議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成20年第4回定例会(第29号) 本文




2008.12.09 : 平成20年第4回定例会(第29号) 本文


                               午前9時30分 開議
◯ 議長(原田えつお君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 日程第1、一般質問を行います。
 通告の16番、井川まちこさんの一般質問を許します。15番、井川まちこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 通告に従いまして質問させていただきます。
 項目番号1、わんわんパトロール隊についてお伺いいたします。多摩・稲城防犯ネットワークということで、多摩中央警察署管内に多くのわんわんパトロール隊が存在していると聞いております。多摩市では14団体が参加されているようですが、稲城市はどうでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 現在、市内のわんわんパトロール隊としては、長峰わんわんパトロール隊がございまして、朝夕の散歩時に腕章等をつけて、児童・生徒の登下校時における安全見守りなどを行っております。また、平成17年度に多摩中央警察署が主催したわんわんパトロール隊発足式では百村地区・向陽台地区から参加されておりましたが、現在では、愛犬が集い、ともに行動することの難しさから、個人個人で愛犬とともにわんわんパトロールを行う形に変わってきており、団体としての活動は少ない状態となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 今のお答えによりますと、多摩中央警察署主導で立ち上げられましたわんわんパトロール隊は、現在は立ち消えになっているということなのでしょうか、確認させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) わんわんパトロール隊につきましては、先ほど答弁さしあげましたとおり、愛犬が集まって行動するというよりも、個々の時間帯による散歩時における地域の目ということで防犯活動をやっていただくことがより効果的ということで、多摩中央警察署では現在のところ積極的な働きかけは行っていないという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) わかりました。非常に残念だと思います。平成17年度当時のホームページを見ますと、大々的にPRされており、わんわんパトロールの犬のグッズの贈呈式も行われております。税を使ってグッズをつくり、大々的にスタートにもかかわらず、答弁にもありましたように、個人個人が愛犬とパトロールをしているのだということで、特に連携・連絡もされていない状況で、登録されていた方々はどうされているのでしょうか。問い合わせ等はないのでしょうか。幽霊会員状態ということになるのでしょうか。それはおかしくないですか。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 全く活動していないということではなくて、先ほど答弁しました長峰わんわんパトロール隊につきましては、団体としての行動というよりも、個々の散歩時にそういった形でパトロールしたり、あと市が主催して行っております防犯パトロールにも参加していただいたりとか、いろいろな形で活動はしていただいております。多摩中央警察署の見解といたしましては、さまざまな形で犯罪の抑制に努めてもらっているということで、市においても各団体の協力をいただき安全安心まちづくり推進協議会を設置しまして、警察と協力しながら犯罪の抑制に努めているという状況でございます。確かに犯罪の抑制には市民の協力は欠かせないものであり、その一つの方法がわんわんパトロール隊ということで発足したと認識しておりますが、これは団体としての行動よりも、個々の行動により、単なる散歩ではなくて、防犯という目で地域を見るということが大切であるということですので、今後もさまざまな形での協力をお願いしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) では、次にまいります。本市におきましては、約80ほどある地域の各種団体が参加し、年に2回、防犯パトロールが行われております。そこにわんわんパトロール隊もどんどん参加できるのではないかと考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 夏休み前と年末に実施している市内一斉防犯パトロールにつきましては、約80のボランティア団体に参加をいただき、市内5カ所に集合の後、地域ごとに防犯パトロールを実施しております。このボランティア団体の中には長峰わんわんパトロール隊の参加をいただいているところでございますが、このほか個人の愛犬家による参加も加わり、一体としてパトロールを行っていただいております。防犯は、このようなイベント時だけでなく、日ごろからの地域の目が大切でございますので、愛犬の散歩時などにあわせたパトロールにつきまして、広報いなぎ等でPRを行い、一人でも多くの方に参加していただけるように取り組んでまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 私も地域の皆様と一緒に毎回市の防犯パトロールに参加させていただいております。そのほかにも春と秋2回、地域のメンバーと旗を立て歩かせていただいておりますけれども、回を重ねるごとに参加の方々がふえているようで、大変喜ばしいことだと思っております。この防犯パトロールの効果はどうなのでしょうか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 防犯パトロールにつきましては、安全安心まちづくり推進協議会を中心とした活動とか、自治会とか各種団体の日ごろからの熱心な防犯活動のほか、市におきましても担当職員による青パトでのパトロールを実施しておりまして、その結果、おかげさまで毎年犯罪発生件数は減少してきております。ここ数年の犯罪発生件数を紹介させていただきますと、年度ではなくて年でいきますと、平成16年が1,277件、平成17年が1,087件、平成18年が1,013件、平成19年が926件と年々減少してきております。今後も、地域の皆様の御協力をいただきながら防犯活動に取り組んでまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 犯罪発生件数が年々減っているということで、パトロールに参加していただいている市民の皆様にとってもうれしい報告だと思います。さらに充実したものにしていただきたいと思います。また、先ほども触れましたが、長峰地区以外の方たちも過去わんわんパトロール隊に登録されていたわけですから、個人参加にせよ、広報等を通じてさらに連絡・PRをしていただきたいと思います。犬を飼っている世帯は年々ふえ続けており、散歩は欠かせないものであります。その散歩がそのまま防犯パトロールにつながるのであれば、一石二鳥にもなるわけで、よろしくお願いしたいと思います。
 次にまいります。わんわんパトロール隊をさらに募集し、周知していくことが、安全・安心のまちづくりに役立つと考えます。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) わんわんパトロール隊につきましては、平成17年に多摩中央警察署が管内の防犯力向上のために募集し、現在市内においては長峰地区のパトロール隊が活動しているところでございます。愛犬を使ってのパトロールは、一堂に集い活動するより、むしろふだんの散歩時等にあわせて防犯活動をするということが、日ごろからの防犯活動には有効であると考えております。このようなことから、現在では隊としての活動は少ないようでございますが、市内一斉パトロールなどのイベント時に協力いただくことで、愛犬の散歩時における防犯活動のPRになるのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 最初の答弁の中にもありましたし、事情はわかりました。ただ、個人であろうと、グループであろうと、ワンちゃんたちが防犯パトロールに参加してくれるというのは、ペットを飼っていない方々もきっと感謝されていると思います。市としてさらに情報発信の努力をお願いしておきたいと思います。
 それでは、次にまいります。項目番号2、妊婦健診の完全無料化と出産育児一時金の引き上げについてお伺いいたします。
 初めに、妊婦の健康診査は、母子ともに出産におけるリスクが高く、欠かせません。国は、14回程度受けることが望ましいとしています。本市では、本年より5回の無料健診を実施していただいて、市民の皆様に喜んでいただいております。その点は高く評価するものですけれども、さらに14回の完全無料化を訴えるものであります。市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 妊婦健康診査の回数については、国の「妊婦健康診査の公費負担の望ましいあり方について」の通知により、妊婦健康診査の公費負担については、14回程度行われることが望ましいと考えられるとされております。しかしながら、財政厳しい折、14回の公費負担が困難な場合は、少なくとも5回程度の公費負担を実施することが原則であると考えられるとされております。市では、市民が安心して妊娠・出産し、喜びをもって子育てをすることができるよう、妊婦健康診査の公費負担による受診の回数を2回から5回へとふやして、子育て世帯への健診費用の負担軽減を図ってきているところですが、26市においても対応に苦慮しているところでございます。引き続き26市の動向等を見守りながら対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) せんだっても妊婦の産科たらい回しの問題が奈良県でありました。医療機関に問題ありの報道が多い中で、この妊婦さんは妊娠7カ月でありながらかかりつけ医がいないということで、女性であればだれもがびっくりしたと思います。ではなぜこの女性にはかかりつけ医がいなかったのか。それは1回1回の健診料が高いからであります。1回5,000円から1万円はかかります。そういう意味でも、5回の無料健診は皆様に喜んでいただいていると思いますが、さらなる拡大をお願いしたいと思います。市の財政状況もありましょうが、愛知県の大府市のように、14回健診を公費負担にした先進例もあります。稲城市にも頑張ってほしいと祈らずにはおられません。
 せんだって我が公明党は浜四津代表代行を中心に舛添厚生労働大臣に申し入れを行い、大臣からは前向きな検討との回答がありました。そうした中、政府方針として、追加景気対策の中で、妊婦健診を14回無料化にすると発表されておりました。そのことに対して市はどう受けとめ、どう考えられているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 妊婦健康診査につきましては、国で妊娠初期から出産までに14回程度の受診が望ましいとされておりますけれども、これを1回ふやすごとに、稲城市の場合は約380万円の費用が必要になります。したがいまして、9回増では約3,400万円の多額な費用がさらに必要になってくるという状況でございます。今回国は、妊婦が健診費用の心配をせずに14回受けられるように、残り9回分の2分の1について国庫補助を講じると提案しておりますが、この補助につきましては平成22年度までの時限補助となっております。したがいまして、その後はしごを外されまして、一般財源の対応となりますので、市の負担は大きいものになると考えておりますので、慎重な判断が必要であると考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 市の事情はわかりましたけれども、さらなる検討をお願いしたいと思います。
 次にまいります。出産の折に健康保険から支給される出産育児一時金は、本市においては38万円の支給となりました。しかしながら、病院での分娩費用は年々上がっており、お金のことを心配しないで安心して出産できる支援がさらに必要と考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 稲城市では、出産育児一時金の支給額を、次世代育成支援及び少子化対策に考慮するとともに出産費用の軽減を図る観点から、平成18年4月より国の支給基準を上回る額を支給してきております。今後につきましては、平成21年1月から開始される予定であります国の産科医療補償制度の保険料額3万円が出産費用に転嫁されてくることから、市の出産育児一時金の支給額についても、3万円上乗せして、38万円から41万円に引き上げてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 先ほどの(1)と合わせまして、少子化対策の一環として、政府・与党は、病院に分娩費用を直接支払わずに公的負担で出産できる制度を来年度から導入する方針を固めたとありました。もしこれが実現するとなれば、若い夫婦の皆さんが費用の心配をしないで済みます。この政府方針に対しての稲城市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 政府の方針ということで、出産費の支払いを不要にする、出産育児一時金を国民健康保険のほうから直接医療機関に支払うということ、それから出産費用が高額になっている都市部などでは、都道府県ごとに標準的な金額を定めて、差額分を公費で上乗せ支給するということ、このような形で出ております。これを来年度の通常国会に提出する予定だということでございますので、そういった法案が通りましたら、市としてもその法律に基づいた形でやっていくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 子供を安心して産み育てることのできる社会を構築するということは、政治の責務と考えています。さらに前向きに検討していただきますようお願いいたします。
 それでは、次にまいります。項目番号3、結婚サポート事業についてお伺いいたします。我が国の未婚率は、この25年間に30歳〜34歳で、男性は21%から47%に、女性は9%から32%に大きく上昇しております。ある調査によると、結婚しない主な理由は「めぐり合う機会がない」とのことであります。少子化対策の一助にもなると考え、結婚支援について伺います。
 1)、出会いや結婚に関する悩みや不安、また生活設計等について、カウンセラーによる個別の相談を受けられるような体制づくりが必要と考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 市では、毎月3回、女性の悩み相談により専門の相談員が、女性が抱えるさまざまな悩み全般に関する相談に応じており、男性の悩みについても相談を受けているところでございます。相談員は、カウンセラーの資格をお持ちの方で、御質問の出会いや結婚に関する悩みなどにつきましても御相談に応じることが可能でございます。結婚は、男女を問わず、人の生き方全般に関する問題でございますので、この女性の悩み相談を御利用いただき、悩みや不安を解決する糸口を見出していただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 行政が住民の皆様の結婚を後押しするというのは、地方では珍しくない取り組みですけれども、品川区が人口のふえている都内の区部としては異例で、世話焼きおばさんにかわって出会いのきっかけづくりに乗り出したと聞いております。その一つに結婚の無料相談があるようです。私の周りにも多くの未婚の男女がいます。相談も受けたりしています。結婚そのものを否定して割り切って生きておられる方も少なからずいらっしゃいますが、機会があればと思っている方のほうがはるかに多い。でも、漠然と思っているだけではなかなか赤い糸の相手にはたどり着けません。そうした男女青年の将来への手助けをと思い、提案させていただきました。結婚したいと思っている人に対して市が市民サービスの一環として手を差し伸べていくのも、これからの時代、大切な行政の仕事と考えます。そこで、カウンセラーの方もいて、結婚相談機能があるのに、女性の悩み相談への結婚相談はゼロとお聞きしておりますが、残念でなりません。市民の皆さんは御存じないのではないでしょうか。男女を問わず結婚相談を受け付けているということをもっと広くアピールしていただきたいと思いますが、その点をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 結婚相談につきましては、ライフステージの選択肢の一つとして受け取っているところでございますので、現在、稲城女性悩み相談のPRにつきましては、広報とかチラシとかホームページ、それからカード方式のチラシなどを使ってPRに努めているところでございますけれども、今後、その周知をする媒体の中に、可能な相談内容として結婚相談ということも言葉として入れていくようにしてまいりたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) よろしくお願いしたいと思います。
 次に、結婚セミナー・交流会等の企画・運営を通し、結婚へのサポート・後押しを行政にぜひお願いしたいと思いますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 現代の社会現象の一つとされる未婚率の増加は、少子化問題にも関連性のある深刻な社会問題でもありますが、結婚観は個人によりそれぞれ大きく異なります。また、民間の結婚関連事業者もいることから、結婚セミナーや交流会などの企画・運営を行政がどこまでやるべきなのかという声もあります。現在、稲城市では、若い男女を中心に青年ワーカーによる地域活動や成人式または稲城フェスティバルの実行委員会活動において男女が集い交流できる機会もあり、またJA東京みなみ青壮年部主催により農業後継者と一緒に梨狩りなどを行う、地域の特性を生かした男女の交流事業の参加募集を市の広報に掲載し、広くPR活動に協力してまいりました。今後も引き続き、市の事業を通して男女が交流できる機会をふやしてまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 私としては、ストレートにお見合いできるような交流パーティー等を催してほしいと思ったわけですが、その点は無理なのでしょうか。
 さきに紹介しました品川区は、独身男女参加のセミナー&交流会を定員男女各20名で実施し、大盛況だったと伺いました。20組中9組が交際をスタートさせたとも聞いております。また、姉妹都市の大空町では、農業委員会の事業の中で男女青年交流事業を予算化し、事業を具体的に展開されていると聞いております。さらに鳥取県では、晩婚・未婚化の進行に歯どめをかけようと、県の若手職員が中心となって発案した、ときめき巡り逢いコーディネート事業が始まったとも伺っております。稲城市としてもぜひ前向きに検討していただきたいと思いますが、再度見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 現代人は、インターネットやメールでの対話は非常に得意でも、対面してのコミュニケーションが苦手な人がふえているという中で、コミュニケーションのとり方を教わったり、いい人と出会える場を市の事業のさまざまな機会の中で提供できればいいと思っております。したがいまして、今後、他の団体の動きや民間事業者の動向などを踏まえまして、研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) それと同時に、もう一つ違う意味を持つセミナー等をお願いしたいと思います。恋愛の自由化、価値観の多様化等、今若者は自由であります。生き方においても多種多様な選択肢があり、逆に私は、若者たちはどう生きるか、また結婚とは何か等、自由過ぎて実は悩んでいるのではないかと考えております。もとより個人の価値観を否定するものではありませんが、人が生きるということの意味、また家族を持つことの重要性、また結婚するということの意味等、啓発し、改めて考える機会を提供するのも大切なことではないかと考えます。その点、いかがでしょうか。トルストイは叫びました、「急いで結婚する必要はない。結婚は果物と違って、幾ら遅くても季節外れになることはない」と。私は、すべての未婚の方々にこの言葉を贈りながら、市の見解を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部長(加藤和秀幸君) 御質問がございました、人が生きること、家族を持つこと、そして結婚することなどの内容を持った講座に関しましては、品川区とか鳥取県といった先進事例もあるようでございますので、どのような内容を持った講座ができるか、またどのような取り組みをすることができるか、今後の研究課題とさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) よろしくお願いしたいと思います。
