議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 武蔵村山市

平成 9年  9月 建設委員会 日程単位




平成 9年  9月 建設委員会 − 09月17日−01号









平成 9年  9月 建設委員会



            建設委員会記録

1.日時    平成9年9月17日(水曜日)

1.開催場所  委員会室

1.出席委員(7名)

   善家裕子君   榎本 茂君   波多野憲助君

   比留間市郎君  高山 泉君   竹原キヨミ君

   宮崎起志君

1.欠席委員(なし)

1.事務局(3名)

   局長   田中章雄   次長   波多野晃夫

   書記   稲見ゆたか

1.出席説明員(6名)

                都市整備

   助役   荒井三男君        中村 盡君

                部長

   都市整備         都市計画

        石井常男君        栗原和夫君

   部参事          課長

   都市計画         管理課

        田口一郎君        木崎二三男君

   課指導          管理係長

   係長

1.審査事件

  議案第45号 市道路線の認定について

  議案第46号 市道路線の認定について

  特定事件調査(行政視察)について

  閉会中の委員派遣について

               午前9時30分開議



○委員長(高山泉君) ただいまの出席委員は全員でございます。

 これより本日の建設委員会を開きます。

 直ちに本委員会に付託されました案件の審査を行います。

 本委員会に付託されております案件は、今定例会で付託されました議案2件であります。

 お諮りいたします。審査の順序につきましては、あらかじめお手元に配付いたしました一覧表の順序に基づき行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、審査の順序につきましては、お手元に配付の一覧表の順序に基づき行うことに決しました。

 ここで、現地調査のため暫時休憩いたします。

               午前9時33分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時30分開議



○委員長(高山泉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第45号「市道路線の認定について」を議題といたします。

 職員に議案の朗読をいたさせます。事務局長。



◎事務局長(田中章雄君) 朗読いたします。

         (議案第45号参照)



○委員長(高山泉君) 本案に対する市当局の説明があればお願いいたします。石井都市整備部参事。



◎都市整備部参事(石井常男君) それでは議案第45号の市道路線の認定について、一般市道A第297号線の内容につきまして御説明申し上げます。

 このことに関しましては、宅地開発に伴う道路用地等の寄附採納によるものであり、宅地開発等指導要綱に基づく同意協議が調い、また整備が完了し、公共施設等の引き渡しがなされたことにより、市道路線としての認定を行う必要があり、御提案申し上げたものであります。

 議案書及び議案書に添付の略図にその概要が示されておりますが、神明一丁目101番地、主要地方道第5号線新青梅街道から同86番、主要市道第24号線までの幅員5メートル、延長114.23メートルの区域となっております。なお本件につきましては、起点及び終点が既設道路に接続するものであり、路線の認定条件であります起点及び終点が公道に接続しているもののため、該当するものでございます。このため、武蔵村山市道路の認定等及び道路の区域変更等に関する取扱規則の第3条第1項第2号等の規定に基づく市道路線として、一般市道A第297号線を新たに認定することになるわけでございます。

 以上、大変雑駁でありますが、議案にかかわる説明として申し上げました。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 以上です。



○委員長(高山泉君) これより質疑等に入ります。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ここで取り扱いについて協議するため、暫時休憩いたします。

               午前10時32分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時33分開議



○委員長(高山泉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第45号の議事を継続いたします。ほかに質疑等ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑等なしと認めます。これをもって質疑等を終結いたします。

 これより討論に入ります。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第45号「市道路線の認定について」を採決いたします。本案は、原案のとおり可決すべきものとすることに賛成の方の挙手を求めます。

         (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決すべきものとすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議案第46号「市道路線の認定について」を議題といたします。

 職員に議案の朗読をいたさせます。事務局長。



◎事務局長(田中章雄君) 朗読いたします。

         (議案第46号参照)



