過が約2億円あるんですけれども。
 そういう試算をしておりまして、不交付ですので、27年度はもう臨財債は借りられないということで、今年度、元利償還の部分で歳出にも計上してございますけれども、これは基本的には一般財源で返していくというような形になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに、総括質疑として。よろしいですか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) それでは、これをもって総括質疑を終わらせていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ご異議なしと認めます。
 しばらく休憩いたします。
                                    午後3時29分 休憩
                                    午後3時40分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより、意見の開陳を行います。
 順次発言を許します。意見ありませんか。舩木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(舩木良教) 議案第1号「平成27年度羽村市一般会計予算」に、賛成の立場から意見の開陳を行います。
 平成27年度は、第五次羽村市長期総合計画前期5カ年の4年目にあたり、計画の仕上げに向けた重要な年であることから、計画事業を着実に実施していく必要があると考えます。
 このため、実施計画事業を優先的に予算化するとともに、「市民生活の安全・安心」といった六つの重要施策についても積極的に予算化が図られ、また、少子化対策や地域活性化など地方創生に向けた取り組みなどを推進し、羽村市が今後も持続的に成長していくための予算として編成したことについて、まず評価をするものであります。
 一般会計の予算規模は218億9,000万円で、羽村駅自由通路拡幅事業や羽村堰下橋耐震改修工事等事業などの投資的事業が増加したことなどにより、過去最大の予算規模となりました。
 まず、歳入に関しては、市税収入が前年度と比較して3億2,315万円の増となり、前年度当初予算との比較で3年連続の増加となりました。これは市民税法人分が一部大手企業の業績改善等により、前年度と比較して54.4%の大幅増となったことが大きな要因であります。
 市民税法人分は景気の変動等に大きく影響を受ける税目でありますので、引き続き市内企業の経営力の強化支援に努めていただきたいと思います。
 また、市税は歳入の根幹であり、自主・自立の自治体経営を進めていくためには、安定的な税収確保が必要でありますので、さらなる収納率の向上を期待するものであります。
 なお、必要な財源補完措置として、基金の繰り入れや市債の借り入れなどされております。特に、財政調整基金について、普通交付税を不交付と見込んでいること、また、投資的経費や子ども・子育て支援制度に係る事業費が増加したことなどの要因により、前年度よりも2億1,722万円多く繰り入れるものとなっておりますが、繰り入れを行った後の推定残高は19億円以上を確保できております。年度間の財源調整機能という役割を果たすために、有効に活用されているものと考えます。
 また、市債についても、将来の財政負担を考慮した上で、適切に活用が図られているものと理解しております。
 次に歳出ですが、普通建設事業費が前年度と比べて大幅な増加となったことが特徴でありますが、都市基盤整備や防災及び減災対策といった重要な事業へ予算を重点化しつつ、市民ニーズに対応するための事業や将来を見据えた事業などに、適切に予算配分が行われているものと認められます。
 それぞれの事業を個別に見ていきますと、子ども及び生涯学習の分野では、認証保育所利用者に対する保育料負担軽減補助事業が実施されるとともに、一時預かり事業の拡充など、子育てしやすい環境の整備に向けた施策が予算化されております。また、学校図書館総合管理システムが小学校1校に試験導入されるとともに、通学路への防犯カメラ設置事業が実施されるなど、学校教育の充実、子どもたちの安全確保のための予算が計上されております。
 福祉及び健康の分野では、認知症高齢者の早期発見及び早期診断の実施や、地域ケア会議の開催など、支援や介護を必要とする高齢者等への支援の充実に向けた取り組みが予算化されております。
