議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 清瀬市

平成16年  6月 定例会(第2回) 06月04日−01号




平成16年  6月 定例会(第2回) − 06月04日−01号







平成16年  6月 定例会(第2回)



     平成16年清瀬市議会第2回定例会付議事件

   (会議事件)

 1.議案第33号 専決処分の報告について

 2.議案第34号 専決処分の報告について

 3.議案第35号 専決処分の報告について

 4.議案第36号 専決処分の報告について

 5.議案第37号 専決処分の報告について

 6.議案第38号 専決処分の報告について

 7.議案第39号 平成16年度清瀬市一般会計補正予算(第1号)

 8.議案第40号 平成16年度清瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 9.議案第41号 清瀬市立科山荘条例の一部を改正する条例

10.議案第42号 清瀬市立学童クラブ条例の一部を改正する条例

11.議案第43号 清瀬市立児童遊園条例の一部を改正する条例

12.議案第44号 清瀬市道の路線の廃止について

13.議案第45号 清瀬市道の路線の認定について

14.議案第46号 清瀬市オンブズパーソンの選任について

15.議案第47号 清瀬市オンブズパーソンの選任について

16.報告第2号 平成15年度清瀬市繰越明許費繰越計算書

17.議員提出議案第15号 緊急地域雇用創出特別交付金の継続・改善を求める意見書

18.議員提出議案第16号 若年者雇用政策の拡充を求める意見書

19.議員提出議案第17号 イラクからの自衛隊の即時撤退を求める意見書

20.議員提出議案第18号 地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書

21.陳情第10号 緊急地域雇用創出特別交付金の継続・改善を求める陳情

22.陳情第11号 都営竹丘アパートの二審判決に関し辞任決議を求める陳情

23.陳情第12号 TBS放送の13坪に関する陳情

24.閉会中の議員派遣の件について

25.常任委員会の行政視察について

          平成16年清瀬市議会第2回定例会会議録

6月4日(第1日)

出席議員(24名)

            第1番   西畑春政君

            第2番   久世清美君

            第3番   原 まさ子君

            第4番   田中長夫君

            第5番   渋谷のぶゆき君

            第6番   原田ひろみ君

            第7番   畠山 真君

            第8番   佐々木あつ子君

            第9番   宇野かつまろ君

           第10番   石井秋政君

           第11番   粕谷いさむ君

           第12番   森田正英君

           第13番   斉藤 実君

           第14番   浅野和雄君

           第15番   長谷川正美君

           第16番   金子征夫君

           第17番   市川としお君

           第18番   長野美保子君

           第19番   渋谷金太郎君

           第20番   中村清治君

           第21番   友野ひろ子君

           第22番   斉藤正彦君

           第23番   小野幸子君

           第24番   金丸一孝君

出席説明員

  市長       星野 繁君

  助役       福永 進君

  収入役      石津省次君

  教育長      東田 務君

 企画部

  部長       山脇新一郎君

  参事       舘森博夫君

  参事       飯田達雄君

 総務部

  部長       中村泰信君

                      庶務課長     谷野謙一君

 市民生活部

  部長       森田啓治君

  参事       金子宗助君

  参事       野島春雄君

 健康福祉部

  部長       内田 肇君

  参事       水越 敏君

                      地域福祉担当課長 内野 薫君

                      高齢支援課長   森谷正三君

                      子育て支援課長  小野寺健二君

 建設部

  部長       笠井 剛君

  参事       中澤弘行君

                      建設課長     佐藤精治君

 教育委員会

 学校教育部

  部長       後藤知幸君

  参事       櫻井 茂君

                      教育庶務課長   貫井勘悦君

 生涯学習部

  部長       小野篤雄君

                      社会教育課長   桑澤保夫君

                      図書館長     國又 元君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本会議の事務従事者

 議会事務局長    高橋喜代二君

                      事務局次長    今泉三安君

                      庶務係長     東海孝志君

                      議事係長     木内美則君

                      書記       佐野真理子君

                      書記       中村 宏君

   議事日程(第1号) 6月4日(金)

   開会宣告(午前10時)

   議会運営委員会報告(定例会運営について)

   開議宣告

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 組合議会報告

      柳泉園組合議会

      東京都市収益事業組合議会

      多摩六都科学館組合議会

日程第4 閉会中の委員会経過報告

      議会運営委員会

日程第5 行政報告(市長)

日程第6 議案第33号 専決処分の報告について

            (清瀬市市税条例の一部を改正する条例)

日程第7 議案第34号 専決処分の報告について

            (清瀬市都市計画税条例の一部を改正する条例)

日程第8 議案第35号 専決処分の報告について

            (清瀬市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

日程第9 議案第36号 専決処分の報告について

            (和解及び損害賠償額の決定)

日程第10 議案第37号 専決処分の報告について

             (平成16年度清瀬市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号))

日程第11 議案第38号 専決処分の報告について

             (平成16年度清瀬市老人保健医療特別会計補正予算(第1号))

日程第12 議案第39号 平成16年度清瀬市一般会計補正予算(第1号)

