議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第4回定例会(第30号) 本文




2009.12.09 : 平成21年第4回定例会(第30号) 本文


                               午前9時46分 開議
◯ 議長(川島やすゆき君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第1、一般質問を行います。
 通告の16番、井川まちこさんの一般質問を許します。15番、井川まちこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 通告に従いまして、大項目3つにわたって質問させていただきます。
 初めに、連携保育所による家庭福祉員──保育ママの支援についてお伺いいたすものでございます。待機児童解消の応急的対策として、国において2000年よりスタートした家庭福祉員制度は、いわゆる保育ママと呼ばれているもので、保育士等の有資格者が自宅でゼロ歳〜3歳未満の乳幼児を預かり保育を行うものでございます。現状は、資格要件の厳しさ等が影響して、なり手が少なく、ほかにも本人が病気になったり、突発的な予定ができたときに預かっている子供さんをどうするか等々、簡単に休めないという精神的負担が大きいことも問題になっております。こうした中で、保育ママを支援するための制度として、連携保育所があります。これは、保育ママが休暇等で保育できない場合、保育所がかわりに保育を行うもので、預けているお母さんたちの不安解消につながりますし、保育ママも安心して保育ができる心強い制度だと考えます。
 そこで、(1)、本市における保育園の待機児童の現状と、解消に向けての現在の取り組みについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 認可保育所における待機児童数の現状につきましては、11月1日現在で124人となっており、昨年11月1日現在の126人に比べ2人減となっております。待機児童解消に向けての取り組みにつきましては、公立保育園での保育士の確保による定数の弾力化、家庭福祉員の利用促進、認証保育所の新設について、特段の取り組みを行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 特段の取り組みを行っていただいているということで、評価したいと思います。本年6月議会の折には、公明党の大久保議員が一般質問をし、また今回もほかの議員も待機児童の解消については質問されておりました。それだけ市民の皆様の切実な声が多く寄せられているということの証左だと考えます。6月の折の回答どおり、その後、保育園で臨時職員を増員し対応していただいたことは、評価させていただくものですが、今なお問題解決には至っておりません。本当に切実な問題であります。
 先日も、1歳のお子さんをお持ちのヤングママたちから多くの意見・不満の声をちょうだいいたしました。「仕事を探して面接に行くと、子供さんを見てもらうところは決まっているのかと尋ねられ、まだ決まっていないと答えると、仕事を断られる。市に相談すると、高くてもとにかく認証保育園に入れて、仕事をしているという実績をつくらないと、保育園は難しいと言われる。主人の収入が減り、生活が大変で、働くしかないという状況で、窓口に相談に行ったのに、収入の少ない家庭への配慮がない」と。ゆったりとした時間の経過の中で取り組むというような問題ではありません。一日も早い待機児童解消をよろしくお願いしたいと思います。
 次に、(2)、本市における保育ママの現状と今後の取り組みについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 家庭福祉員──いわゆる保育ママの現状についてでございますが、現在2人の家庭福祉員がおり、ゼロ歳〜3歳未満の乳幼児を定員いっぱいの6人お預かりしております。今後の取り組みでございますが、年度当初からの利用がふえるよう、今般創設した利用料助成制度の周知を含め、家庭福祉員制度の利用促進を図ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 保育園に比べ少ない初期投資で待機児童を減らせる手段として注目を集めた保育ママで、国も2000年度より補助金を出し後押しをしていますが、実際には全国的に保育ママも利用児童も人数的には伸び悩んでいるのが現状のようです。その背景には認知度の低さがあると考えます。それでも、子どもの領域研究所の所長は、「情報不足から保育ママに誤解や不安を持つ親が多い」とした上で、「3歳ぐらいまでの子は、保育者による密接なケアを受けることが望ましい。保育ママはそういう意味で効果的な仕組みだ」と評価しております。また、こども未来財団が2005年に実施した調査では、保育ママの利用者の8割が「保育ママに非常に満足」と回答しています。専門家は、保育ママの普及には、預ける親に十分な情報を与え、不安感を解消することが不可欠と指摘しております。保育ママをふやし、と同時に安心して利用していただける環境づくりも重要ということになるわけです。利用促進を図っていくということですので、次に移らせていただきます。
 (3)、なかなかふえない保育ママ人材確保のために、大阪市では2007年度から、マンションの一室などで保育ママが子供を預かる仕組みを導入しました。豊島区でも、施設を2カ所用意し、さらにNPO法人と提携し、保育ママの人材紹介や育成ノウハウの提供を受け、保育ママの確保を推し進めています。私は、本市においても、さまざまに検討していただき、保育ママの確保に努めるべきと考えますが、見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 家庭福祉員制度は、家庭的な雰囲気の中で保育を行うもので、利用者の多様なニーズにこたえることができるため、市としても重要な施策と認識しております。市では、今後も制度の利用促進を図るとともに、御提案の方法も研究しながら、家庭福祉員になっていただける方の確保に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 先ほど申しましたけれども、豊島区では、1施設につき3人の保育ママが計9名の子供さんを預かっているそうであります。利用者の評判もいいようで、国あるいは東京都の補助金を活用して、いろいろな角度での努力をお願いしたいと思います。
 次に移ります。(4)、預ける側、預かる側のどちらにも安心できる保育の提供のために、連携保育所は非常に有効と考えます。市川市においては、市内の公立保育園をすべて連携園と認定し、事業の展開を図っています。ぜひ取り組んでいただきたいと考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 連携保育所とは、市が委託して、家庭福祉員に対して育児・保育に関する技術的な支援や、家庭福祉員が休暇を取得する際の代替保育などを行っている保育所でございます。これまでの家庭福祉員制度に加え、国の家庭的保育事業に倣い、本年度から東京都でも制度化されたものでございます。本市におきましては、今後の家庭福祉員制度の拡充状況などを踏まえて、導入の可能性を研究してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 私は先日、人口およそ46万1,000人の千葉県市川市の家庭福祉員制度の取り組みについて伺ってまいりました。保育ママ要件を保育士・看護師と限定せず、一定の研修を受講した無資格者も保育ママと認定し、希望するすべての人が子供を預けて働くことのできる社会の受け皿の一つとして取り組んでおられました。まずは、すべての公立保育園を連携保育園と認定し、園長・主任の経験者が保育ママの指導員として巡回指導をしながら保育ママの孤立化、また密室性の解消に努める、さらに保育の質の確保のために豊富な研修会・懇談会等を開催し、全面的に保育ママのバックアップの体制をとっていらっしゃいました。そうすることで、保育ママも、当初3名だったそうでありますけれども、現在13名にふえ、現在19名のゼロ歳〜3歳のお子さんを保育ママに預けられているそうであります。平成22年度中には保育ママを20名にまでしていきたいということでありました。
 予算のかかることですから、大変と言えば大変でありますが、国・東京都の補助制度もあるはずです。先日、毎日新聞の世論調査で興味深い結果が出ていました。少子化対策として優先して実施すべき政策で、女性で「子ども手当などの経済支援」を挙げた人は10%と少数でありました。そのほか、「保育所の整備」25%、「子育てしやすい職場づくり」30%、「産科・小児科医療の充実」26%でありました。数字で見る限り、経済支援より体制支援に重きを置いた結果でありました。お金も必要だけれども、それ以上に子供を無事に育て守る体制を一日も早くつくってほしい、これが世の女性の強い主張だと考えます。どうかこうした声もどんどん国なり東京都へ上げていただきながら、連携保育園の導入の可能性をしっかり研究していってほしいと切にお願いいたします。
 保育ママの拡充のために、保育ママの働きやすい環境づくりは、まず何よりも重要な第一歩であります。さきに紹介しました市川市がこの施策を充実させているのも、そこを大切にされているからではないでしょうか。どうか先進市を参考にしながら前進していってくださいますよう、よろしくお願いいたします。
 それでは、2番に移らせていただきます。肺炎球菌ワクチンの公費助成についてお伺いいたします。市は、任意の予防接種であることから、公費助成については、国・都の動向を見守るとの姿勢で今日に至っているわけですが、東京都は2009年度からワクチン接種を実施する区市町村への補助を決めました。医学的にもワクチンの一定の効果が認められ、副作用の発生率についても極めて低いとの報告がなされるなど、公費助成への環境は整ってきていると考えます。高齢者の健康増進と疾病予防による医療費削減のためにも、肺炎球菌ワクチン接種への公費助成の具体的検討を進めるときがいよいよ来たとの観点から、以下の点を伺います。
 (1)、市内の65歳以上の高齢者の肺炎球菌ワクチンの任意接種率はどの程度か、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市内の肺炎球菌ワクチンの任意接種率につきましては、医療機関において取りまとめられていないことから、把握はしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 公明党は長年、女性の健康支援を訴えてまいりました。そうした中、本年、政権が変わる前に補正予算で子宮頸がん・乳がん検診の無料クーポン券配布が決まり、稲城市においても実施される運びとなりました。
 実は私も対象者でありまして、先月末に自宅へ郵送されてきました。しっかり検診を受けたいと思っております。それはそれとして、私はがん検診を一人でも多くの方にぜひ受けていただきたいということで、平尾・坂浜を中心に歩かせていただきました。その中で、対象者の方が、特に平尾団地は高齢者の方が非常に多い団地でありますが、がん検診は60歳までなのです。そうすると、ほとんどの方が今回の無料クーポン券の対象になっていらっしゃらないという地域がすごくありまして、その地域の中でさまざまな高齢者の方々の声をいただきました。「がん検診対象ではない私たちは、今高い接種料を払って肺炎球菌ワクチンの接種をしている。がん検診も大切だけれども、私たちは肺炎球菌ワクチンをもっと安くしてほしい」という声を数多くいただきました。健康を心がけて、ほかを節約して接種している方もいらっしゃいます。したくても高くて我慢している方もいらっしゃいました。掌握されていないということですが、そういう市民の皆様の声をきちんと知っていただきたいと思います。
 それでは、次にまいります。(2)、市内に肺炎球菌ワクチンの接種を実施している医療機関は何カ所あるか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市内に肺炎球菌ワクチンの接種を実施している医療機関は、今般医師会へ照会したところによりますと、小児科及び内科を中心に18カ所でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 確認させていただきますが、市内のどこでも身近なところで肺炎球菌ワクチンの接種はできるということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市内全般に広がって、医療機関で実施しているという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) では、それを受けまして、(3)に移ります。インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの両方を接種すると、さらに大きな効果があるとのデータがありますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 高齢の慢性肺炎疾患患者にインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの両方を接種すると入院死亡を減らす効果があるとの海外の報告がございますが、こうした症例の解釈は医学的見地から判断されるべきものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 国の予防接種に関する検討会で、ワクチン併用の有用性に関するさらなる医学上の根拠が必要との前置きはありますが、重症化予防効果あるいは治療に要する医療経済的な効果については評価するとの見解が示されておりました。肺炎球菌ワクチンは、インフルエンザとは異なり、一度接種すると5年間有効とされ、現在日本では生涯で1回の接種でいいとされております。この点においても、高齢者医療の治療中心から予防の重視へと転換されていく中で、予防によって医療費が圧縮されるわけです。
 そこで、肺炎球菌ワクチンの接種についてですが、(4)に入ります。公費助成した場合の予算を、全部助成の場合と一部3,000円の場合で、65歳以上と70歳以上の例でお示しください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 公費助成した場合の65歳以上の例では、平成21年10月1日現在の人口1万3,620人をもとに、接種率27.3%、接種単価9,500円とし、全額公費助成した場合にはおよそ3,500万円、また3,000円を公費助成した場合にはおよそ1,100万円を要するものと試算されます。また、70歳以上の例では、人口8,600人となり、全額公費助成した場合にはおよそ2,200万円、また3,000円を公費助成した場合にはおよそ700万円を要するものと試算されます。なお、接種率が高くなる場合には、さらにその費用は増加するものと考えられます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 肺炎球菌ワクチンの公費助成については、過去に我が公明党はもちろん、多くの議員が一般質問をされております。今回の議会におきましても、7日、8日、そしてきょう私と、立て続けに質問させていただいております。それは紛れもなく、数多くの市民の皆様の要望が強いということにほかなりません。
