議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 町田市

平成17年12月定例会(第4回)−12月22日-付録




平成17年12月定例会(第4回)

平成17年(2005年)第4回町田市議会定例会日程
※11月24日(木)告示 議案配付 議会運営委員会
※11月28日(月)正午 一般質問通告締切
┌───┬───┬───┬────────────────────────────────┬─────────────┐
│月  │日  │曜日 │摘            要                  │備    考       │
├───┼───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│12  │1  │木  │本会議(提案理由説明)・議会運営委員会             │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │2  │金  │議案説明会・全員協議会・都市環境常任委員会           │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │3  │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │4  │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │5  │月  │議案調査                            │請願・陳情受付締切    │
│   │   │   │                                │午後5時         │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │6  │火  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │質疑通告締切       │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │7  │水  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │8  │木  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │9  │金  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │10 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │11 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │12 │月  │本会議(質疑)・議会運営委員会                 │議員提出議案提出締切   │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │13 │火  │文教生活常任委員会・都市環境常任委員会             │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │14 │水  │企画総務常任委員会・保健福祉常任委員会             │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │15 │木  │常任委員会予備日                        │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │16 │金  │議事整理                            │即決請願・委員会提出の議 │
│   │   │   │                                │員            │
│   │   │   │                                │提出議案提出締切     │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   │   │   │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │17 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │18 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │19 │月  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │20 │火  │新庁舎建設等に関する調査特別委員会               │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │21 │水  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │22 │木  │本会議(表決)・議会運営委員会                 │             │
└───┴───┴───┴────────────────────────────────┴─────────────┘
                平成17年(2005年)第4回定例会議案一覧表

●議員提出議案
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│23   │町田市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正す │9.16  │9.16  │12.22  │継続審査 │
│     │る条例                            │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│33   │議会制度改革の早期実現に関する意見書             │12.22  │省  略 │〃    │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│34   │町田市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例  │12.12  │12.12  │〃    │継続審査 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│35   │町田市民病院使用条例の一部を改正する条例           │〃    │〃    │〃    │否  決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│36   │構造計算書偽造問題に対する住民居住者への適切な対応と再発防止 │12.22  │省  略 │〃    │原案可決 │
