議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第4回定例会(第27号) 本文




2009.12.04 : 平成21年第4回定例会(第27号) 本文


                               午前9時30分 開議
◯ 議長(川島やすゆき君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) ここで御報告いたします。補正予算特別委員長から、12月3日に正副委員長の互選を行い、委員長に原田えつお君、副委員長に井川まちこさんが当選されたという報告がありました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第1、一般質問を行います。
 一般質問の方法は従来どおりでありますので、よろしくお願い申し上げます。
 なお、通告番号9番、伊藤ちか子さんの一般質問については、項目番号8の全部について、通告番号10番、冨永順次郎君の一般質問については、項目番号5の全部について、それぞれ取り下げの申し出があり、議長において許可しておりますので、御報告いたします。
 通告番号1番、梶浦美佐子さんの一般質問を許します。4番、梶浦美佐子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 通告に従いまして、大項目5点についてお伺いいたします。
 まず、大項目1、新型インフルエンザ・パンデミック(大規模流行)対策(その4)です。本年4月に豚を由来とする新型インフルエンザがメキシコで発生し、6月12日、WHO──世界保健機関は、新型インフルエンザの警戒水準を世界的大流行のパンデミックを意味する最高フェーズのフェーズ6に引き上げの宣言をいたしました。現在、日本国内では、インフルエンザの患者数が1週間当たり150万人以上となり、そのほとんどが新型インフルエンザと見られ、累計の患者数はこれまでに1,000万人を超えたとされております。稲城市におきましても、6月16日に初めての感染者が確認され、稲城市新型インフルエンザ対策本部を中心として、保健センターや稲城市立病院、消防署救急隊などの現場では昼夜を問わず対応されるなど、稲城市役所全庁を挙げて新型インフルエンザ対策を図っていただいていることに敬意を表します。
 そこで、今議会の一般質問では、稲城市での感染が確認されて以来、感染拡大が続いている現状において、これまでの市の対応と今後の対策についてお尋ねいたします。
 (1)、稲城市内における発生状況とその対策について。1)、新型インフルエンザ様罹患者数──A型インフルエンザ陽性反応患者数の推移と現況についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、7月下旬より稲城市医師会から新型インフルエンザA型陽性発生状況報告の情報提供を受けております。これによると、9月第2週までは週当たり50人以下の患者数でしたが、9月第3週から増加し始め、9月第5週には週当たり200人を超え、10月第2週には週当たり500人を超え、第3週には350人程度に下がったものの、第4週には600人を超えたところでございます。11月第1週には540人程度、第2週には350人程度と推移しております。7月からの累計では12月2日現在5,165人の罹患を確認しております。現在では、ピークを迎えたかどうかの判断は困難であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 患者数の推移を詳細に御報告いただきまして、ありがとうございます。これまでに5,000人以上の方の罹患が確認されているということを伺いまして、稲城市における大規模流行──パンデミックを改めて確認させていただきました。
 では、2)、小中学校・保育所・幼稚園の状況とその対応についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 小中学校の新型インフルエンザによる学級閉鎖の状況は、12月3日現在、小学校全164学級中116学級、中学校全59学級中48学級となっており、学級閉鎖の実施率といたしましては、小学校では約70%、中学校では約81%となっております。
 なお、これまで発症した児童・生徒の中に重症の子供は出ておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市内保育所での発生状況でございますが、すべての園でインフルエンザの発生を確認しております。国のクラスターサーベランスによる集団発生は、8月1日以来、延べ7園ございました。これまでの発生のピークは、11月11日の10園45人でございました。なお、12月3日現在の状況は5園9人となっております。保育園における発生状況の把握対応は、毎日保育園から報告を受け、人数の把握を行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 幼稚園につきましては、10月以前に2名以上のインフルエンザ様疾患者が発生したのは1園のみでございましたが、報告の基準が変わった10月以降の学級閉鎖につきましては4園で5回となっております。対応といたしましては、東京都などからの関連情報をいち早く連絡し、必要な対応についての実施をお願いしてきております。また、幼稚園ではうがい・手洗いを励行し、また保護者には、園児の体調管理及び人込みを避ける。濃厚接触者や体調不良が見受けられる場合には登園自粛をいただくなどの感染予防への御協力をお願いしているとのことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 御答弁いただきましたとおり、子供が通う稲城市内の施設ではほとんどのところで感染が確認されている状況かと思います。市内の小中学校・保育所では、毎日検温を含めた健康調査が行われ、発症状況を把握されているということを伺いました。今後も引き続き発症状況の把握、そして感染防止・拡大防止策の徹底に御尽力いただきますようお願い申し上げます。
 では次に、3)、稲城市民における重症化例または死亡例についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 南多摩保健所からは、平成21年10月19日付で神奈川県川崎市が発表した川崎市内での10月18日の死亡例1名について、稲城市在住者であるとの連絡を受けております。また、重症化についての事例の報告はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 市民に死亡者がいらっしゃることは残念なことでございます。御冥福をお祈りいたします。
 重症化の知らせが現在のところないということは安堵するところですが、今後も引き続き、市内医療機関との連携により、罹患者の方々が軽症のうちに回復されるよう、医療体制を図っていただきたいと思います。
 では、4)、市職員の罹患状況とその対応についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 市職員の罹患状況とその対応についてでございますが、罹患者につきましては、11月20日現在で正職員・非常勤職員・臨時職員を合わせまして26人となっております。その対応でございますが、正職員においては、職員自身のみならず、その同居家族が罹患した場合でも、稲城市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例施行規則に基づく伝染病予防休暇の取得により、市民や職場での感染拡大の防止を図っております。また、職場においての感染防止として、手洗いが効果的とされておりますので、庁内LAN及び張り紙等で徹底を図っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 正規職員・非常勤職員・臨時職員の合計で約1,100人程度になるかと思うのですが、そのうち罹患者が全職員中26名ということは、大変少ない数字で、罹患率は約2%という少ない値になるかと思います。今般の新型インフルエンザの大流行に伴い、稲城市役所における業務については、これまでのところ支障はないということでしょうか。確認の意味でお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 先ほど御答弁しましたとおり、職員については26名なのですけれども、家族罹患者が出た場合には職員も休暇ということになりますので、これを含めると延べで130名となります。この人数が一どきにということですと業務にも支障が出るということですけれども、今のところ、まとまっての罹患ではなくて、また休暇期間も2〜3日と比較的短いことから、現在のところ業務に支障が出たということにはなっておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 現在のところ業務に支障はないということを伺いまして、安心いたしました。稲城市民の生命と財産を預かる市役所として、職員の皆様の健康、そして感染拡大防止策を徹底していただきますようお願いいたします。
 それでは、5)、市への問い合わせ等の状況と業務・職員体制の強化について伺います。感染拡大に伴い、不安やその症状について、また昨今のワクチンについての相談や問い合わせなどが多数寄せられていることと考えます。また、ワクチン接種の助成事業が始まり、その事務については相当な仕事量に及ぶものと推測いたします。そこで、円滑な事業執行のために、可及的速やかに業務や職員体制を整えることが必要ではないかと考えます。そのあたりも含めてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 問い合わせなどの状況につきましては、新型インフルエンザの予防策、診療できる医療機関、ワクチン接種や助成内容など、さまざまなことについて非常に多くございます。業務・職員体制につきましては、4月より健康課の窓口・電話相談体制をとるとともに、市役所内にも新型インフルエンザ感染予防臨時優先相談電話を設け、対応を行ったところでございます。新型インフルエンザ予防接種などの前倒しや、接種費用の助成などの業務を円滑に行う体制をとっております。今後も、市全体として、危機管理の意識で対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 感染状況によりまして変化する対応策に的確に対応していただけるよう、危機管理意識を高めて、引き続き業務に当たっていただきますよう期待しております。
 では、(2)、小学校での対応とその対策について。1)、学級閉鎖の経緯とその動向についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 本市における学級閉鎖につきましては、9月18日に小学校1年生の1学級において実施したのが最初でございます。中学校におきましては9月29日に最初の学級閉鎖を行っており、その後、小中学校ともに学級閉鎖の数は週を重ねるごとに増加しており、2回目の学級閉鎖も含めた学級数は、9月第5週までに小学校18学級、中学校3学級、10月に小学校56学級、中学校40学級、11月以降12月3日までに小学校53学級、中学校9学級が閉鎖しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 9月に小中学校で始まりました学級閉鎖は、週を追って数がふえ、現在も続いていることを伺いました。今回の新型インフルエンザの流行が小中学生を直撃している状況を感じるところです。2回目の学級閉鎖がなされているとのことですが、これまでに2回または3回以上の学級閉鎖が実施された学級数は実際にどのくらいの数に及んでいるのでしょうか。再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 12月3日現在、2回目の学級閉鎖を実施した学級数は小学校11学級、中学校3学級となっており、3回目の学級閉鎖は小学校、中学校ともにございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 2回目の学級閉鎖の学級数はかなりの数となってきており、危機感を高めるところです。3回目の学級閉鎖は現在のところないということで、学校と家庭の連携による感染予防に努めていただきますことをお願いいたします。
 では、2)、蔓延拡大防止策の経過と現状、今後の見通しについてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 教育委員会では、4月28日に学校・保護者あてに新型インフルエンザの基本的な予防対策などを第1報として示し、これまで6回にわたり学校・家庭等への新型インフルエンザに関する警告を含め、部活動や学校行事等の対応、そして学級閉鎖の基準等を示し、蔓延拡大防止に努めてまいりました。特に、8月27日付第4報の基準では、児童・生徒が同居する家族に発症者が出た場合は、その発症日から4日間登校を控えることとしておりましたが、10月に東京都教育庁新型インフルエンザ対策本部より、無症状の濃厚接触者に登校を制限する必要はない等、出席停止の扱いについて変更が示されたことに伴い、10月27日付第6報において、本市でも同様の措置に変更しております。今後も、蔓延拡大防止のために、学校・家庭と連携し、手洗い、うがい、マスクの着用等の基本的な予防策の指導に徹してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 当初、感染力の強さから、かなり厳しい基準をしいて蔓延防止策を図っていただいたと理解いたしました。実情に応じて弾力化していただいているかと思います。学級閉鎖の実施は、罹患した児童・生徒、そして学級閉鎖となった学級の児童・生徒、その御家族、学校関係者にかなりの負担があることと思います。引き続き、学校と家庭の連携により、子供たちの健康と円滑な学校運営が図られることを望みます。
 そこで、3)、学級閉鎖による授業時間の不足や学校行事への影響とその対策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 授業時数につきましては、各学校がインフルエンザ等による学級閉鎖などの不測の事態を想定して、文部科学省が定める標準授業時数が確保できるよう、余裕を持たせた教育課程を編成しております。また、学期ごとに各教科の授業時数を集計し、時数が不足する教科がないか確認しながら実施しており、現在のところ確保できています。しかし、3回以上の学級閉鎖を余儀なくされるような場合には、一時的に週当たりの時間割をふやしたり、長期休業日等に授業を実施したりするなど、各学校の実態に応じて授業時数の確保を行います。学習発表会等の学校行事への影響につきましては、小学校2校、中学校1校において日程を変更する等の影響がありましたが、当初計画のとおり実施することができております。また、小学校6年の野沢温泉村宿泊体験学習と中学校3年の修学旅行につきましては、全校無事に終了しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 学習発表会等の学校行事は計画どおり実施されているということです。また、野沢温泉村宿泊体験学習や修学旅行が全校無事に実施できましたことはうれしい限りです。これだけ流行している中で、家庭と学校が連携しての健康管理はかなりのことだったのではないかと推測いたします。学級閉鎖が3回目に至る学級は今のところないということですが、実際に3回目に至ることとなった場合には、最善の配慮のもと、標準授業時間数の確保をしていただきますことをお願いいたします。
 では次に、(3)、保育所における対応と対策について、1)、蔓延拡大防止策の経過と現状についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 保育所での蔓延防止策につきましては、まずは園内でのうがい・手洗いを徹底して行うとともに、保護者の方にも感染拡大防止について保健だよりなどを通じて周知しております。公立保育園では、園内でインフルエンザが発生した場合には、全園児を対象に登園前の検温を実施し、発熱している子供の登園を控えていただいております。次に、クラスやグループ内で2人以上が感染した場合には、集団感染防止のため、行事及び地域活動を中止するとともに、そのクラス・グループでの登園自粛を保護者にお願いしております。なお、これらの対応は、私立認可保育所や認証保育所などでも、園長の判断により実施をお願いしております。さらに、10人以上の集団発生時には、公立、私立とも全園児を対象とした登園自粛をお願いしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 暫時休憩いたします。
                               午前9時51分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前9時51分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 引き続きまして、2)、今後の見通しについてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 今後の対応と対策の見通しにつきましては、集団発生時において認可保育所の社会的機能を維持・継続していくことが重要であることから、保護者の方に対する登園の自粛をお願いしながら、可能な限り保育を継続してまいりたいと考えております。保育所が機能できないほど大規模な流行が生じた場合には、感染拡大の状況や発生地域などを考慮した上で、国の基本的対処方針に基づき、医療従事者などの子供の緊急保育などの特別な対策を講じてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 春の大流行の第1波の際には神戸や大阪の保育所の休業による社会的な混乱が社会的問題になりましたことは、記憶に新しいところでございます。集団発生による登園自粛など、園と保護者の方々の協力と理解がなくしてはなし得ないことと考えます。保育所の社会的な機能を担保し、働く保護者とそのお子さんの生活が保障されるよう、可能な限り保育を継続していただきますようお願いいたします。
 それでは、(4)、市内医療機関の状況と連携についてお尋ねいたします。1)、市内医療機関の診療状況について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、市内の新型インフルエンザについての医療機関での診療状況に関しましては把握しておりませんが、稲城市医師会からの新型インフルエンザA型陽性発生状況報告によると、市内全体では、11月第2週目の患者数は350人程度でございました。7月からの累計では12月2日現在5,165人の罹患を確認しております。また、これまでの患者の年齢構成を見ますと、80%以上が20歳未満であることから、小児科及び内科が中心であると判断しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 御答弁のとおり、市内の罹患者の年齢構成は10代と10歳未満で80%を超えているということで、小児医の負担が大きいことと思います。また、罹患者への治療とともに、ワクチン接種など、市内の医療機関、特に内科医・小児科医の負担はかなり大きなものと推測いたしますが、年末年始を控え、休日・夜間の診療体制を充実することが強く望まれるところです。
 そこで、2)、市内医療機関の休日・夜間の診療体制の強化について、お考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現在、市内の休日診療につきましては、1医療機関に委託して行っているところでございます。また、入院施設につきましては、市立病院が対応しているところでございます。夜間診療につきましては、市立病院が毎週水曜日に小児を行っているところでございます。また、現状における新型インフルエンザ診療体制の確保が極めて困難とされていることから、休日・夜間の診療体制の強化につきましては、現時点では困難でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 現時点では大変厳しい状況であると伺いました。厳しい状況ではあることと思いますが、年末年始の休日診療体制の強化、そして夜間の診療体制の強化について、ぜひ前向きに御検討いただきますようお願い申し上げます。
 では次に、新型インフルエンザの流行の低年齢化が進む状況で、3)、パンデミックの低年齢化に対応した小児科医の負担軽減策または支援策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 国の作成した新型インフルエンザ対策における市町村の役割分担では、医療体制の整備として、感染拡大・蔓延期には発熱センターの整備及び地域住民への周知を行うものとされております。さらに、住民生活対策としては、市町村は食料品などの確保・配分、住民支援、社会的弱者への支援などを担当することとされております。医療機関への支援ですが、原則として都道府県が分担するとされており、市町村では直接的な負担軽減策や支援策を行うことはございません。しかしながら、市としては、地域の住民の生命を守る立場から、医師会と緊密な連絡を図り、ホームページでの情報提供のほか、防護服・ゴーグル・マスク・消毒薬の提供など、必要な支援を行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 小児科医を問わず、稲城市民全体の生命を守る立場から、医師会と円滑な連携、そして支援の体制を維持していただきますようお願いいたします。
 では、(5)、新型インフルエンザワクチンの接種について伺います。市内医療機関では連日、新型インフルエンザワクチンの接種の予約や問い合わせが殺到していると伺っております。そこで、1)、市内医療機関における優先接種の状況と課題について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 新型インフルエンザの優先接種につきましては、第1回目の医療従事者の優先接種の際において、東京都への要望ワクチン量は1,422人分でございましたが、実際の入荷量は425人分でございました。このように入荷率は29.9%と極めて少ないものでございました。第2回目以降についても、実際の入荷量は要望量を下回り、多くの優先接種者に行き渡らないものと思われているところでございます。ワクチン接種の課題につきましては、現時点では必要なワクチン量の確保が困難であるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) ワクチンの納入量の少なさは厳しいところではありますが、円滑なワクチン接種に向けて、ぜひ対策を図っていただきたいと思います。今議会におきましては、新型インフルエンザワクチンの接種助成に関する補正予算の専決処分が昨日承認されまして、新型インフルエンザワクチンの接種が円滑に実施されるように強く望むところです。
 2)、円滑な接種に向けた市の医療機関との連携協力、そして支援体制についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、円滑な接種に向けて、市広報やホームページによる予防接種医療機関などの周知、予防接種費用の助成制度の広報など、連携した情報提供を行っております。今後も、医師会と緊密な連携を図り、必要な支援を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 今後も引き続き、医師会の先生方、そして医療機関との緊密、綿密な連携のもとにワクチン接種が円滑に実施されるよう、協力・支援いただけますようお願いいたします。
 続いて、当初新型インフルエンザの感染は小中学生が中心でしたが、10月以降感染が低年齢化いたしまして、10代前半から10歳未満、特に5歳から9歳、学齢でいいますと小学校低学年の1年生から3年生に流行の中心が移行しているという調査報告も聞いております。3)、健康な小中学生、特に小学校低学年1年生〜3年生への早期接種の奨励策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市では、実際に新型インフルエンザワクチンの供給を行う東京都からの情報を可能な限り早期に入手するとともに、医師会と緊密な連携を図り、ワクチン接種情報を速やかに市民へ周知してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 11月6日には厚生労働省から、小児への接種時期の前倒し、特に小学校低学年の接種については約1カ月の前倒しの検討が打ち出されたことを受けまして、東京都においても、12月中旬からの開始予定があす12月5日に早められることになりました。また、12月1日の厚生労働省の発表によりますと、新型インフルエンザによる入院では5歳〜9歳の入院が最も多いという報告も聞いております。小学校低学年への早期接種が望まれるところです。多摩地域の26市に先駆けて、稲城市では平成21年度新型インフルエンザワクチン接種の助成を決め、ワクチン接種の環境整備を図られたことは大いに敬意を表するところでございます。しかし、新型インフルエンザワクチンの助成対象につきましては、市民課税世帯の健康な小児のうち、1歳から就学前の小児、1歳から5歳までとなっております。現在最も懸念されている小学校低学年が含まれていないことは、接種の前倒しが実施されるにしても、早期接種のきっかけの妨げにならないかと懸念するところでございます。そこで、特に小学校低学年1年生〜3年生への接種を推進するために、小児に対する集団的接種の緊急実施が待たれるところです。そのあたりの対策や支援についての市の考え、そして意向について、再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 今般、1歳から小学校3年生までの幼児及び児童への新型インフルエンザ特別対策といたしましては、予防接種の機会を確保することが重要であると判断いたしまして、医師会と連携の上、集団接種を行うことを予定しているところでございます。引き続き必要な支援を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 集団的接種を予定していただいているとのことで、本当にありがとうございます。医師会との連携協力のもと、ワクチン接種の機会を確保・整備してこの難局を乗り越えていただくことを期待しております。
