議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成21年第1回定例会(第5号) 本文




2009.03.09 : 平成21年第1回定例会(第5号) 本文


                               午前9時30分 開議
◯ 議長(原田えつお君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 日程第1、一般質問を行います。
 通告の6番、大久保もりひさ君の一般質問を許します。16番、大久保もりひさ君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 今回の質問は、地域にお住まいの方々からいただきました、困った、心配だとの声にこたえるべく、関係者への聞き取りや現地の調査を行い、その原因や課題の整理を行った後、先進市の視察や問い合わせをもとに考えた改善案を申し上げるものであります。よろしくお願いいたします。
 項目番号1、安全・安心の人づくり・まちづくりについてでございます。立正大学の小宮信夫教授が提唱されました地域安全マップづくりが市内の小学校で実施されています。地域安全マップづくりを経験すると、犯罪の被害に遭わないために最も必要なことは、危ない人ではなく、危ない場所に注意することであると学ぶことができます。私は、小学生が通学路において事件や事故に遭うのではないか、とても心配だという小学生の保護者の声を受けまして、5年前から地域の方々とともに、子供の安全対策ボランティアを始めました。その活動のつながりで、3年前から地域安全マップづくりにボランティアとしてかかわっています。その地域安全マップづくりのボランティアの集いで小宮先生の講演を伺い、犯罪機会論に基づいた防犯対策・防犯活動に強い関心を持ちました。その後、小宮先生が執筆や監修をされました書籍を読み、犯罪機会論をさらに理解した上で、小学校の教職員やPTA、地域の方々と連携して、子供の安全対策を推進してきました。昨年の11月26日には、東京都が開催した地域安全マップづくりボランティアの集いに参加し、小宮先生の「子どもを犯罪からどう守るか」というテーマの講演を伺いました。私は、小宮教授が訴えられているように、人に注目する犯罪原因論から、場所に注目する犯罪機会論への発想の転換が犯罪予防に不可欠であると考えます。犯罪機会論に基づいた発想に転換することにより、本市においてさまざまに取り組まれている防犯対策・防犯活動をさらに発展させることが可能になり、安全・安心の人づくり・まちづくりを推進することができると考えます。
 (1)、犯罪機会論に対する本市の認識について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 犯罪機会論につきましては、御質問のとおり、犯罪発生の要因を犯罪者ではなく場所に着目するというもので、犯罪の抑制には効果的な考え方であると考えております。本市におきましては、安全安心まちづくり推進協議会を中心に、約80の団体及び個人により日ごろから防犯活動を展開していただいております。この中で、過去に犯罪が発生した場所、発生の危険があると考えられる場所などを中心としてパトロールを行ってきており、一定の犯罪抑止効果は出てきているところでございます。今後につきましても、犯罪発生を科学的に分析した犯罪機会論と照らし合わせながら、より効果的な防犯活動を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 御答弁では、犯罪機会論は、犯罪の抑制に効果的な考え方であると認識しているということでございました。そして、現在、安全安心まちづくり推進協議会を中心に約80の団体・個人により防犯活動を行っており、今後は犯罪機会論に基づいてより効果的な防犯活動に努めるということでございますので、着実な前進を期待しております。
 (2)、犯罪機会論に基づきました地域安全マップづくりが小学校で行われておりますが、PTAや地域住民が参加するなどの拡充を図るべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 市内のすべての小学校では、地域における危険な場所などについて子供たちに意識化させ、危険を予測し回避する能力の向上を図るため、地域安全マップを作成しております。作成方法は児童のフィールドワークや児童とPTAの協力などさまざまですが、安全教室や集団下校時に活用したり、校内掲示や家庭への配布をしたりするなどして活用を進めております。安全マップづくりは、子供だけでなく、地域の方々が作成にかかわることを通して、地域から見えにくい危険な場所をより多くの人が意識することで、地域の人の目による危険回避が期待できることから、今後も保護者・地域の方の参加機会の拡充を図ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 保護者や地域の方々が参加される機会の拡充を図るということですので、その効果を期待いたしております。
 (3)、自主防犯活動メンバーを小中学校の児童・生徒に紹介し、地域で自分たちを見守ってくれる人たちを認識させるべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 稲城市教育委員会では、本年度、国及び東京都の地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業の委託を受け、セーフティー指導員が常駐する若葉台小学校を除く小学校10校に6名の警察官OBによるスクールガードリーダーを配置しております。スクールガードリーダーは、安全な登下校指導や校内及び学区内の安全点検などの活動をしており、子供たちや保護者にその存在と活動を知っていただくために、全校朝会や集会、学校だよりなどを通して担当のスクールガードリーダーの紹介をしております。学校安全につきましては、このほかにも「子ども110番」を受けてくださっている方々や多くの保護者・地域の方々に安全パトロールなどの御協力をいただいておりますので、今後もその方々を子供たちに紹介して認識できるようにするとともに、効果的・継続的な安全対策の一層の充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) なぜこの質問をしたかと申しますと、少し前になるのですけれども、ある農業者の方が農作業を終えて近くの農業用水で草刈りがまを洗っておられたのです。ちょうど下校時だったようですけれども、その姿を見た子供がその農業者を不審者と勝手に判断してしまいまして、それが不審者情報として流れて、私も当然メールで受け取ったわけなのです。本市の農業者の方々は、農業を行いながら子供の見守りをしてくださっています。防犯パトロールもやってくださっていますし、ふだんから防犯の帽子とか、そういうものを身につけて、見守りに対して非常に協力してくださっている方が多いのですけれども、そういう農業者の方が不審者と間違えられるようなことがあってはいけないので、地域の農業者の方をぜひ学校の朝会等でも御紹介いただきたいということで一般質問で取り上げさせてもらいました。先ほどの総務部長のお話でも、約80の防犯団体と個人の方がいらっしゃるということでしたので、ぜひ教育委員会としては、総務部とか関係部署と連携していただいて、その農業者の方も含めて、防犯活動をされているすべての方々を対象として、本当に漏らすことなくそういう朝会等で子供たちに紹介していくのだという思いで取り組んでいただきたいのですけれども、御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 子供たちの安全を見守ってくださっている地域の皆様方には大変感謝しているところでございます。学校安全につきましては、小学校の安全ボランティアの方々や「子ども110番」に御協力いただいている皆様の中には、80の団体に入っている方々や農業者の方々もかなりおいでになるのではないかと考えられます。その方々に対してはセーフティー教室等に御参加いただいたり、農業体験でお世話になる機会などに子供たちに紹介をさせていただいておりますが、そのほかの方々につきましても、子供たちへの紹介についての御了解をいただきながら、機会を持てるよう、各学校と検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) ぜひ、積極的に検討していただきまして、もう二度とそういう間違った情報が流れて失礼になるようなことがないようにお願いしたいと思います。
 (4)、自治会・防犯団体などによる自主防犯活動に感謝します。さらに犯罪予防の効果を上げるために、犯罪機会論に基づき、危険な場所に焦点を当てた防犯活動へと誘導するべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 現在、自治会や防犯協会及びさまざまな団体が機会あるごとに防犯活動を行っており、その結果、本年の犯罪抑制目標を大幅に達成し、警視庁管内でも犯罪減少率は上位となっております。危険な場所に焦点を当てた防犯活動の誘導という点につきましては、安全安心まちづくり推進協議会においても犯罪発生箇所の図示といった提案もいただいておりますので、犯罪発生の可能性が高い場所をプロットし、なぜ犯罪が発生したのか、どうすれば防ぐことができるかなどの視点を踏まえた防犯活動の展開につきましても協議してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 小宮先生は昨年11月の講演において、地域住民や防犯団体による積極的な防犯パトロールが行われていたにもかかわらず犯罪が起こってしまった地域の話を例として挙げられました。その地域では、防犯パトロールの立ち寄る場所の中に、入りやすい場所、また見えにくい場所という視点からとらえた、犯罪が起こりやすい場所がかなり漏れていたそうです。そして、犯罪が起きた場所も、防犯パトロールの方々が立ち寄っていなかった場所だったということでした。小宮先生は執筆された書籍の中で、「子供の安全や地域防犯にとってまず必要なことは、犯罪者が好む場所、言いかえれば犯罪が起こりやすい場所を見きわめるための基準として、「入りやすい」「見えにくい」というキーワードを意識することです。この2つのキーワードこそ、場所で防ぐ犯罪機会論の中核的概念なのです」と、防犯にかかわる人たちにとって重要な指摘をされています。御答弁では、犯罪が起こりやすい場所をプロットし、その原因や対策を検討し、さらなる防犯活動の拡充につなげるべく、安全安心まちづくり推進協議会で協議するということですので、「入りやすい」「見えにくい」というキーワードを意識した防犯活動につなげることを大いに期待しております。
 (5)、公共施設や公園などの改修においては、犯罪機会論に基づいた犯罪が起こりにくい設計とするべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 多くの人が集まる公共施設や公園などにつきましては、設計指針に基づき整備を行っているところでございます。そうした中で、今後の改修に向けては、御提案にありますように、周辺から見えにくい場所など、犯罪が起こりやすい環境をなくすように努めてまいりたいと考えております。また、維持管理につきましても、ごみの不法投棄や施設の破損などを放置することがないように、適切な管理に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 小宮先生が以前に出版された本の中で危険な公園の例として取り上げた、周りから見えにくい公園にその書籍が出版されてから1年半近くたって再び訪れてみると、築山が取り除かれ、子供の遊び場がよく見えるようになっていたそうです。掲載されている写真を見ますと、築山と何本かの大木が取り除かれ、見通しがよくなっていることは明らかでした。私は平成19年第2回市議会定例会におきまして、吉方公園が築山と密集している大木により周りから見えにくい危険な公園になっていることを防犯環境設計の視点から指摘させていただきました。今後の改修においては、見えにくい場所など、犯罪が起こりやすい環境をなくすように努力するという御答弁でした。犯罪機会論と防犯環境設計の視点から分析していただいて、適切な改修がなされることを期待しております。
 また、維持管理につきましては、ごみの不法投棄や施設の破損などを放置しないようにするという御答弁でしたが、防犯団体や地域安全マップづくりの学校関係者などがパトロール中に発見した施設の破損、ごみや自転車などの不法投棄の情報が、教育委員会と総務部だけでなく、放置自転車の対応をされている都市建設部や、ごみの不法投棄の対応をされている生活環境部など、関係部署間で共有できるような仕組みをつくるべきであると考えます。安全安心まちづくり推進協議会で共有できるということでしょうか。御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 安全安心まちづくり推進協議会につきましては、年に何回か行われております。これだけですべてが共有できるとは思っておりません。そうした中で、今お話がありましたように、自転車の投棄から始まって、川沿いで不法投棄がある部分もございます。そうした一つ一つの事柄について、私ども都市建設部だけではなくて、生活環境部や総務部も含めて、一体的な組織の中で横断的に情報を共有化することが、こうした防犯の取り組みになってくるのだろうと考えております。そうした観点で今後ともそうしたものの確保に向けて努力してまいりたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) しっかり横断的な連携をしていただきまして、本市内でそういう犯罪が起きないように努めることが、理事者の皆様と私たち市議会議員の務めであると思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。
 (6)、犯罪機会論に基づいた犯罪予防の考え方や取り組みなどについて、広報・ホームページや災害メールなどにより住民を啓発するべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 犯罪機会論に基づいた犯罪予防の考え方や取り組みにつきましては、これまでの人に着目した防犯活動から、場所などの機会に着目した防犯活動を効果的に行うことで、実効性の高い防犯活動ができるものと考えております。本市におきましてはこれまでも、犯罪が発生しやすいと思われる場所や、過去に犯罪があった場所を中心に、自治会や防犯協会等の御協力をいただき、防犯パトロールを実施しており、一定の抑止効果を上げてきております。今後につきましても、犯罪機会論の考え方を御紹介するとともに、このような視点をPRし、より実効性の高い防犯活動を推進してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 今総務部長が御答弁をなされましたように、そういう本市のPRによりまして、入りやすい場所、見えにくい場所が犯罪の起こりやすい場所であるという発想が多くの市民に浸透し、そういう場所への監視を強める行為や活動が活発になることを期待しております。
 (7)、住民を犯罪から守るための人づくり・まちづくりに対する市長の決意を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 犯罪のない安全で安心できるまちづくりにつきましては、日ごろより多摩中央警察署と連絡・連携をとるとともに、自治会や防犯協会を中心とする各種団体の御協力により防犯活動を行っているところでございます。犯罪の抑制には、警察や行政の役割も大切でございますが、犯罪機会論にありますように、危険な場所をつくらないことが大切でございます。今後とも、このような視点を踏まえ、行政と地域が一体となった防犯活動に取り組んでまいりたいと考えております。また、犯罪の機会を与えない死角のないまちづくりや公園などの公共施設づくりにつきましても、犯罪発生のメカニズムを研究の上、可能なものは対応してまいりたいと考えております。なお、まちの構造上、市内の山林やふだん余り人の立ち入らない場所も現に存在しておりますので、このような場所には近づかないようにすることも犯罪抑止には大切でございますので、あわせて周知もしてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 自助・共助・公助、そしてハード面・ソフト面それぞれの視点からの市長の御決意を伺いました。今後も、市長のリーダーシップによりまして安全・安心の人づくり・まちづくりが大きく前進することを期待しております。
 大項目2、中学校情緒障害学級の新設について伺います。
 私は、本年1月23日、三島市立北中学校を訪問し、特別支援教育を視野に入れた学校経営を視察しました。北中学校は、平成15・16年度に静岡県特別支援教育推進体制モデル事業に取り組み、現在も学校全体で発達障害を含む障害のある生徒への支援を行っています。その中で私が注目しましたのは、北中学校に知的障害学級とともに設置している固定型の情緒障害学級における指導法の工夫と、すべての教職員がかかわり、すべての生徒を対象とする支援体制です。また、通級型の情緒障害学級では、通級時に行われた在籍校の授業のフォローが大きな課題ですが、固定型では通常授業も含めたカリキュラムを組むことができるので、個に応じたさらに適切な指導が可能となることもよくわかりました。
 本市では、中学校情緒障害学級の新設に向けて、通級指導学級と普通学級に在籍する発達障害児の把握や、設置する中学校の選定、東京都との協議など、準備が進んでいることと思います。情緒障害学級には通級型と固定型がありますが、本市における適性と新設に関する準備の進捗などについて、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育長(松尾澤幸恵君) 現在、中学校では、教科担任制による指導を行っているため、通級型の場合、通級時に在籍校で受けることができなかった授業内容の補償が課題であること、また固定型の場合は、校内での交流教育のあり方や、教科学習時間確保のためのカリキュラム編成等の課題が考えられます。したがいまして、中学校の情緒障害学級の開設につきましては、入級対象生徒数の今後の推移や、将来的な学級規模、設置校などについて、今後も東京都教育委員会と協議しながら、慎重に検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 私は、平成16年に発達障害児の保護者から発達障害児の支援に関する御相談を受けて以来、教育と福祉の両分野におきまして現場の調査を行い、先進市に視察や問い合わせを行い、本議会でさまざまな提案・要望を行ってきました。小学校通級指導学級のコミュニケーションの教室は平成19年度に、言葉の教室は平成20年度に設置されました。私が平成16年第3回と平成18年第2回の市議会定例会において市内すべての小学校への設置を提案し、平成19年度に実現した教育補助員も特別支援教育の一翼を担っておりますが、若葉台小学校以外は各小学校に1名の配置であることから、増員を求める声があり、平成19年第3回と平成20年第3回市議会定例会におきまして教育補助員の増員を提案しているところであります。また、平成19年第2回市議会定例会には、特別支援教育のさらなる拡充という視点から、公明党が推進している特別支援教育支援員の配置を求めましたが、特別支援指導補助員という名称で来年度に予算化されましたことを評価いたします。
 しかし、中学生の発達障害児の支援という点では、情緒障害学級の新設が不可欠であります。御答弁では、中学校情緒障害学級については、通級型と固定型のどちらにも課題が考えられるということでございました。私は、本市の発達障害児を対象とした小学校の特別支援学級が通級型で開設されましたので、中学校も通級型が適切であると思っておりましたが、先進市に問い合わせましたところ、御答弁と同じように、通級しているときに在籍校で受けることができなかった授業のサポートが大きな課題であることを知りました。現在開設されている本市の小学校通級指導学級におきましても同様に、通級しているときに在籍校で受けることができなかった授業のサポートが課題となっていることを保護者から伺っております。ただ、小学校と中学校を比較しますと、小学校は学級担任制であることから、学級担任と通級指導学級の教員が連携すればかなりカバーできるようですが、中学校は教科担任制であることから、在籍校の各教科担任と通級指導学級の教員との連携が大変困難であり、他の自治体におきましても大きな課題になっているようでした。そこで、固定型の情緒障害学級を設置されている三島市立北中学校を視察しましたところ、全校で特別支援教育に取り組み、学年や教科書にとらわれずに、個に応じた指導の視点で小グループ別にカリキュラムを組めば、情緒障害学級として効果が出せることがよくわかりました。本市の教育委員会は東京都教育委員会と協議しておられるようですので、通級型か固定型か、いずれにしましても本市の発達障害児に適した情緒障害学級を開設していただきたいと思います。
 御答弁では、今後の入級対象生徒数の推移と、将来的な学級規模と設置校について協議されているということでした。入級対象生徒数の正確な把握が中学校情緒障害学級の新設にとって大変重要であります。2月14日の公明新聞に、フリージャーナリスト海津敦子さんによる特別支援教育に関する論評が掲載されました。ある自治体の教育委員会を余りよろしくない例に挙げられて、中学校の特別支援学級の新設を検討するときは、入級対象生徒数の中に現在小学校で通常学級を選択している発達障害のある子供を含めることを忘れてはいけないということを指摘されております。私も全く同感であります。
 ところで、私が平成20年第4回市議会定例会におきましてその必要性を指摘しました就学相談の開始時期の繰り上げと回数増が来年度の予算に計上されましたことを評価するものであります。入級対象生徒数を把握するためには、来年度拡充される予定の就学相談が重要な役割を担うと考えます。御答弁いただきました入級対象生徒数をどのような方法・仕組みで正確に把握するお考えなのか、就学相談の役割も含めて御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育長(松尾澤幸恵君) 入級者の把握につきましては、各小学校では、特別支援コーディネーターを担当する教員を中心に、保育園・幼稚園からの情報を把握し、校内委員会におきまして小学校での支援の方策を検討しつつ保護者との連携をとっており、またあわせ通級学級・固定学級等への入級の適性についても相談に乗っているところでございます。そのような中で、来年度から新たに実施いたします特別支援教育の保護者向け説明会で、さらに特別支援学級等とともにシステムなどへの理解を深めていただくようにしてまいるところでございます。これらの過程を経て教育委員会が実施する就学相談委員会では、保護者から申し込みがあった児童・生徒の入級について、専門家や特別支援学級設置校の校長等で検討し、入級判定を行います。この判定の結果と保護者の同意により最終決定となり、年度途中の入級や新年度の入級について正確な把握ができることになります。したがいまして、来年度は就学相談委員会の実施回数を年間10回程度にふやして行うことから、対象となる児童・生徒についての相談時間を確保し、よりきめ細かな判定をすることが可能になるとともに、正確な数の把握ができると考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 就学相談を年間10回にしていただいて、しっかり時間をとってきちんと把握されるということで、本年度よりも早く開始されますので、そういう意味では早くきちんと判定していただく。正確な判定がすごく大事だということは先ほどのフリージャーナリストの方もおっしゃっていまして、ある自治体の教育委員会では特別支援教育をよくわかっていない校長がたまたまそれを担当されていて、非常におかしなことになっているということを例に挙げられていたのです。本市におきましては、教育長も参事も、教員を経験されて、校長も経験されている方ですし、教育委員の方々も皆さん現場経験のある方ですから、いつも人的配置を見させてもらいますと、適切な配置をされていますので、そのあたりは例に挙げられていた自治体とは全く違うということで安心はしております。ぜひ、今回拡充されます就学相談が効果を発揮しまして、本市にとって通級型がいいか、固定型がいいかは、私自身としても、提案するときにはいつもこういうものがいいのではないですかとはっきり申し上げるのですけれども、両方にメリットとデメリットがはっきりあるものですから、私もわかりませんし、毎回、慎重な検討と答弁されていますから、大分迷っていらっしゃるという感じがするのですが、とにかく本市の発達障害児の状況をしっかり把握していただいて、発達障害のある生徒に非常に適した形の設置をぜひお願いしたいと思います。期待しております。
 3、発達障害の早期発見のための5歳児健診について伺います。私は、平成19年第4回市議会定例会におきまして、5歳児健診の必要性を述べましたが、5歳児健診の拡大は困難であり、国の動向を見守るとの本市の答弁でした。本来ならば国が実施すべきなのかもしれませんが、動きが全くございませんので、東京都のすべての区市町村において実施してもらうしかないと考え、都議会公明党と連携して市議会公明党として石原都知事に、東京都全域で5歳児健診の実施を求める要望書を提出いたしました。その後、東京都におきましては、平成20年第3回都議会定例会の一般質問で公明党の中山信行議員が、5歳児健診など、就学前に発達障害の早期発見を可能とする取り組みを急ぐ必要があり、幼稚園や保育園に出向いて行うアウトリーチ健診など、東京都に適した方法を開発し、普及させるべきであると提案しました。都は、5歳児健診等を効果的に実施するためには、公明党の提案のとおり、保育所等に赴くアウトリーチ健診が最適であり、実施主体となる区市町村への財源補てんを含め、力強く推進すると答弁しました。
 (1)、保育園に出向いて行うアウトリーチ健診を5歳児対象に実施する効果と課題について、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、発達障害者支援法に基づき、母子保健法に規定する1歳6カ月児健康診査及び3歳児健康診査において、発達障害の早期発見に留意しているところです。近年、軽度発達障害児に焦点を当てる具体案として、3歳児健康診査以降小学校に入学するまでの間の5歳児健康診査あるいは発達相談を行うのがよいという意見も出てきております。保育園でアウトリーチ健診を行う利点としましては、子供たちの集団行動の場面を観察できること、保育園の先生方と直接相談できること、子供の様子を他の子供と比較しながら観察できることなどが挙げられております。しかしながら、5歳児健康診査を行うに当たっては、精神運動面・情緒発達面における5歳児の正常発達を十分理解するとともに、発達障害に関する知識があり、保育園の現状を知っている小児神経科医師・保健師・臨床心理士などのスタッフが必要となりますので、現状ではこれらスタッフの確保が困難であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 有効性は認識しているけれども、5歳児健診に必要なスタッフの確保が困難であるという御答弁でございました。
 続きまして、(2)、幼稚園に出向いて行うアウトリーチ健診を5歳児対象に実施する効果と課題について、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 幼稚園に出向いて行うアウトリーチ健診につきましても、保育園で行うアウトリーチ健診と同様に、利点もありますが、先ほどお答えしましたとおり、医師などの派遣スタッフの確保が難しいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 幼稚園についても保育園と同じであるという御答弁でございました。