日程第13 議案第40号 平成16年度清瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第14 議案第41号 清瀬市立科山荘条例の一部を改正する条例

日程第15 議案第42号 清瀬市立学童クラブ条例の一部を改正する条例

日程第16 議案第43号 清瀬市立児童遊園条例の一部を改正する条例

日程第17 議案第44号 清瀬市道の路線の廃止について

日程第18 議案第45号 清瀬市道の路線の認定について

日程第19 議案第46号 清瀬市オンブズパーソンの選任について

日程第20 議案第47号 清瀬市オンブズパーソンの選任について

日程第21 報告第2号 平成15年度清瀬市繰越明許費繰越計算書

日程第22 請願及び陳情の委員会付託について

追加日程第1 陳情第11号 都営竹丘アパートの二審判決に関し辞任決議を求める陳情

追加日程第2 陳情第12号 TBS放送の13坪に関する陳情

                            午前10時01分 開会



○議長(渋谷金太郎君) おはようございます。

 ただいま規定の定足数に達しましたので、平成16年清瀬市議会第2回定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) それでは、会議に先立ちまして、定例会の運営について、議会運営委員会の申し合わせ事項がございますので、議会運営委員長の報告を求めます。

 金丸委員長。

     〔議会運営委員長 第24番 金丸一孝君 登壇〕



◆第24番(金丸一孝君) おはようございます。

 議会運営委員会の報告をさせていただきます。

 議会運営委員会は、5月19日、委員全員の出席のもとで委員会を開催いたしまして、6月議会の運営について協議を行ったところであります。

 この6月議会につきましては、会期を6月4日から6月23日までの20日間とし、署名議員を7番、畠山真議員、17番、市川としお議員にする。

 また、一般質問については、6月8日火曜日、6月10日木曜日、6月11日金曜日の3日間とし、順序は清瀬市民会議、民主党、清瀬・生活者ネットワーク、民主クラブ、日本共産党、公明党、清瀬21の会の順番で行うということであります。詳細につきましては、平成7年12月15日の議運及び平成16年1月30日の議運の申し合わせによるところといたしました。

 また、委員会の日程につきましては、お手元の文書で記載されてあるとおりでございますが、総務常任委員会は6月15日、文教常任委員会は6月16日、厚生常任委員会は6月17日、建設常任委員会は6月18日、そして議会運営委員会は6月16日午後2時から、各常任委員会は10時から開催をすることといたしました。

 付議事件につきましては、助役から説明を受けたところであります。詳細につきましては、お手元の文書に報告をされておりますので、割愛をさせていただきます。

 以上で報告を終わります。



○議長(渋谷金太郎君) 報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第79条の規定により、議長において

    第7番 畠山 真議員

   第17番 市川としお議員

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、ただいまの委員長の報告どおり、本日4日から6月23日までの20日間と定めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) ご異議なしと認め、さよう決定させていただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第3、組合議会報告を議題といたします。

 柳泉園組合議会の報告を求めます。

 3番、原まさ子議員。

     〔第3番 原 まさ子君 登壇〕



◆第3番(原まさ子君) おはようございます。

 柳泉園組合議会の報告をいたします。

 5月28日、柳泉園組合議会第2回定例会が午前10時より、議員全員の出席のもと開催されました。

 会期を当日限りとし、会議録署名議員の指名の後、諸般の報告を書面にて行いました。

 次に、星野管理者よりあいさつの後、2月から4月までの行政報告を中心に議論をお願いすると発言がありました。

 新井助役より、4月1日付で2名の人事異動があったこと、行政報告がなされました。

 内容は、総務関係として、4月27、28日に周辺自治会第1回定期協議会が開催され、第二工場解体についての検討委員会への委員の推薦依頼、住民説明会について話し合いがなされたというものでした。

 施設管理関係では、昨年9月から12月にかけて東京都林業試験場等が実施した柳泉園南側山林土壌ダイオキシン類分解野外実施試験の結果が報告され、当初、60%以上のダイオキシン類の分解率を見込んだものの、結果は、冷夏であったことなどから8〜39%にとどまったこと。

 今後の対応として、16年度も引き続き野外試験を実施したいと林業試験場から要請が来ていることから、それを許し、結果を見きわめたいと考えているとのことでした。

 また、この3カ月間の施設見学者は、463人です。

 ごみ処理関係では、ごみ搬入量が、前年同月期に対して508トン、2.4%増加し、資源物の搬入量が237トン、7.4%減少したこと。クリーンポート、不燃・粗大ごみ処理施設、リサイクルセンターの定期点検等が実施されたこと、また、最終処分場への搬入が15センチ以上の埋め立て不適物が多量に混入しているということが指摘され、4月8日以降、搬入がしばらくとまったということがありました。対応として、トロンメルの改修と手選別が実施されています。

 容器包装リサイクル法対象「その他プラスチック」については、事務連絡協議会で資源化のスケジュール案を引き続き検討するということになり、収集品目と排出量の検討は幹事会で検討するということになったそうです。

