議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 国分寺市

平成21年 総務委員会 本文




2009.04.08 : 平成21年 総務委員会 本文


                  午前10時11分開会
◯高椙委員長  それでは、ただいまから総務委員会を開会いたします。
 職員の異動があったと思いますが。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯樋口副市長  おはようございます。4月1日付で人事異動がございました。私、1月1日から政策部長事務取扱ということでございましたけれども、3月31日をもって職を解かれましたので、御報告申し上げます。後任に、政策部長は橋本前環境部長が就任しております。
 以下、各部長職から異動者に対しての紹介をさせていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯橋本政策部長  おはようございます。今、副市長から紹介いただきましたが、4月1日から政策部長に就任しております橋本と申します。よろしくお願いいたします。
 あと、政策部は政策法務課長が異動になって、新しく可児課長が就任いたしましたので、紹介させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯可児政策法務課長  政策法務課長の可児です。どうぞよろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯有川総務部長  総務部関係の異動者を御紹介いたします。
 総務課長、富澤でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯富澤総務課長  総務課長の富澤です。どうぞよろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯有川総務部長  それから、納税課長、小平でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小平納税課長  納税課長、小平です。よろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯有川総務部長  それ以外に、監査委員事務局の局長、それから会計管理者がかわっております。まず監査委員事務局の局長が角田でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯角田監査委員事務局長  角田でございます。よろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯有川総務部長  それから、会計管理者、日野でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯日野会計管理者兼会計課長  日野でございます。よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯有吉市民生活部長  おはようございます。市民生活部は、協働コミュニティ課の課長に異動がございまして、前任の小堀課長より生駒課長にかわりましたので、紹介させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯生駒協働コミュニティ課長  協働コミュニティ課長の生駒です。よろしくお願いいたします。
    ────────────────── ◇ ──────────────────

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  それでは、議案第46号 専決処分の承認についてを議題といたします。まず、議案の説明からお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  それでは、議案第46号、専決処分の承認について、御説明させていただきます。
 去る3月31日、地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴いまして、地方自治法第179条第1項に基づき、国分寺市市税賦課徴収条例の一部を改正する専決処分を行いました。このため、本案は地方自治法第179条第3項の規定によりまして、本議会に報告し承認を求めるものでございます。
 平成21年度に適用される税制改正の主なものとしましては、個人市民税では、個人住民税における住宅ローン特別控除の創設と、それから上場株式等の配当及び譲渡益課税の減額の延長、それから固定資産税につきましては、長期優良住宅の特例措置、それから救急医療等の非課税措置等の創設などがございます。昨年と比べて内容的には大きな変動はないということでございます。
 それでは条例改正の内容につきましては、お手元に国分寺市市税賦課徴収条例の一部改正の内容についてということで、レジュメを配布させていただきましたので、その資料に基づいて説明をさせていただきます。
 まず、個人住民税における住宅ローン特別控除の創設ですけれども、住宅投資の促進、それから低中所得者の負担軽減を図るため、平成21年から平成25年までに住宅ローンを利用して住宅を取得し、所得税の住宅ローン控除制度適用のある場合について所得税額から控除し切れない額が生じた場合に、個人住民税から未控除相当額、ただし、これは9万7,500円が上限になりますが、この額について税額を控除する制度が創設されております。ローン控除額につきましては、一般住宅の場合、借入限度額が5,000万円のうち1年当たり1%、最高50万円が控除対象となりまして、10年で500万円が控除される形になります。
 また、長期優良住宅、これは二百年住宅と言われるのですけれども、この場合につきましては、1年当たり1.2%、それで最高60万円です。10年で600万円が控除されるということになります。
