議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 小金井市

平成22年厚生文教委員会(3/23)  本文




2010.03.23 : 平成22年厚生文教委員会(3/23)  本文


                    午後3時開会
◯宮下委員長 こんにちは。ただいまから厚生文教委員会の会議を開きます。
 直ちに本日の議事に入ります。当委員会に付託されております案件は、陳情1件、議案5件、議員案5件です。以上11件につきましては、厚生文教委員会審査予定表の順序で行うことといたします。
 初めに、22陳情第5号、「学童保育業務の見直しについて」に関する陳情書を議題といたします。
 なお、本件は3月19日の時点で46人の追加署名があり、合計で3,851人となっております。
 お諮りいたします。本件は現時点での質疑を終了し、保留といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、本件は保留と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議案第18号、小金井市国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、本件は原案可決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議案第19号、小金井市難病者福祉手当条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、本件は原案可決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議案第24号、東京都後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する規約を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、本件は原案可決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議案第25号、東京都後期高齢者医療広域連合葬祭費事務の受託についてを議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、本件は原案可決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議員案第3号、小金井市奨学資金支給条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯片山委員 本来はきちんとした金額で貸付ではなく給付を進めていくべきと考えますが、現在、高校無償化などの法案なども出ている状態であり、どのような形にしていくかはもう少し様子を見ていくべきだと考えます。また、条例を可決しても他制度との併給はできないので、全体を組み直して考えていくべきと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ほかにありますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は原案のとおり可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立少数。したがって、本件は否決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 議員案第4号、小金井市長寿高齢者入院見舞金支給条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯野見山委員 後期高齢者制度ができる前は、所得制限付きで条例は提案されていました。確かに75歳以上の無料化は、国の制度として行うべきだと思いますが、市が見舞金として支給する場合には、一定の所得の制限があってもいいのではないかということで、そういう態度を示させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ほかにありませんか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は原案のとおり可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立少数。したがって、本件は否決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議員案第5号、小金井市私立幼稚園等園児保護者補助金の交付に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯野見山委員 所得制限が、もともとはないものが子ども手当だと思っています。この辺りは今後行政においても全体的に、市が子ども手当がある中で、どこをどうするのかについては一定の考え方を整理してしていかなくてはいけないことがあるのかなと思っていますし、私自身も整理をしたいので、この場ではそういう態度をとらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ほかにございますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は原案のとおり可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立少数。したがって、本件は否決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議員案第6号、小金井市保育室等入所児童保護者助成金の交付に関する条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯片山委員 保育室については、非常に公民格差がある中で、この条例を可決しても解消されるものではないという問題があります。また、保育室や認証保育所は要綱で設置されており、きちんとした運営体制がとられていないということもあって、本来は条例で設置すべきだと私は考えます。こういったことを考えながら、態度をとらせていただきたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯森戸委員 この条例提案は、私たち共産党でさせていただいていたが、保育室自体の助成制度を充実させ、公民格差を是正していくということは当然のことであると思います。
 現状、この保育室に通わせなければならない保護者は、公立・認可保育園を外れた方々が多数です。
 保育室は、市の施設への補助金が十分でないこともあり、高い保育料を設定しなければならないという実情があり、どこから解決していくかということはありますが、まず、保護者の部分について助成を増やしていくことが私たちの責任ではないかと思います。
 そういった意味で、今後、市におかれては、是非、保育室の補助金の充実も含めて検討していただきたいと思います。