 続きまして、(3)、稲城市発達障害者(児)支援等連絡会において、5歳児健診の拡大について協議・検討するべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市発達障害者(児)支援等連絡会は、発達障害の早期発見や発達障害児に対する適切な発達支援などを推進するために設置した連絡会で、さまざまな意見交換や協議などを行っているところでございます。したがいまして、5歳児健診の拡大につきましても、この連絡会で3歳児健診や療育相談の経験談などを参考にしながら意見交換も行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 私が発達障害児の保護者の方から要望を受けまして、平成18年第2回市議会定例会の一般質問で、発達障害の早期発見から教育、自立、社会参加、就労に至るまで発達障害者(児)に対する個別の一貫した支援を行うために、関係部署や関係機関・団体が参画する協議会の設置を訴えましたところ、速やかに稲城市発達障害者(児)支援等連絡会が設置されまして、定期的に意見交換や協議が行われていることを評価するものであります。御答弁では5歳児健診の拡大について連絡会で意見交換をしていただけるということですが、その連絡会を開催する前に発達障害児の保護者の意見を聞いていただきたいと考えますし、協議の結果、5歳児健診の拡大が困難であるとやむを得ず判断されたときは、横浜市のように、3歳児健診で発達障害のおそれがある児童を多目にピックアップし、保健師らが保護者の相談に応じた上で、子供の経過観察を行いながら対象を絞り込み、個別支援の必要な子供には手厚く支援する仕組みを検討することなど、発達障害の早期発見の拡充につながるような協議を希望します。御見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市発達障害者(児)支援等連絡会におきまして5歳児健診の拡大について協議・意見交換を行う際には、保護者の意見を踏まえた協議ができますように、事前に保護者の意見の把握に努めてまいりたいと考えております。また、連絡会の結果や人材確保面などから5歳児健診の実施が困難な場合でありましても、市では現在も1歳6カ月児健診や3歳児健診におきまして、言葉の発達のおくれなど、発達障害の疑いがある場合には、専門医による発達障害児健診を実施し、専門医療機関による精密健康診査も受けるよう紹介しておりますので、今お話のありましたような発達障害の可能性のある子供を多目にピックアップして経過観察をしていくということなどにつきましても、さらなるきめ細かな対応となると考えますので、そのようなことにも取り組んでまいりたいと考えております。そして、連絡会におきましても、3歳児以降の発見も含めまして、早期発見の仕組みにつきましても引き続き協議してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) さまざまな角度で検討してくださるということでございますので、今後のさらなる効果のある協議を期待しております。
 (4)、3歳児健診と同様に5歳児健診を拡大実施する際の健診内容、必要な人的資源、費用などの見込みと課題について、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 3歳児健康診査と同様に5歳児健康診査を行った場合の健診内容は、医師及び歯科医師による診察、看護師による身体計測、保健師による予診、歯科衛生士による歯科保健指導、保健師・栄養士・歯科衛生士による個別相談、臨床心理士による心理相談、視能訓練士による視力検査、検査技師による尿検査が考えられます。このため、3歳児健康診査と同様に5歳児健康診査を行った場合のスタッフは、医師及び歯科医師、看護師、保健師、歯科衛生士、栄養士、臨床心理士、視能訓練士、検査技師、事務職が必要となってまいります。費用につきましては、3歳児健康診査と同程度の額と見込んでいるところでございます。課題としましては、健診スタッフの確保などであると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 3歳児健診と同程度の費用が見込まれるということですが、第1質問で費用の見込みをお聞きしているわけですので、見込み金額を教えていただきたいと思います。
 私は、平成16年度から5歳児健診を実施している静岡県御前崎市に、その健診内容、スタッフの構成、費用などについて問い合わせを行いました。人口約3万6,000人、出生数が年間約330人の御前崎市が実施できているにもかかわらず、人口約8万2,000人、出生数が年間約800人の本市が実施できない理由は何かということを明確にしたいと考え、御前崎市の担当者から詳細に伺いました。御前崎市では、幼稚園や保育園の園単位に1回20人前後で、事前に各園の担任から園での様子を確認した後、本市の3歳児健診と大きく違わない内容の5歳児健診を実施されています。平成20年度の予算額は174万円です。平成19年度の御前崎市の5歳児健診では、352人の受診者に対しまして、発達障害の疑いがあると診断されたのは58人で16.5%でした。しかし、これらの児童の約半数は3歳児健診では何ら発達上の問題を指摘されなかったということでした。また、厚生労働省による平成18年度研究報告書によりますと、鳥取県では9.3%、栃木県では8.2%の児童が5歳児健診で発達障害の疑いがあると診断されたものの、こうした児童の半数以上は3歳児健診では何ら発達上の問題を指摘されなかったということであります。そして、厚生労働省の報告書の結論として、現行の健診体制では十分に対応できないとしています。十分に対応できないのであれば、国がやればいいではないかということになるかもしれませんけれども、まだすぐに実際に動くというところに来ていないものですから、何とか本市でできないかということで提案しているわけでございます。御前崎市・鳥取県・栃木県の健診結果から、5歳児健診は早急に実施しなければならないことは明白であります。御答弁では健診スタッフの確保が課題であるということでしたが、人的資源が豊富な東京都において、正直なところ、ちょっと信じられない気持ちがあります。課題はスタッフの確保よりも、本市の5歳児健診に対する取り組み姿勢と、財源の確保ではないでしょうか。5歳児健診の見込み金額とともに御答弁を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず費用でございますけれども、3歳児健診と同様の内容で実施した場合の費用は約550万円と見込んでおります。
 また、先ほどスタッフの確保が難しいと答えましたのは、医師にはお昼の休診時間にお願いしておりまして、既に他の健診も同様にお願いしている中で日程的に厳しいこと、また保健師や看護師あるいは臨床心理士などの専門職の方には他市の健診等もかけ持ちしている人が多いということで、現状でも確保が厳しい状況にあることから、お答えしたものでございます。
 次に、発達障害の発見のためには5歳児健診は有効であるという意見があることは、承知しております。一方で、5歳児健診は、就学を前に健診で問題が明らかになることを心配して慎重になる保護者がいる中で、発見された発達障害を御家族へどのように伝えるか、また就学までどのように指導するか、どのように教育機関へ橋渡しをしていくかなどが、5歳児健診を有意義なものにできるかどうかのかぎとも言われております。このような健診後のシステムの問題、それから先ほど来申し上げております医療スタッフの確保、医師会との調整など、まだまだ解決していかなければならない問題もありますので、現時点では今後の課題とさせていただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 5歳児健診の実施費用は年間約550万円程度になるということでございました。この金額は、本市の財政規模と5歳児健診の効果を考え合わせますと、果たして予算化することができないような高額なのでしょうか。ちょっと疑問が残るところであります。費用に関することはこの後の(5)でやります。
 その前に、医師の確保のところで、確かに医師の確保が一番中核になりますので、大変だとは思います。ただ、私も議員にならせていただきまして、特に福祉文教委員会でさまざまな面で医師会の方々と接することも多くなったのですが、本市の医師会は非常に協力的だと思いますので、私は、恐らくきちんと早目に御相談すれば、受けていただけるのではないかと思っております。また違った視点で考えますと、では御前崎市はどうされているかというと、浜松医大に依頼されているのです。本市で言うと、例えば提携している慶応大学に依頼するような形になるのですけれども、そういうこともあわせて考えられたらどうなのかと思います。いずれにしても、本市で全部負担してやるかどうかというところが決まらないと進まないことでありますから、次の東京都の関連の(5)にいきます。
 (5)、本市は東京都と5歳児健診に対する財源補てんやモデル実施などについて連携・協議するべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 東京都では、発達障害者について先駆的な支援の取り組みをモデル的に実践し、その分析・検証を行い、発達障害者に対する有効な支援手法の確立を図ることを目的として、現在、発達障害者支援開発モデル事業を実施しております。このモデル事業は5区市で実施しておりますが、平成21年度も平成20年度の実施区市で引き続き行うことが決定しているとのことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 東京都のモデル事業につきましては、私も情報はいただいておりまして、平成20年度にどこでやっていらっしゃるかも把握しているのですが、今の御答弁では、平成21年度もそこが引き続きおやりになるということでございました。ただ、財源の補てんについて、今の御答弁は恐らくモデル事業をやる場合には財源が補てんされるという意図でおっしゃったと思うのですが、モデル事業だけではなくて、とにかく取り組もうと。例えば、では検討しましょうといったときに、幾らかのお金がかかるわけです。そういうものも含めて東京都と連携するという意味で質問したものでございますので、冒頭にも申し上げましたけれども、東京都は5歳児健診等を効果的に実施するためには、公明党の提案のとおり、保育所等に赴くアウトリーチ健診が最適であり、実施主体となる区市町村への財源補てんを含め、力強く推進すると答弁されているわけですから、何とか再度そのあたりで東京都にアプローチしていただきたいと考えますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 財源補てんの問題でございますけれども、都の補助金としましては、医療保健施策区市町村包括補助の中で考えられるのではないかと思っております。この補助金につきましては、東京都としまして、区市町村から出された内容を審査して判断するという基本姿勢を持っているわけでございますけれども、一方で相談にも応じるということを聞いております。具体的な案が決定していない状況ではなかなか結論は得られないと思いますけれども、今後の参考にもなりますので、ぜひ相談してみたいと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) ぜひよろしくお願いいたします。発達障害児の保護者の方から相談を受けましてからこれまで、特に福祉部の方にはよく頑張っていただいて、部長を初め、課長、また職員の方も非常によく対応していただいております。それによって協議会もでき、またコラボいなぎとの連携の中で発達障害児の早期発見とか療育とか、さまざまな仕組みができてきたことは非常に感謝しております。ぜひまた次の一歩として5歳児健診を進めていただければと期待しております。
 次にいきます。最後に、項目番号4、旧よみうりランド通りの歩車共存道路整備について伺います。南多摩尾根幹線が開通し、榎戸交差点から南側に新よみうりランド通りが整備され、車両の流れが大きく変わりました。シーアイマンションから南側に伸び、新よみうりランド通りと合流するまでの旧よみうりランド通りとでも言うべき区間は、生活道路として安全な道になると地域住民は期待していましたが、逆に猛スピードで通り抜ける車両が多発しました。多摩中央警察署の警察官による取り締まりが繰り返し実施されておりますので、ある程度の抑止になっていると思いますが、いまだに危険な通り抜け車両を散見します。東京都から本市に移管される前に、側溝の整備とともに歩行エリアの拡幅やイメージハンプの設置など、地域住民が安心して通行できる歩車共存道路整備を行うべきであると考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 旧よみうりランド通りにつきましては、榎戸区画整理事業により新たな道路が整備されたにもかかわらず、榎戸交差点での信号待ちを回避するため、よみうりランド方面へ通り抜ける車両が見受けられます。このため、市でも多摩中央警察署に取り締まりの強化を要請してきているところでございます。この区間につきましては、新よみうりランド通りが整備されたことから、地域の生活道路として東京都から市に移管を受けることになりますが、この引き継ぎには時間を要することから、当面の対策として通過車両の抑制や安全対策等について交通管理者であります多摩中央警察署とも協議するとともに、御指摘の歩行者の安全性に配慮した道路整備に向けて、東京都と調整してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 御答弁では、東京都から本市に移管を受けることになるけれども、引き継ぎに時間がかかるということでありましたので、当面の対策についてのみ再質問いたします。本市では、これまで通過車両の抑制や歩行者の安全を守る交通安全対策を実施してこられました。ペアリーロードでは、交差点におけるカラー舗装や、太陽光により発電するソーラー道路びょうの設置、街路灯やポールの設置による車両通行エリアの狭窄整備が行われたことによりまして通過車両が激減し、スピードもダウンしました。昨年の12月には、私たち公明党が地域住民の声を受けて以前から要望しておりましたよみうりランド通りから本郷根方通りに入ったところ、つまり京王線の高架の北側道路のよみうりランド通り側のことでございますが、よみうりランド通りとの三差路から途中まで引いてありました本郷根方通りのセンターラインの削除が実現したことにより車両がスピードダウンしたと、沿道の住民から喜びの声が上がっております。御答弁では、通過車両の抑制や交通安全対策、歩行者が安心して通行できる道路整備を進めていただけるということですので、地域住民が安心して通行できるような整備をお願いしたいと思いますが、安価で効果的な赤いラバーポールの設置や、最近他の自治体において設置が進められている、車両通行エリアの舗装の色や形を工夫することにより擬似的な凹凸を感じるイメージハンプなど、できる限りの安全対策をお願いしたいと思います。御所見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) ただいまのお話にございましたペアリーロード、また本郷根方通りとは、交通量が圧倒的に違う状況がございます。そうした中で、このよみうりランド通りにつきましては、現在の通行状況を把握した中で、地域の皆様が安心して通行できますよう、御提案いただきました安全対策などを具体的に検討した上で、現在の道路管理者でございます東京都と具体的な協議を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 大久保君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 16番(大久保もりひさ君) 本市では、これまでもさまざまスピーディーに対応していただいておりますので、地域住民の声をしっかりとキャッチしていただいて、旧よみうりランド通りにおける歩行者の交通安全対策が前進することを期待して、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、16番、大久保もりひさ君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午前10時25分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前10時40分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の7番、門島すえこさんの一般質問を許します。17番、門島すえこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 4項目にわたって質問させていただきます。よろしくお願いいたします。
 まず最初に、1項目め、寄附によるまちづくり条例についてお伺いいたします。ふるさと納税の導入から1年近くが経過いたしました。この制度は、生まれ育ったふるさとなど、任意の自治体に5,000円を超える額を寄附いたしますと、住民税の1割まで控除の対象となるものです。寄附する人にとっては、税金と異なり、使い道を選べる場合もありますが、自治体間の奪い合いを招くとの指摘もあります。この寄附金の行方は、確定申告の集計が終わることし5月ごろには判明するとのことですが、あの手この手で寄附金集めに苦心しているのが現場の自治体であると思います。そのような中、日ごろ市民活動にはなかなか参加できない方たちにも寄附を通した市民参加を促そうと条例を制定し、我がまち、我が市をみんなで支えていこうという取り組みが広がっております。自治体によっては、あらかじめ寄附者自身が子育てや文化、環境保全・温暖化防止などに関する事業を選択し、使い道を指定することができます。
 そこで、(1)、市の考えと今後の取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 本市における寄附の取り扱いにつきましては、寄附者の御意向に沿った所管課が窓口となって、受け付けから受領までを行っております。こうした中で、金銭、物品または土地等の寄附を受けるに際しましては、その事務を適正に処理するため、寄附金等検討委員会を設置し、その内容について的確性や取り扱い等についての審議をすることとしております。また、指定寄附の一つであるふるさと納税につきましては、I(あい)のまち稲城応援寄附金を創設し、平成20年12月から申し込みを受け付けているところでございます。御質問の寄附によるまちづくり条例につきましては、これらの行為を明文化した条例でございますので、実質的な効果などを検証するとともに、今後につきましても寄附者の御意向に沿った対応を行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 昨年4月から寄附を通した市民の市政参加を促そうと寄附によるまちづくり条例を制定いたしました埼玉県の鶴ヶ島市に伺ってまいりました。こちらのほうは、寄附の際に使い道を、子供たちを応援するとか、緑の保全と温暖化防止とか、5分野に指定できまして、平成20年11月20日現在9件、約42万円が集まったというお話を伺ってまいりました。鶴ヶ島市は、都心池袋からの利便性もありまして、ベッドタウンとしてニュータウンも整備され、緑も多く、子育てもしやすいということで、稲城市に似ているという感じを持って伺ってまいりました。各自治体がそうなのですけれども、市としては、ふるさと納税が始まって、市外出身者の方がふるさとへ寄附してしまうと住民税が減る可能性があるということで、危機感を感じている。ふるさと納税は福井県が発信元らしいのですけれども、そういう危機感を感じて、鶴ヶ島市では、寄附条例をつくって、逆ふるさと納税という心意気で始めたそうです。ただいま御答弁いただきましたI(あい)のまち稲城応援寄附金をつくって、現在受け付けていらっしゃるということなのですけれども、今まで何件ぐらい問い合わせがあって、そしてその中にメニューは幾つぐらいあって、現在どうなっているか、その状況を教えていただきたいと思います。先日の答弁の中で、稲城で生まれ育った方が寄附してくださったということでしたが、その方以外にあったのかどうかということをお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) まず、I(あい)のまち稲城応援寄附金につきましては、未来のまちを支える元気な稲城っ子をはぐくむという目的で、教育・スポーツ・生涯学習などの各種事業に使わせていただくということでやっております。また、それ以外の使い道といたしまして、市にその使い道をお任せいただくという一任という方法もございまして、どちらかを選択していただくという形になっております。これまでの問い合わせにつきましては、この制度は昨年の12月以降でございますので、問い合わせ自体は2件ほどございました。実際に寄附としていただきましたのは、ただいま御質問いただきましたとおり、現在都内にお住まいの方から、子供のころ稲城に住んでいて大変お世話になったと、稲城っ子の未来という目的で100万円の御寄附をいただいたということでございます。また、このメニュー以外にいろいろな形で市に御寄附いただく場合もございます。それぞれの担当課におきまして申し出について対応させていただくという形になっております。今後につきましては、広報・ホームページ等でさらにPRさせていただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 今後こちらには大変期待したいと思いますので、頑張っていただきたいと思います。
 (2)に移ります。インターネットを活用した寄附金制度の導入について、市の考えと今後の取り組みをお伺いいたします。クレジットカード決済で自宅から簡単にできるシステムを導入している自治体もふえてきておりますので、お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) インターネットを活用した寄附金制度は、クレジットカード決済で納付できるシステムでございまして、この方法は、市においてあらかじめ寄附者の意向を反映するための事業等を数項目設けておき、寄附者が希望する事業等を指定して、インターネットを利用して納付することができるものでございます。この寄附制度につきましては、プロバイダーを経由して寄附金を納める方法であり、最近始まった手法でございますので、今後、既に実施している他市の状況等を踏まえ、またシステム上の課題等も含め、研究課題とさせていただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 先ほどお話しいたしました鶴ヶ島市では、寄附金を始めたのが昨年の4月からということで、12月からこの寄附金をインターネットでできるようにしましたということで、このクレジットカード決済は大手検索会社のヤフーのサイトでやっています。この自治体の寄附金制度をクレジットカード決済でやるというところも最近大分ふえてまいりまして、ヤフーを検索しますとすぐ出てきますけれども、24時間、全国どこからでも自分の寄附したい自治体にピンポイントで寄附できるということで、今大変注目されています。今の御答弁では、先進市を見て、研究課題ということなのですけれども、立ち上げるときに3万円ですか、その後は月1,500円ということで、ヤフーは全国どこでもというか、地球上どこでも見られますので、それは稲城市の宣伝にもなると思いますので、ぜひ研究課題として前向きにしていただくことを期待しております。よろしくお願いいたします。
 大きい2項目めに移ります。市指定の有料ごみ袋、ごみ・リサイクルカレンダーへの広告等掲載についてお伺いいたします。
 (1)、市指定有料ごみ袋の広告等掲載について、今後の対応と取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 指定有料ごみ袋への広告等掲載は、自治体の新たな財源の確保や行政情報の提供手段として取り組まれている自治体がございます。稲城市指定有料ごみ袋は、年間でおおむね400万枚が利用されておりますことからも、市民の目に触れる機会が多く、広告等掲載の手段の一つとして有効であると考えております。稲城市では、これまでごみ袋にごみの出し方や減量・リサイクルの呼びかけを掲載してきているところでございます。今後も、指定有料ごみ袋を活用した広告等の掲載につきましては、掲載に係る経費や袋の在庫、新規に作成するスケジュールなどを考慮しつつ、廃棄物減量等推進審議会の御意見を伺いながら取り組んでまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 新年度──平成21年度よりごみ袋に広告を載せる予定であります兵庫県三田市と、既に広告を載せているという八王子市に伺ってまいりました。2市とも、指定収集袋の広告募集要綱を作成して、自主財源の確保ということを目的として実施しております。八王子市では、可燃ごみ・不燃ごみ・おむつ専用袋の10枚入りの外袋に広告を載せている。袋1枚1枚ではなくて、10枚入っている外袋の表に広告を載せている。広告料は大きさによって変わるということなのですが、ちなみに40リットルの可燃ごみ・不燃ごみの袋は25万セットで6万2,500円、20リットルの袋は75万セットで18万7,500円、おむつ専用袋は6万セットで1万5,000円となっております。では10・20・40リットルの可燃ごみ・不燃ごみの1枚の袋には何が載っているかというと、災害情報が載っているのです。もう一つの、ことしの4月から広告を載せるという兵庫県三田市のお話では、全部の袋に入れるのではなくて、一番売れ筋の45リットルの袋の裏面に広告を載せるということです。表面には市の指定袋ということが載ります。45リットルの袋は、稲城市では年間約400万枚と言っていましたけれども、三田市では人口が多いせいか年間約700万枚が消費される、最も身近に環境問題を考えることができるこのごみ袋に広告を載せて収入を図るということで、昨年の1月1日の広報とホームページで申し込みのお知らせをしたところ、8組の申し込みがあったと言っていました。これは1口50万セット単位で、広告料は23万円ということでした。その後は順次製造販売をしていくということで、どういうところが載せたのですかと伺いましたら、学習塾とか、市内の散髪屋、美容院、新聞店、JAとかと言っておられました。これからまた広告集めが大変になるかもしれませんが、とりあえず8口の申し込みがありましたというお話を伺ってまいりました。
 今の御答弁の中で、審議会の意見を伺いながら前向きに取り組んでいただけるということでしたので、今後に期待したいと思いますが、一つの提案といたしまして、おむつ専用袋は4歳まで無料でいただける袋なのですが、こちらのほうに、例えば急な発熱のときには♯8000番へとか、そういう子育て情報を載せていくことなどもぜひ研究していただきたいと思いますが、その点はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 今御提案がございました、おむつ子育て情報をということ、それから災害情報を入れている市もありますということが今の質問の中にございました。おむつ専用袋・ごみ袋につきましては、基本的にはごみの担当としては、ごみ関係の減量とかということをもうちょっとPRしたいということもございますけれども、この辺は担当部と調整する必要もございます。また費用面でも、裏面にそういった情報を入れますと、ざっとで約2割のコストアップということを業者さんのほうから聞いております。そういうことも含めまして、もう少し検討・研究していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 前向きに検討していただきたいと思います。