 この申請につきましては、確定申告で提出する場合につきましては税務署から市へ回付されまして、年末調整の場合につきましては源泉徴収票の様式を改正すると。これから改正するようですが、納税者の負担を軽減することとしております。住民税の影響につきましては、平成22年度からの適用ということになってまいります。なお、これにあわせて従前の税源移譲に伴い住宅ローン特別控除を今やっておりますが、この内容につきましても、今まで、申告をしておりましたけれども、先ほど言った制度と同じような形で改正されるということで、なるべく本人の負担を少なくするということで改正になりました。
 なお、この措置に伴う市町村の減収分につきましては、減収補てん特例交付金ということで全額補てんされることになっております。
 次に、上場株式等の譲渡益、配当の軽減税率の延長ということでございます。個人の投資家が金融市場で投資しやすい環境とするため、上場株式の譲渡益、配当の税率につきましては10%、これは住民税3%、所得税7%ですが、軽減されております。この措置は、平成15年度の税制改正において当時の景気の落ち込みや株式市場の低迷、金融機関の不良債権問題に対応するため5年間の時限措置として導入されたものですけれども、平成20年度の税制改正によりまして、平成21年1月から本則税率の20%、これは住民税5%、所得税15%ということになりますが、こちらへ戻すこととされ、その際、円滑に新制度に移行できるよう特例措置として21、22年の2年間、譲渡益については500万円以下、配当では100万円以下の部分について、10%の軽減税率を適用することとされておりました。しかし、昨年の秋以降の急激な景気悪化、それから経済金融環境を踏まえて譲渡益、配当ともに金額に関係なく、軽減税率を適用する制度を23年12月31日まで延長するということになりました。
 次に、土地につきまして、土地の長期譲渡所得に係る特別控除の創設というのがございます。個人が平成21年1月1日から平成22年12月31日までの間に取得しました国内にある土地につきまして、所有期間が5年間を超えるものの譲渡をした場合には譲渡所得の金額から1,000万円、譲渡所得の金額が1,000万円に満たない場合につきましては、当該譲渡所得の金額ということになりますが、1,000万円を所得控除するという制度がございます。個人住民税につきましては、この影響が、一番早い直近での場合ですけれども、27年度からということになってまいります。
 それから、4番目としまして、長期優良住宅。先ほどの俗に二百年住宅と言われるものでございますが、これに係る固定資産税の特例措置ということで、長期にわたって良好な状態で使用される構造等を備えた良質な住宅の建設を促進するため、長期優良住宅に認定された建物につきまして固定資産税の減額特例措置が創設されます。
 対象は、長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行の日、平成21年6月4日から同法の規定により認定を受け、平成22年3月31日までに新築された住宅ということになります。
 軽減期間につきましては、新築した翌年度から一戸建ての場合は5年間、中高層耐火建築物につきましては7年間、併用住宅の場合は、居住部分の割合が2分の1以上であれば適用ということになります。
 軽減額につきましては、固定資産税については固定資産税額の2分の1が減額ということになります。
 申請は、新築した翌年の1月31日までに特定行政庁が発行する長期優良住宅の認定通知書の写しを添付して市の課税課へ申請していただくということになります。
 この軽減につきましては、他の新築軽減とか耐震改修、バリアフリー等がありますが、この軽減措置との併用はできないということになっております。
 次に、救急医療等確保事業の固定資産に係る非課税措置の創設というのがございます。地域医療の崩壊など医療を取り巻く環境が厳しくなっている折、社会医療法人の設置を促すため、社会医療法人が直接救急医療等確保事業の用に供する固定資産税及び都市計画税につきまして非課税措置が講じられることとなりました。救急医療等確保事業というのは救急医療、災害医療、僻地医療、周産期医療、小児救急医療の5事業を指すということになっております。
 それからもう一つ、医療関係者の養成所において教育の用に供する固定資産に係る非課税措置の拡充がございます。医療を取り巻く環境が厳しくなっている中、看護師・助産師等の医療関係者の養成所に係る固定資産税及び都市計画税の非課税措置につきまして、対象に非営利型一般社団法人及び一般財団法人、社会医療法人等が設置する医療関係者養成所が追加されることとなっております。
 以上が今回、税制改正がされた中で主な項目として御説明させていただきました。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  担当からの説明が終わりました。委員の方の質問がございましたら挙手を願います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  2点教えてください。1つは、長期優良住宅の必要要件というのはどういうものになるでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  長期優良住宅の認定基準につきましては、細かくはまだデータがないのですが、基本的には構造躯体の耐久性、変化に対応できる良質な居住空間、住宅の耐震性、それと内装設備の維持管理の容易性、これらの要件が基準に合致すれば長期優良住宅として認定されるということになっております。ちょっと細かなところは申しわけないのですが、今のところこちらの方でもまだ集め切っておりません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  特定行政庁がこれを認定するわけでしょう。(「はい、そうです」と発言する者あり)したがって、市は特定行政庁なのだから、当然基準があるでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  もう少し具体的なところにつきましては、もう既に、特定行政庁の建築指導課の方では資料等をそろえているようですので、その辺のところをもう少し私の方でも資料を集めて、実際もう6月からになりますので、固定資産の評価に行ったり、また市報等でもPRをしていかなければいけませんので、そういう資料を集めて、その辺皆さんに周知できるようにしていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  きょう担当はいないのかな。むしろ特定行政庁の方の答弁だろうと思いますが、一般的な概念としては長期にわたって良好な状態で使用される住宅と、そういう構造の住宅だと、こういうわけでしょう。いわゆるプレハブ以外は全部そうだよというのならわかるのだけれども、それなりの認定基準というのがあろうかと思いますので、ぜひ、それについては、これ実施は6月1日からですか、今の説明ですと。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  長期優良住宅の施行は6月4日が施行日になっています。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  6月4日ですね。わかりました。ではそれまでに、この資料をポストにでも入れておいていただけるようにお願いできればと思います。これが1点です。
