議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 調布市

平成18年 第1回 定例会−03月08日-02号




平成18年 第1回 定例会

      平 成                        第1回
          調布市議会会議録第 2 号
      18年                        定例会

      3月 8日(水曜日)
       出席議員(27人)
         第 1番議員            小 林 市 之
         第 2番議員            八 木 昭 子
         第 3番議員            井 上 耕 志
         第 4番議員            川 畑 英 樹
         第 5番議員            宮 本 和 実
         第 6番議員            鮎 川 有 祐
         第 7番議員            小 林 充 夫
         第 8番議員            渡 辺 進二郎
         第 9番議員            荻 窪 貞 寛
         第10番議員            福 山 めぐみ
         第11番議員            大 河 巳渡子
         第12番議員            武 藤 千 里
         第13番議員            内 藤 良 雄
         第14番議員            広 瀬 美知子
         第15番議員            林   明 裕
         第16番議員            伊 藤   学
         第18番議員            土 方 長 久
         第19番議員            杉 崎 敏 明
         第20番議員            前 当 悦 郎
         第21番議員            雨 宮 幸 男
         第22番議員            任 海 千 衛
         第23番議員            漁   郡 司
         第24番議員            山 口   茂
         第25番議員            大須賀 浩 裕
         第26番議員            鈴 木 正 昭
         第27番議員            白 井 貞 治
         第28番議員            元 木   勇
       欠席議員(1人)
         第17番議員            伊 藤 義 男
       ──────────── ── ────────────
         市長                長 友 貴 樹
         助役                中 根 義 雄
         収入役               鈴 木 信 幸
         教育長               榎 本 和 男
         政策室長              大 橋 立 子
         政策室参事             大和田 正 治
         総務部長              大 浦 幸 男
         財務部長              辻 本   務
         財務部参事             折 田 英 文
         生活文化部長            小 林 一 三
         産業振興担当部長          増 沢 俊 博
         子ども生活部長兼福祉部長      斉 藤 順 子
         環境部長              工 藤 忠 雄
         環境部参事             斉 藤 哲 雄
         環境部参事             井 上   稔
         都市整備部長            中 倉   勲
         都市整備部参事           高 橋 吉 雄
         都市整備部参事           望 月   裕
         教育部長              平 野 義 幸
         教育部参事             藤 本 和 成
         選挙管理委員会事務局長       斉 藤   稔
         監査事務局長            荻 本 末 子
       ──────────── ── ────────────
       事務局職員出席者
         事務局長              森 本 昌 宏
         事務局次長             小 川   武
         副主幹               宮 川 節 夫
         主任                福 山 武 志
 3月 8日 議事日程(第2号)
 第 1   議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)
                               (委員会審査報告)
 第 2   議案第4号 平成17年度調布市用地特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
 第 3   議案第2号 平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算
             (第4号)             (委員会審査報告)
 第 4   議案第3号 平成17年度調布市老人保健特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
 第 5   議案第6号 平成17年度調布市介護保険事業特別会計補正予算
             (第3号)             (委員会審査報告)
 第 6   議案第5号 平成17年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
 第 7   議案第7号 平成17年度調布市受託水道事業特別会計補正予算
             (第1号)             (委員会審査報告)
   午前 9時15分 開議
○杉崎敏明 議長  おはようございます。ただいまより、平成18年第1回調布市議会定例会を再開いたします。
 ただいまの出席議員の数は27人であります。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。
 直ちに会議を開きます。
 日程に入る前に、本日も政策室広報担当並びに議会事務局による本会議場の写真撮影を許可しておりますので、御了承をお願いいたします。
 これより日程に入ります。
       ─────────── ── ───────────
△第1 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)
                               (委員会審査報告)
○杉崎敏明 議長  日程第1 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。
 本補正予算は各常任委員会に付託し、審査を受けておりますので、順次その報告を各常任委員長に求めます。
 最初に、総務委員会の審査報告を林明裕委員長に求めます。林明裕委員長。
   〔林  明裕総務委員長登壇〕
◎林明裕 総務委員長  おはようございます。総務委員会の審査結果につきまして、御報告を申し上げます。