 昨日の新聞に、東京都町田市において、公明党の小磯善彦都議と6人の市議会議員が市長に対し、新型インフルエンザの助成を含む対策に関する申し入れを行った記事が載っておりました。我が稲城市は、26市に先駆けてインフルエンザワクチン接種の助成をスタートさせ、高く評価するものであります。その優秀な市行政が国・都の動向を見るとの回答を続けているのは、残念で仕方ありません。
 調べましたところ、西東京市においても、本市と同様、長い間、もし法改正が行われ予防接種法の対象となれば検討するとの答弁が繰り返されていたそうであります。しかしながら、本年10月1日より西東京市におきましては、75歳以上の高齢者を対象に、接種費用のうち3,000円を市が助成するという支援策がスタートしました。先ほども申し上げましたが、都議会公明党の推進で、東京都は2009年度から区市町村に対する包括補助事業の中に肺炎球菌ワクチンの接種を新たに加え、実施する区市町村の負担分の半分を都が補助することになりました。西東京市の公費助成の追い風になったのだと思います。
 本市において、例えば70歳以上の3,000円の公費助成の実施で約700万円必要との試算を伺いましたが、1人1,500円の東京都からの補助が受けられれば、さらに市としての負担は少なくなります。先日の他の一般質問に対しまして市長は、行政改革はそれ自体が目的ではない、そこからさらに市民サービスの向上につながっていくとの答弁をされておりました。まさしくそのとおりだと私も考えております。さすが市長と拍手をしたくなりましたが、その思いをぜひ肺炎球菌ワクチン接種の公費助成に向けていただきたいと心より念願するものであります。
 ということで、次に移ります。3、図書館のパブリックコメント支援についてお伺いいたします。パブリックコメントとは、言うまでもなく、広く公に意見・情報・改善案等を求める手続のことであります。2005年6月の行政手続法の改正により新設され、当然、国には法的義務が生じております。地方自治体には適用されておりませんが、市民の皆様の意見を市政に伝える手段としては重要であり、さまざまな機会に広くパブリックコメントを実施していくことが大切と考えます。しかし、現実には、1、機会を逃している、2、十分な情報を持たない等々の理由で、市におけるパブリックコメントもまだまだ十分とは言えない状況と考えます。そこで、以下について伺います。
 (1)、パブリックコメントについての市の認識と現状について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) パブリックコメントにつきましては、市の基本的な計画案などの計画策定段階や政策形成過程で広く市民の意見を聞く機会を設け、出された意見等を活用し、計画としてまとめていく意見公募の方法と考えております。市がこれまで実施した意見公募の例といたしましては、iプラザや(仮称)健康プラザなど、主要建築物の基本計画や食育推進計画、障害福祉計画、環境基本計画などの各種計画の策定・見直しの際に実施しております。今後とも、市民参加のまちづくりを進めるため、意見公募という手法を積極的に採用してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 平成19年度の第1回定例会の代表質問に対し、市長は、「意見公募の方法の一つとしてパブリックコメントを実施してまいりたい」と決意を披露されておりました。また、その回答の中に、ただいまお答えいただいた以外にも、国民保護計画素案、(仮称)健康プラザ基本調査や障害福祉計画案についても意見募集されたとの話もあり、取り組みについて評価するものであります。しかしながら、具体的には、広報いなぎ、ホームページ、平尾・若葉台出張所、各文化センター等で意見募集しているわけですが、まだまだ多くの市民の声が集まっているとは言いがたい状況だと私は認識しております。
 そこで、次にまいります。(2)、鳥取県立図書館において、県が募集するパブリックコメントについて、関連する図書館資料・インターネット情報等を紹介し、県民の意見投稿を支援する事業をスタートしていました。本市においても、年間35万人を優に超える利用者が出入りされる中央図書館、また各文化センター内図書館です。新たな図書館の使命として、パブリックコメント支援の実施を提案するものですが、見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 市のパブリックコメント募集に際しましては、図書館では、主管課の依頼に基づき、情報コーナーにてパブリックコメント募集を添付資料とあわせて広く市民の皆様にお知らせするよう努めております。関連情報などを提供するさらなる支援サービスにつきましては、担当部署との連携のもと、事業内容・募集情報を把握することが必要となります。今後、その仕組みづくりなど、先進図書館の取り組みを参考に研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 検討していただくということで、ぜひお願いしたいわけですが、私は今回の一般質問に先立ちまして、鳥取県立図書館を視察させていただきました。皆様御存じだと思いますが、無類の読書家で図書館大好き人間の片山前鳥取県知事の影響もかなりあるようで、図書館として何ができるのかという課題に真剣に取り組む中でこのパブリックコメント支援事業がスタートしたということであります。まず、関連情報を提供し、投票できる場所を館内に設置することで意見の投稿しやすい環境をつくるという県民へのサービス、次に、内容の充実した意見がふえることで政策が充実するという主管課へのサービス、3つ目に、意見が幅広くふえることでパブリックコメントの充実ということで、しっかりサービス、また目標を明確にしての取り組みであります。
 お答えの中で、担当部署との連携のもと、事業内容・募集情報を把握するための仕組みづくり等を検討するとありましたが、例えば市と図書館とのホームページのリンク設定等でスピーディーに情報を共有することは可能ではないかと考えます。その点の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) このことは、まず主管課による積極的な取り組みが前提となると考えます。図書館といたしましては、それを受けて、効果的な支援サービスをしていくために、主管課との連携は欠かすことができないものと考えます。先ほども申し上げたところでございますが、仕組みづくりにつきましては、情報の共有はどのように行ったら可能なのかということも含め、今後、関係部署と協議のもと、研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) ちなみに、そのほか、館内関連資料配置マップの作成とか、関連情報リストの作成とか、さらに図書館の利用者に広く多くパブリックコメントに参加していただくために創意工夫していただいて、充実したパブリックコメント支援をお願いしたいと思います。
 以上で一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、15番、井川まちこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 通告の17番、中村みほこさんの一般質問を許します。13番、中村みほこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 本日は、大きな項目3つについて順次質問させていただきたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。
 まず大きな項目1、ふれあいセンターを拠点とした出前サロンの開催についてということで伺ってまいりたいと思います。
 1)、未設置地区での出前サロンの開催について。高齢社会を迎えるに当たりまして、地域の人たちのコミュニケーションはますます重要になってまいります。地域の中での孤立を防ぐには、まず人との出会いの場が不可欠であります。自発的な活動に結びつけていくきっかけづくりとして、出前サロンの開催も有効と考えます。市の考えをお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) ふれあいセンターは、地域の住民による福祉活動の拠点として、稲城市社会福祉協議会が設置し、ボランティアの方々の協力により運営しているものでございます。現在、市内6カ所に設置しているところでございます。御質問の未設置地区での出前サロンにつきましては、地域のニーズや社会福祉協議会の意向なども踏まえ、その必要性の確認をしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ふれあいセンターについては、再三質問させていただいているところなのですけれども、孤独を感じているような人たちが本当にふえている、ほうっておけないような人たちがふえているといつも感じています。というのは、先日、平尾で高齢の介護の家庭の方の悲しいことがございました。こういった事件も考えますと、地域の中での人と人との触れ合いといったものをもっともっと積極的につくる場というものを市としても進めていただきたい。このために地域の中の出前サロン。市がやるのは大変だというのはわかります。向陽台のふれあいセンターも、大変な努力をされてできました。こういったことをもっともっと広げていくためには、市民の力もぜひ呼び込んでいく。市民の人たちが自分たちでつくり上げるというところを実際に活動として組み立てていただく。こういったことを進めていくためには、やり方とか運営の仕方といったものをまず体験していただくことが必要ではないかと思うのです。昨年の6月に秋葉原での通り魔事件がありましたけれども、こういった青年の携帯サイトに「だれもおれのことを考えてくれない。だれも自分を必要としていない」という書き込みがあったということです。この事件などに見られるように、たとえスーパーとかデパートなど、まちの中にいても、だれからも関心を持たれていないという孤独を感じている人たちは、若者に限らず、高齢者に至るまで、たくさんいらっしゃるのだと思います。子育て中の母親の孤立感や、高齢者や障害者の介護の家族の方の孤立感も深刻になっているのだろうと思います。虐待や自殺にまで至ることが現実に私たちの身近にあると認めなければならない事件だったと思っています。ここでお悔やみを申し上げるとともに、二度とこのようなことが起きないように、私たちは最善の努力をしていかなければならないと、改めて深く感じたところであります。かかわっていらっしゃった方、例えば御近所の方々も、きっと同じ気持ちになられただろうと思っております。
 家族がいても、介護される側、看病する側、される側、障害を持っている人の家族など、体力・気力がなくなってくると、担っている責任感から、離れることができないという重圧を感じて、精神的に疲労してしまう場合もあります。長峰や若葉台地区はまだ若い世代が多いところですが、年齢に限らず、地域の中で他世代との人間関係をつくるきっかけの場を求める要望をいただいております。人と人がつながるには、まず出会うことが必要であります。特に新しく移り住んでいらっしゃった市民の方々にとっては、心の支えになる知人・友人が欲しいと思っても、すぐにできるようなものではありません。子供が大きくなってしまったり、高齢で移転してきた方もたくさんいらっしゃいます。特にそういった方々にとっては、孤独ということが大変心の中にあるのではないかと考えます。対象を限定しない、たまり場のようなふれあいセンター、これをまず体験していただいて、よさを知っていただければ、自発的な活動につなげていけるのだろうと思っています。市がニーズを調査するということでありましたら、積極的にその辺の高齢者だけではない全体的なこういった場所の必要性については、しっかりとニーズ調査をやっていただきたいと思っています。私たちのところにはそういう要望が確かにあります。そして、他世代、小さいお子さんをお持ちの方々からも、高齢の方と触れ合いたいといった要望もいただいております。ですから、市が率先して呼びかけていくことについて、市の考えを伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現在、ふれあいセンターでは、近隣の方の御協力などをいただきながら、孤独を感じている人に限らず、地域の触れ合い、縁側としての機能を果たしていただいているところでございます。遊びに行ける、あるいは気軽に相談を受けることができるとか、さまざまな地域の触れ合いの場というところで機能を果たしていただいているところでございます。御提案の出前サロンの必要性ということについて、現行で設置しているふれあいセンターは毎日開催ということではございません。まだ日にちに多少余裕があるだろうということもありますので、果たして出前サロンが必要かということを含め、その必要性については確認してまいりたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) そこに常設するのは大変かと思います。ですから、出前ということで、まず体験していただいて、こういう場所はどうですかということで、ぜひやっていただければと思っています。
 次に移りたいと思います。(2)、集会所や空き店舗などを活用した出前サロンの開催についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 地域の集会所や空き店舗などを活用した出前サロンの開催につきましては、地域のニーズや社会福祉協議会の意向などを踏まえ、その必要性の確認をしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 集会所や空き店舗、ほかには例えばマンションの空き室であったり、二世代住宅の不用になった部屋であったり、どんなところでも構わないと思うのです。身近なところに点在しているということが必要ではないかと思っています。高齢者の方だけの家庭になったり、単独で暮らしていらっしゃる高齢者の方などは、部屋が余っていれば、自分の見守りにもなるわけです。そういったところに提案して呼びかけていく。部屋が余っていると思っても、自分ではそこまではなかなか考えが行き着かないのだと思うのです。こういったきっかけということで、市が呼びかける。先ほどニーズ調査もしていただくということでしたけれども、こういうものは本当に必要であると感じたときには、そういうことまでしていかなくてはいけないのだろうと思うのです。実際に社会福祉協議会が設置しておりますけれども、運営費は市から出しているわけで、こういった場所を必ず社会福祉協議会が立ち上げなければならないというわけではありません。市民活動のきっかけづくり、そして場所の確保といったことについては、市が支援していかなくてはならないと思います。