 それから2点目は、かなり今回出ていて、減税、市にとっては減収なんですが、そういう影響が出るんだろうと思うんですが、この減収補てん特例交付金というのは住宅ローン関係についてだけ適用なのか、あと、きょう説明があったすべてにわたってこの特例交付金は交付されるのか、この点はいかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  今回の税制改正の中では、今御説明した中では、住宅ローンの控除ですね、この部分について補てん措置がとられるということは聞いております。確認しております。それのみです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  そうすると、住宅ローン以外の担当のところにお伺いしますが、それぞれ影響額はどの程度と計算されておられるでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  まず、住宅ローンの関係ですけど、現在11年か18年の税源移譲に伴って住宅ローンの控除の補てん、所得税から控除できなかった分を住民税から控除しているのですが、その分が今現在は6,100万円ほどかかっておりますので、その部分は補てんということになります。新しい……、

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  住宅ローンについては減収補てん特例交付金が全額出るわけでしょう。だからそこはいいです。市の税収の減収の面で伺ってますから、その減収補てん特例交付金が出ない部分、それ以下は出ないようですが、それらの影響額はいかほどかと、こういう質問です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  まず、この減収というのは、この中で土地の長期譲渡所得とかございますけども、年度がまず施行年度が27年度からということで実際影響が出てくるのが27年度ということですので、この分の補てんということは今のところまだ数字が出ておりませんし、これらをすべて今のところ補てんでするというところの総務省からの指示もございません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星委員  質問者の質問ははっきりしているのです。ここで説明がされている減収補てん特例交付金は今、住宅ローン特別控除のその部分だけ適用されると。しかし、今回の専決処分した中には金融税制と土地税制の部分と住宅税制の部分とそれぞれ分かれているわけじゃないですか。今、課長がおっしゃった土地税制で言えば6年後だから、それではつかめませんということはあるかもしれない。しかし、金融・証券税制や住宅税制、固定資産税等の部分は数字がつかめるでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  まず、長期優良住宅に係る特例措置……、既に建物を新築したりバリアフリーの云々という部分で減額になる措置というのはそれは通りまして、この長期優良住宅につきましてもそういった控除制度の枠組みの中でつくられた制度ですので、これについて新たに国から特例措置で補てんをするというような考え方は……、(「だからどのくらい減収がかかってくるのか」「影響額」などと発言する者あり)影響額については済みません、まだつかんでおりません。長期優良住宅がどのくらい発生するかというのは申しわけないのですけど、つかみ切れておりませんので、これは6月4日以降からということになりますので、建築が始まって実際固定資産税がかかるのは翌年度になりますので、価格自体はまだつかみ切れてないということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星委員  長期優良住宅の特例についてはわかった。金融・証券税制、その下の土地税制についてはどういう考えなのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  先ほど、土地の長期譲渡に係る分についても27年度から適用ということですので、これがどのぐらいになるかというのはちょっと今現在はつかみ切れません。それと上場株式についても実際どのぐらいの譲渡益等があって云々というところまで今現在もはっきりその分だけで幾らという分け方で影響額をつかんでおりませんので、この分が、では幾らなのかと聞かれますと大変申しわけないのですけど、影響額はつかみとれていないというのが実情でございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯川合委員  それは計算をしていないだけの話ではないですか。国はこういう制度をつくる際に、国としては全体で総額幾らという計算はしているはずです、影響額はね。それに伴って自治体にしてみても計算できるわけだから。例えば、金融・証券で言えば、これまでの20年度までの実績から見て10%のうち住民税3%影響を受けるとすればその分というのは計算可能になるわけでしょう。したがって、これは専決処分ではありますけども、3月議会で市の市税収入は議決を受けているわけで、それがいかほど減る影響が出るのかというのは一番関心があるところで、即、それを計算して影響額はいかほどということがつかめないと、専決処分といえども市長は判こを押せないのではないかと、私の感覚ではそう思うんです。