議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 小金井市

平成23年厚生文教委員会(11/14)  本文




2011.11.14 : 平成23年厚生文教委員会(11/14)  本文


                  午前10時55分開会
◯遠藤委員長 おはようございます。ただいまから厚生文教委員会の会議を開きます。
 直ちに本日の議事に入ります。本日の案件は、所管事務調査1件であります。以上1件につきましては、厚生文教委員会審査予定表のとおり審査することといたします。
 なお、本日、青木ひかる委員から欠席届が出ています。病気療養のためということでございます。
 直ちに、所管事務調査(保健福祉総合計画に関する諸問題の調査)を議題といたします。
 本件は、継続調査と決定しておりますが、本日議題といたします。
 お手元に配付いたしましたとおり、中山克己委員、渡辺ふき子委員、水上洋志委員、関根優司委員、鈴木成夫委員、田頭祐子委員から、委員長宛てに、所管事務調査に係る調査期間延長申出書が提出されております。
 現在、厚生文教委員会において審査中の所管事務調査の保健福祉総合計画に関する諸問題の調査につきまして、保健福祉総合計画が平成24年3月に策定することから、当初、委員の皆様からのご意見を本計画に反映させるため、平成23年12月末までを調査期間とし、本年12月の厚生文教委員会において意見をいただく予定であり、同時に、次の新しい所管事務調査の柱を協議する予定でした。しかし、平成23年11月12日付けで佐藤市長が退任されたことに伴い、新たな柱を立てることができなくなりましたので、本所管事務調査の調査期間を、平成24年3月末まで延期したいと思います。この場合、計画策定に影響が出てくると思われますが、委員の方々のご意見をいただくタイミングについて、部局の考えをお伺いしたいと思います。また、今後のスケジュールもあわせてご答弁いただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯梶野地域福祉課長 それでは、まず、保健福祉総合計画策定の今後のスケジュールについてご説明させていただきます。計画の素案につきましては、本年12月下旬にでき上がる予定でおりますので、完成次第、委員の皆様にはお配りいたします。
 パブリックコメントにつきましては、平成24年1月4日水曜日から2月3日金曜日までを予定しておりまして、市民説明会につきましては、平成24年1月14日土曜日及び1月22日日曜日に実施する予定でおります。
 平成24年1月に、閉会中の厚生文教委員会が開催されました場合には、パブリックコメント及び市民説明会の日程とその詳細、また、素案の概要についてご報告させていただきます。
 パブリックコメント及び市民説明会の結果につきましては、2月の閉会中、あるいは平成24年第1回定例会の厚生文教委員会におきましてご報告いたします。したがいまして、委員の皆様のご意見につきましては、この2月の厚生文教委員会にお出しいただければと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ただいまの部局の説明について、皆様方のご質問等、ありましたらお受けしたいと思います。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中山委員 先ほどご説明いただきました、素案が12月下旬、それから、パブリックコメントが平成24年1月4日から2月4日までということで、一定、市民の方からパブリックコメントを取られると思うんですが、市長退職に伴って、閉会中審議等の関係から、議会では、委員会中に、2月の閉会中、ここで委員の方から意見を集約するということで、若干、このパブリックコメント、つまり、市民の方の意見聴取の方が議会よりも早いというようなタイミングになりますけれども、この段階において、市民の方のご意見と、それから、委員会での意見集約というのは、適切にできるというふうに考えておいてよろしいでしょうか。その1点についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐久間福祉保健部長 ただいま、中山委員の方からご質問をちょうだいいたしました。おっしゃるとおり、パブリックコメントにつきましては、2月3日が最終ということで、市民説明会については1月ということでございますので、2月の閉会中、あるいは定例会中に行われます厚生文教委員会において、すべてのものをお出しできるということになっているかと思います。それと、もし、1月中に厚生文教委員会が開かれた場合につきましては、既に素案をお配りしておりますので、その際に質疑等もさせていただけるかというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中山委員 ご答弁ありがとうございました。ということは、もし、1月中の閉会中の厚生文教委員会の審議で、委員会の意見集約といいますか、そちらが早くなった場合には、その後、パブリックコメントの聴取ということになるかと思いますので、若干、この1月にやるのか、2月もしくは3月の第1回定例会でやるのか、これによって、意見集約のやり方が違ってくるかと思いますが、トータル的に集約して出されるということで、最終的なものというのは、大体、時期的にはいつごろ、そのすべての、パブリックコメント等も集約して、実施計画といいますか、ここら辺がご提示されるのはいつごろになるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐久間福祉保健部長 先ほどの中山委員の再質問でございますが、ご意見をちょうだいいたします時期につきましては、ご協議をいただければと思います。最終的には、3月末をめどに、計画の策定を予定してございますので、もし1月にご意見をちょうだいできるということであれば、2月のときにはご意見をまとめたものと、それからパブリックコメント、それから、市民説明会においての集約ができたものをいっぺんにお出しできるという形になるかと思いますので、そのようにご理解ちょうだいいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水上委員 一つは、2月の厚生文教委員会で議論するということになると、ある程度、もう固まったものでの議論になりますよね。それを、また各市民検討委員会、各部会に議会の意見を反映させるということには、ちょっとならないのではないかなと思いますけれども、その辺、ちょっとどうなのかということなんです。ですから、できれば、これは委員長にもお願いしたいんですが、12月下旬に素案が出た段階で、どこかの中で、1月中とか、素案に対する各会派の意見なり議会の意見を反映させるというか、申し上げて、それを各部会に、議会としてこう考えるということを伝えられるような形を、是非、つくってもらえないかなと思うんです。