 質疑では、第二工場の解体に関して、入札に関する検討委員会の状況、契約の中身について、排ガスの連続測定に関して、資源物の搬入状況の分析について、トロンメルの改修状況、周辺自治会との話し合いに関して、容リ法の完全実施の時期について、野外試験に関して、ダイオキシン類測定値について、厚生施設についてなどございましたけれども、詳細は割愛をいたします。

 この定例会では議案がなく、午後零時10分ごろ終了となりました。

 以上、報告を終わります。



○議長(渋谷金太郎君) 次に、東京都市収益事業組合議会の報告を求めます。

 15番、長谷川正美議員。

     〔第15番 長谷川正美君 登壇〕



◆第15番(長谷川正美君) ご報告いたします。

 文章をまとめてきておりませんので聞きづらい点もあるかもしれませんが、3月14日11時から京王閣競輪場で議会が行われました。

 東京都市収益事業組合議会議員の報酬に関する条例について、議員提出議案第1号で審議され、7名の賛成者があって、こういう議案が出されたわけでありますけれども、諸般の経営事情の厳しさ、特にお客さんが少ないという実態もありまして、そしてまた、投票数も少ない、したがって、金額も少ないというような大変厳しい環境にあって、それを乗り越えていくための一つの道筋としてまず範を垂れなければいけないということで、議員報酬の減額になるんですけれども、議員提出議案として月額3万9,200円の改定案が審議され、それが了承され、議決されたわけであります。

 それから、議案第4号としては、管理者から、管理者等の給与の特例に関する条例が提出され、それが審議され、例えば管理者、月額5万4,600万円等のことが了承され、また議決されたわけです。

 そして、これらについては時限として、とりあえず今後1年間ということで対応することとなっております。

 それから、平成16年度東京都市収益事業組合予算についても審議されまして、総額173億7,694万円と定め、一時借入金の最高額も30億円と定められて予算が決まりました。詳細については、省略させていただきたいと思います。

 以上、報告を終わります。



○議長(渋谷金太郎君) 次に、多摩六都科学館組合議会の報告を求めます。

 5番、渋谷のぶゆき議員。

     〔第5番 渋谷のぶゆき君 登壇〕



◆第5番(渋谷のぶゆき君) おはようございます。

 それでは、多摩六都科学館組合議会の報告をいたします。

 平成16年度多摩六都科学館組合議会第2回全員協議会及び研修会は、5月29日、科学館201会議室で開催されました。

 まず、午後1時より、研修会として新しく館長に就任した高柳雄一氏の紹介と講演が行われました。高柳館長は、東京大学理学部物理学科を卒業後、日本放送協会でNHKスペシャルチーフプロデューサー、NHK解説委員などを歴任し、現在、電気通信大学共同研究センター教授のかたわら、今年4月より多摩六都科学館館長に就任しました。

 館長は、科学館に来てもらうばかりではなく、時間が許せば各学校に講演に行って、子供たちが科学に関心を持つようお話をしたいと抱負を語りました。

 多摩六都科学館は、今まで館長がおらず、高柳館長の就任により科学館の今後の発展が期待されます。

 次に、午後2時より、平成16年度多摩六都科学館第2回全員協議会が開催されました。

 最初に、化石標本の寄託について報告がありました。これは、最近まで阿蘇化石館を営み、現在、東村山市在住の日向重光氏より、阿蘇化石館の閉館に伴い、個人で収集した化石約1万点を寄託したいとの申し出があり、これを受け入れることとした経過と対応について説明が行われました。

 また、これに伴い、移送と受け入れ準備のための費用を予備費より充用したことが報告されました。

 質疑では、化石の保管における湿度、温度の管理は大丈夫かとの問いに対し、石であるのでそれほど影響はないが、将来的には収蔵庫をつくりたいとの答弁がありました。

 寄託と寄贈の違いについてとの問いに、寄託の場合、所有権は日向氏にあり、これから日向氏と覚書を交わし、寄託の期間、寄贈の時期を検討し、用意が整ったとき寄贈の手続をとりたいとの答弁がありました。

 今後の化石公開の予定についてとの問いに対し、来年早々には常設展示として公開したい、来年春休みをめどに企画展を行いたいとの答弁がありました。

 化石受け入れの決定を事業評価委員会に聞くことはできなかったのかとの問いには、そのような意見もあったが、日向氏の状況もあり、このような決定になった。今後は意見を聞き、計画的に進めたいとの答弁がありました。

 その他、化石の保険について、化石のデータベース化についてなどの質疑がありましたが、詳細は割愛いたします。

 次に、多摩六都科学館事業評価委員会の進捗状況についてと入館者の状況について説明がありましたが、詳細については割愛をいたします。

 以上で報告を終わります。



○議長(渋谷金太郎君) 以上で、組合議会報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第4、閉会中の委員会経過報告を議題といたします。

 議会運営委員長の報告を求めます。

 金丸委員長。

     〔議会運営委員長 第24番 金丸一孝君 登壇〕



◆第24番(金丸一孝君) 閉会中の議会運営委員会の報告をいたします。

 議会運営委員会は、4月28日水曜日、委員全員の出席のもとで委員会を開催いたしまして、市議会だより第161号の発行について審議をいたしました。この市議会だよりにつきましては、すでに5月15日付新聞折り込みで市民の皆さんにお配りをしておりますので、このことを申し添えて、委員長報告を終わります。