その上で、その程度の影響あるいはそれほどの影響が出るんなら、これは減収補てん特例交付金として国に要請しよう求めようとかというような対策が伴って提案されるというのがきょうの時点ではないかと私は思うんですよ。その点いかがですか、どうお考えでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯有川総務部長  土地税制とそれから住宅税制については課税課長の方で現状ではなかなかつかみ切れないということでございます。ただ金融・証券税制についてはもう既に始まっている部分があるということで、それを参照すれば一定の数値は出てくるのではないかという、こういうお話だと思います。これについてきょうまで出せなかったというのは申しわけないと思っております。次回、5月議会の総務委員会では間に合うように計算して出させていただきたいと思っています。申しわけございませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  その他のところで救急医療等確保事業の固定資産のところです。これはいつから適用になりますか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  この改正の施行日が4月1日となっておりますので、4月1日以降ということになります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  平成21年4月1日ということでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  そういうことでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  そうすると、例えば救急医療のところなんですが、4月1日以降だと国分寺市内で、今度は政策的な問題になると思うんですけど、ここに書かれている要件、救急医療、災害医療、僻地医療、周産期医療、小児救急医療そのうちの1つ以上ということだから1つやればいいということですよね。対象の考えられる施設あるいは政策的に今後どうしようとしているのか、その辺についてはいかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  救急医療の部分につきましては、市内にどういう、対象になる事業所があるのかどうかということで確認したんですが、現在は国分寺市内にこの対象となる施設がないということでございます。それから、医療関係者の養成所につきましても、同じように市内にあるのかどうか確認したんですが、今現在はないということでございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  違います。今後のことです。だってインセンティブを働かせるわけでしょう。だから政策的に国分寺市の中で医療として何が足りないのか、今後どういうふうにしなければいけないのかという、そこはつかまなければいけないのではないですか。(「課税課長では答えられないから」「全然違う」などと発言する者あり)
 課税課と、やはりそこは政策的に話が、国分寺市の中でどういう医療を求めていくのかというのを出してこなければしょうがないでしょう。何が足りて何が足りないのか。今、市民の間では医療という問題は非常に反応というのはすごく強いですよ。そういう意味でどういうふうに考えていくのかということが、ここを、ではどうする予定でしょうか。課税課長ではないかもしれない。政策的な判断かもしれない。そこは少し答えていただきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯樋口副市長  きょうの時点では、税制改正の観点からということで御審査をいただきたいと思いますけれども、特に関係が深いとすると、小児救急医療とか周産期医療とか社会的問題になっている医療体制の問題がありますので、国分寺単独でなかなか議論ができない問題だと思います。広域的にどういった医療体制が医療圏の中で整理をされていくのか、これは多分計画をつくるのは東京都が中心になって広域的な対応の計画をつくるというふうになると思いますので、その辺の動きについて東京都の動きを確認した上で、どういった計画になっているのか確認しながら、市では情報を得ながら対応を考えたいと思います。市単独でなかなかこういった医療施設について整備をする、能動的に動くというのは、なかなか難しい点がありますので、先ほど言ったのは東京都の動きを少し把握した上で対応を考えたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  東京都の方の医療圏域では多摩地域の西部地区というところだろうと思うんですね。そこではもう東京都は広域的に考えていますので、ぜひこういうところを、ただ税金の問題だけではないと思うんですよ、話としては。そこをどうやって政策的につなげていくかというのを、これは庁内の連携が必要だと思いますね。それでどういう働きかけが必要なのか。そういうことをこれからもぜひお願いしたいと思いますし、当然やるべきことだろうと私は思いますので、そのことを求めていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木島委員  今の、その上でというか、この救急医療の方は時限的な措置なんでしょうか。期間の区切りはあるんでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  これは時限ということではなくて、このまま改正がなければこのまま続くということになるかと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木島委員  わかりました。思います、ではなくて、よくそこを見きわめていただいて、今の御提案なんかも趣旨を生かしていく上でも、その辺、踏まえた上での行動というか、それを求めておきたいと思います。お願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  確認なのですが、この減収補てん特例交付金というものは交付をされる要件というか、そういうものはあるのでしょうか。