 先日私は目黒区のNPOが運営しています子育てカフェのジジハウスというところを見学してまいりました。ここは赤ちゃんの居場所でした。稲城には子ども家庭支援センターがあるのですけれども、芋の子を洗う状態でとても大変だと思うのですが、ここは民家の1階部分をすべて、365日開放していらっしゃるのです。たったひとりで2階に住んでいらっしゃるということで、下を開放して、そこに子育て中のお母さんたちがやってきて、そこで友達をつくったり、相談活動もいろいろとやっているのです。精神保健福祉士、保健師、保育士、臨床心理士、いろいろな方がここにスタッフとしていらっしゃって、何かあったときには相談を受けて、ちゃんと関係機関にまでつなげていくといったことをやっていらっしゃいました。半年間で600組がここにいらっしゃったということです。月に100組の方が訪れて、ここで一日遊んだり、半日過ごしたりされたということなのです。そういったところに行政はちゃんと施設整備費として100万円を補助しているのです。これは区でやっている子育てカフェ事業というものです。運営費用として年間20万円を3年間補助するというものを立ち上げて、それに応募して、この4月から始められたばかりなのです。
 そういった場所をいろいろな人が求めている。幸いにも稲城のふれあいセンターは高齢者だけの居場所ではありません。赤ちゃんを連れた方でも子供でも高齢者でも集えるところということで、6カ所あるわけです。こういったところでしっかりと市民の方々がそういった使い方をしていくということもできるわけなのです。でも、ふれあいセンターというと、高齢者の居場所ではないかと感じている方がたくさんいらっしゃいます。私が向陽台の中で、こういう場所がここにありますと言っても、高齢者の人ばかりが集まっているのではないかと考えて、なかなか足を向けられないような方もいらっしゃるように思います。市としては、子供との触れ合いもできるような場所だということをしっかり広報して支援していただくということも必要ではないかと思っています。身軽な若い人は、稲城市には子ども家庭支援センターは1カ所しかありませんけれども、遠くからわざわざいらっしゃっています。でも、高齢者になると、ふらっと立ち寄れるような小さな出前サロンのようなものが身近にあることが必要ではないかと考えます。地域の中での支え合いのきっかけをつくる場として有効だと私は思っています。災害のときであっても、何かしら困ったときであっても、地域の人たちに一緒にいてもらえるということがまず心の支えになるわけで、そのきっかけづくりは市として率先してやらなくてはならないだろうと思うのです。そこで、ぜひやっていただきたいと思うのですが、社会福祉協議会に限らず、こういった場所を市民の方につくっていただくためには、市の支援が必要だと思っています。先ほど申しましたように、特に稲城市は新住民がどんどんふえている自治体ですから、市民同士のいい人間関係は日常の生活からだんだんと深くなって、心の支えになっていくということだと思います。市としてもっと積極的に市民に呼びかけて支援していくことが必要ではないかと思います。こういった場所づくりということを進めていらっしゃる方も少しずつ出てきています。でも、これをしっかりと評価して全体的に広げていくといったことについては、市が何らかの支援をしていかなくてはならないだろうと思います。広報にしても、あるいは金銭的なものにしても、いろいろな支援の仕方があると思うのですけれども、市はこういった居場所づくりについてどういった考えをお持ちなのか、支援についてとその考えについて、しっかり伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 御提案のとおり、社会福祉協議会に限らず、市内の資源を使うなり、民家を使うなり、あるいは地域の拠点などをおつくりいただいて、自主的に触れ合いサロン的な運用をされている団体もございます。また、高齢福祉では介護予防的な事業を交えた民家活用ということも実際に市内では行われているわけでございます。孤独の解消が叫ばれている中では、あらゆる市民が触れ合う場というものは非常に重要であろうと思っておりますので、そういった面から、広報紙などがある場合にはそういったものを市の窓口に置くなどして、そういった施設の存在を広く知っていただくといった支援もあるかと考えているところでございます。いずれにしましても、市民みずからが活動していただくということについては、いろいろな形があろうと思っておりますので、ふれあいセンターの出前に限らず、市民の触れ合いの場ということのニーズについては調べていきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ、ニーズをしっかり調査していただいて、支援が必要となる場合には、率先してやっていただきたいと思っています。
 次に移りたいと思います。大きな項目2、相談事業の拡充についてお伺いします。心のケア相談窓口の設置について。近年の精神疾患の急増を見ても明らかなように、潜在的に心のケアを必要としている人たちがふえています。予防対策を含め、心の健康づくりに早急に取り組むべきと考えております。福祉施策の縦割り制度の谷間にある人、また障害を持たない市民が抱えている心の問題を早期に解決につなげていくことが、予防にもつながるものであります。心のケアを求める市民が気軽に相談できる機能として、専門職を配置した相談窓口の設置が必要と思っておりますけれども、市の考えをお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 心のケア相談は、南多摩保健所が中心となって実施されているところでございます。これに加え、市では、心のケアが必要な相談者に対応するため、窓口を担当する障害福祉課や健康課では保健師を、社会福祉協議会では精神保健福祉士を配置しているところでございます。相談内容によって、医療的なカウンセリングが必要であれば、専門的な知識を持っている医療機関を紹介し、また障害福祉サービスが必要であれば、市の保健師などが相談に対応することとしているところでございます。専門職を配置した相談窓口の設置につきましては、既に保健師や精神保健福祉士を配置した窓口相談を実施しておりますので、心のケアを求めている市民が気軽に相談していただけるよう、PRに努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひPRには努めていただきたいのですけれども、ネーミングに大きな効果があるのではないかと考えているわけなのです。町田市には「こころのケア相談窓口」というものができています。「こころのケア」というネーミングのように、何かしらの悩みを持っているとか、あるいはその御家族であるとか、いろいろな場合にまず取っかかりとして相談しやすいところが必要ではないかと考えています。もちろん、ケア相談を南多摩保健所とか社協とか障害福祉課でやっていらっしゃるのは存じています。その広報は私も見ておりますので、わかりますけれども、では本当に障害があるのかどうか、あるいは自分自身が本当にうつになっているのかどうか、その辺では、まず「障害福祉課」とあるだけでひるんでしまうようなところもあるのではないでしょうか。それでは南多摩保健所まで出かけていくかといったら、よほど確信がない限り、なかなかそうはいかないところもあるかもしれない。そういったところで、「こころのケア」という言葉が、この言葉が、ふとしたときに電話して聞いてみるといったきっかけづくりにもなるのではないかと思うのです。
 例えば、昨年私が平尾の介護家族の方のところにたまたま伺ったときに相談されたのは、認知症を抱えた家族のことについての悩みでしたけれども、実際に伺っていると、この家族の御当人のほうが多分参ってしまうと私は思いました。この方はとても疲労されていると感じたものですから、何とかしないといけないということで、たまたまケアマネジャーさんも入っていらっしゃるということだったので、ぜひ相談してくださいということを言いました。これは以前にもお話ししたことがあると思うのですけれども、それからしばらくたって、一応ケアマネジャーさんにお電話をしてみたのです。そうしたら、御家族からの御自身にかかわる相談は受けていませんということだったものですから、ちょっと心配になって、奥様のほうが心配なので伺ってくださいということで、またそこへケアマネジャーさんに一緒に行っていただいて、いろいろと支援をふやしていただいたということがありました。
 こういった御自身では気がつかないようなところ、あるいはだれかにちょっと聞いてもらいたいと思っている、不安になっているようなこと、それがいつでも受けられるような相談窓口が必要なのではないかと思ったのです。福祉施策の縦割り制度の谷間にある人で、御本人が支援を受けたいと言っているわけではなかったわけです。介護をされていて、そして介護の部分をもっとふやしていって奥様の休息をとっていただくといったことをしたのですけれども、こういった奥様自身の相談を受ける窓口もあっていいのかと感じたわけです。だれかが気にかけていること、これが大事ではないかと思うのです。たったひとりで介護を抱えているとか、看病を抱えているということだけではなくて、御自身が病気になっている場合などは、御自身が直面している困難といったものも聞いてあげることが必要だし、自分がどうしてこうなっているのかということをだれかに理解してもらいたいと思っている人はたくさんいらっしゃると思うのです。それは南多摩保健所なのか、あるいは障害福祉課なのか、社協なのか。そういったところではなくて、本当にちょっとしたきっかけ、相談して本音や本心を語ってみたいと思う人が気軽に相談できるようなところが必要だと思います。ひきこもりなどもそうです。不登校については教育相談所といったところもありますが、いろいろと心の悩みといったものも御家族の中にはあったりします。そして追い詰められて自殺を招くということも実際にはあるわけなのです。よかれと思っている支援が誤解の集積になっていくこともある。こういったことを考えると、早期に気軽に相談していただくような窓口というものをしっかりと標榜していただくことが必要ではないかと思っています。うつとか、大人の発達障害の方も、今いろいろと大変だということで、新聞でも報道されていたりします。アルコール中毒の方、また精神疾患でもいろいろな方がいらっしゃる。介護の家族の疲弊とか、そういったことで本当に相談できるような窓口として、ネーミングがとても大事だと私は思っておりますので、「こころのケア相談窓口」といったネーミングについてどのようにお考えなのか、その点を伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現在の相談窓口ではなかなか相談しにくい、つなぎにくいという御指摘だろうと思いますけれども、市民が気軽に相談できる窓口の表示ということも含めての御提案と理解させていただきました。私どもでは、そういった心のケアというものについては、なかなか複合的な問題があるのだろうと思っておりまして、個々の相談とすると、専門性の高いものがあるのかと思っております。しかしながら、多くの機関で兆しを発見し、専門の部署につなげるということは非常に重要だろうと思っております。また、そういった観点で、市民の方が気軽に相談できるような窓口としてのPRということについては努めてまいりたいと考えております。ネーミングという御提案ですけれども、できるだけ気軽に相談できるような表示ということについては、努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) いろいろなところに窓口があって、そういうものはこっちです、あっちですということではなく、まずいろいろなことを聞いていただいて、そして本当に専門のところが必要であれば、専門のところにつないでいただくということで、まずきっかけとなるような窓口、ここだったらすべて聞いてくれるかもしれないと思って相談できるような窓口が必要です。これは新たにつくってほしいと思っているわけではないのです。つくれれば、それが一番いいと思います。例えば、精神保健福祉士の方が電話をとるとか、あるいは臨床心理士の方が電話をとるとか、そういった窓口ができれば、もちろんそれが最善の方法だろうと思います。しかし、その前に、まず今やっているところをしっかりとそういったワンストップでできるような窓口にしていただきたいと思っているわけです。そこでまとめて受けて、そして詳しいところは分担していただくなり、つなげていただくなり、そういうことをしていただきたいと思っているわけで、ぜひ心のケアの相談窓口についてしっかりと考えていただきたいと思っております。
 それでは次に、大きな項目の3、精神障害者に対する正しい理解に向けた普及啓発の取り組みについて伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 精神障害者に対する正しい理解に向けた普及啓発については、社会福祉協議会内の地域活動支援センターや南多摩保健所において、うつと自殺予防、統合失調症の理解と接し方などの講演会や、人格障害の理解と支援、高次脳機能障害などの講演会を開催しております。また、社会福祉協議会の地域交流事業として、精神障害者のためのボランティア講座や、ピアカウンセリング事業などを開催しております。引き続き、広く市民に対し、精神障害者に対する正しい理解に向けた普及啓発活動を推進してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 精神障害といってもいろいろなものがあるわけです。アルコール中毒症の方もどんどんふえていると言われますし、先ほどおっしゃった高次脳機能障害といった障害を事故などから持たれる方もいらっしゃる。そして今いろいろと言われているようなアスペルガー症候群といった発達障害の方々も精神障害という枠組みの中に入れられているのです。
