議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第1回定例会(第7号) 本文




2009.03.11 : 平成21年第1回定例会(第7号) 本文


                               午前9時40分 開議
◯ 議長(原田えつお君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 日程第1、一般質問を行います。
 通告の17番、北浜けんいち君の一般質問を許します。10番、北浜けんいち君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 本日は、大きな2項目にわたりまして私の一般質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
 まず項目1、消防団協力事業所への今後の対応について伺うものであります。御存じのとおり、稲城市は、東京消防庁に委託をせずに、単独消防として、消防署・消防団が連携をとりながら、市民の生命と財産を守るために日々訓練を重ねております。しかしながら、近年、消防団員の確保が非常に困難な状況が出てきております。また、2年に1度の消防操法審査会に向けての練習場所の確保もままならぬ状況であります。この現状の中、社員の消防団員としての活動に御理解をいただいている事業所、そして消防操法審査会に向けての練習場所を提供していただいている事業所に対して、稲城市として当該事業所の社会貢献を広く広報し、さらに他の事業所からの御理解を深め、消防団員の入団促進を図るための制度の創設が必要と考えます。そこで市の見解を伺うものであります。
 まず、(1)といたしまして、消防団員の勤めています事業所への現在の対応について伺うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) お答えいたします。当市においても、消防団員の就業形態が変化し、消防団員の被雇用者が増大してきていることから、消防団員の確保や活動環境を整備する上で、事業所との協力体制を図ることは重要なことと考えております。このことから、消防団員が勤務しております事業所に対し、消防団活動に対する支援依頼をお願いしてきたところでございます。今後も継続的に消防団活動に御理解いただき、円滑に消防団活動に従事できますよう、消防団員が勤務する事業所などにおける支援をお願いしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、現状の答弁をいただいたわけですけれども、私自身も消防団を経験させていただいて、20数年前、第三分団に所属していたのですけれども、そのころの団員を見ますと、ほとんど、10割に近い状況の中で、自営業者であったり、また農家であったり、サラリーマンとしても市の職員や農協の職員といった方たちで、今とは形態が違うと思うのです。今のサラリーマンというのは一般の企業に勤められていて、そういう方たちが増大していく中では、市内の事業所だと、雇用されている経営者の方が消防団員のOBだったりということで、理解はそれなりにあるのだと思うのですけれども、一般の企業、特に市外の企業に勤めている団員に対して、その企業に対して、きちんと具体的に支援していかなければいけないのではないかと思います。そこで、今の答弁の中で具体的に事業所に対してどのような支援依頼をしてきたのか、もう少し詳しく教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 消防団員が勤務しております事業所を調査いたしまして、それぞれの事業所に対しまして、稲城市長・消防団長連名で稲城市消防団に対する協力依頼という形で依頼文をつくりましてお願いをしてきたところでございます。今後も継続的に消防団活動への御理解と御支援をいただくために、依頼をしてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、市長と消防団長の連名で支援に対する依頼文を出しているということでありましたけれども、その部分に関しまして、それは団員が入ったときにやられているのか、年度がかわるごとに出しているのか、その辺を具体的に教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) これまで、切りかえの年がございますので、団員の方が入ったときを中心に依頼してまいりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 続きまして、(2)に移らせていただきます。訓練場所として事業所の敷地や設備を提供していただいている事業所への現在の対応について伺うものであります。2年に1度の切りかえ時に消防操法の審査会がありまして、大体夏に開催されるのですけれども、近年ですと、ゴールデンウイークあたりから訓練を始めるわけです。すぐにホースを出して水を出してという訓練ではありませんが、そのような中で各分団ごとに近隣の事業所にお願いして駐車場を借りたりして訓練をしているわけであります。以前は、例えば私の経験からいいますと、2・2・2号線がまだ開通していなかったときに、その場所を使ったり、また多摩川の河川敷の南側の道路を使ったりしていたのですけれども、なかなか訓練場所の確保が厳しいという状況の中で、そういう事業所、特に夜間使われていないような駐車場をお借りして訓練をしているわけです。その訓練場所を借りる過程においては、地元の分団が、個人的なつながりとか、日ごろの消防団の活動を理解していただいてその場所を借りているという状況がほとんどであるわけです。そのような中で、現在は消防署としてそういう敷地や設備を提供していただいている事業所に対してどういう対応をとられているのか、伺うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 消防操法審査会の訓練場所につきましては、各分団ごとに依頼しました事業所等の駐車場を借用して実施している現状があることから、今後、消防団事務局として、事業所と調整し、事前に施設や設備に関する借用手続等を行い、活動訓練がしやすい環境づくりに努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 私が知っている限りでは、今協力していただいている場所としては、よみうりランドの駐車場とか、オートバックスの駐車場、多摩カントリークラブの駐車場、サントリー食品工業の倉庫内というところを企業に協力していただいて借りていて、訓練の場所としては非常に重宝しているということを現役の消防団員から伺っております。そういった協力事業所に対して、消防行政をつかさどる立場として、消防署がしっかりとその後押しをする必要があると思うのです。例えば、貸していただいて、ある一定の消防操法の大会が終わった後に礼状を出すとか、そのようなことも含めて考えていかなければいけないと思うのですけれども、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 今御質問いただきましたとおり、例えば各企業の事業所等の敷地や駐車場をお借りした場合には、当然のことながらお礼なり、あるいは感謝の意を込めるということで、何らかの形をとらなければいけないと感じております。これまでは具体的に、例えばよみうりランドで駐車場をお借りするような場合には、実は川崎市の消火栓を使うという問題がございました。そういったときには、当然消防団の分団では解決できない問題でしたので、事前に借用の手続、あるいは水を利用するということは料金がかかりますので、減免の形の申請をしたり、事務局としてはそういった対応をしてまいりました。ただ、今お話がありましたように、消防団各分団がお借りしている場所について具体的に感謝の意を表したことはございませんので、今後は感謝状といった形で検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 消防団にとっては訓練場所というのは非常に貴重なわけですから、今御答弁いただいたとおり、しっかりと対応をお願いしたいと思います。地元の分団というよりも、行政がそういうものを出すことが、事業所にとっては非常に重く受けとめていただける部分があるのではないかと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 (3)に移りたいと思います。消防団協力事業所表示制度の導入について伺います。この制度は、東京消防庁が特別区の消防団の協力事業所に対して一つの青いプレートをつくりまして、それを事業所に張っていただく。消防団へのさまざまな協力に対してきちんと実施要綱等をつくりながらやっている制度であります。そのような制度を見ますと、稲城市においてもこの制度を導入して、特に稲城市は単独消防でやっているわけですから、地域とか企業とのつながりを深めていく必要があると思います。そのことによって、新たに消防団員を獲得しようというときに、稲城市にはこういう制度があるのだったら事業所としてもメリットがあると思っていただけるような部分があるのではないかと思うのですけれども、この制度の導入について市はどのように考えられているか、伺うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 消防団協力事業所表示制度は、事業所等の従業員が消防団に入団しやすい環境づくりや、事業所等が所有する防災力の提供などの協力事業所に対し、平成19年11月から実施されている制度で、事業所の消防団員数や、従業員の消防団活動について積極的に配慮しているなどの認定基準がございます。今後、消防団員の確保や活動環境を整備する上では事業所の協力体制が必要不可欠となることから、消防団協力事業所表示制度の導入について、地域の消防・防災力の充実強化を図ることを目的として、検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、今後検討していただけるという答弁があったわけですけれども、具体的には、東京消防庁の場合は、先ほども述べましたとおり、目的から用語の定義、認定基準、表示の有効期限等、詳しい要綱をきちんとつくってやっているわけです。制度導入に当たりまして、こういう要綱をきちんと整備していく必要があると思うのです。その制度の導入に向けてこういう要綱を整備されるお考えはあるかどうか。それと、この制度の導入の目的というのは、こういう事業所が消防団活動に協力していただいているということを広報することがきちんとした循環になっていくということだと思うのです。その表示制度を導入するだけではなく、そういう事業所がこういう協力をしてくれているということを市のホームページ等で広報するようなことも非常に重要だと思うのですけれども、その辺はいかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) この制度を導入するに当たりましては、各市町村で、その市町村が持っている地域の特殊性や実情に合わせた要綱を整備するということになっております。また、この制度の目的につきましては、御質問いただきましたとおり、協力事業所の社会貢献あるいは社会責任としての協力内容などを広く広報するという形になっております。したがいまして、広報するということも大切なことと考えておりますし、この消防団協力事業所表示制度につきまして、その目的に沿った制度となるように検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 稲城市の特性に合った制度の導入について、特に次の切りかえの時期の前までに整理していただけると非常に助かると思いますので、ぜひ前向きに制度導入のために御尽力いただければと思います。よろしくお願いします。
 それでは、次の項目2に移りたいと思います。市内保育園でのノロウイルス対策について伺うものであります。昨年末よりノロウイルスの感染事例が市内の保育園で見受けられます。そこで、ノロウイルスの感染防止に向けて、現状と課題、今後の対応について伺うものであります。
 まずこの質問の冒頭に、誤解がないように、発言させていただければと思います。今回この質問をするときに、ちょうど私も保健所の方とお話をさせていただきました。市内の保育園の現状はどうですかというお尋ねをしましたら、調理場では気を使って、しっかりとした指導のもとで調理をされているということで、本当にしっかりと遵守していただいているというお話を伺いました。ですから、基本的にこの質問のもととなる部分は、保育園で調理したものから感染したということではないということをまず理解していただきたいと思います。あくまでも、感染された園児なり保護者の方等がその感染源を持ってきて、それで感染したということで、調理の過程で発生したことではないということを理解していただいて、質問に移りたいと思います。
 (1)として、昨年末からの市内各保育園での現状について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市でのノロウイルスの感染については、市立第四保育園において保健所の検査により感染が確認されております。感染が疑われた6名からふん便などを採取し検査した結果、5名からノロウイルスが発見されたものです。第四保育園では、11月から2月にかけて嘔吐・下痢となった児童が発生しております。第四保育園以外の公立・私立保育園でも嘔吐・下痢を発症した児童がおりましたが、ノロウイルス検査をしておりませんので、感染は確認しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) ノロウイルスの感染というのは、非常にわかりにくい部分があります。一つは、よく御存じのように、例えばカキ等の二枚貝が既に感染されていて、それを食べた方が感染して、その感染した方が御自宅等で調理して、そこでうつったり、感染した方が嘔吐して、それを掃除した方が感染する。そのようなことでどんどん感染してしまうということが原因とされているわけです。症状にも個人差がありまして、例えばインフルエンザのように、ある程度症状が固定されていて、病院に行って粘膜の検査をしてすぐわかるというものでもないので、非常に微妙なところがあると思うのです。だからこそ広まってしまうおそれがあると思うのです。今の答弁では、今回、第四保育園で感染が疑われる5名からふん便などを採取し検査した結果、4名からノロウイルスが発見されたということでした。私の自宅の近くに調剤を扱う薬局がありまして、ちょうどそこに子供たちを連れて帰ってきたお母さんたちがいて、何人かに話を聞いたところ、実は家族全員がノロウイルスに感染してしまったということが結構多かったのです。それでどうにかしてほしいということもありましたので、今回質問で取り上げさせていただいたわけです。今の答弁の中で、保健所が来て検査が行われたということでしたけれども、保健所が検査を行った経過というのはどのような状況であったのかを伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 保健所の検査でございますけれども、先ほど申し上げたのは、感染が疑われた6名からふん便を採取した結果、5名からノロウイルスが発見されたということでございます。その経緯でございますけれども、12月11日朝の子供の登園状況から、嘔吐・下痢の症状で休みのお子さんが多くなっているということがわかりまして、感染性と疑われることから、午前9時30分に保育園から南多摩保健所に報告しまして、保健所から担当者2名が来園したということでございます。検査につきましては、保健所から嘔吐・下痢の症状のある児童のうち、協力できる方に細菌検査を頼みたいという話がありましたので、11日に園で嘔吐した吐物を1件採取するとともに、当日登園している児童で以前発症していた者2名と、当日保育園を休んでいる者3名の計5名から便を採取したものでございます。この検査結果につきましては、5人の便からノロウイルスが発見されております。それから、吐物からは発見されなかったということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、保健所の検査に関する経過を伺ったわけですけれども、こういう状況は市の担当課のほうにはきちんと伝わっていたのでしょうか。そのことを確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 保健所に連絡したときに市のほうに伝わっております。保健所が来たときには、健康課職員あるいは子育て支援課も園に行って、一緒に保健所の指導を受けたり、一応立ち会ったということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) それでは、(2)に移らせていただきます。今の答弁にもありましたとおり、特に第四保育園で顕著な状況があったということで、第四保育園の状況について少し詳しく伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 第四保育園では、11月下旬から嘔吐・下痢の児童が出始め、12月に入り毎日平均して3〜4名が発症する状況が続いたため、12月8日から園内の感染症対応をとり、異年齢交流の中止、手洗いの徹底、嘔吐物の適切な処理など、園内での感染拡大の予防に努めましたが、12月11日には発症が集中したため、当日、南多摩保健所に連絡をいたしました。11日の午後に保健所職員が来園し、保育園での対応方法を確認した上で、さらに食器の次亜塩素酸消毒または使い捨て食器の使用、1日3回トイレの次亜塩素酸消毒の指導がありました。これらは翌12日から実施しております。15日にノロウイルスが4検体から、18日に1検体から発見されましたが、感染源の特定はできませんでした。また、園外からの菌の持ち込みを防ぐため、登園時の児童の手洗いを12月19日から実施いたしました。なお、現在も若干発症が確認されているため、感染症対応の体制をとっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、11月下旬から児童に発症が見られて現在に至っているという経過を報告していただきましたけれども、保健所への連絡の義務というのはあるのでしょうか。また、もし義務があるとすれば、どのような状況、どのような段階で報告しなければいけないといった決まりがあるのか、その辺を教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 保健所への連絡の義務に関しましては、厚生労働省から「保育所や老人ホームなどの社会福祉施設等の施設長は、次の場合、市町村の社会福祉施設等主管部局に、感染症が疑われる者の人数、症状、対応状況等を迅速に報告するとともに、あわせて保健所に報告し、指示を求めるなどの措置を講ずること」という文書が出されております。次の場合といいますのは、アとしまして、「同一の感染症によるまたはそれによると疑われる死亡者または重篤患者が1週間内に2名以上発生した場合」、イとしまして、「同一の感染症によるまたはそれによると疑われる者が10名以上または全利用者の半数以上発生した場合」、ウとしまして、「上記に該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症の発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合」となっております。今回の第四保育園の扱いにつきましては、今最後に申し上げましたウの「上記に該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症の発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合」に該当させまして、園長の判断で行ったものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、第四保育園の状況を施設長が判断してということで、それは適切な判断をされたと思います。これが延びていって、現実にその判断をしなければその義務はなかったわけですけれども、その状況を見て、きちんと指導していただいたほうがいいという判断をされて、そういう状況で報告されたということで、それは非常によかったのではないかと思います。