 それでは、項目番号4にまいります。平尾地域の地産地消についてお伺いいたします。農協による地元野菜の直売は、市内6カ所で行われており、非常に好評だとお聞きしております。一方で、平尾での売上が伸びていない現状も聞いております。国は平成20年3月より、地産地消を食料自給率アップに向け重点的に取り組むべき事項といたしました。地産地消、つまり地元で生産されたものを地元で消費するという観点から、以下の項目について伺います。
 平尾地域において売上を伸ばすためには、地元の新鮮な野菜を多く提供していただくことが不可欠です。他の地域の農家の方々と連携をとりながら平尾での出品数をふやすことはできないのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 農協平尾支店の直売所は、東長沼にございます農協直売所シンフォニーの手数料を伴う委託販売とは異なり、生産者の直接販売形式をとっており、月曜日・水曜日・金曜日の午前8時半から午後3時ごろまでが販売時間となっておりますが、品物がなくなり次第終了しております。平尾直売所へ農産物を出品される方は平尾及び坂浜の生産者の方で、実際に出品される方は限られた方でございます。また、最近では大型スーパーなどへの出品もふえており、生産者の直接販売形式の直売所への出品は減量傾向にあります。今後、平尾直売所への出品増量につきましては、農協を通じ、生産者の方々へ協力要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 地産地消につきましては、国において平成20年3月より、食料自給率アップに向け重点的に取り組むべき事項として、食料・農業・農村基本計画の中に位置づけ、全国展開を図っているところの重要な施策であります。消費者、つまり私たちの食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める取り組みとしても期待されております。調べましたところ、日本全国の農家の数は現在284万8,000戸で、そのうち東京都においてはわずか1万4,000戸だということであります。また、この1万4,000戸の中で、販売している農家は7,000戸だというのです。そのほとんどが多摩地域ということで、日本一少ない東京都内の農家数でありますが、稲城市、また平尾地域の農家の方々はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。また、出品されている農家の数、出品品目数もわかりましたら、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市内全体の農家数は、10アール以上の農地所有者ということで277戸でございます。それから、平尾地区の農家数は22戸でございます。それから、平尾直売所では、坂浜・平尾地区の農家14戸の方が野菜生産者として直売をしております。それから、取り扱い品目でございますが、年間で30品目程度ということで、輪番制で店番をなさっているそうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 頑張っていただいているということがわかりましたけれども、例えば板橋区の場合、一つのエリアにキャベツをつくっている農家がないということで、区と農協、またキャベツを実際につくっている農家の方々が支援し、キャベツがそのエリアでもつくられるようになったというのです。品目が少なければ、消費者の購買意欲はわきません。他の地域の野菜を持ってこられないのであれば、つくるところから農協、また市としても支援していただくことが重要だと考えます。
 また、もう一つ大切なのは、地産地消の取り組みの中で、生産者が直接に消費者と対面することではないでしょうか。「この前の○○はおいしかったね。ここの野菜はいつも新鮮ね」等、消費者の声が生産者の大きな励みになるわけです。私は、地産地消とは、都市農業を守り育てていくという側面もあると考えます。農家の方々が、もっとおいしい野菜をつくろう、消費者の皆さんに喜んでもらえるような野菜をもっと提供していこうといった意欲を持ち農業に取り組んでいただくことが非常に重要だと考えます。そのための指導・支援を市としてもっとしっかりしていただきたいと思いますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 生産意欲を持った農業者の方に対しての支援ということでございます。生産意欲を持った農業者支援の中には、認定農業者制度とかエコファーマーといった制度がございます。そういった中で、市内には全部で40人の認定農業者の方がいらっしゃいますが、そのうち8人が坂浜・平尾地区の方でございます。また、エコファーマーということで、これは東京都の制度なのですが、3人のうち1人の方が平尾地区で認定を受けていらっしゃるということで、本当に意欲的に農業に取り組んでいらっしゃる方が多い地域と思っております。そうした中で、市ではこういった意欲を持った農業者の方々に対しまして補助金等の支援を現在も行っております。今後においても同じような形で支援していきたいと考えております。露地栽培中心の生産ということで、季節に応じた新鮮な旬の野菜を供給していただくということで、農業者の方々は本当に頑張っていらっしゃるということがはっきりわかっておりますので、こういった方々にも支援するとともに、また市に対しての協力要請ということで行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) ぜひよろしくお願いしたいと思います。
 次に移ります。市全体の公平性から見ても、平尾地域の農業を守るという観点からも、平尾の直売店の充実は重要だと考えます。現在、歩いていても見にくいというか、わかりにくいという状況の中で、例えば看板を立てるとか、のぼり旗を立てるとか、もっと入りやすくする等、地域の皆さんにもっともっと認知していただく努力が必要と考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 平尾地域の野菜等の生産者の方々も、農協平尾支店の直売所等へ農産物を出品され、地産地消に御協力いただいております。今後、平尾直売所を地域の皆さんにもっと認知していただくため、看板を見やすくし、入りやすくするなどの対応につきまして、農協へ協力要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 農家の皆様の御苦労は大変なものだと思います。生産から販売まで、市としてできる支援は全力でしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 それでは、項目番号5にまいります。うつ病についてお伺いいたします。うつ病は、心の風邪とも言われ、だれもがかかる可能性のある病気であります。生涯有病率が6.3%、つまり15人〜16人に1人はうつ病にかかると言われ、年々増加の一途をたどっております。自殺者の50%がうつ病との調査結果も出ています。生活・仕事・経済・家庭・介護・病気等の要因がさまざまに絡み合い、複雑に重なり、うつ病に、そしてそこから自殺へと進む厳しい現実が大きく横たわっていることを私たちは見逃すことはできません。そこで、以下の項目についてお伺いいたします。
 本市におきまして、うつ病の方々、またその周りの方々の相談を受けるということは非常に重要なことだと思いますが、具体的な相談体制と相談件数について、現状をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では平成17年度より、うつ病等予防・自殺予防対策として、うつ病等予防・自殺予防のための講演会を開催し、自殺を予防するためには、精神的な不調に早目に気づき、早目に医療機関に受診するなどの対策を講じることの重要さを広く市民に啓発しているところでございます。この講演会において、「ちょっと心が疲れたら、ひとりで悩まず、相談しましょう。御家族・友人・職場の方からの相談もお受けします」として相談窓口の紹介をしているところでございます。なお、相談件数につきましては、心の健康づくり、児童・思春期、アルコール・薬物依存、老人、一般、精神等の精神保健福祉に関することを主な内容として行った相談を集計しており、平成19年度は、健康課で73件、障害福祉課で144件、社会福祉協議会地域活動支援センターで4,356件、東京都南多摩保健所で2,177件となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 思った以上に相談される方が多いのに驚きました。一言でうつ病といいましても、原因、また症状もさまざまで、一つの枠におさまるものではないと思います。当然、国、東京都、稲城市、また我が地域において深刻な問題であることは間違いないことだと考えます。国全体で取り組まなければならない問題だとも思いますが、市としてさらにきめ細かな相談体制をお願いしたいと思います。
 次に移ります。同じ悩みを持った人同士のつながり、またそのための場の提供も必要だと考えますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) ストレス社会と言われる今日では、だれもが心の健康を損なう可能性があります。心の健康が損なわれると、心身症・うつ病などを引き起こします。自殺の多くは、健康問題などのさまざまな悩みが原因となるため、心の病で悩んでいる同じ立場にある人たちが集まり、励まし合ったり相談したりすることにより心の病の回復を目指していくことは、重要なことであると考えております。このことから市では、うつ病の方を含めた、障害のある方々への支援を稲城市障害者地域活動支援センターで行っておりますので、利用していただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) ただいまの答弁にありましたけれども、障害者地域活動支援センターで支援を行っているということで、具体的な相談状況、また活動状況がありましたら、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 地域活動支援センターの相談状況、また活動状況ということでございますけれども、そこでは障害者だけでなく、心の病を持つ人たちが地域で安心して暮らせるようにということで、日常生活相談、地域交流の支援をしていく場としております。その状況でございますけれども、平成19年度の主な活動状況で報告いたしますけれども、生活相談事業としまして、3,066件の相談を受けております。それから、生活支援事業としまして、夕食会・朗読会などを実施しておりますが、利用者が488名おりました。それから、地域交流事業として、5回ほど実施しております。そのほか、オープンスペースの利用でございますけれども、年間で1,953名の利用があったということでございます。講演会は、うつ病関係の講演会を3回実施しています。そのような活動をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) さまざまにフォローしていただいているのがわかりました。
 次に移ります。うつ病は治る病気です。病状の改善、社会復帰の両面で治療に取り組んでいる医療機関を積極的に紹介し、相談者の復職支援までトータルで市として取り組んでいただきたいと思いますが、市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) うつ病は、現代社会のストレスや過労が関係する心の病の一つで、10人に1人はかかると言われており、人生の働き盛りに発病することも多く、家庭や社会に大きな影響を与えています。うつ病は、さまざまな心の症状、身体の状況が見られますが、治療すれば治る病気です。しかし、適切な治療が行われないと自殺を図る危険性もあることから、早目に医療機関に受診することを勧めるとともに、医療機関の紹介も行っているところです。また、就労に関する相談及び就労に関する相談機関の紹介等も行うとともに、関係機関との連携にも引き続き対応してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 私は、ことし8月に沖縄県立総合精神保健福祉センターに視察に行ってまいりました。認知行動療法を中心としたうつ病デイケアによりうつ病治療を容易にし、顕著な効果を上げてということでありました。また、先日は稲城市主催の自殺予防講習会にも参加させていただき、そこで都立多摩総合精神保健福祉センターにおいても同様の取り組みをされていることを知りました。一対一の治療には限界があり、グループをつくり、その中でホームワークやグループワークを通して一人一人の復職までのトータルな治療を行っているということでありました。沖縄の福祉センターではさらに、治療されている患者さんの御家族が集う会合、また患者さんたちの職場の上司の皆さんが集う会合等も定期的に持たれており、非常に細やかなトータル治療が大切なのだと改めて感じたわけです。医療機関の紹介を行っていただいているということですが、今までどのような形でどう対応されてきているのか、お聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市や保健センターに相談があった場合は、まず簡単な助言を行います。そのほか、保健所や東京都の精神保健福祉センターなど専門機関での相談あるいは医療機関での受診を勧めているという状況でございます。その紹介先の一つに、今お話のありましたような東京都の精神保健福祉センターがあるわけでございます。ここでは、今お話のあったところと同じような事業をやっておりまして、仲間とともにいろいろな活動をする中で、生活リズムを整え、人とうまくつき合えるようになり、楽しみを見つけ、積極性や自主性を取り戻すということを目的にしたデイケアを実施しております。そのほか、うつ病や統合失調症の方のための就労を目的とした通所訓練事業、また休職中の方の復職を支援する通所訓練事業なども実施しているということでございますので、市としましても積極的に紹介してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 相談に来られる方は、それなりに勇気を持って相談に来られる方たちだと思います。速やかな対応、速やかな紹介をさらにお願いしたいと思います。
 平成18年度のデータですが、自殺による死亡者は年間で3万2,155人、交通事故死が全国で6,352人でしたから、5倍という恐ろしい数字に驚きました。自殺は個人の問題ではなく社会の問題だと位置づけられた自殺対策基本法が昨年10月に施行されました。稲城市におきましても、平成17年度には21人、平成18年度には10人、平成19年度には16人、年齢は10代から80代の方々がとうとい命をみずからの手で絶たれたとお聞きしております。なぜここで自殺の話をしたかといえば、先ほどの答弁の中にもありましたけれども、うつ病対策が自殺予防対策に極めて有効だと考えられるからであります。自殺率日本一の秋田県では、自殺予防対策が具体的に行われ、中でもうつ病対策が有効で、自殺者を減少させる具体的な数値となってあらわれたそうであります。稲城市の中でうつ的な状態になっている方の悩みを第三者が聞いてその人のストレスを発散させる相談ネットワークの充実、また市民を巻き込んだ相談活動の取り組み等、さらに真剣に取り組んでいただきたいと考えますが、最後にその点の市の見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、悩みをお持ちの方がひとりで悩まずに、最寄りの保健センターあるいは保健所、それから東京都の精神保健福祉センターなどに相談していただくということが非常に大切であると考えております。市では、先ほど申し上げましたように、相談があった場合は、必要に応じて保健所の専門家につないだり、また社会福祉協議会の地域活動支援センターでも相談を受けておりますけれども、そういう対応をしているところでございます。それと、東京都では、心の悩みや経済問題など、さまざまな問題に対応している相談機関、また窓口等として、こころといのちの相談・支援東京ネットワークというものを構築しておりまして、ここには50機関ほどが登録されております。市では、これら相談先の一覧表を作成し、これを配布しまして広く相談を呼びかけているところでございます。引き続き、うつ病に対します理解と専門機関への相談、それから早期治療につながるよう、支援してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 井川さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 15番(井川まちこ君) 以上で私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、15番、井川まちこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の17番、藤原愛子さんの一般質問を許します。12番、藤原愛子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) それでは、通告に従いまして、3つの大きな項目を順次質問させていただきます。
 まず最初に、災害時における要援護者支援システムの具体化についてでございます。現在、稲城市において、災害時を想定した避難訓練が、多くの自治会や各種団体等の協力のもとに実施されております。突然の緊急事態に備え、日ごろの訓練を行うことは、大変有効であり、かつ重要であると考えます。以前より数度取り上げておりますが、災害時に自力での避難や避難生活が困難と思われる方等への支援につきまして、組織とシステムを確立し、具体的に想定した訓練を実施する必要があると考え、以下の点について順次お伺いするものです。
 まず(1)、支援システムと訓練実施の状況についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 御質問の支援システムの一つである災害時要援護者情報管理システムにつきましては、今年度予算化しておりますので購入し、現在、対象者の登録作業や地図情報の作成などを進めているところでございます。また、災害時要援護者に対する避難支援実施のための訓練につきましては、地域防災訓練におきまして、市内の福祉施設職員や民生児童委員とともに、避難誘導訓練を実施しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 今お話をお伺いすると、システムと私が申し上げたものですから、いわゆる機械上の管理システムのお話をいただいたと思うのですけれども、まず1点目は、いわゆる管理の機械上のシステムではなくて、実際に支援する方、支援される方等の組織的な組み立ての実施状況について一つお伺いしたい。
 それからもう一つ、昨日もほかの議員から高齢者の防災訓練等の話がありましたが、今のお話でも訓練を実施されているということだったのですが、昨日の高齢者の防災訓練はここのところやられていないという答弁をいただいたと思いますけれども、実際のところ、具体的な実施状況をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 人的組織につきましては、登録者の情報を自治会あるいは民生児童委員等に配付しておりますけれども、現在はその先のことはちょっと任せている状況でございまして、ネットワーク連絡会ができていない状況でございます。したがいまして、今後は、要援護者の支援に係る支援員会議のような連絡会を含めまして、その立ち上げについて検討してまいりたいと考えております。
 また、避難訓練の実施状況につきましては、地域防災訓練におきまして車いすによる要援護者避難誘導訓練として、これは仮想の障害者ですけれども、それを想定して実施しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) ネットワーク連絡会は未設置ということと、実際に障害を持つ方や高齢者の方など、当事者の方の訓練はやられていない状況であることが確認できましたので、次の(2)にまいります。