 私は、11月に町田市でいろいろな精神障害の方々の作業所に伺いまして、一緒に作業をさせていただいたり、あるいは就労継続支援A型とかB型、自立生活支援とか、いろいろな事業をやっているところをちょっと拝見させていただきました。私は、精神障害をお持ちの方々がどのように生活していらっしゃるのか、あるいはどういうことを考えていらっしゃるのかと思って、こういったところを伺ってまいりました。実際に作業なども一緒にさせていただきましたけれども、本当に丁寧に、まじめに一生懸命作業をされるのです。何についても、言葉遣いもとても丁寧で、私は、職場自体がこのような方々と一緒にできるのだったら本当に心が落ちついて仕事もできるのだろうと感じるくらい、とても穏やかで、一生懸命されているのを見てびっくりしました。私が公園の作業を一緒にさせていただいたときに、住民の方々にあいさつをすることで、いろいろな声をかけていただけるのです。「いつも御苦労さま」「大変ですね。頑張ってね」と言ってくださるわけです。そういったことだけでも啓発になるのかと私は考えました。こちらからちょっと声をかけてみるだけで、そこにかかわりができてくるわけです。いつもその公園を使っていらっしゃる方々からそういう言葉が出てくるのだろうと思うのです。無言で作業しているわけではありませんから、あいさつをするだけで、皆さん、ちょっと笑ってくださったりとか、そういった声をかけてくださったりする。これが地域の住民の方々の理解を深めていく啓発になるのだということを実感いたしました。
 ですから、そういった地域の人たちとかかわりやすいようなところに位置していくということも啓発の一つだと考えると、市の支援というものがそういうところにあっていいのではないかと思います。ただ広報していくとか、こういったものですという理解を深めていただくことももちろんあると思います。講演会を開いて大学の先生なりお医者様なりに講演していただくということもあると思いますが、実際にかかわっていただくということが一番の啓発になるのではないかと考えております。かかわってみなければわからないわけで、そういった啓発の仕方というものをぜひ市としても率先して何かしら考えてやっていただきたいと思うのですが、その啓発のあり方について伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 精神障害者そのものをいかに理解するかということも非常に重要なことでありまして、精神障害者とともに歩むボランティア講座など、また心のボランティアを始めませんかといった講座などを開催し、精神障害者の周辺の支える方たちあるいは一般市民なども含めた理解を促進するという講座も実施しているところでございます。また、そういった講座なり、あるいは精神障害者にいかにかかわるかという考え方、これは非常に精神障害者の生活の安定あるいは気持ちの安定ということにつながるということから、先ほど御提案のありましたあいさつ、声かけということも非常に重要だろうと思っているところでございます。市としては、市民に対して、精神障害者に対する接し方も含めて、広く理解を深めるような啓発というものにも力を入れていきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) いろいろな病気をお持ちの方にとっては、穏やかに暮らしていくということが一番必要だということもあるかと思いますけれども、いろいろな方がいらっしゃるので、接し方でも、一様には何とも言えないわけなのですけれども、まずかかわってみるということが本当に必要ではないかと思うのです。先ほど申しましたように、講演会とか、いろいろな広報をしていただくことももちろん必要ですけれども、実際にかかわれるような場所をつくっていただきたいと思うのです。私としては、町田市でのそういった場所の清掃作業といったものがそうだったと思っているので、こういったことからまた就労につながったりするのだろうと思うのです。これからは障害を持っていらっしゃる方の就労支援をどうしてもやっていかなくてはならないと思うのですけれども、就労できる人にとっては、地域の中で市民の人とかかわっていくわけですから、そういった練習といいますか、訓練も進めていかなくてはならないわけです。現在では、知的障害とか身体障害をお持ちの方については、見た目でもある程度市民の方が理解できるということで進めているところなのですが、精神障害をお持ちの方のつらさはなかなかわからないということがあるかと思うのです。そのためにいろいろな外圧があったりするのだろうと思うのです。それを乗り越えて就労に結びつけていくためには、きちんと一般の方々とのかかわりの場というものをつくっていくことが必要ではないかと感じているわけです。
 今、稲城の中では、そういったかかわるということが少ないと思っています。ですから、触れ合えるような場。実際に一緒の場にいて何かをしましょうということでなくてもいいと思うのです。ただ、もしかしたらいつもこれをやってくれていた人はそういう人だったのだということが何となくわかる、それだけでもいいと思うのです。例えば今申しました掃除でも、たまたま通った方は、ここで精神障害の方々が掃除してくださっているとは思っていらっしゃらないと思うのです。でも、いつかそういうことがわかるかもしれない。あるいは、知的障害の方々がパンやクッキーなど、いろいろなものをつくっているエイトピア工房もあります。町田では精神障害の方々がそういったこともやっていらっしゃって、それをお客さんに売ったり、お弁当をつくって売ったりもしていらっしゃって、実際にそこで市民の方とかかわることができるわけです。そういったかかわるということをどのように進めていったらいいのかということをぜひ市としても考えていただきたいと思うのです。私はこのようにかかわることが普及啓発につながると思うので、そういったことについてぜひ力を注いでいただきたいと思うのです。その辺のお考えだけ伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 精神障害者を含め、地域で活躍していただくという姿を市民の方に見ていただくということは、非常に重要でありますし、また就労支援にもつながると思っているところでございます。市役所の中でも、チャレンジ実習と称しまして、実際にその活動の場も提供させていただいたりしております。そういった意味で、そのかかわり合い方ということについては、市としても支援していく必要があると考えておりますので、そういった観点からも精神障害者への支援として進めてまいりたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、13番、中村みほこさんの一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午前10時56分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前11時10分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の18番、荒井健君の一般質問を許します。11番、荒井健君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今回は、不況対策と高齢者問題について質問させていただきたいと思います。
 まず最初に、不況の影響から市民生活と市内経済を守るための稲城市の取り組みについてであります。私がここで申し上げるまでもなく、リーマンショック以来の不況が市民生活と市内経済に影を落としています。国も都も政権が変わったり、与野党が逆転したりということがありますけれども、麻生政権であろうと鳩山政権であろうと不況対策が焦眉の課題であるということは否めないところであります。そこで、稲城市においても、国の補正予算等を受けていろいろな施策を進めているわけですけれども、その取り組みについてお聞きしていきたいと思います。
 (1)、今回の不況で職を失った市民の相談に敏速に対応する体制の拡充についてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、不況の影響などから職を失い生活困窮となった方などに対して、福祉的な観点から、専任の面接指導員が中心となり、生活支援、住宅支援など、多岐にわたり相談を受け、解決に向けて関係機関につなげるなどの対応を行っているところでございます。また、今般、国の緊急支援アクションプランに基づき、求職中の方々が安心して生活を送れるようにするため、国、地方公共団体など、関係機関が協力し、利用者が一つの窓口で必要な各種支援サービス、雇用・住居・生活支援の相談ができるワンストップ・サービス・デイを11月30日に試行実施したところでございます。市では引き続き、窓口での生活困窮者への親身な相談・支援を行うなど、適切な対応に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今、答弁がありました。10月23日ですか、雇用を含めた支援プランが国から出されて、その中でワンストップ・サービス・デイの開催ということも流れています。そういうことを受けて実際に既にやられているということについては、今お聞きしたとおりですけれども、内容、実績等について、どういう状況なのかということについてお尋ねしておきたいと思います。
 それともう一つ、私が経験したのは、例えば一人の人が生活、雇用、住宅、それぞれいろいろな悩みを包括的に持っている。いろいろな相談があるものですから、生活福祉課へ回したり、緊急支援の話をすると、貸し付けについては社協に行ってほしいとか、就労であればはつらつワーク稲城のほうへということで、ある意味では本当にワンストップではない。実際には、社協でお金を借りるにしても1週間かかってしまったり、敏速に対応できるという体制が不十分だと思っているのです。そういう意味では、今のワンストップ・サービス・デイの実績もさることながら、私としては、ある程度恒常的にこの期間、そういうシステムというか、コーディネートする窓口の担当者を決めてきちんと対応すべきではないかと思うのですが、そういう相談体制の考え方についてどうなのかということをお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) まず1点目のワンストップ・サービス・デイの内容、実施状況でございますが、11月30日に稲城市では、ハローワーク府中に出向きまして、所管となる府中市・調布市・狛江市・多摩市などとともに、就労支援に引き続く生活保護の相談などを担当したところでございます。ハローワークのほうでは、住宅の確保あるいは生活支援といったことについては直接所管がございませんものですから、就労支援にあわせて生活支援のサービスというものについて一つの窓口で対応していこうという取り組みでございました。その実績、実施状況でございますけれども、これは国全体で行われたものでございまして、全国の利用者数は2,404名と聞いております。また、東京都では全体で485名の方が利用されたと聞いております。また、私どもが出向いたハローワーク府中では24件の総合相談を受けたということを実績として聞いているところでございます。
 また、こういった恒常的な窓口を設けるべきだという御提案でございますけれども、今回は就労問題が重要な問題であるということからワンストップ・サービス・デイを実施したという経過がございますので、生活保護などの支援に限らず、今回のワンストップ・サービス・デイというものの実績を踏まえ、今後のあり方についても国のほうで研究し、自治体としてどのような対応ができるかを検討するということになるのではないかと判断しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 恐らく末端の自治体である稲城市の中での件数はそんなに想定できませんから、恒常的に担当者を1名配置してなどという話ではないのですが、少なくとも先ほど言ったように、稲城市の中でいろいろ相談に来た人が、例えばそれは社協ですなどということを含めてコーディネートしてちゃんと対応できるような体制はぜひ確立していただきたいと思います。
 次に、就労支援の拡充についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、生活保護や住宅手当事業の実施に当たり、日ごろより被生活保護者などの経済的自立を促進するため、ハローワークやはつらつワーク稲城などと連携をとり、生活保護就労支援員が中心となって就労支援に力を入れているところでございます。また、11月30日に実施したワンストップ・サービス・デイの試行結果を分析した上で、国・東京都・関係機関と十分協議を行い、今後の就労支援の拡充につなげてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 緊急経済対策の中でも、働きながら資格を取るということで、例えば介護事業者などについてそういう枠を拡大して支援していくといったこともあります。今、極端に言えば、公共事業からそういうところにシフトし直そうということもあります。そのようなことも含めて、その辺の対応と、もう一つは、率直に言って、この問題は6月にも聞いたのですが、実際に職を求めている人はたくさんいるけれども、なかなか求人がないということで、実績がなかなか上がらなくて、本当にお困りになっている。そういう中で東京都は、6月補正でしたか、たしか緊急雇用対策として1,600万円ということで、台帳整理とか街路樹剪定とか、そういうことをやって雇用を生み出すということをやりました。私は、緊急避難的にはそういうことが公共で用意されていかないと、実際にはなかなかできないのだろうと思っているのです。そういう意味からすると、先ほど言ったように、景気は改善されない。景気がよくなったと言われても、大企業がリストラをして景気がよくなるという形で、実際にはそういうツケが地域経済とか市民生活の中に押しつけられているというのが現状だと思って、事態としてはますます深刻だと思うのです。私もいろいろなところで商業者の方とか飲食店の方などと話をすると、本当にお客が少なくなったと。また、タクシーの運転手さんに聞くと、お客が3割ぐらい減ってしまっているということで、年金と併給されているタクシーの運転手さんは何とかなるのだけれども、タクシーだけでは生活できないなどということが言われている。そういう中で、いろいろな手を打たなければいけないけれども、中小企業は今自分のところを維持していくのが精いっぱいという状態です。そういう中では、例えばいろいろ言われている見守りとか、いろいろなことも含めて、6月補正で出したような緊急雇用対策、これは東京都の事業としてやったわけで、もちろん東京都や国とも連携しながらその辺をどうするかということもありますけれども、稲城市としてそういうことをどうするのかということは一つは考えたほうがいいのではないかと思います。その辺の見解についてもお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 雇用状況が非常に厳しくなっている中、今お話しいただきましたように、稲城市では本年度当初予算におきまして、東京都の緊急雇用対策事業でございます緊急雇用創出補助金を受けまして、高木の剪定をさせていただきました。また、6月補正におきましては、国の第一次補正予算を受けまして、緊急雇用創出事業、それからふるさと雇用再生事業の補正をお願いしたところでございます。公共事業を活用した就労対策ということでございますけれども、どちらかといいますと、稲城市は既に区画整理事業などによりまして他市と比べると多くの公共事業を実施していると認識しております。今後さらなる就労対策ということでございまして、そしてまた市独自の対策ということでございますけれども、基本的には、先ほど申し上げました緊急雇用創出事業あるいはふるさと雇用再生事業につきましては、3年間の事業となっておりますので、引き続きこれらの事業を実施して対応していきたいと考えております。また、今般、国の第二次補正予算も閣議決定したということでございますので、それらの状況も参考にしながら、今後の対応を検討してまいりたいと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) そういう意味では、もちろん稲城市独自でというよりは、国・都の動向を見ながらというのはわかるのですけれども、末端経済とか末端で市民を支えるという意味で、職を探しに行っても職がないというところで、緊急雇用というのは一定の役割を持っているかと思うので、連携をとりながらでもいいのですが、稲城市独自にも不況に対応するということでそういうことを事業として展開していく作業はぜひひとつ研究していただきたいと思います。例えば、今回の12月補正は、補正予算特別委員会でやる話ですけれども、ざっと見たところ、要するに最初の地方交付税では読み切れなかったことが1億5,000万円ぐらい出てきて、それで1億1,000万円ぐらいを財政調整基金に入れているわけです。そういう部分からすれば、本来そういうことも含めて、不況対策ということで手を打っていくということは必要なのだと思っているので、ぜひ市としての雇用関係の公共事業については前向きに検討していただきたい。これは要請しておきます。
