議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第4回定例会(第25号) 本文




2009.12.01 : 平成21年第4回定例会(第25号) 本文


                            午前9時30分 開会・開議
◯ 議長(川島やすゆき君) ただいまから平成21年第4回稲城市議会定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、10番、北浜けんいち君、11番、荒井健君を指名いたします。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 本定例会を開会するに当たりまして、議会運営委員会が開かれておりますので、委員長から報告を求めます。議会運営委員長。
     〔議会運営委員長 荒井 健君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議会運営委員長(荒井 健君) 本日からの平成21年第4回稲城市議会定例会の開会に先立ちまして、11月24日に議会運営委員会を開催し、今定例会の会期等議会運営について協議を行っておりますので、その結果を御報告いたします。
 今定例会の会期につきましては、提出議案、一般質問、陳情等を考慮いたしました結果、本日から12月22日までの22日間とすることに決定いたしております。
 また、会議の日程につきましては、お手元に配付してあります会期日程のとおりでございます。
 なお、補正予算議案を審査するため、10人の委員で構成する補正予算特別委員会を設置することに決定いたしております。詳細につきましては、お手元に配付してあります議会運営委員会審査結果報告のとおりでございます。
 今定例会の円滑な運営ができますよう、議員各位並びに理事者の御協力をお願い申し上げ、報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、議会運営委員長の報告は終わりました。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月22日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 御異議なしと認めます。よって会期は本日から12月22日までの22日間と決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) ここで、諸般の報告をいたします。
 諸般の報告につきましては、お手元に配付してあります諸般の報告のとおりでありますので、御了承ください。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第3、行政報告を行います。
 市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。市長。
     〔市長 石川良一君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 平成21年第4回市議会定例会の冒頭に当たり、先般平成21年第3回定例会で御報告いたしました以降、最近までの市政の状況につきまして御報告申し上げます。
 初めに、「第38回おとしよりへの感謝のつどい」について御報告いたします。9月6日、駒澤学園記念講堂において「第38回おとしよりへの感謝のつどい」を開催し、70歳以上の対象者8,736人のうち1,060人の参加をいただきました。当日は、稲城市社会福祉協議会、稲城市民生児童委員協議会、みどりクラブ連合会及び駒澤学園高等部の生徒のボランティアの皆さんの御協力により開催いたしました。第1部の式典では最高齢者表彰・高齢者表彰・次年表彰等を行い、第2部では歌謡ショー等の祝賀演芸により、参加された皆様に楽しいひとときをお過ごしいただきました。
 続いて、9月6日に行われました国際交流事業について御報告申し上げます。この事業は、稲城国際交流の会の協力のもと、「稲城の梨を味わいながら外国人とコミュニケートしよう」と題し、稲城の名産である梨を通じて外国人と日本人が交流を深めることを目的として行われております。ことしは、矢野口の松乃園さんの梨園を会場に、外国人・日本人合わせて138人の方々が参加されました。会場では、稲城の梨生産者からの話や試食会、稲城第三中学校の茶道部によるお茶会や合気道部による合気道の実演とよさこいソーランの演舞などが行われ、異文化交流・国際理解の場として大変有意義な交流を図ることができました。
 次に、第41回稲城市民体育大会について御報告申し上げます。9月6日、第41回稲城市民体育大会の開会式が総合グラウンドにおいて開催されました。大会には21の競技と1つのレクリエーション種目に約6,300人の選手が参加し、市内の体育施設で熱戦が繰り広げられているところでございます。