 それでは、(6)、市立病院における新型インフルエンザワクチンの接種について伺います。まず、1)、薬剤師を含む医療従事者・職員への接種状況とその予定について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 全国の医療機関が提出しました新型インフルエンザワクチンの接種希望量が、国が都道府県の人口割等で考えていたワクチンの配分量を大幅に上回り、この時点で用意できる絶対量が不足してしまい、医療機関の接種希望量には達しませんでした。そのため納入量の調整が行われ、当院では医療従事者への接種希望量として360人分を希望していましたが、10月26日に第1回分として納入のありましたワクチンは216人分だったため、厚生労働省のワクチン接種の基本方針に基づき、インフルエンザ患者の診療に直接従事する医療従事者のみに職員を選定したところです。接種につきましては、10月29日から開始し、医師、看護師、薬剤師のほかに受付窓口従事者や救急隊員も含める192人の接種希望者がおり、既に接種を終了しております。なお、この納入された量と実際に接種しました量との余り分につきましては、優先接種対象者の患者に接種しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) それでは、2)、入院患者への接種状況について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 各医療機関のワクチンの納入量が調整されましたことは、さきの答弁でお答えしたとおりです。そのため患者への接種においても優先接種対象者に限定され、ワクチンは、第2回及び第3回分として、11月6日と13日に合わせて312人分が納入されました。この優先接種対象者である妊婦、基礎疾患を有する者及び1歳から小学校低学年に相当する年齢の者から順に、厚生労働省の基本方針に基づき、現在接種を行っておりますが、その中の入院患者につきましては、11月12日から接種を開始し、現在、希望する13人の接種が終了しております。今後も、優先接種対象者に該当する患者の入院状況とワクチンの納入量を見ながら接種を行っていきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) では、3)、外来患者への接種についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 11月16日から優先接種対象者に接種を開始しております。当分の間はワクチンの納入量と合わせて優先接種対象者を対象としていくため、それ以外の健康な外来患者への接種につきましては、ワクチンの納入量が不透明なため、現段階ではお答えできません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 11月16日から優先接種対象者に接種を開始したとのことですが、それはさきに御答弁いただきましたとおり、第2回・第3回で納入された312本のワクチンを使用してのことと思います。確認として再度お尋ねいたしますが、本日現在まで納入されたワクチンの接種はすべて終了しているということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) このワクチンは、御案内のとおり、開封すると24時間しかもたないものですので、当院ホームページや院内掲示で予約を募って接種を行っております。そういう関係で、すべて使い切っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 現在納入分はすべて使い切られたということを確認させていただきました。供給量が少なく、市立病院においても厳しい状況であると確認させていただきました。11月24日に出荷された第4回目のワクチンがそろそろ納入される時期かとも思われます。また、第5回目の出荷の配給量も既に公表され、第6回、そして第7回と順次ワクチンが配給されるとも聞いております。市立病院におきましても円滑にワクチン接種が図られることを期待しております。
 それでは、(7)、季節性インフルエンザ対策とあわせた今後の対策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 新型インフルエンザと季節性インフルエンザとをあわせた今後の対応策につきましては、今年度の対応を踏まえた国や都の今後の方針などを注視してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 続きまして、(8)、稲城市新型インフルエンザ対策行動計画の改定の進捗状況と公表についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 新型インフルエンザ対策行動計画につきましては、これまでの国内の集団発生及び東京都新型インフルエンザ行動計画などを参考としつつ、今後ウイルスが強毒性に変異することなど、新たな事態を想定したものとすることが必要となったことから、現在、作業を進めているところでございます。現在の進捗状況は、今回の新型インフルエンザへの対策を踏まえた原案が取りまとめられるところであり、今後、関係部署との調整を行うことを予定しております。作成後においては速やかに公表を行う予定でございます。今回、ウイルスが強毒性に変異した場合は、市内での流行規模や被害が甚大であることが想定されるため、慎重に作業を行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 6月の御答弁では、本年7月末を目標に改定作業を進めていると伺っております。しかし、ウイルスの毒性や感染力など、想定の違いから、また国の方針の転換などもありまして、慎重に作業を進められているということを理解いたしました。稲城市の新型インフルエンザ対策行動計画の改定作業は、昨年の3月に初めて新型インフルエンザ・パンデミック対策につきまして一般質問をさせていただいた際に、新型インフルエンザ対策行動計画の改定について質問させていただきまして、約2年がたとうとしております。その際には、各部ごとに存在していた発生期別行動計画をもとに、集約・編さん・見直しを図り改定されるという御答弁でございました。しかし、計画は計画として策定することが市民の皆様の不安を解消する大前提となるものと考えます。作成後は速やかに公表し、広く市民に御理解いただけるよう、計画を早期に改定し、できることならば年内、そして年度内には作成し公表していただけることを強く望みます。
 それでは、(9)、稲城市業務継続計画──いわゆるBCPの策定の進捗状況と公表についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 地域住民の安全確保と日常生活の早期回復を図るため、通常業務の中から重要な業務を優先的に継続し、感染拡大につながる業務は中断した上で、行政サービスを限定的に提供できる体制を整える必要があります。そのため、現在各部署での対応状況を集約しているところでございます。今後は、この内容を精査することで、実効性と柔軟性を兼ね備えた計画にしていきたいと考えております。なお、BCPの公表につきましては、完成次第行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) では再質問させていただきます。今回の新型インフルエンザの罹患者数は稲城市役所におきまして極めて少ないことは先ほど御答弁を伺いまして、市役所の業務自体も滞りなく遂行されていることは周知のとおりです。しかし、弱毒性から強毒性、また感染力の強弱を想定して、実効性と柔軟性を兼ね備えた計画を策定する必要があることは、私自身も同感でございます。しかし、先ほども申し上げましたが、計画は計画として策定し、広く市民の皆様に御理解いただき、未曾有の危機に対して稲城市役所が毅然として新型インフルエンザに対処している姿勢、そしてあかしとして、できるだけ早期に、希望を申し上げるならば、年内、そして年度内には公表していただけることを強く望みます。そのあたり、市の体制、そして考え、動向についてはいかがでしょうか。再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 先ほど各課の対応状況を集約しているところとお答えしましたけれども、これまでに、市の業務につきまして、非常時において最低限やらなければならない仕事などの優先度につきまして一度集約を行っております。現在は、各部での対応にばらつきがないかなどをチェックしまして、再度の集約をしているところでございます。今後、季節性のインフルエンザの流行とともに強毒性への変異も想定されておりますので、早期の策定に向けて引き続き努力してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) これまでに集約した各課からの計画につきまして最後の集約をされていると伺いまして、前進を感じました。早期に策定していただき、公表していただくことを期待いたします。
 4月に始まりました新型インフルエンザは、この夏に一たん鎮静化いたしましたが、学校の2学期が始まった9月からは第2波が拡大し、猛威を振るっている現在、来年以降の流行が予測される第3波への対策や、強毒性の高いH5N1型のインフルエンザを想定した対策の準備を早急に整える必要がございます。特にエジプト、そしてベトナム、中国では、日本と同じ新型インフルエンザH1N1が流行する国であっても、断続的に鳥インフルエンザH5N1の発症が確認されており、約30%という高い致死率を継続しているとも聞いております。そこで、(10)、第3波やウイルスの強毒化を想定した今後の対策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 新型インフルエンザの状況につきましては、現在流行しているH1N1型インフルエンザの定点医療機関当たりの患者報告数は過去最高になっており、特に11月以降においては乳幼児が急速に悪化、死亡する例がふえていることや、夜間や休日外来に患者が殺到し、重症者への対応が困難になりつつある状況が報告されております。これから冬を迎え、一層の感染拡大が危険視される今、市民の生命や健康を守るため、サージカルマスクや消毒液、防護具などの消耗品の補充や、既存の防災テントを陰圧テントとして使用するための陰圧装置を配備したところでございます。また、市立病院におきましても、インフルエンザなどの感染症を独立して診察できるよう、多目的舎の感染症病室等設置改修工事を実施いたしました。今後につきましても、国や都その他関係機関との役割分担を行いながら、継続的な保健医療体制の強化に取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 多岐にわたる新型インフルエンザのパンデミック対策について詳細に御答弁いただきまして、ありがとうございました。今後も引き続き、稲城市民の健康と生活を守るために、全力を尽くしてこの新型インフルエンザ対策に努めていただきますようお願い申し上げます。
 それでは、大項目2、日本脳炎予防接種についてお尋ねいたします。
 (1)、これまでの経緯と現状についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 日本脳炎ワクチン接種については、平成17年5月から積極的勧奨を差し控えることとしておりました。しかし、新しい日本脳炎ワクチンがことしの6月2日から各医療機関に供給されたことから、現在は従来の日本脳炎ワクチンと新しい日本脳炎ワクチンの両者の使用が可能となったところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) では、(2)、公費負担による予防接種の再開に向けて、市の体制と今後の方向性について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 日本脳炎予防ワクチンについては、予防接種法で市が行わなければならないとされており、従来の日本脳炎ワクチンと新しい日本脳炎ワクチンの両者のいずれも公費負担がなされているところでございます。今後の方向性については、新しい日本脳炎ワクチンは、供給予定量が定期接種対象者全員の必要量に満たないことなどから、積極的に勧奨する段階に至っていないとされており、慎重に対応することとしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 新旧ワクチンのいずれも公費負担がなされていると伺いまして、安心いたしました。これまで積極的な勧奨を差し控えていた旧ワクチンに加えて、ことしの6月2日から新ワクチンが接種できるようになりまして、定期接種対象児や接種を差し控えていた児童を持つ保護者の方々の中で日本脳炎ワクチンの接種への関心が高まっております。今後も引き続き、日本脳炎ワクチンの接種につきまして、市民の皆様の問い合わせに真摯に対応していただきたまして、円滑な予防接種の事業の実施に当たっていただければと思います。
 それでは、大項目3、保育所における待機児童対策の進捗状況と今後について、現在、待機児童の解消を図るための緊急対策を進めていただいているところですが、(1)、その進捗状況と現状についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 認可保育所の待機児童対策につきましては、公立保育園での保育士確保による定員・定数の弾力化、家庭福祉員の利用促進、認証保育所の新設について、特段の取り組みを行っております。11月1日現在、公立保育園では、専務的非常勤職員を新たに8人雇用し、児童14人の弾力化を実施いたしました。また、家庭福祉員制度は、11月より利用料助成制度を新たに設け、児童6人の定員いっぱいまで受け入れをいたしました。認証保育所につきましては、来年4月までには2園を新たに開設し、定員を60名ふやすこととしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 緊急対策が功を奏している状況であると確認いたしました。職員の採用によりまして14人の保育所の入所定員の弾力化、そしてこれまでほとんど利用されていませんでした家庭福祉員の制度は、6人の定員に対していっぱいの利用があるということで、今後も引き続き緊急対策を続けていただきたいと思います。また、認証保育所を2園開設されるということで定員が60人ふえるということも、待機児童の解消に向け大きな効果があるものと期待しております。
 では次に、(2)、課題と今後の対応策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現在の国の待機児童数のカウント方法にも課題があると認識しておりますが、市の子育て支援行政推進における課題は、待機児童の解消を図ることであると認識しております。市では、緊急の対策として、認可保育園の建てかえや増改築により定員増が図られる場合には、安心こども基金を活用した建設費補助など、積極的な支援を行っていくほか、可能な対策について取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 御答弁いただきましたとおり、可能な限り対策を打っていただきまして、さまざまな課題があることとは存じますけれども、まずは待機児を解消すること、それが最優先かと思います。稲城市の子供たちが安心して安全に保育を受けられるよう、引き続き保育環境の制度、そして環境整備を図っていただきますようお願いいたします。
 それでは、大項目4、学童クラブの現状と課題について、(1)、保留児童の現状と解消策についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市内学童クラブの保留児童につきましては、11月1日現在で28人となっております。前年11月1日現在では37人であったことから、9人の減でございます。内訳としましては、第一小学校内の第一学童クラブ分室が19人、第二学童クラブが1人、若葉台学童クラブが8人でございます。解消策といたしましては、一部の学童クラブで保留児童が多く生じていることから、この保留の解消のため、新たな学童クラブを設置することなども視野に入れ、さまざまな対応策を検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 現在のところ保留児童が28人ということで、前年に比べて9人減少しているということですが、学童クラブは、就労している保護者を持つ児童にとりましては、家に次ぐ生活の拠点として非常に大事な施設でございます。保留児童が多く生じている地域に関しましては、御答弁いただきましたとおり、ぜひ新たな学童クラブの新設も視野に入れまして保留児童の解消策を図っていただき、稲城の子供たちが安心して安全に育成されるよう、引き続き学童クラブの環境整備、そして制度の改革を図っていただくようお願い申し上げます。
 それでは、(2)、障害児の入所のあり方についてお尋ねいたします。1)、入所希望の状況と入所保留児童の現状と課題についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 学童クラブでの障害児の入所については、その障害の程度がおおむね中軽度で集団保育が可能な場合には、通常小学校3年生までの入所を試行的に小学校4年生まで延長しております。現在の障害児の入所状況ですが、1人が2カ所、2人が6カ所となっており、入所保留児童はおりません。なお、近年では、障害認定を受けていない児童の中に、特に注意を要する、いわゆるボーダーの児童の入所がふえる傾向にあり、安全面や運営面などの対応が課題であると認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) それでは、2)、障害児定員2名を増員することについての考えをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 学童クラブでの障害児の定員は、学童クラブ単位ごとに2人としております。これは子供の安全面や運営面などから定めているものであり、現時点ではこれをふやすことは考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 先ほども御答弁いただきましたが、現在障害児の入所希望の保留児童はいないということですが、ボーダーのお子さんがふえてきているということが課題とおっしゃいましたので、今後希望する児童がふえてくることが予想されます。現時点では障害児定員を増員することは安全面や運営面の点から厳しいというお返事でしたけれども、学童クラブの事業全体の課題として、保留児解消対策とあわせまして、ぜひ前向きに御検討いただきますようお願い申し上げます。
 それでは、(3)、開所・閉所時間拡大についての考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 学童クラブの閉所時間につきましては、現在の午後5時移行の利用状況や、学童クラブからの帰宅が遅い時間になることへの安全性の問題などから、現状での午後6時までが適当であると考えております。また、学校休業日における学童クラブの開所時間は午前8時30分でございますが、これは学校の始業時間に合わせたものでございます。市では、現行の開所時間及び閉所時間が適切であると判断しており、当面、時間の拡大を行う予定はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 開所・閉所時間につきましては、通所する子供の安全面などの課題から、そして学童クラブで指導されている職員の方々の雇用形態にもかかわることですので、すぐには厳しいことと考えます。しかし、保留児解消対策とあわせまして、今後ぜひ前向きに検討していただくよう、保護者を代表いたしましてお願い申し上げます。
 それでは、大項目5、若葉台のまちづくりと諸課題について伺います。行政報告にもありましたとおり、若葉台のまちづくりとして、10月18日には待望のiプラザが開館し、そして11月14日にはiプラザを中心として、「稲城くらしフェスタ」、そして「iプラザ・こどもまつり」、若葉台まちびらき10周年記念イベントや若葉台駅前イルミネーション点灯式などの4つのイベントが盛大に実施されました。また、11月27日には若葉台駅前ロータリー東側に商業施設がオープンしまして、地域、事業者、そして行政が連携し一体となって、駅前を中心に、にぎわいと活気にあふれたまちづくりがなされていることを実感する次第です。しかし、まちびらきから10年を経て、まちとともに整備されてきました公共施設のふぐあいなどが課題となっております。そのあたりも含めまして、若葉台の諸課題について順次お尋ね申し上げます。
 まず初めに、(1)、第六中学校の中庭について、そのお考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 稲城第六中学校の中庭につきましては、当初はウッドデッキを設置しておりましたが、腐食の進んだ部分を撤去し、現在は体育館と後者の通路部分について必要に応じ補修を行いながら活用しております。同校の中庭につきましては、学校やPTAなどの御意見を伺いながら活用方法を検討しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 第六中学校の正門を入りまして、その先にあります渡り廊下の窓の先に広がる中庭は、校舎の中心の位置に当たりまして、以前はウッドデッキが設置されておりまして、校舎の中心ということで、とてもシンボル的なスペースであったと思います。現在は、そのウッドデッキが撤去されまして、その下にありますコンクリートがむき出しの状態でございます。学校施設として、教育上このスペースを現状のように無駄に放置していることは望ましくなく、景観としても殺伐としており、望ましい姿ではないと思われます。有効活用の一つとして、芝生化も一つの方法であると考えますが、そのあたりのお考えはいかがでしょうか。再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 市内小中学校の芝生化では、稲城第六小学校におきまして、なかよし学級として親しまれているところでございます。芝生化につきましては、緑化の推進や温暖化対策などのほか、環境教育・情操教育面での効果等もございますが、補助制度を活用する上で、地域などとの協働による維持管理のための体制づくりが必要となっているところでございます。先々の維持管理につきましても課題が残っているところでございます。稲城第六中学校の中庭につきましては、芝生の育成上、日当たりが十分でない箇所や、既存の埋設管等もございまして、全面的な芝生化は難しいと思われます。引き続き関係機関との調整を図りながら検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 六小のなかよし学級の芝生化は今円滑に進められているかと思いますが、第六中学校の中庭の芝生化の諸条件に関しては大変厳しいと理解いたしました。中庭は、校舎の中央に位置する部分でありまして、生徒たちが憩えるようなスペース、また授業やクラブ活動、部活動などの教育活動の一環として、ガーデニングや作物の育成、そして緑化をするなど、教育的価値が大変高いスペースではないかと考えます。そのあたりも含めまして、芝生化以外での活用についてはどのような検討がなされているのか、再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 芝生化以外の活用でございますが、南北に校舎を配置している関係上、球技等の運動スペースとするには制約があると思います。花壇やベンチを設置し、散策や憩いの場とできるような形での活用なども考えられるのではないかというところで、現時点では具体的な内容について検討中でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 次の質問に移りますが、六中の中庭に関しましては、関係各所、協力いただける団体とも協議いただきまして、デッドスペースとなっている中庭を何らかの形で活用していただけるよう、ぜひ踏み込んで検討して対応していただくことを期待しております。
 それでは、(2)、若葉台小学校校庭への散水機──固定式スプリンクラーの設置についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 若葉台小学校の散水機につきましては、開校当初より散水台車で移動できる移動式散水機を導入しております。固定式スプリンクラーへの切りかえでございますが、設置に多額の費用を必要とすること、またスプリンクラーが未設置の学校もございますので、校庭整備工事などの際に切りかえを検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 大変厳しいお返事ですが、タイミングとして校庭整備工事の際にとの御答弁をいただきましたが、実際に若葉台小学校の校庭整備の工事の予定につきましてはどのようにお考えなのでしょうか。再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 校庭の環境整備、また工事等につきましては、今まで、雨水の排水が悪くなったり、凹凸による不陸が生じたとき、また校舎の大規模改修工事などにより校庭が損耗したときなどに実施しているところでございます。若葉台小学校につきましても同様の考え方でございます。スプリンクラーの利用に関しましては、現在使っている中で、よりよい使い方を研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 先ほどの御答弁で、スプリンクラーが未設置の学校もあると伺いましたので、市内の学校環境の整備の観点からすれば、優先順位はそちらにあるべきものと私自身も考えます。しかし、水はけのよい若葉台小学校の校庭は、表面が乾燥するのも速くて、隣接する集合住宅のベランダに砂ぼこりが及びまして洗濯物に付着するという声も地域の方からいただいております。御答弁いただきましたとおり、既存の設備を活用して校庭の環境を日常的にしっかりと整備していただくことをお願いいたしまして、次の質問に入らせていただきます。