│     │を求める意見書                        │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│37   │国民に負担増をもたらす医療制度改革に反対する意見書      │〃    │〃    │〃    │否  決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│38   │米軍再編「中間報告」の撤回を求める意見書           │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│39   │第3期事業計画における介護保険料の負担を抑制するため国庫負担 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │割合の引き上げを求める意見書                 │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│40   │保育所および学童クラブ運営費都加算補助の存続を求める意見書  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│41   │公団家賃の値上げ見合わせ、居住の安全を図り、国会決議の全面実 │〃    │〃    │〃    │原案可決 │
│     │現を求める意見書                       │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│42   │ネット掲示板の「議会及び議員を冒涜する」掲載に対し、善処を求 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │める決議                           │     │     │     │     │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●市長提出議案
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│118  │平成17年度(2005年度)町田市一般会計補正予算(第3号)     │12.1  │12.12  │12.22  │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│119  │平成17年度(2005年度)町田市国民健康保険事業会計補正予算(第2 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │号)                             │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│120  │平成17年度(2005年度)町田市下水道事業会計補正予算(第4号)  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│121  │平成17年度(2005年度)町田市駐車場事業会計補正予算(第3号)  │〃    │12.1  │12.12  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│122  │平成17年度(2005年度)町田市介護保険事業会計補正予算(第2号) │〃    │12.12  │12.22  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│123  │平成17年度(2005年度)町田市受託水道事業会計補正予算(第1号) │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│124  │町田市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│125  │町田市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例   │〃    │〃    │〃    │継続審査 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│126  │町田市印鑑条例の一部を改正する条例              │〃    │〃    │〃    │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│127  │町田市学童保育クラブ設置条例の一部を改正する条例       │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│128  │町田市体育施設条例の一部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│129  │東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合規約の変更について     │〃    │省  略 │12.1  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│130  │土地の買入れについて                     │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│131  │土地及び建物の買入れについて                 │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│132  │土地の買入れについて                     │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│133  │土地の買入れについて                     │〃    │〃    │〃    │〃    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│134  │平成17年(ネ)第2767号建物賃貸借契約存在確認請求訴訟の和 │12.1  │12.1  │12.12  │原案可決 │
