議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 稲城市

平成20年第4回定例会(第28号) 本文




2008.12.08 : 平成20年第4回定例会(第28号) 本文


                               午前9時30分 開議
◯ 議長(原田えつお君) ただいまから本日の会議を開きます。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 日程第1、一般質問を行います。
 通告の11番、中山けんじ君の一般質問を許します。21番、中山けんじ君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 通告に従いまして質問をさせていただきます。
 第1項目、地球温暖化防止に向けた取り組み状況についてお伺いいたします。地球温暖化対策は、京都議定書に基づく平成20年度から平成24年度までの第1約束期間に入り、平成2年度比で平均6%を減らす目標を課せられております。平成19年度の排出量は、二酸化炭素換算で前年比2.3%増となり、家庭部門では8.4%の増加となったことを先ごろ環境省が速報値として発表し、平成19年度比では13.5%の削減が必要になるとされています。このような厳しい状況の中で、一層の温暖化排出ガスの削減が求められていますが、この地球規模の課題となる地球温暖化に対して市は、広く市民に協力を求め、国・東京都・他自治体・関係機関などの施策と連携を図りながら、積極的な対策を行っていく必要があると考えております。
 (1)といたしまして、稲城市では、温暖化対策の一環として、近年身近で手軽にできる緑のカーテンやエコドライバー宣言などに取り組まれていることは、有効な手段と認識しているところでございますが、その後の施策展開の状況などについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 市では、地球温暖化防止に向けて、市民との協働による施策の展開に努めてきております。現在の取り組み状況といたしましては、オール東京62市区町村共同事業のみどり東京・温暖化防止プロジェクトとの連携と、市民環境クラブや市民モニターの協力をいただいております。緑のカーテンでは、昨年度の30世帯から今年度は100世帯に拡大するとともに、市内小中学校・各文化センター・保育園でも約100張りの実践が行われました。また、エコドライバー宣言につきましては、「Iのまちいなぎ市民祭」などの各種イベントで宣言者を募り、現在379人となっております。ことし1月に発表いたしましたエコかるたにつきましては、東京都等の主催によります東京エコセレクションにおきまして優秀賞の評価をいただき、広域的な啓発に御活用いただいております。今後につきましても、積極的な事業展開に努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) いろいろな展開をしていただいて、これは多くの市民に理解していただき、無理をせずに、できることから取り組んでもらうことが大切なことではないかと思っております。稲城市民環境クラブとの連携によるエコかるたについては、答弁にもありましたが、東京都地球温暖化防止対策推進センター及び東京都の主催による東京エコセレクションでも優秀賞をいただいたということです。このように楽しみながら環境学習することは大変いいことで、効果があるのではないかと思っております。また、このエコかるたは北海道の北見市でも紹介されたということもお伺いしております。何かを始めてからすぐに成果が出るといった速効性があるわけではないのですが、多くの人たちがいろいろなことに長年にわたり取り組んでいくことが大事なことではないかと思っております。この地球温暖化防止に向けた施策は多種にわたっていますが、今後どのような具体的な取り組みを行っていくのか、その辺のことについてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 今エコかるたの御紹介もしていただきましたけれども、そういったものも継続するのはもちろんのことでございますけれども、今後の具体的な取り組みでございます。都によるエコドライバー講習会の講師育成が本年8月ごろから始まっております。当市におきましても、育成された講師を活用するなど、都との連携によりエコドライバー教習会の開催などを検討いたしております。また、太陽光エネルギーによる発電設備などへの助成につきましても、今後、国・都の事業展開が予定されておりますので、市町村にはそのPR等の協力依頼が来ております。そうした中で太陽光発電の普及協力を行ってまいりたいと考えております。そして、既存・新規事業などの周知や参加を促す啓発などを目的として温暖化対策の広報特集号を発行いたしまして、広く施策展開を図っていく予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 市民との直接的な窓口は市であると思っております。各種団体や組織などにも積極的に協力要請をしていただくことをお願いいたしまして、(2)に移ります。
 今後の取り組み姿勢についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 現在の市の取り組み姿勢といたしましては、地球温暖化に対する積極的な取り組みと健全な財政運営の両立を目指し、国や都、関係団体との相互協力を基本とした事業展開を図っております。今後につきましても、省力化や省予算化を図りつつ、身近に取り組める効果的な対策を市民との協働により実施してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 地球温暖化防止に向けた取り組みは本当にいろいろあるわけですが、自動車産業界や家電業界を初めとするあらゆる業界でも温暖化防止策を実践しているわけでございます。そこで、企業はこの問題に取り組んで、それなりの成果を出していかなくてはいけないと思うわけでございますが、企業などは消費者から選ばれなければ市場には残れないわけです。そのような企業でものすごく努力して技術や能力を持った市民の中には、団塊の世代で定年退職などを迎えて市内に戻ってきていらっしゃる方もたくさんいるのではないかとも思っているのですが、環境問題に深く興味をお持ちの市民の方たちが多くいるわけですから、これらの人材を活用した取り組みなどを実施していく考えはおありなのかどうか、その辺をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 今お話がございました、退職等をなさって地域に戻られた市民の方という御提案でございますけれども、市民環境クラブを初めとしまして、稲城市でも元職員だった方で新聞・テレビにも取り上げられるようなエコ活動を実践されている方が実際におられます。市では現在、そういった方々のお力をおかりしながら、緑のカーテンモニターやエコドライバー宣言者募集、「素敵な宇宙船地球号」におけるCO2スリム大作戦など、公募による市民参加型の取り組みを市民環境クラブとの協働などにより実施している状況がございます。今後におきましても、そういった地域の人材の方々の日ごろのエコ実践の御経験を施策推進に生かしていくべく、一層の連携・協働に取り組んでまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 今お話がありました市民の方が今月10日の夜10時45分からNHKで放送されるといったお話も聞いております。そういった方を巻き込んだ中で、より多くの市民との協働でやっていけたらいいのかと思っております。よろしくお願いします。
 では、大項目2に移らせていただきます。防災体制についてでございます。さきの秋の火災予防期間中に、防火管理者、危険物取扱者、また一般市民を対象に実務研修会が実施されました。研修会では、消防署員のプレゼンテーション、実務研修とも工夫を凝らした内容で、参加者から高く評価されたと聞いております。しかし、一般市民への理解のために、もう一歩進めるべきではないかと考えております。
 (1)といたしまして、東京都では、平成16年10月より住宅を新築・改築する場合には住宅用火災報知器の設置が義務づけられています。また、既存の住宅には平成22年4月1日から全世帯に義務化が始まります。義務化の前の平成21年度においては、徹底した市民周知が必要と考えますが、市の見解をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 平成22年4月から義務化となります既存住宅への住宅用火災警報器の設置促進事業としまして、広報いなぎ、iバスへのポスター掲示や、稲城市ホームページへの掲載、市民への設置啓発リーフレットの配布、駅前における駅頭活動や大型店舗における店頭活動及び防災関係団体や各自治会等への共同購入の促進説明会を行っております。また、事業所の管理者や市民に対して、模擬火災による住宅用火災警報器の早期発見効果を確認していただく実務研修会など、さまざまな設置促進活動を展開しております。平成21年度においても、早期設置を目指し、住宅防火診断や小規模共同住宅の立入検査を積極的に行い、あわせて自治会等に共同購入を促し、住宅用火災警報器の設置促進に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 住宅用火災報知器は、火災からとうとい命や財産を守るため、東京都火災予防条例で定められたものであります。消防署を中心に稲城市災害防止協会の皆様方が大変頑張っていらっしゃることは、高く評価いたします。広報いなぎ、iバス内のポスター、リーフレットなど、いろいろありますが、その掲載の内容ですが、「現在お住まいの住宅には平成22年4月1日から取りつけることが義務づけられます」と記載されています。この文章ですと、平成22年4月1日から取りつけることが義務づけられていることから、これは4月1日から取りつければいいのではないかといった勘違いをされる方もいるのではないかと思うわけです。わかりやすく「平成22年3月31日までに設置」とかと明確にすべきだと思いますが、いかがでしょうか。
 それと2点目に、補助制度についてですが、稲城市災害防止協会が住宅用火災報知器の設置費用の一部を補助するということを聞いております。その辺の補助事業の中身について少しお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) まず、周知の方策でございます。今お話がありましたように、平成22年4月1日から義務化としております。火災警報器につきましては、早期設置を促進する目的として、平成23年3月末日までに計画的に設置をお願いしているものでございます。この周知の方策としまして、平成18年と本年6月に、各世帯を対象に設置啓発リーフレットを配布しております。これは、各自治会の役員会や各種事業において設置の趣旨、それから設置方法や設置の時期等について質疑応答をいただきながら、出前講演会といった形で積極的に行っております。今後も、よりわかりやすい具体的な設置指導に努めてまいりたいと考えております。
 それからもう1点、補助制度について、防止協会のお話もございました。住宅用火災報知器の設置につきましては、万が一火災が発生した場合に、まず火災を早期に発見し、安全に居住者が避難することを目的としておりますので、個人の責任の範囲として設置促進に努めておりますが、高齢者など、防火の配慮の必要な方には、福祉部において設置補助事業もございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 住宅用火災報知器を取りつけないことによる罰則はないそうですが、生命・財産を守るために、早期設置を目指して、平成21年度においてもさまざまな設置促進活動を展開していくという答弁であったと思います。その中で共同購入というお話がありました。この共同購入は、平均1世帯というか、3DKの住宅であれば5個ぐらい必要ではないかと思います。この機器にはいろいろな幅がありまして、全体で5個ぐらいで2万〜3万円ぐらいの購入費用がかかるではないか。また、自分で取りつけが可能な機器もあるわけですが、配線等もしなければいけない機器も幾つか出ています。また、何をどこに取りつければよいのかといったことも市民がまだよく理解されていない点もあるのではないかと思います。今の答弁の中に自治会などで共同購入をといったお話がございましたが、この共同購入のメリットなどをお伺いできますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) メリットについてでございますけれども、自治体等を単位として共同購入することで、まず安全なものをより低廉な価格で購入することができると思います。また、同時期に設置することによりまして、設置後の維持管理等の共用が図られると思われます。幅広く設置促進を図れるものと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 幅広く設置いただけるように。それと、こういったものが出ると、世の中では今詐欺事件が横行しているわけですが、この詐欺の対策もひとつとっていただくようよろしくお願いして、(2)に移らせていただきます。
 セルフガソリンスタンドの安全確保についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) セルフスタンドでは、危険物取扱資格を持たない一般の方がみずから給油することから、ガソリン等の引火点の低い危険物の給油時の安全対策が最も重要となります。このことから、セルフスタンド設置時の安全対策として、カメラによる給油作業時の監視や、給油開始・停止の遠隔制御、満タン時の給油自動停止、吹きこぼれ防止のためのスプラッシュガードの設置や、地震時の給油自動停止機構、泡消火設備の設置など、事故の発生防止と被害拡大防止対策が講じられ、設置許可としております。また、危険物施設として毎年立入検査を実施し、施設関係者への適正な維持管理や、顧客への安全対策の徹底指導に努めております。今後も、研修会や積極的な広報活動を行い、安全確保に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) セルフガソリンスタンドは年々ふえてきております。セルフガソリンスタンドの設備については、数々の安全対策が図られて、そのような中で許可されていることは大変よくわかりました。しかし、それを利用する方々は一般の方々ですから、利用する方々にも安全な利用の仕方についての意識を持っていただくことが大切なことではないかと思っております。そのような面から、一般の方々への指導についてはどのようにお考えなのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) セルフスタンドを利用される一般のお客さんの安全指導につきましては、東京都の石油商業組合等において誤給油や静電気火災あるいは燃料の吹きこぼれを防止するため、適切な給油方法の周知を行っております。また、消防本部といたしましても、危険物安全週間等の時期をとらえた広報いなぎへの掲載と、実務研修会では模擬の給油装置を活用した給油方法を体験していただくなど、安全な給油方法に関する指導に努めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) それでは、項目3に移らせていただきます。AED──自動体外式除細動器についてでございます。10月15日号の広報ひろばに掲載されたAEDの設置場所は、公共施設37カ所、民間事業所など39カ所、合計76カ所、稲城市内に設置されています。いざというときに備えていることがよくわかりましたが、さらなる普及について市の見解をお伺いするものでございます。
 (1)といたしまして、AEDの救命効果についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 平成16年7月から一般の方も使用可能となりましたAEDの取り扱いにつきましては、これまで心肺蘇生法等の中で新たにAEDを含めた講習会として進めてきております。救命効果につきましては、平成19年5月、市内のゴルフ場でプレー中の60歳男性と、本年6月には総合体育館においてミニテニスに参加していた74歳の女性が卒倒され、心肺停止状態となりましたが、それぞれバイスタンダーがAEDを使用しての救命処置によりましてとうとい命が救われております。また、平成19年中の東京消防庁管内におけるAEDの実施状況では、バイスタンダーのAEDによる除細動を実施した75名のうち、病院に搬送されるまでに心拍が再開した傷病者は35名であり、現状に居合わせた方のAEDを使用することによる救命効果が実証されております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 実際に救命効果が実証されているということですので、(2)にまいります。AEDの講習会など、使える人の育成についてはどのようなものがあるのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 平成17年4月からAEDを含めた普通救命講習会等を開催し、これまでに5,130名の方が受講し、習得されております。今後は、市民の方はもとより、市内の事業所や中学校を卒業される前の3年生など、幅広く救命講習会を通して普及してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) この普通救命講習会をいろいろな機会をつくり開催していただいて、約5,000名以上の方が習得しているということは大変評価いたしますが、普通救命講習修了証の有効期限は2年間だと思うのですが、定期的にこの講習を受ける意識がないために、使う場所もなかったりするわけですから、2年たってそれが失効してしまうと、非常に無関心になってしまうのかなどと思うわけです。それで、自動車運転免許証のように、更新期間が迫ってきたら何かのアナウンスがあればいいかとも考えます。この講習会は消防署とかいろいろなところで随時行っているわけですから、その辺のフォロー体制についてはどうなのかと考えるのですが、そのアナウンスの何かいい方法などがあったら、その辺もお伺いしたいと思います。それと、実際に私も以前普通救命講習を受けたのですが、その更新をする機会がなくて、いつの間にか切れてしまって、そのときに何らかの形でアナウンスがあったら、もっともっと興味を持ったり、いろいろなこともできるのかなどとも思いますので、その辺のことについて少しお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 今お話がありましたように、救命講習会の有効期限は一応2年という形で定められております。再講習のことでございますけれども、この有効期限につきましては、救命講習会で最初に資格を取られるときにお話をさせていただいております。また、消防団、女性防火クラブあるいは自主防災組織の方あるいは各事業所の方々が受講されておりますけれども、再講習には積極的に取り組んでいただいております。しかしながら、一般の市民の方の救命講習の再講習の率はかなり低いわけでございます。今後さまざまな機会をとらえて、特に一般市民の方にPRしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 特に中学を卒業される方たちを対象にやっているという先ほどのお話ですから、せっかくそういう若い人にも受講していただいていますから、その若い人がずっとつながっていくような方法も必要ではないかと思いますので、その辺もひとつ考えていただけたらありがたいと思います。
 (3)に移ります。公共施設37カ所に設置されていますが、これは昼間しか使用できないと思いますが、その点についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 御質問のように、市の施設を含め、24時間AEDが使用できる場所は現在のところございません。このことから、消防本部といたしまして、コンビニエンスストアやガソリンスタンドに対し、AED設置につきまして協力要請を行っているところでございます。また、東京都応急手当普及推進協議会においても同様の協力要請を行っております。また京王相模原線の駅には既にAEDが設置されておりますが、JR南武線に関しましては、立川駅や登戸駅など、乗降客の比較的多い駅のみAEDが設置されておりますことから、市内3駅への早期設置につきまして、改めて要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 心臓や呼吸が突然とまることは、いつどこで起きるかわからないことです。いざというときのためにも、AEDの設置場所はわかりやすく、またどのような時間帯でもお借りできることがいいと思います。そのような場所は、多分コンビニエンスストアやガソリンスタンドが一番ではないかと思っております。もっとも店舗側から言わせれば迷惑かもしれませんが、何よりもコンビニエンスストアやガソリンスタンドは、24時間営業もしくは長時間営業していることが多いわけです。わかりやすい場所に店舗を構えているわけでもありますから、いざ起きたとき、コンビニエンスストアやガソリンスタンドが一番目立ちやすい、またいい場所に店舗があって、そのようなところに設置してあれば、まず借りにいくにしても、飛び込むにしても、わかりやすいのではないかと思っております。しかしながら、コンビニエンスストアやガソリンスタンドは、幾ら大型チェーンであっても大体がオーナー店であって、私が聞いたところによると、チェーン本部からAEDの設置についてはどんどんしてくださいといったこともあるそうです。しかしながら、AEDは単価が結構するわけですが、その購入の費用に関しては個人対応だといったお話も聞いております。このような最適な場所に設置してもらうためにも補助金などの検討も必要ではないかとも考えますが、その補助金、補助制度についてはどのようなお考えをお持ちなのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 現在、民間の事業所等に対するAEDの設置の補助制度はございません。バイスタンダーのAEDを使用しての救命効果は実証されているわけでございます。また、救命処置に関しまして必要な資器材であるということをまず御理解いただきまして、今お話にありましたコンビニエンスストア等、各事業所において自主的な設置をお願いしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) では、(4)に移らせていただきます。自治会館などへの設置の考えと、交番・派出所などへの設置の要請についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 救命を目的としたAEDの自治会館等への設置につきましては、維持管理などを含めた中で、自治会との調整を図ってまいりたいと考えております。また、交番等につきましては、所轄警察署に対し、AEDの必要性と普及のため、設置について要請してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 脳疾患や心疾患は深夜から早朝にかけて発生する度合いが多いとも聞いています。民間事業所36カ所に設置されているのに対して、交番や派出所といったところは現在まだゼロでございます。稲城市が単独で要請するだけではなく、隣の多摩市も所管している多摩中央警察署ですから、東京消防庁多摩消防署と合同で強く要請していただき、AED設置に向けた働きかけをすること。これは、両方が合同でやれば、警察署の考え方も変化するのではないかと思うわけですが、再度その辺のことに関してお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 多摩市との共同の設置依頼をということでございますけれども、実は警視庁におきましては現在、運転免許試験の講習所と、それから免許書きかえの指定警察署にAEDが設置されております。都内の警察署につきましては平成21年度にすべて設置されるといったお話を伺っております。多摩市との依頼をということでございますけれども、今後、交番等の設置につきましては、多摩市と調整を図りながら、所轄の警察署に要請してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 交番や駐在、また派出所は、大体どんな市民でも知っている場所ですから、こういったところに設置してあれば大変便利ではないかと思いますので、ひとつよろしくお願い申し上げます。
 4、救急搬送システムについてお伺いいたします。(1)として、東京都は平成21年度からこのシステムを稼働させると聞いています。単独消防の稲城市として、この辺の見解についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 限られた医療資源の中で、迅速・適切な救急医療の確保を行うため、救急医療の現場と問題点を整理した上で、平成21年度から東京ルールとしての救急搬送システムが実施されます。これは、救急患者の迅速な受け入れ、トリアージの実施、都民の理解と参画でございます。消防本部といたしましては、本年10月から救急現場における救急トリアージの施行を既に実施しており、このシステムに沿った中で救急業務を展開してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) このことは、今いろいろな形で問題にもなっておりますが、患者の救急搬送で受け入れ先が難航する事態を減らすための施策と聞いております。私もたまに見かけることがあるわけですが、救急車が現場に到着しまして患者を乗せてから出発までの時間がかなり長いようにも思われます。これは、患者の状態を確認し、受け入れ先確保を行っているとのことでした。稲城市の現状は、大変うまくいっているのではないかと思います。市立病院を中心に、市外の医療資源との連携がきちんと確保されていると思っております。ですが、平成21年度からのこの東京ルールは多摩地区を3つのブロックに分けて運用するとのことですが、今稲城市は単独消防でございますので、今までどおりの救急業務が保たれるのかどうか、この辺についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 東京都の救急業務は、東京都メディカルコントロール協議会で決定され、都内の救急医療体制の中で実施されております。したがいまして、こういった東京ルールに新しいルールや変更があった場合には、そのシステムに沿った形で私どもは救急業務を消防本部として展開することになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中山君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 21番(中山けんじ君) 東京ルールが始まるわけですが、東京ルールでは、府中市のすべての救急車両が立川市とか日野市とかのほうに応援に行ってしまったら、稲城市から府中市のほうにも応援に行かなくてはいけないような話も聞いております。それで、稲城市の救急車が空っぽになるようなことも想定されるとかという話も聞いたので、この辺もちょっと質問させていただきました。ひとつこれからも稲城市内の救急業務をきちんとやっていただくようにお願い申し上げまして、私の質問は終わりにいたします。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、21番、中山けんじ君の一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の12番、北浜けんいち君の一般質問を許します。10番、北浜けんいち君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 大きな項目で2項目にわたりまして私の一般質問をさせていただきます。
