議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第3回定例会(第22号) 本文




2009.09.08 : 平成21年第3回定例会(第22号) 本文


                               午前9時30分 開議
◯ 議長(川島やすゆき君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第1、一般質問を行います。
 通告の11番、中山けんじ君の一般質問を許します。21番、中山けんじ君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 第1項目、坂浜・平尾地区の河川や道路整備についてでございます。坂浜・平尾地区では、まちづくりガイドラインに基づいて、地元の皆さんが新たなまちづくりに努力されておりますが、この地域のまちづくりの根幹となる河川や道路の整備についてお伺いいたします。
 (1)、三沢川整備は現在、新きさらぎ橋上流まで整備されてきましたが、上流部の整備が不可欠であると考えます。市の考えをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 三沢川の整備につきましては、下流部の矢野口側より整備を進め、現在、事業認可区間であります新きさらぎ橋の上流約140メートルまでについて整備が完了しております。御質問の上流部につきましても、都市計画決定がされておりますが、周辺のまちづくりと合わせ整備する予定となっていたため、現在のところ事業認可を受けておりません。市といたしましても、坂浜地区のまちづくりが進められることから、東京都に対し、早期事業化について強く要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 三沢川は、当該地区を除き、残された坂浜地区だけで、下流、上流とも既に整備が完了の段階にあり、地区の治水安全性の向上のためにも、早期整備が求められています。しかし、三沢川の整備は、当初計画では、河道の変更が必要なため、将来の河川区域に当たる敷地の土地利用は制約されています。現在はかなりのうねりのある河道でありますが、当初計画でうねりのない河道にするために、たしか「風の道」というネーミングがなされたと思っております。地権者は一生懸命敷地を守り、早期に事業化が図られるよう努力していることも、忘れないでほしいと思います。この辺の橋などの整備に関しては(2)の鶴川街道の整備状況についての中でお伺いすることとして、ここでは早期事業化に向けて強く要請していくといった答弁です。しかしながら、区画整理事業内で整備するのではなく、単独事業でありますので、用地買収や工事にはかなりの時間が要すると考えますが、それまでの対応をどのようにするのかをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 今答弁させていただきましたけれども、何とか早く事業認可を取り、事業化の要請は引き続きやっていきますけれども、これまでも事業化が進むまでについては、護岸が老朽化した箇所については、東京都のほうで防災工事ということで緊急の工事を行っているところでございまして、今後も、事業認可が取れるまで時間が少しかかる部分につきましては、引き続き安全が図られるような防災工事については強く要請していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 確かに、現在も、護岸が崩壊したり、崩壊のおそれのある箇所については、応急的に補強や補修工事をいろいろなところで実施していただいております。当該地区には、川底が地上から10メートル以上低いところもかなりあるわけです。集中豪雨や霜崩れなどで崩壊していく箇所もあるわけです。東京都では1時間当たり50ミリ対応ということで、多分そこから4〜5メートルぐらいまでしか補修工事をしてくれない。それで、崩れてしまったところなどに関しては、そこから上を地権者として確保したいのなら、自分の責任で補修工事をやらなくてはいけないという話も聞いております。そのようなことをしなくてもいいように、早期事業化に向けて再度強く東京都のほうに要請していただくことをお願いしまして、(2)に移らせていただきます。
 (2)、鶴川街道の整備状況についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 鶴川街道の整備につきましては、現在、交差点改良事業である交差点すいすいプランにより、若葉総合高校入り口交差点付近の約640メートル区間と坂浜交差点付近の約400メートル区間を整備することとしており、用地の取得や測量作業を進めております。また、この交差点改良事業区間以外については、道路事業により整備に向けた測量作業などを進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 整備を進めていただいているのですが、駒澤学園の入り口までは整備がなされていますから、その幅員でそのままずっと若葉台のほうまで続くものと思っております。鶴川街道はどのように今後整備されていくのか。また、交差点すいすいプランでは具体的にどのような改良がされるのか。また、現在若葉台の一部には用地があいてきているところもあるわけですが、その進捗状況はどのぐらいなのか、その辺についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) まず初めに鶴川街道の整備ですけれども、道路幅員については、20メートルに拡幅いたしまして、両側に4.5メートルの歩道を整備すると伺っております。
 それから、交差点すいすいプランは、交差点に右折車両による渋滞の緩和をするために右折車線を整備していくことになってまいります。
 それから若葉総合高校入り口交差点でございますけれども、現在の進捗状況については、約3割の用地取得がされていると東京都に確認しております。今後とも早期に整備ができますよう、東京都に要請していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 坂浜地区の未整備道路は、多分駒澤学園入り口から若葉台までで全長で約1,790メートルあると思います。若葉台交差点付近が約640メートル、それで坂浜交差点付近の整備は約400メートルですから、残り750メートルぐらいの区間があると思います。この区間も幅員20メートルで整備すると聞いておりますが、この区間内に先ほどお伺いいたしました三沢川にかかる中橋があるわけですが、坂浜交差点改良事業では中橋のたもとまでが整備区間となっていると思います。その790メートルは先送りになったわけですが、東京都の第三次事業化計画の中でも都施行の優先整備路線と位置づけられていると思うわけですが、三沢川は当初の計画では現在の河道よりももう少し若葉台よりのほうになっていると思うわけですが、鶴川街道の整備と三沢川の整備とを整合性のとれた事業とすることが、まず二重投資にならない。鶴川街道だけ先にやって橋をつくって、また川をつくってなどといった二重投資ではなくて、整合性を図ることが一番いいのではないかと考えるわけですが、東京都との調整の中でその辺はどのような確認がなされているのか、もしわかっているところがありましたら、その辺についてお答えいただけますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 今のお話にありました交差点については、交差点すいすいプランで両方側をやる。真ん中部分の坂浜交差点と若葉総合高校入り口の間約750メートル、ちょうど今のお話にありました中橋という鶴川街道にかかっている橋があるのですが、その部分についてでございますけれども、平成19年度に地域の方々に対して事業説明と用地測量の話を実施している。その中で、現在、三沢川についてはまだ事業認可が取れていないので、現状の中で整備するということです。この辺についても説明の中では細かく東京都のお話はしていなかったのですけれども、市のほうでは、あわせて整合性が図られるよう、何とか一体的にできるようにということは要請しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) その辺はひとつよろしくお願いいたします。
 (3)に移ります。多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線の整備については、区画整理事業区域内は区画整理事業により整備することは承知しておりますが、それ以外の区間の整備についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線の整備につきましては、地域のまちづくりを支える路線であると認識しております。この道路の整備につきましては、坂浜・平尾地区のまちづくりに合わせ、鶴川街道より学園通りまでの区間につきましては、東京都が整備する区間となっております。現在、早期の整備に向け、東京都において路線測量作業を進めているところです。今後は、関係する方々の御理解と御協力をお願いし、道路用地の取得に向けて取り組んでいくと、東京都より伺っております。市としましても、坂浜・平尾地区のまちづくりに合わせ、早期の整備が図られるよう、引き続き東京都に要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 今の答弁ですと、東京都が整備する区間については、既に測量を進めているということですが、私もこの区間は事業を進めるのは大変難しいのではないかとは聞いておりましたが、わかる範囲で結構ですので、東京都が整備する区間の今後のスケジュールについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) この区間については、土地の立ち入りについてもなかなか難しい状況がございまして、市ではこれまでも東京都とともに、この区間に土地をお持ちの方々に対していろいろお話をしてまいりまして、現在、御理解と御協力をいただけましたので、8月上旬から測量作業に入っているところでございます。今後のスケジュールですけれども、とりあえず道路の位置を決める路線測量といいまして、現況の測量をしまして、引き続き道路の中心の線と幅のくいを打つ測量作業に入っていくと伺っております。それが終わりましたならば、今度は土地の面積を算出する用地測量といいまして、個人個人との立ち会いを行いまして、個人にこのくらいの面積をお願いするという作業に入り、個々の土地の鑑定をして、用地の取得というスケジュールになってまいります。道路工事等のスケジュールですけれども、区画整理事業等の区域もありますので、その工事に合わせて、それぞれの作業スケジュールについて、今詳細に何年度ということで検討していると伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) この地区は、上平尾地区、また小田良地区の区画整理事業も、認可に向け準備が進められてきているわけです。この多摩3・4・17号坂浜平尾線の整備が坂浜・平尾地区における生活の利便性を高めるとも言われております。区画整理事業区域内だけが整備されても、それ以外の整備が進まなければ、生活の利便性の向上は図れないと考えます。これは東京都に対していろいろ要請していただいてということなのですから、この区画整理事業と整合させた整備をこれからも東京都に強く要請していただきたいと思います。
 大項目2番に移ります。iバスの拡充についてでございます。現在、若葉台駅から尾根幹線を通って長峰2丁目信号を右折していますが、上谷戸通りに入り上谷戸体験学習館を左折して長峰コミュニティ防災センターに抜ける路線に変更することについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) iバスの上谷戸体験学習館方面への路線の変更につきましては、課題としまして、現状での道路構造ですとバス停の設置が難しいこと、また若干ではありますが、所要時間がふえることになり、現在の運行に影響が生じてまいりますので、順調に利用者数がふえている状況の中で、上谷戸通りへのルートの見直しは現在難しい状況でございます。今後、これらの課題の整理や、乗降の見通しなどを含め、総合的な見直しの際に検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 今、バス停の位置については、乗降する停留所の場所の、ここだと思うのが少し改良すればできるのではないかと思います。ぜひ、体験学習館も今、指定管理者として、自治会を初め地域の人たちが一生懸命いろいろな催し物を行ったりなどしております。当初から見れば、体験学習館も本当にすばらしいものにでき上がってきていると自負しております。この体験学習館もありますので、上谷戸通りへの乗り入れについて、本当に前向きに検討していただきたいと思います。JRの整備等によって、その辺で平成23年度ぐらいのときに総合的な見直しという話は聞いているのです。だから、これはいつごろどのような見直しを検討しているのか、その辺についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) これまでも答弁させていただいておりますけれども、現在進めております、今御質問のありましたJR南武線の高架事業や、区画整理事業等の駅周辺の主要幹線道路の整備状況に合わせまして、既存の路線とか新たな路線、今回御質問のあった路線等も含めまして、総合的な見直しをしたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 今、行政マンには本当にスピードアップというものも求められています。その辺の市民の皆さんの願いもニーズも高まっていますから、その辺も含めて、早期にできるように、この辺は多分そんなにお金がかかる話ではないと思いますので、投資予算も要らないと思いますので、その辺を本当に前向きに検討していただくよう切にお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、21番、中山けんじ君の一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 通告の12番、原田えつお君の一般質問を許します。19番、原田えつお君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 2項目についてお伺いしてまいります。
 まず1番目の項目は、南武線連続立体交差事業についてでございます。
 (1)として、平成22年度完成予定としている事業の見通しと進捗状況について伺うものでございます。この件につきましては、第2回定例会で藤井議員のほうからも、少しおくれているのではないかといった質問もございました。私も、ここ数年ちょっと気になっていた問題でもございます。平成19年、平成20年と議長職をさせていただきました。その中で南多摩議長会としても、毎年、年の初めに南多摩地域の振興のために鉄道整備の促進ということで、多摩都市モノレール、また京王電鉄本社、JR八王子支社へ要請行動をしてきているわけでございます。要望書の中には南武線連続立体交差事業の早期完成という項目もあるわけでございます。その中で私もJR八王子支社に伺いましたところ、ちょうど企画部長という方が出てまいりましたので、私の目から見ても、どうしても平成22年度完成というのはちょっと厳しい話ではないのかということを申し上げまして、この予定がおくれているということであれば、私ども稲城市としてもこれに関するさまざまな事業を行っているわけでございますので、その見通しを示していただきたいといったお話をさせていただきました。私は、「大丈夫です。平成22年度に完成させます」といった回答を期待していたわけでございますけれども、その中で、「今後、東京都とJRのほうで協議して、見通しについては、新年度に入って早いうちに報告したい」といった回答がございました。それを聞きまして、これはおくれているのだという感覚を持ったわけでもございます。そのような中から、この平成22年度完成予定としている事業の見通しと進捗状況についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) JR南武線連続立体交差事業につきましては、現在第2期施行区間の仮下り線の工事を進めており、本年10月3日・4日に切りかえの工事を実施する予定としております。仮下り線への切りかえが完了しますと、高架橋の本格的工事に入ってまいります。事業完成の見通しとしましては、事業主体である東京都に事業期間内に完成するよう強く要請しているところであり、東京都からは、若干おくれているが、工事方法を工夫し、平成22年度完成を目指しているとのことであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今の御答弁では、先日の6月議会の中の答弁とそんなに変わってお話なのかと思います。その中で、若干おくれているというお話も今出たわけでございます。6月議会の中の答弁では、事業認可期間の平成22年度完成に向けて、東京都とJRが今後の予定を整理しているので、その中で稲城市としては平成22年度完成を強く要請していると、そのときも今言われましたような御答弁をいただいたわけでございます。ここで配られました平成20年度決算関係の事務報告書の中で、立体交差に伴う関係機関と協議しているということが書かれておりますけれども、こういう協議の中で工期についてのお話は出ていないのかどうか。
 また、今申しましたように、今後の予定については、東京都とJRがこれからの見通しの整理をしているというお話でございましたけれども、稲城市として、大きく影響する部分でございますので、その協議の中に入っていけないのかどうか、その辺についてお伺いしたいと思います。
 もう1点は、先ほどもお話がございましたけれども、10月3日・4日に仮下り線への切りかえが終わりますと、上下線の切りかえが成るわけでございますけれども、第1期工事のときに、上下線切りかえ後、完成までにどのくらいの期間がかかったのか。第1期のときには、上り線が先に高架になったのですか。その後、平成17年に上下線が高架になるまでに1年数カ月かかったと思うのです。今回、この10月に2本とも仮線に移るわけですから、第1期のときには、仮線に移ってから高架が完了するまでどのくらいの期間がかかったのか、その辺についてお聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 3点あったかと思います。工期についての話し合いが今までないのかどうかというお話でございますけれども、南武線連続立体交差事業における関連機関の協議といたしましては、昨年6月の仮下り線への切りかえに伴いまして、沿線の対策とか、影響する道路とか水路の取り扱い、高架橋の工事作業車両の進入路等の協議を行ってきております。このような中におきまして、全体の実施スケジュールを提示してほしいという旨の要請を行ってきておりますけれども、具体的な明言がない状況でございます。そのような中で、ことしの6月に市長も東京都のほうに行き、さらにJRのほうにも行き、事業期間内完成の申し入れを行ってきておりますけれども、やはり平成22年度完成を目指しているということでございました。