 ですから、2月に、ほぼ決まったものを議論して、意見を言ったけれども、もう事実上これでいくしかないと、3月末なんですということになると、何か、形式的に議論するということになるとあまり良くないと思いますので、そういうことを、ちょっと考えてもらえないかなということで、2月にやった場合、各部会との関係はどうなるかということだけ、ちょっとお聞きしたいんです。
 もう一つは、介護保険とか障害者施策の関係は、国の介護報酬とか、そういう点が明らかにならないで、具体的にならない部分がありましたね。12月の素案のところでは、そこももう大体決まるということなんでしょうか。特に、介護保険で言うと、介護保険料がどうなるかというのが、市民の関心事で言うと一番大きなところだなと思うんですが、この辺は、12月の段階では、ある程度の方向性というものが素案の中で出てくるという考え方でいいでしょうか。障害者関係も、この間、議論してきましたけれども、国との関係では、ある程度まとまったものが出てくるという理解でいいのかどうか、以上2点です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐久間福祉保健部長 水上委員の1点目のご質問にお答えいたします。
 先ほどの、1月か、あるいは2月にご意見を出していただくという件に関しましては、12月末までにはお手元に素案が届くという状況にございますので、1月の閉会中の厚生文教委員会が開かれるかどうかというところにかかっているかと思うんですね。最終的には、パブリックコメント等の結論を待ちまして、2月に各分科会を開催いたしますので、私どもも、できれば1月の厚生文教委員会が閉会中に開かれればというふうには思ってございます。
 残りについては担当課長の方からご説明申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯堀池障害福祉課長 2点目の、障害関係の今後のスケジュールという形になろうかと思います。11月にも、国等からの説明会等がありまして、12月にも、初旬にまた説明会があるという情報は得ております。その中で、今回、11月に説明会があった中でも、案という形ではありますけれども、数字の目標値の設定方法については提示されております。それに基づきまして、12月、もう少し具体的な目標設定の数字が出るかと思っておりますので、12月には、おおむねの設定数値等は出せると考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋介護福祉課長 介護福祉の部門ですが、一応、都の方の情報提供から、国の方の介護報酬に関する決定につきましては、年内にはほとんど無理であろうという結果をいただいております。1月、できれば上旬、早いうちにというお願いはしているところですが、実際には中旬までずれ込むのではないかというお話もございます。ですので、先ほどのパブリックコメントにかけるものにつきましては、高齢福祉の計画の部分についてお出しするような形になります。皆さんのご注目の、介護報酬に係る部分、介護保険料も含めてなんですが、そちらにつきましては、国の方の確定が出てから数値をお出しするような形になりますので、申し訳ございませんが、パブリックコメントの方はそういうような形になると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水上委員 障害の方は大体分かったんですけれども、介護保険料については、そうすると、1月下旬ぐらいということになると、それを受けて、3月末に計画策定ということになると、そこまで、もう国の方向の中で決めるしかないというスケジュールになるわけですよね。そうすると、パブリックコメントみたいな形で、高齢福祉部門は聞くわけですけれども、介護保険料については、何らか、やはり、市民にも説明したり、意見を聞く場というのも必要になってくるのではないかなというふうに思うんですが、そういう点ではどうでしょうか。例えば、介護保険制度の改定については、いろいろな情報があるわけですけれども、そういうことについても、何らか、決定前に説明するとか、市民説明会とか、そういうことも考える必要があるとは思うんですけれども、そういうスケジュールと、市民の意見を聞くということについては、何か現時点で考えていらっしゃるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐久間福祉保健部長 ただいまご指摘をいただきました、水上委員の内容でございますけれども、ここで今、介護福祉課長が申し上げました、1月中旬、あるいは下旬という内容については、先週の11月11日に開催されました介護保険の担当課長会の方で初めて示された内容でございますので、今、ご指摘をいただきました内容を、ちょっと検討させていただきたいと考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水上委員 この介護保険料は、結局、3月末までに、やはり、決めなければいけないんですか。国の制度だから、先延ばしはできませんよね。今の段階でいうと、国も随分遅れているなと思うんですけれども、結局、各市町村、ばたばたっと、もう国の方向が示された途端に決めなくてはいけないという形ですよね。