 (2)に移ります。(2)、カレンダーへの広告等掲載について、今後の対応と取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) ごみ袋同様、ごみ・リサイクルカレンダーへの広告等掲載につきましても、自治体の新たな財源の確保や行政情報の提供手段として取り組まれるようになってきております。稲城市では、ごみ・リサイクルカレンダーに掲載する広告の取り扱いに関する要綱を昨年12月に制定し、平成21年度版カレンダーから広告の掲載を開始してまいります。その準備として、昨年末、要綱に基づき広告を募集したところ、市内3事業者から応募があり、予定した広告枠はすべて埋まっている状況でございます。今後、ごみ・リサイクルカレンダーへの広告等掲載を着実に軌道に乗せ、さらなる歳入の確保と地域経済の活性化、市民サービスの向上につなげてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 八王子市では、1カ月ごとに変わってくるのですけれども、それで1枠5万円ということで、ごみカレンダーへの広告等は注文が間に合わないくらいで、結構応募が多数で抽せんみたいになっているようなお話も伺ってきたのです。ごみカレンダーのほうが見る確率が高いということで、そのように人気があるのだと思います。稲城市でも3事業者から応募があったということなのですけれども、こちらの金額と、どういうぐあいにどのように入るのかということをもう少し具体的にお話ししていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 稲城市といたしましては、ことし初めて広告募集をいたしましたけれども、業者さんの応募自体はなかなかなかったような形で、こちらからしかけたと申しますか、どうですかとお願いしたところが多いと聞いております。そうした中で、今回は、枠の大きさによってどのくらいのページに掲載するかとかといろいろございますけれども、広告掲載料としては歳入では4万円を予算化しておりましたけれども、8万円の歳入があったということでございます。ごみ・リサイクルカレンダーにはいろいろな情報がたくさん入っておりまして、そういった紙面の中に有効な広告スペースというのがなかなかとりにくい状況にもなりつつあります。そうした中では、今のところは3枠程度がちょうどいいといった形で今考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 今後充実に向けて頑張っていただくことを期待しておりますので、よろしくお願いいたします。
 (3)、カレンダーに「携帯電話は販売店が店頭回収を行っています」と掲載することについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 携帯電話にはさまざまな希少金属が使われており、これらを回収して貴重な資源として再利用することは重要であると認識しております。平成13年度から、携帯電話・PHS事業者で組織されるモバイル・リサイクル・ネットワークが、販売店に回収ボックスを設置し、使用済み携帯電話の回収・リサイクルを推進しております。一方、国・都におきましても、官民一体となった回収を推進していくため、都では幾つかの市役所や大学において昨年10月から2カ月間の試行回収を行い、結果を踏まえた拡大に向けての課題整理が行われているところでございます。このような状況から、当面は広報紙やホームページでPRしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 今御答弁にありました東京都の回収実験の中で、約2,000台が充電器とともに集まって、希少金属としては、金が25グラム、銀が126グラムとれたということで、金額に換算すると10万円相当と新聞に出ておりました。カレンダーを見ますと、先ほど担当部長がお話しされたように、病院や薬局の名前とか、その月の救急のところが載っていて、場所がないというのはとてもよくわかります。けれども、携帯電話は都会の宝の山と言われているくらいに大事な貴金属やレアメタルが出ますし、きょうの日経新聞にも出ておりました。それで、再質問としては、月別のスケジュールの中には厳しいのはよく存じておりますので、後ろのほうにごみの出し方のルールが書いてあるところがあるのですけれども、そちらに次年度から、「携帯電話は店頭で回収していますので、ごみとして捨てないでください」といった一文をぜひ載せていただきたいということをお願いしたいのですけれども、その検討はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) おっしゃるとおり、ごみ・リサイクルカレンダーの月別のところには、情報が入り過ぎてごちゃごちゃしているので、そういった中では目立たないということは先ほども申し上げたわけですけれども、携帯電話の回収については、再利用可能な希少金属が多く入っているということなので、こういった資源のない我が国にとっては大事なことであると思っております。そうした中では、今御提案がございましたように、裏面については、今後、紙面構成も含めまして、見やすい、読みやすいということも含めまして、入れることについて検討していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 大きな項目3に移りたいと思います。子育て支援について、(1)、市内で生まれたすべての赤ちゃんへ、新生児訪問指導事業のさらなる充実した取り組みについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、妊娠届者に妊婦健康診査受診票や出生通知票などの入った「母と子の保健バッグ」をお渡ししております。この出生通知票に基づき助産師・保健師が新生児訪問を行うことから、赤ちゃんが生まれましたら、出生通知票に必要事項を記載し送付するよう保護者にお願いするところでございます。新生児訪問については、おおむね60日以内で、原則として第1子の全員及び第2子の希望者を対象に、子育てに必要な事項について助言を行い、疾病等の早期発見・早期治療に努めてまいりましたが、平成19年度の3・4カ月児健康診査対象者数は834人で、うち出生通知票受理数は733人となっております。市では、出産後の悩みや母子の状況を把握するために、まず出生通知票を提出していただくことが重要であると考えております。今後、保護者の方全員に提出していただける方策について検討し、新生児訪問の充実を図ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 年間834人の赤ちゃんが生まれて、その中で733人のお母さんが出生通知票のはがきを出していただいている。そうしますと、残りの101人のお母さんが出生通知票のはがきを出していないということですが、出せる状況ではなかったのではないかと考えられませんか。出産後、体力が戻らず、精神的にも一番大変な中でこのはがきを出すということは、はたから見たら、たかがはがき1枚ではないかと言われるのですけれども、お母さんたちにとっては結構プレッシャーになっていると思うのです。この101人のお母さんたちには新生児訪問はできていないということです。そうしますと、もちろん行政としては、保護者の方全員がこのはがきを出してほしい、また出すべきで、それではがきを出した方との公平公正さを保っていくと言われるのはわかります。しかし、育児支援訪問事業というのは、厚生労働省でやっています「こんにちは赤ちゃん事業」は全員の赤ちゃんにと国でも言っていまして、この事業で一番大切なことは、すべてのお母さんの産後のうつと赤ちゃんへの虐待を早期に見つけるということで、その趣旨でこの事業が始まったのだと思います。今、核家族化が進行し、地域の結びつきも薄れる中、身近な援助を受けられない家庭がふえてきている現状があります。
 どうして今回この質問をしたかといいますと、私も娘の出産を見まして、1・2カ月の新生児期というのは、お母さんが一晩じゅう1時間置きに授乳したりとかで、昼間もうつらうつらという感じで、普通の人が考える以上に体力的にも精神的にも負担を強いられる時期だと思いました。ちょうどそのときに、23区内で育児支援訪問事業に携わっている20〜30年のベテランの助産師さんの会合に招かれて、参加して勉強してきたのですけれども、その中でいろいろな要望とかお話が出ておりました。その中の一つにこのはがきのことが出ていまして、現場の助産師さんも、出産後はホルモンの変化もあって不安定になりやすい時期で、産後うつ病になると、気分が沈み、子供に対して何の感情もわいてこないお母さんが出てくる。そして、お母さんによっては、赤ちゃんが不思議な生き物で、何で泣いているのかわからないとかということで、産後うつ病が発症しやすいというのです。産後うつ病になると、虐待が始まったりする。けれども、訪問した助産師さんの「ちゃんと育っているから大丈夫よ」というたった一言によってすごく救われる。そういうことを現実に見ていると、出生通知票を出していない101人のお母さんは、確かにはがきは出していないかもしれませんけれども、この101人のお母さんには育児不安のサポートができないという現状を見たときに、私は何とかこの101人のお母さんに、ちゃんと育っているという安心感を与えてあげてほしいと思うのです。それがどうしてできないのかと私は不思議に思ったので、それを助産師さんに聞きましたら、保護者の方が出産後、各自治体の市民課へ出生届を出します。その出生届を受けた市民課と、お母さんに出生通知票を渡している健康課とリンクしていただければ、101人のお母さんが出していないということがわかるので、その中で何らかの方策がとれるのではないかと思うのです。出生届は必ず出すわけですから、例えば杉並区とか新宿区では、既にそれをリンクしてやっていて、全員のお母さんに育児不安サポートができているわけですので、稲城市ができないわけはないと思うのです。ですから、その辺の先進のところを調べていただいて、ぜひ稲城市も市民課と健康課のリンクをしていただきたいと私は切に願うのですけれども、その点についてはいかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、出生通知票は、新生児訪問指導や健康診査時などに母子の健康管理を行う際の大切な資料として、また保護者に義務が課されています低体重児の届出も兼ねておりますので、先ほどお答えしましたように、まずは全員から提出していただける対策を講じてまいりたいと考えております。しかしながら、提出していない人に対しましては、現実問題として訪問指導を行うことができないという状況があります。これは、提出しないのか、できないのか、その辺はわかりませんけれども、いずれにしましても提出していない人の中には支援を必要としている方がいるかもしれませんので、今お話のありました杉並区あるいは新宿区の例などを参考に、全員を訪問できる方策について今後研究してまいりたいと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) ぜひ前向きに検討して、すべての赤ちゃんにということで方策を考えていただきたいと念願しております。
 (2)、保育士による育児支援家庭訪問事業の取り組みについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 育児支援家庭訪問事業は、産後において育児支援が必要な家庭に対して、子育てOBやヘルパーが訪問し、育児・栄養指導や簡単な家事の援助などを行う国の事業ですが、稲城市におきましては、この事業としまして、産前産後の育児及び療育に支障がある家庭に対して、相談等を通じ、必要に応じて援助者を派遣する育児支援ヘルパー事業を平成18年度から実施しております。育児支援ヘルパー事業では保育士の派遣や相談業務は行っておりませんが、派遣先の御家庭の状況については派遣ヘルパーを通じ子ども家庭支援センターが把握し、派遣先の家庭の状況に応じまして子ども家庭支援センターの保育士が訪問して相談を行うなどの対応をしております。また、保健センターの新生児訪問の際に、御家庭の育児状況や、子育ての悩みなどがある場合には、子ども家庭支援センターに情報が提供され、子ども家庭支援センターと保健センターとが連携して訪問相談などを行っております。今後もこうした連携を十分に行い、必要に応じて訪問相談を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) いろいろと施策をやっていただいていることはよくわかりました。先日、新宿区の保健センターに伺って、どういう出前相談をやっているかということでちょっと勉強してまいりました。その出前相談は、各家庭に伺って訪問相談をやっているのですけれども、お母さんたちはすごくたくさんの情報をもらいたいと言っているわけではなくて、今行政でやっていただいているサービスの全体像がわからないというお母さんたちが多いそうです。保護者の方が抱える問題がわずかな情報で解決できるということがすごく多いそうなのです。ですから、新しくサービスを始めてくださいというのではなくて、今稲城市にある子育てのサービスをいかに保護者のお母さんたちに伝えられるかという工夫がすごく大事なのではないか。行政がたくさんいろいろなことをやっていることはよくわかりますし、一生懸命頑張っていただいていることもよく存じていますけれども、それがなかなか保護者の方に伝わっていないという現状で、わずかな情報でも、全体像でもいいので、それがお母さんたちに伝わる方策を考えていただきたいと思うのですけれども、その点についての御見解はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市としましては、これまでもさまざまな形で周知に努めてきておりますので、知らない人がいるということは非常に残念な気がしております。せっかくつくった制度・仕組みですので、これはぜひ多くの方に利用、また活用していただきたいと考えておりますので、今後、パンフレットの置き場所などにも工夫しながら一層周知・PRに努めるとともに、育児に関する情報提供などの充実にも努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) (3)に移ります。子育て応援特別手当の取り組みと事前の周知・広報活動についてお伺いいたします。少子・高齢化が進み、本格的な人口減少社会に突入する我が国におきまして、子育て支援こそ政策の基本に置くべきであり、子供の年齢に応じた支援策をきめ細かく講じることが重要であると考えます。今回の特別手当は、その一環として、公明党が今まで提唱してきたものです。これは、幼児教育の無償化の発想から来ております。公明党は、幼稚園・保育園などの完全無償化に向けた第一歩として、就学前1年間の幼児教育の無償化を提案してきたところでございますが、今回の特別手当は単年度の措置ということで、この実施をきっかけに幼児教育無償化への流れができることを期待しております。そして、その取り組みと事前の周知・広報活動についてお伺いするものです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 子育て応援特別手当等交付金の給付につきましては、定額給付金と合わせて給付する準備を進めております。事前の周知や広報につきましても、定額給付金と合わせてPR活動を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 定額給付金と合わせてということで、対象となる世帯は3万6,000円上乗せになるということなのですけれども、これは具体的にどのような方が対象になるのか。この春の入園・入学に合わせて、夫婦と子供2人だと定額給付金と合わせて10万円になるということで、大変大きな喜びと期待を持って今皆さん心待ちにしている定額給付金と子育て応援特別手当なので、子育て応援特別手当はどういう方がもらえるのか、いま一度詳しく教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 支給対象となるお子さんでございますけれども、平成20年度において小学校就学前3年間に属する子、すなわち平成14年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれ、平成20年3月末において3歳〜5歳の子であって、第2子以降である児童ということでございます。それから、支給額につきましては、支給対象児童1人当たり3万6,000円。それから、支給先でございますけれども、支給対象となる子の属する世帯の世帯主に行くということでございます。所得制限等につきましては、稲城市の場合にはないということです。支給手続でございますけれども、各世帯主からの申請に基づいて支給します。申請期限ですけれども、各市町村においては申請受付開始日から6カ月ということで、これは定額給付金と全く同じでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) では、速やかにそれが進むように、期待しております。公明党は、チャイルドファースト(子ども優先)社会の実現を目指しておりますので、子育ての負担軽減にさらに全力で取り組んでいきたいと思っております。
 大きな項目4、命を守るがん対策の強化充実についてお伺いいたします。がんは、日本人の死因の第1位を占めて、年間約34万人、これは2007年の国民生活基礎調査によりますと、およそ3人に1人ががんで亡くなっております。しかし、日本人のがん検診の受診率は、欧米の80%前後に比べますと、特に女性特有のがんである子宮がん・乳がん検診が非常に低迷しております。公明党の推進などで2007年6月に閣議決定いたしましたがん対策推進基本計画では、がんを早期発見するために、職域を含むがん検診率を5年以内に50%と明記しております。東京都もそうです。しかし、このままでは達成は難しいという声が多いのも事実です。
 そこで、(1)、胃がん検診等の受診率向上についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、がんは早期に発見し、早期に治療を行うことが有効であることから、多くの市民ががん検診を受診できるよう、定員数の拡大に努めてまいりました。特に平成20年度におきましては、大腸がん検診では40歳から毎年受診できるよう受診年齢の見直しを行うとともに、乳がん・子宮がん検診では偶数年・奇数年生まれによる受診枠を撤廃し、2年に1度は受診することができるように受診方法の見直しを行いました。このような見直しにより各種がん検診については受診者の増が見込まれており、受診率の増加にも期待しているところでございます。引き続き受診率の向上に向けてPRに努めるとともに、関係機関と協議してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) では、PRを今後具体的に進めていただきたいと思うのですけれども、検診の実施状況を見ますと、胃がん検診の場合には、検診車で35歳以上が1年に1回、保健センター・文化センターで平日も土・日も実施するということなのですけれども、1点、なぜ胃がん検診が市立病院ではできないのかと思うのです。それについて市立病院事務長はどのように考えているのか。胃がんについてはもっといろいろな方法があるということでしたら、その点についてお伺いしたいと思います。また、今御答弁にありましたPRはしていただいているのですが、なかなか受診率が上がらないという状況の中で、今後具体的にどのようなPRを進めていかれるのか、それについてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 胃がん検診につきましては、市立病院ではやっていることはやっていますけれども、検診の委託業務としては組まれていないという解釈でございます。胃がん検診につきまして、今後、(仮称)健康プラザの中に健診センターができますので、そこではまた大々的にやっていくという方向でおります。また、先日ちょっとお話ししました、胃がんの検診の中にピロリ菌検診とかという部分もございます。これは、血液あるいは呼気やふん便の中のピロリ菌を見ることによって、胃がんの内視鏡で中を見なくても検査できるという方法が今はございますので、それによってほとんど100%と言っていいほど胃がん・胃潰瘍を防止できるということが発表されておりますので、それらについても今後市立病院では積極的に実施していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) PRの件でございます。検診関係につきましては、健康カレンダーの発行、あるいは検診の際には毎回広報等に掲載して周知を図ってきているところでございますけれども、今後も引き続き、受診率が向上するように、ちょっと工夫しながらPRに努めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 市立病院ではピロリ菌検診をやっているということで、検診の委託は受けていないということなのですけれども、このピロリ菌検診と、あと(仮称)健康プラザができたときに胃がん検診もそこでしっかりとやっていきたいということなので、そちらに期待したいと思います。このPRを行政が一生懸命やっても、それを市民の受ける市民の側は、日々の生活が大変な中で、自分の体は自分で守るセーフティーチェックがなかなかそこまではいかないのかと思うのですけれども、引き続きPRをしっかりすることをお願いしたいと思います。
 (2)といたしまして、若い年代からの子宮がん検診の受診率の向上と、早期の予防ワクチンの導入・普及を図るべきと考えますが、市の対応と取り組みをお伺いいたします。女性のがんであります子宮頸がんの死亡率が高くて、毎年約8,000人の方が子宮頸がんと診断され、約2,500人が亡くなっていると言われております。子宮頸がんの発症年齢のピークは年々低年齢化しておりまして、これがほかのがんにはない子宮頸がんの特徴なのです。1978年ごろには50歳以降であったのに対しまして、1998年には30代になり、20代・30代の若い女性の子宮頸がんが急増しているということがすごく大きな特徴の一つになっております。もう一つは、子宮頸がんの原因のほとんどがヒトパピローマウイルス──HPVによる感染であるということなのです。8割近くの女性で一生のうちにヒトパピローマウイルスにより子宮頸がんが発症すると言われております。この感染を予防するワクチンの研究開発が進み、2006年6月には米国を初め100カ国以上の国で承認されて、アメリカでは州によっては中学生のときに義務的にはしかなどと一緒に予防接種をさせている。カナダもそうですし、欧米ではそうなのですけれども、日本では子宮頸がんは予防可能ながんということになっているのに、このワクチンが承認されていないということがあるのです。
 ちなみに、乳がん検診の受診率は本市ではどのくらいかといいますと、平成18年の調査によりますと、稲城市では7.8%、東京都では11.9%ということですので、東京都より稲城市のほうが検診率が低くなっております。それで今回質問させていただくのですが、市の対応をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 近年、子宮頸がんの多くに性感染症の病原体の一つであるヒトパピローマウイルスが関与していることから、20歳代の子宮頸がんの罹患率が増加しています。このことから、市では20歳代の子宮がん検診受診者の一部負担金を免除するほか、成人式において受診勧奨のチラシを配布するなど、若年層の受診の啓発に努めているところでございます。引き続き、受診率の向上に向けて取り組んでまいりたいと考えております。
 なお、ワクチンにつきましては、承認申請済みですが、審査中のことから、今後の動向を見守ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 稲城市で突出して大変高く評価させていただきたいのが、ほかの26市ではやっていない20歳代──20〜29歳の子宮頸がん検診が無料で受診できるということです。調べましたら、これは稲城市だけなので、これは本当にすごい施策だと高く評価したいと思います。これも我が市独特のすばらしい施策なので、成人式においてチラシを入れていただいているのですけれども、まだまだ知らない方が多いので、もっともっとPRに努めていただきたいと思っております。
 次に、(3)、マンモグラフィーを初めとする乳がん検診を拡充することについて、市の対応と取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 乳がん検診につきましては、稲城市立病院と、保健センターで検診車により実施しております。検診車による検診においては、平日受けられない人のために土曜日に行っているものでございます。また、定員数につきましては、平成19年度は828人でしたが、平成20年度では1,185人と、357人の定員増を図っているところでございます。このことから、さらなる拡充につきましては、受診者の動向を見守ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 先ほどの子宮がんの特徴として若い20代・30代の方に突出して多いというお話をさせていただきましたけれども、乳がんは40代・50代の方に激増しているということなのです。日本人の女性の25人に1人が乳がんにかかる時代だと言われております。マンモグラフィーというのは、すごく効果的な乳がん検診の大きなものの一つと言われております。ちなみに、乳がんの稲城市の検診率は4.6%です。東京都の平均は7.6%ということで、これも東京都の平均より低い。東京都の平均はどうかというと、全国で一番低いのです。受診率が全国で一番低いのが東京都で、それよりもさらに低いのが稲城市ということで、これは何とかしなくてはいけないと思います。私個人としては、乳がんも子宮がんも自分でチェックして検診を受けなくてはいけないということは切実に思いまして、身近な人には自分で希望して行ってほしいということはよく伝えるのですけれども、何か受診率アップになるものはないかと思いましたときに、最近一つのお話を伺ったのです。ニュータウンのある小学校で、インターネットで千葉のほうにある乳がんの検診車をお願いして、校庭でその検診車で自費で何十人かが受けたということです。今は、検診車がある保健センターに来てくださいという感じです。電話で申し込んで、申込書が自分のところに来て、その申込書に書いて、それを送って、それから日にちが決まってとなりますと、特に子宮がん検診を受けようかという若い方は、まどろこしいということもあります。手続をもう少し簡便にしていただければ、現実に乳がん検診車を呼んだら受ける人がその中にたくさんいたという地域もあるわけですから、保健センターで乳がん検診車がただ待っているだけではなくて、地域の各自治会とか小学校とか、どこでもいいのですけれども、ある程度人数が集まれば乳がん検診車をそちらに出しますということで、子宮がん検診も乳がん検診ももっともっと簡便化を図ってもらえないか。全部がそうだとは言いませんけれども、市民の方たちからそういう声を伺いますので、その辺が検診率のアップにつながらない一つになっているのではないかと思うのですけれども、それについて担当部はどのようにお考えになりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今は手続が大変で、もう少し簡素化できれば受診率が向上するのではないかという御意見でございました。確かにそのとおりでございまして、市としましても今後いろいろ工夫していきたいと考えております。今お話のありました検診車を回すということについてでございますけれども、市民の方が集まって集団で受診するということは、それはそれで地域での啓発にもなりますし、みんなで誘い合って受診できるという観点からも、非常に有効な手だてだろうと考えております。検診車の手配などにつきましては、人数の把握など、ちょっと整理しなければならない問題があると考えておりますけれども、いずれにしましても、市民の方ががん検診を積極的に受診したいという姿勢なわけですから、これは支援していく必要があると考えておりますので、手配できるようにしたいと思いますので、保健センターのほうに相談していただければと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) ただいまの御答弁で、その手続に対して簡素化していただけると。もし地域で何十人か集まってやるとなれば、検診車を回すことも可能だととらえてよろしいのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 具体的な日程等の調整があると思いますので、一応保健センターのほうに連絡という言い方をしましたけれども、これについては手配できるようにしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 期待しております。よろしくお願いいたします。
