議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 武蔵村山市

平成 6年  3月 予算特別委員会 03月16日−03号




平成 6年  3月 予算特別委員会 − 03月16日−03号









平成 6年  3月 予算特別委員会



            予算特別委員会会議録

1.開催日時 平成6年3月16日(水曜日) 午前9時30分

1.開催場所 議場

1.出席委員(21名)

   波多野憲助君  高橋和夫君   木下直人君

   宮崎榮一君   伊澤秀夫君   竹原キヨミ君

   清澤葉子君   菅家康夫君   内野 保君

   榎本 茂君   福島庄治君   土方敏夫君

   富久尾 浩君  内田英夫君   松嶋金作君

   袴塚 清君   羽尾義雄君   遠藤敏雄君

   徳光文武君   宮崎起志君   喜多源四君

1.欠席委員(なし)

1.事務局(4名)

  局長    野村紀六   次長   波多野晃夫

  議事係長  横田博昭   副主査  柏谷 豊

1.出席説明員(36名)

  市長    渡辺禮一君  助役    比留間徳治君

               企画財政

  収入役   小川吉夫君        田中章雄君

               部長

               総務部

  総務部長  福島満照君        進藤修次君

               参事

               市民部

  市民部長  宮崎英年君        阿部友彌君

               参事

  環境経済

        小川 訓君  福祉部長  高橋正明君

  部長

  福祉事務         都市整備

  所担当   柳川久男君        中村 盡君

  参事           部長

               教育長職務

  都市整備         代理者   荒井三男君

        比留間秀夫君 学校教育

  部参事          部長

  社会教育         選挙管理

        関根 勲君  委員会   内野和明君

  部長           参事

  秘書担当

       久保田 茂君  櫻井 進君

  副主幹

  財政課長  乙幡 清君  総務課長  比留間吉夫君

  職員課長  石井常男君  管財課長  舘岡政一君

  市民課長  比留間信男君 納税課長  石井秀男君

  健康課長  波多野幹生君 環境課長  川島秀則君

  産業経済         福祉企画

        和地正二君        清野和祐君

  課長           担当主幹

  厚生課長  北川和美君  児童課長  布田 傑君

               市史編さん

  庶務課長  星野圭司君        山崎敞旦君

  監査委員

        荻野博久君  財政係長  野田俊雄君

  事務局長

  厚生係長  伊東理年君  児童係長  池亀武夫君

1.審査事件

 議案第1号 平成6年度武蔵村山市一般会計予算

            午前9時31分開議



○委員長(波多野憲助君) ただいまの出席委員は20名で定足数に達しております。

 これより本日の予算特別委員会を開きます。

 議案第1号「平成6年度武蔵村山市一般会計予算」を議題とし、前回の議事を継続いたします。

 昨日の遠藤君の質疑に対する答弁を願います。

 企画財政部長。



◎企画財政部長(田中章雄君) 昨日の基本計画の策定についてというお尋ねでございますが、ます、まちづくりということでございます。これにつきましては、市全体を取り込んでの考え方でございます。そこで、都営武蔵村山団地につきましては、現在再生計画が進められておりますから、それとの整合する部分等はございますけども、そこは一団の計画ということで、ハードの面についてはその中で考えていくべきであるというふうに思います。

 そのほか、市民からのいろいろ行政に反映させるべき将来展望等の意見、アンケート、こういったものについては全体的にお願いしていくという考え方でございます。



○委員長(波多野憲助君) 遠藤君。



◆委員(遠藤敏雄君) その点は了解いたしました。わかりました。

 もう一つの交通災害共済につきまして、これは市民の方からの声ですけれども毎年加入届けをするということで、できれば2年に1回、まあ1,000円になりますけれども、1,000円払っても2年に1回した方がなお毎年よりは楽だなとこういう声もあるわけなんですが、これ組合ですから、ビニールのケース1枚にしても節約をされるという状況があるならば、事務的にも2年に1回になれば、両方がそういう面ではスムーズにいくんじゃないかなと思うんで、提言しておきますから。

 以上で終わります。



○委員長(波多野憲助君) ほかに。

 菅家君。



◆委員(菅家康夫君) 歳入のところでの質問との関連でちょっとお尋ねしたいと思うんですが、歳入のところでは、報告でもそうでしたが、滞納が非常にふえているあるいは減税をしなければならない、あるいは不況で税収が減る、財政調整基金からかなりの繰り出しをしなきゃならない、今後の見通しは極めて困難であるという御説明がございました。当然のことながら、そういう厳しい情勢ですから、歳出の面でもかなり厳しくチェックをされただろうと思います。そこで、議会費あるいは総務費の中でどういう項目を検討されたのか、お尋ねをしておきたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) 財政課長。



◎財政課長(乙幡清君) 予算の編成とか査定と申しますか、の内容と思われますので、私の方から御答弁させていただきたいと思います。

 今回の当初予算の編成に当たりましては、いろいろと国の方針または東京都の方針等が示されていたわけでございます。その中で、東京都等におきましては、人件費を除き経常経費については一律10%削減と、こういうような東京都・国においても方針が示されておりました。そこで平成6年度の予算の各課の事情聴取等におきましては、一応、財政課としての査定基準というようなものを設けて対応いたしております。それの中では、特に経常経費につきましては、まず旅費等につきましては、特別の理由のない場合におきましては5年度予算の額を限度とする。それから需要費関係につきましては、5年度予算額の5%から10%の減とする。東京都におきましては、一律10%ということでございますけれども本市におきましては細目の経理でございまして、総額、旅費等を2万円、1万円というような旅費がございますので、一律10というのは内容からして困難と判断いたしまして、金額によりまして5から10%というようなことで経常経費の削減を図ったものでございます。

 それから、あと委託料関係につきましては、ほとんどが人件費ということでございまして、削減はなかなか難しいわけですけれども、これにつきましても、5年度予算額または契約金額の2%増以内とすると。これらでおさまらない場合につきましては、委託の内容変更等を十分検討しこれらの中でおさめていただきたいというようなことで、各課のお話を聞いた中で再度委託の内容等検討をお願いしたケースもございます。主なものはそういうようなもので、経常経費につきましては極力その削減に努めたと。

 それから、(6)実施計画の内容につきましては、極力それらを登載すると。直接市民に影響するようなものにつきましては内容精査をし、工事等におきましても諸経費等の再チェックというようなことをお願いいたしましたけれども、それらは登載、予算化はしたというようなことで、主に経常経費につきましてはそれらの方針で臨んだということでございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 菅家君。



◆委員(菅家康夫君) 財政課の方で取り組まれた検討の経過は大体わかったんですが予算というのは、担当課で各課から上がってきたものを精査して、今、課長が説明したような形でやられたと思うんです。さらにその上の段階があると思うんですね。部長会というんですか、あれは予算検討委員会ですか、何か当然あると思うんですね。1次査定とか2次査定とか国なんかでもやっていますよね。その上の段階ではどういう検討をされたんですか。



○委員長(波多野憲助君) 助役。



◎助役(比留間徳治君) お答えいたします。

 ただいま担当課長が申し上げたようなことは、予算の編成方針の中での基本的な考え方としてそれを貫いてきたという意味でございまして、先ほど来いろいろ説明申し上げたように、経常経費的な、要するに需要費だとか委託金、こういうものについては一定の減とか増とかのパーセントを示して、それを超える場合にはそれを超えないような方法をとるというふうなことが基本的な考え方で最終決定をしたということでございます。

 それから、ただいまの御審議いただいております中での問題等につきましては全体に貫かれるわけですが、継続的な事業というのもございますし、新年度に取り組むというふうな方針決定をしたものもあるわけです。例えば、議会だよりだとか市報の新聞折り込みとか、あるいはまた広報無線のように継続的なもの、市内循環バスだとか、あるいは市史編さんだとか、こういう継続的なものについては、そのままそれを予算化していかないと中断してしまうというようなこともございますので、これらについてはそのような方針を持った。それから、負担金とかそういう問題については、各種機関への加入している関係からも、一挙にこれらを変えることは難しいというようなことから、そういうふうな方針を持ったということでございまして、先ほど来申し上げましたように需要費の5%、あるいは10%の減とか、委託金等の2%増以内とか、そういうふうな基本的な考え方を、つまり平成5年度の予算に対して新年度予算についてはかなり緊縮した一定の考え方を持って編成をしたと、こういうことでございますので御理解いただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 菅家君。



◆委員(菅家康夫君) 細かいことで恐縮ですが、二、三具体的にお伺いしますが、継続ということがございましたので、例えば予算で85ぺージの東京都北多摩議長連絡協議会というのは、平成5年度には載っていませんでしたね。これ、どういう会議か私知りませんが、平成5年度に載っていないでこっちに載ったということは、何かあったのかどうか。

 それともう一つは、この協議会から、例えば会議あるいは資料、そういうものがどれぐらい送られてきているのか、ちょっとお伺いしたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) 議会事務局長。



◎議会事務局長(野村紀六君) 議会の関係でございますので、私の方からお答えをさせていただきたいと思います。

 この関係につきましては昨年の代表者会議等でも御報告を申し上げ、また、会議のたびに議会諸報告で御報告等申し上げているところでございまして、関係資料につきましては事務局のロッカーの方に保管されております。なお、これにつきましては昨年設立されたものでございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 菅家君。



◆委員(菅家康夫君) わかりました。

 次に、議会議長交際費。先ほど経費については東京都の指示は10%減というような指示があったそうですが、この議長交際費についても、私ちょっと疑問に思う点があるんです。例えば学校行事とか、いわゆる市の主催する、市が費用を全額負担してやる行事はたくさんありますよね。そういうところにも議長が交際費でお祝いを持っていかれるわけでしょう。ですから、これはちょっと私なんかの解釈では理解しにくいんですが、そういうのはやっぱり見直して、こういうときに10%削減というようなことがあるなら検討して、この機会に2割なら2割1割なら1割削減をしていくという姿勢が私は欲しいと思うんですね。私もいろんな団体の会長をやっていますけども、お祝いというのは一切出していませんよところが仲間が、菅家さんきょうお祝い出すんでしょうと言うから、どうして自分が会長やっている総会だとか忘年会とか、そういうときにお祝いを出さなきゃいけないんだと、お祝いというのはこういうものだよって説明してやっているんですがね。ですから、お祝いを出す場合も、やっぱりその辺のところを慎重にやっていった方がいいんじゃないかと私感じたものですから、そういうものは検討してこういう機会に歳出の方はできるだけ削減をしていくという姿勢でないといけないんではないか。これは、議長の交際費だけじゃなくて市長の交際費でも言えると思うんですね。例えば招待をされた、都合で出席できない、お祝いだけ届ける場合がありますね。こういうの全く必要ないと思うんですよね。私は、この間ある団体の祝賀会に招待されたんですが、そこでは一切そういうものは御辞退しますということで、結局いろんな行事をやるときに、お祝いを当てにして招待をするところはないと思うんですよね。せっかく招待されたんだったらあいさつをして、市の報告なりあれの報告をして集まった方々に御協力いただく、そしてお祝いのあいさつを申し上げるというのが筋で、その後でごちそうが出る場合もありますから、そういう場合に若干気持ちとしてお祝いを届ける。あるいは私どもの場合ですとお祝いは出せませんから、会費という形で出たごちそうの分の会費を出すんですけども、やっぱりそういう姿勢でいいんじゃないかなと。

 私、不思議に思うのは、私どもの地元でもそうですけども、今なくなりましたけど、PTAの役員会の総会があるんですね。そうすると、PTAの役員がお祝いを出すんですよね。一部の人から批判が出てそのお祝いのやり方というのは最近なくなりましたけどね。ですから、その辺のところも財政が厳しいんですからもっとシビアに検討されるべきじゃなかったのかというように思うんです。しかも、東京都の方から経費については10%なりの削減をするようにと指示があったわけですから、そういう点も検討してほしかった、こう思うんですがね。その辺は局長いかがでしょうか。



○委員長(波多野憲助君) 議会事務局長。



◎議会事務局長(野村紀六君) お答えいたします。

 ただいまの関係でございますが、まず1点目の市の事業に対すると申しますかこれらの関係についての議会並びに議長交際費については支出をしていないということでございます。また、議会及び議長交際費につきましては、基本的に代表者会議等に諮りまして決めておりまして、その範疇でもって支出を行っております。また、ただいまの御意見等につきましても、今後の代表者会議等におきまして検討はしていただきますが、基本的に武蔵村山市の議会の交際費につきましては、27市等の状況を見ましても当初から多い方ではないという観点からいたしまして、御意見もあろうかと思いますが、十分検討した中でこの額でお願いしたと、こういうことでございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質問ございませんか。

 伊澤君。



◆委員(伊澤秀夫君) 庁舎関連で1点ほどお尋ねしておきたいんですが、現在、庁舎関係での土地の面積、この本庁舎、南1号棟と北1号棟、それから駐車場含めてそれぞれ面積と、借地なのか公有地なのか、これをちょっとお知らせください。



○委員長(波多野憲助君) 総務課長。



◎総務課長(比留間吉夫君) それでは御答弁させていただきます。

 ます市役所関係でいきますと、公簿面積が6,533.3平米。そのうち行政財産であります部分が51.92%に当たります3,392.19平米、そのうち借地が48.08%に当たります3,141.14平米でございます。なお地主さんにつきましては2名でございます。

 次に第2駐車場でございますが、これは行政財産になっておりますが、公簿面積1,737平米でございます。

 次に南1号棟でございますが、これはすべて借地でございまして、公簿面積999.40平米でございます。なお地主さんにつきましては1名でございます。

 それから次に北1号棟でございますが、これにつきましてもすべて借地でございまして、公簿面積714.04平米、地主さんにつきましては1名でございます。

 それから庁用車駐車場、これは行人塚の方になりますが、これもすべて借地でございまして、公簿面積1,236.50平米。なお地主さんにつきましては2名でございます。

 以上、総務課で管理している総面積は、市有地が5,336.06平米、それから借地につきましては6,091.08平米でございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 伊澤君。



◆委員(伊澤秀夫君) それで、庁舎用地の約48%が借地と、こういうことですよねそのほか北、南、それから庁用車の駐車場、ほとんど借地です。特に庁舎につきましてはこれだけ大きな建物が建っておりまして、どうにもならない、返してくれとも言えないわけですね。いつまで借地でいられるかわかりませんが、いずれにしても、地主さんの方で何かあった場合には当然買ってくれということになると思うんですよ、ほかに財産があってもね。売りようがないんだから。ですからその辺はどう考えて対応するのか。何かあって変な組織に買い取られちゃって、立ち退けなんて裁判やられたりなんかしたらかなわないからね。そういう点でこれからどうするつもりなのか、お聞かせいただきたいんですがね。



○委員長(波多野憲助君) 総務部長。



◎総務部長(福島満照君) お答え申し上げます。

 まだ具体的にこれの対応につきましては協議はしていないところでございますけれども、考えられることという前提でお話を申し上げますと、まず一つは、これらに関する用地の問題については、庁舎と市民会館それから新南1号棟、この一つを一つの区分として考えられるかと思います。それからもう一つは、北1号棟、資材置き場等になっておりますが、それからもう一つ庁用車の駐車場、行人塚のところでございます。それからもう一つ市民会館の駐車場、これが二つ目の区分として考えられるのではないかというふうに思うわけでございます。