 次に移ります。市の公共事業を市内産業の振興に役立てることについてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市が発注しております公共事業につきましては、早期発注及び前倒し発注などに取り組んでおります。平成20年度に発注いたしました工事契約件数86件のうち73件の約85%が、また受注金額では全体発注の約86%が、市内業者の受注となっております。また、区画整理事業や下水道事業を委託している新都市建設公社、稲城市内で実施している東京都の工事においても、市内業者の参入要請をしております。市では今後も、公共事業の早期発注及び前倒し発注などに取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) そういう意味では、今市としても一定の努力をしていただいているということについては私も認めているのですが、例えば市の公共事業を委託するという中で、実際に稲城市の中で展開されている事業が稲城市の業者に行っているのかどうかというのは、いつも課題になる話です。これについても新都市建設公社のほうに要請されて、稲城長沼駅の道路整備については、簡易型の総合評価ということで地元優先みたいなことがとられているということで努力されているということは、私たちも十分承知しています。問題は、今そういうことをやられていても、市内の商工を含めてかなり疲弊しているということは事実だと思うのです。そこで、稲城市としてもそういうことについてもっと配慮したような財政出動をするべきではないか。例えば、この前6月に取り上げさせていただいたときに、国の第一次補正予算の中で14兆円出てきて、そのときに地方配慮が2兆4,000億円近いお金があって、そのうちの1兆円は地方配分ということで、稲城市に1億9,000万円来る。あと1兆3,000億円は公共投資臨時交付金ということで、事業によっては出てくる。こういう話になって、そういうものを有効に使ってやってほしいという要請を6月にしました。起債をして9月補正をしたのですが、私は9月補正自体は反対できるような内容ではないことは十分承知なのだけれども、9月補正をよく見ると、1億9,000万円のうち1億5,000万円は、基本的に学校の地上波デジタルテレビを買うことに使ってしまったということです。そうすると、その1億9,000万円でどのような形で市内経済への配慮ができたのか。あのときの答弁ではたしか、事例集に基づいて各課でいろいろなことを検討させているという話でございました。なおかつ、稲城市は区画整理事業などを抱えていますから、公共施設建設基金などへ持っていくというのはある程度はやむを得ないと思うのですが、今、平成21年末ベースで50億円、財政調整基金が20億円、合わせて70億円です。27市の統計を見れば、例えば府中市とか武蔵野市とか、私たちが見ても本当に豊かなところに次ぐ位置にあるわけです。そういう意味からすると、やむを得ないけれども、こういう時期に、その中の1割でもいい、5%でもいいから、取り崩して緊急避難的に事業を展開したり前倒しをすべきではないか。例えばどういうことかというと、今回も第一調理場の話もいろいろ出ました。耐震化されていない。もし地震が起こったら、支援する拠点として位置づけているところ自体が危ないという話です。そういうこととか、中央文化センターの改修とか、第一小学校の改修とか、無駄な事業をやれと言っているのではないのです。基本的に稲城市として将来やらなければいけない事業があるとすれば、そのために公共施設建設基金を組んでいるわけだから、その事業を前倒しして市内業者なり何なりで展開していくというぐらいの姿勢があっていいのではないか。稲城市として本当にまじめに不況対策に取り組むという意味では、もう少し考え方をその辺にシフトして、市民を守る、市内業者を守るという立場で対応すべきではないかと感じるのですが、今後のことも含めて、その辺の考え方を教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) これまでの取り組みを含めまして答えさせていただきたいと思います。まず、国は経済対策といたしまして、昨年8月に安心実現のための緊急総合対策、そしてその後10月には生活対策、さらに12月に生活防衛のための緊急対策、続きまして本年5月には経済危機対策を講じてきているところでございます。稲城市ではこれを受けまして、昨年の12月議会で補正をお願いして以降、3月補正あるいは本年度の当初予算、6月補正、9月補正と、それぞれ議会ごとに対応してきたところでございます。
 9月補正の内容のお話がありましたが、9月補正では、地域活性化経済危機対策交付金を中心に、市の単独事業も含めまして約4億5,000万円の経済対策を計上させていただいたところでございます。内容につきましては、さまざまな対象事業が予定されておりました中から、国や東京都から通知が来て安全なものを中心に担当課で選択して計上させていただいたという経緯がございます。ちなみに、この中で公共事業としましては4件、7,000万円強の事業を計上させていただいたところでございます。
 なお、国の第一次補正予算では、地域活性化経済危機対策交付金は市で活用させていただきましたが、これとあわせまして地域活性化公共投資臨時交付金が交付されることになっておりました。しかしながら、交付額や使途条件が当時示されていなかったということで、9月補正におきましてはこの計上を見送ったという経緯がございます。地域活性化公共投資臨時交付金につきましては、新政権によります補正見直しの影響を受けまして、一部執行停止になったという話も聞いておりますが、実はいまだ不透明な状況にあります。その一方で、また一部配分されるという情報もありまして、実態が見えていないところですが、市としてはこの配分額が示されることを現在期待しているところでございます。
 また、先ほどもお答えしましたが、さらなる経済対策としまして、国での第二次補正予算も閣議決定しましたので、公共事業につきましては、これらの状況を確認しながら、今後想定されております事業の前倒し実施も含めまして、検討してまいりたいと思います。
 それから、基金の活用の話がございましたが、一応市では、国の財源あるいは東京都の財源、それから先ほどお答えしました地域活性化公共投資臨時交付金、これら特定財源をできるだけ活用して対策を練っていきたいと考えております。ですから、そのような状況を見ながら、そして必要に応じまして基金の取り崩しも検討しながら、今後の取り組みといいますか、対応については考えていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 予算審議ではないので、細かいやりとりをするつもりはありませんが、例えば地上波デジタルテレビの話ですけれども、これは地デジ対応をせざるを得ないということで、文科省でもデジタル化については2分の1を補助するという方向を持っているわけです。財政運営からすれば、何もここで1億9,000万円の臨時交付金で全部そっくり買う必要はないわけです。そういうことも含めて、不況対策で出てくるというものについて、もう少し市内の商工・建設業の方々の声に耳を傾けて、本当にそれに必要な事業を組んでほしい。例えば今回出ているような校庭のスプリンクラーとか芝生化などというのは、先ほど言ったように、事例集の中ではやっていいということになっているわけです。そういうことで出てきているものを一方では予算がないと言いながら、結局基金にする。区画整理事業を抱えているし、大変だというのはわかるけれども、業界からすれば、区画整理事業は新都市建設公社へ行ってしまう、稲城市には来ないというのが今までの認識だったわけです。そういう意味では、努力して改善はされていますけれども、その何十億円かの事業は稲城市に来ないで、結局ほかへ行ってしまうのではないかといった意識もあるわけです。ぜひそのようなことも含めて検討していっていただきたいということを述べて、次に移ります。
 次に、活性化を失いつつある商店街の振興に向けた取り組みについてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 商店街は、大型店の進出や景気の悪化等による影響から、売上が減少しております。市では、商店街振興のための施策といたしまして、本年国で実施いたしました定額給付金の給付とあわせ、商工会が行うプレミア付稲城生き活き商品券の発行へ補助いたしました。また、完売いたしましたので、さらに追加発行への補助により、消費拡大を図ってまいりました。このほか、商工会等との連携によりまして、商店街マップの作成、「Iのまちいなぎ市民祭」での一店逸品紹介、商店街等タウンウォッチング、商店街視察などの事業により、商店街振興に向けた取り組みを実施しております。最近では、矢野口駅前のロータリーが整備され、商店街が形成されつつある状況や、若葉台地区で新しい商業施設がオープンするなど、にぎわいが出てきております。また、こうしたことは新規雇用の創出にもつながることと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今お話をいただいたように、いろいろな施策を打っているということについては、私も承知しております。ただ、実態としては、相当疲弊している。この前も平尾の例を言いましたけれども、それこそ総合物販のお店がなくなって、ガソリンスタンドがなくなって、カメラ屋がなくなって、ラーメン屋がなくなるという形で、歯抜けのようなことになってきている。こういう状態で、先ほど言ったように、いろいろなところの商店を回ると、本当に大変だと言っているわけです。もちろん若葉台では今度新しくお店ができて、にぎわいが出てきたというのは、私も承知しています。下手をすると、それこそみんな若葉台へ持っていかれてしまって、地域の商店街では買わなくなってしまうと言っている人すらいるわけです。先ほど出前サロンということで空き店舗を利用したという話もありましたが、稲城市では「あいIショップ」を一応実験的にやっているけれども、例えば総合物販があったところのガソリンスタンドの前にあるお弁当屋さんに聞いたら、そこがなくなったことによってうちの売上は相当減ったと言われるわけです。商店街自体で、自分たちはやってももうだめだ、自分の世代で終わりだと言っている人たちもいる。そういう中でやっていくためには、空き店舗についての対応、これは国にも都にも支援施策があるわけです。そういうこととか、プレミア付生き活き商品券についても、若葉台などで大型店がそれこそダンピングするようなことで安売り合戦をやると、末端はいろいろなところで影響を受けるという中で、この時期、緊急的に救うという意味からすると、今商工会を含めて10%というラインなのだけれども、思い切ってそのパーセンテージを上げて、商店で買ってもいいのだと思えるような施策を打つとか、そういう商店街へ向けた不況対策をやらないと、本当に大変だと思うのです。その辺のことについてお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 今、プレミアム率のアップという御提案がございました。稲城市では生き活き商品券ということで商工会に補助している状況がございますけれども、現在までいろいろ発行している経験というのが商工会のほうにもございます。それから、他市の例等を参考にしてみましても、高いプレミアム率といった中で、市民全員に行き渡らないという不満の声も上がっているということを聞いております。そうした中で、市民に公平なのかといった観点からも、このプレミア率のアップということを考えていかなければいけないかと思っております。実際に商店の中でどういった形で商品券が使われているかということを確認したことがございます。そうした中では、家電の小売店のほうで高額商品のテレビを生き活き商品券で買われたという例がございました。そのように、小売店でも10%のプレミア部分があると、大型店とそれなりに競争はできたのだということです。設置から使い方まできちんと説明してくれる近所の電気屋さんといったところで、サービス面も含めて、そういった利用があったという声も何件か聞いております。ですから、そういったことも踏まえまして、今後、予算の政策会議等がございますので、そういった中で考えていくというお答えをさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) そういうことも含めて、商店街の振興についてこの時期に特段の施策が掲げられれば、ぜひ打っていっていただきたいと思います。