 それから2点目、6月の答弁の中で、平成22年度完成に向けて、東京都やJRが今後の予定を整理しているというお答えをしましたけれども、この協議に参加できるかできないかということに関しましては、事業者が東京都、請負者がJRということで、そういう進行管理の中に稲城市は参加することはできないのですが、当然その辺の意見は出してきておりまして、その中でお願いしてきているということでございます。
 3点目、第1期工事の仮上下線の切りかえの後、完成までの期間ということでございますけれども、第1期区間の仮下り線への切りかえが平成14年7月でございまして、高架線への切りかえ完了は平成17年10月でございました。ということで、3カ年を要したということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今、最後のお話では、仮線へ切りかえてから完成までに約3カ年かかっているということでもございます。そうしたことから見ますと、どのような方法をとっても大変厳しい状況なのかという判断をさせていただきたいと思うわけでございます。今、南武線だけではなくて、中央線も立体交差事業を進めていまして、中央線は13.1キロということですから、距離はこちらの3倍ぐらいありますし、また1,800億円近い事業費で事業が進められているわけでございますが、スタートの事業認可は多分2年ぐらい中央線のほうがおくれていたと思うのです。完成年度は平成22年ということで、今同じ年度での完成を目指してやっていますが、中央線ができ上がって、南武線がおくれてしまったなどということのないように、ぜひその辺については何とかならないものかと思っているわけでございます。
 話はちょっとかわりますけれども、先日8月30日に総選挙がございました。私たちとしては大変厳しい結果になったわけでございますけれども、民主党のマニフェストの中で、ガソリン税の暫定税率を廃止するということも言われているわけでございます。この南武線の事業につきましても、こうした道路特定財源を含めた国の補助が45%ほどで、267億円ですか、国の補助をいただいてやっているわけでございます。そうした中で、まだこれからの事業の中でかなり多くの国からの補助を必要としているわけでございますけれども、民主党の政権になることによってこの辺に影響が出てくるのか、こないのか、その辺もちょっと心配があるわけでございます。これは市長に御答弁いただきたいと思うのですけれども、この辺につきまして、南武線だけでなくて、中央線沿線の各市の市長、そしてまた東京都市長会の中で、新たな政府に対してそうしたメッセージを送る必要があるかと私は思うのですけれども、その辺についてお聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) まず、南武線の高架化のおくれの問題につきまして、私のほうからもちょっと答弁させていただきたいと思います。工事が全体的におくれているというのは、客観的に見ればもう明らかなわけでありまして、特に矢野口駅のオープンにつきましても、当初は7月にオープンするはずが10月と、3カ月おくれました。これは、JR西日本で事故があったということなどがあって、安全性に対する関係でしっかりと時間をとっていくのだということで、それについては我々も理解したわけです。ただ、その3カ月のおくれというのは、当然全体で3カ月はおくれていくということになるわけですから、そういうことも含めてのおくれということも影響しているのかと思っておりまして、6月に、事業主体であります東京都の技監でもある道家建設局長に直接お会いしまして、南武線の高架化はおくれているのではないか、大丈夫ですかということで、特に都議選も目前に迫っておりましたので、都議選の各党のマニフェスト等との関係もありましたので、都そのものがそういうことを含めて方針を転換したといったことはないのかどうか、確認してまいりました。都としては、現段階では、平成22年度ということを変更することはない、基本的には平成22年度に実現するために努力していきたいという話を道家建設局長からも直接いただきました。また、その後、JR東日本本社のほうに伺いまして、担当の方ともお会いしまして、また東京都からも課長クラスが出向しておりますので、その方も同席して、同じ話をさせていただきましたら、JRとしても、基本的には平成22年度という都の方針に従って事業を進めていきたいという同じような答えをいただいたところでございます。ただ、全体的な客観的な状況としては少しおくれているということは否めない事実でありますので、我々としても、平成22年度以降に大きくずれ込むことがないように、これからも努力していかなければいけないと思っております。特に、JRもそうですけれども、京王線の調布駅付近の地下化についてもかなりおくれてスタートした事業で現在進められてきておりますが、それにも追いつかれてしまうなどということのないよう、我々としても、もちろん安全性等はきちんと担保しなければいけないわけでありますけれども、他の事業にもいろいろと影響してくるわけでありますので、これらについてはさらに強く要請してまいりたいと思っております。
 そして、暫定税率の問題でございますけれども、これは客観的には影響はあるだろう。完全に廃止ということになれば、それにかかわる財源を補てんしない限りは、JRの南武線あるいは中央線等の事業の国の負担金の部分に暫定税率分も入っているということはもうはっきりしておりますので、それに対する影響も出てきます。また、市がいただいておりますさまざまな道路にかかわる補助金等、あるいはまた区画整理などについても影響が出てくるということが考えられます。ですから、先般の市長会の中でも早くもそういった議論が始まってきておりまして、我々としては、特に大きな中央線、南武線あるいは京王線等の事業でございますので、こういうものについては優先してきちんとした財源補てんをするような要請をしていかなければいけないだろうと思っております。また、特に本市の場合はそうですけれども、区画整理事業と他の一般事業とを比べたときには、区画整理事業のようにいろいろな権利を制約している事業については、重点的に国の予算も傾注してもらうといった要請も今後必要になってくるのではないかと思っておりまして、我々も大いにアクションを起こさなければいけないと同時に、また注視していかなければいけない課題だろうと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) それでは、次の(2)に移ります。高架化事業と是政橋の拡幅、都市計画道路多3・3・7号線建設との整合についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 都市計画道路多3・3・7号稲城府中線は、川崎街道の城山通り交差点から南武線の高架下を通って、是政橋、府中市へと連絡する道路であります。是政橋の拡幅整備につきましては、現在下流橋の工事を進めており、平成22年度末に全体の工事を完成させる予定としております。この是政橋の整備に合わせまして、川崎街道と是政橋を接続する多3・3・7号線の工事を、施行者であります東京都が昨年度より実施しております。一方、南武線連続立体交差事業の事業期間は平成22年度までとしておりますので、新たな道路との交差について整合が図られるよう、それぞれの事業において努力しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今、是政橋の拡幅を見ましても、順調に進んでいるようでございます。また、3・3・7号線につきましても、今お話のように、工事に着工したということでございますし、平成22年度に南武線が高架化になれば、きちんとそれに合わせてでき上がっていくのだろうと想像するわけでございますけれども、おくれた場合の話ばかりしては申しわけないのですけれども、万が一、高架化がおくれた場合、3・3・7号線という道路は当然平成22年度末にはでき上がると思うのです。そうしたときに、例えば平成22年度末に、片方が高架になって、片方が踏切になった場合にも、3・3・7号線は開通させるというお考えがあるのかどうか、その辺を確認させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) その辺の内容につきましては我々も懸念しておりまして、それについても問い合わせはしておりますけれども、現在調整中、検討中という答えでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) その辺につきましては、今ここでの御答弁はなかなか難しい話かと思うのですけれども、今後の見通しの話し合いの中で、もし万が一そういう事態になったときには、私は、踏切にしても開通させるべきだろうといった思いを持っておりますので、そういう協議の中でまた検討していただければと思います。
 次に、(3)、稲城市としての高架化事業費負担金の支出状況について伺います。この負担金につきましても、第2回定例会の中で藤井議員のほうから、総額598億円の事業費が増額することはないのかといったお話がございました。この負担金の支出状況についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) JR南武線連続立体交差事業における総事業費は約598億円でありまして、このうち稲城市の負担金は約80億円であります。支出状況につきましては、平成20年度末で約48億円、約60%であり、総事業費の支出状況とほぼ同じ率になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 総事業費が598億円で、稲城市の負担金が80億円。私は、この負担金が少し減るのではないかという考えを持っているわけでございます。今のお話ですと、約60%の執行で、48億円を支出しているというお話でもございます。今、事業は70%〜75%の進捗状況というお話もいただいているかとも思います。この負担金の支出については、事業の進捗によって支出していくのだというお話をずっと聞いてきたわけでございます。70%〜75%の事業が進んでいるとすれば、本来であれば、約60億円ぐらいの支出が当然あるわけでございますけれども、今は48億円ということでございますし、私は、総額として、この辺は減ってくるのではないかという思いを持っております。そしてまた、ことし示されました第三次長期総合計画の南武線の部分で、今年度の負担が3億5,800万円、また、来年度の平成22年度には残りの28億4,000万円を支出することになっているのですけれども、この数字はちょっと現実的な数字ではないのではないか。どう考えておられるのかもと思うわけでございまして、平成22年度までに完成させるのだということで、こう言っては申しわけないのですけれども、数字合わせ的な事業費の計上なのかといった思いを持っているわけでもございます。この辺はどういうお考えか、お聞かせいただきたいことと、負担金が80億円、先ほど申しましたけれども、稲城市の負担金は少し減るのだろうと予想しているわけでございますけれども、平成23年度からの(仮称)第四次稲城市長期総合計画の策定の目前でもございます。早期にこの負担金の総額を把握していく必要があるのだろうとも思いますけれども、この辺について、いつごろなら大体の目安が出るのか、その辺をつかんでいればお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) まず第1点目の実施計画の28億円の関係でございますけれども、これにつきましては、第三次長期総合計画は10年の計画で行っておりまして、平成22年度までの10カ年の全体計画に対する3カ年計画を実施計画としております。その中で、第三次長期総合計画の前半期の平成17年度までにつきましては、全体計画の事業費の欄には10カ年の事業費を記載しておりました。後期の平成18年度からは5カ年の事業費を記載しておりまして、10カ年の予定額から前半期の執行済み額を差し引いた額ということで、前期・後期の中でこの辺の数字を見直させていただいて、現実的な数字で計算させていただきました。これにつきましては、ちょっとコメントもなくて、わかりやすい説明が必要であったかと考えております。
 それから、28億円の残額も含めまして、現在、稲城市では(仮称)第四次稲城市長期総合計画の策定作業に入っている中で、平成23年度以降の南武線の関係を記載するかどうか、そういう懸念もあります。それから来年度予算のこともありますので、本当に今稲城市といたしましても、その辺はぜひ知りたい話になってきておりまして、残事業費の明示につきましても東京都に対して強く要請していきたいと思いますけれども、見通しといたしまして、まだこれは調整しておりませんが、遅くとも10月3・4日の仮下り線の切りかえが終わった段階では出していただきませんと、その辺の計画ができないのではないかと今担当部のほうでは考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) これからの(仮称)第四次稲城市長期総合計画策定の上からも、把握できるものは至急に把握していただきたいと思います。
 では、次の(4)に移ります。平成21年度──今年度整備予定としている矢野口駅前広場の植栽計画についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 矢野口駅の南口駅前広場につきましては、昨年度より整備を進めており、車道部の工事や電線類地中化のための共同溝及び管路の埋設工事を実施いたしました。平成21年度は、歩道の整備や植栽を実施する予定としております。植栽計画につきましては、歩道部には、多くの人が四季を通じ季節感を楽しめるため、ハナミズキを植栽し、広場中央の交通島には、近年減少傾向にあります屋敷林として多く植えられていますケヤキをシンボルツリーとして植栽いたします。シンボルツリーの周囲につきましては、すっきりとした駅前広場を実現するため、高木植栽は必要最低限とし、彩りのある景観を形成するため、低木やヤブラン・オタフクナンテンなどの地被類の植栽を施す予定としており、本年度末には完成させたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今のお話で、シンボルツリーでケヤキを植えたりとか、いろいろ御説明いただいたわけでございますけれども、私はあるところで駅前広場の植栽計画をイメージ図にしたものを見せていただきまして、あれ、これは私はまだ見たことがないという思いを持ったわけでございます。昨年の5月15日には建設環境委員会のほうに駅前の整備計画案が示されていたわけでございますけれども、さらにその具体的な案としてこういう植栽計画ができ上がったということであれば、私は、これがなぜ建設環境委員会のほうに報告しなかったのか、その辺がどうしても理解できないわけでございます。この程度のことは議会に報告しなくてもいいと判断されたのか、その辺についてお伺いしたいと思います。
 それからもう1点は、今、電線類の地中化等の移設というのは、まだ駅前には電柱が立っているわけでございますけれども、この植栽計画の工事の完了までの時間的な予定というものをちょっとお聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 矢野口駅の駅前広場計画につきましては、今おっしゃったように、全体計画の説明を昨年の5月の建設環境委員会に御説明させていただきました。その際に、ロータリーの関係の面積とか構造とか、それから中央部の交通島のシンボルツリーのイメージなどにつきましては、御説明させていただいております。その後に権利者の方々にはお知らせを行いまして、ことしになりましてシンボルツリーの樹種につきましても決定してきたわけでございます。これにつきまして建設環境委員会のほうに御説明しなかった理由といたしましては、特にそういう全体計画の中で内容が変更になったわけではなくて、樹種がケヤキとハナミズキに決まったということで、議会に御報告するには内容がちょっと乏しいという判断がございました。それにつきましては、南武線3駅の区画整理事業を進めていく中で、最初にでき上がります矢野口駅の駅前広場ですから、地元の皆さんもかなり期待しているものがございまして、ちょっとその辺で思いのギャップがあったのかという思いでございます。
 あと電線類の地中化の完成でございますけれども、昨年度、車道部と歩道部の一部工事を実施しておりまして、その際に電線共同溝のボックスとか管路の埋設工事を行ってきております。本年度になりまして、現在、各建物への引き込みとか、歩道の整備とか植栽工事を行いますので、本年度末には電柱のない駅前広場が完成すると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今のお話ですと、既に議会には整備計画というのは大体示してあるから、具体的なものについては必要ないだろうと判断されたということでございますけれども、南武線3駅が高架になって、駅前が整備されて、どういう駅ができ上がるかというのは、皆さんが興味を持って見ている部分でもございます。私がいただいた資料は7月15日に自然環境保全審議会に報告として出されたものでございます。その前日の14日に建設環境委員会が開かれているわけでございますし、また8月7日に今度の南武線の切りかえの報告もしているわけでございます。建設環境委員会に報告する機会がなかったというなら仕方ありませんけれども、この程度ということではなくて、この資料をつけて、こうなります、そのぐらいの説明は簡単な話でございますので、ぜひこれからはそのように取り扱っていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
 次に、(5)、矢野口駅高架下有料駐輪場の利用状況について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 矢野口駅高架下有料駐輪場につきましては、平成19年4月、駅西側に、自転車の一時利用138台、バイクの一時利用12台、自転車の定期利用512台、バイクの定期利用38台の合計700台が収容できる駐輪場を開設し、財団法人自転車駐車場整備センターにより管理運営がされております。駅東側には、JR東日本関連会社が自転車の一時利用447台、バイクの一時利用31台、自転車の定期利用200台の合計678台が収容できる駐輪場を開設してきております。御質問の利用状況でございますが、現在、駅西側駐輪場の自転車・バイクの一時利用につきましては100%の利用率となっており、自転車の定期利用につきましては約90%の利用率となっております。JR東日本関連会社が運営する駅東側駐輪場では、自転車・バイクの一時利用が61%の利用率となっており、自転車の定期利用は約38%の利用率となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 私はなぜこの質問を最後に継ぎ足したのかといいますと、ここ何回か矢野口駅に行きまして、南側と北側は、放置自転車というのか、違法駐輪というものの数が大分多いわけです。ざっと勘定すると、大体150台から200台が南と北にあるわけでございます。この状況を見て、有料駐輪場のほうがもう満杯で、置く場所もないのかと思ったわけでございますけれども、今のお話を聞きますと、まだ余裕はあるようでございます。西側の市のほうで設置したところについては、一時利用が100%、それから定期利用が約90%の利用率ということで、かなり満杯に近い状態で使われているのかと思うですけれども、東側の利用率がまだ低いということであります。一時利用が100%のときに、定期利用のところがあいていれば、一時利用で置かせてもらえるのか。西側のほうは、一時利用は100%というから、もう埋まってしまっているわけです。定期利用のところはあいていることになっているわけです。一時利用でたまたま行ったら、もう満杯で、定期のところはあいているけれども、置かせていただけるのか、その辺についてお聞かせいただきたいと思います。あそこの今のパーセントからいくと、放置自転車が大体入るぐらいの余裕はまだあるのかと思うのですけれども、やっときれいになった矢野口駅前の放置自転車の整理をどのようにしていくのか、その辺についてお考えを聞かせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 今ある放置についても、一時利用部分は100%になっておりますけれども、西側のほうについては有人で2名が管理しております駐輪場になっておりますので、逐次、来れば、あいている部分とか定期利用のほうに詰めて置けますので、それについては問題なく置けるような状況になっております。
