議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 武蔵村山市

平成 9年  6月 定例会(第2回) 06月20日−12号




平成 9年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−12号









平成 9年  6月 定例会(第2回)



平成9年

          武蔵村山市議会会議録(第12号)

第2回定例会

                          平成9年6月20日(金曜日)

1.出席議員(22名)

  1番  比留間一康君     2番  原田拓夫君

  3番  金井治夫君      4番  藤田一則君

  5番  善家裕子君      6番  天目石要一郎君

  7番  榎本 茂君      8番  辻松範昌君

  9番  波多野憲助君     10番  比留間市郎君

  11番  高橋和夫君      12番  高山 泉君

  13番  富久尾 浩君     14番  伊澤秀夫君

  15番  籾山敏夫君      16番  竹原キヨミ君

  17番  徳光文武君      18番  長井孝雄君

  19番  宮崎起志君      20番  鴻田臣代君

  21番  遠藤敏雄君      22番  内田英夫君

1.欠席議員(なし)

1.事務局(5名)

  局長    田中章雄     次長    波多野晃夫

  議事係長  当間悦治     書記    宮本マツ子

  書記    粕谷照江

1.出席説明員(19名)

  市長    志々田浩太郎君  助役    荒井三男君

  収入役   野村紀六君    教育長   蛭田正朝君

  企画財政           企画財政

        竹内雅彦君          乙幡 清君

  部長             部参事

  総務部

        比留間吉夫君   市民部長  細淵啓次君

  参事

  税務・納税          環境経済

        比留間秀夫君         関根 勲君

  担当参事           部長

                 福祉部

  福祉部長  比留間武久君         荻野博久君

                 参事

                 都市整備

  建設部長  櫻井 進君          中村 盡君

                 部長

  都市整備           学校教育

        野村 諭君          進藤修次君

  部参事            部長

  社会教育           市民会館

        阿部友彌君          藤野年男君

  部長             担当参事

  選挙管理

  委員会   榎本富男君

  担当参事

1.議事日程第4号

  第1 陳情第10号 えのき園への救済についての陳情

  第2 陳情第15号 再生紙利用促進に関する陳情

  −−以上、厚生産業委員会審査報告−−

  第3 議案第31号 市道路線の認定について

  第4 議案第32号 市道路線の認定について

  第5 議案第33号 市道路線の廃止について

  第6 陳情第3号 道路補修と排水溝補修の陳情

  −−以上、建設委員会審査報告−−

  第7 請願第1号 私学助成の拡充を求める意見書採択に関する請願

  第8 陳情第11号 あらゆる形態の核実験反対、アメリカの「未臨界核実験」計画中止の意見書採択を求める陳情

  第9 陳情第12号 5小6小統合跡施設利用に関する陳情

  第10 陳情第13号 温泉開発計画の凍結を求める陳情

  第11 陳情第14号 「国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書」の提出に関する陳情

  第12 陳情第16号 第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める陳情

  −−以上、総務文教委員会審査報告−−

  第13 議員提出議案第21号 武蔵村山市農業委員会委員のうち選任による委員の推薦について

  第14 議員提出議案第22号 武蔵村山市農業委員会委員のうち選任による委員の推薦について

  第15 議員提出議案第23号 私学助成の拡充を求める意見書

  第16 議員提出議案第24号 あらゆる形態の核実験に反対し、アメリカの「未臨界核実験」計画の中止を求める意見書

  第17 議員提出議案第25号 国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書

  第18 議員提出議案第26号 第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書

  第19 議員提出議案第27号 郵政事業分割・民営化に反対する意見書

  第20 議員提出議案第28号 子育て減税の制度化と少子化対策の充実に関する意見書

  第21 議員提出議案第29号 直ちに諌早湾の水門を開き、事業計画の再検討を求める意見書

  第22 議員提出議案第30号 「サッカーくじ」法案に反対する意見書

  第23 議員提出議案第31号 シルバーパス事業の存続を求める意見書

  第24 議員提出議案第32号 多摩の「格差」是正を求める意見書

  第25 議員提出議案第33号 老人医療費助成(マル福)制度の存続を求める意見書

  第26 議員提出議案第34号 上下水道料金の値下げを求める意見書

  第27 議員提出議案第35号 大学教員任期制法案に反対する意見書

  第28 議員提出議案第36号 国会に憲法制度調査委員会(常任委員会)を設置することに反対する決議

               午前9時31分開議



○議長(高橋和夫君) ただいまの出席議員は全員でございます。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりでございます。