 (3)、若葉台放課後子ども広場についてお尋ねいたします。1)、事業開始からこれまでの利用状況と運営についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 若葉台放課後子ども教室につきましては、平成20年6月より事業を開始し、子供たちにとっての安全・安心な居場所の確保として事業を実施しております。利用状況といたしましては、平成20年度の1日平均利用者は41.3人でありました。全体児童数が1,202人であることから、平均の利用率は3.4%でした。平成21年10月末までの利用状況は、1日平均利用者は42.0人、全体児童数が1,172人で、平均の利用率は3.6%となっています。運営は、コーディネーター1人、臨時職員2人、安全管理職員3人の体制で週2日実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 長峰の放課後子ども教室に続きまして若葉台における放課後子ども教室の開設に当たりましては、当時の職員の方々の御尽力によりまして開設に至った経緯を私自身も存じており、感謝しているところです。平成20年度の初年度から今年度までの1日平均利用者数が42.0人と少しふえていることは、若葉台放課後子ども教室が子供たちの居場所として定着してきたあかしと考えます。また、運営に当たっては、臨時職員や安全監視員の方々には地元から採用された方が多く、これは地域力の向上にもつながっていることと考えます。
 では、2)、iプラザ・こどもエリアの開館後の利用、そして運営状況と、iプラザとの連携協力についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 若葉台放課後子ども教室の利用人数は、iプラザが開館して間もないこともあり、開館前と同様の数値で推移しております。また、運営につきましても、特別な変更などはございません。連携協力につきましては、iプラザの事業運営の進捗にあわせ、催し物などの紹介、情報交換などを行い、年度末までの移行が発展的にできるように努めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) iプラザ開館後も利用者数が減ることなく同等に推移しているということは、若葉台放課後子ども教室に通う子供たちがその子ども広場に定着しているあかしではないかと実感するところです。若葉台放課後子ども広場に通う子供たちのことを考えますと、今年度で終了することは非常に残念でなりません。
 そこで、3)、若葉台放課後子ども広場の事業継続についての考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 若葉台放課後子ども教室につきましては、事業開始当初よりiプラザ開館までとしておりました。本事業は、若葉台小学校の理解・協力により実施してまいりましたが、若葉台小学校の教育活動・催し物における体育館の利用も多いことや、体育館本来の利用に供する必要もありますので、今後はiプラザへ移行していく方向で進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) それでは再質問させていただきます。iプラザへ移行する方向ということを伺いまして、非常に残念ですが、私も自身の一般質問で若葉台放課後子ども広場設置に関して市の意向を伺って御答弁をいただいた経緯、そして若葉台放課後子ども広場が新規事業として開設されるに当たりまして、平成20年度予算の審議の中でiプラザ開館までと説明があったことは、私自身も記憶しているところでございます。今年度の予算では、iプラザ開館後の円滑移行のために、事業の終了時期をiプラザ開館の10月ではなく3月までと延ばしていただきましたことは、大変ありがたく感じているところでございます。しかし、若葉台放課後子ども広場に集う児童の保護者の方々、また若葉台小学校PTA大樹の会からも、継続を希望する御意見は教育委員会に届いていることと存じます。その上での御答弁として理解はいたしますけれども、やはり事業を継続していただけないのは残念でなりません。しかし、iプラザへの移行ということですので、そのあたりは具体的にどのような段取りを検討されているのか。現在若葉台放課後子ども広場に通い、なれ親しんだ児童が不安や混乱を来すようなことがないよう、円滑に移行するための具体的な対応策についての考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 若葉台放課後子ども広場において、iプラザで行われる児童用の事業・催し物などのチラシを配布してまいるところでございます。その中で、子供たちがiプラザを身近に感じ、安心して利用できる施設であることを紹介してまいるものでございます。また、iプラザの担当を招き、若葉台放課後子ども広場の事業内容を確認いただくとともに、子供たちとの交流を図り、気軽にiプラザで活動できるよう努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 人的交流を含めまして、iプラザとの連携協力によりまして、子供たちがiプラザの子どもエリアを身近に感じて安心していただけるように、円滑に事業を移行していただくことを期待しております。実際の子ども広場では、指導員と通う子供の信頼関係が生まれて、その関係性から定着している子供たちも多数いるとも聞いております。また、指導員の方々につきましては、地域の人材として、ぜひ有効活用していただきたいという期待もございます。若葉台の放課後子ども教室がiプラザに移行されるに当たりまして、ぜひそのような視点からも円滑に事業を移行していただきまして、3月まで、そして4月以降の取り組みにつきまして期待しております。ぜひよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                               午前10時44分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午前11時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) では続きまして、(4)、みはらし緑地についてお尋ねいたします。若葉台地域の公園環境の整備につきましては、日ごろから全力で取り組んでいただいておりますことに敬意を表します。特に若葉台の夏祭りに関しましては、市の協力と御理解のもとに、お祭りの前に若葉台公園をきれいに整備していただきまして、ことしの夏祭りも無事終了いたしました。また、市の御理解のもと、お祭りの恒例行事となりました花火も打ち上げることができまして、若葉台住民の一人といたしましても大変感謝しております。そのような中で、若葉台の地域の一番西端、稲城市でも一番高台にあるみはらし緑地におきましては、投石などの事件が起きていると聞いております。1)、そのあたりの事件後の動向と現状についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) みはらし緑地での投石やロケット花火による被害に対する対応につきましては、これまで若葉台自治会及び被害者と協議し、若者が集まるパーゴラとベンチを使用禁止とするためのバリケードさくの設置、西側都道からのバイクの進入を防止するため、出入り口の閉鎖、投石防止のため、住宅が見えないようにする高木の植栽や防犯カメラの設置のほか、多摩中央警察署へ夜間パトロールの強化をお願いしてまいりました。このことから、現在被害もなく、一定の成果が得られていると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 私も先日、実際にみはらし緑地に行きまして、その事件の防止策ということで、パーゴラがある付近を立入禁止にしたり、公園の出入り口に夜7時以降の出入りを禁止する張り紙、そして多摩市側から続いている道路の入り口に関しては封鎖されている状況を確認してまいりました。このような対応策が功を奏して、現在では被害もなく、一定の成果が上がっていることを伺いまして、地域住民の一人として大変安心した次第でございます。
 そこで、2)、事件の防止策と公園としての機能の回復につきまして、市の考えを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) さきに御答弁させていただきましたとおり、市では、一定の成果が得られていると考えております。今後はパーゴラを移設し、その跡地に高木等の植栽や、都道側の出入り口にはバイクが進入できないよう車どめさくの設置などの改善を行うとともに、住民の方とも引き続き協議を行い、安全な公園の利用が図られるよう努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) パーゴラの移設を検討されたり、車どめを設置するといった抜本的な公園整備に取り組んでいただけるということを伺いまして、安心いたしました。みはらし緑地は、その名のとおり、稲城市だけでなく関東平野を見晴らすことのできる緑地として整備された公園でもございます。事件後、地元の自治会では夜間のパトロールを始められるなど聞いておりまして、地域としても、この事件に対して何らかの改善策を図り、事件により被害をこうむられた方も含めまして、地域の住民が安心して安全に使える公園を回復していただきたいと願っているところかと思います。本腰を入れて公園設備の設置や改善によりまして、安全な公園として、地元の皆様、そして稲城市民の憩いの場として再び安心して利用が図られるよう、今後さらなる事件防止策を図っていただくとともに、公園機能の回復が強く望まれるところです。
 それに関連しておりますが、(5)、若葉台公園やみはらし緑地における若者の非行防止対策として、高周波音、いわゆるモスキート音、若い方だけに聞こえるというキーという音らしいのですが、私には聞こえませんが、その発生装置の設置につきまして、市の考えをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 御質問の若者の非行防止策として、高周波音発生装置を設置することにつきましては、都内の区で設置している事例がありますが、その効果については現在のところ明らかになっていない状況でございます。このため、高周波音発生装置の設置については、今後他市の状況などを見きわめながら考えてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) ことし5月に足立区で自治体として初の試みとして、足立区内の公園に高周波音──モスキート音の発生装置が設置されまして、そのことが話題になりましたことは記憶に新しいところです。設置の試行期間として来年の3月までということで、現在足立区ではその効果を検証されているとも聞いております。効果を見きわめてからでないと設置の検討は難しいという御答弁ですが、実際に若葉台公園には、夏場におきましては管理棟周辺にお菓子の袋が散在しておりましたり、トイレには非行の形跡と見られる残物が散らかっていたりということで、地域を散歩がてらパトロールされる地域住民の方からも若者の非行に対する不安の声をいただいております。そのことも含めまして、若者の非行防止の観点から、ぜひ今後前向きに設置について御検討いただきますようお願い申し上げます。
 それでは、最後の項目でございます(6)、iプラザについてお尋ねいたします。1)、開館後の利用・運営状況と今後についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) iプラザは、10月18日に開館し、初日は約6,800人の来館者がありました。10月開館日数13日間の利用状況は、ホール、会議室などは4,246人、児童・青少年エリア、自由来館者は1,257人、図書館来館者は1万6,304人で、来館者全体では2万9,851人でした。開館記念事業などのイベントにつきましては、若干の混雑はありましたが、大きな混乱もなく、順調に運営しております。事業につきましては、平成21年度は既に終了した開館記念事業も含め58事業を、平成22年度事業につきましては現在のところ48事業を予定しております。利用者の御意見を伺いつつ、民間のノウハウを生かした、よりよい運営を進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 私も開館記念式典にお招きいただきまして、開館イベントを拝見させていただきました。iプラザは華々しく開館いたしまして、稲城市の地域の拠点として、これから地域の皆様の利用によりまして命が宿っていくことと思います。御答弁にありましたとおり、10月で約3万人の来場者があったということで、大変多い利用かと思います。開館初日には、図書館の開館前に入館を希望する方が列をなして渋滞していたという状況も確認させていただいております。また、図書館に納入された図書がたくさん借り出されたということで、開館日に整然と並んでいた図書がほとんどなくなっていたという状況も確認しております。そのように大勢の方が来館されているiプラザですが、大勢の来館に伴いまして、これまでに運営上のトラブルや苦情、そして問題点などはあったでしょうか。再度お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) トラブル・苦情等でございますけれども、利用者からは一般来館者の駐車場がないことの苦情をいただいております。このことにつきましては、本施設の立地が駅前であり、電車・バスの交通の便がよいこと、また駐車場は業務用と障害者用に限定して整備している旨を説明し、御理解いただいているところでございます。また、開館当初は駐輪場の場所がわかりにくいとのお声をいただきました。ここにつきましては、案内板の掲示、警備員の対応により、利用者にも浸透してきているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 駐輪場や駐車場につきましては、開館前から懸念されていた点でもございます。利用者からの問い合わせ等にはぜひ丁寧に真摯に対応していただきまして、来館されるすべての方々が気持ちよく利用していただけるよう、民間のノウハウを生かした運営が図られることを期待いたします。
 それでは、2)、地域との連携促進についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 11月14日に行われました「稲城くらしフェスタ2009」及び若葉台イルミネーション点灯式の際、会場がiプラザとその周辺及び駅北口ロータリーであったことから、連携の一環としてiプラザ事業である「iプラザ・こどもまつり2009」を開催いたしました。また、1階のエントランスホールでは、利用者や団体などの情報発信のためのポスター掲示板とチラシのラックを設け、市民活動の情報発信を行う場を設けております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) 地域の文化の拠点として、ぜひ連携を現在以上に図っていただくことを期待いたします。再質問としまして、くらしフェスタとの共催ということで、11月14日には若葉台の各自治会役員の皆様を中心とする若葉台まちづくり10周年記念実行委員会主催によるイベントがiプラザホールで開催されました。ホールが満席で立ち見が出るほどの盛況ぶりで、このイベントの成功には目を見張るものがありました。iプラザは基本的に有料の施設ですので、地域の団体と連携したこのような無料の事業は、地域の方々にiプラザの施設をPRする視点からも効果の高いものではあったのではないかと思います。有料の主催事業だけではなく、地域の団体が有効に活用して、地域に根差した施設、そして地域コミュニティーの拠点施設としてiプラザがますます発展するためには、地域の団体、自治会、そして子供会など、より一層連携協力を図る必要があると思います。その第一歩として、今回の若葉台まちびらき10周年の記念イベントの共催というものがあったかと思うのですが、来年以降はiプラザを中心として若葉台の文化祭を企画していこうということで、地域の皆様が企画されているとも聞いております。そのあたり、地域の周年行事と連動していくことも視野に含めまして、地域との連携促進について、市の考えを再度確認させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 今後、地域・団体との連携協力を図るためにも、iプラザを拠点とした催し物などを行うなど、努めまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 梶浦さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 4番(梶浦美佐子君) まちびらきから10年の若葉台、そしてこれからの10年は今後のまちづくりを占う大事な時期と考えます。地域の住民の方々とともに、行政、そして商業の事業主が一体となり、ともにまちづくりを進め、さらなる魅力あるまちを形成できるよう、さらに連携協力・支援をしていただきますことをお願い申し上げまして、私の一般質問を終了させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、4番、梶浦美佐子さんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 通告の2番、大久保もりひさ君の一般質問を許します。16番、大久保もりひさ君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 通告の順に従いまして一般質問いたします。
 項目番号1、さらに魅力的な市立病院について伺います。稲城市立病院は、本年2月に公立病院改革プランを策定し、病院事業の経営改革に取り組み、勤務医の増員や女性医師の働きやすい職場づくりの一環として、健診・外来棟に院内保育所を計画していることなどを評価するものでありますが、稲城市立病院のような中小規模の総合病院を取り巻く環境は、ますます厳しくなっています。そこで、稲城市立病院がさらに魅力的な病院となることにつながればとの思いから質問を行います。
 (1)、初診でどの科を受診してよいかわからない患者や、複数の病気を持つ患者、幾つかの医療機関を受診したが原因不明の病気と言われた患者などを診療する総合診療医を配置し、総合診療科や総合内科の設置を検討するべきであると考えます。市立病院の現状と認識について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 当院では、どの科を受診してよいかわからない初診患者や複数の病気を持つ初診患者等に対し、総合案内に医療職である看護師を配置し、適切な課で診療が行えるよう振り分けを行っております。振り分けにつきましては、主訴であります重い症状から該当する診療科を紹介し、複数科を受診する必要があった場合には、医師や看護師の連携のもと、次の科へ紹介を行い、患者に不安のない診療を提供しております。このように、総合診療科や総合内科への専任の医師の配置よりも、診療科の医師を配置するほうが効率的であると考えることから、今後とも、総合診療医の専任ではなく、各診療科の専門医師がチームとして力を合わせ、1人の医師が診るかのようにきめ細かな診療を行っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 今後、市立病院に健診・外来棟と(仮称)健康プラザを建設し、メンタルヘルスや予防医学の強化を図る際には、患者さんを総合的に診療し、すべての臓器を同時にケアしていく総合診療体制への転換を検討するべきではないかとの考えから、市の認識を伺いました。ただいま、現状の御答弁とともに、総合診療科や総合内科を配置するのではなく、各診療科の医師が力を合わせてきめ細かな診療をする方針であるとの御答弁をいただきました。各診療科の医師のチームワーク力がさらにアップし、総合診療的な対応がなされることを期待して、次の質問に移ります。
 (2)、事務などで医師をサポートするメディカルクラーク(医療秘書)を配置し、過剰労働になりがちな勤務医の支援体制を強化する必要があると考えます。現状と課題について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 医師の指示のもと、診療記録への代行入力、診療に関するデータ整理等を行う医師事務作業補助者──メディカルクラークにつきまして、当院では、昨年4月に1名、ことしの4月から2名を産婦人科に配置しております。医師が本来業務に専念することで良質な医療を継続的に提供できるよう、看護師や医療関係職等の間で適切な役割分担が必要であるという国の考えに基づき、効率的な業務運営を目的に導入したところでございます。それに伴う経費も一方では生じております。今後、看護師の事務処理の軽減を目的に配置しております病棟クラークにつきましても、少しずつ充実していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) メディカルクラークの配置につきましては、病院勤務医の勤務環境の整備の一環として、公明党がリードし、国の平成20年度予算に盛り込まれたものであります。国が考えるところのメディカルクラークの役割は、御答弁のとおり、効率的な業務運営のための事務を中心とした業務でありますが、埼玉のある民間病院では、医師一人一人にメディカルクラークを配置したことにより、来院する患者や家族が医師には遠慮して話しづらいことをメディカルクラークに相談することも多く、医師と看護師、そして患者のサポートも行っているということであります。御答弁では、昨年4月から既にメディカルクラークを導入しており、今後は病棟クラークの充実も図りたいということですので、経費負担は軽くはないとは思いますが、メディカルクラークと病棟クラークの役割を拡大することにより、医師だけでなく、看護師の負担をさらに軽減することも視野に入れていただいて、さらなる拡充を期待するものでありますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 医師や看護師などの医療従事者が本来業務に専念することは、市民にとって安心できる良質な医療を提供することができ、また効率的な業務運営につながることであると思いますので、現在導入している状況の効果を検証しながら、今後の充実につなげていこうと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 経費の負担の部分もありますので、市の財政についての市長の考え等もあると思いますが、しっかり検証していただいて、次につなげていただいて、さらなる拡充を何とかお願いしたいと思います。
 (3)、女性医師を確保するために、短時間勤務やフレックスタイム制などの多様な勤務体系の導入、再就業の仕組みづくりなど、女性医師のワーク・ライフ・バランスを考えた上で、さらに勤務しやすい環境を整備する必要があると考えます。現状と課題について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 医師不足が深刻化する中で、女性医師を確保していくことは、医師不足解消につながると考えておりますが、当院におきましても確保に苦慮しているのが現状です。平成24年に拡張開設する健診部門においても女性医師は不可欠であると認識しています。結婚・出産・育児などで一度医療現場を退いた人材を掘り起こすためにも、今後、人事課と協議しながら、ワーク・ライフ・バランスを考慮した短時間勤務や当直の免除など、女性医師が働きやすい職場環境の整備をしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 勤務医不足を解消する一つの方法が、女性医師の働きやすい職場環境づくりであると考えます。既に市立病院に計画されている健診・外来棟における院内保育は、女性医師の獲得への大きな戦力になると思います。今後、多様な勤務体系を導入することにより、結婚・出産による退職のリスクが少ない病院であることが広がれば、多くの女性医師が勤務してくださるのではないでしょうか。そして、多くの女性医師が勤務してくだされば、公明党の門島議員が提案し続けている女性専門外来を開設することが可能になるでしょうし、女性の患者さんが来院しやすい病院となるかもしれません。御答弁されたとおりに、ワーク・ライフ・バランスを考慮した多様な勤務体系の導入を期待しております。
 次の質問に移ります。(4)、看護師を確保するために、短時間勤務やフレックスタイム制などの多様な勤務体系の導入、夜勤における看護師配置の増員、再就業の仕組みづくり、新人看護師に優しい職場づくりなど、看護師のワーク・ライフ・バランスを考えた上で、さらに勤務しやすい環境を整備する必要があると考えます。現状と課題について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 看護師についても、女性医師と同様、その確保に苦慮しております。現在、看護職員地域就業支援病院として東京都の指定を受け、復職支援研修や再就職支援相談を実施し、再就職のきっかけづくりを行ったり、復職者や新人看護師については、配属前6カ月間のトレーニングにより徐々に職場になれてもらうなど、研修制度を充実させ、常時看護師の募集を行っていますが、確保できないのが現状です。看護師の人数が少ない中で、短時間勤務等の勤務体系は厳しいものとなりますが、勤務しやすい環境づくりについて検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) さまざまな努力をされているということはよくわかりました。看護師の仕事は本当に大変ハードな仕事であると思います。特に夜勤が大きな負担になると考えます。アメリカの病院では看護師のフレックスタイムは普通になってきていると聞いておりますが、日本においても、過酷な勤務環境である看護師に応募してもらうためには、短時間勤務やフレックスタイム制の導入が不可欠であると考えます。短時間勤務やフレックスタイム制の導入について、早急に検討するべきであると考えますが、再度御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 採用応募の履歴書の中に、子供が小さいから夜勤がしにくいといった記載があるものも見受けられます。そういったことから、看護部では、夜勤専門のパート看護師の採用、毎月の勤務予定表を作成するときにはできるだけ柔軟な対応をするなどの工夫をしております。今後もこれらの工夫を継続しながら、他の自治体病院の例や、どのような制度がなじむのか、看護師等の意見も参考にし、勤務しやすい環境づくりを人事課にも相談しながら検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 現場では非常に苦労されているというのはよくわかるのですが、今のやり方ですと、恐らく、配慮していただいた方はありがたいのだけれども、きっと遠慮しながらその状況を受け入れているということだと思うのです。先ほどアメリカの話もさせてもらったのですが、仕組みとしてフレックスタイムが普通になっているので、多くの看護師の方々が実際に勤務できているという状況を聞いております。公設公営の病院なので、どこまでどうできるかというところの限界はあるかもしれませんけれども、一つの仕組みとしてそういう多様な勤務体系をつくっていかないと、限界があるのではないか、今以上に看護師さんの勤務をふやすのはなかなか厳しいのではないかと思いますので、人事課とも協議されるということですが、ぜひできるぎりぎりいっぱいのところまで詰めてやっていただきたいと思います。