 続きまして、秋の交通安全運動について御報告申し上げます。平成21年秋の全国交通安全運動が9月21日から9月30日までの10日間、全国で一斉に実施されました。当市におきましても、9月21日に若葉台駅前ロータリーにおきまして、多摩中央警察署、警視庁第九方面交通機動隊、多摩稲城交通安全協会が参加して、交通安全運動出陣式を行いました。また、期間中には、市民の方々に正しい交通ルールの実践と交通マナーの習慣を身につけていただくために、運転者講習会を初め、高齢者実技教室や二輪車実技教室など、さまざまな活動を展開し、交通安全意識の普及浸透、交通事故防止に努めてまいりました。本運動期間中に御協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
 続きまして、JR南武線2期施工区間仮下り線切りかえについて御報告申し上げます。JR南武線連続立体交差事業につきましては、稲城長沼駅より西側の2期施工区間において10月3日の午後8時ごろから終電まで電車を運休し、仮下り線路への切りかえが行われました。昨年6月の仮上り線への切りかえ以降、踏切の長さが延伸され、通行する市民の皆様には大変御不便と御迷惑をおかけしてきたところでございますが、この切りかえによりおおむねもとの長さに戻っております。なお、一部の踏切につきましてはさらに長さの短縮を図るなど、工事の安全とともに踏切における安全対策をより一層図ってまいります。また、今後は在来線の撤去とともに本格的な高架橋工事に移ってまいりますので、市民の皆様のさらなる御理解・御協力をお願い申し上げます。
 次に、10月4日に開催いたしました第4回ふれんど平尾まつりについて御報告申し上げます。ことしも、市民による実行委員会を組織し、複合施設ふれんど平尾をより多くの市民に知っていただき利用を促進するという目的から、第4回ふれんど平尾まつりを開催いたしました。当日は約1,800人の市民が来場され、市民の手づくりによる展示・ステージ・出店・催し物部門とバラエティーに富んだ祭りを楽しんでいただきました。実施に当たり御協力いただきました実行委員会を初め、多くの関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。
 続きまして、体育の日スポーツフェアについて御報告申し上げます。体育の日スポーツフェアは10月12日に開催され、延べ2,142人の参加がございました。当日は、体育協会の御協力のもと、市民体力テストを初め、バドミントン・卓球や親子でできる健康体操等の一般開放を総合体育館で行ったほか、総合グラウンドではフットサル大会、中央公園野球場では野球記録会を行いました。また、ヴェルディイベントでは、東京ヴェルディの服部選手・土屋選手・鈴木選手と子供たちとのふれあいイベントを実施いたしました。
 次に、健康まつりについて御報告申し上げます。市民が主体的に健康づくりに取り組むことを目的として、10月12日の体育の日に総合体育館で健康まつりを実施いたしました。当日は、稲城歯科医会を初めとする7団体の御協力のもと、骨密度や血管老化度の測定、医師による口腔がん相談、歯科相談などを行い、延べ2,337人の方に御参加いただきました。今後も、市民一人一人が健康で充実した生活を送ることができるよう、健康づくり事業の充実に努めてまいりたいと考えております。
 続きまして、市長懇談会について御報告申し上げます。市長懇談会は、市民の皆さんと市長がともに話し合う場として、市内全10地区で毎年開催いたしております。ことしは、10月15日から11月17日までの期間で開催し、10地区合計160人の方の参加をいただきました。各会場では、現在策定を進めております長期総合計画に対する御提案など、さまざまな意見や要望を伺うことができました。
 次に、消防団ポンプ自動車の交付式について御報告申し上げます。10月16日、消防団百村第四分団・坂浜第五分団の消防ポンプ自動車の交付式を行いました。従来のボンネット型の車両からキャブオーバー型へ変更し、ホースカーと軽量型小型動力消防ポンプなどを積載した、災害に迅速かつ安全確実に対応できる装備としております。この2台の配備によって全分団の車両がキャブオーバー型に統一されました。
 次に、稲城市立iプラザの開館について御報告申し上げます。10月18日、若葉台駅前に稲城市立iプラザが開館いたしました。iプラザは、ホール、スタジオ、会議室などに加え、図書館、市役所出張所、コンビニエンスストアをあわせ持つ複合施設でございます。開館日には、開館式典及び堀正文とN響のトップメンバーによる室内楽演奏会等を開催し、375人の方々にコンサートをお楽しみいただきました。また、市内6館目の図書館であるiプラザ図書館では、図書4万4,809冊、AV資料952点を所蔵しております。開館当日は1,225人の方に御来館いただき、貸し出し冊数は5,092冊でございました。そして、iプラザの施設全体では開館当日約6,800人の来場がございました。iプラザの整備運営については、より質の高い公共サービスの提供を目的に、民間の資金とノウハウを活用し、設計・建設・運営を一括して発注するPFI方式を採用しております。特にホールについては、音楽から演劇・講演までさまざまな利用に対して最適な音響性能を確保いたしました。今後も、民間事業者のネットワークを活用し、芸術性の高い公演等のイベントを実現してまいります。