これはもう、3月末ということで、もう今の段階ではそういうことだという理解でいいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋介護福祉課長 やはり、介護保険料につきましては、条例の改定等も含めて、3月末に実施しなければ、次年度以降の適切な対応ができないと考えておりますので、こちらにつきましては、3月末をもって、介護保険料を含め、計画を策定できるような形で努力したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ほかに、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯渡辺(ふ)委員 1点だけお聞きしたいと思いますが、新市長が誕生されるのが12月18日ということになりますけれども、一応、この計画と新市長との政策調整といいますか、そういったことは、どのようにお考えになっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中山委員 関連。私、主質問は終わっておりますが、ちょっと渡辺(ふ)委員からそのようなご質問がありましたので、1点だけ確認させていただきたいと思いますが、この、いわゆる保健福祉総合計画に関する内容につきましては、佐藤和雄前市長の政策意思というのが、どの程度反映されているかということと、新市長誕生後に、新しい方針等があるかと思いますけれども、こういう施政方針が3月になるかと思いますので、そこら辺の兼ね合いで、微調整等される計画があるかどうか、その点について、お考えをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋介護福祉課長 渡辺(ふ)委員と中山委員の関連のご質問でございます。12月18日付けで新しい市長が就任されます。計画の策定の途中でございますけれども、やはり、先ほどの介護保険料等の関係も含めまして、政策的判断が必要な内容が出てくると思います。今から、どのような形で、新市長にお話をし、政策的判断を求めるかということは、準備をしまして、市長が代わられた段階で、なるべく早い時期に政策判断を求めるような準備を、現在、進めているところですので、そういう、私どもだけでは判断できないものについては、幾つか項目があると思いますので、考えられるだけの内容を列挙し、すべて準備をしておくと。なるべく早い時期に、新市長に状況を説明し、判断を仰ぐという形で考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯渡辺(ふ)委員 そうしますと、一応、新市長との調整もした上で、私たち議員と、厚生文教委員会なりで示されるというふうに考えてよろしいということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中山委員 ご答弁ありがとうございました。佐藤和雄前市長も、こういう保健福祉総合計画に関して、やはり、いろいろと個人的に政策意図としてお考え方をお持ちだったと思うんですね。それで、できることとできないことは、難しいこととかあるとは思うんですが、佐藤前市長も、これは、市民のためになるというような思いで、多分、3月の施政方針に向けて、いろいろと政策研究や政策課題に取り組んでこられたと思うんですが、その点で、現時点までの部局との調整の中で、ある程度、この計画にも意向が反映されているかと思うんですが、その点についてはいかがだったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐久間福祉保健部長 中山委員の再質問にお答えいたします。現在、策定を進めております計画につきましては、各分科会において、今までの全計画の検証を行い、それをもとに、今後の方向性を決めていくということで、やはり、一番大きなことにつきましては、先ほどの介護保険料、お支払いの段階的なことであるとか、あるいは、市単独で行っている施策について、どのような方向性を出すかということになってくると思うんですね。その細かい部分については、まだ流動的な部分でございますので、今後、新しい市長が決まったところで、政策的判断をしていただく内容が主なものなのかなと思ってございますので、一定、佐藤市長のお考えももちろん入ってはございますけれども、それは私どもも、内容としては十分理解をしているところでございますので、タイミング的にはそのような形で処理ができるかと考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ほかに、いかがでしょうか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ないようでしたら、ここでお諮りいたします。保健福祉総合計画に関する諸問題の調査の調査期間につきましては、平成24年3月末まで延期することについて、ご異議はありませんでしょうか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ありがとうございます。
 では、お諮りいたします。所管事務調査期間を2011年、平成23年12月末までと決定しておりましたが、本件申出書のとおり、2012年、平成24年3月まで延長することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ご異議なしと認めます。よって、本件申出書のとおり、所管事務に係る調査期間を延長することと決定いたしました。
 お諮りいたします。本件については、引き続き審査する必要があると認め、継続調査といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯遠藤委員長 ご異議なしと認めます。したがって、本件は継続調査と決定いたしました。
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。本日は、これをもって厚生文教委員会を閉会いたします。
                  午前11時15分閉会