議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 羽村市

平成27年第1回厚生委員会 本文




2015.03.05 : 平成27年第1回厚生委員会 本文


                                    午前10時00分 開会
◯委員長(大塚あかね) おはようございます。定刻になりましたので、始めさせていただきます。
 ただいまの出席委員は6名です。定足数に達しておりますので、これより平成27年第1回厚生委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。
 日程第1、議案第16号「羽村市地域包括支援センターの運営及び職員の基準を定める条例」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 質疑を許します。質疑はありませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 昨日、ご説明いただきまして、従うべき基準と参酌すべき基準という2つのカテゴリーに分けられているというご説明がありました。この条例に関しては、従うべき基準に関して、3条にあたる職員に係る基準及び員数の部分ということが説明されているんですけれども、この従うべき基準というのも、1つに決められているということではなくて範囲が設定されていると説明がありました。この3条に関しては、法のほうでは、どういう範囲ということが定められているのかという点をまずお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(小机良博) 範囲というのは人数だと思いますが、ここに書いてあるとおり、基準も同じ同数となってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 恐らく従うべき基準が決められているというのは、ナショナルミニマムをそこで設定して、それ以下に基準が下がらないように法が担保しているという意味があると思うんですけれども。つまり、ここに決められている人数以上により手厚く配置をするということは、法では認められているのかどうか、そこをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) もちろん最低基準というような形ですので、これ以上の職員の配置というのは認められております。羽村市の場合においても、市役所内にある地域包括支援センターも、今年度から1名の保健師を増員しておりますので、そういう面では充実をさせております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) わかりました。その上で、あえて基準を厚く配置せずに国が示したどおりの数にしたという、そこの判断の基準をお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 福祉健康部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉健康部長(雨倉久行) 今回、条例で定めることとなりまして、今までもこの基準に沿ってやってまいりました。この3条にもありますように、概ね3,000人以上6,000人未満ということで、かなり幅がございます。これは、この幅がありますので、今回の石居議員の一般質問の中にも、地域包括支援センターの機能充実を急ぐべきではないかというような質問もございました。私ども高齢化率がどんどんどんどん上がっている中で、その増設も含めて、あと職員の増員も含めて、検討していくということでお答えしていますので、これからどんどん高齢化率、特に2025年問題が10年後に控えておりますので、その辺は増設も含めて考えていきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 厚くするのはもちろん大歓迎なんですけども、しかし条例で、これ以上という、決めたわけですよね。それを国の示したものと一致させたということの、つまり、羽村市は全ての基準を国の基準よりも厚く配置することにして、より機能を充実するんだということもできるわけですよね。そうしなかった理由です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(小机良博) 3条をご覧いただければわかるんですが、原則と概ねという形になっています。必要に応じて、例えば、昨年の4月ですか、羽村市は2カ所、直営が1カ所、あと委託が1カ所ありまして、委託のほうに3名、直営は昨年の4月に1名増員をしております。それと、あと新年度の27年度に関しましては、認知症コーディネーターと、あと介護予防機能強化支援員も1人、予算上は計2名増員しております。基準となるものは、ここの国が定めたものに則って、必要に応じて、例えば、認知症だとか、これから介護保険法が改正されまして、一般の相談というよりも非常にテーマが決まっています。その部分に関しましては必要に応じて増員をしていくというような、要は基準はどこかに置く必要があるわけで、国の基準に則るという意味でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかにありませんか。小宮副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(小宮國暉) この基準に定める条例の趣旨とかいうのはよくわかりました。今現在、現状でこれを当てはめていった場合に、もうそのまま条例化して、この4月1日からですか、これを基準にして動くということに関して、何か差し支えとか、そういうものが、何か課題みたいなものがありますか。そこら辺だけお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(小机良博) 今までもこの基準に則って運営しているわけでございますので、特にございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑はありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見はございませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより議案第16号「羽村市地域包括支援センターの運営及び職員の基準を定める条例」の件を採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ご異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり決定いたしました。
 次に日程第2、議案第17号「羽村市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例」の件を議題といたします。
 朗読を省略し、直ちに審査に入ります。
 質疑を許します。質疑はございませんか。鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) これと同様の条例はほかの自治体でも制定、設定されるということになると思うんですけれども、国の示した基準を自治体独自で数字なり文言を変えて定めた、あるいは定めようとしている自治体があるかどうかという、そこの情報を知りたいと思うんですけれども、お伝えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(小机良博) これまだ、これからですので、確定ではございませんが、記録の管理年数を5年とするところがあるかもしれません。それは確定ではございません。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 鈴木委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委 員(鈴木拓也) 31条の2項に定められているところでないかと思うんですけども、羽村市の場合は、国の示したとおりの2年間ということになっているわけですけども、これをもっと長くしようという自治体がある中で、羽村市は2年間で大丈夫だろうという提案になっているんですけど、そこの判断の基準、理由をお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 高齢福祉介護課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高齢福祉介護課長(小机良博) ここの記録に関しましては、平成24年度の地域密着型、昨日も条例の一部改正がございましたが、平成24年度に地域密着型サービスに関しまして同様に記録のものを羽村市としては2年としてございます。この5年とすることによりまして、今まで例えば、返還請求、介護報酬の給付関連の返還請求が出たときに、それが5年となる可能性があるんです。ただ、今までこの制度が開始以来、市として1件もないわけなんです。ですから、羽村市としては現段階では2年でいいだろうと。例えば、これを5年とすることによりまして、非常に情報、市の中でもそうなんですが、記録というか書類が非常に膨大になってくるわけなんです。今のところ、今までの年数を経ても、実際にそういう事例がないものですから、現段階では2年でいいだろうというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ほかに質疑はございませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 質疑なしと認めます。以上で質疑を終了いたします。
 これより意見の開陳を行います。順次発言を許します。意見はありませんか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 意見なしと認めます。これをもって意見の開陳を終了いたします。
 これより議案第17号「羽村市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例」の件を採決いたします。
 本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ご異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり決定いたしました。
 次に日程第3、「厚生委員会の閉会中の継続調査について」の件を議題といたします。
 お諮りします。
 委員長から議長に対し、会議規則第73条の規定により、お手元に配付の特定事件継続調査事項表のとおり、閉会中の継続調査の申し出をしたいと思います。これにご異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に日程第4、「その他」の件を議題といたします。
 その他の件で何かございますか。
     (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(大塚あかね) 以上で、本日の厚生委員会に付議されました案件は全て終了いたしました。
 本委員会の審査報告書並びに委員長口頭報告の作成につきましては、委員長にご一任願います。
 以上で、平成27年第1回厚生委員会を閉会いたします。お疲れ様でございました。
                                    午前10時13分 閉会