 2点目の今後の放置に対する方針でございますけれども、この放置に対しては、現在、矢野口駅についても6時半から9時半までは2名の方を配置して監視誘導等をやっているのですが、9時半を過ぎますと日中に置いている実態があるのは市でも認識していまして、その都度撤去等はやっておりまして、ことしも約40台の撤去をやっているのですが、なかなか後を絶たない状況でございます。今後も、そういう状況を見つつ、何とか撤去しながら、放置防止に努力していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 矢野口駅が完成して、きれいな駅ができ上がって、これから稲城長沼駅、南多摩駅が完成ということになっていくわけでございますので、まず矢野口駅をその見本になるような状況にしていただきたいと思いますし、さらに撤去についても厳しく取り扱うべきだろうと思っておりますので、その辺の取り締まりについて再度お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 毎年、1,000台を超える自転車の撤去を実施してきております。先ほどちょっとお話ししましたように、矢野口駅でもことしになって約40台ほど撤去しておりますし、マナーの問題でございますから、私どもも啓発とか看板とかをやっておりますけれども、なかなか難しいのが実態でございまして、放置自転車については撤去という形で、十分そういう取り締まりを強化していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 次に、大項目2番、7月末の防災無線、これはサイレンでございましたけれども、この誤作動についてお伺いいたします。大変多くの方々から、どっちかと言えば苦情をいただいたわけでございますけれども、このあたりについてどのような状況であったのか、お聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 防災行政無線の誤報につきましては、深夜におけるサイレン吹鳴で、多くの市民の皆様に御迷惑をおかけしたことを、この場をおかりしておわび申し上げます。
 7月28日午後11時30分ごろと翌日の午前4時ごろに押立地区のサイレンが吹鳴したものです。最初の情報では、第七分団詰所・四小・四中・多摩川原橋駐輪場の4カ所が鳴ったということで、調査執行しましたが、サイレンは既に鳴りやみ、原因がわかりませんでした。午前4時には四小のサイレンが再び吹鳴し、本部からの緊急停止ボタンの操作でもとまらないため、受信装置の電源を停止いたしました。原因は、誤受信を防止するための信号コネクターにカビと思われる腐食が見つかり、そのことが誤作動の原因と考えられます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今、7月28日午後11時30分から、また翌日の未明の4時からサイレンが吹鳴したというお話でございました。私には、それが1時間近くも鳴っていたという話を聞いているわけでございます。この辺、消防署としてはどういう状況を把握されているのか。いや、そうではない、5分か10分ですというのか。それからまた、第1回目に鳴ったときには、行ったけれども、もう鳴りやんでいたからということなのですけれども、通報があって行ったのか。1時間も鳴っていたという話でもございますし、通報があって行ったら鳴りやんでいたということですから、鳴り始めてから1時間もたってから行ったということになってしまうわけです。この辺、どのくらいの時間、鳴っていたのかはどのように把握されているのか。それからまた、防災無線のサイレンが鳴っているというのは消防本部のほうで確認できないのか、どこの防災無線が鳴っているというのはつかめないのか、その辺についてお聞かせいただきたいと思います。先ほどの御答弁では鳴ったということで行ったということでありますので、何か通報が来て行ったのかと思うので、本部のほうでは鳴ってもすぐに把握できないのか、その辺についてお聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 夜の11時に鳴ったときに、市民の方から何十本という問い合わせと苦情の電話をいただきました。あわせて翌日の4時にも同じような形で通報をいただいたわけなのです。1時間というお話が今ございましたけれども、私どもでは、最初の夜の段階では、調査に行ったときには既に鳴りやんでいたということで、鳴っていた時間は正確にはつかんでおりません。
 それからもう1点、防災行政無線の本部に指令卓があるわけなのですけれども、そのところでサイレンの吹鳴の状況を把握できなかったかということでございます。指令卓では、本部で操作をすれば、当然鳴っている防災行政無線の箇所がわかるのですけれども、今回は突然鳴り出したということで、本部からそういった信号を送っていない状況でございましたので、把握することはできませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) そうすると、本部から信号を送っていれば、当然どこのサイレンが鳴るかというのは把握できるのですけれども、火災などの場合に、団員の人が直接そこへ来て鳴らす場合がありますが、そういうものも把握できないということになってしまうのでしょうか。防災行政無線のサイレンが鳴ったら、本部のほうでどこのサイレンが鳴っているのか、そのくらいの把握ができるような設備にしなければいけないのではないかと思うのですけれども、その辺についてお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) サイレンの吹鳴の把握については、業者さんと検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 暫時休憩いたします。
                               午前10時36分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前10時37分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 消防団の詰所には手動式のモーターサイレンが別に設置してあります。これはあくまでも詰所用として、消防団員を招集するためのサイレンで、防災行政無線とはまた違った形のサイレンでございますので、今の消防本部にある指令卓ではその把握はできません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) それでは、次の(2)、そのような状況について市民に対してどのような対応をされてきたのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 7月29日午前中に、広報車で押立・矢野口・東長沼地区を中心に、おわびの広報をいたしました。また、9月1日号の広報いなぎに誤報のおわびとして掲載させていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) このサイレンが鳴った後に、翌日広報車が回っておわびをしていたということも私の耳に入っているわけでございますけれども、市民の方からは、これだけ迷惑をかけておいて、あの広報で終わりかといった話も大分聞こえてきたわけでございます。今の御答弁の中にあったように、確かに9月1日号の広報でおわびが載っておりました。ただ、私は、7月28日にあったわけでございますから、広報に出るだろうとは思っておりましたけれども、8月15日号に出なかったから、どうしたのかと思っていたら9月1日号に出ていました。そしてまた、災害メールでもおわびのメールが流されたわけでございますけれども、この部分についても8月28日、1カ月後でした。もう少し早い対応をする必要があるのではないかと思うのですけれども、その辺についてお聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) メールの配信と広報いなぎの件でございますけれども、今、災害情報メール登録者の方は2,800名を超えました。今御指摘がありましたように、業者による緊急点検を行って、その原因がある程度明らかになった早い段階で、メールあるいは広報いなぎに掲載しておわびをするべきだったと思っております。今御指摘いただきましたので、今後はこのようなことがないように努めてまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) それでは、次の(3)、定期的なメンテナンスの状況についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 定期的なメンテナンスにつきましては、年2回、専門業者による点検を実施しております。今回の誤作動につきましては、カビと湿度によってコネクター部の絶縁不良が発生したものと思われますが、定期点検では絶縁不良等の異常につきましての報告はございませんでした。今回の誤作動を受け、昭和63年に設置された受信装置をすべて点検しましたところ、同種と思われるカビが七小の受信装置にも見られましたので、応急処置を実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) 今、誤作動の原因はコネクター部の絶縁不良だというお話でございますけれども、この絶縁不良については、メンテナンスの範囲に入っているのかどうか、その辺と、七小も点検して応急処置をされたということですけれども、応急処置なのか、修理が終わったのか、またこの年代に設置したものについてはすべて応急処置で終わっているのか、修理として終わっているのか、その辺についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) メンテナンスの範囲でございますけれども、今回誤作動を起こしました四小のサイレンにつきましては、サイレン制御盤に接続するコネクター部分を分解して、腐食が明らかになったということでございます。年2回の点検を行っているわけなのですけれども、このコネクター部分を分解してまでの点検は行っておりませんでしたので、腐食等が発見できなかったということでございます。それで、四小の受信装置につきましては、誤発報したということでございますので、今、業者のほうでその部分を持ち帰っていただいて、さらに解析しながら、誤作動が出るかどうか、そういった検査をしているような状況でございます。そして、押立地区4カ所でそういった情報をいただきましたので、今は応急的な処置を施して、実際にボリュームを下げたような状態で使用できる状況にしております。それから、実は昭和63年に最初に39カ所に防災行政無線を設置したのですけれども、異常が見つかったのは四小と七小のものだけでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 原田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 19番(原田えつお君) それでは、私の一般質問はこれで終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、19番、原田えつお君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午前10時43分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前10時58分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の13番、井川まちこさんの一般質問を許します。15番、井川まちこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 通告に従いまして質問をさせていただきます。
 まず項目番号1、若者のひきこもり対策についてお伺いするものでございます。
 (1)、厚生労働省は、精神病疾患ではなく、6カ月以上自宅にひきこもり、学校や仕事に行かない等、社会参加しない状態が持続しているケースを社会的ひきこもりと定義し、実態調査を行いました。1年間に83%の施設に6,151件の相談があり、ひきこもりの継続期間は1年〜3年が26.3%と最も多く、10年以上が7.7%という結果が出ました。また、特に注目したいのは、全体の40.7%の若者に小学校・中学校で不登校の経験があるということでした。また、東京都におきまして都内在住の15歳〜34歳の若者を対象に訪問アンケート形式で実施したひきこもり実態調査でも、ひきこもり状態とひきこもり予備軍の若者が18万5,000人いることがわかりました。
 そこで、1)、社会的ひきこもりの若者についての市の認識をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 社会的ひきこもりは、6カ月以上自宅にひきこもって社会とのつながりを持てない状態が持続している者のことを指し、心と体の健康バランスが崩れてしまう中で起きる状態であるとされております。市としては、社会的ひきこもりの解決は重要であると認識しておりますが、医療的にも専門的な相談が必要であると判断しておりますので、東京都ひきこもりサポートネットなど、専門的な相談機関を紹介していくことなど、必要な対応を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 2)、東京都は、未然に防止するために、昨年、新宿区・足立区・西東京市に委託し、ひきこもりセーフティネットモデル事業をスタートさせ、社会的自立のためのサポートを実施しております。市としても、現状の実態を早急に把握していただいて、今後の具体的な対応が必要と考えますが、市の見解をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) ひきこもりの現状の実態につきましては、対象者の実数は把握しておりませんが、都のアンケート調査の数値から機械的に推計すると1万人当たり約14人であるところから、稲城市においては120人程度と推定されるところでございます。現状では、個別に対象者を把握することは困難であると判断しております。しかし、地域の中で見守り活動を行っている民生・児童委員や市役所の相談窓口でひきこもりなどの相談があった場合には、できる限りその状況を把握してまいりたいと考えております。
 また、市としての具体的な対応策でございますが、対象者は個別的かつ医療的な対応が必要とされるものと判断していることから、広域的な専門相談機関との連携を図ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 稲城市では、ひきこもり状態の若者が推定120人ぐらいとのことでありますが、今、社会の中で若者のひきこもりが深刻化していると考えます。足立区で実施しているひきこもりセーフティネットあだちは、産業経済部就労支援課が担当し、NPO法人青少年自立援助センターが委託を受け、事業を展開されているということであります。まず3つの事業の柱がありまして、1つは電話・メールによる相談、2つ目には来所または出張による相談、3つ目には、これを受けて、関連機関である学校、教育相談センター、保健・医療機関等と保健医療機関等との連携を図りながら個々の支援プランを立て進めているそうです。特に他の機関との連携・ネットワークが重要で、一人一人の状況を適切に把握しながら、社会とのつながりが希薄にならないよう配慮するとともに、社会的自立のためのサポートを実施しています。また、自宅から出られるようになると、フリースペース、つまり自由に出入りできる自分の家以外の居場所を提供し、安心して話ができる仲間たちとのグループワークなどの実施が効果を上げているということでありました。この事業を委託されているNPO法人青少年自立援助センターでは「コンパス」を平成11年に設立し、この間1,000件の保護者相談と8,000件の訪問支援を行っています。ひきこもりの若者への訪問支援が社会参加につながるための原動力は家族との観点から、家族セミナーの開催を初め、さまざまなセミナー、また個別相談会の開催等を実施しているということでありました。本市におきましても、いなぎ社協だより等で発信していただいているようですが、どうか稲城市としてひきこもりの若者を応援するとの声をどんどん発信していただき、東京都の支援事業やNPO法人コンパス、そのほかさまざまな支援・相談情報を提供していってほしいと考えます。見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) ひきこもりに関しましては、市のほうでの対応が求められているということでございますが、東京都あるいは保健所など、さまざまなNPO活動の状況など、実際に行っている場所がございますので、そういったところを紹介するなど、市の窓口で必要な支援というものを進めていきたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 私は、ひきこもりの若者が近所にいるようだとのお話を伺ったことがありました。しかし、プライバシー保護の問題とか、非常にデリケートな問題でありますので、第三者が簡単に入れるものではないということを実感いたしました。御本人または御家族から直接相談をいただければ相談窓口の紹介等もできるわけですが、そうもいかないという現実がございました。繰り返しになりますが、どうか行政から市民の皆様に向け大いに声を発して、見えないところで悩んでおられる御本人、また御家族に手を差し伸べていただきたいとお願いいたしまして、次へまいりたいと思います。
 (2)、文部科学省が公表した学校基本調査速報によりますと、1年間で30日以上学校を休んだ不登校の小中学生が13万9,000人。調査開始以来10年連続で過去最高を更新し、増加に歯どめがかからない状態が浮き彫りになっております。市におきましても、相談窓口を設けたり、スクールカウンセラーの派遣等、努力していただいているところでございますが、ひきこもり状態にならないためにも、不登校経験者・進路未決定者・学校中退者等への支援がさらに重要と考えます。
