議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 町田市

平成18年 3月定例会(第1回)−03月29日-付録




平成18年 3月定例会(第1回)

平成18年(2006年)第1回町田市議会定例会日程
※3月2日(木)告示 議案配付
┌───┬───┬───┬────────────────────────────────┬─────────────┐
│月  │日  │曜日 │摘            要                  │備    考       │
├───┼───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│3  │9  │木  │本会議(議会構成)                       │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │10 │金  │本会議(議会構成)・議会運営委員会               │4常任委員会同時開催   │
│   │   │   │企画総務・保健福祉・文教生活・都市環境常任委員会        │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │11 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │12 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │13 │月  │本会議(補正予算提案理由説明・質疑・表決・市長の当面の施政方針 │請願・陳情受付締切午後5 │
│   │   │   │・                               │時            │
│   │   │   │新年度市長提出議案提案理由説明)・議会運営委員会        │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │14 │火  │議案説明会・議会運営委員会                   │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │15 │水  │議案説明会・全員協議会                     │質疑通告締切午後3時   │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │16 │木  │議事整理                            │一般質問通告締切正午   │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │17 │金  │本会議(質疑)・議会運営委員会                 │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │18 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │19 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │20 │月  │企画総務・保健福祉・文教生活・都市環境常任委員会        │4常任委員会同時開催   │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │21 │火  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │22 │水  │保健福祉常任委員会・都市環境常任委員会             │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │23 │木  │常任委員会予備日                        │議員提出議案提出締切   │
│   │   │   │                                │(即決請願・委員会提出分 │
│   │   │   │                                │を含む)         │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │24 │金  │本会議(表決)・議会運営委員会                 │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │25 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │26 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │27 │月  │本会議(一般質問)                       │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │28 │火  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │29 │水  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │             │
│   │   │   │                                │             │
└───┴───┴───┴────────────────────────────────┴─────────────┘
                平成18年(2006年)第1回定例会議案一覧表

●議員提出議案
 ┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
 │議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │1    │交通安全協会に関する法の整備を求める意見書          │3.24  │省  略 │3.24  │原案可決 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │2    │第31回夏季オリンピック競技大会の東京誘致に関する意見書   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │3    │医療制度改革法案の撤回を求める意見書             │〃    │〃    │〃    │否  決 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │4    │貧困と社会的格差の新たな広がりの是正・克服を求める意見書   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │5    │東京都として少人数学級の実施を求める意見書          │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │6    │「米軍再編」に反対し、米軍基地国家からの脱却を求める意見書  │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │7    │防衛施設庁の官製談合事件の全容解明と天下り禁止措置徹底を求め │〃    │〃    │〃    │原案可決 │
 │     │る意見書                           │     │     │     │     │
 └─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●市長提出議案
 ┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