 次に、駅前放置自転車クリーンキャンペーンについて御報告申し上げます。10月22日から31日までの10日間、都内全域で駅前放置自転車クリーンキャンペーンが実施されました。当市におきましても、キャンペーン初日を重点実施日として、矢野口駅・稲城駅・若葉台駅の3駅で駅頭キャンペーン及び放置自転車の警告や撤去を実施いたしました。また、駅の近くにお住まいの方々への自転車利用自粛のお願いや、放置自転車の盗難が犯罪につながるケースが多く見られることから、駐輪場内でも施錠は2カ所にしていただくようお願いしてまいりました。今後も、自転車等の放置防止のため、クリーンキャンペーン等で適正な自転車利用を呼びかけてまいりたいと考えております。
 続きまして、第8回「Iのまちいなぎ市民祭」について御報告申し上げます。10月23日から25日の3日間、第8回「Iのまちいなぎ市民祭」として、ふれあいまつり、産業まつり、交通安全市民のつどい、市民文化祭・芸術祭、ファミリースポーツフェスタの5つの部門を開催いたしました。10月23日には、iプラザホールにおいて尺八演奏家の矢下勇厳氏による民謡コンサートを開催し、一流の民謡奏者による演奏とうたをクオリティーの高い音響でお楽しみいただきました。また、稲城中央公園では、メインステージでの和太鼓コンテストやジャズの演奏を初め、総合グラウンド内でのスポーツイベントなど、多彩な催しを展開いたしました。そして、総合体育館では、メインアリーナにおいて文化祭・芸術祭の展示、ウエルネスアリーナにおいて工業展や農産物品評会などを行い、24日・25日の両日で4万5,000人もの多くの方々に御来場いただきました。祭りのフィナーレは、恒例となりました阿波踊りを中心に、山車、太鼓、おはやしなど、総勢500人を超えるクロージングパレードで最後を締めくくることができました。また、芸術祭及び文化祭展示部門につきましては、10月23日から25日の3日間開催し、5,425人の方に御鑑賞いただきました。文化祭ステージ部門及び催し物につきましては、11月21日から23日までの3日間開催し、2,872人の方にお越しいただきました。芸術祭・文化祭合わせて8,297人の方々に身近な芸術文化を楽しんでいただきました。実施に当たり御協力いただきました各実行委員会を初め、多くの関係者の皆様に感謝を申し上げます。
 続きまして、交通安全市民のつどいについて御報告申し上げます。ことしも、交通安全市民のつどいを「Iのまちいなぎ市民祭」の中で開催し、交通安全の推進を図ってまいりました。当日は、メインステージでピーポーくんを交えた交通講話や、交通少年団による演奏等を行い、交通安全啓発活動を実施いたしました。また、芝生広場では、警視庁騎馬隊による乗馬体験、パトカーや白バイ乗車、シートベルト横転体験車への乗車を通して交通安全に対する関心を高めていただくことができました。毎年好評の警視庁騎馬隊には150人の方が乗馬体験を行うなど、多くの方に御参加いただきました。白バイの展示では子供用制服を着ての記念撮影に行列ができるほどの盛況でございました。本事業に御協力いただきました関係各位に深く感謝を申し上げます。
 続きまして、感染症に対応するための改修工事について御報告申し上げます。感染症診療協力医療機関として、感染症患者をできるだけ早く捕捉し、拡散を防ぐことを目的に、病院本館西側の多目的附属舎2階の会議室を改修し、陰圧設備を備えた感染症診察室等を設置いたしました。
 次に、平成21年度稲城市功労者表彰について御報告申し上げます。11月4日、平成21年度稲城市功労者表彰を行いました。表彰条例に基づき、長年にわたって市政の振興に功労のあった11人の方々を自治功労者として、また社会福祉の向上や文化・スポーツの振興などに御尽力いただきました12人の方々と1団体を一般表彰として表彰させていただきました。
 続いて、11月7日に行われました第30回環境浄化パトロールにつきまして御報告申し上げます。今年度は、市内の小中学校の児童・生徒が参加できるよう、各地区の青少年育成地区委員会の御協力のもと、学校と調整を行い、実施いたしました。実施に当たり、地区における学校数や状況等が異なるため児童・生徒のかかわり方は異なっておりましたが、当日はごみ拾い等の環境美化活動を行い、地域の方々と触れ合いながら自分たちの暮らすまちをきれいにする活動を行うことができました。今後も、青少年育成地区委員会・PTA・関係団体等の連携のもと、青少年の健全育成に努めてまいります。
 次に、平成21年度稲城市総合防災訓練について御報告申し上げます。11月8日、北緑地公園において、平成21年度稲城市総合防災訓練を実施いたしました。この防災訓練は5年に1度実施しているもので、今回は展示・体験・見学の3つのブロックを設けて実施いたしました。見学ブロックでは、稲城市と協定を締結している団体との協定事項に基づいた訓練を初め、稲城市総合建設協会による道路障害物除去訓練、川崎市消防局による救出救護訓練、東京消防庁による水難救助訓練、米軍横田基地消防隊による物資搬送訓練などを実施いたしました。展示ブロック・体験ブロックでは、市民の防災意識の向上を図るため、自衛隊による炊き出し訓練や、自主防災組織による可搬ポンプ一斉放水訓練を実施しました。当日は、市民や関係者の方々総勢1,429人の御参加をいただきました。実施に当たり御協力いただきました関係者の皆様に感謝を申し上げます。