 (5)、市民と市立病院の協働により、医師・看護師の勤務実態や魅力的な病院につながる情報の発信や、市民・患者にコンビニ受診を慎むように啓発する活動などを行うべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 魅力的な病院づくりにつながる情報の発信として、病院の姿を知っていただくことが大切と考えますので、本年8月から毎月第3水曜日に、市民の皆さんの健康に対する意識の高揚や、身近な病院としていただくために、病院職員による「健康バンザイ!いなぎ講座」の開催や、わかりやすい病院ホームページへの取り組み、稲城病診連携だよりの発行を行っております。また、コンビニ受診についても、平成20年の広報にも掲載しておりますが、今後も機会をとらえて、啓発や情報の発信をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 昨年の全国市議会議長会地域医療政策セミナーにおいて、城西大学の伊関友伸准教授が例に出されました兵庫県立柏原病院のお母さんたちのグループが立ち上げた「小児科・産科を守る会」の活動に学ぶべきところが多いと感じましたので、今回一般質問に取り上げました。兵庫県立柏原病院では、勤務医の過剰労働による退職を防ぐために、勤務医の大変さを市民や患者に伝えることや、コンビニ受診を控えるように発信することなどを「小児科・産科を守る会」のお母さんたちがやっているということです。稲城市立病院においても、小児科・産科のお母さんたちとの連携を図り、市民と市立病院の協働による情報発信や啓発活動は可能であると考えます。再度御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 柏原病院の例は、病院が地域の医療崩壊警報を出したところから地域での自主的活動が始まったと聞いております。そのように、病院の現状を市民の皆さんに知っていただくための情報の発信は、今後もさまざまな媒体や方法を活用して行っていくとともに、院内で開催される母親学級での啓発を進めることなどを通じまして、医療従事者と市民の相互協力につなげられないかを考えてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 私もちょうど市立病院のある大丸に住んでいるのですが、割と市立病院に近い大丸や東長沼の人たちには、地元の大事な病院であるという意識があります。今、母親学級などとも連携をとりながらというお話もあったのですが、自治会等も含めて、地域ともうまく連携を図っていただく。まずは思いの強い人、熱い人たちを巻き込んでいくことが大事だと思いますので、そういう視点もまた考えていただければいいかと思います。
 次へ行きます。(6)、中小規模の総合病院を取り巻く環境がますます厳しくなる中で、市内唯一の総合病院である稲城市立病院の経営を今後もさらに支援し、さらに魅力的な病院をつくり上げていく市長の決意を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 稲城市立病院を含む多くの公立病院において経営状況が悪化する中、平成19年12月に総務省より公的病院改革ガイドラインが示されまして、経営の効率化とともに再編ネットワーク化、経営形態の見直しなどが求められました。御案内のとおり、当院におきましても改革プランを策定し、院長以下スタッフ一丸となって経営改善に取り組んでいるところでございます。また、平成24年に開設する健診・外来棟と(仮称)健康プラザを有機的に活用することによって、健診で未病の人を見つけ、病気でなければ(仮称)健康プラザを使っての健康増進を図り、病気であれば、適切な診療からリハビリまでを行う、そのようなことが可能となる、予防医学を主体とする新しい形の機能を持つ病院の新たな魅力を大いに期待するものでございます。このことが経営的にもプラスにつながり、市民にとってもさらに信頼の持てる病院として飛躍することを願っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) ただいま、平成24年に開設する健診・外来棟と(仮称)健康プラザの有機的な活用によって、予防医学を主体とする新しいタイプの病院が誕生することを全面的に支援するとの市長の御決意を伺いました。私も、福祉文教委員会などで市立病院長から市立病院の改革ビジョンを伺い、大変期待しているところであります。その計画を踏まえた上で申し上げますが、市立病院をさらに魅力的にするには、あらゆる女性が勤務しやすくなるように、医師・看護師などの医療従事者の多様な勤務体系の整備が不可欠であると考えます。女性が勤務しやすくなるということは、男性も勤務しやすい環境になると考えますので、申し上げているところでございます。このような多様な勤務体系を導入しますと、一時的には経費が増大すると思いますが、今以上にさらに魅力的な病院になれば、来院する患者数がさらにふえて、経営効率もアップするのではないでしょうか。多様な勤務体系を導入するとなりますと、公設公営の病院であることや、市職員の勤務体系との整合性などの大きな課題があるかと思いますが、市長の決断により乗り越えることが可能なことも多々あると思います。再度、もう一歩踏み込んだ御決意を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 医療で一番大事なのは、何といいましても医師の確保でございます。診療報酬上も医師の診療行為が最も高い位置にあるわけでございます。そのほか専門の職がありますが、まずその人材をいかに確保していくかということが大きな課題でございます。特に女性医師につきましては、資格を持っていながら実際には診療行為に携わらない方がかなりいるわけでございます。また、看護師についても、我が国全体で見ますと、50万人近い方が資格を持っていながら実際には医療現場にいない、医療に携わっていないということも指摘されているわけであります。こういった方たちが積極的に働けるような環境をつくっていく。いわばバリアがあるなら、そのバリアを取り払っていくことが極めて重要な施策ではないかと思っております。そういう意味では、フレックスタイムあるいは院内保育所等を含めて、働きやすい労働環境・条件等を整えることについては、人事課も含めて、精力的に取り組まなければならないと思っております。また、本市では、先ほどお話をしましたけれども、まず新しい温水プールなどで健康を維持していただく。そして、健康をチェックするための健診を行い、さらに問題があれば、診療・診察を行い、さらに治療を行い、さらにリハビリも行う。こういった健康としての一貫的な拠点として新しい(仮称)健康プラザが想定されているということで、これは極めて画期的なことだと自負いたしているわけであります。これについては、財源の見通しも現在のところハードの部分では立っているわけでありますけれども、ソフト面につきまして、今後特に長期的にどのような収入を得ながら事業を進めていくのかということも非常に重要な課題でございます。そのためには、診療報酬の引き下げあるいは見送り等で極めて厳しい状況にあるわけでございまして、こういうことにつきましては、さらに公立病院の連携のもとに国に対して要望していかなければならないと思っております。あわせまして、さまざまな工夫をしながら、医薬品等ではジェネリック医薬品の活用等を含めて、経営を改善しながら、こういった新しい稲城の事業が安定的に進められるように努力していきたいと思っております。そのための人材確保もこれから準備を進めていかなければならない状況でございますので、さらに病院と一緒になりながら前進していきたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 確かに、根本的には診療報酬の引き上げがなければ、特に公立病院の場合には、今290床という市立病院のサイズでは、非常に厳しい状況であるというのはもうよくわかっております。ただ、国の動向もまだまだ不透明で見えないところもございますので、今市長がおっしゃったように、まずはこちらでできる限りさまざまな自助努力をするしかないと考えます。市長のお考えはよくわかりました。私たち市議会議員も協力しながら、何とか地元の大事な市立病院を支えて支援していくということをともどもにやっていきたいと思います。
 続きまして、項目番号2に移ります。中学校情緒障害学級について伺います。中学校情緒障害学級の創設に向けた準備状況を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 中学校の自閉症・情緒障害学級の開設につきましては、入級希望生徒を対象とした就学相談による人数把握を進めるとともに、設置に必要な設備等の条件整備について検討しているところでございます。今後は、生徒数の確定や具体的な設置校における教室設備など、東京都教育委員会の定める設置基準を満たせるかが具体的な課題となるため、東京都教育委員会と協議しながら、平成22年度設置に向け、慎重に検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 中学校自閉症・情緒障害学級の開設に向けて、現在希望生徒の把握をしていて、今後については東京都教育委員会と協議しながら進めるという御答弁でございました。私は、10月に日野市立第二中学校と第三中学校の情緒障害学級を視察しました。2校を視察しましたのは、通級型と固定型の違いや、メリット、デメリットなどを調査するためでございました。校長先生と担任の先生方と意見交換を行いましたところ、固定型の場合、担任の先生がすべての科目を教えなければならないことから、担任教師の意欲と能力の高さが必要であると思いました。そこで、今後、東京都教育委員会と協議される際に、特別支援学級の経験のある教員を切望するべきであると考えますが、御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 教育委員会といたしましては、自閉症・情緒障害学級の設置について、東京都教育委員会から設置許可をいただけるよう慎重に進めていくことにまず力を入れてまいりたいと考えております。その上で、設置が決まり次第、東京都教育委員会では教員の人事配置に入るわけでございますが、人事につきましては東京都教育委員会の権限となりますので、本市の自閉症・情緒障害学級の設置に関する状況などを東京都教育委員会に十分に伝えてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 保護者の方々の期待の大きいところでもございますので、ぜひとも、慎重にやることと迅速にやらなくてはいけないことと両方あると思いますが、しっかりと取り組んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 次に移ります。項目番号3、障害者(児)の自立・就労支援について伺います。
 (1)、市内の障害者(児)の把握について、現状と課題を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 市内の障害者(児)の把握状況については、身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付状況から、平成21年11月現在で身体障害者1,789人、知的障害者346人、精神障害者320人であり、身体と知的障害の重複者が75人でございます。また、把握の課題については、発達障害者(児)や高次脳機能障害について、愛の手帳や精神障害者保健福祉手帳の交付を受けない者もいることから、正確な人数はなかなか把握できないところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 御答弁いただきましたとおり、発達障害者または発達障害児の把握は大変困難であると思います。発達障害者または発達障害児の情報を多く持っておられる教育委員会や特別支援学校などの関係機関との連携により、把握が進む可能性があると考えますが、発達障害者(児)支援等連絡会の中で、発達障害者または発達障害児の個別の対応を含めた支援の仕組みづくりを検討するべきではないでしょうか。御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 発達障害者(児)などの把握につきましては、コラボいなぎで行う養育相談事業や、就労支援センターなどにおいて行ってまいりたいと考えております。さらに、発達障害児支援等連絡会において、コラボいなぎ、教育委員会、特別支援学校、児童相談所、南多摩保健所、社会福祉協議会などの関係機関と、個々の対応を含めた仕組みづくりができるように努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) よろしくお願いいたします。
 (2)、市内の障害者(児)の就労支援について、現状と課題を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 就労支援の現状については、平成20年度に稲城市障害者就労支援センターをコラボいなぎに開設し、障害者の就労支援の充実を図ってきております。平成21年11月現在の登録者数は74人であり、障害別の内訳は、知的障害者45人、精神障害者18人、身体障害者8人、高次脳機能障害者3人となっております。なお、このうち10人程度が発達障害の疑いのある人との重複をしております。就労支援の課題としては、障害の特性は、体調不良や病状の悪化による退職などが多く見られ、就労支援に加えて治療や通院などの生活支援にも重点を置いている人が多くなっていることでございます。障害者一人一人の課題に対するケアが必要であり、就労支援だけでは実際の就労を継続していくことができないことが課題であると認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 現代はストレス社会でありますので、障害を持った方々の就労におきましても多くのストレスが予想されます。そこで、障害者とその家族に対する相談対応やメンタルケアなどの支援を強化するために、コラボいなぎの機能を拡充し、生活支援と就労支援、そして相談支援、メンタルケアなどを含む総合的な支援を検討するべきであると考えます。御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 就労支援センターにおいては、当初より就労支援員と生活支援員を配置して支援しているところでございますが、コラボいなぎ内の相談支援事業とも連携を図りながら、総合的な相談ができる仕組みづくりを検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 障害者の支援については、稲城市においては市の職員の方が直接対応しているわけではございませんので、委託している事業でありますので、委託先の状況も見きわめながら、総合的な支援体制づくりをしっかり協力してやっていただきたいと思います。
 (3)、障害者の自立支援のためには、グループホームの増設が不可欠であると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現状における市内のグループホームは、知的障害者用が3カ所、精神障害者用が1カ所ありますが、第2期障害福祉計画において、平成23年度までに1カ所を増設する計画としております。障害者の自立支援のためのグループホームの必要性は認識しており、今後、利用者のニーズ把握に努め、具体的に対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 今後は利用者のニーズの把握に努めるということですが、それぞれのグループホームの経営実態調査や利用者へのサービスの実態調査などによりグループホームの実態を踏まえて、現在運営されているグループホームの改善へのアドバイスと今後のグループホーム開設に生かすことが必要であると考えます。御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現状といたしましては、運営・経営実態調査や利用者実態調査については実施しておりませんが、利用者が入居しやすい環境づくりは必要であると認識しております。したがいまして、今後、実態調査については検討してまいります。既にグループホームに入居を希望する方への入居希望登録制度を本年10月より実施し、入居時期、入居場所、入居する部屋のタイプなどの項目を登録して、希望者に空室情報や新設情報などを提供することができるようにしてきております。今後は、この入居希望登録制度とグループホームの運営・経営及び利用者の実態調査をあわせ、グループホームの体制づくりにつきまして検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) よろしくお願いいたします。
 最後の項目番号4に移ります。主要市道の無電柱化について伺います。本市では、土地区画整理事業や南武線連続立体交差事業などの基盤整備により、住宅地が広がり、にぎわいが創出されつつありますが、住宅がふえることにより、電柱に接続されている電線や電話線、光ケーブルなどが増加し、空を覆ってきています。本市は日本一住みよいまちとの評価を受けたわけですから、地域住民が青空や流れる雲などを満喫しながら市内を散策し、コミュニケーションが弾む空間を確保するために、ペアリーロードや弁天通りなどのコミュニティー道路や商店街通りなど、主要市道の無電柱化を実施するべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 無電柱化事業は、都市景観に加え、良好な都市環境・住環境の形成や、防災対策などの安全、快適な歩行空間の確保などの観点からも、整備を推進する必要があることを市では認識しております。御質問のペアリーロードや弁天通りについては、現状の道路幅員内に埋設されております下水道管・ガス管などによる埋設スペースの問題や、道路上に地上機器を設置することによる車両通行への影響など、現状での無電柱化は難しい状況でございますが、市内の実施可能な土地区画整理事業区域内の主要道路や幹線道路については無電柱化をする計画として進めているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 土地区画整理事業地内の主要道路と幹線道路の無電柱化を計画しているとの御答弁がありました。無電柱化が計画されている箇所については、これまで伺っている範囲で申し上げますと、JR3駅の周辺と土地区画整理事業地内の主要道路、榎戸土地区画整理事業地内の吉方道路と梨の道、南山東部土地区画整理事業地内の主要道路、南多摩尾根幹線、鶴川街道、川崎街道であります。これらに加えて、稲城駅と京王よみうりランド駅の周辺と、それを南武線とつなぐペアリーロードと弁天通りを無電柱化すれば、目の前に大空が広がる無電柱道路のネットワークを形成することができます。ペアリーロードや弁天通りなどの道路幅員では電線共同溝の設置が困難であることは存じ上げておりますが、全国の自治体における無電柱化ではさまざまな手法を使って実施しておられるようですし、狭い歩道に対応できる柱型の地上機器の開発なども進んでいるようですので、先進自治体や関連企業などの調査を行うところからスタートしてみてはいかがでしょうか。再度御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 同じ答弁になると思いますけれども、無電柱化については、快適な住環境の形成ということで、市でも推進する必要があると思っております。ただ、既存道路への設置については、今お話ししましたように、諸問題がございますので、これについては、設置に向かって、各専用企業者もおられますので、それらと少し研究してまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) ぜひしっかり調査をしていただきまして、その調査をもとに、今後のまちづくりビジョンの中に無電柱道路のネットワーク化が位置づけられて、日本一住みやすいまち稲城のまちづくりがさらに進むことを期待して、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、16番、大久保もりひさ君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午前11時52分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午後1時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の3番、岩佐いづみさんの一般質問を許します。6番、岩佐いづみさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 大きな項目で3つについて一般質問させていただきます。
 1つ目の項目ですが、稲城市特定健康診査の検査項目のさらなる充実について伺います。稲城市としては平成20年度から実施となりましたメタボ健診に対しまして、平成21年度は早くも心電図を検査項目に加え、実施されています。しかし、平成19年度まで実施されていた貧血検査や血清クレアチニン・アルブミンなどの検査がなくなってしまったことに不安の声が市民の間からも、また医師の間からも上がっています。隠れ腎臓病の存在についても注目が集まる中、検査項目のさらなる充実が至急の課題と考え、以下について伺ってまいります。
 (1)、他市における特定健診の上乗せ検査項目の状況について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 平成21年度の特定健康診査の上乗せを見ますと、基本項目での上乗せは、血清クレアチニン24市、アルブミン15市、尿潜血16市、尿酸23市、白血球数17市、血小板数13市、胸部レントゲン18市という状況でございます。貧血については、特定健診の基本項目にされておりませんが、医師が必要とした場合の詳細な検査項目として位置づけられ、26市全市で実施している状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) さまざまな上乗せ健診がほとんどの市で行われているという状況だと思います。その中でも特に目立ちますのが、26市中24市で実施されている血清クレアチニン検査でございます。稲城市では行っていないので、私は質問に取り上げているわけです。そうしますと、もう1市はどこになるのか、また都下の日の出町、瑞穂町、檜原村ではどうなっているのかを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 本年8月時点における聞き取り調査によりますと、未実施は小金井市と稲城市でございました。日の出町、檜原村、瑞穂町は実施しております。また、これらの実施などについては、今後検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) それでは、(2)にまいります。貧血検査への認識についてを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 貧血検査は、ヘマトクリット値、血色素測定、赤血球数の血液検査として、特定健康診査の中では医師の判断とする詳細な検査項目になっております。このため、血液検査の実施は医師の判断に基づくものと認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 医師の判断によって、医師が必要と認めて行う検査になっているのですが、これは医師会のほうに確認させていただきました。特定健診を受けた方の大体何割の方がこの貧血検査を受けているのかというと、把握はしていないけれども、非常に少ない割合ですというお答えをいただきました。その少ない実施なのですけれども、これは、隠れ腎臓病ということに私も注目しての質問ですので、隠れ腎臓病によっておける腎性貧血というものがあります。医師が何によって貧血の検査をこの人には実施していこうと思うのですかという問い合わせに関しましては、まず問診票、それから既往症、それからその場で顔色とかを診て、医師の経験に基づいて、この人は貧血ではないかという疑いが持たれたときに行うということなのですが、今お話しいたしました隠れ腎臓病によって起こる腎性貧血は、まず自覚症状がないというのが特徴なのです。自覚症状がないのですから、問診票に書くこともなければ、医師が診て、この人の目の色や顔の色でどうだろうという貧血の疑いはまず持たれないということになります。だからこそその検査が行われなくて、貧血から隠れ腎臓病にたどり着くということがない。だから余計ずっと腎性貧血は引きずられ、腎臓はどんどん機能低下していって、本当に危険な状態までいくのが、隠れ腎臓病の怖さなのです。ですから、医師の判断ではなく、特定健診を受けに来られたすべての市民に必ず貧血検査も行っていただきたい。それが一番早く隠れ腎臓病に行き着く。つまり、例えば貧血では一番多くある鉄欠乏性貧血、血の材料になる鉄分がないからということで、貧血だと思っても、とりあえずはまず鉄分の多い食事をとるということになると思うのですが、それでも治らない。そうすると腎性貧血を疑うことになりますので、こうした貧血から腎臓病に行くにはそれなりの時間がかかるわけなのですけれども、その検査すら行わなければ、本当に腎臓に対して手おくれという状態にもなりかねません。問診票とか既往症とかといういろいろな事前のことからは医師の検査が必要という判断にはならない、しかも症状は無自覚であるということに対しまして、私は、市民がメタボ健診にいらっしゃったら、せっかくいらっしゃったという機会をとらえて貧血検査を行っていただきたいと思いますけれども、その点はいかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 特定健康診査の中において、医師の判断で追加されるべき健康診査の項目は決まってくると認識しております。一般的に、既往症があれば、その内容について、必要であれば判断されるということでしょうし、また基本的には視診、目視でしょうか、お医者さんの経験なり、そういった医学的な観点で総合的な症状を確認した上でなされるものと現時点では考えております。貧血検査だけということではなくて、総合的な判断ということもあるかと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 明らかな認識のずれがありますので、その辺は詰められないと思いますけれども、私の知っている限りのところで少し言っておきたいことは、腎性貧血は日本全国で300万人を超えるであろうと推定されております。先ほども言ったように、自覚症状がないので、まず貧血検査を受けることからしかこれが見つからないということなのです。ではなぜ腎臓が原因で貧血になるのか。このメカニズムなのですけれども、私は本当に医学に弱いのに受け売りになって申しわけないのですが、なれない言葉をたくさん使いながら、ちょっと説明させていただきます。腎臓というのはもともと酸素が行きづらいところで、非常に酸欠状態になりやすい。そうすると当然動きが悪くなるわけで、とにかく腎臓が仕事をしたいので血に集まってきてほしい。そのために何をするかというと、血圧を上げる。それと同時に、ホルモンの中のエリスロポエチンというものが腎臓から骨髄へ行って、骨髄は血液の工場ですから、もっと血をつくって、赤血球をつくってという命令を出すのだそうです。赤血球に乗って酸素がまた腎臓に来て、腎臓が働けるように頑張るわけです。腎臓には言うまでもなく糸球体がたくさんあって、そこが一個ずつ詰まっていって仕事ができない状態になると、だんだん腎臓のろ過機能が落ちていくわけです。そういうことになると、人間、疲れやすいし、最後は透析といったことになれば、本当にクオリティー・オブ・ライフにかかわってきます。そんなことにならないようにと、腎臓は一生懸命ホルモンを自分から出して、骨髄に命令して血をつくらせている。ところが、それも腎臓が弱ってくると、そのホルモンをどんどん出せなくなる。そうすると悪循環になって、腎臓はますます動けなくなる。ホルモンが行かない、血がつくられない、酸素が来ない、腎臓はまた動けないという悪循環を繰り返していって、どんどん隠れ腎臓病が進んで、腎臓は最後の最後まで頑張るのですが、わかったときにはもう非常に危険な状況であるということなのです。ですから、ぜひともこれを機会に貧血検査の重要性に着目していただいて、特定健診といういい機会を逃さないで、こうしたものを市民に早く行っていただきたいと思います。
