議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 町田市

平成17年 9月定例会(第3回)−10月12日-付録




平成17年 9月定例会(第3回)

平成17年(2005年)第3回町田市議会定例会日程
※8月31日(水)告示 議案配付 議会運営委員会
※9月2日(金)正午 一般質問通告締切
※9月5日(月)午後5時 請願・陳情受付締切
┌───┬───┬───┬────────────────────────────────┬─────────────┐
│月  │日  │曜日 │摘            要                  │備    考       │
├───┼───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│9  │7  │水  │本会議(提案理由説明)・議会運営委員会             │             │
│   │   │   │新庁舎建設等に関する調査特別委員会               │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │8  │木  │議案説明会・全員協議会                     │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │9  │金  │議案調査                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │10 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │11 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │12 │月  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │質疑通告締切       │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │13 │火  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │14 │水  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │15 │木  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │16 │金  │本会議(質疑)・議会運営委員会・決算特別委員会         │議員提出議案提出締切   │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │17 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │18 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │19 │月  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │20 │火  │企画総務常任委員会・保健福祉常任委員会・都市環境常任委員会   │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │21 │水  │文教生活常任委員会・都市環境常任委員会             │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │22 │木  │新庁舎建設等に関する調査特別委員会               │             │
│   │   │   │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │23 │金  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │24 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │25 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │26 │月  │決算特別委員会                         │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │27 │火  │決算特別委員会                         │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │28 │水  │決算特別委員会                         │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │29 │木  │決算特別委員会                         │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │30 │金  │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │1  │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │2  │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │3  │月  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │4  │火  │議事整理                            │即決請願・委員会提出の議 │
│   │   │   │                                │員提出議案提出締切    │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
└───┴───┴───┴────────────────────────────────┴─────────────┘
┌───┬───┬───┬────────────────────────────────┬─────────────┐
│月  │日  │曜日 │摘            要                  │備    考       │