 次に、防火管理者・危険物取扱者実務研修会の開催について御報告申し上げます。11月11日、秋の火災予防運動の一環として、防火管理者・危険物取扱者実務研修会を開催し、防災関係団体、市民の方を含め124人の方々に御参加いただきました。今回の研修会では、防火・防災体制の強化及び身辺にある危険物の取り扱いなどについてプレゼンテーションを実施したほか、実務研修ではいなぎ正吉苑自衛消防隊による消防活動訓練や身近な危険物の引火実験など、実災害に即した研修会を実施いたしました。今後も引き続き、火災予防及び防災対策の普及啓発に努めてまいります。
 続きまして、若葉台駅前イルミネーション2009について御報告申し上げます。昨年に引き続き、地域企業と地域住民の皆さんの御協力により、若葉台駅前北側モミノキ及びロータリーからケーズデンキ前周辺に約1万6,000球のイルミネーションを点灯いたしました。事業実施に際しまして、11月14日16時20分から点灯式典を行いました。点灯式典には300人以上の観客が集まり、同日開催の「稲城くらしフェスタ」、若葉台まちづくり10周年記念事業、「iプラザ・こどもまつり」とあわせて、大勢の方が訪れました。なお、点灯期間は11月14日から翌年の1月11日まで、点灯時間は16時30分から24時までとなっております。
 次に、「稲城くらしフェスタ2009」の開催について御報告申し上げます。11月14日、稲城市立iプラザ及びiプラザ前広場において、稲城市・稲城市消費者ルーム運営協議会主催、若葉台まちづくり10周年記念実行委員会共催により「稲城くらしフェスタ2009」を開催し、延べ3,500人の方々に御参加いただきました。会場では、多摩中央警察署・多摩稲城防犯協会などの参加団体が環境や健康、安全・安心などに関する暮らしの情報の紹介を行い、賢い消費者の育成に向けた啓発を行いました。また、iプラザホールでは若葉台まち開き10周年記念イベントとしてコーラスや楽器の演奏が行われ、多くの市民の方々に御来場いただきました。
 続いて、「市民ふれあい歩こう会」について御報告いたします。11月23日、稲城市民憲章推進協議会の主催で「市民ふれあい歩こう会」が行われました。ことしは、若葉台をメーンコースとし、地域振興プラザを出発した後、午前中は尾根幹線から上谷戸親水公園を通り、若葉台公園で昼食休憩をとりました。昼食後には、体育指導員の指導によるグラウンドゴルフやフライングディスクを楽しみ、その後iプラザを見学し、帰りは三沢川遊歩道沿いに地域振興プラザまでのコースを歩きました。当日は、92人の市民の方々に御参加いただき、文化財や自然に触れながらの散策を通して、改めて稲城のすばらしさを感じていただきました。
 続いて、ふれあいの森の利用状況について御報告申し上げます。ことしも、各地区の青少年育成地区委員や学校関係者等の御協力のもと、5月2日から一般開放をスタートし、夏季のキャンプ事業に向けたテント設営を6月7日に行いました。小学5年生の宿泊体験学習や地区キャンプも大きな事故・けがもなく順調に実施することができ、9月27日にはテント撤収作業を行いました。11月30日までの利用人数は6,992人となっております。青少年の健全育成施設として土地を御提供いただきました土地所有者の方を初め、施設の運営に御協力いただきました多くの関係者の皆様に感謝を申し上げます。
 最後になりましたが、御篤志をいただいておりますので、御報告申し上げます。9月24日、森川孝志氏より「稲城梨唄・稲城繁盛節」の楽曲を寄附していただきました。今後この2曲を活用していくとともに、稲城市史にも加えてまいります。10月23日、冨永重芳氏より400万円の御寄附をいただきました。今回の寄附は、災害時や緊急時に有効に利用できる四輪駆動自動車の購入と、地域の安全と安心まちづくりの推進のための防犯用グッズの購入を目的とさせていただきました。市といたしましては、寄附者の意向に沿うよう、有効に活用してまいります。
 以上をもちまして、現在までの市政運営の概要を御報告申し上げまして、行政報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、行政報告は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) この際、日程第4、第66号議案 稲城市組織条例の一部を改正する条例から日程第10、第72号議案 平成21年度東京都稲城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)までの7件を一括議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