例えばの話です、普通交付税の不交付団体にはあげないよとか、そういう何か条件的なもの、無条件でこれはいただけるものという理解でよろしいですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内野財政課長  今の御質問ですが、普通交付税が不交付団体、これについて……、(「例えばという話です。何かこういう条件を満たしていない自治体には交付金が来ないよという、たぐいの何か条件とかがあるのですかという」と発言する者あり)特に、ございません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  わかりました。専決ということで、これは住宅税制の6月4日からという開始の日付、日にちもまだ今は4月なわけで約2カ月後という形になっているわけですけれども、これは当然さかのぼれないわけです。そうなると、これは速やかな市民への周知というか、この辺というのはどうなのでしょうか。要は、例えば、今、建物をつくってしまった場合、2カ月待てば適用されたのにという話になりますよね。その辺の市民の方々への御説明というのはどのようにされるのか、されているのか、いかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  基本的には、この長期優良住宅の認定につきましては特定行政庁、うちで言えば建築指導課になるのですが、そちらの方がPRなりということになるのですが、ただ、固定資産税についても立ち上がって翌年からの課税ですので、これから税法が改正が変わらない限り認められないとちょっとPRもしにくかったものですから、これから市報、ホームページ、また当然家屋評価に行けば、家屋評価だけではありませんが、土地評価もありますが、そういうときに、市で固定資産税のパンフレットをつくっておりますので、チラシをつくっていますので、その中に当然入れていきますし、またその辺は漏れのないように、PRを図っていきたいと考えております。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  先ほど来から、建築指導課でというお話が繰り返されているわけですけれども、何でこの場にいらっしゃらないのか。通常、総務委員会の出席要請の対象ではないのでしょうけども、きょうは本会議だから少なくとも部長はいらっしゃるでしょう。これは特定行政庁の認定を受けた二百年住宅ということですよね。その認定を受けるための申請をしたときに、新しい制度がこういうことになってますよと、6月4日から減税の対象になりますよと。申請はもうちょっと待たれた方がいいのではありませんかとか、そういうサジェスチョンはできるはずです。市報云々ではなくて。申請した方々に対して。市報を待っていたら、月に2回しか発行されていないのですから。特定行政庁に申請した、来た方々の中でこの二百年住宅の対象になっている方々に、随時専決された段階からできるはずなのです。それをやっているのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  6月4日でこの法律が施行されるということで、現段階で具体的にこういう周知をしているということについては、私はちょっと今確認がとれておりません。申しわけありません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  いや、確認とか周知とかの話ではなくて、法律がもうできているわけでしょう。施行は6月4日からだと。市としても専決をしたと、議会の承認はまだですけども。であるならば、特定行政庁に対して認定の申請に来られている市民がいらっしゃるわけでしょう。その中で、この二百年住宅の申請としていらっしゃっている方も多分いると思うのです。そういった方々がもし現にいらっしゃった場合に、こういう制度の改正で税の軽減がありますという御説明を既にしていなければおかしいのです。あとでそんなこと聞いていなかったということになるのですから。市としては専決処分をしておきながら。それを窓口でやっているのですか、という話です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  これは6月4日からその認定業務を開始するということで、現段階ではその認定の届出には来られていないというのが現状だと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  違います、そんなことを聞いているのではなくて。長期優良住宅というものがあるわけでしょう、現に。それに対して6月4日から適用になるわけでしょう。6月4日まで認定の申請を待っていれば、税の控除の対象になるのに、今、申請して認定を受けてしまえば二百年住宅としてつくられた方は、この税の優遇措置というものが受けられなくなってしまうのです。6月3日以前に認定を受けてしまうと。これ、認定を受けるのは当然6月4日以降です。でも、その6月4日からこういう制度があるということを知らないわけですよ、まず多くの市民の方々は。だから、それを知らずにこの制度の認定ということではなくて、建築確認に来るわけでしょう。その段階で、もう6月3日までに家ができてしまったと、確認も下りてね。そうなった場合には、あとから、いや6月3日以前につくった家ですよと言って、6月4日以降に申請できるのかという話ですよ。できないでしょう、これ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  この内容、長期にわたって使用可能な良質な住宅ということが長期優良住宅ですが、その内容の構造躯体の劣化対策とか耐震性とか維持管理の更新、容易性とか、こういうような内容をもとにして長期優良住宅という認定をするということになっておりまして、その内容を今、最終的に詰めているというところです。当然、今、委員が言われているように、6月4日からこういうことになるということを、きちんと周知をしなければいけないということは事実であります。現在、その辺の周知の方法を、どのようにやっているかということを、私、今、ここに資料がないものですから、担当の方にすぐに確認したい、それで答弁させていただきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  いや、もう、これはやってなければおかしいんですよ。だって、現にもう建築確認して、家ができちゃったという人がこの間にいらっしゃったら、ものにもよるのでしょうけれども、相当額の、言ってみればその建築主の方はかなりの損失というか、減税分に関しての、損失という言い方がいいかどうかわからないですけれども、本来は受けられるべき控除が6月4日まで待てばという方が生じてますよ。場合によっては。わからないですけれども。