 市民生活及び産業の分野では、平和の大切さを伝え、世界平和思想の趣旨を普及していくための戦後70周年平和啓発事業が実施されるとともに、防災行政無線(移動系)機器のデジタル化、街頭防犯カメラの整備など、市民生活の安全及び安心を確保するための施策が予算化されております。
 また、ものづくり企業立地継続支援事業、商店街振興事業への補助などが予算化されており、市内の企業及び事業所等がますます元気になり、街の活性化につながっていくことを期待するものであります。
 環境及び都市整備の分野では、庁舎太陽光発電システムの設置とスマート交通システムの構築など、地球温暖化防止のための先進的な施策が予算化されております。
 また、羽村駅自由通路拡幅事業や富士見公園整備工事などの都市基盤整備事業や、羽村堰下橋耐震補強等工事、小中学校体育館非構造部材耐震改修工事などの防災・減災事業などが予算化されております。
 以上、第五次羽村市長期総合計画の4年目にあたり、市民生活の安全の確保と福祉の向上に寄与する施策をはじめ、少子化対策や都市基盤整備事業など将来を見据えたまちづくりへの対応も十分に図られた予算であると捉えております。引き続き財政基盤の強化を図りながら、市民福祉の向上にさらに努力していただきたいと考えます。
 以上、平成27年度一般会計予算について意見と要望を申し述べ、適正な予算内容であることを確認し、本予算に賛成の立場からの意見の開陳といたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに意見は。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 議案第1号「平成27年度羽村市一般会計予算」に反対の意見開陳を行います。
 今回の予算は、前年比プラス10億1,000万円で、218億9,000万円という過去最大規模となりました。
 ただし、収入を見てみますと、その内訳は少々複雑な様相を呈しております。市税収入が約3億2,000万円増える一方で、不交付団体になることで普通交付税は約マイナス3億8,000万円、地方消費税交付金が約5億6,000万円増える一方で、臨時財政対策債の発行ができなくなるということで、マイナス6億円ということになっています。
 結局、前年比プラス10億円ということですけれども、基金の繰り入れが約3億円増えている、国庫支出金など2億4,000万円、都支出金などが約2億1,000万円増えたということなどにすぎないということになっています。
 また、国・都からのお金のうち、最も伸びたものが土木費の国庫補助金1億9,000万円です。交付税を巡る制度の矛盾と、地方消費税が増えることによって地方の自立性が高まるという説明の不確かさが如実に表れたというふうに思います。国に対して、制度の改善などをしっかり働きかける必要があるというふうに思います。
 こうした中ですけれども、歳出を見てみますと、市民のニーズに応えた施策の前進が見てとれます。認証保育園利用者に対する保育料負担軽減事業の実施、庁舎太陽光発電システムの設置とスマート交通システムの構築、市道202号線拡幅工事等です。
 その一方で、認められない税金の使い方があります。羽村駅西口土地区画整理事業会計へ3億3,585万7,000円を繰り出し、市民の合意が不十分なまちづくりを進めようとしています。また、土地権利者の会への補助金30万円も問題があります。現在の道路を極力活かしたまちづくり計画に見直すことを求めます。そうすれば、福祉、暮らし、教育、環境など市民ニーズに応えた施策のさらなる前進ができるということを指摘をしたいと思います。
 以上、市民のニーズに応じた評価できる施策がある一方、認められない税金の使い道が含まれており、本予算の認定には賛成できません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかにありますか。富永委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(富永訓正) 議案第1号「平成27年度羽村市一般会計予算」に、公明党を代表しまして、賛成の立場から意見を述べさせていただきます。
 平成27年度は、平成24年度を初年度とした10カ年にわたる第五次長期総合計画の前期基本計画5カ年の4年目にあたり、計画の仕上げ段階となるとともに、平成29年度を初年度とする後期基本計画の策定に向けた準備に着手していく大変重要な年となり、着実な計画の策定とその実施が肝要となります。