 あわせて子ども手当の問題があります。新年度は1万3,000円で、次年度は2万6,000円だが、扶養控除が廃止されると、ほとんど意味合いがなくなるというのが実情です。
 また、今後も増税が予想されることから、子育て支援をしっかりと行っていけるようにという意味で提案していることを意見として申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は原案のとおり可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立少数。したがって、本件は否決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議員案第7号、小金井市立学校特別活動補助金交付条例を議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は原案のとおり可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立少数。したがって、本件は否決と決定いたしました。
  ────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 次に、議案第30号、小金井市児童扶養手当条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 本件は本会議において提案理由の説明がなされておりますが、部局から補足説明がありましたらこれを求めます。
             (「特にございません」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 これから質疑を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯森戸委員 本会議でも質疑をさせていただいたんですが、今回子ども手当を受ける児童扶養手当対象者について、子ども手当を受けた家庭はこれを受けられなくするということですね。なぜそういうことをする必要があるんでしょうかと。わずか1,500円です。4人以上の子どもさんがいらっしゃる家庭で、児童育成手当、児童手当も含めてもらえなかったからということが理由なんですけれども、しかし今、本当にそういう状況なのかなというふうに思いますね。児童扶養手当を現在受けていらっしゃる方は、ちょっとこれ平成19年度の決算で申し訳ないんですが、18世帯なんです。それで、わずか29万5,500円という、子どもさんがたくさんいらっしゃって本当にいろいろなところでお金がかかる中で、こんなことをする必要はないと思います。大いに4人の子どもさん、5人の子どもさんいらっしゃるところは市の方から独自に支援して、本当にお父さんやお母さん頑張れと応援するのが本来市の在り方なのではないですか。本会議で聞いたら、法律で併給はだめだということが決まっているわけでもない。単に小金井市の独自の考え方でということですね。ですから、先ほど言った子ども手当を支給されるご家庭は、その後に来る扶養控除の廃止でどこの世帯も増税になるわけです。ある意味、1万3,000円、2万6,000円もらっても1,500円なんかは飛んでしまいますね。もう少し経過についてご報告いただけないでしょうか。しかもこの会期末になってこういう提案をなさるというのはなぜなのか、そこはきちんと説明していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯片山委員 関連。先ほど森戸委員は、平成19年度対象世帯18世帯というようなことをおっしゃったかと思うんですが、これを今回可決された場合の影響額はどのようになるというふうに考えていらっしゃるのか、また対象世帯がどのぐらいになるかというのがおわかりになれば教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯野見山委員 関連。すみません、当初予算との関連は、ここで先ほどの議案出ていますね。当初予算にはそもそも組んでいないんですかね。(「児童手当入ってる」と呼ぶ者あり)入ってるよね。それは削るんですか。当初予算、そっちの訂正か何かされるんでしょうか。ちょっとそこだけ確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯川村子育て支援課長 それでは、森戸委員のご質問にお答えいたします。そもそもこの小金井市児童扶養手当は、もともと所得が高い方の多子世帯、4人以上子どもさんがいらっしゃる世帯に支給されていたものでございます。児童手当等を受けていらっしゃる世帯でも、多子世帯の場合は子どもさん1人につきまして5,000円から1万円の手当てが出ていたわけでございますので、この改正は三つのポイントがございますが、一つはこの子ども手当を今度所得制限がなくなることによりまして、高額所得者に対しましてもこの子ども手当が支給されるわけでございます。それで、この条例では二重支給になってしまいますので、条例を改正するということです。あとは、この児童手当、子ども手当を受けている方には出ませんよという改正でございます。それとあとは、この子ども手当、児童手当等を受給される方は、その手当の支給の後にこの児童扶養手当を支給しますよというような、この3点でございます。
 それで、片山委員の関連のご質問でございますけれども、現在平成22年3月現在で、この小金井市児童扶養手当を受給されている世帯が11世帯で、対象児童数が15人いらっしゃいます。この世帯の中で、第4子以降、これは一番高学年で小学校4年生ですので、すべて子ども手当の対象になりますので、子ども手当の申請をしていただければすべて子ども手当が支給になるということになります。
 野見山委員の当初予算の関係でございますけれども、この手当は条例に基づきまして支給しているものでございますけれども、支給月が7月、11月、3月ということでございます。この3月の支給では、11月、12月、1月、2月分を既に3月には支給してございます。7月の支給が3月、4月、5月、6月分ということでございますので、3月分を7月に支給するということでございます。新しく創設されます子ども手当はあくまでもこれは申請をいただいて支給するものでございまして、法律が成立しましてから市民の皆様には広報するところでございますけれども、既に児童手当を支給されている方は、額を改定するという請求を出していただきます。あと、児童手当を受給されていない方には、認定請求という形で申請をお出しいただきますけれども、今、小金井市のこの児童扶養手当を受給されていらっしゃる方につきましては、事前にこの子ども手当を創設することによりまして、そちらの方に申請をしてくださいというような旨のご通知をお出しする予定でございます。あとは、この申請を出されなくて7月に3月、4月、5月、6月分を支給した場合でも、この子ども手当の申請をいただければ、9月30日までは遡及できますので、その辺は多くお支払いした分につきましては返還ということも考えてございます。