├───┼───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │5  │水  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │6  │木  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │7  │金  │決算特別委員会                         │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │8  │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │9  │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │10 │月  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │11 │火  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │12 │水  │本会議(表決)・議会運営委員会                 │             │
└───┴───┴───┴────────────────────────────────┴─────────────┘
                平成17年(2005年)第3回定例会議案一覧表

●議員提出議案
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│22   │町田市市税条例の一部を改正する条例              │9.7  │省  略 │9.7  │原案可決 │
│     │                               │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│23   │町田市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正す │9.16  │9.16  │10.12  │継続審査 │
│     │る条例                            │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│24   │葬儀場建設に対する法的規制の拡充を求める意見書        │10.12  │省  略 │〃    │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│25   │公職選挙法の早期改正を求める意見書              │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│26   │憲法9条改定に反対する意見書                 │〃    │〃    │〃    │否  決 │
│     │                               │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│27   │郵政民営化法案の再提出に反対する意見書            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│28   │庶民大増税、消費税増税に反対する意見書            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│29   │応益負担を導入する障害者自立支援法案の再提出に反対する意見書 │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│30   │日本外交のゆきづまりを打開し、アジア近隣諸国との平和関係構築 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │の努力を求める意見書                     │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│31   │キャンプ座間へのアメリカ陸軍第1軍団司令部等移転計画に関する │〃    │〃    │〃    │原案可決 │
│     │意見書                            │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│32   │義務教育費国庫負担制度を堅持することを求める意見書      │〃    │〃    │〃    │〃    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●市長提出議案
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│90   │平成17年度(2005年度)町田市一般会計補正予算(第2号)      │9.7  │9.16  │10.12  │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│91   │平成17年度(2005年度)町田市国民健康保険事業会計補正予算(第1号 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │)                               │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│92   │平成17年度(2005年度)町田市下水道事業会計補正予算(第3号)   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│93   │平成17年度(2005年度)町田市忠生土地区画整理事業会計補正予算(第 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │1号)                             │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│94   │平成17年度(2005年度)町田市駐車場事業会計補正予算(第2号)   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│95   │平成17年度(2005年度)町田市老人保健医療事業会計補正予算(第1号 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │)                               │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│96   │平成17年度(2005年度)町田市鶴川駅北土地区画整理事業会計補正予 