 それでは、次へまいります。(3)、血清クレアチニン検査への認識について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) クレアチニンは、血液を介して腎臓より尿中に排泄されます。このため、クレアチニンの血中濃度は、腎機能としてのろ過能力の指標として用いられております。腎機能障害の発生リスクが尿たんぱく検査や血糖検査、血圧測定などにより把握可能であることから、血清クレアチニン検査は廃止されたものとされております。特定健診の目的である生活習慣病予防のために血清クレアチニン検査が必要不可欠であるかどうかにつきましては、医学的見地から判断されるべきものと認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 医学的見地から判断されるべきものということですが、腎臓がこんなにもたくさん、例えば骨をつくることにも関与していた、血をつくることにも関与していたという腎臓の重要性が明らかにされてきたのはごく最近のことで、医学的にも、腎臓専門という方ならともかく、医師の中でもまだそうした情報が行き渡っていないようなところもあるようなのです。そうした医師の見解も分かれるのかと悩んでおりましたときに、本当にタイムリーですが、11月30日月曜日の読売新聞の「医療ルネサンス」というところに「腎臓の病気」の特集記事が載っていました。先ほどの答弁では、まず腎臓機能障害の発生リスクは、尿たんぱく検査、血糖検査、血圧測定等による把握が可能であるので、それをやっていれば血清クレアチニン検査は要らないだろうということで廃止になったのだろう、これを復活させるためには医学的見地から判断されなければならないということでしたので、ここに一人の医師の重要な訴えがございますので、一部ですが、読み上げさせていただきます。「クレアチニンは、筋肉でたんぱく質を燃やしたときに出る老廃物で、腎臓から尿として排泄される。血液中の値が高いのは、腎臓のろ過機能が落ちているサインだ。腎臓への負担が大きくなり、腎不全の原因になる」。こうおっしゃっているのは虎の門病院の腎センターの原茂子さんという医師なのですが、腎臓内科医です。「たんぱく尿は腎臓の細かな血管が傷ついていないかを、クレアチニン値は腎臓のろ過機能を見ています」と説明され、この後が私は驚いたのです。原さんが委員長を務める日本腎臓学会・日本人間ドック学会合同委員会では、2006年に茨城県内で健診を受けた40歳から74歳の男女約18万7,000人の検査結果をもとに、尿検査だけで腎臓病の判定ができるかどうかを調べたところ、血清検査ではクレアチニン値がもう慢性腎臓病の域に達しているという人の中で、男性の89%、女性の94%が尿検査は正常だった。尿たんぱくと腎臓病の危険要因となる高血圧が両方とも、つまり高血圧の話も出ていましたけれども、尿たんぱくも白、高血圧もないという人が、男性で37%、女性で49%いた。つまり、尿検査だけでは腎臓病が見逃される危険性があることがわかったという調査なのです。腎機能を調べるクレアチニンの血液検査は、従来の住民健診には含まれていましたが、2008年に始まった特定健診──メタボ健診では、腹囲の測定などが新たに加わった一方で、必須項目から外れてしまった。原医師は、腎臓病を早期に見つけるには、クレアチニンの検査が欠かせないと訴えているという記事です。このことへの認識があっての24市での上乗せ実施ではないかと私は思っています。私がこう言ったところで、私は医師でも何でもないので、ただの新聞記事の紹介であると受け取られればそれまでだということになりますが、ここで福祉部長とこれを言い合っても、どちらも専門家ではないので、(4)へ行きたいと思います。
 それでは、(4)、市としての今後の取り組みについて伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 特定健康診査は、平成20年度から実施されているものであり、平成21年度には市は独自に心電図の検査を上乗せしたところでございます。特定健康診査は保険者の責任で行われるものであることから、市が単独で検査項目の上乗せを行うことについては、慎重にすべきと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 特定健康診査が保険者の責任で行われるというのは全国皆同じで、そうした中でも上乗せ項目を独自に行っている市は本当にたくさんあるわけです。稲城市としても、平成20年度に始まったメタボ健診に平成21年度には、ことしですが、もう心電図を検査項目に上乗せをしているということは、保険者の責任であるけれども、市民の生活習慣病予防に役立つことは市としてもやっていこうという政策判断を一つ下されているわけです。ここまでは大変迅速に政策判断をされてきながら、この先は非常に慎重になるという御答弁だったと思うのです。貧血検査にいたしましても、血清クレアチニン検査にいたしましても、一人の市民の身に隠れ腎臓病があっても見逃されて進んでしまったら、仕事ができないとか、余暇も楽しめないとか、家族も悩むとか、いろいろな状況が起きてくるし、これは社会の損失でもあるからこそ日本全国特定健康診査を行うわけなので、このことに対して、これもくどくど言いませんが、政策判断ですので、市長の御答弁をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) ただいま、貧血検査とクレアチニン検査を独自事業としてやったらどうかという御提言かと思います。貧血検査につきましては、先ほど来説明しておりますように、その検査の必要があるかどうかの判断は医師にゆだねているということでありまして、そういう方法ではなく、すべてに貧血検査をやるべきだという主張かと思います。また、クレアチニンにつきましても、今いろいろと御説明がありましたように、かなりの確率で腎臓病、隠れ腎臓病の発見につながる有力な検査項目であるという御指摘でございます。この2つの検査の必要度等につきましては、基本的には医学的な見解、判断の問題かと思います。特にクレアチニンの問題については、それだけ確率の高い検査であるということであるならば、その実施については検討すべき内容なのだろうと思います。ただ、いずれにしろ、上乗せということでございますので、保険者としての負担ということが当然発生するわけでありますから、どの検査が最も腎臓あるいはその他の疾病の発見等につながっていくのかということについては、私どもの市立病院にも医療の専門家がいるわけでありますので、こういったところ等も含めてよく研究しながら、また医学にかかわる情報などもしっかりとウオッチングしながら判断していくべきだと思っております。上乗せを全くやらないということでもありませんし、その必要性についても今後よく研究しながら、その必要があれば、あるいはその効果が極めて高いということが予測されるならば、それはそれで、またよく検討してまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 隠れ腎臓病は、1,300万人はいるだろう、新たな国民病だと言われております。こうしたことで研究・検討、また医学的見地ということをこれから求めていかれるという市長答弁でしたので、それに関しましてはもう24市が実行されていますから、いろいろな資料はすぐにそろうかと思います。小金井市が今後どうされるかわかりませんけれども、行政は横並びとよく言いますが、血清クレアチニンに関しては、24市の背中を見ながら、まだ稲城市はスタートラインにも立たないのかということになろうかと思います。これは行政にとって芳しくないという視点から聞いているのではなくて、市民の健康管理に必要だということで伺っておりますので、ぜひとも来年度早々にも結論に至りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 それでは、次へまいります。大きな第2点目、街路灯・防犯灯のLED化促進について伺います。稲城市役所が省エネやクールビズ、これからの季節はウォームビズになりますが、それらに取り組んでおられることは大変評価しています。そうした小さな努力を積み重ねていく、そしてさらにはもっと大きな効果があるものにも取り組んでいただきたいという思いから、蛍光灯よりもはるかに寿命が長く、消費電力が少ないLED照明へ街路灯・防犯灯を変えていくことは、大変効果が大きいと思いますので、その飛躍的効果に対し、市の考え方を伺います。
 (1)、現在の街路灯・防犯灯のすべてをLED照明に変更するために、稲城市として計画を立てて取り組む姿勢がほしいと考えておりますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) LED照明を活用した街路灯・防犯灯の導入につきましては、点灯時間の長寿命化や、電気料金の軽減など、環境問題に寄与する次世代の照明器具であるということは、市でも認識しております。しかし、製品価格は、販売当初よりも低価格になってきているものの、まだまだ既存の街路灯と比較すると高価であり、現段階でのLED照明への交換は財源的にも困難な状況であります。今後は、LED照明の使用については、製品価格の状況を見きわめながら検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) LED照明が次世代の照明器具であるという認識は日本全国に及んでいると思います。それは今確認させていただきました。それにしてもまだ製品価格が高いので、これがどうなっていくかを見ながら、稲城市もLED化を進めていこうという御答弁をいただいたのだと思います。今回私が防犯灯・街路灯のLED化に焦点を当てましたのも、市役所内の照明関係では今後順次こうした省エネ化というものが図られると思うからです。電気代が断然違いますので、こうした1カ所の建物の中でLED化していきますと、まず基本料金区分も違ってきます。そして、もちろん使用電力も少ないわけですから、これは当然に取り組まれていくだろう。市役所もしくは市役所に関連する建物はそうだと思います。
 では家庭はどうか。日本じゅうで使っている電力の4分の1が照明関係と言われていますので、その中でも家庭というのは大きな比重を占めると思うのです。これも日経新聞のニュース記事で申しわけないのですけれども、LEDは電器を通すと発行する半導体で、これを電灯に応用したのがLED照明です。ここへ来ていろいろな照明会社が参入しています。照明会社がLED照明の開発を急ぐのは、家庭向け白熱電球の生産をやめるからです。政府は2008年、温暖化ガスの排出削減のため、消費電力が大きい白熱電球の生産中止を業界に要請しました。各社は要請を受け入れ、2012年までに生産を順次打ち切る予定です。100円ショップでも売っている白熱球が買えなくなってくるわけですから、家庭では2012年以降、電球が切れたら、電球型の蛍光灯かLEDのものに変えざるを得ない。そうしたことになるので、家庭はもう順次進んでいくだろうと思います。
 それから、そうしたことで市場が拡大されるのをにらみ、これまで照明器具をつくっていなかった企業の新規参入が相次いでいるということです。富士経済が、2012年のLED照明の市場規模は2008年の4倍以上に拡大すると予測しています。ここで今まで電球をつくっていなかったメーカーも参入してきて、先ほど部長が大変心配されていた価格面も、恐らく一挙に量産から低価格化となっていくのだろうと私は思っているのです。
 そういう中で、市役所が率先してこうした市内に7,000本もあるという防犯灯・街路灯をLEDに変えていくということは、膨大な電力消費が本当に変わっていくと思います。また、寿命が長いということですから、今まで3年で取りかえていたものが10年で取りかえればいいとなると、その手間というものも予算としては削減できると思います。ですから、電力利用料金も下がって、交換の手間賃も下がれば、頻繁に切れないのですから、買い置きも少なくなるというか、つけかえる球代も低くなる。こうした中で、7,000本あるのですから、きょうの夜にみんなで一斉に取りかえて、明日の夜からLED照明ということにはならないわけですから、順次計画的に取り組んでいって、そしていち早く市内が全部LED化できたという稲城市を私は想像しているのですけれども、それに対して再度御答弁をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 御質問のように、LEDは、通常の蛍光灯に比べて点灯寿命も大体3倍から4倍ある。お話のように、電気料金の軽減も図れるということで、将来的にはLEDのところに交換していくようになるだろうとは思っております。ただ、現在、同じ話になりますけれども、信号機とか商店とか室内については確かにLEDのところが多くふえてきておりますけれども、街路灯・防犯灯については、価格の問題もありますけれども、まだまだ利用が少ないのが現状でございます。ただ、東京都では、平成22年度には街路灯・防犯灯の設置基準についても検討すると伺っておりますので、これらを見きわめて、財政的な問題がクリアできればですけれども、今策定中であります(仮称)第四次長期総合計画の中で徐々にLEDの照明との交換についても検討していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 寿命が3倍から4倍、逆に電気料金は10分の1にもなるだろうという中で、さらにいいこととしてというか、これが本当は一番大切なのかと思いますが、年間のCO2排出量が、水銀灯に比べれば4分の1ぐらい、蛍光灯に比べても3分の1強ぐらいです。それだけの違いがある。それを7,000本に対して行えば、どれだけ稲城市から排出されるCO2が減るのかと思います。東京都の基準が平成22年ごろには出てくるだろうと。また、今部長から、これからつくっていく(仮称)第四次長期総合計画の中にはそうしたフレームも入れていけるのではないかという御答弁をいただきましたので、ぜひとも頑張っていただきたい。一日も早いLED化を願いまして、(2)にまいります。
 新設の街路灯・防犯灯からLED照明にするべきではないかと考えますが、いかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) さきに御答弁しましたように、LED照明は環境に寄与する製品であると認識しておりますので、新たに設置する街路灯・防犯灯については、LEDの特異性をかんがみて、実現可能な箇所にモデル的に設置していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 実現可能な箇所にモデル的に設置していきたいという御答弁でした。確認させていただきたいのは、モデル的ということは、市民の目に多く触れて、環境にいいことなのだということが浸透していって、さらには家庭でのLED使用が拍車をかけて進むということになるといった効果をねらうという意味もありますので、モデル事業をやるとしたらどういったところでやるのがいいとお考えなのか。また、その規模です。幾らモデル事業でも、数十本やったらいいというものでもないと思うので、どれぐらいをお考えなのか、どのようなエリアでお考えなのか、確認しておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 将来的には、先ほどちょっと答弁しましたように財政的な問題がありますので、順次計画しなければいけないと思っておりますけれども、今このモデル的というお話をさせてもらったのは、開発行為などで市に引き継がれる防犯灯とか、まだこれは組合との調整はございますけれども、南山東部土地区画整理事業とか、駅周辺の部分、それから部分的に球切れ等がございましたときには、そういうところについても実験的に交換等をしてみたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 球切れにも対応して、できるところからやっていって、これから環境都市を目指す南山などでも組合との話し合いにも入ってくださり、また市民の目にもつきやすい駅周辺という御答弁もありました。一日も早く実現していただきたい。球切れなどはあすにもありそうですけれども、楽しみにしております。
 それでは、次の大項目の3、自殺防止対策について伺います。平成21年の自殺者数は日本全体で上半期で1万7,076人であり、前年同期比768人(4.7%)の増加となっております。これは過去最高だった平成15年の3万4,427人を超えていく勢いであり、毎日90人が自殺、約16分に1人がみずからの命を断っていることになります。日本全体の自殺率は10万人に24人ということで、これはアメリカと比べましても倍、OECD諸国ではワーストワンということです。ここで新政府が自殺対策に本当に動き出しました。その基本となります、みずから命を絶たれる方にもお住まいがあり、またそこに地域があるということを考えますと、一自治体として、稲城市における役割、なさねばならないことはたくさんあると思います。
 まず、稲城市における現状と対策について、(1)、稲城市の自殺と自殺未遂者の現状の把握はどうなっているのかを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 稲城市の自殺者数については、南多摩保健所などによると、平成18年は10人、平成19年は16人、平成20年は9人とされております。また、自殺未遂者は把握できておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 平成18年に自殺対策基本法ができまして、このときに私も第3回定例議会で一般質問をさせていただいております。また、その後の第4回定例議会では、子供の自殺が相次いだことから、特に中学生の自殺が連続で起きましたし、小学生の自殺もあったということで、子供への自殺予防対策といったことも質問しております。それから3年たちまして、日本全国で状況がよくなっていない中で、稲城市としてもいろいろ御努力をされてきたのだろう。その基本となる平成18年の部長答弁では、いろいろ情報がとりにくい状況だけれども、例えば職業別とか、性別とか、年代別とか、そうしたことがわからなければ対策が立てられない。対策基本法も大綱もそうなっているわけなのですけれども、稲城市ではそれがつかめないということで、その辺は工夫してこれから情報を集めますという御答弁をいただいております。この平成18年は10人、平成19年は16人、平成20年は9人という、その辺の中身、また自殺に至った理由の背景などは把握されているのでしょうか。年代、背景、理由、それから性別、そういった諸情報をつかまれていたら、割合だけでも教えていただきたいと思います。
 また、自殺未遂者は把握できませんと、これも驚くべき答弁なのですが、確かに全部を把握することはできないと思います。稲城市民であっても、他県とか都でも区部に行って自殺を図るという方はいらっしゃるわけですから、そこまで調査できないということがあるかと思います。ただ、少なくとも、稲城市内で稲城市民が自殺を図れば、稲城消防に連絡が入るわけで、救急隊の出動回数で、これは平成18年のときにも指摘させていただいて、この自損というものの中身を詳しく調べるとわかるのではないかと指摘させていただいたのです。とにかく平成18年は情報収集に努力します、それから消防とも連携して実態をつかむのに努力しますという部長答弁をいただいていますので、そこをもう一度、どういう努力をして、どのような工夫をされたのかも含め、伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 自殺の実態把握というのは、プライバシーにも触れる問題で、なかなか把握しづらいというのが現状でございます。南多摩保健所などの資料によりますと、平成20年の自殺の男女別ですと、男性が9名、女性が6名という報告も出ております。また、これは5歳階級別の分析というものもできております。また、自殺者の職業あるいは状態については、必ずしも個別の稲城市内の状況というのは把握はできておりませんが、国全体での自殺対策の中でその全体像というものを把握して、それに対する対応策、例えば気づきのサインとか、あるいは相談体制とか、あるいはそれを聞き取りをするような周りの対策と申しますか、そういったことを主眼に対応策というものを出してきております。稲城市の中でも、そういったことを踏まえながら、あらゆる層に対応していかなければならないといった認識でございます。個別に職業別とか、あるいは地域別とか、そういった問題についてはなかなか把握できていないというのが実情でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 自殺予防のために本当に頑張ってきたライブリンクというNPOが、特に自死された方の遺族への聞き取り調査をなさっています。その中から浮かび上がってきたことでは、例えば、自己破産をしている方の割合が高い。また、自営業の多い地域には自己破産も多く、したがって自殺率が高いとか、いろいろなことがだんだんわかってきておりますので、そうしたNPOとの連携ということもこの後で聞きますプランのほうにもありますので、ぜひ稲城市としても積極的に連携していただきたいと思います。平成18年のときには、自殺を個人の問題ということだけでとらえるのではなくて、社会に追い込まれた結果の死であるという認識を共通認識として行政と持てたと思っておりましたので、そのことをさらに進めていただきたいと思います。
