議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 調布市

平成17年 9月13日建設委員会−09月13日-01号




平成17年 9月13日建設委員会

   午前10時0分 開議
○伊藤 委員長 
 おはようございます。ただいまより建設委員会を開会いたします。
 本日、説明のための職員の出席を求めておりますので、御了承をお願いいたします。
 今定例会で、当委員会に付託されました案件は、お手元に配付してあります一覧表のとおり、議案7件であります。
 審査の順序につきましては、一覧表の順序のとおり進めてまいりたいと思います。
 なお、審査終了後、理事者側から報告の申し出がありますので、許可したいと思います。
 以上のとおり進めていくことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 ここで傍聴についてお諮りいたします。
 本日、傍聴の申し出がありますので、許可することとし、審査途中での申し出がありました際には正・副委員長に一任していただきたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 それでは、傍聴者が入室するまで暫時休憩いたします。
   午前10時1分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午前10時2分 開議
○伊藤 委員長 
 委員会を再開いたします。
 それでは、議案第65号「調布市手数料条例の一部を改正する条例」を議題といたします。
 理事者の説明を願います。細川副参事。
◎細川 都市整備部副参事兼建築指導課長事務取扱 
 議案第65号「調布市手数料条例の一部を改正する条例」について御説明いたします。
 国は、地震、火災等に強いストック再生・密集市街地の改善促進により、安全で安心できるまちづくりを促進するため建築基準法を改正して、新たに建築物の安全性及び市街地の防災機能の確保等を図るため建築基準法等の一部を改正する法律を平成16年6月2日制定し、平成17年6月1日に施行されました。
 この法律の趣旨は、既存建築物の安全性確保に主眼を置いた改正であり、危険な建築物に対する規制強化と建てかえや改修の意欲を促す規制緩和で立ちおくれている不適格建築物の解消を目指すものです。その法律の中で、建築指導課で所管する手数料条例の一部改正をお願いするものでございます。
 その内容といたしましては、建築基準法の改正に伴い特例容積率適用区域内における建築物の高さに関する制限の適用除外に係る許可手数料の額、並びに既存の1の建築物について、2以上の工事に分けて工事を行う場合の当該2以上の工事の全体計画に関する認定手数料の額、及びその変更に係る認定手数料の額を新たに定めるとともに所要の改正をいたすものであります。
 よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 説明は終わりました。本件についての質疑、意見を許します。特にございませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なしと認め、質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。
 議案第65号「調布市手数料条例の一部を改正する条例」、本件につきましては原案了承と決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、議案第65号は原案了承と決しました。
 それでは、議案第72号「調布市市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」を議題といたします。
 理事者の説明をお願いいたします。塩足課長。
◎塩足 街づくり推進課都市政策担当課長 
 議案第72号「調布市市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」について御説明申し上げます。
 本案は、調布市市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正するものであります。
 その内容といたしましては、市営駐車場の管理形態を直営及び業務委託に改めるため所要の改正を行うとともに、規定の整備を行うものでございます。
 施行日は平成18年4月1日でございます。
 調布市国領駅南口市営駐車場につきましては、調布市市営駐車場の設置及び管理に関する条例に基づき平成14年4月から調布市公共施設管理公社へ、いわゆる公の施設の管理の委託により管理を委託し、利用料金制を導入し運営をしております。
 しかし、平成15年6月に地方自治法が改正され、現在、改正前の地方自治法第 244条の2第3項の規定に基づき公の施設の管理委託を行っている施設については、平成18年9月1日までに指定管理者制度に移行するか、それ以外の方法として直営を選択することになりました。
 調布市においては、この公の施設の管理形態の移行に関しては、管理団体にかかわる課題への対応やアクションプランの推進等を踏まえつつ全庁的な方針を定め、調布市として統一的な対応を図ることとし、取り組みを進めてまいりました。
 その結果、調布市公共施設管理公社に委託している施設に関しては、公共施設管理公社自身の今後のあり方について早急に結論を出していく必要があるとの判断から、当面、指定管理者制度を導入せず、引き続き公共施設管理公社に業務委託を実施することとなりました。
 この決定に基づき調布市市営駐車場の設置及び管理に関する条例については、管理の委託に関する条項を削ること。利用料金制を廃止し、使用料として定めること等の改正を行うものです。
 なお、この改正に当たっては、現在の利用者の利用の安定性や定着ぐあい等を考え合わせ、現行の利用料金体系や使用方法を踏襲することを基本といたしました。