 災害時要援護者の避難支援ガイドラインについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 災害時要援護者の避難支援ガイドラインにつきましては、対象者の範囲、支援に係る自助・共助・公助の役割分担、支援体制など、地域の実情に応じ全体計画及び個別計画を策定していく必要があると考えております。そのため、今後はこのガイドライン策定に向け、防災担当課・関係機関と協議・検討していく予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) この(2)の表題に上げさせていただきました災害時要援護者の避難支援ガイドラインといいますのは、実は内閣府・総務省・厚生労働省が一体となって平成18年3月に策定されたガイドラインのことでございます。このガイドラインを受けて稲城市は何をしなければいけないかといいますと、平成19年度に修正された稲城市地域防災計画の中に災害時要援護者の避難支援ガイドラインについての項目がございます。第4節、災害時要援護者の安全対策という欄があるのですが、ここに東京都のつくられた災害時要援護者行動マニュアルと、それから先ほど申し上げましたガイドラインというものを参考にして、地域のマニュアルを作成するつもりですという一文がございます。これは稲城市の防災計画に書いてある一文でございます。ですから、ガイドラインをもとにしてマニュアルを作成するということが上げられていますので、今のお話ですと、ガイドラインとおっしゃっていますけれども、まだつくられていない状況だと思うのです。この地域防災計画の中にも上げられているマニュアル、実際の計画をいつごろを目途にして、どのような組織で、だれがどのようにつくっていくお考えなのか、全体計画と個別計画の両方ですが、それについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) ガイドラインの作成につきましては、現在、民生児童委員協議会でも災害時における民生児童委員マニュアルを作成しております。これが1月ごろには完成する予定となっておりますので、それが完成した後に庁内関係課長に声かけをしまして策定に向けた協議を行い、平成21年度早々には担当者による実務検討会を設置して、全体計画の策定に着手してまいりたいと考えております。それから、策定に当たりましては、関係者・関係機関の協力もいただく予定としておりまして、その協力状況にもよりますが、平成21年度中の完成を目標としたいと考えております。なお、個別支援計画も策定する予定でおります。今後、地域防災訓練で試験的に、また実践的に避難訓練に取り組んでみまして、その状況等も確認しながら策定してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 実際にいろいろやってみないとわからないところがあるのが個別計画だと思います。私は、災害時要援護者あるいは災害弱者の支援に関して、今まで何回も取り上げさせていただいて、しつこく質問して大変申しわけないという経緯がございます。最初に取り組みましたのが平成14年なのです。その時点で平成12年、つまり8年前の2月から7回、社協中心で検討会を開かれた。既にこの時点で市民のネットワークに取り組まれているわけです。次に平成15年──5年前に質問いたしましたところ、「稲城市災害時要援護者市民相互支援ネットワーク連絡会を設置することになった」という答弁をいただいているわけです。3年前の平成17年のときには、「具体的な避難支援計画を策定しております」という答弁をいただいているのです。昨年は、「360名の方が登録されており、未登録者への対応が課題になっている」と、つまり具体的なところに踏み込まれているという発言をいただいたわけです。考えてみたら、今までの6年間で3人の福祉部長と3人の消防長の方が入れかわり、今の時期にたどり着いているわけなのですが、もうできてもいい、あるいは実施訓練で試行されるということがあってもいい時期になっているのではないかと思っているところであります。お話を聞きますと、来年度中にはつくられるということですので、期待するところなのですが、今までの長さを見ますと、民生児童委員協議会にお話しされるのがことしの暮れだということです。民生児童委員協議会のかかわりはごく一部であって、まだまだ自治会とか身障者協会とか社協とか、それこそ消防署とか生活福祉課とか、かかわらなければならない担当部署がたくさんあると思うのです。その方たち全部を合わせて平成21年度中というのはちょっときついのではないかというところもあるのですが、この際しっかりと来年度中という目標を定めて作成されるということをもう一度確認させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、平成18年3月に国のガイドラインが改定された。これを受けまして、平成19年度予算には間に合わなかったということもありまして、平成20年度予算でそのシステムを導入した。これで紙ベースデータから電子データ管理に移るというので、それとあわせて地図情報等を有効に活用できるということがありましたので、そのガイドラインを受けてのシステムづくりが第一歩ということで考えました。そういう中で、最終的にはいろいろな方の協力を得ながら進めていかなければならないのですが、意見を聞きながら策定していくに当たっては、その策定会議のようなものをつくって、そこにあらゆる関係者を入れていくということは想定しておらず、意見だけ聞きながら、原案ができた段階で内容確認などをお願いしながら進めていきたいと考えていましたので、平成21年度中にある程度の案は作成できるということで回答を申し上げました。いずれにしましても、原案を早急につくり、関係者の御意見を聞きながら進めていく。そして、できれば来年度中の地域防災訓練でもとりあえず試験的な避難訓練をやってみたい。そういう考えもございましたので、できるだけ早くという気持ちがありまして、そのようにお答えしたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 平成21年度中のできるだけ早くということで、具体的なところが少しずれたかという気もしますけれども、平成18年にガイドラインができたものですから、今までの積み重ねをさらに生かすということで、なるべく早く具体的に取り組んでいただいて、策定に向けて努力していただきたいと思います。
 関連しますので、(3)にまいります。システムの具体化と実施についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 災害時要援護者の避難支援ガイドラインの策定後は、防災担当課を中心にして、関係課・関係機関等と十分調整協議を行い、要援護者個々の具体的な支援策について検討していきたいと考えております。今後、地域防災訓練などで実践的に取り組むとともに、課題等についても整理してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 2つあると思うのです。1つは、マニュアルあるいは計画の具体化、それから訓練への具体的な参加の仕方ということです。先ほど部長のほうで、余りたくさんの方が参加するというよりはといったお話と、防災担当課が主管というお話をいただいたのですけれども、国のガイドラインの中には、全国的な取り組みの例があるので、その実例を見て、個別に、その地区に合った計画やマニュアルをつくってくださいと書いてあります。しかし、一番大もとのガイドラインの中に示されているのは、より多くのところの協働、例えば中にはPTAとか消防団とか、非常に細かい災害支援に関係するところあるいは地区に関係するところが入って、徐々に組み立てていったほうがいいだろうということが書いてあるわけです。ですから、余り机上の考えではなくて、いろいろなところで取り組むべきだと思うのです。このガイドラインが平成18年にできた理由は、福祉部と消防の連携がうまくいっていないことによって、実際につくったはいいが、実施にはなかなか困難な例が多いので、国がガイドラインを示したと文に書いてあります。今部長の答弁で、防災担当課が主管と言われたのですが、稲城市の地域防災計画のほうは福祉部が主管の内容になっております。今後どのようなグループや団体と連携されて、福祉部と防災担当課がどのようにリンクされて組み立てていくのか、その辺の細かい具体的な計画をお伺いしたいのが1点。
 それから、防災訓練への参加なのですが、先ほどのお話では、当事者の方の参加がなかなかいただけないというケースがあって、実は民生委員さんの御意見を少し聞いてみたのです。一番身近にいて助けなければいけない、具体的に支援しなければいけない立場で、具体的に訓練をやってみなければ、どのようにやればいいのかわからないという不安が非常に大きい。だから、実際に防災訓練をやられるときには、民生委員にぜひ声かけをしていただきたい。そうすれば、具体的に地域の方を誘って、一緒に訓練に参加できる。そういう試行を繰り返しながら計画をつくっていくのが一番いいのではないかという御意見をいただきました。その防災訓練の実施に関して、ぜひ積極的にやっていただきたいと思いますけれども、その辺の実施についての考えをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、いろいろな関係機関・関係者の声を聞きながら進めていくというお話がありましたけれども、最初からあらゆる人を入れて策定していくと非常に時間がかかるという思いがありましたので、基本的には、庁内の各関係課、防災担当課、あるいは現在密接な関係にあります自治会、自主防災組織、民生児童委員等の関係の中で進めていきたいと考えておりました。とりあえず案をつくりまして、後にそれで支障があるようでしたら修正していくという意味も込めまして、先ほどのような考えで進めていきたいと思っているところでございます。
 それから、民生委員さんのお話もありましたけれども、訓練をやってみなければわからないというのは、実際にそうだろうと思います。このガイドラインの個別支援計画につきましては、特に実践で役に立つものでなければならないと考えておりますので、一度策定したものであっても、その後課題や問題点があれば、それは少しでも改善していくことが必要ですので、今後の地域防災訓練等での取り組み結果などを踏まえながら修正、また加えることがあれば加えていくといった考えが大事だろうと思っておりまして、そのような考えをもって進めていきたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) まさに部長がおっしゃるとおり、何回かやってみないとわからないところがあるので、そのようにしてフレキシブルに受けていただければありがたいと思います。民生委員さんは、新潟の柏崎市に視察に行かれて、向こうの実際の状況を伺ったときに、それは大変参考になったのだけれども、稲城市は稲城市での地区のやり方というのを確立していかなければならないだろうということをおっしゃっていました。稲城市の地域防災計画を見ますと、計画の修正という欄がちゃんとあって、災害対策基本法第42条の規定に基づいて、毎年その変更がある折には防災会議に提出してもらって中身を変えていくという文章がございます。ぜひ各団体や、実際に防災訓練を毎年280万円ぐらいかけてやっているわけですから、その中での意見をきちんと集約していただいて、実際に防災会議に意見を寄せれば計画に生きるのだということを連絡していただいて、それで防災会議の中できちんと地域に合った計画やマニュアルを作成していただきたいと思いますけれども、そういう声かけをきちんとしていただけるのかどうかを確認させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) ガイドラインにつきましては、いずれにしましても、原案ができた段階で各関係者の意見を聞いて最終調整をしていきたいと考えておりますので、各団体への声かけ、意見聞きを行うとともに、防災会議等、関係機関にも諮りながら進めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                               午前10時39分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前10時55分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) それでは、2番目の項目にまいります。地域の底力再生事業についてでございます。防犯や防災のみならず、地域の住民が協力し合うことでさまざまな問題が解消したり、新たな提案が生まれたりいたします。東京都では、そのような地域の力を支援し、町内会や自治会等が主体となって地域の課題の克服や助け合いなどに取り組むことに対して助成を行っております。稲城市からも東長沼自治会が今年度助成対象となりました。今後、他の自治会等におきましてもこの事業を活用し、地域づくり・まちづくりに取り組む一助となるよう、稲城市としてさらに情報の提供や支援を行うべきと考えまして、次の点について伺うものです。
 (1)、地域の底力再生事業に対する市の考えについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 都市化の進展などにより近隣関係が希薄になっていると言われている中で、東京都が実施している地域の底力再生事業は、人と人とのつながりを深めて地域社会の再生を図り、多様化する課題を解決するため、地域の担い手である自治会等が取り組む事業に対して助成を行うものでございます。地域住民のつながり、地域の課題を解決する力の再生を目指した地域の底力再生事業は、自治会の地域力の向上に意義ある事業であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) これは東京都が平成19年度・20年度と行う助成事業で、上限は複数が集まった連合会等では100万円、単一では20万円ということで、自治会が主体になって取り組んでもらう事業で、来年度は事業内容をさらに広げて行うと、東京都から伺いました。オール東京で地域力向上委員会というものを立ち上げて、さらに地域力を高めるような助成事業を行うということで、来年2月中旬ごろにまた説明会を予定していますという話を伺ったのですが、今の部長のお話で、意義ある事業と認識されているということなので、この点については特に再質問はなしで、次にいかせていただきます。
 (2)、自治会その他団体への呼びかけについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 自治会その他団体への呼びかけにつきましては、本年5月25日に開催した自治会連合会総会時において、その概要の説明を行い、事業の実施申請の呼びかけを行いました。この結果、東長沼自治会が申請を行い、防犯・防災QRコード化による緊急時対応など、永住したい地域づくりが補助対象となり、本年実施されております。また、6月26日に行われた第2回行政連絡員調整会議において、東長沼自治会長からその事業内容を説明していただき、あわせて各地域での地域の底力再生事業への取り組みについて呼びかけを行ったところでございます。現在のところ東長沼自治会以外での具体的な動きはございませんが、地域のつながりを強める事業でございますので、今後もさらに呼びかけを行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 部長からお話がありましたように、平成20年度、東長沼自治会が、先ほど取り上げさせていただいたように、災害時の助け合いで助成事業をやられる。平成20年度はこの事業に東京都で59事業が補助の対象になったと伺っております。今のお話で、自治会の総会でお話しになって、行政連絡員調整会議で東長沼自治会のことを説明されて、広くPRされたとお伺いしたのですが、東京都でつくられた地域の底力再生事業助成のガイドラインを見ますと、自治会主催で、ほかと連携してやってくださいと、例えばPTAとかNPO法人とか、いろいろと共同でやって上限20万円という制度がございます。そちらのほうの自治会以外のPTAとかNPO法人とかへの呼びかけというのはされたのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 今年度は、新しい事業ということで、とりあえずは自治会を中心に呼びかけを行いまして、結果として東長沼自治会が応募していただき、採択されたという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 先ほど申し上げましたように、ガイドラインにいろいろ書いてあって、他市の例を見ますと、社協とか、消防署とか、行政関係と結びついたり、民生児童委員さんと一緒にやったりとかという例があるのです。ことし東長沼自治会がおやりになった実績をもとにして、さらに広げられる可能性がある助成事業だと思うのです。ですから、先ほど私がお話ししたように、東京都のほうもオール東京都でさらなる取り組みをされるようですので、ぜひ来年度、機会があれば、さらに声かけの範囲を広げていただいて、自治会への呼びかけだけではなくて、周りのPTAとか地元の地域のほうの呼びかけ、あるいは行政の働きかけによって自治会も一緒に動くというシステムで取り組んでいただければと思いますけれども、その辺の前向きな姿勢をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) まず、新年度の予算化につきましては、担当部局では予算の要求をしているという段階で、まだ結果的に実施という段階ではございません。それで、この事業は、来年度も引き続き行われるとなりますと、例えば公園や街路などを花で整備するとか、消費者被害のための啓発講座の開催、防災マップの作成、スポーツ大会、健康づくり講演会と、対象事業自体が限定されておりませんので、これはいろいろな事業に活用できると思います。御質問のとおり、地域内には自治会だけでなく、子供会とか自主防災組織、女性消防隊など、さまざまな活動を行っている団体がございますので、これと自治会がタイアップして地域の底力再生事業として事業化するというのは大変有意義だと思いますので、今後は、新年度に事業が予算化されましたら、より広くPRしながら、さらに一つでも多く申請できるように努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) (3)にまいります。今後の地域づくり・まちづくりへの取り組みと支援についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 自治会組織は、市や警察などの行政機関との綿密な連携を保ちながら、地域コミュニティーの増進、防犯・防災活動、各種情報の伝達など、日常生活を営む上で大変重要な活動を行っている団体であり、地域づくり・まちづくりの機軸になるものと認識しております。このことからも、東京都が実施している地域の底力再生事業は有効と考えますので、今後とも事業参加の呼びかけと申請につきまして支援してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 東京都のガイドラインの最初の文章に、なぜこういうことを組み立てかということで、東京都では、かつて存在した地域住民のつながり、地域の課題を解決する力の再生を目指して、こういう事業を実施しますと書いてあるのですが、私は稲城市にはまだ地域のつながりがいろいろな意味であるのだと思うのです。ですから、さらに地域力を増して、地域コミュニティーを充実させることは、地域の広さからいっても、今までの歴史からいっても、できると思うのです。先ほどの総務部長のお話で、自治会が機軸であると。この助成事業も自治会あるいは23区でいえば町内会が主体となって地域力を高めていくという作業なのです。これからも取り組んでいただけるという御答弁をいただいたのですが、実は稲城市にはまだ肝心の自治会の組織そのものができ上がっていない地区がございます。あるいは自治会の加入率が低くなっている。もともと地域力を高めるための機軸になる自治会自体が軟弱あるいはなければ、この助成事業に取り組めないという状況になります。そこの底上げをしなければ、そもそもの参加資格そのものがない状況になるわけです。ですから、もともとの自治会の力をつける、あるいは組織化を進めていくということに関しまして努力しなければいけないのだと思うのです。そのことに関しての働きかけと取り組みについて、積極的な姿勢を示していただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 一つは未結成地域なのですけれども、これも従来より行っているところですが、今後も結成に向けて働きかけをさまざまな形でしていきたいと思います。それと加入率の問題でございますが、これにつきましても行政連絡員調整会議で議案となりまして、各自治会でも一つの課題としているのです。自治会によっては、自分たちでチラシなどをつくりまして、そのチラシの下のほうに加入申込書をつけまして全戸配布したりといった例もございまして、紹介などもされております。市でもそういった自治会の活動を側面から協力させていただければと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) ぜひ積極的に、よろしくお願いしたいと思います。
 それでは、大項目3にまいります。健康的な食事を摂取しつつ途上国の食を支える仕組み──テーブル・フォー・ツーへの参加についてでございます。現在、日本人の食生活は、欧米に比べれば少ないものの、肉の消費量が増加し、全般的に高カロリーの食事内容となっていると言われています。ダイエット方法やメタボリック対策が重要な関心事となり、テレビや雑誌に取り上げられて、国も成人病予防に力を入れることとなっております。その一方、国ごとの格差は激しく、日々の食事が満足にとれない人たちも多数存在しているのが現実であります。この格差と矛盾の解消を日常の中で継続的に行う活動が、テーブル・フォー・ツー、略してTFTであります。TFTは、日本人男性によって発案されたもので、自身が健康的な食事をとる際、その一部が途上国の学校給食費として寄附されるというシステムであります。既に多くの企業や大学、自治体が協力しているこの事業に、稲城市もぜひ手を挙げることを求めまして、質問いたすところでございます。