 そこで、1)、本市の小中学生の不登校の実態と、今まで実施していただいている支援の効果についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 直近の平成20年度における小中学生の不登校出現率は、東京都全体では小学生は0.33%のところ本市では0.098%、中学生は3.15%のところ本市では0.766%と、これまで同様に都全体の出現率を大きく下回っております。不登校の児童・生徒に対しましては、教員が定期的に電話連絡や家庭訪問を行ったり、各学校でスクールカウンセラーや教育相談所などと連携し、梨の実ルームの活用を進めたりするなどして、学校で作成した個別適応支援計画に基づく支援を行っております。その結果、平成20年度の例では、中学校で不登校生徒15人中4人の不登校が解消するなど、好ましい変化が見られるようになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 過去にも議会において多くの議員が質問されていることでもあります。また、今お答えいただいて、昨年15人中4人の不登校が解消したとの成果をお聞きいたしました。子供たちの笑顔が戻ったのだと、うれしく思います。今後ともゼロを目指して取り組んでいただきたいとお願いし、次にまいります。
 2)、今後の対策と取り組みについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 不登校につきましては先ほど述べましたが、中学校卒業時の進路未決定者やその後の学校中退者に対して、中学校が進路情報などを提供したり、不登校経験者に対しては梨の実ルーム指導員が、要請があればそれに応じるとともに、必要のあるときには連絡をとったりするなど、継続した支援に努めてまいります。さらに、小中学校における野沢温泉村での体験を通してつながりを得た野沢温泉村の方々からも支援の御協力をいただけると伺っておりますので、その方々とのつながりを生かすなど、ひきこもり解消についての対応の充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 私にも3人の息子がおりまして、彼らが小学校・中学校時代に同級生の中で不登校の子がいました。一度も学校で見かけることもなく、その子は卒業していきました。漢字とか掛け算・割り算とかは大丈夫なのかと思い、このまま卒業していくことがいいのだろうか等々考えたりもしましたが、自分で答えの出せないまま今日に至っております。勉強するとか、しないとか、学校へ来るとか、来ないとか、そんなことには関係なく、子供たちは無限の可能性を例外なく持っていると考えます。しかしながら、その可能性の扉を開くのは、勉強しよう、学校へ行こう、友人をつくろう等の子供の心であり、子供たちにかかわる私たち大人たちではないでしょうか。また、その扉を開くかぎは、やはり教育なのだと思います。人が人として生きていくことの難しさを感じる昨今ではありますが、その分、小学校・中学校での子供たちの教育は人育てとしていや増して重要なものと考えます。そこで改めて、一度も学校に来なかった子に卒業証書を渡すということについて、市の見解をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 卒業の認定につきましては、校長の責任で行われますが、何日間出席しなければ卒業を認定しないという法的な規定はありません。不登校生徒など、特別な事情があるときは、児童・生徒の立場に立った柔軟な措置が求められており、欠席が著しく長期にわたったとしましても、不登校生徒の卒業の認定については弾力的に取り扱われているところでございます。また、不登校生徒の中には、学校に一日も登校することができなくても、適応指導教室や民間施設などの学校以外で相談や指導を受けて学校復帰に向けて懸命に努力している場合があり、それらの状況によりましては出席扱いができるという文部科学省の通知もございます。なお、保護者から学習のおくれに対する不安により原級とめ置きに関する要望がある場合には、その意向を踏まえて、校長の責任において原級とめ置きの措置をとるなど、あらかじめ保護者等の意見を聞いて参考にするという配慮が望まれております。このような措置をとる理由といたしましては、中学校には通学することができなくても、高等学校へ進学し環境が変わることにより学校復帰の可能性があることや、就職を考えている生徒にとって、卒業が認定されないということが不利益になるということなどが考えられるところでございます。教育委員会といたしましては、このように不登校生徒の立場に立った柔軟な対応が必要であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 一人一人の子供に合わせた対応が何より重要ということだとお伺いいたしました。どうか子供たちが大きく次へとスタートできるよう、さらなる対応をよろしくお願いしたいと思います。
 私は、26市のひきこもり対策について調べてみました。どこの市におきましても、ひきこもりの予防という意味も含め、ほとんどの市で不登校対策はさまざまに講じられております。中でも西東京市は、さきにも述べました東京都のモデル事業として、ひきこもりの対応と未然防止のための西東京不登校ひきこもり相談室を開設し、18歳までの本人と家族を対象に、居場所の提供、体験活動、また情報提供等を実施しております。統計から見ても、不登校対策がひきこもり対策になることは間違いのないことであります。例外なく宝物の子供たちであります。一人も漏れなく学び遊び体験する楽しさと充実を味わって次へと羽ばたけるよう、さらなる努力をお願いしたいと思います。
 それでは、項目番号2に移らせていただきます。学校のエコ化の推進についてお伺いいたします。政府は、4月10日にまとめた経済危機対策の中で、中長期的な成長戦略の柱として、CO2排出の少ない社会を目指す「低炭素革命」を位置づけ、2020年までに太陽光発電の発電量を20倍程度まで拡大することを目標にしております。その大きな推進力が「スクール・ニューディール」構想で、これは学校の耐震化・ICT化・エコ化を3年間で集中的に進めるというものであります。特に今回の補正予算は、地方自治体の負担を大幅に軽減する内容となっており、ぜひこの国の構想を受け、本市におきましても積極的な活用で学校のエコ化を推進していただきたいと考えます。
 そこで、(1)、現在までの本市の学校のエコ化への取り組みについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 学校のエコ化といたしまして、平成19年度に稲城第六小学校の校庭の南側435平方メートルを芝生化しております。現在は、地域などとの協働により維持管理を行いながら、なかよし広場として親しまれております。また、平成20年度には、「できることから始めよう! 地球温暖化防止プロジェクトin稲城」キャンペーンの一環として、全小中学校にアサガオとゴーヤを配布し、「緑のカーテン」事業を実施しております。さらに、小学校6年生の宿泊体験学習において、野沢温泉村とタイアップして、CO2ダイエット宣言事業にも参加しております。日常的にも、小まめな消灯やリサイクル活動のほか、夏季対策として普通教室への扇風機を導入するなど、身近なエコスクールへの取り組みについても、環境教育とあわせて実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 本市におきまして、3本柱のうち、耐震化もICT化も随分進んでおり、評価しております。その中で今後はエコ化に力を入れていただきたいと考えているわけですが、身近なところからの取り組みを今お伺いいたしました。その中で、校庭の芝生化は、今後エコ化の推進課題として重要と考えます。そこで、稲城第六小学校の校庭南側435平方メートルを平成19年度より芝生化され、なかよし広場として親しまれているということで、維持管理にはどのような団体がかかわり、どのような管理を行い活用されているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) なかよし広場の芝生の管理につきましては、稲城第六小学校PTA、児童、教職員のほか、ダディーズ、青少年育成大丸地区委員会、大丸野草の会及び教育委員会の7団体により、なかよし広場の推進を図っているところでございます。ここでは芝生の会を立ち上げ、東京都との連携の中、助言を得ながら維持管理を行っているところでございます。具体的には、学校からなかよし広場通信を発行して、関係する団体の皆さんに芝刈りの講習会、そして芝刈りの日程のお知らせをして協力を呼びかけて、参加していただいているところでございます。児童におきましては、芝生で寝転んだり遊んだり、またお弁当を食べたり、ボランティア活動を通して緑の芝に触れて親しむなどのほか、環境教育の学習面などでも大いに活用され、喜ばれております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 芝生化の一番の課題は維持管理と聞いております。そうした中、第六小学校は、子供たちはもちろん、PTA、教職員の皆様、また地域の皆様等々、たくさんの方々の御協力の中で維持管理されているということで、皆様の御努力に支えられていることがよくわかりました。最近注目されていますNPO法人グリーンスポーツ鳥取代表のニール・スミスさんの手がけた芝生は、生育が速く、ダメージに強いティフトンで、これなら維持管理も簡単ではないかと私は考えましたが、鳥取と稲城市ではかなり気候風土の違いがありまして、稲城市では生育が難しいと伺いました。ただ、早稲田大学の調査でも、学校の校庭を芝生化することは、子供の健康増進に寄与し、学校の環境向上や地域の一体化を促す効果があることが明らかになったとあり、大いに芝生化を推進すべきであると考えるものでございます。と同時に、地域・PTA等の負担が大きくならないように、また雇用創出の点でも、例えば維持管理をシルバー人材センターへ委託するとか、用務員さんにお願いするとか、改善策を検討していただきながら、さらに他校へ広めるための声かけ、また指導等をしていただきたいと考えますが、どのような取り組みをされていくのか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 校庭の芝生化につきましては、特定財源の活用となりますと、どうしても、まず地域などの協働による維持管理のための組織づくりが課題となっているところでございます。また、学校ごとに校庭の形状や面積、そして芝生化が可能な規模も異なりますので、事業推進に当たっては、学校、保護者、地域等が一体となった持続可能な維持管理の仕組みづくりを含め、計画的な事業の取り組みを進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) それでは、次にまいります。(2)、今後のエコ化推進の計画についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 「スクール・ニューディール」構想におきましては、学校耐震化の早期推進、学校への太陽光発電の導入を初めとしたエコ改修、ICT環境の整備等を一体的に推進することとされております。太陽光発電によるエコ化につきましては、大変有効な手段と考えておりますが、建築物への設置方法やコスト・維持管理面への影響なども十分に検証する必要があることなどから、今回の国の補正予算での対応は見送らせていただいたところでございます。なお、技術面では日進月歩の分野でございますので、導入に向け、今後とも調査・研究を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 今回の国の補正予算は、さきにも述べましたとおり、地方負担を大幅に軽減するため、公立の小中学校への太陽光発電導入については、事業費の平均95%を国が負担し、残りのすべても補正債でカバーすることで、地方公共団体の実質的負担は平均2.5%ということであります。ただ、今後どのようになるか、非常に不安定な状況であるわけですけれども、そのような中で太陽光発電の導入について、今回は見送られたわけですが、具体的にどのような検討をされ、どのような見通しを持っておられるのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 太陽光発電の設置には、屋上設置型、勾配屋根設置型、壁・窓ガラス設置型、ひさし型、ルーバー型など、さまざまな方法がある中で、荷重や屋上防水等への影響、コスト、発電量等の面で設置方法ごとに長所・短所もございます。また、学校ごとに施設の状況も異なりますので、所要の検討期間が必要とされることなどから、今回の国の補正予算への対応につきましては見送らせていただいております。太陽光発電の導入につきましては、低炭素社会実現に向け、新学習指導要領にも盛り込まれている環境・エネルギー教育に活用できるほか、再生可能エネルギーの積極的活用、CO2の削減など、具体的な効果が期待されるところでございまして、技術的にも今後のさらなる進展が見込まれますので、引き続き先進事例や今後の国の補助制度の動向等の把握に努めるとともに、設置方法やコスト・維持管理面等の検証を行い、計画的な整備に向け、調査・研究を進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) どうか常にアンテナを高くしていただいて、前向きの検討をお願いしたいと思います。ただ、学校のエコ化について言えば、学校の芝生化、また太陽光発電だけではないと考えます。二重サッシとか断熱ガラスあるいは断熱材の利用、また節水型トイレ、省エネ機器、ビオトープ等々、さまざまな手法があります。そうしたことを踏まえ、市として今後どのように取り組んでいかれるのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 学校のエコ化につきましては、ただいま議員からも御例示いただきましたとおり、さまざまな手法が考えられているところでございます。市といたしましても、環境教育面も含め、学校のエコ化は大変重要なことと考えておりますので、これまで実施してきた事業に引き続き取り組むとともに、今後実施する校舎の大規模改修の際にどのような取り組みが可能であるか、コストや維持管理面を含め、研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) よろしくお願いいたします。
 それでは、項目番号3に移らせていただきます。災害対策について。本年8月11日には、駿河湾沖で震度6弱、また8月13日には八丈島東方沖で震度5弱の地震が立て続けに起きました。きょうも地震がありました。特に東海地震につながるものではないとの専門家の話でしたが、阪神・淡路大震災、また新潟県中越沖地震を思い出し、地震の恐怖を改めて感じたのは私だけではないと思います。本市においては、稲城市地域防災計画に基づき、しっかり対策を講じていただいているのは評価するところでありますが、過去の大地震の教訓を生かし、さらに細部にわたる対策が急務と考えます。
 そこで、(1)、災害発生時に、自動販売機内の在庫飲料製品が無償で提供される災害用自動販売機の設置も有効だと考えます。市役所を初めとして、総合体育館、図書館、市立病院、各文化センター等、さらには10月オープン予定のi(あい)プラザ、今後建設が予定されている(仮称)健康プラザ等々、市の公共施設への設置について、市の見解をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) フリーベント機能つきの自動販売機は、災害時など、緊急に飲料水を必要とする被災者には大変有効な機能だと考えます。公共施設への設置につきましては、新規設置や取りかえなどに当たり、フリーベント機能つきの自動販売機にしていただけるよう要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 新潟県中越沖地震では、県の5万8,000戸が断水し、全面復旧に約3週間かかったと聞いております。そしてまた、災害被災者への調査で、被災時に特に困ったものとして「生活用水」を挙げた人が65.5%、「飲料用の水」と答えた人が53.5%とありました。災害に備え、さまざまなルートから被災者へ水を確保することは、幾らしても、し過ぎることはないと考えます。調べますと、災害用自動販売機は、災害時、遠隔操作で自動で開くものや、手動で開くものがありますし、電光表示板がついていて、ニュースが流れるもの、またAEDの設置も可能だったり、多くの会社がさまざまな機種を出しているようであります。市として要請していくという答弁ですけれども、今後市内の各公共施設等に設置していくことは可能なのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 要請につきましては、既にフリーベント機能つきの自動販売機を取り扱っております業者さんと、市役所の市職員互助会事務局におきまして要請を事前に行っております。まずは市役所に設置されております自動販売機につきまして、災害時に飲料水を優先的に供給できる協定を結んで、そして設置していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 設置していただけるということで、よろしくお願いしたいと思います。
 (2)、飲料水メーカー等との事前の提携により災害時の飲料水の確保も必要と考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 市内にございますサントリー食品工業株式会社とは、災害時における飲料水の供給に関する協定を結んでおります。また、災害時における物資の供給に関する協定を株式会社ダイエーと結んでおり、今後は大型店との協定の締結に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 既に協定を結んでいただいているということで、安心いたしました。さらなる協定をよろしくお願いしたいと思います。
 次に、(3)、災害時に全国から届けられる救援物資は、真心からの贈り物で、被災者にとってはありがたいものと考えますが、実際、新潟県中越沖地震の長岡市では大変だったとも聞いております。本市の救援物資に対しての認識を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 救援物資は、被災者に対する思いやりや善意のあらわれでありますが、被災地域のニーズにそぐわない場合は、被災自治体の負担になることもございます。平成5年、北海道南西沖地震では、衣類だけで約1,200トンが不用となり、焼却処分費用が1億2,000万円もかかったり、平成17年7月の新潟県中越沖地震では、約4,500トンの物資の仕分け作業を市職員が不眠不休で行いましたが、活用されずに大量に残ったことにより、平成18年12月に同市は一般個人からの救援物資の受け入れをお断りしたと伺っております。当市でも、災害の規模により、被災者のニーズに適した援助が受けられるよう、災害対策本部から発信するとともに、個人には救援物資ではなく義援金などの援助を呼びかけようと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 調べましたところ、大規模な災害が発生した際、被災地域に届けられながらも、実際に役に立たない等の理由で、余計な混乱を被災地域に発生させる膨大な救援物資のことを第二の災害と言うそうであります。この第二の災害が実質的災害として防災関係者に認識されるようになったのは、1993年の北海道南西沖地震だったとのことでありました。また、社会問題として報道されるようになったのは、2000年、三宅島噴火の折、大量の古着が寄せられ、結局引き取り手もなく処分されたとの話からでしょうか。ともかく、私は、調べていく中で、緊急時に厚意がそのまま厚意となり得ないという厳しい現実を知りました。災害時の混乱をできるだけ避けるためにも、市として救援物資に対しての認識、また対応は重要と考えます。よろしくお願いしたいと思います。