 そこで今御提言のございました、とりわけ急務を要する問題としては前段の部分でなかろうかと、このように考えるわけでございます。そうしますと、先ほど総務課長が申し上げましたように、その三つの面積を試算しますと約8.500平米ぐらいと、こういうことになってまいります。しからばそれに要する財源と申しますか、どのぐらい要するであろうということで平成5年1月1日の近傍の公示価額を用いて試算をいたしますと29億9,700万円ほど要すると、こういうことになります。そこで、まずは緊急事態と申しますか、地主さんが何人かおりますので、仮にそれがあった場合の対応としては、現在土地開発基金の年度末現金残高が5億ちょっとございますので、当面その中のものは何とかクリアできるのではなかろうかと、こんなふうに考えるわけでございますが、もちろんいろいろな事態が想定されますので、今後はこの都地開発基金を含めた中の開発公社の関係、新たな基金設置その他の方法等で、これが計画立案と申しますか、考え方と申しますか、そういったものを策定する必要があるだろうと、このように考えられるわけでございます。

 なお、2次的要素であります、二つ目の区分という言葉はどうかわかりませんけれども、北1号棟ほかの問題につきましても、これにならって何らかの方策を考えていかなければならないということでございまして、いずれも取得する時期は別といたしまして、その策定は急務を要するであろうと、このように認識をいたしているところでございまして、新年度に入りまして関係部局でこれらのものを煮詰める必要が当然あるだろうという認識に立っておるところでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 伊澤君。



◆委員(伊澤秀夫君) 市民会館も含めまして相当借地が多いわけです。ですから、今総務部長から御答弁いただきましたが、起債もつきませんので、なかなか財源的に工夫が要るし大変なんですよ。ひとつ皆さん知恵を出していただいていい方途を考えていただきたい、このことを要望しておきます。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 1点だけ質問なんですが、市役所の駐車場の問題なんですが特に第2駐車場です。いつも駐車するときに気になるのは、せっかく植物が植え込んであるんですけど、バックで駐車しますと排気ガスなどで傷むわけですよねよそに行きますと、バックでの駐車は禁止する標示などしているところも多いですよね。だから、そういう管理に切りかえた方がいいんではないかなと思うんです。考え方、ちょっと伺っておきたいと思うんですけど。



○委員長(波多野憲助君) 総務課長。



◎総務課長(比留間吉夫君) 確かに御指摘のとおり、各方面でそういう駐車の方法をとっておりますので、第2駐車場につきましても低木等がございますので、ひとつ今後そのような方法をとるようにしていきたいということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) そうしましたら、しっかりとした標示をしないとよくないわけですね。それから、出入り口なんかも意外と入り口から出ていく車も見かけるんです。そうすると非常に危険なんですよね。駐車場から外へ出たいと思ってバックで来るんですが、とにかく危ないですね。だから、そういうこともよくわかるような標示というものを、看板かけていただきたいと思うんです。これは要望しておきます。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

       〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって歳出第1款及び第2款第1項の質疑を終了いたします。

 次に、歳出第2款総務費第2項徴税費から第6項監査委員費、130ぺージから157ぺージまでの市当局の説明を求めます。

 財政課長。



◎財政課長(乙幡清君) それでは、歳出第2款第2項徴税費から第6項監査委員費までの説明をさせていただきます。

 予算書につきましては130ぺージ、131ページからとなります。

 2款2項1目税務総務費でございます。1.3%の増となっております。税務関係職員の人件費、市民税関係事務、資産税関係事務等の経費を計上したものでございます。

 次に134、135ぺージになります。

 2目賦課徴収費でございます。21.0%の減となっております。予算説明資料につきましては、96ぺージを参照していただきたいと思います。大幅な減でございますけれども、減の理由といたしましては固定資産評価賦課事務経費におきまして、固定資産の電算処理委託または土地家屋登記調査委託、土地評価基本調査委託等の事業完了により大幅な減となっております。

 次に138、139ぺージになります。

 2款3項1目戸籍住民基本台帳費でございます。3.4%の増となっております予算説明資料につきましては、96ぺージを御参照いただきたいと思います。戸籍関係の職員の人件費、住民基本台帳事務経費、印鑑登録事務経費等を計上したものでございます。

 次に142、143ぺージをお開きいただきたいと思います。

 2目町丁名整理費でございます。99.9%の減となっております。10地区の一部を残しまして事業の完了をいたしましたが、10地区の一部について今後なお一部調整を要するための予算計上のみとなっておりまして、大幅な減となっております。

 4項1目選挙管理委員会費でございます。4.3%の増となっております。選管職員の人件費、選挙管理委員会事務局経費等を計上したものでございます。

 次に144、145ぺージをお開きいただきたいと思います。

 2目選挙啓発費でございます。0.2%の増となっております。予算説明資料につきましては、21ぺージを御参照いただきたいと思います。

 次に、3目市長選挙費でございます。率でいきますと1,188.8%の増ということですけれども、平成6年5月22日執行予定の市長選挙費の経費を計上したものでございます。

 次に148、149ぺージをお開きいただきたいと思います。

 4目都知事選挙費でございます。皆増となっております。予算説明資料につきましては、21ページを御参照いただきたいと思います。平成7年4月22日任期満了による都知事選挙関係の経費を計上したものでございます。

 次に、5目市議会議員選挙費でございます。皆増となっております。平成7年4月30日任期満了に伴う市議会議員選挙関係の経費を計上したものでございます。

 次に150、151ぺージをお開きいただきたいと思います。

 5項1目統計調査総務費でございます。2.3%の増となっております。統計関係職員の人件費、統計調査事務経費等を計上したものでございます。

 次に152、153ページをお開きいただきたいと思います。

 2目指定統計調査費でございます。5.6%の増となっております。予算説明資料につきましては、21ぺージを御参照いただきたいと思います。平成6年度に行います指定統計の種類等につきましては説明欄記載のとおりでございます。

 次に154、155ぺージをお開きいただきたいと思います。

 6項1目監査委員費でございます。1.7%の増となっております。監査関係職員の人件費、監査委員の経費、監査事務局経費等を計上したものでございます。

 以上、歳出第1款2項徴税費から6項監査委員費までの説明とさせていただきます。



○委員長(波多野憲助君) これで説明は終わりました。

 これより歳出第2款第2項から第6項までの質疑に入ります。

 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 質問いたします。

 町丁名整理の関係です。先ほどの説明では事業完了というわけにはいかなかった、一部を残したと、こういう御説明ですが、今回の予算では具体的な金額が予算執行上の予算はないわけでございますけれども、この前問題になりました三ツ木を含めた一部地域の見送りになっている地域がございます。これらを含めて、また村山団地の場合まだ計画に入っておりませんけれども、そのことを含めまして、今回の予算では計上されてないわけですけれども、その辺についてはどういうふうに対応なさるつもりなのか、そのことを伺いたいと思います。

 2点目は、5月に市長選挙が行われるわけでございます。私の記億ですと、これは4年前のことですから間違いがあるかもしれませんけど、多分三十六、七、八パーセントの投票率じゃなかったかなと思うんですけれども、選管の方からひとつその数字について御説明をいただきたいと思うんです。私が質問したいのはそのことと、この市長選に当たって、前回大変投票率が低かったという経過を私記憶しておりますので、これは4年前のことですから確かなことではございませんけれども、そういう立場から投票率の向上について、ぜひともたくさんの人に投票に行っていただくと。これは我が市の市長を決めるわけでございますから、これから4年間の我が市の大きな権限を持った市長を決めるわけでございますから、たくさんの市民の皆様に関心を持っていただくことは当然でございますけれども、投票日には投票に行ってもらうと、こういうふうに私は考えているわけです。そこで、選管としてどういう努力をなさるつもりなのか、伺っておきたいと思います。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 都市整備部長。



◎都市整備部長(中村盡君) それでは町丁名についてお答えいたします。

 御存じのように、町丁名につきましては10地区の一部と15地区が残っているわけでございます。そこで10地区の一部につきましては先般お答え申し上げましたように、自治会内部の町名の関係というようなことがございまして、現在山王森自治会も含めまして5自治会で協議していただいてございます。そこで、今しばらく時間が必要かなというような状況でございまして、その辺の状況を見ながら進めてみたい、こういうふうに考えてございます。

 そこで、次に15地区につきましては、99ヘクタールにつきましては横田基地というような内部でございまして、これは当面の間、土地利用の実態を見極める必要があるだろうということで考えてございます。なお、緑が丘の町名は決まっているわけでございまして、緑が丘の55ヘクタールにつきましては、何丁目丁目につきましては、今後再生計画の完了等を見ながら進めていくというような計画を持ってございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 選挙管理委員会参事。



◎選挙管理委員会参事(内野和明君) お答えいたします。

 前回の市長選挙の投票率でございますが、36.83%でございます。

 次に、投票の向上でございますが、御指摘のとおり投票率が低いわけでございますが、一般的には、政治の争点とか、投票日の天候とか、候補者等の理由によって低いというのが一般的に言われております。また青年層ですか、年齢の低い方々の投票率が低いということも指摘されております。そういった中で本市におきましては、市報でのお知らせ、横断幕の掲出、庁用車によるボディーステッカーの掲示、広報無線による投票の参加、明るい選挙推進による広報車での投票総参加の呼びかけ等を行っておるわけですけども、これらにつきまして回数等をふやしまして努力してまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 町丁名の関係ですが、五つの自治会で相談をしていただいておると、こういう御報告でございます。そのことはわかりました。問題は、いろんな問題があって延びている地域でございますから、いろんな話し合いは当然だと思います。また、十分な話し合いをしていただかなくちゃまた問題の前進にはなりませんから、そのことは理解はいたしておるんですが、そうかといって全然目安がなく話し合いをしているだけでは、これまた仕事は進みませんから、その辺の目安ですね。ことしじゅうは予算計上ないわけですから、今年じゅうはそういうことで話をし合ってもらうというふうにお考えになっているのか、それとも目安としてはいつごろまでに何とか軌道に乗っけるように考えておられるのか、そのことについて御説明いただきたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) 都市整備部長。



◎都市整備部長(中村盡君) 10地区の一部のことでございますけども、目安ということでございますが、いずれにいたしましても本事業については、大方の方々の賛同を得たいというのを基本としてございます。その中で、これ多数決によって決めるというのもなかなか難しい問題もございますし、今しばらく時間をいただいて、先ほど申しましたように自治会内部のことでございますので、一番問題なのはその中に残堀地域の自治会も含まれてございまして、等々ございます関係もありますので、今しばらく時間が必要かなというようなことで、ある一定の期間をいただいた中で見極める必要があるというようなことは考えてございます。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) おっしゃる意味はよくわかります。そういう内部事情があるということも従来の経過からよく承知しております。そうかといって、全然目安が立たないで話し合いを続けるということも、これまた先ほど申し上げましたけれども、多少行政執行上の問題としては決意の関係で若干不足するんではないか、こんなような懸念をいたします。できるだけ皆さんの意向を尊重するというのは当然のことでございます。それはうんと尊重してもらって話し合いをしてもらって、一刻も早く一定の方向が出るように持っていっていただかないと困ると思うんです。せっかくここまで全体の整理が行われてきてもう少しという段階ですから、そういう立場から皆様方の一層の努力を求めたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) 選挙費でありますが、説明にあったように5月22日執行の市長選挙、この経費は予算化されておりますが、同時に市議の補欠選挙というものが当然ある現状ですね。現議員の中から、既に市長選挙立候補のポスター、チラシ等見ると1欠員になる、市議補欠選挙が行われるというような現状の今日ですその市議補選についてどういうふうに考えているのか、予算上、説明してください。



○委員長(波多野憲助君) 選挙管理委員会参事。



◎選挙管理委員会参事(内野和明君) 補欠選挙の予算につきましては、そのような事実が発生いたしましたらば、補正予算等でお願いすることになろうかと思います。その点につきましては、また財政当局と十分調整していきたいと思います。よろしくお願いします。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) この3月の定例議会が終わりますと後は6月議会まで通常はないわけですね。だから、去年の9月ごろからのろしの声があったわけですから、当初予算の中にはそういうものを考えた上での予算化というものを当然すべきやったんじゃないかと。去年の9月の時点で、来年は市長に出るぞというのろしを上げた空気がずうっと伝わっていたんじゃないか。しかも、市長自身、市当局においてそういうものが一応予定されたんじゃないかというふうに思うわけです。そうすれば、当然予算化が必要であったんやないかと思って質問をしているわけですが、そこらの判断についてどう考えていたのか。それはその時点が来たら補正を組んでというのはそれはわかりますよ、補正を組まなきゃできないんだからそのときには臨時議会を開こうとしているのか、専決でやろうとしているのか、そこらの考えを聞かせてください。

 追加して聞いておきますが、市議補選のいわゆる条件、いつまでに減員になったらという条件があるのか、そこらについても説明してください。



○委員長(波多野憲助君) 暫時休憩いたします。

            午前10時21分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            午前10時43分開議



○委員長(波多野憲助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第1号の議事を継続いたします。

 先ほどの羽尾君の質疑に対する答弁を願います。

 選挙管理委員会参事。



◎選挙管理委員会参事(内野和明君) 補欠選挙につきまして御答弁申し上げます。

 御承知のとおり、5月22日に投票が既に決まっておるわけですけども、それに係る告示日が5月15日、15日以前、11日前までに、これ5月5日になりますけども、前までに議長の方から選管に欠員の通知があった場合に選挙が行われます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 財政課長。



◎財政課長(乙幡清君) それでは、それらの経費という御質問がございましたので、私の方から答弁させていただきます。

 当然に現在予算組んでございますのは、市長選挙関係の経費のみでございますしたがいまして、これらの御質問の市議補選が行われる場合には、当然経費がかかってくるわけでして、この補選が確定した段階で経費が算出されるわけですけれども、当然に当初予算を組んでないということで補正予算で対応していきたいこのように考えております。また、その補正予算の対応につきましては、これが確定した段階での事務日程で臨時会をお願いするか、他の方法をとるかというのは、それらの事務日程上の関係から方法は変わってくる、このように考えております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑。

 内田君。



◆委員(内田英夫君) 1点だけ。152ぺージの指定統計調査費の関係で、今年度大変多くの調査員を選出して調査するらしいんですが、私がちょっと数えただけでも調査員が100人以上いるんですね。この費用は確かに東京都の費用でやるにしても、これらの調査員が市民を対象にして選出されているのか、全都的な形の中から調査員が出てきてこれらの内容の調査をするのか、その点をちょっとお聞かせいただきたいんです。大まかでいいです。例えばこの項目等についてのあれはどこから出るとかということでなくも、大体市内から、または近郷から、または東京都の方からという、そういう形で答弁いただければいいと思うんです。ちょっと内容をお知らせください。



○委員長(波多野憲助君) 企画課長。



◎企画課長(櫻井進君) お答え申し上げます。

 各種指定統計調査の調査員の関係でございますが、基本的には市内、市民からの調査員をお願いしているというのが実態でございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 内田君。



◆委員(内田英夫君) そうすると、例えば資格を持っている人とか何とかという、こういう必要があるのかどうか。一般市民からの公募なのか指名なのかわかりませんが、資格その他についての云々はないのかどうか。ちょっとその点もお聞かせいただきたいんです。



○委員長(波多野憲助君) 企画課長。



◎企画課長(櫻井進君) お答えいたします。

 特に資格はございません。基本的には公募を基本として調査員の把握に努めております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

       〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって歳出第2款第2項から第6項までの質疑を終了いたします。

 次に歳出第3款民生費、158ぺージから227ぺージまでの市当局の説明を求めます。

 財政課長。



◎財政課長(乙幡清君) それでは、第3款民生費の説明をさせていただきます。

 予算書につきましては158ぺージからとなります。

 3款1項1目社会福祉総務費でございます。8.9%の増となっております。予算説明資料につきましては、22ぺージから27ぺージ及び97ぺージを御参照いただきたいと思います。職員の人件費、民生委員児童委員等の活動経費、社会福祉協議会等の育成経費等を計上したものでございます。