 それでは、次に移らせていただきます。(3)、子供だからかかりやすいという状況もあるかもしれませんけれども、そこで働く職員の皆さんの感染はいかがだったのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市内の公立・私立保育園の職員へのノロウイルス感染は確認されておりませんが、第四保育園の職員では、軽い嘔吐・下痢の症状が出た者が2名おりました。また、他の園でも、職員が嘔吐・下痢を発症したところが1カ所ございました。その他の保育園では、職員の嘔吐・下痢の発症はございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今の御答弁では、第四保育園の職員で軽い感染をしたかもしれない。これは検査をしていないから、実際にノロウイルスに感染したかどうかはわからない状況だったと思うのですけれども、この部分では特に職員の方が感染して長期間休まなければいけないとか、そのような状況はなかったと理解してよろしいのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今第四保育園で2名いたとお答えしましたが、これは下痢ぎみあるいは胃のむかつきがあったという状況でございまして、職員は出勤しております。園には可能性のある者の報告ということで、こちらで調べたところ、軽いけれどもそういう症状があったということで、慎重な判断から一応報告があったと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) (4)に移らせていただきます。こういう状況が続きますと、保護者の方たちが動揺して、現実に中には、先ほども述べましたとおり、園児が感染して、家に帰って嘔吐等して、それを掃除したりしているうちに、家族全員が24時間から48時間の間を経てノロウイルスに感染してしまったということを言われていた方が結構いらっしゃったのです。こういう状況の中で保護者への対応はどのようにされたのか、伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 第四保育園では、12月8日に園内の掲示板に「嘔吐・下痢(胃腸炎)がふえ始めています」というお知らせを掲示し、症状が治るまで休むよう注意を行い、11日には流行していることをお知らせしました。12日には全世帯に「感染性胃腸炎が大流行しています」というお知らせを配布し、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の疑いがある児童がいることをお知らせし、腹痛などの初期症状のときや症状が治った翌日も休むようお願いするとともに、家庭での予防方法や嘔吐物の処理方法などを周知いたしました。ノロウイルス感染が確認された15日には、感染をお知らせする掲示を行うとともに、保健だよりでは、下痢のときの食事や水分補給について全世帯にお知らせいたしました。また、感染予防のため、嘔吐・下痢を園内で発症した児童につきましては、電話連絡により引き取りをお願いしております。その際には家庭での消毒方法のプリントを渡しながら説明するとともに、嘔吐物や下痢便が付着した衣類をお返しするときには、衣類の洗濯方法を記したプリントも渡しております。他の保育園でも、情報提供は迅速に行うとともに、丁寧な対応に努めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 発生からそれなりに対応していただいていると思うのですけれども、この対応の過程の中で、保護者の反応といいますか、保護者から問い合わせまたは苦情があったのではないか、またその対応はどのようにされたのか、伺うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 保護者からの苦情ということでございますけれども、先ほどお答えしましたとおり、保護者の皆様には、登園した児童が1回でも嘔吐・下痢をした場合にはお迎えをお願いしたこと、また嘔吐・下痢などで休んだ場合は、症状がおさまってもさらに1日休むようお願いしたことなどに対します苦情がございました。これらにつきましては、感染症の拡大を防ぐための措置でございますので、保護者の方には丁寧にお願いし、協力を求めたものでございます。また、保護者会の役員からは、室内の乾燥を防ぐことと風通しをよくすることの要望がございました。これにつきましては、各部屋に加湿器を設置いたしました。また、ホールの北側の窓を開放し換気できるように、窓枠に格子を取りつけるといった方向は決定したところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 働いている親が保育園に子供を預けているわけですから、なるべく早く子供を保育してほしいというのは当たり前のことであって、対応がきちんとしていたからこそ余り大きな抗議ということはなかったのではないかと、今の答弁でよくわかりました。
 それでは、(5)に移らせていただきます。先ほどの答弁の中に少し入っておりましたので、重複するかもしれませんが、感染されたと見られる園児の登園の判断基準について伺うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) ノロウイルスの感染経路は、経口感染で、ふん便や吐物から人の手などを介する場合や、人から人への飛沫感染が主なものと考えられております。ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間で、症状は1日〜2日続き、完治するものでございます。また、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤がなく、治療方法は通常の嘔吐・下痢症状がある場合と同様、対症療法となること、さらに感染を確認するためには検査をする必要があり、これには5,000円ほどの自己負担が発生することから、通常ノロウイルスの検査を受けていない現状がございます。したがいまして、ノロウイルスに感染した疑いのある児童の登園の判断基準につきましては、登園の際に発熱・腹痛・嘔吐・下痢などの症状の有無を保護者に確認することとしております。なお、登園につきましては、感染予防のため、症状がおさまった日の翌日からにしていただけるよう、保護者の皆様にお願いしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 登園の判断基準ということで今るる説明をいただいたわけですけれども、この辺が本当に難しいことは、今答弁にあったとおり、検査をするだけで5,000円かかってしまう。通常の胃腸炎で嘔吐しまうということは子供にはよくあることだと思うので、それで逆にノロウイルス用の洗浄とかをしないで御家庭で嘔吐物を片づけたりして家族が感染してしまうということです。その辺が、例えばインフルエンザにかかった場合に、登園許可証を医師からいただかないと登園できないような状況と違う部分で、この辺が問題だと思うのです。確認ですが、ノロウイルスの場合には、インフルエンザのように、医師の登園許可証をもらわないと登園できないということはないのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今の御質問は、感染園児の登園の判断基準ということでお答えしたいと思います。公立保育園では、登園許可証が必要な感染症としましては、学校伝染病に準じて定めておりまして、麻疹、風疹、水ぼうそう、おたふく風邪、インフルエンザ、百日ぜき、プール熱、流行性角結膜炎としております。一方、登園許可証の必要がない感染症は、ノロウイルス・ロタウイルスなどの感染性胃腸炎、急性出血性結膜炎、溶連菌感染症などとしております。それから、ノロウイルスは、小腸でふえた後、次第に消滅してまいりますが、一般的には2〜3週間、便に含まれると言われております。嘔吐・下痢の症状がなければ、トイレでの手洗いを十分に行うことで感染を防ぐことが可能でございます。また、ノロウイルスの検査を受けることがまずない状況などもございますことから、ノロウイルスにつきましては、嘔吐・下痢の症状がおさまることを登園の要件としているというのが現状でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) よくわかりました。ありがとうございます。
 続きまして、(6)、保健所の指導について伺います。具体的に保健所がどのような指導をされたのかを伺えればと思います。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 12月11日午前9時30分に感染性と疑われる胃腸炎が発生していることを南多摩保健所へ報告し、同日午後4時30分に南多摩保健所の職員2名が来園し、子育て支援課及び健康課職員立ち会いのもと、園内での感染防止対策などを見た上で、口頭による指導がございました。主な指導内容は、給食室に感染源を入れないため、食器を次亜塩素酸消毒するか、使い捨ての容器を使用するとともに、残飯は給食室に運び込まないこと、トイレは1日3回、次亜塩素酸消毒を行うこと、嘔吐物処理の際は3メートル四方を消毒すること、食前・おやつ前には全員が石けんで手洗いをすること、保護者へ消毒方法などの周知をすること、それから12日に予定されている発表会を含めた集会は事態が収束するまで中止することというものでございました。園では、これらの指導内容を翌12日から実施するとともに、発表会延期の連絡を保護者にいたしました。また、11日に南多摩保健所から子育て支援課への電話で、園児から小中学生の兄弟への感染を防ぐため、家庭内での予防対策を図り、学校などでの感染予防対策を徹底するよう指導がございましたので、翌12日、教育委員会に対してこれらの指導についての通知をいたしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) ノロウイルスの感染を防ごうということで、南多摩保健所の職員の方が来られて指導していただいたことによりこういうことが大事に至らなかったのかとは思うのですけれども、今後の対策として、ノロウイルスの感染時期はある程度特定されます。年末から年始にかけてが一番多いのではないかと思うのです。そのような部分で、事前に例えば保健所の講習等をやっていったらどうかなどと思うのです。その辺は今後の対策として、次の(7)のことにもかかわる部分でありますけれども、保健所についてはどのように考えておられますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、全体の話になりますけれども、市では多摩市・日野市と合同で、市内保育園の衛生管理を主体的に行うことを目的としまして、南多摩保健所の協力を得て、給食施設の一斉監視指導検査を実施しておりまして、この一環としまして衛生講習会を開催しております。講習会の内容は、感染症のほか、食品衛生、環境衛生などとなっております。平成20年度の衛生講習会は11月14日に日野市で開催しましたけれども、このときに公立及び私立保育園の栄養士9名が参加しております。また、保健所の講習会ではございませんが、財団法人東京都高齢者研究福祉振興財団主催の児童福祉施設におけるノロウイルスを含む感染症予防講習会にも公立保育園の看護師2名が参加しております。今後も、こうしたさまざまな機会を利用して情報収集に努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 発生してしまうのはしようがない状況があるとは思うのですけれども、感染された園児なり保護者が登園したことによって、それをどう広がらないように最小限に防ぐかということが一番大事だと思いますので、ぜひそういう保健所の指導等、連携を深めながらやっていっていただければと思います。
 (7)、今までるる質問してまいりましたけれども、今後の対策についてどのようにお考えか、伺うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) ノロウイルス感染などの感染性胃腸炎の流行を防ぐことにつきましては、ウイルスを早期に特定して対応を図ることは、検査の面などから課題があると考えておりますので、胃腸炎が発生した場合は、初期段階での発生状況や流行の兆しを的確に把握し、感染性の有無を見きわめ、早目に感染対応レベルを上げるなどして、園内での感染防止対策を徹底して行うことで流行を未然に防いでまいりたいと考えております。なお、このたびの保健所からの指導などを参考にいたしまして、感染防止対策をさらに強化してまいります。今後も、感染症が発生した際には、国の通知に従い、速やかに保健所へ報告を行い、指導を求めてまいります。さらに、家庭内での感染を防ぐため、迅速な情報提供や保護者への啓発により一層努めることが必要と考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今御答弁いただいたわけですけれども、今後、具体的な予防や発生時の対策マニュアルをつくるべきではないかと思います。また、発生しそうな時期の前に保護者等に対して周知するというか、広報するということも必要だと思うのですけれども、その辺はいかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) マニュアルにつきましては、平成15年に全園共通の危機管理プロジェクト・安全管理マニュアルを作成しておりまして、この中で、感染症予防と発生時の対応、感染症の保育、嘔吐・下痢の対応についてマニュアル化しております。さらには、具体的な感染予防対策としまして、初期段階をレベル1、それ以降をレベル2と分け、詳細な対策方法も定めております。また、嘔吐物の処理方法もマニュアル化しております。これは写真入りのもので、現場においてもわかりやすく、使用しやすいようにしたものでございます。先ほど申し上げましたように、マニュアルは一通りありますけれども、さらに今後、これらの経験を生かしまして、充実させていきたいと思っております。
 それから、保護者への周知につきましては、今後もできるだけ早く通知するなどして拡大防止に努めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) ぜひ、発生する以前にきちんと広報していただいて、発生をなるべく防ぐように御尽力いただければと思います。これで私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、10番、北浜けんいち君の一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の18番、中村みほこさんの一般質問を許します。13番、中村みほこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 本日は、大項目3点について質問をさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。
 まず1点目、生きがいづくりに向けた介護予防リハビリテーションの推進についてでございます。WHO──世界保健機構では、できないことを減らすといった障害による機能回復だけを目標にするのではなく、これからはできることをふやし、一人の人間としてその人らしく生きがいを持って生活できるようにしていこうと、2001年にICF──国際生活機能分類を示しました。高齢になって障害を持っても、重度化を防ぎ、生きがいを持って生活ができるようにしていくために、その過程を支え助けていく介護予防リハビリテーションの役割は大変重要です。生きがいを失った人がリハビリにみずから取り組めるように喚起していくには、一人一人に対応できるさまざまなリハビリ項目や、意識を引き出すための工夫が求められております。デイサービスへの抵抗感を持っている男性も多いという課題に対して、稲城市全体で新たな取り組みを考えていくことが必要だと思っています。元気な男性の方々から、高齢になって今あるようなデイサービスには行きたくない、もっと楽しいところをつくってほしいといったお話を伺うことがよくあります。どうしてかといいますと、定年退職されたということで、まず行くところがなくなってしまう。そしてやる気を失ってしまう。空虚感や寂しさが出て、元気をなくして、そして引きこもり全く何もしないという生活の不活発さ、それから来る機能低下、これを廃用性症候群といいます。これらに対応するサービスを充実していくことが、これからますます重要になっていくのではないかと思っています。生きがいや心の張りをなくしかけている方が、生きがいを持って活発に生活していっていただくまでに心を動かし、意思を動かし始めて、そして到達していくまでの間、サポートしなくてはいけないわけです。活発な生活を生み出すには、自分から何かをやっていこうという意思が働かなくてはならないということです。そのためには外側からの刺激というものが大変重要になってまいります。感情を動かしていくような活動を少しずつ提供しながら、その方に合った介護予防リハビリテーションの計画をしっかりと立案していく。心地よい状態、感動体験、いろいろなものを毎日の暮らしの中に促していくような仕掛けをしていくことが、これからの介護予防リハビリテーションの仕事ではないかと私も考えています。今まで稲城の中でも筋力向上トレーニングとかいろいろことに参加された方もだんだん多くなってきたと思いますけれども、これを持続させる。終わった後に御家庭の中で自分でどうやって持続させるか、それがなければ意味がないということなのです。回復した筋力を使って生活に密着した自分でできることをどんどんふやしていこう、このような具体的な訓練も一緒にやっていく必要があるのではないかと考えています。