│     │解について                          │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│135  │市道路線の認定について                    │〃    │12.12  │12.22  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│136  │町田市民ホールの指定管理者の指定について           │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│137  │町田市大賀藕絲館の指定管理者の指定について          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│138  │町田市通所療育施設の指定管理者の指定について         │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│139  │町田市精神障がい者地域生活支援センターの指定管理者の指定につ │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │いて                             │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│140  │町田市フォトサロンの指定管理者の指定について         │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│141  │町田市高齢者在宅サービスセンターの指定管理者の指定について  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│142  │町田市わくわくプラザの指定管理者の指定について        │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│143  │町田市高齢者福祉センターの指定管理者の指定について      │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│144  │町田市急患センターの指定管理者の指定について         │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│145  │町田市学童保育クラブの指定管理者の指定について        │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│146  │町田市立保育園の指定管理者の指定について           │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│147  │町田市原町田一丁目自動車駐車場の指定管理者の指定について   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│148  │町田市ふるさと農具館の指定管理者の指定について        │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│149  │町田市七国山ファーマーズセンターの指定管理者の指定について  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│150  │町田市体育施設の指定管理者の指定について           │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│151  │町田市自然休暇村の指定管理者の指定について          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│152  │町田市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例   │12.12  │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│153  │町田市職員の期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│154  │平成16年(ワ)第2号損害賠償請求事件の和解について      │〃    │省  略 │12.12  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│155  │町田市長の給料の特例に関する条例               │12.22  │〃    │12.22  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│156  │人権擁護委員の推薦につき同意方について            │〃    │〃    │〃    │同  意 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│報告9  │漏水事故に係る損害賠償額の専決処分の承認を求めることについて │12.1  │〃    │12.1  │承  認 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│報告10  │清掃事業部車両による物損事故に係る損害賠償額の専決処分の承認 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │を求めることについて                     │     │     │     │     │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●請   願
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│請願番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│9    │学童保育クラブに4年生以上の児童の受け入れを求める請願    │6.6  │6.15  │12.22  │不採択  │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│10   │学校選択制を希望するバス通学生への「通学費補助金」対象拡大を │〃    │〃    │〃    │継続審査 │
│     │求める請願                          │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│16   │葬儀場建設に対する条例等の制定や行政指導の請願        │9.5  │9.16  │〃    │採  択 │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│請願番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│17   │容器包装プラスチック処理業務事業に関する請願         │11.21  │12.12  │12.22  │採  択 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│18   │町田市小山ヶ丘廃プラスチック圧縮処理施設建設計画の再考を求め │12.1  │〃    │〃    │〃    │