 それではまず1項目め、消防団員招集のためのサイレンの改善について伺います。消防長に関しましては連続の答弁ということになるので、申しわけございませんけれども、よろしくお願いしたいと思います。
 稲城市は、御存じのとおり、東京消防庁に委託せずに単独消防として、消防署・消防団が連携をとりながら、市民の生命と財産を守るために日々訓練を重ねております。そのことに対しまして、議員として、また一市民としても、心から感謝を申し上げます。
 さて、火災や災害の発生時には、その規模や状況により消防団に出場を要請しますが、第1出場から第3出場の段階を設けて、指示を各詰所にファクスを送信するとともに、消防署の操作により自動で出場該当分団の地域のサイレンを鳴らし、その後駆けつけた団員や協力者が手動で詰所のサイレンを鳴らし、団員を招集しております。また、メールの配信によりまして火災のお知らせをしているという状況があります。しかしながら、現在、消防署の操作によるサイレンの誤作動や鳴らない状態が本年4月より続いております。また、ある分団の手動のサイレンも作動しない状況もあったと伺っております。そこで、現状と改善策について伺います。
 (1)といたしまして、まず消防署がサイレンを吹鳴しますけれども、このサイレンのシステムはどのようなものかを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 火災発生時、消防本部で119番通報を受信しますと、消防団に対し出場指令する場合、まず該当地区分団の第1出場のサイレンを吹鳴いたします。サイレンは、通信指令担当員が防災行政無線の操作盤により操作を行い、各地区のサイレンを吹鳴する仕組みとなっております。その際、通信指令担当員は、操作盤の出場ボタンを押し、次に火災発生地区サイレンボタンを、続いて起動ボタンを押しますと、自動的にサイレンが5回吹鳴するシステムになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、このサイレンのシステムとその操作方法について答弁をいただきました。そこで改めて質問させていただきますけれども、今の質問の中で、3回ボタンの操作があるという答弁がありました。その中で、第1出場から第3出場ということで、最初のボタンは第1出場だと思うのですけれども、その後、火災の規模によって消防署が判断されて、第2出場、第3出場という選択をされていくと思うのですけれども、その選択はどのような時点で、どのような操作を行うのか。その3回の操作プラスアルファになっていくのか。その辺を伺いたいのと、この操作は基本的に通信指令担当員が行うという答弁でしたけれども、きちんとなれた人が操作できるような状況にあるのか、通信指令担当員というのは3交代制の中でどのように配備されているのかを伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 消防団の出場につきましては、まず火災発生地区の地元分団が第1出場という形で定められております。今お話のありました第2・第3出場につきましては、それぞれ3個分団ずつが増強される体制となっております。第2あるいは第3出場につきましては、消防署の大隊長が、例えば火災の延焼状況等を見きわめまして判断し、本部に連絡をします。本部通信指令担当員は、第2あるいは第3出場の指定表というのがございますので、それに基づきまして出場する分団を選択します。操作につきましては、第1出場と同じような操作をしてまいります。それからもう1点、通信指令担当員の配備につきましては、3部制体制の1部から3部までの警防体制の中で、各部2名の通信専従指令員を指定し、配備しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、まず第1出場から第3出場の選択はどのようなことかということで、基本的には、地元分団が第1出場で、その後、大隊長が火災の延焼状況・規模等を判断して、その時点でもし必要があれば通信指令担当員に連絡して、第2出場・第3出場をかけるということで、操作に関しましては、第1出場のときと同じような操作ということで答弁があったわけです。ということは、時間的には、基本的に第1出場を最初に鳴らして、出場中に、例えばまた通報が入ってきたり、何かあったり、また現地に到着した中での規模を見たり、その後また繰り返しの操作を行って、時差があってまた出場の防災無線のサイレンが鳴るという状況になるのでしょうか。それとまた、3交代の中で2名ずつ通信指令担当員を配備しているということだったのですけれども、その辺は、例えば公休といった状況の中でも、2名が通信指令担当員として配備されることはきちんと確約されているのか、その辺について伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 第2・第3出場は、先ほどもお話ししましたとおり、大隊長の判断で本部のほうへ連絡が入りますので、当然のことながら第1出場の指令とは時間差が生じてきます。第2・第3出場の命令が入った時点で通信指令担当員は操作をするような形になります。それから、通信指令担当員は、各部常に2名を確保しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今の答弁で現状がよくわかりました。
 それでは、(2)といたしまして、サイレンの誤作動の状況について伺いたいと思います。これがある意味で本題なのですけれども、私自身が認識したのは11月3日の多摩川衛生組合の火災の出場時で、ちょうど地元の大丸にいましたけれども、サイレンが吹鳴しなかった。その後に地元分団ではない第一分団が大丸地区を通過していくという状況の中で、一体このサイレンのシステムはどうなってしまっているのかという疑義を持った中で、今回一般質問をさせていただいたわけであります。このサイレンの誤作動の状況というのはどのようになっているのか、現状を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) サイレンの誤作動等の状況でございますが、確かに、本年11月3日に大丸地区で火災が発生し、消防本部の通信指令員が地元分団の第1出場区域を指定し、サイレンの吹鳴の操作を行いましたが、その際、矢野口地区の第一分団のサイレンのみが吹鳴したことがございました。さらに、同火災では、第三分団詰所の団員を招集するためのサイレンもスイッチが入らず、鳴らすことができなかったということがございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今の答弁で、11月3日の状況を消防署がそのように判断されていて、現実にそういうことが起こったということを確認させていただきました。それでは、ここで再質問させていただきます。一部情報としては、このサイレンの誤作動は11月3日だけではなく、本年4月からそういう状況が何回か見受けられたのではないかといったことを消防団の関係者の中から伺ったこともあります。また、11月3日も、今の答弁でありましたけれども、第三分団の手動のサイレンだけではなく、同時に防災行政無線のサイレンも作動しなかったという状況を私自身も確認しているわけです。もう一度、当日はどのような状況であったのか、消防署の認識を伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 実は、大丸地区につきましては、本年2月25日に第三小学校付近で建物火災がございました。それ以降11月3日まで火災の発生がございません。したがいまして、消防団出場指令のサイレンの吹鳴は行っておりませんでした。11月3日の火災では、防災行政無線が作動しなかったわけでございますが、地元の分団長は自宅で仕事中に消防団無線で最初の覚知をしております。すぐに詰所に駆けつけたのですけれども、ほかの団員が既に到着しておりまして、その団員が手動式のモーターサイレンを鳴らそうとスイッチを入れましたけれども、それが鳴らなかったといった状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今の答弁で、第三分団の11月3日の状況はよくわかりました。消防署の防災行政無線の5回のサイレンの吹鳴もできない、また手動のモーターサイレンも鳴らないという状況で、ダブルでサイレンが吹鳴できなかったわけです。さきの質問にもありましたけれども、メールのほうも時差があって、なかなか瞬時に受信ができないような状況にあるというと、消防団を招集するためのサイレンの吹鳴というのは非常に重要だと考えるわけです。特に、昔と違いまして、地元で働いている消防団員、また地元で勤めていても、例えば建築業で現場が市外だったり、または以前は市役所に多くの消防団員がいましたけれども、今は少ない状況の中では、地元にいる消防団員が少ない中で、その限られた消防団員を招集するための一つの方法としては、サイレンの吹鳴というのは非常に重要だと思うのです。11月3日以前の状況でもう一つ確認したいのですけれども、先ほどの質問でありました第一分団のサイレンの吹鳴がいわゆる誤作動したということがあります。第一分団が第1出場ではないのに誤作動でサイレンが鳴ってしまったというのは11月3日だけだったのか、その辺の状況をもし把握していれば、教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 11月3日以前の第一分団のサイレンの件でございますけれども、これまで10件の火災が発生しているわけですけれども、11月3日に、本来は大丸地区の消防団を出場させるために吹鳴したのですけれども、実際は第一分団のサイレンが鳴ってしまったということで、これはこの日が初めてでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) それでは、(3)に移らせていただきます。今も述べましたとおり、サイレンの誤作動というのはあってはいけないことで、私自身、この質問をするのは、消防署に対して、しっかりしてほしいというのが一番の目的であると思っております。そういうことでこのサイレンの修理と点検が早急に必要だと思います。その部分で消防署の見解を伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) サイレン修理と点検につきましては、分団長立ち会いのもと、手動式サイレンが吹鳴できないことを確認いたしました。原因につきましては、電源のブレーカーが故障していたもので、即日電気業者に依頼し、改修を行っております。防災行政無線につきましても、委託業者に点検を委託し、確認いたしましたところ、8月に行った定期点検時にサイレン端末のデータの組みかえも含めて点検した際、誤って大丸地区第三分団のサイレンのデータを矢野口地区第一分団のサイレンに入力してしまい、そのデータが矢野口地区のサイレンの端末に残っていて誤差動が発生したことが確認できましたので、早急に改修を行い、現在は正常に作動しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今の答弁の中で、手動のモーターサイレンと防災行政無線の2点を業者に点検させたということでした。一つ確認させていただきたいのですけれども、このそれぞれの保守点検をされている業者というのは、別の業者なのか。それともう1点、それぞれの保守点検は、年にどのような形で、年に何回といいますか、行われているのかを伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 防災行政無線につきましては、保守点検業者との契約に基づきまして、年2回の定期点検が行われております。ただ、各分団の手動式モーターサイレンにつきましては、業者による定期的な点検は行われておりません。今回モーターサイレンが吹鳴されませんでしたので、今後、モーターサイレンの点検についても検討してまいりたいと考えております。(北浜議員「業者は別ですか」と呼ぶ)業者につきましては、防災行政無線1社しか定期点検は行っておりません。モーターサイレンの業者は定期的な点検は行っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今回、一つある意味でマイナスの事態が起こってしまったわけですけれども、今おっしゃったとおり、この点検の方法とか、モーターサイレンの点検も現実に行っていなかったという状況がありますので、これは(4)に移りまして、改めてもう一度質問させていただきたいと思います。
 (4)として、今後の改善策について、消防長として、この11月3日の状況を踏まえた中で、どのようにされていくのか、見解を伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) 消防団の災害出場や招集にかかわるサイレン吹鳴につきましては、誤作動や鳴らなかったということは、災害出場に大変支障を来すものと認識しております。今後の改善策につきましては、年2回の定期点検を確実に行い、サイレンの故障やふぐあいがあれば、適時適切に対応ができるよう、防災行政無線の委託業者に適正な管理を依頼いたします。それと同時に、使用する側の消防本部及び消防団も、点検と確認を徹底してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、改善策を答弁いただいたわけでありますけれども、まず今の業者に関しまして、私は今回の件ももうちょっと業者にしっかりしてほしいと本当に思うのですけれども、今回の火災は多摩川衛生組合で、大事故には至らなかったわけですけれども、これが建物火災で、本当に市民の方の生命が危ぶまれるような大火災の場合はどうなのだろうかということを危惧した中で、こういう消防に関する機器の点検というのは非常に重要だと思うのです。その中で、まず年2回という回数で本当にいいのかどうか。そういう意味でもうちょっと点検の回数をふやすことができないのかということと、例えば、今エレベーター等の保守点検がなされていて、そこに契約をしていると、点検業者が基本的には大体月1回来てエレベーターの点検をすると思うのですけれども、それ以上に、例えば地震があったり、何か事故があって閉じ込めがあったことを感知できるように、点検業者が電話回線を使って、例えばエレベーターが長時間停止していたり作動しなかった状況を通信できちんと指令室のようなところで受信して、おかしいと思ったときに点検業者が行くといった状況もできているわけです。だから、防災行政無線というのもそれに準ずるような方法を何かその委託業者ができないのかと思うのです。その辺の取り組みについて業者のほうとしっかりやりとりをしていただきたいと思うのと、地元の消防団から出場時にどうであったかという報告をきちんと受けてもらいたい。
 それと、例えば市民モニター等で、これがサイレンだけではなく、ふだんの4時半なり5時に鳴るようなチャイム等の部分、また何かの市のお知らせが、ここの無線は起動していなかったといったことを、ある程度自治会等を通して市民モニターのようなものをつくって、何かあったときに連絡してもらうような制度もつくっていいのではないかと思うのです。というのは、私自身、ちょうど自宅の隣に東京電力の変電所がありまして、高圧線の塔があるのですけれども、そのモニターになっています。これは、東京電力が地域の方と、もし落雷があったときには連絡をするか、また不審者が侵入しているときにも連絡をするといったことで、一応契約を交わして、私自身も落雷のときに電話をしたこともあります。ですから、そういう市民モニター等も考慮したほうがいいのではないかと思うのです。現実にサイレンが鳴っているのを消防署の職員がその現地では聞けないわけですから、何かそのような工夫を今後考えていく必要があるのではないかと思うのですけれども、再度消防署の今後の改善策について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 消防本部消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 消防本部消防長(根岸成男君) まず点検の件でございますけれども、今、年2回の定期点検を行っております。この点検の方法については、先ほども申し上げましたとおり、業者さんとの綿密な点検の確認をこれからもしていきたいと思っております。それから、消防団の出場時の報告でございますけれども、現在では、消防団が災害に出場しますと、災害活動報告という形で活動内容と出場した人員の報告をいただいておりますので、今後、サイレンがどうだったかということも含めて報告していただき、確認してまいりたいと考えております。
 それから、市民モニターということでございますけれども、先ほどお話がありましたように、現在は夕方の4時半に「夕焼け小焼け」の放送が流れております。これは、防災行政無線が正常に働くかどうかの試験を兼ねてやっております。市民モニターということでございますので、この件につきましては今後検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) ぜひ前向きに、稲城市の市民の皆さんの生命と財産を守るために、今後とも努力を期待しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                               午前10時35分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午前10時50分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) それでは、2項目め、市立病院における院内暴力の現状と対策について伺います。安全で質の高い医療を市民に提供するためには、市立病院の医師・看護師を含めた職員が安全な環境で働くための院内整備を行うことが重要な課題の一つであります。そこで、市立病院における院内暴力の実態と院内リスク管理体制について伺います。
 さきに行われました決算特別委員会の中でも、いろいろ医師の確保、看護師の確保等につきまして質疑を行わせていただきました。本当に病院一丸となって、院長、事務長、そして看護部長が、例えば大学病院とか看護学校に通って医師や看護師の確保に努められている。しかしながら、今、医師や看護師の働く環境というのは非常にリスクが高いという状況は否めないわけです。例えば、いろいろな部分で医療ミスの訴訟を起こされるようなこともあったり、本当に当事者になったら自分たちの働く環境はどうなのかと思わざるを得ないような中で過労な激務を日々過ごされている状況の中で、市立病院としても院内暴力の現状と対策をしっかりしていただきたい。そういう意味でここに一般質問として取り上げさせていただきました。
 ここで全日本病院協会が調査を行い、全国の576病院で昨年1年間に医師ら病院職員が患者や家族などから暴行を受けるという院内暴力が6,882件にも上ったということがわかったわけであります。院内暴力は調査した病院の半数以上にわたっており、この協会では、病院の大きな負担となっており、治療の障害にもなりかねないと懸念しております。調査は、昨年の12月からことしの1月、同協会の会員であります2,248病院を対象に行い、1,106病院から回答が得られ、その中で「院内暴力があった」とする回答は約52%にも上りました。内訳としては、「暴言などの精神的暴力」が3,436件で最も多く、続いて「殴るなどの身体的な暴力」が2,315件、「セクハラ」が935件など、このうち警察に届けたものは397件、約5.8%、また弁護士に相談したものが144件で約2.1%にとどまっているということで、病院内では余り警察沙汰にしないで内部で解決しようといったことも一つの懸念としてあります。そして、576病院のうち、職員がけがや精神的ショックをこうむったケースがあったのは404病院、看護師が被害を受けたのは358病院に及び、医師に対しては103病院だったという調査がありました。
 そこで、私たちのまちの医療の中心であります市立病院における院内暴力の実態について、(1)として、まず伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 市立病院における院内暴力につきましては、思いやりのある、働きやすい職場環境をつくるために、ことし6月に看護部が実施したアンケートに基づきお答えします。このアンケートは看護師全員を対象に調査したもので、「過去に暴力を受けたことがある」「暴言を浴びせられたことがある」など、9項目を複数回答し、相手方につきましても「患者」「患者の家族等」に分類しております。それによりますと、177名の回答者のうち、「暴力を受けたことがある」と答えた者は50名おりました。そのうち「患者からの暴力を受けたことがある」は47名で、大半を占めています。また、個々の暴力内容を見ますと、「不穏の患者さんに顔面キック、ビンタなどを受けた」「体位交換のときにかみつかれたり、爪を立てられた」などで、入院中の患者さんによるものが多いようです。なお、外来患者さんや救急に来た患者さんから直接暴力を受けることはありませんが、必要以上に注意を受けたり、暴言を浴びせられることがあるようでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 全国の病院のパーセンテージだけではなく、今、稲城市立病院の状況はどうかとお尋ねしたところ、本当に、177名の回答者のうち50名が「暴力を受けたことがある」、そしてその中でも、特に今答弁がありましたとおり、「顔面キックやビンタなどを受けた」、また「かみつかれた、爪を立てられた」など、非常にリスクが高い中で仕事をされているわけです。そこで、この現状が見えたのも本年6月に看護部が実施したアンケートに基づきということで答弁をいただきました。そのような中で、まず1点伺いたいのは、それぞれの患者さんから暴力を受けたときに、医師または看護師はどのような対応をされたのか。それを病院の中で報告すると思うのですけれども、そのときに病院としてどのような対応をされたのか。そしてまた、そのような状況の中で、このような暴力を行った患者に対して、それぞれの病状は別としても、例えばペナルティーとして強制退院とかということもやらざるを得ないような状況もあると思うのですけれども、現状、ペナルティーとしてはどのような措置をされたのか、その辺を伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 患者さんといいましても、不穏の患者さんと、あとは多少頭がぼけてきたといった患者さんが多いようですから、対応策にこれといった決め手がないというのが現状でございます。したがいまして、相手はベッドの中におりますので、すきを与えない、あるいは逃げるという対応策が一番ではないかということなのですが、例えば肝機能障害で入院した患者さんがアル中で医師や看護師の指示に従わないとか、暴力を振るう場合につきましては、精神的な状況もございますので、強制退院という方法もとることがございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 不穏の患者さんに対しては、どうしようもないという言葉が適切なのかどうかわかりませんけれども、なかなか難しいと思いますので、その辺は現場で被害に遭わないような対応を、ぜひ今後の課題としていただきたいと思います。
 それから、今ありましたとおり、例えばアル中云々といった部分に関しましては、ほかの患者さんの迷惑にもなりますので、強い態度で接していただければと思います。
 それでは、続きまして(2)に移らせていただきます。対策マニュアルやガイドラインの状況について伺いたいと思います。この協会のアンケートの中で、それぞれの病院に対して、どんな暴力があったのかというアンケートだけではなく、院内暴力のための院内リスク管理体制に関する医療機関の実態調査の報告ということで、それぞれに、例えば院内暴力や暴言などに対する組織的なリスク管理体制を整備しているか、していないか、「現在整備を検討している」、無回答等、質問をしており、これに対するマニュアルやガイドラインの整備状況はどうですかといったこともアンケートの中にうたっているわけであります。例えば、リスク管理体制や委員会の設置状況に関しましては、「整備している」という回答は243で22%、「整備していない」が602で54.4%、「現在整備を検討している」が258で23.3%となっております。ですから、「整備している」、また「検討している」というところが半数、半数は「現在整備していない」という状況の中で、市立病院としては早くこのような対策マニュアルやガイドライン、またこういうリスク管理体制の委員会等を設置することが望ましいと思いますけれども、その辺に対する見解を伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 院内暴力対策として、入院患者さんが不穏で治療に支障がある場合は、家族の同意を得て抑制を行うなどの措置を実施することがあります。外来救急患者さんにつきましては、暴力や暴言を吐いた場合は警察に連絡し対応してもらう旨の掲示を行い、被害事故防止に努め、特にマニュアルは作成しておりません。また、院内暴力の被害者は看護師が多いことから、看護部において、安全で働きやすい環境でよりよい看護が提供できるように、ことしの8月からSOSレポートの記載基準を作成し、提出を義務づけております。これは、他者より肉体的・精神的苦痛を受けた場合、そのときの状況を詳細に記載・報告させるもので、ケースに応じて看護師長会、管理会議等に提出し、解決策を見出そうとするものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) そうしますと、今の答弁にあった部分で私の質問に合わせていきますと、リスク管理体制の委員会というのが、ケースに応じて看護師長会とか管理会議といった形で対応ができるのでしょうか。このような数字を見ていますと、また状況を踏まえると、今後もこういう院内暴力はふえる可能性があると思うのです。その対応としては、しっかりとそれを管理する委員会の設置とか、マニュアルやガイドラインの整備ということが必要ではないかと思うのですけれども、その辺を再度伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) マニュアルにつきましては、今のような事実から、作成しなければいけないだろうということで、今後作成したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) それでは、(3)に移りたいと思います。ここで、職員に対する研修について伺います。医師・看護師・職員全員に対して、こういう院内暴力を未然に防ぐ、また起こってしまった場合にどのように報告するかとか、その対応についてきちんと研修させたほうがいいのではないか。自分たちで自分たちの身を守るということも必要であるのではないかと思うのですけれども、その辺について市立病院の見解を伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 職員に対する研修でございますが、所轄警察署とタイアップした不当要求防止責任者講習会の実施や、市町村研修所の行うクレーム対応に係る研修への参加などをいたして、院内暴力防止に対する啓発を行っております。また、直接的暴力を制止するための器具の整備といたしまして、市役所同様、さすまたを整備いたしました。このさすまたの実地使用講習会などにも参加しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 今、ある一定の対応策について研修を行っているという答弁だったと思うのですけれども、ぜひ現場の実態に合わせた職員に対する研修を今後も対応として行っていただければと思います。