 (1)、テーブル・フォー・ツーに対する市の考えについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) さきにお答えしましたとおり、テーブル・フォー・ツーは、先進国の肥満や生活習慣病と途上国での深刻な飢餓を同時に解決しようとするもので、趣旨につきましては理解できるものでございますが、本市の市民食堂においては、利用者数の関係などからその効果を考えますと、現段階では実施は難しいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) テーブル・フォー・ツーは、ヘルシー──健康的なメニューをつくって、定価プラス20円として、料金から20円を自動的に途上国の学校給食のほうに寄附をするというシステムです。今答弁で、市の食堂でやるつもりは今のところないということだったのですけれども、今の市の食堂は職員互助会を通じて民間委託されていて、1日の利用者が150人から180人ぐらいであって、利用者が非常に少ないこと、それから20円上乗せすることによって売上に影響が出るのではないかということから実施困難だと先般答弁されているかと思います。
 このテーブル・フォー・ツーについて少し調べてみたのですが、現在40以上の会社とか大学とか自治体とか、例えばIBMとか伊藤忠とか相模原市、文京区、横浜市、大妻女子大とかでやっていらっしゃるのですけれども、ことし10月までにアフリカの約1,500人の子供たちの1年分の学校給食費が確保できたという実績があるそうです。先ほど市の食堂の利用人数の件で、少ないからというお話があったかと思うのですが、テーブル・フォー・ツーに参加されている企業や大学等を調べましたら、稲城市ではないのですけれども、12〜13人の規模の年金組合もあるのです。20円ですから微々たるお金なので、数カ月間ためて送っているということです。つまり、人数は関係なく実施されている事業であります。
 今、食材が値上げの段階で、稲城市の市民食堂も非常にきついと思います。食材が高くなっていて、今低廉な値段で私たちに提供していただいているというので、定価そのものを値上げしなければいけないのではないかという状況であると私も想像しているのですが、TFTのメニューを見ますと、決して高くないところでスタートさせているのです。280円とか320円とか、300円前後という規模でやっているところがあります。つまり、価格的にも低廉で提供できるメニューがある。そのメニューは食堂で考えればいいわけで、これという規定はないのです。それで取り組んだならば、販売食数が倍近く伸びたような実績のあるところが多数あるそうです。PRがうまいのでしょう。ですから、食数が少ないとか、売上に影響するのではないかという心配はまずしなくてもいいのではないかと思うのです。
 今取り組む気がないと言われたので、大体今テーブル・フォー・ツーの実情について説明させていただいたのですが、(2)にいかせてもらいます。取り組みに参加することについて、再度聞く感じになりますけれども、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) テーブル・フォー・ツーの取り組みに参加することにつきましては、さきにお答えしましたとおり、食堂利用者数などから、現段階では参加は難しいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) 先ほど申し上げて、何回もすみませんが、利用人数に関係なくできるのだそうです。それで、これは、一つは職員の方や市民の方の健康維持、メタボリック対策やダイエットということを実現しながら途上国を助けられるという、2つがマッチングした非常にいいアイデアだと私は思うのです。ですから、啓発次第あるいは食材の値段の設定次第だと思うのです。別にノルマも何もないわけですから、食堂でこういうものを取り上げたということを近隣にPRするとか、広報に取り上げたりすれば、若い女性などは本当にダイエットを気にしていますから、まず目につくと思うのです。
 もう一つ、この事業で新しい取り組みが始まって、小売商品もやるようになったのです。パン・ベーグルとジュースとカレーというものです。それは、まとめて購入すると15%引きで購入できる。つまり、その分がさらに上乗せになって食堂会社の利益になるというシステムもできました。そのようにして、今までの稲城市を見てみますと、非常に新しいアイデアに取り組んだりチャレンジしたりして、全国的に注目を浴びている事業とかをやられています。テーブル・フォー・ツーに稲城市がこの規模で取り組めば、非常に話題になると思うのです。そして、近隣の方も、安いお金で健康的なメニューが食べられて、開発途上国に支援できるならば、非常にいいと思うのです。今は食材の値上がり等もあるので、今すぐやってほしいという無理なことは私は申し上げませんけれども、ぜひこれからこのことについて検討を重ねていってもらいたいと思います。その前向きな取り組みをしていただきたいと思いますけれども、考えをお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) この御質問をいただきまして、私もいろいろ調べてみますと、地球上の人口約67億人いる中で、先進国の過食が約10億人、逆に飢餓に苦しんでいる人も10億人ということで、いわゆる食の不均衡ということがございます。これを解消する一方で生活習慣病等の病気も同時に解決しようという趣旨は非常によく理解できます。そこで、私は実際に食堂の責任者にどうですかというお話もしたりしているのですけれども、先ほどの御質問のとおり、現段階では材料費が非常に不安定な中で、非常に難しいというお話をいただいております。さきに答弁したとおり、1日に150人から180人で、これも昼休みに集中しているのです。時間によっては席もとれない状況もございまして、確かに多くの方に来ていただけるのはありがたいのですけれども、1日の中で150人から180人をさらにふやしてテーブル・フォー・ツーをするというのは、現状況ではもう少し検討の必要もあると考えております。いずれにいたしましても、趣旨は非常にいいと思いますので、料金に上乗せという形ではなくて、別の方法もあろうかと思いますので、その辺も含めて検討していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 藤原さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 12番(藤原愛子君) ぜひよろしくお願いいたします。これで私の一般質問は終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、12番、藤原愛子さんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の18番、冨永順次郎君の一般質問を許します。8番、冨永順次郎君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) 通告に従いまして質問させていただこうと思います。よろしくお願いいたします。
 まず初めに、脳活性化プロジェクトによる豊かなまちづくりについてお伺いするものであります。いろいろと調べてみますと、認知症の予防に脳の活性化は有効と思われますので、全市民が生涯にわたって取り組む時代が来ているのではないかということから、この質問をするものでございます。
 初めに、認知症予防プログラムの現状につきまして理解させていただこうかと思います。1)として、認知症予防講座などの実施状況についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、高齢者を対象とした認知症予防や発症の遅延のための各種の事業を積極的に実施しております。事業の実施状況ですが、平成17年度では、認知症予防講演会2回で参加者が81人、これにあわせて実施した脳の機能テストの受検者が52人でございました。平成18年度では、認知症予防講演会2回で参加者が92人、脳の機能テストの受検者が66人でございました。平成19年度では、認知症予防講演会3回で参加者が439人、脳の機能テストの受検者が49人でございました。平成20年度は、まだ年度の途中でございますが、認知症予防講演会1回で参加者が50人の状況でございます。このほか、ファシリテーターの養成、介護予防推進員の養成を行ったほか、2カ所で通所型の介護予防事業を実施しております。また、自主グループに対してファシリテーターの派遣など、認知症予防のための継続的な支援を行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) このことを一応調べていましたら、もちろん介護保険の先進的な取り組みを品川区と稲城市が始めているということだけあって、他市に比べて非常によくやっているということをかいま見ることができて、大変いいと思うのですけれども、今ファシリテーターの養成という話も出ましたので、そちらのほうはどの程度どういうことをなさっているのか、お答えいただきたいと思います。
 今伺って、平成19年度は、それまで平年80人とか90人だったのが、一気に400人を超える受講生があった。回数も2回、2回、3回ということで、1回ふえたにしては非常に多くふえたので、これはどうしてそういうことになったのか。大変たくさんの方が来るということは結構なことですが、どのように分析されているのか。ことしは、何回やるかは私のほうではチェックしていなかったのですけれども、今のところ、また人数ががくっと下がっているようです。何でも数がふえればいいというものではないとは思いますので、その辺についてどのように分析されているのか。人数が少なくても充実していることもあるでしょうから、今年度平成20年度はどうしてこのような途中経過で、まだ12月で、あと1月、2月、3月とありますけれども、その辺についてどういう見通しをしておられるのか、その受講生の数のことに関してどのような所見をお持ちなのか、それを2番目としてお尋ねいたします。
 これまで、介護保険事業計画の第3期をやって、第4期の中間まとめがここのところで出ているようです。それをちょっと見せていただきますと、ページ数が振っていないのでわからないのですけれども、認知症の高齢者数の推計が第3期のものにも載っていますし、第4期の中間まとめにも載っています。どういうわけか、これは中間まとめですから、最終まとめではなくて、平成20年度のあと3カ月の間にか、もしくはそういったたぐいのものが4月ではなくて5月とか6月に出るとすれば、その間半年ぐらいあるのかもしれませんけれども、2年前に出ている推計のグラフと中間まとめに載っているグラフが同じなのです。同じなのは結構ですけれども、見ますと、図表2−2−8、稲城市の認知症高齢者数の推計というものが載っていまして、そこに平成15年、平成20年、平成25年、平成30年、平成35年、平成40年と5年刻みに高齢者の数のグラフと、それから認知症高齢者の数がふえるだろうというグラフがあるのです。3点目としてお尋ねしたいのは、平成15年には全高齢者の中での認知症になられる可能性があるというか、平成15年ですから、もう実数があるのだろうと思いますけれども、6.2%、その次の平成20年が6.6%、平成25年が6.7%、平成30年が7.6%、平成35年が9.1%、平成40年が10.1%。今私が申し上げたとおり、平成15年の6.2%を基準というか、そこをスタートとして考えると、平成40年には認知症の比率は10%に上がるということがこのグラフで読み取れるわけです。そのことは、認知症予防講座とそっくりそのまま何かがどうというお答えはなかなか難しいだろうとは思いますけれども、素人考えでは、高齢者の数がふえたって認知症を発症する人がふえなければ、ほぼ同じぐらいの率でいくだろうと思うのですけれども、4%ぐらい上がってしまうというあたりは、その推計がなぜこのような経過をたどるのか。予防講座をやれば減るというものでもないとは思いますけれども、要するに2年前のグラフもそうだし、今の中間報告のグラフでも何も変わっていない。変わっていないのは、先ほど申し上げたとおり、中間まとめで、最終まとめではないから、そういうことはあるだろうと思いますけれども、そうやって時間がたっても比率が上がっていってしまうというあたりはどのようにとらえておられるのか。その3つについてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まずファシリテーターについてでございます。これは、講座参加者の心の動きや状況を見ながら実際にプログラムを進行していく人のことでございまして、稲城市の場合は地域展開型認知症予防事業におきまして、旅行グループ・調理グループなどの認知症発症遅延グループの活動の中で協力している人のことでございます。
 それから、平成19年度の講演会の参加者が多いということでございます。平成19年度は、医師会と共催した事業がございまして、介護予防講演会ということで医師会が全面的に力を入れた講演会がありましたので、通常は50〜90名ぐらいの参加なのですが、その医師会と共催の認知症予防講演会では385名という多くの参加をいただいたためにふえているものでございます。平成20年度は50名と若干少ないのですけれども、これは毎年同じように実施しているもので、結果として低かったということでございます。
 それから、認知症の推計の話でございますけれども、これは非常に難しい問題でございます。認知症の要因としては、アルツハイマー等、加齢に伴って発生するものが非常に多いわけですけれども、そのほかの種類としましては、脳溢血とか脳血管障害によって認知症になるというものもございます。ただ、社会情勢を反映しているというわけではないのですけれども、いずれにしましても、認知症が表に出てきたといいますか、そういうことでふえる傾向にあるということで、過去からふえてきた状況を踏まえての将来推計ということですので、実際にそのとおりになるとは限りませんけれども、一応現時点では推計ということでそのように見ているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) ファシリテーターの養成というのは、このことに限らず、前に藤井議員もお話しされていましたように、大変難しい。どちらのほうにも傾かないで、なおかつ皆さんから意見を出させて、しかもということで、皆様のほうがよく御存じなので、それ以上私は申し上げませんけれども、非常に難しいファシリテーターの養成をやっておられるということですが、その対象者は市の職員なのか、介護関係の専門職の方か、あるいは市民なのか、そのあたりをもう少し詳しくお教えいただいて、どのぐらいの方が育ったのか、また育った方々をどのように今後活用していこうとお考えなのか、その数と対象者、その今後について、1点目にお伺いいたします。
 2点目としましては、平成19年度に数が非常に多かったのは、医師会のほうで、要するにお医者さんの話を聞くというか、お医者さんの協力があるとそのようにふえるということです。そのことから考えれば、ほかにもっといい方法があれば別ですけれども、せっかく数がふえて、しかもその要因としてお医者さんに来ていただいたことがいい結果をもたらしているならば、そのことについて平成21年度はどのようにお考えになるのか、その今後についてお尋ねします。
 3点目としては、今いわゆるアルツハイマー症に対して、最近というか、ここでまた特に注目されているのが、いわば原因に関して、たんぱく質が蓄積されて、そのたんぱく質によってなるということで、いわゆる対症療法に対して原因療法というものですので、そのあたりのことを含んだ認知症予防講座だと。恐らくお医者さんをお願いしたのはそのあたりかとも思いますけれども、その辺を含めて、多分注目が集まっているのだろうと思いますけれども、原因療法のことにまつわるあたりはどのような流れにこれからなっていくのか。以上3点をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まずファシリテーターについてです。これは、東京都総合研究所主催の地域型認知症予防プログラムファシリテーターの養成講習を受けた者でございまして、どういう人がなっているかというのは正確には把握しておりませんけれども、介護保険の現場で働く人、あるいは地域活動支援センターとか、そういうところの職員がなっているのだろうと思います。先ほどもお答えしましたが、養成研修の修了者が14名登録しているということでございます。内容としては、先ほども言いましたけれども、グループ活動の中で誘導する人ということです。
 それから、医師会との関係の講演会ということです。今回、医師会の協力をいただきまして共催という形で実施させていただきましたけれども、多くの方に参加していただきましたので、このような医師会等、医療機関との連携の中で今後介護や認知症予防講演会などを考えていくことは重要なことだと思います。医師会にも相談しなければ何とも言えませんけれども、今後なるべくそのようにお力をおかりしながら実施していきたいと考えております。
 それから、原因療法の話でございます。認知症にならない原因としまして、読み書き計算と軽い運動などとよく言うのですけれども、アルツハイマーとかについては、生活習慣病対策が発症のリスクを減らすとも言われております。そういうこともありまして、近年メタボ対策とかに力が入ってきていますので、そういうものも今後充実していくということは認知症対策の一つになっていくのだろうと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) もう3回終わってしまいましたらお尋ねはしませんけれども、現福祉部長は平成19年第2回定例会で、ファシリテーター養成研修については、「平成15年度に15人、平成18年度に2人参加させています」とお答えになっておられます。そのときも今も「東京都総合研究所」とおっしゃいましたが、そうではなくて「東京都老人総合研究所」です。
 次へいきます。2つ目のお尋ねでございますが、脳の健康教室的な取り組みの可能性についてはどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者を対象とした認知症予防への取り組みは、今後ますます重要になるものと考えております。現在65歳以上の高齢者に対しましては、特定健診とあわせて介護予防のための生活機能評価を実施しており、この中で認知症に関する基本チェックリスト質問項目が用意されております。この生活機能評価の結果を通じて早期に認知症のリスクを把握し、介護予防教室などへの参加が望ましい方へ参加をお勧めしているところでございます。市では既に高齢者の認知症予防のための介護予防教室は実施しており、今後も引き続き継続してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) 「東京都総合研究所」の件については確認していないので、「老人」という言葉が入っている研究所もあるということです。