 次に166、167ぺージをお開きいただきたいと思います。

 2目国民健康保険費でございます。7.0%の増となっております。予算説明資料につきましては、28ぺージを御参照いただきたいと思います。職員の人件費国民健康保険事業繰出金を計上したものでございます。

 3目老人福祉費でございます。17.3%の増となっております。予算説明資料につきましては、28から35ぺージ及び97ぺージを御参照いただきたいと思います。大幅な増の要因といたしましては、高齢者ホームヘルパー等経費、これらにつきましては派遣回数の増、それから老人保護措置経費等につきましては保護予定措置人員の増、それから老人福祉施設助成経費等につきましては塩船園等の捕助金の予算計上、これらに伴って大幅な増となっております。

 次に176、177ぺージをお開きいただきたいと思います。

 4目老人保健費でございます。9.5%の増となっております。予算説明資料につきましては、36ぺージを御参照いただきたいと思います。

 次に178、179ぺージをお開きいただきたいと思います。

 5目国民年金費でございます。11.7%の増となっております。

 次に、6目身体障害者福祉費でございます。15.7%の増となっております。

 予算説明資料につきましては、36ぺージから47ぺージを御参照いただきたいと思います。これらの増の主な要因につきましては、心身障害者(児)ホームヘルパー経費、これらにつきましては大幅な派遣回数の増を見込んでおります。それから身体障害者(児)福祉手当等の単価アップ等でございます。

 次に194ぺージ、195ぺージをお開きいただきたいと思います。

 7目精神薄弱者福祉費でございます。30.1%の増となっております。主な増の要因といたしましては、精神薄弱者更生援護経費等、それから福祉作業所助成経費等で大幅な伸びとなっております。

 次に196、197ぺージをお開きいただきたいと思います。

 8目福祉会館費でございます。58.2%の増となっております。予算説明資料につきましては、47ぺージ及び98ぺージを御参照いただきたいと思います。大幅な増の要因でございますけれども、施設整備事業費におきまして入浴施設等の工事費を見込んだため大幅な増となっております。

 次に200ぺージ、201ページをお開きいただきたいと思います。

 9目老人福祉館費でございます。18.4%の増となっております。予算説明資料につきましては、48ぺージ及び98ぺージを御参照いただきたいと思います増の要因につきましては、施設整備事業経費で第四老人福祉館の下水道等の接続工事を見込んだため大きな増となっております。

 次に202ぺージ、203ページをお開きいただきたいと思います。

 10目のぞみ福祉園費でございます。0.4%の減となっております。予算説明資料につきましては、48ぺージを御参照いただきたいと思います。

 11目高齢者福祉基金費でございます。5.2%の増となっております。

 2項1目児童福祉総務費でございます。20.2%の増となっております。予算説明資料につきましては、48ぺージから51ぺージを御参照いただきたいと思います。増の主な要因でございますけれども、児童手当支給経費におきまして手当等の単価のアップ、それから新たに乳幼児医療費助成経費につきまして当初予算に計上したため、これらの経費により大幅な増となっております。

 次に208ぺージ、209ぺージをお開きいただきたいと思います。

 2目遊び場等対策費でございます。28.9%の増となっております。予算説明資料につきましては、98ぺージを御参照いただきたいと思います。増の主な要因でございますけれども、遊び場等対策経費におきまして、用地、敷地の借上料等の計上のために大幅な増となっております。

 212ぺージ、213ぺージに移ります。

 3目児童措置費でございます。9.2%の増となっております。予算説明資料につきましては52、53ぺージを御参照いただきたいと思います。増の要因といたしましては、 国基準措置費委託料及び都加算等の増によるものでございます。

 4目保育園費でございます。5.2%の減となっております。予算説明資料につきましては、53ページ及び98ページを御参照いただきたいと思います。次に218ぺージ、219をお開きいただきたいと思います。

 5目児童館費でございます。4,000円の減ということで率的には減となっておりません。予算説明資料につきましては、54ぺージを御参照いただきたいと思います。児童館の運営経費、児童館の維持管理経費等を計上したものでございます。

 次に222ぺージ、223ぺージをお開き願います。

 3項1目生活保護費でございます。2.2%の増となっております。職員の人件費及び生活保護法の施行事務経費等を計上したものでございます。

 次に226ぺージ、227ぺージをお開きいただきたいと思います。

 2目扶助費でございます。前年同額でございます。予算説明資料につきましては、54ページを御参照いただきたいと思います。

 4項1目災害救助費でございますけれども、前年同額でございます。

 以上で3款民生費の説明とさせていただきます。



○委員長(波多野憲助君) これで説明は終わりました。

 これより歳出第3款の質疑に入ります。

 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 5項目以上ありますので、とりあえず5項目だけやります。

 まず、ホームヘルパーの派遣謝礼のところに該当するんですけれども、登録ヘルパーの健康診断はどうなっているかという点、伺っておきたいんです。

 それから次のぺージの高齢者日常生活用具のところですね。ことし新規で追加になった分があるかどうか、そして全部で何項目になるのかという点、伺っておきたいんです。

 それから173ぺージ、これは後の身体障害者のところもそうですが、老人福祉電話経費の部分です。今回通話料金が値上げになっていますよね。だから、その部分はどんなふうに、その分も見込んで計上されているのか、そして何人分ぐらいが今回対象を考えているのかという点など伺っておきたいんです。

 それから175ぺージの高齢者世帯の住み替え家賃助成がありますね。これ、実際に利用状況はどうだったのかという点です。それで、利用できないケースが多かったと思うんですね。どうしてそういうふうに利用できないのか、その辺についての説明をしてください。

 それから177ページになるんですが、高齢者入院見舞金支給経費がありますが、これことし、平成6年で2年目になるわけですね。これも1カ月以内に申請をしなさいということになっています。ですが、なかなかこの制度をまだ知らない方が多い。それから気がついて慌てて申請しようとすると、もう退院をして1カ月以上経過してしまったというケースもありました。実際、私かかわった中でそういうケースがあったわけですね。だから、これを1カ月以内に申請という点ではなくて、会計年度が1年なんですから、そのくらい枠を広げてもいいんではないか。だから、要綱の見直しをした方がいいんではないかという点を伺っておきたいんです。

 以上5点ですが、これでまた後で。



○委員長(波多野憲助君) しばらくお待ちください。

 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えいたします。

 まず1点目でございますが、登録ヘルパーの健康診断ということでございますけども、健康診断は市の方では実施しておりません。

 2点目の日常生活用具でございますけども、5年度には新しい項目については追加はございません。現在24項目となっております。

 3点目の老人福祉電話の関係でございますけども、通話料につきましては改正分は今年度は見込んでおりません。対象人数はちょっと今調べまして後ほど答弁させていただきます。

 4点目の家賃助成の関係でございますけども、制度ができて以来現在までの利用者は1人もいないという状況になっております。

 5点目の入院見舞金でございますが、制度上、退院してから1カ月以内ということで申請をしていただいているわけですけども、そのPR方法につきましては市報、または『暮らしと生きがい』というような小冊子をもってPRをさせていただいておるわけでございますが、ただいま御質問のあったような点につきましては、あくまでも見舞金ということでございますので、1カ月以内に申請をしていただくという基本線をもって対応を図っているということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) ヘルパーさんの健康診断の件ですけれども、これは本人が病気を持っていた場合もかなり困りますし、早期発見でちゃんと治療していかないと大変なことになるわけですよね。それからまた、体力が落ちている中で相手の方の家に行きますと、家事援助者、御家庭で病気している方のところに行くケースが多いわけですから、きちっと健康診断は定期的にやった方がいいんではないかと思うんです。ですから、市民が登録ヘルパーになるケースが多いですから、誕生月健診もあるにはあるんですけれども、そうしますとその辺についての徹底はちゃんとやられているんですか。やっていないんだったらばそれなりに対応、健康診断をちゃんと受けてくださいよというような指導などはやってますか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) お答え申し上げます。

 健康診断の件ですが、誕生月健診がございますけれども、これは健康課の方の所管でやっておりますけれども、それぞれ内容的には私も携わったことがありますが、誕生月の前に受けていただくようにというような診断の内容についてのパンフレットなり、受ける項目等の診断の内容の用紙を送付しているというふうに記憶しておりまして、それらが個別にその人のところに行くということで、特にうちの方ではやってございません。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) やっぱり、基本的には市の仕事をするんですから、職員と同じように健康診断を受けさせるということが大事ではないかと思いますので、それは要望しておきます。検討してください。

 それから次の日常生活用具の点ですが、これ実際、介護用具皆さんなかなかわからないんですよね。だから、展示会のような展示をぜひやってほしいという要望を何回もしているんです。産業祭などでもどんどん取り入れていったらいいんじゃないかということを申し上げているんですけれども、社会福祉協議会でも今回そういう方向でやられているというのも聞いてはいるんですけれども、やっぱり市としても日常的な展示というものを考えていったらいいんではないかと思うわけです。そして何かイベント、市の行事があるときにはそこにどんどんお願いしていく、そういう方向が必要だろうと思うんですけれども、積極的な取り組みというのをお願いしたいわけです。そして市民の方にそういうものを知っていただくということ、とても大事だと思うんですけども、いかがでしょうか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 福祉機器について日常生活用具の中でも項目、何項目かありますけども、最近はいろいろと福祉機器の開発等進んでおりまして、社協の方の行事の催しとか、そのほかボランティアの方の関係とか、団体の催し物のときにはいろいろそういう製品等は展示されたりしておりますが、市の方としては社会福祉協議会の方でいろいろ今ボランティアの推進事業を行っておりまして、その中でいろいろと福祉機器の展示等についても検討していただきたいというふうなことも話をしてございます。御質問の日常生活用具のこともありますので、今後とも社会福祉協議会でも、ボランティアコーナー等いろいろ検討する中で、対応していただきたいというふうなことをお話ししてみたいというふうに考えております。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 市独自ではやる気がないというふうに受け取れますね。社会福祉協議会の方にということですが、どうなんですかね。やっぱり市の姿勢がとても大事なんですね。それから市民は、困ったときに見たい、実際に触れて、車いすなら車いす、つえみたいなものありますが、4脚の脚のついたつえなんかも持ってみてさわってみないと、実際にこれが自分にふさわしいのかどうかというのはわかりにくいんですよね。それでわざわざ必要なときに、いわゆる介護用品取扱店まで出かけていって、品物に触れてみて買うというのは難しいんですよ。じゃ、その取扱店が幾つも幾種類も商品を持ってきて、試しに試験的に使わせてくれるかというと、なかなかそこまで行き届いてないんですね。だから、買ってみたけれども使えなかったという例も実際に起きているんです。だから、そういうことがないようにするためには、絶えず展示しておいて皆さんに触れてもらうと、そういうスタイルをとっておかないとむだになってしまうのではないかと思うものですから、市で責任持ってこういうものはやっていただきたいと思うんです。ほかの市ではどうなっていますか、この点。調査されていますか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 各市の状況ということで特に調査はしてないわけですけども、聞くところによりますと、いろいろ他市においても社会福祉協議会、その他介護支援センターとかいろいろ施設はございますが、そういう中ではいろいろと工夫しているというふうには聞いております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) じゃ、よその様子もよくお聞きいただいて、ぜひとも前進させていただきたいと思います。庁舎の一画に小さなものだったらば展示しておといてもいいわけですよね。コーナーつくってね。市民がしょっちゅう訪れるわけですからね。そういうこともちょっと工夫していただきたいと思います。

 それから福祉電話の件です。これは随分困ったことですよね。というのは、たしか今まで3分が10円だったと思うんですよね。どうなんですか。



○委員長(波多野憲助君) しばらくお待ちください。

 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えいたします。

 通話料、黒電話1分につき3円というふうには聞いております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 4月から変わりますよね。もうわかっているわけですから、そういうことをきちっと調べて、その分をふやしていただきたいわけですよね。対象分はいいとして、今まで基本的な考えは基本料金と60通話分という予算を組んでいたはずなんですよね。どうなってくるんですか、その点は。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えいたします。

 ただいま御質問があったように、現行は基本料金600円プラス60通話というような形で予算は計上させていただいております。それによって、改正が4月1日からということでございますが、当初予算を計上したときには、まだそのはっきりした状況をつかんでおりませんでしたものですから、従来どおりの形で予算を計上したわけでございます。それで、改正といいますか、現在の通話料がほぼ1カ月平均2,200円ということでございますので、おおむね予算上では2,400円を計上しておりますから、その範囲内で対応できるんではないかというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 基本料金プラス60通話ということで、今後どういうふうに実態がなっていくのかちょっとわかりませんけど、足りなくなったら1カ月予算が2,400円だからというやり方ではなくて、やはり通話料分きちっと出していただきたいなということを、補正を組むなりして出していくべきだと思うんですよね。だから、ぜひその点要望しておきます。

 それから175ぺージの高齢者の住み替え家賃の助成問題ですね。どこに問題があるんですか、これ。ゼロ件というのは。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答え申し上げます。

 家賃助成の関係ですけども、今年度2件ばかり御相談に見えた方がおいでになったわけなんですが、結局、助成額の基準でございますけども、これが東京都の都営住宅の所得基準等、また家賃等も東京都の都営住宅家賃をベースとして基準が定められているということから、最低が4万3,000円というようなところがあるわけでございます。それで御案内かと思いますけども、算出の方法としましては、転出後の家賃と要するに基準による4万3,000円と比較しまして、どちらか安い方という部分と、それから転出前に住んでいた家賃、それと入居者が負担する算定基準額があるわけですが、それと比較してどちらか高い方を差し引いた額の助成額というような形になっておりますから、対象者が4方3,000円以下という方が御相談に見えたというようなことで、対象にならなかったというようなことでございます。それでPRといたしましては、先ほど申し上げましたけども、市報、10月の市報の特集号を組みましてPRをしているわけなんですけども、その点なかなかまだ周知がされていないという点があるかというふうには思っております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) だから今の説明によると、東京都の基準の家賃の設定の仕方が低過ぎる、実態に合ってないということですね。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) この家賃助成は東京都の事業に準じて市の方で実施しておりますので、事業内容は東京都と同一ということで実施されております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) そういうふうに聞いてないんです。家賃が4万3,000円と言われましたよね。それ大体、実際には住みかえようという住宅ですと、それより低い家賃の住宅というのか、アパートというんでしょうか、貸し家がない、なかなか見つからないんですよね。そういうことになってきますよね。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えします。

 4万3,000円というのは一例でございまして、一番最低額をただいま事例として申し上げたわけですが、1人の場合とか、それから2人でお住まいの場合とか、3人以上の場合とかという場合には、その家賃助成の基準額そのものも上がってくると。3人以上の場合ですと、最高9万6,000円というような助成基準額もあるということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) いずれにしましても、お年寄りの方が実際住みかえたいと、家を出なくちゃいけなくなりまして、アパート借りたいという場合に対象にならなかったわけですよね。ならないんですよ。だから、どういうふうにこれを改善したらいいのかということを考えないと、絵にかいたもちになってしまうわけですよね。どういうふうにしたら皆さんに大いに利用していただけるようになりますか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えいたします。

 先ほども御答弁させていただいたんですが、この家賃助成事業は東京都の補助事業で東京都に準じて実施している事業でございますので、ただいまの御質問にあった点につきましては今後都の方へ機会があれば話をしてみたい、そういうふうに思います。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) だから、場合によっちゃあ武蔵村山市で上乗せをして市民に利用しやすいようにするということも考えていただきたいわけです。そうしませんと、本当に全都的に見ても、もちろんこれ利用できる人というのはほとんどないような状況のようですけれども、武蔵村山市でもゼロ、こういうふうにまだ開けてない地域でもゼロだというのは、これは欠陥ですよ。だから、大いに東京都にも都民が利用できるような内容にしろというのをもちろん言っていただきたいんです。そして、かつ武蔵村山市民も利用しやすいというか、該当するような実際の助成内容に変えていかなくちゃ意味がないですよね。やりました、やりましたって制度をつくったって、利用できないんじゃしようがないですよ。そういうことを申し上げておきます。