 そこで、(1)、夢づくりリハビリテーションへの取り組みについてでございます。介護予防リハビリテーションは、夢づくりがすべてだと言われております。また、参加者が自己選択・自己決定し、そして感動と達成感が感じられるようにしていくことで、介護度が軽度化したり、重度化を防ぐ効果があると評価されています。稲城市においても、生きがいが持てるような介護予防事業のプログラムをさらに工夫し拡大していくことが必要ではないかと考えます。これまで余り地域にかかわりを持たずにいた団塊の世代の方々が次々と地域に戻っていらっしゃいます。地域の担い手として期待する反面、こういった課題もあるということを踏まえていかなくてはならないと思います。
 私は、夢のみずうみ村山口デイサービスセンターというところに伺ってまいりました。デイサービスセンターは防府市にももう一つあるのですけれども、ここは「人生の現役養成道場」という看板を掲げている大規模な通所介護施設で、100人前後の方々が朝9時半になるとどっと押し寄せてくるというところでした。厚生労働省の方が見学に訪れた際に、これは都会型だ、都会にぴったりのやり方だと絶賛されたということでした。送迎バスには「夢」という文字や「みんな違ってみんないい」という言葉が書かれていました。ここでやることはすべてリハビリということで、本当に目からうろこが落ちるような感じで、私もびっくりしました。ぜひいろいろなところで取り組んでいけたらいいということで今回提案するものです。
 1)、人生の現役自己チェック表を活用し、現在の生活を自己評価し、介護予防リハビリへの取り組みを喚起することについて伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、介護予防対象者の早期発見のため、平成16年度から介護予防健診「おたっしゃ21」を導入し、介護予防のリスクを把握する事業を早い段階から実施しております。また、平成18年度からは、国の介護予防事業に対応した生活機能評価に関するチェックリストを実施しているところでございます。現在こうした評価ツールを活用して介護予防のための自己評価等に役立てているところであり、今後は生活機能評価に関するチェックリストを全高齢者へ郵送して大規模に実施する予定としております。このため、当面は、新たなチェック表を活用するのではなく、現行の評価ツールの定着に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 私も生活機能評価をしているわけなのですけれども、生活機能低下が発生し始めた高齢者を早期に確実に発見して、そして対応していく水際の作戦を実施するためのものということです。大切なのは、本人が現状をしっかりと把握していただく。自分のことをどのように感じるか、また改善していこうと、本人の気持ちが動く。そういったものがなければならないと思うのです。そういった調査であることが大事ではないか。この生活機能評価は25項目あります。この中で「はい」と「いいえ」ということで、特定高齢者であれば、こういうことをやってくださいとか、これについていろいろなことを市の方が判断していくということなのですけれども、自分の意思で自分自身が満足できるような最高の自分の状態をつくっていこうと、自分の気持ちが動く。どのように過ごせばいいのか、リハビリが必要かどうかということを自分で導き出していけるような、自主的に展開できるような仕掛けをしっかりとやっていく。そういうことが夢づくりリハビリテーションと呼ばれているわけなのです。やる気を失ってしまったといった人の意欲を引き出すには、人生の現役自己チェック表、自分自身を自分でわかるというチェックの仕方というのが実際に活用されているのです。
 人生の現役自己チェック表によりますと、最近こういうことをやっていますかといった一般的な行動を86項目抜き出して、「実施している」「時々やっている」「未実施」「でもできる」といった4段階に分けてチェックするのです。実際にはできるのだけれども、やっていないということもあるわけです。それを実施している活動にしていく。そのための定期的なチェックを1カ月なり3カ月なりという形で、自分でできるものを探していこうというものです。自分でできる活動は自分でやろう、自分で意識を持って活動していこうということが、ちゃんとした介護予防につながるということなのです。特定高齢者と判断された方でも、本人が生活改善に取り組んでいこうという意思が働かなければ意味がないわけです。そこが稲城市でも課題ではないかと感じています。この自己評価に取り組むことで、残りの人生をどうやって生きていこうかという目標が少しずつ立てられるようになる。それを導くようなきっかけとする調査であるということなのです。その目標を達成するにはどこをどうやって改善したらいいのかという具体案をここで示していく。目標が見えていくようにしていく。そのことがこのチェック表には盛り込まれているわけなのです。
 ぜひ、介護予防を実践してもらう、自分でやろうという気になるために、本人の意思と意欲をかき立てていくような仕掛けということで、こういった自己チェック表を使っていただきたいと思うのです。自分だけではなかなか継続できないので、いろいろな人のチェックを受けながら継続していっていただきたいと思います。ケアプランの前に再度こういった自己チェックの調査を実施したり、また一般の高齢者の方でも、私たちでもふだん使うことができるものなのですけれども、自分の生活を維持し続けるために、希望者には定期的にチェックできるようなこういったものを活用してはどうかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、要介護を除きます65歳以上の高齢者1万2,200人に対しまして──これは今の想定人数ですけれども、「バスや電車でひとりで外出していますか」、それから「日曜日に買い物をしていますか」、こういった日常生活に密着した生活機能に関するアンケート形式の生活機能チェックリストを全世帯に送付しまして、それに記入して市に返送していただくということを来年度に考えております。これは大規模な介護予防健診になるかと思います。この結果により市のほうでいろいろな状況を把握しまして、介護予防が必要と判断された高齢者へは医師による生活機能検査の受診を勧奨するといったことを考えております。これには元気な高齢者に対しまして意欲の増進を働きかける視点があります。また、虚弱の疑いのある高齢者に対しましても、介護予防リスクの早期発見に役立つのではないかと考えております。そのほか、市では、日常的にチェックを実施していただくために、介護予防のハンドブックの中にも生活機能基本チェックリストを入れ込んでおります。それらのことも参考にしていただければと思いますので、今後、自己チェックをできるような体制をとれるようにしておりますので、そのこともPRしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 市でもいろいろなものを工夫しながらやっていらっしゃるということですので、ぜひそれを活用しながら、継続して、自分がどのような状態に移っているのかということを定期的にチェックしていただくようなPRもしていっていただきたいと思います。
 次にまいります。2)、個々の実績や経験を生かして利用者がボランティア講師となることについてです。生きていく自分を発見するというためには、やる気を起こす、気分や気持ちが乗るようにしむけていく仕掛けというものが必要だということなのです。そのために、今ボランティアの方々もさまざまな個々の実績を生かしてやっていらっしゃるとは思います。そういう方の中に、例えば自分が障害を持っていて、それで克服してきた方もいらっしゃるわけです。いろいろな人たちがいますので、ただいろいろなことができるというボランティアだけを考えているわけではないのですけれども、とにかくいろいろなたくさんのメニューを用意していくには職員の方だけではなかなか手が足りない。それぞれの技術や能力や豊富な経験を生かして利用者が講師となって実施していくようなプログラムをつくればたくさんのプログラムを用意することができるということで、元気な方以外の利用者の方にもボランティアになっていただくということについて伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者の社会参加活動は、みずからの介護予防につながるものであり、市では介護支援ボランティア制度を初め、積極的に支援しているところでございます。こうした個々の実績や経験を生かしてボランティア講師になることは、地域社会でも求められているものであり、高齢者の自発的取り組みは、地域力を高めるためにも大いに期待できるものでございます。市としては、元気ではつらつとした高齢者の姿を地域に紹介するなど、ボランティア講師の意欲を高める支援策を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 今いろいろなところで高齢者の方々がボランティアで参加されていて、それが稲城の特色だろうと思うのです。その中で、具体的な支援策もまた伺ってまいりたいと思いますけれども、私が見てきました山口デイサービスセンターでは、例えば脳卒中などで片麻痺になった方が自分で開発してきた、片麻痺の方でもできるような料理教室をやっていたり、有名なレストランの料理人だった方が厨房の指導者になっていらっしゃって、私も昼食をいただきましたけれども、大変おいしい食事でした。そのように、利用者の方が講師となって、自分のできることをほかの方に教えていらっしゃるという光景を目の当たりにしてきました。大工だった方が木工教室の講師をやっていらっしゃったり、喫茶店をやっていた方がコーヒーのいれ方教室をやっていらっしゃったり、自分たちも利用者としてデイサービスに来ていながら、自分たちでいろいろな教室を開催する。やりたいことはすべてやらせてあげるというところでした。すべてのものを職員はほとんどそばで見ているだけでした。料理教室などでも、何かあったときのために傍らに立って見守っているといった状況でした。その中でも有償ボランティアになっている方もいらっしゃって、またそこに就職したという方もいらっしゃったり、障害があっても仕事として成り立っていくといった方々も中にはいらっしゃるということなのです。たくさんのいろいろな方々にとっても生きがいになるものなのだと思うのです。そして、そういったリハビリを続けている方が講師となることが、また同じような障害が残ってしまった方にも元気を与えるようなものになるかと思うのです。自分も頑張ればできるということを見せてあげるといった取り組みにもなるかと思いますので、こういった障害を持っても工夫しながらできることをふやし、生き生きと活動されている当事者の方を講師に迎えて、講演会とか実践を紹介する場、そういった機会、活躍の場をぜひつくっていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) デイサービスなどの利用者が自分で工夫してできるようになった、あるいは技術のある人が回復して人にも教えられるようになった場合、そのようなお話でしたが、これは生きがいにもなると思いますし、非常によいことだろうと思います。一般的に講師となりますと一定の技術・能力が必要ではないかと思いますけれども、講師までいかなくても、発表という形なりでも、やりがい・生きがいという点では非常に効果があると思っております。そういう意味で稲城市では、高齢者が元気ではつらつとした姿を地域に紹介する場としまして、また活動の成果を見せる場としまして、介護予防大会を実施しております。これは、毎年200名以上の方が参加され、各団体あるいは地域のグループがこれまで取り組んできました介護予防体操などを披露しております。そういう意味ではこれは全員参加の大会でございまして、全員が講師であり生徒であるという感じで皆さん楽しくやっておられます。市でもそのように取り組んでおりますが、先ほどの回復した人の例などは一つの参考例にもなると思いますので、事業者のほうにも一つの事例として紹介してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 先ほど御紹介しました片麻痺でもできる料理教室をやっていらっしゃる方などは本まで出していて、いろいろなところに講師として呼ばれて、テレビにも出られたというくらい有名な方になりました。そのように、いろいろなところで障害を持っても活躍できるということをどんどん示していけるような取り組みをぜひ稲城市でも紹介していっていただきたいと思います。期待しております。
 次にまいります。3)、男性の意見を取り入れながら、参加意欲を引き出す環境づくりや、プログラムを開発することについて伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 介護予防事業が効果を上げるためには、高齢者本人の意欲を高めることが重要であるとされております。このため、男性・女性の特性に応じたそれぞれのプログラムの開発が重要であるとされております。このためには、御本人の御意見に加えて、高齢者ケアに携わるケアの専門家のアドバイスを受けることも必要であると考えております。これまでも、男性向けのプログラムを用意するなど、幾つかの取り組みを実践してきておりますが、引き続き現場での試行を通じて、新しい年代に対応したプログラムの開発を進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 男性の方はなかなか外に出られなくて、そのまま何となく活動ができなくなってどんどん重度化していくということを目の当たりにしたことがございます。幾ら御家族の方が、外へ出てほしい、デイサービスに行ってほしい、公民館でも何でもいろいろなものに参加してほしいと声をかけても、なかなか本人の気持ちが動かないということがあるわけなのです。そうするとだんだんうつ状態になってしまうということで、どんどん悪いほうにいってしまいます。特に男性は、集団活動をやらされるといったことを好まない。自分で目標を立て、自分で達成する達成感というものを求めていらっしゃるのだと思うのです。自己選択・自己決定ができて、目標と達成が見えるものを好んでいらっしゃるのだと思うのです。今稲城市でも筋力向上トレーニングをやっておりますけれども、参加したいという男性の方はたくさんいらっしゃると思うのです。でもなかなか参加できないということがあるかと思うのです。今のところ、この参加者の男女比、その後どれだけの方々がその活動を継続していらっしゃるかがわかるようであれば、教えていただきたいと思います。
 また、今、ハーモニー松葉とヒルトップロマンの2カ所で筋力向上トレーニングをやっていらっしゃるのですが、このままではなかなか対応できなくなるのではないかと思います。早急に男性の参加意欲を引き出すような新たな環境というものを考えていくことが必要ではないかと思っています。今後どのように対応しようと考えていらっしゃるのか、その点についても伺ってまいりたいと思います。
 それでもう一つ、プログラムの開発について、ぜひ男性の意見をしっかりと聞いて、それを取り入れる工夫をしていただきたいと思うのです。職員も男性の方が多いので、ぜひ自分たちが60歳、70歳、80歳とだんだん年をとっていったときにどうなるのかということを考えていただいて、そういうところでまずしっかりと意見を聞いていくような工夫をしてほしいと思うのです。その3点について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず第1点目の筋力向上トレーニングの関係でございますけれども、平成20年度に実施しました筋力向上トレーニングでは、全参加者81人のうち、男性は30人で37%の利用でございます。それから、この卒業生の関係でございますけれども、この追跡調査は実施しておりませんので、その後どれだけの方が継続してやっているかというのは把握しておりませんが、筋力向上トレーニングなどにもボランティアで参加してくださっている方もいるようでございます。
 それから、2カ所では少ないのではないかという話でございますけれども、現在2カ所ではございますが、定員としましては年間96名を実施しております。このほか地域展開型の転倒骨折予防教室なども実施しておりまして、市ではそこに講師派遣などもしております。これは、保健センター、文化センターあるいは自治会館などで行うものを想定しておりまして、参加者としましても市では200名以上を見込んでいるということでございます。さらに、総合介護予防事業としまして、正吉苑、ひらお苑でも実施しております。地域型の介護予防事業としましても、福祉センター、ハーモニー松葉、押立の家、アクアメイト稲城でも実施しております。そのほか、介護予防としましては、認知症の介護予防の事業なども実施しているところでございまして、現在さまざまなプログラムを予定していると考えております。
 それから、男性の意見を拾っていくという話でございますけれども、現在、押立のほうにも男性の会という自主グループもあるようでございます。そういう方たちの意見も今後参考にしていきたいと思っております。いずれにしましても、男性というのは、先ほどお話がありましたように、介護保険のサービスでも非常に参加が少ないという状況がございますので、市としてもいろいろな声を聞いて、できるだけ多くの方が参加できるような取り組みも事業者に要請していきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 私が今回山口デイサービスセンターに伺ったのは、男性が行きたくなるようなデイサービスを見たいということだったのです。山口デイサービスセンターでは、6割以上の方が男性でした。朝来てから帰るまで、職員の方が指導したり導いたりするということはほとんどなくて、全部自分で計画を立てて行動していくという場所だったのです。今伺ったところによりますと、筋力向上トレーニングの追跡調査はされていないということなのですが、筋力向上トレーニングを本当だったらもっと続けてやりたいと思う方もいらっしゃるかと思うのですが、その後がなかなか続かないということになるのではないかと思うのです。山口デイサービスセンターには筋力向上トレーニングのマシンもたくさん用意してあって、いろいろなものが自由に使えるようになっていたのです。そこで男性の方はいろいろと使ってやっていらっしゃいました。また、転倒骨折予防教室なども市内ではやられておりますけれども、みんなでまとめて一斉にいろいろなことをやらされるということが苦手という男性の方が多いと伺っているのです。女性の方は結構、集まってグループで一緒にいろいろとやるのがお好きな方が多いので、楽しみにしていらっしゃるのだと思うのですが、大勢の方でグループになって一緒に体操をやるということがなかなか難しい。だから男性が出にくいということがあるのかと思うのです。