 以上です。



○議長(渋谷金太郎君) 報告が終わりました。

 本件につきましては、報告事項でございますので、ご了承をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第5、行政報告を議題といたします。

 市長の発言を許します。

 星野市長。

     〔市長 星野 繁君 登壇〕



◎市長(星野繁君) 行政報告を申し上げます。

 平成16年第2回定例市議会の開会に当たりまして、3月以降の行政上の主な事項についてご報告させていただきます。

 まず初めに、国が進めております三位一体の改革についてでございますが、平成16年度における国の対応は、国の財政再建に力点が置かれ、それに伴う税源移譲については十分なものではありませんでした。

 三位一体の改革は、地方が自らの創意工夫と責任において政策を決め、そして自由に使える財源をふやすなどでなければなりませんが、残念ながらそのようになってはいません。地方6団体は、こぞって現状のやり方について反対をしております。

 去る5月26日に関東市長会が開かれまして、三位一体改革の推進に関する緊急決議が採択されました。その内容については、ご配付しておりますので、ごらんいただきたいと思いますが、三位一体の改革は、1、国の財政再建のみ優先した単なる国庫補助金及び地方交付税の削減であってはならないこと。2つ目に、地方への税源移譲については、所得税、消費税等の基幹税による税源移譲であること。3つ目に、地方交付税の見直しに当たっては、財源保障機能及び財源調整機能を堅持することなどであります。私も全面的に賛成であります。これらの決議は、全国市長会が6月9日に開かれますが、ここにおいても同様の趣旨で採択される予定になっておりまして、この採択されたものについては強く国に要請をされることになります。

 次に、5月30日に実施いたしました市内一斉清掃についてご報告をいたします。

 平成10年に清瀬市まちを美しくする条例が制定され、5月30日を「清瀬市まちを美しくする日」と決めました。この直近の日曜日に全市的に一斉清掃の取り組みを進めてまいりましたが、今年はちょうど30日が日曜日に当たり、119団体、3,224人という多くの皆さんが参加され、3.9トンのごみが回収されました。今年の参加者からは、ポイ捨てされているごみが随分少なくなりましたという声が多く寄せられました。市民の皆さんのご協力により、きれいなまちに一歩ずつ進んで来ていると感じました。これからも市民の皆さんと協働して、美しいまちにするために努力をしてまいりますので、ご協力をお願いいたします。

 次に、平成16年度の事業の中で、現在進めております幾つかの事業について申し上げます。

 まず初めに、神山公園の開園と(仮称)清瀬市児童センター開設準備委員会についてであります。

 平成13年度から整備を進めてまいりました神山公園が4月1日にオープンいたしました。公園面積7,500平方メートルで、子供からお年寄りまでだれもが楽しめる公園として好評を得ております。なお、災害時の避難地として、かまど対応型のベンチを置いたり、多目的交流広場を芝生敷きにしております。また、遊歩道は、ウッドチップを使用したり、土を固めた舗装を採用するなど、地球にやさしい工夫も施されております。そのほか、親水ゾーンや市で初めてのストリートバスケットコートも設置され、子供たちに大変喜ばれ、親子連れでにぎわっております。

 さらに、同敷地内に建設中の(仮称)清瀬市児童センターは、平成17年6月のオープンを目指し、開設準備室を4月1日に開設いたしました。また、児童センター事業の企画や運営についてのご意見をお聞かせいただくため、開設準備委員会の委員を公募し、6月末に第1回の委員会を開催する予定で準備を進めております。

 2つ目は、農産物共同直売所の開設についてであります。

 6月12日より、JA東京みらい清瀬支店指導経済センター(旧第一農協)の前庭において農産物共同直売所をオープンすることになりました。当面は、火曜日と土曜日の週2回、午前中のみ試行的に開店し、ニンジン、ホウレンソウ、キュウリなど清瀬でとれた新鮮で低農薬のおいしい農産物を提供したいと考えております。農産物共同直売所につきましては、都市農業の振興を図る一つの施策として、地元でつくった野菜等を地元の方に消費していただこうという地産地消の試みであり、店頭に出ている野菜などは生産者がわかるような表示を行い、新鮮で安全・安心な農産物を市民の皆さんにお届けしたいと考えております。

 3つ目は、安全・安心まちづくり行動計画策定についてであります。

 清瀬市内の平成15年中の犯罪発生件数は1,209件でありました。この数値は10年前の約2倍となっており、この間一貫して増加が続いております。こうした現状を改善し、10年前の数字に戻したいということから、清瀬市安全・安心まちづくり行動計画を策定いたしました。お手元にお届けをさせていただいておりますが、計画の主な内容は、警察官OBの協力を得て市内全域の夜間パトロールや学校区パトロールの実施、地域の皆さんが自主的にパトロールを実施するための支援、防犯講習会の開催、犯罪発生状況や犯罪に遭わないためのノウハウなどのホームページへの掲載、また、東村山警察署と連携しての防犯パレードの実施などが盛り込まれております。こうした事業は7月13日に発足式を行い、順次実行に移していくこととしております。