 (5)に移ります。市内商工・建設業の市民利用の拡大策について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市では、市民利用の拡大を図るため、それぞれの部門において次のような取り組みを行っております。商業部門では、稲城生き活き商品券の発行支援による消費の拡大や、商工会事業等との連携により利用拡大策を行っております。それから、工業部門では、ことしの「Iのまちいなぎ市民祭」の工業展で金属模型の組み立てが盛況で、市民へのPR効果が多くございました。建設部門におきましては、商工会紙でのPRや、住宅の修繕やリフォーム等を行う身近な信頼できる業者を商工会が紹介するというポスターを作成し、市役所や公共施設及び金融機関等に掲示し、受注の拡大を図っております。今後も、事業者による広告掲載等の自助努力に加え、広報いなぎへの掲載や、商工会とも連携し、市民利用の拡大に取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それなりの施策を展開していることは承知しております。そういう中で、区画整理地内に住宅をつくるときに、市内業者にはなかなか声がかからないということもあって、そういうことはどうなのかということをよく聞かれるのです。自治体をずっと調べますと、限度額があって微々たるものなのですが、市内業者を使えば何%補助しますといったことを打ち出している自治体もあります。この時期、そのぐらいの施策を打ち出してもいいのではないか。財政的な限度は当然あって、どこまでが限度かということもあるし、その辺の補助の内容についてどうあるべきかということはもう少し稲城らしく検討しなければいけないけれども、市民が市内業者を利用するインセンティブということからすると、商品券についてもそうなのだけれども、さらにもう一歩、そういうことが受注の拡大策として、利用の拡大策として検討できないかと思うのですが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 建設業の方たちに対する利用拡大策ということでは、建物のリフォームとか、介護対策などのための住宅改修、耐震診断や耐震補強などの施工の際に、稲城生き活き商品券も使えますということ、あるいは生活資金融資あっせん制度といったものを市民の方に御利用いただいて、そういったことに活用していただきたいと考えております。しかしながら、市民の方たちも今生活防衛に入っているので、貯金をおろしてそういった住宅改修に充てるのかどうか、そういう部分では非常に難しい時期なのかと思っております。もちろん、建設業の方たちの自助努力ということも大切だろうと思いますけれども、商工会などと連携をとりながら、消費とあわせた受注拡大といったものについては、積極的なPRなどに取り組んでまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それでは、大きな2番目、介護疲れ等による犠牲者を防ぐための稲城市としての取り組みの強化についてお伺いするものです。11月11日、平尾住宅の24号棟にお住まいの方が、残念ながら介護疲れということで奥さんの首を絞めて、自分も首をつるという悲惨な事件が起きました。私は、恐らくこういう事件が起きるだろうと、6月議会のときに、たしかタレントの清水由貴子さんの例を出して、稲城市でもこういうおそれはないか、そういうことについてどうなのかというお話をして、そのときの答弁では、想定はできるけれども、起こさないために一生懸命やるという話だったと思います。御案内のように、稲城は他市に比べて住みよいまちだと言われているし、介護支援ボランティアを含めて地域力が向上したとも言われているわけです。そういう中でなぜこのような事件が起きたのか。私たちは、二度と起こさないために、基本的にこの問題についてきちんと深く受けとめて、対策について万全を期していく必要があると思います。その辺について、まずこの事件をどうとらえているか、行政の認識についてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 今回のことは、日常的に介護支援専門員がかかわり、ケアプランに基づく介護サービスを利用していたにもかかわらず起こってしまったもので、市としても、また介護支援専門員や居宅介護サービス事業者にとりましても、大変残念な結果であると認識しております。御本人と介護される御家族は、施設入所は希望されず、在宅での介護を希望されていたことから、それに必要な在宅介護サービスが計画的に提供されていたものと認識しております。市では、このようなことが起きることがないよう、引き続き必要な対策を講じてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) これは、稲城市の福祉のまちづくりにとっては根幹的な問題ですから、市長自身、この事件についてどのように認識されているのか、まず市長の認識もちょっとお伺いしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) このような事件が起こったわけでございますけれども、私の最初の受けとめ方としては、いずれにしろ、施設に対する介護の要望が非常に強いということで、施設入所を待っていて、施設に入れない、しかし在宅の介護サービスだけではケアし切れないということでの介護疲れが原因なのかという想像をして、一体どういうことでこのような事態になったのかということについて担当部のほうにできる範囲の中で調査させたわけでございますが、今答弁がありましたように、施設入所を待って今回の事態に至ったということではないということでございまして、それなりの在宅介護にかかわるサービスは提供されていたと受けとめております。ではその中身はどうだったのかということについては、さらに今後も詳細を詰めていかなければならないだろうとは思っております。ケアマネジャーあるいはまた事業者等についても、基本的なサービスにはきちんと対応していたのであるならば、いわば介護認知の度合いの問題でサービスが足りなかったのか、こういうことに起因するのか、あるいはその他の要因なのかといったことについては、今後さらに検証する必要があるだろうと思います。ただ、これは新聞報道等による内容でございますので、確証が持てるわけではありませんけれども、御主人が眠れないといったことが続いていたという報道もございまして、いわばうつ的な状況に至ったという可能性もかなり強いのではないか。そのあたりをトータルでケアできたのかということについては、今後の解明が待たれる必要もあると思っております。いわば全般的な介護に対する支援というものはそれなりに図られていたと判断しておりまして、その度合いが足りなかった部分が直接の要因になったのか、あるいはまた別の要因なのかということについては、今後さらに検証する必要があると思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 一番深刻なのは、それなりのサービスが行われていたにもかかわらず、こういう事件が起きたということなのです。私は、ちょうど平尾住宅に40年前、昭和45年に入居して、最初は保育園のことをいろいろやっていたけれども、その中でも80歳、90歳になる人たちが出てきて、みんなにそういう問題が出てきているということで、今期はその問題をテーマにずっとやってきました。私は、率直に言って、自分がこれをもう少しきちんと詰めていれば、こういう事件は起きなかったのかと、正直なところ、自分の中で議員としてすごく責任を感じます。少なくとも私たちは、福祉のまちづくりをしようと言って、そのようにやってきた。それこそこういう事件が起きることを想定して質問して、起こらないように行政のほうも努力していたにもかかわらず、起きてしまったということについて、私たちの取り組みの中に何か足りないものがあるのではないか。何が原因なのだろうか。そういうことについては、本当に私としてはもう少しきちんと詰めておけばよかったか、もう少しいろいろな施策を展開していかなければいけなかったかということで、私はこの問題が起きたときに非常に残念だったし、私自身もすごく責任を感じたというのが実感であります。そういうことを含めて、ではこれからどうしていくのかということであります。
 そこで、次に伺いますけれども、このような事件を防ぐためにどういう施策が必要であると思っているのかということについて、担当部のお考えを伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では引き続き、介護保険事業計画に基づき、地域の介護ニーズを踏まえ、必要なサービス基盤を整備するとともに、介護家族支援の課題と支援の必要性を的確にとらえ、在宅介護における不安の解消や、家族介護を支えるための相談体制の充実を図ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) まずお尋ねしたいのですが、在宅介護支援センター、それから民生委員を含めて、地域見守りネットワークというのがあります。そういう中で、この事件についてきちんと議論して総括したのか。何が問題だと議論したのか。その辺についての総括会議というのはやられたのか。その中でどういうことが問題で、どういう対策をとらなければいけないとされたのか。その辺についてお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) こういった事件・事故がどうして起きたか、これはもちろん専門職の間では何度か議論を進めているところでございます。その中で、民生委員さんのかかわり合い方、どういうかかわり合いであったか、あるいはケアマネジャーさん、ヘルパーさんなどのかかわり合い、またどういうかかわり合いをしていたか、あと地域とのかかわり合いについて、これはケアマネジャーさんも含め、どのように把握していたかなど、また先ほど来御指摘のあります、真に必要なサービスが行き届いていたのかどうか、ケアプランは本人あるいは御家族の御希望を含め策定していたわけでございますけれども、そういったものが真に必要なものであるかということについてギャップがなかったかどうか、こういった観点から議論をし、現時点でも、その解明作業と申しますか、総括作業というものは引き続いているところでございます。もちろん、専門職の会議の場あるいはケア相談を含めたケーススタディーの場でも、こういった話題を提供しながら、それぞれの役割の検証というものは引き続き行っていきたいと思っているところでございます。今回のケースは、私どもの評価と申しますか、第一義的な調査結果では、ケアマネジャーさんは日ごろより密接にケアをされ、相談も日ごろから受けていたという中で起きたことと認識し、また把握もしておりますので、そういった中で、精神的なケアというものについての支援、家族介護支援ということのあり方については、昨今の介護保険事業計画の中でもその重要性を示しているところでございますけれども、さらにそういった観点の軸足というものも必要であろうと判断しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 部長、率直に言って、これは、専門家の会議ではなくて、民生委員さん、さらにそこにかかわっていたケアマネジャーさん、地域を含めて会議をやって、きちんと総括してください。本当に私は、地域の見守りネットワークとか、地域の見守り体制ということで地域の中で協働するということを、ずっと叫んできて、そのことについて要求してきたけれども、今回の事件の起きたところはそういうものがそれなりにあるところです。この号棟も含めて、自治会もそうだし、地域もそうです。なおかつ、民生委員さんも機能して、ケアマネジャーさんも機能している。それでも起こってしまったという深刻さをその辺にかかわっている人たちがみんなできちんと議論して、どうやったらそういうことを防げるのかという会議をぜひやってほしいと思います。その辺のことだけ確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 今般の事件は、それぞれの役割をある程度果たしていたという中で、避けることができなかったかどうか、そういった観点が非常に重要だろうと思っております。御指摘の点も踏まえ、引き続き関係者間の会議というものを行いながら、こういった事件・事故が繰り返されないように、きちんとした検証ということはやっていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひお願いしたいと思います。
 それでは、次に移ります。各種各層の見守り体制の強化についての姿勢をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、地域包括支援センター、在宅介護支援センター、民生委員、みどりクラブ、NPO法人を初め、近隣住民などにより高齢者への見守り支援ネットワークが構築されているところでございます。今後もさらに専門機関と地域住民の連携を図るほか、地域で活動するボランティアの力もかりながら、地域の見守り体制の強化を図ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) そういう努力をやっていくという方向は毎回出されているのだけれども、それでもなおかつ起きたという意味からすると、私は正直なところ、こういう事件を想定できる人はいるのだと思います。たしかこの方の奥さんは、病気で足を切断されている。食事がとれなくて、経管栄養を御主人がやっている。本当に大変です。御主人の職場の同僚の人からすると、すごく明るい人で、そういうことはみじんも感じさせなかった。でも、そういうことが想定できる家というのはわかるわけです。それは表面上は明るいけれども、すごく大変なことを抱えている。そういう意味からすると、そういう状態も見せたくないということも含めて、本当につらい状況にあったのだと思うのです。見守りのときに、もちろん地域でネットワークでやるということなのだけれども、そういうものを把握して、一歩踏み込んだことが必要なのかということが一つです。それからもう一つは、先ほどの市長の話にも出てきたけれども、基本的にうつを抱えていた。この前の6月にも言いました。保坂隆さんという精神医学の権威である東海大学の教授を中心に行った厚生労働省の研究班のアンケート調査によると、介護をやっている4人に1人がうつであり、なおかつ3割の人は「死にたいと思ったことがある」と言っているという結果が出ています。これは、そういう意味からすると、精神のことについてもきちんと対応して見守っていけるようなことが必要なのだと思うのです。だから、地域の一般的なことではなくて、そういう人たちを絶対に見守るという意味では、もう少しその辺の把握と、それに対応する個別のネットワークのあり方についてもぜひ研究して進めていただきたいと思うのです。その辺についてお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) こういった対応策には大きく2つあるかと思っております。これは、制度的な見守り体制をつくるということ、また2つ目としては、個別の相談、ケアに対して、御家族も交えた中でその悩みを聞き取り、対策を打つということ、この2つのアプローチがあろうかと思います。前段の高齢者を見守るネットワークの中で、制度的な問題として、特にひとり暮らしの高齢者あるいは高齢者のみ世帯で、介護を担っている御家族の方に対して、できるだけ相談できる機会というもの、これは在宅介護支援センターや地域包括支援センターが中心となるわけでございますけれども、そういったところにつなげられるということも大事でございます。また、近隣の方とのかかわり合いを通じて制度的な見守りというものにつなげるということ、これも大事なことだと考えております。もう一方の個別の悩み相談についても、家族介護の支援という観点から今般軸足を強めるという方向性を市のほうでも打ち出しているということでございますので、家族介護支援のあり方という観点で、引き続き家族介護者を含めた支援というものについては力を入れていきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひ、二度と起こらないように、努力していただきたいと思います。