 次に、(4)に入ります。人や物資の輸送手段は、阪神・淡路大震災の教訓から、二輪車しか使えないと想定されますけれども、その点の対策についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 平成7年の阪神・淡路大震災の教訓に基づき、平成8年8月に、情報収集や応急消火及び応急手当てが迅速にできるよう、消防本部として赤バイを導入いたしました。災害援助における二輪車の機動力は大変有効だと考えております。特に災害時の情報収集や輸送手段としての活用につきましては、市役所バイク部や市民及び消防支援ボランティアでバイク愛好家の方々の御協力について検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 実際、例えば震度6とか7という大地震が稲城市を襲ったとして、道路の寸断は容易に想定できるところであります。特に坂浜・平尾方面は、他の地域と比べ、距離的にも物理的にも孤立し、救援がおくれる可能性が大であると危惧しているところであります。そのことも踏まえ、どのくらいの規模のバイク隊で対応できると考えておられるのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 市役所バイク部や市民及び消防支援ボランティアでバイク愛好家の方々と災害時の対応の機動力として具体的な調整をさせていただきたいと思っておりますけれども、現時点では20台程度確保できればと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 一人の人間が一生の間にあの阪神・淡路大震災のような大災害を経験するということは大変なことであります。なければ、それにこしたことはありません。でも、いつ起こるかわからない。阪神・淡路大震災だって、新潟県中越沖地震だって、だれが予想したでしょうか。一人の人間の命はすべてに優先する、またこの世で何より大切なものは命であるとの思いで、万全な対策をさらにお願いしたいと思います。
 以上で終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、15番、井川まちこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 通告の14番、門島すえこさんの一般質問を許します。17番、門島すえこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 大きく2項目にわたって質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 初めに、女性の健康支援・がん対策について伺います。今、日本は、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなるという世界一のがん大国になっています。また、21世紀は女性の時代とも言われる中で、最近20代から30代、40代の若い女性に子宮頸がんが急増し、40代から50代の女性に乳がんが激増しています。女性の20代から50代と言えば、まさにこれから妊娠・出産を迎える人、あるいは子育て真っ最中、あるいは働き手として職場においてなくてはならない存在です。女性の命を守ることは社会にとってどれほど大事であるか、言うまでもありません。しかし、毎年、子宮頸がんで2,500人もの命が失われ、乳がんで1万人ものとうとい命が失われており、一家の太陽の存在である働き盛りの女性を失った悲しみに暮れる家庭を私も目にしてまいりました。
 子宮頸がんは、予防ワクチンと検診を受ければ、ほぼ100%予防できると言われます。しかし、がんの検診率を見ますと、欧米の女性の場合、大人になったら検診を受けようと教育を受けているためか、9割の方が受診しているのに対して、日本では平成19年度の受診率を見ましても、子宮頸がんは、東京都全体で11.9%、稲城市では5.3%、平成20年度は6.3%、乳がん検診は、東京都全体で9.8%、稲城市では8.4%、平成20年度は9.2%となっております。本市においては、受診率は年を追って高くなってきてはおりますが、欧米に比べると、余りにも低い実態です。
 東大病院放射線科の中川恵一准教授は「がんのひみつ」という著書に書いております、「秘密というのは、基本的な大事な情報がみんなに伝えられていない、知られないまま秘密になっているという警鐘の裏返しです」と。2人に1人ががんになると言われても、多くの日本人は、自分ががんになるとは思っていません。それは、がんが秘密のままだから」と中川先生は言います。乳がんは、DNAが傷ついて、がんが1個できて、それが1センチになるのに15年かかり、1センチ以下のがんは発見できませんが、1センチが2センチになるにはあっという間の1年半で、この間に発見することが大事です。タレントの山田邦子さんの場合も、毎年検診を受けていたのに、忙しくて3年受けなかった、その間に乳がんが大きくなってしまったということです。2センチまでの早期がんなら、治癒率は9割以上となっております。だから、乳がんの検診も2年に1回になっており、子宮頸がん・乳がん検診は受けなければ損な検診です。
 そこで、(1)、受診率向上に向けたプログラム作成について。国は平成23年度までには乳がんを含めたがんの検診率を50%にする目標を示しています。市として受診率向上に向けたプログラムを作成すべきと思います。今年度、東京都が区市町村に対して、受診率対策のコンサルティング事業を提供しています。さらに、国のがん対策推進室にはがん検診促進企業連携事業の予算があり、こうした制度を利用して取り組んではいかがでしょうか。市と考えと今後の取り組みを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 受診率向上に向けたプログラムは、目標値の設定、評価、見直し及びがん検診に対する市の方向性を明確にするものでございます。市では、受診率向上に向けたプログラム作成は必要であると判断しておりますので、今後取り組むことを検討してまいります。また、市では、東京都のがん検診受診率向上事業などの活用を含め、受診率向上に向けて取り組んでまいります。あわせて国のがん検診受診促進企業連携事業のメニューの中から、活用できるものについて、今後検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 今後、使えるメニューの中から検討していただけるということなので、期待しております。よろしくお願いいたします。
 (2)に移ります。乳がん検査グローブ──自己検診特殊手袋の導入について伺います。先日、「余命1ヶ月の花嫁〜乳がんと闘った24歳最後のメッセージ〜」が放映され、大反響を呼びました。乳がんが発生し、24歳6カ月で生涯を閉じた長島千恵さんの遺言は、若年性乳がんについてもっと知ってほしい、若い人には自分と同じ思いを味わってほしくないというものでした。その遺志を継いで「余命1ヶ月の花嫁」乳がん検診キャラバンが昨年から行われ、沖縄から札幌までの全国29会場でがんの早期発見の大切さを啓発し、約4,000名の20代から30代の女性が受診し、その活動はことしも実施されております。今や女性の22人に1人がかかると言われる乳がんですが、検診の有効な手段であるマンモグラフィーは40代からとなっております。乳がんは自己チェックが可能な唯一のがんですので、検診を受けられない若年層の20代・30代の方にも日ごろから自己検診をする機会をつくっていただきたいと考えます。自己検診で異常を感知できるグローブ──手袋は、早期発見のための啓発グッズの一つとして、動機づけの一つとして、大変有効だと考えておりますので、市の考えと今後の取り組みを伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 乳がんの早期発見には、自己検診も重要であるとされております。市では、毎年10月にがんの自己検診法についての講演会を実施し、乳がん検診の啓発活動を行っているところでございます。こうした啓発活動の際に、御提案の乳がん検査グローブ──自己検診特殊手袋など、有用なものについては積極的に紹介するとともに、活用することを検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 都内で既にこの乳がんグローブを取り入れて実施している自治体は、北区、練馬区、豊島区、新宿区、東大和市、西東京市となっております。各自治体とも、多くは10月のピンクリボンキャンペーン中に商店街の御協力をいただいたり、また保健所などで女性向けの健康セミナー・健康講座を開いたときに希望者に配布しているということです。これは、1箱に1,000枚入っていまして、1,000枚で5,500円ぐらいで買えますので、1枚50円ぐらいの透明な手袋です。北区では、ことしの7月5日、商店街でこれを配りますということで、事前に広報で周知いたしましたところ、朝9時から行列ができまして、1人2枚ということだったのですけれども、用意していた5,000枚が1時間ぐらいでなくなってしまったということで、もう一回10月のピンクリボンキャンペーン中に配るとお聞きしております。また西東京市では、乳がん検診のマンモグラフィーは先ほどお話があったように40代からなので、若いうちから検診を受けてもらいたいということで、20代・30代の受診率アップを期待して、例年やっている市民まつりで乳がん自己検診の説明をしながら、視触診とか、人形によるモデル実演をしながら、パンフレットと乳がんグローブを配布しているというお話を伺ってまいりました。
 ただいまの御答弁で、今後積極的に紹介していただけるということと、活用を検討してくださるということですので、それは期待しております。東京タワーも10月はピンク一色に染まります。また、10月になりますと、各デパートへ行きますと、エスティローダーという有名な化粧品の大手がピンクリボンキャンペーンを大々的にやっていますので、デパートの女性向け売り場はピンクリボン一色という感じになってくるのです。そういう中で、稲城市としてどのような乳がん啓発活動を予定しておられるのか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(石田光広君) 10月は乳がん月間、いわゆるピンクリボンキャンペーンの月でございます。市としても啓発を実施していきたいと思っております。具体的には、10月4日に地域振興プラザで、市立病院の外科部長を講師として、100名の方を対象とした無料の講演会を予定しております。また、10月15日には、東京都、それから近隣3市、京王電鉄の協力で、保健所が主体になるわけでございますけれども、駅頭キャンペーンなどを繰り広げまして、早期発見など、乳がんに対して積極的な啓発活動を行ってまいりたいと企画しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) (3)に移ります。学校でのがんの教育についてお伺いいたします。ことしの秋には子宮頸がんの予防ワクチンが承認される方向と伺っておりますが、最近の新聞報道では、承認に向けた手続に入ったとのことです。ワクチンは既に100カ国で使用されていますが、早ければ年内にも発売されると言われております。接種対象は10歳以上。特に10代でないと効果が薄いとも言われております。子宮頸がんは日本では30代後半から40代に多いのですが、最近は低年齢化が進み、先ほどお話ししましたように、毎年約2,500人が亡くなっているということです。市の施策におきましても20代の子宮がん検診を無料としていただいているということは大変評価いたしますが、20歳で子宮頸がんの検診を受けることにはかなりの抵抗感があると思われます。がん先進国の日本が、先進国の中で受診率が最も低いということは、検診の重要性を子供のころからしっかりと教育していないからですと、東大病院の中川先生がおっしゃっておりました。がんに関する正しい知識、がんの教育に力を注ぐ必要があると感じます。先日、国立市立第一中学校で、500人の生徒たちに中川先生によるがんの授業が行われました。稲城市もがんの教育を積極的に検討してはいかがでしょうか。保健の授業では、好ましくない生活習慣はがんになる確率が高くなることを教えています。しかし、既にがん対策は国策です。がんそのものを学ぶことが必要な状況になっております。お考えをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 中学生にとりまして、健康の保持増進や疾病の予防について理解を深めることは、将来にわたって生き抜く力の基盤をつくるために大切なことであると認識しております。特に、がんの教育につきましては、中学校学習指導要領の保健体育科において、健康な生活と疾病の予防の学習の中で具体的な例として、常習的な喫煙により肺がんなどさまざまな病気を起こしやすくなることへの理解を深めているところです。肺がん以外のさまざまながんへの理解及び予防等への理解にかかわる学習の具体化につきましては、速やかに検討してまいります。今後は、小学校高学年の体育科における保健領域でも同様の内容を取り上げておりますので、小中学校を通じた指導の充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 今後、がんの予防に関する子供たちの理解を高めるため、参加しやすいイベントや、地域の保健所・医療機関・ゲストティーチャーの活用などを検討していただきたいと思います。
 先ほど紹介いたしました東大の中川先生が国立市立第一中学校でがんの教育についてセミナーを開いてくださったときに、子供たちの反応にはどういうものがあったかということをちょっと紹介させていただきます。先生は、「がんを教えるということは、死を教えることでもあります。子供に死を教えるのは早過ぎる、教育になじまないという意見もありますが、生徒たちは私の話をしっかりと受けとめ、理解してくれたと感じました。生徒からは、「死の意味を考える機会になった」「がんで死ぬのもそんなに悪くはないと思うようになった」という感想が寄せられました。それはどういう意味かというと、日本には伝統的にぽっくり死ぬのがいい死に方だととらえる風潮がありますが、海外では死ぬ時期をわかって死ねたほうがいいと考える人も多いようです。がんは、余命がある程度わかります。そのため、人生の総決算を自分の意思でできるという意味で、この生徒はそんなに悪くはないと表現したのでしょう。ともあれ、がんを知ることは、予防法や治療法を知ることだけではありません。死と向き合い、限りある人生をどう豊かに生きるのか、こうした点を考える貴重な機会になります」と言われています。生徒たちの反応もとてもよかったということで、こういう先生を稲城に招聘できたら本当にありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                               午前11時55分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午後1時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 2番目の項目に移りたいと思います。図書館行政について伺います。稲城市子ども読書活動推進計画が策定されまして、それに基づいて学校図書館活性化検討会が設置され、学校図書館の整備や活性化について検討が進められております。また、図書館を中心として、赤ちゃんへの絵本支援事業等を通して、小さいころからの読み聞かせを応援するなど、今、家庭・学校・地域における読書活動を活発にしていこうとする機運が高まっております。さらに、図書館では、京王線沿線7市図書館連携協議会により7市の図書館が連携するなど、図書館行政全般の充実が図られているところですが、それぞれの取り組みについて課題と考えているところを質問いたします。
 (1)、読書による子育て支援の現状と課題について、市の考えと今後の取り組みを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 読書を通しての子育て支援でございますが、平成15年から赤ちゃんへの絵本支援事業を中心に実施しております。内容といたしましては、保健センターで実施される3・4カ月児健診時に、絵本購入補助券などの入った絵本支援バッグを保護者一人一人に説明しながらお渡しするとともに、読み聞かせミニ講座を実施しております。また、稲城子育てブックに図書館の子育て支援関連情報を掲載し、子育てに役立てていただくようにしております。課題といたしましては、赤ちゃんへの絵本支援事業では、対象者への郵便による案内、協力書店の拡大、広報紙によるPRなどで利用を呼びかけていますが、補助券の利用率が50%前後にとどまっていることでございますが、今後、他市の取り組みも参考にしながら、有効な支援のあり方について工夫してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 今回この質問をするに当たりまして、26市すべて調査させていただきました。その結果、名称はいろいろあるのですけれども、6市を除く20市で赤ちゃんへの絵本支援事業──ブックスタート事業を実施しておりました。その20市すべてが、生後3・4カ月児健診時に保健センターでボランティアの方や図書館の職員の方等によって読み聞かせをしていただいて、その終了後に、並んでいる5〜6冊の中から1冊選んで、市によっては2冊なのですけれども、それを自宅に持って帰るという事業をしております。自宅に持ち帰ってすぐに赤ちゃんに絵本を読んであげられるという状況なのです。翻りまして本市においてはどうでしょうか。生後3・4カ月児健診時に保健センターで図書館の職員の方に読み聞かせをしていただいているということまでは同じなのです。ここから20市と違ってくるのですけれども、終了後に、稲城市のお母さんは絵本支援バッグというものをもらってきます。絵本支援バッグの中には、絵本購入補助券、それから補助対象絵本の紹介、取扱店等案内図等が入っております。それをもらってきたお母さんは、生後3・4カ月の赤ちゃんは目を離せなくて、いつ寝ていつ起きたのかわからないような状況なのですが、育児に忙しい中、その補助券を持って指定の本屋さんに行って、指定の絵本を購入し、その絵本の金額の半分を助成してもらうという仕組みになっております。ただし、それも上限は1,000円ですということで、何ともわかりにくいというか、そのようなシステムにこの6年間ずっとなっております。
 これを使われたお母さんたちの御意見をちょっと伺ってきました。「補助券をもらえるというのは、もらえないよりうれしい」という声も確かにありましたが、「うれしいけれども、ちょっと使いづらい」とか、「赤ちゃんに手がかかって、なかなか本屋さんに行けない」とか、「本屋さんに行って絵本を選んだら、指定の絵本ではなくて、それには補助券は使えませんと言われて、どうしてもそれが欲しかったので、補助券を使わないで全額自己負担で買ってきた」とか、「上限が1,000円なので、いい絵本は高いから、足が出てしまった」とか、「健診の帰りに絵本をくれたら、帰ってすぐ赤ちゃんに絵本を読んであげられるので、そうしてくれたら本当にありがたいです」という声がありました。これは正直な声だと私は思いました。一番大事なのは、いかに一人でも多くの赤ちゃんに絵本を読んであげられるお母さんをふやしていくかということが、このブックスタートの趣旨だと私は思うのです。なので、稲城市のほうでこのように始めていただいたことはとてもありがたいと感謝するのですが、使い方がなかなか厳しいということがあります。
