議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 国分寺市

平成21年 総務委員会 本文




2009.09.07 : 平成21年 総務委員会 本文


                  午後 4時02分開会
◯井沢委員長  それでは、ただいまより総務委員会を開会いたします。
    ────────────────── ◇ ──────────────────

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  報告事項、議案第76号 平成21年度国分寺市一般会計補正予算(第6号)の法人市民税について、説明をお受けしたいと思います。担当の説明を求めます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  提出資料がございます。納税課と課税課の名前で、今回、補正第6号の説明資料ということで、お出しをさせていただきました。今回、法人市民税の歳出還付の発生ということで、破産法人の更正請求につきましては、約1,250万円でありますが、これを初めとして、4月から8月の申告実績で中間納付額の約45%を返還するというような状況になってございます。このために補正をお願いすることによって、還付処理を適正に行ってまいりたいということでございます。
 資料の次のページの裏面を先に御説明申し上げたいと思いますけれども、法人市民税の申告につきましては、中間申告と確定申告というものがございます。ここに若干説明を書かせていただきましたけれども、事業年度が6カ月を超える法人は当該事業年度開始の日以降6カ月を経過した日から2カ月以内に中間申告をしなければならないとされています。中間申告には予定申告と仮決算による中間申告があり、予定申告額は前期の実績額を基礎としてその2分の1の額が中間納付をされるということでございます。そして事業年度終了の日の翌日から2カ月以内に確定した決算に基づく確定申告をし、当該事業年度の法人市民税額が確定するということでございます。
 この中間申告に係る税額は、この時点では差し引き精算されるため、今事業年度で大幅な減益等があった法人に対しては、中間納付額の還付をするということになります。ここには書いてございませんけれども、4月から9月調定分につきましては、中間申告が前年度ということで、歳出還付ということになります。そして10月から翌3月までの調定による発生還付金につきましては、同一年度ということで歳入予算による還付ということで、歳出予算には影響が出ないということでこの下の表に中間申告と確定申告の流れがございますけれども、8月調定法人、9月調定法人と書いてありますが、9月調定法人以降10月調定法人につきましては、歳入予算から還付ができるということで、今回補正の対象にはならないということでございます。
 最初のページをごらんいただきたいと思います。8月調定分で還付金、還付加算金合わせて2,424万9,100円が確定しています。2)10月還付月9月調定見込みということで、還付加算金合わせて1,617万8,000円が必要ということになっています。一番下に2)という説明書きがしてありますが、更正請求の確定額1件は破産法人の関係で、更正申告がされておりますが、この額が1,250万5,300円。それから中間納付額の返還予定額ということで、44件の会社があるわけですが、中間納付されている額が717万2,300円ということで、仮にこれが50%ということであれば、この半分の返還額が必要ということで、予算計上させていただきました。
 それと平成20年と平成19年の還付実績額を事務報告等で確認をいたしましたけれども、平成19年の還付実績は2,320万6,800円。平成20年度でそれの約2.7倍に膨れまして、6,222万5,300円という状況でございます。4月から7月までの今年度の実績は6,998万8,300円ということで、実際に6カ月で支出する額を既に4カ月で前年を上回っているという状況となっています。
 私からは以上でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  説明が終わりましたけれど、今、数字の読み上げが速かったので、もう一回実績のところを言ってもらえますか。平成19年、平成20年、それから平成21年の前期のところです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  大変申しわけございません。平成19年度2,320万6,800円。それから平成20年度の実績6,222万5,300円。平成21年度で7月調定分まで執行している額でございますが、6,998万8,300円。こういう数字になってございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  それともう一点、還付加算金の率というのは何%ですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  大変失礼いたしました。還付加算金については年4.5%ということでございます。それで、次のページで、下の表を細かく御説明申し上げませんでしたけれども,仮に、上の8月調定法人の場合ですと、2月28日に、中間納付額を納付ということであったとすれば、予算を御了解いただいて、仮に明日還付通知ができるということになりますと、2月28日の翌日から9月8日分までが192日ということですけれども、これが還付加算金で算定をされるということでございます。大体額的には、五万円弱,4万九千何がし、こういう数字になろうかと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  説明が終わりました。委員の方、御質問等ございましたらどうぞ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  今の経済状況では、やむを得ない話でしょう。財源に関しても財政調整基金からということで、今回のお金は出されるわけですけれども、いつ、景気は回復するかもわかりませんし、前政権は全治3年と言っていたわけですが、政権交代によって吉と出るのか凶と出るのかも、まだ政権発足もこれからですからわかりませんし、とりあえず今回はこの財政調整基金からの取り崩しで対応していますけれども、今後の財政的な影響、あるいはそれに伴う施策への影響、その辺はどうお考えですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内野財政課長  今の御質問で、今後の財源と申しますか、市の予算というようなお話だと思います。この半年間、今年度経っているわけでございますけれども、税に関しましてお話をさせていただければ、大きな3つの税があると思います。市民税と固定資産税と都市計画税ですか、この3つがあると思いますけれども、この7月末現在で今どのような状況かというのを少し試算しました。