 │議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │1    │平成17年度(2005年度)町田市一般会計補正予算(第4号)    │3.13  │省  略 │3.13  │原案可決 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │2    │平成17年度(2005年度)町田市国民健康保険事業会計補正予算(第 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │3号)                            │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │3    │平成17年度(2005年度)町田市下水道事業会計補正予算(第5号) │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │4    │平成17年度(2005年度)町田市忠生土地区画整理事業会計補正予算 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │(第                             │     │     │     │     │
 │     │2号)                            │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │5    │平成17年度(2005年度)町田市駐車場事業会計補正予算(第4号) │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │6    │平成17年度(2005年度)町田市老人保健医療事業会計補正予算(第 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │2号)                            │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │7    │平成17年度(2005年度)町田市介護保険事業会計補正予算(第3号 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │)                              │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │8    │平成17年度(2005年度)町田市受託水道事業会計補正予算(第2号 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │)                              │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │9    │平成17年度(2005年度)町田市病院事業会計補正予算(第1号)  │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │10   │平成18年度(2006年度)町田市一般会計予算           │〃    │3.17  │3.24  │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │11   │平成18年度(2006年度)町田市国民健康保険事業会計予算     │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │12   │平成18年度(2006年度)町田市下水道事業会計予算        │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │13   │平成18年度(2006年度)町田市忠生土地区画整理事業会計予算   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │14   │平成18年度(2006年度)町田市駐車場事業会計予算        │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │15   │平成18年度(2006年度)町田市老人保健医療事業会計予算     │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │16   │平成18年度(2006年度)町田市鶴川駅北土地区画整理事業会計予算 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │17   │平成18年度(2006年度)町田市介護保険事業会計予算       │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │18   │平成18年度(2006年度)町田市受託水道事業会計予算       │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │19   │平成18年度(2006年度)町田市病院事業会計予算         │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │20   │町田市国民保護協議会条例                   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │21   │町田市国民保護対策本部及び町田市緊急対処事態対策本部条例   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 └─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
 ┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
 │議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │22   │町田市防災会議条例の一部を改正する条例            │3.13  │3.17  │3.24  │原案可決 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │23   │町田市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │部を改正する条例                       │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │24   │町田市災害派遣手当等の支給に関する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │25   │町田市一般職の職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │26   │外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │例の一部を改正する条例                    │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │27   │町田市国民健康保険条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │28   │町田市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例    │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │29   │町田市通所療育施設条例等の一部を改正する条例         │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │30   │町田市授産センター条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │31   │町田市大賀藕絲館条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │32   │町田市障がい者福祉センター条例の一部を改正する条例      │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │33   │町田市介護保険条例の一部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │34   │町田市在宅介護支援センター条例を廃止する条例         │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │35   │町田市高齢者在宅サービスセンター条例の一部を改正する条例   │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │36   │町田市薬師台高齢者生活訓練施設条例の一部を改正する条例    │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │37   │町田市介護保険給付費準備基金条例の一部を改正する条例     │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │38   │町田市市民農園条例の一部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │39   │町田市営住宅条例の一部を改正する条例             │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │40   │町田市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │を改正する条例                        │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │41   │町田市体育施設条例等の一部を改正する条例           │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │42   │町田市公共下水道根幹的施設(成瀬クリーンセンター)の建設工事委 │〃    │〃    │〃    │〃    │
 │     │託に関する協定(その4)の一部を変更する協定           │     │     │     │     │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │43   │平成17年(ノ)第61号債務不存在確認請求事件の調停について  │〃    │省  略 │3.13  │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │44   │市道路線の認定について                    │〃    │3.17  │3.24  │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │45   │市道路線の廃止について                    │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │46   │相模原市による道路認定の承諾について             │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │47   │指定金融機関の指定について                  │〃    │省  略 │3.13  │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │48   │町田市表彰条例に基づく一般表彰の同意方について        │〃    │3.17  │3.24  │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │49   │町田市自転車駐車場の指定管理者の指定について         │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │50   │(仮称)町田市立文学館建設工事請負契約の変更契約        │〃    │省  略 │3.13  │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │51   │(仮称)町田市立文学館建設空気調和設備工事請負契約の変更契約  │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │52   │町田市助役の選任につき同意方について             │3.24  │〃    │3.24  │同  意 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │53   │町田市監査委員の選任につき同意方について           │〃    │〃    │〃    │〃    │
 └─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
 ┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
 │議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │54   │町田市教育委員会委員の任命につき同意方について        │3.24  │省  略 │3.24  │同  意 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │55   │町田市固定資産評価員の選任につき同意方について        │〃    │〃    │〃    │〃    │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │56   │町田市情報公開・個人情報保護審査会委員の委嘱につき同意方につ │〃    │〃    │〃    │原案可決 │
 │     │いて                             │     │     │     │     │
 └─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●請   願
 ┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
 │請願番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │1    │認可園・認証園にはもっと幅の広い対応を求める請願       │3.13  │3.17  │3.24  │継続審査 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │2    │東京・宝塚動物霊園に関する請願                │〃    │〃    │〃    │採  択 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │3    │「交通安全協会に関する法の整備を求める意見書」提出の請願   │〃    │省  略 │3.17  │〃    │
 └─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●陳   情
 ┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
 │陳情番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
 ├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │1    │「公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書」 │1.27  │−    │−    │企画総務 │
 │     │提出に関する陳情                       │     │     │     │常任委員会│
 │     │                               │     │     │     │参考送付 │
 └─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘


議員提出議案の内容

                    交通安全協会に関する法の整備を求める意見書
 交通事故による負傷者は、毎年100万人を超え、死者も7,000人前後と多くの犠牲者を出しており、事態は大変深刻な状況となっている。
 そのような中、町田交通安全協会は、交通事故を少しでも減らすため、交通法令の普及徹底及び交通道徳の高揚、その他交通の安全に関する諸施策の推進を町田警察署及び町田市と協力し、町田市民を交通事故から守るべく日々努力している。
 そもそも交通事故対策とは、戦後、モータリゼーションの発展とともに発生した社会問題であり、それゆえ社会状況を反映して、交通安全協会が設置されてきたという経緯がある。
 しかしながら、交通安全協会の任務、位置づけ、権限などについては、消防団のように法律上の根拠がなく、日々の活動の円滑な遂行が保障されない、いわばボランティアのような状況にある。
 よって、町田市議会は、交通安全の向上のために交通安全協会の役員が安心して職務を遂行できるよう、国に対して関連法の整備を求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                 第31回夏季オリンピック競技大会の東京誘致に関する意見書
 オリンピックは200を超える国々が、スポーツを通じて世界平和の実現に大きく貢献する、世界最大のスポーツ・文化の祭典である。
 1964年の第18回夏季オリンピック東京大会は、我が国の戦後復興の象徴として開催され、多くの国民に感動と自信を与え、生まれ変わった首都東京の姿を世界にアピールした。これを機に、東京は更なる発展を続け、政治、経済、文化が高密度に集積する世界にも類を見ない大都市となったことは言うまでもない。
 そこで、首都である東京において、約半世紀ぶりにオリンピックを開催することは、世界平和を希求する強い意志を世界にアピールするとともに、これまで培ってきた独自の伝統・文化や先端的な技術・産業を世界に発信し、成熟した都市東京の姿を全世界に示す絶好の機会となる。
 また、オリンピック開催によるスポーツが与える感動や影響は、「青少年の健全育成」や「都市再生の推進」が考えられ、我が町田市がその取り組みを強化しなければならないところであり、スポーツ活動の推進にも大きく貢献するものである。
 よって、町田市議会は、東京都民共通の願いである2016年開催の第31回夏季オリンピック競技大会の東京誘致と三多摩地区を含む競技開催を強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                     医療制度改革法案の撤回を求める意見書
 政府が今国会に提出した医療制度改革法案は、高齢者をねらいうちにした負担増とともに、将来にわたり公的保険給付を切り詰め、保険外負担を拡大し、公的医療制度を土台から崩す内容を含んでいる。
 高齢者の窓口負担を現行1〜2割から2〜3割引き上げる。75歳以上のすべての人を対象に医療保険料を年金から天引きで徴収する。療養病床に入院している高齢者の居住費・食費を保険外適用にする。これだけの高齢者負担増を行っても、まだ足りないとして、今後5年間の医療費給付の伸びを検証して、抑制にむけ施策を見直す方向を示しているのである。
 法案は、「保険診療と保険外診療との併用について、将来的な保険導入を行うかどうかの観点から再構成」と述べている。保険がきく医療と、保険がきかない医療をセットで行う「混合診療」の検討である。昨年10月の厚生労働省試案では、風邪などの「軽い病気」の医療を保険給付から外す保険免責制度の導入も問題になった。
 政府にとって、法案の最大の目的は医療給付の抑制である。そのために、法案は、都道府県に入院日数短縮の数値目標を明記した「医療費適正化計画」の策定を義務づけ、高齢者の療養施設の削減、高齢者医療制度の創設など、負担増に加えた大幅な制度変更を盛り込んでいる。医療給付費の抑制という大目的を盛り込んだ法案は、混合診療や保険免責制度への道筋をつけ、保険のきかない医療を拡大し保険のきく医療とセットにした「保険外併用療養費」制度を新たに導入しようとしている。
 保険がきかない医療、患者に全額負担を求める医療の拡大は、収入の大小が、そのまま健康の格差に直結する。結局、保険がきかない医療が拡大して喜ぶのは、民間の保険会社・医療業界などである。アメリカ資本の保険会社の国内参入は、その典型である。
 政府は、高齢者の負担増の理由に「現役世代との公平」をあげている。しかし、病気をもつ率が高い高齢者の窓口負担は現役世代よりも低く抑えて当たり前であり、それこそが本当の平等である。しかも誰もが年をとるのであって、高齢者の窓口負担増は、いずれは現役世代への負担増にもなる。高齢者へのねらいうち負担増も、保険のきかない医療の拡大も、弱いものいじめであって、医療にまで弱肉強食のシステムを持ち込み、医療保険制度を根本から解体する法案は認めるわけにはいかない。以上の理由により、医療制度改革法案の撤回を求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                貧困と社会的格差の新たな広がりの是正・克服を求める意見書
 政府が「構造改革」として進めてきた〔新自由主義〕の経済路線、すなわち大企業の利潤追求を最優先にし、規制緩和万能、市場原理主義、弱肉強食を進める経済路線は、1990年代末から貧困と社会的格差の新たな広がりという重大な社会問題を生み出している。
 1997年と、直近の数字を比較すると、生活保護世帯は、60万世帯から100万世帯を突破し、教育扶助・就学援助を受けている児童・生徒の割合は、6.6%から12.8%と2倍以上となった。貯蓄ゼロの世帯が急増し、10%から23.8%に達している。今までの延長線上にない、新たな重大な事態が急速に進んでいる。
 国際比較で見ても、日本における貧困層と社会的格差の広がりは顕著である。OECD(経済協力開発機構)の調査では、日本の貧困率(全世帯の等価可処分所得の半分以下しか収入のない世帯を貧困としてその人口比率を出したもの)は、15.3%に達している。貧困率は、調査した加盟25カ国中第5位で、OECD諸国の平均10.4%を大きく上回っている。
 これらの根底には、極端な低賃金や無権利状態におかれた非正規雇用の急増など、人間らしい雇用の破壊、中小零細企業への貸し渋り・貸しはがしなどによる経営苦・倒産・廃業の広がり、庶民増税、社会保障の連続的な負担増と給付減などがある。格差社会は子どもの教育にも大きな影響を与えており、親の収入の格差で高等教育を受けられるかどうかが大きく分かれる。そのことは格差の再生産を生み出し、憲法で保障された人間らしい暮らしを営む権利を奪っている。
 「構造改革」は、日本の社会をゆがめてきた。それは、人間がともに支えあう社会のありようを否定し、弱肉強食の寒々とした社会を作り出しつつある。日本社会と経済の将来に向けての持続的な発展を不可能にするところまで、深い矛盾を蓄積しており、もはやこのまま事態を放っておくわけにはいかない。
