議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 町田市

平成17年 6月定例会(第2回)−06月27日-付録




平成17年 6月定例会(第2回)

平成17年(2005年)第2回町田市議会定例会日程
※5月30日(月)告示 議案配付 議会運営委員会
※6月1日(水)正午 一般質問通告締切
┌───┬───┬───┬────────────────────────────────┬─────────────┐
│月  │日  │曜日 │摘            要                  │備    考       │
├───┼───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│6  │6  │月  │本会議(提案理由説明)・議会運営委員会             │請願・陳情受付締切午後5 │
│   │   │   │                                │時            │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │7  │火  │議案説明会                           │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │8  │水  │議案調査                            │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │9  │木  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │質疑通告締切       │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │10 │金  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │11 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │12 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │13 │月  │本会議(一般質問)                       │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │14 │火  │本会議(一般質問)・議会運営委員会               │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │15 │水  │本会議(質疑)・議会運営委員会                 │議員提出議案提出締切   │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │16 │木  │文教生活常任委員会・都市環境常任委員会             │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │17 │金  │企画総務常任委員会・保健福祉常任委員会             │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │18 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │19 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │20 │月  │新庁舎建設等に関する調査特別委員会               │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │21 │火  │議事整理                            │即決請願・委員会提出の議 │
│   │   │   │                                │員            │
│   │   │   │                                │提出議案提出締切     │
│   │   │   │                                │午後零時50分       │
│   │   │   │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │22 │水  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │23 │木  │議事整理                            │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │24 │金  │議事整理                            │             │
│   │   │   │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │25 │土  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │26 │日  │                                │             │
│   ├───┼───┼────────────────────────────────┼─────────────┤
│   │27 │月  │本会議(表決)・議会運営委員会                 │             │
└───┴───┴───┴────────────────────────────────┴─────────────┘
                平成17年(2005年)第2回定例会議案一覧表

●議員提出議案
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│15   │日本船舶振興会への交付金の軽減等に関する意見書        │6.27  │省  略 │6.27  │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│16   │地方議会制度の充実強化に関する意見書             │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│17   │小泉首相をはじめ政府閣僚の靖国神社参拝の中止を求める意見書  │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│18   │シルバーパス利用者の急激な負担増を抑制する対策の実施を求める │〃    │〃    │〃    │否  決 │
│     │意見書                            │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│19   │地方分権の理念に反する「新地方行革指針」の一方的押し付けに反 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │対し、「指針」の撤回を求める意見書              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│20   │障がい者福祉サービスへの「応益負担」導入に反対し、障害者自立 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │支援法案の慎重審議を求める意見書               │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│21   │人権擁護法案の廃案を求める意見書               │〃    │〃    │〃    │〃    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●市長提出議案