 まず現在では、徴収率をはかるということではなくて、実際に入ってくるお金、収入率というのを見ました。これにつきましては昨年と比べまして、落ちているという状況ではないということ、それと実際は調定額については昨年と比べまして当然少し落ちてはいます。ただ、当初予算の中で、その部分は昨年と比べれば予算的には低く見積もっているというようなことから、今の段階では収入については減補正をすると、市税については減補正をするという状況ではないと考えてございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  ということは今の見通しでは、特段、施策の今後の展開にかかわっては大きな影響はないだろうという見通しですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内野財政課長  今の段階ではそのように感じております。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  今の段階ではということですね。特に予算特別委員会のときなんかはここ近年再三言われているように、まさにこういうときに財政調整基金とか役割が大きく果たされるわけで、いわゆるこれまでの数年間の流れというのは経常経費的なものに対しても、要はお金が足りなくなって財政調整基金を切り崩さざるを得ない、そういう予算編成がずっと続いて、現状でも12億円ですか、フレームなどによってはもう10億円を切るようなデータが出る年なんかもフレームではありますし、いわゆる計画財政という意味合いでは景気は生き物ですから、やはり厳しい財政状況には変わりはないですけれども、これなんか、加算金にかかわる問題ですから、払えないというわけにはいきません、市として。ましてや返してもらう権利というか返さなきゃいけない義務があるわけですから、市としてはね。だから、その辺は、特段この議案にかかわって、突っ込んで議論するつもりはありませんけれども、ただ大きくとらえれば、そういういわゆる計画的な財政運営というものが、後々、大きく響いて最終的には施策にも影響するということになりかねませんので、今回こういう形で4,000万円からの支出が、ある意味、臨時的というか、突発的というか、突発ではないのでしょうけども、景気が悪いことは見えていたわけですから、こういうことに滞りなく対応できるような財政運営、先ほども一般質問のところでも申し上げましたけども、この定例議会が終わったら本格的に22年度予算の編成が始まるわけですよね。ですから、そういった中でもこういう厳しい経済状況の折はどういう予算編成をしなければいけないのかということを、改めて、ぜひ、財政担当の方ではお考えいただいた上での編成をお願いして終わります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  ほかの委員の方。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯片畑委員  この76号の差しかえというのはこの件ですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内野財政課長  補正6号の差しかえの内容といたしましては、本日、この総務委員会の方でお願いをしております税の関係でございます。この税の関係につきましては、議案発送後に法人市民税の大口の還付が出たということから今回差しかえをさせていただいたということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯片畑委員  ということは予想できなかったと、事前に予想できなかったということですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内野財政課長  今、お話ししたとおり、議案発送後にそういった事案が生じたということですので、議案発送の段階では予測ができなかったということになると思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯片畑委員  だけど、さっき、還付実績ということで御報告いただいた数値だけ見れば、4月から7月までで既に前年度1年分を上回っているという状況を踏まえたら、その年度の予想というのは一定程度つくのかなと思うのです。調定法人、月ごとの調定法人というか決算法人というのは毎年毎年変わるわけではないと思いますので、大体の予測がついたのではないかなと思うんですけど、そういうものではないのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  私の方から御説明させていただきますと、先ほど中間申告と確定申告の流れがございましたけども、要は決算が終わりまして、それから2カ月以内に確定申告の中間申告の方ですけど、申告期限がございます。これら事業者の方は2カ月なら2カ月の最後の方で、要するに月末で市の方にその申告の内容を出してくるというのが実態でして、こちらも皆さんの会社の懐ぐあいまでわかりませんので、申告が月末に来て初めてこれだけの還付額が出ているというのがわかるというのが今の状態でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯片畑委員  8月調定だったらわかるのですけど、今回9月調定で10月還付分というのは見込みでも出ているわけですよね。