 次の質問にまいります。(2)、平成19年に策定された自殺総合対策大綱、平成20年に策定された自殺対策加速化プランに基づいた自殺防止対策について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 政府の自殺総合対策大綱に基づく自殺対策加速化プランでは、1、自殺の実態を明らかにする、2、国民一人一人の気づきと見守りを促す、3、心の健康づくりを進める、4、適切な精神科医療を受けられるようにする、5、社会的な取り組みで自殺を防ぐ、6、自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ、7、残された人の苦痛を和らげる、8、民間団体との連携を強化する、9、推進体制などの充実、この9項目を定めております。稲城市においては、自殺予防やうつ病予防などの講演会や研修会、いなぎ社協だよりの特集記事による広報活動、窓口を担当する障害福祉課や健康課の保健師による相談業務、地域活動支援センターによる生活相談やボランティア講座の開催など、積極的に実施しております。今後も引き続き、自殺対策加速化プランを踏まえ、稲城市社会福祉協議会や南多摩保健所、多摩総合精神保健福祉センターなどの関係機関との連携を図った上で、必要な対策を実施してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 平成18年のときに、社会に追い込まれての結果の死であるという認識をして、その後、今もう一つ新たな認識が加わっているのは、自殺総合対策大綱も、自殺対策加速化プランも、自殺を予防しなければならないということです。これは、先進国中ワーストワンということが恥だということもありますけれども、それより何より、働き盛りが亡くなるといったことを考えますと、非常に社会の損失だという視点に立って、国を挙げてこれを防ごうということで、新政権も11月30日、17都道府県77ハローワークでワンストップサービスを行い、大阪府では512人、東京都では485人、全体で2,404人がこうした窓口を訪れました。死にたいと思っている人に来てくださいと言ってもなかなか相談には来ないけれども、お仕事がなくて困っている方と言えば来てくれるので、ハローワークで実際に仕事を探しながら、「実はこんなに長く探しているけれども、ない。このごろ夜も眠れなくて、本当に死にたくなる」といったことが言われると、「はい、心の相談」。それから、借金がこんなにも多い、多重債務だということになれば、「はい、こちらに弁護士さんが待っています」といったワンストップサービスが行われたわけです。こういう社会で追い込んでいかないように、「大丈夫だ、ひとりではない」ということを国を挙げてやっているわけです。こうした中で、稲城市はまだまだ実態の把握も弱いものですから、なかなか有効な手が打てていないということは今の答弁でも思いました。ただ、何もしていないなどとは言っていません。啓発事業はよくやっていただいていると思います。特にうつ病予防では、平成17年からうつ病予防の講演会や研修会に取り組んでいただいています。うつ病のほうも、けさの新聞でしたが、100万人を突破したということですから、もちろん過去最高です。ですから、そうしたことに稲城市が早く取り組んだということは評価しているのですけれども、それに加えまして自殺予防の講演会・研修会もしたという御答弁が今あったのですが、うつ病ではない原因に対する自殺予防だったと思うのです。そうすると、これは当然市民に対して行われたと思うのですが、方向は2つあると思うのです。精神疾患に対する偏見などで、そういった社会が追い込んでいく、それをやめようという啓発ということもあるし、それから悩みを抱え込まない、自分ひとりではないのだ、相談する窓口はたくさんあるのだ、まず隣の人に言おう、家族に言おうといった、自殺予備軍にならないための呼びかけ、啓発といったものがあると思うのです。それはどちらの内容でいつごろやられたのでしょうか。これだけ伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 稲城市の対策は機会をとらえてやっていますけれども、主に見守りのためのいわゆるゲートキーパーという方の養成というものは、直近、たしか11月末だったと思いますが、身近な相談ができるという職員を養成したということでございます。これも一つの対策でございます。また、市民向けには、現時点では人数などは手元に資料がございませんけれども、市民向けの講座を含めて、社会全体での気づき、見守りということについての講座、それから周りの人が気づいた時点で専門機関につなげるといった啓発を中心としたものを実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) わかりました。職員に対して、ゲートキーパーになろうということを直近に研修していただいているということですから、これは恐らくワンストップサービスにつながるものだと思いますので、市役所まで来たらほっとしたという方がふえますように祈っております。
 それでは、次の質問にまいります。(3)、稲城市立病院に搬送された自殺未遂者へのフォローについて伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 市立病院に搬送される自殺未遂者のほとんどが薬物によるもので、年間7件から8件程度です。また、この半数以上は精神疾患を合併していることから、通院している精神科医と連絡をとり合ったり、当院入院中は、病棟看護師が患者本人やキーパーソンとなる方とコミュニケーションをとりながら、再発防止に向け心理的ケアを行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 今、自殺予防週間ということでキャンペーンを組まれて、NHKなどでもゆうべも夜遅くまで自殺対策を特集していたのです。その中でも、未遂者へのフォローがまず第一だと。なぜなら一番ハイリスクだからということです。このハイリスクな人が市立病院にも救急搬送されてくる。その数は年間7件から8件と非常に少ないし、また消防にも確認しましたところ、リストカットをしたり、薬を飲んで自分で電話をかけてこられるぐらいの軽症者が市立病院では割と多くて、もっと重症であれば、ほかのところへ、精神科医もいるところへ搬送しているということでした。入院しているときの見守りといったものも本当に大切しないと、どうしても自分で死にたくなる人の気持ちというのはなかなか理解できない。特に病院は、みんなこの病気を治して退院してもう一回頑張るぞという意欲をわき出させるところですから、そういう希望を持ってみんな闘病生活をする中に死にたいという人が入ってくるわけですから、実は看護師さんたちでも対応が本当にはれものにさわるような感じになったりしてしまっているという反省が番組中で聞かれました。そうしたこともあって、私もはっとしたのですが、もっとはっきりと聞くことから始まるのだということで、どうして死にたかったのか、なぜ死にたいのか、また死にたいと思うかと聞くということで、その人の背景をどんどん探るということなのです。私は平成18年にこれを一般質問していまして、そのときに私のほうから、精神的なフォローを専門医などにつないでほしいとお願いして、今そのようにしていただいているということなので、その第一段階をクリアしていただいているのだと安心はいたしました。うつであっても、さらに聞くことによって、そのうつの原因が社会的要因だということがあるわけです。家族問題であったり、生活苦であったり、いろいろなことがありますが、今これだけいろいろなサービスもできている中で、うつだから、また精神科に通っていたから、そこにお願いしようということに加えて、そういうことだったらもしかしたらここがいいかもしれないということで、行政とかにもつないでいただきたい、弁護士会などにもつないでいただきたい。そうしたことも考えるのですが、そうした御努力をしていただけるか、確認させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 自殺未遂者の患者が持つ自殺しようとする危険因子は、経済的な部分とか、人間関係など、さまざまですけれども、病院としましては、まず体の健康を取り戻していただいて、心の健康につなげることが大切だと認識しております。さきの答弁でもお答えしましたとおり、病院の中でできることを行い、それを地域ケアにつなげられるよう、今後も努力していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 岩佐さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 6番(岩佐いづみ君) 地域ケアということの範囲に入るのかどうか。本当にもう心が折れているわけですから、自分が悩んでいたのはこういうことなのだと話したことでわかっても、ではと急に積極的に自分からこういう窓口を訪ねようとはなかなかならないで、また気持ちがなえていく。そういうことを防ぐことが一番自殺未遂の方の再発を防ぐことになるかもしれないと私は思いますので、身近にいる看護師さんなどに、はれものにさわるのではなくて、逆に何を困っているのだろうかと聞いていただいて、患者さんからは話しやすいところに話してもらって、そしてそれが実際のサービスにつながる、こうしたことが私としては理想的だと思っております。いろいろな病気の方にいろいろなケアをされている病院にそこまで言うかと思われるかもしれませんが、とにかく交通事故の3倍、4倍という自殺者を本当に一人でも稲城市内で救っていけたらということを市立病院に期待しておりますので、お願い申し上げて、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、6番、岩佐いづみさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 通告の4番、伊藤正実君の一般質問を許します。5番、伊藤正実君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 通告に従いまして、大項目4つを質問させていただきます。よろしくお願いいたします。
 第1番目、市役所窓口のプライバシー対策について質問させていただきます。市役所と言えば、当然相談業務、また証明書等の発行業務があって、市民は手続のために市役所に来庁されるという形になります。この方々が申請をして証明書をもらったり、また何々の相談という形になったときには、大体カウンター越しに市役所の職員が応対されるということになります。相談の場合は、後でまたいろいろと出てくると思いますが、基本的には、込み入った相談であれば別室を設けて、そしてかなり突っ込んだ相談業務をこなしていくということは当然のことなのですけれども、証明書の申請手続についても、市民の方々は基本的には紙もしくは口頭によって、氏名、住所、生年月日、それから性別はいいとしても、そういった個人情報を担当者などに話をして、その申請業務、また相談業務を進めていくということが今普通に行われております。逆に言えば、個人情報を担当者やその他の方々に示さなければ手続が進まないということで、それは不可欠な状況にあります。その手続を進めていく際、当事者はいいのですけれども、その付近にいる第三者の方々に個人情報が漏えいしてしまう可能性があります。そこで、そういったことを踏まえまして、今行われているカウンター越しでの応対の中で、この対策をどのように市は考えているかをお伺いするものであります。
 窓口の具体例として言えば、皆さん御存じのように、例えば1階にあります市民課であれば、戸籍の届出とかがございます。私も聞いた話なのですけれども、戸籍というのは身分の変更がある部分でございますから、届出書というのが正式だと思いますが、届出書に必要事項が書かれていて、それを担当者に出しても、隣の人にちらちら見られているという不安感はぬぐえない。特にそれがいいか、悪いかは別として、主観ですから、まことに言いづらい部分はありますけれども、自分にとって不利な申請・届出をしなければいけない、例えば離婚届といったものを出すときに、隣に第三者がいたときに、そこから自分の個人情報が漏れるのではないかという不安はどうしてもぬぐえなくて、つきまとってくる。こういったことを聞いたことがあります。また、納税においても、納税相談をする。そのときの初期対応として、納税の窓口にいれば、何かそういったことがあるのではないかという不安感がある。また、保険・年金の場合においては、資格証明書の発行であったり、年金相談という非常にプライバシー度の高いものが出てきます。2階においても、特に福祉部の窓口では、相談や、相談に至るまでの初期対応の中で、相談を受けよう、もしくは手続に行こうという市民には非常に不安があり、それに重ねて個人情報の漏えいという不安が出てくるということになります。これは1階・2階の窓口に限ったことではなく、例えば教育委員会においても、学区割りについて保護者の方が話しているときにどうなるのかといったこともあります。特にプライバシー度の高い病院であっても、名前の呼名等も、あの人がこの病院に今かかっているのはどういうことなのだろうかとか、個人情報の漏えいは知らず知らずに起こってくるということになります。4年前、私が総務委員会に所属しているときに高知県の病院に視察へ行きました。本来はPFIの関係で調査をさせていただいたのですけれども、そのときの病院長の説明の中で、この病院では名前を呼ぶことはなく、顔写真といった特定できるものがあらかじめカルテ等にあってわかっているので、それを持って診にいくということを我々に言われたことがあります。近隣の病院でもそういったことをしている病院があると聞き及んでおります。こういったことが個人情報を守るための一つの方法ではないかと思っております。
 本題に戻ると、(1)、まず総論的にお伺いしますが、稲城市の個人情報保護条例との関連性について、今言ったような事案がある稲城市として、市はどのように考えているかをお伺いするものです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 市の窓口におきましては、各種の相談や申請など、さまざまな個人情報を取り扱っており、その取り扱いにつきましては、細心の注意を徹底しているところでございます。稲城市個人情報保護条例では、市が保有する個人情報について、個人の利益を保護する観点から、基本条項を定めております。特に個人情報の安全確保につきましては、その漏えい等を防止するため、業務に関して知り得た個人情報の内容をみだりに他人に知らせ、または不当な目的に利用してはならないことを義務としておりまして、研修等を通じ職員に徹底しているところでございます。今後も、本条例に基づき、個人情報の保護及びその取り扱いにつきまして、細心の注意を徹底してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) それでは再質問させていただきます。今の答弁の中に、個人情報の取り扱いについては細心の注意を徹底していくということがありました。以前、学校でUSBの紛失があったり、また名簿の紛失によって個人情報の漏えいが懸念されるような事案が稲城市で発生しまして、新聞報道もなされました。こんなことがあった稲城市ですが、それはどうしても人間のやることですから、ヒューマン・エラーも当然あります。細心の注意を払って徹底していくとは具体的にはどういうことなのか。また、先ほどお話ししたように、窓口においてもむやみやたらに個人情報の提供というものが行われている状況でございますで、どういったところに細心の注意を払って個人情報保護を確立していくのか、徹底していくのか、その部分について再度お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 基本的には、個人のさまざまな申請とか相談がございますので、それをより厳格に取り扱うということをまず職員一人一人に徹底しているところでございます。御質問のとおり、当然第三者に知られたくない相談や申請なども含まれていることから、例えば申請者や相談者のお名前を呼ぶときにも、本市では苗字だけで呼称させていただくということにしております。いずれにいたしましても、情報の一つを周囲の人に知らせてしまうということになりますと、不利益が生じる場合もございますので、庁内での取り扱い事例や対応なども調査いたしまして、必要がある場合には、しかるべき対応をしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) それでは、(2)に行きます。そういったことで、徹底して個人情報を守るという姿勢をいただいております。その中で、カウンター越しの応対というのは、これからも市の場合、市役所等の対応については、そういった対応が一番シンプルかつ望ましいと思います。しかしながら、先ほども提案しているように、個人情報の漏えいは絶対にされてはいけません。といったところで、私は今回、カウンターについ立ての仕切りを設けて、プライバシーの保護を図ることを考えています。これは、実は先日総務委員会の視察で秋田県の大仙市にお伺いさせていただいたところ、大仙市の1階で、稲城市でいう市民課のカウンターについ立てが設置されておりました。そのときに個別に大仙市の方の説明を聞いたのですけれども、これにより個人情報の保護が図られているということで、これは市民に好評であり、またほかの課のカウンターにも設置していきたいという話をいただいたところでございます。さきにも述べたように、市のカウンターで、接客と言っていいのかどうかはわからないのですが、業務を行うときに個人情報の漏えいを防止するためにも、今回つい立てなどの仕切りを設けることを提案させていただきますが、いかがでしょうか。
 各課を見ていると、これに努力している課もあるのです。保険年金課は、つい立てとまでは言いませんが、仕切りを設けるために、資料のボックスをカウンターに一応立てまして、右と左を分けるような形で、たゆまぬ努力をしているところも私は見ているのです。ただ、それでもなかなか難しい部分があるので、つい立てのような形で、少しでもそういったことを全庁的に取り上げるような形の考え方をお伺いするものでございます。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 庁内の業務は、ほとんどが対面カウンター形式になっておりますので、業務の内容によっては個人情報を取り扱うことも多くあることから、個人のプライバシーを含めた各種情報が第三者に漏れることのないよう、細心の注意を払って対応しているところでございます。御提案のつい立てを設置することにつきましては、確かに同一カウンターに隣接し複数の業務を取り扱う場合における個人情報等の保護には有効な手段と考えておりますが、設置することで市民に対し心理的な圧迫感を与えることはないか、また事務処理のために必要な空間は確保できるかなどの課題も研究する必要があると考えております。今後も、個人情報の保護ということを最優先とし、庁内の状況を確認するとともに、既につい立てを設置している事例もございますので、これらの状況を確認しながら、研究課題とさせていただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 再質問させていただきます。今、つい立てがあると、心理的な圧迫感を与えるのではないか、また必要な空間が確保できるかどうかといった答弁がありましたけれども、私はそういうことはあり得ないのではないかと思います。であるならば、同様な形で、例えば銀行などにもつい立てがあって、それで圧迫感があるかといったら、そうでもない。また、社会保険事務所、それからハローワークといったところにもつい立てがあるのですけれども、こういったところで心理的な圧迫がある、また業務に必要な空間が確保できていないといった話は余り聞いたことがございません。したがって、私はないと思うのですけれども、市役所だからということであれば、またその辺の具体的な研究の御意見をいただければと思っております。したがって、私は市役所でできないわけはないと考えています。何回も言ってくどいようですけれども、何よりも一番大切なのは個人情報の保護であると考えています。そこで、当然のことながら、先進事例を調べられていると思いますけれども、どのような先進事例があったかということについてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 先進事例ということで、私も大仙市に同行させていただきまして、そのようなことも見ておりますので、その状況を確認させてもらっています。まず、周囲からも書類などが見えてしまう低いカウンターを中心に、つい立てを設置している。申請される市民などにも座っていただき、カウンター上で事務をとる形になるということでございます。こういった場合には、これは私が確認したのと議員が確認したのとではちょっと違っているのですけれども、心理的な圧迫感というのはあるのかと。これは担当者の方それぞれのとらえ方によって違うと思うのですけれども、そのようなお話もいただいております。それともう一つは、確かにプライバシーの保護になるけれども、黙って座られてしまうと、忙しいときには気がつかなくて、ずっとお待たせしてしまうということもあったり、同じカウンター上で書類や資料を扱う場合には、限られたスペースになって、その結果手狭になってしまうということで、複数の書類が必要になってまいりますと、つい立てのないカウンターに移ってもらうこともあるということでございました。市とすれば、その辺もございますので、もう少し状況を調べてみたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) それでは、(3)に行きます。今度は相談業務についてです。相談業務になると、かなりプライバシーの保護を積極的にしなければいけない情報が飛び交う形になるかと思います。プライバシーが守られた個別の相談室は、今市役所にも、2階にあったり、また各階に設置されているところと、されていないところも当然ありますけれども、数室あると思います。これをもう少し充実させて、今カウンターである程度行われている相談内容において、個人情報の保護が図られなければいけないやりとりもかなりあると私は認識しております。したがいまして、個人情報の保護を念頭に置いて考えると、相談内容をもう少し厳格に判断すると、相談室へ行って話さなければいけない事案がふえてくると私は考えて、その相談室をもう少し充実させなければいけないのではないかというところで、市の考え方をお伺いするものです。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 福祉関係や法律相談など、個人のプライバシーに関する業務につきましては、相談室を設け、個別に対応しているところでございます。御提案の相談室の充実につきましては、相談業務の総体数からの必要性は感じているものの、庁舎全体のスペースから、新たな設置は困難と考えております。このことから、現在の会議室の有効活用を含めて、個人のプライバシーの保護ということを最優先とし、必要な対策を講じることを研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 相談室はうまく利用しているのだろうと思いますし、まだ若干余裕があっても、今言ったように、それはプライバシーの保護というものを観点にもう一度研究していただければ、相談の内容からすると、これはもう相談室に行かなければいけない、相談室で対応するべきだという判断がもう少し厳格になると私は思いますので、その部分を待ちますので、この件は研究していただいて、さらにプライバシーの保護を遵守していただくようにお願いして、次の項目に移ります。
 2、自転車の施策についてでございます。先般の道路交通法の改正により、自転車の交通ルールが大きく変わりました。これは前々から取り上げておりましたが、補助いす付自転車、いわゆるママチャリについて、この議会でも、ヘルメットの着用について、皆さん、普及啓発をしたほうがいいのではないか、行政も積極的に力を挙げてといったお話をさせていただきまして、何とか今回の道路交通法の改正の中ではヘルメットの着用が努力義務になったということも含めて、道路交通法の改正にとっては非常にいい部分になったということだと思います。それと同時に、環境に配慮するような形での自転車が注目を浴びています。道路交通法に限って言えば、かなり細かい自転車のルール、原則車道を通らなければいけないとか、そういうことがありますけれども、今回私は、環境に優しい交通手段の自転車の利用をもう一度見直すための部分を少しひもといて提案させていただければと思いまして、取り上げたところでございます。
 まず、(1)、道路交通法の改正によって、3人乗り自転車が許可された。3人乗りというのは、保護者の方が1人乗って、今までの道路交通法であれば、6歳未満の子を1人、後ろもしくは前に乗せることが許されておりまして、2人乗せることは基本的には禁止でありましたが、3人乗り専用の強度を保った自転車に限って言えば、3人まで乗ることができるということに法令が改正されました。この購入希望者は多いのですけれども、これは非常に高価である。それで普及促進がなかなか図られづらいということで、各自治体も購入費補助等を検討し、また実施している市もございます。この近くでは、西東京市などは購入費について積極的な支援を打ち出しています。また、三鷹市ではレンタル自転車制度などをやっています。こういった制度を創設すべきと考えて提案するものでございます。
 先日、三鷹市に行ってまいりました。三鷹市では、3人乗り自転車を三鷹市で購入しまして、それで一定要件をクリアした市民に貸し与えている。それには自転車の組合がそういったことを要望したという経緯があるのですけれども、三鷹市がそれをレンタルにした理由は、1台の購入費が高いということ、それから3人乗りというのは基本的には子供さんが相手になるわけです。したがって、6歳の子供までしか乗せられないという法律がありますので、長く借りても6年ということになるので、6年すると自転車はいらなくなってしまう。今日の自転車というのは非常に性能がよくて、10年ぐらいもつのもざらにあるわけでございます。そうすると、使用時期は非常に短いにもかかわらず、3人乗りの自転車を購入するというのはどうなのかというところ。またレンタル制度についても、第三セクターの活用でレンタル制度の確立が非常に容易だったということから、非常に好評である。しかも募集で漏れてしまって待機している人もいるということを聞いてきたところでございます。