 私は押立の家にも伺ってみました。そうしたら、実はここは、そういった筋力向上トレーニングに参加した方、また男性の方がそういったコースを終わった後にどうやって継続してもらおうかということでこの家をつくったのだということでした。男性の場所をつくろうということで立ち上げてはみたものの、どうぞ好きに使ってくださいといっても、いらっしゃった方それぞれがぽつんとしていて、では一緒に何かを始めようかというところまではなかなかいかないというお話です。男性の方は難しいです。目的や目標があって、自分でそれを達成できたら快感を覚える。そしてより一層元気になって、もっとやろうと思う。そういった仕掛けがないと、ただスペースを与えて、どうぞ好きに使ってくださいということは、女性は得意なのですけれども、男性はなかなか、そこで隣り合わせた方と、何をしましょうか、ではお茶を飲んで決めましょうかというわけにはなかなかいかないということでした。ですから、こういったことが稲城市でも課題だということだと思っています。ぜひそこを改革するような何らかの取り組みが必要だと思うのです。今、押立の会の意見を参考にとかとおっしゃっていましたけれども、もっと多くの方の意見を取り入れたらいかがかと思います。高年齢の方が集まるような会を地域振興プラザとかいろいろなところでやっております。そういったところにいらっしゃるのはきっと元気な方だと思うのですが、10年後、20年後のことを考えていただければ、いろいろなアイデアが出てくると思います。ぜひ、その辺の集まりがあれば、そういった工夫もしながら調査をしていただきたいと思うのですが、その点についてだけもう一度伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 男性の参加が少ないというのは今お話があったとおりでございまして、市としましては、介護保険のサービスの利用向上を図るように、介護保険のサービス利用者からも聞きたいと思います。また、元気な高齢者、みどりクラブなどもさまざまな取り組みをしております。みどりクラブは、年齢幅が広いので、中で全員がまとまることはないのです。小グループでそれぞれいろいろな活動をしているようでございますので、そういうところからも意見を聞きながら、どうしたら男性が取り組んでいくのかということを含めまして、もう少し情報収集に努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                               午前10時57分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前11時15分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) (2)に移りたいと思います。介護予防リハビリテーションの環境を整備することについてです。これまで、いろいろとメニューをたくさんつくることの必要性というものもお話しさせていただきました。みどりクラブとか、いろいろなクラブがあるのも存じております。こういった集団で活動をされることがお好きな方ももちろんたくさんいらっしゃるのですけれども、集団は得意ではない、集団にはなかなか入っていけないという方もいらっしゃるのです。そうすると、地元で育って地元で活動を長くされているといった方は集団でも大丈夫なのでしょうけれども、新たに稲城市に引っ越してくる方が多い中で、いろいろなメニューをそのときそのときに選んでいけるような自己選択・自己決定ができるメニューをたくさんつくってほしいというお話をしてまいりました。それをどこで実施してほしいかということで、次の質問にいきたいと思います。
 1)、ふれんど平尾を活用することについて伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 介護予防事業は、できる限り高齢者の身近な地域で実施することが望ましいと考えております。平尾地区では、認知症発症遅延事業の卒業生が参加した介護予防のための自主グループが、ふれんど平尾を活用した活動を展開しているところでございます。今後も引き続き、地域の介護ニーズに応じた活動を支援してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 今、脳卒中などで障害が残ってしまった方は、まず動けない体に絶望して、自殺してしまいたくなったということも聞いたりします。麻痺が残ってしまって、外に出たくないと、引きこもりやうつ状態になってしまって、家族ではどうしようもない場合もあるかと思います。そういうときには生きる意欲を引き出すことができるような仕掛けというものが必要なのです。今おっしゃいました自主グループなのですが、卒業生の何割くらいの方が活動に結びついていらっしゃるのか、またその活動の内容と、ここでまた男女比がわかるようであれば、ぜひ教えていただきたいと思います。
 そしてもう一つ。例えばふれんど平尾のワンフロアとか一部の教室や廊下を日常的な介護予防リハビリの場として使うことについて伺いたいと思うのです。階段を上ったりおりたりする。あるいはまた階段のあちこちにパズルやひも結びに挑戦するような場所を設置する。
 これは、先ほど言いました視察に行った先では、そういったものが実際に置いてあるわけです。さまざまな形やサイズのソファーを並べてあったりするのです。そうすると、いろいろないすに座ってみて、立ち上がりの練習になる。ちょっといましたら、低いソファーに座っていらっしゃる方が「立てると思ったら、余りにも低くて、自分の力では立てなかった。申しわけないけれども、立たせてくれ」とおっしゃったのです。そういったことでいろいろなタイプで練習するということで、いろいろなタイプの家具とかソファーとかいすとかテーブルが用意してあったのです。そういったことに挑戦する場ということで設置するということ。また、手すりなしでもいろいろなテーブルやいすを並べておけば、伝い歩きができるわけなのです。そして、カラオケなどの部屋もあったのです。カラオケは発声練習になるということで、言語療法としてカラオケボックスも置いてあったりしました。男性は合唱とかコーラスというのは苦手だと思うのです。私が伺ったときには、ひとりでカラオケボックスでしっかりと歌っていらっしゃった方がいました。声が出ない方のリハビリにもなるということでした。
 生活の中でできることを少しずつふやしていくために、介護予防のためのリハビリ講座といったものが平尾地区では早急に必要ではないかと思います。また、本当にやりたいと思う人は遠くからでも来るのです。山口デイサービスセンターでは、新幹線でわざわざ通ってくる方もいらっしゃるということでした。そのくらい、あそこへ行けばやれるものがたくさんあって、元気になれるということで、わざわざ遠くからでも駆けつけてくるような方もいらっしゃるということで、毎日100人相当の方がいらっしゃっているわけなのです。ぜひ、ふれんど平尾のフロアをそういった介護予防のリハビリテーションの環境とすることについて、伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず最初に、卒業生で自主グループに結びついたものということでございます。基本的に介護予防事業の卒業生に対する追跡調査は実施しておりませんので、詳細については把握できておりません。そういう中で、平成17年度に稲城市が実施しました介護予防のモデル地区のときの調査では、これは認知症予防の事業でございますけれども、参加した20名のうち、卒業生は10名でございました。重複もございますけれども、その中で介護予防のほかの事業につながった者が3名、自主グループの活動が5名、それから自宅で取り組んでいるという人が1名、介護保険のサービスにつながった者が3名ということがわかっております。それから、そのほか、介護予防の中では転倒骨折予防教室などもやっております。この地域での自主グループとしては、現在恐らく15ぐらいのグループが独立しているということでございます。参加者の男女比は不明でございます。
 それから、2点目のふれんど平尾がリハビリの場としてどうかという話です。介護予防事業として介護予防体操などをやることは問題ないのですが、介護保険法上の介護予防リハビリテーションとなりますと、一種の医学的管理のもとで理学療法士などの専門職が計画的にプランを組んで実施するというものがございますので、現状ではふれんど平尾においてそれを行うことは難しいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 先ほども御紹介しましたように、自分で挑戦できるような簡単なものを設置したらどうかという提案です。ですから、だれかがそこにいてちゃんと指導しなければならないというものではなくて、来たついでにこの辺をひとつやっていこうといった楽しい企画が随所にあればいいのではないかと思って提案したところです。
 次にまいりたいと思います。2)、金銭感覚のためのリハビリに施設内通貨を活用することについてです。ふれあいセンターや老人会館など、高齢者が集まる公共施設や、デイサービスなどで行う活動に施設内流通通貨を活用することについての考えを伺ってまいりたいと思います。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 介護予防施策の中で、金銭感覚を維持することは、認知症発症遅延の観点からも重要であるとされております。こうした観点から、個々の高齢者に対するケアの一環として、買い物は重要な生活機能の一つであると認識しております。しかし、御提案の施設内流通通貨制度の導入については、高齢者のケア面への効果を期待するものであることから、実施を希望する施設などがみずから制度設計し、自発的に取り組むことが必要ではないかと考えております。さらに、現時点では管理面での課題等も明らかでなく、事業効果も未知数であることから、当面は先行事例をよく見てまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 実際にこの視察先でもこういったものを使っていました。__________簡単なものなのですけれども、ゲームをやる時間があります。その時間に花札をやったり、トランプをやったり、いろいろなゲームをやりながらかけをしていきます。その中で自分で簡単な計算をしながらお金の出し入れをするということで、指の運動にもなる。また、あらゆる場面で金銭感覚をしっかりと残していくということでしょうか。そのための訓練になるということなのです。そのデイサービスの中では、例えば洗濯リハビリがあったり、いろいろなものをやるのですけれども、リハビリに取り組むと、そのお金がもらえる。また、いろいろなものに参加するときにはお金を支払うということで、常に金銭感覚を持って参加していく。これは、社会参加を忘れないでしっかりと整えていくためにやっていくということで、いつもいつもお金を出し入れしながら参加したり、お金が足りなくなったら稼ごうということで頑張ってリハビリをするとか、いろいろな使い方がされていました。こういった金銭感覚、社会参加の機会を失わないためにも、自分でお財布を管理することはとても大事だと言われております。お金の感覚で施設内の流通通貨で参加費を払ったり、足りなくなったら何とかして頑張ってリハビリしよう、ボランティアをして稼ぐといったことで、自分の中で計画を立て、計算もする、考えながら行動することが介護予防にもつながるということです。お金というのは、だんだん年をとってくると、お財布をお嫁さんに渡してはいけないと言われたりします。これは、認知症にならないためにも、お財布をしっかり管理しなさいということだと思っています。ですから、いろいろなことで通貨としてもらったり、そして払ったりということで、すべてがリハビリという考えでやっていけたらと思うのです。ぜひ、いろいろなところのちょっとしたことを少し前進的に考えて取り組んでいけたらと思うのですけれども、先進事例をよく見てということですので、現地に一度視察にいっていただきたい。本当に皆さんが一生懸命やっていらっしゃるのを見て、目からうろこが落ちるような思いで私も楽しませていただきました。ぜひ稲城市でもさらに取り組みを広げていっていただきたいと思うのですけれども、再度お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今お話を聞いた限りでは、どうも買い物ゲームのような気もしますし、詳細がよくわかりませんけれども、効果につきましては、今後の参考になると思いますので、見きわめてまいりたいと考えております。そういう中で、ぜひ視察をということでございますけれども、まずは文献等を調査しまして、それから実施状況などがわかりましたら、そういうところから調べた上で、現地視察の必要性を検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 暫時休憩いたします。
                               午前11時28分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前11時29分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 先ほどの私の発言で、かけをしているといったことを申しましたけれども、実際にお金を使ってのかけということではなくて、施設内通貨といっても、紙でつくったもののやりとりをするわけなのですが、ここの施設では「ユーメ」というものを施設内通貨という形で使っておりました。10ユーメ、100ユーメと言いながらそれぞれで出し入れをしていくということで、実際に金銭的なやりとりがあるわけではありません。気持ちの問題ですけれども、そういったものでありますので、補足させていただきたいと思います。計算力を維持するということで、いろいろな取り組みをしているという実例で申しました。
 3)に移ります。施設に存在する構造的なバリアを積極的にリハビリに活用することについてであります。こちらの施設は「バリアありー」の環境だということでした。手すりは一切置いていないのです。もちろん階段もある。その中でいろいろなものを伝い歩きしながらやっていくということでした。家や町なかにあるバリアを回避する方法をこの施設の中で学んでいただくということだそうです。手すりがなくて、ワンステップ・ワングッズ、いろいろなものを伝い歩く。壁を押しながら、ものを伝いながら歩く。それをすることによって町なかに出たときも困らないようにしていこうということだそうです。こういった移動の仕方を体験していくことが介護予防のリハビリになるということで頑張っていらっしゃるということでした。ぜひ稲城市でもこういったものを活用して積極的にリハビリに取り組むべきではないかと思いますので、伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者の日常生活では、決してバリアフリーばかりでなく、むしろ通常のバリアが存在している中でケアを行うほうがよいのではないかとの考えを持ってケアに当たっている施設もございます。一方で、要支援や要介護高齢者にとっては転倒などによる骨折の危険があるとして、バリアフリーを徹底している施設も多く存在しているところでございます。こうしたケアの方法論については、専門職の中でもさまざまな議論があり、現場においても意欲的に取り組まれているものと考えております。市としては、いずれもケアの専門職の管理下での取り組みであると判断しており、それぞれ施設でのケアの質の向上に資する成果を期待しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 廃用性症候群を防ぐには、何とか立って動作ができないかということをしっかりと考えていくことが大事だと言われています。実際にマンションの1階に住んでいる方よりも上の階に住んでいる方のほうが長生きだという統計も出ているくらいなのです。町なかに出かければ手すりはありませんし、バリアフリーがだめだと言っているわけではないのです。併用していけばどうかという提案です。バリアも残しておいて、今駅などで階段を上る方は結構いらっしゃいます。エレベーターやエスカレーターを使わないで階段を一生懸命上るといった取り組みを自主的にしていらっしゃるわけです。ですから、階段もあっていい、その横にスロープやエレベーターもあっていいということなのです。自分の体調に合わせて階段を使ったり、選択できるほうがいいのではないか。坂があってもいいし、いろいろなことで自分で体調を整えるような取り組みとして、リハビリに活用するということなのです。
 視察先でこの取り組みをやっていらっしゃる藤原茂さんという方にお話を伺いましたら、「ここのデイサービスは街角なのです」とおっしゃったのです。雑踏のようにいろいろな方が行き交っている。皆さんがそれをすり抜けながら、できるだけつえを使わずに動いていらっしゃるのです。それには本当にびっくりしました。ここで訓練してまちへ出かけても困らないようにするのです。実際に海外旅行へ行かれている写真もありましたし、いろいろなところに総勢50〜60人で旅行をしていらっしゃる写真も拝見させていただきました。「訓練は生活を楽しむためのものです」ということです。苦しくて何とかしようということではなくて、楽しむためにやると思えば、何とか自分で頑張れるのではないかと思います。施設の中のトイレは、引きドアもあれば押しドアもある。和式もあれば洋式もある。トイレ一つとっても、自分の家庭で何とかできるように、狭いトイレもあれば広いトイレもある。自分のうちに合ったものでここへ来て訓練をするということでした。そういった形で困らないだけの訓練を、やれと言われるのではなくて、自分からやってみようと思ってやる。それがここのいいところではないかと思って見てまいりました。階段のところには「青春の階段」という大きな看板がありました。この看板を一つ掲げただけで階段を上る人がふえたということです。きっかけと、どのように導くかということだけだと思うのです。大きなプールへ行く廊下がありました。そこには「海岸通り7丁目」と書いてあるのです。それだけで、上ってみようかと皆さんが一生懸命上っていらっしゃいました。そういうちょっとしたきっかけができるということで、稲城市でも介護予防やリハビリに挑戦できる場所としてそういったことができるようなところがあれば、指定していったらどうか、そういった工夫をしていかれたらどうかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、稲城らしい介護予防としましては、稲城繁盛節による介護予防体操あるいは東京ヴェルディ応援曲による介護予防体操などが挙げられると思います。そのほか、地域の介護ニーズに基づいた介護予防を展開してきております。一方、先ほど申し上げましたが、介護保険におけるリハビリテーションといいますのは、国の設備基準などをクリアした指定施設におきまして、医師の医学的管理のもとで、理学療法士などの専門職により個別性を持って安全に行わなければならないとされております。こうしたことから、今お話のありました介護予防事業における挑戦できる場所ということに関しましては、今後、委託事業の実施者との連携を密にして、稲城らしい事業の実施を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 今いろいろとお聞きしておりまして、大変重要な指摘ではないかと思っております。高名な生物学者である横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生は、生物にとっての最適環境は最高環境にあらず、最も快適な環境は実は生きていく力を衰えさせることがあるのだという指摘をされておりますけれども、まさにそのことと重なる指摘ではないかと思っております。環境をよくしていくということは非常に重要なことです。先ほど答弁がありましたように、当然、骨折してしまう可能性のある人たちに対しては、骨折しないように、きちんと手すり等をつけたり、あるいは段差をなくしていく、これは非常に大事なことで、今やっていく一つの大きな流れですけれども、あわせて御指摘のように、一方ではバリアによっていろいろなものに適応していく力をつくっていくという機能もあるわけでありまして、こういうものを今後予防の中でどう生かしていくのか、その2つの視点というものが極めて重要ではないかと思っております。御指摘の内容等については、さらに予防事業等を含めて、具体的にどのように設定できるのか、大いに研究してみたいと思います。また、御指摘のありました施設などについてもぜひ視察する機会が持てればいいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ取り組んでいかれたらいいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 次にまいります。(3)、(仮称)健康プラザで介護予防リハビリテーションに取り組むことについてでございます。平成21年度から3年間の第4期介護保険事業計画の素案によりますと、65歳以上の第1号被保険者数の見込みが第3期の数字と比較すると大分ふえているのです。このとおりにいきますと、高齢化が加速しているということなのですけれども、稲城市の高齢化率は平成27年には19.5%で、5人に1人は高齢者になると予測されているのですけれども、第1号被保険者の認定率を見ましても第3期よりも上がると数字が変更されてきていて、本当にこのままでいいのかと不安になるところです。第2号被保険者のほうは減ってきている。こういったことを考えますと、市が取り組んでいる介護予防施策の効果も見込んでいらっしゃるのかと思います。サービス別で見てみますと、介護予防通所リハビリテーションの人数が、平成18年度に比べると平成20年度では4.35倍、最終年度の平成23年度では約15.2倍になっています。こういった数字を見ていきますと、病院とか診療所や老健施設のリハビリで本当に間に合うのかと不安です。老健施設は市内にはヒルトップロマンの1カ所しかありません。ですから、これから着実にもっともっとサービスの内容や提供施設を充実していかなければならない。これが課題だろうと思っています。
