議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第2回定例会(第11号) 本文




2009.06.08 : 平成21年第2回定例会(第11号) 本文


                            午前9時31分 開会・開議
◯ 議長(川島やすゆき君) ただいまから平成21年第2回稲城市議会定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、4番、梶浦美佐子さん、5番、伊藤正実君を指名いたします。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 本定例会を開会するに当たりまして、議会運営委員会が開かれておりますので、委員長から報告を求めます。議会運営委員長。
     〔議会運営委員長 荒井 健君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議会運営委員長(荒井 健君) 本日からの平成21年第2回稲城市議会定例会の開会に先立ちまして、6月1日に議会運営委員会を開催し、今定例会の会期等議会運営について協議を行っておりますので、その結果を御報告いたします。
 今定例会の会期につきましては、提出議案、一般質問等を考慮いたしました結果、本日から6月29日までの22日間とすることに決定しております。
 また、会議の日程につきましては、お手元に配付してあります会期日程のとおりでございます。
 なお、補正予算を審査するため、10人の委員で構成する補正予算特別委員会を設置することに決定しております。詳細につきましては、お手元に配付してあります議会運営委員会審査結果報告のとおりでございます。
 今定例会の円滑な運営ができますよう、議員各位並びに理事者の御協力をお願いし、報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、議会運営委員長の報告は終わりました。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月29日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 御異議なしと認めます。よって会期は本日から6月29日までの22日間と決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) ここで、諸般の報告をいたします。
 諸般の報告につきましては、お手元に配付してあります諸般の報告のとおりでありますので、御了承ください。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 日程第3、行政報告を行います。
 市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。市長。
     〔市長 石川良一君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 平成21年第2回市議会定例会の冒頭に当たり、先般平成21年第1回定例会に御報告いたしました以降、最近までの市政の状況につきまして御報告申し上げます。
 最初に、平成20年度の各会計の出納閉鎖について御報告申し上げます。平成20年度の各会計の経理につきましては、5月29日に出納閉鎖をいたしまして、それぞれの会計経理が確定いたしました。予定いたしました収支事務につきましては、一部の繰越明許事業を除きまして、完了することができました。市議会を初め市民の皆様の御理解・御協力に心から感謝を申し上げます。
 翌年度への繰越額を10万円単位にいたしまして端数切り捨てで申し上げます。一般会計20億4,280万円、国民健康保険事業特別会計1,450万円、土地区画整理事業特別会計9,840万円、下水道事業特別会計510万円、老人保健特別会計はマイナス1,880万円となっておりますが、専決処分により平成21年度から繰上充用で処理しております。介護保険特別会計1億3,350万円、後期高齢者医療特別会計・受託水道事業特別会計は繰越額ゼロといたしております。なお、一般会計及び下水道事業特別会計については、繰越明許費を含んでおります。また、病院事業会計は、5,060万円の純損失となり、前年度繰越欠損金の1億2,090万円を加えた1億7,150万円が当該年度未処理欠損となりました。この未処理欠損金につきましては、翌年度繰越欠損金として計上いたします。以上のとおり決算されておりますことを御報告申し上げます。
 次に、女と男のフォーラムいなぎ2009について御報告いたします。2月28日、女と男のフォーラムいなぎ2009を地域振興プラザにおいて開催いたしました。ことしは、社会問題として大きく浮上した労働に焦点を当て、「女と男、いま、「働く」ということ〜「自己責任」じゃ解決できない!聞いて、語って、何とかしなきゃ!〜」をテーマに、国内外の労働事情に精通している朝日新聞社編集委員の竹信三恵子氏を講師として、基調講演を行いました。講演後は、参加者によるミニワークショップで活発な意見や感想を出し合いました。当日は、市外の方を含め総勢71人の方に御参加をいただきました。