 それと、この時期に条例の改正をお出ししたということでございますが、子ども手当の法案がまだ不確定で、所得制限を設ける等の議論がされていた中で、小金井市におきましてこの手当の対象者である15歳以上の方がこの5年間ゼロでございましたので、この条例については廃止の方向も含めて検討していたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯森戸委員 議事進行。ちょっとすみませんが、児童扶養手当は所得の高い人に出ているものだというふうに課長が説明されたんだけれども、ちょっとそれは私は性格は違うのではないかと。だって4人いるから所得が高いかどうかというのは関係ないですね。所得の制限がないということはあります。でも、どう見てもここの児童扶養手当の条例の中に、高額所得者がもらえるなんてことは一切書いていないではないですか。だから、先ほど言われた説明は、私はちょっと違うのではないかと。もう少し正確におっしゃっていただいた方がいいのではないかと思っていて、お答えを正確にいただけないかと思うんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯川村子育て支援課長 そもそもこの小金井市児童扶養手当の条例ができたのが昭和44年でございます。その後に、児童手当、児童育成手当等ができたということで、当初、多子世帯の子育て支援ということで施策として行っていたものだというふうに考えてございます。それで、今回、あくまでもこの手当は改正でございますので、多子世帯の支援という形で新たに施策的に考える場合はまた別途のことになると思いますけれども、この条例の改正につきましてはあくまでも現行の児童手当を受けていらっしゃる方を含めて、今度、子ども手当に移行されることによります二重支給にならないようにという改正でございますので、新たな子育て支援策として市がどう考えていくということとはまた別になるというふうに考えてございます。(「私はそういうことは聞いていないんです。所得の高い人が児童扶養手当を受けるという説明だったけれども、違うのではないですかと」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ではもう一度いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯川村子育て支援課長 児童手当の対象を超えていらっしゃる方ということで、今現在受給されていらっしゃる方は一定の所得が高い方というふうに認識してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯森戸委員 ちょっとやはり私は正確にしていただきたいなというふうに思うんですね。私、所得が高い方とおっしゃるんですが、では子育て世代の所得の高い方って本当にどのぐらいなんですかということなんです。例えば私立幼稚園の保護者補助金などを見ても、大体年収500数十万円ぐらいですね。ちょっと今、すぐぱっと思いつかないんですが。私立幼稚園、どうですか。教育委員会いらっしゃるんですが。4人子どもがいらっしゃって600万円、700万円の世帯でやっていくというのはなかなか大変です。例えばアパートも借りてやっていくということになると、何か所得が高いから低いからでそういう判断で私は子育て支援というのは決められないのではないかなというふうに思っています。子ども手当との二重支給とおっしゃるんですが、二重支給にはならないでしょう。だって、子ども手当と意味合いが違うんですから。二重支給だとおっしゃる理由はどこにあるかということが一つです。
 それともう一つは、この児童扶養手当について、これにかわるものも含めて何か考える必要があるみたいなことをおっしゃったんですか。おっしゃっていないですね。ですからもうこれは廃止するということなんですね。実は、児童扶養手当条例には、今まで併給について対象外とするという文言はある意味なかったわけです。条例を見ると、併給はだめだという文言はどこを見ても出てこないんです。規則ですか。(不規則発言あり)いや、違うんです。併給してはいけないということは、この児童扶養手当条例の現行の条例の中には入っていないわけです。わかりますか。児童育成手当にしても児童手当にしても。今回新たに子ども手当も含めて一切合財入れたわけですね。ちょっとそこがなぜそういうふうにしたのか、それで併給できないという規定はどこから出てきていたのかが、条例のどこを読んでもわからないんです。普通だったら、この児童扶養手当条例の中に、併給はできないということをうたいますね。しかし、今までうたっていなくて、それで併給はできなかったんですと言われると、え、何で、どこからそういうふうになったのかという話なんです。言っていること、わかりますか。だから、条例と違うことをやっていらっしゃったのではないですかということも含めて、伺いたいので、その点、見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯片山委員 この影響額についてがよくわからないんですけれど、というのは、現行の条例のままでいくと、対象者が非常に増えるということなんですか。このもとの条例、先ほども本会議のときにも説明で付則のところはあったかと思うんですけれども、ちょっとそのもとの条例のままにしておく場合には対象者が非常に増えるというようなことなんでしょうか。ちょっとこの対象者についてがよくわからないので、もう一度教えていただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯川村子育て支援課長 森戸委員の再質問にお答えいたします。現行のこの条例の付則の部分にお載せしてあったものを、改正では本則の方に移すということでございますので、従来からこの児童手当、育成手当を受給されていた方は対象外としておりました。ですので、子ども手当を今度支給するということになりますと、ゼロ歳から15歳までは全員1万3,000円を受けられるわけです。ですので、全く全員一律に15歳までは受けられるわけですね。それでこの児童扶養手当条例というのは18歳までになりますので、16歳、17歳、18歳、この兄弟がいて、例えば第4子、双子双子とか四つ子でもいいですけれども、4人いらっしゃった場合は4人目から1,500円を支給するということは残したままでございます。ですので、子ども手当は全員に今度支給されるものですので、この条例を改正しないことによると、子ども手当を今11世帯の方が今度申請すれば子ども手当を受けられますから、その方にも児童扶養手当も出てしまうので、それは子ども手当の対象の方には出ませんよというこの改正の条例になるんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯岡部子ども家庭部長 改正の理由の中で、制限に関しまして今課長が答弁した付則の2項のところで一定児童手当条例及び児童手当の方に基づくというような形で、これも支給しないということなんですね。仮にこれを何も改正しないままでいきますと、子ども手当のところというのは今、所得制限を撤廃するわけですから、要するにゼロ歳からまず小学生就学前の所得制限を超えている方は子ども手当で出ますよと。それからあともう一つは、中学生以上も子ども手当で出ますよと。このところが今まで児童手当をもらっていた人たちが支給制限の中でやっておりますので、これもし子ども手当、要するにゼロ歳から中学校までの所得制限を撤廃した人たちが仮にこのままの状態にいますと、その方たちに支給されてしまうんですね。