 平成19年度に策定されました(仮称)健康プラザ基本計画には、これは心と体の健康をサポートするような健康増進の場であると言われています。ですから、ぜひ介護予防ということを含めて、(仮称)健康プラザの中でしっかりとした予防にも取り組んでいっていただきたいと思います。特区申請をしてでも(仮称)健康プラザで一般高齢者と同様に特定高齢者の介護予防リハビリテーションのサービスにも取り組んでいけるようなことについて考えていってもいいのではないかと思いますので、その取り組みについて伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) (仮称)健康プラザには、ふれあいセンター・トレーニングジム・スタジオ・プールなどの機能が想定されており、広く一般市民の利用が見込まれているところでございます。今後、具体的な利用方法が検討されていくこととなりますが、虚弱な高齢者を対象とした介護予防事業の委託実施なども検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) これからの取り組みですので、いろいろな可能性があると思うのです。ぜひやっていただきたいと思います。防府市のデイサービスセンターが調査されたところ、229人の介護度の変化、平成17年10月から平成19年3月までの1年半で軽くなった方が27%、重くなった方が14%、変化なしという方が59%あったということですので、これまで御紹介したメニューがどれだけ効果があったかということがわかるかと思います。ぜひやっていただきたいと思っております。そこで、コミュニティーのふれあいセンターとか、いろいろな施設がまた設置されてくるわけですけれども、先ほど御紹介しましたように、家庭での生活に生かせるような、できることをふやすためのアイデアが習得できる講座にもぜひ取り組んでいかれたらいかがかと思いますが、その点について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、(仮称)健康プラザは、指定管理者による運営を想定しておりますけれども、施設内のプールあるいは運動マシン、それからスタジオなどを活用した幅広いメニューの介護予防事業の実施につきまして要請していきたいと考えているところでございます。それと、今お話のありました、市民の方から自主グループによる転倒骨折予防事業などに利用できるスペースの確保についても要望がありますので、このようなことも含めまして、幅広い活用について検討していく予定としているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ、ここへ来たら何かできるのではないかと思えるぐらいたくさんのメニューを取りそろえていただきたいと思います。
 次にまいります。大項目の2番目、古民家を利用した小規模多機能型居宅介護を整備することについてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市ではこれまで、地域の介護ニーズに対応した小規模多機能型居宅介護が市内で提供できないことが課題であるとされております。これは、土地の確保問題や介護報酬上の問題から事業者の進出が進まなかったものと分析しております。こうしたことから、平成21年度からの第4期介護保険事業計画の策定では、日常生活圏域を踏まえた事業者の進出が図られるよう積極的に対応することとしております。このため、積極的な小規模多機能型居宅介護事業所の誘致を予定しているところでございますが、古民家の活用につきましては、介護保険制度上の設備基準のほか、さまざまな基準を満たす必要があることから、慎重に対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 私は夢ハウス仁井令というところを拝見してまいりました。そこは、診療所だったところをこれに使わせていただいているということでした。地域の方が歩いていらっしゃって、自宅にいるような感覚で過ごしていけるということで、何も新しいものをつくる必要はないのではないかと思ったのです。こういったものを大切に使っていけばできると思いますので、ぜひ市内でも取り組めればいいと思うのですが、もう一度その辺の設備基準についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 初期の多機能型居宅介護施設といいますのは、通いを中心として、必要に応じて泊まりなどを組み合わせてサービス提供を行う施設でございまして、建築基準法では寄宿舎の扱いになりますので、まず建築基準法上のクリアが必要だろうと思います。それから、スプリンクラーや火災報知機などの設置ということで、これは消防法上のクリアなどが必要だろうと思います。これらの基準をクリアした上で介護保険上の設備基準となるわけです。介護保険上では、居間・食堂・台所・宿泊室・浴室などの配置が必要となっているとともに、それぞれ基準の面積がありますので、それをクリアすることが必要ではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) いろいろな方がここに視察にいらっしゃって、皆さん、採算性が合わないのではないですかと言われるとおっしゃっていました。私も聞きましたが、そんなことはありませんということでした。やり方次第で、そんなことは実際にはないし、やることについて、ターゲットをある程度絞っていけば、確実にやっていけますというお話を伺いました。ですから、まずはやる気の問題ですということでしたので、稲城市の中でももっともっとこういった方向性を持った事業者の誘致を考えてもいいのではないかと思いました。ぜひ進めていっていただきたいと思います。その点について、もう一度だけ伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 古い建物を活用するということは、これまでも答えてきましたように、初期投資あるいは運営の経費面から事業者の進出が進まないという状況にありましては、費用面からは当然有利と考えられますし、高齢者の中には、古いことによって落ちつくという方がいるということも想定できます。そういう中で、大都市近郊の稲城市では、利用者の意向としてどうかというのは何とも言えないところでございますけれども、いずれにしましても、進出したいという事業者がある場合には、助言も含めまして、相談に乗ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 3番に移ります。子供たちの交通安全教育をさらに強化することについて伺ってまいります。新たな宅地化や道路整備が進む中において、自転車の乗り方や、生活道路での通行の仕方について、子供たちへの安全指導をもっとやってほしいということが求められております。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 稲城市における交通安全教育の推進につきましては、稲城市交通安全計画に基づき、これまでも、多摩中央警察署と協力し、小学生・幼稚園児に交通安全の映画やビデオなどを活用し推進活動を実施しているところでございます。また、自転車の安全利用については、平成17年より自転車運転免許制度を取り入れ、原則として自転車利用を始める小学校3年生を対象に、自転車利用のルールを身につけてもらうため、学科試験と実技試験を実施し、全員に自転車運転免許証を交付しております。このように、小学生から自転車の安全利用に対する自覚を持っていただき、自転車の安全利用の推進を図っているところでございます。今後も引き続き、交通安全協会、警察と市が連携し、交通安全教育を推進してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 指導されていることは存じているのですけれども、もうちょっとその回数をふやしてほしいとか、内容を濃くしてほしいという訴えなのです。どうしてかといいますと、今伺ったところによると、小学校3年生に自転車の乗り方について免許証を発行している。しかし、本当のところを言うと、一番危ないのは中学生だったり高校生だったりします。携帯電話をかけながら自転車に乗っているとか、塾帰りなどであるかと思うのですけれども、夜遅く無灯火で乗っている。また、バスを乗りおりするところでぶつかった経験があるということもありました。またそのほかにも、地域の中で小さい子供さんを遊ばせているお母さん方やお父さん方もたくさんいらっしゃいます。そこでこういったことになれてしまうと、小学生に入って手から離れたときに、親の目の届かないところで生活道路で遊ぶということになってしまいます。こうしたことについて、近所の方との接触で事故が起きたらといった不安があるかと思います。ぜひもっと強化していただきたいと思います。その点を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 安全教育につきましては、いろいろな世代、例えば幼稚園、また小学校低学年・高学年、それから中学生に実施している。今お話がありましたように、特に中学生になりますと、小学生とは違いますので、言われたことを素直に聞くということもなかなかない状況もございます。そのような中でも、昨年も六中では、いろいろな実体験として、車と自転車が目の前で衝突するさまなどを見てもらいながら、直接警察の方がお話をされた。そういう状況を見ますと、今自分が置かれているところをもう一度見直す時期にも来ている。また、高齢者も事故が多い部分でございまして、高齢者にはいろいろな形で警察が直接お話をする状況をつくっております。いずれにいたしましても、今もいろいろな機会をとらえながらいろいろな安全教育をやっておりますので、今後とも引き続きしてそうした運動を進めてまいりたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、13番、中村みほこさんの一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午前11時53分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午後1時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の19番、荒井健君の一般質問を許します。11番、荒井健君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今回は、バリアフリーのまちづくり、南武線高架化に伴う稲城長沼駅・南多摩駅の整備の問題、不況対策の問題、病院の問題、この4点について質問させていただきたいと思っております。
 まず最初にバリアフリーのまちづくりの推進でございますが、質問に入ります前に、御案内のように、今回の3月で都市建設部長が退任されるということでございます。宮澤部長におかれましては、稲城市のおくれていた都市基盤整備を進めていくという意味では、南武線の高架化、稲城大橋、尾根幹線、さらにニュータウンのまちづくり等について非常に御尽力を賜って稲城の基本をつくっていただいたという意味では、本当にありがたいと心から敬意を申し上げたいと思います。御案内のように、まちづくりでございますから、それぞれの思いがぶつかり合って、時には声を荒らげて質疑をさせていただくようなこともありましたけれども、これ自体は私の人間的未熟さのあらわれでございますので、ひとつ御理解いただきながら、御礼にかえたいと思います。
 さて、バリアフリーのまちづくりでございますけれども、先ほど中村委員から、元気な高齢者をつくるということで、非常に貴重な質問もありました。関心を持って傾聴させていただいたのですが、自治体の中には、元気に動いていて、3日ぐらいでポックリいってもらうという「ピンピンコロリ」ということを掲げてやっている自治体もあります。私も願わくばそうありたいのですが、残念ながらそういうことではなしに、年をとってくると不幸にして体が不自由になり、体力的にも衰える。私もちょうどことしの4月で65歳を迎えて前期高齢者の仲間に入ります。年をとることによって、今までよく見えていたものが見えづらくなったり、聞きづらくなるということも事実でございます。逆に言うと、年をとってそういう状態になったからよく見えてきて、これは何とかしなくてはいけないということもたくさん出てきております。御案内のように、稲城市も、若い市ではございますけれども、着実に高齢化が進んでいるということで、年をとっても安心して地域で生き続けられる稲城市でありたいということで、この課題について、今まではともすればソフトの部分について質問させていただいたのですが、今回はハードの部分についてお話をお聞かせいただきたいと思います。
 (1)、高齢化に伴うバリアフリーのまちづくりについての考え方をお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 本市におけるバリアフリーのまちづくりにつきましては、高齢者や障害者など、だれもが安心して暮らせるまちづくりを目指すことが重要であると認識しております。このことから、市域の公共施設の建設や、生活拠点となる南武線の各駅の駅舎建設など、周辺地区の基盤整備や、関係機関と協議を行い、一体的な整備を行っているところでございます。また、交通手段として鉄道駅のない地区につきましては、路線バスやiバスで交通手段の補完を進める一方で、道路や公園などの整備につきましても、バリアフリー化を配慮した整備を図ってきております。今後におきましても、より一層の高齢化が進む中、だれにでも優しいまちづくりを目指しまして進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今、部長から御答弁があったように、公共施設の建設とか基盤整備に合わせてバリアフリーを進めているということについては私も認識しておりますし、iバスの普及についてもそういう意味では認識しているところであります。ただ、率直に言って、バリアフリーという観点からすると、まちづくりの中で幾つか気になることがございます。それは、私は平尾なのですが、平尾地域の一番川崎寄りに美望会というまちがあります。これは非常に急坂のまちで、本当に高齢化していまして、雪の日はほとんど表へ出ない。かなり急坂で上り下りするのも大変というところが美望会・向山地区であるわけです。そういうことについてどうしていくのかという課題は一つ残っている。それからもう一つは、道路の中でよく取り上げるのでございますけれども、街路樹の根が張って、道がでこぼこになっているところがあります。その辺について市としてはどのような認識でどのように進めようとしているのか、そのことが一つであります。
 もう一つは、高齢化しますと、なかなか長い距離をじっくり歩くということができなくて、買い物などでも途中で座り込むという光景が見られるわけですが、それこそ道路の何メートルか置きのところにベンチなり何なりがあるとそういうときには便利だということで、そういうものを設置している自治体も多いわけであります。ポケットパークの問題もあります。これはこの前川島議員も言われましたけれども、スポーツ広場のトイレもありますけれども、年をとるとどうしてもそういうものが近くなるという意味では、トイレの設置などということも出てきます。また、バス停を含めた照明の問題があります。このように整備していかなければいけないということが一つの問題としてあります。