 その二百年住宅の基準というものも、今のお話ですと、どういう基準を満たせばいいのかと、例示的におっしゃってましたけど、これ基準はもうはっきりしているのでしょう。これもどういう基準があるのか精査するようなことをおっしゃっていましたけれど、違うでしょう、もうこれはっきりしているのでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  そこら辺も含めまして、すぐに確認したいと思います。(「定義はないのですか」と発言する者あり)

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星委員  この長期優良住宅制度というのは、今できたわけではないんではないか。とっくに制度そのものはできているんだよ。2年ほど前から。それを景気浮揚のためにここで新しくこの制度を入れるというだけの話ではないのですか。きょうの市長の専決についてのねらいは。だから特定行政庁というのは、二百年住宅にかかわる基準や何かについては承知してなきゃおかしいんだ、そんなものは。何で中途半端な全くわからない答弁をするのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内藤都市建設部長  委員おっしゃるとおり、二百年住宅ということで長期優良住宅ということは一定基準は既にできております。これはさまざまな要件が示されていますが、先ほどの要件というか、御相談に関しては、この2年間の中で私どもも当然相談には乗っております。今回の税制の優遇措置の中では、長期優良住宅の建築等の計画をまずつくっていただいて、それを認定する作業から入るということになっておりますので、その計画の相談等については既にこちらの窓口で対応しているという状況です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  それは制度を御存じで御相談に来られたという方なんでしょうね。御答弁の言葉を聞いていると。要は知らない方ですよ。6月4日から22年3月31日までに新築された住宅と、期限が定まっているのだから、知らないで、でも、なおかつ二百年住宅の要件を満たした住宅をつくられる方への周知、御説明というのはどうしているのですかという話ですよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内藤都市建設部長  当然、窓口の対応によって若干異なると思いますが、基本的に一番多いのは、住宅メーカーの二百年住宅の対応型ということで、一定全国的なレベルで普及させているもの、こちらについては当然メーカーが御存じですので、それを御購入されるというか、それで建築されるという方についてはそこで整理ができると思います。今、委員御指摘のようなケース、例えば、まちの在来の工務店が二百年住宅に適した内容で建物を建てようというときにはどうなのかということでございますが、これはかなり設計図を見た段階で二百年対応になるかならないかというのは一定当然わかりますので、そちらについてこういう措置があるということは私どもの方で相談、あるいはアドバイスはできると思っております。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  できるということは、今、していないということですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内藤都市建設部長  現時点ではまだそういう報告は受けていませんので、相談等あるいはまたそれに適した建築基準の確認申請が行われてきているということはまだないというふうに思っております。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  ないということであれば、ある意味、不幸中の幸いです。では、今後に関しては速やかにやるということでよろしいですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯内藤都市建設部長  もう一度よろしいですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯木村委員  そういう制度を御存じなくて二百年住宅をつくろうとされている方々、あるいは建築に入っている方もいらっしゃるのかもしれませんけれども、そういった方々にこの制度の説明、その制度の適用は6月4日以降でないと適用されませんよという御説明というのを、特定行政庁として責任持ってその市民の方々に御説明すると。期日が前後しちゃうと、6月3日までにできちゃっていれば制度が適用されないのでしょう。遡及されないのでしょう。そういうことも含めて御説明しないと、市民の不利益につながるので、今まではそういう方がいらっしゃらないというのは不幸中の幸いだと。であるならば、もうきょうからでも速やかに、もしかしたらきょうにもそういう方がいらっしゃるかもしれませんよ。御説明をしっかりやっていただきたいということでよろしいですか、という質問です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  先ほどは確認できなくて申しわけありませんでした。建築確認申請をする前に相談などに事務所の方に見える方には、この6月4日からのこの制度の御案内は今窓口で行っております。そういうことで、できる限りの説明は行っています。今後、一般の方にも周知を図っていくと。窓口に来られた方以外の一般の方にも周知を図っていくということで、今後は進めていきたいと思っております。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星委員  今の話ではなくて、この今までの説明によると、その長期優良住宅の基準というのは、それぞれの特定行政庁で勝手に基準を決めていいのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  先ほどの私の説明は少しわかりづらい説明でした。