│     │る請願                            │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│19   │小山ヶ丘廃プラスチック中間処理施設建設計画の見直しを求める請 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │願                              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│20   │木曽山崎センターを市民センターに格上げする請願        │〃    │〃    │〃    │継続審査 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│21   │小山ヶ丘廃プラスチック中間処理施設建設計画の凍結を求める請願 │12.2  │〃    │〃    │採択   │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│22   │3・3・7号線及び7・5・2号線に係る諸問題の早期解決と事業 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │の推進を求める請願                      │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│23   │木曽森野センターに「ひまわり窓口」の設置を求める請願     │〃    │〃    │〃    │継続審査 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│24   │公団家賃の値上げ見合わせ、居住の安全を図り、国会決議の全面実 │〃    │省  略 │12.12  │採択   │
│     │現を求める意見書提出についての請願              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│25   │小川1600番台付近に公園設置を求める請願          │12.5  │12.12  │12.22  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│26   │町田市立陸上競技場小学生・中学生の使用料無料化と高校生の使用 │〃    │〃    │〃    │不採択  │
│     │料減額を求める請願                      │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│27   │「子どもマスタープランの<親が働くことを支える>ことの実現の │〃    │〃    │〃    │採  択 │
│     │ために町田市がさらに努力することを求める請願」        │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│28   │廃プラスチック中間処理施設に関する請願            │〃    │〃    │〃    │〃    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘


議員提出議案の内容
                     議会制度改革の早期実現に関する意見書
 国においては、現在、第28次地方制度調査会において「議会のあり方」について調査・審議を行っており、このような状況を踏まえ全国市議会議長会は、先に「地方議会の充実強化」に向けた自己改革への取り組み強化についての決意を同調査会に対し表明するとともに、必要な制度改正要望を提出したところである。
 しかしながら、同調査会の審議動向を見ると、全国市議会議長会をはじめとした三議長会の要望が十分反映されていない状況にある。
 本格的な地方分権時代を迎え、住民自治の根幹をなす議会がその期待される役割と責任を果たしていくためには、地方議会制度の改正が必要不可欠である。
 よって、国においては、現在検討されている事項を含め、とりわけ下記の事項について、今次地方制度調査会において十分審議の上、抜本的な制度改正が行われるよう強く求める。
                             記
 1 議会の招集権を議長にも付与すること
 2 地方自治法第96条第2項の法定受託事務に係る制限を廃止するなど議決権を拡大すること
 3 専決処分要件を見直すとともに、不承認の場合の首長の対応措置を義務付けること
 4 議会に附属機関の設置を可能とすること
 5 議会の内部機関の設置を自由化すること
 6 調査権・監視権を強化すること
 7 地方自治法第203条から「議会の議員」を除き、別途「公選職」という新たな分類項目に位置付けるとともに、職務遂行の対価についてもこれにふさわしい名称に改めること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
               町田市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例
 町田市乳幼児の医療費の助成に関する条例(平成5年9月町田市条例第27号)の一部を次のように改正する。
 第4条を削り、第5条を第4条とし、第6条を第5条とし、第7条を第6条とする。
 第7条の2中「第6条第1項」を「第5条第1項」に改め、同条を第7条とする。
 第8条第1項中「第5条」を「第4条」に改める。
   附 則
1 この条例は、平成18年10月1日から施行する。
2 この条例による改正後の町田市乳幼児の医療費の助成に関する条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後における療養に係る医療費の助成について適用し、施行日前に行われた療養に係る医療費の助成については、なお従前の例による。

(提案理由説明)
 本案は、乳幼児医療費助成制度において、所得制限を廃止し、すべての就学前児童を養育する者を助成の対象者とすることにより、対象者の医療費負担の軽減を図るものである。
 ────────────────────────────────────
                    町田市民病院使用条例の一部を改正する条例
 町田市民病院使用条例(昭和39年3月町田市条例第23号)の一部を次のように改正する。

              「東棟D室 4人室 1日 2,000円
 第2条第2項第2号の表中                   を
               東棟E室 4人室 無料」

「東棟4床室 無料」に改める。
  附 則
 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(提案理由説明)
 本案は、町田市民病院東棟D室において徴収している特別室料2,000円を無料とすることにより、入院患者の負担軽減を図るものである。
 ────────────────────────────────────
            構造計算書偽造問題に対する住民居住者への適切な対応と再発防止を求める意見書
 国土交通省は、去る11月17日に千葉県市川市の建築設計事務所がマンションなどの設計に必要な耐震性にかかわる構造計算書を偽造していたと発表した。
 国土交通省の調査では、偽造物件は、東京都と千葉、神奈川県を初め全国に広がっている。その建物は耐震性能が耐震基準の3割から7割程度しかなく、震度5強の地震で倒壊する危険があり、その被害も拡大している。