 私も毎年決算特別委員会の中でいろいろお話しさせていただいているのですけれども、赤ちゃんへの絵本支援事業は平成15年に始まって足かけ6年たつのですが、この補助券の交換率は50%前後と変わらないのです。ということは、2人に1人のお母さんが補助券を使用していないということなのです。ここ2〜3年は、それを利用していない保護者宅に図書館から、早目に利用してくださいというはがきも出していただいていたのです。ではその結果少しはその利用率が上がったかというと、いまだにその利用率は50%前後ということで、子ども読書活動推進計画の中には平成25年には60%を目標とするとなっているのですけれども、私は100%の赤ちゃんに絵本を読んであげるには、保健センターで絵本を5冊〜10冊ぐらい並べておいて、そして帰りにその中から1冊、気に入ったものを持っていっていただくという現物支給というか、それが一番喜ばれる施策なのではないかと痛感しているのです。赤ちゃんというのは本当に絵本が大好きなのです。字が読めなくても、目をきらきらさせて、よだれを垂らしながら食い入るように絵本を見て、そしてお母さんが読んでくれるのを楽しみにしますので、そういう機会を一人でも多くのお母さんにさしあげていただきたいと思っているのです。今の御答弁の中で、他市の取り組みを参考にしながら、有効な支援のあり方について工夫していただけるということなので、ぜひ期待しておりますので、お知恵を出して取り組んでいただきたいということをお願いしたいと思います。
 (2)、公共図書館の子供へのサービスメニューについて、市の考えと今後の取り組みを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 市立図書館では、子供へのサービスを図書館事業の大きな柱として取り組んでおります。通常の貸し出しやフロアワーク、学校を通してのサービスのほかに、読み聞かせなどで直接子供たちにお話や絵本を楽しんでもらうおはなし会などの集会活動、子供ホームページによる情報提供、ブックリストや資料の展示等を通しての読書のきっかけづくりなどを行っております。また、中央図書館では、アニマシオンや子供映画会、調べの講座、一日図書館員等、子供と本を結びつけるために、さまざまな事業を行っております。現在、行事等の参加が低年齢化しておりますので、小学校・中学校以上の子供たちのための企画も含め、学校との連携を強化し、工夫してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 私もアニマシオンについてちょっとお聞きしたのですけれども、これは各市で結構取り組んでおります。また、このアニマシオンによって子供の読書への意欲とか、あと異学年交流で読書をしながらとか、またいろいろな工夫をして遊びながらということで、読書環境の充実だと思うのですけれども、これを中央図書館では図書館始まって以来ずっとやっていただいているということで、すごいと思ったのです。ただ残念なのは、まだ低学年のお子さんしか参加していないということで、中学年・高学年の参加が少ないのですというお話も伺ったのですけれども、異学年交流となりますと、1年生から6年生ぐらいまで、もうちょっと小さいお子さんからなのですけれども、高学年のお子さんが参加していただくには、もう少し学校との連携協力も必要なのかと思うのです。今の御答弁では、これから学校との連携を強化し、工夫して進めていただけるということなのですけれども、どのように進めていただけるのか、わかる範囲内で結構ですので、教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) 現在、指導室で学校の図書館運営推進委員会を進めております。そういう中では、運営推進委員会のメンバーといたしましても、私ども図書館の職員が参加しております。ここでは、図書館や子供の読書についての情報の共有化を図りながら、読書の推進のための取り組みなどを行っておりますので、そうした場をおかりし、また利用いたしまして、児童・生徒に参加していただけるような効果的な企画等も検討できるかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) よろしくお願いしたいと思います。
 (3)に移ります。家庭での読書活動について、市の考えと今後の取り組みを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 家庭での読書活動につきましては、子ども読書活動推進計画を踏まえ進めているところですが、家庭で親子が一緒に本に親しむことにより、子供の読書意欲の喚起、情緒の安定や情操の涵養に一層の効果があると考えております。そこで、幼児に対しましては、健診時に赤ちゃんへの絵本支援事業、3・4歳向き絵本リストの紹介などを図書館が実施しております。また、児童・生徒につきましては、稲城エデュケーションプログラムに位置づけている学校での読書活動を基盤に、家庭学習として読書カードによる読書記録や読書感想文などの活動を進めたり、親子読書の家庭への啓発に努めております。さらに、図書館や校長会との連携により、読書イベントの紹介や、「稲城の子供に読ませたい本百選」の選定を進めるなどの取り組みも進めているところでございます。今後も、園や学校と図書館との連携強化に努め、子供の身近に本がある環境の整備や、親子読書についてのPRなどを進めるとともに、家庭読書の基盤となる学校での読書活動の一層の充実を図ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 家庭での読書というのはすごく大事だと思うのです。学校で朝の読書、10分間読書運動をしていただいてはいるのですけれども、それを家庭に持って帰って、どのように家の中で本を読んでいくかということで、この間秋田県の先生のお話も伺いましたけれども、学力日本一ということで、では塾に行っているとか、補修授業をしているとか、特別なことをしているのではなくて、家と学校がしっかりと連携をとり合って、そして読書にすごく力を入れているということで、この辺からいざというときの底力が出てくるのだと思ったのです。島根県東出雲町の読書への取り組みですけれども、島根県東出雲町では、学校図書館もそうなのですけれども、町ぐるみで読書環境の充実に取り組んでいて、今全国で一番読書が進んでいるということです。この町長は、元学校の先生で、元教育長なのですけれども、「長年数学を教えたが、同じように努力しているのに、成績の伸びる子と、とまる子がいる。何が違うのかと考えると、伸びる子は、幼いときから読書に時間を十分かけていたことがわかった」とおっしゃっているのです。「小さいうちから本に親しみ、本をしっかりと読んでそういう力をつけてきた子供は、いざというときに力が出るし、成績もしっかり徐々に伸びてくる」といった話なのです。そのとおりで、家庭と学校とがしっかり連携して、家庭で落ちついた読書環境をつくる取り組みをしっかりしていただけるように、教育委員会も力を入れていただけたらありがたいと思いますので、その辺もよろしくお願いしたいと思います。
 (4)に移ります。学校図書館の読書環境の充実について伺います。私も、学校図書館の読書環境につきましては、平成12年からこの学校図書館の充実について議会本会議で何回ぐらい提案させていただいたかと会議録を調べていただいたら、10回もやらせていただいたのです。平成12年から10回というと、毎年のように学校図書館のことを本会議で取り上げさせていただいたことになるのですけれども、それほど私は、議員活動の中で、稲城の子供たちのために本当に大事な分野である学校図書館を何とか充実させたいということで取り組んでまいりました。その間、まず本市では、平成12年には、東京都の教員再雇用制度で職務内容として図書館指導を含めた嘱託員の方を採用して、図書館の充実を図っていただきました。これは小学校2校に配置していただいたのです。平成15年には、学校図書館法の一部改正がありまして、12学級以上の学校に司書教諭の配置が義務づけられたのですけれども、この年に同時に国の緊急地域雇用創出事業によりまして、各小学校の学校図書館の一層の活用と読書環境の充実を図るためということで、すべての小中学校に学校図書整理員の方を配置していただきました。これは単年度で終わりましたので、その後、保護者とか地域の方々など、多くのボランティアの方によって読書環境の充実をしていただいてきて、今の学校図書館に至っているのだと思います。ただ、私は、ボランティアの方だけでは限度があるのではないかと思い、ずっと訴え続けてきたのです。平成18年に中央図書館がオープンいたしました。そのときに中央図書館と学校図書館がどう連携していただけるのかと期待したのですけれども、中央図書館と学校図書館との連携がちょっとどうなのかと思われるのです。なかなか稲城の学校図書館の環境が先に進まないという状況の中で、今、学校図書館にどういう役割がふえてきたかというと、今までのただ単に本を読むだけ、本を貸し出すだけの図書館ではなくて、学習情報センターの役割がだんだん増してくるという状況であり、ボランティアの方だけの対応では難しいと思っております。
 その中で、1)、福祉文教委員会所管事務調査報告書で提言されている意見を今までどのように反映してきているのか、それについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 福祉文教委員会所管事務調査報告書において、学校図書館の整備、学校図書館の運営・管理、中央図書館との連携、教育委員会との連携と、4つの視点により学校図書館の整備と活用を進める提言をいただきました。現在、その提言を受けまして、図書館を中心として、稲城市子ども読書活動推進計画を策定し、それに基づき、今年度新たに学校図書館活性化検討会を設置し、総合的な学校図書館整備について検討しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 平成19年11月に、学校図書館の整備と活用についての報告書を提出させていただきました。その中に、図書館活用教育を学校経営の中核に置き、学校教育全体で進めていくために、職員待遇の学校図書館司書を常時配置し、司書教諭や学校長の3者がよく連携して、中央図書館や教育委員会が全力でサポートする組織体制の確立が不可欠であり、平成20年度はモデル校を定めて、稲城市らしい仕組みを構築してもらいたいということがあるのですけれども、今やっと、その福祉文教委員会所管事務調査報告書の提言を受けまして、学校図書館活性化検討会というものをつくっていただいたというお話をいただいたのです。
 では、2)、学校図書館活性化検討会が設置されたということなのですが、どのようにこれから検討が進められていくのか、それについて伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校図書館活性化検討会につきましては、現在まで視察を含め3回、会議を開催しております。また、検討会において、稲城市子ども読書活動推進計画に基づき、学校図書館のデータベース化、学校図書館支援アドバイザーの配置などの条件整備について検討するとともに、学校図書館が児童・生徒にとって、学習に対する興味・関心を呼び起こし、豊かな心をはぐくむ自由な読書活動や、自発的・主体的な学習活動を支援するための場になるよう、協議を進めているところです。今後につきましては、これからの検討内容も含め、報告書としてまとめるよう、進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 学校図書館活性化検討会というものが3回やられて、そしてそれがこれからに結びついてくるのだと思うのですけれども、最後に、3)として、今後、学校図書館活性化検討会の結果をどのように(仮称)第四次稲城市長期総合計画に反映しようと考えているのか、それについて伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校図書館活性化検討会の結果につきましては、報告書を作成し、検討会の意見を(仮称)第四次稲城市長期総合計画に提案してまいりたいと考えております。そして、順次、学校図書館の環境整備を進めるとともに、さらに学校の読書活動が多様に展開し、家庭や地域における読書活動推進の核として、ハード・ソフト両面をあわせ、学校図書館が活性化するようにしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 学校図書館の充実について、いろいろと検討していただけているようですが、教育委員会として今後どのようにやっていただけるのか、その決意とかがありましたら、ちょっとお伺いしたいと思うのです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校図書館の充実は大変重要であると考えております。現在、稲城市の小中学生の学力も著しく向上しており、学校生活の状況も大変安定し、落ちついてきているという環境がございます。これらのことにつきましても、家庭の協力をいただきながら、より確かなものになっているところでございます。このような学校と家庭との連携等も含め、総合的に考える中で、学校図書館のさらなる充実を期してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、17番、門島すえこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 通告の15番、中村みほこさんの一般質問を許します。13番、中村みほこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 3つの大きな項目について順次お伺いしてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
 まず、項目番号1、学校図書館の充実についてでございます。文部科学省設置の子どもの読書サポーターズ会議から「これからの学校図書館の活用の在り方等について」という報告書がことしの3月に提出されているところでございます。その中におきましては、「学校図書館は、その本来の役割の大きさ・重要さにもかかわらず、いまだ必ずしも十分な活用がなされておらず、また、活用したくても、十分に整備されていない学校図書館が多いことが、たびたび確認されてきた。子どもの読書活動等の推進を図る上では、もとより、学校図書館の人的・物的体制の充実を図ることが不可欠である」と報告されています。また、この報告書では、今後学校図書館に求められる役割や機能といったことについても示されているところです。十分に発揮できていないという本来の機能といたしまして、児童・生徒の読書センター、そして学習・情報センターとしての機能、また教科指導のための教師向けの資料、また教材として使える図書などを集めて教員が使えるようにしたり、こうしたレファレンスや教材図書や文献資料等を集め、そして他の図書館から取り寄せるといった教員のサポート機能、これも重要な役割でありますが、発揮できないと言われています。また、多様に活用されている学校がいろいろと出てきているわけなのですが、その他の機能として挙げられておりますのが、子供たちの居場所。昼休みや放課後に、教室内の固定された人間関係から離れ、自分だけの時間を過ごしたり、年齢の異なる人々とのかかわりを持てる場所、さらに子供が校内における心の居場所としているケースがあるということです。そしてまた、放課後の学校図書館は、子供たちが安全・安心に過ごせる場にもなっている。またもう一つ、地域住民全体の文化施設として、放課後や週末に地域に開放するといった取り組みも見られているということであります。実際に三鷹市では、土曜日の地域開放を長年行っているところですが、それぞれの地域性や学校の体制に合わせた形で、対象はいろいろですけれども、地域開放事業に取り組んでいるということであります。これらの学校図書館は、本来の機能のみならず、その他の機能をあわせ持つ重要な存在として位置づけ、十分に活用していくための整備を稲城市でも進めていく必要があると考えています。稲城市の学校図書館の機能をさらに充実するために、以下のことについて伺ってまいりたいと思います。
 (1)、学校司書の配置について伺ってまいりたいと思います。新学習指導要領を進めるに当たりまして、ますます教師の方々の指導力が問われてくる時代となってまいりました。単に学校の学習時間をふやした詰め込み授業では、子供たちの負担がふえていくだけになってしまいます。楽しい授業、おもしろい授業、わかる授業、受けたくなる授業だということを子供自身が実感できなくては、生きる力は育ってこないものと考えます。図書館は、ただ読書活動を推進するだけの機能ではなくなってきているわけです。情報があふれ返っている今日、総合学習とか調べ学習を中心として、学校図書館の学習・情報センターとしての機能はますます重要になってまいります。学びの基礎となる小中学校の時期は、本当に学習に必要な情報を的確に選択・収集する力、また得た知識を応用したり活用する力を身につけていかなければならない大切な時期でもあります。そのためには、調べ学習や教科などに沿って、いつでも的確に指導できる人材として、司書が必要であると思います。また、各教員の方々がそれぞれの教科等の授業を改善したり充実させる上で、個々の努力のみならず、学校図書館としてもしっかり教員のサポート機能を発揮しながら、学校全体、稲城市全体で指導力アップに向けて取り組んでいかなければなりません。教科の指導内容・方法等について、教師に直接指導・助言できるような専門的な知識・技能を持つ司書の役割が大変重要になってくると思います。司書教諭はいらっしゃるのですけれども、クラス担任をしていたり、図書館業務以外にもさまざまな業務を抱える中で、十分な機能を発揮できていません。また、異動などで学校がかわるという問題もあります。学校図書館が教育の中核を担い、こうした多様かつ専門的・技術的な要求にいつでも十分に対応できるようにすることが、学びの環境を充実させることにつながってまいります。そのためには、ぜひ学校図書館に司書の配置が必要と考えております。今後の市の取り組みについて伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校図書館につきましては、司書教諭を配置し、図書の整理だけでなく、児童・生徒に図書の使い方の指導を行っております。また、保護者や地域の方々、大学生などの図書館ボランティアと連携したさまざまな活動の中核的役割を担うなど、学校図書館の機能の充実を進めているところです。したがいまして、現在のところ、学校図書館司書専業の配置については、予定しておりません。今後につきましては、学校図書館活性化検討会の報告書を(仮称)第四次稲城市長期総合計画の中で提案し、議論していただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 現在のところは配置の予定はないということです。(仮称)第四次稲城市長期総合計画の中で議論するということですけれども、2009年5月、現在の東京都内の公立小中学校の学校司書等の図書館職員の配置状況を見てみますと、既に24の区や市では非常勤職員や臨時職員を雇っています。また、4自治体においては業務委託、6自治体では有償ボランティアを配置しているということであります。都内の26市で見ますと、既に20市が何らかの形で人を確保しているということであります。この26市の中の未設置は、稲城市・八王子市・昭島市・福生市・東村山市・東久留米市の6市のみとなってしまっている状況です。本当に今いろいろな自治体が財政難で厳しくなっている中ですら、2009年度に新しく配置されるようになったのが板橋区・杉並区・台東区・東村山市です。稲城市でも長年にわたって市民から学校図書館司書配置の要望が出されていますけれども、いまだに実現に至っていない。この市民の要望は長い間あると思っています。