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│55   │平成17年度(2005年度)町田市一般会計補正予算(第1号)      │6.6  │6.15  │6.27  │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│56   │平成17年度(2005年度)町田市下水道事業会計補正予算(第1号)   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│57   │平成17年度(2005年度)町田市駐車場事業会計補正予算(第1号)   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│58   │町田市民ホール条例の全部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│59   │町田市大賀藕絲館条例の一部を改正する条例           │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│60   │町田市通所療育施設条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│61   │町田市精神障がい者地域生活支援センター条例の一部を改正する条 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │例                              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│62   │町田市フォトサロン条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│63   │町田市高齢者福祉センター条例の一部を改正する条例       │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│64   │町田市わくわくプラザ条例の一部を改正する条例         │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│65   │町田市在宅介護支援センター条例の一部を改正する条例      │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│66   │町田市急患センター条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│67   │町田市学童保育クラブ設置条例の一部を改正する条例       │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│68   │町田市立保育園設置条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│69   │町田市立保育園における特別保育の実施に関する条例の一部を改正 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │する条例                           │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│70   │町田市市民農園条例の一部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│71   │町田市原町田一丁目自動車駐車場に関する条例の一部を改正する条 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │例                              │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│72   │町田市自転車駐車場条例の一部を改正する条例          │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│73   │町田市体育施設条例の全部を改正する条例            │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│74   │町田市立学校施設使用条例の一部を改正する条例         │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│75   │町田市自然休暇村条例の全部を改正する条例           │〃    │〃    │〃    │〃    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号 │件          名                   │上程月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│76   │町田市文化財保護条例の一部を改正する条例           │6.6  │6.15  │6.27  │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│77   │OA整備用パソコンの購入について               │〃    │省  略 │6.6  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│78   │消防用車両の購入について                   │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│79   │忠生中学校校舎改造及び耐震補強工事(1年度)請負契約について   │〃    │6.15  │6.27  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│80   │町田市公共下水道事業(平成17年度から平成19年度までの事業の一部 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │)に関する業務委託契約について                 │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│81   │町田市公共下水道根幹的施設(成瀬クリーンセンター)の建設工事委 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │託に関する協定(その4)について                 │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│82   │町田市公共下水道根幹的施設(鶴見川クリーンセンター)の建設工事 │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │委託に関する協定について                   │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│83   │デイサービスあいはらの指定管理者の指定について        │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│84   │町田市収入役の選任につき同意方について            │〃    │省  略 │6.6  │同  意 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│85   │町田市監査委員の選任につき同意方について           │〃    │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│86   │権利の放棄について                      │6.15  │〃    │6.15  │原案可決 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│87   │町田市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例   │〃    │6.15  │6.27  │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│報告5  │建設部車両による交通事故に係る損害賠償額の専決処分の承認を求 │6.6  │省  略 │6.6  │承  認 │