 続きまして、(4)といたしまして、不慮のそのような院内暴力が起こったときに、警察との連携はどのようになっているのか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 警察との連携につきましては、何かあった場合には大丸交番から駆けつけることになっておりますが、特に急ぐ場合は110番通報することになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 本来ならばこんなことはあってはいけないと思うのですけれども、本当にきちんとそういうことに現場で対応できるように、改めて職員の皆様方に、このような状況のときには警察または大丸交番に連絡しなさいといったことの指導をしっかりとしていただければと思います。
 続きまして、(5)といたしまして、この院内暴力に対する今後の対策について、今までの私の4項目の質問を受けて、どのようにお考えか、伺えればと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市立病院事務長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市立病院事務長(川久保康男君) 院内暴力対策は、職員が安全な環境で働くためには必要不可欠なものでございます。また、院内暴力対策を推進することは、医療従事者のモチベーションが向上し、患者サービスの向上にもつながるものと考えております。したがいまして、今後、院内暴力を未然に防止し、適切な対応を行うための講習会の開催や、ガイドラインなどの整備を行う必要があると考えております。また、院内秩序を守ることから、先進の病院が実施しております警察OBによる院内パトロールなどもあわせて検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 北浜君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 10番(北浜けんいち君) 院内暴力についての調査結果を受けてこの質問をさせていただきましたが、一番は、今の改善策を至急行っていただいて、より多くの医師や看護師の確保をきちんとしていただいて、市民が安心して医療にかかれる、そういう市立病院の体制をこれからもしっかりとしていただくことを要望いたしまして、私の2項目にわたりましての一般質問とさせていただきます。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、10番、北浜けんいち君の一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の13番、多羅尾治子さんの一般質問を許します。2番、多羅尾治子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 今回は大きく3項目を質問していきたいと思います。
 まず初めに、介護保険について質問していきたいと思います。介護保険については、2006年の介護保険制度の改定で、予防給付の創設など、大幅な給付抑制があり、利用者が必要なサービスを受けられない、また労働者の待遇も悪化させられているといったことが問題になってきています。しかし、構造改革以来続けられてきた社会保障改悪がこれ以上単純に進められるような状況ではなくなってきています。こうした中で、来年4月には介護保険は3年ごとの見直しの時期を迎えるということです。稲城市でも、来年4月からの3年間が第4期介護保険事業計画の期間ということで、この11月に中間まとめも出されたところです。そういう中で、介護保険料についてお聞きしていきたいと思います。
 1)としまして、第4期介護保険事業計画において、介護保険料案は第3期介護保険事業計画と同額程度と中間まとめで発表されましたが、保険料の負担が重いという声が従来からある中で、引き下げを検討することについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 第4期介護保険事業計画の中間まとめでは、現時点での要介護者数等の推計、居宅介護サービス、地域密着型サービス、施設サービス、地域支援事業、調整交付金、保険料負担割合などをもとに試算した上で、保険料額の仮置値を示したものでございます。今後、この中間まとめに対する市民の御意見をお聞きし、さらに予定されている介護報酬の引き上げや、運営基準の変更等による介護サービス料の影響などを見きわめた上で、最終的な第4期介護保険事業計画の策定に合わせ、適正な保険料額を試算してまいりたいと考えております。このため、保険料の引き下げを前提とした検討を行う予定はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 保険料の引き下げを前提とした検討を行う予定はないということなのですけれども、稲城市の保険料は、他市と比べても結構高いほうであるということや、保険料の負担が重いということで、私たちも多くの方からそういった御意見をこの間いただいてきたところなのです。またさらに高齢者の年金からの天引きということで、負担が大変大きいという声を相変わらず聞いているという状況であります。この間、一般会計からの繰り入れは可能ということで、保険料の減免制度を創設するべきだということでずっと質問してきた際にもそういったことを説明してきたわけなのですけれども、浦安市でも一般会計から介護保険特別会計繰り入れを行ってきているということもありますし、稲城市でもこの高過ぎる保険料を引き下げるということで検討を進めていってほしいと思います。
 それから、私たちはこの間、第3期介護保険事業計画の中でも、市が基金を積み立てるのだったら、その分保険料を引き下げてはどうかということなども言ってきたのです。そういう中で、保険料と介護給付費の関係でいうと、3年間で介護保険事業全体を見る中で、初年度はゆとりはあるけれども、2年目は同額ぐらいになって、3年目で不足額が生じて基金を取り崩していく予定なのでという説明を受けてきたのですけれども、2006年の制度改定が行われる中で、事業計画よりも給付額が抑えられて横ばいになってきているという状況があったかと思うのです。それで、今度は第4期介護保険事業計画の中間まとめの中でこの給付費の見込みということで出されているものを見たのですが、平成21年度が26億円で、平成23年度には35億円と書かれていました。この間、制度見直しがあると給付費が抑制されるといった状況が続いているということもあるので、また4月にもいろいろな制度改定がやられるということも聞いているのですけれども、今後もさらにこうした給付の抑制ということは続いていくということも考えられるかとも思っているのです。このように第4期介護保険事業計画の中では給付費が上がっていくという見込みもあるのですけれども、この辺の見込みというのは保険料にも影響してくるということでもあると思いますので、この辺の根拠というか、説明を少しいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 第4期の介護保険料算出に当たりましては、一般的な要介護者の増による利用増、そのほか、現在では介護報酬のアップが見込まれております。それから、市では小規模多機能型の施設を設置したいということがございまして、標準給付的には3年間で大体23%ぐらいふえると見ております。それから、それに伴いまして高齢者の保険料で負担すべき経費というのもおおむね20%ぐらいふえるだろうと予測しております。その結果、現在の試算では4,550円ぐらいの数字が出ているわけでございます。これに対して基金を充てながら値上げを抑えて、現行と同額の4,400円にしたいと考えているところでございます。いずれにしましても、今後さらに認知症高齢者等がふえることが見込まれていますので、次の第5期の計画ではさらなるグループホーム等も考えていかなければいけないという状況を考えますと、今後保険料額は確実に上がっていくと予想しております。そういう中で、今回は基金を充当して抑えたわけですけれども、今後につきましてもなるべく費用負担増は生じないように、長期的な視野に立って基金を有効活用していきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 私たちも市民アンケートなどをとりましても、市民の方から、保険料の負担が重いということで、介護保険料をもっと引き下げてほしいという声を聞いておりますので、一般会計からの繰り入れが可能ということもありますので、こういったことも検討していただきたいと思っております。
 では、(2)に移りたいと思います。要介護認定についてということです。要介護から要支援になったなど、軽いほうに認定される事例が見られます。全国的にもこういう傾向が強まっているとお聞きしているのですが、介護サービスが取り上げられて生活の土台が崩されていくといった高齢者の現実が介護現場からも告発されるなどして、それがテレビでも取り上げられたりするということで、私もそういった番組をちょっと見たのですけれども、同じような状況が稲城市でも起きていたのではないかと思いました。以前もお話ししましたが、市内のある方で、だんなさんが脳梗塞で、ヘルパーさんが来てくれることで生活の張りも出てリハビリにもなっていたのが、回数が減って不安であるという声をお聞きしました。日中独居の高齢者が必要とするホームヘルプサービスが利用できずに大変だという声も聞いたり、介護ベッドの取り上げという問題も起きてきたわけです。こうしたことの大もとには国の給付適正化事業が進められているということがあり、また今後その強化が予定されているとも聞いておりますので、本来の目的と外れたような形の介護の取り上げにならないようにしてほしいと思います。ということで、1)、要介護認定で本人の状況と乖離して軽度に認定されることがあるように思われるわけですが、本人や家族の希望やケアマネジャーの意見も取り入れて調査し、認定することについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 要介護認定では、要介護者等の状態を全国一律かつ公平に判定することが必要でございます。このため、認定調査員の面接調査結果をもとにしたコンピューターによる一次判定と主治医の意見書を合わせて、専門家の合議体による二次判定を経て決定されるもので、適正な認定調査と専門性の高い審査判定が求められるものでございます。市では、御指摘のような本人の状況と乖離するような認定がなされないよう、認定調査員の資質の向上及び介護認定審査会の専門性の向上に一層努めてまいります。また、本人や家族の希望を踏まえて、訪問日程等を調整したり、ケアマネジャーからの意見を聞くなど、円滑な認定調査を実施しているほか、御家族やケアマネジャーの同席もお願いするなど、可能な限り適正な調査が行われるよう工夫しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 要介護認定で、今までと変わらないのに介護度が軽く認定されたという声を数名の方からお聞きしたのです。市のほうでは、ならば再申請をすればよいではないですかという答えなのです。介護を必要としている人が、状態は今までと変わらない、もしくは以前よりもちょっと悪くなってきているというのに、認定の際に軽度に認定されてしまったということをお聞きしたわけです。今、給付の抑制とか国の給付適正化事業などという中で、認定の仕方自体がちょっと厳しくなってきているのではないかという疑問も生じるのですが、その辺の影響というのはどうなっているのかということをお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 一般的にですけれども、認定に関する苦情というのは、要介護度が軽く判定されたときに起こってまいります。要因としましては、訪問調査の調査項目は数多くありますので、本人は同じ状態と思っていましても、1カ所でも状態が改善されますと、コンピューター判定もやっておりますけれども、結果的に軽く判定される場合などがございます。そのようなことが考えられるのではないかと考えております。したがいまして、ぜひ訪問調査のときには正確に実情を回答していただくといったことが必要ではないかと考えております。市としましても、認定に当たりましては、専門職員による調査、そして主治医意見書なども参考にしまして、医療・福祉・保健等、各分野の専門家で構成されております認定審査会で審査・判定しておりますので、適正な審査が行われていると認識しておりまして、先ほどありました、給付抑制のために厳しくしているとか、そういうことはないと判断しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、2)にいきたいと思います。厚生労働省では、要介護認定の見直しについて今検討しているということなのですけれども、調査項目が削減されてしまうといったことなども検討されているということなので、現場からの不安の声もありますので、国に対して反対の意見を述べていく必要があるのではないかと思うのですが、この点についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 平成20年8月8日に開催された厚生労働省の第5回要介護認定調査項目検討会において、大幅な調査項目の削減案に対して、稲城市として直接、再考を求める意見を述べさせていただきました。その結果、調査項目はかなり改善されたものと認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾治子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 11月下旬にはこの検討の結果報告がまとまったということで、調査項目を削減する要介護認定の見直しを行っていくという流れになっていくと思うのですけれども、火の始末とか、褥瘡──床ずれとか、命にかかわる内容が削除されていくということで、現場からの不安の声もあるのです。検討結果の報告書も見せていただいたのですけれども、二次判定で軽度に判定されてしまうという方も出てくるということが出ていたのです。こういう見直しをされることで、先ほど1)でも取り上げたように、軽度に認定されて問題が出てきてしまうということにもつながりかねないので、4月から調査項目を見直すような形で要介護認定の新しいやり方が導入されることになっていきますと、影響もいろいろな形で出てくると思いますので、やめてほしいということで、しっかりと意見を述べていってほしいと思うのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 今回の要介護認定の見直しは、平成13年度に作成されました一次判定ソフトの内容を見直すということにあわせまして認定調査項目の見直しも行っているわけでございます。認定調査項目につきましては、当初23項目の削減案があったのですが、9項目の復活と6項目の新規取り入れということで、現在74項目の案が出ているわけでございます。現在、この復活項目あるいは新規追加項目を反映しました認定モデル事業を実施しているところでございます。これにつきましては、同じ方法でやりまして従前の結果と比較するという方法でやっているわけですけれども、もう結果が出始めているところも一部あると聞いており、判定結果にはさほど差異がないということが出ているという情報は聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾治子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) これについても引き続き意見を言っていってほしいと思います。
 (3)に移りたいと思います。これはこれまでにも何度も質問してきておりますが、日中独居となる要介護者の訪問介護サービス、ホームヘルパー利用の制限について、本人や家族の希望を尊重し、一律に制限を行わないことについてということでお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 介護保険制度では、利用者の状況に応じた適切なケアプランに基づいて利用者に必要なサービスが提供されるものであり、日中独居であることのみを判断基準として一律・機械的に介護給付の支給の可否を決定するものではございません。このため、個々の利用者の状況に応じて適切なケアマネジメントが作成され、サービスが提供されているものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 稲城市の場合は、個々の家庭の状況に応じて判断するということで、一律には制限していないということをこの間もずっと答弁されてきているのですが、最近でも私の身近なところで、日中独居となるある方のこのような事例があったのです。息子さんと同居しているということでホームヘルパー利用ができなくて、自費で頼んで、本当に大変だったということです。介護保険の訪問介護サービスで掃除とか料理などの家事を支援する生活援助について、同居家族がいることを理由に一律に禁止することがないようにと、厚生労働省では8月25日に各都道府県に改めて通知したということです。その通知に合わせて、川崎市のマニュアルでは、今おっしゃったことと同じようなことですけれども、家族が就労等のために日中独居となるケースについても、場合によっては同様の生活援助を受けられるやむを得ない事情に該当するということで、そうしたマニュアルを参考情報として配布しているということなのです。この方に厚生労働省が再通知をしたということについて書かれた新聞の記事をお見せして説明したところ、ケアマネジャーさんがいろいろ相談にのってくださったということで、市にも相談したのだろうと思うのですけれども、ようやく、では3カ月だけいいですということになったというのです。何で3カ月なのかという感じもしますし、この方のような事例は特殊ではなくて、介護を本当に必要としている人がサービスの利用ができないという実態がまだあるのではないかと思うのです。その辺をどのようにとらえていらっしゃるかということをお聞きしたいと思うのです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、本来生活援助サービスが認められないのにサービスを入れたということになれば、これは問題だろうと思いますが、先ほど言いましたように、やむを得ない事情により家事を行うことが困難な場合と判定できる要素がその人には何かあったのだろうと思います。いずれにしましても、現在の状況としまして、ケアマネジャーとかサービス提供事業者が生活支援サービスを入れてもいいだろうと判断しましても、コムスン問題以来、都の指導監査等が非常に厳しくなっておりまして、その監査等で指摘されれば、最終的に介護報酬を返還せざるを得ないという状況になっておりますので、この生活援助につきましては、どの事業者も慎重な対応をしているというのが実態でございます。そういう結果があっての3カ月だけの取り入れだろうと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) この方の場合も、大変だという実情を担当のケアマネジャーの方に相談されていたと思うのですけれども、日中独居でも息子さんと同居しているということでなかなか使えなくて、かなり長い間そういう状態が続いていたのです。ケアマネジャーの方は本人の希望を尊重されて努力されているのだと思うのですけれども、どこかでひっかかって制限されてしまうということで、本当は受けられるはずの方が受けられないという事態が出てきてしまっているのだと思うのです。ですから、基本的には、家族と同居している方は受けられないのでということではなくて、必要としている人は、本人の希望をちゃんと尊重して、利用できるようにということで、その辺は徹底してほしいと思うのですけれども、再度お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 本来受けられる人が受けられなくなるようなことは避けなければならないと考えております。市としましては、独自に介護保険制度で利用できる訪問介護・介護予防訪問介護手引きを作成しまして、ケアマネジャー等に配付しておりまして、同居家族がいることのみで可否を決定することのないように周知しております。引き続き周知してまいりますが、またケアマネジャーともよく相談していただければと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、(4)にいきたいと思います。高齢者が、生活援助等が必要なときに利用しやすいように、市独自のホームヘルプサービスを充実させることについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者の生活援助等を行うサービスは、介護保険の訪問介護サービスのほかに、独自のサービスとして、既に生活支援ホームヘルプサービス、有償家事援助サービス──いなぎほっとサービス及びシルバー人材センター家事援助サービスがございます。引き続き、生活援助等が必要な高齢者が利用しやすいよう、PR等の充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 軽度の認定者、要介護認定で要介護から要支援となった方が、必要な介護が引き続き受けられるようにということで考えていかなくてはいけないと思います。介護保険事業計画の中間まとめの中で、今後要支援2の認定を受ける人の推計数は、ほかの認定の度合いに比べてふえ方が多いのではないかと思いました。さらに事務報告書とか中間まとめなどを見ても、2006年3月には要支援2の認定者数が184人で、要介護1の認定者数が339人だったのですが、2008年11月時点では要支援2が264人になって、要介護1が269人ということで書かれていました。新たに要支援と認定された高齢者の介護予防給付は、訪問介護やデイサービスなどの回数に時間の制限が加えられているということで、介護状態が何ら変わりないのにサービスの回数が制限されたりといったことも今各地で起きていて問題になっているということなのです。稲城市でもそういうケースが出てきているのではないかと思うのです。
 そういう中で、自治体によっては、引き続き必要な介護が受けられるようにということで努力しているところもあるわけです。これまでも紹介してきましたけれども、渋谷区などの例を見ますと、要支援と認定された高齢者の介護予防訪問介護サービスについて、1回当たりの利用時間が1時間30分と制限されてしまうので、独自に2時間から2時間半のサービスを利用できるようにしているとか、同居家族がいるために制限されたホームヘルプサービスについて、同居家族による介護が困難な場合に必要な家事援助サービスが受けられるようにするという制度をつくったりとか、通院での付き添いや病院での待ち時間中の介助や老老世帯への援助もするといったことで、区独自のホームヘルプサービスの拡充を行っているのです。このように、軽度の人が引き続き必要な介護が受けられるように配慮されているということなのです。稲城市でもこういった取り組みが必要になってくるのではないかと思いますが、拡充・充実させることについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 要介護・要支援と認定された方の生活支援に対するサービスとしましては、先ほど言いました介護保険制度の中の訪問介護サービスがあるわけでございますけれども、いずれにしましても、介護保険のサービスというのは、ルールで決められた中での利用となるわけでございます。そのため、市ではそれを補うといいますか、補てんする形で、例えば介護保険で非該当となった方、あるいは申請中でありますけれども至急サービスが必要な方に対しまして、生活支援ホームヘルプサービスとして実施しているわけでございます。そのほか、先ほど言いましたように、社会福祉協議会あるいはシルバー人材センター、そのほかNPO等でも生活支援のサービスを実施しているわけでございます。ぜひこれらのサービスを活用していただきたいと思っております。そういう意味で、市内には幾つかの生活支援のサービスを提供できる体制が整っておりますので、市としましては、引き続きこれらのPRに努めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、次の教育問題に移りたいと思います。