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │算(第1号)                          │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│97   │平成17年度(2005年度)町田市介護保険事業会計補正予算(第1号)  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│98   │町田市手数料条例の一部を改正する条例             │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│99   │町田市個人情報保護条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│100  │町田市情報公開条例の一部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│101  │町田市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例        │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│102  │町田市学童保育クラブ設置条例の一部を改正する条例       │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│103  │町田市商店街の活性化に関する条例               │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│104  │町田市ふるさと農具館条例の全部を改正する条例         │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│105  │町田市七国山ファーマーズセンター条例の全部を改正する条例   │〃    │〃    │〃    │〃    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│106  │町田市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部 │9.7  │9.16  │10.12  │原案可決 │
│     │を改正する条例                        │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│107  │町田市特別工業地区建築条例の一部を改正する条例        │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│108  │町田市斜面地における建築物の建築の制限に関する条例      │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│109  │町田市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │に関する条例の一部を改正する条例               │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│110  │町田市立学校施設の開放に関する条例              │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│111  │東京市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約        │〃    │省  略 │9.7  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│112  │平成16年(ワ)第2号損害賠償請求事件の和解について      │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│113  │平成16年(ワ)第19199号損害賠償請求事件の和解について  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│114  │市道路線の認定について                    │〃    │9.16  │10.12  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│115  │市道路線の廃止について                    │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│116  │市道路線の変更について                    │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│117  │町田市情報公開・個人情報保護審査会委員の委嘱につき同意方につ │9.16  │省  略 │9.16  │〃    │
│     │いて                             │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│認定1  │平成16年度(2004年度)町田市一般会計・各特別会計決算認定につい │9.7  │9.16  │10.12  │認  定 │
│     │て                              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│認定2  │平成16年度(2004年度)町田市病院事業会計決算認定について    │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│報告6  │清掃事業部車両による交通事故に係る損害賠償額の専決処分の承認 │〃    │省  略 │9.7  │承  認 │
│     │を求めることについて                     │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│報告7  │平成17年度(2005年度)町田市一般会計補正予算(専決第1号)に関する │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │専決処分の承認を求めることについて              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│報告8  │生涯学習部図書館車両による物損事故に係る損害賠償額の専決処分 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │の承認を求めることについて                  │     │     │     │     │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●請   願