 また、教育委員会においては、児童・生徒の安全を守る観点から、校長会や各小中学校のPTA、保護者の会、東村山警察署と協力して、清瀬市不審者・痴漢出没マップを作成しました。これは、清瀬市の地図上に、過去において不審者や痴漢などが出た場所に印をつけたものであります。東村山警察署より6月中に、新聞折り込みや学校を通して市内の全家庭に配布いただけることになっております。また、このマップを活用して、児童・生徒が登下校する時間帯にPTAやボランティアにも協力をお願いし、巡回パトロールを実施してまいります。

 4つ目は、清瀬市オンブズパーソンの制度の施行と選任についてであります。

 第1回定例会において議決をいただきました清瀬市オンブズパーソン条例を7月1日より施行し、スタートすることにいたしました。オンブズパーソン制度は、市民の市政に対する信頼を高め、開かれた市政の推進を図るために、弁護士と大学教授の2人のオンブズパーソンが中立的な立場で苦情等の対応と処理をしていただくものであります。

 今定例会に、オンブズパーソンとして、その任に当たっていただく人事案件を提案いたしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 5つ目は、清瀬市次世代育成支援行動計画の策定についてであります。

 今日の少子化の要因として、晩婚化や非婚化、そして出生力の低下などが顕在化してきており、現在のままでは少子化がますます加速することが予想されております。

 こうした流れを変えるため、国では、地域における子育て支援、社会保障における子育て支援、男性を含めた働き方の見直しなど4つの柱に沿って総合的な取り組みを行うこととし、これらの課題を推進するために平成15年7月、次世代育成支援対策推進法が制定され、各地方公共団体は平成17年度から10年間の行動計画を策定することになったものであります。

 清瀬市としては、関係者や一般公募の皆さんの参加をいただき、清瀬市次世代育成支援行動計画策定地域協議会を設置し、6月2日に第1回目の会合を開きましたが、協議会の報告は来年の2月にいただく予定になっております。

 6つ目は、立科山荘の条例改正についてであります。

 この条例改正は、立科山荘の管理運営について指定管理者制度の導入について検討するために提案をさせていただくものであります。

 立科山荘のような公の施設については、地方自治法が改正され、市の職員がそこにいなくても、議会の議決をいただければ地方自治体が指定する指定管理者に管理を代行させることができるようになったことによりまして、従来の委託制度から管理代行という形に変更したいと考えております。

 当然それなりのメリットがなければなりません。費用対効果の比較検討、サービスをできるだけ低下させることなくコストの削減を図ることができるか、利用者の拡大などをどう進めるかなどがこれからの課題になりますが、立科山荘のさらなる効率的な運営を図ってまいりたいと考えています。

 7つ目に、男女平等に関する市民意識・実態調査についてのご報告をいたします。

 平成15年10月から11月にかけて実施いたしました市民の男女500人ずつ1,000人を対象に行ったアンケート調査の結果がまとまりました。その結果によれば、ジェンダーに関する知識・意識はまだ市民の間には浸透しているとは言えないものの、男女共同参画センターの存在は前回調査より大幅に浸透してきている実態が明らかになりました。

 また、DVの実態については、女性の6.8%、男性の1.0%が身の危険を感じるくらいの暴力を受けた経験があると回答しています。男女平等推進室では、平成15年度にDV対策連絡協議会を立ち上げ、DV110番等も実施しておりますが、この課題解決へ向けてさらなる施策の充実が必要であると考えております。

 その他、この調査結果からは、介護への負担と不安が特に女性に重くのしかかっている実態がうかがえることから、今後の施策の課題として考えていかなければならないと思っております。

 最後に、テレビや各新聞報道などマスコミで取り上げられておりますが、現在、郷土博物館において特別企画・原田泰治の世界展を開催しております。原田氏の作品は、日本の自然豊かな風景や、そこで暮らす人たちを描いており、ほのぼのとした独特な素朴画で好評を得ております。会期は6月15日まででございますので、ぜひ一人でも多くの皆さんにごらんいただきたいと思っております。

 なお、本定例市議会には、清瀬市一般会計補正予算、その他清瀬市立科山荘条例の一部を改正する条例や清瀬市学童クラブ条例の一部を改正する条例についてなどの案件をご提案申し上げておりますので、よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げまして、行政報告といたします。



○議長(渋谷金太郎君) 以上で、行政報告を終わります。

 ここで暫時休憩をいたします。

 休憩中に議会運営委員会を開きます。時間につきましては、後ほどご連絡を申し上げます。再開につきましては、午後1時以降になりますので、ご了承をお願いいたします。

 以上です。

                            午前10時30分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午後1時00分 開議



○議長(渋谷金太郎君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第6、議案第33号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 総務常任委員会に付託をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第7、議案第34号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 総務常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第8、議案第35号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 厚生常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第9、議案第36号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 文教常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第10、議案第37号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 厚生常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第11、議案第38号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 厚生常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第12、議案第39号 平成16年度清瀬市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福永助役。