 (1)、野沢温泉宿泊行事についてということで、1)、4泊5日の宿泊日数やキャンプ2泊などの日数について、教員や関係者の負担が重くなっているのではないかと思われるのですが、再検討についてどのように考えているか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 野沢温泉村宿泊体験学習の目的は、子供にとって、自然の悠久性に触れ、さまざまな感覚を働かせ五感を高める体験や、自分と対峙し自分を見つめ直す体験、さらには人と人とのコミュニケーションを深めることなど、本物との出会いを通した体験学習によって、生涯にわたって自然や伝統文化の担い手やつくり手として学び続ける力や豊かな感性を持つ自立した人間となることを目指すことにあります。新しい学習指導要領にも体験学習のさらなる充実について示されており、この行事は、稲城の子供たちにとって、時宜を得た、大変実効性の高いものであると認識しております。行事の実施に当たりましては、野沢温泉村から実行委員・スタッフを初め、延べ100人の方々が、キャンプやトレッキング、食事などにおいて、子供たちや教員に対して専門性を発揮してくれておりますので、教員にとりましても貴重な経験となっております。さらに、教員の体調管理につきましても、さきに述べましたように、実行委員の支援体制により、調子の悪い場合には休息等ができる体制を整えております。したがいまして、今後もこの野沢温泉村宿泊体験学習のさらなる充実を図ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) この野沢温泉宿泊行事に参加した教職員の方からお話を伺ったのですが、キャンプでは複数の人が狭いところで寝るということで、すぐ隣に人が寝ているということもあって余りよく眠れないというお話をお聞きしました。体力的にかなりきついということで、睡眠不足のときにはだれでも体調が悪くなってしまいますし、事故なども起こしやすくなったりするわけですから、余り無理をしてはいけないのではないかと、お話を聞いていて思ったところです。このような声はこの間何度かお聞きしていまして、一般的に見ましても、4泊5日という日数宿泊するというのは本当に大変だという感じがするのですけれども、教員の過重労働解消という意味からも、教員の負担の重い行事などは効率的に見直していくということも必要なのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 期間中、教員は子供たちと行動をともにすることになりますが、現地スタッフの方がキャンプ場でも宿でもほとんどの行程について対応していただいていますので、以前の移動教室のように、教員の指導がすべてということではありません。特に、キャンプ場でのトレッキングのときなど、多くのスタッフが小グループごとに引率と指導をしてくださいますので、先生方にとっても貴重な体験となっております。日程として以前より長いということはありますが、未来を担う稲城の子供たちの生きる力の育成のために、稲城の先生方に宿泊体験学習の趣旨を一層理解していただいて、子供たちのために現地の方々と力を合わせてほしいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、(2)に進みたいと思います。教職員のメンタルヘルスへの取り組みや、過重労働防止への取り組みはどのように行われているかということをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 子供たちが自己実現に向けて生き生きと学ぶためには、人間性豊かで心身ともに健康な教職員の存在が重要です。教職員は、学習指導・生活指導のほか、学校運営組織や地域との連携にかかわる職務など、多様な職務遂行をしており、そのためにもメンタルヘルスや過重労働を防ぐことは大変重要であると認識しております。メンタルヘルスにつきましては、東京都では、健康相談や精神保健にかかわる相談を教職員総合健康センターで実施しております。また、過重労働の防止を含めて、平成20年4月の改正労働安全衛生法に伴い、労働安全衛生体制の整備について対応しているところでございます。現在稲城市では、すべての学校で安全衛生推進者を選任するとともに、毎年、職員健診のほかに、年1回学校医による教職員の総合健康相談を実施しております。また、校長は教員の自己申告時や授業観察後の面接などで健康などについても相談する機会を持っていることから、本年9月の定例校長会で、管理職が親身になって教員の相談に対応することや、改正労働安全衛生法に伴い、会議や行事の見直しによる校務の効率化を図り、職場環境の改善に努めること、勤務時間の適正な把握に努めることなどを周知しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 教職員の精神性疾患にかかわる長期休職者が全国的に見ても増加しているということで問題になっているわけですが、稲城市では精神性疾患にかかわる長期休職者は何人いるのかということを昨年教育委員会にお聞きしたのですが、1人〜2人で、それほど問題になっていないということで、ほかに比べたらいいほうではないかという説明を受けました。しかし、長期休職をしていなくても、定年退職前に疲れてやめてしまう方もいたり、精神的な不調を抱えながら仕事をしているという人もかなりいるのだといったお話も現場の方たちからお聞きしたところです。文部科学省でもこういった事態を重視しているということで、教職員のメンタルヘルスの保持について通達を出したり、「労働安全衛生法等の一部を改正する法律等の施行について」という通達を出したりして、これらに基づいて対策をとり始めているということだと思います。この通達の内容をちょっと見てみますと、学校の教職員の健康管理について、労働安全衛生法の適用を受けることから、学校医とともに産業医を置く必要があるということです。ただ、産業医は常時50人以上の労働者のいる事業所に置くということになっているので、小中学校だと50人以上いるところは少ないので、産業医選任の要件を満たさないのですが、それでも教職員の健康管理や職場環境を整えることが必要ということで、各教育委員会で、教職員安全衛生管理規程とか規則というものを制定し、健康管理医という産業医に準じた医師がかかわるような取り組みが進められているということです。この点について、安全衛生推進者を選任するということだったり、学校医が健康相談を実施していることなど、先ほど答弁にもあったのですけれども、産業医あるいは健康管理医の選任ということではどのようになっているのかということをお聞きしたいと思うわけです。
 それとあと、メンタルヘルスの保持ということでも通達が出されていて、こういう中で、学校における会議や行事の見直し等による校務の効率化や過重負担の解消とか、職場環境の改善、相談体制の整備をするということなどが述べられているわけです。それで、日ごろから教職員が気軽に相談できる体制をつくるということで、特に管理職の心の健康にも十分配慮しながら、親身になって教員の相談を受けるとか、職場環境の改善に努めることという通達も出されているということなのです。
 私も、この間議会で少人数学級の請願の議論が行われてきたり、昨年度決算特別委員会でも野沢温泉の宿泊行事の関連で質問している中で、教員の長時間勤務の問題などをちょっと取り上げたのです。それで、業務も多様化している中で、教職員の方たちの過重負担は解消していかなくてはいけないのではないかということで質疑を行ってきたのですけれども、その当時は、教員は大変なのを覚悟で仕事をするものだといった趣旨の答弁などもあって、こういう精神主義みたいなことだと、教職員の過重負担の解消にはなかなか取り組めないのではないかといった思いをしながら、そのときの答弁を聞いていたのです。また、ほかの市から転任してきた教職員の方が、稲城市では先生たちがかなり献身的にいろいろな努力をしているとおっしゃっていまして、先生たちは本当に努力しているということもわかりますし、それ自体は本当にすばらしいことだと思うのですけれども、それだけに頼ることは問題の本質的な改善にはならないと思っています。過重労働の解消ということを考えて教員の業務の効率的な整理を進めていったほうがいいと思うのです。
 例として、教職員の方は保護者との対応もすごく多いのだと思うのですけれども、学校にいろいろな方が手伝いに来てくれているということで、その対応も一緒に行うようなことも多いと思いますし、本人は一緒にやることが大事だと思ってやられていると思うのですけれども、知らず知らずのうちにそれが負担になっていたりということもあると思いますし、なるべく負担にならないような形で取り組んでいかなくてはいけないのではないかとも思っているところです。
 ちょっといろいろな話をしてしまったのですけれども、少しでも教職員の負担解消ということで、先ほどの野沢温泉行事の2泊のキャンプについてももうちょっと見直してほしいといった意見も現場から出されているということもあったり、いつも先生たちとお話をすると、本当に多忙で、本当に疲れているといった印象も受けまして、もう少し現状を率直に出してもらって、改善できるような取り組みを進めていったほうがいいのではないかと思うのですけれども、その点について再度お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) さきの答弁で申し上げましたように、現在、教職員を対象にした健康相談を年1回実施していますけれども、本年4月より、常時50人未満の労働者を使用する事業場も含めて、すべての事業所で面接指導の実施ということが義務づけられて、すべての学校での面接指導などを実施できるような体制の整備を行う必要があるということから、先ほどの教職員安全衛生管理規程等も含めて、今後検討してまいりたいと考えております。
 それから、健康管理医の選任についてもそうなのですけれども、教員の過重労働を防ぐということでございますが、教員の職務内容は、授業だけでなく、そのための準備や成績処理事務あるいは生活指導や保護者の対応、校務分掌事務などの内容があります。そのほかにも多くあるのですが、職務内容については、校内組織の工夫・改善や教員一人一人の担当内容の見直し、あるいは事務職員などが担える内容の見直し、そして保護者あるいはボランティアの協力による改善など、現在でも各学校で工夫・改善を進めているところでございますが、既に効率化に取り組んで効果を上げている学校の例もありますので、それらを参考にしながら、教員が子供たちのために、さらに持てる力を焦点化して発揮していけるよう、校長会とともに研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) それでは、(3)、都民の日や開校記念日などを休校にすることについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 平成14年度より学校週5日制の完全実施が始まり、その中で授業時数を確保するとともに、子供たちに基礎学力をどうつけていくかが大きな学校教育上の課題となりました。本市では平成19年度より、都民の日や開校記念日につきましては、休業日ではなく、授業日にいたしました。これは、授業時数を確保した上で、各小中学校が充実した教育活動ができるようにするとともに、都民の日や開校記念日の趣旨を子供たちが理解する教育活動を進めるなどをねらいとして行っているものです。今後につきましても、新しい学習指導要領において授業時数が増加いたしますので、同じように対応してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) これも市民の方から、稲城市では都民の日とか開校記念日がお休みにならないのはなぜなのかという意見をいただきましたものですから、質問させていただきました。他市の状況がどうなっているかということを議会事務局にお願いして調べていただいたのですけれども、都民の日については、かなり多くの市で小中学校をお休みにしているということがわかりまして、稲城市のようにお休みにしていないというところが小学校では4市、中学校では3市ということで、あとは休業日にしている学校と休業日にしていない学校があるという市もあるのですけれども、結構多くのところで都民の日を休業日にしているということがわかりました。開校記念日は休業日にしていないというところがもう少し多いと思いましたが、都民の日は結構皆さん休業日にしているということだったのです。こういう都民の日や開校記念日の趣旨を子供たちが理解する教育活動を進めるねらいでということで、それはそういう考えもあるとも思ったのですけれども、市民の方からもぜひ休みにしてほしいという意見もいただいたのですが、こういった他市の状況などとも比較してその辺をどのように見ておられるかということで考えをお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 教育部参事。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 教育部参事(飯島英世君) 都民の日と開校記念日が授業ということで、子供の負担ということでございますか。先ほど申し上げましたように、この趣旨をしっかり理解するとともに、授業時数の確保ということがこれから一層重要になってくると考えております。近隣市の状況等もあるかと思いますけれども、稲城らしい教育の一つとして、今後も、この子供たちが学ぶ日がふえる、従来よりも多くなっているといったことでございますけれども、この体制のあり方を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 質問途中ですが、暫時休憩いたします。
                                 午前12時 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                                 午後1時 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) では、次の市民サービスについて質問したいと思います。この質問は、市内在住の70歳代の高齢者の方から御相談いただいたという内容なのですが、今、高齢者の方が年金だけでは少ないのでアルバイトをするというケースは多いかと思います。そうした場合に住民税をどのように徴収するのかということに関連しての質問です。市内在住の70歳代の高齢者の方で、年金収入とアルバイト収入で生活していて、アルバイトを始める前に御自分で事業もしていたという方なのですが、確定申告の際にどういう方法で住民税を納めるかということで、自宅に納付書を送るか、または給料から天引きするか、本人が書類に記入する欄があるということなのですけれども、それに気がつかないで何も書かずに書類を提出したところ、アルバイト先に直接市から通知が行き、アルバイトの給料から住民税が天引きされたということなのです。それで、アルバイト先にその方がどれぐらいの収入があったかといった内容などの個人情報が知られてしまってすごく困っているということをお聞きしたわけなのです。
 それで、(1)の質問として、定年退職後に新たに別の仕事やアルバイトを始めた人から給料からの住民税の徴収を行う場合には、個人情報保護のために、本人に直接確認をとってから行うということについて考えていかなくてはいけないと思うのですけれども、この点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 基本的に給与所得者の住民税は特別徴収をすることになっておりますが、事業所によっては特別徴収を行っていないところもあり、普通徴収により個人から直接徴収している例もあります。市におきましては、市民の方のだれが定年退職したのかを把握できませんので、課税のために各事業所から送られてくる給与支払報告書の記載に基づき、特別徴収または普通徴収にしております。したがいまして、市では定年退職者に直接確認できませんので、定年退職者本人が事業所の経理担当者に申し出て、普通徴収を選択していただくか、または確定申告をしていただくことにより、個人情報は保護されるものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) この方の場合は、確定申告の書類の中で、本人が特別徴収にするか普通徴収にするかという欄に記入しなかったということで、それに記入がないと基本的に特別徴収ということになり、会社の給料から天引きという手続をするということで市から連絡が行ったということなのですけれども、そういう記入がなかったということは市の方も気がついていたと思うのですが、こういうケースがそんなにたくさんあるとは思えないので、このような場合に本人に確認をとるといった少しの作業をすることができないのかということが一つあります。高齢者の方なので、今、年金からも介護とか後期高齢者医療とかいろいろ天引きされて、今度はこういうわずかな収入からも引かれるということで、負担感がすごく大きいというお話も伺いました。5〜6万円ぐらいのアルバイト収入から住民税ということで1万5,000円天引きされてしまうと、大変負担感が大きいということです。それと、先ほど言ったように、個人情報が知られてしまったということで、これもすごく困っているとお聞きしたのです。こういう問題を防ぐための方策が何とかとれないものだろうかということで、その辺を少し研究してほしいと思うのですけれども、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 確定申告の際の住民税に関する事項の中に今御質問の項目がございまして、今御質問の内容につきましては、特にその辺は朱書きになっておりまして、注意を促すような形にもなっておりますし、手引の中にも説明がございます。したがいまして、先ほども答弁申し上げましたけれども、御本人の判断によりまして個人情報の保護というものはできる仕組みになっているわけでございますので、御本人のちょっとした注意をお願いしたいというところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 給与所得者の方が大勢いるということとか、退職してアルバイトを始めたということがなかなかわからないということもあるということで、これは一人一人に確認するのは不可能だといったことはお聞きしているのですけれども、こういう問題が起きて、本人が個人情報を知られてしまって困っているということです。しかも、この方の働いている会社は、アルバイトの方が多くて200人ぐらいいるそうなのですけれども、住民税が給料から天引きされているのは稲城市に住んでいるこの方だけだといったお話もお聞きしました。まだ私も調べていないのですけれども、ほかの市ではこういうことをチェックできるような対策をとっているのかとも思いますし、前年度の納税の仕方と変わったような場合とか、変わりそうな場合とか、本人がどのように納税するかという希望が書類に書かれていない場合に、本人にその前にちゃんと確認をとるといった防止策みたいなものをもう少し考えていけないかと思いますので、この辺のことを引き続きちょっと検討・研究してほしいと思うのですけれども、再度お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 税につきましては、まず申告制ということでございます。また、相談等もそれぞれの会場で受け付けておりますので、そういった面でわからないことがあれば、ぜひ相談していただきたいと思っております。それから、今お話しの件の関係で限定してお話しさせていただきますと、記入の欄のところで記入なさっていらっしゃらない方は非常に大勢いらっしゃいます。ただ、それでだれが知られたくない方なのかということは市のほうではわかりませんし、また不明でございます。したがいまして、確認するとなれば、大勢の方すべてを確認しなくてはならないということでございまして、量的にも、また期間的にも非常に難しい状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) (2)に進みたいと思います。高額医療費の返還について、返還額が少額の場合は、本人が領収書を持参しなくても返還できるようにすることについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 高額療養費の支給につきましては、被保険者が医療機関へ支払った医療費の額が一定の条件のもとで公定の自己負担限度額を超えた場合に、その超えた額を後日被保険者の申請に基づき支給するものでございます。そのため、金額の多寡にかかわらず、被保険者から医療機関への医療費支払いの完了、すなわち高額療養費の受給権発生の事実確認が必要であることから、御質問の対応は困難なものと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) 御本人が病院の窓口で医療費を支払ったかどうかの確認を一人一人やるということは、何万件も対象者がいるということで、しかも病院も1カ所ではなくて多くの病院にかかっているという方もいるので不可能だということなのですけれども、この間いろいろ相談を受けて市から返還がありますという通知が来ても、領収書がなくなってしまってそろわないという方もいらっしゃるのだと思いました。それで、領収書があっても、返還額が少額だから、御商売をやっていて忙しかったり、また本人も体調不調などであると、そのためだけに申請に行くわけにもいかないといってそのまま放置してしまったりとかということで、結構少額で返還手続をとらないでそのままにしておく方はいらっしゃるのではないかと思うのです。そのような場合に、本人から希望があって、電話とかで連絡があれば、市で病院に確認をとって振り込んでもらうといったサービスはとれないのかという思いもあるのです。こういう場合ですと、そんなに大勢の方から連絡が来るということではないと思いますので、その都度対応できることでもあると思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) これは平成20年4月から7月の4カ月分で高額療養費の件数をとってみておりますけれども、そのうちの1万円未満のものと1万円以上のものを見ますと、大体半分半分ということになります。そうしますと、件数的には非常に多くなるだろうということでございます。それから、少額とはいえども、これは一つの医療機関だけではなくて、全部の医療機関にかかったものが合算されたような形になります。ですから、一つ一つ病院に確認するというのは非常に困難、また非常に時間がかかってしまうということになります。それから、今までの例で申し上げますと、少額の場合、これは2年間の期間はいつでも返還請求ということはできますので、そういう少額の方では複数月をまとめた形で市の窓口に申請に来られるという方が非常に多うございますので、領収書を確認して支払うというスタイルを変えることは考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 多羅尾さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 2番(多羅尾治子君) これで終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、2番、多羅尾治子さんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 通告の14番、岡田まなぶ君の一般質問を許します。3番、岡田まなぶ君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 今回、4つの大項目について、通告に沿って順次質問していきたいと思います。
 まず大項目1、貧困と社会的格差の広がり、経済危機から市民の暮らしを守るためにであります。
 (1)です。10月30日、政府は追加経済対策を発表しました。しかし、目玉の定額給付金は迷走し、大企業にはさらなる減税、大銀行には公的資金で応援するけれども、国民には3年後の消費税等の大増税ということで、これが景気対策に値するのか、国民の暮らしを守れるのかということが今厳しく問われていると思います。アメリカ発の金融危機は世界経済の大混乱を引き起こし、日本経済にも深刻な影響を与えています。今起きていることは、単なるバブルの崩壊ではありません。極端な金融自由化、そして規制緩和を進めて投機マネーを異常に膨張させて、世界有数の巨大な金融機関が先頭に立ってばくちのような投機を行う、このカジノ資本主義とも言われるやり方が破綻したものであります。そして、同時に日本の景気悪化をここまで深刻にさせている根本には、極端な外需、輸出頼みという日本経済が抱えている脆弱性があります。よって、アメリカ経済が減速し、世界経済が混乱すると、日本の景気悪化も一気に進むという事態がつくられているわけです。こうしたもとで、政治がどのような責任を果たすのか、今厳しく問われています。
 日本共産党は、11月12日、「景気悪化から国民生活を守る緊急経済提言」を発表しました。この経済危機に対して、日本共産党は3つの柱で、政治が国民生活を守る責任を果たすことを求めています。まず、このばくち経済破綻のツケを国民に回さない。そして2つ目に、外需頼みから内需主導に日本経済の抜本的な体質改善を図る。そして3つ目に、このばくち経済と言うべきカジノ資本主義に追随することから根本的転換を図る。この3点であります。この中でも述べておりますが、景気対策ということであれば、大企業・大銀行応援から家計を応援する抜本的な政策転換こそ、貧困、そして社会的格差の広がり、経済危機から国民の暮らしを守るために必要と考えますが、市民の暮らしを守る地方自治体の長としての石川市長の基本認識を問うものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 2002年第1四半期より始まった景気回復は、総じて外需依存型であり、家計全体は賃金増を通じてその恩恵を実感するには至りませんでした。こうした中、世界的な原油・食料価格高騰により生産者の活動は大きな打撃を受け、生活関連物資の価格上昇は生活者へ大きな影響を与えました。このように、国内の景気回復力が弱い中で、米国のサブプライムローン問題に端を発する急激な円高や株価の大幅な下落は、我が国の実体経済のみならず、市民生活に対しても深刻な影響を及ぼしていると考えております。とりわけ、経営基盤の脆弱な中小・零細企業や住民生活などの地域経済への影響は大であると考えますので、稲城市といたしましても、小口事業資金や生活資金の融資あっせん制度の拡充及び小中学校修繕費等の増額などの緊急経済対策を行うための議案を今議会に提案したところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 市民生活への影響が大きい、そして中小企業等、こうしたいわゆる社会的弱者に対する影響が非常に大きいということで、市としては、これは後ほど質問もしますが、緊急経済対策等の取り組みをしているということだったと思います。そこで、今、国の政策として、何よりこの地元の稲城市民を含め、国民の暮らしを守るという観点から、私たち日本共産党の緊急経済提言では、特に雇用を守ること、それから社会保障を充実すること、中小企業への支援を行うこと、そして消費税の増税ではなく、生活必需品など、こうした庶民への減税対策を行うこと、こういうことを柱にした緊急経済提言を発表してきたわけであります。一方、麻生内閣は経済対策を発表しました。これは生活者の不安を取り除くなどと言われて出されてきたわけですが、しかし国民の暮らしを守る、そしてこのばくち経済が失敗したツケを国民に回さないというには非常に乏しいと私たちは考えているわけであります。そして、この中で景気対策の目玉が例の2兆円の給付金ということだったと思うわけですが、この間、先ほどの答弁にもちょうど重なっていますが、2002年以降、高齢者の増税、定率減税の廃止、そして年金・保険料の連続引き上げ等で、2008年度の年間ベースでも13兆円、国民に負担を押しつけてきた。累計では50兆円近くも負担増、給付カット、今本当に生活が苦しいので、家計を支援するということであれば、こうした政策こそ見直すべきだと私たちは考えているわけであります。この政府の経済対策については、国民的にも、新聞やマスコミでも厳しい批判にさらされましたが、国民からこの経済対策がどんなに批判されようとも、政府は本当にこの景気対策が必要だということであれば、政局判断とはかかわりなく、年内の補正予算案の提案などを行うべきだと私たちは考えるものであります。しかし、実際には麻生首相は政策的な判断から、この目玉と言われた追加経済対策は先送り。これでは選挙目当て、そして何より直面している不況は、政府の大企業・大銀行の応援や1年限りの給付金では今解決できないということを政府みずから証明していることにほかならないと私は思うわけであります。