 続きまして、第17回稲城平和コンサートについて御報告申し上げます。3月8日、中央文化センターにおいて、第17回稲城平和コンサートを実施いたしました。このコンサートは、平成3年に稲城市平和都市宣言を行ったことから、すべての市民がこの稲城市平和都市宣言への認識を深める機会とするため、毎年実施いたしております。ことしは、市民16人から成る実行委員会が企画・運営を行い、「仲代圭吾と行代美都の世界」と題してシャンソンのデュオ公演を行い、390人の方にお楽しみいただきました。
 次に、第30回多摩川清掃について御報告申し上げます。4月5日、第30回多摩川清掃を、多摩川を美しくする会の主催により、多摩川原橋から是政橋までの河川敷で実施いたしました。当日は好天に恵まれ、2,300人の参加があり、ことしも東京ヴェルディから2人のサッカー選手に御参加いただきました。収集したごみ量は、可燃ごみが1,910キログラム、不燃ごみと粗大ごみが1,070キログラムで、合計で2,980キログラムとなりました。昨年の4,010キログラムに比べると大幅に少ない状況でございました。市民の皆様、各種団体の方々の御協力に対しまして、多摩川をきれいにすることができましたことを感謝申し上げます。
 続いて、春の全国交通安全運動について御報告申し上げます。平成21年春の交通安全運動が、4月6日から4月15日までの10日間、全国一斉に実施されました。子供と高齢者の交通事故防止を運動の基本として、1)、すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、2)、自転車の安全利用の推進、3)、飲酒運転の根絶、4)、二輪車の交通事故防止の4点を中心に、さまざまな運動を実施いたしました。この運動に先駆けまして4月4日には第37回交通安全ローラー作戦を実施し、市内の全世帯に交通安全に関するチラシを配布いたしました。当日は、多摩中央警察署を初め、多摩稲城交通安全協会稲城支部、交通少年団、市職員が一丸となり、市民の皆様に交通安全を呼びかけ、交通安全について広くPRすることができました。また、今回も、年々悪質・巧妙化する高齢者をねらった振り込め詐欺に対する被害を防止するため、防犯のチラシも一緒に配布いたしました。このほかにも、運転者講習会を初め、飲酒運転根絶キャンペーンや、高齢歩行者の保護誘導キャンペーン、高齢者運転実技講習会、女性部会による広報活動など、正しい交通ルールの実践と交通マナーの習慣づけを行うための運動を展開し、交通安全意識の普及浸透に努めてきております。本運動期間中に御協力いただきました関係各位に深く感謝を申し上げます。
 続いて、稲城市認定農業者農業経営改善計画認定書交付について御報告いたします。4月10日、稲城市認定農業者農業経営改善計画認定書の交付を行いました。農業経営の改善に意欲を持ち、5年後の効率的かつ安定的な農業経営を目指す農業者15人を認定し、農業経営改善計画認定書を授与いたしました。現在、稲城市では35人の農業者が認定を受け、稲城農業の活性化を図っております。
 次に、新型インフルエンザ対策について御報告申し上げます。メキシコや北米などで豚インフルエンザの感染者が多数発生いたしましたことを受け、4月27日には稲城市新型インフルエンザ対策会議、また成田空港で感染者が確認された5月9日には新型インフルエンザ対策本部を設置し、現在まで市民の皆さんに正確な情報に基づく冷静な対応をお願いするとともに、情報の収集に努めてきています。今後も引き続き情報の収集と提供に努めるとともに、必要な対策を講じてまいります。
 続きまして、第62回都民体育大会春季大会について御報告申し上げます。5月10日、第62回都民体育大会春季大会開会式が駒沢オリンピック公園体育館において開催されました。それに先駆け、5月8日に地域振興プラザにおいて稲城市選手団結団式を行いました。稲城市体育協会福島佐一会長へ選手団団長としての委嘱状と団旗を授与し、各競技の選手代表から力強い決意表明をいただきました。また、大会には稲城市を代表して15競技37種目に251人の選手団を派遣いたしました。5月5日から6月14日までの大会期間中、都内各会場で熱戦が繰り広げられます。
 次に、第19回日米親善稲城市民ゴルフ大会について御報告申し上げます。5月14日、第19回日米親善稲城市民ゴルフ大会を米軍多摩レクリエーションセンター内多摩ヒルズゴルフコースにおいて開催いたしました。東京稲城ライオンズクラブを初め、稲城市社会福祉協議会の方々の御協力のもと、市民82人、米軍関係者11人が参加し、終始和やかな雰囲気の中でプレーが進められ、大会目的であります日米交流を図ることができました。