     〔市長 石川良一君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 第66号議案 稲城市組織条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、まちづくりの進捗に伴い、市道関係については、路線測量から用地買収、物件補償、工事等に関する事務を都市建設部で一連の処理をし、市道関係以外については、従前どおり総務部で処理するために、稲城市組織条例の一部を改正するものでございます。第67号議案 稲城市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本市では、適正な都市機能及び健全な都市環境を確保するため、地区計画による制限の条例化を現在26カ所に行ってきております。本案は、稲城南多摩駅周辺土地区画整理事業、JR南武線連続立体交差事業及び多摩都市計画道路3・3・7号稲城府中線整備事業の進捗に合わせ、多摩都市計画地区計画南多摩駅南地区地区計画の都市計画を変更したことに伴い、当該都市計画に係る事項について条例の規定を改正するものでございます。詳細につきましては、都市建設部長から説明を申し上げます。
 第68号議案 稲城市立病院使用条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、稲城市立病院の新駐車場の有料化に伴い、使用する者から徴収する使用料を定めるため、稲城市立病院使用条例の一部を改正する必要があるので、提案するものでございます。詳細につきましては、市立病院事務長から説明を申し上げます。
 第69号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることにつきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、新型インフルエンザワクチン接種費用の全部または一部を優先接種対象者等へ助成するための経費について、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。今回の補正につきましては、歳入歳出予算にそれぞれ4,823万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を278億9,408万円とするものでございます。補正の内容につきましては、歳入では、国庫補助金、都補助金及び繰越金を増額し、歳出では、新型インフルエンザワクチン予防接種助成等を計上するものでございます。詳細につきましては、企画部長から説明を申し上げます。
 第70号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第4号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算にそれぞれ1億4,616万4,000円を追加し、歳入歳出予算総額を280億4,024万4,000円とするものでございます。補正の主な内容は、普通交付税交付額の確定に伴う地方交付税の増額、多摩川衛生組合負担金の精算金等を来年度以降の事業財源とするための財政調整基金積立金の増額、法人市民税等に係る還付金の増に伴う市税過誤納還付金の増額、生活保護受給者数の増に伴う生活保護経費の増額、急激な景気悪化に伴う小口事業資金融資あっせん事業経費の増額、地域の安全と安心まちづくり指定寄附金に伴う備品購入費等の増額、J−ALERT整備に伴う備品購入費等の増額、平成22年度4月から稲城第一中学校に自閉症・情緒障害特別支援学級を開設するために必要な経費の計上等を行うものでございます。また、21年度版子育て応援特別手当の執行停止に伴い、21年度版子育て応援特別手当給付事業の減額及び繰越明許費の廃止を行うものでございます。詳細につきましては、企画部長から説明を申し上げます。
 第71号議案 平成21年度東京都稲城市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の補正については、歳入歳出それぞれ294万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を70億7,813万円とするものでございます。補正の主な内容につきましては、歳入では、前年度繰越金を増額するものでございます。歳出では、出産育児一時金の制度改正に伴うシステム改修委託及び保険税還付金を増額するものでございます。
 第72号議案 平成21年度東京都稲城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ67万円を追加し、歳入歳出予算の総額を8億3,413万8,000円とするものでございます。補正の内容につきましては、歳入では、平成20年度保険料還付金歳出分を東京都後期高齢者医療広域連合からの保険料還付金として計上するものでございます。歳出では、平成20年度保険料還付金67万円を増額するものでございます。
 第66号議案から第72号議案までの各議案につきまして、よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 補足説明を求めます。都市建設部長。