 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)、総務委員会所管部門、本件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で総務委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 続いて、文教委員会の審査報告を広瀬美知子委員長に求めます。広瀬美知子委員長。
   〔広瀬美知子文教委員長登壇〕
◎広瀬美知子 文教委員長  文教委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。
 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)、文教委員会所管部門、本件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で文教委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 続いて、厚生委員会の審査報告を荻窪貞寛委員長に求めます。荻窪貞寛委員長。
   〔荻窪 貞寛厚生委員長登壇〕
◎荻窪貞寛 厚生委員長  厚生委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。
 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)、厚生委員会所管部門、本件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で厚生委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 続いて、建設委員会の審査報告を伊藤学委員長に求めます。伊藤学委員長。
   〔伊藤  学建設委員長登壇〕
◎伊藤学 建設委員長  建設委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。
 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)、建設委員会所管部門、本件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で建設委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 以上で各常任委員長の審査報告は終わりました。
 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。
 11番、大河巳渡子議員。
◆11番(大河巳渡子 議員)  議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)について反対の立場から討論をするものです。
 今回提出されました補正予算は、市民税の大幅な伸びもある中で市債の減額も図られ、行財政運営の基本方針に沿う努力も見られましたが、17年度予算編成に当たり、財政規律をみずからに課し、臨時的な財源対策を極力抑制し、すべての歳入歳出を見直すために全庁的に枠配分方式を試行し実施したにもかかわらず、17年度予算が691億円余から最終補正により、結果4.4%の伸びとなり、700億円余で完結したことが示された予算でもあります。
 元気派市民の会は、仙川の音楽・芝居小屋事業につきましては、当初から市民に直結する身近な公共施設の維持補修などを先送りして、新規に7億円もの用地取得をしてまで行うべき緊急性の高い事業ではないと指摘してきましたが、補正内容を詳しく見ると、この事業について、市債での財源の確保を国の交付金へと振りかえております。
 そもそも中央政府は、必要最小限の福祉の確保をまず優先し、他の経費こそ整理すべきですが、私たちは既に国は基本的なサービスを圧縮し、借金をして投資的経費を捻出して地方政府にばらまき、そのツケは国民に回していることを知っています。私たちは、自分の足で歩くことを決意しなければ、国が歩いてきたように建設国債が特例国債へとたがが外れ赤字体質になったと同じように、当初から借金を前提とした状況に追い込まれるようになってしまいます。
 調布市は、みずからの手で住みやすいまちづくりを進めようと思えば、まだ可能性のある不交付団体であります。真にまちの経済的、社会的自立基盤の形成を図っていこうと決意しているのなら、事業目的があいまいな施策に対して国に財源を求めるのはそもそも順番が違うのではないでしょうか。
 施設建設は粛々と進んでいても、市民との協働のまちづくりを目指す市長が、最も取り組まなければならないはずの市民参加プログラム等を生かした適切な施設管理のあり方や充実した事業を行っていくための魂を入れる市民との作業は、いまだに遅々として進んでいないのが現状です。これでは、市長が批判してきた箱物行政をみずからが行っているととられても仕方がありません。これからは、入りの部分も依存ではなく、みずからがコントロールしてコスト意識を持った中で、歳入の自治へと方向転換し、予算の透明性の向上を図り、事前の目標設置と事後の厳格な評価を実施しつつ市民ニーズにこたえていくべきであります。
 市長は、基本的施策で、自立した自治体を目指して、持続可能な行財政運営の改革を図っていく決意を持って19年度以降の新たなプランの策定の必要性も認識されております。改革の時代にある自治体政府は、むしろ国民、都民、市民の目線で物事をとらえ、未来ある次世代へつなげていく責任を果たす意味からも、財政規律をこれまで以上に高めていくことを求め、本補正予算の反対の討論といたします。
○杉崎敏明 議長  5番、宮本和実議員。
◆5番(宮本和実 議員)  議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)につきまして、チャレンジ調布21を代表して賛成の立場から討論を行います。
 我が国経済は、長引く景気低迷下にありましたが、過日発表された2月の月例経済報告によりますと、穏やかな景気回復から、景気は回復しているとの報告に変わり、企業部門の好調さが家計部門へ波及し、民間需要に支えられた景気回復が続くものと明るい兆しが見えてきた感があります。調布市21万市民の生活にも好影響が反映されますことを期待いたします。
 さて、本補正予算を概観いたしますと、歳入におきまして、さきの経済報告に見られる明るい兆しを裏打ちする市税の増額補正があり、調布市民の所得水準の高さを物語る内容と言えます。市税は、市民からお預かりする貴重な財源でありますことから、その活用方法が問われるところであります。
 本補正の歳出におきまして、中長期的な行財政運営への取り組みとして、財政調整基金及び職員退職手当基金への積み立てがあり、長友市長の財政基盤の強化に取り組むという基本方針が堅持されている点を高く評価いたします。
 また、平成16年度の余剰金であります繰越金につきましても、平成17年度における活用計画を策定し、年度内の追加財政需要への対応、行財政改革アクションプランに掲げた基金積立金の確保、臨時的な財源対策の抑制に取り組まれた内容が伺え、本補正予算に見られますこれらの取り組みは、実施計画期間の最終年次となります平成18年度との連動性とともに、中長期的な視点からの行財政運営にもつながる内容であると判断できるものであります。
 現在取り組まれております行政評価による事務事業の見直しや、行財政改革アクションプランの着実な取り組みなど、引き続き長友市長のリーダーシップを遺憾なく発揮いただき、なお一層の効果、効率的な行財政運営に取り組まれますことを期待いたしまして、本補正予算に対する賛成討論とさせていただきます。
○杉崎敏明 議長  討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 日程第1 議案第1号 平成17年度調布市一般会計補正予算(第5号)、本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は各常任委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○杉崎敏明 議長  本案は起立多数をもって可決されました。
