議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 調布市

平成17年12月16日文教委員会−12月16日-01号




平成17年12月16日文教委員会

 午前11時0分 開議
○広瀬 委員長 
 ただいまから文教委員会を開会いたします。
 本日、説明のための職員の出席を求めてありますので、御了承をお願いいたします。
 本日審査していただきます案件は、お手元に配付してあります付託案件一覧表のとおり、議案2件でございます。審査は付託案件一覧表の順序のとおり行いたいと思います。
 以上のとおり進めていくことに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 これより審査に入りたいと思いますが、ただいまのところ当委員会に傍聴の申し出はありません。
 ここで、本日の審査途中での傍聴の申し出の取り扱いにつきましてお諮りいたします。
 審査の途中で傍聴の申し出があった場合は、審査を中断することなく傍聴の申し出の可否を決定することとし、その決定について正・副委員長に御一任いただきたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 では、これより審査に入りますが、まず初めに、議案第 104号「平成17年度調布市一般会計補正予算(第4号)」、文教委員会所管部門を議題といたします。
 審査の進め方につきましては、生活文化部、教育部の順で説明、質疑を受けたいと思います。また、質疑につきましては、ページを区切って審査を進めてまいりたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 早速審査に入ります。
 最初に、生活文化部の理事者の説明を求めます。松平課長。
◎松平 市民課長 
 議案第 104号「平成17年度調布市一般会計補正予算(第4号)」について御説明申し上げます。
 本補正予算のうち、文教委員会所管分につきましては、一般職人件費と国民健康保険事業特別会計での一般職人件費の補正に伴う同会計への繰出金の補正でございます。その内容といたしましては、定期人事異動、給与改定などにより生じた過不足について所要額を精査いたしたものでございます。
 初めに、市民課所管分について御説明申し上げます。14、15ぺージをお開きください。
 款10「総務費」、項15「戸籍住民基本台帳費」、目5「戸籍住民基本台帳費」の一般職人件費でございます。市民課及び神代出張所職員46名分で 3,334万 4,000円の増額をお願いいたすものでございます。
 その主な理由といたしましては、戸籍の電算化に伴う職員の増員があったこと、また、時間外勤務手当について、戸籍の電算化に伴う調査やデータの照合事務等で不足額が見込まれることから補正をお願いいたすものでございます。
 よろしくお願い申し上げます。
○広瀬 委員長 
 吉田副参事。
◎吉田 生活文化部副参事 
 続きまして、22ぺージ、23ぺージをお願いいたします。
 款「総務費」、項「生活文化費」、目「文化振興費」の一般職人件費についてでありますが、部長、次長以下、市民参加推進室職員28名分の人件費で 2,523万 7,000円の減額をお願いするものでございます。
 その理由といたしましては、給与改定及び人事異動に伴います人件費の所要額を精査したことによるものでございます。また、時間外勤務手当に不足が見込まれますことから、 136万 5,000円の増額をあわせてお願いするものでございます。
 以上、よろしくお願いいたします。
○広瀬 委員長 
 北山課長。
◎北山 国保年金課長 
 続きまして、24、25ぺージをお願いいたします。
 款15「民生費」、項5「社会福祉費」、目5「社会福祉総務費」、説明欄、国保年金課所管分でございますが、これは国民健康保険事業特別会計の繰出金で、内容といたしましては、職員給与費等繰出金 446万 6,000円の減額補正でございます。後ほど議案第 105号「平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」で御説明させていただきます。
 続きまして、30、31ぺージをお願いいたします。
 款15「民生費」、項20「国民年金費」、目5「国民年金総務費」でございますが、一般職6名分の人件費で 207万 9,000円の減額をお願いするものでございます。
 その理由といたしましては、人事異動及び給与改定に伴う人件費の所要額を精査したものでございます。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 花角課長。
◎花角 産業振興室経済産業担当課長 
 続きまして、36、37ぺージをお願いいたします。
 款25「労働費」、項5「労働諸費」、目5「労働諸費」の一般職人件費につきまして、 1,854万 1,000円の減額をお願いいたすものでございます。
 その理由といたしましては、当初、労働観光担当として、職員8人、再任用職員1人の人事配置分により計上させていただいておりましたが、新選組関連事業の終了及び調布国領しごと情報広場に配置しております職員3人のうち、1人が臨時職員から再任用職員に切りかわりましたことに伴いまして、職員6人及び再任用職員2人の体制に変更させていただいております。また、あわせて、人事異動及び給与改定に伴う人件費の所要額を精査したものでございます。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 多田副参事。
◎多田 生活文化部副参事 
 続きまして、38、39ぺージをお願いいたします。
 款30「農業費」、項「農業費」、目「農業総務費」の補正額の内容について御説明いたします。農業委員会の一般職人件費について、71万 1,000円の減額補正をお願いするものであります。
 その内容といたしましては、人事異動及び職員の給与と諸手当等の改定に伴い、一般職人件費の所要額を精査したものであります。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 はい、花角課長。
◎花角 産業振興室経済産業担当課長 
 40、41ぺージをお願いいたします。
 款35「商工費」、項5「商工費」、目5「商工総務費」の一般職人件費につきまして、 273万 7,000円の減額をお願いいたすものでございます。
 その理由といたしましては、人事異動及び給与改定に伴う人件費の所要額を精査したものでございます。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 理事者の説明は終わりました。これより質疑、意見を求めてまいります。ぺージごとに追ってまいりますので、よろしくお願いいたします。
 14、15ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 飛びまして、22、23ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 24、25ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 30、31ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 36、37ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 38、39ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 40、41ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 以上で生活文化部関係の質疑を打ち切ります。