 こうした中で、今雇用の問題は大変深刻な状態になっております。そして、社会保障は次々と負担増・給付減ということが続いてきたわけですが、ここを切りかえるということ、そして社会保障の充実の問題では、国民の暮らしを直接暖める、そして将来不安を解消する、さらには医療や介護・福祉など、こうした新しい雇用を生み出すことができる、こういう一石三鳥の経済効果があって、景気対策としても大きな力になると思うわけであります。そして、先ほど述べたように、中小企業支援、そして食料品の非課税などの減税。今市民の暮らしを守る、国民の暮らしを守るためには、こうした視点に立った政策こそ必要だと思うわけでありますが、市長としてのこの点についての認識をお聞きしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 社会保障制度にかかわる支出につきましては、もちろん国民健康保険や介護保険等を見ましても、負担は当然個々の被保険者についても増加しております。しかし、支出のほうについてはそれ以上に増加しているわけで、当然それは公費で賄ってきているということで、すべてを個人負担に押しつけてきたということではなくて、公的な支援もしながら、しかし高齢化が極めて激しいスピードで進む、それに合わせた医療費等の増高についてはどうにもならない状況だということで、私どもも一般会計から、介護保険などを見ていただければおわかりのように、毎回、来年は4期ということになりますけれども、今までも支援してきているというのが実態だと思っております。今回の景気対策等につきましては、当然これは国会等で議論をいただくことで、これからの課題でありますけれども、1点だけ、私も介護保険については国の審議会等にも全国市長会を代表して出席しておりますので、国が1,200億円について基金として拠出するということが示されておりまして、これは一定評価してもよろしいのではないかと思っております。これによって当市は確かに、調整交付金がしっかりもらえていれば3,500円〜3,600円ぐらいのところでおさまるわけですけれども、これが制度上の課題もあって調整交付金が減らされているということで、4,400円の設定になるわけでございます。次年度以降についてはおおむね、今最終試算をしているところですけれども、基金等を活用すれば、値上げをしなくて済むのではなかろうかという試算もされております。これは、政府のほうから1,200億円を介護保険に向けて税として補てんするという案が出されたことによっての前進ではないかと思っております。その他、経済対策あるいは後期高齢者も含めた方向性については、まだ未定の部分もありますので、これからしっかりと見定めてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) それでは、今の答弁も受けて、いずれにせよ、この景気対策というものは、今の政府の予定でいくと、ことしじゅうにはなかなか実現しない。今一定失業対策などを考えているようでありますが、今の状況というのは、年を越せないといった非常に深刻な事態にあるわけでありまして、この12月、年の瀬を国民、そして中小企業などが乗り切っていく、このこと自身が今大変だという状況のもとで、先週の5日には麻生首相に日本共産党の志位委員長から緊急対策についての申し入れも行ってきたわけであります。そして、失業対策の抜本的な拡充、また中小企業の支援、そして何より今、いすゞ自動車を初めとして、大企業が派遣社員・期間社員など非正規雇用の労働者を大量に解雇するという問題が全国に広がって、地元の稲城市でも、そして中小零細企業は本当に大変な状況にあるわけであります。10月の倒産は6年ぶりの高水準となっている。そして、中小企業の3社に1社が、年末に向けて資金繰りが一層厳しくなるという中で、稲城市でも先ほど緊急の対策ということも言われていましたが、いずれにせよ、今この年の瀬を迎えてこうした緊急対策が市民の暮らしを守るという点でも国の政策として求められると思うわけですが、この点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 先ほどの大銀行や大企業の救済が是か非かということについては、これはまさに我が国というよりも米国で議論がされているところでありまして、特にビッグスリーを救済すべきか否かと、きょうの新聞などを見ても、米国の中でも両論に割れているという状況かと思います。ただ、いずれにしろ何らかの形で、破綻したとしても再生させるための救済が当然必要になるわけで、大企業というのはそれだけ影響が大きいということは事実であって、それに対する対応というのは当然必要になってくるだろうと思います。我が国も、米国の状況によっては、その次の段階で金融あるいはまた大企業等が大きな影響を受ける可能性というのは当然あり得るわけで、それに対する対応はしていかなければいけないのだろうと思っています。
 私どもの経済対策につきましては、財布が小さいわけで、その枠の中で今議会に提案させていただいておりますけれども、政府については速やかな対応を求められているということは事実だろうと思います。これにはいろいろな理由もあり、いわばねじれ国会ということも一つの要因と言われておりますけれども、それ以上に総理を初めとする決断が非常に求められているのではないかと言えるのだろうと思います。この辺はいずれにしろ国レベルで議論していただくことではないかと思っています。本市でやれることについては、幾つかの対策は、財布が限定されていますので、その枠の中でやらせていただいているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 続いて、(2)です。貧困と格差が広がり、市民生活が厳しくなるもとで、収入減・負担増・物価高・経済危機による市民の暮らしへの影響、そして生活実態の現状を市としてどのように把握・認識しているのか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 原油価格は、一時の高騰から現在は低下してきておりますが、小麦やトウモロコシ、大豆などの価格高騰により、電気・ガスのほか、パンやめん類、菓子など、暮らしに直結する多くの商品の価格が上昇したことにより、個人消費が落ち込んでいることが、新聞等で報道されております。また、ことし10月に東京都が発表している8月の「都民のくらしむき」では、前年同期比で収入が減少し、食料費や光熱水費が増加している状況にあります。稲城市の景気の状況につきましても同様であると認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 稲城市として、福祉の増進を目指す、そして市民の暮らしを支えるという立場で、今後どのような経済対策を考えていくのかというところにおいて、今答弁があって、東京都の調査によれば、食料費や光熱水費が増加をしているということ、それから暮らしに直結する商品の値上げなどで、暮らしが大変厳しい状況になっているということが示されているということだったと思うのです。ここで聞きたいのは、特に今稲城市という市内の枠の中で見たときに、市民の暮らし、それから中小企業の景況感等がこれだけ厳しい状況の中で、緊急に市として状況を把握する、そして必要な対策を早急に立てていくという点で、市としては今どのようにしているのかということについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 稲城市といたしましても、先ほどお答えしたとおり、新聞報道や東京都の発表している「都民のくらしむき」などで情報収集は行っております。さらに商工会の実施している中小企業の景況調査というのもいただきまして、参考にしております。また、「Iのまちいなぎ市民祭」や小口事業資金融資審議会の開催時などにおきまして、建設業・製造業・小売業・金融業の方々からも現在の状況とかそういった実態は個人的にはお伺いしております。といったところでは、市内の主なところについてはそれなりの情報は入ってきていると認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) さまざまな情報収集をしているということで、次の質問にも関連しますが、中小企業の景況調査ということで商工会がやっている調査の内容を私のほうでも拝見させていただきました。統計的なものですが、この商工会の調査は、平成20年10〜12月、前年同期と比べて景況がどうなったのかということで、サンプルが製造業で3社、建設業で3社、小売業で4社、サービス業で5社ということで、サンプルとしては非常に少ないので、私としてはそういう緊急の市としての対応も必要ではないかと考えているわけです。いずれにせよ、この内容を幾つか見てみると、まず売上高、それから建設業でいうと完成工事等で、好転したのか、変わらないのか、悪化したのかということを見ると、売上については「好転」が2社、「不変」が4社、「悪化」が9社。それから、自社の景況の状況をどう見ているか。「好転している」というのは1社、「変わらない」が5社、「悪化している」が9社ということで、大変厳しい状況になっているということがわかるわけであります。そして、私たちのところにも、暮らしの問題では非常に切実な声が多数寄せられてきているわけであります。
 それを踏まえて次に進みたいと思います。そうした状況から、暮らしを守る地方自治体の役割が問われていると思うわけですが、(3)として、今景気悪化の中で、低所得者・生活困窮者を初め、市民の暮らしを支援するために、市としての総合的な検討を行って、施策の創設・拡充が求められていると思いますが、市の基本姿勢についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 景気の悪化等による影響はさまざまな市民生活に波及しております。市では、今定例会の中で緊急経済対策として、商工業者への支援並びに生活資金への融資あっせん制度において、市民の暮らしへの支援策を講じております。また、稲城市商工会では、5%のプレミア付市内共通商品券を発行し、市民及び取扱商店への支援策を講じております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) さて、今の答弁は、いわゆる緊急経済対策、当面の対策として、小中学校の修繕緊急工事、それから小口事業資金融資あっせん制度の拡充等、これをこの12月議会にもかけているとおり、補正予算として、時限措置としてやるという内容だと思うのです。そこで再質問ですが、私が必要だと考えていることは、この年度間の補正予算といった短期的なことではなく、市として総合的に検討を行って対策を立てていくということです。それで幾つか具体的に言うと、稲城市でできることは何かということで、例えば小中学校給食の値上げを抑える助成制度を創設していくこと、それから融資保証制度の創設や拡大、そして生活困窮者・生活困窮世帯などへの生活支援など、全庁的に総合的な対策として立てていくということが、稲城市として市民の暮らしを守る姿勢を示していく上でも私は大事だと思っているわけです。
 それで、この間私たち地元の稲城市議団を初め、多摩地域の共産党の議員団などで、市民の皆さんの切実な声を、暮らしの大変さという実情をいろいろ聞いているわけですが、幾つか紹介すると、本当に大変な声ばかりなのです。例えば、ある年金生活の女性の方は、昨年夫が突然亡くなるという不幸があったそうです。自分の年金だけでは生活できないということで、この方自身、がん手術を終えて間がなく、傷口の痛みをこらえながらパート勤務で暮らしている。年末年始も1日を除いて働き続けるという声。それから、また高齢の女性の方は、電機メーカーに勤める息子さんが病気になって、家賃、国保、医療費、これでどう暮らせというのですかという必死の声もいただいてきています。また、母子家庭のお母さん方の話では、ダブルワークで計11時間働いて手取りわずか16万円で子育てをしている。また、公立保育園で非正規で働いていた方は、給料が安過ぎて生活保護水準にさえ届かないので、わざわざ仕事を泣く泣くやめて生活保護にしたというお母さんもいるということです。そして、深夜までパートのかけ持ちをして得た月の収入18万円で2人の育ち盛りの男の子の家計を支えるという母子家庭のお母さんの声も聞きました。体がぼろぼろになっても10年たてば子供は巣立つという本当に必死の声を聞きました。そして、テレビキャスターの「頑張っても報われない社会にだれがしたのか」という言葉が胸に突き刺さるという声であります。また、学校の問題で、友達のクラスではお金がなくて修学旅行にいけなかった人が38人中16人。母子家庭で授業料が払えず、高校をやめて働いて家計を支える友人がいる。それから、生徒の3割が学費免除・減額適用を受けて、生活保護の半分以下の収入の世帯もあり、修学旅行の積み立てさえできず、「おれはもう修学旅行へ行かないから」と宣言している生徒もいる。これは学校の先生のお話であるようですが、このように、今国民全体、市民生活、特に社会的に弱者と言われる方々に大変厳しい状況にある。その中で今起きている問題というのは、米国発の経済危機が襲いかかるという形で、派遣社員や期間社員などが次々と大量に解雇されるという状況が起きているわけです。こうした声にしっかり応えて、稲城市としても緊急の対策を考えていく必要があると思います。
 そして、一つ紹介すると、国分寺市では、高齢者や子育て世代などの生活不安を解消するために、国分寺市緊急生活安全対策というものを策定したということであります。これを見ると、内容としては、家具転倒防止器具の助成制度の創設、それから小中学校給食の材料費高騰による助成制度の創設、それから認可外保育施設入園一時助成金の創設、消費者相談の充実、それから小口事業資金融資制度における緊急対策事業の実施、それから道路補修・公園剪定等の修繕工事費の増額措置、農業経営の安定支援、こうしたことを国分寺市としては緊急生活安全対策として策定して、そしてこれは平成20年度及び平成21年度ということで、この対策を市民に対して発表していくという内容になっているわけです。ですから、稲城市としても、今国民生活の中では不安要素が非常に多い中で、暮らしを支える姿勢に稲城市は立っているのですということを基本的な対策として出していく。東京都では、今12月の議会が行われていますが、50万人の失業者の雇用対策が補正で計上されていると思います。そのうち30万人が市町村ということですから、稲城市がこのうち何人を雇用するという対象になるのか、ちょっとわかりませんけれども、いずれにせよ、そうした東京都などの対策も生かしながら、暮らしを支えていく対策を市としてまとめていくということが今必要だと思うのですが、この点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 総体的なことでございますので、私のほうからお答えさせていただきます。先ほどの答弁でもお話しさせていただきましたけれども、市といたしましては、緊急経済対策といたしまして、小口事業資金あるいは生活資金の融資あっせん、それから小中学校の修繕費等の増額などでの補正予算をお願いしているところでございます。今後の対応につきましては、市民の不安を正面から受けとめまして、現にしわ寄せを受けている市民の方々や、今後の影響の拡大に注意を払いながら、市民の暮らしあるいは経済動向等を踏まえながら、支援の必要性について考えていくことになるのだろうと思っております。それには財政的なことも必要となりますので、政策会議あるいは予算編成会議の中でまた検討していくことになろうかと思っております。
 それから、東京都の緊急対策の関係でございますけれども、まだ都のほうからは具体的な話はいただいておりません。ただ、雇用創出効果の高い事業を市町村とともに協力して連携してやっていきたいといったお話は聞いておりますので、今後の東京都のそういった動向を注視しながら、適切に対応していきたいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) その点は、ぜひしっかりお願いしたいと思います。
 次に進みます。大項目2、保育制度の改変問題についてということで、(2)のほうです。保育制度改変のモデルとされる東京都の認証保育所制度では、「ハッピースマイル」の閉園問題など、混乱が相次いで、不安の声が上がっておりますが、稲城市でも認証保育所が開園している中で、今市としてはどのように課題を認識しているのかということについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 認証保育所は、東京都が設置を認める認可外保育所であり、市民の多様な保育ニーズや長時間保育に対応することなどを主な目的として設置しているものでございます。認証保育所に対します調査は、東京都が定期的に行っております保育園への立入検査により運営管理・保育内容などについて指導・監督を行っておりまして、市もこれに同行して保育所の運営内容の把握をしているものです。また、市は補助実施事業者として、調査結果に基づいた指摘事項に対する指導を行い、保育所から改善報告を提出させております。さらに市では、これまで保育サービスの質の向上に向けた取り組みを保育所が促進させるよう、福祉サービス第三者評価受審の補助も行っております。こうした取り組みが認証保育所の適切な運営につながっているものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) ハッピースマイルの問題は、認証保育所が適切に運営されていないということで、今マスコミなどでも報道されているわけです。ハッピースマイルなど29施設が一斉に閉鎖したということで、これは、運営するエムケイグループというところが、さいたま市と埼玉県戸田市から得る補助金や施設営業権を担保に多額の借金をしていた。借金をしたのは、東京都の認証を受ける直前で、問題企業に保育参入を許す東京都の認証保育の甘さが改めて浮き彫りになったと思うのです。そして、このハッピースマイルは、東京では東中野に9月に開園したそうですが、2カ月で閉園してしまったということで、大変混乱しているという状況にあるわけです。そして、東京都の認証保育所制度が政府の保育制度改変のモデルと言われていて、今政府が検討しているのは、直接契約制度を導入することや保育所最低基準の緩和・撤廃などであって、これまで国・自治体が保育の実施、それから公費負担、水準確保に責任を持ってきた、こういう仕組みをなくして、市場原理のもとで営利企業などに保育サービスを競わせようというもので、公的責任を大きく後退させるという大変な問題だと私たちは考えているわけです。そして、今回のハッピースマイル等の問題では、市場原理のもとで営利企業などに保育サービスを競わせるということの問題点が浮き彫りになったと思うのです。認証保育所は、石原知事のもとで推進されてきたいわゆる認可外の保育所でありますが、虚偽申請、それから補助金不正受給疑惑が発覚したのは、この間、じゃんぐる保育園、そして小田急ムック成城園に次いで3件目ということになっているわけであります。
 そこで幾つか再質問したいと思うのですが、今挙げた3園の中で、例えばじゃんぐる保育園というのは、認証を取り消された第1号だったわけですが、どういう保育園だったかというと、一つ実例を挙げると、ここはもともと埼玉県の戸田市に認証ではありませんが、認可保育所としてつくったということがあるのです。これは2007年のことだそうですが、ここでは、今そうした不正受給の問題もありますが、それと同時に子供たちの保育の質をどう守っていくのかという点でも非常に問題が多かった。全部は紹介し切れないのですけれども、認証保育所は園庭とか給食室がなくてもいいとか、いろいろな課題はもともとありますけれども、例えば給食の配膳をする場所がほとんどなくて、玄関の下駄入れの上で給食の配膳をするというのは余りに異様な状態だということで、私は写真も見せてもらいました。それから、例えば子供たちが給食を食べる食器もすべて100円ショップで購入した合成樹脂製のもので、保育士の方たちは耐熱性や有害物質の不安を訴えていたそうです。そして、ベビーベッドや子供のいすなども、通常の市販品より明らかに粗悪品で、簡単にぐらつくもので、保育所での使用に耐えられるものではなかった。こういう形で保育園が運営されてきたということで、本当に営利企業が保育サービスに入ってきて競わせるということの問題点が集約的にこの問題にもあらわれていると私は思うわけです。さらに、この保育園の経営者は、この保育の経営について何を言っているかというと、この人は2004年に「「保育所」ビジネスの始め方・儲け方」という本を書いているそうです。認可外はかなりリスクが少ない商売だ、在庫を抱える心配もありませんということで、まるで保育園の経営とは思えないような発言をしているわけです。また、保育所の運営には特別なノウハウはありませんとか、保育所経営は一体幾らもうかるのかということで、月120万円の売上のうち62万円がもうけになったと書いているわけです。保育園の運営というのは8割が人件費だと言われている中で、162万円の売上のうち62万円を自分のもうけとしてポケットに入れるというのが、営利企業が参入したときに問題になることだと私は思うのです。そして、こうした事業者が東京都の認証を受けたというところに、チェックする側の問題もあると私は思うのです。
 そこで、この市内の状況についても少し聞きたいのですが、先ほど答弁にあった定期的な調査というのは、どれくらいの頻度でどのようにされてきているのか。そして、先ほど指摘事項で指導などをしてきたといった話もあったと思いますが、この点についてはどういうことを行ってきたのか。それから、第三者評価受審の内容・実績はどうなっているのかということ。それから、今言ったような状態の中で、検査、それから指導する体制の改善。これは東京都が中心になるということですが、稲城市の、特に市内の子供たちを中心にした保育環境の問題としては非常に重要な問題で、東京都の認証制度というのは割と最近始まった制度で、世田谷区の話ですが、認証保育所を出た子供が小学校に入って、トイレに行って自分でおしりをふくこともできないといったことも聞きました。本当にこれで親が安心して子供を預ける環境にあるのだろうかという問題になっていると私は思うわけであります。そうした点を踏まえて、最低でも、少なくともこうした検査等による改善を求めるということが地元市としても必要だと私は思うわけでありますが、この点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず調査の頻度等についてでございますけれども、東京都は、一つは報告徴取としまして、設置者に対して、毎年文書により施設の運営状況等について報告をさせております。その内容は、運営状況報告書、職員名簿、保険契約の写し、パンフレット、給食献立表、また図面などとなっております。次に、立入調査につきましては、原則年1回以上としておりまして、稲城市の4カ所の認証保育所に対しましては、平成19年10月から本年10月にかけまして全園に調査に来ております。調査内容は、提出されました報告書と関係帳票類について都の調査基準に従って園長等からヒアリングをしながら行っていくという方法でございます。それで、指摘事項でございますけれども、直近の1カ所を除きまして3園について結果が出ております。その内容でお答えしますと、改善を要する文書指摘となったのは3園のうち2園でございます。その内容につきましては、職員に健康診断未受診者がいた、それから前年度の検便の実施記録・結果表が一部不備、棚の上の備品の落下防止対策が必要、それから事故後の経過記録等が不十分ということで、2園で4件の指摘がございました。各園ではそれぞれこれにつきましては改善し、既に改善報告書を東京都のほうに提出しております。
 それから、第三者評価の関係でございますけれども、平成19年度に開園しました3園が第三者評価を受けておりまして、これで市内の4園はすべて一通り受審が済んだことになっております。評価方法としましては、利用者からのアンケートや聞き取りで利用者の意向を把握する利用者調査と、全職員と経営層に自己評価をしてもらう事業評価から成り立っております。この結果を踏まえまして、評価者が事業所を訪問して、現地視察、ヒアリングあるいは書類の確認を行うという方法で実施しております。第三者評価の結果でございますけれども、サービスの分析結果では、3園とも、標準項目をすべて満たしている状態がAランクなのですけれども、A以上となっております。施設によっては、標準項目を満たした上でさらにそれを超えた取り組みをしているというAプラスの内容も幾つかございます。
 それから、改善を求めることについてでございますけれども、東京都ではこれまで、新たに認証保育所を設ける際に、施設の1年分の賃料に相当する預貯金があるか、また3年以上連続して損失計上したり債務超過ではないかなどの財務状態を確認しておりますが、この審査に当たっては、財務諸表から経営状態をつかむには行政職員だけではなく会計専門家の視点が必要として、審査会の外部委員に公認会計士を追加するように要綱を改正した。また、運営の実態の把握では、定期指導を、従来は前年度の5月以降に開設した認証保育所の指導につきましては翌年度に行っていたわけですけれども、これを開設後2〜3カ月で行うように要綱を変更したと発表したと聞いております。このチェック体制の強化によりまして再発防止を図るとしておりますので、今後、東京都の厳重な審査に対しまして、市も期待しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) さまざまな検査や第三者評価受審等をしてきたということで、改善する点などは改善を求めてきたということだったと思うのですが、先ほどから挙げているように、東京都はじゃんぐる保育園等にも立入検査をやっているのです。それでも指摘事項なしということで、さまざまな問題・課題を見つけることができなかったということもあります。このように聞いてみると、今、稲城市であれ、地元の地方自治体が責任を持って運営しているという状態から離れて、稲城市内にある保育所として適正に運営されるように東京都などに言っていくとか、立入検査に同行して、そういう直接的な保育の内容などに責任を持つという状態ではありません。そうすると、民間事業者が参入して営利企業が入ってきても、その辺をしっかりチェックすることができません。そして先ほどから挙げているように、この東京都の認証保育所はいわゆる国の認可基準の最低限を一応クリアするような形でやっているということでありますが、先ほどの市川市のじゃんぐる保育園でもそうであるように、国の最低基準を守るだけでは子供たちの保育をきちんと行うことはできない。そして直接契約制度が導入されていくといった認証保育所制度の形を今政府は全体に広げるということで、子供たちの保育にそういう規制緩和などをして待機児を解消すると言うけれども、そういうことよりも認可保育所を増設するなど、国、そして自治体で責任を持って認可保育所の整備・拡充に努めるということが基本には必要だと私は思うのです。