 それから次のぺージのところです。高齢者入院見舞金ですが、これ、本当に1カ月、よその市はどうなってますか。こういうふうにたった1カ月以内に手続取ってくださいという市、あるんですか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 申請の1カ月以内ということについては、まことに申しわけありませんが、他市の状況そこまでちょっと調べてございません。先ほど厚生課長の方が答弁いたしましたが、この入院見舞金という趣旨を踏まえた上でその期間的なものを考えて設定してあると。また、その見舞金を支給するという制度そのもののあり方をとらえた場合に、そのような形で設定をただいましているということでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 要望しておきます。これ、他市の状況、実施している自治体の実態を調べていただきたいんです。それからこれは1年の会計の中でいくわけですから、やはり1年ということでいいんではないかというふうに思いますのでこれは意見をしておきます。ぜひ改善していただきたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) 先ほど御答弁させていただいたんですが、答弁の訂正をさせていただきたいと思います。

 老人福祉電話の関係でございますが、先ほど60通話分というふうにお答え申し上げたんですが、基本料金プラス600円の通話料ということでございますので、御訂正をいただきたいと思います。

 それから料金改正が先ほど4月1日ということでございましたが、電電の方では今のところ改正については考えていないということでございます。

 それと先ほど福祉電話の予算対象者ということなんですが、答弁漏れになっておりましたんですが、270人ということでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) 基本料金というのはわかるんです。600円というのは、東京都はどういうふうにやっていましたか。60通話というふうになってなかったですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えいたします。

 東京都の方はちょっとわからないんですが、この老人福祉電話については市単独事業ということで実施しておりますので、規定上は基本料金と600円の通話料ということで助成を行っておるということです。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) そうすると、それは要綱か何かで定めているんですか。要綱の中でそういうふうに基本料金プラス600円となっているんですか。ちょっとそこを確認しておきます。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えいたします。

 実施要綱の中で実施要綱第3条に定めておりますけども、基本料金に通話料600円を加算した額を助成するということになっております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 遠藤君。



◆委員(遠藤敏雄君) 187ぺージ若草集会所について、利用している障害者団体からカラオケセットが欲しいということなんですが、現在は自分たちで持ち込んでいるようですが、障害者のためそれが大変重荷であるということを訴えております。老人福祉館にはカラオケがセットされているじゃないかと、私たちにはセットしてくれないと、こういう不満、要望ですが、このことについては団体から市の方に要望がされていますか。話が出ておりますでしょうか。まず、そこら辺を確認。

 それから、そういうことでなかなか対応してくれない、こういう不満もあるようなんですが、障害者の立場を考える、自分たちが近隣の人たちと楽しむ、またそういうことも生活上必要なわけです。せめて市の方でカラオケセットを備品として集会所にお願いできないかという切実な訴えであります。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) お答えをさせていただきます。

 ただいま御質問のありましたような利用者からの設置についての要望という関係につきましては、直接要望書としてはいただいておりません。ただ集会施設であるということで、その中に特定の団体の方が備品として置いているというようなことがありましたので、集会所でありますのであなた方の団体だけでなくほかの団体の方も使われますので、団体の備品は置かないでくださいというようなお話はした経過がございます。

 そこで今お話のありました設置に関しての関係でございますが、基本的には多くの方に使っていただく集会施設であり、一定の特定の方たちが事業として実施するようなものの備品としての設置については、今のところ考えておりません。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 遠藤君。



◆委員(遠藤敏雄君) そうなりますと、公共施設のあり方ということになるんだろうと思い、ます。多くの団体が利用する公共施設にはそういうものは備品として設置できないと、他の公共施設もそうなるんじゃないですか。その辺のまず公共施設等のあり方をお願いします。



○委員長(波多野憲助君) 暫時休憩いたします。

            午前11時34分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            午後 1時01分開議



○委員長(波多野憲助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第1号の議事を継続いたします。

 先ほどの遠藤君の質疑に対する答弁を願います。

 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) それではお答えをさせていただきます。

 若草集会所それから他の公共施設等あわせてというお話でございましたが、公共施設はその施設の目的、それから利用の実態というのがございますので、あわせて若草集会所にも同様に利用する目的や対象が定められております。そこで若草集会所は一般的には特定の方の利用という制限がございます。一般の他の公共施設ということですと、その施設によっては不特定であったり特定であったりというようなことがございます。

 したがいまして、先ほどのお話の中にありました若草集会所の件で御答弁をさせていただきますと、若草集会所は利用される方が身体障害者(児)ということが主でございまして、実態からいきまして、これについては身体障害者の各団体の方が使われているという実態がございます。そういうような実態の中からいきまして先ほどのカラオケの件ですと、他の団体とそれからいろんな団体もございますので、先ほど御答弁申し上げましたように状況がいろいろございますので、設置については今のところ考えていませんという御答弁をさせていただいたわけでございますが、利用する団体の皆さん方がそれを利用することについて問題がないと言われるような状況であるとすれば、当然そういうような施設設備の設置についても、考えるべきであろうというふうには考えているところでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 遠藤君。



◆委員(遠藤敏雄君) 状況等よくわかりました。今、カラオケの練習と申しますか、そういう十四、五人が参加してやっているようです。中には精神障害の方がいて声が出ない、出せられない、そういう方も参加して、皆さんの歌う練習状況を耳で聞いて、それが非常に精神障害にもプラスになっていると。今、病院でもカラオケ大会ってやるんですね。それはなぜかと言ったら、声を出すことは非常に病気とか障害にいいということで病院でもやっています。ですからその状況というのは、利用している四つか五つの団体の方にこの状況をよく知っていただいて、できることなら団体、連盟といいますか、了解をとるようなそういったことをしながら要望書という形で出したら、これは市としてもそういう心配な面は解消できるだろうと思いますね。そういうときに、今言われたように、そうなれば備品として設置することは当然考えられると、こういうことですから、そのようにこれからそういう体制をつくるように私からも申し上げますから、その節はよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 5項目お願いします。

 一つには、喜び農園の関係ですけれども、今この農園の区画数が減っているのかふえているのか、どうなっているのか、数をお知らせください。

 二つ目には、177ぺージの地域高齢者住宅計画策定経費の関係です。今回この策定計画がなされるわけですけれども、どういう方が委員さんになられるのかということですとか、それからいつごろまでにこの計画をつくろうとしておられるのか。それからまた、部会とか委託料との関係がどういうような形なのか、お知らせいただきたいと思います。

 あと185ぺージの心身障害者の自動車ガソリン費の助成経費の関係ですけれども、この経費は通勤ですとか通学、通園の場合だけだと思うんですけれども、症状が重くて例えば通学とか通勤できない方もいらっしゃるわけですけれども、そういう方などもいろいろ買い物したり社会参加のために車を利用されている方はたくさんいらっしゃると思うんですけれども、そういう通勤も通学もできない方の補助というのは一番必要じゃないかと思うんですけれども、その辺のお考えをお伺いしたいと思います。

 それから193ぺージの身体障害者の移送サービスの件です。これはいろいろ御検討いただきまして、付き添い者、介助者の件なんですけれども、例えば障害者でも電動の車いすで自分で町の中を移動できる方がいらっしゃいますね。そういう方がこの移送サービスの車を利用した場合に、介助者というのは必要なのかどうか。規定によりますと、要綱によりますと、必ず安全を守るために介助者をつけなきゃいけないとなっているんですけども、そういう電動車いすで自由に町の中を移動できる方の場合、必要なのかどうかをお伺いしたいと思います。

 それからもう1点、保育園の関係ですけれども、保育園給食です。今女性が2人集まればおコメの問題になるわけですけれども、学校の場合は、学校給食会の方で100%国産米を利用していただけるということになっているわけですね。ですから、学校給食会からおコメを取れば100%国産米のおコメが食べられるということですけれども、学童よりもっと年齢の低い保育園児にとって、特に安全面の上から外国米というのは非常に問題があるように思うんですけれども、少なくとも公立保育園の場合、おコメの問題では現在どのように対応されていられるのかお伺いしたいと思います。

 以上、5点です。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えを申し上げます。

 第1点目の喜び農園の関係でございますが、御案内のとおり現在3人の地主さんの方から土地を借りまして、面積2,935平米という土地をお借りしております。それで、それぞれ3カ所ございますが、現状では142区画ということで区画数の変更はございません。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 福祉企画担当主幹。



◎福祉企画担当主幹(清野和祐君) 2点目についてお答えさせていただきます。

 177ページの地域高齢者住宅策定経費の関係でございますが、委員の構成といたしましては、ます委員会が学識経験者3人ということで、福祉、医療、社会学の分野から大学の教授1人、それから住宅建築都市の分野から2人、合計3人それから地元福祉団体関係者1人、住民代表1人。公的供給機関といたしまして東京都住宅局から1人、住宅都市整備公団から1人、住宅供給公社から1人、それと東京都福祉局から1人。市職員といたしましては委員会の方は企画財政部長それから都市整備部長、福祉部長、合計で12名の委員を予定しております。

 また作業部会につきましては、学識経験者1人、先ほどの委員会の3人のうちの一方が作業部会長になっていただく。それから公的住宅供給機関として2人、東京都職員1人、市職員といたしまして企画財政、都市整備、福祉部の各関係課長3人、7人を予定しているところでございます。

 それから計画の作成時期につきましては、平成7年の3月を目途にしております。

 また、部会と委員会との関係でございますが、まず、作業部会の方で事務局と案をつくりまして、それを委員会にかけるというふうに、作業部会、委員会、作業部会、委員会と繰り返しながら計画の策定を進めていくと、こういうことでございます。

 それから策定委託の関係でございますが、これにつきましては、いわゆる最終的に地域高齢者住宅計画書の作成、それと委員会及び作業部会のそれぞれのコンサルテーションというような、それといろいろな諸資料の作成というふうなのが策定委託経費でございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) それでは、3点目のガソリン費の助成の関係で御答弁をさせていただきます。

 心身障害者(児)のガソリン費助成につきましては、ただいまも御質問ありましたように、18歳未満の方を対象とした場合にはその方の家族の方が自動車を利用している場合。それから18歳以上の方になりますと自分で所有している自動車により通園、通学、通動をしている者ということでございます。したがいまして、助成につきましては障害のある方の通園や通学、通勤についての助成という考え方でございますので、日常の買い物等についてはこの段階の中では考えていないということでございますが、ただ、私たちというか、市の方でその状況をつかんでやるということではございませんので、当然、証明その他をいただきまして実施をしているということでございますので、その辺の御理解をいただきたいと思います。

 それから4点目になります移送サービスの付き添い者の関係でございますが、ただいまお話がありましたように、現行の中ではつけていただくということになっておりますが、他市の実態とか現状を調査の上、改善をしてまいりたいというような考え方で御答弁をさせていただいております。そこで新年度からの関係でございますが、まだ要綱を制定してあるわけではございませんが、考え方といたしましては、ただいま御質問のありました電動の車いすで自分でできるという方であれば、当然介助者がなくても可能というふうに考えておりますので、そのような考え方の中で要綱を改正してまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) 5点目についてお答えさせていただきます。

 公立保育園の給食のおコメの問題でございますが、3月いっぱいにつきましては、現在の納入業者にお願いいたしまして国産米で対応していくという考えでおります。今後の4月以降につきましても、さらに現在の納入業者等にもお願いして国産米で対応を図っていきたいと、そのように思っております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) わかりました。

 そうすると、喜び農園の件なんですけれども、これは今使っている3カ所、142区画ですけども、これは農地になっているんですか、宅地ですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えを申し上げます。

 登記簿上、地目は農地になっております。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) そうすると、これは税金の関係を地主さんに免除してあげてお借りしてるということですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) そのとおりでございます。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) そうしますと、今この142区画で希望者に対してはどうなんでしょう。今非常に畑をつくりたいとか、耕したいとか、体を動かしたいとか、そういうお年寄りの方の声をお聞きするんですけども、希望者に対してこの142区画というのは対応できていますか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えします。

 今年度たまたま3月から利用者の更新がございまして、ことしの2月1日号の市報によりまして募集を行ったところでございます。そこでその応募者でございますが、160名の方が応募されております。そこで先ほど御答弁申し上げましたように142区画でございますので、すべての応募された方が利用できるという状況ではございませんが、残された方につきましては補欠登録をさせていただきまして、利用されている人の利用取り消しとか、また辞退等がありました場合には随時そこへ充当していくというような方法で対応を図っているということでございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 今申し上げましたみたいに、今非常に耕作に対する希望というのはふえているわけなんですけれども、申し込んだけど、申し込んだ人が多いみたいで果たして当たるかどうかと心、配されている方もいらっしゃるわけなんですけれども、農地の宅地並み課税の関係で今農地がどんどん減っている状況の中でこの喜び農園を今ふやしていくというのはどうなんでしょうね、難しいんでしょうかね。今農地として届けが厳しくなっておりますのでね。そういう中でぜひふやしてい、ただきたいなという要望があるんですけれども、その点どんなふうにお考えになりますか。



○委員長(波多野憲助君) しばらくお待ちください。

 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えさせていただきます。

 ただいま御質問にあるような要望につきましては、私どもの方でもまだ聞いたことがございませんので、今回応募された方等の状況をお聞きしてみたいというふうに思います。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) それでお聞きしてみて、ふやしていただきたいというふうなことがあれば、これはふやせるものなんですか。ちょっとその辺は私もよくわからないんですけども、地主さんの方としても、農地なかなか耕作しないと宅地並み課税になるわけですよね、いろいろ制限があって。耕作できないと、泣く泣くというか宅地並みになって課税されてしまう土地がいっぱいあると思うんですけれども、市民の側としましても、宅地課税になって駐車場になったりアパートが建つよりもは、もっともっと耕作地として農地として置いていただきたいなという希望なんかもすごくあるわけですよね。そういう中で今回は喜び農園の場合だと高齢者のみが対象ですけれども、そういう農地として置いておきたいというところで、市民も耕作をさせてもらいたいという希望と合致するところがあると思うんですけれども、これはふれあい農園なんかのところでこれから企画、検討されていくことと思うんですけれども、当面喜び農園をてこにしてでもそういうところをふやしておいていただかないと、だんだん農地が減っていってしまうんじゃない、かみたいな非常にそういう危惧もあるわけで、今回たくさんの応募者がいられるわけですから、そういう中から声を聞いていただいて、もしふやしていただきたいという声があるようでしたら、市はこれをふやすというお考えでいらっしゃるんでしょうか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) お答え申し上げます。

 今回特に応募者が多いということであるわけですけども、いろいろこの中でも農園みたいな形でやっていますので、一つは全然そういう土に親しむ場所がないと。例えば一軒家であれば多少の土地があってそこでもできるという状態の方は御遠慮くださいとかいろいろあるわけですけども、そんな中で内容を、どういう方が申請されているかというのを一応把握して整理したいということが一つございまして、またそれに対してふやすのかどうかということでございますが、いずれにしても地主さんの協力を得ないといけないということもございますし、またいろいろ今回税制改正上で要するに生産緑地の関係も出てきておりますし、またそのほかの関係もございますので、多少状況が以前と変わっておりますし、またそういうふうな内容も幾つか変化しているかと思いますので、十分その辺も調査した上で考えていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) よろしくお願いします。

 次ですけれども、高齢者住宅計画の策定の関係ですけれども、今委員さんをお伺いしましたら12名ですよね。予算措置としては委員長さんを含めて9名分なんですけれども、ちょっとその辺がどうなんでしょうか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉企画担当主幹。