 (4)、在宅介護を支える施設の問題です。先ほど本人は施設入所を希望しなかったという話です。連れ添った奥さんを自分でみとってあげようという思いもあるし、いろいろなことがあるのですが、そのことは大変な重荷になってしまうわけです。だから、私は、ある程度強制的にでも、例えば1カ月に1回ぐらいは施設でちゃんと面倒を見てあげて、心のケアをするということは必要なのではないかと思っているのですが、その辺の施設の拡充についてお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、今年度から第4期介護保険事業計画をスタートさせているところでございます。この中で、在宅介護を支える施策として、地域密着型サービスの充実を掲げており、具体的には、小規模多機能型居宅介護や認知症グループホームの整備に積極的に取り組んでおります。市では引き続き、家族介護支援なども含め、介護サービスの充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 先ほど言ったように、本当に在宅をやるためには、それを支える施設がどうしても必要なのです。今言っているとおりなのです。それは前から言われているわけだから、同じことをずっとやっているのではなくて、できるだけ早く目標を立てて、ぜひ進めていただきたい。こういうことがないと、実際にこういう人たちが救えない。家族介護ということで家族に押しつけられているという実態からすると、深刻なので、ぜひその辺についてはそういう姿勢だけは確認しておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市としては、小規模多機能型サービスあるいはグループホームなどのサービスについては、できるだけ早期に整備していきたい。現在、具体的な目標を掲げて作業中でございます。具体化のめどが立った時点で所管の福祉文教委員会などで御報告していきたいと考えております。そういった意味で、市としてこれらについては重点的な対応ということは現時点でも進めているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひ積極的に対応していただきたいと思います。
 最後に、中高層公共住宅──平尾住宅、それから矢野口住宅です。都営稲城アパートは今建てかえをしていますけれども、中高層5階で、なおかつエレベーターがない。毎回言いますけれども、高齢化して、4階・5階で80歳代・90歳代の人がいる。あと10年たったら大変だという問題をどう解決していくか。これは大変なことで、稲城市で解決できる話ではないのですけれども、その改善に向けての取り組みについてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 市内における中高層の公共住宅の改善につきましては、平成16年度より都営稲城アパートの建てかえによりエレベーターの設置等の改善が進んでいるところでございます。一方、平尾団地等の中高層公共住宅につきましては、エレベーター設置等の改善は困難な状況でございます。東京都では、本年11月に猪瀬副知事を座長とし、少子高齢時代にふさわしい新たな「すまい」の実現プロジェクトチームを結成し、高齢者が安心して住める住宅施策について検討を行うこととしております。市といたしましても、その状況を見きわめてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 実際に今、都営稲城アパートでやられていますけれども、これは昭和30年代の建物です。公社住宅は本当に大変で、平尾住宅に回ってくるまでには大分かかる。この期間、高度成長で産業予備軍を誘致するために、国策としてそういう住宅が首都圏周辺につくられた。だから、町田市でも町田木曽とか町田山崎とか、東久留米市でも、そういうところを抱えている。どこでもそういうものを背負っているわけです。先ほどの平尾団地の方も、3階にお住まいになって、御主人が奥様を背負っておりてきていろいろやるという光景が見られて、本当に仲のよい夫婦だったという話もありました。ただ、今回取り上げた要支援の緊急避難の問題にしても、介護のデイサービスに通う問題にしても、4階・5階だと本当に大変で、結局そういうものも実際には利用できないという事態が出てくるわけです。だから、私はこの問題を前から言っていている。これは国策でやったのだけれども、実は国交省などへ行ってこの話をすると、そういうことを抱えているところは首都圏が中心だから、全国ネットでそういうことが進んでいくということはなかなか難しいと。だから、私はここで市長にもお願いしたけれども、そういうことを抱えている自治体が連合してきちんと声を上げていかないと、この課題は解決しません。市長、本当にこれはやる時期に来ています。この前ちょうど、公団がニュータウンにエレベーターを設置し始めるということが新聞に載りました。公社とか公営住宅の中ではそういうものがまだまだおくれています。そういう意味では、例えば町田市長とか東久留米市長とか、そういうものを抱えている市長と一緒になって声を上げていかないと、これは単に、機会があったら言っておきますという話ではなくて、本当に深刻な話になるから、ぜひ市長、これは手を挙げて、そういうことを一緒にやろうということで呼びかけて運動を起こしていただけないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 私ども南多摩ニュータウン協議会は、いわばさまざまに抱える問題を共同しながら国に対して要望していく団体でありまして、議会代表であります議長も入っているわけであります。この中でも、直接的にはニュータウンということで多摩市でありますけれども、多摩市の住宅の建てかえということで、エレベーターの設置、駐車場の設置等を含めて、要請しているわけです。これは南多摩ニュータウン協議会ということで私どもはやっておりますので、既にそういったアクションは起こしているということであります。本市の場合は、最後の住区ということで、特にUR等の住宅については直接はかかわらないわけでありますが、住宅供給公社についてはそういう課題を抱えている。そのことは当然東京都も認識しているわけで、今般、先ほど話がありましたような少子高齢時代にふさわしい新たな「すまい」の実現プロジェクトチームができて、一応その内容が示されてきております。こういうものをどのように具体化していくのかということが、当面問われている課題ではないかと思っております。
 もちろん、国に対して住宅の建てかえ等についての要請をしていくことは今後も続けなければいけないわけでありますが、一方では公共投資は今後抑制していくということも一つの新政府の方針として出されておりまして、公共住宅もその一つの典型に当たるのだろうと思っております。このあたりがどのように扱われていくのか、あるいはまたそれに対する財源がどうなっていくのか、こういうことも極めて重要な課題だろうと思っております。
 私どもも全く声を上げていないわけではないのですけれども、今はまずは、具体的に東京都から示された内容で、高齢者に対する地域での対応。今あるものをすべて建てかえるという大きな目標は当然大事ですけれども、その前に、例えば高齢者の住宅を先行的につくっていくとか、小規模多機能型の施設を配置することによって地域ケアをさらに強化していくといったことも示されているわけでありますので、こういうものに対してもしっかりと対応していかなければいけないと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 東京都がそういうことに取り組み出したということは私も承知していますけれども、そういうことを促進する意味でも、そういうことを抱えている自治体が連合して声を上げていくというのはすごい効果があると思います。例えば、建て直しということではなくて、それこそ公団が今度打ち出したように、団地に外づけエレベーターをつくるということも含めて、いろいろなことをURは考えている。そういうこととか、いろいろな方法を駆使してできる。
 公共事業の話がありましたけれども、自民党政権だろうが、民主党中心の政権だろうが、必要な公共事業はやらざるを得ない。むしろ、今までは無駄な道路とかダムなどのわけのわからないものでも予算があるからやろうといった話のものから、4階・5階でこういう状態になっている公共住宅の改善など、本当に必要な公共事業に向けていくということが今問われているのだと思います。私は、どういう政府であっても、そういうことを抱えている自治体が、これはやってもらわなければいけないという声を上げないとしようがないと思うのです。今言ったように、市長が全く努力していないとは私も言わないけれども、ぜひ、そういうことを抱えている自治体と一緒になって、インパクトのあるような行動をとっていただきたいと思います。これは強く要請しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                               午後0時10分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午後1時10分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それでは、3、高齢者に優しいまちづくりについてでございます。これは、今のハードの部分の問題でございます。稲城市は、若い自治体だと言われていますけれども、着実に高齢化が進んでいることも事実であります。高齢者に優しいまちづくりは重要な課題でございますので、そのことについてお尋ねするわけであります。
 まず(1)、平尾中央通り・文化センター通りを初めとする歩道の整備についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 市内の道路補修工事につきましては、アセットマネジメントに基づき、優先順位を定め、整備を進めることとしておりますが、アセットマネジメントは車道部の劣化状況などを調査したものであり、歩道部については、段差や街路樹の根による盛り上がりなど、状況に応じその都度整備・補修を行ってきております。中でも、平尾中央通りのような成長した街路樹のケヤキについては、根の成長による歩道への影響を抑えるような樹木剪定も行う必要があると考えております。いずれにしましても、歩道の整備・補修については、歩行者への支障を来すことのないよう、必要に応じ実施してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) まず、この問題を取り上げたのは、皆さんの御努力で文化センター通りが今年度・来年度の2年度で改修されるということになって、実施されているのですが、住民の人たちの中から、道路がつくられたときに同時に歩道もつくられているわけだから、当然歩道も傷んでいるのに、なぜ一緒にできないのかという話がありました。私は、現状を見ると、当然同じ時期にやっているので傷んでいますから、一緒にやったらいいかと思っているのです。その辺の考え方と、今のお話の中に、車道については、一度にはできませんから、アセットマネジメントを含めた補修計画といったものがあるのだろうと思うのですが、歩道のないところもありますので、高齢者が歩道を車いすで歩いていくことなどを考えると、そういう部分の改修・補修は非常に必要だと思って、その計画についてもどのようにしていくのかということを一つお尋ねしたい。
 それから、今お話に出てきたように、平尾中央通り、平尾団地外周道路といった形で樹木が根を張って歩道を持ち上げてしまっている。なおかつ、事故で陥没してしまっている。こういうことについての見守り体制は随時きちんとしていただかないといけない。今、私も1号棟から毎日見ているのですが、ここまでになる前に何とかならないのかという感じを受けるところもあります。そういうことについてはどうかということもお尋ねしておきたい。
 それからもう一つは、歩道をまたぐように各住宅の駐車場への自動車のアクセスがあります。そこは、今はやりの形は車道と歩道をフラットにするという感じなのですが、前はかなり段差があった。結局そのために削ってなだらかにするわけですけれども、実は高齢者が車いすに乗ってくると、そこで倒れてしまうという問題があります。その辺の段差の問題をどうするかということは結構大事な話で、段差の設置の仕方について一定の整理をしていかないと、駐車場のあるところで車いすが動けなくなってしまうような事態もあると思いますので、その辺のことについてお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) では、御質問の順に答えさせていただきます。
 まず1点目については、車道の舗装補修をするときにあわせて歩道もできないだろうかという話だったと思いますけれども、部分的には車道補修を行うときに歩道補修も行っているのですけれども、御質問にあったように、今後の維持補修を考えれば、同時に補修したほうが、部分的に発注するよりも経費的にも安くなりますので、状況を見なければわかりませんけれども、同時にできるかどうかについては、あわせて考えてみたいと思っております。