 続いて、朝鮮民主主義人民共和国の核実験及びミサイル発射に対する抗議文の送付について御報告申し上げます。5月25日に朝鮮民主主義人民共和国が核実験及びミサイル発射を行ったことに対し、平和都市宣言を行っている市として、今後いかなる核実験も中止するよう求め、核兵器の廃絶に向けて、世界の平和と安全に寄与するよう積極的に取り組まれるよう強く要望する旨の抗議文を送付いたしました。
 続いて、官民共同による稲城市の手引の共同発行に係る協定書調印式について御報告申し上げます。5月28日に官民協働による「稲城市の手引き」の共同発行に係る協定書の調印を行いました。協定を締結した株式会社サイネックスは、地方自治体と官民協働事業として、行政の財政負担を伴わない行政情報の発信と、地域事業者の情報提供により地域の発展と活性化を目指した市民便利帳の発行をしております。協定の締結により、事業主の広告収入となりますが、行政情報の作成、広告募集、全戸配付を無料にてサイネックスが行います。
 次に、「第2回上谷戸ホタル観賞の夕べ」について御報告申し上げます。6月7日、若葉台公園下池を中心に「第2回上谷戸ホタル観賞の夕べ」が開催されました。会場では各種コンサートが行われ、延べ1,000人の方に御来場いただき、イベント終了後は皆様に美しい蛍の光をお楽しみいただきました。上谷戸ホタルの夕べ実行委員会の方々を初め、御尽力いただいた多くの方々に感謝を申し上げます。
 続いて、住宅用火災警報器の共同購入について御報告申し上げます。住宅火災による死者の発生が6年連続して全国で1,000人を超える状況を受けて、平成22年4月1日から既存住宅への設置が義務づけられる住宅用火災警報器の共同購入を行っております。火災による死者の低減には火災の早期発見及び避難が重要となり、市民一人一人が安心して暮らせるまちづくりを実現するため、自治会や女性防火クラブ等と連携を図り、比較的安価で購入でき、悪質販売の被害防止につながる共同購入を積極的に推進しております。
 最後になりましたが、御篤志をいただいておりますので、御報告申し上げます。3月5日、社団法人東京都トラック協会様より、公立小学校1年生を対象に交通安全を基調としたデザインの学習用下敷き1,022枚の寄附がございました。この下敷きにつきましては、交通安全意識の高揚、知識の普及、交通事故防止など、有効に活用してまいります。5月3日、伊原道場稲城ジム会長栗芝貴様より、稲城市総合体育館で開催されましたキックボクシング興行の収益金の一部10万円の寄附をいただきました。寄附者の御意向により、青少年健全育成のため、有効に活用させていただきます。5月20日、小池満里子様より、100万円の寄附をいただきました。寄附者の御意向により、稲城市立病院の運営に役立ててまいります。5月28日、トヨタ西東京カローラ株式会社様から、地域貢献活動の一環として、車いす3台をいただきました。障害福祉課におきまして障害者や高齢者の方への貸し出し用として利用させていただきます。稲城市若葉台小学校PTA大樹の会様より、稲城市立若葉台小学校創立10周年記念品として、若葉台小学校への屋外テントを1張りいただきました。学校行事等に有効活用してまいります。
 以上をもちまして、現在までの市政運営の概要を御報告申し上げまして、行政報告といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、行政報告は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) この際、日程第4、第36号議案 稲城市出張所設置条例の一部を改正する条例から日程第11、第43号議案 稲城市公共下水道事業(平成21年度から平成23年度までの事業の一部)に関する業務委託契約までの8件を一括議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
     〔市長 石川良一君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 第36号議案 稲城市出張所設置条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、現在、独立行政法人都市再生機構の土地を借用し、設置しております稲城市若葉台出張所を、平成21年10月18日開館予定となっております稲城市立i(あい)プラザ内に移転することに伴い、施設の位置を改めるものでございます。
 第37号議案 稲城市市税条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、稲城市市税条例の改正事項のうち、平成21年3月31日付で専決処分した事項を除くものについて、改正を行うため提案するものでございます。主な改正内容は、個人の市民税に係るものといたしまして、平成21年から平成25年までに入居した方を対象とする住宅借入金等特別税額控除──いわゆる住宅ローン減税を行い、また土地税制では、長期譲渡所得に係る課税の特例において、平成21年及び平成22年に取得し、5年を超えて保有した土地を譲渡した場合、その譲渡所得金額から1,000万円を控除する規定の改正等を行うものでございます。固定資産税に係るものといたしましては、長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定長期優良住宅に対して課する固定資産税につきまして、5年間または7年間にわたり、一定の面積に係る税額の2分の1を減額する規定を設けるもの等でございます。詳細につきましては、企画部長から説明を申し上げます。