 「構造改革」と称する「新自由主義」の経済路線を転換し、経済的民主主義を貫いた経済財政運営で、政府が貧困と社会的格差の是正・克服に全力をあげることを求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                    東京都として少人数学級の実施を求める意見書
 全国では45道府県が既に、国が定める「40人」よりも少ない学級規模にした『少人数学級』をなんらかの形で実施している。これは、国の教育行政の遅れに業を煮やした父母や学校関係者の世論と要求に押されて、各自治体が自主的に財源を確保して実施しているものである。
 ところが東京都は、都民世論と要求が切実であるにもかかわらず、「社会的適応能力をはぐくむためには、学級には一定規模が必要であり、その一方で、児童生徒の確かな学力を育成するためには、習熟の程度等に応じた少人数による指導が有効」という、いわゆる「生活集団・学習集団」論を展開し、『少人数学級』を拒否して、習熟度別授業などの『少人数指導』に固執している。
 この東京都の議論は、全国各地で始まった実践によって論破されている。例えば、文部科学省に設置された「教職員配置等の在り方に関する調査研究協力者会議」が昨年10月3日に発表した最終報告「今後の学級編制及び教職員配置について」には、興味深い調査結果が掲載されている。文部科学省が昨年4月に行った「少人数教育の効果」に関するアンケート調査結果によると、平成16年度に『少人数指導』を実施した小中学校へのアンケートでは、「学級編制人数を引き下げた方が効果的である」かの問いに、8割以上が「とてもそう思う」「そう思う」と回答したのにたいして、同年度に『少人数学級』を実施した小中学校へのアンケートでは、「少人数指導・ティームティーチングの方が効果的である」かとの問いに、「とてもそう思う」「そう思う」の回答したのは3割程度だというのである。
 東京都は、全国の実践に裏づけられた真理に忠実であるべきである。全国の実践は、学習面でも、生活面でも、『少人数学級』の方が効果のあることを実証しているのである。「協力者会議」の「最終報告」は、『少人数学級』の教育効果を認めつつ、国として財源を保障して『少人数学級』を実施することを先送りしてしまった。しかし、東京都より財政力の小さな自治体が自主的に『少人数学級』に踏み出しているのであるから、都がその気になればできない話ではない。
 よって、町田市議会は、東京都知事及び東京都教育委員会に対し、国にむけ、学級編制基準を40人未満にして、『少人数学級』を財政的に保障する制度を確立するよう要請するとともに、東京都として、『少人数学級』の実施に計画的に踏み出すこと、そのための教員増員計画を持つこと、文部科学省の『少人数学級』の実施にかかわる加配教員の振り替え活用の希望については、区市町村の意向を聴き、要望に応えることを求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                「米軍再編」に反対し、米軍基地国家からの脱却を求める意見書
 アメリカ・ブッシュ政権は、地球的規模での「米軍再編」を進めている。いま日本で進められている「米軍再編」とは、在日米軍基地の強化だけではなく、日米が「テロ」「大量破壊兵器」への対抗など「世界における共通の戦略目標」をもち、米軍と自衛隊が一体になって世界のどこにでも出撃できる軍事態勢をつくり、そのために在日米軍と自衛隊の基地機能を強化することに眼目がある。この日本における計画は、世界でも突出した異常な従属性をもっている。
 在日米軍は、もともと「日本防衛」とは無縁の海外遠征部隊である。その海外遠征専門部隊の司令部機能や機動性が、陸海空・海兵4軍そろって、一層強化されようとしていることに、まず世界に類例のない異常性がある。
 また、米軍と自衛隊との軍事一体化は、自衛隊を米軍の補完戦力として、米戦略の中に組み込む形で進行している。例えばキャンプ座間での米陸軍と陸上自衛隊、横田基地での米空軍と航空自衛隊の司令部機能の統合は、米軍の指揮のもとで自衛隊が海外展開する態勢づくりにほかならない。アジア・太平洋に展開する米兵の輸送を、海上自衛隊の高速輸送艦が受け持つなど、自衛隊が米軍の目下の軍隊として補完的任務を果たす計画が進められている。すなわち、これは、対等な軍隊の間での軍事一体化ではない、従属的一体化である。
 ブッシュ政権は、中東から北東アジアまでの広大な地域を、「不安定の弧」などと呼び、この地域への軍事的介入戦略をもっているが、日本はこの地域への戦力投入の前線拠点としての役割を担わされようとしている。
 さらに、米軍駐留経費負担の問題では、日本は既に突出した役割を果たしているが、今回の「米軍再編」で約9千億円といわれる海兵隊司令部のグアムへの移転費用を日本が負担するという計画も進行している。米国の領土にある米軍基地の増強に日本国民の税金を投入するというのは、歴史的にも世界でも例のない異常で、従属的なものである。
 小泉首相は、基地強化の受け入れは「平和と安全の代価だ」と発言した。しかし、いま日本で進んでいる米軍基地の再編・強化の動きは、日本の「平和と安全を守る」こととは全く無縁のものである。それどころか、日本を、地球的規模での先制攻撃の戦争の一大根拠地にし、世界とアジアの平和を脅かす震源地に変えようとしているのである。
 よって、町田市議会は、「米軍再編」に反対し、米軍基地国家からの脱却を求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
             防衛施設庁の官製談合事件の全容解明と天下り禁止措置徹底を求める意見書
 歴代技術審議官ら防衛施設庁の幹部の「天下り」にからむ官製談合事件は、当初明らかにされた空調設備工事をめぐる問題にとどまらず、米軍岩国基地の滑走路沖合移設工事、米軍佐世保基地岸壁工事など米軍基地施設関連工事も対象になっていた疑いが急浮上している。
 官庁が発注する公共工事の原資は国民の税金である。談合は、公正な競争をゆがめ、業者が高値で工事を落札することである。それは、税金のムダづかいであり、被害はそのまま国民に直結する。
 防衛施設庁が発注する米軍施設内での工事で使われる予算の大半は、日米地位協定上、本来日本政府が負担する必要のない「思いやり予算」である。それ以外の予算も第二の「思いやり予算」といわれるSACO(沖縄に関する特別行動委員会)関連経費で占められている。本来日本が負担する必要のない工事が談合によって高値で行われているというわけで、税金の二重のムダづかいである。
 また、国会審議では、自衛隊基地の工事でも談合の疑惑があることが指摘されている。この奥深く、幅広い官製談合事件の全容を解明することは、国民に対する政府と国会の責任である。
 同時に、今すぐ実施すべき問題がある。それは、高級官僚の天下りを完全禁止することである。今回の防衛施設庁の官製談合事件では、技術審議官、建設部長らの土木、建設業界への天下りが組織的にあっせんされ、天下りOBの年収を基準に、各社の天下り受け入れ実績を数値化して、工事を配分していた。業界にとっては天下りを多く受け入れるほど、安定した受注と高い利益が見込める仕組みである。
 「わいろ」とまでいわれる天下りは文字通り腐敗の温床である。天下りの実態にメスを入れ、根絶しなければ、事件のほとぼりがさめたとき、また天下りと談合が繰り返されることになる。いま問われているのは、高級官僚が在職中の仕事と密接な関連がある営利企業などに再就職し、官製談合などにかつての職務権限を行使することである。こうした天下りは全面禁止するしかない。
 国家公務員法第103条第2項は、営利企業への天下りを退職後の2年間に限って禁止しており、これが現在の天下り規制の根拠となっている。しかも、この2年間でも、人事院が承認した高級官僚の天下りは可能である。こうした抜け穴をふさぐことがいま緊急に求められている。
 よって、町田市議会は、防衛施設庁の官製談合事件の全容解明と、あらゆる抜け道をふさぎ、徹底した高級官僚の天下り禁止措置を求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。