     〔都市建設部長 井上一彦君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 第67号議案につきまして、補足の説明を申し上げます。第67号議案の議案概要説明書及び議案関係資料をごらんいただきたいと思います。
 市では、地区計画制度による建築物等の規制につきましては、都市計画法による届出・勧告制度に加え、建築基準法に基づく稲城市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例を制定し、現在26地区を定め、規制しているところでございます。今回、南多摩駅南地区地区計画につきまして、本年11月27日に稲城市告示第85号といたしまして都市計画の変更告示がなされました。これに伴いまして条例の規定を改正するものでございます。
 議案関係資料の8ページをごらんください。こちらは、南多摩駅南地区地区計画の既決定地区計画図及び変更地区計画図となっております。上の図でございますが、赤の斜線及びピンクで示しました区域が、現在の地区計画区域約2.8ヘクタールでございます。下の図でございますが、赤の斜線、ピンク、オレンジ、水色、青の斜線及び青で示しました区域が、変更後の地区計画区域約13ヘクタールでございます。
 次に、1ページにお戻りいただきたいと思います。こちらは新旧対照表となっております。別表第1につきましては、番号16の告示年、告示番号及び地区計画の名称を改正するものでございます。左側の表の告示番号が空欄となっておりますが、先ほど御説明しましたとおり、告示番号につきましては本年11月27日に稲城市告示第85号といたしまして都市計画の変更告示がなされております。
 次に、別表第2、16の1及び3ページから16の2でございますが、南多摩駅周辺地区地区整備計画区域(その1)・(その2)でございます。これらの表は、計画地区の区分における建築物の制限を定めております。
 恐れ入りますが、1ページにお戻りいただきたいと存じます。(あ)の欄の計画地区の区分につきましては、右側の表にございます駅前地区A及び駅前地区Bの2地区に、左側の表にございます沿道住商複合地区並びに3ページにございます住工複合地区、工業地区A及び工業地区Bの4地区を新たに追加し、6地区とするものでございます。
 また1ページにお戻りいただきたいと思います。(い)の欄は、建築してはならない建築物を定めております。(う)の欄は、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合の最高限度を定めております。
 次に、2ページをお開きいただきたいと思います。(え)の欄の建築物の建築面積の敷地面積に対する割合の最高限度につきましては、定めておりません。(お)の欄は、敷地面積の最低限度を定めております。(か)の欄は、建築物の外壁等の面から道路境界線または隣地境界線までの距離を定めております。(き)の欄は、(か)の欄の適用除外のものを定めております。(く)の欄は、建築物の高さの最高限度を定めております。また、(け)の欄の建築物の高さの最低限度につきましては、定めておりません。
 3ページから4ページ、(その2)の表の各欄につきましても同様でございます。
 次に、5ページをごらんください。こちらは変更後の南多摩駅周辺地区地区計画の位置図でございます。
 次に、6ページをごらんください。こちらは変更後の計画図でございます。先ほど御説明いたしましたとおり、6地区に定めております。
 次に、7ページをごらんください。こちらは都市計画決定された地区施設でございます道路、公園及び緑地を示した計画図でございます。
 以上で補足の説明を終わらせていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市立病院事務長。
     〔市立病院事務長 渡邉知明君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(渡邉知明君) 第68号議案につきまして、補足の説明を申し上げます。議案概要説明書の3枚目及び議案関係資料の最終ページをごらんいただきたいと思います。
 本案は、稲城市立病院の新駐車場を使用する者から徴収する使用料を定める必要があることから、改正するものであります。
 駐車場使用料につきましては、診療を受ける者にあっては、30分未満を無料とし、30分以上5時間30分以内を200円に、5時間30分を超えるものにつきましては、5時間30分を超えるものにつき1時間ごとに100円を加算した額とするものです。患者さん以外の者にあっては、30分未満を無料とし、30分以上1時間30分以内を200円に、1時間30分を超えるものにつきましては、1時間30分を超えるものにつき1時間ごとに100円を加算した額とするものです。なお、駐車開始時から24時間ごとの使用料の上限は1,200円とするものです。
 また、継続的に駐車場を使用する者に限り定期利用を認め、1カ月の駐車場使用料を1万円とするものです。定期利用については、月単位の定期利用券を事前に購入していただくものです。
 以上、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 企画部長。