       ─────────── ── ───────────
△第2 議案第4号 平成17年度調布市用地特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
○杉崎敏明 議長  日程第2 議案第4号 平成17年度調布市用地特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。
 本補正予算は総務委員会において審査を受けておりますので、その報告を林明裕委員長に求めます。林明裕委員長。
   〔林  明裕総務委員長登壇〕
◎林明裕 総務委員長  総務委員会の審査結果につきまして、御報告を申し上げます。
 議案第4号 平成17年度調布市用地特別会計補正予算(第3号)、本件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 日程第2 議案第4号 平成17年度調布市用地特別会計補正予算(第3号)、本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○杉崎敏明 議長  本案は満場一致をもって可決されました。
       ─────────── ── ───────────
△第3 議案第2号 平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)
                               (委員会審査報告)
○杉崎敏明 議長  日程第3 議案第2号 平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。
 本補正予算は文教委員会において審査を受けておりますので、その報告を広瀬美知子委員長に求めます。広瀬美知子委員長。
   〔広瀬美知子文教委員長登壇〕
◎広瀬美知子 文教委員長  文教委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。
 議案第2号 平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)、本件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 日程第3 議案第2号 平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)、本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○杉崎敏明 議長  本案は満場一致をもって可決されました。
       ─────────── ── ───────────
△第4 議案第3号 平成17年度調布市老人保健特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
△第5 議案第6号 平成17年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
○杉崎敏明 議長  日程第4、日程第5、以上2件、一括議題といたします。
 本2件は厚生委員会において審査を受けておりますので、その報告を荻窪貞寛委員長に求めます。荻窪貞寛委員長。
   〔荻窪 貞寛厚生委員長登壇〕
◎荻窪貞寛 厚生委員長  厚生委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。
 議案第3号 平成17年度調布市老人保健特別会計補正予算(第3号)、議案第6号 平成17年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)、以上2件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。
 日程第4、日程第5、以上2件、一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  御異議なしと認めます。よって、これより2件、一括採決を行います。
 日程第4 議案第3号 平成17年度調布市老人保健特別会計補正予算(第3号)、日程第5 議案第6号 平成17年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)、以上2件に対する委員長の報告は可決であります。本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○杉崎敏明 議長  本2件は満場一致をもって可決されました。
       ─────────── ── ───────────
△第6 議案第5号 平成17年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
                               (委員会審査報告)
△第7 議案第7号 平成17年度調布市受託水道事業特別会計補正予算(第1号)
                               (委員会審査報告)
○杉崎敏明 議長  日程第6、日程第7、以上2件、一括議題といたします。
 本2件は建設委員会において審査を受けておりますので、その報告を伊藤学委員長に求めます。伊藤学委員長。
   〔伊藤  学建設委員長登壇〕
◎伊藤学 建設委員長  建設委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。
 議案第5号 平成17年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第7号 平成17年度調布市受託水道事業特別会計補正予算(第1号)、以上2件につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承と決しました。
 以上、報告を終わります。
○杉崎敏明 議長  以上で委員長の報告は終わりました。
 報告に対する質疑を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。
 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。
 日程第6、日程第7、以上2件、一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  御異議なしと認めます。よって、これより2件、一括採決を行います。
 日程第6 議案第5号 平成17年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、日程第7 議案第7号 平成17年度調布市受託水道事業特別会計補正予算(第1号)、以上2件に対する委員長の報告は可決であります。本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○杉崎敏明 議長  本2件は満場一致をもって可決されました。
       ─────────── ── ───────────
○杉崎敏明 議長  以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。
 本日はこれにて散会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○杉崎敏明 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 したがいまして、明3月9日午前9時に御参集願います。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前 9時38分 散会