 そこで質問してまいりたいと思います。教員のサポート機能です。これからは、教科指導のための教師向けの資料、教材として使える図書などを集めて教員の方が使えるようにしたり、レファレンスや教材図書・文献資料といったものを取り寄せるといったサポート機能が大変重要だと思っています。現在はその職員のサポート機能が果たせていません。その状況についてどのようにお考えになるかということを1点伺いたい。
 それともう一つ、人的配置で授業を直接サポートしながら、図書館を学びの場として充実させていくことが大変必要ではないかと考えます。さきに述べましたけれども、司書教諭は、クラス担任であったり、図書館業務以外にもさまざまな業務を抱えています。クラスの授業の中に入って一緒になって図書館や教室で子供や教員のサポートをするということは、実際にはできていません。また、学校を異動してしまったりすると、引き継ぎがスムーズにできていない。子供とのかかわりやボランティアとのかかわりも途切れてしまう。その関係性をまた一からつくっていかなければならない。こういったことで、積み重ねた成果というものを維持していけていないのが実態だと思います。司書教諭と学校司書といった責任ある専門スタッフが中心となって読書活動や授業を直接サポートしたり、ボランティアとの連携で図書館の機能自体を充実させていくことが、学びの場の充実につながると考えます。学校図書館の役割、そして司書の役割、こういった重要性についてしっかりと認識していらっしゃるのかどうか、こういったことについてもお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) まず、教員のサポート機能ということにつきまして、現状では、学校図書館の蔵書は児童・生徒を対象に予算化し、充実させているということでございます。したがいまして、教員の教材研究や資料収集の実態といたしましては、現在もインターネットを活用して文献や資料収集をしたり、学校内のOJTや稲城市立学校教育研究会あるいは東京都の研修会などによる資料提供など、さまざまな面でのサポートがあり、学校図書館による資料提供がすべてという状況ではございません。したがって、学校図書館の教員のサポート機能ということにつきましては、今後も可能な条件の中で研究してまいりたいと考えております。
 また、授業へのサポートということでございますけれども、学校の授業はさまざまな形態で行われておりまして、学びの多様化に伴いまして、インターネットや本、新聞など、教材としての素材もさまざまでございます。子供が主体的に学んだり、興味・関心を持つことができたりすることが必要であり、これらの要件を満たすための学校図書館の活性化について、学校図書館活性化検討会での報告書の検討を進めておりますので、その中で研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 教師のサポート機能というものは学校図書館以外にもいろいろとあると思いますけれども、教師の方々にとりましては、自分ひとりで研究するといったことではなく、だれかと一緒になって研究し合うといった場も必要ではないかと思うのです。学校の中でそういった司書の方あるいは同じような立場の学年の先生方とか、いろいろな人と一緒になって研究できる。こういった場をしっかりと充実させていっていただきたいと思います。
 (仮称)第四次稲城市長期総合計画が始まるのが平成23年度からです。そうすると、さきにお伝えしましたけれども、26市で見ますと、既に20市が何らかの形で人員配置をされている。稲城市は、まだまだこれから子供たちがふえてまいりますし、発展が見込まれて、注目されている自治体でもあります。将来の稲城を担う子供たちの教育に地域格差があってはならないと考えます。未設置市ということで、設置されている自治体に周りを囲まれているといった状況にあります。こういった周辺自治体との教育格差にもつながることだと考えます。残る6市の中でどこが最初に取り組むのか、どこも戦々恐々としているところではないかと私は考えているのですが、最後にはなりたくないと思っているところです。稲城市は、PFIの図書館ということで、周辺自治体からも、もちろん全国からも注目されている自治体である。そのような中で、職員体制などのこともあり、全体的な評価は今でもいろいろなことを耳にしますけれども、賛否両論、図書館のことをいろいろ考えていらっしゃる方々から、いろいろな意見が時折入ってまいります。PFIとして3年間経過して、図書館自体、市民の社会教育や学校教育のレベルアップにどれだけ貢献できているのか、こういった評価についても他の自治体の図書館関係者の方からもいろいろと注目されているところだと思います。市立図書館との連携で学校図書館は教育の中核を担っていくといったところであると思っています。
 この充実がいかに重要かということを多くの自治体で認識されて、子供たちの学力向上とか、生きる力をはぐくむためにということで、司書の配置に力を入れて取り組む自治体がふえてきたということだと思います。多摩市では、1997年から始めていって、2003年からは全校に学校司書を配置しています。聞くところによりますと、学校の駐車場を先生方が使う場合には有料にして、そしてそれを元手に配置を始めたということも伺っています。他の自治体の事例を見ても明らかなように、いつでも図書館が開かれていて、相談に乗ってくれる人がいれば、子供たちはもっと図書館を利用するようになりますし、読書の日常化で必ず子供の力も伸びてくる、これはもう実証済みだと思います。子供たちの学ぶ環境を充実するためには、財源について何らかの工夫を図っていただき、早急にモデル校での実施もぜひ考えていただきたい。平成23年度から始まる(仮称)第四次稲城市長期総合計画の中ですら、いつ配置がされるか、実現されるか、今の段階ではわからないわけです。まだまだ若い世代がふえてきて発展していく稲城だからこそ、未来への投資というものも考え、もっと子供の教育環境といったものを充実させていくためには、人材にしっかりとお金を使ってほしいと思います。子供は人とかかわっていくことで育ってまいります。子供が育つ環境にはより多くの人を配置してほしいと思います。子供の成長は待ってもらえないわけで、何らかの工夫をしながら司書の早期配置を実現していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 稲城市では、平成15年度に学校図書館の環境整備と蔵書の整備ということで、緊急雇用対策事業により1年間各学校に図書館専門員を配置し、その後、全校への司書教諭の配置、それから図書ボランティアの導入を図るとともに、ボランティアの方々への研修も実施し、充実を図ってきております。今後につきましても、緊急雇用対策等の財源などの活用も含め、子供たちの学ぶ環境を充実してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ、(仮称)第四次稲城市長期総合計画と言わず、子供はどんどん成長してまいりますので、早期にやっていただければありがたいと思います。
 次にまいります。(2)、心の居場所となる学校図書館づくりについて。先ほども申しましたけれども、学校図書館は、教室内の固定された人間関係から離れ、児童・生徒がひとりで過ごしたり、いろいろな年齢層の人々とかかわりを持つことができる重要な場であります。ストレスを抱えた児童・生徒にとっては、学校図書館が校内での心の居場所になっていることもあります。明確に悩みを口にできる子供は、スクールカウンセラーの先生に言ったり、保健室を利用したりすることもできます。そういった悩みをはっきり口にできるということは、もう解決は見えている、それを解決すればいいということでありますから、まだいいのですけれども、なかなか判断できない、もやもやとして表現できないといった子供たちはたくさんいます。学校では、よその教室への入室は原則的には禁止されているのではないかと思っています。教室の中で息苦しさを感じてしまった場合、学校内に居場所を見出せない子供もいます。こういった子が不登校になったり、学校へ行けない日が続いたりということにつながっていくのだと思います。特に中学生の場合は、親にすべてを話すという年齢を少し越えて、精神的に不安定な時期でもあります。悩みを抱えた生徒にとっては、そっと寄り添ってくれる人や、心が落ちつける場所が必要になってまいります。
 実際に学校司書を配置している三鷹市などで長くかかわっている司書の方のお話ですと、一人一人の子供の悩みや性格もわかってきて、図書館の職員が子供の不安や悩みを気づいて受けとめることができるようになってくるのだということです。先ほど申しました子どもの読書サポーターズ会議の報告にも、今後は、学校図書館が、保健室登校や、教室で過ごせない子供の第二の心の居場所として機能していくことが期待されると書かれております。より多くの大人が子供と向き合う環境をつくっていくために、担任と連携して対応できる図書館職員を配置すること、さらにはオープンスペースになっている学校においては、静かに過ごせるような読書室の確保といったものが望まれるといった声も保護者の方から伺っています。今後の市の取り組みについて、どのようなお考えなのか、伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 文部科学省の子どもの読書サポーターズ会議の「これからの学校図書館の活用の在り方等について」の報告書の中では、学校図書館の機能・役割として、児童・生徒の読書センター及び学習・情報センターとしての機能や、教員の授業改善や資質向上のための支援機能、その他の機能として、子供たちの居場所の提供が、多様な要請の中に報告されております。今後の取り組みにつきましては、この報告書も踏まえ、さきの答弁のとおり、学校図書館活性化検討会や(仮称)第四次稲城市長期総合計画に基づいて、財政面を考慮しながら、居場所づくりとしての人的面の対応と、読書空間の確保について、研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 財政的措置が必要だということがまず最初に来るわけなのですけれども、実際に不登校や学校に居場所を見出せなかった子供たちが通うチャレンジスクール、都立桐ヶ丘高校に伺ってまいりました。司書の方は、すべての本を読んでいらっしゃって、子供たちに適切な本を準備することで会話も生まれてくる。落ちついて勉強できる場であることはもちろんですが、さらに学校図書館は子供たちの心の居場所としての役割を果たしていることを司書の方御自身がしっかりと認識して子供たちに接していると私は感じてまいりました。子供をより多くの大人の目で見ていくことにつながるということもあって、さきに述べましたけれども、そのための予算はぜひ何らかの工夫をされて、早急に実施していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 次にまいります。(3)、放課後の子供たちに安全・安心に過ごせる居場所として学校図書館を開放することについて伺ってまいります。稲城市の放課後の開放の実行数を平成19年度の報告で見ますと、六小、城山小、二中、三中、四中、六中とありました。現在はいろいろな増減があると思いますけれども、ボランティアや教員の先生方がやっていらっしゃるのでしょうか。専任の人がいないということで常設はできていないのだと思いますが、年度によってはいろいろ変更があったり、地域によって学校差があるということは避けていかなくてはならないと思っています。また、中学生は部活動などがあってなかなか時間がとれないこともあるので、市立図書館を放課後利用するということがなかなかできないのではないかと思います。また、長峰小学校の放課後子ども教室も、放課後の居場所として定着していることもあり、参加する子供たちが年々増加していると伺っております。居場所の拡充としても今後図書館を放課後開放していかなければならないと思いますが、市の見解をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 学校図書館の充実につきましては、居場所の拡充としての機能だけでなく、先ほどの答弁のとおり、多くの機能があり、それぞれにその整備が要請されております。今後の居場所の拡充として図書館を開放することにつきましては、それぞれの学校の実態や人的配置などの条件整備など、財政面を考慮しながら研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 人的配置をぜひ何らかの形で組んでいって、早期に実現していただきたいと思っております。学童クラブの図書資料を以前に拝見したことがあるのですが、こちらのほうもとても十分とは言いがたい。何らかの補充をしていきたいという先生の意向も聞いたことがあります。学校に設置されています学童クラブで読書活動を充実させるためには、学校図書館を開放して、連携していくといった機能も同時にやっていけるのではないかと考えています。またもう一つ、児童館のない長峰地区については、先ほども申しましたけれども、長峰小学校の放課後子ども教室に参加する子供たちが増加していると伺っております。図書館が手狭になってきていて、何らかの手だてはとっていただきたい。まずは放課後子ども教室の場所を確保するという意味でも、図書館へ拡大してはいかがかと思います。この部分だけでも何としても先にやっていただければと思うのですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(川崎寿治君) まず最初の学童クラブの関係では、現在、育成室や校庭を活用し、さまざまな活動をやっているところでございます。そういう中で、学校図書館の開放につきましては、学校職員の対応が困難であるという中では、当然ながら育成室、それから校庭というところがございますので、なかなか難しいと言えるかと思います。子供たちの安全管理の確実な状況把握が必要になることから、活動の場を拡大するということは難しいということが1点ございます。
 また、長峰地区でございますけれども、放課後子ども教室は、安全管理員と臨時職員の4名の体制で現在行っているところでございます。そういう中では、学校内における子供たちの管理面や、学校図書館の開放にかかわる人的な課題がありますので、そういう点ではこれも難しいと考えているところでございます。いずれにいたしましても、今後、学校の実態や人的配置等の条件整備などを考慮しながら研究してまいりたいと思います。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 職員の対応が困難であると、すべてにわたって人の配置を進めていくしかないということだと思います。以前、江戸川区の放課後子ども教室に伺ったことがあるのですけれども、そこは校庭から体育館、図書館、すべて開放して、学童クラブの子供たちも一緒になってやっている。実際にこのような学校もあるわけです。それは人員をしっかり配置しているということです。できないわけではなくて、やろうとするかどうかということだと思うのですが、前向きに考えていっていただきたいと思います。
 次に移りたいと思います。(仮称)健康プラザにおける心の健康づくりについて伺います。(仮称)健康プラザの基本理念は「市民の“からだ”と“こころ”の健康をサポートする健康増進の場」であります。いやしと憩いの場づくりとして、多摩サービス補助施設の共同利用地等の自然環境を活用して、いやし空間、リフレッシュ空間として、市民が自由に散策等できるように整備を進めていくことになっているはずです。外来部門の増築方針を見てみますと、将来予測として、精神及び行動の障害の患者数が増加すると考えられているが、心の病の急激な増加や、さらに高齢化に向かってふえてくる認知症への対応についても、早期対応が大切だということが示されています。そこで、近年、精神疾患や認知症の治療にハーブなどを使った園芸療法が注目されてきているところであります。ハーブではありませんけれども、市内では多くの市民の方々がアダプト制度を活用して公園や歩道などの花壇の整備・管理をしていただいているところです。しかし、今の市立病院の周辺を見る限りでは、残念ながら草花が余り見られず、心が和む場というところには当たらないかと思っています。市立病院は、病気を診る病院ではなく、病気にさせない病院を目指しているということであります。病は薬や治療だけで治るものではなく、心の健康が体や精神の健康に大きくかかわってまいります。そこで、建物の南側から多摩サービス補助施設の共同利用地のあたりを心休まるいやしの空間と位置づけまして、園芸庭園として整備し、入院・外来患者が散歩したり、小さい子供たちから高齢者や障害を持っている方、つえ・車いす・ベビーカーなどを利用している方、さらには医師や看護師など、病院の職員も含め、どんな人も利用できるような憩いと交流の場とすることを提案したいと思います。城山から大丸公園の裏側へ抜ける散策路がつくられておりますが、私も上がってみましたけれども、起伏が大変激しくて、健脚の持ち主の方であれば健康維持には大変効果的だとは思いましたが、なかなかすべての人への対応というわけにはいかないかと思っています。
 昨年、長野県の諏訪中央病院を視察してまいりました。この病院の特色は、病院らしくない病院、心の休まる環境としての病院であります。また、長年地域に開かれた病院づくりに取り組んでいるということで、病気でない人も気軽に病院に足を運べるように、写真展・音楽会・勉強会を開催したり、ハーブガーデンがつくられ、ボランティアの人たちに運営を任せているということでした。このグリーンボランティアの方が管理するハーブ園は、だれでも摘み取ることができるように市民に開放されています。また、車いすやベッドでも入れるように、舗装した小道。車いすの高さからも花に触れたりできるような工夫がされていて、どなたでもお摘みくださいと書かれた看板まであるのです。作業台やテーブル、いす、小さな小屋、ハーブの香りの中でゆっくりと時間が過ごせるように、さまざまな工夫がされておりまして、入院・外来患者の憩いの場だけでなく、グリーンボランティアにとってもここの活動や仲間同士の交流が生きがいでもあり、体と心の健康にもつながっていると感じてまいりました。これらの活動を学ぶために多くの見学者が訪れていると伺っております。
 9月3日の朝日新聞に、精神的な疲れを見る16項目に回答して点数化するといった日本医師会の調査の記事が出ていました。病院勤務医の9%が中程度以上の深刻な状態にあり、メンタルヘルスの支援が必要だと判定された。53%は、「自分の体調不良を他人に相談しない」と答えた。その理由は「自分で対応できる」という自信があったり、「同僚に知られたくない」といったこともあるということでした。