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│請願番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│6    │野津田公園に「きつねはらっぱ冒険遊び」の存続を願う請願    │3.7  │3.11  │10.12  │採  択 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│8    │町田市におけるワンルームマンション建設に対する条例制定の請願 │6.3  │6.15  │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│9    │学童保育クラブに4年生以上の児童の受け入れを求める請願    │6.6  │〃    │〃    │継続審査 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│10   │学校選択制を希望するバス通学生への「通学費補助金」対象拡大を │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │求める請願                          │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│12   │南つくし野3丁目すずかけ台駅前マンション建設に関し、「南つく │9.5  │9.16  │〃    │採択   │
│     │し野環境維持に伴う地元住民等との協調についての覚書」が履行さ │     │     │     │     │
│     │れることを求める請願                     │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│13   │町田市営共同霊園の造成を求める請願              │〃    │〃    │〃    │不採択  │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│14   │義務教育の土台を守り、教育の機会均等を保障する義務教育費国庫 │〃    │省  略 │9.16  │採択   │
│     │負担制度の堅持を求める請願                  │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│15   │雨水対策を講ずるよう求める請願                │〃    │9.16  │10.12  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│16   │葬儀場建設に対する条例等の制定や行政指導の請願        │〃    │〃    │〃    │継続審査 │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

議員提出議案の内容
                      町田市市税条例の一部を改正する条例
 町田市市税条例(昭和36年12月町田市条例第23号)の一部を次のように改正する。
 附則第18条中「平成17年度」を「平成20年度」に改める。
   附 則
 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(提案理由説明)
 本案は、従来より実施している都市計画税の税率の軽減措置を延長することにより、納税者の税負担の軽減を図るものである。
 ────────────────────────────────────
              町田市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 町田市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和33年4月町田市条例第20号)の一部を次のように改正する。
 第5条第2項中「、日当」を削る。
   附 則
 この条例は、公布の日から施行する。

(提案理由説明)
 本案は、町田市議会議員の出張に支給されている「日当」を廃止することにより、議会改革の更なる推進を図るものである。
 ────────────────────────────────────
                   葬儀場建設に対する法的規制の拡充を求める意見書
 住宅環境の変化により自宅での葬儀が減り、町内会自治会の集会施設や民間葬祭場を利用しての葬儀が増えている今般「セレモニーホール」と称した葬儀場建設が多くなっている。
 火葬場の建設と違い、葬儀場の建設には、建築条件や近隣住民に配慮した法的規制が少ないため、葬儀場を建設する事業者は、自由に場所を選択し、建設を前提とした近隣住民との条件交渉を説明会と位置づけ、より有利な建築・営業計画の下に各所に建設されている現状がある。
 特に、学校等文教施設の周辺や近隣住民の生活環境に著しい影響をおよぼす恐れのある建設場所であっても、建築基準法上の用途地域が第2種中高層住居専用地域であれば可能な状態であり、最近では、事業者と近隣住民との間でトラブルに発展しているケースが多く見受けられる。
 少子高齢化や社会習慣からすれば、葬儀場の必要性は認識する。しかし、建築基準法の用途地域の指定による規制以外、比較的自由に葬儀場を建設できるようになっている現在の法律・制度では、その見直し・改善の必要性を強く感じるものである。
 よって、町田市議会は、葬儀場建設に際しては、学校施設隣接地や周辺住民の生活環境に著しい影響を与える恐れのある場所については、一定の法的規制を設けるなど、法律・制度の見直し・拡充を強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                      公職選挙法の早期改正を求める意見書
 2005年9月14日最高裁大法廷は海外在住日本人が国政選挙の選挙区で投票が認められていないことの違法確認を求める裁判の判決で「選挙権を制限する公職選挙法の規定は憲法に違反する」との判断を示した。そのうえで「選挙権を認める法律を作らなかったのは違法」との国会の「立法不作為」も指摘した。
 このことは2002年11月筋委縮性側索硬化症(ALS)の患者が国を訴えた裁判で、東京地裁が「原告らが選挙権を行使できるような投票制度が設けられていなかったことは、憲法に違反する状態であった」と指摘した判決をきっかけに、郵便投票での代筆を認める「代理記載制度」導入などを盛りこんだ公職選挙法改正案が2003年7月に成立したことを思い出させる。