 (4)、がんドックの推進と、土曜がん検診を拡充することにつきまして、市の対応と取り組みをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市が実施している胃がん・乳がん・子宮がん・大腸がんの各検診を同時に受診することのできるがんドックは、受診率を高める上からも有効な方法の一つであると考えております。しかしながら、がんドックを市内で行えるところは稲城市立病院しかないことから、実施に際しましては医師会との協議が必要となると考えておりますので、今後の検討課題の一つとさせていただきます。なお、胃がん・乳がん・子宮がん・大腸がんの各検診とも、土曜日に受診できる機会を設けております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) 土曜日に検診をやっていただいてありがたいと思っておりますが、年に3回ということで、それをもっとふやす方向にしていく考えはないのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 土曜日の受診というのは、受診率向上のためにも必要なことかと思っておりますけれども、いずれにしましても、先ほど言いました乳がんの検診車は市のほうでできますので、これには対応しているのですが、ほかの部分につきましては医師会と協議する必要がありますので、市民からそのような要望があるということを伝えながら、引き続き協議してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 門島さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 17番(門島すえこ君) ぜひ受診率アップを期待しております。市民は自分自身でしっかりと、自分の健康は自分で守る、またそれを助けていただくのが行政の仕事だと思います。期待しておりますので、よろしくお願いいたします。これで一般質問を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、17番、門島すえこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の8番、藤井雅史君の一般質問を許します。9番、藤井雅史君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 通告に基づきまして、大項目3つについて一般質問をさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。
 それでは、まず項目番号1、工事の発注業務についてということでお伺いいたします。稲城市におけるいわゆる工事の発注については、都市建設部のみならず、他の市長部局を初め、教育部においても、また消防本部、市立病院などにおいても多岐にわたり行われており、幅広い部署がこの業務にかかわっています。機能的な設計と合理的な発注を目指して、都市建設部が各工事発注の指導をしていると伺っていますが、発注量から見ても、到底すべてに目が行き届かないと思われます。また、コストダウンのために行われている競争入札方式についても、談合問題を初め、制度的な疲労が指摘されており、改善の余地が多く残されていると考えております。一方、最近では大型のプロジェクトにおいてはPFIという民間活力を導入した発注方式が取り入れられ、このことによってこちらは大きなバリュー・フォー・マネー、要するに利益を生み出し、成果を上げています。しかし、この方式は中小規模の工事では、そのたびにSPC──特別目的会社を立ち上げて設計から競争させることには無理があります。このような現状を踏まえて、中小規模の工事の発注については、最近民間企業や個人事業主が取り入れつつコンストラクション・マネジメント方式を利用した工事発注の仕組みの導入について検討するべきであると思います。このような視点に立ちまして市の見解を伺っていきたいと思います。
 まず、(1)、各部門がそれぞれに行っている工事発注業務に関して、市としてどのような問題点があり、どのような改善が必要ととらえられているか、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 都市建設部におきましては、道路や公園、区画整理事業などの土木事業、また教育部からの依頼による建築工事などにおける設計・積算・管理監督業務を行ってきております。区画整理事業は新都市建設公社への委託、その他の業務に当たっては、できる限りIT化を図り、基本的には担当職員により行っておりますが、専門的な知識や技術などを必要とする場合は、設計委託や管理委託などにより対応しております。現状においては、これらの手法が有効に機能しており、大きな問題は生じていないと考えております。今後とも、職員の技術的な知識習得を含めた資質の向上を図りまして、円滑な事業推進に努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 生活環境部におきましては、下水事業としまして、新都市建設公社への委託方式と、通常業務で行う請負契約方式に区分し、下水道事業等の発注を実施しているところでございます。また、水道事業につきましては、小規模の配水管工事が主であることから、通常業務で行う請負契約方式としているところでございます。これらの中での問題点や改善点についてでございますが、現状では特に課題となっていないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 今2つの部門からお答えをいただきましたが、大きな問題点はないとお考えだということだったと思います。いわゆる工事の発注に関して、一般の発注方式では、発注差益とは役所の場合には言わないですが、発注予定額と発注額との差異はせいぜい多くて1割ぐらいだと思いますが、PFIでやるバリュー・フォー・マネーの場合はもっと大きな額が出ている。この辺の問題点についてはどのようにお考えになっているのか。本当に問題がないと考えられているとすれば、非常に大きな認識の誤りではないかという気がちょっとするわけです。PFIで安くできるものがなぜできないのか、今の発注方式の中にその問題点の根幹があると私は考えているわけです。
 そういう中で一番の問題点として私が思うのは、設計と施工が同じ業者ではなくて、別々に発注されているということが一つの大きな原因ではないかと思うわけです。しかも、日本の工事の設計費というのは、工事費の額に対して一定の比率を設計費とするという決め方をしているわけです。そうなると、設計者は、工事費を下げるということになると、自分の設計費も下がってくるというジレンマがあるわけで、設計時点で安くていいものをつくろうという力は設計者には余り働かない。要するに、設計時点でコストダウンのことを余り考えない。むしろ、うがった見方をすれば、いいものをたくさん突っ込んで、工事費の高いものを設計したほうが設計費が高くなるというのが今の仕組みですから、そういう中で果たして安いものができるのだろうかというところがまず一番考えられる大きな問題点だと思うのです。一般的にプロジェクトのコストをいかに下げるかということを考えるときは、設計段階から、どのように設計したらいいだろうかということでコストを下げていく。そういう意味では、PFIという方式は、設計から施工、そして維持管理まで含めて提案者に対して提案するわけですから、設計も含めたコストダウンが図られる。私は、PFIで大きなバリュー・フォー・マネーが出ているが、ほかでは出ていないという一番大きな原因はそこにあるのではないかと思うわけです。
 そしてまた問題点の2番目として、発注内容が非常に多岐にわたっているということがあると思うのです。下水道の部分から、学校の校舎の改築から、市で行っている業務は非常に幅が広いということの中で、しかもそれを毎年発注するということはないわけだから、知識とか情報の蓄積がされにくく、発注者としての正確な原価というものの把握は非常にしにくいという現状があると思います。東京都の単価とか、そういう単価表のあるものの中から発注していくという部分についてはまだいいかと思いますが、すべてのものに発注単価があるわけではありません。そうなってくると、勢い、外部から見積もりをとって決めようと。2〜3社から見積もりをとって、その中の安いところを価格と決めよう、またはそれの8掛けといったことを決めようということで今決められているのが、見積もり徴収の現状ではないかと思うのです。そういう中で、見積もり単価の検証をしないと、私はこの間補正予算特別委員会の中で消防車が高いのではないかという話を申し上げましたが、結局下請から見積もりをとるということで、見積もりが上がってくると、実際問題、その中身の検証まではなかなかしにくいというのが現実だと思うのです。数社とればいいかということになると、日本の企業の場合は横並びですから、ある程度、談合とは言わなくても、見積もりを出すこと自体、相談して出しても、それが談合になるかどうかは微妙なところですので、高い見積もりが出てくる場合もある。そうなると、その中身が果たしていいのかどうかを検証するということは、非常に大変なことだと私は思うわけです。それが、今の市の工事発注の単価が下がらない、PFIのようなバリュー・フォー・マネーが出てこないという一番大きな原因はその2つではないかと思うわけです。
 3つ目、この一つの特徴として言えることは、利益の相反する者同士が交渉して契約しているという日本独特の交渉の仕方にあるのではないかと思うのです。要するに、発注者側は幾らでも安くつくってほしいし、受注者側はできるだけ高く受注したいというのは当たり前ですから、利益の相反する者同士が交渉しているというのは、昔からの日本独特の風土だと思います。昔は、まちの棟梁がいて、棟梁にお願いしますと言うと、棟梁も同じまちの中の人ですから、長いつき合いもあるわけで、いいものを安くつくろうということで、そういうものを受けてやってきたけれども、社会が複雑化してくれば、だんだんそういうお互いの信頼関係の中で利益の相反する者同士が値段の交渉をして安く決めるということはもう期待できないのではないか。そのような中で合い見積もりとか競争入札とかという方法がとられているわけだけれども、果たしてその効果が上がってくるかというと、非常に疑問があると思います。例えば、日本の風土ということで言えば、例がいいかどうかはわかりませんが、プロ野球選手の年俸の更改などでいうと、選手が直接球団と交渉しているのは日本ぐらいだと思います。要は交渉になれた人、相手との間に第三者的な人間を立てて交渉するというのが欧米の考え方です。そういう意味では、昔のよかった日本文化では、こういうものの値段を下げていくということはなかなかできないのではないか。そのような中で、新しい工事の発注、いわゆる廉価購買をして予算を少しでも有効に使っていくためには、今までの工事の発注の方式にかわる新しい方式が求められてくるのではないかと考えているわけでございます。
 そのような中で、(2)として、PFI方式の発注により得られるようなバリュー・フォー・マネーを中小規模の工事でも得られるようにするためにはどうしたらよいと市としては考えられているのか、そのようなことについてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) バリュー・フォー・マネーは、資金の調達及び設計、工事から運営まで、民間企業に一括して発注した場合に生まれるメリットの規模として算出されます。御質問の中小規模の工事でもバリュー・フォー・マネーを得るためには、例えば複数の学校施設の改修工事を一つにまとめ、維持管理も含め、事業規模を大型化した上でPFIとして発注することも一つの方法として考えられると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 今の御答弁の中で、小さいものを少しずつ発注したのではメリットがない、スケールメリットによってそれを発注していこうというのは、まさしく一つの新しい考え方だと思いますし、私もそれには異議を申すところはないのです。ただ一つ、そういう新しいコンセプトでものを発注していくためには、例えば学校の長期修繕計画ということであれば、市内の各学校の長期修繕の計画を作成して、それを統合して、その中で共通点を見出して、修繕・改修の方向性を決めて、そしてその計画を長期的な中で策定していくということで、準備段階として結構膨大な作業がかかってくるのではないか。本当にすばらしいことだと思うけれども、今までやっていないことをやらなければならないということで、準備段階でものすごく大きな作業が出てくる。そこで、今おっしゃったような中小規模の工事をたくさんまとめてPFIで出すというところに一足飛びでいくというのは、なかなか容易なことではないと思われるわけです。そのような中で、現在行われている発注の仕組みの中から改善していくときにどのようなことができるだろうか、発注の合理化をしてさまざまなコストダウンを追求していくためにはどうしたらいいかということを考えるべきで、もう少し手前のことというか、今ある方式の中でどのようにコストダウンを図っていったらいいのかということについて市はどのように考えられているか、その辺についてもし何かあれば、お聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 契約にかかわることですので、私のほうから答弁させていただきます。現在、市における契約につきましては、御案内のとおり、地方自治法に基づきまして、また予定価格や内容によって一般競争入札、指名競争入札及び随意契約の方法をとっております。具体的には、工事の場合で申しますと、設計額が1,000万円以上の案件につきましては原則として条件つき一般競争入札、1,000万円未満のものにつきましては指名競争入札または随意契約という形で、その状況によりまして契約の方法、入札の方法を変えているということでございます。これらの入札の結果の落札率を見ますと平均で90%前後ということで、品質も一定の水準が確保され、適正な契約ができているのではないかと担当のほうでは考えております。また、最近の動向といたしまして、価格のみの重視という入札方法から、品質とか技術といったものを考慮した総合評価方式という契約の方法も出てきている。価格だけではなくて、品質とかできばえ等を含めた形の契約をしようという動きが出てきているということでございます。このような動きも視野に入れまして、我々は地方自治法に基づいて契約をやっておりますので、地方自治法とか契約事務規則を遵守するとともに、入札及び契約等監理委員会というものがございますので、そちらの御意見も伺いながら、どうしたら厳正かつ適正な契約ができるかということにつきましても今後も検討・研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 今の御答弁で、規模によって競争入札の仕方はいろいろあるけれども、基本的なことは競争入札でいくのだということと、お金だけではない、品質も、それからさまざまな技術的な面も考慮していかなければならない。まさしくそのとおりだと思います。ただ、先ほど問題点の一番初めに挙げさせていただいたように、PFIでやっているものにはバリュー・フォー・マネーとしてあんなに大きな差額が出てくるのに、なぜ出てこないかというと、私は、ここは設計と施工が別々になっており、設計段階からの工事の見直しができないというのが非常に大きな欠点ではないかと思うわけです。
 そのような中で、先ほど冒頭でも申し上げましたように、CM方式──コンストラクション・マネジメント方式という方式が一つあります。これは、アメリカで確立されたプロジェクトの実施方式でありまして、最近では日本でも徐々に普及しつつある方法です。発注者である施主が、この場合には市ですが、直接設計者・施工者と交渉するのではなくて、第三者的立場にあるCM──コンストラクション・マネジャーにプロジェクトの要求事項を委託する。品質とかコストとか工期とか、そのようなものをこういうことでやりたいのだということを伝える。そうすると、コンストラクション・マネジャーが施主の意向を受けて、適切な建設設計者を探す。施工者を探す。そして、その中で交渉をして契約して、プロジェクトの全般を運営管理する。こういう方式をCM方式と言うわけです。日本の場合、今、個人の住宅のリフォームから大型のプロジェクトまで、結構いろいろなところでやっておりますし、CMを直接仕事としている会社もあります。また、大きな設計事務所の中には、専門にCMを行う部門を設けているところもあります。CM──コンストラクション・マネジメントの報酬については、例えば予定価格よりも下げられたら、下がった分の何%かをプラスアルファとしてコンストラクション・マネジャーに出すという方式も一般的に行われているようで、利益の相反する者同士ではなくて、第三者を絡めて、しかもその中でその人の持つノウハウを多分に利用することによって安くいいものをつくっていこうというものがCM方式であります。
 (3)として、このCM方式について、市では検討された経過はあるのか、またその導入について市としてはどのように考えられているのか、そのようなことについて、もし見解をお持ちでしたら、お聞かせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) CM方式は、1960年代にアメリカで始まった建設生産・管理システムですが、近年、我が国においても、コスト構成の透明化や発注者内技術者の量的・質的補完の観点から、CM方式に対する関心が高まっており、一部の民間工事ではその活用が始まっております。国土交通省では、こうしたことを踏まえ、CM方式研究会を設置し、この方式の活用に当たっての基本的な指針となるものを目標として、CM方式活用ガイドラインの取りまとめが行われております。公共建設工事においては、技術者が不足している公共団体ほどCM方式に対するニーズが高い状況であることは認識しておりますが、本市においては、工事規模などを考慮した中で、この方式の導入は今後の検討課題だと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 今部長に御答弁いただいたとおりだと思います。確かに日本の中では今までなかった方式ですが、先ほども述べましたように、その道のプロに頼むということは非常に大きなメリットを生んでくるというわけでございます。卑近な例で言うと、例として適切かどうかはわかりませんが、昔は旅行へ行こうとする、自分で切符を買って宿屋を頼んで飛行機の手配をしてといったことをやったわけですが、今はそんなことをやるよりもツーリストに頼んだほうがよっぽど早い。自分が安い旅をしたかったら安い旅を頼めばいいし、豪華な旅をしたかったら豪華な旅を頼めばいい。そういう第三者的な機関が間に入ることによって、多くのノウハウを蓄えた者によって、非常に安く、こちらのニーズに合ったものが得られるようになってきたというのが、もう今旅行の世界では常識になってきているわけです。そういった意味で、大きな金額、特に日本では不動産などの取引の場合は、不動産業というものがあって、これは非常にリスクの大きい仕事ですから、必ず売り手と買い手の間に入って両方から手数料をもらうことによっても、間に入ったという第三者をかませて取引するというのが通例であるわけです。今後、工事の世界においても、ぜひコンストラクション・マネジメントというものを間に入れていく時代が近々に来るのではないか。今の御答弁の中で、国交省も始められたということで、稲城市としても、今後の研究課題ということですけれども、これを導入することによって建設コストというのはまだまだ下がると私は思いますし、現にPFIで発注しているプロジェクトについては大きなバリュー・フォー・マネーが出ているわけですから、ぜひそれに近づくために、さまざまな部署で行われている工事の発注については、コンストラクション・マネジメント方式を研究して、合理的な発注に結びつけていただきたいと思っております。
 それでは、(4)として、CM方式と同様にITコンサルティングという業務もあり、IT投資の合理化に役立てている企業もふえております。この点について市の見解をお伺いします。ITに関する市の予算も莫大なものがありまして、これを毎年使っているわけですけれども、この部門についてはどのようにされているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 市におきましては、現在稼働しております住民情報システムの再構築では、ITコンサルティングを活用し、第三者による専門的な見地から調査・分析・企画などを行い、市に合うシステムを構築してきております。この結果、住民情報システムに係る経費の節約、また業務が煩雑であった職員の負担軽減などが図られるとともに、本市に合ったシステムの導入ができております。さらには財務会計システムや人事給与システムなどの構築を進めているところでございますが、これにつきましてもコンサルティングを活用したシステムの構築を進めてきております。今後につきましても、発注業務に合った発注形態をとってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) ITの部門に関しては、もうコンサルティングを取り入れているというお話ですので、先ほど申し上げましたように、IT関連も多額の出費が毎年出ておりますので、この辺についてもぜひさらなるコンサルティングの導入を促して合理化に取り組んでいただきたいと思いますが、具体的にいつから導入して、どのぐらいのコストパフォーマンスを今得ているのか、そのようなことが数字的にわかれば、ちょっと教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) まず、現在稼働しております住民情報システムにつきましては、平成19年度・平成20年度の2カ年で構築いたしまして、平成21年1月から窓口での運用業務を開始したところでございます。ITコンサルタントの導入による経費の節減の額という御質問で、この算出というのは非常に困難ですけれども、ただいま申しました住民情報システムの場合ですと、コンサルタントによる専門的な知識と調査力などをもとに構築を進めた結果、開発費予算は当初1億7,700万円と計上させていただいておりましたが、技術的な側面からのシステムの機能要件の精査を行いまして、結果的には1億4,490万円ということで、当初予算と比較いたしまして約18%の削減ということで、先ほど私は平均で90%という御答弁をさしあげましたが、82%ぐらいになっているということでございます。同様に現在進めております財務会計システムなどの内部情報システムにつきましても、同じくITコンサルタントを活用いたしまして、本市の要求水準に合った効率的なシステム導入を進めているという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 今具体的に1億7,700万円のものが1億4,490万円になって18%の減額ができたというお話を伺いましたが、今後ともぜひコンサルティングというものを有効に活用していただいて、効果を数値的に、例えば原価が幾ら下がったか、それから作業時間がどのくらい短くなったか、それから効率はどのぐらい改善されたかということを把握していただいて、効率的で合理的な行政運営に努めていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                                 午前12時 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午後1時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) それでは、午前中に引き続きまして、一般質問の大きな項目の2番目にいきます。高齢者の地域社会への参画の推進についてということでお伺いいたします。
 (1)、学童クラブでの指導などを希望している高齢者の方の意見をよく聞きますが、地域の高齢者の人材活用について、もっと幅広いメニューを用意して、多くの高齢者が参加できる機会をふやしていくべきだと思うが、市の考えはということです。たまたま学童クラブへ出て子供たちを指導したいという方の意見を聞きましたが、そのほかにも、日常さまざまなことで地域の活動またはボランティア活動など、それから行政のお手伝いなど、ぜひ活動していきたいという高齢者の声は日に日にふえてくる昨今でございます。そのような中で、多くの高齢者の方が参加するような機会をもっともっとふやしていっていただくことが、これからの高齢化社会に向けて必要なことではないかと思いますので、まずその点について市の考えをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 団塊の世代が高齢期を迎える時期が近づきつつある今、多くの退職世代の方々が生きがいを見つけ、活力に満ちた社会参加活動を実践していただくことが重要であると考えております。その中で学童クラブでの指導などを希望される方の意見をよく聞くとの御指摘ですが、このように保育士・教員・児童厚生員などの専門資格を生かして活動される方や、シルバー人材センターで御活躍いただく方、地域のみどりクラブを通じてさまざまな地域活動に参加される方も多くおられます。平成19年9月からスタートした介護支援ボランティア制度では、既に16事業所の82事業で介護支援ボランティアさんの受け入れが可能としており、294人の方が登録され、地域で活動されている状況でございます。市では、高齢者が可能な限り地域の中で自主的に社会参加されることが望ましいと考えており、今後も活動の場の紹介を行うなど、必要な支援を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 私は向陽台というニュータウンに住んでいますが、向陽台のまちができて20年で、私を初めとしましていわゆる団塊の世代ももう60歳を超えて、現役の世代からだんだん退きつつあるわけです。今後ますますそういうことが進む中で、自分の生きがいを見つけたいという方もたくさんいらっしゃいますし、ボランティア活動としていろいろなことをやりたいという方もいらっしゃる。また、報酬があればなおいいということで、いろいろな活動をしたいという方までいるわけです。ただ、一つ共通して言えるのは、家の近くで、同じ市内でできるということに非常に大きな関心を持っているということで、その報酬については、幾らぐらいなければいけないということは、若い人に比べればずっとこだわらないということです。結局、若い人はもちろん生活を支えなければいけませんし、将来もありますから、いろいろな意味で貯蓄もしなければならないということがあるのだけれども、高齢者の方は若い人に比べれば報酬にそんなにこだわらない。むしろ生きがいとして、ボランティアとしてやりたいという方もたくさんいらっしゃるわけです。しかも多くのノウハウを持っている方がいらっしゃるし、さまざまな社会経験を蓄えた方がたくさんいらっしゃるわけです。今の御答弁では82の部署で294人の方が登録しているようなお話をされましたが、高齢者の方の比率からすると、もっともっと多くの方が自分のやりたいことをやれるような幅広い受け皿をこれから行政として用意していただきたいと思うわけです。最近、あるハンバーガーショップで高齢者の方を採用することに決めたら、非常に対応がよくて、評判がよくなったという話も聞きました。民間の企業もそのようなことをやり出しているわけですから、市としては、もっともっと幅広いいろいろなニーズ、いろいろな仕事があると思うのです。そういう中では、さらに幅広い受け皿を用意していただく。
 それとあと一つ、意外とびっくりするのは、今ある受け皿についても知らない方が結構いるのです。お年寄りの方で引きこもったりする方がいて、これは後でお聞きしますけれども、そういうことを知らない方が結構いるので、さらにこういう受け皿があるという周知徹底も大事だと思います。