 第38号議案 稲城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、地方税法等の一部を改正する法律等により地方税法が改正されたことに伴い、国民健康保険税の課税に用いる総所得等のうち、上場株式等に係る配当所得及び先物取引に係る譲渡所得等の取り扱いについて規定するため、稲城市国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。詳細につきましては、生活環境部長から説明を申し上げます。
 第39号議案 稲城市義務教育就学児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、義務教育就学児への医療費の助成を拡大するため、東京都の義務教育就学児医療費助成事業実施要綱の改正に伴い、稲城市義務教育就学児の医療費の助成に関する条例の一部を改正するものでございます。改正の概要といたしまして、義務教育就学児医療費助成事業は、これまで医療保険の自己負担の3分の1の額を助成していましたが、平成21年10月から助成の範囲を拡大し、通院については自己負担額から1回につき200円の一部負担金相当額を控除した医療費を助成し、その他の入院、調剤などについては医療保険の自己負担額全額を助成することとして、規定の整備を行うものでございます。
 第40号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ1億9,111万1,000円を追加し、歳入歳出予算総額を271億7,911万1,000円とするものでございます。補正の主な内容は、第三小学校用地として借用している2筆の土地を買収するための公有財産購入費の計上、青少年健全育成指定寄附金に伴う青少年健全育成用備品購入費の計上、国の平成20年度補正予算第2号により交付された原資で東京都に創設された基金により実施する緊急雇用創出事業臨時特例補助金及びふるさと雇用再生特別補助金の事業に係る委託料を計上するものでございます。また、地方債の補正として第三小学校用地買収事業債を計上するものでございます。詳細につきましては、企画部長から説明を申し上げます。
 第41号議案 消防ポンプ自動車の買入れについて、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、平成6年10月に配置された百村地区第四分団の消防ポンプ自動車と、平成7年10月に配置された坂浜地区第五分団の消防ポンプ自動車を買いかえるものでございます。今回の契約につきましては、実績等を考慮し、稲城市の物品等登録業者名簿に登載されている専門業者5社を選定し、指名競争入札を4月24日に実施いたしました。入札の結果、日本機械工業株式会社東京営業所が3,224万円で落札し、消費税を含め3,385万2,000円で仮契約を締結しております。なお、議会の御承認をいただきました後は、本契約を締結いたしまして、本契約の確定日から平成21年10月20日までを納期といたします。詳細につきましては、消防長から説明を申し上げます。
 第42号議案 平成20年度稲城市公共下水道事業の一部に関する業務委託契約の変更について、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の契約変更は、稲城市公共下水道第3期事業として実施している本業務委託契約の契約金額を3億3,250万4,000円から3億2,919万8,636円に変更するものでございます。変更の理由といたしましては、平成21年度に繰り越した業務がすべて完了したことにより、精算金額が確定したためでございます。
 第43号議案 稲城市公共下水道事業(平成21年度から平成23年度までの事業の一部)に関する業務委託契約について、提案理由の説明を申し上げます。
 本契約は、稲城市公共下水道第3期事業の施行に伴い、業務の一部を実施するため、契約締結するものでございます。契約金額は12億7,072万円で、契約期間は契約締結の日から平成24年3月30日までとしております。業務委託の内容につきましては、認可区域約63ヘクタールのうち、既に汚水管工事を実施した10.9ヘクタールを除く52.1ヘクタールの区域における汚水管整備に係る業務でございます。また、工事の規模といたしましては延長約8,310メートルで、鶴川街道を挟み、多摩ニュータウン境と京王相模原線に囲まれた区域が施行箇所でございます。以上の業務を財団法人東京都新都市建設公社に委託し、事業の円滑な執行を図ろうとするものでございます。