◎福祉企画担当主幹(清野和祐君) お答えさせていただきます。

 市の職員3人につきましては当然報酬はなしということですので、予算計上させていただいているものにつきましては、報酬を支払う委員さんのみの人数ということになっております。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) わかりました。済みません。

 それで、平成7年の3月をめどにということですけれども、これは書類の完全な作成も含めて全部終わるのが3月ということですか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉企画担当主幹。



◎福祉企画担当主幹(清野和祐君) お答えいたします。

 計画書の作成までということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) そうしますと、来年3月に計画書の作成まで含めてといいますと、この中で決まった高齢者住宅が実施計画に移されるのは、そうすると平成7年からというのは時期的にどうなんでしょう、難しくなってくるわけですよね。

 といいますのは、非常に高齢者に対する住宅の問題というのは急がれてる問題だと思うんですよね。今回議資料でもいただきましたけど、他市では東京都のいろんな補助なんかも受けて、高齢者の住宅計画というのは非常にニーズが高いものですからどんどん進んでいっている状況にあると思うんですけれども、今のこの計画ですと来年3月までに計画書を策定してそれから計画をしていくとなると、実際動き出すのは平成8年ぐらいからになるのかなとすごく心配なんですけれども、その辺のお考えはどうなっておりますか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉企画担当主幹。



◎福祉企画担当主幹(清野和祐君) お答えいたします。

 確かに計画そのものの実施年度ということになりますと平成7年度からということになるわけですが、ただいまのように、いわゆる実施計画に反映するということになりますと時期等の問題もございますので、予算を伴うものにつきましては、実質8年度からにならざるを得ないんではないかというふうに考えております。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) この計画ですとそうなりますよね。これは要望としてお願いしておきますけれども、非常にニーズが高いというものですので、もちろん委員会の中での検討の速度にもよると思うんですけれども、一刻も早くお年寄りは高齢者住宅を望んでいられるということで、ぜひこの辺をお考えに入れていただきたいというふうに思います。

 次ですけれども、ガソリン費の助成の問題ですけれども、何か今ちょっとお伺いしていて私の聞き間違いかもしれませんけれども、ガソリン費の助成対象が成人の場合は通勤と通園、通学の場合のみということでは要綱に書かれているわけですけれども、それをほかにも使うことも可能ですみたいな言い方を、ちょっと聞き間違いかもしれませんけれどもそんなふうに聞き取れたんですけれども、これはあくまでも通園、通学、通勤のみがガソリンの対象のなるわけですよね。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) お答えさせていただきます。

 あくまでも対象となる方が通園、通学、通動に使用したものを対象にして支給するということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) そうしますと先ほど申し上げましたけども、私もこんな御意見を伺ったんですけど、通勤できる方はある程度収入があるわけですから、ガソリン費は自分で持とうと思えば持てると。でも、通勤もできない人、収入も得られないような人、その人たちが社会参加なり買い物する日常生活に家の外に出るためのガソリン費をなぜ市が出してくれないのかという声をよく聞くんですね。私もちょっと他市の状況なども調べてみたんですけれども、たくさんは調べられないんですけども、かなり他市の場合は日常生活にもガソリン代を補助しているという状況があると思うんですけれども、市のお考えとしては、今要綱としてはもちろん通勤、通学、通園だけですけれども、日常生活にはやはり必要ないというふうにお考えなのか、それとも必要あるけれども一応予算措置として今の段階では無理だというふうにお考えなのか、その辺ちょっとお伺いしたいと思うんです



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) 先ほど他市の状況等も踏まえてというお話がありましたけれども、これはタクシーの利用券、タクシー利用できない方で、またはいろいろな事情があって小さいお子さん乗れないというようなことから、ガソリン費の助成が出てきたというような経過がございますので、基本的にはガソリンじゃなくてタクシーで利用していただくというのも一つの方法だというふうに思います。

 そこで今御質問のありましたように、現在の中ではと、それから社会参加や買い物の関係について必要ないかどうかというようなお話ですが、車で行くということであるとすれば当然それは必要であろうというふうには思いますけども、ただ、今お話ししましたように、社会参加のための交通費の一部の助成というような基本的な考え方の中から考えますと、車が買えないような方だということであればタクシー券を使っていただくということになりますし、タクシーが来てくれないようなところでもって車を持っている方についてということでガソリン費の助成が出ておりますので、基本的にはそのような判断の中から現行の制度の中で実施していきたいというふうに考えているところです。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) お考えとしてはわかるんですけど、もちろんタクシー券も利用できますけれども、タクシーというのは呼んで来てもらって行かなきゃならないですから、か、なり日常生活にタクシーを利用するというのは限界があると思うんですよね。日常生活にちょこちょこと出かけたい、足が悪くても出かけたいというために、皆さん一生懸命障害者でも自家用車の免許を取られて、車を買って利用されて生活の範囲を広げていられるわけですから、ぜひそういう日常生活のところにも助成をしていただきたいなというふうに思うわけなんですけれども、またこれ他市のことなどもぜひ検討いただいて、できたら日常生活にも助成していただきたいということを要望しておきます。

 次にいかせていただきます。身体障害者の移送サービスの件ですけれども、これは一つの例としてお伺いしまして、電動の車いすで自由に行き来のできる人には介助者をつけなくても大丈夫だということで伺って安心したわけですけれども要綱の改定というのは、どういうような内容でいつごろ改定していただける予定でしょうか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) 現在の段階では、新年度の事業というものから対象にしたいというふうに考えておりますが、要綱の制定の時期その他につきましては、急いで実施していきたいというふうに考えております。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) ぜひよろしくお願いします。

 あとおコメの件なんですけれども、3月いっぱいまでは公立保育園の場合ですけれども、100%国産米でお願いをしているということですけど、これは業者さんどうなんですか。3月いっぱいまでは完全に入るというふうにおっしゃっていますか。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) お答えさせていただきます。

 現在の納入業者と私もかけ合いまして、その分については何とかしましょうという回答をいただいております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 4月以降もお願いしてあるということですけど、これはめどと

しては業者さんどのようにおっしゃっていますか。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) お答えいたします。

 4月以降につきましても、何とかその辺について現在のままでいけるように努力しますという回答をいただいておりますので、国産米で公立保育園の方は対応できるんではないかとそのように思っていますし、また今後私も業者等にかけ合いをしていきたいと、そんなふうに思っておりますのでよろしくお願いします。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 見通しとしては、ことしの9月、10月に新米がとれるまで、公立保育園の場合は見通しとして国産米100%で保育園給食ができるというふうに考えていられるということでよろしいわけですね。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) お答えいたします。

 9月までと、なかなかこれ難しい面があるかと思いますけども、いずれにしましてもそのような形で努力をしていきたいと。同時にまた外地米の問題が出てくる場合につきましても、調理方法等もいろいろあるかと思いますので、それらも含めて今後いろいろ研究をしていきたいと。いずれにしましても4月以降の9月新米がとれるまでという部分についても、業者の方もその間できょうも確認したところ、入ってくるんじゃないかというようなことも話を聞いておりますので、公立の保育園については国産で対応できると確信を持って臨んでいきたいと、そのように思っております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 確信を持って臨んでいきたいということで心強い御答弁いただいて非常にありがたく思います。そうしますと、国産米100%となりますと今価格がかなり高騰しているように思うんですけれども、その辺の対応はいかがでしょうか。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) お答えいたします。

 予算の範囲内の賄い材料費の中でやりくりというか、予算計上しておりますので、その辺につきましても若干値上がりをしていることは事実でございます。当初の価格よりも現在の価格は上がっていることは事実でございますが、いずれにしましても保育園の園児に給食を与える部門としましては、そのようなことで努カをしていきたいということでございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) わかりました。

 公立保育園の方はいいんですけども、民間保育園の関係ではどうなんでしょう民間保育園の方にお伺いしたところ、市から調査のお電話が来ているようなふうなお話を聞いたんですけども、市が民間保育園の給食に関して、おコメに関して調査をしていられますか。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) お答えいたします。

 この時世でございますので、いろいろとおコメの問題について学校給食の関係は把握していたんですけども、保育園の関係がどうなのかということで私どもの方は3月の園長会議がございましたので、その際に現在の対応をお聞きしたと。その中で民間保育園につきましても業者が何とか国産米で対応してくれるというようなことを聞いていると。それから同時に、どうしても入らなかった場合は、先ほどお答えしたとおり、調理方法等を研究して対応を図っていきたいというようなことも聞いております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 民間の保育園でもかなり園の側で頑張って、国産米確保ということで努力いただいているわけですけれども、これはもちろん調理方法の問題もありますけれども、私なんかが一番問題にしているのは、やっぱり残留農薬の問題ですとかそれから防虫剤ですか、そういう関係が非常に小さな子供たちにとって一番心配なんですよね。おいしいまずいというのはこういうご時世ですから、子供たちにも多少我慢してもらわなきゃならないんじゃないかなと思うんですけれども、皆さん御承知だと思いますけど、おコメというのはもみで輸入するわけじゃないんですよね。精米して輸入するものですから、長い間船便などで来るものですから、どうしてもその間虫がわかないようにですとか、カビが生えないようにということで、いわゆるポストハーベストという殺虫剤を噴霧するとか、何かそういう手だてをして送ってくるということで、それが精米されたおコメに直接散布されるから非常にそういうものの残留が不安だという、そういうものを小さい子供が食べたときに一体どうなのかという、そういう問題が一番お母さん方の中では心配の声として上がっているわけですよね。

 それで、これだけいろいろ抵抗力がある大人、ある程度体ができ上がった大人の場合はまあまあ多少入ってもそんなに問題ないかもしれませんけれども、今体をつくりつつある非常に抵抗力の弱い幼児の場合に、そういうのを体にたくさん入った場合にどうかという問題ですね。特に今アトピーが非常に多いですよね。保育園の保母さんなんかのお話を伺っていますと非常にアトピーが多いと。除去食までもちろんやっているお子さんもいらっしゃいますし、除去食までいかなくても非常に皮膚がかさかさ乾燥してかゆがっているそういう子供が非常に多いということを伺っています。

 直接的な原因が何なのかということはまだはっきり解明されてはいないとは言っていますけれども、やはり食べ物の問題、添加物の問題、非常に因果関係があるんじゃないかというふうに言われているんです。そういう中で、このおコメの残留農薬や殺虫剤の残留の問題が非常に今回のおコメ騒動の中で心配されているわけですけれども、今お伺いした範囲ではどうにか100%国内米を確保してもらえるんじゃないかという感じですけど、今の社会状況からいって確実に、完全にというのは絶対に無理だと思うんですよね。これからどうなるか非常に不透明な中で、努力はしていただいてもどうなるかというのは非常にあると思うんですけれども。どうなんでしょうね、今、学校給食では100%おコメを確保してもらっているんですけども、こういう問題では、保育園関係は厚生省ですから、厚生省あたりにそういう100%確保するように努力せよみたいな、そんな話というのを意見書出そうとか、そういう話は保育園の関係から出てないんですか。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) お答えいたします。

 現在のところそのようなことは聞き及んでないというふうに思っています。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) わかりました。極力いいおコメを確保していただきたいということで、またいろいろそうならなくなってきた時点で、これから対応をいろいろしていただきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いします。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 何点か質問します。簡潔要領よく質問しますから、簡潔要領よく答えてください。時間の関係もあるようですからお互いに協力してやりましょう。

 ヘルパーの関係ですけれども、これは身障者関係のヘルパーと高齢者のヘルパーと二つに分けて予算提案しておりますけれども、また福祉計画の関係で将来ともヘルパーをふやしていくんだというふうに思います。また講習会等も計画されているようでございますけれども、私が聞きたいのは、そこで養成されるのは結構ですが、市の職員の場合は別ですよ、一般の登録者の場合、それを当てにしてというか仕事としておやりになる場合、どのぐらいお仕事があるのか。経過、多少は聞いておりますけれども、そこらについて説明してください。

 2点目は、車いすの購入の助成の関係で一定の額が計上されておりますけど、この中身を説明していただきたい。

 それから3点目は、高齢者の緊急通報システムの関係でございます。この関係で、これも高齢者と身障者の関係別々に予算提案されておりますから、含めまして、多少順序の関係があると思いますけれども、そういう二つ出ていると思います。そこでこれを希望する、例えば私なら私にぜひそれを設置してもらいたいという場合の条件はどうなっているのか。

 それから4点目は、国民年金の関係です。この予算説明書127ページの17表国民年金の概要の中の(1)国民年金被保険者数等と書いてある中で、一つは区分という中で3と4と5という数字がございますけれども、これはどういう意味なのか。3と4と5と区分の中に入っておりますけども、これはどういう意味をなしているのか。それから同じところで、被保険者合計の次に不在被保険者数ということで3、4、5に分かれて数字が出ております。これはどういうことなのか。これは何なのか。不在被保険者数というのはこれはどういう意味をなしているのか。数字じゃございませんよ。これをひとつ教えてください。

 最後になりますけれども、保育所の関係で定数と実際の措置される予定というか、されたというか、そういうバランスの関係ですね。例えば1,500枠があると、実際は1,500措置されるのかどうか、この点。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 1点目のヘルパーの関係でございますが、御質問のように平成5年度に3級ヘルパーの養成講座を行ったところでございまして、対象者50名ということで行っております。御質問のそれを当てにしてということですが、仕事として行う場合ということでどのぐらいあるのかということでございますが、昨年行いました養成講座を受けました方の対象の現在までの状況を申し上げますと、市の方に新規登録ということでその養成講座を受けた方がヘルパーとして来ているのは12名ということで、これの仕事の内容といいますと、希望のある方に対して都合のいい日を聞いて派遣要請をするということでございまして、実際に昨年養成講座が終わった当初につきましては、要請する方と、登録ヘルパーさんが、派遣を希望する日となかなか合わない部分もありましたが、いろいろと内容等登録ヘルパーさんもわかってくるというようなこともございまして、全員ということにはいきませんが、派遣要請の希望に応じた派遣ができる体制が整いつつあるということできております。この中身はあくまでも派遣者、要するに派遣を要する方、希望する方、または登録ヘルパーさんの派遣できる日というのが一致すれば、ほぼあるわけですけど、なかなかその辺がうまくかみ合わないという部分もございまして、希望どおりいかないという部分もございますので、その点が残っているというふうに考えておりまして、現在では市の方に登録された部分しか把握はできませんが、二、三名を除いては仕事をしていただいているというふうな状況でございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをいたします。

 2点目の車いすの助成の関係でございますが、これは社会福祉協議会の方で手動式の車いす2台を購入したいということで助成をするものでございます。

 それから3点目の緊急通報の関係でございますが、まず高齢者の方の対象者でございますけども、御案内のとおり要綱で定めておりまして、65歳以上のひとり暮らしの高齢者の方であって、身体上慢性疾患があるなどしまして日常生活を営む上で注意を要する状態にある方を対象者としております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) それでは障害の関係の緊急通報についてお答えをさせていただきます。

 この制度は平成6年度から実施ということで予算計上をさせていただきました内容といたしましては、対象者が市内に住所を有する18歳以上のひとり暮らし等の身体障害者であって、障害の程度が重度以上の者というものが対象で、以下につきましては高齢者とほとんど同じような基準の中で実施をするということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 市民部長。