すると、では今現在児童手当をもらっている方々に対してどうできるんだという部分で、そこはちょっとバランスを欠いてくるという部分で、今回児童手当(不規則発言あり)もともとこの児童手当をもらっている方々は、児童扶養手当の対象にならないというのが基本的にあるんですね。それはそのとおりであって、それを今度は子ども手当という大きな枠の中でやっていってしまったときに、この部分に対して今言ったとおり(不規則発言あり)ですから4人以上の方も出るんです。16歳、17歳、18歳未満であれば。ですから、その場合について中学生未満の方々の4子以降に対して出すということはバランス的にどうなんでしょうかというところで、こういう形で改正を出したと。そういうことでご理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯森戸委員 議事進行。今日というか、前から資料はいただいてはいるんですが、ちょっと説明を受けたのは今日初めてで、ちょっと休憩していただいて協議会でもう一回きちんと説明していただけないかと思うんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 では、いったん休憩します。
                  午後3時37分休憩
                ────────────
                  午後4時10分開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 再開します。
 それでは、質問の続きから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯森戸委員 委員長、休憩をとっていただきまして、大変ありがとうございました。休憩時間に部局とも調整させていただきまして、制度はわかりました。しかし、私は高額の所得者だといっても、子育て世代の高額所得者というのはよほど1,000万円以上、ご夫婦で収入がある方というのはそう多くはないです。しかも4人以上いらっしゃって一番小さいときを含めていろいろなお金の手がかかるときに、やはりこの子ども手当が創設されるからということで廃止するのではなくて、児童手当の対象者も含めて4人以上のご家庭にこの児童扶養手当を支給するというのが本来市の在り方なのではないですか。私はこれまでの対象から見れば、30万いくかいかないかの世帯が対象になっています。これが児童手当対象世帯まで広げたからといって、4人以上のご家庭が1,000人、2,000人と増えるわけではないです。そういうことになったら少子化と言えなくなっているということなんです。ですから、今本当に4人以上のご家庭に対して適切に生活支援をしていくことが求められていて、制度が改正されるからここも排除しようというやり方は、やはりよろしくないと私は思いますので、これは意見として申し上げておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ほかにございますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 それでは、本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたらお願いいたします。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は原案のとおり可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立多数。したがって、本件は原案可決と決定いたしました。
 ちょっと休憩します。
                  午後4時13分休憩
                ────────────
                  午後4時16分開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 再開します。
 ここで、先ほど保留しました22陳情第5号、「学童保育業務の見直しについて」に関する陳情書の保留を解き、議題といたします。
 これから質疑を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件について委員長報告に載せる意見・要望がございましたら発言をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木委員 これまでも述べさせていただいたところですが、やはり一番大事なことは、市長部局と学童保育を利用される方々との本音での意見交換、話合いを行うことです。現在、学童保育運営協議会が開催されているが、信頼回復ということを含めて、学童保育の未来を真摯にお互いが話し合うということを希望するところです。ですので、先ほど水上委員のお話にもありましたが、現在は厚生文教委員会、話合いの結果を見守っているという状況ですので、どうか積極的な話合いの場所を設けるように希望して、私の意見とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ほかにありますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 以上で、本件に対する質疑を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、質疑を終了いたします。
 これから討論を行います。
                (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 本件に対する討論を終了することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議なしと認めます。したがって、討論を終了いたします。
 それでは、直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。本件は採択の上、市長に送付することにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
               (「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 ご異議がありますので、本件は起立採決をいたします。本件は採択の上、市長に送付することに賛成の皆さんの起立を求めます。
                  (賛成者起立)

-------------------------------------------------------------------------------

◯宮下委員長 起立多数。したがって、本件は採択の上、市長に送付すべきものと決定いたしました。
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。本日は、以上で厚生文教委員会を閉会いたします。ありがとうございました。
                  午後4時18分閉会