 第36号議案から第43号議案までの各議案につきまして、よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 補足説明を求めます。企画部長。
     〔企画部長 小島文弘君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(小島文弘君) 私からは、第37号議案・第40号議案について、補足の説明をさせていただきます。
 まず、第37号議案 稲城市市税条例の一部を改正する条例につきまして、補足の説明を申し上げます。第37号議案、議案概要説明書、稲城市市税条例の一部を改正する条例の新旧対照表をごらんください。
 今回の改正内容は、すべて付則の改正でございます。まず、第7条の3でございます。第7条の3は既存の住宅借入金等特別税額控除の規定でございますが、第1項は、次条第7条の3の2が追加されたことに伴い、文言の整理をするものでございます。第3項は、住宅借入金等特別税額控除申告書がやむを得ない理由で納税通知書の送達後におくれて提出された場合でも控除を認める特例規定の削除を行うものでございます。
 第7条の3の2は、新たに個人の市民税で住宅借入金等特別税額控除を創設するもので、平成21年から平成25年までに入居した方を対象とし、10年間の控除を行います。第2項第1号及び第2号は、当該控除について、市民税の申告に当該控除の記載をした方、または年末調整で当該控除の申告をした給与所得者の方に適用する規定でございます。第3項は、外国税額控除及び配当割額、株式等譲渡所得割額の算定に当たり、住宅借入金等特別税額控除を適用するための読みかえ規定でございます。
 第8条は、肉用牛の売却による事業所得に係る市民税の課税の特例規定でございますが、第2項本文及び同項第2号の改正規定は、第7条の3の2の追加に伴い、文言整理を行うものでございます。
 なお、今申し上げた改正は、この後の第16条の4第3項第2号、第18条第5項第2号、第18条の2第2項第2号、第18条の3の4第2項第2号及び第5項第2号につきましても、それぞれ同様の第7条の3の2が追加されたことに伴い、文言の整理を行うものでございます。
 第10条の2第2項は、新たに長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定長期優良住宅で一定の要件を満たした家屋の固定資産税額について、一般建築物で5年間、中高層耐火建築物で7年間、床面積が120平方メートルまでに限り税額を2分の1に減額する制度の創設に係る申告について規定したものでございます。本項の追加に伴い、旧第2項から第8項までをそれぞれ1項ずつ繰り下げ、また新第3項、第8項及び第9項の改正は、地方税法施行規則附則第7条中第1項が追加されたため、それぞれ引用条項を整理するものでございます。
 第16条の3第3項第2号は、第7条の3の2の追加に伴い、文言の整理を行い、また寄附金税額控除に関する規定中、「山林所得金額」を「山林所得金額並びに上場株式等に係る配当所得の金額」とし、所得金額の読みかえを行うものでございます。
 第17条第1項の規定は、長期譲渡所得の個人の市民税の課税について、平成21年から平成22年までに土地を取得し、5年を超えて保有した後に譲渡した場合、その譲渡所得から1,000万円の特別控除が可能となる法律が追加されたことに伴い、引用条項の整理を行うものでございます。第3項第2号は、第7条の3の2の追加に伴い、文言整理を行うものでございます。
 第17条の2第3項は、租税特別措置法に追加された長期譲渡所得の特別控除の規定及び平成21年及び平成22年に土地等の先行取得をした場合の譲渡所得の課税の特例規定が、優良住宅地の造成等のための土地等の譲渡による長期譲渡所得に係る市民税の課税の特例に該当しない規定でございますが、当該法律の追加に伴い、引用条項の整理を行うものでございます。
 第18条の2の2第1項は、証券会社等に開設される特定管理口座に保管の委託がされている特定管理株式がその発行会社の清算結了等により価値を失った場合にその無価値化による損失を株式等の譲渡損失とみなす規定に、本年1月5日からの株式の電子化により特定管理口座から払い出され、売買がされていない同一銘柄である特定保有株式を条文中に追加し、特定保有株式も同様の措置をとることができるものとした規定でございます。
 第18条の3は、特定中小会社が発行した株式に係る譲渡損失の繰越控除等及び譲渡所得等の課税の特例の規定でございますが、第2項及び第6項の改正は、租税特別措置法第37条の12の2の上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除の規定について、新たに損益通算に係る規定に関して、法律の項が6項追加されたことに伴い、引用条項の整理を行うものでございます。