 これは、少子化対策という側面からも、西東京市あるいはレンタルをしている三鷹市も含めた各市の制度のどちらかで結構ですので、何らかの制度を創設して対応すべきだと考えるのですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 6歳未満の幼児2人を乗せる、幼児2人乗り同乗用自転車、いわゆる3人乗り自転車につきましては、ことしの7月1日から警察庁が定めた安全基準を満たす自転車に限り認められたものでございます。市では、子育て支援対策につきましてはさまざまな施策を実施しておりますが、御提案の3人乗り自転車のレンタル自転車制度や購入費助成につきましては、本市の抱えている福祉施策の優先順位の状況から判断すると、事業の実施は難しいのではないかと考えております。今後、そのニーズや制度の必要性について、慎重に研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 三鷹市では交通安全対策という部署の所管だったものですから、交通だと思っておりましたが、福祉から答えが来るというのは私としては非常に違和感があります。それでは再質問させていただきます。答弁の中で、今、福祉政策の優先順位の状況から見て、非常に難しい、厳しいということでした。今言ったように、この事業は福祉施策ではないと思うのですけれども、これはさておき、どういう順位でこの事業が劣後するのか、福祉施策として優先順位はどうなっているのかということをお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 現時点で稲城市が優先すべき福祉施策、とりわけ私どもの子育て施策の中では、保育所の待機児解消ということ。これについては、相当数の待機児童がおられるということから、最優先課題と整理しております。具体的な弾力化なり、認証保育所の増設なり、施策があると考えております。また、学童クラブでの待機児童の解消についても、非常に優先される施策であろうと判断しております。また、義務教育児の医療費助成制度についても、既に実施しているということから、こういった施策を現時点では優先的なものと判断しております。それ以外にも、さまざまな家庭福祉員制度の充実とか、子ども家庭支援センターなど、これらの対策について、特に取り組むべき課題と整理しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 稲城市は非常に若い市だということで、子供も非常に多くいます。ほかの市と比べて、子供が2人以上いる世帯も多い、子育て中心の世帯、御家族が多いというのも事実です。確かに今おっしゃるように、待機児童解消に取り組む施策が最重要であるということは把握していますし、理解もするのですけれども、そういった家庭に対して、3人用の自転車のこういったものを創設して、こういったものに目を向けるのも一つの制度として非常に有用に活用するのではないかということと同時に、次の(2)にもありますけれども、環境にも非常に優しいのではないかと考えるのです。現状は難しいと言われているので、しようがないのですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 3人乗り自転車の普及ということについては、一定の社会的評価もあるから他の自治体で実施されたという経緯があるのだろうと思います。残念ながら私どもでは、財源の振り向けということも視野に置きながら、特に優先される施策について重点的に実施していきたいという思いで、現時点では他に優先する施策が非常にあるという判断をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) (2)に行きます。御存じのように、自動車やバイクと比べてCO2がほとんど出ない自転車でございます。近年では、電動アシスト付自転車なるものが発売されておりまして、当然皆さんも御存じだと思いますが、少しの力で大きな力をアシストしてくれるこの自転車が、高齢者を初め、多くの年代の方々が利用しているものになっている。特に坂を上るときなどは、電動アシスト付自転車の効果は絶大で、まさにスイスイという感じで上っていく。私も1回だけ運転したことがあって、そのように全然違うことがわかっておりまして、非常にいいと思っております。このようなことがもっと周知徹底していれば、自動車やバイクの利用から自転車利用へと切りかえが進むのではないかと思っております。そうなれば、CO2の排出抑制にもっと役に立つのではないかと考えているところでございます。ただ、非常に高価なのです。そこで、購入費の高い、そしてまた自転車利用という観点から有効である電動アシスト付自転車の購入費助成制度を創設して、環境施策としての展開をすべきであると考えますが、市の考えはいかがなものか。
 先日、八代市に行ってまいりまして、八代市で行われております電動アシスト付自転車の購入費補助制度というものを視察してまいりました。八代市では高齢者の方々への施策として行われている事業で、応募者が予定を非常に上回りまして、大変盛況であった。そして、高齢者外出支援事業の一環として行われていることなど、また助成の面においての問題点、例えば所有権譲渡の問題など、いろいろなことを学んでまいりました。稲城市と八代市では、人口や年代別構成比の違いがあるがゆえに、八代市では、対象を高齢者に限定した事業であったと私は推察しているのですけれども、稲城市では、高齢者のみならず全市民を対象として、そしてその中で高齢者への対応を考慮するなどして行えば、今八代市で行われている事業と、結果としては環境施策として行っていただきたいと今考えている電動アシスト付自転車の補助事業といったものは同質で、そして拡大した対応ができるのではないかと考えているところでございます。このような先進事例を踏まえまして、この購入費助成についての市の考えをお伺いするものです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 自転車は、環境に優しい交通手段とされております。その中で電動アシスト付自転車は、丘陵地などでは有効な乗り物であると認識しておりますが、通常の自転車と比べると、環境への負荷もあるものとされております。電動アシスト付自転車は、脚力が不足していても容易に乗ることが可能であり、高齢者などの利用の際には、利便性が向上しているものと考えられます。また、健康増進や介護予防の観点から、高齢者の自転車利用は有益と考えられるところでございますが、高齢者の運動ではさまざまな施策を実施しておりますので、現時点では御提案の電動アシスト付自転車購入費助成制度につきましては、本市の抱えている福祉施策の優先順位の状況から判断すると、事業の実施は厳しいのではないかと考えております。今後、環境面、福祉の面からも、そのニーズや必要性について、慎重に研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 環境施策としての事業展開という形で考えて提案したのですけれども、環境面の答弁についても福祉部長にお答えいただきまして、ありがとうございました。そこで、福祉部長に再度質問させていただきます。それでは、先ほど福祉の関係の高齢者の優先順位を言われましたけれども、この部分においての環境施策からの優先順位はどのようになるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 私どものほうでは、福祉施策として、この制度内容について、高齢者に優しいという観点から施策の優先順位を判断したということでございます。そういった中では、介護予防であり、高齢者の介護施策あるいは相談事業といったものと比較してということでございます。自転車そのものについて、電動アシスト付自転車との環境比較あるいは施策の優先順位というものを想定したということではございません。あくまでも高齢者にとって有益なものであるということから、高齢者施策の中での優先順位とすれば、他に優先するものが多いのではないかという判断をしたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 環境面につきましては、もうちょっと違う観点から私のほうから改めて答弁をさせていただきたいと思います。
 本市では、NEDOから電気自動車をいただきまして、しばらくの間いろいろと運用させていただきました。幾つかの問題があることが具体的に明確になったわけでございます。一つは、バッテリーが非常に高価であって、その取りかえ等もかなり頻繁になるということで、結果としてコストがかさむということ、また車検等も同じようなことが言えるということがございました。
 また一方では、今私どもは、先ほどLEDのお話もございましたように、電気を節約しましょうということをかなり強くやっておりまして、市民の皆さんと一緒に取り組んでいるわけであります。ですから、電気の消費を減らすこと自体が結果としてはCO2の削減につながる。実際には、特に火力発電等については、稲城市の中で発電しているわけではありませんから、負荷がかかるわけではありません。しかし、日本国あるいは地球全体からすれば、電気をたくさん使うということは、そういった負荷もかかる。そういう視点からしますと、いわゆる一般の自転車に比べると、自動車もそうですが、電気自転車も若干の負荷があるのだということは、これは一方では押さえていかなければいけないことなのではないかと思っております。
 また、私は個人的に電動アシスト付自転車を持っておりますので、そういう観点からしましても、一定の操作が必要になってくるということとか、例えば稲城市には丘陵部がありますが、丘陵部で使っているときに切れてしまうということも当然起こり得るわけで、それは常にチェックされていればいいのですけれども、日常に使うものというのはなかなかそうはいきません。そうすると今度は逆にこれがアシストではなくて重たくなってしまうということで、これがかえって高齢者にとっては事故につながったりということも可能性としては考えられるということで、少し多面的な観点から見たときには、必ずしも100%環境面でもいいのだとお勧めできるというわけにもなかなかいかない。そういった実際の機能と環境負荷等を含めて、総合的に考えていく必要があるのではないか。そしてまた、福祉施策の中で今これを即援助していくということにはちょっと当たらないかと思っております。むしろ、市でもここで買いましたので、こういうものを市民の皆さんに利用していただく。今、土・日などに市の持っているいろいろな資産を活用していただくなどということも始まっているようでございますので、まずはそのようなことを試行するなどということも一つの方法としてはあるかと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) ありがとうございます。いろいろな観点から検討していただいて、ぜひそれなりの成果を出していただければと思います。期待しております。
 それでは、3に行きます。予算積算方法による配分予算についてでございます。毎年予算書を拝読するに、配当予算と言われている部分を今回は配分予算と同義語として取り扱わせていただきますが、配分予算が立てられているものがあります。特に学校に関する予算はその典型であります。これは、一昨年の決算特別委員会、また昨年の予算特別委員会でも取り上げさせていただいた部分もありますが、特に決算特別委員会では、配分予算の問題については、予算の無駄な使われ方というものが表面化しているように見えたので、集中して質疑させていただきました。配分予算は、各部門ごとに予算化することにより機動的な運用ができる反面、予算を枠化することによって、無駄な使われ方が出てくる可能性が非常に高いと私は考えております。これは人間だれでもそうですけれども、その部分だけ使っていいと言われれば、何とかそれを使い切ろうという努力をする。それがいい努力なのか、悪い努力なのかということの判断になってくると、その枠が正当に与えられている以上は、その努力はだれもチェックができないということになるのではないかということを考えているところでございまして、今回、予算案作成における市の考え方を伺うものでございます。
 (1)として、配分予算について、市の基本的な考え方をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 当市の予算編成の方法は、政策会議において審議する政策的経費に該当する案件を除き、財政課の査定により予算案を編成しております。予算要求書では、年間の必要経費を、使い道を特定し、単価と数量などから積算する、いわゆる一品計上で作成するよう指示しており、約1カ月半かけて全課にヒアリングを実施し、一件査定をしております。しかし、一部の経費については例外として、包括的な使途を定めた上で一定金額を枠として配分を求める要求方法をとっているものがございます。例えば、政務調査費交付金、交際費、道路・水路に関する緊急補修経費、予備費などでございます。これらは、予算積算時点では具体的な用途を特定できませんが、例年、同程度の金額の執行が見込まれるものでございます。また、御指摘のように、いわゆる学校配当予算につきましても、一定枠の金額で計上されております。こちらは、要求額に一定のルールを定めることで、各学校の経費水準の均等・公平を図り、予算の増高を抑えるとともに、その執行について現場での裁量を認める趣旨からものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) それでは再質問させていただきます。今、答弁の最後にありました学校配当予算の中で、執行については現場の裁量を認める趣旨があると答弁されたので、その部分について、次の(2)にもかかわってきますので、再質問としてお聞きします。これは多分、5万円未満の執行については学校長が執行していいという、その部分を認めているという趣旨だと思いまして、これはその制度とともに、それは全然問題ないのではないかと私は思っておりますが、今私が取り上げて問題としているのは、予算の段階で枠をきちんと決めてしまうことによって、5万円未満であれば執行してしまう、この関係だと思うのです。すなわち、答弁にもあったように、一定枠の金額で計上していることで無駄な部分が出てくるのではないかということを今回ここで聞いているところなのですけれども、その部分についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 配当予算という形をとりまして学校長に裁量権を与えることにつきましては、学校の責任者として学校運営をスムーズに運営していくために、ある程度必要なことであると考えております。そういう意味で、配当した金額を全額使うという権限ではなくて、今委員からもお話がありましたように、1件5万円未満のものにつきましては、経費は限られておりますけれども、そういう専決事項ということで限度がかかっているわけでございます。裁量権が与えられている予算の執行に当たりまして、先ほどお答えしましたように、包括的な使途の範囲においては、学校長の判断に任されているわけでございますけれども、裁量権があるからといって無理に予算消化するようなことがあれば、それは好ましくないことであろうと思います。仮にそのような例があるとすれば、それは予算執行上の問題ですので、その予算執行のあり方、また考え方などを指導していくことが必要であろうかと思います。そういう意味では、今後関係各部とよく協議してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 各論に行きたいので、(2)に行きます。特に学校予算については、配分予算をやめて、予算の一本化を図り、これによって無駄を省くことが重要だと考えております。市の考え方をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 現在、消耗品費、印刷製本費及び備品購入費につきましては、学校規模、学級数及び児童・生徒数に応じて算出しておりますが、消耗品費の一部と燃料費、修繕費、役務費、原材料費及び理科教育備品につきましては、各校の施設などの実態に応じて配分しております。なお、食糧費につきましては、一定額により配分しているところでございます。現状の配分方法は、東京都教育委員会による義務教育学校運営費標準の考え方を基本としつつ、各校の実態などに対応するための手法として、効果的な配分方法と認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) それでは再質問させていただきます。今答弁で、最後に効果的な配分方法と認識しているというお話がありました。先ほどからお話ししているように、平成19年・平成20年の決算審議において、私も目にしたところなのですけれども、先ほど食糧費は一定額という答弁がありましたけれども、食糧費がほとんどの学校で満額執行されている状況でありました。食糧費の金額の変遷は前を追えばずっとわかっておりまして、今は1万2,000円で、かなり厳しい財政状況の中で、この一定額の枠というものを押さえているということは、私どもが見ていて評価させていただいているところでございます。ただ、1万2,000円を枠として与えたがゆえに、1万2,000円のほとんど全額が執行されているということになります。1万2,000円は、細かい話で言えば消費税はどうなっているのかというところまで考えれば、どのようになっているのか、非常にわからないという話も以前にさせていただいたかと思いますが、私が言いたいのは、1万2,000円の額ということではなくて、基本的には、いわゆる枠を与えているからこそ、その枠の中で全部使ってしまっているということは、その枠をもっと精査することができないのかという部分になります。これは、例えば今回は食糧費をポイントとしておりますので、ここに注目させていただきます。本来ならば修繕費とかいろいろな部分があるのですけれども、時間もありませんから、食糧費を一つ例として挙げれば、例えば食糧費でも、一つの窓口で一本化すれば、各校長の判断が統一的な判断になることができるのではないか。そのことによって予算の適正な執行を目指すことができるのではないかと思うのです。無駄とかむらといったものがなくなるのではないか。本来ならば1万円しか使わなくていいところを、2,000円余ったから使おうという、先ほどから何回も言っているような考え方がどうしても現場で出てしまう。そして、その枠を持って、それが有効、そして的確・適合に行われているからこそ、今の例示で言えば2,000円という枠が余分に使われてしまう。これが無駄であり、むらではないかと考えます。したがって、例えば学校の予算であれば、学校教育課などが一本化して、その効率的な執行の観点からきちんとチェックしていくということにすれば、私は問題にはならないと思いますし、食糧費を例にとっておりますので、食糧費をもう少し具体的に言えば、例えば現物を支給するなど、こういった形で対応することによって予算の緊縮が図られるのではないか。ぜひ、配分予算の改革というものを、小さなところからではございますが、手がけていただきたい。この考え方を応用すれば、すべてのセクションにも当てはまるのではないかと思っております。再度、市の見解をお伺いいたしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 御質問の食糧費につきましては、来客用のお茶の葉などを購入している予算でございます。そういう中では、一定額を配当しているところでございます。現在は、学校管理者の責任において必要に応じて購入できることとしておりますので、今後さらなる効率的な予算執行を目指すためにも、学校との連携の中で、御提案いただいた予算の一本化を含め、研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 一生懸命やっていただきたいということと、この問題はまた予算特別委員会でも議論できるかと思いますので、きょうはこの程度にしておきます。またいろいろな部分がありますので、そのときはよろしくお願いします。
 4、公有地の時効についてです。これは、6月議会の質問の際に提案させていただきました。6月議会で取り上げさせていただいたものを簡単に言えば、一昨年建設環境委員会で廃道認定の議案が出たときに現場調査へ行ったら、ほとんど道路として認められないような使い方、現況では全く道路としては使っていない、そういうものだった。それを何十年もそのまま放置して、今回払い下げるということでの議案だったのですけれども、もしかしたらそもそもそれは時効取得されてしまうのではないかというところから、今そういった土地の管理はどうなっているかということをお伺いした部分が6月議会でございました。そのときに私がポイントとしたのは、昭和51年12月24日の最高裁第二小法廷の判例をもとに4つの要件が示されているということでした。これで公有地と普通の時効取得されてしまう土地の客体が、公有地と民有地での違いで、特に公有地においては、この4要件が課されていることによって厳格になるのだけれども、逆に言えば、この4要件が満たされていれば時効取得されてしまうということを判例では示したということでございました。そして、6月議会では、行政のほうは、残念ながら、平成12年から平成15年に払い下げられた市の行政財産については今どこにあるのか把握されていないという答弁でございました。6月議会の中では、その後、現状を把握して、検討課題とするという答弁がありましたので、今回その状況を問うものであります。
 (1)、6月議会で質問後、現在までの進捗状況をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 国から譲与を受けた公共物・道路・水路などの実態把握につきましては、まず実態を調査する範囲として、土地区画整理事業などが完了している地区や、現在実施中の地区及び予定されている地区のほか、多摩サービス補助施設、ゴルフ場などを除いた約700ヘクタールを調査対象として、現在道路・水路などが本来の目的で使用されているものの洗い出し作業を行ってきております。この作業を行うことにより、譲与を受けたもののうち、道路・水路としての機能が消滅しているものが判明するものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 一応手を打っていただいたということについては、市民の皆さんも安心はするであろうけれども、まだまだ時間的に足りないということだと思います。引き続き頑張ってください。
 その頑張り方について、(2)で、今後どのような対策を講じるのかをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 今後は、機能が消滅している道路・水路用地について、国から譲与を受けた公図をもとに測量調査を行い、無断占用されているのか、機能がないまま放置されているのかの把握作業を行ってまいりたいと考えております。その中で、無断占用されている土地で境界確定されているものについては、占用している方に占用物の撤去または占用などの申請をしていただき、時効取得の中断を図ってまいります。ただし、境界が確定していないものについては、公図上の道路・水路などがどこにあるのかの確定作業が必要となり、それには時間や費用がかかりますので、費用対効果を含め検討する必要があるものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 動き出しているという答弁で、非常にありがたいと思います。先ほどの答弁でも、700ヘクタールを対象として、それはどれぐらいあるかというのはちょっとわかりませんけれども、それだけを時価換算にすれば、市の財産としては非常に大きなものになってくると思っております。とにかく、今まで行われている手続行為と、私が今取り上げているのは法律的な行為、事実行為なのですけれども、法的な部分の中で所有権の帰属というものが一番重要で、根本でありますから、そこをきちんと確定しない限り、例えば実務的な払い下げ等の問題では非常にそごが生じる部分が出てくるという懸念があります。したがって、きちんとした所有権の確定というもの、時効という大きな壁がありますから、それをきちんと整理していくというのが一番重要だと考えて質問させていただいております。時間がかなりかかる、それからまた公図から追っていって現場を調査するということで、予算的なものも含めた非常に大きな障害があるということは重々承知しておりますが、ぜひとも市の財産だと、市民の財産だということを肝に銘じて対応していただきたいと思います。
 そして、再質問に移りますが、この問題について、先ほど公図で境界が確定していないものについてのくだりがありました。一生懸命やっていく、時間や費用がかかると、この部分について、いつまでどのように対応していくのか、最後にこれを聞きたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) まず、水路等の実態については、山林等を除きまして、平成22年度には、これは予算等のこともありますけれども、把握の作業を実施し完了し、実態のないところ、あるところという整理まではしていきたい。できればそれを一歩踏み出して、占有者等のところまでは何とか明確にしていきたいと思っております。今お話がありましたように、公有地として市が財産を移譲されたものでございますので、今ある道路ではなくて、実態の管理状態の中で把握していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 伊藤君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 5番(伊藤正実君) 先ほども言いましたように、市の財産ということで、それからきちんと把握して、一日も早く時効の中断をするということをお願いしたいと思います。またこの問題についてはその3、その4とチェックしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。以上で私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、5番、伊藤正実君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午後2時50分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午後3時5分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告番号5番、門島すえこさんの一般質問を許します。17番、門島すえこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 項目番号1、小中学生の医療費助成における所得制限の撤廃についてお伺いいたします。ことし10月から医療費助成制度──義務教育就学児医療費助成制度が拡充され、多摩地区におきましては、入院が無料、食事代は別でございますが、通院は1回200円と、大幅に自己負担が軽減されました。ただし、同助成制度には所得制限が設けられているため、対象外となる児童・生徒が出てしまいます。そこで、市独自で所得制限を撤廃し、全就学児を対象とすることにつきまして、市の考えと今後の取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 小中学生の医療費を助成する義務教育就学児医療費助成制度は、東京都の制度改正に合わせ、10月診療分から、通院1回200円を除き、保険診療の自己負担3割分を公費負担としたものでございます。東京都では、福祉制度であることから、所得制限を維持するとしております。これまで市では、同様の制度である乳幼児医療費助成制度においては、子育て世帯の経済的負担を軽減する観点などから、制度創設から7年後の平成13年度より段階的に所得制限を撤廃してきた経過がございます。この所得制限撤廃によって、国民健康保険の国などの療養費負担金が減額となる影響がございました。こうしたことを踏まえ、義務教育就学児医療費助成については、今後の利用状況なども見ながら、所得制限の必要性について慎重に検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) この所得制限を撤廃している市が26市の中で6市ございます。武蔵野市、青梅市、府中市、福生市、羽村市、西東京市ということで、財政の豊かな市もしくは余りお子様がいらっしゃらない市なのかと思っているのですけれども、今回この質問をさせていただきましたのは、こういう所得制限のない市、また都内はほとんど所得制限はないですから、こういう他市から稲城市に移転されてきた方たちからよく、この所得制限があってちょっと大変な思いをしているので、何とかしてもらえないかという御相談をいただくわけなのです。また、本市におきましては、ゼロ歳から6歳までは乳幼児医療費無料化ということで所得制限はないのですけれども、小1になると突然所得制限がかかってくるということです。今、結構高齢出産の方が多くて、小学校1年生ぐらいになりますと、両親が50歳近くになってくる方が多くて、そのくらいになりますと所得も上がってきますので、所得制限ぎりぎりで助成を受けられない方たちがふえてきているように見受けられるのです。そういう方たちが、特に双子などを持っておりますと2倍かかってくるということで、大変家計を圧迫してしまうということで、何とかならないかという御相談を受けるのです。今御答弁いただいた中で、これから慎重に検討するということだったのですけれども、現行、どのくらいのお子さんがこの制度を利用していて、もしこの所得制限を本市で撤廃された場合、どのくらいの小中学生のお子さんが対象で、また予算もふえてくるのか、その点について教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 今年度の実施状況は、まだ年度途中でございますけれども、10月1日現在の現行の制度の対象者数は3,757人、まだ決算は出ておりませんけれども、現時点での見込み額は2,830万円程度でございます。これに小学生まで所得制限撤廃の制度を拡大した場合には、2,739人の増、金額に換算しますと2,620万円の増、また中学生まで制度を拡大した場合には、4,017人の増、3,240万円の増と、稲城市の場合には相当額の増額が見込まれるというものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 現行が2,830万円ぐらいですか。そうすると、倍近くになってくるということだと思うのです。本当に、市単独でやるということは、予算をつけなくてはいけないので大変厳しい状況なのかと思うのですけれども、早急にできることではないということは十分承知しておりますので、今後とも注視していきたいと思っております。よろしくお願いいたします。