○委員長(高山泉君) 本案に対する市当局の説明があればお願いいたします。石井都市整備部参事。



◎都市整備部参事(石井常男君) それでは議案第46号の市道路線の認定について、一般市道E第304号線の内容につきまして御説明申し上げます。

 このことに関しましては、宅地開発に伴う道路用地の寄附採納によるものであり、宅地開発等指導要綱に基づく同意協議が調い、また整備が完了し、公共施設等の引き渡しがなされたことにより、市道路線としての認定を行う必要があり、御提案申し上げたものでございます。

 議案書及び議案書に添付の略図にその概要が示されておりますが、岸一丁目7番、主要市道第26号線から同7番、一般市道E第32号線までの幅員5メートル、延長84.91メートルの区域となっております。なお本件に関しましては、起点及び終点が既設道路に接続するものであり、路線の認定条件であります起点及び終点が公道に接続しているものに該当するものであります。このため、武蔵村山市道路の認定等及び道路の区域変更等に関する取扱規則の第3条第1項第2号等の規定に基づく市道路線として、一般市道E第304号線を新たに認定することになるわけでございます。

 以上、大変雑駁でありますが、議案に係る説明として申し上げました。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 以上です。



○委員長(高山泉君) これより質疑等に入ります。竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 一般市道E第32号線につながるところですけどね、隅切りがついてないんですけど、この辺についての指導はどうであったのかという点を伺っておきたいんですけど。非常に車が入るにしても出るにしても、大変だろうと思うんですよね、隅切りがついてないということはね。ですからその辺について伺っておきたいんです。



○委員長(高山泉君) 都市計画課長。



◎都市計画課長(栗原和夫君) 当該箇所は隅切りの要望を、市としてはつけてほしいという指導を行ったんですが、たまたまこの地主さんが第三者でございまして、その了解が得られなかったということでございます。

 以上です。



○委員長(高山泉君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) そうしますとね、車が例えば出て、32号線の方に出る場合、左折するとき大変だと思うんですよね。それでこのブロック塀は、今現地見てきた範囲では、まあ低いですから見通しとしてはそれほどでもないですが、これがもしブロック塀高く積んじゃうと、まるで見えないと思うんです。で、その辺についての配慮というか、指導はされていくんでしょうか、今後。できるんでしょうか。



○委員長(高山泉君) 都市計画課長。



◎都市計画課長(栗原和夫君) 開発指導の中で、指導できる範囲という現状の話がございますけれども、現在ブロックがないと。それで私どもの方であれですけれども、今後そういうケースがあれば、道路管理の中で対応していく必要があるかとは考えます。現地はそのために一応カーブミラーを設置したということでございます。

 以上です。



○委員長(高山泉君) 竹原君。



◆16番(竹原キヨミ君) 確かに限界、市がかかわれる限界というのがあるのはわかりますが、できたら安全第一でいってほしいですので、ぜひ何らかの形で意向を伝えていくという努力はしてほしいなと思いますので、これは要望しておきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高山泉君) ほかに。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ここで取り扱いについて協議するため、暫時休憩いたします。

               午前10時40分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時41分開議



○委員長(高山泉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第46号の議事を継続いたします。ほかに質疑等ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑等なしと認めます。これをもって質疑等を終結いたします。

 これより討論に入ります。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第46号「市道路線の認定について」を採決いたします。本案は、原案のとおり可決すべきものとすることに賛成の方の挙手を求めます。

         (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決すべきものとすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 暫時休憩いたします。

               午前10時42分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時44分開議



○委員長(高山泉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、特定事件調査(行政視察)についてお諮りいたします。本委員会は、お手元に配付のとおり特定事件調査を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、本委員会はお手元に配付のとおり特定事件調査を行うことに決しました。

 お諮りいたします。ただいま決定いたしました特定事件調査を閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、ただいま決定いたしました特定事件調査は、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に、閉会中の委員派遣についてお諮りいたします。ただいま決定いたしました特定事件調査のため、委員派遣を行う必要がありますので、会議規則第72条の規定により、議長に対し、お手元に配付のとおり委員派遣承認要求をいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議長に対し、お手元に配付のとおり委員派遣承認要求をすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上ですべての審査を終了いたしました。

 これをもって建設委員会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時46分散会