◎助役(福永進君) 議案第39号 平成16年度清瀬市一般会計補正予算(第1号)についてご説明をさせていただきたいと思います。

 初めに、第1号の補正の概要でございますが、補正要因といたしましては、1点目は第3学童クラブの増築事業の実施でございます。2点目は、第四中学校校舎大規模改造事業の国庫補助金の2カ年度採択への変更等が生じましたことから補正を行わせていただくものでございます。

 なお、補正の財源といたしましては、現在の厳しい財政状況にありますことから、国・都支出金、地方債及び予備費の活用によりまして補正対応を図らせていただきました。

 それでは、1ページをごらんいただきたいと思います。

 補正予算の第1条でございますが、歳入歳出予算の総額が歳入歳出それぞれ2,376万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を244億1,223万8,000円とするものでございます。

 第2条は、債務負担行為の補正でございます。4ページをごらんいただければと思います。

 清瀬第四中学校校舎大規模改造及び地震補強工事2期でございますが、国庫補助金の採択は国庫債務負担事業による16、17年の2カ年事業と採択されましたことから、この国債事業に合わせまして市でも債務負担行為の補正をお願いし、16、17年度の2カ年事業で第四中学校校舎大規模改造等の工事をさせていただくものでございます。

 なお、国庫補助金につきましては、16年度は40%、17年度は60%の交付でございますが、市では学校の授業に支障を来さないように教育的な環境の配慮の上に、実際の工事の割り振りにつきましては、16年度を70%、17年度を30%とし、特別教室の内部改造を16年度に終了させまして、17年度は残る校舎外部塗装、屋上防水関係にすることを考えております。したがいまして、債務負担の内容ですが、期間は平成16年度から17年度までの2カ年とします。

 なお、この限度額は、当初予算では第四中学校事業費として1億2,373万円を予定しておりましたが、工事の割り振りを16年70%、17年30%と予定しましたことから、16年度事業費は全体事業の70%に当たる8,673万円を減額し、17年度工事分3,700万円を債務負担行為限度額として設定させていただいたものでございます。

 次に、第3条は地方債の補正であります。5、6ページをごらんいただければと思います。

 地方債の補正は全部で2件ございまして、補正内容といたしましては、第3学童クラブ増築事業の追加1件と、第四中学校大規模改造事業の変更1件が生じましたことから、地方債の借入限度額を追加変更させていただくものでございます。

 以上が総括の説明でございますが、引き続きまして歳入歳出の説明に移させていただきます。

 初めに、9ページをごらんいただければと思います。歳入の分でございます。

 款15国庫支出金でございますが、先ほど説明いたしましたとおり、国庫債務負担行為による2カ年度採択から第四中学校校舎大規模改造等事業費に合わせて2,300万円の減額補正とさせていただいたものでございます。

 次に、款16都支出金では、項2目1総務費都補助金で東京都振興交付金でございますが、第四中学校校舎大規模改造事業費の2カ年事業執行に併せ補助金を220万円を減額補正させていただきました。

 また、すぐ下の目2民生費都補助金の福祉改革推進事業補助490万円は第3学童クラブ増築事業を財源として補助を見込んだものでございます。

 続きまして、款21の諸収入でございます。図書館配本車が平成14年度11月に交通事故を起こし、このたび示談がやっとまとまりまして別途専決処分書で報告させていただいておりますが、この示談に伴いまして16年度支払金403万8,000円は予備費を充用させていただきました。この予備費充用で示談支払金額の全額を保険で補てんさせていただきますので、雑入に補正計上させていただいたものでございます。

 次に、款22市債でございますが、目2民生債では第3学童クラブの増築事業財源といたしまして300万円の発行を見込みますとともに、目7教育債の第四中学校校舎大規模改造等事業では2カ年事業執行に合わせ、17年度発行となります地方債1,050万円の減額をお願いするものでございます。

 歳入の説明は以上でございます。

 続きまして、歳出の説明に入らせていただきます。11ページ、12ページをごらんいただければと思います。

 款3民生費では、第3学童クラブ増築事業費、総額1,080万7,000円の補正でございます。現施設規模89平米を139平米に約50平米の増築を行う予定で、その必要な設計委託料、工事費、管理備品を補正させていただくものでございます。

 なお、増築の定員は、現行の40名から60名にする予定でございまして、できれば9月から始めさせていただければと考えております。

 款9教育費では、第四中学校大規模改造事業の国庫補助金の2カ年採択から、工事費を16年70%、17年30%を予定していますことから、17年度分事業費を併せて3,700万円を減額させていただくものでございます。

 なお、事業概要としましては、西棟の特別教室の9教室など延べ面積は1,897平米で、大規模改造地震補強工事を実施するものでございまして、できますれば2学期から使わせるようにしていきたいと考えております。

 歳出の最後になります。款12予備費でございます。別途専決処分書でご報告させていただいておりますが、図書館配本車の交通事故の示談に伴いまして5月20日に示談金403万円を支払うために予備費を充用させていただいております。