 稲城市でも今後も認証保育所の設置が検討されているということです。多様なニーズに対応するということで駅前保育が必要だという方もいるといったことがいろいろ言われています。しかし、認証保育所に通っている方たちのアンケート調査を東京都自身も行っているのですが、実際には、認証保育所を利用している63%の方が「認可保育所に入りたい」と回答して、76%が保育料の値下げを求めて、そして53%が園庭がないということに不満の声を上げている。こういう形の保育所を広げていくことは本当にいいのかどうかということが今問われている課題になっていると思うのです。稲城市の保育所を私も見ましたけれども、子供たちが、園庭があると、一応さくで囲ってあって非常に安全な状態ですから、安心して思い切り走るということが可能になる。けれども、園庭がないと、公園で遊べるではないかと言いますが、公園に行くのに道路を通ったり、その公園にはだれがいるかわからない、思い切り走ったりしてけがをしないとも限らない。そういう意味で、子供の保育をする環境としては、園庭がない状態というのは、見ていて、私自身も本当にそれでよいのかということがあるのです。それでも国の基準を下げるとか、なくすとかという方向ではなくて、課題や問題点も把握しながら、東京都では石原知事のもとで認証保育所を入れながらも、認可保育所の3年計画というものをつくっているという状況もあるわけですから、稲城市としても、この認可保育所をしっかり守っていくというか、これを中心にした稲城市の保育環境をつくっていくという姿勢こそ必要だと、これらの今回起きている問題を通じても思われる。そのことを私としては強く言いたいと思うわけですが、この点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 認証保育所を設置する理由としましては、先ほどお答えしましたとおり、多様なニーズにこたえるものであり、長時間預かりを希望している市民もいることを考えますと、市民にとっては選択肢が広がる、意義ある施設であると考えております。また、厳しい財政状況にありまして効果的・経済的な対策を講じながら保育ニーズにこたえていくということは、行政に課せられた使命であると考えております。その意味では、認証保育所を今後も活用していくことは有効なことであると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) それでは、大項目3です。子供の無保険問題等についてということで、(1)、子供の国民健康保険の無保険状態が社会問題となっています。厚生労働省は、国保の資格証明書の交付世帯のうち子供のいる世帯について、この10月30日に初めて調査結果を発表しました。滞納世帯は全国で385万世帯、交付世帯数は33万世帯、そのうち子供のいる世帯は1万8,000世帯で、新聞などでも報道されているように、その数は3万3,000人ということであります。お金のあるなしで子供が医療を受けられないということがあってはならないと思いますが、子供のいる世帯からの保険証取り上げを行わないこと、短期保険証の発行などの対応が求められると思いますが、市の考えをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 国民健康保険の被保険者資格証明書につきましては、平成18年2月より、被保険者間の負担の公平を図る観点から、国民健康保険税の滞納状況が改善されない4年以上の長期滞納者のうち、相当な収入があるにもかかわらず相談等にも応じていただけない著しく不誠実な被保険者に限定して交付してきております。この資格証明書の発行に当たり、子供のいる世帯への配慮としまして、乳幼児医療費助成制度など、子供の医療費に係る助成制度を受けることができる世帯につきましては、資格証明書の対象から除外してきております。また、資格証明書の発行に至る過程におきましては、短期被保険者証の発行や、相談等を促すきめ細かな対応に努めてきております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) それでは、まず稲城市では、子供の無保険、いわゆる資格証明書の発行の状況がどうなっているのか、その現状についてお伺いしたいと思います。
 それから、この問題は社会問題となって、新聞やテレビでこの間取り上げられてきています。このことについて私は市長に聞きたいのですが、稲城市では乳幼児医療費は完全無料化していますから、今の答弁ですと、すべての乳幼児が対象から外れる。それから、小中学生については、東京都の所得制限つきの今の2割の対象者については外れるのだろうということで、すべてを対象にして出すという関係にはないと思うのです。それでも、それ以外の対象の方の子供は無保険になる問題を抱えるわけです。そこで、今各地の市町村で、国民健康保険の保険料を保護者が払えないのか、払わないのかを問わずに、子供については資格証の交付はしない自治体がふえています。そして、短期保険証などの対応で、本当に子供は悪くない、子供に責任はないという立場での自治体の対応が今広がってきている。お金のある、なしで子供が医療を受けられないということは、私は基本的にはあってはならないと思うわけですが、市長はこの問題をどのようにとらえているのかということについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 市長(石川良一君) 先ほど御答弁しましたとおり、収入があるにもかかわらず滞納しているという極めて不誠実、見ようによっては悪質な滞納者をしっかりと協議して対処しているということであります。これは当然厳正に対応しなければいけないだろうと思います。給食費の滞納の問題と似ていまして、結果としてどうなるかというと、そういうものを放置しておきますと、ほかの方がその医療費を負担しなければならないという構造になるわけであります。給食費の滞納も結局、滞納する人をそのまま放置していけば、その他の人たちの負担している給食食材を回していき、全体的には質が低下するということを黙認するということになるわけで、それをそのまま放置するということは決して正しい選択ではない。私どもが進めていることはそのような流れに沿ったものであって、不誠実な者に対しては、きちんと支払っていただく。そのための一つの方法として、短期証についても、また資格証についても実施しているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 現状についてお答えさせていただきます。平成20年9月15日現在、26市の調査をしております。そうした中でも19市が資格証を交付している状況でございます。稲城市では82世帯に資格証を交付しておりますが、子供のいる世帯についてはゼロでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 現状はそういうことで、稲城市では子供の無保険という状態は今ないということです。ただ、可能性としては、先ほどから言っているように、乳幼児を除いて、それから小中学生で言えば医療費の助成制度の対象になっている人を除いて、その可能性があるという状態にあると思うのです。今市長もおっしゃったように、悪質な滞納者の問題は、給食費と一緒で、ほかの人が負担しなければならないということを助長していいのかということがあるわけです。そこで、都政新報の11月25日号を見ると、資格証明書の交付基準の見直しという記事で、町田市が国保の滞納世帯減も期待して新しい取り組みを始めたということが書かれているのです。町田市では、12月1日から、滞納している分を分割で支払うなどの誓約書を提出した世帯の中学生以下の子供に対しては短期保険証の交付を行うという形で対応していくことを決めたということなのです。稲城市でも、機械的には出さないとか、いろいろ対応されているという点については理解しているところでありますが、今問題になっている悪質な滞納者という人たちは、幾ら言っても払わないわけです。払わない人は、子供がどうであろうと、払わないものは払わない。一定の収入はあるだろうということになっている人には、逆に言えば、資格証を出しても払わないという問題を抱えるということで、市町村としてはそれは大変なことであると思うのです。そこで、町田市などの考え方は、滞納分を分割で支払うという誓約書を提出することで中学生以下の子供には短期保険証を出すことで、子供のいる滞納者の人たちの納付相談などをきめ細かく行って納税率アップにつなげていくという考え方に立てば、全く幾ら言っても払わないという状況を改善する。それから、先ほどから言っているように、子供には責任のないことですから、少なくともこうしたお子さんのいる世帯については、こうした対応が今求められていると思うのです。ですから、今稲城市には実際にはいないのですけれども、基本的にはそういう対応をしていくというスタンスに立つ必要があると思うわけですが、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 町田市の例で御質問等ございましたけれども、町田市等に比べまして稲城市は、資格証明書を発行する前に滞納者と接触を図る取り組みということにつきましては非常にきめ細かくやっております。調査が来ておりまして、その中で見ましても、稲城市では町田市と比べまして本当にきめ細かな対応をしていると感じています。稲城市におきましても、滞納等があっても、相談に必ず来ていただければ、そういった段階で短期証に切りかえているという実態がございます。ですから、先ほどの答弁にもございましたけれども、相談等にも応じていただけない、特に著しく不誠実、そして相当な収入もある、そういった方たちに対しての資格証明書の発行ということであって、相談に来ていただければ短期証に切りかえているという実態がございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) では次にいきます。関連しますが、(2)、命にかかわる資格証明書の発行は、そもそも行うべきではないと考えますが、市の考えをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 稲城市における資格証明書の交付につきましては、長期滞納者のうち、相当な収入があるにもかかわらず相談等にも応じていただけない著しく不誠実な被保険者に限定して行ってきております。今後も、資格証明書の発行につきましては、機械的な交付とならないよう、個別の世帯の事情等に配慮しつつ、誠実に納税義務を果たしている被保険者に滞納分の負担を課すことがないよう、被保険者間の負担の公平を図る観点から、引き続き取り組んでまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) 私たちは、命にかかわる問題として、その発行を行うべきではないということを一貫して言ってきましたが、これ自身は2000年以来の国の制度でもあるわけです。聞きたいのは、先ほどの答弁では稲城市は82世帯に資格証を出しているということだったと思うのですが、先ほどの都政新報を見ると、多摩26市の中で稲城市と同様の世帯数の中で比べてみると、例えば稲城市は83世帯ですが、類似の市で見ると、国立市は23世帯、福生市は22世帯、清瀬市は12世帯、武蔵村山市はゼロ、あきる野市もゼロということで、似たような世帯数のところでは80といった数字はないのです。機械的に対応しない、それから相談をきめ細かく行うということをおっしゃられていて、稲城市の場合は、4年は出さないとか、いろいろやっているとは思うのですが、それでも他市に比べると多いと思うのです。そういうことで、命にかかわる問題としてどうなのか、それからその数が多いと思うのですが、その辺は市ではどう見ているのかということについてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 生活環境部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 生活環境部長(福島英朗君) 他市に比べて稲城市がちょっと多いというお話でございました。今の中では、あきる野市とか武蔵村山市、東大和市などは、そもそも資格証を発行していないという状況があると思っております。そして、先ほど例が出た国立市が22ということでございましたけれども、稲城市と同程度の人口の市に対して稲城市は多いのではないかということで、結果としてはそうなっておりますけれども、これは結果ということでございまして、稲城市のやり方ではこのような結果になってしまったということでお答えさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) この問題は、後期高齢者医療制度でも資格証明書がこれからさらにまた問題になってきて、先ほどおっしゃられていましたが、相当な収入とか、悪質な場合とか、政府のほうでもそういう一定の歯どめをかける、厳格化するということもされてきていると思いますので、引き続き少なくともその辺は他市の状況を見ながら取り組んで、慎重に対応してもらいたいと思います。
 大項目4、小中学生の医療費の無料化についてであります。
 (1)、この間、東京都は小中学生の医療費無料化に向け、一歩前進となる通院費1回につき自己負担200円、入院費は自己負担なしという提案をしています。このことについて、市の認識と姿勢をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 義務教育就学児医療費助成事業における通院での一部負担金につきましては、医療保険制度の相互扶助の考え方や、小児医療現場の厳しい状況にも配慮しながら、将来にわたり安定的で持続可能な医療費助成制度とすること、また真に医療を必要とする人の受診抑制とならない範囲として、200円を東京都が設定したことは理解しているところです。今後、東京都市長会と東京都との協議を重ね、共通認識を形成した上で実施されるものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) それでは、市として取り組む姿勢について確認しておきたいのと、それから都や市の負担の関係はどのようになっているのかについてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 都と市の負担の関係でございますけれども、補助率は2分の1ということになっておりますが、これは通院医療に係る一部負担金を除いた額を東京都と市で2分の1ずつ負担するということでございます。
 それから、取り組み姿勢でございますけれども、今回、この制度案に関しまして、市長会から東京都に対しまして緊急要望を提出しております。今後、補助率の引き上げなど、財政問題が主な協議事項になるかと思いますけれども、引き続き26市で連携をとりながら協議を見守ってまいりたいと考えております。導入についての取り組み姿勢としましては、基本的には東京都の助成内容に合わせて実施したいと考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) (2)、小中学生の医療費無料化実現に向けた市の基本姿勢についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 義務教育就学児医療費助成事業につきましては、引き続き協議すべき事項が残っておりますが、基本的には東京都の助成内容に合わせ実施していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 岡田君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 3番(岡田まなぶ君) ぜひしっかりお願いしたいということで、私の質問を終わります。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、3番、岡田まなぶ君の一般質問は終わりました。
 暫時休憩いたします。
                               午後2時25分 休憩
  ─────────────────────────────────────────
                               午後2時40分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 通告の15番、中村みほこさんの一般質問を許します。13番、中村みほこさん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 本日は、大きな項目3つについて順次質問させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 第1、高齢者が安心して在宅で療養・介護ができる環境整備についてということで伺ってまいります。平成21年度から平成23年度までの第4期稲城市介護保険事業計画の策定が進められているところでございます。少子・高齢化とともに介護を家族で支えることが困難になる状況に対応するためにスタートした介護保険創設時の介護の社会化の理念は今大きく揺らぎ、そして地域や在宅での生活支援にまた家族を組み込もうとしています。しかし、核家族化の増加に伴い、社会全体で高齢者の介護を支え、自立した生活を支援する環境整備をすき間なく着実に進めていくことが重要であります。
 (1)、医師のチーム医療で在宅医療を支える仕組みづくりについて伺ってまいります。今かかりつけ医を推進しておりますけれども、たった1人の医師が24時間対応する在宅医療の診療所の運営は、どう考えてもとても困難であります。診療所を持っている医師が集まってチームをつくり、メンバー同士が相互に情報交換しながら、在宅での終末期に対応していく体制が必要だと思いますけれども、市の考えをお伺いしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 市では、住みなれた地域で安心して暮らせるよう、かかりつけ医制度を充実させ、往診などをする医療機関をふやすことが重要であると考えており、引き続き訪問診療を推進していくための方策について医師会と協議していきたいと考えているところでございます。チームをつくって在宅医療に取り組むことにつきましては、さきの一般質問でお答えしたとおり、現在、都民が身近な地域で安心して在宅療養生活を送ることができるよう、地域の医療機関や訪問看護ステーション、ケアマネジャーなどによる在宅医療ネットワークの構築に向けて、モデル事業を実施しておりますので、本事業の結果なども今後参考にしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 今、2008年、2009年ということで、墨田区と豊島区、国立市などでもこのモデル事業に取り組んでいるということです。それぞれ少しずつ事業のやり方が違うようですけれども、稲城市の中でもしっかりと前もって考えていかなくてはならないだろうと思うのです。どうしてかといいますと、実際に連携するときに一番必要なのは、まず連携する顔をしっかりと覚え、そして信頼関係をつくっておく。そのためには、実際に事業が始まったからさてやりましょうというわけにはいかないと思うのです。まずしっかりと時間をかけて信頼関係をつくっていっていかなくては始まらないだろうと思うのです。そこで、訪問診療の推進について、今この医師会との話はどこまで進んでいるのか。その辺について、また在宅療養支援診療所は稲城市にもあるとは伺っておりますけれども、現在はどのようなシステムで運営されているのか。在宅療養支援診療所は24時間対応ということにはなっておりますが、実態を教えていただきたいと思います。
 さて、このチーム医療については、私は2007年──昨年の第2回定例会でも提案してまいりました。診診連携、病診連携、そしてグループ診療を行っているという長崎在宅ドクターネットのことについて紹介させていただいたところなのですけれども、1人の在宅患者を主治医と副主治医で連携しながら受け持っている。それで何とか24時間の緊急の対応が可能になる。そして、眼科とか精神科、皮膚科などの専門医が協力医となってそのバックアップをする。連携の病院がしっかりとその周りについてバックアップもして、負担を軽減していく。そして、医療の質も向上するだろうということで、連携しながらこれに参加する医師がどんどんふえてきているという状態でありました。
 ふだんから、ケアマネジャーやヘルパーの方、訪問看護師や栄養士などとも連携しながら情報を密にとっている。この情報を密にとるということが、信頼関係をしっかりと持って、そして責任を持って自分の分野を担当できるということではないかと思うのです。そのためにはそれなりの時間も必要だろうと思います。こういった開業医の方々の相互の協力体制、意識改革は、稲城市でも必要だろうと思っています。在宅ケアをしっかりと支えていくためには、医師を初めとして、看護師、またリハビリ職の方々、さまざまな医療・福祉職の方々のチームプレーが一番基本であります。かかりつけ医以外にも、複数の専門医の方々で1人の患者を診ていくという連携が必要になってまいります。高齢になると、たった一つの病院にかかれば済むということではなくて、いろいな器官がいろいろなところで悪くなってくるということもあるかと思います。そういった専門医の方々との連携が必要です。そして、今第4期介護保険事業計画も策定に向かっておりますので、モデル事業の結果をまつまでもなく、稲城市の医師会として、今後の稲城市の在宅ケアは、どのような取り組みを目指していらっしゃるのか、その考え方を伺っていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、在宅医療にかかわります医師の確保につきましては、稲城市医師会にお願いしてきたという経緯がございます。そして現在、在宅診療実施医療機関は市内で12の医療機関となっております。在宅療養診療所の運営につきましては、あくまでも個人の診療所ですので、患者とのかかわり、すなわちかかりつけ医と患者の関係の中での対応・取り組みとなると考えております。
 それから、在宅診療支援診療所のシステムといいますか、実態についてでございますけれども、市内には在宅診療支援診療所は1カ所ございまして、これはあいクリニック平尾でございます。そこでの状況でございますけれども、まず対象者は通院困難な方としておりまして、内科全般の定期往診をするということで、訪問診療が専門のクリニックとなっております。かかりつけ医患者に対しましては24時間対応をしているといった状況でございます。
 それから、医師会の取り組みといいますか、連携の関係でございますけれども、これは従来から申し上げていますように、在宅ケアを充実させるためには、かかりつけ医を各個人で持っていただくこと、それを充実させることが大切だと思っております。そして、必要に応じまして病診連携あるいは病病連携の中で複数の医師にかかっていただくというのが、かかりつけ医としても比較的負担が軽くなるのではないかと考えております。それから、医師会の今後の取り組みについては伺っておりませんけれども、先ほど申し上げました、現在行っている東京都のモデル事業は各地区の医師会または医療機関が実施しているものでございます。医療機関関係者がみずから在宅医療の支援体制の構築について協議しておりますので、稲城市医師会にとりましてもその結果には参考になるものがあるのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 在宅療養支援診療所は、たった一つのところがこれをやるというのはとても大変だろうと思っています。あいクリニック平尾は、とても大きないろいろな事業を興していらっしゃって、それでこういったこともできるのだろうと、実際に講演をお聞きしましてそのように感じました。すべてのところがあいクリニック平尾のようにはいかないだろうとは思っています。ですから、それぞれの医師の方々が横の連携をしっかりとっていっていただきたいと思っています。今伺ったところによると、まだ一歩も二歩も進んでいないような気がいたします。これから市内の中での横のつながりをもうちょっと密につくっていっていただきたいと思います。医師会には市立病院もしっかり入っていらっしゃるということで、これは大変期待しているところであります。市立病院がしっかりそこの中の核として連携していっていただければ、稲城市の中でも一つ大きなしっかりとしたものができるのだろうと期待しておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 さて、(2)に移りたいと思います。ひとり世帯や老老世帯が安心して暮らすための保険・医療・福祉サービスの環境整備についてであります。厚生労働省の調査では、2007年在宅介護の3分の1が、70歳以上の高齢者が介護している老老介護である。在宅ケアというのは、ケアする家族にもケアが必要、本当にこのままの状態であると私も思います。そのために、環境整備には時間がかかります。しっかりと考えていかなくてはならないと思いますので、その点について伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者が地域で安心して暮らし続けることができるように進めることは重要であり、ひとり暮らし高齢者や高齢者のみ世帯であっても同様でございます。このため、国では、安心と希望の介護ビジョンで将来の方向性を明らかにしたほか、市でも高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画を策定し、方向性を明らかにしているところでございます。現在、平成21年度から平成23年度までの第4期介護保険事業計画を策定中であり、この中で高齢者のための保健、医療及び福祉の一体的な基盤としての介護サービス施策の方向性を示し、しっかりと具体化してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 平成21年度からの介護保険事業計画でありますから、その中でしっかりと具体化して示していただきたいと思います。実際にこの高齢化は進んでいるわけで、稲城市の中は全体的に若いといいましても、今いる高齢者の方は着実に高齢化しているということであります。日常の生活への手助けがあれば在宅でも何とか生活ができるという高齢者は、これからますますふえてまいります。栄養のバランスを考えた食事、また掃除とか洗濯、散歩、日常の基本的な動作といったものの手助けが必要になったりしてくるのだと思うのです。70歳以上の方々の生活を考えると、例えば、元気であっても90歳近かったり、その方がもしかして70歳くらいの子供の方を見ていらっしゃるということもあるかもしれないということを考えますと、同居しているからといって、その高齢の方がもうお一方の介護をする、あるいはまた掃除、洗濯、日常の世話をするということはなかなか難しい。自分だけならやっと生活できるが2人となるとという方もいらっしゃるかと思います。しかし、2人でいるからなかなか援助が受けられないということもあるかと思います。そういった方々がこれからふえてくるということであります。身体的に御不自由になっていらっしゃる高齢者、そこへきてお連れ合いが認知症になってしまった。そして、独居ではないからということで、その身の回りの世話を身体的に御不自由な方が何とか見ていらっしゃる。こういったことも実際にあると伺っております。本当に地域包括支援センターの方々は御苦労されていて、何をしてあげたらいいのか、どこまでやってあげたらいいのか、行き詰まってしまう、こういったお話も伺ってまいりました。介護保険では賄えない家事援助といったものは、お金がある家庭は、いろいろなサービスを受けることができます。しかし、そうではない家庭も世帯もあるということを考えていかなくてはなりません。この家事援助の不足から、施設入所を希望する方も全体的にふえてきていると伺っております。日本全国でも高齢化が進むとともに、入所しなければ生きていけない、そういった希望者がふえてきているということであります。地域の中での見守りといったものもしっかりと含めて、在宅生活をどのように支援していったら本当に地域の中で暮らすことができるのか、実際に考えていかなくてはなりません。