 お諮りいたします。日程第1 陳情第10号と日程第2 陳情第15号の陳情2件を一括議題とし、厚生産業委員会の審査結果の報告を委員長に求めたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、日程第1 陳情第10号と日程第2 陳情第15号の陳情2件を一括議題とし、厚生産業委員会の審査結果の報告を委員長に求めることに決しました。

 日程第1 陳情第10号「えのき園への救済についての陳情」、日程第2 陳情第15号「再生紙利用促進に関する陳情」を一括議題とし、厚生産業委員会の審査結果の報告を委員長に求めます。厚生産業委員会委員長原田君。

  (厚生産業委員会委員長 原田拓夫君登壇)



◎委員長(原田拓夫君) それでは厚生産業委員会の審査報告をいたします。

 陳情第10号「えのき園への救済についての陳情」、審査結果、趣旨採択すべきもの。陳情第15号「再生紙利用促進に関する陳情」、審査結果、採択すべきもの。

 本委員会は以上のとおり決定したので、報告いたします。



○議長(高橋和夫君) これより委員長の審査結果の報告に対する質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 これより陳情第10号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第10号「えのき園への救済についての陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、趣旨採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は趣旨採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第15号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第15号「再生紙利用促進に関する陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 お諮りいたします。日程第3 議案第31号から日程第6 陳情第3号までの議案3件、陳情1件を一括議題とし、建設委員会の審査結果の報告を委員長に求めたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、日程第3 議案第31号から日程第6 陳情第3号までの議案3件、陳情1件を一括議題とし、建設委員会の審査結果の報告を委員長に求めることに決しました。

 日程第3 議案第31号「市道路線の認定について」、日程第4 議案第32号「市道路線の認定について」、日程第5 議案第33号「市道路線の廃止について」、日程第6 陳情第3号「道路補修と排水溝補修の陳情」を一括議題とし、建設委員会の審査結果の報告を委員長に求めます。建設委員会委員長高山君。

  (建設委員会委員長 高山泉君登壇)



◎委員長(高山泉君) 建設委員会は、6月17日全員出席のもと開催されました。審査結果の御報告を申し上げます。

 議案第31号「市道路線の認定について」、審査結果、可決すべきもの。議案第32号「市道路線の認定について」、審査結果、可決すべきもの。議案第33号「市道路線の廃止について」、審査結果、可決すべきもの。陳情第3号「道路補修と排水溝補修の陳情」、審査結果、趣旨採択すべきもの。

 本委員会は以上のとおり決定しましたので、御報告申し上げます。



○議長(高橋和夫君) これより委員長の審査結果の報告に対する質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 これより議案第31号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第31号「市道路線の認定について」を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより議案第32号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第32号「市道路線の認定について」を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより議案第33号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第33号「市道路線の廃止について」を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第3号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第3号「道路補修と排水溝補修の陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、趣旨採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は趣旨採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 お諮りいたします。日程第7 請願第1号から日程第12 陳情第16号までの請願1件、陳情5件を一括議題とし、総務文教委員会の審査結果の報告を委員長に求めたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、日程第7 請願第1号から日程第12 陳情第16号までの請願1件、陳情5件を一括議題とし、総務文教委員会の審査結果の報告を委員長に求めることに決しました。