そうすると、8月調定見込みという段階でもこの程度の数字というのは把握できていたのではないかと、私は推測するのですけど、違うのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  実は4月から7月までの還付割合については月ごとにとっているんですけれども、4月調定については11%、5月は3.9%、6月が681.8%、7月が44%ということで、ここら辺を加重平均して先ほど申し上げた四十何%という数字ですけども、そういうことで月ごとに大手の会社が大口で還付請求が出ると、いわゆる対応できないというような状況にございます。そういう意味では、平均的に発生をしている数字ではございませんので、なかなかそういう予測は難しいということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯片畑委員  だけど、大口ではないですよね、これは。今回出ているのは。28件と23件、計51件ということだから。では、7月から9月、調定見込みも含めて1億1,000万円ですよね、これ、今、足し算したら。既にもう前年度の倍近くになっているということで、10月以降の見込み額というのは、では、今の話だと単純に推定できないという状況になりますか、どのぐらいまで膨れ上がるのかという。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  最初の説明のところで申し上げましたけれども、いわゆる9月調定の部分までは歳出予算による還付、それから10月調定から3月調定の部分については中間申告が同一事業年度ということですので、歳入金の中から戻出ということで還付ができるということで、歳出予算については必要はない。ただし、過年度の分の更正請求等がございましたら、それについては対応していかなければならないということですが、その分については約230万円ほど現在まだ残金がございますので、その中で、とりあえず対応できるであろうというふうに今考えているところでございます。特に平成20年度以前の更正請求とかで大きい額が出ると、それでは対応できませんけれども、通常の細かい更正ベースであれば、例年ベースであれば、それで対応できるということで考えてございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯片畑委員  議案は補正予算審査特別委員会に出ているんで、細かい議論は余りしませんけれども、基本的な知識ということでお聞きしたいのですけれども、では、10月以降はその差し引きという形で入ってくるお金と還付するお金というのを差し引きということで計算するという、中間納付額と還付金ということで。ということは市の予定していた予算額に影響が出てくるということですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  今、御指摘のとおりでございまして、中間申告を4月にされたものについては6カ月後の10月に確定申告がされるということで、同一事業年度ということで、1回、仮に還付が発生すれば歳入科目の中からお返しをするということになります。そういう意味では、予算が当初予想よりも少なくなる可能性もあるということです。ただ、全体としてどういう流れになるかはまだ状況は現在のところでは読めないということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  よろしいですか。
 ほかの委員の方。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯幸野委員  今、課長が言われたのは、来年度の当初予算ということですか。当初予算から減る……、今年度ですか。今年度から減るということになるのですか。なるほど。
 そうすると、私もお伺いしたいことがあるのですが、ちょっと知りたいということでね。平成19年度と平成20年度の還付額というのが2,300万円と6,200万円と。ちょっと細かいところは省きますが。ということで、今回4月から7月で6,900万円で、今、片畑委員が言われたように1億1,000万円です。9月、10月を足すと。比較の仕方としてこれで正しいのですか。つまり1年間通年にすると、例えば今1.1億なわけだから、2.2億ということになるのかどうか。19年度、20年度と比較して。1年間ベースでこれをやられているのかどうなのかということをちょっと教えてください。
 それはそうではないのですか。質問の仕方がうまくなくて申しわけないのですが、つまり、ことしは昨年のどのぐらいの還付額があるのかということをお伺いしたいのです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  実は既に7月14日、8月11日で予備費の充用をちょうだいしてございます。その額が4,748万4,000円ということで、これは補正の7号の方で説明になるかと思いますけれども、トータルいたしますと1億2,791万3,000円ということで予算的には計上される。最終的に、こういうことになってございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯幸野委員  未曾有の事態と私も理解しているわけですが、私が聞きたいこととはちょっと違うのです。つまり、平成20年度の6,200万円という還付額がありますね。これは通年の還付額ですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  既に平成19年度が還付額2,300万円ということできていますけれども、通年ベースでいくと多分2,000万円前後ぐらいの数字ではなかろうかというふうに思います。平成18年度、平成17年度をちょっと調べてみないとわかりませんけれども、6,000万円を超える還付というのは多分大きい還付額であろうと思います。(「6,200万円」と発言する者あり)先ほど申し上げましたように、平成20年度すべて決算の実績が6,223万5,300円ということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯幸野委員  そうすると、片畑委員も言われていたのですが、還付しても歳入分で予算計上するということがこれから起きるわけですよね。