 そしてもう一つ、将来の施設建設をどの程度見込んでいらっしゃるのか。第4期介護保険事業計画の中でしっかり具体化していくということでありましたけれども、この点についてはどう考えていらっしゃるのか。高齢者のマックス人口は稲城市の中でも少しずつ変化しておりますけれども、施設整備計画では、この人口を大体どの程度と考えていらっしゃるのか。そして、施設整備に係る保険料の算定のところもどのように考えていらっしゃるのか。大体高齢者の方々の何%を稲城市の中の施設で何とか賄っていけるという計画を立てていらっしゃるのかということについて伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず最初の見守り、それから在宅生活の支援についてでございますけれども、ひとり暮らし高齢者や高齢者のみ世帯の方に対しましては、現在、友愛訪問員制度あるいはふれあい電話による見守りを行っております。そのほか、緊急通報システムあるいは救急医療届出制度により、万一の場合に備えて安心の提供を行っているところでございます。また、お話しいただきましたように、地域包括支援センターや在宅介護支援センターが地域の総合相談窓口として機能しております。保健・医療・福祉・介護に関するさまざまな相談を初め、生活に関する情報提供などにも応じております。また、巡回相談や訪問も行っております。さらには、状況に応じまして生活支援サービスの紹介や介護の申請なども行っておりますので、現在、幅広い支援ができていると考えております。今後ともぜひ利用していただきたいと思っております。
 それと、施設についての考え方ですけれども、市が介護保険事業計画で施設のサービス料を見込んでおりますけれども、これは施設を利用する人の数でございまして、施設の建設とは別な話でございます。利用者の推計としましては、特別養護老人ホームなどの介護保険施設につきましては施設の関係もありましてほぼ横ばい状態、それから、正式な意味での介護保険施設ではありませんけれども、有料老人ホームなどの居住系の施設につきましては今後毎年20%〜25%程度ふえていくのではないかと考えております。それから、施設利用に係る保険料の額は、現在算出しておりませんけれども、今後見込んでいます介護給付費の約44%が施設サービスでございます。先ほどの有料老人ホームと合わせますと、これは54%近くまでふえるということでございますので、そういうことから考えますと、保険料4,400円のうちの先ほど言いました率、施設で言いますと44%、これで言いますと1,900円相当ぐらいがとられているのかとは考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 今、有料老人ホームの居住系として、年20〜25%増でいくだろということであります。有料といいますと、お金のある方だったら入れるかというところです。そういった資金のない方は、入れるところがなければ、在宅でいつまで暮らしていけるのか。あるいは独居の場合、本当にひとりで暮らせなくなってしまった、あるいは、この後認知症のことについても伺ってまいりますけれども、認知症でだれかの手をかりなければいけなくなったときにどういった策があるのか、このこともしっかりと考えておかなくてはならないと思っています。これは本当にだれということではなくて、もしかして自分がそうなるかもしれないということを考えながら、計画をしっかりと見込んでいかなくてはならないかと思っています。この保険料は、今伺いますと、有料も含めて大体1,900円ぐらいに当たるだろうという算定をしていらっしゃるということなのですが、こういったことを市民の方々にしっかりと理解していただくことが必要だろうと思うのです。私たちの払っている介護保険料について、では施設に将来は入りたいと思っていらっしゃる方々がいるかもしれない。そういった方々が、自分の払っている保険料の中で大体これくらいを整備に使うのだったら、しようがない、払おうではないかと思っていただけるかどうか。その見込みとしてこの算定が本当に理解を得られるものかどうかということをしっかりと計画の中で見せていくことが必要ではないかと思うのです。もっともっとお金を払ってもいいから施設をつくってと言われるのか、そうではなくて、在宅で何とか地域の中で暮らしていくための地域づくりをもっと核にして、保険料を安くしてほしいと思っていらっしゃるのか。これ市民の意見を聞いていくしかないだろうと思います。まずお金ありき、施設ありきということではなく、その辺の合意を得ていく必要があるのではないかと思っています。3年ごとの介護保険事業計画の見直しですから、先々この点についてもしっかりと市民の中で議論して、同意を得ていっていただきたいと思っています。
 それで、実は昨日、なごみの家に伺いました。1周年記念で、NPO法人の認可がいただけたということであります。こちらの方々は、地域の中で安心して楽しんで老後を送れるような自分たちの居場所をつくっていきたいということで立ち上げられて1周年を迎えたということでありました。私は議員になってずっと再三、居場所をつくるべきだということを申し上げてまいりました。福祉的なサービスのすき間を少しでもなくしていくために、こういった地域の方々の活動というものもしっかりこの計画の中で見込んでいくということも必要ではないかと思っているのです。楽しみに出かけている場がある。地域の人たちが今は週に1回か2回、2時間か2時間半ぐらいやっていらっしゃるだけなのですけれども、本当に多くの方が集まって楽しんでいらっしゃる。この中にはちょっと認知症が出てきたかと思われる方もいらっしゃるし、本当に元気な方々が集まって、自分たちで楽しんでいらっしゃる。そして、もしこの方々が後々介護を受けなければならないような状態になっても、きっとここへはいらっしゃるのだろうと感じてまいりました。いつまでも元気に暮らし続ける秘訣は、地域の中に出かけていくところがあるということだと思うのです。地域の中で週に1回でも2回でも自分で楽しんで出かけていこうという場所があるということが、元気に暮らし続ける秘訣だろうと思います。
 武蔵野市ではテンミリオンハウス、これはもう8年前くらいですか、立ち上がっています。これも、地域の使わなくなった一軒家とか、いろいろな部屋を借りて、改装費は市が払う。そして、地域の方々が居場所としていろいろな使い方をしていらっしゃる。もちろん子供たちも集まれる。お年寄りも集まれる。こういったことで、地域の中で暮らし続ける場所ということで、介護保険を使っているところもあれば、そうでないところもある。さまざまなところを市がバックアップして、そしてそういった場所も提供する、あるいは見つけてくる、あるいは広報で集めるといった努力もしているところであります。だんだんと広がってきたということでありますけれども、そういった地域の中での資源を使って進めていく。ただただ新しい施設をつくるということではなく、そういった地域の資源と地域の力を使う、そしてそれがコミュニティーをつくることにもなる、そして元気の源にもなるということであります。そういうことについても、福祉サービスの環境整備ということで考えますと、すき間を埋めていく。そういったものを市民の活動としてしっかりと支援していくような活動のあり方も、計画の中に盛り込んでいくべきだろうと思うのですが、その点について伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず最初に、先ほど1,900円程度と申し上げましたのは、特別養護老人ホーム・老人保健施設・病床群の介護保険3施設の話でございまして、それだけでも4,400円の中で1,900円もかかってしまいますという意味で、施設入所者が多ければ、それだけ保険料がかかりますという意味で申し上げました。
 それから、今お話しいただいたなごみの家の状況はよくわかっていないのですが、武蔵野市のテンミリオンハウスの話もございました。武蔵野市のテンミリオンハウスといいますのは、地域の住民や福祉団体に対しまして、市が年間1,000万円の補助を出してショートステイやデイサービスを実施するというもので、そこからテンミリオンという名前がついているのですけれども、稲城市ではなかなかそういう財源がない状況でございますので、このような制度は難しいだろうと考えております。そういう中で、高齢者の居場所的な話ですけれども、稲城市ではそれにかわるものはどちらかといいますと、ふれあいセンターかと思っております。現在6カ所ございますけれども、これはぜひ活用していただきたいと思います。そういう中で、今後のあり方を考えますと、介護保険の中でも小規模多機能型などを準備していきまして、ふだんは通いを中心としながらであっても、場合によっては訪問あるいはショートステイを利用できるなど、幅広い利用が可能な施設を考えていくことも必要ではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) (3)に移ります。地域の中でのみとり対応について伺ってまいります。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢期になると、生活上の問題と医療的な問題はより密接な関係になってきますので、在宅医療を担うかかりつけ医は、医療問題について生活と切り離すことなく相談できるとともに、対応可能な医療の提供者として、重要な役割を果たしています。しかしながら、かかりつけ医が終末期における在宅医療を行う場合は、余命の予測が困難な中で最善の治療を行うことから、在宅医療を継続するのか、あるいは入院治療に切りかえるのかの判断を、患者と家族の気持ちを理解しながら行うことも必要となるなど、終末期医療のあり方には多くの課題もありますので、地域におけるみとりについては、かかりつけ医の課題と考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) かかりつけ医の課題、もちろんそうです。お医者様がどのように対応されるのか、また当事者の方々、家族の方々がどのように迎えようとされるのかということだと思います。稲城市の医師会として、在宅でのみとりについてはどのような見解をお持ちなのか。もし、例えば自宅で最期を迎えさせてあげたいと判断された方がいらっしゃったとしたら、自分がかかりつけ医であるということを考えれば、それは覚悟しておかなくてはならないことかと思うのですけれども、実際にそれを受けることができるのかどうか。かかりつけ医の課題ということでしたけれども、医師会としてはどういう見解をお持ちなのか、伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 最終的には医師の判断として出てきますけれども、在宅療養の難しさがありますので、東京都はここで在宅医療の一層の充実を図るということで、その実施方法や関係制度などについて解説しました在宅医療実践ガイドブックを作成しまして、医療関係者に配付して、在宅医療の充実に努めておりますので、これについては我々も期待しているところでございます。稲城市の医師会におきましては、先ほど言いましたように、現在12の医療機関が在宅診療を行っておりますが、そのみとりに対する対応につきましては、個々の医師の判断になりますので、医師会としての判断は持っていないと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 昨年、私は長野県へ行きまして、どこで家族をみとるかということについて、いろいろと講演なども聞いてまいりました。実際に、自分のお母様が、居場所と言われているそういった小規模多機能のところへ毎日出かけていく。ぐあいが悪くなってしまって病院へ行ったけれども、家に帰りたい、家で最期を迎えたいとお母様はおっしゃるけれども、それを見ていらっしゃるたった1人の息子さんは、とても怖くて1人では見てあげられない。そういった方もたくさんいらっしゃるかと思うのです。実際に稲城市の中で私などもいろいろなところへ訪ねてまいりますが、息子さんがお母様と暮らしていらっしゃるという方は結構いらっしゃるのです。そのまだまだ働き盛りの息子さんが高齢のお母様をみとるときに、たった1人で家の中でみとるということは大変つらいだろうと私も思います。そんなときに、毎日デイサービスに伺っていた場所で最期を迎えさせてあげたい。そこの方もそうしてあげたいということで、最期までその場所でみとったということでした。そういうお話を伺っていると、周りには子供たちもいて、毎日一緒に過ごしているデイサービスの方々もいて、一緒に最期をみとることができたということでありました。そこを運営していらっしゃる方は、看護師であったということで、そういう資格も持っていらっしゃる、また在宅の巡回をしていらっしゃる先生の指導も受けていらっしゃるということで、実際にそういうことが可能であるということでありました。状況によっては問題が起きることもあるかと思いますけれども、そういった最後の迎え方をできる。本当にそれが地域の中で一緒に暮らすということかと私は思いました。
 ですから、このみとりということについては、病院の中でいろいろな管につながれながら最期を迎えたいか、あるいは静かに自宅で迎えたいか、私たちもしっかりと考えていかなくてはならないのですけれども、それを受け入れる体制というものをしっかりと考えていっていただきたい。そのためには、医師会への働きかけもして、もし望んだときにどうするかというところをしっかりと考えていっていただきたいと思うのですが、今伺いました実践ガイドブックといったものを私たちも目にすることができるのでしょうか。お医者様だけが持っていらっしゃるのか。あるいはどのような体制だったらそういった最期の迎え方ができるのかということを知りたいと思った市民の方々もこういったものを心構えとして拝見することができるのか、伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) ガイドブックにつきましては、ページ数からいうと200ページぐらいになりますか、非常に厚いちゃんとした本なのです。これは、東京都でつくりまして、広く医師会とか医療関係者に配付したとは聞いておりますが、一般向けにはどうなっているかというのは確認できておりません。今後確認してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ありがとうございます。
 (4)、市民全体で認知症ケアのスキルアップを図ることについて伺ってまいります。認知症は、できるだけなじんだ生活を続け、穏やかに暮らしていくことがいいと言われております。地域住民の理解と協力が不可欠であります。大人はもちろん、子供を含めて、認知症の方と交流しながら、正しい対応のあり方を学ぶ機会というものが必要ではないかと思っています。
 先ごろの厚生労働省の研究班の推計を見ますと、全体の認知症高齢者は、2005年は205万人、それが30年後の2035年になりますと2.2倍の445万人になるということであります。お年寄りの8人に1人がかかる病気ということで、この推計では、身体的に元気な動ける認知症の方、こういった患者さんが2002年には25万人、このうちの約6割は在宅でいらっしゃるということだそうです。2002年の計算ですから、もうちょっとふえているかとは思いますが、また自立度2よりも重度の認知症高齢者149万人のうちの73万人が在宅でいらっしゃる。今後さらにこれはふえてくるということであります。認知症に伴う行動障害は、さまざまありますけれども、適切な薬を飲むことで緩和される、また介護の仕方によって行動や症状は改善されるということが知られてまいりました。しかし、認知症になっているということに家族でも気づかない場合がある。そして本人にも自覚がない。そういった場合に、少しおかしいから何とか病院へ連れていきたいと思ったときに、本人が病院を嫌がる。これは私なども経験したことでありますけれども、本当に困ってしまう。受診するまでに数年かかるという方もいらっしゃる。そうするとどんどん進んでしまうということになります。今後、高齢者の夫婦のみの家庭あるいは独居の方がふえてくれば、ますます発見がおくれるということになりかねません。そういったときにどうしていくのか。正しい対応を本人や家族だけでなく地域の方々も一緒に考えていかなくてはならないだろうと思います。市の考えをお伺いしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 超高齢者社会の進展とともに、近い将来には地域で認知症高齢者が多く見かけられるようになるものと予想されています。こうしたことから、子供から大人まで、一般市民の認知症高齢者に対する基本知識が普及啓発されることが必要であると思われます。このため、まず専門性の高い認知症ケアの専門研修を介護職が受講するほか、多くの一般市民や市職員が認知症サポーターとなって、認知症の普及啓発を行うことが重要であると考えております。市では、認知症グループホームにおける市民との交流を支援するほか、独自の中学生向け副読本の配布など、引き続き取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 認知症サポーターですが、実際に多摩市の諏訪地区では、高齢化率が22%ということで、2年前から都のモデル地区に指定されてやっているということでした。認知症高齢者を支えるネットワークづくりということで、気づきのポイントとか、声のかけ方、警察に通報して保護されるまでを模擬訓練としてやっていらっしゃるということでありました。私は、一昨年、大牟田市の事例を紹介したことがございます。徘徊してしまったお年寄りを中学生の方々がみんなで協力して探していくような活動をしていたり、あるいは包括支援センターの方々が学校へ行って、ロールプレイということで、認知症の方々について、どういう対応の仕方をしたらいいかといったことを教えていく。そのような学校とのかかわりもつくっていらっしゃるということを紹介しました。この認知症サポーターの養成の現状について、稲城市ではどうなっているのかということを伺ってまいります。
 そしてもう一つ、中学生向けの副読本の効果です。私も見せていただきました。職員の方が一生懸命つくられて、本当にありがたいと思っています。せっかく一生懸命つくっていただいて、これをどのように使っていらっしゃるのか。ただ配布するだけなのか。このところ、二世代住宅も稲城の中で結構ふえてきているのです。私はニュータウンですけれども、新しいところには二世代住宅がたくさん建っていて、そして二世代で住んでいらっしゃるのをお見受けします。そうすると、自分のおばあちゃん、おじいちゃんといった方が数年後になったら認知症にということもあるかもしれない。その対応を考えていかなくてはならないという場面もあるかと思います。そういったときにしっかりとした対応の仕方を知らなければ、間違った対応をするとどんどん進んでしまう、ストレスがたまってしまうということもあり得ます。そういったことのためにこの副読本をつくられたのだと思っております。この副読本の効果、あるいはまた、総合学習で認知症サポーターを迎えて一緒に学習したり施設訪問など、机上の学習だけではなくて、直接触れ合って、そして感じていただく、このことが子供たちにとっては一番いいことではないかと私は思っています。理解を深めるには一番の、触れ合うことが不可欠ではないかと思っています。この点について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、認知症サポーターについては、これは本年度より養成を開始したところでございますけれども、現在4回の養成研修会が修了しまして、109名が受講済みとなっております。それから、副読本につきましては、中学生向きということで、挿絵を入れたり、物語風にわかりやすく作成しておりますので、その効果というのは今は何とも言えないのですが、広く理解されたと考えておりまして、普及啓発には役立ったと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひこれからも、いろいろなそういった効果的なものを研究しながら進めていっていただければと思います。
 次にまいります。実際の公的なサービスでは足りない部分があるかと思うのです。地域の中でどのように足りない部分をカバーしていくか。この認知症になった方々の理解を深める、そして接し方を学ぶ、またいろいろな対応を実際にやっていかなくてはならなくなるわけです。愛知県の東海市では、NPO法人のハート・トゥ・ハートというところが認知症の方の買い物セーフティーネットというのをつくって、商店やスーパーに配布したということなのです。それはお店の中で認知症の方によくある事例を知ってもらうために、トラブル例をDVDや冊子にまとめたものです。いろいろなものを触ってみたり、破ってみたり、つぶしてみたりということがあるので、こういうことについて、認知症です、わかってくださいということで対応のやり方を知っていただく。そういったものをつくって配布したということであります。また兵庫県では、1993年から始まった認知症高齢者を対象にした野外行事シニアキャンプといったものをやっているところがある。そして、認知症を社会の方に理解してもらう、一緒に触れ合っていただくといったことを高齢社会の地域のコミュニティーづくりになるのだということで進めていらっしゃる自治体があるということです。昨年始めたという神奈川県の南足柄市では、県立の保健福祉事務所と6つの自治体、市と町、各社会福祉協議会でつくる実行委員会が企画運営して、シニアキャンプというものをやったということです。ことしは、グループホームなど7カ所の施設から中程度の方を16人、高校生や住民ボランティアといった方々が100人も集まって日帰りキャンプを開催した。そして、認知症ということの理解を深めていただく。それぞれの地域で工夫をしながら、一生懸命認知症のことについての理解を深めてもらおうということでやっていらっしゃるということであります。
 さて、家族がいても不適切な対応で症状が悪化するということがあると申しましたけれども、症状が進行してしまうと、家族の中でも孤立してしまうということがあります。そういった認知症の患者の方に対する地域の人たちの気づきということも必要ではないかと思うのです。そうすると、地域の人たちにも理解していただかなくてはいけない。それが早期発見につながるということであります。そして、専門医につなげていくこと。専門医でなければ、なかなか理解してもらえなくて、認知症だという判断ができなくて、何年も過ぎてしまったという例もあると伺っています。適切な専門治療、そして介護が受けられるようにしておくこと、また地域の見守りとどのように連携していくのか、こういったこともしっかりと考えていかなくてはならない。介護保険の計画の中にもいつもこの地域ケア体制づくりというのは図柄でかかれておりますけれども、実際にどのように具体的に体制づくりを進めていくのか、その辺についても伺ってまいります。
 そしてもう一つ、面倒を見てくれるような家族もいない独居の高齢者は、認知症になった場合には、さて稲城市の中ではどういう支援をしていくのか。独居の方々の認知症のことは、これから本当にじっくりと対応を考えておかなければならない問題です。今後増加が見込まれます。どのように対応していくのか、そういった計画があるのか、ないのか、その辺について伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず見守りの関係でございますけれども、市でせっかく認知症サポーターを養成したわけですので、これはさらなるスキルアップを期待していますので、引き続き学習の場を設けるなどして充実させていきたいと思います。それから、接する機会の話がございましたけれども、市では、認知症の介護予防事業などもやっておりますので、ぜひそういうところに協力員として参加していただくなりすれば、状況はある程度わかってくるのかと考えております。
 それと、地域でのケア体制づくりということですけれども、今お話しいただきましたように、高齢者見守り支援ネットワークを構築しておりまして、地域包括支援センターあるいは在宅介護支援センターの職員による巡回相談などを行っておりますけれども、体制としましては、そのほか、見守り協力員あるいは見守り協力機関、これらの方の力をおかりしまして声かけ・見守りなどの定期的な安否確認も行っているところでございます。