◎市民部長(宮崎英年君) 国民年金の関係でございますが、区分につきましては年度をあらわしておりまして、確かにこの区分だけではちょっとわかりづらいようですので、今後資料を作成する際には区分と年度と斜めに線を引きまして表示させていただきたいと思いますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 それから不在被保険者数でございますが、これにつきましては国保の加入者と年金の実際に加入している者と突合いたしまして、年金に入ってない方をどうなっているかということではがきで問い合わせをするわけでございますが、この不在者被保険者数につきまして、例えば3年では1,636人でございますが、結局国民年金に入っているのか厚生年金に入っているのか回答がなかったというふうなものがこの不在者被保険者数ということであわらしておりますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) それでは5点目の保育所の関係でございますが、平成6年度の関係で申し上げますと、3月1日現在の措置状況は、定数が希望定員として1,505人に対して措置の数が1,353、89.9%の措置になります。それから5年度の関係で見ますと、定員が1,579に対して措置数が1.433ということで約91%になります。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) ホームヘルパーの第1点の関係ですけれど、せっかく登録されて一生懸命でやっていただくということで登録されたんだと思うんですけれどもこれは相手のあることですから一概には申し上げられませんけども、やはり登録された人で、まあ人によって多少の考え方の違いがあると思いますけれども、できるだけ回数をふやしてほしいと、いわゆるやった以上は仕事として一生懸命でやりたいんだと、こういうことが根底だと思います。そのことについての多少の強弱は個々によって違うということは、私も当然だと思います。しかしそういう希望がございますので、あなたのおっしゃるようにぜひ御本人から希望を聞いてもらって、さっきの説明によると御本人の希望を聞いてそれに応じているということでございますから、その辺をもう少し強化していただいて、できるだけ登録者の意思を反映して、市の方はまた目的が達するわけですから、今後そういう点を充実してほしいと思います。内容については、議資料の57号にあなたの方から出していただいておりますから、この内容等で理解をいたします。今言ったようなことでひとつ頑張ってほしいと思います。

 それから2番目の車いすの関係ですけれども、2台分社協に委託をしているとこう言うんですけれども、これは私よくわからないんですけど、社協に市民で必要な方が申し込んで所要の手続を経てやると、こういうふうに理解すればいいんですか。



○委員長(波多野憲助君) 暫時休憩いたします。

            午後1時56分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            午後2時17分開議



○委員長(波多野憲助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第1号の議事を継続いたします。

 先ほどの松嶋君の質疑に対する答弁を願います。

 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 社会福祉協議会におきまして車いすの貸し出し事業を行っておりますが、現在その保有する車いすは33台ございます。そこで利用者が多いということもございまして車いすの購入をしたいということから、6年度におきまして車いす2台分の助成を社協にするという内容でございます。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 現在33台あってさらに2台分追加すると、こういうことだと思うんですが、今どのぐらい貸し出されているんですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) 社協からお聞きしているのは、1月現在でございますが、33台のうち貸し出ししておりますのが32台という状況でございます。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 今回2台計上したわけですけど、これは台数は別にして、定期的にずっと継続して毎年助成をしているんですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 毎年度計画ということではございませんで、その実態に応じての要求ではないかというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 体の不自由な人やなんかこれは極めて大切な生活用具で、なくちゃ困るわけですから、そういう意味では充実されていくことについては賛成だし、ぜひそうしてほしいと思います。ただ、市民の方で要望されていかれて、全部新しい物じゃございませんから中には結構お使いになった物もあるし、私もそれを見たこともありますけれども、長年使っている、会社やなんかでは耐用年数で一定の年限が来るとこれはもう使わなくなってしまうんですけど、皆さんの場合恐らくあるうちは使っているんだと思うんです。そのうちの1台を私は見たんだと思うんですけれども、使っている人は感謝しております。古かろうと悪かろうと、とにかく喜んでいます。ただ、我々周りで見た場合に、やっぱり改善してうんと古くなったやつは取りかえてやった方がいいんじゃないかなというふうに思うんです。使っている人がそう言っているんじゃないんですよ。使っている人は喜んでいるんですから。ただ、私たちが見ると、やっぱり古くなったり使いづらくなったら新しい物にかえてあげると、こういう配慮は必要じゃないか。さっきあなたの説明では要望があればやっておりますと、別に定期的に毎年何台と決めているわけじゃございませんと、こういう御説明ですから、ぜひ現場の社協の方やなんかと相談をされて、それに応じていただくように私はぜひしてほしいと、こう思うんですが、どうですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 直接の窓口は社会福祉協議会でございますので、社会福祉協議会の方へもお話をして、その実態にあわせながら対応を図っていきたいというふうに思っています。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) それは結構です。

 高齢者の緊急システムの関係ですけれども、設置条件の関係は先ほど聞きましだからわかりました。それでどうなんでしょうか、この関係については結構希望者が多いんじゃないかなというふうに僕は想像するんですけれども、実態はどうですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答え申し上げます。

 緊急通報の高齢者の方につきましては、毎年度計画的に10台を予算計上させていただいております。今年度9人の方が申請がされているというような状況でございます。現在設置されている台数につきましては、予算説明資料の34ぺージに載っておりますが、28台が設置されているということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 松嶋君。



◆委員(松嶋金作君) 28台は資料を読んでおりますから承知しております。それで現在9人希望があるということですから、これは今度10台つければある程度要望はかなえられるわけですけれども、よくほかの議員の人からも一般質問やなんかで、だれも知らない間に倒れてしまってそのまま亡くなってしまった、こういう例がたくさん出される。私自身もそういう例は幾つか聞いております。朝起きて行ってみたら亡くなっておった。いろんな人の話を聞くと、恐らく早くわかっていればいろんな手当てをすれば死ぬようなことはなかったんじゃないか、こういうお話やなんかもよく聞きます。これはそういう事故が起きますと、事故と言っちゃあ失礼ですが、そういう事例が起きますと、自分が困ったときに何かだれかに連絡する方法はないのかという話はどこへ行っても出るんです。そういう事例が出たときは。ところが少したってしまうと、また話がいつの間にかだんだんなくなってしまう。全部が全部そういうことを考えているわけじゃないですからそれは無理からぬことだとは思うんですけれども、現実問題として私もここ1力月以内にそういう方がありましたから、そういう家族の皆さんからもぜひひとつ例えば1人の場合特にそうなんですね。きのうの夕方元気だったのに朝起きて行ってみたら、もう亡くなっておったと。その間御本人にとってはいろんなことがあったと思うんです。ところが、他人様まで知らせることができなかった、電話することもできなかったんでしょう。隣の家へ行くこともできなかったんでしょう。それで朝方亡くなっちゃってる。家族は昼間気がつく、こういう事例もございますので、ぜひひとつ、今のところ希望が9人ですからこれは応じられる条件があるわけですから問題ございませんけれども、そういう認識が一般的にあるんだということをぜひ担当者の皆さんは承知しておいていただきたいと思います。その点、結構でございます。

 国民年金の関係でございます。先ほど御答弁いただいて、予算説明資料の127ぺージのDの関係、区分の関係で3と4と5と書いてありますけれども、今、担当の部長は反省して今後はやりたいという答弁があったもんだから、私も余りこれ以上は言わないけれども、役所の担当の皆さんだけがわかるような文章表現は僕はよくないと前から言っているの。やっぱり親切にしなさい。あなた方仕事で当たり前なんだから、そんなこと。この予算説明資料127ぺージのこれ見てごらんなさいよ。区分のところに3、4、5、これ何の数字だかわからないでしょう。予算説明資料の127ぺージの国民年金の一番最初のところに3、45と書いてあるけど、区分というところ。これじゃ、我々議員が、僕だって20年近く議員やっているけど、3、4、5と書いてあるけど、何の説明なのか、どう頭をひねくったってどう解釈したってこれわからないですよ。ほかの資料と並べてみたって何でこれはどうなんだかわからないです。こういう資料では困るんです。先ほど反省されたから私はいいと思うんですけれども、この平成3年なら3年とか、平成4年なら4年と、5年なら5年と書いていただかないと、初めて見た人はだれもわからないよ。議員だってわからないんですから、職員の皆さんはおわかりだと思うんだけれども、こういう不親切なことはやめるということですから私はこれ以上言いません。ぜひひとつ直していただきたい。

 それから同じ項目の、今説明聞いたからわかりましたけれども、不在被保険者数、これはなかなかあれですよね、皆さんどういうふうに、皆さんみんな頭がいいから、職員の皆さんはわかるんだと思うんだけども、不在被保険者数と書いてあるけどこれ一体何なのかなと。どう考えても前後のあれから想像してきて、僕はこれは多分国民年金に入ってない人の数字かなというふうに思ったんですけれども、不在被保険者数というのは意味が全く理解できないんです。今説明があったからそれはわかりました。先ほどの区分と同じように、そんなことのないようにひとつ担当の職員の皆さんはやってほしい。もう少しわかりやすくさ、国民年金未加入者なら未加入者というふうに書いてくれればだれだってわかるじゃないですか。これは記録に残っていく書類だからね。これは反省なさっていますからこれ以上は言いませんけれども、ぜひひとつそういうことでやってほしいと思います。そうしないと困ってしまいますから。これはひとつお願いしておきます。それから保育所の関係はわかりました。



○委員長(波多野憲助君) 宮崎君。



◆委員(宮崎起志君) 5点ほど質問をいたします。

 163ぺージ、今も質問されていましたが、ダブらないようにしますけども、ホームヘルパー養成講習実施事業ですね。これは平成6年度から行われたわけですが、今年度も同様の内容で行うのかどうか。行うとすれば、昨年に比べて予算的に23万程度ですが少なく予算計上されていますけども、その内訳をお願いしたいと思います。

 それからその下のボランティアのまちづくり推進事業ですが、この事業内容と申しますか、その辺をお願いいたします。

 それから3項目目の165ぺージですね。共同作業所ぱんぷきんの運営補助金についてですが、これについては事業費、行事費、交通費、運営費等で1,700万程度が補助されていますが、事業費ということは、事業もそっちで行っているようですから事業収益がある程度あるのではないかと思いますので、その点伺います。

 それから4点目、181ページの心身障害者(児)団体助成費ですが、この中でレクリエーションですか、主として計上されていますが、この内容をお願いしたいと思います。またこれ、年間行事として定着して行われているのかどうか。

 5点目が183ページ、これは新年度の新規事業で取り組まれていると思いますが、重度心身障害者おむつ支給委託料ですが、この実施時期は。また基準があるとすればその内容について。

 以上、5点お願いします。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 まず第1点目でございますが、ヘルパーの養成講座につきましては、6年度につきましては、5年度と同様に3級課程の講習養成講座を実施する考え方でおります。対象者とか実施回数それから経費等につきましては、予算説明資料26ぺージに掲載させていただいております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 2点目についてお答え申し上げます。

 これは東京都のまちづくり事業として一つの指定を受けておりまして、東京都の指定では平成5年と6年と2年間ということでございますが、その中での事業内容ということでございますが、ますボランティアの関係で市民の啓発推進事業を行うということで、ただいま広報紙の発行とか、ボランティアの集いの開催とか、そういうような活動、普及等の調査ということでございます。

 それから養成研修事業ということで、それぞれ各種の講習、要するに在宅福祉活動を担うボランティア育成のための講習講座を開催するということでございます。

 3点目には、活動分野の開拓及びあっせん登録事業ということで、ボランティアグループの登録の情報提供し、またはそれらの登録を行っていくということでございます。

 4点目では、ボランティアの組織化事業ということで、これはボランティアのグループづくり、またはそのグループの相互交流、情報交換等の場をつくるということでございます。

 5点目には、活動基盤づくり事業ということで、ボランティアの活動するための保険の関係とか、ボランティアの活動に必要な機材とか、そういうような内容について助成をしていくということでございます。

 6点目には、それらボランティアの活動を永続的に自主的に展開するために必要な事業を行うというようなことが主な内容となってございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) それでは、3点目のぱんぷきんの補助の関係で御答弁をさせていただきます。

 事業費ということで行事の収益というお話でございますが、助成の対象は事業を行うということで、この事業実施に伴う助成ということでございます。そこで御質問のありました収益ということですが、収益につきましては助成の対象になっておりません。そこでその収益は、上がった額はその当事者の入所事業をされている方の賃金等に割り振るというようなことでございますので、ありません。相手方のぱんぷきんの予算書の5年度の状況で見てみますと、その事業収益といたしまして予算の中では124万を予算計上いたしております。

 それから次の181ぺージの各種団体の助成の関係でレクリエーションということでございますが、このレクリエーションにつきましては、日帰りまたは1泊で行く場合のバス代の助成でございます。

 それから183ぺージの重度心身障害者のおむつの実施の関係でございますが新年度からの実施ということで実施予定は7月を予定しております。そこで、基準というお話でございましたが、重度身体障害者手帳の2級以上の方で、おおむね児童から65歳未満の方を対象にしていくという予定でございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 宮崎君。



◆委員(宮崎起志君) 再度質問いたしますが、このホームヘルパーについては私もこの26ぺージを見てよく確認した上で質問しているんですが、今年度23万程度予算計上が少ないわけですよね。平成5年度と同じように6年度もやるのであれば、この23万円計上が少ないのはどういう内訳なのかなと。と同時に昨年の12月議会ですか、その前からも提案してきましたが、3級講座を終了後、上級を希望する方に対してどのような対応を考えているのかと。平成6年度は何も考えていないと、こういう内容ですか。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 昨年度と比較しまして少なくなった分ということでございますが、要するに実習する際の会場借り上げの場所とか講師の送迎関係の費用、それから一般的には通信連絡費等ですか、そういった諸経費の部分が若干削減されているという内容でございます。予算の上ではそういうことでございます。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 1点目の中で講習を受けた方の対応ということでございますが昨年度も市に登録いただいたり社協の方にも登録していただいているというようなことでございますが、2級を受けるとなると、要するに実務経験があると受講時間が短縮されるというようなことがございまして、その実務経験についてそれも有料であるということが条件となっておりますので、今、市におきましては、武蔵村山市では市に登録をしていただいた方が有料のヘルパーになると。それからもう一つは、施設関係で勤務した場合に有料ですので、そういう方々がなると。そのほか家政婦協会とかいろいろあるわけですが、いずれにしても無料では行けないというようなことがございます。

 前からも申し上げておりますが、ヘルパー講座については現実的には確かに2級を受けたいという方についての実務経験がなかなかその場が得られないということは実態上ございますが、目的としては将来の、将来というのは近い将来ですが、高齢化に向けての養成という一つの内容を含んでこの講習会を行うというようなことでございまして、本年度も昨年度希望が多かったんで、特にそれらの関係も含めまして行うということで、御質問のようにこの対応につきましてということになりますと、いろいろと関係機関といっても非常に東京都でいけば人材センターとかそういう関係のところで遠くなるんですが、そういう情報を集めるとか、施設関係でどうなのかという情報を集めるとか、そういうようなことで対応するというようなことで現実的には行うより仕方がないかと思いますが、ヘルパーの派遣要請をする方もいろいろふえてきておりますので、それらについて市に登録された方についての対応については、十分それらを踏まえた上で取り組んでいきたいと思いますが、それらについては何らかの形で検討して努力していきたいと思いますが、一つは先ほど近い将来に向けての要請ということもございますので、その辺も御理解をいただいて講習を行っていきたいということでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 宮崎君。



◆委員(宮崎起志君) そう細かなことを言われなくてもよく承知していますし、たしか昨年12月議会だったか私が質問したときに、それは十分承知しているので今後研究というか検討していきたいと、前向きにというかね、私はそういうように受けとめていたんですけどね。それが今年度の厳しい状況であれば、また今年度中に検討していくというのならまだ理解できる。今の答弁ですと、先ほどの12月議会でのあれとまるっきり180度違うような感じが、遠ざかっていくような答弁じゃないでしょうかね。要するに3級を受講してより一層学びたい、高度な技術を身につけたい、2級を学びたいという人には、今部長がおっしゃったようないろんな資格があるわけですよね。それをクリアするにはどう考えても一人では無理ですよ。この辺は無理じゃないと思っていらっしゃるわけですか。3級受けたらあんたはもう自分で探してこいと、そういう問題じゃないと思うんですよね。市にとってもこれから高齢社会になってきているわけですから、十分高度な技術を身につけたヘルパーというのは必要になってくるんじゃないのかと、こういう角度から考えればもう少し前向きに検討されてもよろしいんではないでしょうか。