│     │めることについて                       │     │     │     │     │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●請   願
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│請願番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│2    │学童保育クラブに通う子ども達が、継続的に安心して安全に通える │3.7  │3.11  │6.27  │採  択 │
│     │ような学童運営を求める請願                  │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│6    │野津田公園に「きつねはらっぱ冒険遊び」の存続を願う請願    │〃    │〃    │〃    │継続審査 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│8    │町田市におけるワンルームマンション建設に対する条例制定の請願 │6.3  │6.15  │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│9    │学童保育クラブに4年生以上の児童の受け入れを求める請願    │6.6  │〃    │〃    │〃    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│10   │学校選択制を希望するバス通学生への「通学費補助金」対象拡大を │〃    │〃    │〃    │〃    │
│     │求める請願                          │     │     │     │     │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│11   │学校教育環境の充実をはかる為の町田市立学校教職員車通勤禁止の │〃    │〃    │〃    │採  択 │
│     │見直しと制度整備に関する請願                 │     │     │     │     │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

●陳  情
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│陳情番号 │件          名                   │受理月日 │付託月日 │議決月日 │結  果 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│2    │学童保育クラブへの入会制限問題にたいする陳情書        │6.6  │―    │―    │保健福祉 │
│     │                               │     │     │     │常任委員会│
│     │                               │     │     │     │参考送付 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│3    │障害者自立支援法に関する陳情書                │6.15  │―    │―    │〃    │
│     │                               │     │     │     │     │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘


議員提出議案の内容
                   日本船舶振興会への交付金の軽減等に関する意見書
 モーターボート競走法は、昭和26年6月18日法律第242号公布、施行された。この法律の趣旨は海事思想の普及と地方自治体財政の改善に寄与することにある。ちなみに東京都六市競艇事業組合の15年度決算における競艇事業収入230億5490万円に対して、日本船舶振興会交付金は7億4476万円、競走会への交付金が2億9515万円、公営企業金融公庫納付金は1億8035万円であり、一方、一般会計への繰出し金は各市1000万円である。平成10年度には各市1億3000万円であり、このことをもってしても明らかなように大幅に減少となっている事実を看過できない。施行者である行政当局は、競艇事業の健全経営を図るべく諸事業を執行するも、経済不況やレジャーの多様化等の影響により、競艇事業収入は減少の一途を辿っている。しかも、将来展望が不透明な中で、このまま推移するとなれば、赤字経営に転落するのは時間の問題である。
 地方自治体を取り巻く情勢は、地方分権の大原則である自己決定、自己責任という重い課題を抱えつつ、市民の需要は多様化し、地方行政の領域は拡大している。その一方で、自主財源は伸び悩み、事業の推進に支障をきたしており、日本船舶振興会への交付金等をはじめとした特殊法人への法定交付金制度及び交付金算出基準は、地方自治体にとってますます負担増となっている。
 このような状況の中で、昭和54年6月の公営競技問題懇談会における報告書および昭和56年3月に設置された臨時行政調査会の最終答申において指摘された事項については何一つ改善されないまま今日に及んでいるという由々しき事態である。
 よって、政府においては、窮乏する地方自治体の財政状況に鑑み、地方財政の改善をも目的としたモーターボート競走法の趣旨に則り、日本船舶振興会をはじめとした特殊法人等への法定交付金制度の是正を早急に図り、また公営企業金融公庫納付金制度の廃止により、地方財政の健全化を実現されるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                     地方議会制度の充実強化に関する意見書
 平成5年の衆参両議院における地方分権推進決議以降、地方分権一括法の施行や市町村合併に伴う地方自治にかかる地勢図の変化など、地方議会を取り巻く環境は、近時大きく変化してきている。
 また、今日、三位一体の改革などが進められる中で、税財政面での自己決定権が強まれば、それに伴い議会の執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。
 このような中、二元代表制の下での地方議会の役割は一層その重要性を増していることから、住民自治の代表機関である議会の機能の更なる充実と、その活性化を図ることが強く求められている。一方、各議会においては、自らの議会改革等を積極的に行っているところであるが、これらの環境に対応した議会の機能を十分発揮するためには、解決すべき様々な制度的課題がある。
 こうした課題は、現行の地方自治法が制定後60年経過し、「議会と首長との関係」等にかかわる状況が変化しているにもかかわらず、ほとんど見直されておらず、議会にかかる制度が実態にそぐわなくなっていることから、議会制度全般にわたる見直しが急務である。
 21世紀における地方自治制度を考えるとき、住民自治の合議体である「議会」が自主性・自立性を発揮してはじめて「地方自治の本旨」を実現するものであり、時代の趨勢に対応した議会改革なくして地方分権改革は完結しないと考える。
 よって国におかれては、現在、第28次地方制度調査会において「議会のあり方」を審議項目として取り上げ、活発な審議が行われているところであるが、地方議会制度の規制緩和・弾力化はもとより、?議長にも議会招集権を付与すること、?委員会にも議案提出権を認めること、?議会に附属機関の設置を可能とするなど、地方議会の権能強化及びその活性化のため、抜本的な制度改正が図られるよう強く求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                小泉首相をはじめ政府閣僚の靖国神社参拝の中止を求める意見書