     〔企画部長 小島文弘君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 私からは、第69号議案・第70号議案について、補足の説明をさせていただきます。
 最初に第69号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第3号))の補足の説明を申し上げます。お手数ですが、第69号議案の議案書と議案概要説明書をごらんください。
 まず議案概要説明書をごらんいただきたいと思います。本案は、新型インフルエンザワクチン接種費用の助成給付につきまして、平成21年11月13日付で平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第3号)として専決処分したものでございます。
 今回の補正は、4,823万4,000円を追加し、予算総額を278億9,408万円とするものでございます。
 個別の内容につきましては、補正予算書の事項別明細書により説明を申し上げます。5・6ページをごらんください。歳入でございます。最初に、国庫支出金でございます。衛生費国庫補助金の保健衛生費補助金における新型インフルエンザワクチン接種費用補助金1,512万9,000円は、国の平成21年度新型インフルエンザワクチン接種の実費負担に係る費用軽減事業実施要綱に基づき、優先接種対象者等のワクチン接種に係る実費負担を免除するために必要な経費に対して、補助率2分の1で交付される補助金でございます。
 次に、都支出金でございます。衛生費都補助金の保健衛生費補助金における新型インフルエンザワクチン接種費用補助金756万4,000円は、同様に補助率4分の1で交付される補助金でございます。
 最後に、繰越金でございます。今回の補正の財源として2,554万1,000円を計上しております。これによりまして繰越金の残額は5億7,812万3,000円となります。
 7・8ページをお開きください。歳出でございます。今回の専決処分をさせていただきました歳出補正は、衛生費の予防費のみで、事業番号1、予防接種事業4,823万4,000円の増額は、新型インフルエンザワクチン接種の実費負担に係る費用軽減を実施するための経費でございます。優先接種対象者等のうち、生活保護世帯に属する方につきましては、ワクチン接種の実費を医師会へ直接支払うため、委託料359万円を計上させていただきました。それ以外の助成対象者の方に対しては、ワクチン接種の実費を償還払いとするため、扶助費4,151万9,000円を計上させていただきました。それ以外の諸費用は、助成に必要な事務経費でございます。
 第69号議案は以上でございます。
 次に、第70号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第4号)について、補足の説明を申し上げます。お手数ですが、第70号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第4号)及び議案概要説明書をごらんください。
 まず議案概要説明書をごらんください。今回の補正は、1億4,616万4,000円を追加し、予算総額を280億4,024万4,000円とするものでございます。
 個別の内容につきましては、補正予算書の事項別明細書により説明を申し上げます。7・8ページをごらんください。歳入でございます。最初に、地方交付税でございます。地方交付税の普通交付税交付額1億5,349万9,000円は、基準財政需要額の増などに伴う交付決定額の増額によるものでございます。
 次に、国庫支出金の民生費国庫負担金でございます。生活保護費負担金5,860万6,000円は、受給者の増加による増額とともに、母子加算の復活に基づく影響により増額となるものでございます。
 次に、民生費国庫補助金の21年度版子育て応援特別手当等交付金につきましては、国の執行停止措置に伴い1億227万円の全額を減額するものでございます。
 次に、消防費国庫補助金の防災情報通信設備事業交付金224万8,000円は、全国瞬時警報システム──いわゆるJ−ALERTの整備に係る国庫補助金でございます。
 次に、都支出金でございます。9・10ページをお開きください。民生費都負担金の生活保護費負担金267万円は、住所不定などのいわゆるマル都のケースの増加に伴い増額となるものでございます。
 次に、民生費都補助金の重度訪問介護事業者基盤整備支援事業補助金100万円は、重度障害者の受け入れ態勢を整備し、重度訪問介護事業所の事業環境を整えるための経費に充てる都補助金でございます。
 次に、寄附金でございます。総務費寄附金の地域の安全と安心まちづくり指定寄附金43万2,000円は、防犯グッズの購入経費に充てる指定寄附金でございます。
 次に、土木費寄附金の地域の安全と安心まちづくり指定寄附金356万8,000円は、四輪駆動車の購入経費に充てる指定寄附金でございます。
 なお、総務費寄附金と土木費寄附金の合計400万円は、同一の方から寄附されたものでございます。