 もう一つは、私も何回かこの場で取り上げましたけれども、稲城市には平尾住宅、大丸都営住宅、矢野口の公社住宅ということで、高度成長期の前期に建てられた集合住宅があります。中高層ということで、5階建てでエレベーターがない。今は築40年〜50年になりかけているということからすると、今まで入ってきた方がどんどん高齢化してくる。今でも4階・5階で80・90歳代の人がいる。あと10年たったら大変だというものが稲城市には高齢化のバリアフリーの問題として現実に存在する。この3つのジャンルについて、市としてどのような認識でいるのか、どういう姿勢でいるのか、ちょっとお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 以前、稲城市では、都市計画マスタープランをつくる際に、それぞれの地区ごとに井戸端会議というのをやりました。その井戸端会議の中で、いいところ、悪いところ、こうしてほしいところ等、いろいろな御意見をお聞きして、それを都市計画マスタープランの中に生かしていこうという発想でやりました。そういう中に、今おっしゃられましたように、例えば平尾で言いますと、当時昭和45〜46年ですか、まだ若いときに平尾に来て、もう30年〜40年たって御自身が高齢になって、そのときに初めて周りの坂がきつくなったというお話もありました。また、今住んでいるところも今後リフォームしなくてはいけない、そういう際にぜひバリアフリーという観点の中で自分自身もやっていきたい、またまちもそのようにしてほしいという御意見をいただいております。私どもは、平尾だけではございませんけれども、要するにそういう観点の中で今までも、街路樹もその一つでありますけれども、バス停のベンチ、また上屋等について、いろいろな方法によって改善をということでやってきているつもりでございます。限られた財源の中で、すべてを一気にということはできませんけれども、一つ一つといいますか、優先順位をつけながら、そうした状況に対してのまちづくりを今後とも図っていかなければならないと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今、基本的な姿勢についてはお答えいただいたのですが、私は、全国をいろいろ回ってみて、坂のまちについては、例えば公で手すりをつけたり、そういうことをやっているところもあります。先ほど言ったように、そういう箇所が稲城市にも何カ所かはあるのだろうと思うのですが、特に平尾ですごく現実の問題として、美望会あたりは、どこまで可能かはわかりませんけれども、早急にそういうこともやらないといけない。さらに、街路樹については、何年かに1回ずつ根切りをして平たんにしてもらっているのですけれども、ここへ来てまた持ち上がり始めていると思います。その辺については現実に起きている問題ですので、ぜひ工夫して改修に早急に取り組んでいただきたい。ベンチとか、ポケットパークとか、トイレとか、照明というのは、予算もかかることですし、いろいろなこともありますので、できるところからということになると思うのです。これもできれば計画を立てて、そういう計画に基づいてやっていただくといいと思いますので、その辺のことについてお尋ねしておきます。
 あと集合住宅の問題についての認識のお答えがなかったのですが、先ほど言いましたけれども、そういう状況が私のつかんでいる平尾だけでも、4階・5階に80・90歳代の人が現実に生活しています。この辺の状態については稲城市としてその辺の調査はしているのか。例えば福祉部ではそういう実態についてはどのようにとらえているのか。現実にどういうことが起きるかというと、それこそ災害支援とか、そういう問題はともかくとして、例えばそのために介護サービスなどのいろいろなことが受けにくかったり、デイサービスなどに行くにしてもなかなか行けない、引きこもりになる、また寝たきりになるということになってしまうと思うのです。だから、その辺の状況について、福祉部としてどのような感じで実態をとらえているのか、お尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 今、できるところからというお話がございました。そういう観点で私どもは毎年予算化しているところでございます。しかしながら、先ほど街路樹の話がありましたけれども、街路樹に関しましては、これからますます街路樹自体も高齢化というか、老齢化してまいります。そうすると、それが倒木の原因になることもございます。そのようなことからことしから調査を始めておりまして、特に危険箇所はまず最優先で手をつけていかざるを得ないと思っています。それ以外については、先ほどの繰り返しになりますけれども、限られた予算の枠の中で優先順位をつけながらやっていく。そのような考えでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高層階に住む高齢者の把握ということでございますけれども、稲城市では高齢者の見守り支援ネットワークを構築しておりまして、地域包括支援センターあるいは在宅介護支援センターが中心となりまして、協力員・民生委員等を通じましてさまざまな活動をしているわけですが、その中でひとり暮らしの高齢者のアンケート調査あるいは65歳以上高齢者の実態調査などをしております。また、時間を見ては声かけをしているという状況がございます。したがいまして、地域包括支援センターなどでは高齢者の住宅状況あるいは家族状況というものはほぼ把握していると考えております。そういう意味で、市としての全体の把握はしておりませんが、個々の高齢者の状態に応じました個別対応はできる状態になっていると判断しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 一つ、まち並みのバリアフリーについては、今言ったように、できるところからやって、調査が必要なことについては早急に調査をして、バリアフリーのまち並みを逐次整えていくように努力していただきたいと思います。集合住宅のところで、今お話のように、見守りネットワークなどができて、そういうことで取り組んでいることは、私も承知しています。このことについてはまた引き続きお話しさせていただきますので、ぜひひとつお願いしたいと思います。
 次に進みます。iバスの平尾美望会地域への乗り入れの問題についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) iバスは、鉄道や既存の路線バスなどの交通不便地域を解消し、公共施設への連絡を目指し導入したコミュニティーバスでございます。その運行に当たっての許認可は、一般路線バスと同様の審査が国土交通省を初め各関係機関との間でなされており、道路幅員などの現地実査を行った中で、道路運送法の認可がおりることとなっております。したがいまして、御質問の平尾美望会地域への乗り入れにつきましては、現状での道路状況の中で関係機関との現地実査が必要となりますが、現状では狭隘な道路幅員に加え、急峻な道路勾配、転回場所の確保など、iバスの乗り入れは難しい状況であると言わざるを得ません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今、道路もそんなに幅員があるわけではないしということですが、お答えにあったように、この地域では急峻な道路勾配ということが、先ほど言った高齢化していく中で、本当に困っているところ、例えば稲城市立病院とか市役所から一番遠くて、高齢化が最も進んでいるところでございますから、ぜひiバスの一つの福祉バスという側面からも、そういう努力をしていただきたいと思うのです。道路幅員は、たしか第四保育園から大丸親水公園のバス停までの間の稲城マンションのところを通る幅員と比べますと、ここのほうが広い。私もこの質問をするに当たって、路線バスを運転されている方などにも実際に時間をとってもらって調査させていただいたのですが、iバスの車両であれば、ここの運行は大丈夫だろうと。また、折り返し場所ですけれども、今まで折り返し場所がなかったのですが、一番先に行ったところで川崎市になってしまうのですが、ここで駐車場の貸し出しをし始めました。その駐車場のスペースを何カ所か確保すれば折り返しはできるのではないかとその専門家の方が言っておられました。そのようなことも含めて、iバスの問題はさまざま質問も出ていまして、抜本的に南武線の高架化に伴って考えていくという話もありましたので、そのことについては否定しませんが、そういう中でも、抜本的な改善ということではなくて、高齢化が進んでいる地域で、なおかつ市立病院などに遠い地域ということで、何とかもう一度努力してもらえないか、そのようなことも含めて、さらに調査していただくということができないか、そのことについてお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) iバス路線につきましては、これまでも御質問いただく中で、今後、3駅の連続立体交差、また周辺道路等の整備の状況等の中で、改めて路線の見直しを含めて全体的な見直しを必要としているというお話はさせていただきました。そういう中で、どういう声が地域にあるのか、またどういうことがこれから必要なのかということなどを含めて、今後の見直しの参考にさせていただく必要があると思っています。そういう中で今お話があった部分も、周辺の方々からの声も聞きながら、どのようにすることが全体的なバス路線、またその地域にとってよろしいのかということも含めて検討する必要があるとは考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 私としては、本当は抜本的な路線変更ということを待たずにやるぐらいの課題だという思いはしますけれども、今そういうお答えがあったので、それも近々やっていただけるという状況でありますので、ぜひそれまでの間に地域の住民の意向とか、先ほど言っているように、道路勾配とか道路幅員について、可能かどうか、調査していっていただきたいと思います。
 (3)に移ります。よみうりランド駅南口のバリアフリー化についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 京王よみうりランド駅南口につきましては、駅の改札口と駅前広場との間に約3メートルの高低差があり、バリアフリー化の必要性を認識しております。御案内のとおり、現在よみうりランド敷地内において通路整備が行われ、よみうりランド駅南側の駅前広場に接続される予定となっております。こうした開発動向を踏まえ、駅改札口から一体的な動線を考慮した整備について、京王電鉄と協議を進めているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) この課題については、以前、前の部長との話で、かなりそういう意味では実施するという前提でお答えがあった経緯があります。そういうお答えがあってから現実に今の状況からすると、今になってもう一回認識していることではなしに、ぜひ早急にやっていただきたいと思います。現に、今お話があったよみうりランドのほうの新しい道路も、結局バリアフリーの階段の上のところに接続されるわけですから、そういう部分の利用勝手も含めて、バリアフリー化がより急がれると思いますので、その辺の姿勢についてもう一度確認しておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 今お話がありましたように、南側の駅前広場については、先ほど第1答弁でもお答え申し上げました3メートル程度の段差は何らかの方法で解消する必要があるだろうということです。その何らかの方法というのは、いろいろあるのでしょうが、その中で、特に京王電鉄がお持ちの敷地と駅前広場が接しておりますので、その中で電鉄側の御協力がどういう形で得られるか、また稲城市としてどういう形でそこが可能なのかということを今具体的に詰めてございます。その際に、先ほどもお話しました通路で駅前広場を一部変更する必要がございますので、そうしたものも含めながら、状況を見ながら、段差改良に向けて調整していこうと今考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 最後に、また部長がかわられてまた同じお話を聞くようなことがないように、ぜひひとつ申し送りをお願いしておきたいと思います。
 次に、稲城長沼駅・南多摩駅の高架化に対応した整備に対する取り組みについてであります。稲城市の都市基盤整備における最大課題の一つである南武線連続立体交差事業が順調に進んで、平成22年には高架化されるということに向けて今頑張っておられるということです。実際には多少ずれるなどという話もありましたけれども、平成22年に向かって頑張るのだという決意もこの前の補正予算特別委員会の中ではなされたところであります。そういう状況の中で、現実に高架になった後の高架下の活用に向けた取り組みについて、市として今どの程度の認識と取り組みをされているのか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) JR南武線連続立体交差事業の第2期施工区間につきましては、昨年6月に川崎方面を仮上り線に切りかえるなど、平成22年度を完了目途として工事を進めております。御質問の高架下の活用に向けた取り組みにつきましては、これまで駅周辺の市民の方々へのアンケート調査や、所管委員会における所管事務調査報告などの御意見をいただき、利用構想をまとめて、矢野口駅周辺での自転車駐輪場や飲食店及びスーパーなどとしての利活用をさせていただいているところであります。稲城長沼駅及び南多摩駅周辺につきましても同様に活用してまいりたいと考えておりますが、第2期施工区につきましては、現在までのところ、保線施設など鉄道施設の設置場所が確定していないため、高架下利用が可能な場所の確定がなされておりません。今後、利用可能な場所が明確になってくる状況に合わせて、これまでの利活用の状況や御意見などを踏まえまして、関係機関との協議をしてまいることとしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 既に以前に建設環境委員会でも意見をまとめさせていただいたということもありますし、アンケート調査等もやられているということでございます。そういう中で、具体的に今言ったように、日程的にいうと、もう本当にわずかな日程の中でそれが実現してくる。実現した段階でいろいろ右往左往するのではなくて、実現する段階までに練り上げてきちんと対応していくということが必要なのだと思うのです。今のお話では、保線施設自体の行き場所がわからないということなのだけれども、御案内のように、この高架下については公租公課分15%は確保できるということになっていますし、そういう位置が確定するということも大事ですけれども、その15%を含めてどうするのか、さらにはそのことについてどうするのかという話はもうそろそろ始めていかなければいけないし、その中で市としてはどういう施設をつくるのかということも含めて考え方をまとめて、当然利用者の方、それから商店を経営している方、商工会等も含めた形で、少し準備の作業を開始すべきではないと思います。その辺の姿勢についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 基本的には、矢野口駅で行ってまいりました庁内での検討会、そして東京都が主催いたします東京都・JR・稲城市の3者を交えた検討会、これを基本に進めていきたいと考えております。その中で、高架下を利用される商店とか、そういう個人の営業にかかわるものにつきましても、法的にはちょっとなじまない部分がございますので、何らかの連携をとりながら立ち上げていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) アンケートはとっているし、建設環境委員会の意見もそれなりに聞いているということもあるのですが、私は、できれば商工会とか商店とか住民の人たちも含めた形の検討会のようなものをつくって、それにふさわしいものをつくったらいいのではないかと。矢野口の利用勝手についても、商工会の一部には、もう少し丁寧な対応があってよかったのではないかという声も聞いていますので、せっかく稲城の中心地区と位置づけたまちでございますので、その高架下について、ぜひそのような形での努力をしていただきたいと思います。それは意見で、聞いておいていただきたいと思います。
 それから、それに連動した形なのですが、高架下だけではなくて、周辺の整備に向けた取り組みについてどのようにしていこうとしているのか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) JR南武線高架化に連動した周辺の活性化と整備につきましては、これまで土地区画整理事業区域内の土地所有者の方々に将来の土地利用につきまして意向調査を実施し、これにより換地計画を策定してきているところでございます。今後、これを高架下利用などにも連動させまして、具体的な移転計画の策定や、店舗などの誘導が行える整備を検討していくこととしております。このような中で、稲城長沼駅周辺地区につきましては、都市計画マスタープランにありますような中心地区としての核づくりに向け、関係機関及び権利者の方々との連携を図ったまちづくりが進められるよう、研究を始めているところでございます。また、南多摩駅周辺地区につきましても、駅前や都市計画道路多3・3・7号線の沿道にふさわしいまち並み整理が図られますよう、今後、権利者の方々とも連携し、同様の研究を行っていく所存であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 南多摩駅周辺のまちづくりについては、さきの都市計画審議会でお話しされたときに、周辺の土地利用を含めた沿道地域などの活用について、権利者などを含めて検討会をやっていきたいといったお話もありました。それはそれでよろしいのではないかと私も思います。問題は東長沼だと思うのです。昔からへそのないまちということなので、へそをつくるのだと、本来であれば稲城長沼駅から京王稲城駅の間を中心市街地として進めていくといった考え方があったのですが、残念ながら中心市街地のまちづくりの区画整理については取りやめになったのですが、位置づけとしては中心地区ということになっているわけです。そういう意味では中心地区にふさわしいまち並みをつくらなければいけない。しかし、高架下もそうなのですが、例えば、それをつくって、用途などを決めたけれども、権利者の人がそういう形で動いてくれなかったり、実際には相続までは動かないなどということで、それにふさわしいまちができなかったり、そのようにやったけれども、進出してくるところがなかったり、いろいろなことがありました。そういうことも含めて、それこそこれについてはできれば権利者、それから今実際にそこでやっている商店の方、それから商工会の方、利用者の方を中心とする住民の方々で検討会のようなものを立ち上げて議論していく時期だと思います。その辺の姿勢についてお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 稲城長沼駅につきましては、おっしゃるように、中心地区ということでございます。初めての試みとなるとは思いますけれども、現在、事務レベルで研究は行っておりますけれども、先ほどの高架下利用の検討会と連携をとりながら、地権者・地域住民・自治会・商店会・各種団体というものも視野に入れました検討会を提案できるように、調整しているところでございます。商店会の活性化ということになりますと、今我々がしようとしているのはハードの部分のイメージづくりでございますので、これにつきましてはかなり専門的な話になりますので、専門家のアドバイスもいただきながら進める必要があるかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) この関係については、今お話があったように、都市建設部というのはどうしても地べたをつくるという部隊ですから、例えば商工などということになると、生活環境部ということです。ところが、先ほど言ったように中心をつくるわけですから、プロジェクト的な組織で対応していかないといけないのではないかと思うのです。これは都市建設部に聞くとか生活環境部に聞くということではありませんので、市長、このことについて対応するということであれば、できれば、都市建設部とその関連する部を入れて、そういうプロジェクトでこの問題について対応するといったことを考えられたらいかがだろうかと思うのですが、その辺の姿勢について、ちょっと市長の考え方だけお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 稲城長沼駅周辺のまちづくりにつきましても、現在、南武線の高架化事業があとおおむね2年で完成する。