 このような状況を受け、国土交通省は関係自治体を集めた構造計算書偽造問題対策連絡協議会を開催し、退去希望者の相談窓口を3都県に設置することなどを決定し、その上で全てのマンションの名称を公表したところである。
 震度5強の地震は、今年各地で発生し、震災対策が緊急な課題となっている今日、今回の偽造事件は多くの人の命と財産を脅かす極めて重大な出来事であり、仮に倒壊という事態に至れば周辺住民も巻き込んだ大惨事に繋がりかねないものである。
 震災対策は、まちづくりの要であり、住民の命と財産を守る上で建築物が法令を遵守して建築される必要がある。二度とこのようなことが起こることのないよう、再発防止に早急に取り組むとともに、被害をこうむった住民対策などの総合的な対応が必要不可欠である。
 その上で、政府は12月6日、関係閣僚会議で耐震強度が偽装された分譲マンションの住民などに対する支援策を決定したが、住民にとっては従前と建て替え後のマンションと二重のローン債務を負うなど被害者である居住者の生活再建という点では不十分であると指摘せざるを得ない。
 よって、町田市議会は、政府及び東京都に対し、構造計算書偽造問題に対する徹底的な原因究明と厳正な処分を含む対応を行い、検査体制の見直しと充実強化を求めるとともに被害住民に対する相談・支援体制の創設や生活支援対策など積極的な取り組みを強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                  国民に負担増をもたらす医療制度改革に反対する意見書
 政府・与党は、12月1日、来年の通常国会に提出する予定の医療制度改革の大綱を決定した。
 主な内容は、現在会社員の扶養家族で保険料を負担していない高齢者からも新たな保険料を年金天引き方式で徴収すること。高齢者の窓口負担を現行の1〜2割から2〜3割に引き上げること。療養病床に入院している高齢者の食費と居住費を全額自己負担にすること。高額医療、人工透析患者の負担限度額引き上げなど、大綱に盛り込まれた内容は、国民に負担増をもたらし、国民の命と健康に大きな影響を与えるものである。
 大綱は、「老人医療費を中心とする医療費の増大」と「現役世代と高齢者世代の負担の不公平」を高齢者への医療費負担増の理由にしているが、日本の医療費は、経済水準に比べて決して過大ではなく、GDPに対する総医療費の割合は、日本は7.9%で、OECD加盟30カ国のうち17位で、1位のアメリカの半分である。また、高齢者の窓口負担が現役世代に比べて低く抑えられてきたのは、有病率が高いからである。高齢者への窓口負担を軽くしないと医者にかかれなくなる。
 日本医師会など38団体でつくる国民医療推進協議会は、12月3日、「国民皆保険制度を守る国民集会」を開き、高齢者の負担増や入院の食費・病床代の自己負担化などに反対する決議を上げた。
 このように、来年10月からの開始をねらう医療費の患者負担増計画に対して、高齢者が不安と怒りを感じ、多くの医療団体、関係者も強い批判の声を上げている。
 よって、国民に医療費の負担増をもたらし、病院に行けなくなるような政府・与党の医療制度改革に反対するものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                    米軍再編「中間報告」の撤回を求める意見書
 日米安全保障協議委員会(2プラス2/外交軍事担当閣僚協議機関)が発表した「日米同盟/未来のための変革と再編」と題する「中間報告」は、極めて世界と日本の平和にとって重大な内容を持っている。この共同文書では、日米の世界における共通の戦略目標として、「国際テロ」「大量破壊兵器」への対抗が掲げられた。世界のどこででも、アフガン戦争、イラク戦争のような先制攻撃の戦争が行われた際、日米が共同して軍事行動を進めることが「共通の戦略目標」とされた。また「地域における共通の目標」としてアジア太平洋地域の「不透明性や、不確実性」への対処をあげ日米が共同してこの地域での軍事的対応を行うことを宣言した。
 また米軍と自衛隊が一体になって海外での共同作戦を可能にする態勢づくりが打ち出されたことも重大である。司令部機能の統合ではキャンプ座間に米陸軍の新しい司令部を移設するとともに、陸上自衛隊の新たな戦闘司令部を設置し、首都東京にある横田基地の在日米空軍司令部と航空自衛隊の戦闘部隊を統括する司令部を併置する計画になっている。
 在日米軍基地の機能の強化、永久化が押し付けられようとしていることも、日本国民にとっては我慢のできない問題である。
 横須賀への原子力空母の配備、沖縄に海兵隊のための新基地建設、岩国への空母艦載機の移転、相模総合補給廠への自衛隊配備共同使用などいま進められている基地増強計画に共通しているのは、在日米軍の、海外への「殴りこみ」機能を一段と強化することである。在日米軍再編にかかわる費用負担を日本国民に押し付けようとする企てが進んでいることも重大である。
 この共同文書の具体化のために、政府は関係自治体への説明を行っているが、説明を受けた首長のほとんどは反対を表明し、住民の多くは反対の運動を繰り広げている。町田の近隣市の市長は、「命をかけても反対する。」と述べている。政府はこれに反して強権的手法で、日米合意を押し付けようとしている。政府の決定に黙って従えというのは、民主政治ではない。関係自治体、周辺住民の意向が尊重されるべきである。
 しかも、この問題は、関係自治体や周辺住民だけの問題ではない。「日米同盟の変革と再編」の名で行われている地球的規模での海外派兵態勢づくりのエスカレーション、在日米軍基地強化・永久化の企ては、日本の平和と安全を願うならば、当然許されないものである。
 よって、日本政府がアメリカ政府との間で合意した米軍再編「中間報告」を撤回し、米軍基地国家日本からの脱却を目指す取り組みを進めることを強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
        第3期事業計画における介護保険料の負担を抑制するため国庫負担割合の引き上げを求める意見書
 当市を初め、全国の地方自治体は現在、来年4月からの第3期介護保険事業計画の策定を進めている。その中では、65歳以上の高齢者の介護保険料(第1号保険料)を大幅に値上げすることが検討されている。
 介護保険料は現在でも「高すぎる」「なぜ年金から強制的に天引きするのか」などの苦情や意見が多数寄せられており、これ以上の値上げは、被保険者、とりわけ低所得者の理解を得ることが難しくなっている。
そもそも、介護保険料が高い最大の理由は、介護保険制度が始まったときに、それまでは介護にかかる費用のうち50%を負担していた国が、25%まで負担割合を引き下げたことにある。
 この25%の国の負担割合のうち5%は、後期高齢者の比率が高い区市町村などに重点的に配分される調整交付金である。全国市長会(全国町村会)は、この調整交付金を別枠にし、すべての区市長村に最低でも25%が交付されるよう繰り返し要望している。国の負担を5%引き上げれば、約3,000億円の財源が確保され、来年4月からの第1号保険料の値上げを据え置くことができる。
 したがって、町田市議会は、介護給付費に対する国の負担割合を緊急に30%に引き上げることを求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                保育所および学童クラブ運営費都加算補助の存続を求める意見書