 小泉首相は4月22日の「アジア・アフリカ首脳会議」で、10年前の戦争終結50周年にあたって発表された「村山見解」と同様に、「植民地支配と侵略」が日本の誤った「国策」であったことを認め、「アジア諸国の人々」に「多大の損害と苦痛」を与えたことについて、「反省」の意思を表明した。
 ところが、この見解を示しながら、自らの行動はそれとは逆の方向に向いている。靖国神社への参拝中止を言明しないどころか、国内外の批判にたいして、開き直りの言動すら見せている。
 靖国神社は、一般的な戦没者追悼施設ではない。戦前・戦中は、軍管理の宗教施設として、国民を戦争に駆り立てた。戦後も、戦争中と同様に「英霊の顕彰」をおこない、侵略戦争を正しい戦争だったと宣伝している。
 たとえば、神社自身が発行するリーフレットでは「アジア民族の独立が実現になったのは、大東亜戦争緒戦の日本軍の輝かしい勝利の後であった」と、太平洋戦争をアジア解放の戦争であったかのように描いている。侵略戦争を起こした罪で処刑されたA級戦犯は「ぬれぎぬを着せられた「昭和受難者」だと説明し、靖国神社が後援し、製作された映画「私たちは忘れない」では、その「不当性を暴き・・・「戦犯」の無念をふりかえる」としている。
 したがって、靖国神社に首相が参拝することは、侵略戦争への反省と両立しないのである。戦没者への追悼という気持ちを「日本の戦争は正しかった」という立場に結びつけることになる。国内だけでなく、日本の侵略で犠牲を強いられた諸国から、抗議、批判の声があがるのは当然である。
 いくら言葉で「植民地支配と侵略」への反省を述べても、首相自身が「戦争犯罪の存在」そのものを否定する行動をとったのでは、その言葉に真意があるとはいいがたい。「靖国神社の参拝は個人的な信念」だというかも知れないが、首相といえども、個人の信念のために、それも間違った信念のために、近隣諸国との友好という日本の国益をくつがえすことは許されない。これは、政府閣僚全員が胸に刻むべき問題である。
 よって、小泉首相をはじめ、政府全閣僚の靖国神社参拝の中止を求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
              シルバーパス利用者の急激な負担増を抑制する対策の実施を求める意見書
 今年から住民税の老年者控除が廃止され、公的年金等控除も縮小された。これにより、収入は変わらないのに住民税が非課税から新たに課税となる人が、東京の高齢者の約1割、20万人に及ぶといわれている。
 住民税の課税か非課税かは、介護保険料、国民健康保険料、都営住宅家賃など各種施策の所得制限や負担額の基準となっているため、多くの分野に影響が広がろうとしている。とりわけ、シルバーパス利用者の費用負担の急激な増加が深刻な問題となる。住民税が非課税から課税となることで、費用負担は1000円から一気に20510円にはねあがってしまう。このままだと、70歳以上の高齢者のうち7万7千人がこの大幅負担増に直面することになる。
 さらに、法改定にもとづく高齢者の住民税非課税措置の段階的廃止が来年度から実施されると、その影響はいっそう大きなものとなる。
現在でも20510円の負担は重すぎるとの声がシルバーパス利用者から多数だされている。そのことは、高額パスの利用が伸びていないことにもあらわれている。
 最近の都議会でも、都の福祉保健局長が、税制改定によりシルバーパス利用者に影響が及ぶことを認め、「慎重に対処する」との答弁を行っているとのことである。
 したがって東京都が、シルバーパス利用者の急激な負担増を抑制するため、所得に応じて3000円から1万円までの段階的費用負担区分を設けることや、分割払いを導入することなどの対策を実施するよう求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
       地方分権の理念に反する「新地方行革指針」の一方的押し付けに反対し、「指針」の撤回を求める意見書
 総務省は3月29日、「地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針」と題する文書を各地方自治体に通知した。同「指針」は、行政改革大綱の見直し及び2005年度から2009年度までの具体的取組を明示した計画(集中改革プラン)の策定を行い、それを今年度中に公表することを一方的に求めるとともに、計画の内容についても事細かな指示を与えているが、今回の政府の措置に驚きを禁じえない。
この間わが国において取り組まれてきた地方分権改革の理念の根本にあるものは、地方の自主性や自立性を高め、国の関与を極力縮小することによって、地方の自己決定権を拡大しようとするものである。
 ところが、今回の「指針」は、この地方分権改革の理念に真っ向から反し、地方自治体をあたかも国の下部組織であるかのように扱うものであり、到底理解できない。すでに地方は、自己責任のもと、それぞれの行政改革を策定し、実施しているのであり、「指針」にもとづく新たな計画策定の必要はない。
よって、町田市議会は、地方分権の理念に反する「新地方行革指針」の一方的押し付けに反対し、「指針」の撤回を求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
       障がい者福祉サービスへの「応益負担」導入に反対し、障害者自立支援法案の慎重審議を求める意見書
 5月12日、日比谷公会堂と野外音楽堂で「障害者自立支援法を考えるみんなのフォーラム」が開催され、空前ともいえる6600人の人々が集い、現在国会で審議中の同法案に対する不安と懸念、そして批判の声を相次いであげた。
 不安の的となっているのは、障がい者の福祉サービスの利用者負担を定率負担にしようとしていることについてである。
 現在の障害者支援費制度では、利用者の負担は所得に応じた「応能負担」となっている。法案は、これを、介護保険と同じように、かかった費用の原則1割を負担する「応益負担」に変更するとしている。施設を利用した場合は、食費や光熱費などのいわゆるホテルコストも自己負担となる。
 厚生労働省の試算でも平均的な負担増は、ホームヘルプサービスが4倍、通所施設は19倍にもなり、心臓病や人工透析などの治療および精神障がい者の通院費用の自己負担も大幅に増やされようとしている。
 さらに法案が、障がい者本人が無収入でも、家族に収入があれば負担があがる「世帯所得」の仕組みを導入しようとしていることも重大である。
 政府は低所得者対策として負担上限額を定めるとしているが、その額は収入の2〜3割にも達するというもので、とても「対策」と呼べるものではない。
 このように、「応益負担」は、障がい者の生存権の侵害に踏み込むものにほかならず、「自立支援」とは程遠いものである。
 法案にたいしては、これ以外にも、障がい者団体や関係者から種々見直しを求める意見が広範にあがっている。
 したがって町田市議会は、障害者自立支援法案については、「応益負担」の導入を撤回するとともに、障がい者団体をはじめとした国民の声をとりいれ、慎重かつ徹底的な国会審議を行うこと、また拙速に法案の成立を図ることのないよう強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 ────────────────────────────────────
                      人権擁護法案の廃案を求める意見書
 平成13年に人権擁護推進審議会が行った、「独立の機関を中心とした新たな人権擁護制度」を求めた答申を受けて、政府が提出した人権擁護法案は、国会審議の過程で、メディア規制条項などの抜本修正を求める世論が高まり、平成15年10月の衆議院解散により廃案となった。
 しかしながら、政府は前法案にほとんど修正をしないまま今国会に法案の再提出をめざしており、下記の問題点が指摘されている。
?「人権侵害」の定義があいまいなため恣意的解釈が可能であり、不当に人権侵害の申出の対象とされた者の保護が不十分である。
?また、人権救済機関となる人権委員会に裁判所の令状なしに家宅捜査・差押え、ならびに出頭命令をおこなう権限をあたえることは、司法権を侵し憲法違反の疑いがある。
?しかも、人権擁護委員には国籍条項が整備されておらず、加えて、その選任過程における透明性の確保や政治的中立性の規定が不十分である。
 こうした問題点を残したまま法案が成立するならば、基本的人権である言論の自由が奪われ、新たな人権侵害に繋がる恐れがある。
 よって、町田市議会は、言論統制社会を招来せしめる、法案の政府提出に強く反対し、その廃案を要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。