それに合わせて南側からも通行ができるような対応がとれないかということで、今、区画整理の中では調整しているところであります。また、あわせてペアリーロード商店街という非常に長い商店街もあり、またそのための商店会も既にできておりまして、稲城の中では最も活発に活動し、組織化もされておりますので、御指摘がありました商業の活性化という意味では、もちろん高架下についてはJRが中心になると思いますけれども、稲城市分がどのような形で張りつけられるのか、あるいはまたペアリーロード、さらにはペアリーロードにかわる街区の形成等も非常に重要な課題になってくるのだと思っております。当初の稲城駅から稲城長沼駅までの全体をつなげるというのは、稲城のまちの規模でそれだけの街区を形成するというのは現実的には困難だと思っております。しかし、何らかの形で継続できるような稲城駅からのつながりをきちんとつくって、しかも稲城長沼駅前を稲城の顔にできるような街区をつくるための準備として、必要なセクションを合わせたプロジェクト的な協議については、これから進めていかなければならない大事な課題だと思っておりまして、御指摘のことについてはこれから準備していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 次にいきます。iバスの乗り入れの問題ですが、これはもう何回か質問してやりとりしていますので、お答えはわかりますので、その辺の中身について、私のほうでこういうことはどうかということについてお話しさせていただきます。今、御案内のように、南武線が高架化して、稲城長沼駅とか南多摩駅にバスが入れるような状況になって、それこそ市役所にもバスが欲しいと、例えば平尾あたりからはなかなか市役所まで来られないといったことも含めて、これは抜本的に路線変更をするということにならざるを得ないのだろう、その検討に入るということなのですが、私は、例えばこれだけ利用者がいて、各地域の声があるということであれば、検討会を市民参加で立ち上げたらどうかと。抜本的に改善するに当たって市だけが検討するのではなくて、そういう中できちんと議論して、本当に市民のニーズに合ったような抜本的な路線変更を一緒に検討していくようなことをこの際やるべきではないかと思うのですが、その辺の考え方だけお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 一応答弁書は用意したので、読ませてください。その上で。稲城長沼駅・南多摩駅には、両駅周辺の土地区画整理事業により駅前広場の整備が計画されており、駅前広場が整備された時点でiバスも両駅駅前広場へ乗り入れるようなルートの変更を検討してまいりたいと考えております。今お話がございましたその見直しに当たっての方策でございますが、これもかねてより御答弁申し上げておりますが、これまでの経験も含めまして、改めて利用されている方々の御意見を何らかの形で聴取する中で、それをフィードバックした計画案をつくっていきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 市民の足ですから、市民の方々の意見を聞いてお話をするということも必要ですし、例えば恐らくここへ来て管理課の方でバスに乗って実態調査もやったのだと思うのです。私も、車を運転しませんから、iバスの利用者です。そうすると、ここはほとんど乗らないとか、その意味ではいろいろな路線があるのです。その辺も含めてそういうことを整理していく場合に、市民の方とか住民の方々に十分理解しながら路線変更するということは必要だと思うので、行政側がそういう意見を聴取するというよりは、市民のバスでございますから、そのようなことをぜひ考えていただきたいと思っております。それは、その辺の姿勢については要望というわけにはいきませんので、質問でございますので、考え方だけ整理させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 利用者の声というのはさまざまでございます。今お話がありましたように、ここには年間でもそれほどの乗降客がないと私どもが判断したとしても、その地域のお住まいの方にはそこはぜひ通ってもらいたいという御要望もあります。その辺は今後どういう形で一つの路線として計画していくかということになりますので、先ほどの繰り返しになりますけれども、いろいろなことを想定した中で計画し、それによって御意見もいただく中で決めていくことが必要なのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) お話はわかります。例えば、路線を切るにしても、つくるにしても、行政が判断するということではなくて、そこに市民を入れた検討会ですと、市民自身が判断していくということも含めて、そういうことが必要ではないかと思って質問させていただいたところです。
 次に、(4)、交番の設置についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部参事(城所秀男君) 駅前の交番の誘致につきましては、人が多く集まる場所に対する犯罪の防止・抑止としては効果があるものであり、連続立体交差事業や土地区画整理事業に合わせ、高架下や駅前広場周辺に設置をお願いしていきたいと考えております。しかしながら、昨今の事件に対しては警察の機動力が重要視されているとも聞いており、交番にはパトロールカーの配備も必要とのことであり、設置位置はもとより、面積等を踏まえた適地を用意しなければなりません。したがいまして、駅前の交番の設置につきましては、その管理者であります警視庁と、市域全体の配置計画に対する必要性や設置位置などについて協議してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 私は、稲城長沼の位置からすると、ここは中心地区ですから、そういう意味では駅前交番は必要なのだろうと思っています。特に、このところに東長沼の駐在所があるのですが、葎草橋通りのところですから、そこに駐在所があることすらわからないという人もいる状況で、中心地区にふさわしい交番を設置していくということで、市もそういう立場でお願いしていくということなのですが、これは取り組みとしては簡単なようで非常に簡単ではなくて、交番を誘致するときには、どうしても警察官が2人、複数でいる。4交代ですから、人員が8人必要だと言われています。ということは、単に多摩中央警察署で派遣するとかということではなくて、警視庁でそういうことがきちんと位置づけられないと実現しない話であります。それこそ、今からこれについては警視庁を含めて市として早急に努力していく必要があるのではないか。多摩中央警察署に要望を出して、多摩中央警察署が警視庁に持っていくということだけでは今の状況をクリアすることは大変厳しいのだろう。だとすれば、多摩中央警察署にも持っていき、なおかつ稲城市自身も警視庁に申し入れをするなり何なりしないと、実際に高架下が実現したときにそれを設置されるということはかなり厳しいことだと思いますので、その辺の姿勢だけただしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 交番の設置についての窓口は総務部になっておりますので、私のほうから答弁させていただきます。交番の設置につきましてはこれまでも要請を行っているところでございますが、これは警視庁の言い分としてお聞きいただきたいのですけれども、現在、警視庁管内に100近くの交番の設置なり移設の要請がありまして、それに可能なのは年に1カ所か2カ所という非常に厳しい状況だということでございます。また、新設は、新設の場所の予定地から周辺にそれなりの住宅の増加がないと、なかなか難しいということです。また、警察の考え方としては、駅前というのは必ずしも交番にふさわしいところではないのだということも伺っていまして、非常に厳しい状況になっています。また、稲城市では、御案内のとおり、現在、交番が4カ所、駐在所が5カ所あるではないかと。そのうち、特に大丸交番は建てかえたばかりで、パトカーも配置しているではないかと。そのような状況から、我々が言ってもいい返事はなかなかもらえないのが現状でございます。しかしながら、市としましては、ただいま市のほうの答弁もさしあげましたとおり、高架事業というタイミングを逃さないこと、また駅周辺整備などによりまして今後も人口なり住宅が張りついてくるということと、また御質問いただきましたように、特に稲城長沼駅は中心地区の一角ということもございますので、このようなことを背景といたしまして、庁内の関係部と連携しながら、今後も引き続き要請してまいりたいと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひ強力に取り組んでいただきたいと思います。
 3番目、稲城市の不況対策に対するさらなる拡充について質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 世界同時不況が輸出の減少と企業の生産減少を通じて雇用環境の悪化につながり、消費が冷え込んでいることが新聞等で報道されております。稲城市の景気の状況につきましても同様であると認識しております。このような状況を踏まえまして、平成21年度予算に緊急経済対策を計上しております。中小零細企業対策といたしまして、12月補正予算で行った対策を新年度でも継続するとともに、さらに第二弾として、中小零細業者への小口資金等融資あっせん制度等の充実を図っております。消費拡大施策といたしまして、市内共通商品券事業では、定額給付金の給付時期と合わせたプレミア付稲城市生き活き商品券の発売を商工会へ要請しております。さらに、市民への生活資金融資あっせん制度の内容の充実を図っております。雇用促進につきまして、平成21年度予算で、東京都の緊急雇用創出区市町村補助金を活用した事業を予定しております。また、従来どおり、稲城市としましては、ハローワーク府中や東京しごとセンター多摩及びはつらつワーク稲城などの関係諸機関と連携して情報の共有を行いまして、地元企業へのマッチングなど、具体的な取り組みを図ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) この件については楠原議員からも質問が出て、稲城市の中でこれがどういう影響を与えているのかという話の中で、例えば社保から国保への切りかえとか、そういう数字を見ても余り顕著な動きはない、派遣切りなどについても余り伝わって来ないというお話だったのですが、私は、今全国で展開されている不況が、稲城市だけがそういう状況にないということは考えられないと思うのです。影響は少なくともある。事実、私のところにもいろいろな形で相談が来ているということについては、この前の一般質問でも言わせていただいたところでございます。もちろん、平成21年度予算の中にその対策を含めたということについては、予算特別委員会の中できちんとやらないと事前審査になってしまいますので、その中で本当にそれでふさわしいのかどうかというのはきちんとやらせていただきますが、総体的に稲城市の中でそういう影響は出てくるのだろう。全国的な雇用の問題、それから時短で収入が少なくなったという問題、さらには仕事がないという状況、消費が冷え込んで商店が本当に大変な状態、こういう状態は稲城市の中にもあるのだろうと思います。全国的に見ますと、それが、例えば生活保護になったり、今まで共働きではなかったけれども共働きをしなければいけなくなったり、中にはこの状況の中で学費が払えないということで卒業証書を返還させるなどというところもあったようです。例えば、新学期へ向かっていろいろそろえようと思ったのだけれども、それがそろえられなくなったといったことなどを含めて、さまざまな状況が出ているのだろうと思うのですが、その辺の認識です。稲城市としてこれを実態としてつかむのは、部長が言われているように、非常に難しいと思うのですが、私はそのように考えたほうがベターだろうと考えるのです。その辺の認識について、まずお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 先ほどの答弁では、稲城市の景気の状況、それから市民の暮らしの状況につきましても同様であるという表現をさせていただいたのですけれども、雇用環境が悪化している。消費が冷え込んでいる。そういった中で商店の売上が落ちたといったお話も現実に私どもは聞いておりますので、そういった認識は持っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それで、先ほど言ったように、平成21年度予算に関連する具体的な細かいことは予算特別委員会でやらせてもらいますが、恐らくこれに関連して、いろいろな方々がいろいろな不安を抱えて市のほうに来ると思うのです。例えば、生活保護はどうするのか。医療費が払えないが、どうしたらいいのか。新学期の準備をしていたのだけれども、その予定のお金がなくなってしまった。さらには、生活資金を借りたい。いろいろなことが出てくると思うのです。そのときに、来た人それぞれに、現状では、この問題は福祉のところへ行ってください、生活資金は商工のほうへ行ってください、教育のことについては教育のほうに行ってくださいということになるのだろうと思うのです。あるいは社会福祉協議会に行ってくださいということになるのです。この事態であれば、定額給付金で特別担当を決めたのと同じように、不況の緊急対策ということで、このことについての総合窓口みたいな、要するに不況の問題については、そこへ行けば、そこを通していろいろなところにコーディネートするような窓口を稲城市として用意して、そういう状況をつかむ。そういうことがあったら何でも相談できるようなところを稲城市として用意したらどうかと思うのですが、その辺の考え方については市長はどう思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) まず、今回の不況がどのぐらいの深刻度合いでどのぐらいの期間続くのかということが一つポイントになるだろうと思います。私は、当初政府は3年ぐらいと言っておりましたけれども、そのような短い期間で回復できるとはとても思えない。特に、米国のオバマ新大統領が7,000億ドルほどの景気対策を打つということが決定したわけですけれども、一方ではポール・クルーマン博士などは、3兆ドル近くの景気対策を打たないともたないといったことを随分前から指摘されております。また、一方では米国も、財政赤字の問題があって、財政赤字を任期中に減らしていくといった非常に板挟み的な政策を打っているということからすると、我が国の政府の見通しは極めて甘いと言わざるを得ないだろうと思っております。そういうことからしても、政策的にこの不況の度合いを少しでも薄めることができるチャンスはあったのですけれども、それもかなりおくれつつあるとも言えるのだろうと思います。そういう意味では、かなり深刻なものになっていくだろうと思います。
 この不況の進み方というのは、特に本市などの場合は、1次産業、2次産業というよりも3次産業、サービス産業等に従事されている人が比率としては非常に多いわけです。ですから、特に自動車を中心として2次産業にかなり、今はもうその売上が下がって、そして雇用問題等がいきなり出つつある。さらにこれが今後大きく深刻化していくということは明らかだろうと思っております。これは全国市長会などからもアンケートが来ています。そういった窓口をつくるのかどうかということで、市によって、そういうところをつくると言っている自治体もありますし、つくらないというところもかなりの比率であります。本市の場合、いわば企業城下町のように、ある種の一つの課題だけで、それがメーンでできてくるということではないだろうと思います。ですから、非常に多様な問題として、時期的にはどちらかというと少しずれて、他の自治体から比べれば、特に2次産業などを中心とした自治体と比べると、少しおくれてくるのかと思っております。もちろんそれを見定めてということですけれども、基本的には総合窓口の問題と同じでして、総合窓口の必要度はわかるわけですけれども、その中で専門性が必ず問題になってくるということで、入り口を一つ設けることは可能かもしれませんけれども、実際の相談というのは現在ある組織の中で割り振りをしていくということで対応せざるを得ないかと思っています。洪水的に一つのポイントでどっと流れてくれば、一つの窓口ですべて対応するということも可能かと思いますけれども、本市の住民の職業動向等を見ていくとかなり多様化しているということからすると、今後の対応としては、一つの総合窓口としての受付があっても、そこからどうしても個別に割り振らざるを得ないということですので、総合的な窓口をつくるのかどうかということについては、今後の動向をよく見定めながら対応していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 私の提案しているのが必ずしもいいとは思っていませんので、ぜひ動向を見定めて、不況で本当に大変だという人たちの相談にどうやったら一番乗りやすいかといった状況も含めて、検討してみてください。
 4番目、より市民から信頼される市立病院の拡充に向けての取り組みについてお伺いするわけですが、長年病院の中核を担っていただいた川久保事務長が3月に退任されるということで、本当に御苦労さまでございました。医師の確保から、患者の確保、それから病院運営を含めて、大変な御努力があったのだと思います。心から御礼を申し上げます。
 そこで質問に移るわけですが、御案内のように、今日の厳しい医療環境ということについては、この前議会の中でも研修会をやったわけであります。私は、稲城市の大きな特徴は、緑につつまれた稲城であるということと同時に、こんな小さな市で市立病院を持っているということだと思います。それを守ってきたことを私たちは誇っていいのではないかと本当に思っておりますし、市民の人たちもそういう意味では大きな期待を寄せているということはもう間違いないところであります。