 この改正により特定の「障害」者と要介護5の在宅高齢者も対象者となり、これらによって新たに25万人が郵便投票を利用できるようになった。
 今回の最高裁判決により公職選挙法が改正されれば、今後新たに在外邦人約70万人が選挙区での投票ができると見込まれる。
 よって、町田市議会はこうしたことから早急に以下の事項についての改正を求めるものである。
                              記
1.在外邦人が国政選挙区選挙の投票ができるようにすること及び、現在申請から約2ヶ月かかる申請手続きの期間短縮を図ること。
1.海外においても、無論国内においても選挙に関わる情報をリアルタイムに収集できるよう選挙期間中のホームページの更新や電子メールの利用を可能にすること。
1.郵便投票制度の対象者を拡充し、妊娠中又は出産後など諸事情により外出がままならない女性の利用を可能にすること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                       憲法9条改定に反対する意見書
 今年は、戦後60年という節目の年である。多くの日本国民は、2千万人のアジアの人びと、310万人の日本国民に犠牲を強いた侵略戦争の終結から60年を経過したいま、わが国があの悲惨な戦争の発火点となった歴史を直視し、再び侵略の矛先をアジア諸国に向けない、アジアの一員として、アジア諸国の平和と友好に力を尽くすことを決意して定めた憲法の平和的民主的原則の意義をかみしめている。
 今日、重大なことは、歴史を歪曲してあの戦争を「正義の戦争」であったかのように美化する勢力が、憲法改定の動きを強めていることである。
 今日の改憲策動の最大のねらいは、わが国憲法の原則中の原則というべき憲法9条を改変して、わが国を「海外で戦争をする国」につくりかえることにある。9条改定を執拗に求めているのは、自分の気に入らない国を軍事力で押さえ込む「先制攻撃戦略」を掲げるブッシュ米政権である。9条改変を許せば、わが国をアメリカの軍事戦略につき従って、アジアをはじめ地球上のどこにでも出かけて「戦争をする国」にしてしまうことになる。
 憲法9条は、わが国が、侵略戦争への反省と痛苦の教訓に立って国際社会に向けて発した「国際公約」というべきものである。いま国際社会では、イラク戦争のような無法な侵略戦争を許さず、国際紛争を粘り強い話し合いで解決するという、わが国の憲法9条が先駆的に指し示した方向への新しい胎動が始まっている。このときに、わが国が憲法9条を改変することは、「戦争のない世界」をめざす世界の大勢に対する重大な挑戦となる。
 また、憲法9条を改変するということは、海外で「戦争をする国」にするため、それにふさわしい国内体制、つまり戦争に国民を動員する体制が必要になり、憲法9条の改変は、必然的に、人権と民主主義の条項の後退・変質・侵害につながってくる。
 よって、世界とアジア、日本の平和、それに日本国民の人権と民主主義のため、日本国民が世界に誇る「平和の宝」である憲法9条を改定することがないよう強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                     郵政民営化法案の再提出に反対する意見書
 小泉首相は、総選挙の結果をもって、郵政民営化法案に国民の圧倒的支持があったかのように言っている。しかし、首相は、選挙の初めから終わりまで国民に真実を語らなかった。郵政公社が独立採算で一円の税金も投入されていないことや、公社のままなら黒字が続くのに、民営化したら赤字に転落することを隠し通し、なぜ郵政事業を民営化する必要があるのかの、最も根本的な問題について国民に納得できる説明を行っていない。
 郵便局は貯金や年金の受け取りなど国民生活に不可欠なサービスを、全国あまねく提供している。また、休日でもATMの手数料がかからないなど、民間では絶対やらない現在の郵便局サービスを多くの国民が評価している。有効に機能しているシステムを解体し、なぜ民営化する必要があるのか。
 小泉首相が「郵政民営化」にこだわるのは、「民営化」が日米の銀行や保険会社など大企業、財界からの要求であり、国民の大切な生活資金である郵貯・簡保を、リスクのある投機的運用へと道を開くものに他ならない。
 郵政民営化は国民にとって「百害あって一利なし」であり、これが国会で否決されたのは、国民世論の反映である。
 よって、特別国会での郵政民営化法案の再提出には、強く反対するものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                     庶民大増税、消費税増税に反対する意見書
 政府税制調査会は、総額12兆円にのぼるサラリーマン大増税と、消費税率2ケタ化の計画を打ち出している。この間、医療費の大幅改悪、年金改悪、介護保険改悪など社会保障の連続改悪により、国民生活は大打撃を与えられている。さらに追い討ちをかけるのが所得税、住民税の増税計画と、消費税増税である。「給与所得控除の縮小」「配偶者控除」「扶養控除」「特定扶養控除」の廃止は働き盛りのサラリーマンを直撃する。定率減税は、来年1月から所得税、6月から住民税の縮小で増税となる。
 例えば年収500万円、4人家族の世帯の場合、各種控除の廃止、定率減税の廃止で42万円の増税となり、その上、消費税10%になれば、合計55万円の増税となる。手取り二ヵ月分が消し飛んでしまうことになり、大変な増税といわなければならない。この増税計画は、所得の低い人ほど負担が重くなり、各種控除の廃止で年収300万なら33.1倍、500万なら3.6倍、1000万なら2倍、5000万なら1.11倍の増税となる。各種控除の廃止はこのように課税最低限が生活保護基準の半分以下になってしまい、「生計費非課税」の原則を完全に崩壊させ、所得の低い人ほど重い税負担となり、消費税が現在の5%から2ケタ台になれば、さらに負担増は際限がなくなってしまう。
 その一方で、空前の利益をあげる大企業への法人税減税、株式配当などでもうける大金持ちへの税制優遇は進められており、大企業の余剰資金は82兆円にものぼっている。大企業に応分の負担を求めるべきである。
 よって、庶民増税、消費税増税計画は中止し、国民の暮らしを支える社会保障の充実こそが求められる。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
               応益負担を導入する障害者自立支援法案の再提出に反対する意見書
 障がい者団体や関係者から不安と懸念、そして批判の声があげられていた障害者自立支援法案は、審議未了で廃案になった。ところが、政府は再び再提出をもくろんでいる。