 その辺について、私は、市の中でこれからこれだけ多くの高齢者の方が出てくれば、そういうことを専門に行う、要するに各セクションを横通しして、こういう仕事は高齢者の方に任せられるといった、高齢者の方を対象としたセクションが一つあってもいいのではないかぐらいに思うのです。恐らくそれによって市が得られる効果というのは莫大なものがある。そしてまた、高齢者の方が得られる生きがいとか、いろいろな意味で市のメリット、それから住民の方のメリットがあると思うので、できれば市の中にそういうことを特別に扱うようなセクションがあってもいいと思います。そのようなことも含めて、今後の対応について、受け皿をふやしてもらいたい。知らない人に対してもっと周知してもらいたい。そのようなことについて再度市の考えをお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 受け皿としましては、先ほど申し上げましたように、お小遣いを得られるという意味ではシルバー人材センター、あるいはみどりクラブがあります。そのほか、地域包括支援センターあるいは民生委員さんなどを通じましても、大体意向は確認できるだろうと思いますので、ぜひ相談していただきたいと思います。先ほどお答えしましたみどりクラブは、現在会員も既に約900名ほどおりますが、社会奉仕活動あるいは健康を進める活動、それから生きがいを高める活動など、さまざまな活動を自主的に実施しております。現在12クラブあるわけですけれども、各クラブを平均しますと年間330回ほど活動しています。それは、年齢幅が広いので、全員がそれにすべて参加しているというわけではございませんけれども、今お話ししましたようにさまざまな活動をしておりますので、その中に自分で取り組みたい活動もあるのではないかと思っております。それと、もう一つの観点といいますか、高齢者の趣味や興味、また資格や特技もさまざまでございます。これらすべてにこたえられる受け皿を市のほうで用意するということは事実上困難だと考えております。したがいまして、このようなことをやってみたいということがあれば、相談していただければ、こちらで把握している情報、またそういうことを機会をとらえましてほかのグループなどにも紹介していくといったことも考えております。
 それから、知らない人が多いという話もございました。これにつきましては、引き続きPRの方法を考えていきたいと思います。
 それと、高齢者の別のセクションということでございましたけれども、今、市では高齢福祉課ということで、この中では介護予防から介護保険、そのほか一般的な高齢者施策ということで、3つの係で対応しております。ほかの市では高齢者部と介護保険というものが別とか、組織はいろいろあるようでございます。これは、社会情勢を見きわめていきながら判断するのがよいのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 地域の中には多くの施設があるわけです。学校を初め、文化センターもありますし、図書館もある。いろいろな施設がありますし、市役所もあるわけですから、多くのメニューを用意していただいて、そしてさまざまな意思がある方がいらっしゃるわけですし、さまざまな経験を持っている方もいらっしゃるし、さまざまな知恵を持っている方もいらっしゃるので、その方たちのそういう意欲が受け入れられるような機会をまだまだふやしていいと私は思います。ぜひ、これから高齢化社会に向けて、そういう方たちがせめて後期高齢者になるまでの間は、十分自分の得た知識・経験を社会に還元して、なおかつ生きがいが見つけられるようなものを充実していく方向で検討していただきたいと思います。
 (2)としまして、ただ、そういう多くの方がいますが、先ほどもちょっと話したように、結構そういうことを知らない方もいる。特に企業戦士と言われた、会社の中で一生懸命やられた方に限って、地域とのつながりが薄くて、地域に戻ってきても近所に友達がいない、知り合いもいないということで、どうしても家の中に引きこもるというか、余り地域へ出てこられない方が多くて、そういう人材がいても、発掘と言うと失礼かもしれませんが、そういうことにつながらないということです。ぜひ、多くの高齢者の方が積極的に地域に出てこられるように、そういう高齢者の方に表へ出ていただくためのイベントなど、さまざまな企画を通じていわゆる人材の掘り起こしに努めることが必要だと思います。市としての企画、または、地域には自治会とか振興会とかさまざまな団体があるわけですけれども、そういう地域団体への支援などを積極的に行うことによって人材の掘り起こしといったことに努めることが必要なのではないかとも思うわけです。その辺について市の考えをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、高齢者が自宅へ引きこもらないようにするため、介護予防の観点から、高齢者向けの介護予防教室・介護予防事業などについて、市が直接行うほか、地域包括支援センターなどにより、年間を通じて相当の回数を実施しております。しかし、虚弱で引きこもりがちな高齢者数は高齢者人口の5%程度存在すると言われており、市では600人を超えるものと推測され、介護保険対象者を含めると、その数は2,000人を超えるものとされております。このため、行政機関だけで対応することは困難であり、自治会・みどりクラブなどの地域コミュニティーがさまざまな取り組みを地域でみずから実践することが重要であると考えております。このため、市では基幹的な基盤づくりに力点を置きつつ、地域でのさまざまな活動を紹介するほか、必要に応じて講師派遣などの支援を行っているところでございます。今後も引き続き、地域の特色を踏まえ、必要な支援を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 今の御答弁の中で、虚弱で出てこられない方、御都合の悪い方は5%ぐらいいらっしゃるということだけれども、積極的に地域に出てこられている方というのも多分5%ぐらいではないかという気もするのです。残りの多くの方は、これは地域によっても違うかもしれませんけれども、結構家の中にいて、表の地域の活動には参加されていないという方がまだまだ多いという気がします。ぜひ、さまざまな地域の団体に、もちろん講師派遣とか、そういうソフト面の補助も大事でしょうし、場合によってはもっと生々しいいわゆる金銭的な支援のようなものも含めて、特にニュータウンでは近隣とのつき合いの薄い方はまだたくさんいらっしゃいますので、そういう方がどんどん地域へ出てこられるようなきっかけとなるイベントを組むなり、そういうことをもっと積極的に組み立てていっていただいて、地域にはすばらしい方がたくさんいると思うので、そういう方が出てこられるような仕組みづくりにさらに一層の御努力をいただきたいと思います。
 それでは、3番として、地域の問題点についてということでお伺いいたします。
 (1)、市内の運動施設を利用する団体で、特に野球・サッカーなど、グラウンドを使用する団体から、運動場の確保がしにくい、代替球場を指定されるが、使い勝手が悪くて困る等のクレームが出ていますが、市内のグラウンドの利用状況についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(加藤和秀幸君) 稲城市教育委員会では、市民の方々のスポーツ・レクリエーション活動の増大を目的として、市内のスポーツ施設の活用を図っております。また、小中学校の体育施設を支障のない範囲で積極的に開放し、多くの市民に利用されております。体育施設のあき状況は、利用者に情報を提供し、施設の有効活用に努めているところでございます。週末などは、体育施設の稼働率が大変高く、盛況な状況が続いているのが実態でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 現在、市内にサッカー・野球をやれるようなグラウンドはどれだけあるかというと、矢野口の多摩川緑地公園に2面、それから中央公園に1面、若葉台の多目的広場に1面と、4面しかないわけです。その中でどのように割り振っているかというと、午前中2こま、2時間ずつ、午後から2こま、2時間ずつと、1日4こまずつで各団体が使っているのですが、多摩川緑地公園の稼働率は約19%、それから中央公園が48%、若葉台公園が62%、このくらいの比率だと伺っています。特に多摩川緑地公園は、9月に台風が来たりするともう使えなくなるわけですから、稼働率は極端に下がってしまうわけです。そうすると実際には、中央公園の1面と若葉台多目的広場の1面は完全に使えるということで、稼働率は47%、62%ということだけれども、これはウイークデーも週末も通してのことになります。当然こういうスポーツ団体はほとんど週末にいろいろなスポーツをやるわけで、週末はこの2面、4こま、4こましか使えないという時期がある。多摩川緑地公園が使えたとしても、4面ですから16こま。市内にいわゆる連盟に登録している、こういうグラウンドを使いたいというチームがどれだけあるかというと、80チームあるのです。それでこれだけしか使えないということになりますと、当然土・日などは特に込むわけで、今の御答弁では盛況な状態が続いているということだったけれども、盛況な状態を通り過ぎて、予約をとるのが大変だとか、学校などへ振りかえられても、その都度場所が変わってしまったり、なれないところでやるのは大変だとか、使用勝手が悪いとか、さまざまな不平というか、クレームが出ています。週末にはこのような状況になっているということについて、市はこの辺のことを正確に把握されているのか、またこういう問題について何か手を打たれているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(加藤和秀幸君) 御質問のように、市内に野球場は4面ありますが、限られた施設を有効活用できるように、今後とも、多目的広場とか学校の校庭なども視野に入れて、市民の皆さんに提供していきたいと思っております。また、野球連盟とかサッカー連盟といったところとも、いかにしたら有効活用ができるかと、そういったことも検討しながら対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) いろいろ検討していただくのはもちろん大切ですけれども、80チームに対して、台風で流されてしまう多摩川緑地公園も含めて4面しかないというのは、随分少ないという感じがするわけです。しかも南山にあったグラウンドも早々と去年の11月には閉鎖になって使えなくなってしまったということから考えれば、「市民ひとり1スポーツ」ということで今取り組んでおられる市の姿勢からすれば、さらなる運動場の確保というのは必要ではないかと思うのです。どうしてもやりくりでやっていくには少な過ぎるのではないかという気がしています。先日、南多摩水再生センターの屋上にふたをして運動場をつくるようなお話も一遍承りましたが、聞くところによると、あの工事が終わるのも平成22年だという話ですし、使えるのは平成23年だということになれば、これから先新たなグラウンドの確保が必要なのではないかと思うのです。そういう意味で今行われている南山開発の中にもそのようなグラウンドを設けるとか、そのようなことも含めて、グラウンドの絶対数の確保というのは必要だと思うのですけれども、その辺について再度市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(加藤和秀幸君) 野球場とかサッカー場は、チームごとに使いますので、土・日を除いては、決して施設が少ないとは認識しておりません。土曜日・日曜日に限らず、練習には学校の校庭といったところも有効に使っていただきまして、みんなで、使い勝手のよい方法、それからどうしたら有効利用できるかということをさらに協力して検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) ぜひ、解決策の見つかるような方法を検討していただきたいと思います。
 それでは、(2)として、各地域に設置されています防災倉庫について伺います。あの中にはなべやかま、ガスコンロなどがありまして、非常時に備えて日常から活用するようにということで市としては指導されていると思いますが、現状としては、少なくとも私の見ている範囲では、あの中のものがふだんから訓練として十分に使われているようには見えないので、市としてさらに積極的に指導して、防災倉庫の有効活用をして、いざというときにスムーズに使えるように常日ごろからしておくべきではないかと思いますが、その辺について市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 各地域に設置しております防災倉庫は、災害時における各自主防災組織の活動拠点となるものと考えております。この倉庫の中には非常炊き出し用具や応急的な救助用具等が配備されておりますので、平素から防災物品の点検を兼ねて地域での事業等におきまして積極的に活用していただけるよう、年2回開催の自主防災組織本部長会議でお願いしているところでございます。今後も、各自主防災組織に対しまして、防災資器材等を中心とした取り扱いにつきまして、積極的に指導してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) 先ほどもちょっと申し上げましたけれども、ニュータウンの現状は、私が住んでいる向陽台地区というのは、地区懇談会というのが年に6回、2カ月に1回ずつ開かれまして、私もその中で、いざ災害が起きたときに使うために、少なくともどのようなものが入っているかは知ってくださいという話をしていますが、何が入っているのかも知らない方が多い。それと、理事が1年交代でかわってしまうということがありまして、あの中身について興味がないということが現状であります。今の御答弁の中で、自主防災組織本部長会議の中で年2回いろいろ依頼しているし、積極的に指導されているということですけれども、いざ災害が起こったとき、自助・共助・公助と言いますが、市民が自分たちで使うためのものの倉庫が全くそのように使われていないということは大きな問題だと思います。さらにというか、今の本部長会議でお願いしているということではどうもいけないのではないかという気がするのです。単なる情報提供ということよりも、むしろもっと積極的に指導しないと、ほかのことについてもそうですけれども、市がいろいろ指導されていることには、もちろんごみのこともありますし、この防災倉庫のこともありますし、いろいろなことがありますが、常日ごろから広報に書いて、何かの機会の指導するというだけでは、向陽台ももうできて20年たちますが、正直言って、ほとんど変わってこないというのが現状です。
 市民の方たちに防災倉庫をもっと活用してもらいたいということであれば、もっと顔の見える指導というのか、それこそもっと市の方が密着して指導していただくようなことをしていないとできないという気もしますし、むしろもっと別の方法、発想の転換をして、例えば防災倉庫の中身を使って年に1回ずつ地域で芋煮会をやるのならば、市役所で野菜はただであげましょうとか、それがいいかどうかはわからないけれども、そのくらいのおもしろい発想の中で、イベントをやるときには何か出しましょうとか、そのようなことをやる。もちろん金はかかるでしょうけれども、ある程度お金をかけないと、こういうものの浸透というのはできないと思いますので、有効な金の使い方をして、例えば2〜3年間だけそういうことをやってみるとか、もっと具体的に、市民があの中身に手をつけてみたいといった取り組みが必要なのかという気がするのです。今おっしゃったように、ただ自主防災組織本部長会議で伝達事項として言われるのではなくて、具体的に市民が動きたくなるような、モチベーションを与えるような企画をしていただいて、その中からさらに市民が一体となって災害に備えるような体質をつくっていくということも市の取り組みとしては必要なのではないかという気がするのです。そういう意味で、もっと具体的なことをやっていただきたいと思うわけです。その辺について何か御見解があれば、もう一度伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 御質問では、顔の見える指導ということでございますので、具体的な内容につきましてはニュータウンというお話をいただきました。現在、ニュータウン地区には26の自主防災組織が組織されております。当然、防災倉庫がそれぞれに配置されております。この26の組織の中には、防災倉庫の中身を取り出して、自主的に積極的に訓練等あるいは地域の活動の中で使っておられる組織もございます。しかしながら、御指摘いただきましたような組織があることも事実と思われます。そういった組織に対しましては、まず先ほどもお話がありました日常的なイベント等に活用していただくような促し方とか、それから、当然災害時に対応できるようにしていかなくてはなりませんので、防災資器材の取り扱い訓練を個別に計画いたしまして、私ども職員としまして訓練指導をしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) どうしても防災ということは、通常頭ではわかっていても、それこそいつ起こるかわからない大災害に備えてやるというのはなかなか腰の重いことだと思うのです。そういう意味では、ぜひ住民の皆さんが積極的に参加してみたいと思うようなおもしろい企画を立てて、住民の啓蒙に努めていただきたいと思いますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。
 (3)、稲城フェスティバルの開催時期・時間についてお伺いいたします。稲城フェスティバルというのは、御案内のとおり、現在、米軍の多摩サービス補助施設の中で毎年夏に行われている音楽フェスティバルでございまして、私も毎年行っていますが、毎年行われるのが酷暑の時期でございます。年に1度、米軍の中のふだん入れないところへ行って、市民の方、また市民以外の方など、さまざまなバンドが出てきていろいろ音楽を演奏したり、アメリカ軍の兵隊さんがつくる料理を食べられたり、そういう意味では非常に貴重なイベントだとは思うのですが、何せ暑いときにやりますので、参加者にとっても、また出演者にとっても非常に過酷な条件であるということから、もっと快適な時期・時間にできるように工夫してもらえないだろうかということで提案させていただきましたが、市の見解をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(加藤和秀幸君) 稲城フェスティバルにつきましては、夏の音楽祭典として、当初は中央文化センターホールなどで実施しておりましたが、近隣住民への影響を踏まえ、現在は多摩サービス補助施設を利用して、音楽などを通じ、青年たちの交流・地域参加と日米親善を目的に開催しております。市民主体の実行委員会による企画・運営などを行っておりまして、開催時期・時間等につきましては、施設側の都合や警備体制などの協議を得て決定しております。今後も、開催時期・時間等につきましては、実行委員会や関係者と協議調整を図りながら進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) ぜひ、酷暑の時間を避けていただいて、夕方の少し涼しいときにやるとか、米軍の施設だから、夕方借りるというのはなかなか難しいいろいろな条件があるかもしれませんが、これも全部交渉事でしょうから、一度断られたからといってすぐにあきらめずに、しつこく交渉していただきたいと思います。時期的にも、もっと涼しい中で行われれば、いろいろな演奏をするほうも、聞くほうも、その中でコミュニケーションも生まれてくるでしょうし、その後いろいろな話もできるだろうし、もっともっと楽しい幅の広がるフェスティバルになると思うのです。何せ今はうちわを配ってテントの下で汗だくになりながら聞いているという状況ですので、ぜひこのフェスティバルをもっとすばらしい時期にできますように、今後も米軍との交渉もしくは会場の選択など、さらに御努力いただきたいと思いますが、再度その辺のことについて確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(加藤和秀幸君) このフェスティバルは、平成4年度から多摩サービス補助施設を使っております。平成13年9月11日に同時多発テロ事件が起きまして、それ以後、利用時間帯とか、季節とか、そういったものが非常に厳しくなっているのが現状でございます。今後も使用については施設側との交渉を進めてまいりますが、これは市民の実行委員会もございますので、その実施内容について検討した上で、施設側との交渉を進めていきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 9番(藤井雅史君) ぜひ市がリーダーシップをとっていただいて、少しでも快適な時期に市民のための稲城フェスティバルができるようにお願いいたします。以上で私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、9番、藤井雅史君の一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の9番、岡田まなぶ君の一般質問を許します。3番、岡田まなぶ君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今回は、4つの大項目、iバスの充実、介護保険の介護判断基準の後退問題、そして市立病院の夜間・休日の小児救急の充実、保育制度改変問題、待機児童解消等について、通告に沿って順次質問したいと思います。
 まず大項目1、iバスの充実についてです。iバスは、運行開始以来、市内を走る小さな赤いバスの姿が定着し、市立病院を初め、市内公共施設や買い物のための身近な足として、また通勤・通学の足として市民に喜ばれるとともに、増便や路線拡充など、一層の充実を求める声が私たちのところにも多く寄せられております。こうした中でiバスの充実に向けた市の姿勢を問うものです。
 (1)として、過去5年間の乗車実績──年度別・路線別の年間乗車人数、1台当たりの乗車人数と評価についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 御質問のiバスの過去5年間の年度別・路線別乗車実績につきましては、平成16年度は合計19万9,048人で、内訳としましては、右回り循環が8万5,797人で1台当たり23.5人、左回り循環が7万6,684人で1台当たり21人、京王よみうりランド駅−平尾団地行きが3万6,567人で1台当たり12.4人でした。平成17年度は合計20万5,923人で、内訳といたしましては、右回り循環が8万9,186人で1台当たり24.4人、左回り循環が7万5,121人で1台当たり20.6人、京王よみうりランド駅−平尾団地行きが4万1,616人で1台当たり12.4人でした。平成18年度は合計25万3,781人で、内訳としましては、右回り循環が9万1,789人で1台当たり25.1人、左回り循環が8万6,632人で1台当たり23.7人、よみうりランド丘の湯−平尾団地行きが6万2,260人で1台当たり14.2人、平成18年11月より試行運行を開始しております市立病院−平尾団地行きが1万3,100人で1台当たり5.5人でした。平成19年度は合計30万7,892人で、内訳としましては、右回り循環が9万5,474人で1台当たり26.1人、左回り循環が9万1,583人で1台当たり25人、よみうりランド丘の湯−平尾団地行きが6万6,989人で1台当たり15.3人、平成20年1月より本運行に切りかえました市立病院−平尾団地行きが5万3,846人で1台当たり8.2人でした。平成20年度は、平成21年1月末現在、合計で29万4,759人で、内訳としましては、右回り循環が8万5,930人で1台当たり28.1人、左回り循環が8万6,446人で1台当たり28.3人、よみうりランド丘の湯−平尾団地行きが6万3,895人で1台当たり17.4人、市立病院−平尾団地行きが5万8,488人で1台当たり10.6人でした。
 iバスの年度別・路線別の乗車実績につきましては以上のとおりでございますが、いずれにいたしましても、各路線とも毎年着実に乗車実績も増し、市民の足として着実に定着してきていると評価しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今5年間の利用実績についてお聞きしましたが、着実に利用者がふえているということがよくわかります。トータルの利用実績を見ると、今お答えがあったように、平成16年度が19万9,000人、そして平成19年度が30万7,000人ということですから、この4年間で利用者が約20万人から30万人へと10万人ふえたということで1.5倍になっているわけです。今、乗車実績は着実にふえてきているということだったと思いますが、相当なペースで利用者がふえていると私は思っているわけです。そこで再質問として1点、市として今後の乗車実績についてどのような見通しをしているのかということについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 現在、4路線とも毎年利用者がふえてきております。その状況につきましては、市でも、職員がそれぞれ乗車しながら乗降調査をしたり、またある区間での定点調査をしたりしております。そういう中で一定の方向が見られておりますのが、ある区間、ある時間帯にかなり集中して乗降がふえてきているということです。こうした状況を見た中で、特に多い部分といいますと、ニュータウン区域でございます。ニュータウン区域の中では今後も人口増が予定されておりますので、これからも確実に乗車実績はふえて来ると考えております。また、現在路線バスが通っていない南多摩駅につながる路線の乗車人員も確実にふえてきております。こうした総合的な中で、利用者は今後もふえると予測しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) これからも確実にふえていくだろうということを踏まえて、(2)に進みたいと思います。iバスは、運行開始以来、利用者も順調にふえてきているわけです。そして、冒頭に述べたように、着実に市民の身近な足として定着しています。そして、市民からは、増便やルートの新設・変更ということで、一層の充実が求められています。そこで、市長は、iバスの充実について、2007年5月の広報いなぎに掲載されたマニフェストの中で、iバスのルート・便数増を図るということを挙げています。また、2006年4月1日付広報いなぎに掲載された第三次行政改革大綱及び実施計画の概要でも、4つの改革の施策の一つである行政サービスの向上の主な取り組みにiバスの充実が挙げられています。これは、2010年──平成22年度までの計画であります。南武線の高架化、駅前広場の整備前にも、当面の充実として増便に取り組むことが求められていると考えますが、市長の基本的な認識を問うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 私のマニフェストにつきましては、20の政策課題ということで掲げさせていただいております。この20を全力で実現するために、現在も取り組んでいるところでございます。その一つとしてiバスが掲げられているわけであります。iバスにつきましては、平成14年4月の右回り・左回り路線の本格運行から6年が経過しまして、通勤・通学や市立病院への利用のほか、日常的な買い物などの交通手段として、着実に多くの市民の皆様に利用され、定着してきていることにつきましては、先ほどのデータのとおりであります。iバスの充実につきましては、マニフェストの中でも掲げておりまして、これまでにも平成17年12月には平尾団地−京王よみうりランド駅路線をよみうりランド丘の湯まで延伸し、平日のみの運行から毎日運行するように変更したところであります。また、平成20年1月からは平尾団地−市立病院路線を本格運行し、市民の声にこたえるように、充実を図ってきているところであります。新規路線と既存路線の根本的な見直しにつきましては、もう再三答弁をさせていただいておりますけれども、現在進められております南武線の高架化事業や3駅周辺土地区画整理事業等の進捗状況などを見定めると同時に、利用実態や採算性などについても予測を行いながら検討していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) これからの充実については、これまでどおり、南武線高架化、3駅周辺土地区画整理事業の進捗を見ながらという答弁だったと思うのです。そこで、3駅周辺土地区画整理事業等と、つまり平成22年度に南武線が高架化されて、それから駅前広場が整備されてiバスの新しい路線や充実をするということになると、平成23年、平成24年ぐらい、要するに(仮称)第四次稲城市長期総合計画、行革で見ても第三次の中ではなく第四次の中に入っていくような状況になるのではないかと私は考えているのです。今回提案しているのは、もちろんそれはそれで検討していただくということで次の質問でも取り上げますが、当面、今ある路線の中で特に循環路線を、iバスを買って増便するということが必要だということです。