これは法によって基準が決まっておりますので、その決まった基準に基づいて認定を行っていくということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星委員  それならその基準を出してくれと言われて、どうしてすぐに出ないのですか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  出すことはできます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  部長、どのぐらいでその資料は出せますか。必要時間は。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  コピーをする時間をいただきたいと思います。15分いただければ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  それでは15分ほど休憩をさせていただきます。
                  午前11時03分休憩

                  午前11時26分再開

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  それでは、休憩を閉じて委員会を再開いたします。
 資料が出されました。説明を願います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯小山都市計画担当部長  お時間をいただきまして申しわけありませんでした。縦書きということで右側をとじるような形でちょっと見ていただきたいと思います。3ページ目のところですが、ここで構造躯体等の劣化対策ということで載っております。これについてその一番下に木造というのがございまして、次の4ページを見ていただきますと、床下空間に点検口を設けるとか、その下の「ロ」の小屋裏空間ごとに点検口を設ける。それぞれの有効高さを330mm以上というものがございます。これが木造についての一つの基準と。
 それから、鉄骨造についても、さびどめの措置が講じられていること、ということです。これもその次の5ページにあるような基準以上のさびどめの基準を設けている、そういう内容になっております。
 それから、今度は10ページを見ていただきますと、鉄筋コンクリート造は11ページにありますように、鉄筋コンクリートの鉄筋の部分が土と接する部分のかぶり、鉄筋のかぶりというのですが、鉄筋と土に接する部分のコンクリートの厚さをここの11ページの最小かぶり厚と書いてあるのですが、これ以上設けると。こういうふうにすることによって、鉄筋の腐食を長期間にわたって防ぐことができる。このようなことです。
 こういうような基準、これが最初にあります国土交通省告示第209号という内容で、基準が示されているということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  説明が終わりました。委員の皆さん、よろしいでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星委員  市長、今の審査を通じて感想を言ってください、感想を。だめだ、こんなの。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯星野市長  今回は、法律の改正に伴っての条例の改正であったわけですが、そのことについて十分なる説明ができるだけの準備に欠けるところがあったというように認識をしております。したがって、今後このようなことのないようにしていかなければならないと、そのような感想を持ちました。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  それでは、委員の皆様、ほかに質問はございますか。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  専決だからこそ、専決だからこそもう少し準備で用意周到なものというのが必要ではないのでしょうかね。自分の担当のところの課税の問題だけではないはずですよね。そこのところが、感想だけ申し上げますと、ここのところその自分のところだけという、担当課だけというのが、私は感じられました。課長、何か、首かしげているけど。御意見、ありますか。あれば。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯尾根澤課税課長  大変、今回の専決につきましては、私の方で準備不足等もございまして、説明不足もございまして大変申しわけございませんでした。私なりに建築指導課の方とも調整をしたつもりでいたのですが、詳しい説明をする資料等の用意等もできませんでした。今後はこういうことがないように、十分注意してまいりますので、よろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯梁川委員  政策的にも同じだと思いますよ。政策の方も当然絡んでくることです。先ほど申し上げました、広域医療のこと、医療圏の問題もありますので、ぜひ、なぜ、これが起こるのかということも含めて、今後こういうことのないようにお願いしたいと思います。特に、専決ですので、市長の方、その辺を心して進めていっていただきたいと思います。
 終わります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  では、質疑を終了いたしたいと思います。
 採決に入りたいと思いますが、よろしゅうございますでしょうか。
 では、議案第46号、専決処分の承認について、承認することに賛成の方は挙手を願います。
                    (賛成者挙手)

-----------------------------------------------------------------------------------------

◯高椙委員長  全員賛成。よって、議案第46号は承認されました。
 以上をもちまして、総務委員会を閉会いたします。お疲れさまでした。
                  午前11時32分閉会