 第18条の3の2第1項は、先物取引に係る雑所得等の市民税の課税の特例対象に、金融商品の一種であるカバードワラントを譲渡した場合における譲渡所得を加えるものです。第2項第2号は、第7条の3の2の追加に伴い、条文の整理を行うものでございます。
 なお、施行日につきましては、議案概要説明書各条の説明文の最後に記載してあるとおりでございます。
 第37号議案の補足説明は以上でございます。
 次に、第40号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第1号)につきまして、補足の説明を申し上げます。お手数ですが、第40号議案 平成21年度東京都稲城市一般会計補正予算(第1号)及び議案概要説明書をごらんください。
 まず、議案概要説明書の1ページをごらんください。今回の補正は、1億9,111万1,000円を追加し、予算総額を271億7,911万1,000円とするものでございます。
 個別の内容につきましては、補正予算書の事項別明細書により説明を申し上げます。まず、7・8ページをごらんください。歳入でございます。最初に、都支出金の労働費都補助金でございます。緊急雇用創出事業臨時特例補助金1,659万5,000円は、国の平成20年度一般会計補正予算第2号により計上された緊急雇用創出事業臨時特例交付金を原資に東京都に創設された基金からの補助金でございます。都の基金から平成23年度末まで支出される予定で、稲城市への配分目安としては、3年間で2,500万円となっております。ふるさと雇用再生特別補助金500万円は、国の平成20年度特別会計補正予算第2号により計上されたふるさと雇用再生特別交付金を原資に東京都に創設された基金からの補助金でございます。こちらも同様に、都の基金から平成23年度末まで支出される予定で、稲城市への配分目安としては、3年間で1,900万円となっております。
 次に、寄附金でございます。教育費寄附金の青少年健全育成指定寄附金10万円につきましては、本年5月3日に総合体育館で開催されたキックボクシング興行「KNOCKOUT2」の収益金の一部が市に寄附されたもので、青少年健全育成のために使ってほしいとの趣旨でございます。
 次に、繰越金でございます。今回の補正の財源として1,701万6,000円を計上しております。これによりまして繰越金の残額は3億5,307万7,000円となります。
 最後に、市債でございます。9ページ・10ページにまたがりますが、教育債の第三小学校用地買収事業債1億5,240万円は、第三小学校の用地を買収するための財源として起債するものでございます。学校用地取得に係る起債充当率が90%であることから、買収金額として予定しております1億6,941万6,000円に90%を乗じた金額を計上しております。
 11・12ページをお開きください。歳出でございます。最初に、労働費の労働諸費でございます。事業番号4、緊急雇用対策事業の1,659万5,000円は、いずれも緊急雇用創出事業臨時特例補助金を導入した委託事業経費でございます。契約管財課所管の委託事業291万9,000円につきましては、公有財産台帳システムに附属図を追加するものでございます。現況確認などの作業を通じて市所有の土地・家屋を航空写真と公図の重ね図に表示し、未利用財産などの状況を把握し、資産の適正管理につなげていこうとするものでございます。緑と建設課所管の委託事業222万9,000円につきましては、集中豪雨による被害等を抑制するため、市立公園内の雨水升と側溝を清掃する事業202万2,000円と、市立公園内の公園灯の管理に必要なデータベースを整備するための調査委託事業20万7,000円でございます。管理課所管の委託事業1,144万7,000円につきましては、街路樹の適正な保守管理に必要なデータベースを整備し、あわせて管理番号プレートを設置する事業871万5,000円と、雨水升の詰まりを抑制し、歩行者の転倒を防止するため、落葉時にいちょう並木通り及び平尾中央通りの街路樹の落ち葉を清掃する事業273万2,000円でございます。
 次に、消防費の災害対策費でございます。事業番号4、災害対策備蓄資機材事業の500万円は、ふるさと雇用再生特別補助金を導入した委託事業経費でございます。市の防災倉庫、各自主防災倉庫、学校等に配備されております防災資機材や備品につきまして、定期的な在庫点検と機能点検を委託するものでございます。
 13・14ページをお開きください。次に、教育費の学校管理費でございます。事業番号2、小学校管理運営費における公有財産購入費1億6,941万6,000円につきましては、第三小学校用地として借用しております2筆の土地合計1,543.79平方メートルを、所有者がお亡くなりになったことに伴い、買収するものでございます。
 最後に、青少年対策費でございます。事業番号1、青少年育成地区委員会関係費における備品購入費10万円は、青少年健全育成指定寄附金の寄附者の趣旨を踏まえ、青少年委員会などの御意見もお聞きした上で、貸し出し用のもちつき機と附属部品など2セット分を購入するものでございます。