 平成27年度予算には、第五次羽村市長期総合計画及び実施計画に掲げられた事業をはじめ、平成25年度予算から具体的に盛り込まれた、市民生活の安全と安心、産業の活性化、市民生活の活性化、生涯学習の推進、地球温暖化対策の五つの重点施策をはじめとし、平成26年度予算から新たに都市基盤整備施策を加えた六つの重点施策の積極的な予算化が平成27年度予算にも盛り込まれ、評価できるものと考えております。
 そうした中、平成27年度予算では、羽村駅自由通路拡幅事業や羽村堰下橋耐震改修工事などの都市基盤整備事業、防災・減災事業などの普通建設事業、子ども・子育て支援新制度による事業など、市民生活の向上に直結する事業の充実により、前年度比10億1,000万円、4.8%増の218億9,000万円で、過去最大規模の予算となっています。
 歳入では、前年度と比較し、市民税での個人分は所定内給与が若干の増加傾向であることから、1%増の35億894万円を見込み、法人分は税制改正での影響があるものの、一部大企業の業績改善が見込まれることから、7年ぶりに10億を超える10億3,832万円と、前年度から54.4%の大幅増を見込んでいます。
 また、固定資産税は、家屋分の減価、設備投資の減少で、既存資産の減価償却などから1.1%の減、たばこ税は、喫煙者の減少が見込まれていて4.4%の減と見込まれるものの、市税全体では3.1%増の106億15万円で、3年連続での増加となっております。今後も、自主財源の柱である市税の安定は重要であり、健全な税収の確保へさらなる努力と工夫を望むものであります。
 市債では、借入額、市債残高の減少と基金繰入金の活用をはじめ、市税、地方消費税交付金の増などで、普通交付税が不交付になると見込まれるものの、税率引き上げ分が社会保障施策に充てられる地方消費税交付金の大幅な増、国庫支出金、都支出金も増加し、子ども子育て支援や公園整備事業などへの活用が期待されているところです。
 次に歳出では、子どもたちが日々利用する小中学校の通学路に防犯カメラを設置し犯罪抑止を図る、通学路への防犯カメラの設置事業をはじめ、災害時の避難場所となる学校体育館の非構造部材の耐震化工事及び学校への災害時仮設トイレ用汚水桝設置工事、羽村堰下橋耐震改修工事など、市民生活の安全と安心へのさらなる充実や、羽村駅自由通路拡幅事業、富士見公園整備事業などの都市基盤整備事業の推進をはじめ、庁舎太陽光発電システムの設置とスマート交通システムの構築、街路照明施設改修工事など、地球温暖化対策や産業の活性化、市民生活の活性化、生涯学習の推進にもつながる取り組みへの充実が見込まれています。
 そうしたことから、これまで私たち公明党が取り組んできたこれらの重点施策の具体的なものがしっかりと反映されている平成27年度の予算に対し、評価するものであります。
 しかしながら、地方創生に向けた課題は山積しており、今までにない発想の転換や意識改革、手法による安心・安全で活力あるまちづくりは急務であり、その取り組みへのさらなる推進を期待するとともに、羽村駅自由通路拡幅事業の店舗移転負担金の可能な限りJR側との減免交渉をはじめ、駅の安全性、利便性の向上についても、JR側との協議を進めていただくことを期待し、賛成の立場からの意見とさせていただきます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに意見ありませんか。門間委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(門間淑子) 議案第1号「平成27年度羽村市一般会計予算」に、反対の意見を述べていきます。
 27年度の歳入では、市民税個人分が35億894万円、法人税が10億3,832万円と、共に増加したことがわかりました。
 予算審査の中でも、平均賃金が0.8%増加したこと、市内中小企業も増収に転じた企業が増えていることがわかりました。法人税が7年ぶりに10億円を超えましたが、率直に喜ばしいことであると感じています。
 過去最大規模の218億9,000万円となった平成27年度一般会計ですが、住民福祉の増進が図られているかに着目し審査を行いました。
 27年度予算では、評価できる事業が多く見られます。市役所で太陽光発電がスタートすること、学校やスイミングセンターでも太陽光パネル設置に向けて設計が始まることは評価しています。
 また、課題となっていた羽村第一中学校のトイレが改修されること、富士見小学校、第二中学校も順次予定されていて、教育環境の改善が図られることは評価しています。