 なお、予備費補正金額は、歳入の諸収入でご説明しましたように、交通事故の16年度示談支払金の全額が保険より補てんされますので、この補償金額403万8,000円と第四中学校校舎の大規模改造事業の減額となる一般財源の130万円を充当し、そこから第3学童増築事業の推進に必要な所要一般財源を差し引きますと243万1,000円の補正となるものでございます。

 次に、補正後及びその充用後に使用可能な予備金額をあらわします差し引き予算額は1,839万3,000円となるわけでございます。

 以上で一般会計補正予算の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議方、お願いをいたします。

 終わります。



○議長(渋谷金太郎君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 本議案につきましては、会議規則第36条第2項の規定に基づき、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) ご異議なしと認め、本議案は委員会の付託を省略し、直ちに審議することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 質疑ございませんか。

 18番、長野美保子議員。



◆第18番(長野美保子君) 学童クラブ全体と、第3学童についてお聞きしたいのですが、今の定員ですと530名の学童クラブの定員でございますけれども、既に行政報告等で報告がありますように、定員をオーバーした人数が実際的には入所しているという状況があるわけですよね。1割ぐらい増加した形で入所決定をしたということだと思いますけれども、一番大きい定員増をしている学童クラブの名前を教えてくださいということが一つと、それと今度、第3学童が20名定員増になっていくわけですけれども、現在の第3学童の入所募集した人員というのは何名なのかということです。新たにこの20名を加えることによって、その20名以上の人たちが新たに入れるようになるのかどうか。それについてお知らせていただければお願いします。



○議長(渋谷金太郎君) 小野寺子育て支援課長。



◎子育て支援課長(小野寺健二君) 第3学童クラブにつきましては、現在の受け入れ数は54名でございます。そのほか、今、全般的には定員の1割までを入れてございますけれども、今年、清瀬小学校の区域の第8学童クラブにつきましては5名拡大してございます。

 現在、第3学童クラブの待機児童につきましては5名ということでございますが、3名が第3学童が飽和状態なものですから芝小地区の第7学童クラブに通所しております。それを含めまして8名という状況でございます。

 なお、この増築工事が終わりますと、第3学童クラブの方にお戻りいただくような形になろうと思います。



○議長(渋谷金太郎君) 学童クラブで一番多くふえているのはどこかと。



◎子育て支援課長(小野寺健二君) 今現在、定員に対する弾力化の増につきましては、第3学童クラブが一番多いということになります。40名定員に対して54名入っておりますので、14名オーバーという計算になります。



○議長(渋谷金太郎君) 18番、長野美保子議員。



◆第18番(長野美保子君) そうしますと、20名という定員をふやして増築して受け入れられるような形はつくるにしても、新たな募集をかけることができないような状況なのかどうかですね。今、40名のところを54名入って14名、それにあとは芝小の方の第7学童に7名とか8名にすると、もうそれで20名以上になってくるわけですから、そういう意味では定員満杯の状況の中で運営を迫られていくということになるんでしょうか。



○議長(渋谷金太郎君) 小野寺子育て支援課長。



◎子育て支援課長(小野寺健二君) 60名定員にいたしますと、おおむね定員で1割増になりますから66名という形になります。現在、54名入所しておりまして、さらに芝小地区の方から3名戻りますので、差し引きあと9名の受け入れが可能ということになってきます。

 例年ですと年度当初が一番ピークでございまして、年度末に従いまして対象等がふえてきますので、おおむね賄えるというふうに考えております。



○議長(渋谷金太郎君) ほかにございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) 質疑なしと認めます。

 続いて、討論に入ります。

 討論ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) 討論なしと認め、採決に入ります。

 議案第39号を可決することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) ご異議なしと認め、議案第39号は可決と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第13、議案第40号 平成16年度清瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第14、議案第41号 清瀬市立科山荘条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 文教常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第15、議案第42号 清瀬市立学童クラブ条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 厚生常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第16、議案第43号 清瀬市立児童遊園条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第17、議案第44号 清瀬市道の路線の廃止についてを議題といたします。

 建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第18、議案第45号 清瀬市道の路線の認定についてを議題といたします。

 建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第19、議案第46号 清瀬市オンブズパーソンの選任についてを議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 星野市長。



◎市長(星野繁君) 議案第46号 清瀬市オンブズパーソンの選任についてでございます。

 3月の議会でオンブズパーソン条例を議決いただきまして、7月1日から施行したいという考え方から、今回、人事案件としてオンブズパーソンの選任について提案をさせていただきたいと思っております。

 今回、お二人でございますが、議案第46号につきましては関根靖弘さん。関根さんは多摩市にお住まいで弁護士でございまして、私どもが関根先生にお願いいたしましたところ、お引き受けいただけるということで議会に提案をさせていただくものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(渋谷金太郎君) 説明が終わりました。

 人事の案件につきましては、慣例によりまして質疑・討論を省略して、無記名投票で行います。

 ただいまより議場の出入り口を閉めさせていただきます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(渋谷金太郎君) ただいまの出席議員数は23名です。