 それから、今のお答えなのですけれども、既にそういう方向に流れてきていると思うのですけれども、そういうことがここにあらわれているだろうとは思うのですけれども、2年ぐらい前では転倒予防とか、それから「おたっしゃ21」とか、ああいうどちらかというと体のほうに関係のある介護予防でした。それがここへ来て脳のほうにウエートが移ってきているように私は思うのです。どうしてもメンタルな部分をこれからやっていかなければならないだろうと思うので、東京都老人総合研究所などでもこのところ打ち出している認知症予防対策などを見ていますと、プログラムのテキストなどにこのようにあるわけです。「認知症に強い脳を作るウォーキングのすすめ」「認知症に強い脳を作る料理の勧め」「認知症に強い脳を作る旅行の勧め」「認知症に強い脳を作るパソコンの勧め」、Vista版とXP版と両方載っているような状態で、時代の流れとしたら、人間の脳のほうにいくべきです。前にもお恥ずかしいことをお話ししたように、今から30何年か前に生涯教育と言われて、それが少したって生涯学習になった。学習というのは、生まれてから死ぬまでずっと学習するということだと。要するに教育されるのではなくて、みずから学ぶということで、それは小学校・中学校における義務教育でもそうなってきている。それと同じように、認知症の予防というのは中高年になったら始めることではなくて、いわば頭のほうの能力のピークは20何歳ぐらいで、あとはもうずっと下降するという話からいけば、生涯にわたる脳のことに関しては、東京都老人総合研究所あたりからも「脳を作る」ということが出てきている。認知症に関してはそこが非常に重要だということになっているわけですから、ぜひそのあたりのことについて、さらに取り組んでいただきたいと思います。来年の3月に介護予防・認知症予防総合フェア2009というものが行われます。そこにも「歩こう!食べよう!頭をつかおう!健やかな日々のために」というキャッチコピーが副題としてついていますから、これは後でお尋ねする中にもあるのですけれども、ぜひもう少し脳の関係で、品川区とか世田谷区とかの脳の健康教室にアンテナを張っていただけるとありがたいという印象を持つのですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 脳の活性化にはさまざまな方法があると思いますけれども、一番大切なことは楽しく行うことだと言われております。市では現在、認知症予防事業としまして、知的活動プログラムを組み合わせました教室を開催しておりまして、その中から興味のあったことにグループで取り組むということで、グループ活動を支援しております。現在、自主グループとして料理クラブと旅行クラブがあるわけですけれども、これは今全部で5つのグループが活動しております。先ほど申し上げましたファシリテーターがそこに行っていろいろ誘導しながら予防事業をしているという状況でございます。いずれにしましても、時代の変化とともに認知症に対して、これがいいというはっきりしたものは実はなくて、学者がいいだろうと言われるものを市場に出してくるというのが今の一般的な考え方と言われておりますけれども、今後、ほかの市等の取り組み内容なども参考にしながら、時代に合ったいいものがあれば、それはそれで取り入れていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) では、その辺のことも含めて、3)に入らせていただきます。3)、認知症予防実践指導員の養成状況についてということで、第3期のほうにも載っていますし、第4期の中間まとめにも載っているようですので、そのあたりについてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 認知症予防実践指導員は、市民参加による介護のまちづくりを行うために、認知症の発症をおくらせ、またその進行をおくらせるために、生活習慣病や閉じこもりの予防、生きがいや訓練型の実践的な指導を行うことができる方を養成するもので、第3期の介護保険事業計画において総括的に位置づけたものでございます。具体的には、これまでに認知症介護予防ファシリテーター候補者を14人、介護予防推進員登録者を37人、認知症サポーターを109人養成したところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) その数などがつかめなかったので、こちらのほうの調べが足りなかったのですけれども、そういったことで認知症予防実践指導員とそれに近い方々の数をお答えくださったのだと思います。もちろんこのことについてはいろいろなところで報告をいただいているか、もしくはこういう資料があるのだということで出してくださっていると思うのですが、役所の窓口へ行ったときにもう少しストレートに答えが返ってきたら、このことはお尋ねしないで済んだのかと思います。そこで、中間まとめにも「認知症予防実践指導員の充実」という言葉がありますけれども、その辺のことについて今後どのような展開をしていく予定なのか。特に、今の答えの中でははっきりしなかった部分ですけれども、市の職員がどのぐらいなのか。要するに、市内の市民を対象としてやっているのはこのぐらいの人数で、市とか市にある施設の専門職のような方がここへ行っているとか、そのあたりをもうちょっと整理してお答えいただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、今後の認知症予防対策を充実させていく上では、講師や指導者となれる、地域で積極的に活動していただける方を養成していくことが重要であると考えております。ファシリテーターは、先ほど言いましたように、市内の福祉現場で働く人などを中心になっているわけです。これは当然、市の職員も2人ぐらいいました。そういう状況でございます。介護予防推進員は、広くボランティアの方あるいはNPO法人等に声かけをしてこの養成研修で育てた人でございまして、当時は89名ほど受講していただきましたけれども、現在登録者としては37名ということでございます。それから、認知症サポーターにつきましては、広く一般市民向けあるいは福祉現場の人、また市職員向けに実施しているところでございます。そういう中で、どういう職の人がなっているかというのは現在のところではつかんでいない状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) 私の尋ね方がよくないのかもしれませんけれども、要は認知症の予防にかかわって、いわば指導的な立場にいる人と、それからみずからが予防を考えなければならない人とのあたりのことがもうちょっとわかるとよかったと思います。
 次へいきたいと思います。(2)、マナーアップ標語募集による啓発について、1)として、受け入れやすい一声を市民全体で考える取り組みについて伺いたいと思います。これは、路上でも、学校内とか、そういうところでもそうですけれども、いじめがあって、そのいじめが目の前で行われている。あるいは器物破損をしている人がいる。歩行喫煙している人がいる。電車の中で携帯電話をかけている。そういった現場においてどういう一声をかけたら一番いいだろうかということを、いわば脳の活性化ということも含めて、市民全体で考えたらいいのではないかということでお尋ねするものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) いじめや器物損壊、歩行喫煙、電車内の携帯電話などをなくすため、社会全体で取り組んでいくことは、大切なことと考えております。御質問のとおり、これらの行為を見かけた場合は一声かけるということは、その行為に対する反省を促す効果もあると考えられますが、それが原因で暴力を振るわれるという事件も起きております。このことから、御質問の行為に対しては、さまざまな団体の活動や社会的運動が行われておりますので、これらの活動を通じての組織としての取り組みを進めていくことが大切と考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) 私がお尋ねしたのは、その暴力がしかり方に原因があったのではないだろうか。だから、気のきいたしかり方をすれば、そういう暴力の発生がなくなることはないかもしれないけれども、低くなるのではないか。要するに、その受け入れやすい一声をみんなで考える。そうすれば、暴力を受けるようなことが心配で言葉をかけなくなるということが少しでも変わるのではないか。実際問題、気のきいた一声をみんなで考えついても、そのとおりできないこともあるだろうと思いますけれども、頭を使って気のきいた声かけをするようなことを考える。それを稲城市の市民の頭を利用してやったらどうかという私の提案です。
 一つの例として、もう何カ月か前ですけれども、電車の中で女の子が携帯電話をしていました。そうしたら、反対側に座っていた年配の方が、ずっと我慢していたのでしょう、「お嬢さん」とつけて「電車の中で電話をかけてはいけないのですよ」としかったわけです。しかられることになれていないし、みんなの前で大きな声を出されたからということで、女の子もカーッときて、自分が電話をしてはいけないということに思いが至らないで、それこそくそじじいとは言わなかったかもしれないですけれども、すごいことになってしまったのです。私は見ていて、年寄りのほうも最近はしかり方を知らない。まして若い子はしかられたことがない。そういうところで、まちの中がぎすぎすしていってしまう。電車の中もぎすぎすしていってしまうのだろうと思ったのです。
 例えば、たまたま電車の中で、私の隣に座った女の子が物を食べ始めたのです。そうしたらプーンと食べ物のにおいがしたので、わざわざその子のそばへ行ったわけではなく、ちょうど隣に座っていましたので、中年のおじさんが若い女の子に声をかけたら、もうそれだけで大変なことになるといけませんから、「お嬢さん、お話ししてもいいですか」とちょっと声をかけて、「あなた、嫌いなものない」「嫌いな食べ物、ある」「このふさがれた電車の中で自分の嫌いな食べ物のにおいがしてきたらどう」と言ったら、「嫌だ」と答えたので、「電車の中で食べるのはやめようよ」と言ったら、やめてくれました。私は残念ながら、いまだに電車の中で足を投げ出している人とか、席を詰めないで、大きなまたを開いて座っている人とか、それから、電車の中で携帯電話をしている人に、しかるのではなく、いわば気のきいた、諭し方ができない。だから、そういう気のきいた諭し方を考える、そういうまちづくりをしていくべきだと思います。
 今見ていると、昔はよく「近ごろの若い者は」という言葉が、中高年の方から若い人に対してまくら言葉のように出てきた。でも、そんなのはもう3,000年も4,000年も前のエジプトのピラミッドにもいたずら書きが書いてあるごとく、「近ごろの若い者は」と言っているのです。最近、「近ごろの若い者は」という言葉が絶対に言えない大人もふえてきている。中学生が横一列に歩いているかと思うと、いい中高年の大人も一列で道路を歩いているとか、電車の中で携帯電話で平気でしゃべっている中高年がいるとか、そういったことに関して、要するに稲城のまちの住みやすさ、稲城のまちの人気が高まるということを考える、そういうマナーアップを、標語ではなくてもいいからみんなで考える、そういうまちづくりをしたらどうかと思うのですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 総務部長(宮澤秀弘君) 確かに、同じ注意をされるにしても、いきなりどなられるより、諭すように注意をされたほうが効き目はあると思います。御提案のように市民全体が集まってその標語なり取り組みをというのは、実効性という点でさらに検討が必要ではないかと考えています。犯罪や不良行為などを防ぐには地域周辺の目が大切と言われておりますので、行った行為を注意する、その呼びかけを議論するというよりも、行為をさせない環境づくりについてみんなで話し合うということも大切ではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) もちろん、そうやってみんなで考えることも大切です。でも、私がどうしても気になるのは、しかり方ではなくて、諭し方だと思うのです。しかるというのは、しかられる側がいるわけです。ですから、諭すという感覚が必要だと思います。
 次へいきます。市民の脳活性化を喚起促進する取り組みとして、これは以前にも全く同じことをお尋ねしたのですけれども、特許の申請などを市がお手伝いすることによって市民の脳活性化を図っていくという取り組み、これからは箱物の時代ではなくて、人間の心の時代が来ると思うので、そのためには市民の頭を活性化させるということにおいて、このことを私はぜひ検討してほしいと思いますけれども、今回のお答えはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者の認知症対策は、現に認知症の兆しがある方を中心として、症状の進行を防ぐことが有効であるとされており、高齢者の保険料を含む介護保険財源などが充てられることから、確実に効果が認められる事業を実施することが求められているものでございます。現時点では、発明やアイデアの具体化といった支援より、市としては、家族支援を含む、より堅実な緊急対策に力点を置くことが望ましいものと判断しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) 目の前のことをまず先にということで、わかりました。でも、いつかはきっとそういうことをどこかの市がやり始めると思います。
 市主催行事の日程策定のあり方について、各種行事開催の適期に対する考え方についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 市が関係する行事の日程につきましては、行事のテーマや会場の都合、内容による季節的な要因や開催上の諸事情を初めとして、実行委員会形式での開催であれば、委員の皆さんの御意見などを総合的に勘案した中で決定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) 市が主催行事を決めるに当たって、どうしても外せない時期というものがある行事もあると思うのです。例えば成人式は、地方などではお盆休みに帰ってくる人を考えて8月に成人式をやるところがあるようですけれども、稲城市においては「成人の日」がある1月がふさわしいだろうというのはわかるのです。けれども一例を挙げてみますと、防災訓練の日程を見てみますと、何年か前までは8月末のものすごく暑いときに訓練をしていて、その日程が一たん少し下がったのです。しかし、恐らく9月1日の「防災の日」を意識してその時期に来ているのだと思うのですけれども、またそれが最近じわじわと前のほうへ来ている。関連性のある日を中心にすべきことなのか、あるいは、過酷な状況を再現するためにあの時期が必要なのか、それからよりたくさんの市民に集まってもらって訓練行動をするのか、どこにポイントを置くかによって変わってくると思うのです。だから、暑くて、支給されている服がみんな冬服のような長袖にもかかわらず8月にやっていたということ自体がどうもわからないのです。ことしは9月でしたけれども、その辺でまた日にちがじわじわと上がってきているので、心配なのでお尋ねした次第です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 防災訓練の日程の件でございますけれども、防災訓練は昭和53年から行っておりまして、今お話がございましたとおり、より多くの参加者をということで、8月の最後の日曜日が大体「防災の日」に近いということで、それまで進めてきたという経過がございます。ただ、自主防災組織本部長会議の中で、8月の暑い盛りの中で実施するのは検討する必要があるといったお話がございまして、それ以降、当然気候の状況とか、地域の行事あるいは市の行事等もございますので、「防災の日」に近い、最近では、ことしは10月5日、9月20日が予定されましたけれども、それを基本にしまして、自主防災組織本部長会議の中にまず日程的なものを提案させていただきまして、最終的には稲城市防災会議の中で決定いただいているような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) だから、少し発想の転換をしていただいて、9月になれば「防災の日」が近いから、防災のことを嫌でも新聞やテレビが扱う。その時期にやるのももちろん結構だけれども、そこに人がたくさん集まって、いかに防災意識が高まるかということに目的があるのであって、その日付が大切なのではないということをぜひお考えいただきたいと思います。
 最後にいきます。開催日程の重複防止についてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 催し物の日程の重複防止につきましては、昨年度から、市が関係する事業については、日程が決定あるいは予定された日がわかった段階で、担当部署が庁内LANに行事予定を掲載し周知するなどしております。しかし、市が直接的にかかわる行事に関しましてはある程度の日程を把握することが可能ですが、民間団体などにより既に決定している場合については難しいところです。今後は、さらに庁内LANのスケジュール機能や、行政連絡員会での情報提供を含め、横断的な情報共有や、相互の調整を十分に図りながら、なるべく重複が生じないよう努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) もうお昼ですからこれで終わりにしますけれども、11月15日でしょうか、市内でいわば市が中心的な行事が3つ重なりまして、市長は平尾から地域振興プラザへと忙しい思いをされたようです。地域振興プラザのほうでやっていた人たちは、何で市民がこんなに来ないのかと。無理です。市内で3つも重なって、似たような人たちが集まるようなものですから。そういうのはもう少し検討していただきたい。11月15日だったと思いますけれども、市長、違いましたか。それで、市の行事は、今のお話ですと、庁内LANで確認できるということですから、庁内LANをある意味で市民に開放できるものは、市民に開放するといったことをひとつ考えていただきたい。しかも、できることならば、年度に入ってからその年度のことがわかるのではなくて、早い時期に決まった段階で出てくるというのが、市民にとって情報公開になって、非常にぐあいがいいと思うのです。そのほかにも、市の中ではうまくいっているようですけれども、ちょっと外れると言っては申しわけないですけれども、文化センターのように、月曜日がお休みだと、そこでその文化センターに関係のある市民を集めて会議を開く、これが結構ぶつかったりなどしているのです。もちろん1年は52週しかないし、52週の土曜日・日曜日といったら100日ぐらいしかないから、どこか重なるのはしようがないと思いますけれども、最初から、これは重ならないほうがいいというのがあるのだったら、防ぐということで、そのことについて、庁内LANのことを含めて、お考えをちょうだいしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) まず、具体的に11月15日のことをお尋ねですので、くらしフェスタを平尾で、そして市民活動サポートセンターの会が同じような時間であったということでございます。ただ、くらしフェスタにつきましては、市が主催ですけれども、市民活動サポートセンターはまさにサポートセンターNPO法人がやっている事業ですので、これは私どもが直接的にスケジュール調整するような事業ではないと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) まず、庁内LANの関係でございますけれども、これにつきましては中の調整ということでございまして、今後ともその徹底を図りまして、なるべく多くの事業をそこになるべく早い時期に載せるような形で活用していきたいと思っております。そして、市といたしましても、できる限り事業と重ならないようにしていく必要性はあると思っておりますので、今後、稲城市のホームページの中にイベント情報コーナー的なものをつくりまして、そういったことの中で、市民の皆様がそれを見ることによってまた日程等の調整に役立てていけるようにできないかどうかといったことで、ホームページの内容の改正等についても今後検討してまいりたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 冨永君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 8番(冨永順次郎君) これで終わりますけれども、一番忙しくしておられた市長がそのように思っているのだったら、それはそれでいいですけれども、地域振興プラザのほうでやっている団体も市のそういったものをきちんとチェックするようにすれば、どうしてこんなに人が来ないのだろうということは防げたのだろうと思います。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、8番、冨永順次郎君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午後0時2分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午後1時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の19番、荒井健君の一般質問を許します。11番、荒井健君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今回は、高齢者施策の問題と、不況対策、さらには災害対策の問題について質問をいたすわけでありますが、既にこれらの問題は前の議員が取り上げておりますので、ダブるところを省いて簡潔にお尋ねしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 まず1番目、だれもが年をとっても安心して暮らし続けられるまちづくりについてであります。これは、今期私が議会に参加して、私の一つのメーンテーマとして、着実に高齢化が進む中で、本当に年をとっても安心できるまちづくりというのが稲城の中では緊急課題だということで、そのことをどうやって着実に制度的にもシステム的にもつくり上げていくかということをいろいろな角度から提起してきたところであります。今回は、その中で介護認定の問題と後期高齢者医療制度の問題についてお尋ねしたいと思います。