 続いて、教育部の理事者の説明を求めます。栗岩課長。
◎栗岩 総務課長 
 それでは、引き続きまして、48、49ぺージをお願いいたします。教育部総務課所管分でございます。
 款「教育費」、項「教育総務費」、目「事務局費」の職員人件費でございますが、総務課、学務課、指導室、そして教育相談所の職員に係ります給与改定、人員配置等の変更に伴い過不足が生じることとなりましたので、当初予算との差額補正をし、計上するものでございます。
 増減の主な要因といたしましては、業務拡大に伴います組織定数の変更、総務課に正規職員1名、学務課に再任用職員1名が配置されたところによるものでございます。これによる給与、諸手当等の増。また、時間外勤務手当につきましては、これまでの実績及び今後の見込み等を精査いたしました結果、増額補正をお願いするものでございます。
 続きまして、50、51ぺージをお願いいたします。
 項「小学校費」、目「学校管理費」でございますが、栄養士、調理員、それから技能主事に係る職員人件費の補正でございます。
 減額の主な要因といたしましては、給食調理員、技能主事の定年退職に伴います給与諸手当等の減額補正ということでございます。
 それから、52ぺージ、53ぺージをお願いいたします。
 項「中学校費」、目「学校管理費」でございますが、技能主事8名に係る職員人件費の補正でございます。
 これにつきましては、給与改定、職員配置の変更による給与の増、また、扶養手当等、諸手当の減額をそれぞれお願いするものでございます。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 篠原課長。
◎篠原 社会教育課長 
 続きまして、54、55ぺージをお願いいたします。
 項「社会教育費」、目「社会教育総務費」に係る社会教育課、公民館、図書館、郷土博物館及び武者小路実篤記念館の職員91人分の一般職人件費につきまして、 825万 5,000円の減額補正をお願いするものでございます。
 その理由といたしましては、4月1日以降の職員配置の変更等及び平成17年度給与改定に伴い、平成18年3月までの所要額を精査した結果、給料、諸手当等及び共済費については減額を。また、時間外勤務手当につきましては、社会教育課及び図書館で不足額が見込まれますことから増額補正をお願いするものでございます。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 田中課長。
◎田中 スポーツ振興課長 
 56、57ぺージをお願いいたします。
 項30「保健体育費」、目5「保健体育総務費」の職員人件費でございます。本件につきましては、当初予算の見積もりを平成17年1月現在の職員配置状況によりまして年間の所要額を積算しておりますが、その後の職員配置の変更によりまして、職員5人分の一般職職員給、諸手当等などの人件費に不足が生じましたため、平成18年3月までの所要額を精査いたしまして、当初予算との差額 351万 5,000円の増額補正をお願いするものでございます。
 以上でございます。
○広瀬 委員長 
 理事者の説明は終わりました。これより質疑、意見を求めます。
 48、49ぺージをお願いします。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 50、51ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 52、53ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 54、55ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 56、57ぺージ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 以上で議案第 104号、文教委員会所管部門の質疑を打ち切ります。
 これより採決いたします。
 議案第 104号「平成17年度調布市一般会計補正予算(第4号)」、文教委員会所管部門、本案を原案了承と決定することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 御異議なしと認め、議案第 104号、文教委員会所管部門は原案了承と決定いたしました。
 続きまして、議案第 105号「平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」を議題といたします。
 本件について理事者の説明を求めます。北山国保年金課長。
◎北山 国保年金課長 
 議案第 105号「平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」でございます。それでは、予算書に沿いながら御説明させていただきます。
 初めに1ぺージをお願いいたします。条文の第1条でございますが、歳入歳出、それぞれ 444万 6,000円を減額し、歳入歳出の予算の総額を 168億 8,145万 3,000円とするものでございます。
 次の2ぺージをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正でございます。歳入につきましては、款40「繰入金」、項5「一般会計繰入金」の 444万 6,000円の減額補正をお願いするものでございます。歳出は、款5「総務費」、項5「総務管理費」でありますが、給与改定等に伴い 444万 6,000円の減額補正をお願いするものでございます。
 それでは、内容につきまして、歳出から御説明させていただきます。
 8ぺージ、9ぺージをお願いいたします。
 3、歳出、款5「総務費」、項5「総務管理費」、目5「一般管理費」、説明欄、一般職人件費でございますが、一般職29名分の人件費でございます。
 その内容といたしましては、提案させていただいております議案第 108号の調布市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例に伴いまして、人事異動及び給与改定に伴う人件費の所要額を精査いたしたものでございます。主なものは、一般職職員給与が 165万 4,000円の減額、諸手当等が 223万円の減額、共済費は人件費の精査に伴い56万 2,000円の減額となっております。人件費総額で 444万 6,000円の減額でございます。
 10ぺージから16ぺージまでは、補正予算給与費明細書に、補正後、補正前のそれぞれの比較がありますので、御参考にしていただきたいと思います。
 戻りまして、6ぺージ、7ぺージをお願いいたします。
 歳入でございます。款40「繰入金」、項5「一般会計繰入金」、目5「一般会計繰入金」は、歳出の一般職人件費の減額により、一般会計からの職員給与費等繰入金 444万 6,000円の減額をお願いするものでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○広瀬 委員長 
 理事者の説明は終わりました。これより質疑、意見を求めます。──ございませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 発言もないようですので、これより採決いたします。
 議案第 105号「平成17年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」、本案を原案了承と決定することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○広瀬 委員長 
 御異議なしと認め、議案第 105号は原案了承と決定いたしました。
 以上で当委員会に付託されました案件の審査はすべて終了いたしました。これにて文教委員会を散会いたします。ありがとうございました。
   午前11時18分 散会