 そこで、広報に掲載された第三次行政改革大綱の話を今冒頭に述べましたが、これはそのコピーです。この広報が、第三次行政改革大綱及び実施計画の概要ということで、市民の皆さんに平成18年4月1日付で出された。そして、この中の4つの改革施策の行政サービスの向上の主要課題の中にiバスの充実というのがあって、「運行経路の改善(拡充)や増便に対する市民からの期待も高く、より利便性の高いiバスの充実を目指します」ということが書いてあります。この第三次行政改革大綱の期限は平成22年度です。今市長も答弁されましたが、この中でこの路線にかかわる問題で入ってくるのは、市立病院−平尾団地路線がスタートしたということです。今答弁でお聞きしたように、市民全体に向けて行革で市民サービスの向上という形でiバスの充実を掲げている以上は、市立病院−平尾団地路線だけではなくて、今不便で、もっとバスをふやしてほしいという、特に矢野口とか大丸、東長沼あたり、つまり循環路線を増便するのが私は一番いいのではないかと思いますが、そういうことは第三次行革の中では実現していないという状況になっているわけです。それで、今第1答弁にあったように、平成20年度で見ると、右回り循環は1台当たり28.1人、左回り循環は1台当たり28.3人ということで、非常に良好な状況にあるというのは今確認したとおりです。財政的にも、これだけ乗ってくると、収支としても黒字の路線になっていると思うのです。そういう状況の中で、市民的な要望が高い問題について、行革という立場からも、今できることに取り組むべきだと思っているわけです。
 今、右回りと左回りは1台当たり大体28人ということですが、iバスというのは普通のバスより小さいバスで、この定員は運転手を含めて35人です。それから座席数で言うと、13席です。このバスに平均でならして28人乗るという状況は、当然市としてはたくさん乗っていただいてありがたいということにもなるでしょうが、これだけの状況があるわけですから、現状、これらの良好な実績からしても、増便していくということが必要だと私は思うわけです。それで、せめて1時間に1本になるようにということで、これは南武線高架化事業のときには大きな路線の変更などを考えていけばいいわけですが、順番にバスをふやしていくということで取り組むことが必要だと思うのですが、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) まず事業計画の問題でありますけれども、今のところ、南武線の高架につきましては平成22年度完成ということですから、高架並びに駅前等についても一定整備がされれば、早ければ平成23年度からは路線変更等はタイムスケジュールとしては可能なのかと思っております。ただ、南武線につきましては、特に先般の関西での事故等の関係で、事故そのものはJR西日本でしたけれども、JR東日本でも全体的に少し確実に事業を進めるという方向転換がされてきているということで、矢野口駅の完成オープンなども3カ月ほどずれてきたという経緯もございますので、その辺はしっかりと見ておかなければいけないと思っております。
 それから、増便につきましては、当然そういうものに合わせながら増便するというのも一つの選択肢だろうと思っております。ただ、これはまた議会の皆さんからもいろいろと御議論をいただいておりますけれども、今の右回り・左回りというのは循環としては余りにも大き過ぎるのではないか、これを分割してそれを中継するような方法を考えていけば、よりきめ細かいバスサービスが可能ではないかといった指摘もございます。このあたりも一考していかなければいけないだろうと思っております。その辺の問題、あるいはまた駅の整備の状況なども含めて、いずれにしろ、平成22年度末から平成23年度あたりにかけて、それに向けての議論というものをスタートさせていく時期はそう遠くはないのではないかと思っております。また、確かにこの路線については黒字路線ともある程度言えるだけの乗車人員にはなってきておりますが、トータルで見ると、1,000万円強の費用がバス事業にかかっているわけでありまして、黒字になっているわけではありませんので、特にこういう厳しい経済状況等も勘案しながら、どれだけこのバス事業に税を投入できるのか、このあたりもよく見定めながら、また担当する委員会の皆さんの意見等あるいはバス会社等を含めた関係者の御意見なども聴取しながら、方向性を決定していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) せめて1時間に1本になるようにということで、さらにこちらは利便性が増して乗車もふえると思いますから、ぜひ検討していただきたい。南武線の高架化に合わせる前にも、できることはやってもらいたいということだけ申し述べて、次にいきたいと思います。
 (3)、南武線の高架化、尾根幹線の暫定交通開放に伴って、iバスの小型バス導入なども含めた充実とともに、市内バス路線を総合的に検討することについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) さきにお答えしましたとおり、iバスの運行につきましては、現在進められていますJR南武線高架事業や3駅周辺土地区画整理事業などのまちづくりの進捗状況を見ながら、既設路線の見直しを含め、検討してまいりたいと考えております。そうした中で、尾根幹線を利用した路線についても、市内を走るバス路線を総合的に見た中で検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 基本的に先ほどと同じ答弁ですが、2点ほどお聞きしたいのです。今の市長の答弁にも、これは早ければ平成22年度という話もありましたが、現在、協議はどういうメンバーで、どういう内容で、どういうペースで検討されているのか。それから、南武線高架事業や3駅周辺土地区画整理事業の進捗に合わせということですけれども、これは森本前議員などがよく言っていましたが、ではそれは一体何年度なのか。例えば、矢野口の駅前広場が大分整備されたというところをもって検討していくのか、それとも3駅そろわないとだめなのか。そういったあたり、基本的には、ではこの充実というのは何年度ぐらいを目標にして考えられているのかということについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) まず協議の内容でございますが、この協議は現在、小田急バスにお願いしているところでございますので、運行の担当者同士で具体的な協議をしております。そうした協議の中で、バス停にわかりやすい運行経路図を掲載するなど、またバスに右回り・左回りのバスの色分けをして、遠くからでもわかりやすい形をとるなど、いろいろな工夫をその中から見出してきております。そういう協議につきましては、月1回は必ず運行者同士が調整しているところでございます。また、ではいつごろに向けてかというお話がございました。具体的には、これまでもそうですが、運行経路というのは、国土交通省の認可が必要になってまいります。その認可に当たっては当然ながら交通管理者の協議が終わった部分で申請するということで、そこには若干時間的なずれが生じてまいります。いずれにいたしましても、3駅の中で一つの路線として走っているわけでございまして、ある部分だけを変更して、また次に変更という形になりますと、先ほどの全体的な1路線としての認可を絶えず変更しておかなくてはいけない。そのことによって余りそのときどきで変更されてしまいますと、利用される方々にとっては、特に高齢者の皆さんにとっては、わかりにくいということが出てまいります。ある時期に、その後の状況も見て、しばらくは変更しないで済むという状況の中で変更することが必要だと思っています。そうしたことから、今回で言いますと、高架事業の中でそれぞれの駅前広場にどういう形で入れるかということを見定めた状況が変更には必要になってくると思いますので、以前と同じ答弁の繰り返しになりますが、いずれにいたしましても、今後、高架事業がある程度見定められる状況になった段階で、申請時期を考えた中で申請していくことを考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今の答弁からすると、具体的には何年度なのかという問題では、まだ基本的には市としても具体的な見通しは持っていないということだと私は思うのです。今の話だと、3駅の駅前広場なりがある程度整備されないと、結局路線を変えるとわかりにくいという声も上がるという話もありましたが、私は少なくとも南武線の稲城長沼駅の駅前広場は随分先になるのではないかと思うのです。ですから、当面のことで言えば、駅に乗り入れることで利便性も増すということで、コースといっても、駅に入ってまた出ていくというぐらいだと私は思うので、少なくとも矢野口あたりは順番に乗り入れていくということも、市民の利便性の向上、それからバスについては福祉的な面もありますから、高齢者の皆さんたちが使いやすくなるという形で、ぜひ検討する必要があるのではないかと思うのですが、その点について再度お聞きしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 今お話があったように、例えば矢野口だけ先行してというお話もあろうかと思います。その辺については、先行したほうが望ましいのか、そうではなくて路線そのものをもう一度見直す時期に変更したほうがいいのかということが総体的に決まっていませんと、やってまた変更というのは、先ほどの繰り返しになりますけれども、余り望ましい形ではないと考えております。その辺については、矢野口の駅の形がことし、来年でほぼできてまいりますので、その段階で直せるか、直せないかということも含めて、検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 私は、市民の利便性から見れば先行したほうが望ましいと思いますので、ぜひ御検討いただきたいと思います。
 (4)に進みます。iバスの改善に利用者の声を把握し、生かすことについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) iバス路線の変更に向けましては、これまでも、市民の皆様から「市長への手紙」、要望書や、各公共施設やホームページでのアンケートの実施、また職員が直接バスに乗車して車内で利用者から生の声を聞くなど、いろいろな方法で利用者の御意見をいただいてきております。今後のiバスの路線改善に向けましては、こうした御意見とともに、バス事業者とも協議を重ね、今以上に利用しやすいコミュニティーバスとなるよう努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) これはぜひお願いしたいと思います。
 (5)に進みます。バス停ベンチの設置状況の推移と今後の計画的な設置についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) バス停のベンチにつきましては、iバス専用のバス停では、現状で設置可能な箇所から順次設置してきております。今年度は、いちょう並木通りの稲城第四小学校バス停にベンチを設置したところでございます。一方、路線バスと兼用となるバス停におきましても、定期的にバス事業者と協議を進めている中で要請しており、今年度は長峰小学校バス停にベンチを設置したところでございます。いずれにいたしましても、引き続きベンチの設置に努めるとともに、バス事業者に対しても要請してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) iバスについては、最近はほぼ時間どおりに来るようになったということですが、高齢者の方からも、ちょっとでも休めるような簡単なベンチが欲しいという声がありますから、引き続きしっかりと計画的に進めていただきたいと思います。
 (6)に進みます。市内JR・京王線各駅の改札口付近にバス時刻表を掲示することについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 市内JR・京王線各駅の改札口付近へのバス時刻表の掲示につきましては、市内の路線バスの事業者である小田急バス・京王バスと利用者の利便性向上について定期的に協議する中で、iバスだけではなく、路線バスも含めて両バス事業者と協議しているところでございます。そうした中で、鉄道事業者からは鉄道敷地内への設置は困難であるとの回答をいただいているところから、駅前広場など、道路区域内での設置について研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今、鉄道事業者は困難だと言う中で、ぜひ道路内の設置ということを早急にやってもらいたいと思います。それから、一つ聞きますが、鉄道事業者はどういう理由で困難だと言っているのかということについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 今までの協議の中で鉄道事業者から出されている話を総合いたしますと、JRにしても、京王にしても、企業としてこの中で設置するにはそれなりの負担をいただきたいというのが事業者双方からの意見でございます。広告などと同じようなたぐいでの負担ということを言っております。そうした中で、負担することは難しいということで、現在まで設置されていないという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 私たちもこの問題については申し入れなどもしていますが、なかなか実現しないということで、鉄道事業者は困難と言うけれども、別に大きなポスターを張り出すわけではないので、この点は私たちも引き続き努力していきたいということで、次に進みます。
 大項目2、介護保険の介護判断基準の後退問題についてであります。介護保険で4月実施予定の要介護認定の新方式に伴い、利用者から聞き取り調査をする際の判断基準が大きく変えられ、重度の寝たきり状態の人などが複数の調査項目で「自立(介助なし)」と認定されると言われています。認定の軽度化に拍車がかかり、利用者の生活に深刻な打撃を与えるおそれがある問題であり、4月からの認定方式と調査基準の変更は延期して十分な検証を行い、そして市民・国民の意見を聞くことが求められると考えますが、市の認識をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 要介護認定は、介護保険制度の信頼性を確保するための制度であり、要介護者が公平かつ適正に介護サービスを受けるためにはなくてはならない重要な仕組みであると認識しております。今般の改正は、現行の認定基礎データが平成13年度と古いものであること、審査判定にばらつきがあること、調査項目が煩雑であることの理由から、コンピューターソフトが大幅に見直されたもので、最新のデータに基づく一次判定ソフトが構築されたものと聞いております。新要介護認定は本年4月の申請者から適用されることとされておりますが、御指摘のような不安が解消されるよう、国に対し、重ねて丁寧な説明を求めてまいりたいと考えております。なお、市では、新要介護認定に向けて、認定調査員研修や審査会委員研修を実施するなど、適切な対応を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 不安が解消されるように、国に説明を求めていくということ、それからいろいろとそれについてのきちんとした対応を考えていくといった話だったと思いますが、専門的な方たちからは、不安ではなく、実態として、改定そのものが介護度を低くするために改定したとしか思えないという声も上がっている、そういう大変深刻な問題として市でもとらえてもらいたいと思うわけです。現実に認定の軽度化に拍車がかかって、利用者の生活に深刻な打撃を与えるおそれがあるということを通告でも言ったわけです。この間何が大きく変わっているかというと、内容的には、聞き取り調査の方法や判断基準を示した認定調査員のテキストというものに大幅な変更が加えられているということが明らかになったのです。例えば、移動や移乗の調査項目で、移動の機会がない重度の寝たきり状態の人は、これまでは「全介助」と判断されてきました。ところが、新テキストでは、介助自体が発生しないから「自立」を選択するということを迫っているわけです。重度の寝たきりの状態の人に「自立」という状態。それから、食事摂取の項目でも、食べ物を口にできず高カロリー液の点滴を受けている人で、食事の介助が民生していないとして「全介助」から「自立」に変更されてしまうという問題で、症状の重い利用者を「自立」と判断するという逆立ち基準になっているわけです。ですから、心配や不安の声が上がるのは当然だと私は思うのです。
 それで、この間これが明らかになった後に、全日本民主医療機関連合会が4月実施予定の新しい要介護認定方式に基づいて一次判定の検証ということをやったのです。12人の介護保険利用者のうち9人に、現在の要介護度より軽度の判定が出たということなのです。この内容を見ると、非常に深刻なのです。幾つか例を挙げると、肺がん末期で入退院を繰り返している73歳の車いすの男性は現在「要介護1」です。ところが、新しい認定方式では「要支援2」に下げられるということです。これで何が起こるかというと、週に9回利用しているヘルパーを最高でも週3回しか利用できなくなり、食事・排せつ・入浴・掃除の援助が不足し、生活が破綻するということです。また、先天性の股関節症などがある68歳の女性は「要介護1」から「要支援2」に下がるということです。病弱な夫と要介護状態の母親と同居中なのですが、ヘルパーを週10回から3回に減らさざるを得なくなって、夫の負担が激増し、家族3人の生活が危機に陥る。こういう問題が起こるであろうということが具体的に明らかになってきたのです。
 ですから、これは代表質問でも言いましたが、稲城市でも、第4期介護保険事業計画が4月からスタートします。ここには、「稲城市は、介護が必要となっても人間としての尊厳が保持され、安心して老後を迎え、心豊かに生きがいをもって暮らすことのできるまちをつくります」というすばらしい基本理念を掲げているわけです。ですから、認定が下がって、市民の暮らし・生活が危機に陥るということのないように、市としてしっかり対応していくということが必要だと思いますが、このことについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、稲城市の介護保険事業計画における基本理念といいますのは、市民が安心して生活できる豊かな福祉のまちづくりを目指すものとして定めたものでございまして、これは稲城市、介護サービス利用者、介護サービス事業者、また市民がそれぞれの役割を果たしながらみんなで進めていくことを掲げているものでございます。一方、要介護認定の審査判定基準は、全国一律のものとして厚生労働省令で定められているものでございまして、平成12年の制度創設時より、対象者の介護の手間の判断によって審査が行われるという基本的な考え方は変わっておりませんが、先ほどお答えしましたとおり、平成13年度の古いデータに基づく一次判定ソフトを最新のデータに基づく判定に変更するなどの一部変更が行われるものでございます。市では、要介護認定が国の基準に照らして中立公正に行われることが求められておりますので、この適正な審査を行っていくことで、信頼される制度、また稲城市が目指す福祉のまちづくりにつながっていくものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 先ほども言ったように、民医連というところの専門的な方たちが集まって、認定調査員や審査員の方たちが大きな不安を抱いていて、先ほど言ったように、かなりの割合で現在の認定より低くなり、サービスの制限が余儀なくされ、在宅で安心して過ごせる状況ではなくなるのではないかということが言われているわけです。先ほどの部長の答弁では、稲城市の介護保険事業計画を実現することと国の制度の改定は別のように聞こえましたが、別ではあり得ません。この「介護が必要となっても人間としての尊厳が保持され、安心して老後を迎え、心豊かに生きがいをもって暮らすことのできるまちをつくる」ためには当然国の制度もきちんとしていなければならないわけで、先ほどのように、週9回のヘルパー利用が週3回になって生活が破綻するような状況などが起こって、この介護保険事業計画の基本理念が実現できるということにはなり得ないと思いますので、このことについてきちんと意見を言っていくという姿勢が求められると思います。今後4月に入って、これが大変な事態になることは間違いないのです。ですから、市民の暮らしを守る立場に立ってきちんと対応することを考えていくことが必要だと思いますが、その点について改めてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 先ほど週9回が週3回に下がるという例のお話がございましたけれども、個々の事例は私どもは把握しておりませんけれども、いずれにしても、そのようにならないよう、適正な審査判定を行っていくことが大事だと考えております。先ほどお答えしましたとおり、引き続き国等に対しましては、稲城市でも実施していく中で問題点等があれば、改善要請等をしていきたいと考えております。なお、市では、状態が改善されていないにもかかわらず認定結果で改善されたということがないように、認定調査員研修あるいは認定審査員研修などを行いまして、国の基準に照らして介護の手間が正しく把握されるよう対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) では、次に進みます。大項目3、市立病院の夜間・休日の小児救急の充実についてです。市立病院の夜間・休日の小児救急について、子供の保護者の方たちから、診てもらえないときがあるといった声が寄せられています。小児科医が不足しているという厳しい社会状況のもとで、市立病院の小児救急の現状と課題、そして充実について問うものです。
 (1)として、夜間・休日の小児救急体制の現状と課題についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 市立病院の夜間・休日の小児救急につきましては、小児科医師4名と大学からの応援を得て、原則1名体制で行っております。なお、毎週水曜日の午後7時から午後11時までの間は、市内の小児科開業医師の先生方に応援をお願いしておりますので、2名体制となります。また、救急業務とは別に、リスクの高い分娩や帝王切開に立ち会うほか、入院中の新生児の診察も行っています。したがいまして、医師不足の現状から、日曜日の夜間等は救急が組めない場合がありますし、手術に立ち会っているときは救急患者さんをお断りする場合もあります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) この問題は、市民の方から切実な声がかなりあると思うのです。ある方は、子供がけいれんを起こした際に119番をして、救急車は5分ほどで到着したのだけれども、市立病院に連絡をとったけれども、なかなかオーケーが出なくて、結局永山の日医大に搬送されたということなどがあるわけです。子供が夜に高熱を出したり吐いたりしたときに、切実な思いで市立病院に連絡をして断れてしまうと、医師の方々も努力されていると思いますが、どうしてという気持ちにもなると思うのです。答弁にもありましたけれども、病院年報というものが毎年出されていて、最新版の2008年版を見ると、小児科について、小児科病棟及び新生児の病棟対応のために緊急外来の診療を行えないこともしばしばあると、今の答弁と同様のことが書いてあるわけです。私は、当面この問題を改善していくに当たって、課題は2つあると思うのです。1つは、夜間・休日の小児救急の体制は原則1人という状況ですが、今言ったように、分娩とか帝王切開とかの手術に立ち会う等で診察できないという場合をどうやって極力減らしていくのか。2つ目としては、今1人体制で大体カバーされていて、あいてしまうときがあるのは休日の夜間です。このあきをどう埋めるのかということです。そこでお聞きしますが、まず1点目として、今産婦人科・小児科の医師不足は深刻になっているわけで、その中で市立病院の先生方は大変頑張っていると私は考えておりますが、そうした大変な実情もしっかり受けとめていく必要があるということで、まずその実情はどのように認識しているのかという問題、それから現在の社会情勢も含めて、どういう状況か。2点目は、その上で休日の夜間についてはどのように埋めていくことを今考えているのかということについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) まず現状の認識なのですが、現状については2月の例を出して説明したいと思います。2月については、平日も含めて夜間は28日間、あと休日もございますので、土曜日・日曜日の昼間という部分を足しますと、日当直をやらなければいけないときが37こまあるわけですが、そのうち当院では31こまを埋めているという現状でございます。今、小児科医師が正職員として4名います。その4名が31こまのうちの19こまを埋めました。そして、大学からの応援によって12こまを埋めました。6こまだけはどうしても埋められないということです。私たちの認識では、休日も全部埋めたいというのが偽らざる気持ちでして、必ず埋めなければいけないという使命感もございます。しかし、医師不足の折、大学に応援してもらおうと思っても、大学から派遣する医師がいない。今これについては金額的にも相当高い金額を払ってお願いはしているのですが、どうしてもいないということです。今後につきましてはもちろんふやしていきたいと思っているのが現状の認識でございます。2点目の休日の夜間につきましても、今説明したとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) それでは、(2)に進みたいと思います。年間の受診件数、受診できなかった件数等、小児救急の受診の現状及び課題についてどう認識しているのか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 小児救急の夜間・休日の受診状況は、平成19年度が3,149人、平成20年度は現在までで2,925人となっております。また、先ほど申し上げた理由などから受診できなかった患者さんは、平成19年度が88人、平成20年度は2月23日現在で42人となっております。救急患者さんの場合、一刻も早く診察を受けなければなりません。したがいまして、当院で診ることができない患者さんにつきましては、診られる医療機関に早く行くことが大切でございます。当院におきましてもそれらの医療機関が案内できるよう、情報の収集・提供に努力していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) これは、夜間・休日の問題と、もう一つの現在行っている夜間の救急で受診できないということが結構あるようだということです。この問題は、実は市内の多くの、特に小さなお子さんを持つ保護者の共通の願いであると私は思うのです。市内の保育園の保護者会が集まってつくっている稲城市保育園保護者会連絡会──通称稲保連では、毎年市に対して保育・子育て施策の改善等について要望書を出して、懇談も行っていますが、この要望書の中でもトップに挙げられているのが、市立病院の夜間・休日の小児救急の改善ということです。保育園の保護者のアンケートをもとにしてこの要望書をつくっているわけですが、具体的に、特に夜間、市内の病院で診てもらえることがほとんどないとか、市立病院がだめで、都立府中病院へ行ったが、吐いている子供を乗せてひとりで運転したのはつらかったといった切実な声が寄せられています。と同時に、今全国的にも、またこの多摩地域の問題も先日の伊藤ちか子議員の質問でも明らかになりましたけれども、小児科、特に救急を維持していくというのは大変な状況の中で、市立病院は非常に頑張ってやっている。そして、市民は市立病院に本当に大きな期待も寄せているということでもあると思います。
 そこでお聞きしますが、まず一つは、こうした要求はずっとあって、何で診てもらえないのかといった連絡はかなりいっていると思うのです。平成19年度と平成20年度の数字を今教えてもらいましたが、平成19年度は3,149人、平成20年度は現在までで2,925人ということで、大体同じと考えたとして、ただ断った件数は平成19年度が88人、平成20年度は現在までで42人ということで、これ自身、数字的には大分少なくなってきていると思うのですが、この点については市立病院では何かそういう取り組みをしてきているのか。今の答弁にも若干ありましたが、もう少し詳しくお話しいただけることがあれば、お聞きしたいと思います。