○委員長(波多野憲助君) しばらくお待ちください。

 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) お答え申し上げます。

 ちょっと前にそういう答弁したということは記憶にございますが、それで現実的なことを踏まえてちょっと今お話ししましたので消極的なようなことになったかもしれませんが、内容的には、上の級に進むということについては、2級では受講時間が90時間ですが、実務経験があるとそれが短縮されるという条件の中に一つ入っているということでございますので、実務経験があればそういう形になりますが、いろいろこの養成を受けた方が上級を受けたいという希望が強いというのは聞いておりますので、考え方としてはいろいろこの条件に合う活動ができるように、すぐとはいきませんがいろいろ検討してまいりたいと、昨年も答えましたが、今現在いろいろと内部でも話をし検討しているというところでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 宮崎君。



◆委員(宮崎起志君) わかりました。

 3点目の共同作業所ぱんぷきんですか、説明受けて大体わかりましたが、これ通所者25人となっていますよね。これは常時25名が通所されているんですかね。また、1日何人程度、25名来ているのかどうか。年間ですか、それとも半年ですかね。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) これは施設の助成をいただくときの登録者数ということでございますので、利用される方の体の状態に応じまして多少日々の利用者数は少ないまた変更があるというふうに思います。



○委員長(波多野憲助君) 宮崎君。



◆委員(宮崎起志君) 平成6年度も25人の登録者があったと、こういうことですね



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) 施設の方で26名だったですか、この人数で実施をしたいというようなお話でございましたので、それを受けて予算を計上しております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) ほかに。

 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) 入浴の件について。説明資料で29ぺージの中で老人訪問入浴サービス、28人ですね。身障者については12人となっていますね。これはまだあと半月余しておりますが、平成5年度の実態にあわせてこの予算化をしているのかという点。それから関連してこれはどちらにも通用することですが、申請をして、今余裕があるのかと。入浴を希望するとオーケーですよという余裕があるのか。入浴に至るまでの事務的な経路、これを説明してほしいんです。

 それから次には、砂場の大腸菌検査委託10万。これは市内のどこの砂場を対象にしているのか、その点を説明願います。それは市内の砂場幾つのうち幾つと全部なら全部で結構ですが、そのように説明をしてください。

 それから次に保育園ですが、3月1日現在では89.9%の措置率であるということだけれども、定員100%達している保育園、これは何園あるのか。それから一番定員から大きく割れている保育園、これはどこなのか。それと説明資料の53ぺージに公立保育園の定数が載っていますが、このつみきとみつわの実態は定員から見てどうなっているのかという点、ここらを説明してください。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) それでは、身障者の関係の方の入浴訪問サービスについてお答えをさせていただきます。

 5年度は身障の関係ですと10名の予算を取っておりまして、現在の段階では7名の方が実施をしております。したがいまして、今の段階では3名という余裕がございます。それで5年度の実績を見た上で6年度の実態ということで12名にさせていただいたという経過でございます。

 それから方法ですけども、市の方に申請をいただきまして、自宅での訪問入浴ということでございますので、いわゆる入浴できる状態かどうかということの確認がありますので、自宅を訪問させていただきます。そこで排水の関係とか、浴槽を置けるとか、その辺を調査していただいて可能ということであるといたしますれば決定をし、業者の方に連絡をし、業者の方に行っていただくというような方法でございます。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 高齢者の入浴の方でございますが、現在5年度におきましては25人の方が利用をいただいておるということでございます。そこで新年度におきましては28人ということでございますので、対応が図られるのではないかというふうに思っております。

 それから申請の方法等につきましては、ただいま福祉事務所担当参事の方からお答え申し上げました内容と同様の方法で対応を図っております。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 都市整備部参事。



◎都市整備部参事(比留間秀夫君) 砂場の大腸菌検査の関係でお答えいたします。

 今年度、平成6年度に予定しておりますところにつきましては、都市公園15施設ございますけれど、そのうちの1カ所伊奈平公園を予定しております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) 4点目の保育園の関係で御答弁をさせていただきます。

 3月1日現在での関係でございますが、定数員に対して措置数が100%というところが3施設でございます。それから少ないところですけども、ただいま率がちょうど出してありませんので一概には言えないと思いますが、ほとんどが80%を超えております。そこでつみきとみつわということでございますが、つみきにつきましては150の定数に対しまして102、みつわにつきましては70の定数につきまして35の措置ということでございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) 入浴については、いずれも希望者が増大した場合には補正で対応するという考えを持っていますか。



○委員長(波多野憲助君) しばらくお待ちください。

 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) たしか記憶では、過去には当初予算で足りてきたのでそういう例がないかと思いますが、十分実態を踏まえた上で対応していきたいということでございます。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) 砂場ですが、過去と言っても近い過去ですが、過去に砂場の大腸菌対策というものを一般質問で取り上げましたけれども、そのときに本町と団地と、すぐこつに考え方を分けて皆さん方は判断されるわけですが、村山団地の中の公園、児童公園があります。そこでは長年検査したこともないし、犬・猫ウンチ、小便、大変汚れた砂場であるけれども、そのときに東京都住宅局の方に大腸菌の調査なり砂の入れかえなり要請するように申したんですが、その点はどういうふうに市は処置をとられているのか、その点を聞かせてください。



○委員長(波多野憲助君) 都市整備部参事。



◎都市整備部参事(比留間秀夫君) お答えいたします。

 ただいまの関係ですけれど手元に資料がございませんので、詳しい年月日ははっきり申し上げることができませんが、御質問をいただいて、私どもの方から事務連絡で企財部の方に文書要請で、立川の住宅サービス公社の方に、砂場の管理等に関して公社の方でよろしくお願いをしたいと、またあわせて大腸菌の検査もお願いしたいというような文書は公社の方に送付してございます。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) それはあなたから企財部を通して、企財部どうなっているの、その後。



○委員長(波多野憲助君) 企画財政部長。



◎企画財政部長(田中章雄君) うろ覚えの記憶では申しわけありません。幾つかの項目があったと思います。そこで、住宅供給公社立川営業所の方に要請はしてあったはずです。それで、要するにその後のフォローについては担当部の方にということで、フォローアップをするようにということでお話をしてあります。したがいまして、住宅供給公社の方の回答があったかどうかというのをちょっと調べさせていただきます。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) それでは後で答えてください。

 保育園です。定員には満たないけれども、申請したけれども年齢条件で入れないという人がいるんですか。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) ちょうど手元には数字がきちっと持っておりませんので一概にお答えできませんが、どの年齢ということではございませんけども、年齢によっては対象として措置できない、要するに定数がいっぱいになっているというようなところもございます。あと、いわゆる定数だけ100%措置したために保留というんですか、措置できないというのは実質的にはございます。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) だから措置されない人、入園できない人がやっぱり問題なんだから、保育園は余っているけれどもこういう状態で入れない人がこれだけいるんだというのが、やっぱり説明できなきゃね、係長までこの議場に出てきているんですから。資料があるとかないとかそんな問題じゃない。3月1日の実態を聞いているんですからまだ2週間しかたっていないんだし、私が聞いているわけですから。

 公立のつみき保育園、みつわ保育園というのは、毎年定員からほど遠く、入所率というか少ないわけね。市内の各保育園から見るとね、断トツでこれは差があるわけね。これは、なぜこれだけ差があるのかなあと考えるんだけどね。担当としてそういうお考えを持ったことがありますか。あったとしたら、なぜかなというものも追跡してお考えになったことがあるのか。公立は毎年少ない。そこらを答えてください。



○委員長(波多野憲助君) 暫時休憩いたします。

            午後3時03分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            午後3時27分開議



○委員長(波多野憲助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第1号の議事を継続いたします。

 先ほどの羽尾君の質疑に対する答弁を願います。

 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) お答えをさせていただきます。

 先ほどの御質問の中で措置児の関係でございますが、措置の対象にならなかった児童の数でございますが、集計してみましたところ11名でございます。年齢でいきますと1歳、2歳、それから4歳、5歳が対象でございます。定員残が152名でございますので、数的にはすべて措置できるということになりますがこのできない理由の一つには、保護者の方が第1希望もしくは第2希望を出しておいて、そこが入れなかったという場合に他の施設ではということになりますといろいろな家庭の事情があることだと思いますが、それなら待ってますというようなお話でございますので、措置できないというような状況でございます。

 それからみつわとつみきというお話でございましたが、みつわとつみきにつきましては先ほど定数と措置数について申し上げましたが、障害児保育ということもしておりますので、みつわにつきましては実数の計数では60に対して現在の時点で50ということですので、58.3%の措置率ということになります。それからつみきにつきましても障害児がおりますので、実際には144名ということでございますので、措置数からいきますと70.8%になるということでございます。

 それから公立にあいているのが多いんじゃないかというお話でございましたが基本的には御希望の施設に入っていただくということですが、1年間ありますのでまたいろんな事情が出てきます。そんな関係でどうしてもという方はあいている公立で措置していただくというようなこともございますので、現行の体制の中で措置をしているというのが実態でございます。

 以上でございます。



○委員長(波多野憲助君) 都市整備部参事。



◎都市整備部参事(比留間秀夫君) それでは、大腸菌の関係で東京都住宅供給公社立川営業所の協議内容の結果について答弁させていただきたいと思います。

 私ども先ほども答弁申し上げましたが、私どもの方から企財部の方に文書でお願いをし、企財部の方で平成5年の6月24日付の文書を東京都住宅供給公社立川営業所の方に持っていっております。そのときの協議内容といたしまして、定期的な砂場の砂の補充、掘り起こし及び砂場の衛生検査を実施することというようなお話をしてございます。そのときの営業所のお話ですと、定期的な砂の補充また定期的な管理は実施をしているが、衛生面については平成5年度検査は難しい、というお話をいただいておりましたので、新年度になりましてさらにまた要請はしてみたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 羽尾君。



◆委員(羽尾義雄君) 書類だけ出してそれで済むということではありませんから、やっぱりそれを追い求めて請求を続けないと実施に至らないというのが実情ですから、今後とも努力してください。もう既に申請してから9カ月がたっているわけですから、よろしく頼みます。

 終わり。



○委員長(波多野憲助君) ほかに。

 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) これ173ですね、老人福祉電話の件で、ちょっとこれ市の方で御答弁いただいた中で、市の単独予算だと言われましたよね。これは本当にそうなのか、東京都の方から補助金が来ているわけですよね。だから、それはちょっとまずいですので、確認しておきます。

 それから189ぺージなんですけれども、手話通訳派遣事業です。これ聴覚障害者の皆さんから手話通訳の奉仕員制度をつくってくれないかという強い願いがあるわけです。この点については御検討されたのかどうか。講演会などについては今派遣するようになっていますよね。ですから、それをもう少し広げて日常生活のところにおいても派遣できるような仕組み、奉仕員制度をつくっていただけないかと思うんですよね。そういう考え方がないのかどうかという点、お聞きしておきたいんですよね。

 それから先ほどの緊急通報システムの事業ですけれども、これは審査間隔が、年に何回ぐらいやられているんでしょうか。やはり1カ月に1回ぐらいずつ必要に応じて審査をやっていかないと、申請をしていつまでも待たされてしまうという状況も去年あったわけですね。だから、その辺についての改善点は検討されたのかどうかという点。

 それと最後になりますが、ごめんなさい、また高齢者の問題に戻りますが、高齢者の方で先ほどからも何人かの委員さんからお話がありましたけれども、ひとり暮らしの方で安全がというか、非常に心臓が悪かったりして、きのうまで元気だったのに次の日亡くなられてしまっていたという状況も実際にあります。そういう例もこの1月、2月にも幾つかあったわけなんですね。それで本当にどうしたらいいのかという点があるわけですけれども、どこの自治体でしょうか、ヤクルトの配布などを毎朝やってそれで安全を確認していくというやり方をしている自治体があるわけなんです。今、核家族化が非常に進んでいる中ですので何らかの形で対策が必要ではないかと思いますが、その辺についての見解も伺っておきたいんです。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 福祉電話の関係で、先ほど市単独事業のみということでお答えをいたしましたんですが、大変失礼を申し上げました。電話機の貸与の部分、これが東京都の補助ということになっております。貸与された通話料についても東京都の補助と、単独の通話料だけが市単独事業ということでございます。現在、電話がございまして通話料だけ助成する場合は市の単独事業ということでございます。訂正をさせていただきたいと思います。大変失礼いたしました。



○委員長(波多野憲助君) 福祉事務所担当参事。



◎福祉事務所担当参事(柳川久男君) では、2点目の手話通訳の関係でお答えをさせていただきます。

 確かに障害者団体の方から日常生活の中で派遣できるように制度を設けてほしいという要請はいただいております。市といたしましても、対象の方々の日常生活の便を考えれば当然そのような考え方も必要であろうというような観点から、引き続き検討してまいりたいというふうに考えておりますので御理解をいただきたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) それでは3点目の緊通の関係でございますが、緊急通報の申請がございまして、先ほども御質問にあるように審査会を経まして利用者の確定をするわけでございますが、毎年度ある一定期間を設けまして申請の受け付けをしその後審査会を実施しているという状況でございますけども、今後利用者の利便を図る上ではやはりその辺のところも考えてまいりたいというふうに思っております。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 緊急通報システムということで御質問でございますが、確かに高齢者の方のひとり暮らしの安全ということでこの緊急通報システムを行っているわけですが、参考に出されましたヤクルトの配達等ということで、これも一つは、私が聞いている範囲では、触れ合い訪問の一環としてヤクルトの配達をしているというようなことも聞いたことがございますが、市の方でもこれらしい事業としては友愛訪問とか行っているわけですが、実態がどうかというのはちょっと聞いてみないとわかりませんが、一番必要な、要するに緊急事態が発生してそれに対応するということで一番効果的といいますか、身近にあるということでこの目的が緊急通報システムということで行っておりますので、この目的のために緊急通報システムを設置希望のあった方に据えるということで、そのほかの施策についてはそれぞれ目的があろうかと思いますが、現在のところでは、緊急事態ということではこの内容で対応していきたいというふうに考えております。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君。



◆委員(竹原キヨミ君) そうしますと、老人福祉電話の件なんですけど、そういうわけで都の事業であると。東京都はどういう基本料金と、あと通話料の助成はどうなっていますか、ということを伺ったんですね。これはもしわからなければ今でなくて結構ですから、調べておいていただきたいんです。お願いします。

 それからあと、ひとり暮らしの高齢者の問題、触れ合い訪問、他市ではやっているようだという御答弁の件ですが、これは確かにうちの市も友愛訪問もやっているし、緊急通報もあります。いろんな形で事業を進めているわけなんですけれども、数が限られているわけですよね、緊通を設置できる人とかね。ですから、ひとり暮らしの方に広く事業を実施しているというのが他市でやる触れ合い訪問的なもののようです。ぜひ温かい市政というんでしょうか、そういうものをつくっていっていただきたいと思いまして、これは今すぐということではございませんので、これも御検討いただきたいということをお願いして終わります。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えさせていただきます。

 福祉電話の関係ですが、東京都の方ははっきりわかりませんけども、助成としては基本料金及び一定額の通話料の助成というふうになっておりまして、一定額の助成がどの程度なのかちょっとはっきりしていませんので、調べておきたいというふうに思います。