 就学援助費用に関しては、基準の引き下げを行わず、従前と変わらない援助体制としていることも評価しています。認証保育所利用者に対する保育料負担軽減補助事業や、広島平和啓発施設見学会、被災地支援事業など、先進的な次世代型事業もさまざま計画されていることは評価しています。
 一方で、羽村駅西口区画整理事業に一般会計から合計3億3,615万7,000円も繰り出していて、これには賛成できません。羽村駅西口区画整理事業をこのまま進めることは、人口減少を迎える羽村市の財政破綻を招きかねません。将来世代に負担を先送りすることにもなり、賛成できません。
 以上、評価できる事業も多いのですが、西口区画整理事業への繰り出しに反対、よって27年度一般会計予算に反対の意見といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。馳平委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(馳平耕三) 議案第1号「平成27年度羽村市一般会計予算」に、賛成の立場で意見開陳を行います。
 平成27年度は、第五次羽村市長期総合計画の前期5カ年計画の4年目という仕上げの重要な年であるとともに、羽村市が本格的な少子高齢化社会を迎える中、子ども・子育て新制度がスタートし、福祉の分野では生活困窮者自立支援事業、支援や介護を必要とする高齢者等に積極的な取り組みが求められています。
 また、社会保障・税番号制度に向けての体制構築など、現場は相当多忙化が予想されますが、それに向けて対応できる人材、環境整備が不可欠であると考えています。
 歳入では、市民税法人分が大幅に増加し、前年度比54.4%増となりました。大手企業のみならず中小零細企業の一部にも明るい兆しが見られているのは、市内の景気の下支えという面でも大きいと考えています。
 また、市民税個人分も、市内企業の好景気が牽引するという形で増加傾向にあるのは、市の財政にとっても大きなプラス要素となりました。
 その他の歳入では、地方消費税が約6億円の増を見込むことになり、普通交付税については不交付となりますが、自立した「みんなでつくる安心と活力のまち はむら」の創造のためには、望ましいことだと考えています。
 これまでの臨時財政対策の償還が気にかかりますが、今後も、不交付団体を目指して歳入の確保が重要と考えています。
 さて、歳出ですが、議会費は、現役については議員年金は既に廃止されていますが、議員共済負担金の増額等で約2億8,000万の増額となりました。
 総務費は、庁舎太陽光発電システムの導入、市史編さん、社会保障・税番号制度に対応するためのシステム改修、公共施設等総合管理計画の策定など、重要な予算が盛り込まれました。
 町内会・自治会の事業については、負担が大きいとの指摘が市民から多くあります。負担を減らす方向性も考えていただきたいと考えています。
 民生費は、子ども・子育て新制度の開始に伴う予算が増額となりました。市の果たす役割も大きくなり、担当者は大変だと思いますが、利用者が新制度により、より充実したサービスを享受できるよう、よろしくお願い申し上げます。
 また、生活困窮者自立支援、住居確保事業の実施、手話通訳者養成研修事業の実施、認知症高齢者の早期発見・早期診断の実施、グループホーム整備事業、介護予防機能の強化等、高く評価できます。
 衛生費は、西多摩衛生組合負担金、福生病院組合負担金などが減額となっています。懸案でもあった補助費の削減にもつながり、経常収支比率の改善にもつながると考えています。
 商工費では、ものづくり企業立地継続助成金、地域ひとづくり事業委託料などが計上され、中小企業の創業に向けての環境が整ってきたので、利用しやすい形で人材育成や販路拡大につながるようお願いいたします。
 また、イオンタウンが2年後出店という計画が示されました。市内事業者への影響、市内環境に与える影響、市内の雇用・財政への影響など、精緻な調査をお願いいたします。
 土木費については、羽村駅自由通路拡幅事業に予算が計上されましたが、高額で、JRのペースでの契約となったことは否めません。JRの電車の本数が削減される中で、市民にご理解をいただけるかどうか懸念がありますが、市民の利便性、安全性確保のために、この際全力を注入していただきたいと考えています。
 教育費については、建設費が多く予算化されていますが、生涯学習基本計画・後期基本計画の策定準備、学校図書館総合管理システムの構築、また特別支援教室の実施等、施策のあり方は概ね評価できます。