 日程第7 請願第1号「私学助成の拡充を求める意見書採択に関する請願」、日程第8 陳情第11号「あらゆる形態の核実験に反対し、アメリカの「未臨界核実験」計画中止の意見書採択を求める陳情」、日程第9 陳情第12号「5小6小統合跡施設利用に関する陳情」、日程第10 陳情第13号「温泉開発計画の凍結を求める陳情」、日程第11 陳情第14号「「国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書」の提出に関する陳情」、日程第12 陳情第16号「第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める陳情」を一括議題とし、総務文教委員会の審査結果の報告を委員長に求めます。総務文教委員会委員長徳光君。

  (総務文教委員会委員長 徳光文武君登壇)



◎委員長(徳光文武君) 6月18日、総務文教委員会が全員出席のもと行われました。審査結果を申し上げます。

 請願第1号「私学助成の拡充を求める意見書採択に関する請願」、審査結果、採択すべきもの。陳情第11号「あらゆる形態の核実験に反対し、アメリカの「未臨界核実験」計画中止の意見書採択を求める陳情」、審査結果、採択すべきもの。陳情第12号「5小6小統合跡施設利用に関する陳情」、審査結果、採択すべきもの。陳情第13号「温泉開発計画の凍結を求める陳情」、審査結果、不採択とすべきもの。陳情第14号「「国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書」の提出に関する陳情」、審査結果、採択すべきもの。陳情第16号「第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める陳情」、審査結果、採択すべきもの。

 以上、本委員会の報告を申し上げました。



○議長(高橋和夫君) これより委員長の審査結果の報告に対する質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 これより請願第1号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより請願第1号「私学助成の拡充を求める意見書採択に関する請願」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第11号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第11号「あらゆる形態の核実験に反対し、アメリカの「未臨界核実験」計画中止の意見書採択を求める陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第12号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第12号「5小6小統合跡施設利用に関する陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第13号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第13号「温泉開発計画の凍結を求める陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、不採択でありますので、本陳情について採決いたします。本陳情を採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手少数であります。よって、本件は不採択とすることに決しました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第14号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第14号「「国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書」の提出に関する陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、採択であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより陳情第16号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより陳情第16号「第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める陳情」を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、採択であります。本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本件は採択されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第13 議員提出議案第21号「武蔵村山市農業委員会委員のうち選任による委員の推薦について」を議題といたします。

 地方自治法第 117条の規定により長井孝雄君の退席を求めます。しばらくお待ちください。

  (18番 長井孝雄君退席)

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第21号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第21号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第21号「武蔵村山市農業委員会委員のうち選任による委員の推薦について」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

  (18番 長井孝雄君着席)

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第14 議員提出議案第22号「武蔵村山市農業委員会委員のうち選任による委員の推薦について」を議題といたします。

 地方自治法第 117条の規定により内田英夫君の退席を求めます。しばらくお待ちください。

  (22番 内田英夫君退席)

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第22号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第22号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第22号「武蔵村山市農業委員会委員のうち選任による委員の推薦について」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

  (22番 内田英夫君着席)

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第15 議員提出議案第23号「私学助成の拡充を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第23号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第23号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第23号「私学助成の拡充を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第16 議員提出議案第24号「あらゆる形態の核実験に反対し、アメリカの「未臨界核実験」計画の中止を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第24号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第24号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第24号「あらゆる形態の核実験に反対し、アメリカの「未臨界核実験」計画の中止を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第17 議員提出議案第25号「国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第25号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第25号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第25号「国有林の民営化に反対し、国有林の再生を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第18 議員提出議案第26号「第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第26号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第26号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第26号「第6次教職員定数改善の早期達成と義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第19 議員提出議案第27号「郵政事業分割・民営化に反対する意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第27号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第27号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第27号「郵政事業分割・民営化に反対する意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第20 議員提出議案第28号「子育て減税の制度化と少子化対策の充実に関する意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第28号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第28号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第28号「子育て減税の制度化と少子化対策の充実に関する意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第21 議員提出議案第29号「直ちに諌早湾の水門を開き、事業計画の再検討を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第29号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第29号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第29号「直ちに諌早湾の水門を開き、事業計画の再検討を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第22 議員提出議案第30号「「サッカーくじ」法案に反対する意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第30号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第30号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第30号「「サッカーくじ」法案に反対する意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第23 議員提出議案第31号「シルバーパス事業の存続を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第31号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第31号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に、賛成討論の発言を許します。伊澤君。