 まず、介護認定の問題でございます。この問題については、御案内のように、昨日多羅尾議員のほうから、介護認定の見直しをされるに当たって、今までとほとんど状態が変わらないのに低く判定され、今までサービスを受けていた方がサービスを受けられなくなるという事態が起きているという話がありました。恐らく、多羅尾議員のところにそういうことをお話ししている人と私のところに来ている人は全く違う人だと思います。この間、2名の方からそういうお話を受けました。ともに老老介護で、1人の人は、奥様がほとんど寝たきりの状態で、御主人もすごく高齢で、私のうちに相談しに来るのに、平尾団地から私のところまで歩いてこられないので、わざわざタクシーを呼んで来て、本当に大変な状況だと。寝たきりで、例えば入浴サービスなどを受けていたのだけれども、判定が下がったことによってそれが受けられなくなってしまった。自分の体ではどうにもならないというすごく切実な話でございました。もう1人の方も団地でございましたけれども、今まで受けていて、奥様が同じような状態で、状況がよくなっていない。それにもかかわらず判定が下がったということで、実はいろいろなサービスが受けられない。その中で御主人も相当疲労されていて大変だという話がありました。
 私は、この問題について、本当に介護保険制度というのは、昨日の中村議員の話ではないですけれども、そういう状態になったときに社会全体で支えていくのだという形の中でつくられた制度でございますから、それが本当に機能していかないということになれば大変だと思います。どこかの話ではなくて、現実に稲城の私たちが住んでいるところで起きていて、私がそういうことを何とかしなければいけない立場にある議員として存在しているということを含めて、これは何とか解決しなければいけないと思っているのです。その辺のことについて、昨日の答弁もありましたけれども、もう一度福祉部から基本的な考え方をお話しいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 要介護認定は、全国一律かつ公平に要介護者等の状態を判定するために、高齢者介護実態調査の分析結果をもとにしてロジックが作成され、平成11年10月から運用が開始され、その後2回の改正を経て現在の仕組みとなったものでございます。また、来年4月に改正が予定されており、現在よりさらに精度が向上するものとされております。要介護認定は、認定調査員の面接調査結果をもとにしたコンピューターによる一次判定と主治医の意見書を合わせて、専門家の合議体による二次判定を経て決定されるもので、適正な認定調査と専門性の高い審査判定が求められるものでございます。市では、今後も制度の維持向上に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 恐らく、それなりに厚生労働省からマニュアルみたいなものが出て、マークシートがあって、それを受けて専門の方々も含めて認定審査会というのがやられているのだろうと思うのです。それはそれでわかるのですが、実は本当に今まで何度という認定を受けていた。ところが、状態が少しも変わっていない。逆に悪くなっているのではないかと言われている状態なのに、またそのように下がってくる。その部分については、継続する場合はいいのですけれども、下がる場合はより慎重な対応が必要なのではないか。恐らく、今の形とすれば、最初の認定は市の職員の方が行ってやっていて、2回目はケアマネジャーなり何なりに委託をしてやっているのだろうと思うのです。そのときに、その判定などを含めて、それを変えるときには、以前のときよりもどうなのかということを見比べて、きちんと慎重に対応する。同時にそのことがその人にちゃんと伝わっていくような対応がないと、今言ったような問題は出てくるのだろうと思うのです。事実、御案内のように、いつも介護保険の認定では言われている話なのですが、ふだんは大変なのだけれども、認定で調査員が来ると、かくしゃくとしてしゃべってしまうなどという事例は、本当にあるわけです。何回も行くわけではなくて、360日生活している、その1日を取り上げてそうなってしまうと、いかがなものかと思うのです。私は、今言ったように、それぞれ状況に応じて慎重な認定をされているのだろうと思うのですが、特に判定で認定が見直されて下がるようなことについては、これは慎重な対応をして、少なくともそういうことについて責任を持って対応できるといった形になるような方向を打ち出していただきたいと思うのですが、その辺の問題についてだけ確認させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず要介護認定についてでございますけれども、これは繰り返しのお答えになりますが、要介護認定は、訪問調査結果に基づく一次判定と訪問調査特記事項や主治医意見書などを合わせて、医師を初め各種分野の専門職による合議体であります認定審査会において判定されておりますので、結果は正しいものと認識しております。しかしながら、今お話がありましたように、要介護度が下がり、今まで受けられていたサービスが利用できなくなったことによります苦情は、これまでにも寄せられております。その苦情に対しましては、正規の手続を経ての結果ですので、市でも丁寧に審査会の結果等について説明しておりますが、その対応には苦慮しているというのが実情でございます。そのような状況もございますので、今後、審査判定において要介護度が下がるような場合には、特に慎重な判定をお願いするとともに、また下がった場合には、その下がった理由・根拠を整理しまして、申請者に説明しやすくなるような仕組みができないかなどを含めまして、審査会のほうにも相談してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それでは、次の質問に移ります。後期高齢者医療制度の問題でございます。後期高齢者医療制度というのは、今、医療制度そのものにかかわる大きな問題の中で、本当に医療費がかさんでしまいどうするかということでずっと検討してきた中で、ある意味では一つの考え方として出されたわけでありますが、それは、実はこのことが提案された当時から、名称の問題、それから相互扶助を基本とした社会保障制度なのに、年齢を区切って、特に病気にかかる率が高くなるような人たちを対象にしてこのようにやることの問題、さらには包括医療の問題、天引きの問題等を含めて、市長会、知事会、医師会、それこそ自民党と公明党を除くほとんどの野党の人たちが、これはだめだという提起をしてきたにもかかわらず、平成18年6月に強行採決された話であります。ところが、その後、御案内のように、もう圧倒的に高齢者の方々も含めて、これについてはおかしいという話があって、当初天引きについても、当然取られるものなのだから天引きはいいではないかと言っていたこととか、いろいろなことがどんどん変わっていって、天引きも自由意思になる、低所得者には何と9割の削減などという話も出てきて、それでも批判がおさまらない。そういう中で、この前、総裁選挙の前ですが、私ももう年ですから朝早く起きて、みのもんたの番組などを見ているのですが、そこにわざわざ舛添厚生労働大臣が出てきて、これは抜本的にやめます、そういう意味で新しい制度を考えますといった話をして、そこに出ていた各党の、例えば公明党でいうと山口さん、社民党でいうと福島さん、共産党の小池さん等も含めて、そのことについて衝撃を受けて、特に与党の議員からは、そんなことは政調会で全然聞いていない、いきなりそんなことを言われても困るといった話が出たぐらいです。そのときに舛添厚生労働大臣が何を言ったかというと、そういうことを総理候補の麻生さんにお話をして確認してもらったから私は麻生さんを推すのだという話をして、厚生労働大臣としてそういうことがいいかどうかということも含めてちょっと考えさせられるようなことだったです。そういうことの中で、今、要するに見直しをするのか、抜本的になくすのかということでありますが、御案内のように、この問題については、6月議会に伊藤正実民主党代表と私のほうで、これは廃止すべきではないかという提案をさせていただいた。実際に国に向けてそういうことで意見を言っていくべきではないかという提案をさせていただきましたが、議会では残念ながら、それこそ10対11ということで、私と伊藤正実代表の会派と共産党と中村議員と伊藤ちか子議員がそのことに賛成したのですが、多数で否決されましたけれども、今まさにそういう6月議会の段階よりももっと進んで、自民党自身の中からも今言ったようなことが出ている。
 そこで、今まで稲城市としては、基本的にこの制度は老人医療制度の中でもうできてしまったのだから必要な制度だという立場をとってきたのですが、そのことについてもう一度稲城市としての認識をきちんとお聞きしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 後期高齢者医療制度につきましては、老人医療費が増大する中、現役世代と高齢者世代の負担の明確化など、老人保健制度が抱える問題点を解決するために、10年にわたる議論を経て制度化されたものでございます。単に制度を廃止してもとに戻すということでは、老人保健制度の問題点を解決できないものと考えております。したがいまして、この制度にかわるものがない現状では、政府における抜本的な見直しも含めて、必要な見直し等を行い、よりよい制度への改善を図っていくことが最善の策であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 私の質問と答弁がちょっとかみ合っていないような気がするのです。私は、長年医療制度の中で高齢者の医療制度をどうするかということについて議論されてきたということも十分承知しております。ただ、議論が本当に十分尽くされて、ナショナルミニマムの制度ですから、少なくともそういう意味での一定の合意ができて制度ができたというのではなくて、いろいろところから批判があったにもかかわらず強行採決をしてつくった。そういうことでこの制度が今ある。ただ、その制度を壊してももとへ戻るのは云々ということではなくて、今できている制度について、いいと思うのか、悪いと思うのか。要するに国と地方の関係で、地方がどういう立場で意見を言うのかというのは大事なことでございますから、今はもう現実にできてしまっているのだからしようがないのだという話を聞いているのではなくて、今ここにある後期高齢者医療制度というものに稲城市は賛成なのか、反対なのか、そのことをお聞きしているので、その辺についてはっきりお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 行政でございまして、法律に基づいて執行していくという立場でございます。ですから、今の御質問の中では賛成なのか反対なのかということでございますけれども、行政の立場といたしましては、法律に基づいて執行していくといった立場でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それはそういうことであれば、私は少なくとも、国と地方の関係の中で、当然、国の制度をつくる上でも地方が意見を発信していくということは必要だと思っていますし、議会でも意見書が出せる。行政としても意見があれば言っていくべきだという立場をとっていますので、若干ニュアンスが違いますが、先へいきたいと思います。
 次に、後期高齢者医療制度の中で今どういうことが起きているかということの一例なのですが、実は今まで国民健康保険制度の中にいた。だから、お年寄りの方でも、例えばお金をためて1年に1回ぐらい家族で旅行へ行こうと、奥さんと旅行へ行って、保養施設を利用されていたということがあります。ところが、後期高齢者医療制度ができたものですから、国民健康保険の医療制度から離れているから、その保養施設とか、そういう制度が使えないということが今起きています。もちろんこれは後期高齢者医療制度ですから、そこでそういう制度ができるのが一番いいと思っているのですが、今率直に言って、この制度自体がどうなるかということも含めていろいろな議論があるわけですから、各組合の中でそのことについて保養施設事業をやろうなどということは起きていないわけです。そうすると、実際に今までそういうものを利用されていた人が利用できなくなった。これは何とかすべきではないか。稲城市は国民健康保険の事業をやっているわけですが、できればそのように、そういう希望がある人を国民健康保険の稲城市の制度の中で救っていくようなことができないかどうか、そのことについてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 稲城市では、会社組織等に所属していないため福利厚生を受ける機会に乏しいと考えられる国民健康保険の被保険者に対して、国民健康保険法においても、健康の保持増進を目的とした保健事業が努力義務として位置づけられていることから、保養施設利用助成などの保健事業を保険者として実施してまいりました。こうしたことから、後期高齢者医療制度に加入する75歳以上の方の保養施設利用助成につきましては、後期高齢者医療制度の医療保険者である東京都後期高齢者医療広域連合において保健事業の一貫として実施することが基本であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) まさにそういうことで、立場としてはそう言わざるを得ないということだと思うのです。ただ、現実に、今言っているように、稲城市の中で今まで利用できた人たちが、後期高齢者医療制度ができたために利用できなくなった。実際に、今言っているように、後期高齢者医療広域連合でそういうことをしない。どうするのかという話です。ちなみに、それこそそんなに財政的にかかる話ではない。例えば、国保の制度としては、1施設について年間3,000円とか2,000円を年2回ぐらいの制度です。今そういう部分で後期高齢者医療制度ができたために出てきたはざまの問題ですから、これは稲城市の保健事業の中で、それだったらいいということであればできる話でございますし、ほかの保険者の中ではそういう動きもあるように聞いておりますので、できればそういう形でこの制度のはざまの問題について英断をもって対応していただけないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 東京都後期高齢者医療広域連合では、保険料を抑えるために実施しないことを選択したということでございます。それを抑えるために稲城市としても応分の負担は行っております。そして、今の流れでございますけれども、保健事業のほうに、つまり予防健診事業というほうにシフトしているという流れがございます。そうした中では、今国保制度でやっておりますけれども、保養所の利用助成ということにつきましては、精神面でのリフレッシュ効果があるという面は否定できないものですが、健診事業とか予防事業のほうが早期発見・早期治療の面から効果があるということで、直接的効果、即効性ということが医療費削減につながるのではという部分で、そちらのほうに主に重点を置いてやっている状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今お話があったように、国民健康保険制度の中での予防事業と保健事業の関係の議論などについては、私も決して理解しないわけではないです。今私が言っているのは、そういう制度上の問題ではなくて、そういう議論はともかくとして、実際に今国民健康保険の中には保養施設がある。去年まで使えていた。ところが、後期高齢者医療制度ができたために使えなくなったということを何とか救えないかという話をしているわけですから、ぜひこの部分については、今言ったように、本当に後期高齢者医療制度が今どういう状況にあるかということはよく知っています。広域連合でこれをやれるような状況ではないわけですから、そういう意味では、稲城市が事業主体になっている国民健康保険事業でそういうことをやりますと言えば済む話ですから、ぜひそういうことで門戸をあけてあげたらどうかと思いますけれども、再度その辺について検討していただけるかどうか、お尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 今のは後期高齢者医療制度のお話でございますけれども、国民健康保険の中での保養施設の利用助成につきましても、国民健康保険の被保険者の方からも、こういう事業はやめてもいいのではないか、医療費に特化する保険であるべきではないかといった御意見も実はいただいております。ですから、そういうのも含めまして、これからまたさらに研究していかなければいけないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひひとつ前向きに対応していただきたいと思っております。
 次にいきます。不況対策の問題であります。これは、今回の一般質問でも、川島議員を初め、さまざまな議論が展開されて、市長からもそれなりの見解が出されております。今、100年に一度という不況がまさに襲いかかろうとしている。なおかつ日本の場合は、今まで外需特需ということで景気が持ち直していたのが、円高不況ということでかなり追い打ちがかかっているということであります。私のところにもこの間何人かの方が、勤務先から来月から来ないでくれと言われて、何とかならないかということで相談にみえたので、でははつらつワークへすぐ行ってくれと。はつらつワーク自身も大変な状況です。その方は、今まで奥さんは働いていなかったけれども、奥さんも一緒に働いて何とか急場をしのがなければいけないということですが、そういう方がどんどんふえてきています。
 そこでまず、私たちはそういう中で、国の動きとか国際的な動きではなくて、現実に稲城市の中でどういう状況が起きて、どういうことを支えていかなくてはいけないのかということでありますから、市内における地域経済の不況の状況についてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 稲城市における地域経済の状況と不況の影響につきましては、さきにお答えしたとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それでは、先ほど川島議員と岡田議員の話の中で、いろいろ景気調査の状況の話がありました。そこで、例えば商工会とか、商工リサーチの話ではなくて、正直なところ、現実に稲城市内企業の中で雇用調整をしようとしているところとか、仕事がなくて来年はやっていけないということが起きてくるところがどのぐらいあるのか。もう来年はやっていけないと言っている商店がどのぐらいあるのか。よく雇用の問題、消費の問題と言いますが、稲城市の中で実態としてそういうことがどういう状況にあるのか、把握していたら、ぜひひとつその状況を教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 個々の企業とか商店の方たちについての調査というのは行っておりません。先ほどもお答えしましたとおり、東京都の発表している「都民のくらしむき」とか、新聞報道等の状況という部分からの判断、それから「Iのまちいなぎ市民祭」とか小口事業資金融資審議会におきまして建設業・製造業・小売業・金融業の方たちの代表の方が見えていらっしゃいますので、そういった方たちから現在の状況とか実態ということはお伺いしております。それと商工会の実施している中小企業景況調査ということを参考にしております。そういったお話の中では、製造業・建設業の経営者の方の中では、原材料は下がってきていると新聞などで報道されているが、自分たちが材料を仕入れる業者は、まだ高いときに仕入れた材料を抱えている。そして生産調整がもう行われてきているので、材料の使用が少なくなってきているということなので、高い値段のときに仕入れた在庫がはけるまでにはまだまだ時間がかかるだろう。ですから、まだまだ値段は下がらない。そういった中で、経営的には非常に厳しい。小売業につきましても、値段が上がったことによる売上等の落ち込みがあるといった状況についてはお伺いしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 要するにどういう認識かというのは、私たちが言葉で言うのはすごく簡単で、100年に一度の不況で大変な状況になるということは言葉とか新聞報道ではあるのだけれども、私たちは稲城市の末端の経済を支えているわけですから、そこで一体どういうことが起きているのか。本当に稲城市の企業の中で雇用調整を始める、雇用を吐き出すようなところがどのぐらいあるのかといったことだとか、今どういう状況にあるのかというのを今言っているようにいろいろな機会にいろいろな角度で聞いておられるのはわかるのですが、それこそ100年に一度に対応することですから、ぜひもう少し深めて実態調査をやっていただきたい。後で雇用の問題も話しますけれども、例えばそういう調査員がいなければ、その調査員を雇用するということだって雇用対策になるわけですから、そういうことも含めて、今稲城市の中で本当にどういうことが起こっているのか、調査を深めてもらいたいと思いますが、その辺の姿勢だけ確認しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市内企業等の状況把握はとても重要なことだろうと認識しております。ただ、今の私の感覚的なお話でございますけれども、個々のお店とか企業に対してというのはちょっと難しいのではないかと思っております。いずれにしても、今後も積極的に商工会等とは連携を図りながら、情報収集という部分については滞りなくやっていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ぜひ市内の実体経済が本当にリアルに伝わるように、お願いしたいと思います。