そういう精算の仕方をされるのだということだと思うのですが、それを足すとこの6,000万円に比較して、これから経済状況がよくなるという見通しはありませんので、そういう考え方から言うと、ことしは半年で1億1,000万円を還付しているわけですよね。通年になると、その倍になるという考え方でいいのですか、還付額自体が。経済状況によるのだろうけれども、普通に考えてそういうことなのかなと。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  課税課長、その仕組みの答えを。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  単純に倍にはならないのではないかと思います。ここで半年この段階にきていますけれども、要は6月、事業所の決算というのは6月ぐらいが多いのです。ですから、それから2カ月後に中間決算の報告をするという形になりますので、それ以降の、どういう事業所がこのあと残っているかというのは、ちょっとわかりませんけれども、その辺が、大体、世間で言われている大きな会社というのは大体6月ぐらいで決算が終わってしまいますから、それ以降はそんなに大きな数字になってくるわけではないと。だから、いきなり倍になるということはないかなとは思います。ただ、先ほどから何回も言いますけれども、私どもも人様の財布の中身はわかりませんので、そのとおりですとも言えないのが実態です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯幸野委員  私の知識不足で申しわけない。決算する事業者自体が6月近辺に集中していると。還付金というのもこの時期に集中するという理解でいいのですね。なるほど。では、単純に考えれば、去年に比べて2倍くらいの還付額で大体おさまるだろうと。6,000万円と1億1,000万円との関係で言えば、そういう話ですから、ちょっとこの辺はわからないのですが。そうですか。
 それで、ちょっと当初予算との関係でもう一度教えてほしいことがあるのですが、当初予算は今法人税の関係で言うと、9億3,000万円が現年課税分ということになっているのですが、ここには、つまりこれまでの影響はないという理解でいいのですか。先ほどの課長の答弁にもあったと思うのですが。そういうことでいいのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  この調定額はたしか9億3,000万円ぐらいだったと思うのですけれど、その額について、還付したからというようなところによる影響というのは、今のところございません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯幸野委員  そうですか、わかりました。
 最後にお伺いしたいのが、予備費が足りなくなってしまうという事態があったのかどうなのか、これまで。とりわけこの税の還付ということだけでなくなってしまうという事態ですが、今までもあったのかどうなのか教えていただけますか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内野財政課長  今の御質問は予備費が足らなくなったということがあるのかという御質問だと思いますけれども、私が知っている限りはそういったことはないということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  よろしいですか。
 ほかの委員の方。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯松長委員  端的なことでお聞きしたいのですが、確定済みのこの数字というのは、市内業者の約何%に当たるか、大体で大まかな数字で、幸野委員の、今、お話と似たような質問にはなってしまうのですが、市内事業者の数は押さえていますよね。納税課の方ではわからないですか。件数で、例えば、それが50%は確定済みなのか、あとは、いや実は7割なのかとか、税金をもらっている口はわかりますよね、件数ね。納税課で掌握はしていないはずはないですよね。確定済みの法人数はわかりますよね、大体。今、資料がないですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  今、ちょっと資料がないのですが。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯松長委員  そうですか。それでは補正予算のメンバーに任せますけれども、それが問題として、もし意外と、幸野委員ではないですけれども、この確定済額が例えば3割とか4割なのか、6割か8割だとか大分この予想できる金額が今後、変わってくるだろうと。余りにも少ないと懸念されるのが来年度の予算編成に関する歳入の部分にかかわって影響額が出てくると。数千万円単位だったら問題はないかもしれないけれども、実はこれあけてみて調べてみたら、法人数は少なくて、今後どんどん確定済みの法人が景気の冷え込みによって、還付、還付、という感じでどんどんふえていって、数千万円でおさまらず億に入ってきたというふうになってくると、かなり歳入に関する影響も出るのではないかなという懸念だったのですが、今、資料を持ち合わせてないということなので、これは補正予算審査特別委員会までに資料が出れば、確定済みというのはわかりますよね。発送しているわけだから。全部わからないところに発送するわけではないですよね。きちんと戻ってきて、申請主義で何件戻ってきたかという、それは市内業者で何件なのかというのはわかりますよね。わからないわけはないですよね、当然。