  (14番 伊澤秀夫君登壇)



◆14番(伊澤秀夫君) 本来なら提案理由の説明でやるところですが、議員提出議案のシルバーパスと老人医療費、それから多摩格差問題につきまして、一括して討論をしたいと思うんです。

 本件につきましては、東京都財政健全化計画、昨年の11月に出されましたものがあります。で、その前に行政改革大綱が出されまして、64項目の具体化が今されております。そのうち我が市にかかわるものについては64項目ありませんが、いずれにいたしましても、この問題については本市議会も意見書を上げております。で、この財政健全化計画は、これがそうです、これがね。それで経常的経費の見直しというものがありまして、それから区市町村への財政支援の見直しというのがあります。で、ここの見直し対象の基準の中のア、イ。イの中で、都と区市町村との役割分担の明確化を図る必要のある事業補助について、補助率の適正化を図るということで、原則として補助率2分の1を超えるもの、要するに超えるものについては、補助率の適正化の名のもとに2分の1に引き下げるということが書いてあります。そのほか包括的補助金のあり方等々が書いてあります。

 次に、(6)制度の根本にまでさかのぼった施策見直しというのがここにありまして、この中にも市町村や民間の役割分担のあり方から見て、都が実施していることに妥当性があるかとかいろいろ書いてありますが、いずれにしても、制度の根本にまでさかのぼった施策の見直しの見直し対象事業、?として、私立学校経費補助、老人医療費の助成、シルバーパスの交付、中小企業融資、公営住宅の建設管理、都民住宅の供給、市街地再開発事業、道路・街路・中小河川整備、清掃事業、都立高校の適正配置、下水道事業、上に例示した事業について、制度の問題点や事業実施上の問題点などを整理すると別紙のとおりであるということについて、こういうふうに表だとかいろいろグラフが出てまして、問題点がこうだよというふうに書いてある。で、要は、制度の根本までさかのぼる。ということは、制度を続けるか続けないか、そこまでさかのぼって検討するんだということですから、これが例示されている11事業は重点事業です、項目です。まあそういう点を御承知おきいただきたい。

 で、こうした東京都の財政健全化計画は確かに赤字を理由にしておりますが、最大の問題である臨海開発には指1本触れてない。要は、臨海はもうどんどんやると。そのかわり金が足りないから市民の施策をみんな見直して削って、5000億円の財政不足を補うんだというのがこの財政健全化計画ですから。こういうふうに1本も臨海開発について触れておりません。

 臨海というのはひどい話で、共同溝というのをつくったんですけどね。電線だとかガス管だとか、一緒に埋めるんですよ。3100億円かけている。1メートル当たり2000万円。で、3100億円かけて、で、何が残ったかって、そのごみを、あすこはビルから、ひゅっと入れるとひゅうっと流れていって、清掃工場へいって、ごみ車が走らない町だということを宣伝してつくったんですが、分別収集やるわけですから、その当初つくったとき、考えてつくったときと、今もう考え方変わってきている、ごみはね。結局ほとんど使われない。分別収集されないままぶん投げられてたんでは清掃工場はいかれちゃうわけですからね、まあそういうむだ遣いもやっております。これは新聞、毎日だとかいろんなところに出ております。