 それから、医師が1人常駐しているけれども、受け入れられないというケースは、出産に伴う問題とか、入院されているお子さんの診療とか、そういうケースがほとんどすべてだと考えていいのかということをお聞きしたいと思います。
 それから、年間で平成20年度は現在までで2,925人ということですが、これを1日当たりに直すと、受診件数としては何件ぐらいになるのかということをお聞きしたいと思います。
 もう1点ですが、それでもどうしても受診できないという場合が起きてくるわけです。その場合の対応が大切になるわけですが、答弁もされたとおり、他の医療機関の案内、それから情報の提供等がスムーズにされるという点。特に、夜中に子供が泣いている、しかも車もないとか、そういう大変な状況でパニックになって電話をしてくるわけで、対応をしっかり行うという点についても非常に要望が多いのです。次の連絡体制をきちんととってほしいとかということで、この取り組みについてどのように考えているのか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 断り状況につきまして、断りが減ったという部分はありますけれども、大学から非常勤で来る医師につきましては、私どもも毎朝その入院の受け入れ状況あるいは断り状況もチェックしておりますが、定期的に多い方が確かにいらっしゃいました。そういう部分につきましては、院内でも、こういう人はまずいということで、大学に申し入れてかえていただいて、そういう部分がきちんとなった点で少し減ってきたのかということでございます。当院の医師については、ほとんど断らないでという形で診ているのですが、理由がわからないということがあった部分につきましてはそういう改善がなされました。
 それから、1日当たりの患者さんでございますが、平成19年度では小児科は1日当たり8.6人、小児科も含めて全体では1日当たり27.3人ということで、平成20年度の2月いっぱいまででは小児科は8.8人ということで0.2人ふえておりまして、全体では24.6人ということで、全体での受診患者は減っているにもかかわらず、小児科は微増というところでございます。
 対応につきましては、基本的には、電話があった場合、必ず医師が電話に出るということを原則にしておりますけれども、確かに医師が手術室などにいてほかの患者さんを診ているとか分娩に立ち会っているという場合には出られませんので、そういう場合には事務当直のほうで断っていることがあるのですが、丁寧にということで、そこでも診療情報を伝えられるようにしたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) では、次に進みたいと思います。(3)、夜間・休日の小児救急の充実に向けたこの間の取り組みと今後の取り組みの基本姿勢についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 小児科の医師不足と近隣の状況につきましては、さきにお答えしたとおりでございます。なお、医師の確保につきましては、関連大学への医師派遣の働きかけ、当直医師の募集等、今後も継続して実施してまいります。また、平成19年11月から地域連携小児夜間・休日診療事業として、毎週水曜日の午後7時から午後11時まで、市内の小児科の先生の応援をいただき対応を行っておりますが、これらの取り組みにつきましては今後とも続けていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) ぜひ充実する方向で考えてもらいたいと思いますが、1点、再質問したいのは、今後の取り組みということについては、昨年の平成20年9月3日に稲城市立病院から「公立病院改革プラン策定に向けて」という報告書が市議会のほうにも報告されました。それを見ると、救急患者の受け入れのことについて、受け入れを増加して、断りを少なくするというのが一つの改革の目標で、これは小児科だけではないのでしょうが、こういうことも書かれているわけです。今答弁もありましたけれども、この辺を夜間・休日の小児救急との関係ではどのように具体化していこうと考えているのかということについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 私どもの病院は入院を中心とする二次医療機関でございますので、入院をふやしていかなければいけない。現在の病床利用率ではまだ低いということから、改革プランでも示したように、今後とも入院の受け入れを行っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 先ほどから述べているように、医師不足は大変な社会問題となっておりまして、産婦人科・小児科の医師不足は大変深刻なわけです。その中で市立病院の医師の皆さんの大変な努力、そして実情をしっかり受けとめながら、市立病院の夜間・休日の小児救急について、市民が本当に安心できる大切な病院であり、大きな期待が寄せられる中で、ぜひ引き続きしっかり取り組んでほしいということを述べて、次に進みたいと思います。
 大項目4、保育制度改変問題、待機児童解消等についてということであります。
 (1)として、政府は、直接契約制度の導入、保育所最低基準の緩和・撤廃などの保育制度改変を進めようとしています。これまでの国・自治体が保育の実施・公費負担・水準確保に責任を持ってきた仕組みをなくし、市場原理のもとで営利企業などに保育サービスを競わせようというもので、公的責任を大きく後退させるものです。低所得世帯の子供や障害児が入所できなくなる、保育士の非正規化や不安定な就労などによる保育の質の低下、保育料負担の増大などが懸念されるもと、安心して子供を預けるために、国・自治体がきちんと保育に対する責任を果たすことこそ求められていると思います。このことについて市の基本認識を問います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 厚生労働省では、地方自治体関係者や労使関係者の参画を得た社会保障審議会少子化対策特別部会において新たな保育制度について検討がなされ、さらに保育事業者などからなる次世代育成支援のための新たな制度体系の設計に関する保育事業者検討会の意見を得るなどして、2月24日に第1次報告書が出されたところでございます。この報告書は、今後の新たな制度体系の詳細設計に向けた中間的な取りまとめを行ったものでございまして、新たな制度体系の具体化に向けた検討が今後も続けられることになっております。市としましては、こうした国の動向を注視してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) この問題については、12月には稲城市議会でも陳情が提出されて、趣旨採択になりました。多摩地域ではかなり採択されて、このような改定ではなくて、国・自治体が保育に対する責任を果たしてほしいという声は今大きくなってきていると思います。まず、今の答弁にあったとおり、2月24日に厚生労働省の社会保障審議会少子化対策特別部会で保育制度の改定案が第1次報告としてまとめられたということで、昨年末にまとめようと考えていたようですが、現場の保育関係者の人たちなどから、特に国・自治体の責任を放棄していくという問題について批判の声も上がってきた問題です。ただ、このことについては今、希望する保育所を選べるとか、保育所の数がふえる等という宣伝がされています。一般の新聞などでも大体そういう論調になっていると思うのですが、この新制度案の内容はそういうものではないと私は思うわけです。
 幾つか言われていますが、希望する保育所を選べるということで、家から遠い、兄弟が別々の園とかということがその審議の中で問題になって、こういう形で改革するなどということが出てきたわけですが、これはそもそも保育所の絶対数が足りないという問題があるからで、市町村の自主責任を外して、保育所と利用者が直接契約を結んでも、結局定員以上に希望者がいれば全員入れないというのは、この直接契約を盛り込むことと何らかかわらないということはだれにでもわかることだと私は思うわけです。
 それから、これは稲城市もそうですが、今は窓口で市町村が一括して保育所入所の希望を受け付けていますが、直接契約になると、親は子供を抱えて複数の園を駆け回って入れるところを探さなければならない。そして、新制度になって保育所がふえるという保障も実際には全くないのです。この中の議論にもありましたけれども、現行制度だと、都道府県が財政負担を嫌って認可したがらないからふえないという言い分であるわけです。だから、都道府県の裁量権をなくして、最低基準を満たした事業者には参入を認めるのだということで、民間営利企業の参入を認める方向を打ち出そうということで進められてきていますが、そういうことなら、そもそも現行制度のもとで保育の予算を国が拡充して補助をふやせば済む話です。この間、都道府県、そして稲城市などの市町村もそうですが、国が補助をしない、減らしてくる。これは三位一体改革の問題もありますけれども、一般財源化するとか、そういう形で実際には非常に厳しい自治体に保育園をつくることを押しつけるという状況のもとでふえないのは当然なのであって、これは国の責任で、今少子化対策を真剣に考えるのであれば、国の補助をふやせば済む問題であります。
 そして、今回の改定では、自治体の保育実施義務はなくなり、自治体は保育所の整備計画をつくったり、基盤整備をしたりする役割しか持たなくなる。保育実施義務はなくなるというところが非常に大きな問題です。結局、企業などの参入を促すために、園庭や調理室の必置義務、保育室の面積基準などの最低基準を緩めて、質を下げて保育所をふやすという方法に進む危険性があると思うわけです。
 前回も取り上げてきましたけれども、この制度を改定するモデルと言われているのは、東京都の認証保育所であります。今、稲城市でも認証保育所は3園になりましたけれども、市内の認証保育所については、大変心配する声が保護者の皆さんから寄せられてきているわけです。幾つか言うと、「年度の途中でも保育士さんの入れかわりが頻繁にある。子供にとってはもちろん、親にとっても不安になる。認証保育所では年度途中でも先生の入れかわりが多い」ということです。それから、最近退園した方の話では、「子供2人が認証保育所でけがをして、上の子は歯を折って、下の子は縫うほどのけがをした」ということで、「信用できない」と。これは、遊ばせていた場所がコンクリートの広場だったらしいのですが、「公園であればこういうことにならなかったのではないか」という声なども寄せられているわけです。認証保育所には園庭がないということが一つ、本当に子供たちにとってそれでいいのかという問題になっていますが、こういうことが実際に起きてきているわけです。そして、「認証保育所がなければ、仕事をやめざるを得ないし、感謝しています。でも、仕方なく預けているというのが現状で、そういう事故の話などを聞くと、かなり不安です」という声も寄せられているわけです。厚生労働省の制度改変のモデルと言われる認証保育所については、こうした実情が今ある。そして、私たちは、これらの認証保育所について、もちろん今待機児童が大変多い中で、これを活用するということについては否定するものではありませんが、園庭がないという問題、それから保育士や職員の賃金・労働条件が低いという問題、それから保育料は当然高いということで、所得の低い人はそもそも預けることも難しいという問題。こういう状況の中で、多様なニーズや財政効率といった名によって、時間ごと、曜日ごと、そして年ごとに保育者が入れかわるような保育が本当に子供によい保育と言えるのかということを一貫して言ってきたわけでありますが、今度はこうした認証保育所を国の認可保育園の基本にするということで本当によいのでしょうか。
 何より今求められていることは、希望する保育所に入れるようにしてほしい、安心して預けられる保育所をふやしてほしい、これが子育て世代の切実な願いであることは間違いありません。特に不況のもとで家計を支えるために働きに出たい女性がふえ、後でも取り上げますが、各地で保育所入所希望者が急増しているわけです。ですから、今必要なことは、現行制度のもとで抜本的に保育予算をふやす。国の責任で期限を切って認可保育所をきちんと緊急に整備していくということで、児童福祉法、そして地方自治体の福祉の増進という基本に立って、国・自治体が保育に対する責任を果たす視点からの充実が求められているというのが、今子供たちの保育の問題では大きな課題です。このことについて改めてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今お話がありましたように、児童福祉法におきましては、私立保育園への委託を含めまして、市町村に保育の実施の義務が課せられておりますが、これには例外規定が設けられておりまして、「付近に保育所がない場合等やむを得ない事由があるときは、その他の適切な保護をしなければならない」となっております。このため、稲城市としましては、今お話のありました認証保育所や家庭福祉員制度なども活用しながら、さまざまな工夫をしながら対応を図ってきているものでございます。今回の制度見直しは、このような問題も含めました見直しと理解しておりますが、内容にはさまざまな課題があることも承知しております。ここで第1次報告が出たわけですけれども、国では今後も検討を続けていくとしておりますので、市としましては引き続きその動向を見守ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今、国ではそういう形で第1次報告が厚労省のもとにつくられたわけですが、実は昨年の時点で国会では現行保育制度の堅持と拡充を求める請願署名というのが衆参両院で採択されていて、今なぜ政府が国会で採択された方向とは全く異なる方向でいくのかということに私は大変大きな疑問がありますが、そこでは国と自治体の責任による児童福祉法第24条に基づいた保育制度の堅持と拡充ということをきちんと述べられているわけです。そして、直接入所方式の導入をやめることとか、最低基準の廃止・切り下げではなく抜本的な改善とか、保育に要する費用は国と自治体が責任を持って負担し、一層の拡充を図ってくださいということが、衆議院・参議院の両院で採択されている状況ですから、国・自治体の責任による保育制度を堅持・拡充する姿勢に立った保育の充実こそ私たちは引き続き求めていきたいと思います。
 (2)にいきたいと思います。待機児童の推移として、5年間の年度当初の定数と待機児童数、定員弾力化による受け入れ児童数の現状、そして市の待機児童解消の取り組みについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 保育所待機児童数などの平成16年度から5年間の推移につきましては、各年度当初におきましては、平成16年度は認可定員が1,456人、弾力化による受け入れ定員が1,524人、待機児童数は新基準で47人、旧基準で64人となっております。以下、平成17年度は認可定員1,471人、受け入れ定員1,547人、待機児童数は新基準で47人、旧基準で65人、平成18年度は認可定員1,471人、受け入れ定員1,541人、待機児童数は新基準58人、旧基準85人、平成19年度は認可定員1,496人、受け入れ定員1,563人、待機児童数は新基準7人、旧基準47人、平成20年度は認可定員1,496人、受け入れ定員1,566人、待機児童数は新基準47人、旧基準80人となっております。なお、各年度当初におけるあき状況につきましては、平成16年度は58人、平成17年度は45人、平成18年度は42人、平成19年度は62人、平成20年度は54人となっております。待機児童解消につきましては、受け入れ定員の弾力化を行うなど、さまざまな工夫をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) それでは、何点か再質問させていただきたいと思います。今、認可保育園に入れない、来年度も入れなかったという声があります。まず、今の数字に加えて何点か数字的なことを確認したいのですが、年度当初は47人ということでしたが、最新の2月末で待機児童数はどれぐらいになっているのか。それから、平成21年度、今度の4月ですが、もう保育園の通知は出されていると思いますけれども、次年度の待機児童数をどう予測しているのか。昨年よりふえる状況があると思いますが、今どれぐらいになっているのか。それから、待機児童について、年齢別にどうなっているのか。それから、待機児童の多い地域はどの辺なのか。それから、稲城市の人口増加率は全国の中でも大変高いということを市長も言われていますが、今後乳幼児数の増減はどのように見ているのか。これらの数字についてまず聞きたいと思います。
 それから、この間、待機児童の問題が連日新聞等マスコミでも報道されています。ここに「保育所入所希望が殺到」という2月20日金曜日の毎日新聞の夕刊の1面の記事があります。「東京都内で4月からの認可保育所への入所申し込みが殺到している。不況で家計が圧迫され、働きに出ざるを得ない母親が急増したのが原因とみられる。女性の就業率上昇により保育所のニーズは年々高まっているが、不況が保育所不足に拍車をかけた格好だ」ということで、これには23区の状況が書いてあります。そして、保育園を考える親の会の方のコメントとして、「危機的状況だ。保育所以外の空き施設を臨時に活用するなどの緊急対策が必要だ」ということが言われております。そこで、各地で申込者が大変ふえているわけですが、稲城市では今年度、それから次年度の申込者の数はどのようにふえているのかについてお聞きします。
 それから、今ここでも述べたように、待機児童が急増する中で、緊急対策を検討する必要があると思いますが、それらの点についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今何点かいただきました。まず2月末の待機児童数でございますけれども、新基準で145人、旧基準で221人となっております。それから、次年度の待機児童数の予測ということでございますけれども、これについては今年度、認定こども園も開設している状況もありますので、まだ現在は状況がわかっておりません。もう少し状況を見る必要があると考えております。
 それから、待機児の多い年齢層あるいは地域ということでしたが、待機児童数の多い年齢は、多い順にゼロ歳児、1歳児、2歳児となっております。地域別には、これは整理できておりませんけれども、園のある所在地でいいますと、矢野口地区にある保育園、それから東長沼地区にある保育園での待機児童が多くなっております。
 それから、今後の予測という言い方だったですか。ちょっとわからなくなったのですが、今後の予測につきましては、データ的にはないので難しいところがありますけれども、昨年12月に国立社会保障・人口問題研究所が発表しました人口予測の中身を見てみますと、これは5歳刻みで5年ごとの推計ですので、詳細はわかりづらいのですが、人口はずっとふえていきますけれども、乳幼児数は、5歳刻みということでゼロ歳から4歳のところを見てみたのですが、2010年より2015年は減っております。以後減少が続き、2030年からまたふえていくという内容になっております。ピーク時はわかりませんけれども、そのような状況から判断しますと、ここ数年は乳幼児の人口は増加するのではないかと判断しているところでございます。
 それから、申込者の状況は、これはまだ第1次申し込みの状況ですけれども、今年度──平成20年度は376人でございました。次年度は、これはまだ途中ですけれども、411人となっております。
 それから、緊急対策のお話がありましたけれども、市でできる緊急対策は何かというと、これは職員の確保であると考えております。職員を確保しないと事業は始まらないわけでして、この確保によって定員の弾力化が図られるということがございますので、市としましては、これまでも保育士の募集等についてはハローワークあるいはインターネットを活用して常時行ってきたのですが、なかなか集まらないという状況がございます。緊急対策というわけではございませんけれども、引き続き担当部署とも協議しながら、また募集の強化を図っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今、待機児童解消の問題には緊急に取り組む必要があると思うのです。今の答弁にあったように、今年度376人、それから新年度411人の申し込みですから、35人ふえているという状況です。ですから、正確な数字はこれからでないとわからないということでしょうが、この数字はわかっているのだから、昨年度当初の47人よりふえることは間違いないと思うのです。このことについてはどうですか。
 それから、こういう状況の中で、この間マスコミでも報道されていますが、板橋区は3園新設、新宿区は小学校の空き教室を活用するという取り組みをしています。それから、厚生労働省は3月6日に、待機児童の解消に向けて、賃貸物件で保育所を新設する際の開設経費を国庫補助の対象とすることを決めたということも書かれています。厚生労働省の保育課によると、既存の対策でも解消が難しい上、経済情勢の悪化から専業主婦が働きに出るなどして保育ニーズの増加が見込まれるため、子育て支援の拡大が必要と判断したということです。国でもこうした対応をせざるを得ないというのが現状ですから、市としてもきちんとこの緊急対策をするということを改めて求めたいと思います。この点についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 待機児童数につきましてはもう少し状況を見る必要があると申し上げましたが、先ほどお答えしましたように、申込者数自体がふえておりまして、その一方で認定こども園にもまだ若干あきがあるという状況もありますが、いずれにしましても待機児童数はふえるのではないかと推測しております。
 それと、緊急対策としては、いろいろな方法があると思うのですけれども、一般的に新たな開設とか、あいている施設を活用としてというのは、人員基準・施設基準等がありますから難しいということで、先ほどお答えしましたように、職員の確保がまず一番よい手だてではないかと考えております。職員の確保を図れれば、さらに定員の拡大増ができますので、市としましては、ぜひ職員の確保・増に努めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) この点については、ぜひしっかり取り組んでもらいたい。保育園に入れないというのは大変深刻な事態ですから、お願いしたいと思います。
 最後に(3)、認可保育園を中心に位置づけて、保育環境の整備・充実、そして待機児解消に取り組むことについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市では、保育需要にこたえるため、平成16年度には第六保育園の増築、また第一保育園に分園を開設、平成18年度には私立保育所の増築をするなど、認可保育所の整備を進め、待機児の解消を図ってきております。また、今年度は、第一保育園の民営化の際には定員増を図るなど、さまざまな工夫をしつつ、待機児解消策に取り組んでまいりたいと考えております。一方、多様化する保育ニーズへの対応の選択肢の一つとして、東京都認証保育所の活用を図ってきております。また、来年度には認定こども園の開設も予定されておりますので、こうした新しい制度も活用してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 先ほど過去5年間の数字を答弁していただきましたが、平成16年度と平成20年度を比べると、受け入れ定員で見ると、平成16年度1,524人が平成20年度1,566人ということで、この4年間で44人ふやしたわけです。けれども、先ほど言ったように、平成20年度の待機児童は47人ということで、待機児童はなかなか減らないというより、希望者がふえているということです。それから、先ほど確認したように、今年度は新規の申し込みだけで35人もふえていて、昨年の47人を超えるだろうという見通しに今なっている状況で、不況で共働きをせざるを得ない家庭が多いわけです。これ以上の待機児童の増加は、働きたくても働けないという深刻な事態をさらに広げるということになります。そういう意味で、東京都は認証保育所の活用ということでやってきましたが、東京都でも2010年度までに保育所定員を6,500人ふやすとの3カ年事業をつくっているわけです。ですから、私はぜひ認可保育園を中心に位置づけた保育環境の整備・充実、待機児童解消にしっかり取り組むことが必要だと思いますが、この点について改めてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 東京都では、平成20年度〜平成22年度におきまして、保育サービス拡充緊急3か年事業の着実な実施により保育サービスを定員1万5,000人分整備するとしておりまして、平成21年度からは待機児解消区市町村支援事業を2カ年実施するとしております。この具体的な内容としましては、保育所等の開設準備の支援、それから事業者負担軽減のための開設準備経費の補助、あるいは待機児童解消に資する事業となっておりまして、この補助はもともと民間事業者に対する補助でございまして、認可保育所・認証保育所あるいは認定こども園の開設に対する補助が主体となっているものでございます。この中では、先ほどちらっと申し上げましたが、待機児童解消に資する事業におきましては、公立保育園であっても、認可保育所の定員の弾力化に向けての取り組みに対しましては補助内容となっているようですので、市としましても、先ほど申し上げましたとおり、定員の弾力化に取り組んでいくことが最善の策ではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 私はぜひ空き施設の活用なども含めて、国でもそういう動きもあるわけですから、待機児童解消にしっかり取り組んでもらいたいと思います。子供が保育の中で経験することは、その子の人生そのものであって、同時に未来に向けての準備でもありますから、それ自体が重要な意味を持つ人生の第一段階としてしっかりとらえて、地方自治体として公的責任をしっかり果たしていってもらいたいということを最後に求めて、私の質問を終わりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、3番、岡田まなぶ君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                                 午後3時 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午後3時15分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の10番、多羅尾治子さんの一般質問を許します。2番、多羅尾治子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 今回は大きく3項目について質問していきたいと思いますので、よろしくお願いします。
 まず第1項目として、市民の生活支援策についてということです。(1)として、生活困窮者を無料または低額で診療する無料低額診療事業を行うことについてであります。自民党の構造改革路線のもとで格差と貧困が拡大し、さらに深刻な不況が押し寄せているという状況で、生活困難者支援策に取り組むことが求められていると思っております。働く貧困層と言われるワーキングプアが1,000万人以上となり、生活保護世帯は100万世帯、150万人を超えています。厚生労働省がまとめた調査では、2008年10月から2009年3月までに派遣・請負などの非正規労働者が15万人失職する。そして、製造業の派遣・請負企業の業界団体では、40万人という推計さえしています。ホームレスの人も、2008年1月は1万6,000人と報告されていましたが、数が大幅にふえることが予想されています。
 この年末年始には年越し派遣村が話題になりました。私も年越し派遣村に行ってみました。12月、1月という寒空の中にほうり出されて、食べる物もなく、外で夜を明かす生活を余儀なくされた人が大勢いらっしゃったということで、本当に異常なことではないかと思います。このようなことを引き起こした政治の責任は大きいと思いました。そして、この派遣村にたどり着いたときには体を壊している方も多く、即入院という人もいました。