 では、いいです。ここでやめます。後で調べておいて、補正予算審査特別委員会の方に件数だけ、資料として、補正予算審査特別委員会のメンバーも知りたがっていると思うのです。これ意外と少ない業者数だったら、相当ぶれというか、が出てくる可能性もあると。ただ、今、お話ではかなり決算が6月前後に集中しているというお話だったので、それが何%かなと気になったものですから、補正予算審査特別委員会に資料を提出していただければと思いますので、間に合えば。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  私どもで納税通知書を送っている分の数はわかるのですが、このうち決算がどれだけ終わっているかというのは、これは市の方に来ているのは歳出還付、予定納税していてものがこれだけ還付が出たからということで連絡が来るものですので、それで決算が終わったのだなということがわかりますけれども、それ前まではちょっとつかみ切れない可能性もあります。ちょっと戻って調べてみないとわかりませんけれども。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  それでは、松長委員は補正予算審査特別委員会の……。(「入ってないんですよ」と発言する者あり)ないのですか。ですけれど、では、そのところまでに用意しておいていただきたいと思います。
ほかにございますか。(「なし」「ちょっと、私」などと発言する者あり)

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯釜我副委員長  井沢委員。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員  1点だけちょっと確認させてください。先ほどお話がありましたように、1日でもおくれると還付加算金がふえるということで、この補正6号の方に追加で提案があったということですよね。この還付加算金の4.5%の率というのは、これはたしか公定歩合によって変動するのですよね。その変動の仕組み、何年にどういう形になったらこの率を見直すのか。その仕組みについて答えられますか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  現在4.5%、それで公定歩合に連動ということでございますが、これについては明確にちょっと根拠を持ち合わせておりませんので、精査してまた報告できるように、補正予算審査特別委員会までにはできるように、申しわけありません。(「これでは採決できないよ」と発言する者あり)

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯釜我副委員長  いやいや、これは報告だけだから。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員  これは報告ですから、補正のところにはきちんと出してもらいたいのですけれども。
 私も経験あるのですけれども、これは還付される側にすると、今の運用利率よりいい率なので、還付される側は、この還付加算金のこの分だけもうかるのですよね。予定納付をたくさんしておくと、後で返してもらうともうかると、こういうことになっていましてね。前期から比較して翌年度の業績が悪くて申告金額が少ないと、その分だけ、高いときにはたしか7%を超えるときもあったと思いますね。ですから、その辺はきちんとつかんでおいてほしいし、今回、1日おくれると5万円と言っていましたか、先ほど5万円くらい余計に払わなければいけないという話もありましたので。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  先ほど説明で約5万円というお話を申し上げましたけれども、仮に本日の議決が9月24日まで延びるということになると、17日分の金利が発生しまして、その分が約5万円相当と、そういうことで、細かく御説明申し上げなくて申しわけありませんでした。金利についてはそういうことで追加が出るということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯釜我副委員長  委員長にかわります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯松長委員  井沢委員の関連ですけれど、遅延した場合のパーセントってありますよね、滞納税の。これも多分論拠としては11から14%くらいのはずですよね。ですから、これも何に基づいているのかというのを、要するにこういう不満があるのです。先に納めている人はいいのだけれども、一生懸命納税しようと思ったら、どんどんその金利が2桁もの金利が、この低金利時代に11から多分14%ぐらいの間だと思いますけれども、あると。それも一緒にあわせて論拠を、井沢委員の資料とあわせて補正の方に、また補正になってしまうけれど。わかりますか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  延滞金の利率につきましては、納期限の翌月から1カ月を経過するまでの期間は年4.5%、それから1カ月経過後はその日数において年14.6%というふうになっております。(「かなり高いですね」と発言する者あり)それで、年4.5%ということにつきましては、特例基準割合と示されておりまして、平成21年1月1日以降の期間については、平成20年11月30日を経過するときにおける日本銀行法第15条第1項第1号の規定に定められる商業手形の基準割引率、以下、基準割引率というふうに言うそうですけれども、に年4%の割合を加算した割合が年7.3%の割合に満たない場合は、当該基準割合率に年4%の割合を加算した割合。こういうようなことで規定がございまして、延滞金につきましても加算金につきましても、ここら辺の考え方が適用されるということだと思います。(「根底にあると。わかりました、了解です」と発言する者あり)

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  ほかに御質問ございますか。
                (「なし」と発言する者あり)

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯井沢委員長  よろしいでしょうか。
 それでは、以上で総務委員会を閉会といたします。御苦労さまでした。
                  午後 4時40分閉会