 次に、市内の消費拡大に向けた施策の充実についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 不況の中での消費拡大対策といたしまして、商工業者への小口資金等融資あっせん制度、さらに市民への生活資金融資あっせん制度など、より利用しやすい制度への見直し、また市内共通商品券事業などにより、一層の消費拡大となりますよう期待するものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 融資制度の問題は、補正予算に載っておりますので、その質疑で行いたいと思いますので、商品券の問題に移りたいと思います。商品券の問題については、さまざまな議論があるのですが、実際には本当に困っている人たちが買えるのかといったこととか、さまざまな指摘もあるのですが、少なくとも確実に稲城市の中の消費が拡大することは間違いないと思うのです。最初に10%割増で始めて、5%になった。今、商工会も含めて、とにかくこれを10%にしてほしい、もう一度拡大してほしいと。今、大店舗などはともかくとして、本当に商業は冷え切っています。そういう部分からすると、今年度は年度途中ですから、今さら5%を10%にするというわけにはいかないのでしょうけれども、できれば来年に入ったらすぐ実施してほしい。実際にいろいろなところが10%で始めています。もちろん、それにどのように行政がかかわるのか、商工会がかかわるのかという難しい議論は別として、とにかく稲城市内の消費を拡大するという意味では、これは一つの施策として有効なのだろうと思うのです。その辺の考え方だけお尋ねしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) プレミア商品券につきましては、最近の新聞等でも、各市で発売していると、30分ほどで完売といった報道がなされております。今回、今御質問の中でもございましたように、商工会が発行する生き活き商品券につきましては、今まだ使われている最中ということで、年度途中では難しいということで、これにつきましては来年度予算の関係にもなります。今後の予算等の編成会議の中で議論・検討してまいりたいと思います。また、発行元が商工会ということでございますので、商工会とも調整していかなければと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) それでは次に、市内の零細業者もそうですが、市内の業者に対する公共事業の拡大についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 公共事業につきましては、今回の補正予算で緊急経済対策として、小中学校の修繕料、緊急工事費等を増額しております。また、今後においても、分離・分割発注による市内企業の受注拡大など、市内中小企業への緊急措置、年度内工事の前倒し発注や、支払いに係る日数を短縮するなどを検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今お話があったように、分割・分離発注をして、ゼネコンとか大きな企業に丸投げしてしまうのではなくて、なるべく市内業者がその事業に参加できるように努力する、それから前倒し発注をする、支払いに係る日数等を短縮してということで、とにかく拡大していきたいということでございますが、問題は不況対策についてのスピード感だと思うのです。私は率直に言って、今回の補正を見ていまして、補正のところは補正で議論しますけれども、4億7,000万円ですか、当初の交付税では読み切れなかった金額があって、その部分では使い切れない。実際にそのことをどうするかというと、2億6,000万円は繰出金をストップする。6,000万円は財調のほうに入れる。3億2,000万円は結局基金に組み入れているわけです。そういう部分からすると、この3億2,000万円を含めて、今までこれはカウントされないお金なのだから、不況対策に大々的に回すべきではないか。例えば不況対策で8,000何万円が中学校の整備費ということで載っています。でも、今言ったように、事業を前倒しして、そして発注していくということとか、いろいろなことが考えられるのではないか。耐震補強とか、大規模修繕とか、これからやらざるを得ないような工事というのは、実施計画を見てもたくさんあるわけです。そういうやらざるを得ない工事が現実にあって、ここへ来て、今の年度では使い切れないということで、カウントしていなかったお金がある。まさに今部長が言ったように、前倒ししてやっていきますということだから、そのことを少なくともきちんと、いつどこでやるのかと。100年に1回の不況というのであれば、私は、このことを含めて、どういうことができるのかということを含めて補正なり何なりに出してもいいと思っているのです。1月にはまた臨時議会があるわけですから、そのときに稲城市は緊急経済対策としてこれをやりますというぐらいの姿勢が必要なのではないかと思います。今のお答えが本当であれば、先ほど来言っているように、100年に1回の不況が今襲いかかって、大変な状態になってくるということがわかっているわけですから、その辺の姿勢についてお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 分離・分割発注、前倒し発注などは検討していくとお答えしておりますけれども、現在では来年度予算が成立しておりませんし、個々の事業が決まっておりませんので、具体的な対応というのは来年度以降だろうと考えております。そして、今御質問の中に、補正でやるべきではないかといったお話がございましたけれども、期間というのが1月から3月の3カ月しかございません。そういった中でどれだけの工事ができるか。工事をやるにしても、設計等が上がっていなければできませんので、補正等での対応というのは非常に難しいと考えられるところだと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 確かに、では今から工事を発注して、実際に工事がスタートするかということで、補正でいいかどうかということもあるのですが、例えば、今始めれば、1月から工事ができる。もしそれができなければ、債務負担なり繰越明許にしてその事業をやっていけばいいわけです。問題は、基本的にその事業が当初予算ということになれば、4月以降にずれ込んでしまうということになるわけですから、できれば、先ほど言った3億2,000万円ぐらいの今までカウントできなかったお金が来ているということも含めて有効に活用してもらって、そういう姿勢を見せることによって、行政と業者、本当に不況であえいでいる人たちとの信頼関係というのもでき上がってくるのではないかと思うのです。事実、例えば学校関係でいくと、第六小学校とか第一中学校とか第七小学校とか第三中学校では工事の課題がもうはっきりしている。第二小学校でも大規模修繕の予定があるし、第四文化センターでも大規模修繕、それから第二文化センターでは耐震工事といったことだとか、中央文化センターでもホールをやるということにもうなっているわけです。そういうことがはっきりしているものについては、やったらいいと思います。例えば道路工事一つにしても、ここで私もほかの議員も取り上げましたけれども、よみうりランド通りのよみうりランド駅の右側にバリアフリーの整備をしてください、やりますという約束されてから、ずっとやっていないです。そういうことだって前倒しできる事業です。それだけではなくて、各地域で道路を直してほしい、看板をつけてほしいということで、台風に備えてストップしていたこともここでやろうと思えばできるわけです。そういうことをきちんと出すべきだし、もし今補正ではできないということであれば、そういう事業を前倒しでやっていくということを反映するような予算をぜひつくっていただきたいと思いますが、その辺の姿勢だけ確認しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 予算編成の政策会議等はこれからでございます。そういった中でもそれらのことを配慮しながら、これから議論・検討してまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 次に、貸し渋り対策と融資制度の拡充についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市の融資あっせん制度におきましては、貸し渋りはないものと認識しております。昨年度、100件の融資申請に対し棄却・取り下げは12件、今年度52件の融資申請に対し棄却・取り下げは4件、いずれも本人取り下げまたは保証協会棄却でございます。なお、今後につきましてもそのような状況が発生しないように、融資機関へ要請してまいります。また、融資制度の拡充といたしましては、小口事業資金及び小口零細企業資金の融資あっせん制度における緊急運転資金及び運転資金につきまして、市内中小零細企業が利用しやすくなるよう、期間限定で見直しをし、負担利率及び信用保証料の軽減などの議案を今定例会で提案しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今答弁があったように、融資制度の問題については今補正予算で提案されていますので、その中で質疑したいと思います。
 もう一つの問題は、この前からお聞きしているのですが、貸し渋りというのは余りないということでございましたけれども、稲城の中ではともかくとして、聞くところによると、貸し渋りどころではなくて、今まで借りていたものを、何も赤字でないのに、ちょっとした事故があると、一括して返済してくれという貸しはがしのようなことが現実に起こっている地域がたくさんあります。稲城市では今の時点では起こっていないようですけれども、そういうことがあったら即対応して、そういうことを防ぐ努力はしていただきたいと思います。
 それと同時に、保証協会の対応で取り下げになっているものが多いということなのですが、具体的にどういうことで、どのようになったら改善できるのかということについて、所見があればお尋ねしたいと思います。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 貸し渋り対応につきましては、政府が銀行や信用金庫などの金融機関の代表に対しまして、年末の資金需要に対する貸し渋りの防止などを会合で要請していると新聞等で書いてあります。それから、金融機関の貸し渋り等の事態の対応につきましては、中小企業庁が設置しております中小企業金融貸し渋り110番という専門相談窓口並びに金融庁の金融円滑化ホットラインというものが設置されておりますので、市に相談がございましたら、そちらのほうを紹介してまいりたいと思っています。
 それから、保証協会等についてのお話が今ございましたけれども、保証協会の場合の棄却というのは保証がつかなかったということでございますので、ランク的にはよくなかったということでございます。そうした中で、本人の取り下げというのがございましたけれども、そういったものにつきましては、セーフティーネットということで政府のほうがやっておりますで、そういったほうに切りかえていたり、いろいろなところでより有利なほうに移っているといった状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 聞くところによりますと、原油が高騰したときに政府が打ち出したセーフティーネットがかなり有効に活用されて、稲城市でも相当な活用率があるということです。その辺の推移も見ながら、ひとつ対応していただきたいと思います。
 次に、(5)、雇用対策の拡充についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市としましては、ハローワーク府中や東京しごとセンター多摩、東京都労働情報相談センター、多摩職業能力開発センター、はつらつワーク稲城などの関係諸機関と連携して、地域の雇用促進について情報の共有を行いまして、地元企業へのマッチングなど、具体的な取り組みを展開しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 基本的にはそのマッチングということなのですが、マッチングだけで本当に大丈夫なのかというのが率直なところです。はつらつワークに照会しても、はつらつワークの求人自体が、「行って見てください。今までこんなだったのが、今こういう状態です」ということで本当に少なくなっている。恐らくこれはもっと深刻になるのだろう。そういう中で稲城市としてできることはどういうことなのかということもあって、先ほど言ったように、実際にいろいろな企業を回って、例えば雇用を吐き出すようなことについて、稲城市がどういう協力をすれば吐き出さないで済むのか。さらには、市内の企業の中で、稲城市がどういう協力をすれば、もう少し1人でも2人でも雇用がふえるのか。そういうことを見きわめて、そのことについてはもちろん国の政策が基本的にきちんとしていけなければできないし、国も恐らくそれなりにやってくるだろうと思うのですが、末端経済で私たちがやるということは、他人事ではなくて、稲城市でどうするかですから、私たち自身としてはそういうことを稲城市の中でつくり上げていくというのが不況対策だと思うのです。
 もう一つは、それと同時に、例えばニューディール政策ではないですけれども、稲城市自身が雇用をつくり出すということだって、方法としてはないことはない。例えば、この前、いなぎグリーンウェルネス財団の方とお話をして、いなぎグリーンウェルネス財団では今仕事としてどんなことがありますかということを聞いたら、公園の設備が20年になってきて、遊具などももうがたがきているということでした。こういうことをみんなが整備してくれような仕事は、かなり可能性がある。20年間たって水道なども壊れている。そのことについても整備して回ってもらうことはできるのではないか。さらには、いつも話題に出ているように、高齢者でひとり暮らしの人たちを見守っていく。地域でやるというのは、言葉としては簡単なのだけれども、なかなか大変だ。例えば、本当に見守り隊というものをつくって、それでやっていくといった制度とか、そういうことも含めて、それこそ何カ月か、次のマッチングができるまでの雇用として、そういうものを市独自にやるというのはできないことではないと思うのです。私は、先ほど言った3億2,000万円、今度は定額給付金の話をすると、定額給付金を1人1万2,000円配ると言っているわけです。子供などには2万円近く配る。稲城市で言えば10億円です。10億円で雇用などができれば、本当にそういうことで大変だと思っている人は何とかなる。そういうことも、稲城市としては、先ほどから何回も言っているように、市長もこの前答弁したように、100年に1回の不況という大変なことが現実に押し寄せてくるわけですから、そのことについて稲城市としてできることは何かという探りを入れるということでは、一時的にお金をもらうとか、一時的に何とかしてくれるというよりは、消費にしたって何にしたって雇用が安定しなければだめなのです。このことは絶対やらないといけないと思っているので、その辺の姿勢については、ひとつどういうことが検討できるのか、ぜひ前向きに検討していただきたいと思うのですが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 80年前の1929年の大恐慌以来の厳しい状況であるということについては、同じ認識を持っているわけでございます。そういう意味では、100年に一度という事態だろうと思います。ただ、一方で言われていますのは、しかしこの100年間学んだ部分もあると。いわば政策でもってこの崩れていく恐慌状態をどれだけ食いとめることができるのかということが一方では問われていると言われております。いわば世界大恐慌から資本主義が学んだその蓄積というものがどれだけ本当に発揮できるのか、そういう意味で問われているとも言われております。まずは発信元のアメリカがどう立て直すのかということが当面最大のポイントになるのだろうと思います。昨日も話が出ましたけれども、ビッグスリーを本当に倒産させるのか、あるいは公的資金で支えていくのか。どちらの方法をとるにしても、何らかの形で大企業に対する対応は政治あるいは政策という部分でやっていかなければならない。こういうことを含めて、世界がどれだけこの80年間の学習といいますか、反省ということで、今回の大恐慌の大きな波に対して有効な施策をとることができるのか、これは国レベルの大きな課題だと思っております。
 そして、世界恐慌を見ても、すぐに最悪の状態になるわけではなくて、少し時間がかかって、どんどんと下落していくわけです。そして、所得なども米国などでは半分ぐらいまで個人所得も下がってしまっているという事態になるわけですから、当然そういうことも一方では我々も想定しなければいけない。しかし、今私どもが政策を打っていく。そして、その政策がどこまで本当に効くのか。それを見定めながら、稲城市は稲城市としてできることについて対応していく必要があるだろうと思います。そういう意味では、本市は、土地区画整理事業を初めとして、公共事業をたくさんやっています。こういうのはある意味では施策としては非常に必要な事業ですし、長期間かかるものについて、短期的に多少借金をしてでも事業を進めるというプラスの要因もあるだろうと思います。あるいはまたワークシェアリング、ちょうど今団塊の世代の退職の時期を迎えているわけで、もちろん若い世代の雇用も必要なわけですけれども、それだけではなくて、今いわば解雇されたような人たちを役所自体がシェアリングをしながら雇用していくということも、一つの方法としてあるのだろうと思います。
 また、これは考え方は違うかもしれませんけれども、南山などの大きな事業については、そういう意味でも、将来のまちをつくっていくという意味でも非常に有効な事業でありますし、現に今回市内事業者も参画しているということもありますので、そういう幅を組合とも提携しながら広げていく。あるいはまた坂浜・平尾の関係の上平尾とか小田良の土地区画整理事業という大きな事業計画もまだここ数年のうちに立ち上がっていくという、本市の場合はある種の時期を迎えているわけでありますが、そういうところに対して一定の公共施策を打っていくということについては、極めて有効であり、また将来のまちづくりに対する投資ということでも意味がありますし、また雇用政策という意味でも実効性はあるのではないかと思っております。
 いずれにしろ、全体の推移を眺めながら、どこまでの出動が必要なのかということは、極めて慎重に考えていく必要はあるだろうと思います。先ほどの公共事業の問題についても、一方では特定財源の活用ということも大きな課題ですから、特定財源の場合、基本的には年度決算になりますから、年度ということで大きな事業を学校でも何でもどんどんやれればいいのですけれども、仕組み上なかなかできない部分もありますので、今後やれることについては、前向きに対応していければと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) ここで南山が出てくるとは思わなかったので、そのことについてはいろいろな見解があるのですが、ただ、要するに稲城市がそれなりに公共事業をやって、それなりの役割を演じているということについては否定しません。恐らく、国とか、国際的な状況についてもそう違わない。ここで私が議論をしているのは、国際状況がどうの、国がどうのではなくて、稲城市としてどうなのかという話で今考えているわけです。今まで季節労働者とか、資格のない形で正規雇用ではない人たちがいて、その人たちが削られてくる。現実に起きている話です。私たちは、そのことについてどうやって有効に私たちのところにある予算と能力を使って対応するかという話です。前段の話はともかくとして、そのことを私は言っているわけです。
 それで、今、例えば大規模修繕などについて特定財源というのはよくわかります。きのう、たしか自民党の元幹事長の山崎拓さんが、2兆円のあんなものは本当の政策とは言えないと。税金で集めたものをみんなに配り返すなどというのは、政治としては愚の骨頂だと。何のために税金を集めるのかと言えば、本当に大変な人を何とかする、障害者を何とかする、医療の問題でもみんなを支えていく、必要なまちづくりを進めていく、そのために税金を払っているので、集めてきたものを返すなどというのは政策的には意味がないと。そういうことよりは、不況対策として、例えば耐震工事とか、いろいろなことについて、どんどんやっていったほうがいい。だから、国もそういうことで財政出動を考えようとしているわけです。そういう形で、例えば今まで年度決算でやっていたやり方を、国がそのように言っているのだから、ちゃんと対応できるように国がやってくださいと意見を言っていく。そんな記者会見で偉そうなことを言う前に制度をやりやすいようにしてほしい。たまたま、ちょっと待ってくれと、「それ、総理にかけ合ってみます」という政党もあるわけですから、私たちもそういう政党に頼んでかけ合ってもらって、特定財源に組み込んでもらえばいいではないですか。そのぐらいのことをやりましょうと言っているわけです。そのことについて、ぜひひとつそういう姿勢で立ち向かっていっていただきたいということを要請しておきます。