 それと、歩道の整備でございます。今は新たな歩道を整備する場合には、道路設計基準に基づきまして、車道と歩道の段差をなくすという形になっております。御存じだと思いますけれども、榎戸土地区画整理事業の南多摩尾根幹線のように、車道と歩道を別にするという形で整備することになっています。また、歩道を設置する場合には、道路構造令等が平成5年だったと思いますが、改正になりまして、歩道幅員については最低2メートル以上を確保するということになっております。現在、改正前につくった平尾の文化センター通りとか、天神通りもそうでございますけれども、1メートル50センチという歩道幅員になっておりまして、先ほどの御質問にあったように、車が宅地に出入りするときにはどうしても斜めに歩道を削っておりまして、今では設計の指導の中で、歩行者の通行に支障のないよう、お年寄りとか車いすの方もおられますので、平らな部分を1メートルとりなさいと指導されております。そういう1メートル50センチの切り下げをなかなか確保できない部分がございます。今ある部分は別としまして、今後そのような宅地への出入りとか、そういうところについてはブロックだけで1メートル50センチを確保できるようにするのか、また違う方法があるのかどうか、これは職員も含めまして研究してまいりたいと思っております。
 それと、平尾中央通りのケヤキの根の盛り上がりです。これも前に議員から御質問をいただきまして、かなりの根の盛り上がりで、補修では限界がある部分がありますので、ことし専門の方に見てもらっております。部分的にかなり悪いところについては、一部根を削った形で、ことし何本か計画しているところでございます。その根の盛り上がりの見守りとなると、常にパトロールで見ているのですけれども、この部分はということになると、全部が全部、40年も経過しているものですから、部分的にひどいところについては根を切り、また通常の盛り上がりについてはアスファルトの補修という形で、これからも努めていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひひとつ、歩道整備についても計画的にやっていただくと同時に、平尾の街路樹のことは以前に取り上げて、そういう方法でやっていることについては理解しています。ただ、平尾中央通りだけではなくて、緊急避難的にやるような状況が生まれたり、事故で陥没したとか、そういうことについて緊急に対応するような体制や見守り体制だけはきちんとやって、そういうことがいつまでも解決されないような状態だけは解消してほしい。
 駐車場の段差の問題は、理想的には1メートル50センチの幅をとるなどといっても、実際には、先ほど言ったように、平尾の歩道でそんなことができるわけがない。そういう中で、現実に今生じているスロープの部分をどう解消していくかということも必要なことだと思うのです。だから、そのことも含めて、ぜひ担当のほうでさらに詰めて、努力していただきたいと思っております。
 (2)に移ります。バス停のベンチ設置と照明の改善についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) バス停のベンチにつきましては、iバス専用のバス停では、乗降状況をかんがみて、設置可能な箇所から順次設置してきております。また、路線バスのバス停におきましても、定期的に行っておりますバス事業者との協議の中で、設置の要請をしてきているところでございます。いずれにしましても、高齢者の方々にも安心して御利用いただけるよう、ベンチの設置が可能な箇所につきましては、バス事業者に対し引き続き要請してまいります。また、バス停の照明につきましては、iバス専用のバス停周辺には、既に可能な限り街路灯の設置や照度アップを行ってきております。そのほかのバス停や上屋内の照明につきましては、今後も継続してバス事業者に照明の設置や既存照明の照度アップなどを要請してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 基本的にバスを利用される方は交通弱者と決めつけてもいけないのですが、高齢になって免許をやめてバスを利用されるという人たちもだんだんふえてきています。そういう意味からすると、順次改善されていると言っているのだけれども、私もバスの利用者ですから、市役所に来る場合は中央橋でおりたり、乗るときには保健センターから乗って平尾へ帰ることが多いのですが、率直に言って、時刻表が見えない。残念ながら年のせいもあるとは思うのですが、基本的に私みたいな人たちが利用するということなのです。だから、改善はされつつあるのだろうけれども、ぜひその辺の実態を把握して、改善していってほしい。ベンチなどについても、ひらお苑とか福祉センターとか、特に高齢者や障害者の利用が多いことが想定されるところは、何としてもそういう施策を展開していただきたいと思いますし、当然バス事業者とも協議されているのだろうと思います。この質問は私だけではなくて皆さんがされていることですから、ぜひそういうことを受けて、前向きに対応していただきたいと思いますので、その辺の姿勢だけ確認させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 今まで照度アップとか街路灯の照明の設置につきましては、どうしても学校のPTAとか自治会の方々がパトロールをしたところをまず優先しておりました。今のお話のように、事業者との協議とか夜間パトロール等は通常の通学ルートや道路をやっておりますけれども、バス停部分だけについては、まだそこまでは細かくは実態についてやっていなかったものですから、今お話を伺いましたので、市単独ではなくて、バス事業者とも一緒に、夜間パトロールではないですけれども、そういうものを見ながら、どういうところが暗いのだろうかというのは一回検証してみたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 例えば今回平尾のバス停には、行き先表示板までできて、テロップで流れるような改善もされていまして、バス事業者のほうでもいろいろな改善がされているということは、私も承知しています。ただ、高齢の方などがバスを利用する機会がすごくふえてくると、ベンチとか照明はすごく大事だと思っておりますので、ぜひそういうことで努力していただきたいと思います。
 (3)の問題は、その延長線上みたいなものなのですが、高齢になると、長い間歩き続けるのはかなり大変ということもあって、買い物の帰りにところどころでよいしょと座るような場所とか、そういうものが何メートルか置きにあったらいいかと。これはたしか平尾団地外周道路につけてほしいというときに、最初はそんなに必要ではないのではないかという意見もあったのですが、つけてみたら、年配の人たちからすると、本当にみんな利用してよかったというのが実感です。歩道も狭いし、道路の安全性からするといろいろな課題もあるのでしょうけれども、何とか工夫して、そういうことに対応するようなポケットパークとかベンチの設置について、前向きな対応をお願いしたいと思いますが、その辺の姿勢について確認させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) ポケットパークや歩道へのベンチの設置につきましては、憩いの場や休憩の拠点として、これまでも三沢川の周辺の小公園などに設置してきております。歩道への設置につきましては、あくまでも歩行者の通行に支障を来さないことが大前提となりますので、ベンチや、奥行きの少ない寄りかかれるものなどがありますので、歩道部の一部改良や設置可能な箇所について、検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひひとつお願いします。特に、公有財産の話もありましたけれども、普通財産になっている、道路に面して残っているところとか、中にはこれはそういうことにしていいと協力している方もいて、この前もある方に呼ばれて、「うちの角のところにそういうベンチを設置していいから、材料もうちにあるから、ぜひ何とかやってくれないか」といった要請があったところです。そういうことも含めて、今言ったように、歩道についても、先ほどから出ているように、平尾の歩道などは非常に狭いですから、設置すると通行上の問題が生じるような部分もありますから、それにはいろいろな工夫が必要だと思っていますので、ぜひ工夫しながらそういう高齢者に対応したまちづくりを進めていただきたいと思います。このようなことをお願いして、きょうの一般質問は終わりたいと思います。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、11番、荒井健君の一般質問は終わりました。
 以上で、一般質問を終わります。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第2、第73号議案 稲城市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例及び稲城市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
     〔市長 石川良一君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 第73号議案 稲城市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例及び稲城市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、東京都人事委員会の勧告の趣旨に沿い、特別職においては、稲城市特別職報酬等審議会の答申に伴い、平成21年度以降に支給する期末手当の支給割合を減ずるため、稲城市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する必要があることから、また一般職の職員においては、給与改定及び給与構造の見直しを推進するため、稲城市一般職の職員の給与に関する条例を改正する必要があることから、本案を提出するものでございます。詳細につきましては、総務部長から説明を申し上げます。
 よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 補足説明を求めます。総務部長。
     〔総務部長 宮澤秀弘君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) それでは、第73号議案 稲城市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例及び稲城市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして、補足の説明を申し上げます。恐れ入りますが、議案書及び議案関係資料並びに議案概要説明書をごらんいただきたいと存じます。
 まず、特別職につきましては、稲城市特別職報酬等審議会の答申に伴い、平成21年度以降に支給する期末手当の支給割合を減ずること、また職員につきましては、東京都人事委員会の勧告に伴いまして、一般職の職員の期末手当の支給割合の減並びに給与のマイナス改定に係るものが主な改正の内容でございます。
 初めに、概要につきまして説明を申し上げます。議案概要説明書をごらんいただきたいと思います。まず、特別職の期末手当の支給割合の減につきましては、稲城市特別職報酬等審議会の答申で、特別職等の月額報酬並びに役職加算の変更は行わず、据え置きが適切であること、今年度は6月に実施された期末手当の一部凍結0.2カ月分を含めて0.35カ月引き下げとし、期末手当月数を0.35月引き下げて、年額で4.5カ月にすることが適当であるとの答申を11月25日にいただきましたので、これに伴うものでございます。
 また、一般職の職員につきましては、東京都人事委員会の勧告で、都内民間事業所の企業規模50人以上でかつ事業所規模50人以上の9,344事業所の調査母集団から無作為に抽出した1,066事業所を対象に給与実態調査を行った結果、東京都職員の給与が民間従業員の給与を1,468円、率にして0.35%上回るという報告及びこれに基づく勧告が平成21年10月9日付で出されております。
 それでは、改正の主な内容につきまして御説明申し上げます。まず、地域手当でございますが、平成22年1月1日から適用する給料から、支給率を現在の暫定措置である14.5%、本則では18%となっておりますので、国が示した基準に合わせ15%とし、給料月額を引き下げるとともに、給与構造改革を進めるものでございます。
 期末手当につきましては、平成22年4月1日から、再任用以外の職員においては、現行の本則、年4.5月の支給月数を0.35月減じ4.15月とします。再任用職員につきましては、年2.35月の支給月数を0.15月減じ2.2月とするものでございます。これを受けまして、今年度は一般の職員においては、平成21年6月に凍結した0.2カ月分と合わせまして、3月に支給する期末手当で0.15月減の調整をし、合計で0.35月減らし、年間4.15月に改正するものでございます。また、再任用職員につきましては、合計で0.15月減らし、2.2月に改正します。
 なお、平成21年4月から、実質的な公民較差相当分を解消するために所要の調整を行うことから、医療職給料表(1)の職員を除き、平成22年3月の0.05月分の期末手当と相殺し、これを支給しないこととします。
 給料につきましては、平成22年1月1日から、職務の級を区分する意義がないことから、1級及び2級を統合し、新1級とします。ただし、行政職給料表(2)及び医療職給料表(1)の職員は除きます。また、給料月額を東京都人事委員会勧告に沿い0.35%引き下げます。給料月額につきましては、昨年据え置いた公民較差である372円、率にして0.09%分と、ことしの勧告の公民較差である1,468円、率にして0.35%分とを合わせて引き下げたものとなっております。給料表につきましては、別表のとおりでございます。
 また、地域手当につきましては、東京都が17%で、本市は国基準に基づき15%とするものでございます。この結果、地域手当と給料の配分変更による2%分の乖離が生ずることから、職員組合と都合6回にわたる協議の結果、新給料表適用に当たり、激変緩和措置として、減額分の2分の1程度を措置することで、昨日12月8日に合意したものでございます。
 以上、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。──質疑がありませんので、以上で質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております第73号議案は、総務委員会に付託いたします。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) お諮りいたします。委員会審査等のため、12月10日から12月21日までの12日間休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 御異議なしと認めます。よって12月10日から12月21日までの12日間休会とすることに決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後1時34分 散会