○委員長(波多野憲助君) 竹原君に申し上げます。議事進行上、答弁を一時保留させていただきたいと思います。

 菅家君。



◆委員(菅家康夫君) 2点だけちょっとお伺いしたいんです。

 1点は、200ぺージの老人福祉会館の件なんです。御案内のように老人福祉会館は大南の第一から神明の第五館まで完成をしてお年寄りの皆さんに有効にお使いをいただいているわけですけれども、1館だけ非常に利用度の少ないところがありますね、これは担当の方御承知だと思うんですが。最近は私もあそこは調べておりませんけれども、私が当時調べた状況では月のうちにひどいときは20%、多いときでも50%、半分しか使われていないんです。私はいつか取り上げて、この問題、あいているときにその地域の福祉団体なり、あるいはスポーツ団体なり、あるいは文化団体なり、あるいは子供会なり、そういうところへあいているときに使わせてもらえないのか、せっかくすばらしい施設ですから、あけておくのはもったいないのでそういう意見を述べたことがあるんですが、これは東京都の補助の関係で、ひもつきなんて言うとちょっと言葉が悪いんですが、結局補助をもらって、その補助対象で補助の趣旨に沿ったことしか使えないわけですね。そういうことで、補助をもらったところの了解というんですか、そういうものがなければあいていても貸し出しはできないんだという説明があったわけですもし、東京都の了解が得られれば条例を改正してそういう対象者にも利用していただいたらいいんじゃないかと。東京都のある人にちょっと聞いたんですが、市の方から正式に申請をして手続を取れば、都の方でも許可するんじゃないかというようなことを言っていましたけども、その辺のところをあけてあるのは大変もったいないので、最近の状況はわかりませんから最近の利用状況を聞かせていただいて、前のようにあいているとすれば、今申し上げたことができるだろうと思うんですが、御見解をお尋ねしたい。

 もう1点は、169ぺージの老人福祉手当の件ですが、条例の第3条に基づいて70歳を超えますと2,100円ですか、そういう手当が支給されているわけですけれども、私も実は対象者ですからちょっと申し上げにくいんですが、実際私の場合にも、まあ、私事で例をとるのはちょっとどうかと思いますけれども、2,100円をいただかなければ生活上どうしようもないということでもありませんし、ある程度収入基準というのを設けてみたらどうなのかという御提案をしたことがございますが、そういう話を地域のお年寄りにすると、年収とかあるいは山を売って5億入ったとか、年収が2,000万、3,000万もある人が確かにいらっしゃるわけですけども、そういう方々もそういう費用はもっと別なところへ活用してほしいという御意見も出ています。私もいただいているわけですけども今すぐ生活費とかそういところに回さないである一定の貯金をしておいて、寄附でもできるときになったら寄附でもしたいなと思っているんですが、そういう状況ですので、収入基準、バスの無料券というんですか、あれはやっぱり収入基準はありますよね。ああいうように、福祉行政ですからありがたいと思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますけども、財政的に非常に厳しいときですからそういう面もチェックをしてやったらどうか。

 私は、2年前ですかこの問題を取り上げたときに、もう既に近いうちに1億になりますよという話をしたことがあるんですが、今度の予算でも9,800万円ですか、恐らく平成6年度には1億を超えるんじゃないかと私は思いますけども、その半分としても5,000万。5,000万の自己財源がありますと公共施設の補助金も出ます、起債も起こせますし、大体3倍の仕事ができるんだそうですけども、そうしますと大変な財源がそのほかの事業に使えるということにもなるわけですから、その辺のところについてひとつ御見解をお尋ねしたい。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 第1点目の老人館の関係でございますが、現在手元の資料でお答えをさせていただきたいと思いますけども、各館の利用状況でございますが、2月末現在で、一番少ないところとして3,588人ということでございます。それで先ほどの御質問にあった利用者の関係でございますが、現在私どもの方でそのような内容のお話を聞いておりませんので、そういった現状の調査をしてみたいというふうに思います。



○委員長(波多野憲助君) 福祉部長。



◎福祉部長(高橋正明君) 老人の福祉手当ということでございますが、金額も多額になってきているというようなことでございます。それで財政的な面、いろんな面でということのお話でございますが、これ、福祉の手当等福祉施策というのが相当あるわけでございますが、この一つの項目をどうのこうのということになりますとどうかというふうにただいま考えるわけですが、全体の福祉のあり方ということもございますので、その中で十分検討する必要があるのかなというふうな感じがいたします。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 菅家君。



◆委員(菅家康夫君) 従来、いつもそういう答弁なんですよね。検討します、検討しますって。私は、さっき申し上げたように一定の収入基準というのを設けて、それでバス券と同じような形とした方がいいんじゃないかということも、もう何年か前から言っているんですよ。この問題、きょう初めてじゃないですよ。ですから、また同じような答弁をされたんじゃちょっと満足できないんだよね。どうなんですか、それ。何かそっちの方で言ってるようだけど。

 委員長、何か答弁がないようですから、一応今の答弁を聞き置いて終わります。



○委員長(波多野憲助君) ほかに。

 伊澤君。



◆委員(伊澤秀夫君) せっかく委員長が終わりというところを申しわけありませんが3点かな。

 まず第1点は、児童館での事故がありましたよね。それについていろいろ話し合いをしてきたと思いますが、その経過について御説明ください。

 それから高齢者の住宅計画策定事業が載っておりますが、印刷製本費がないわけですが、これは平成7年度末ででき上がりますのでどうされるのか。これがその点での1点。それから委員の中に女性は含まれるのかどうか。その辺のお考えと、公募は考えるかどうかのお考えをお聞かせください。

 それからシルバー人材センターの補助財源ですけど、これは都と国の補助といいますか、財源内訳について御説明ください。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 児童課長。



◎児童課長(布田傑君) 1点目についてお答えをさせていただきます。

 児童館の事故の経過についてということでございますが、現在3月になりまして、私も3回ほどお会いしまして、保険の適用関係について保険会社とも交渉したり、あるいは相手方と交渉をして今少しのところまでこぎ着けているという状況でございますので、御理解のほどよろしくお願いいたしたいと思います。



○委員長(波多野憲助君) 福祉企画担当主幹



◎福祉企画担当主幹(清野和祐君) 2点目についてお答えします。

 報告書の印刷ということでございますが、これにつきましては老人保健福祉計画同様、委託料の中に算定してあるということであります。

 それから委員の中に女性が含まれないのかということにつきましては、現段階ではまだそこまでの考えを入れてございませんので、実質委員の選定といいますか、委員をお願いするときに考えていきたいと思いますが、ただ、住宅計画ということでかなり専門的化された部分がございますので、その中に学識経験者、いわゆる大学の教授の部分で入ってくるのか、福祉団体関係者で入ってくるのか、この辺の部分にかかわるならばその辺じゃないかなというふうに考えております。

 それから委員の公募につきましては、ただいま申し上げましたように専門的な分野ということになりますので、現在のところでは公募という考え方は持っておりません。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えをさせていただきます。

 3点目の人材センターの財源内訳でございますが、国庫補助金、高年齢者労働能力開発事業補助金と、都の補助金としまして東京都シルバー人材センター事業補助金がございます。その他としまして、市の方からの人材センター運営資金貸付金という財源内訳になっております。



○委員長(波多野憲助君) 伊澤君。



◆委員(伊澤秀夫君) 3点目ですが、そうしますと、国の方で同じようなのが二つあるんだよね。これは今労働能力活用事業の補助金、それとあと就業機会開発事業補助金というのがあるんだけど、これは何に使っているわけ。高齢者就業機会開発事業補助金というのが1,000万。



○委員長(波多野憲助君) 厚生課長。



◎厚生課長(北川和美君) お答えを申し上げます。

 その補助金につきましては、市から発注いたします事業を委託で受けているわけですけども、それの高齢者の就労現場の開発に要する助成という形で国の方から出されております。



○委員長(波多野憲助君) 財政課長。



◎財政課長(乙幡清君) 高齢者就業機会開発事業費補助金でございますけれども、一応特定財源として受け入れまして、3款1項3目の15の科目でございまして、施設高齢者事業団に委託する費の施設管理費と清掃委託費等の財源充当をしております。



○委員長(波多野憲助君) ほかに質疑ございませんか。

       〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。これをもって歳出第3款の質疑を終了いたします。

 次に、歳出第4款衛生費から第7款商工費、228ぺージから275ぺージまでの市当局の説明を求めます。

 財政課長。



◎財政課長(乙幡清君) それでは、第4款衛生費から第7款商工費までの説明をさせていただきます。

 予算書につきましては228ぺージ、229ぺージになります。

 4款1項1目保健衛生総務費でございます。8.3%の増となっております。予算説明資料につきましては、55ページを参照願います。職員の人件費、保健衛生経費等を計上したものでございます。特に増の内容といたしましては、保健衛生事務経費の増ということでございます。

 次に232、233ぺージになります。

 2目予防費でございます。5.3%の増ということでございます。予算説明資料につきましては、55ぺージから60ぺージを参照願います。なお、この科目におきまして細目の7でございますけれども、インフルエンザ予防接種経費につきましては、歳入でも御説明申し上げましたとおりに、平成6年2月2日の都からの文書によりまして事業実施を見合わせるということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

 次に244、245ページになります。

 3目環境衛生費でございます。89.9%の減でございます。この減の理由でござい、ますけれども、従来この科目にありましたごみ対策推進経費でございますが前年度約2,000万円ほど組んでございましたが、事業の内容が清掃事業であるというようなことから、2項1目の清掃総務費への組みかえを行っております。したがって、これらに基づく減となっておりますのでよろしくお願いいたします。

 次に、4目葬祭費でございます。12.3%の減となっております。予算説明資料につきましては、61ページを参照願います。減の要因といたしましては、祭壇等の購入費の減ということになります。

 次に246、247ぺージになります。

 5目保健相談センター費でございます。89.2%の減ということでございます減の内容につきましては、保健相談センターの施設整備費、昨年7.100万ほどありましたが、これらが事業完了による減となっております。

 次に248、249ページになります。

 6目休日診療費でございます。1.6%の増となります。予算説明資料につきましては61、62ぺージを参照願います。

 次に、7目献血推進費でございます。前年同額を計上したものでございます。

 予算説明資料につきましては、62ぺージを御参照願います。

 次に、8目公害対策費でございます。1.3%の増となっております。予算説明

 資料につきましては、63ぺージを御参照願います。

 次に252、253ぺージとなります。

 4款2項1目清掃総務費でございます。71.9%の増となっております。予算説明資料につきましては、63ぺージから65ぺージ及び99ぺージを御参照願います。この科目におきましては、リサイクル推進事業として6年度から牛乳パックの収集事業等を予算計上しております。また、先ほど申し上げました環境衛生費にございましたごみ対策推進経費をこの科目に持ってきたということから、大幅な増となっております。

 256、257ぺージとなります。

 2目塵芥処理費でございます。1.6%の増となります。予算説明資料につきましては、66ぺージから68ページを参照願います。ごみ収集経費、廃棄物処分経費等を計上したものでございます。なお、この科目で廃棄物資源分別事業につきまして、ペットボトルの分別収集を新たに行うよう予算計上してございます。

 次に258、259ぺージになります。

 3目し尿処理費でございます。1.5%の増でございます。予算説明資料につきましては、69ぺージを参照願います。

 次に260、261ぺージになります。

 5款1項1目労働諸費でございます。率でいきますと661.2%の増となります。この内容につきましては、日雇労働者対策経費につきまして、5年度におきましては補正予算でお願いしたわけですけれども、6年度につきましては当初からお願いしたということから大幅な増となってございます。

 262、263ぺージをお開き願います。

 6款1項1目農業委員会費でございます。1.5%の増となっております。農業委員会運営経費、同じく事務局経費等を計上したものでございます。

 2目農業総務費でございます。6.4%の増となっております。

 次に264、265ぺージとなります。

 3目農業振興費でございます。3.4%の減となっております。予算説明資料につきましては70ぺージ、71ぺージを参照願います。農作物等の害虫防除経費農作物振興対策経費等を計上したものでございます。

 次268、269ぺージとなります。

 4目畜産業費でございます。8.4%の減となります。家畜共励会経費、家畜振興対策経費等を計上したものでございます。

 270、271ぺージをお開き願います。

 7款1項1目商工総務費でございます。2.1%の増となっております。職員人件費等を計上したものでございます。

 2目商工振興費でございます。11.7%の減となっております。予算説明資料につきましては、72、73ぺージを御参照願います。減の理由でございますけれども、小口事業資金融資経費の中で5年度基金繰出金等がありました。250万です。それから勤労者住宅資金融資経費の中での基金繰出金等がありましたが今年度それが減となったための予算減と、こういうことでございます。

 次272、273ぺージとなります。

 3目消費者対策費でございます。7.9%の増となっております。

 次に274、275ぺージとなります。

 4目観光費でございます。4.9%の増でございます。観光納涼花火大会経費の交付金の増による予算増でございます。予算説明資料につきましては、73ぺージとなります。

 以上、第4款衛生費から第7款商工費までの説明とさせていただきます。



○委員長(波多野憲助君) これで説明は終わりました。

 これより歳出第4款から第7款までの質疑に入ります。

 清澤君。



◆委員(清澤葉子君) 何点かお願いします。

 まず一つは、ごみの収集の関係です。いろいろ御検討いただいていて、前進面がいろいろあって非常にうれしく思います。それで、今度牛乳パックの回収ですね、始めていただくわけですけれども、これまで発泡スチロールは42カ所ですかやっていただいているんですけど、牛乳に関しては20カ所ということだと思うんですけれども、もうちょっとふやして積極的に対応していただけないかなと思うんですけれども、この20カ所という理由ですね、お伺いしたいと思います それからあとごみのモデル地区の関係ですけれども、今、2自治会にお願いしてモデル地区実施していただいていて、いろいろデータも出していただいていますけれども、かなりいい成績をおさめているというふうに思っております。それで、このモデル地区をどう拡大していくかという、モデル地区でやっている方法をこれからどんなふうに全市に拡大していくかということで、どのようにお考えでしょうか、お伺いしたいと思います。

 それからちょっと細かいことですけども、これまで年末年始のごみの収集の関係で、ボックスにたしか一昨年はずっと張り紙、このボックスは年末はいつまで年始はいつからですよと張り紙をしていただいた経過があると思うんですけれども、昨年の12月は張り紙をされなかったんじゃないかなと思うんです。ちょっとその辺が、少なくとも私のところで利用しているボックスには張ってなかったんですけれども、まあ、去年の場合は曜日の関係で非常に早目に収集が終わってしまったという経過もあって、その張り紙もされていなかったということで、ボックスの周りが年末年始非常に汚れてしまったという、そういう市民の声を聞いておりますけれども、年末年始にボックスをどう使いますよという張り紙の関係ですけれども、平成6年度どのように考えていられるか、お伺いしたいと思います。

 それともう1点は、消費者展の関係ですけれども、パネルの作成委託料があるんですけれども、これ42万ということで、これパネル何枚分を考えていられるかということと、消耗品の関係なんですけれど、私も今回消費者展の中に参加団体の一人として少し参加させていただいて、例えばいろいろ調査して写真を撮るわけですね。その写真のフィルム代は消耗品としていただけるけども、現像費が消耗品とならないから現像費はだめですよみたいなことを言われたという、一つの例ですけど、そんな形でこういう予算の計上の仕方が実態と合っていなくて、参加団体の方非常に苦労されているという部分を伺っているんですけれども、もっともっと参加団体の方がやりやすいような方向で、この予算計上ができないものかどうかということ、参加団体の方からもきっと御意見が上がっているかと思うんですけれども、その辺をどのようにお考えかということをお伺いしておきたいと思います。

 以上です。



○委員長(波多野憲助君) それでは予定の時間がまいりましたので、本日はこれをもって散会いたします。

               午後4時13分散会