 ただ、ここへ来て、新百合ヶ丘に大きな病院が2つ開設されるということがはっきりしてきました。そういう意味からすると、今でさえベッドの稼働率とか、いろいろなことを含めて大変な状況の中で、ますます厳しくなるのではないかと思っております。そういう状況の中で、これからもその期待に沿ってやっていくために、私もここで病院にとっては本当に嫌なことも取り上げて指摘させていただいた、そういうことも含めて一生懸命改革されてきたということは私も承知しているのですが、その辺の取り組みの状況と、今後さらなる拡充に向けて、事務長として最後にこのことは言っておきたいということがあれば、熱い思いを聞かせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) それでは、最後の一般質問の答弁をさせていただきます。平成16年度から始まりました初期臨床研修医制度による医師不足と、平成18年度の診療報酬の大幅なマイナス改定により、当院の損益は赤字に転落しております。このような状況の中で、拡大経営会議を設置し、さまざまな収益増大策、費用削減策等を検討・実施し、それにより稲城市立病院改革プランを策定したところであります。市民によりよい医療を提供するには、医師の確保と、安定した病院運営がなされることであります。その一環として、医師の確保に努力を重ねてまいりました。平成20年度には関連医局・派遣会社・直接雇用などで欠員の補充・増員に努めてきましたが、平成21年度には消化器内科医師2名、腎内科医師1名、外科専修医1名の増員、リハビリテーション科医師の欠員補充など、ようやく医師確保にめどが立ち、経営改善が図られるものと考えられます。これからは、平成23年度末に竣工予定の(仮称)健康プラザ計画により、診療・健診・増進の一体化した、病気を診るだけでなく、病気にさせない新しいタイプの病院を目指し、あわせて経営の安定化を図っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、11番、荒井健君の一般質問は終わりました。
 以上で、一般質問を終わります。
 暫時休憩いたします。
                               午後2時2分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午後2時15分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、日程第2、第13号議案 平成20年度東京都稲城市一般会計補正予算(第4号)から日程第9、第30号議案 平成20年度稲城市公共下水道事業の一部に関する業務委託契約の変更についてまでの8件を一括議題といたします。
 本案については補正予算特別委員会に付託してありますので、委員長から報告を求めます。補正予算特別委員長。
     〔補正予算特別委員長 佐脇ひろし君 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 補正予算特別委員長(佐脇ひろし君) それでは、本委員会に付託されました第13号議案から第30号議案までの8件につきまして、3月3日に委員会を開催し、審査を行っておりますので、その審査経過と結果を報告いたします。
 第13号議案 平成20年度東京都稲城市一般会計補正予算(第4号)につきまして、まず質疑の概要を申し上げます。
 問い、子育て応援特別手当給付事業と定額給付金給付事業のスケジュール・手順・発送予定件数などの事務処理の詳細と、臨時職員の採用人数、採用に当たっては本市民を優先するのか、またDV被害者の対応について伺いたい。答え、子育て応援特別手当給付金・定額給付金給付事業は一体的に事務を行い、4月中に定額給付金3万5,000世帯と子育て応援特別手当給付金1,400世帯に申請書を郵送し、5月下旬ごろまでに内容確認及び必要事項を記入し返送していただき、到着後、内容を確認し交付決定をして、各家庭へ送付し、その後、給付金を振り込む。申請開始から6カ月行うことになっているので、およそ8カ月かかるものと考えている。臨時職員の採用については、最大時15人ぐらいの採用を予定し、市内の人を優先するよう考えている。また、DV被害者の対応については、さまざまなケースがあるので、国または他の自治体の情報を収集し、動向を見きわめて、情報漏えいなどないよう、丁寧に対応していきたいと考えている。
 問い、子育て応援特別手当給付事業と定額給付金給付事業の国庫補助金歳入額と歳出額に差があり、歳出額が大きいが、10分の10ということなので、後日もらえるのか、それとも対象外経費が計上されているのか。この歳入額で最終の決定額と思ってよいのか。また、両方に会場使用料・警備委託・業務受付委託が計上されているが、どういった使い道で計上されているのか。周知方法はどのようにやるのか。答え、歳入と歳出との差異は、国が大枠で出してきた予算ということと、今回初めてやる事務で想定がつきにくいことで、遺漏があったら大変なこととなるので歳出を1件ずつ積み上げて積算した結果、歳出額が大きくなった。実際にかかった金額については、国に要求していく。また、業務については、商工会の大会議室を会場として借りて、8カ月間2つの事務をすべて行っていくが、便宜上予算は分けている。周知方法については、電話番号・場所等も含めて広報・ホームページ等で知らせていく。
 問い、定額給付金の中の通信運搬費2,284万8,000円の内訳と、1世帯当たりの費用がかなり高額となっているが、その理由を伺いたい。答え、基本的には郵送費だけで、普通郵便と簡易書留と両方積算しており、内訳は、申請通知、単価100円プラス簡易書留300円掛ける3万5,000世帯掛ける安全率1.3が1,820万円、受取人払い、単価95円掛ける3万5,000世帯が332万5,000円、振込通知、65円掛ける3万5,000世帯が227万5,000円、合計2,380万円に案分率0.96を掛けているので、2,284万8,000円となっている。
 問い、定額給付金は、現在まだ国のレベルでは法律が通っていない中、約1,500万円が持ち出しになる可能性があるのに、なぜこの時点で補正するのか。口座振替ができない場合、現金給付のときはどのような形でやるのか。保険証などがなく本人確認ができない場合はどうするのか。2月1日以降に稲城市民になった方の対応はどうするのか。答え、国は平成20年度の予算でやっていて、財源関係の法律は通っていないが、予算は通っていることと、市民にできるだけ早く給付して、生活の向上、地域経済の向上に役立てていきたいと計上した。現金給付の方法については、まず2月1日に住民登録されているか確認し、住基カード・保険証など本人の身分証明できるものを確認し、警備員をつけて遺漏のないよう支給する。2月1日現在で稲城市に住民登録があることが大前提になるので、確認できれば支給できると考える。2月1日以降の市民への支給は、難しいと考える。それ以外の場合については、検討していく。
 問い、地域活性化生活対策臨時交付金の使い道が庁舎エレベーター・消防車となった経緯を伺う。地域経済の活性化という意味合いの中で、どのように検討したのか。もう一つ先を見据えた中期的なものもとらえて整理しておくという部分があってもよかったのではないか。答え、国の補正予算成立後、実施計画書を1週間で出すという大変厳しい状況の中、関係課で検討した結果、経済対策については、他の交付金が来る可能性があることと、今回の交付金は効果的に使えるということで2点を選んだ。今回は、防災を中心とした形で対応させていただいた。特定財源を5,000万円投入することによって一般財源の有効活用が図られるという意味からは、市の全体の経済対策に向けた形でやっていけるので、これを有効に活用させていただいている。
 問い、定額給付金の法律が通らないと、この補正予算はなくなるのか。10分の10、国が責任を持つという話なので、事務費も含めて歳入予算に計上して歳出するというのが筋ではないか。この事業については稲城市としてどのような認識なのか。答え、専決処分または追加議案などの方法があるが、法律が通ることを前提に予算計上している。8カ月間の予算を積み上げていった中で差異が出てしまったが、持ち出しが出ないよう効果的な予算の執行を図る。市民に早く給付して、地域経済の活性化につなげられることが大きなことだという前提で理解している。
 問い、職を失った派遣あるいは非正規労働者の実態はどこまで把握しているのか。定額給付金はきちんと支払われるのか。市内での消費を促進するためのイベントに対する補助金は考えているか。答え、電話等で照会し、できる範囲で把握に努めたが、市内大手企業の中では派遣切り等の実態はない。ただ、市外の企業に勤めている方については、実態はつかめていない。2月1日までに稲城市に住民登録が済んでいれば、職を失った方にも給付する。イベントについての補助金は出していない。
 問い、生活保護受給者数がふえているが、最近の状況はどのようになっているか。相談の内容はどのようなものか。相談体制の強化は考えているか。答え、相談と申請件数等はふえている。相談件数は4割増、申請件数は倍になっている。世帯主の傷病、収入関係の減等が相談の主な内容である。相談体制の強化は、今後も人事課と協議・調整していく。
 問い、南武線連続立体交差事業費の増額理由と進捗状況について伺う。答え、前倒しで進めている工事に対する増額で、平成21年度の中ごろに仮下り線の切りかえを完了させて、高架橋本体の工事に入っていく予定となっている。
 問い、定額給付金と子育て応援特別手当の申請書が本人に届いたかどうかの確認の仕方と、期限までに申請がなかった方の対応はどうするのか。答え、申請書が戻ってきたかの確認を行い、戻ってこなかった方については追いかけ調査を行う予定で、8カ月の中で終わらせるよう考えている。特別な理由があって期限までに申請のできなかった方については、東京都・国と調整しながら進めていく。
 問い、今回予算計上されている消防ポンプ車の購入台数と値段の確認と、当初予算額より高くなっている理由は。答え、消防ポンプ車2台分の予算で3,477万3,000円を計上している。消防団の要望により仕様を変えたことと、見積もり額が100万円上がったことで高くなっている。
 問い、後期高齢者医療特別会計繰出金の内容は。答え、東京都広域連合から委託された後期高齢者の一般的な健診事業の不足分に充てる経費である。
 問い、定額給付金の給付と地域商品券の発行を同時期にすれば、相乗効果が出て、地域経済の活性化につながると思うが、そのような考えはあるか。答え、今、定額給付金と合わせた形で生き活き商品券を商工会で発売する準備を行っている。市からは、商工会へ給付時期に合わせ発売できるよう要請している。
 問い、大丸地区周辺整備費の減額の理由と、会館の使用について伺う。答え、当初は用地を取得するということで予算計上したが、地主の承諾が難しくなったことで減額計上し、借地で対応する。会館の使用については、財産的には自治会の建物となるので、その中で使用勝手は決まってくるが、代表の方との話し合いの中では、いろいろな方に使っていただいても結構だという話は聞いている。
 問い、国民健康保険事業特別会計繰出金の確認だが、以前は市民1人当たり1万円ぐらいの繰出金が限度のような了解があったが、今回はやむなしと思うが、今後も状況により認めていく考えか。答え、赤字補てんなので、これが無制限に伸びると、運営としては健全でないと言えるので、市の認識としては一般会計からの繰出金を無制限に入れるものではないと考えている。
 問い、南武線連続立体交差事業債は今回の補正額を入れてどのくらいの金額になっているか。事業終了年度はいつになるのか。答え、地方債の合計は29億6,900万円。平成22年度終了を予定している。
 以上で質疑を終結し、討論は、賛成討論が1件ありましたので、申し上げます。
 賛成討論。今回の補正の大きな点であった定額給付金に対してだが、国の第2次補正予算が成立した以上は、市町村はあらかじめ準備作業に入ることはやむを得ないことであると理解する。そして、何よりも他の市の市民におくれることなく稲城市民が定額給付金を受け取れるということにしなければならないということが市議会議員の役割と思い、この補正予算に賛成する。
 以上で討論を終結し、採決の結果、第13号議案は挙手全員により原案のとおり可決されました。
 次に、第14号議案 平成20年度東京都稲城市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、まず質疑の概要を申し上げます。
 問い、繰入金の確認だが、今回の補正で10億円ぐらいの金額になってくる。どの程度の見通しを今後は立てられるのか、それとももとと同じ考えなのか。答え、市民1人当たりの負担額が1万円と言われてきているが、今回の補正で1人当たり1万600円程度になるので、限界というか、妥当なところと思われる。今後これがふえていくようであれば、ほかの財源を考えていく。
 問い、今回の補正は、制度改正などがあってのものだが、来年度以降の見通しはどんな状況か。答え、平成21年度の当初予算との比較で見ていくと、この状況が平成21年度も同じように続いていくということになる。
 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、第14号議案は挙手全員により原案のとおり可決されました。
 次に、第15号議案 平成20年度東京都稲城市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、質疑・討論がなく、採決の結果、挙手全員により原案のとおり可決されました。
 次に、第16号議案 平成20年度東京都稲城市下水道事業特別会計補正予算(第1号)及び第30号議案 平成20年度稲城市公共下水道事業の一部に関する業務委託契約の変更につきましては、一括議題として審査いたしました。まず質疑の概要を申し上げます。
 問い、今年度中に事業ができないとのことだが、おくれた理由と、今回事業がおくれたことにより今後の事業もおくれていくのか。答え、狭隘道路の境界確定の作業が入ったことと、水道管の移設が必要になったことが主な理由で、今後の事業はおくれないよう努力している。
 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、第16号議案及び第30号議案は挙手全員により原案のとおり可決されました。
 次に、第17号議案 平成20年度東京都稲城市介護保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、まず質疑の概要を申し上げます。
 問い、介護従事者の人材確保のための処遇改善ということだが、その内容と、市としては事業者にどういう指導をしていくのか。答え、1点目が、実質的な給料の引き上げ、2点目が、医療との連携や認知症のケアの充実という加算の対応で、介護従事者が関与すると介護報酬が引き上げられること、3点目が、効率的なサービスの適用や新たなサービスの検証ということが、今回の処遇改善に基づく介護報酬の引き上げというものである。介護従事者がより技術力を向上させることによってより高い報酬が事業者と得られるような支援を具体的にやっていきたい。
 問い、今回提案の基金で対応できるのか、本当に大丈夫なのか、確認したい。市の持っている積立金、国の交付金で現時点では十分な対応は可能と判断している。
 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、第17号議案は挙手全員により原案のとおり可決されました。
 次に、第18号議案 平成20年度東京都稲城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきましては、質疑・討論がなく、採決の結果、挙手全員により原案のとおり可決されました。
 次に、第19号議案 平成20年度東京都稲城市病院事業会計補正予算(第3号)につきまして、まず質疑の概要を申し上げます。
 問い、補正の目的に、医師不足等の理由により医業収益が予算額を下回るとあるが、詳しく説明願いたい。対策はどのように考えているのか。内訳のリハビリテーションの予算額が大きくふえている理由は何か。答え、入院収益は、内科の医師不足、外来収益は、小児科の科部長クラスのドクターが退職し、近隣にオープンしたことなどが主な理由である。ここで内科医3名、リハビリテーション科医師1名が内定している。外来についても、今後は医師をきちんと確保してやっていきたい。院長・副院長が兼務で行っている関係で収入が別となり、負担金がふえた。
 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、第19号議案は挙手全員により原案のとおり可決されました。
 以上で補正予算特別委員会の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、委員長報告は終わりました。
 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。──質疑がありませんので、以上で質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結いたします。
 これより第13号議案 平成20年度東京都稲城市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第13号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第14号議案 平成20年度東京都稲城市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第14号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第15号議案 平成20年度東京都稲城市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第15号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第16号議案 平成20年度東京都稲城市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第16号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第17号議案 平成20年度東京都稲城市介護保険特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第17号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第18号議案 平成20年度東京都稲城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第18号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第19号議案 平成20年度東京都稲城市病院事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第19号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 これより第30号議案 平成20年度稲城市公共下水道事業の一部に関する業務委託契約の変更についてを採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 起立全員であります。よって第30号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) お諮りいたします。委員会審査等のため、3月12日から3月29日までの18日間休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 御異議なしと認めます。よって3月12日から3月29日までの18日間休会とすることに決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後2時39分 散会