 失業している、いないにかかわらず、国民が医療を受ける権利を保障するということは非常に重要なことになってきていると思います。そのために生活を医療面から支える無料低額診療事業の拡充や活用が必要になってきていると思いますので、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 御質問の無料低額診療事業は、社会福祉法第2条第3項第9号の規定に基づき、生計困難者が経済的な理由によって必要な医療を受ける機会を制限されることのないよう、無料または低額な料金で診療を行う事業でございます。また、無料低額診療事業は、第二種社会福祉事業として位置づけられており、固定資産税や不動産取得税の非課税など、税制上の優遇措置が講じられております。この無料低額診療事業施設は、現在都内に43施設ございまして、多摩地域には14施設ございます。現在市内にはございませんが、医療費で困っているなどの相談があった場合には、これら施設について情報提供をしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 今、都内で43施設が無料低額診療事業を行っているというお答えをいただきました。稲城市でもこの事業を行うことや、市民にこの制度を知らせていくとか、事業を広げていくという取り組みが行われる必要があると思っているところです。2008年7月10日に厚生労働省がまとめた医療機関の未収金問題に関する検討会報告の中で、3,270病院で1年間に219億円もの未収金が発生しており、その最大の理由は、患者が医療費を支払うだけの資力がないほど生活が困窮していることだと指摘しています。私自身も市民の方から、失業していて医療費が払えないので病院に行っていないというお話を伺ったり、入院したけれども、医療費が払えないといった相談を受けることがありまして、生活保護のほうに相談に行ってもいろいろな理由で受けられないという方もいらっしゃいまして、大変深刻な問題だと思っているところです。
 それから、身近なところで今どのような状況になっているかということで、稲城市立病院で生活保護の方の受診の数や、病院の窓口で医療費を払えない人の数を調べていただいたところ、ことしの1月の外来患者では、まず生活保護の方が250人、それから窓口で医療費が払えなかったという方も250人ぐらいいたということをお聞きしました。そのときには窓口で払えなくても後で支払うという方もいらっしゃるので、推計で年間で300人ぐらいの方が医療費を払えないということになるのではないかと思います。今稲城市内にこの制度で診療を受けられる病院はないという状況ですので、身近なところで無料低額診療事業を行うということができないだろうかと思っております。
 また、市民に広報などで知らせていくということで取り組めないかと思うのですが、この点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、無料低額診療事業を行う事業者といいますのは、先ほどお答えしましたけれども、生活保護法による保護を受けている者及び無料または診療費の10%以上の減免を受けた者の延べ数が取扱患者の総延べ数の10%以上であること、そのほか医療ソーシャルワーカーを配置していくなど、幾つかの条件がありまして、若干厳しいものがあるかと思いますけれども、その一方で、固定資産税の優遇措置あるいは水道・下水道料の減免などの措置が講じられているものでございます。事業者としてこの届出を行うかどうかは、これらの条件を踏まえまして事業者が直接自分で判断するものと考えておりますので、市としては状況を見てまいりたいと考えております。市内には、先ほどお答えしましたように、その医療機関はございませんけれども、この近くでは桜ヶ丘記念病院が該当していますので、そのような相談があった場合には紹介してまいりたいと考えております。
 あと広報のお話がありましたけれども、せっかくこのような制度がありますので、今後、市としましても広報等に載せていくということを考えていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 以前は国や都でもこの制度は抑制していこうという方針を示していたということなのですが、今は国でもそうした方針を撤回しているという状況です。これは、貧困とか格差がこれだけ広がる中で、受診抑制が進んでしまっているということから方針を撤回してきているのだと思います。この事業を地方公共団体で行っているところが1カ所あるということをある資料で読みましたけれども、多くは社会福祉法人とか公益法人というところでやっているということです。この事業については、実施する側にメリットがなかったり負担が大きかったりしても、お金のある、なしで命を差別しないという理念のもとで皆さんやっていらっしゃるということもありまして、医療を受けるセーフティーネットを保障するということで、ぜひ今後市でも何らかの形で取り組めないかということを検討してもらいたいと思うのですけれども、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、無料低額診療事業につきましては、低所得者に対しまして必要な医療を確保する上では重要な役割を果たしている事業であると認識しております。先ほどお答えしましたように、市が実施するという話でございますけれども、市としては、これをやるとしても医師会等にお願いするしかないわけでございまして、このような事業があるということは再度医師会等にもお話ししてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、大項目の2番に移りたいと思います。障害者自立支援法について、(1)、地域生活支援事業の拡充を行うことについて質問したいと思います。地域生活支援事業は、相談支援、コミュニケーション支援、日常生活用具の給付、移動支援、地域活動支援の5事業が必須ということです。この事業については地域間格差が大きいということで、障害者団体の皆さんや地方自治体から要望が強く出されてきているということです。そうした中で、新年度の国の予算案で、法施行後4年目にして初めて補助金が10%増になるということを私も新聞などで読みました。この中でも移動支援については、地域間格差が特に大きいと言われているわけですが、独自の軽減措置を行っているところとそうでないところがあるという状況です。稲城市では、都の事業に合わせるような形で、住民税非課税世帯に属する障害者を対象に利用料を3%に軽減し、利用時間25時間を上限とし、特別な事情で特に利用が必要と認められた場合はこの限りではないということであります。障害者自立支援法が始まるときには、市民の方から、これまで無料だったサービスが原則1割負担になるので心配だという声があったり、通学や学童クラブへの移動支援が認められずに困っているという声があったり、移動支援を利用したいけれども、その方に合うヘルパーさんがなかなか見つからないといった声も聞きました。こういった声がありますので、地域生活支援事業全体としてさらに拡充を行っていくということが必要だと思いますので、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市では、地域生活支援事業として、必須事業である5事業と、市町村の判断により実施できる任意事業の8事業を実施しております。平成20年12月、厚生労働省社会保障審議会障害者部会で障害者自立支援法施行後3年の見直しについての報告がなされ、その中で地域生活支援事業の充実を図るため、国に対して、必要な見直しを行うとともに、その一部の事業について自立支援給付とすることについて検討すべきであると示されました。地域生活支援事業の拡充につきましては、引き続き国の動向を注視しつつ、地域の特性や利用者の状況に応じた柔軟な形態で実施すること、さらに障害福祉計画との整合性を保ちながら、障害者が自立した日常生活・社会生活を営む上で効率的・効果的な事業となるよう努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 地域生活支援事業の地域間格差が問題になっているのですけれども、移動支援ということで、この問題について見ますと、都内では東京都の事業レベルを上回る負担軽減を行う自治体があるということです。それはもうこの間何度も言ってきているのですけれども、例えば、所得にかかわらず無料措置をとるとか、月に15時間、25時間など、一定の上限を決めて、そこまでは所得にかかわらず無料にして、それ以上は3%を負担してもらうという形で軽減措置を独自にとっているという自治体もあります。かつては無料だったことから、負担がふえてしまったということで、配慮して無料にしているということなのですが、こういった見直しが本当に必要だと思うわけです。また、ガイドヘルパーの方が不足しているというお話もお聞きしています。ある市民の方からは、ヘルパーさんの支援が必要なのですけれども、その方に合うヘルパーさんが見つからなくて苦労しているという声をお聞きしました。多くのヘルパーさんが女性の方ということなのですが、サービスを利用したい人が男性だと、ヘルパーさんも男性のほうがよいということなのですけれども、実際には少ないということです。また、研修などがしっかり受けられていないと、一緒に外出しても問題が生じてしまうとか、そういった心配の声もお聞きしました。それから、学童クラブに通っている障害児の移動支援が支給対象外になっているということで、市のほうでもちょっと調べていただいたのですが、26市中23市は支給対象外ということでありました。ですから、全く支給を行っていないというわけではなく、一部では支給の対象としているところも出てきているということです。この点については、国は自治体の責任で通学・学童クラブへの移動、通勤への利用拡大を認めているということです。ただ、国が財政保障をしていないので、自治体任せ、自治体負担になっているということが問題になっているのですけれども、市が独自に考えて利用拡大を行うことができるということにはなっているわけです。現状ではこのようにいろいろな問題がある中で、地域生活支援事業については市が独自に判断して充実していけるという部分でもありますので、さらに拡充する方向での検討を今後進めていってほしいと思うのですけれども、その点の考え方を再度お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、移動支援の関係でございますけれども、この利用制限につきましては、現在、原則月24時間までとなっておりまして、障害者自立支援法の施行前に月25時間以上利用していたという方は、経過措置を設けて対応してきております。その結果、現在の移動支援の利用者は、2月現在ですけれども、登録者が42名、利用者が29名となっておりまして、そのうち月25時間以上の利用者は2名、実際におられます。それから、平均利用率は大体45%という状況でございます。そのような状況もありますので、この移動支援につきましては、いましばらく状況を見てまいりたいと考えております。
 それから、ガイドヘルパーですけれども、現在、実際問題としてガイドヘルパーが不足しているという状況がございます。したがいまして、また新たな事業者と契約しまして拡大を図り、ニーズにこたえていく予定としております。そのほか、ガイドヘルパーの養成講習会なども心身障害者福祉センター等で行われておりますので、これらの案内を各方面にしていきたいと考えております。
 それから、学童クラブの関係につきましては、これは先ほどお話がありましたように、ほとんどの市が実施していないということでございまして、稲城市としましても、ファミリー・サポート・センターの利用で対応していただいている状況がございます。現在のところはそのような対応を引き続きお願いしたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 自立支援給付が法定1割ということで、地域生活支援事業のほうは市の裁量に任されている部分があり、これまで無料だったサービスが原則1割負担になるということで、私たちは従来負担の維持ということをこの間ずっと言い続けてきたのです。今、障害者自立支援法の施行後3年の見直しに基づく改定作業が進められているという中で、与党のプロジェクトチームの中で能力に応じた負担ということを言い出しているということで、障害者の皆さんや団体の皆さんが応益負担廃止ということをかなり求めて、世論も広がってきている結果だと思うのですが、本当に問題が解消されるのかということでは不安もかなり残っているという関係者の声も聞かれるような状況です。皆さん、負担がふえてきているということは、今こういう経済情勢のもとでもありますし、大変厳しいことだと思うわけです。地域生活支援事業については、今の御答弁をお伺いしても、これまでどおりという形でできるだけお願いしたいという感じに聞こえるのですけれども、実際に利用できるサービスがなくて、ファミリー・サポート・センターにお願いしたりするということでは、負担が大きくなってしまってやっていけないということを言っていらっしゃる方もおられたり、本当に皆さんが悩みを抱えているということですので、これは市の裁量に任されているという部分が大きいと思うのですが、ぜひ地域生活支援事業の拡充、負担軽減に取り組むということで検討していってほしいと思いまして、再度その姿勢を聞きたいと思うのです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 障害者の自己負担の関係につきましては、これまでも平成19年度の特別対策、それから平成20年度の緊急措置ということで、2度にわたりまして利用者負担の軽減を図ってきております。このため、低所得者の方ですと、おおむね当初の利用料の10分の1程度にまで下がっているというのが現在の状況でございます。また、今お話のありました与党のプロジェクトチーム等でも見直しておりまして、今後、応益負担から応能負担の考え方が導入されるといった情報も得ているところでございますので、利用料の負担につきましては、今後の動向を見守ってまいりたいと考えております。
 それから、地域生活支援事業につきましては、先ほどお答えしましたように、現在、市民要望等を踏まえまして13の事業をやってきているわけですけれども、こちらについては引き続き利用者の利用状況等を踏まえながら検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 大項目3番に移りたいと思います。肝炎の患者さんの支援についてということです。肝臓病患者・ウイルス性肝炎の感染者は全国に350万人以上いると言われています。薬害肝炎や集団予防接種によるB型肝炎など、原因は血液製剤の投与、輸血、予防注射の針の使い回しがほとんどで、国による血液行政・医療薬事行政の誤りによって起きたわけです。薬害被害者の薬害肝炎訴訟と世論の広がりで、国は責任を認め謝罪し、C型肝炎感染被害者を救済するための特別措置法がつくられました。私も肝炎の治療を受けているという市民の方からお話をお聞きすることがあるのですが、薬害肝炎被害者救済の問題などでも、悩みを抱えている方は多いのではないかと思っております。
 稲城市でも肝炎の患者さんの支援に取り組めないかということで、(1)として、日本の肝臓病患者・ウイルス性肝炎の感染者は350万人以上と言われている中で、安心して治療が受けられる医療体制の整備や、生活支援などを行う支援法が必要であるということから、国や関係機関へ要請を行うことについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 厚生労働省では、平成20年4月からB型・C型肝炎のインターフェロン治療に係る医療費を助成する肝炎医療費助成制度を創設しました。さらに、肝炎訴訟原告団などと薬害肝炎に関する恒久対策などを話し合う定期協議も行われております。その会議では、肝臓病患者・ウイルス性肝炎の感染者への医療体制を強化する(仮称)肝炎対策基本法の制定に向けての意見交換を始めたとのことでございます。したがいまして、国や関係機関への要請につきましては、引き続き国の動向を見きわめてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 肝炎患者の市民の方のお話を伺う機会が何度かありまして、肝炎になってから仕事をやめて、長い間の治療と、家族の収入に頼って生活してきたということで、本当に大変な長い間の苦しみとの闘いであったというお話を伺ったことがあります。また、自営業の方でも、時々入院していたのですが、生活費が少ないので、退院すると、つらくても仕事が休めないということをおっしゃっていて、お話を聞いていても痛ましい思いでした。安心して治療が受けられる体制の整備や生活支援などを行う支援法が必要であると思うわけですが、今、関係者や関係団体の方たちが全国的に運動を広げていたり、また地方議会からも意見書が上がっているという状況です。国会では昨年、薬害肝炎被害救済特別措置法が成立して、その後、薬害C型肝炎にとどまらず、すべてのウイルス肝炎に対する立法が必要だということで、協議の場が持たれたということです。また、先日、野党4党でも治療費負担軽減のための法案を衆議院に提出したりとか、いろいろな動きがあるということは聞いているのですけれども、早期に実現してほしいということで、ぜひ市からも関係機関への要請を強く行っていただきたいと思うのですが、再度その点をお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、肝炎対策に対する動きというのは、まさに今お話があったとおりだと思います。市としましても、状況は動き出していると判断しております。したがいまして、今の時点では、動向を見守っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、(2)に移りたいと思います。薬害肝炎被害者救済特別措置法で救済してもらうには、薬害肝炎被害者に認定される手続が必要であります。しかし、実際にはカルテがなかったりするために、製剤使用証明書をつくることや医師らの証人調べなどの負担が大きくなり、提訴できないという方が多いと思います。市民の中でもそのような悩みを抱えている人たちがいらっしゃいます。1)としまして、そのような患者さんたちに現状で何かできないかということで、この点で考えられる可能な支援策についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法は、感染被害者が給付金を請求するための方法が、国及び製剤の製造・輸入販売を行った企業を被告として国家賠償請求訴訟を行い、製剤の投与や因果関係、症状等を裁判所に認めてもらう必要があります。この薬害肝炎の裁判においては、薬害肝炎訴訟全国弁護団が支援に当たっており、無料で電話相談を行っております。市としての現状での可能な支援策につきましては、医療的にも法律的にも専門的な知識が必要であると判断しておりますので、薬害肝炎訴訟全国弁護団などの専門的な機関などを紹介していくことであると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 今御答弁がありましたけれども、特措法で救済してもらうには、患者さんや遺族が裁判所に提訴し、血液製剤の投与事実、感染との因果関係、C型肝炎の症状を立証し、薬害肝炎被害者に認定される手続が必要だということであります。しかし、実際には感染に気づいたときにはカルテがなくて、多くの方が立証困難になっているという状況だと聞きます。止血剤を使われた記憶があったり、母子手帳などに医療の記録が残っていたりしても、カルテが残っていないために、当時の担当医師を探し出して製剤使用証明書を書いてもらわなくてはなりません。しかし、ある市民の方から伺ったのですけれども、その方の場合は、自分で当時の医師らを苦労して探し出しまして、その医師に会いにいって、製剤使用証明書を書いてもらえないかということを頼み込んだのですけれども、書いてもらえなかったというお話をお聞きしました。それから、別の方なのですけれども、出産のときに大量に出血されて、現在肝炎ではないかということで、その数値が高く出ているということなのですが、こういう方の場合には、そのときの病院が止血剤などを使っていたかということを調べていかなくてはいけないわけです。こういったお話を聞いてみますと、皆さんひとりで当時のお医者さんを探し出して情報集めをしたりしているという状況で、本当に大変な作業なわけです。多くの方はそこまでは自分ではできないと思っているのではないかと思います。こういった方のお話を聞くと、この証明書を書いてもらうために本当に大変な思いをして行動しておられるのですけれども、市の保健師さんとかどなたかに情報集めに協力していただくとか、医師に頼みにいくときに一緒についていってもらうとか、そういった具体的な支援なども何とかできないものだろうかと思うわけです。弁護団の紹介ということももちろんぜひやってもらいたいことですし、大事なことなのですけれども、具体的にひとりで調べていらっしゃる方もいまして、そういった方たちへの支援ということで何かできないだろうかという思いがするのですが、その点について、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) これは先ほどお答えしましたとおり、給付金の支給を受けるという手続の話ですので、それなりに証拠が必要だということでこのような手続になっているのだろうと思います。いずれにしましても、これは裁判案件ですので、市では特に支援というのは考えていないところでございますけれども、提訴などで悩んでいる方がいた場合には、これは先ほどもお答えしましたが、薬害肝炎訴訟全国弁護団などでは訴訟相談にも乗っていただけるようなので、そこで相談するのが一番よいと考えておりますので、相談があった場合には紹介してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、2)に移りたいと思います。今お話ししましたように、当時担当した医師らを探し出して、そしてそこまで行きまして製剤使用証明書を書いてもらうという作業をしないといけないのですけれども、その上で提訴しますと、今度は国は証明書を書いた医師らを証人に呼ぶということです。これがまた大変なことで、お医者さんたちに何年も前の患者についての詳しい証言を求めるということなので、負担が大きくて、提訴までいかないという状況もあるわけです。こういうことですと、なかなか問題が解決しないということになっていきますので、ぜひこの点を何とか改善できないだろうかということで国に要請してほしいと思うのですが、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) この法律につきましては、議員立法で提出され、平成20年1月8日に衆議院本会議で、平成20年1月11日に参議院本会議で全会一致で可決され、同日に内閣総理大臣の談話、1月15日に厚生労働大臣の談話がありました。その中で、薬害の再発防止、肝炎の早期発見・治療体制の充実に全力を尽くすことを約束すると明言しております。したがいまして、国への改善の要請につきましては考えていないところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 実際に担当医師に会いにいって、この証明書を何とか書いてほしいと頼んだけれども断れてしまった方のお話を伺いまして、大変な苦労をしておられるということがよくわかりました。御自分でも医療の記録を持っている方ですけれども、まず手術を受けたときの担当医が今どこにいるのかということで、図書館に行ったりなどもして自分で全部調べて、やっと担当医が今いるところを探し出して、証明書を書いてほしいということをお願いしにいくのですけれども、それでも断れてしまうという状況で、本当に悔しい思いをしておられるのです。弁護団の方たちも今いろいろな方法を試みているということで、当時の手術のときの特定の患者さんへの投与の記録がなくても、当時の病院の治療方針を医師が証言して投与事実を裏づける立証も試みているとか、いろいろな取り組みを今考えているところだということを新聞でも読んだのですけれども、実際に書いてもらえなかった方の御苦労などを聞いていますと、本当に何とかならないものだろうかという感じがしております。要請はしないということなのですけれども、この問題で悩みを抱えている方は市民の中にもたくさんいらっしゃると思いますので、ぜひ要請を行ってほしいと思うのですけれども、再度お願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 給付金の申請手続につきましては、国と薬害肝炎訴訟原告団・弁護団が締結した基本合意書の中でも、事実関係につきましては、「投与当時に作成された医療記録及びそれと同等の証明力を有する証拠に基づいて証明する」となっておりまして、書類があればいいのかと思っておりまして、医師の証明というのはちょっと知りませんでしたが、一応証明書類があればいいということになっております。しかしながら、これまでの裁判で訴訟が行われた際の手続からは、ここでいうカルテのみならず、手術記録、投薬指示書、検査結果等の書面、医師、看護師、薬剤師等による投与事実の証明または本人、家族等による記録、証言等も考慮して判断されるものと考えられるという見方もあるようでございますので、これはぜひ弁護士や先ほど言いました弁護団と相談していただければ、その助言が得られるのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、(3)に進みたいと思います。肝炎で治療や入院をしている方で、薬害肝炎の被害者救済法についての相談をしたいけれども、どうしたらよいかわからないという市民の方もいらっしゃいます。市でも身近なところで相談できるような体制を整えてほしいと思うのですが、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 先ほど申し上げましたとおり、医療的にも法律的にも専門的な知識が必要であると判断しておりますので、市で相談できる体制をつくることは難しいと考えております。したがいまして、相談のあった場合には、薬害肝炎訴訟全国弁護団などの専門機関などを紹介してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 私も何人かの市民の方から相談を受けているという状況で、まずどのようなことができるのかということとか、何をすればよいのかということがわからない方がいらっしゃるという状況で、私自身も詳しいお話を伺って初めて、カルテが残っていない方などが救済を受けるのが現状ではなかなか難しいというお話などもお聞きして、そういう救済活動をされている団体を教えてもらったのです。まず何をしたらいいのかということからわからないという状況がありまして、こういう関係団体の方たちを紹介してもらって、その団体の方たちの間で大変な努力をしながら助け合っているという状況です。厚生労働省に電話をして聞くというのもなかなか一般の方にはしにくいということもあると思いますし、何を聞いたらいいのかわからないという部分もあると思いますので、こういう法律の内容とか、相談に見えた方がどのようなことが今できるのかといった大枠のことでもいいので、身近なところで相談できるような窓口がつくれないだろうかということなのですけれども、その点について再度お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 先ほど来お答えしておりますように、まずは薬害肝炎訴訟にずっとかかわってきた薬害肝炎訴訟全国弁護団に相談するのが一番よいと考えております。どうしたらよいかわからないという人がいる場合には、保健センターがよろしいかと思いますけれども、遠慮なく市のほうに相談していただければ、わかる範囲で情報提供あるいは関係機関などの紹介を行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) これで終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、2番、多羅尾治子さんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後4時1分 散会