 投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) 配付漏れなしと認めます。

 それでは、投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票箱に異状なしと認めます。

 それでは、立会人の指名をさせていただきます。

 開票立会人に第24番、金丸一孝議員、第1番、西畑春政議員にお願いをいたします。

 記載の方法につきましては、賛成または反対というふうな記載をしてください。賛否を表明しない白票や賛否の明らかでないものは、会議規則第71条第2項によりまして反対とみなすことになります。よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) それでは、これから投票を行います。順次投票をお願いいたします。

     〔投票〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 立会人の立ち会いをお願いいたします。

 それでは、開票を行います。

     〔開票〕



○議長(渋谷金太郎君) それでは、投票結果のご報告をいたします。

 総投票数23票、うち賛成23票、反対ゼロ票でございます。

 よって、議案第46号は同意と決しました。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第20、議案第47号 清瀬市オンブズパーソンの選任についてを議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 星野市長。



◎市長(星野繁君) どうもありがとうございました。

 議案第47号につきましても、オンブズパーソンはお二人の方にお願いをすることになっておりますが、お二人目の提案をさせていただきます。

 若穂井透さんでございます。若穂井先生は、現在、日本社会事業大学の教授をされておりまして、弁護士の資格をお持ちでございます。住まいは千葉県の松戸でございますけども、清瀬市にあります社事大の方にもおいでいただいておりまして、私ども市政の中でも幾つかの事業について助言をいただいた経過もありまして、大変適任ではないかというふうに考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げたいと思います。



○議長(渋谷金太郎君) 説明が終わりました。

 人事の案件につきましては、慣例によりまして質疑・討論を省略して、無記名投票で行います。

 ただいまより議場の出入り口を閉めさせていただきます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(渋谷金太郎君) ただいまの出席議員数は23名です。

 投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) 配付漏れなしと認めます。

 それでは、投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○議長(渋谷金太郎君) 異状なしと認めます。

 それでは、立会人の指名をさせていただきます。

 開票立会人に第2番、久世清美議員、第3番、原まさ子議員にお願いをいたします。

 記載の方法につきましては、賛成または反対というような記載をしてください。賛否を表明しない白票や賛否の明らかでないものは、会議規則第71条第2項によりまして反対とみなすことになります。

 それでは、これから投票を行います。順次投票をお願いいたします。

     〔投票〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 立会人の立ち会いをお願いいたします。

 それでは、開票を行います。

     〔開票〕



○議長(渋谷金太郎君) それでは、投票の結果をご報告いたします。

 総投票数23票、うち賛成23票、反対ゼロ票です。

 よって、議案第47号は同意と決しました。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第21、報告第2号 平成15年度清瀬市繰越明許費繰越計算書を議題といたします。

 建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 日程第22、請願及び陳情の委員会付託についてを議題といたします。

 第2回定例会請願及び陳情の文書表は、会議規則第131条の規定により、お手元に配付してございます。会議規則第132条第1項の規定により、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渋谷金太郎君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。

     陳情文書表

                    第2回定例会



受理月日
番号
件名
付託委員会
住所
氏名


4/14
陳情第10号
緊急地域雇用創出特別交付金の継続・改善を求める陳情
総務常任委員会
江東区門前町1−20−3東京建設自労会館7階
全日本建設交運一般労働組合東京都本部
     代表者 赤羽目 寛
立川市錦町1−3−27倉沢ビル3F
全日本建設交運一般労働組合東京都本部三多摩支部
     委員長 増島靖浩



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 以上で、本日予定の日程はすべて終了いたしましたが、ここで先ほどの議会運営委員会でご了承をいただいております日程の追加2件をお願いいたします。

 追加日程第1、陳情第11号 都営竹丘アパートの二審判決に関し辞任決議を求める陳情を議題といたします。

 本陳情につきましては、委員会付託を省略し、直ちに採決をいたします。

 陳情第11号を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(渋谷金太郎君) 賛成者なし。

 よって、陳情第11号は不採択と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 追加日程第2、陳情第12号 TBS放送の13坪に関する陳情を議題といたします。

 本陳情につきましては、委員会付託を省略し、直ちに採決いたします。

 それでは、地方自治法第117条の規定に基づきまして、第17番、市川としお議員の除斥を求めます。

     〔除斥〕



○議長(渋谷金太郎君) 陳情第12号を採択することに賛成の方の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(渋谷金太郎君) 賛成者なし。

 よって、陳情第12号は不採択と決しました。

 それでは、第17番、市川としお議員の除斥を解きます。

     〔除斥解除・入場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渋谷金太郎君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 各常任委員会及び議会運営委員会の日程につきましては、黒板に板書してありますので、よろしくお願いをいたします。

     常任委員会・議会運営委員会日程



総務常任委員会
6月15日(火)
午前10時00分


文教常任委員会
6月16日(水)
午前10時00分


厚生常任委員会
6月17日(木)
午前10時00分


建設常任委員会
6月18日(金)
午前10時00分


議会運営委員会
6月16日(水)
午後2時00分





○議長(渋谷金太郎君) それでは、本日はこれにて散会といたします。

 お疲れさまでした。

                             午後1時35分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−