 実際に私が伺ったところ、職員の方が裏のほうにいすを持ち出して、木陰でゆっくりと休息をとられているという状況を見ました。この地域がこういったいやしの場となることが必要なのではないかと考えます。病院の先生だけでなく、この後にも質問してまいります教員の方、市民の方、さまざまな方に本当に精神の安らぐ場が市内に必要ではないかと考えています。また、今日の心の病の急激な増加への対応、治療や予防も期待されているハーブ園を使った園芸療法の取り組みは、既に福祉施設などでも始められています。予防医学の一環として園芸療法を取り入れていくことで、その効果も十分に期待できます。(仮称)健康プラザにおきましても、建物の南側の敷地をアダプト制度などでさまざまに活用されてこういった取り組みをすることが有効と考えますので、以下のことについて伺います。
 (1)、病院敷地と多摩サービス補助施設の共同利用地を一体的に活用しまして、園芸療法にも活用できるよう、花やハーブなどを市民とともに植栽し、車いすでも散策できるような園芸庭園とすることについて、市の考えをお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) この共同利用地につきましては、平成18年7月18日、東京防衛施設局より緑地公園用地として一時使用許可をいただき、約4,670平方メートルを利用できることになりました。平成20年度には、以前より病院敷地との境界に設置されておりました既存フェンスの撤去及び病院敷地への連絡階段を整備し、(仮称)健康プラザ建設予定地と一体的な土地となってまいりました。今後の共同利用地整備につきましては、残された自然を十分に生かし、御提案を踏まえ、隣接する(仮称)健康プラザ建設計画との整合を図り、一体的に活用できる計画となるよう、検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 一体的な活用は検討していただくということです。この園芸療法ガーデンというのは、バリアフリー、ユニバーサルデザインであること、また自然物で囲われた空間であること、五感を刺激する空間であること、また人と植物・自然が共生する空間であること、危険なものが存在しない空間であること、こういった5つの思想が込められて、素朴さを感じさせるガーデンであることが求められているということで、ちょっとおしゃれなガーデニングとはまた志向が違うそうなのですけれども、こういったことを学べるように学校、大学とか、いろいろなところが今取り組んでいるところです。うつ病の患者さんが週1回の療法を3カ月受けて社会復帰したとか、脳卒中などで半身不随になった方が機能訓練として園芸療法を受けて回復に向かっているとか、多くの実例があると伺っています。また、障害を持っていない方々も、心身の安定のために、予防として園芸療法を定期的に受けている。ストレスの多い日常生活からほんの少し抜け出していやされたいといった方に対して、園芸療法がリラクゼーション効果を持っていて、ストレス低減に寄与する可能性は十分にあると言われております。そこで、ハーブや花はどんな人の心もいやす効果がありますので、園芸庭園としての活用を目指していただきたいと思うのですが、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) この共同利用地につきましては、緑地公園用地として利用することになっておりますので、今御質問いただきました園芸庭園としても活用できるようなことも踏まえまして、一体的に活用できるような計画を検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ、病院と(仮称)健康プラザ一帯が本当に心の休まる場になることを目指してこの計画を立てていただければと思います。
 (2)に移ります。現在、逆くの字というか、逆L字といいますか、変形になっている大丸公園駐車場を一体化して、建物南側敷地を広くとって、いやしと憩いの場として有効活用することがいいのではないかと思っておりますので、その点について市の考えをお伺いしてまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 大丸公園は、約1.2ヘクタールの近隣公園で、テニスコートや複合遊具のほか、子供たちに親しまれる水辺など、充実した施設もあることから、人気の高い公園でございます。このため、市内の各地から利用者も多く集まり、駐車場が不可欠な公園であると考えております。また、大丸公園駐車場の敷地につきましては、平成8年度に東京防衛施設局より駐車場として借用しているものであり、目的外には利用できないこととなっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 大丸公園は、利用される方も多く、いつも小さいお子さんを連れている方がたくさん遊びに来ていらっしゃって、本当にいい公園だということは私も十分承知しております。駐車場が必要なことももちろん十分理解しております。しかし、共同利用地も使えるようになってくるということと、(仮称)健康プラザ事業の一環としてこれから整備を進めていくわけです。その中で、(仮称)健康プラザの工事が一たん完了してしまうと、その後の変更はなかなか難しいだろうと考えております。あそこの一帯がいやしの空間となるように、公園も一体となって、駐車場のあり方というものを少し検討していただければと思っております。駐車場として借用しているものであり、目的外使用はできないということなのですけれども、市の行政の中でもう一度知恵を絞って検討していただいて、どのようなことができるのか、有効利用ということで、借りている土地ではありますけれども、再度協議していっていただければと、役所の中での合意決定もあるとは思いますが、しっかり連携をとってやっていただければありがたいと考えております。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(井上一彦君) 確かに今ちょうど共同利用地の隣が駐車場になっております。ただ、共同利用地も、今回のこの駐車場も、あくまでも緑地公園用地として東京防衛施設局より借りておりますので、その目的外の使用については現在厳しいということです。ただ、今、基本設計が終わりまして実施設計に入っている中で、いかに公園の中で一体的に、今あいているところでも、公園の駐車場用地でも、ちょっとした利用地ができるかどうかとか、いろいろな形の中で整合を図られるように検討してみたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) あそこは、(仮称)健康プラザの裏側にはなりますが、南側ということで、(仮称)健康プラザにいらっしゃった方から見える場所にあるわけです。あの場所がどのような空間になっているかというのは大変大きな意味があると思っておりますので、ぜひいい空間になるように進めていっていただければと思います。
 次に移りたいと思います。項目3、教職員のメンタルヘルスへの対応について伺ってまいります。教職員の病気休職者全体に占める精神疾患による休職者の割合は、これが6割近くとなっておりまして、十数年にわたって増加しているということであります。病気休職・精神疾患増大の背景には、過酷な教職員の方の労働条件があるのではと言われています。文部科学省によりますと、平成17年度の精神性疾患などによる教職員の休職者数は4,178人、休職者数の在職者に占める割合は0.45%、これは10年前の約3倍に当たる人数で、年々増加しているということです。小学校は、学級担任制であることから、ほかの教職員と連携協力して対応するという姿勢がなかなかとりにくい。結果的に問題をひとりで抱え込み、メンタルヘルスの悪化を招くおそれがあると言われております。教員間の人間関係はストレスを軽減させる要素にも、また増大させる要素にもなると言われております。そのため、岡山県の教育センターでは、平成18年度に小学校教職員のメンタルヘルスに関する実践的な研究を行いまして、メンタルヘルスの悪化を未然に防止する一次予防策として、教職員間の人間づくりを目的とした職員研修のプログラムを検証いたしまして、効果があると言われています。原因の把握にしっかりと努めていただいて、早期に適切な方策を講じるとともに、予防対策に取り組まなければならないと考えております。市の取り組みを伺ってまいりたいと思います。
 (1)、稲城市における教職員の病気休職者の実態についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 本市における過去3年間の小中学校教職員の病気休職者につきましては、平成18年度1名、平成19年度1名、平成20年度6名となっており、すべて精神疾患による休職者となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 病気にはさまざまな原因があると思います。保護者との関係であったり、子供との関係であったり、また同僚との関係であったり、本人の家庭の事情であったり、いろいろなことが考えられると思うのですけれども、こういった原因をしっかり把握されて、もし労働条件に原因があるとすれば、改善するなり、何らかの対策を講じていかなければならないと思います。これまではこういった方々についてどのようにされていたのかということを一つお伺いしたいと思います。それから、教職員の休職者のすべてが精神疾患の方ということですので、精神科の相談というのは重要かと思いますので、どのようにされているのか、そういったことについて伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 病気休職の原因ということにつきましては、さまざまな要因があり、特定できるものではないというところでございますけれども、労働条件の改善ということにつきましては、これまでも校務や事務の効率化に努めているところでございます。また、教員のメンタルヘルス、精神科医との相談といったことでございますけれども、稲城市では健康相談というものを学校医のほうにお願いして実施していただいているところでございます。また、東京都の精神科の保健相談体制ということでは、東京都の教職員総合健康センターというところがございます。教職員の健康相談として、面接あるいは電話により、心の健康問題への対応とか、精神疾患で休職中の教員が復帰するときの相談等を進めております。また、東京都教育庁の福利厚生部福利厚生課のほうでも、臨床心理士による訪問相談員と教育経験者による教育相談員がペアを組んで学校訪問をして、教員のいろいろな悩みの相談に乗っているということがございます。そのほかにも、指導上にかかわる悩みということでは、東京都のほうで東京都教育相談センターというものがございまして、そちらで教職経験者を中心とした指導の悩みということでの対応をしております。そのように、教員のメンタルヘルスというところではいろいろな対応が可能となっているという状況にございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) いろいろな対応をされているということで、ぜひ早期に活用していっていただくことが重要ではないかと思っています。今、教職の方に限らず、すべての市民の方々にとっても、精神の疾患が急増しているところでありますので、早期発見に努めていただきたいと思います。
 それでは、次にまいります。(2)、校務や事務の効率化と軽減策について、今もお伺いしたところでありますけれども、実際にそれが先生方の負担軽減につながるようなものにならなくてはならないと思いますので、その点についてしっかりと伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 校務や事務の効率化と軽減策につきましては、各学校で職員会議や校務分掌部会などについて、会議の内容や回数を精選したり、校務分掌組織を再編し、特定の教員に多くの仕事が集中しないように工夫したりするなど、職務内容や職務量についての軽減に努めるとともに、事務職員と教員との職務連携を進めることによる職務の効率化等に努めているところでございます。また、本年度から東京都で導入した主任教諭制度を活用し、主幹教諭・主任教諭・教諭がそれぞれの役割を果たしながら組織的に機能するよう、各学校ではOJTによる研修を充実し、それぞれの職能を向上させることにより効率的な学校運営に努めているところでもございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) これからさまざまな対策がとられなければならないということで、今、文部科学省のほうでもこの負担軽減について、教職員の職務のあり方についてという研究が部会を設けて進められているところでもあります。本当に先生方が忙しいということは長年伺っているところなのです。そのような中で、やっといろいろなことに対応できるような状況になってきたのかということで、本当に楽になったといった意見が教職員の方々の口から出るようになっていかなければ、教職員の負担軽減への効果を実証することにはならないと思うので、ぜひこれからもしっかりと進めていっていただきたい、なおかつ先生方から忙しいという意見が上がらないようになれば、本当によかったと思うのですけれども、これからの経過を見てまいりたいと思います。
 この職務軽減・効率化についても、私としては、先ほどの図書館のときにも申しましたけれども、より多くの人を配置することが負担を軽減することにつながると思っています。平成21年度に文部科学省では、教員が子供と向き合う環境づくりについて、さまざまな予算立てが行われています。非常勤講師を使っていいというサポート先生の配置の費用について文部科学省にちょっと伺ってみますと、図書館の司書といったものについても教職員の職務の負担軽減に当たりますということだったのですが、東京都のほうではそれには使わないと、都道府県単位としてはこれには対応しませんということだったものですから、市の対応と、それぞれの自治体の予算で対応してくださいということです。国のほうが幾らそう言っても、主要な都道府県の単位ではそれではないということになれば、それぞれの自治体で何とかしなければならないということだと思うのですが、司書の配置ということにもっとしっかりと予算をとっていかなければならないと思っています。
 次に、その効果については、始められたばかりだと思うのですが、どのような教員の評価や反応があるのか、ちょっと伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 先ほどの職務量の軽減等についての教員の評価ということにつきましては、会議の精選や職務内容の平均化等については一定の効果が上がっていると判断しております。特に主任教諭制度につきましては、本年度から導入された制度ですので、各学校では、主任教諭の具体的な役割を一層明確にして機能化させるということによって職務の効率化を図れる見通しもあることから、今後も指導してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ、先生方にとって働きがいのある学校として、いい環境づくりをしていっていただきたいと思います。
 (3)、相談しやすい職場環境への取り組みについてお伺いしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 社会的・心理的ストレスが生じやすい教職員へのメンタルヘルスの対応として、相談しやすい職場環境づくりは特に重要であると認識しております。各学校では、労働安全衛生法に基づき、衛生管理者等を選任し、教職員が相談できる体制をとっております。また、大規模校の若葉台小学校には産業医を配置するとともに、ほかの学校では学校医による健康相談を実施しております。さらに、教職員のメンタルヘルスでは、管理職による適切な助言等が大切であることから、校長が年間3回以上実施する人事考課の面接や授業観察後の指導・助言の機会を活用し、教職員が相談できる雰囲気を醸成することなど、良好な職場環境の維持・改善について、校長会等を通じて指導しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 本当に職場環境づくりが大変重要ではないかと思っています。日ごろから管理職の方々と相談する体制はとっていらっしゃるのでしょうけれども、相談し合える同僚との関係づくり、教員間の良好な関係をつくっていくということにも力を尽くさなくてはいけないと思うのです。いろいろな教員の先生方と連携協力しながらいろいろな悩みを相談し合えるような人間関係をつくり上げていくことにも力を尽くしていただきたいと思うのです。
 先ほど申しましたけれども、岡山県の教育センターでは、自分の気持ちや考えを伝え合う体験ができる職員研修というものを行っているそうです。これは、教職員間の人間関係づくりを目的としたプログラムで、メンタルヘルスの一次予防ということで、周りに相談に乗ったり、適切なアドバイスをしてくれるような同僚とか、専門家からのサポートといったものが必要だと書かれておりました。こういった職員間、管理職の方々とはもちろんですけれども、何かで悩んだときにちょっとはけ口があるとか、早期に相談できるような体制づくりのためには、職員間の良好な人間関係をつくることがまず重要ではないかと思います。こういった他の教職員との連携協力をスムーズにするためにはどのような対応をされているのか、お伺いしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 教職員が仕事をひとりで抱え込み悩むといった状況をつくらないということは、教職員のメンタルヘルスということのためだけでなく、学校の持つ機能の正常な発揮のために大変重要なことであると認識しております。そのために学校は、管理職のリーダーシップを発揮しつつ、主幹教諭や主任教諭を中心に組織的な課題解決を進めるとともに、随時プロジェクト型の委員会組織を構成して、学校力の向上等に努めております。今後も、教員間の連携協力がさらに充実するよう、指導してまいりたいと考えております。
 また、岡山県のような教職員間の人間関係づくりの職員研修ということですけれども、これまで学校教育では、教員は自分が担任する学級の経営にとどまりがちであるという傾向があったという指摘がございました。しかしながら、今日では、教員が抱える課題が多様化する傾向にあります。担任ひとりだけの対応では解決することが難しいという状況に直面していると考えております。そのため、教職員間の一層の連携協力体制が必要でございますので、教職員間の人間関係づくりは大変重要であると認識しております。しかしながら、岡山県も県単位で実施しているように、研修の内容も一市の教育委員会レベルでなく、都の教育委員会への提言等も含め連携する必要がありますので、人間関係づくりの教職員研修ということについては、今後研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 人間関係づくりというのは、子供たちが見てわかるのです。学校の中で先生方がどのように状況にあって、どのような関係づくりをしているのか、これは子供たち自身に響いてまいります。敏感な中学生などになりますと、それぞれしっかりと見ているということを心して、良好な関係づくりが子供たち同士の関係づくりにもつながってくる。本当にいい学校づくりには教職員の方々のいい連携も必要であると思いますので、ぜひその辺を頑張っていただきたいと思います。
 これで私の一般質問を終了いたします。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、13番、中村みほこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後2時25分 散会