 大きい項目2に移ります。ペットボトルのキャップの回収についてお伺いいたします。
 (1)、「ペットボトルのキャップで世界の子どもにワクチンを届けよう」運動につきましては、会派の井川議員からもさまざまな提案が今までにあったと思います。なぜ今ポリオワクチンなのかといいますと、日本では50年前、1960年に日本全国で5,000人以上の小児麻痺──ポリオの患者が発生しまして、当時の政府はカナダとか旧ソ連からワクチンを緊急輸入いたしまして、国内で約1,300万人の子供にポリオのワクチンを投与いたしました。その結果、同年より患者数は激減し始め、1980年以降、我が国では完全に撲滅状態が続いております。このワクチンの効果は非常に高いと言われています。現在でも日本では定期予防接種として乳児にポリオワクチンが投与されております。しかし、世界へ目を転じますと、インドやアフガニスタン、ミャンマーなどではいまだに患者が発生しており、ポリオはまだ撲滅には至っておりません。現在、人類66億人のうち26億人の人々が十分な衛生設備・水道などを利用できない状況にあり、毎年180万人の子供がこれらの感染症で命を落としているとの報道もあります。世界保健機構やユニセフは、この状況を改善すべく、これらの地域でのワクチン接種を推進したいと世界各国へ働きかけております。ポリオワクチンは1人分2回分で20円だそうです。ペットボトルのキャップ400個が10円で売れるということで、1人分のワクチンの費用を捻出するためには800個のキャップを集める必要があります。結構たくさん集めなくてはいけないのだと思います。しかし、現在このキャップは有料ごみとして収集されていますので、キャップだけを分別して有効活用できるのならば、市民にとってもありがたいことではないかと思います。また、何といってもリサイクル・人道支援という観点から、大いに評価できるものだと考えます。そこで、市の考え方と今後の取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) ペットボトルのキャップを生かし世界の子供たちにワクチンを届けるというボランティアが行う運動は、人道支援・福祉教育という観点から、意義があると認識しております。また、この運動は、市民一人一人の手による身近な取り組みであることから、市民が達成感や満足感なども実感できる効果があると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) (2)に移ります。市内の各施設や小中学校、または各家庭でペットボトルのキャップ回収について、さらなる市の支援の仕組みづくりが必要と考えますが、市の考えと取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市内では、一部の小中学校や自治会、集合住宅の管理組合やコンビニなどの事業者が、それぞれの方法でキャップの回収に取り組んでいる現状がございます。これまで市は、回収団体の活動実態の調査を行うとともに、キャップの回収場所等の問い合わせをしてきた市民の方へ情報提供をしてきております。今後も、これらの活動情報の収集を継続するとともに、結果を集約して、広報紙やホームページで紹介していくなど、活動を支援していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) エコキャップ回収運動につきましては、小学校7校、中学校3校が取り組んでおります。この運動は、稲城の教育が、市内総がかりで取り組んでいるテーマの一つである自助・公助・共助の精神に基づき、子供が身近なところから環境を大切にするとともに、人道支援という観点から、人間愛・人類愛や福祉の精神を育てることにもつながる活動であると考えております。したがいまして、現在の活動が学校の実情に応じてほかにも広げられるよう、各学校に働きかけてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 回収運動をしている小学校が3校から7校にふえているのかと思いました。
 ここで、エコキャップの回収に積極的に取り組んでいる団地を紹介したいと思います。2008年10月から1カ月に2回、回収を行っているのですけれども、現在までに23回で何と140万3,520個集めたというのです。これを人数にしますと1,754人分のワクチンが買えることになったということで、私も本当に驚いたのです。この運動に携わっている団地の方たちは、散歩の途中でもいつもペットボトルのキャップを探して歩いているという感じです。また、そこで集めているという情報が流れていますので、いろいろな地域に住んでいる方たちがそこの団地に持ってきてくださるというのです。その団地内の集積場がもうペットボトルでいっぱいになってしまったという感じなのですけれども、随時持ってきてくださるので、いつでもそこにペットボトルが山になっているという感じなのです。そのように、一つの団地のリサイクルのサークルがそういう取り組みをしているということがすごく市内に広がって、あそこに持っていけばいいのだという認識が今あるのではないかと思うのです。そこで先頭で頑張ってくださっている方が、84歳の方と80歳の方なのです。お二人とも高年齢なのにすごくしっかりと取り組んでいただいて、今、後継者をつくっていただきたいと切実にお願いしているところなのだそうです。そういう方たちが頑張っているということで、先ほどの御答弁では広報紙やホームページで紹介してくださるということですので、ぜひそのような方向で高齢者の方たちを紹介していただければありがたいと思っております。
 大きい項目3に移ります。学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドラインに基づく施策の推進についてお伺いいたします。すべての児童・生徒が安心して学校生活を送ることのできる環境づくりを目指して、文部科学省が監修し、学校保健会が作成いたしました「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」が昨年4月以降、全国の教育委員会、学校などに配付されまして、アレルギー疾患のある子供たちを学校でどう支えるかという視点での取り組みを現場に促しております。同ガイドラインは、文部科学省のアレルギー疾患に関する調査研究委員会が平成19年4月、全国の公立小中高校を対象として行った調査をもとに、学校におけるアレルギー疾患への取り組みの推進に向けた方策を提言したことを受けて、同報告書に盛られた共通理解に基づく取り組みを具体的に示したものと位置づけられております。このアレルギー疾患に関する調査研究委員会の報告書によりますと、学校が「各種の取り組みを行っている」と答えた割合はかなり高いものの、実際にアレルギー疾患で悩んでいるお子さんを持つお母さんたちに伺いますと、実際とは違う、こんなに対応してくれていないという声を私も多く伺います。いかに立派なガイドラインができても、実際にそれが学校現場で実行されなければ意味がありません。
 そこで、(1)、食物アレルギーでも安心の学校について、1)、文部科学省の調査によると、食物アレルギーを持つ子供は小中高校の児童・生徒の2.6%に上り、多くの学校では何らかの対応が求められるようになっております。教育委員会と学校、家庭や自治会等との連携が非常に重要だと考えますが、市の考えと今後の対応を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 教育委員会では、食物アレルギーを持つ子供が安心して学校生活を過ごすことができるよう、学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドラインを各学校に配付し、学校の適切な対応ができるようにしております。各学校では、入学時のアレルギー調査等による把握と、それに基づいた適切な対応に努めておりますが、食物アレルギーにつきましては、学校・家庭・学校給食共同調理場の3者の情報共有を一層密にするとともに、野沢温泉村とのアレルギー対応の方法を奈良・京都などの宿泊体験先にも広げ、今後一層の連携に努めてまいります。また、学校教育におきましては、食育の観点から、子供自身が家族の援助のもと、生涯にわたり主体的に自己管理をすることができる力の育成にも努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) NPO法人のアレルギーを考える母の会というのがあるのです。それは全国組織なのですけれども、私もそのアレルギーを考える母の会に、ここ3年間ぐらいですか、出席してまいりました。ことしで発足10周年を迎えるのですけれども、今回、文部科学省の担当者の方とか、国立相模原病院のアレルギー部の部長とか、日本アレルギー学会の理事長とか、たくさん見えられまして、そのガイドラインについてのシンポジウムがありました。その中で文部科学省の担当の方がガイドラインの意義を、アレルギーを持つ児童・生徒もほかの児童・生徒と同じく何不自由なく安心して学校生活を送れるようにということでこのガイドラインをつくられたと。特に、このガイドラインで共通認識でつくった、医師が記入する学校生活管理指導票の活用を呼びかけておりました。国立相模原病院アレルギー部の海老澤部長は、いろいろな教員向けの講習会の開催など、ガイドラインの活用が進んでいる地域がある一方で、進んでいない地域もあるので、地域の子供たちがアレルギーを持っていても安心して学校で生活できるように、すべての地域でそうなってもらいたいという話もありました。また、母の会の園部代表は、ガイドラインが配付されたことで、保護者からの相談に対応する教師の雰囲気が一変して、話をよく聞いてくれるようになり、教職員に対応を頼みやすくなったという効果があったというお話をされておりました。それで、今御答弁にありましたように、情報の共有が大変大事なことになってくると思うのです。情報の共有、今の管理指導票の実態の調査、関係者の連携、この3つが大変大切になってくると思っております。
 そこで、(2)に移らせていただくのですが、食物アレルギーなどによるアナフィラキシーショックに有効な緊急用自己注射──エピペンの学校内での使用につきまして、市の考えと今後の対応を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) アナフィラキシーの児童・生徒にとりましては、アドレナリンの自己注射器であるエピペンは、重症化を防ぐ重要な緊急治療薬であると認識しております。エピペンの使用に当たりましては、人権への配慮を保障しつつ、養護教諭を中心とした校内体制を確立し、担任以外の教員が行う少人数指導や補習等の際にも対応できるようにするとともに、学校医との連携による専門的な校内研修を通して、子供への対応と配慮事項について、教職員の意識を深めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 食物アレルギーは、今どんどんふえてきています。有名なのは卵、牛乳、小麦粉ですが、それが今は55品目ということです。文部科学省の報告書によりますと、食物アレルギーの児童・生徒は全国で約33万人、また重いアナフィラキシーショックの症状を起こす子は全国で1万8,000人いると。また、全国学校栄養士協議会などが行った調査によりますと、平成14年・平成15年の2年間で学校給食が原因でアレルギー症状を引き起こしたケースは637例、そのうち50例では命を脅かす可能性のあるアナフィラキシーショックまで起こしていたという報告が届いております。このシンポジウムでエピペンの使用を参加者みんなにやらせていただいたのですけれども、細長い注射器の中に注射針が入っていまして、それを打つ場所を間違えると大変なのですけれども、子供のももにプツッと打てばいいので、全然危険も何もないのですけれども、私もエピペンの使用方法の講習を受けてまいりました。また、ガイドライン配付を契機に、食物アレルギーの児童・生徒のエピペンを学校側が預かって、そして緊急時に居合わせた教職員が対応できるようになったということなのです。今の御答弁で、校医との連携によって講習会を開くということで、いざというときに子供の命を守る大変大事なエピペンですので、ぜひこれもこれからしっかりとした対応をお願いしたいと思っております。
 次に移ります。3)、給食での除去食・代替食を含めた対応について、市の考えと今後の取り組みを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 共同調理場では、児童・生徒へ安全かつ安心できる給食約7,500食を提供しております。アレルギーの原因物質──アレルゲンは多岐にわたっており、現在2.6%の食物アレルギー疾患の児童・生徒がおります。市の取り組みは、牛乳の代替として豆乳を、パンにつきましては卵・牛乳を除いたものを提供しております。今後につきましては、保護者には食材等の分量や配合表を記載した献立表を事前に配付し、事故を未然に防止するよう努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 市内に2.6%のお子さんがいらっしゃるということで、これは文科省の調査と同じ率だと思うのですけれども、2.6%というと具体的には何人ぐらいの児童・生徒の方がいらっしゃるのでしょうか。
 あと、それは松本市が先進的な取り組みをしているので、私は以前に松本市のアレルギー対応の給食調理場の視察に行ってきたのです。松本市では、調理場を新設するときに、アレルギー対応の調理場を特別につくって、狭いところですが、そこで小なべなどの調理器具をアレルギー対応の子供たち用にということで、全部分けたのです。今、大分市など、そういうアレルギー対応の給食調理場をつくっているところがふえております。稲城市も、第一調理場と第二調理場で7,500食つくっているということですけれども、第二調理場はまだ新しいですけれども、第一調理場のほうは年数がたっておりまして、近い将来というか、いずれ建てかえなくてはいけない建物ではないかと思うので、そのときにそういうアレルギー対応の調理場をつくっていただきたいと思っているのです。その点について、教育のほうの所管のお考え、具体的に何人いらっしゃるのか、また将来的に給食調理場を建てかえるときにそういうアレルギー対応の給食調理場も考えていただけるのか、その2点についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 共同調理場が実施するアレルギー調査では、平成17年度251人が最高です。ここ3年間では、平成19年度136人、平成20年度146人、平成21年度188人と増加しております。アレルギーの原因であるアレルゲンの主なものでは、卵56人、牛乳31人、そば22人、エビ16人ほかとなっております。いずれにいたしましても、学校給食で個々の対応となりますと、アレルゲンが多くの食材に該当しております。アレルギー対応の施設についてですが、さきにも述べましたが、アレルギーが多岐にわたっておりますので、施設を分けて調理を行ったとしても、大変難しいことと考えます。アレルゲン対応調理室の設置につきましては、必要であると認識しておりますが、今後の研究課題とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) ありがとうございます。
 (2)に移ります。ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど、何らかのアレルギー疾患を持つ児童・生徒がふえている現状について伺います。1)、有病率の実態についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 市内小中学校における実態でございますが、平成21年度の定期健康診断の結果では、アレルギー性鼻疾患が11.7%、気管支ぜんそくの有病率が7.2%、アレルギー性眼疾患が5.3%、アレルギー性皮膚疾患が4.2%となっております。また、食物アレルギーにつきましては、学校給食共同調理場における調査では2.6%となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) ただいま全体的な割合をお答えいただいたのですが、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、また食物アレルギーを持つ児童・生徒の状況につきまして、過去3年ぐらい、小中学生別に割合を教えていただけるとありがたいのですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 初めに小学校の状況でございますが、気管支ぜんそくにつきましては、平成19年度が児童総数4,993人に対し305人、平成20年度が児童総数5,086人に対しまして427人、平成21年度が児童総数5,163人に対しまして423人でございます。また、アレルギー性皮膚疾患につきましては、平成19年度が112人、平成20年度が256人、平成21年度が189人でございます。さらに食物アレルギーにつきましては、平成19年度が110人、平成20年度が118人、平成21年度が155人となっております。
 次に中学校の状況でございますが、気管支ぜんそくにつきましては、平成19年度が生徒総数1,883人に対しまして118人、平成20年度が1,960人に対しまして141人、平成21年度が1,985人に対しまして94人でございました。また、アレルギー性皮膚疾患につきましては、平成19年度が113人、平成20年度が96人、平成21年度が109人でございます。さらに食物アレルギーにつきましては、平成19年度が26人、平成20年度が28人、平成21年度が33人となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 細かく教えていただいて、ありがとうございました。ぜんそく、アトピー、食物アレルギーが3大アレルギーとなっておりますが、今お伺いしたところでも微増しているのかと。一番ふえているのはアトピーのアレルギー性皮膚炎で、食物アレルギーもふえております。
 その中で、2)、学校施設での対応についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校施設での対応につきましては、まず施設環境を清潔に保つことを大切にし、教職員はもとより、子供自身が教室や校舎内の清掃に意識的・主体的に取り組む態度の育成を進めてまいります。また、教育委員会と学校との連携のもとに、アレルギーのもととなるカーペットの清掃や、アレルギーにつながる動物の教室内飼育のあり方や、アレルギーを誘発する敷地内植物への対応など、環境整備に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) ぜんそくとかアトピー性皮膚炎、また食物アレルギーを持つ子供さんたちが学校の教育活動の中で避けなければならないことも多々出てくると思うのです。また、薬の関係なのですけれども、学校によっては預かることがなかなかできないとか、学校にこういうものを余り持ってきてはいけませんなど、対応がばらばらですが、これは適切な自己管理を行う観点から、積極的に支援すべきであると思います。その際、周囲に気兼ねなくぜんそくの吸入とかができるように、保健室などを利用しやすくしていただきたいと思っているのですけれども、今後また学校はどのようにこれに具体的に対応していただけるのか、その点についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校では、アレルギー疾患を持つ児童・生徒について、保護者から管理指導票の提出をしていただき、アレルギーの種類や状況に応じて適切な対応ができるよう努めております。例えば、ぜんそくについては、体育の強い運動を避けたり、清掃時にはほこりが舞うためにマスクの着用や清掃当番を中止したりするなどの対応や、アトピー性皮膚炎の場合では、紫外線やプールの塩素との関係から水泳指導の見学などの対応をする等配慮しているところでございます。また、特に食物アレルギーの児童・生徒に対する給食などについては、保護者からさらに詳細な情報をいただき対応しているところです。保健室での薬の預かり等の扱いについても、保護者とよく話し合いながら対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 東京23区内の小中学校では、保健室に温水シャワーの設置を進めているということも伺っております。現在23区では温水シャワーを保健室に設置しているところがふえてきております。必要なときにシャワーを使って、アトピーの保湿剤とか軟膏を塗れる環境を整えてあげるということも大事なことだと思っております。また、そのための開始に際しては、特別の予算措置を講じる必要があると思います。保健室に温水シャワーが設置されれば、汗対策だけではなくて、いろいろな事情で体を汚してしまった場合にも対応できると思っておりますので、将来的にこのようなことも検討していただきたいことを意見としてお願いしておきます。
 3)に移ります。健康教育についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 小中学校における健康教育につきましては、主として体育科における保健学習、特別活動で行われる保健指導等において行っております。毎日を健康に過ごすためには、規則正しい生活や、調和のとれた食生活を初め、体を清潔に保つことや、清掃等を通して環境の清潔を保つことなどにも目を向けさせながら、健康に関す実践力を高めるよう指導しているところです。今後も、アレルギー等を含め、健康に関する自己管理能力を高めるための健康教育の充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) アレルギー性疾患を持つお子さんたちは、ほこりがすごく舞うと、それでゼーゼーとなってしまうので、教室の清掃ができなかったりとか、塩素が皮膚によくなくて水泳ができなかったり、また食物アレルギーで代替食でお弁当を持ってこなければならなかったりとか、そういう学校が特別な配慮をしてくださったがゆえに、いじめに遭ってしまったりとか、そういうことがあるのではないかと心配しているのです。ある学校の取り組みを紹介いたしますと、保健体育の時間にクラスの生徒全員にぜんそくの病態や治療の話をしました。その上で聞いてみますと、自分の生活を見直す、体力、ストレス、食事に気をつけようと思うようになったという子供や、ぜんそくの友達への支援、共感の気持ちを持つようになったとか、喫煙に対する批判の気持ち、自己管理の大切さ、そうしたことを含めた気づきがあったことが報告されております。ぜんそくで困っている友達に対して何ができるかを聞いてみて、友達がぜんそくで困っていることを知ったら支えてあげたいという共感の気持を持てて、とてもよい効果があったということが、今こういう取り組みをした学校の感想でありました。このいじめということは深刻なのですけれども、ある専門医の指摘では、今最も困っている人が多いのはアトピー性皮膚炎だということで、多くの児童・生徒も、絶えずかゆみが襲ってくるので、学校生活の障害になるだけではなくて、外見からもいじめの標的にされて、クラスメイトの「汚い」という何気ない一言で傷ついて、それが不登校・ひきこもりの原因になったという報告もあります。ぜひその点について市の見解も伺いたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) アレルギー性疾患に限らず、いじめは決して許してはならない、極めて大切な人権課題であると認識しております。したがいまして、いじめの防止につきましては、学校の教育活動全体を通して行う道徳教育を中心に、人を思いやり、相手の立場に立って考えることができる心や態度の育成について、徹底した指導を進めてまいりますが、健康教育におきましても、さまざまなアレルギーがある子供たちがいること、そしてその状況は人それぞれによって違うこと、そしてそのことを互いに認め合い助け合いながら豊かな人間関係や社会生活を築いていくことが大切であるということなどを子供一人一人が自覚することができるように、今後も指導の充実に努めまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 期待しておりますので、よろしくお願いいたします。一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、17番、門島すえこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後3時43分 散会