 次に移ります。定額給付金に対する考え方と対応についてお尋ねします。今、定額給付金については、この前佐脇代表がここでお話をして、つべこべ言わずに早く出せという話がありました。もちろん、そのように期待感を持たせたことは事実だと思うのです。本当に総理をたらい回しにして、本来は麻生総理大臣自身が冒頭解散をして民意を問うと言っていたのを、不況だから、とにかく何とか手を打たなければいけないから、解散はやらないのだということで期待を持たせて出てきたのが、定額給付金です。それをほかが引っ張っているというのではなくて、それこそ麻生内閣自身がその補正予算を今年度内に提案しないという事態になっているということなのです。まさに迷走です。今この定額給付金をめぐって言えるのは、こういう政策はおかしいのではないかということです。先ほど山崎拓さんの話もしました。22区に出ている候補者の1人は、ばらまき政治に対して反対だという看板を掲げて出ています。そういう意味からすると、定額給付金というのがどうなのかということについては、さまざまな議論があるわけです。本来のあり方としては、定額給付金という制度などというのは、私自身の考え方とすれば、なじまないと思います。もっと有効に、本当に大変なところに行き届くような政策をやるべきだと私は思っています。それからもう一つの議論として、定額給付金を低所得者対策でということで当初麻生総理が言ったら、地方自治体が、それは事務経費からいってもとても無理なのだということで、地方がこれは絶対反対だという話になって、結局一律支給方式になるといった話になった。実際にそういうものが稲城市に来たときに、それを低所得者対策に使うと、どのぐらいの事務経費がかかってしまって、本当にどうなのかということも、私自身もきちんとしておきたい。そういう部分も含めて、定額給付金についての市の認識だけお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 国の新総合経済対策に盛り込まれた、総額約2兆円と言われております生活支援定額給付金につきましては、国の動向など、内容がまだ明確になっておりませんので、明確になった段階で市は対応してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 先ほどの後期高齢者医療制度の答弁と同じように、国の動向を見てという判断ですから、それ以上議論してもしようがないでしょうから、やめます。
 次、3に移ります。災害対策の拡充について伺います。御案内のように、今、地球温暖化の気象現象の変動で、国際的にも国内的にも異常気象が起きている。日本の中でも、集中豪雨が平成16年には90件、それが平成17年には120件、ことしは190件と言われているようなことで拡大しています。恐らくこれからどんどんふえていくのだろう。今まで想定していなかった100ミリ豪雨などというのが東京都の中でも起きてくるという状況であります。このことについて、市民の安全という立場から万全を期していかなければいけないということで質問するわけであります。
 まず、ことしの集中豪雨等による市内の被害状況についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) ことしの集中豪雨等による市内の被害状況につきましては、5月20日、台風4号の接近により立ち木の倒木等3件、6月30日、土砂が道路上に流出で1件、8月29日、集中豪雨により床上浸水4件、床下浸水2件等14件、9月15日、集中豪雨により床下浸水等5件の被害が発生しております。対応につきましては、倒木の除去、排水、積み土のう工法による雨水浸水防止等の水防活動を実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 今それぞれ報告があったのですが、もう少し災害の内容について、例えば規模とか地域とかはどういう状況だったのかということと、その原因としてどういうことが一番多かったのか、問題だったのかということ等についてお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) まず災害の内容ですけれども、5月20日、台風の関係でございます。先ほどお話ししました立ち木の倒木につきましては、向陽台城山通りの歩道上に倒木がありました。それから、東長沼、ちょうど市役所通りでございますけれども、鶴川街道から川崎街道に抜ける市役所通りの付近の住宅で、床下浸水1件でございます。それから、矢野口でスーパーいなげや前の用水、これはごみが下流に流れないようにスクリーンが設置されておりますが、そこにごみがたまったということで、それの除去作業に出ております。それから、6月30日、これは1件でございますけれども、百村でがけ地から小規模な崩れがありまして、道路上に土砂が積もったということでございます。それから、特に大きかった8月29日、これは集中豪雨でございます。まず、鶴川街道上、坂浜診療所付近で道路が冠水したということで、通報が入っております。それから、先ほどお話ししましたお宅と同じでございますけれども、自宅の敷地内で冠水するおそれがあるということで通報がございました。それから、平尾、これは坂浜平尾線、ちょうど平尾団地に入る手前に道路上が少し低くなっている箇所がございますが、その部分で道路冠水があったということです。それから、押立くろがねやの西側付近、それから大丸ではサントリー付近、それから矢野口では矢野口橋の北側付近、それから矢野口駅の南側付近でございます。これは、店舗がございまして、店内地下室に浸水したといった状況でございます。それから、先ほどお話ししましたスーパーいなげや前のスクリーンにごみが積もったということで、除去作業を行っています。それから大丸、三小付近なのですけれども、これは用水があふれたという状況でございます。それから矢野口で、また一般住宅でございますけれども、これは駅の付近で、住宅への浸水のおそれがあるといった状況でございます。それから東長沼、これは稲城長沼駅の南側付近でございます。それから大丸、これは南多摩駅の北側付近で、ここで床上浸水・床下浸水が発生しております。それから、9月15日でございますが、矢野口で、先ほどと同じような状況でございまして、スーパーいなげやの南側です。それから、同じく矢野口のスーパーいなげやの川崎街道を挟んで南側で、住宅への浸水のおそれがあると。それから矢野口駅南側付近があります。
 それから、原因の把握についてということでございます。特に8月29日の集中豪雨でございますけれども、前日の9時58分に多摩南部に大雨洪水警報が発令されました。8月28日には17.5ミリメートルの雨量を記録しております。29日になりまして、午前0時から1時台は一たんおさまりましたけれども、午前2時30分過ぎから再び降り始めまして、午前2時30分から午前3時30分までの1時間の雨量が70ミリを記録しております。予想以上の大雨が市内の小河川をはんらんさせ、雨水が低地へ流れ込み、住宅へ浸水するなどの被害を及ぼす結果に至ったものと思っております。
 それから、対策でございます。事前の対策としまして、これまで被害が発生した地域や被害が想定される場所など、雨水の排水対策として、排水路のしゅんせつや、新たに排水路を設ける等の対策を図ってまいりました。また、ことしは、水害に備えまして水防用の土のうづくりを行って3,000袋を備蓄しておりました。特に床上浸水の被害が発生した8月29日の集中豪雨は、大雨洪水警報の発令によりまして、消防本部の非常緊急連絡と招集体制の取り決めに基づきまして、都市建設部等、関係する部署の担当者に警報発令内容の連絡をするとともに、消防署内の体制も水防体制に切りかえております。問題点というよりも、苦慮した点につきましては、深夜に発生した水害でございまして、午前3時過ぎからの連続しての119番通報がございました。これに対しまして、消防職員の非番招集や消防団員の出動を指令しましたが、坂浜、東長沼、平尾、押立、大丸及び矢野口と広範囲に被害が及んだことから、水防小隊がすべての現場に対し即対応できなかったことが挙げられると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 御苦労さまでした。それに関連しますので、(2)の質問のほうに移りながらお話します。今お話を聞くと、実際に床下浸水、床上浸水、道路冠水、小規模ながけ崩れ等が発生しているということがありました。一生懸命の努力で未然に防いでいただいたというところも幾つかあって、すごくよかったと思うのですが、問題は、このがけ崩れとか、床上・床下浸水、それから道路の冠水といったことについては、今日までの間にほぼ修復ができているということでいいのか。来年以降、そういうことについては心配のない状況なのか。また来年以降被害を受けるといった想定するような状況があり得る地域について、その対応についてどのようにされておられるのか。その辺についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 今回、特に8月29日の被害というのは、これまでにない新しい場所、特に南多摩駅北側の大丸谷戸川がはんらんしたということで、これは今までなかったようなことでございます。実はその後も同じような集中豪雨が来るのではないかということで、谷戸川沿いに積み土のう3段積みを行いまして、そういう対応をしてきております。今回の集中豪雨につきましては、突然の集中豪雨でありまして、短時間に70ミリ降ったといった災害でございました。確かに今お話がありましたように、被害が今後とも想定されるかというのは、そのときの集中豪雨の状況に大きくかかってくると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) そういう意味では、今お話をされたことは、災害対策という部分の都市建設部のほうにもお尋ねしたいのだけれども、実際に大丸用水の改善とか、いろいろ努力されていることはよく承知しているのだけれども、恐らく私の想定では、ことし8月28日にあった70ミリの集中豪雨という事態はふえてくるのだろうと思うのです。当然、それについては予想できないことが起きていくわけですから、そのことについて事前に備えるというのはなかなか難しいということもあるのですが、万全を期して消防の体制もやってもらうということですけれども、そのようになった場合に、ここにこういうことが起きるだろうということが想定できる地域というのはあって、連携をとってそれを改善していくのが都市建設部ということになるのでしょうか。その辺のことについて、都市建設部のほうで、例えば今被害があったところを含めて、消防の出動の要請をしないような、管理課が把握しているような被害状況というのもあるわけです。そのようなことも含めて、来年そういうことが起きた場合に、それを未然に防ぐような対応が現在どの程度とられているのか、その辺の体制についてお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) ただいまの具体的な取り組みということでお話し申し上げますと、今消防長のほうからありましたそれぞれ、例えば矢野口の駅周辺の冠水、それから鶴川街道の北側、市役所通りのところでの同じような冠水状況、また南多摩のちょうど北側になるのですか、谷戸川からあふれた水が床上・床下浸水になった状況等を見ますと、それぞれ用水といいますか、水路からあふれ出る水が主でございます。これは、日常的に私どもが水路管理をしている中で、例えばしゅんせつ、またその水を阻害するものがあるとすればそれの除去等をしているわけでございますが、今回、特に28日・29日におきましては、真夜中というか、それぞれ職員が対応できない状況の中での、ましてや時間当たり70ミリというとてつもない豪雨の中での対応でございました。こうした中で、それ以降、今回も補正をお願いしておりますが、同じようなことを繰り返さない措置をとらなければいけないということで、現在それぞれの場所において、例えば水路のバイパスをつけるとか、またしゅんせつをして断面を確保するとか、そういう措置を緊急的に講じたところ、また講じようとしている場所もございます。そうしたことを今進めているところでございます。いずれにいたしましても、稲城市では公共下水道でいう雨水整備は行っておりませんので、当面は既成市街地では用水というものをそれにとってかわって排水施設として活用するということで今まで進めてきております。そうした中では、その用水が用水機能だけではなくて雨水排水にも対応できたような形で今後もその維持管理をしていく。また、そうした事柄で問題があるとすれば、その辺は即対応できるように、私どもは日常管理の中で進めていく。そのように考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 先ほども述べましたように、恐らくこういう集中豪雨は質的にも量的にもふえてくるかと。この原因は地球温暖化ということで、そのことに私たちが一番心をはせなければいけないという意味からすれば、基本的にはなるべく緑地とか緑を保全していくという方向を強めるべきだし、そういう立場から南山問題などはきちんと視野に入れて考えているのですが、現実の問題として、稲城市の場合は、汚水対策はできたけれども、雨水対策ができていない。平尾あたりでも、坂のあるところは集中して坂を下ってきて大変な状況になるといったこともありまして、ぜひそういう部分では万全を期していただきたいと思います。これは具体的な問題ですので、安全の問題でもありますので、またこれからも引き続き見守っていきたいと思います。
 次に、それに関連する予算の関係でございます。この災害復旧に関係する予算というのは、今何回も言っているように、今からかなり、私たちの想定を外れたぐらいに起きてくるのだろう。それに即対応できるように、ある程度想定できる予算を組んでおかないといけないのではないか。その辺についての考え方をお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 集中豪雨等の予期せぬ災害に対しましての復旧予算につきましては、当初予算において災害復旧予算としては計上せず、被害が発生した時点に、被災状況の現地確認を行い、関連する各施設管理者によって復旧に対する緊急補修工事費を本定例会の補正予算として提案しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 基本的に、今お話しているように、災害復旧対策の予算を計上していない。だから、出たときに補正予算でやるのだということですが、先ほど言ったように、被害が起きたのが5月20日、それから8月29日、9月15日でございます。それに早急に対応しなければいけないということで、現実にはどういうことが起こっているかというと、例えば道路改修費の管理課の予算など、それから公水路しゅんせつなど、日常的に改修しなければいけない予算をこの部分を食ってとりあえずやって、その部分の後追いのような形で補正を組むといった形でやられているわけです。そうすると、その部分だけ、地域のいろいろな要望で対応してほしいという予算が、このために棚上げになってしまうといった状態が実態としては起きています。私も、地域の要求で、改善してほしいというところをお話をするのですが、本当に切実なこともあるのですが、実は台風で予算を持っていかれてしまって、ないのですという話になるわけです。私は、そういう日常的な管理をする予算がそういうことで食われるのではなくて、基本的にその部分については、そういうことに対応できる予算をある程度きちんと計上しておくということが必要だと思いますし、もしそれができなければ、予備費がたしか今2,000万円です。予備費を少なくともそのことに対応できるように多少膨らませて、そういう日常的に管理をする予算はちゃんと使う、災害復旧については予備費を使う、それでもどうしても足りない部分については補正するといった形で、災害復旧に敏速に対応できる予算の構築がどうしても必要だと思っているのです。先ほど来の繰り返しになりますけれども、恐らく今起きているこの事態は、来年、再来年を含めて、よくなるということではなくて、今の地球温暖化とか気象変動の状況を見ると、拡大していくのだろうと思います。そういうことからすると余計そういう予算措置が必要なのではないかと思いますが、そのことについて、これは都市建設部になりますか、そちらのほうでお答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 都市建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 都市建設部長(宮澤 洋君) 今お話がございましたが、私ども所管課からすれば、限りなくそういう予算をいただければ、ありがたいことではございます。ただ、限られた財源の中で、またいろいろな予算が必要になってまいります。そうした中では、この災害というものは確定的なものではございませんし、また先ほどちょっとお話し申し上げました、1回工事をしてその改良をすることによって次の対応がスムーズに図られるということで、それは次には同じような被害は出てこない。しかしながら、その一方、いわゆるしゅんせつのように土砂が流れ込む部分は何回やっても同じ状況が出てくるということで、その内容によって若干違うという部分がございます。そうした中で、私どもは現在も緊急補修工事、また道路維持補修と、それぞれ管理課、また緑と建設課の中に予算分けをしておりまして、今お話の中にもございましたが、若干そういう予備的な部分では対応できるようにしております。しかしながら、私どもからすれば、今回のように、先ほどお話ししたような70ミリという大規模な水害みたいなものになりますと、これまでの蓄積の中だけでは対応できないということで、今回お願いしているわけでございます。いずれにいたしましても、今後もこういう経過の中で見ていきませんと、恒常的にこういう費用が必要かどうかということもあろうかと思います。そういう部分も含めながら、ことしを一つの区切りとして、今後もそういう中で必要かどうかの検証をしてまいりたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 荒井君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 11番(荒井 健君) 個々の問題ではなくて、今地球温暖化の中で私が指摘しているような、今部長が言われているような予期せぬような事態が起きた。70ミリなどというのは今まで想定できなかった。水害に近い。私は、これは拡大するのだと思います。そのときに、例えば一般の緑と建設課とか管理課が持っている予算を食うのではなくて、それはそれできちんとした管理をしていかなければいけないわけですから、もちろんその中に幅はあるのだけれども、それで想定できないような状況が必ず出てくる可能性がある。だとすれば、これはそういう予算を予算として項目をつくるか、もしそういうことが難しいのであれば、予備費を今の2,000万円から何千万円かにふやして、そういうことに即対応できるような体制を組んで、それでもできない場合は補正という形で災害に強い対応をしていただきたいと思います。財政の話ですから、企画部長、その辺の考え方をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 確かに、財源が豊かであれば、それぞれ当初予算の中で初めからそういう形で盛ることができるということが一番理想ではないかと思っておりますけれども、議員も御承知のように、今年度の予算につきましても、当初につきましては非常に大きな歳入歳出の乖離がある中で予算を組んできております。そういった中では、そういったことはなかなか難しいのではないかと思っております。ただ、予期し得ないそういった災害等が出てきた場合、緊急に対応しなければならない部分がございますので、当然そのために予備費というものもございますので、そういったところを今後、今年度の予算を組む中でもまた工夫ができればと思っておりますけれども、どちらにしましても、それぞれの通常の業務に支障のないような中での各予算の中での工夫といったものもしながら、今後そういったことについては対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、11番、荒井健君の一般質問は終わりました。
 以上で、一般質問を終わります。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) お諮りいたします。委員会審査等のため、12月10日から12月18日までの9日間休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 御異議なしと認めます。よって12月10日から12月18日までの9日間休会とすることに決定いたしました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後2時20分 散会