 ただ、父母、生徒の間にも不安の多い中学校の2期制のあり方、進路指導のあり方なども、保護者や生徒の意見を真摯に聞いていただき、上意下達ではなく、よりよいあり方を検討していただきたいと考えています。また、教師と児童・生徒が向き合う時間を多くすべく、事務作業の見直しなども求められていると思います。
 さて、羽村市は職住近接のまちとして発展してきました。雇用の安定は最も重要な課題だと考えています。まち・ひと・しごと創生分野が雇用の創出につながるよう、積極的な取り組みが求められています。
 また、オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都近隣市町村と協働しながら、受け入れ態勢環境の整備、国際化が求められています。子どもたちも、より多くの他文化に接する絶好のチャンスを活かせるよう、教育の分野でも充実した環境整備を期待いたします。
 予算の執行にあたっては、効率的な運用にあたっていただき、行財政改革に取り組んでいただくよう求めて、賛成の意見とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに。山崎副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(山崎陽一) 議案第1号、平成27年度予算に反対します。
 理由は3点。
 1.予算編成方針によると、「税収増などで不交付団体になり過去最高額予算となったが、今後の見通しは厳しい。扶助費、社会保障費の増加、公共施設維持補修費の捻出も課題である。人口減少、少子高齢化の中で、子育てしやすい環境整備や、企業が活動しやすい環境を創る」ということです。この方針には共感し、一定の市民サービスが確保された予算であることは理解します。
 2.ここ数年の羽村市の疲弊の原因は、行政目標のダブルスタンダードと考えます。昭和40年代からの急速な人口増加で建設された公共施設は更新時期を迎え、公共施設等管理計画では30年後の人口を4万人台と推計し策定されています。また、環境保全から市庁舎に太陽光発電設備を設置、電気自動車の推進などで、二酸化炭素換算値で年間23トンのCO2の削減を見込んでいます。
 一方で、総事業費370億円の西口区画整理は、将来人口7万という調査を前提に計画された膨大なハコモノづくりです。広い道路を造るため、1,000戸の移動・取り壊し計画ですが、1棟あたりの解体及び新築のCO2排出量は90トンとのデータもあり、膨大な環境負荷を課すことになります。
 3.こうした矛盾の中で、広い道路ばかりの街を造っても商店やサービス業は成り立たず、シャッター通りになるのは目に見えています。よって事業見直しを求めており、区画整理事業委託費の支出に反対です。
 事業に理解を得るためという土地権利者の会への補助金30万円は、必要性の検証、費用対効果など厳しく精査、真に必要なものだけを計上するという予算編成方針に反しています。とりわけ、今回、施行者が実施段階に入ったというならば、今後は権利者個人との協議であり、会への補助金支出は不要であり、削除を求めます。
 加えて言えば、今後、集団移転での意見集約などで協力を得るという答弁がありました。これは個人の権利者に対する団体としての圧力に権利者の会を利用することになり、絶対に許せません。
 以上の理由でこの予算に反対します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ほかに意見ありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 それでは、これより議案第1号「平成27年度羽村市一般会計予算」の件を挙手により採決いたします。
 本件は、原案のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
     [賛成者挙手]

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) 挙手多数です。よって、平成27年度羽村市一般会計予算は原案のとおり決定いたしました。
 お諮りいたします。本日の会議は、この程度にとどめ延会としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(小宮國暉) ご異議なしと認めます。
 本日はこれにて延会といたします。大変ご苦労さまでした。
                                    午後4時10分 延会