 歳入歳出予算の補正は以上でございます。
 お手数ですが、4ページにお戻りください。最後に、地方債補正でございます。第三小学校の用地買収に伴い、財源として起債を予定しており、そのため第三小学校用地買収事業債1億5,240万円を追加するものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、既定の他の起債条件と変更はございません。
 私からの説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 生活環境部長。
     〔生活環境部長 福島英朗君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 第38号議案 稲城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきまして、補足説明を申し上げます。議案書とあわせ、議案概要説明書及び議案関係資料をごらん願います。
 議案概要説明書及び議案関係資料の1ページをお開きください。初めに、本案の概要及び趣旨につきましては、地方税法等の一部を改正する法律等により地方税法が改正されたことに伴い、国民健康保険税の課税に用いる総所得等のうち、上場株式等に係る配当所得及び先物取引に係る譲渡所得等の取り扱いについて規定するものでございます。
 続きまして、改正の内容でございます。まず、付則第4項を新たに規定し、以下1項ずつ繰り下げるものでございます。この付則第4項につきましては、上場株式等に係る配当所得の申告分離課税制度の創設に伴い、当該所得を他の分離課税所得と同様に取り扱うことを規定するものでございます。
 次に、付則第5項及び第6項につきましては、引用条項の整理を行うものでございます。
 議案関係資料の2ページをお開きください。次に、付則第8項を新たに規定し、以下2項ずつ繰り下げるものでございます。この付則第8項につきましては、申告分離課税の対象とされる株式等の譲渡に係る譲渡所得等の金額に損失がある場合の損益通算並びに繰越控除について規定するものでございます。
 次に、付則第9項につきましては、引用条項の整理を行うものでございます。
 続きまして、付則第11項につきましては、先物取引に係る雑所得等の課税の特例の対象に、金融商品の一種であるカバードワラントの譲渡に係る譲渡所得等及び差金等決済に係る雑所得等を加えることを規定するものでございます。
 議案概要説明書の2ページをお開きください。続きまして、施行期日でございます。本案につきましては、平成22年1月1日から施行するものでございます。なお、付則第5項及び第6項の改正規定につきましては平成22年4月1日、付則第11項の改正規定につきましては平成23年1月1日からそれぞれ施行するものでございます。
 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 消防本部消防長。
     〔消防本部消防長 根岸成男君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 第41号議案 消防ポンプ自動車の買入れにつきまして、提案理由の補足説明を申し上げます。恐れ入りますが、議案概要説明書及び議案関係資料をごらんいただきたいと存じます。
 基準の仕様等につきましては、火災などの災害に対し、迅速・有効かつ円滑な消防活動を展開するため、装備、積載空間などが充実した消防車両とするものです。
 図面にあります消防ポンプ自動車は、従来のボンネット型からキャブオーバー型へ車種変更を行い、後部荷台部分はシャッター式の扉を設けたボックス型とし、小型動力ポンプを積載できる構造であり、さらにホース延長用資機材を搭載できるものとしております。また、エンジンはディーゼルであり、オートマチックミッションにより操縦性やポンプ運用の機能性が向上しており、今回2台整備することで全分団車両が同型の消防ポンプ自動車となります。
 財源につきましては、国の平成20年度予算第2号補正により創設されました地域活性化・生活対策臨時交付金の事業として整備するものでございます。
 以上で補足説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。
 なお、本案についての質疑は6月10日に行います。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) お諮りいたします。議事の都合により、6月9日は休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 御異議なしと認めます。よって6月9日は休会とすることに決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(川島やすゆき君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午前10時18分 散会