 最後に、諸収入でございます。雑入の多摩川衛生組合負担金精算金2,641万1,000円は、平成20年度の負担金額確定に伴い、精算金として返還されるものでございます。
 11・12ページをお開きください。歳出でございます。最初に、総務費の一般管理費でございます。事業番号14、防犯対策費43万2,000円は、地域の安全と安心まちづくり指定寄附金を導入して、防犯パトロールに使用する消耗品を購入するものでございます。
 次に、財産管理費でございます。事業番号1、財産管理費における財政調整基金積立金1億1,544万8,000円は、多摩川衛生組合負担金の精算金分2,641万1,000円と一般財源剰余金分8,903万7,000円を次年度以降の事業の財源とするために積み立てるものでございます。
 次に、支所及び出張所費でございます。事業番号2、若葉台出張所経費429万円の減額は、旧若葉台出張所庁舎を新都市センター開発株式会社へ無償譲渡することに伴う減額でございます。委託料400万円の減額は、撤去経費の全額が不用となるものでございます。使用料及び賃借料29万円の減額は、10月19日付で敷地の賃貸契約を解除したことに伴い、当初予算で12月分まで計上しておりました借地料の一部が不用となったものでございます。
 次に、税務総務費でございます。13・14ページにまたがりますが、事業番号2、一般事務費600万円は、景気低迷の影響で法人市民税等に係る還付金が増加していることに伴う市税過誤納還付金の増額でございます。
 次に、民生費の心身障害者福祉費でございます。事業番号3、心身障害者団体等市補助事業100万円は、都の重度訪問介護事業者基盤整備支援事業補助金を導入し、重度障害者の受け入れ態勢を整備し、事業環境を整えるため、市内の重度訪問介護事業所に対して交付する補助金でございます。
 次に、児童福祉総務費でございます。事業番号11、21年度版子育て応援特別手当給付事業の総額1億227万円の事業経費につきましては、9月補正で予算計上されましたが、財源となる国の交付金が全額執行停止となったことに伴い、全額を減額するものでございます。
 15・16ページをお開きください。次に、扶助費でございます。事業番号1、生活保護事業における扶助費9,549万9,000円は、受給者の増加などに伴い、生活扶助費、住宅扶助費及び医療扶助費が増額となるものでございます。なお、生活扶助費につきましては、12月1日から復活される母子加算による増額分を含んでおります。
 次に、商工費の商工業振興費でございます。事業番号1、小口事業資金融資あっせん事業経費1,275万9,000円は、緊急経済対策の一環として、平成20年12月の補正予算により、平成24年3月までの時限措置を講じ、平成21年度当初予算につきましても増額計上していたものですが、急激な景気悪化に伴い、活用実績が見込みを上回ったため、さらに増額するものでございます。
 17・18ページをお開きください。次に、土木費の道路維持費でございます。事業番号1、道路維持補修等経費356万8,000円は、地域の安全と安心まちづくり指定寄附金を導入して、災害時などに機動性のある四輪駆動車を購入する経費でございます。
 次に、消防費の災害対策費でございます。事業番号1、一般事務費224万8,000円は、防災情報通信設備事業交付金を導入して、全国瞬時警報システム──いわゆるJ−ALERTの専用受信機を整備する経費でございます。
 19・20ページをお開きください。次に、教育費の学校管理費でございます。事業番号1、中学校管理運営費1,040万2,000円は、平成22年4月1日から第一中学校に自閉症・情緒障害特別支援学級を開設するために必要となる教室等の整備に必要な経費でございます。
 最後に、教育振興費でございます。事業番号2、中学校要保護・準要保護生徒就学援助費536万8,000円につきましては、受給者の増加に伴う増額でございます。歳入歳出予算の補正は以上です。
 お手数ですが、4ページにお戻りください。次に、繰越明許費の補正でございます。先ほど歳入歳出予算の補正で御説明いたしました21年度版子育て応援特別手当給付事業につきましては、12月1日以降に申請を受け付け、申請期間は6カ月を予定しており、執行が年度内におさまらないため、9月補正により繰越明許費を設定させていただきましたが、事業そのものが執行停止となったため、今回廃止するものでございます。
 私からの補足説明は以上でございます。よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。
 本案についての質疑は12月3日に行います。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) お諮りいたします。議事の都合により、12月2日は休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 御異議なしと認めます。よって12月2日は休会とすることに決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午前10時24分 散会