 この法案の問題は、障がい者の福祉サービスの利用者負担を定率負担にしようとしていることについてである。現在の障害者支援費制度では、利用者の負担は所得に応じた「応能負担」となっている。法案は、これを、介護保険と同じように、かかった費用の原則1割を負担する「応益負担」に変更するとしている。施設を利用した場合は、食費や光熱費などのいわゆるホテルコストも自己負担となる。
 厚生労働省の試算でも平均的な負担増は、ホームヘルプサービスが4倍、通所施設は19倍にもなり、心臓病や人工透析などの治療および精神障がい者の通院費用の自己負担も大幅に増やされようとしている。大変な負担増といわなくてはならない。
 さらに法案が、障がい者本人が無収入でも、家族に収入があれば負担が上がる「世帯所得」の仕組みを導入しようとしていることも重大である。
 政府は低所得者対策として負担上限額を定めるとしているが、その額は収入の2〜3割にも達するというもので、とても「対策」と呼べるものではない。
 そもそも障がい者の福祉サービスの利用は「益を受けるためではなく、当たり前の暮らしをするために最低限度必要なもの」であり、「応益負担」という考え方にはなじまない。
 よって、町田市議会は、応益負担導入の障害者自立支援法案の再提出に強く反対するものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
          日本外交のゆきづまりを打開し、アジア近隣諸国との平和関係構築の努力を求める意見書
 日本外交のゆきづまりが深刻である。中国との関係、あるいは韓国との関係が特に際立っているが、そこだけにとどまるものではない。問題は、アジア諸国全体に広がっている。
 今年は、第2次世界大戦が終わって60年の記念の年である。全世界が、あの戦争の戦勝国も戦敗国も、あのような戦争を2度と繰り返さないという同じ気持ちで、平和の未来に向かってこの年を迎えたといってよい。
 この世界の流れのなかで、ただ一つ日本だけは、過去の日本の戦争に対して国際社会が下した審判を、「戦勝国の勝手な結論」だといって、日本の戦争の「名誉回復」を要求する声が、政治の世界でも、マスコミなどの世界でも、子どもたちの教育の世界でも、大手を振って横行している。
 いま問われているのは、この異常な事態に対する日本の政府の責任、あるいは日本の政治の責任である。ここに、近隣諸国とのいろいろな矛盾を噴き出させた、日本外交のゆきづまりの大もとの原因がある。
 小泉内閣は、靖国神社への首相の公式参拝の問題でも、「歴史教科書」の問題でも、自らの「反省」の見解とは反対に、あの侵略戦争と植民地支配が「正しかった」とする立場と受け取られる行動をしている。これは、日本から、今日の世界に生きる道を失わせる致命的な誤りである。
 日本はアジアの一員である。アジア諸国との友好・連帯の関係を抜きにして、日本の前途を開くことはできない。その日本の政治が、中国を初め、アジア諸国に対する侵略の歴史、植民地化の歴史から目をそらすような態度をとったままでは、アジアとの連帯・友好を発展させることはできない。仮に相手の国の態度にさまざまな問題があったとしても、そのことを理由にして、過去の戦争と植民地支配の歴史に正面から向き合うことを回避することはできないのである。
 よって、政府及び国会が、日本の侵略戦争と植民地支配の歴史の反省のうえにたって、アジア近隣諸国との関係と交流を深め、ゆきづまりを打開し、アジア外交で平和関係構築の努力を強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
              キャンプ座間へのアメリカ陸軍第1軍団司令部等移転計画に関する意見書
 本年6月に日米防衛首脳会談が開催され、在日アメリカ軍再編問題についての話し合いが行われた。この会談ではアメリカワシントン州にある陸軍第1軍団司令部等が町田市に隣接する相模原市・座間市にある「キャンプ座間」に移転する内容が含まれ、さらに沖縄海兵隊、在日アメリカ軍司令部の移転も協議されており、この移転問題を含む再偏問題は、年内にまとめられると報道されている。
 すでに、相模原、綾瀬、大和、座間各市議会等では移転反対の意思を表明しているが、神奈川県に隣接している町田市にとっても厚木基地でのNLPの爆音問題や小山町に近接する相模総合補給廠問題などと同じように大変重大な問題である。
 町田市はこれまで、神奈川県や神奈川県下の自治体とともに早期の基地返還などを求め、共同した取り組みを進めて来ているが、今回の移転問題はこうした取り組みとまったく逆の方向に進む恐れがある。
 よって、町田市議会は基地機能の強化、基地の恒久化につながる恐れのあるアメリカ陸軍第1軍団司令部等の「キャンプ座間」への移転に反対するとともに、アメリカ政府に対して移転することがないように強く働きかけを行うよう求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
        義務教育費国庫負担制度を堅持することを求める意見書
 少年事件が相次ぎ、いじめ・不登校・「学校崩壊」などの子どもと教育をめぐる事態は深刻である。また、長引く不況の下で家計に影響が及び、子どもたちの就学困難が急速に広がるなど、学校教育は困難に直面している。
 義務教育費の国庫負担、とりわけ教職員の給与の半額国庫負担制度は「国が必要な経費を負担することにより、教育の機会均等とその水準の維持向上とを図る」(義務教育費国庫負担法第1条)ための重要な柱となっている。しかし、政府・旧大蔵省は1984年以来、義務教育費国庫負担制度を「行政改革」の対象とし、この間、教材費、旅費、恩給費、共済追加費用を削減してきた。
 2003年度・2004年度文部科学省予算では、義務教育費国庫負担金のうち、共済費(年金積立金)、公務災害補償基金国庫負担金、退職手当、児童手当等、総額5千億円もの負担金が削減され、地方自治体に財政責任を転嫁してきた。2004年度からは、総額裁量制が導入され、さらに、2005年度には「三位一体改革」によって、義務教育費国庫負担金4,250億円が削減され、使途を定めない「税源移譲予定特例交付金」として、地方に配分された。このことは、教職員配置の不安定化にもつながる。
 今日、教育課題が山積するなか、教職員がゆとりをもって一人ひとりの子どもたちと十分ふれあえるようにするためには教育条件整備こそが求められている。「一般財源化」では、自治体の厳しい財政事情や自治体の政策による定数等の削減により、義務教育の質の低下は避けられない。義務教育の土台を守り教育の機会均等を保障するためには、義務教育費国庫負担制度を堅持することがどうしても必要である。
 よって、町田市議会は2006年度の予算編成にあたり、下記事項を実現するよう強く要望するものである。
                              記
1.義務教育費国庫負担制度を存続させること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。