 東京都は、市長会、町村長会に対し、認可保育所運営費の都加算補助(零歳児保育特別対策事業、11時間開所保育対策事業、障害児保育対策事業、一般保育対策事業、延長保育対策事業、産休代替等職員費補助)、及び学童クラブ運営費の都加算補助に加え、子育てひろば事業A型などの13事業を、来年度に廃止し、子育て推進交付金(仮称)に「再構築」することを提案している、都福祉保健局の来年度予算要求にも、この内容が盛り込まれた。
 しかし、認可保育所の都加算補助は、余りにも不十分な国基準を補い、東京都において望ましい保育水準を確保するため、現場の要望に基づき、長年にわたり一歩一歩積み上げてきたものにほかならない。その内容を見ても、ゼロ歳児保育のための保健師(または看護師、助産師)配置や、離乳食を初め質の高い給食を提供するための調理員の増配置、延長保育等の保育士増配置、3歳以上児の完全給食のための主食費補助など、いずれも根拠が明確で、保育内容の充実に直結しており、子どもたちの豊かな成長・発達を保障するためになくてはならないものである。
 学童クラブの都加算補助も、不十分な国の補助を補い、東京都において望ましい学童保育の水準を確保するために、都が必要性を認めて実施してきたものである。
 これらの都加算補助によってつくりあげてきた東京の保育水準を維持するのは、東京都の責務である。ところが、都加算補助を廃止して包括的な交付金にかえ、都加算の対象経費や単価の基準をなくすということは、都の責務を放棄するものと言わねばならない。自治体間格差は拡大し、保育の現場に大きな混乱を招くことは明らかである。
 また、都の提案では、新たに創設する交付金の総額は、13事業の04年度決算または05年度予算の総額に据え置くとされており、保育所と学童クラブ入所児童の規模増は考慮するというものの、経費のかかるゼロ歳児保育や延長保育、障がい児保育、さらには、すべての家庭を対象とした子育て支援事業を、延ばせば延ばすほど、市町村は財源不足に陥ることが避けられない。その上、積算の根拠も目的も不明確な交付金では、都の財政事情や政策判断により、いかようにも削減・縮小可能なものとなってしまう。
 都は、すべての家庭に対する子育て支援を充実するというが、そのためには都加算補助の「再構築」ではなく、独自の新たな財源措置を行うことこそ必要である。
 よって、町田市議会は、東京都に対し、認可保育所および学童クラブの都加算補助事業を維持し、都加算の対象経費及び単価の基準を堅持することを、強く要請するものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
           公団家賃の値上げ見合わせ、居住の安全を図り、国会決議の全面実現を求める意見書
 日本住宅公団以来50年継続された「公団」は平成16年6月30日に廃止され、公団住宅の管理は平成16年7月1日より、独立行政法人「都市再生機構」へ引き継がれた。
 都市再生機構は、継続居住者の家賃について「3年ごとの見直し、近傍同種の家賃の額と均衡を失しないように定める」とし、平成18年4月1日から実施するため家賃の改定作業を進めている。
 山崎団地では周辺に民間賃貸集合住宅はない、近傍同種とは、団地内で募集するリニューアルを施した空き家家賃と思われるが、社会常識では、築37年の老朽化に伴い減価償却も含め家賃料は安くなるのが必然である。
 今、山崎の空き家家賃は2DK=50,800円〜59,700円・3DK=69,100円〜73,200円で募集され、新たな不均衡を生み出す機構の政策家賃である、今年度実施した「団地の生活と住まいアンケート」では60歳以上の世帯主が「63%」、その内58%が年金生活者である。全体の集計で、家賃が「大変重い」と「やや重い」を合わせると66.7%の世帯が家賃への負担感を訴えている。
 平成15年の通常国会で「都市再生機構法」を可決した際に、衆・参両院の国土交通委員会は、全会派一致による附帯決議を行い「居住者の居住の安定を図ることを政策目標として明確に定めること」「賃貸住宅の家賃の設定及び変更に当たっては、居住者にとって過大な負担とならないように、家賃制度や家賃改定ルールに対する十分な配慮に努めること。特に低所得、高齢者等に対する家賃の減免等については居住者が安心して住み続けることができるように十分配慮すること」を決議している。
 今回もし家賃値上げが行われると、家賃が一層過大な負担となり、居住の安定と生活の不安を増大することとなる。
 山崎団地・鶴川団地・藤の台団地・成瀬駅前ハイツ居住者の生活実態から見て、高齢化が進み、年金生活者の増大と相まって、子育て世代にとっても、日々の暮らしは大変厳しく、家賃値上げは家計を直撃します。私たちの生活実態と「国会決議の趣旨」に照らして、値上げ実施を見合わせるよう、切に要望している。
 よって、町田市議会は以下の3点について意見書を提出する。
                              記
1.団地居住者の生活実態を見ても、来年4月に予定されている家賃改定に際し継続家賃の値上げは見合わせること。
2.低所得高齢者等への家賃減免措置を拡充し、子育て世代に居住支援策を講ずること。
3.独立行政法人都市再生機構は、衆・参両院の附帯決議を遵守し、高齢化と収入低下が厳しい居住者の生活安定を図るための万全の措置を講じること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
             ネット掲示板の「議会及び議員を冒涜する」掲載に対し、善処を求める決議
 ネット掲示板の「みなみおおさわご芳名録!」(http://www02.so-net.ne.jp/ ̄m_suda/cgibin/bbs-ex/bbs.cgi)と言うサイトの中にある「町田市包装容器プラ分別処理施設問題(part10)」(http://sbsm.hp.infoseek.co.jp/sub090/p_recycle10.htm)の記事中、2005年12月9日付けの書き込み記事で、議会と議員の立場を冒涜するものがあり、今もって放置されている。
 この記事は、記事を書いた人物が特定議員に「市長の裏工作について問いかけをした」ことの回答として、それを転載した形だとしています。そこには、多数の議員名が書かれており、その政治スタンスなどが個別に表記されています。しかも、そのスタンスが外部圧力で変更するかのような虚構が書かれており、それらの議員の実名を挙げ、真摯な議論を行う議員と議会に対して、それを冒涜する論調で書かれている。
 もとより、政治家がどのように論評されようと、それは言論の自由の範囲に属するが、それはあくまで事実に基づいての発言であるべきである。町田市議会の議員は誰一人、外部圧力でその政治スタンスを変えることはなく、あくまで自分の考えと、議論の結果に従ってその結論を出している。
 されに、上記の特定議員は、「私の文章ではない」と話している。だとするならば、このネット記事に書かれていることは、ねつ造によって、複数の当該議員に悪評を立て、その名誉を陥れようとするものであり、議会として看過できない重要事態である。
 管理人は、この議会の意思をくみ取り、早々に善処されたい。
 以上、決議する。