 それから、2点目の今後の計画ということですけれども、認知症高齢者は今後稲城市でもふえてくると考えております。第4期介護保険事業計画の中でも、1施設分といいますか、増を見込んでおりますが、今後それに対応するには、グループホームの整備が重要だろうと思います。しかしながら、計画的につくりまして、市民が入れるようにすることが必要ですので、市内における認知症患者の状況等を見きわめながら今後計画の中で判断していくことになろうかと思いますが、いずれにしましてもグループホーム等の整備は今後必要になってくるだろうと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) (5)に移ります。地域の中での高齢者情報の共有について伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市の高齢者福祉において整備している75歳以上のひとり暮らし及び高齢者のみ世帯の基本情報は、氏名、性別、生年月日、電話番号、家族構成、緊急連絡者氏名、その続柄、住所、電話番号、親族の状況、地域との関係性、外出の頻度、福祉サービスの利用状況、健康状態、疾病の内容、生活上の不安、体調不良や緊急入院などの際の対応方法の希望などでございます。これらの情報については、必要と判断された場合、御本人の希望や御了解を得た上で、地域包括支援センターや在宅介護支援センター、民生児童委員など、一定の守秘義務が課せられている地域の方へ伝えられ、かつ共有され、継続的な見守りがなされております。こうした情報は、本人や家族に関する極めてプライバシーの高いものであることから、特に慎重な取り扱いを行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 個人情報保護ということで、これが余りやり過ぎてしまわないようにといつも危惧するわけなのですけれども、例えば民生児童委員さんは1人当たり何人ぐらい対応していらっしゃるのか、わかるようでしたら教えていただければと思います。
 そしてもう一つ、高齢者の方々自身、災害時など、いざというときの現状のままでの不安というのはないのでしょうか。実際にそういった御相談などは来ていないのでしょうか。その点について伺っておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず民生委員の関係でございますけれども、民生委員は、地区割りで担当区域を決めておりますので、地区によって多少異なりますが、おおむね600世帯を担当していると考えております。
 それから、災害時の不安でございますけれども、高齢者自身が災害時に不安を持っているかどうかといいますのは、家族状況や近所のつき合いなど、高齢者の置かれた状況によって異なるのだろうと思います。市では、高齢者・障害者などで自力で避難が困難な方を対象に、災害時の対応に備えました要援護者市民相互支援ネットワークを構築しておりますので、不安な方はこの制度に登録していただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 地域によって違いますけれども、600世帯というのは、私はこれを聞いて不安だと思いました。
 (6)に移ります。高齢者対応の防災訓練の必要性について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 高齢者は、地域の中で分離して生活しているのではなく、幼児・児童・青少年・壮年などの異なる年代の市民とともに地域で暮らしており、防災訓練などの安全を確保する地域の仕組みづくりにおいては、特に他の市民と一体的に実施されることが必要でございます。このため、市では、高齢者対応の個別の防災訓練を行うのではなく、通常の防災訓練の中に高齢者が多く参加するよう啓発を進めることが有効であると考えております。従来から地域の高齢者施設も地域防災訓練に参加しておりますが、なお一層地域の高齢者の参加が進むよう、啓発・呼びかけに努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 高齢者の施設の方々がやっていらっしゃるのは私も存じているのですけれども、災害の防災訓練へ在宅で介護されている方々の高齢者の参加は実際にあるのでしょうか。それを伺いたいと思います。地域の住民の方々が自分の地域の高齢者を把握するためには、そういった訓練の場で、こういった方もいらっしゃるのだということがわかるほうがいいと思うのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 地域防災訓練では、要援護者の避難誘導訓練としまして、車いすで避難所への搬送訓練を行っております。これは現在は仮想要援護者でその訓練をやっているわけですけれども、過去の防災訓練におきましては、民生委員さんのお力をおかりしまして、実際に地域で車いすを利用している高齢者の方の搬送訓練をしたということはございます。私も毎回出ておりますけれども、最近ではそのような状況にはないということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひその点を今後進めていただきたいと思います。
 次へまいります。母子家庭への支援について。近年、離婚の件数が増加し、非婚による出産も増加しています。全国母子世帯等調査を見てもわかるように、離婚や非婚の出産の前後における問題解決、そして母子の生活の支援など、さまざまなサポートを必要としている女性と子供がふえています。一向に少子化に歯どめをかける施策が打てない状況が続く中で、次の世代を担う子供を懸命に育てている女性たちでもあります。どのような状況になっても子供が健やかに育つという子供の視点に立ち、シングルマザーとその子供たちが生きやすい社会を目指していかなければなりません。シングルマザーの子育ての状況の実態をしっかり把握し、安心して子供との生活を楽しめるよう、社会的偏見のない、子育てしやすい社会環境をつくることが必要です。児童扶養手当の削減や不況など、母子家庭を取り巻く問題は深刻さを増しています。今後の支援体制について伺ってまいります。
 (1)、シングルマザーの暮らし向きや子育ての状況の把握について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子世帯の暮らし向きや子育ての状況につきましては、平成18年度に厚生労働省が実施した全国母子世帯等調査によりますと、母子世帯の困っていることでは、家計のことが最も多く、続いて仕事、住居の順となっております。また、母子世帯の母が抱える子供の悩みについては、進学・教育のことが最も多く、続いてしつけ、就職の順となっております。ひとり親家庭に対する状況把握につきましては、国で3年ごとに実施しています全国母子世帯等調査の結果や、市で毎年実施のひとり親家庭医療費助成制度に係る医療証更新業務の現況届受付時点における要望事項などを参考にするとともに、日ごろの母子相談業務を通して個々の生活状況や子育ての状況を把握し、その世帯の抱えているさまざまな問題に対応した支援や情報提供などを実施しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) あしなが育英会の母子家庭の暮らしぶりの調査で、2月と9月の比較をしてみますと、9割の方が「物価高騰で、半年前よりも生活が苦しくなった」と言っています。就業中の80%のうち約49%はパートやアルバイトであるということで、「手取り額が減った」が24%、「給料のカット、手当の削減があった」が14%となっているのです。実際に現況届受付時点で要望事項があると伺いましたけれども、母子相談で受けている内容にはどのようなものがあるのか、ちょっと教えていただければと思います。
 また、市内の方の経済状況といったことは把握できるものなのかどうか、伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子相談の内容についてでございますけれども、本年9月の相談件数は延べ195件でございました。内容は、生活一般から児童に関すること、経済的なことまでさまざまな内容となっておりますが、多い順に申し上げますと、家庭の紛争に関すること、それから住宅に関すること、福祉資金の貸付償還関係、それと養育に関することなどとなっております。
 それから、経済状況の把握でございますけれども、基本的には来所相談・電話相談による状況把握のみとなっておりますので、母子家庭全体の経済状況につきましては、把握できていない状況でございます。本年9月の相談件数でも、相談件数全体の割合からは生活に関する部分はさほど多くありませんでしたが、平成17年度の国の調査では、母子家庭の平均収入は213万円と多くない状況でございました。その観点からは、ほかと比べますと低いですから、厳しい状況があるのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 国の調査で213万円ということです。厚生労働省の平成18年度の母子世帯調査結果で平均で213万円なのですけれども、就労の収入が平均で173万円、多分これに支援とかいろいろなものがプラスされて213万円になるのかと思っています。実際の状況では、家庭の紛争とか住宅福祉資金といったものが生活の相談には多いということです。
 次に、(2)、相談体制について伺ってまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子家庭の相談は、母子家庭となったさまざまな事情により、その内容は、経済的な問題から子供や仕事の問題、さらに精神面の悩みなど、幅広い内容であると認識しております。市では、平成17年4月より、母子及び寡婦福祉法に定める母子自立支援員1名を配置し、母子家庭が抱える問題を的確に把握し、その解決に必要な助言及び情報提供を行い、自立に向けた総合的な支援を実施してきているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 母子自立支援員の方が1名いらっしゃるということで、この支援員の方の業務内容、相談件数の推移などがわかるようでしたら、教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子自立支援員の業務内容は、母子家庭及び寡婦の相談に応じ、自立に必要な情報提供、相談指導、職業能力の向上、求職活動に関する支援などとなっております。それから相談件数でございますけれども、平成18年度が延べ887件、平成19年度が延べ1,300件、本年度は9月末までで延べ636件となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) どんどんふえている状況があるので、母子家庭も本当に大変な状況にあるのだと思います。
 次に、(3)、就労支援について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子家庭の経済的自立を図る上で就業は大変重要なものであることから、市では、就労に当たり必要な教育訓練を受講した場合の経費の一部を助成しております。また、就労に向けて有利である資格取得を促進し、生活の負担軽減を図るため、資格取得に伴う養成訓練の受講期間のうち一定期間についての訓練促進費の支給や、養成機関への入学時の負担軽減としての一時金の支給を行っております。また、働く意欲のある母子家庭の就労相談に際しては、母子自立支援員が個別に面接を実施し、本人の生活状況や就業への意欲、資格取得の取り組み等についての状況の把握を行うとともに、生活保護の就労支援員と連携し、ハローワークや東京都母子家庭等就業自立支援センター等の就労に向けた講座や就業情報の提供などを行い、母子家庭の自立に向けた就労支援を促進しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 厚労省の発表では、臨時・パートの方の収入が平均して113万円だということです。ほとんどの人が非正規雇用だと伺っていたのですけれども、平成18年度では、全体の49.2%が臨時とかパートで働いていらっしゃるということなのですけれども、この教育訓練受講者の内容、人数とか実際の就労数について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 教育訓練給付金事業でございますけれども、これは、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講し就労した場合、本人が訓練施設に支払った教育訓練経費の一部を助成するというものでございまして、経費の20%、10万円を上限として支給する制度でございます。平成20年度につきましては、今のところこの給付金支給の実績はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 実際に10万円上限で、一部助成ですから、そのほかのお金があれば使えるだろうけれどもというところだと思うのです。もっともっと支援が必要かと思います。
 (4)、子育て支援について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子家庭に対する子育て支援につきましては、財政的支援としまして、各種の手当がございます。国の制度では児童扶養手当、都制度の児童育成手当がございます。また、保育所や学童クラブへの入所に関しましても、母子家庭の児童が優先的に入所できるよう配慮しておりまして、入所基準指数の引き上げを行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 現状といたしまして、児童扶養手当、また児童育成手当の受給者数の推移がわかるようでしたら、教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 児童扶養手当の受給者数の推移でございますけれども、平成18年度が延べ1,188人、平成19年度が延べ1,230人となっております。それから児童育成手当につきましては、平成18年度が延べ1万368人、平成19年度が1万580人となっており、いずれも若干増となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 若干ふえているということです。
 (5)、民間賃貸住宅に居住する場合の家賃助成について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 住宅は、母子家庭が安心して子育てをし就労するための生活上の重要な基盤であることから、居住の安定確保を図ることは、母子家庭の自立を促進する上で必要なことであると認識しています。母子家庭の住宅の相談対応につきましては、今後とも引き続き、都営住宅の優先入居制度など、公営住宅の入居の紹介を行うとともに、東京都母子福祉資金貸付制度の住宅資金や転宅資金の貸し付けについて御案内してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) これまでのいろいろな数字を見てみましても、本当に大変な状況にある、またふえてきているという状況です。一番必要なのは住居だろうと思うのです。先ほどの相談のところでも伺ったように、2番目が住宅のことで、そして3番目が福祉資金制度についてです。私も調べましたけれども、福祉資金制度については、「不満がある」「やや不満」「不満」を合わせて48.6%。これは保証人がいなければ使えない。だから、28.5%は「保証人がいなくて使えない」と言っているわけです。「金額が低い」が21.9%。本当に使いづらい制度である。このことが先ほどの相談というところにも出てくるのではないかと思っています。
 武蔵野市では、こういった民間の賃貸住宅に入るとき、所得制限つきではありますけれども、ひとり親世帯に1万円を限度に家賃助成しているのです。また国立市・東久留米市・東村山市でも同様のこういった制度を持っているということでありました。そのほかに、千代田区では、ひとり親世帯、取り壊しによる転居とか、あとさまざまありますけれども、死別・離別による同居の解消により同区内に転居する場合に一時金と家賃を助成する。あと中野区・練馬区・目黒区といったところで、目黒区などでは、保証人が得られない場合には区が保証人となることができる。こういったこともやっているところがあるということです。これからますます、子供たちを育てながら生きていく。また、働いていても賃金が安い。女性はそれでなくても賃金が安い。こういった中で、職についても、労働についても、本当に差別されているところであります。もっともっと助成を市としても考えていっていただきたいと思います。保証人がいなければ、この福祉資金制度を受けられない。この実績はあるのでしょうか。その実績を伺いたいと思います。それと、使いたくても使えないという人が実際に稲城市にはいたのか、いないのか。そして、その手だてとして何かほかに稲城市として持っていらっしゃるものがあるのか、その点について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 実績でございますけれども、今お話しいただいたような状況があるのかもしれませんけれども、平成18年度に転宅資金の貸し付けが1件ございましたが、その後はない状況でございます。それから、使いたくても使えない人がいるのではないかということでございます。これは保証人の関係からの御質問だと思いますけれども、貸し付けは、あくまでも一時的に貸し付けるものでございますので、その償還金はほかの母子家庭への貸付金の貴重な原資となっておりますので、そういうことからも保証人は必要になっているものと考えております。なお、都営住宅の場合は、母子家庭あるいはひとり親家庭の場合は、当選確率が一般の方の7倍と優遇されておりますので、これらを活用していただきたいと思っておりますので、今後も積極的に紹介してまいりたいと考えております。
 それから、手だての話もございましたけれども、東京都防災建築まちづくりセンターでは、これは高齢者も含めてですけれども、子育て世帯であることを理由に入居を拒まない賃貸住宅の家主さんなどを登録しました安心賃貸支援事業を実施しております。その事業の中で事前相談あるいは入ってからの相談も行っているようですので、これらも活用していただきたいと思いますので、これにつきましても紹介等してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 東京都防災建築まちづくりセンターということは、私は今初めて知りまして、ぜひPRしていっていただきたいと思います。
 (6)、子供支援について伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子家庭の子供に対する支援につきましては、子供のいじめや引きこもり、不登校など、母子家庭に限ったものではございませんが、子ども家庭支援センターによる相談事業がございます。専門相談員として臨床心理士・保健師・保育士などを常勤で配置し、対応に当たっております。また、子供に寄り添い、子供をサポートできる大人の育成に関しましては、稲城市要保護児童対策地域協議会の活用やNPO法人との連携などが考えられますが、当市の実情を勘案しつつ、また他の自治体での取り組みなどを参考にしながら、今後研究してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) ぜひ、いじめの対象とならないような配慮、偏見をなくすこと、このことについて進めていっていただければと思います。
 (7)、DVや児童虐待への相談や対応について伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 企画部長(加藤健一君) 配偶者や恋人を初め、親密な関係にある男女間の暴力──いわゆるドメスティック・バイオレンスに関する被害者からの相談につきましては、女性の悩み相談の中でも相談を受けております。相談に当たりましては、専門の相談員が面談あるいは電話により事情をお聞きして、母子家庭で自立支援や一時保護が必要である場合には、母子自立支援員など、関係機関を紹介するなどの対応を行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 母子家庭での児童虐待への相談や対応につきましては、子ども家庭支援センターによる対応を行っております。相談業務は、母子家庭に限ったものではございませんが、臨床心理士・保健師・保育士などが電話及び来所で相談を受けております。対応といたしましては、訪問による調査を実施するとともに、関係機関との連絡調整、関係者との会議を開くことで情報を共有し、問題点を把握した上で支援計画を立てるなどの対応を行っております。また、サポートや見守りが必要な家庭には、訪問カウンセリングも実施するとともに、育児支援ヘルパー事業を活用し、ヘルパーを家庭に派遣し、育児や家事を援助しながらの見守りも行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) このDVで殺人ということがよく報道されますけれども、すべての殺人事件の1割以上、保護命令を受けた方が1年間で1,000件あったとすれば、その1割以上、197件がDVでの殺人であると言われています。本当に安全が守られないわけです。DVへの対策はしっかりととっていかなくてはならないわけなのですけれども、DVで母子家庭となることがあるわけです。離婚、子供のことでまた心の悩みが解決されないと、お母さんとしては、職業選択まではとても無理だと、心が本当に傷ついてしまっているということなのです。ケアをしていかなければ、仕事にもつけない。相談体制ということがしっかり必要であるということなのですけれども、DVの問題点としても、女性のほうが子供を連れて家を出なければならない。職場や学校から追われてしまう。環境すべてを捨てて加害者から逃げなくてはならない。こういったことがあるわけです。シェルターに行けば、2週間しかいられない。どういった生活をしていけばいいのかというところを本当にしっかりと考えて、このDV対策ということを考えていかなくてはならないわけなのです。児童虐待とDVというのは隣り合わせで、同時に起こる場合が少なくないと言われています。直接父親の暴力を受けていなくても、母親への暴力を見れば、深刻な影響を受けてしまう。東京都の中では養護施設が24カ所あります。この中で子供間の暴力が週に99件あるということが報道されていました。養護施設で暮らす子供の6割は、虐待を受けて入所した子供たちだということです。虐待の被害が引き起こす負の連鎖、これが暴力を振るう側になる傾向が強い。またそういった大人に成長してしまうということなのです。
 さてそこでなのですが、訪問カウンセリングや育児支援ヘルパー派遣を行っていただいているということなのですが、育児や家事援助で見守っていただいていて、大変ありがたいと思います。被害を受けた子供が成長して加害者となる負の連鎖はしっかりと避けていくということが必要なのですが、被害を受けた子供には長期的な心理的ケアが必要だと言われています。子供のケアは一体どこがされているのか。子ども家庭支援センターで対応できているのかどうか。子供のケアについて伺いたいと思います。また、DVの相談件数の推移も、わかるようであれば教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) まず、子ども家庭支援センターでは、DVであっても、子供への虐待であれば、相談に応じるとともに、児童相談所や警察とも連携をとりながら対応あるいは支援しております。それから、一般的に子供へのケアにつきましては、児童相談所や子ども家庭支援センターなどで担当することになっております。東京都の児童相談所などでは、助言あるいは継続的な相談のほかに、メンタルフレンドを派遣したり、治療・指導事業などを行って、ケアに努めているということのようでございます。
 それから、DVの相談件数の推移ですが、福祉部に寄せられましたDVの相談件数は、平成18年度が41件、平成19年度が55件、平成20年度は5月末で70件となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) だんだんふえているということです。子どもへの暴力防止プロジェクト助成の団体に選ばれたRRP研究会といったところでは、被害者の母子の双方に同時に並行的なケアに取り組むプログラムの開発に取り組んでいるということで、来年、普及していこうということなのですけれども、こういったプログラムができた際にはぜひ稲城市でも取り組んでいただきたい。子ども家庭支援センターで対応しているということですけれども、しっかりとした対応を進めていくためにはこういった取り組みも視野に入れていただきたいと思うのですが、その点について伺ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市の子ども家庭支援センターは、まだ虐待対応のセンターになったばかりでございまして、現実問題としては虐待対応に追われているという状況でございます。今お話しいただきました例なども参考にしながら、今後いろいろ充実を図っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 要保護児童対策地域協議会の関係機関の連携強化について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 福祉部長(小島文弘君) 稲城市要保護児童対策地域協議会と関係機関との連携強化につきましては、当協議会を設置した平成19年12月以降、多摩児童相談所、民生児童委員協議会、幼稚園、保育園、小中学校、医療機関、南多摩保健所など、関係機関と緊密に連携しながら、児童虐待の未然防止と早期発見、児童の適切な保護、虐待家庭の見守りなどに積極的に取り組んできております。特に児童虐待対応には早期発見が重要なことから、関係機関の代表者による代表者会議において、関係機関内での周知徹底を呼びかけております。また、具体的なケースに対しましては、迅速な対応が必要なことから、子ども家庭支援センターが中心となり、ケース会議の開催や関係機関との連携調整に当たっており、適切な対応に努めているところでございます。児童虐待への対応に関しましては、虐待にかかわる現場の職員の意識が大変重要であることから、より一層関係機関への働きかけを行うとともに、子ども家庭支援センターの機能向上を図るため、研修などによる職員の資質向上にも努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 中村さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 13番(中村みほこ君) 資質の向上が一番重要であろうと思っています。まず対応の基本を学んで、専門性も求められてくるということで、学識経験者、スーパーバイザー、専門のアドバイザーなどを迎えての研究・指導を受けることが必要ですが、その点についていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 終わりました。
 以上で、13番、中村みほこさんの一般質問は終わりました。
  ─────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯ 議長(原田えつお君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
                               午後4時2分 散会