 で、したがって、東京都市長会は何回もやっております。平成8年の8月には行政改革大綱に対しての要望ですね、これを市長会はやりました。それから平成8年11月8日も市長会は多摩地域に対する都政の取り組みに関する要望ということで、特に、例えば3の、都の事務事業見直しについてというところでは、都の事務事業見直しによって、市に新たな行財政負担の増加をもたらす懸念がある。都は、市町村に負担をできたとしても、定着した事務事業ほど市民サービスを低下させることは困難であることを十分認識することと。まあたくさん書いてあるんですが、こういう要望書を、11月8日であります。それから引き続いて、平成8年の12月25日には東京都財政健全化計画に対する要望ということで、今度は市長会と町村長会連名で要望書を出しております。財政健全化計画によってですね、市町村の行財政運営に多大な影響が出るのではないかと懸念しておりますということを書いて、補助金のあり方、それから見直しに当たっての問題、それから3では、制度の根本にまでさかのぼった施策見直しは、ソフト、ハードを問わずすべての事業を対象としているが、老人医療費の助成、道路、街路、中小河川整備などの施策見直しにより市民生活や多摩、島嶼.地域の基盤整備に大きな影響が生じることになるので、見直しに当たっては市町村の意見を十分聞きながら実施することということ等々が書いてあります。ですからこれは、この財政健全化計画が出されて、これが実施されたら、まあ都民の暮らしに直接かかわる、東京都のやっている仕事もありますが、ほとんどのは市町村を通じてやられるわけです。ですから都が補助金を削った、じゃあその分、すぐね、市が補助金削れるか、じゃあ市が負担できるか、肩がわりできるのか、これ大問題ですね、そうでしょう。東京都が4分の3持っていたものを2分の1に削った、その差額を市が負担をする。まあ私、先ほど一般質問で質問をいたしました。仮にということで計算をしてもらった。1億8000万円市が持たなきゃならない。まあうちの市はまだ少ない方ですけど、3億、5億と持たなきゃいけない市だってたくさん出てくる。ですから市長会も、町村長会も財政健全化計画について要望をして、考え直せということを言っているわけ。まあそうした内容のもとでの意見書ですから、私学の助成については総務文教委員会で、陳情かな、採択して意見書としてまとめましたけれども、今後シルバーパス、それから老人の(福)等々の意見書、私ども提案をしております。ぜひ満場の皆さんの御賛同を得て、市長会と足並みをそろえる意味でも、我々議会も大いに声を上げていくという必要があるんではないかと思いますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(高橋和夫君) ほかに討論ございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第31号「シルバーパス事業の存続を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第24 議員提出議案第32号「多摩の「格差」是正を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第32号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第32号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第32号「多摩の「格差」是正を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第25 議員提出議案第33号「老人医療費助成(マル福)制度の存続を求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第33号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第33号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第33号「老人医療費助成(マル福)制度の存続を求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 暫時休憩いたします。

               午前10時24分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時49分開議



○議長(高橋和夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第26 議員提出議案第34号「上下水道料金の値下げを求める意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第34号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第34号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第34号「上下水道料金の値下げを求める意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手少数であります。よって、本案は否決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第27 議員提出議案第35号「大学教員任期制法案に反対する意見書」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第35号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第35号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第35号「大学教員任期制法案に反対する意見書」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第28 議員提出議案第36号「国会に憲法制度調査委員会(常任委員会)を設置することに反対する決議」を議題といたします。

 議案の朗読と提案理由の説明は省略いたします。

 これより質疑に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第36号は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第36号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第36号「国会に憲法制度調査委員会(常任委員会)を設置することに反対する決議」を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

  (賛成者挙手)

 挙手少数であります。よって、本案は否決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 お諮りいたします。ただいま意見書、決議が議決されましたが、その字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決しました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日の会議を閉じます。

 これをもって平成9年第2回武蔵村山市議会定例会を閉会いたします。

               午前10時55分閉会

地方自治法第 123条第2項の規定により、ここに署名する。

   平成9年6月

          武蔵村山市議会議長  波多野憲助

             〃  副議長  遠藤敏雄

             〃   議長  高橋和夫

             〃   議員  比留間一康

             〃   議員  内田英夫