 具体的な条項につきましては、1ページの中段下から10行程度のところに第7条から10条までの改正が定められております。改正前においては、管理の委託、利用料の納付、利用料金の額等を定めておりましたが、市の直営とし、かつ利用料金制を廃止するため、それらを改め、使用料の種類、使用料の額等について規定いたしております。
 2ページの第8条にありますように、普通使用料は30分当たり 150円です。いわゆる時間貸しでございます。回数使用料及び定期使用料については別表に定めております。
 3ページをごらんください。
 別表第1、回数使用料について定めておりますが、これは、いわゆる回数券について規定しております。また、別表2については、いわゆる月極に相当するようなものについて、多少バリエーションを設けて定めております。
 この普通使用料や別表に示されております回数使用料及び定期使用料につきましては、現行のパーク・アンド・ライドに関する表現やハイルーフ車に関する規定等を若干修正する程度にとどめ、その他は現行の料金体系を変更せず踏襲したものとなっております。
 4ページの附則でございますが、施行期日や経過措置等を定めております。冒頭の第3条等、そのほかにつきましては規定の整備をしております。
 以上、よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。
○伊藤 委員長 
 説明は終わりました。本件についての質疑、意見を許します。はい、渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 今、御説明の中で18年9月から指定管理者制度への移行に伴うけど、ここについては、当面は公共施設管理公社にということですけれども、当面というと具体的にどのぐらいの期間を想定しているんでしょうか。
○伊藤 委員長 
 塩足課長。
◎塩足 街づくり推進課都市政策担当課長 
 具体的な想定期間というのは、この検討の主たる部署は政策室になりますけれども、政策室に確認したところ、具体的に半年だとか1年だとか2年だとかという定めがあるというよりは、極力早く、早急に結論を出したいというふうに聞いております。
◆渡辺 委員 
 公共施設管理公社をつくったときの目的が、この駐車場の上がりで施設公社そのものを運営していこうというのがあったんですよね。私は、そういうふうに理解しているんですけど、どうもまだ相変わらず、市の方からの補助金が施設管理公社の方に行っているわけですよね。ここについては、やはり、年間1億 4,000万円ぐらいの収入があるというような説明も聞いていますし、実際、そういうような収入があるのになぜ施設管理公社の方にまだ補助金を入れなきゃいけないのか。どうもその辺が理解できないんですけど、具体的に、担当の方としては、その辺はどのように思っていますかね。
◎塩足 街づくり推進課都市政策担当課長 
 公共施設管理公社については平成12年度末ですか、設置を決めております。こちらの駐車場の管理については平成14年度からということで、当初は駐車場でなく自転車駐輪場等の業務を受託してスタートしていると思います。その後、この駐車場を管理するようになりまして、委員のおっしゃるように駐車場の収入、年間1億 3,000万円から1億 4,000万円ございますが、こちらも駐車場がスタートした14年度以前は、その他、民間の会社で駐車場をやっておりました関係で、その収入、丸々公社の収入ということではなくて、損益の分岐点以上にあったものについて市と折半するような形をとっておりますので、額はそれ以下かと思います。
 ただ、私の認識の違いかもしれませんが、それをもってすべて公社の経営の原資とするというところまで、私の方ではちょっと認識しておりません。
 以上です。
◆渡辺 委員 
 結構です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なしと認め、質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。
 議案第72号「調布市市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」、本件につきましては原案了承と決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、議案第72号は原案了承と決しました。
 ここで理事者入れかえのため暫時休憩いたします。
   午前10時12分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午前10時14分 開議
○伊藤 委員長 
 委員会を再開いたします。
 それでは、議案第62号「調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例及び調布市都市公園条例の一部を改正する条例」を議題といたします。
 理事者の説明をお願いいたします。小山環境部次長。
◎小山 環境部次長 
 それでは、議案第62号について御説明申し上げます。
 本案は、調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例及び調布市都市公園条例の一部を改正する条例でございます。
 公共施設における指定管理者制度の導入に伴い、この間、政策室を中心に検討してまいりましたが、自転車等駐車場及び都市公園につきましては、当分の間、直営業務委託とすることとなったために、調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の管理委託の部分、第17条を削り、第18条を第17条とするものであります。
 また、調布市都市公園条例につきましても、同じく管理委託の部分、第15条の2を削る条例の一部改正をお願いするものでございます。
 なお、本条例の施行年月日は平成18年4月1日でございます。
 よろしく御審議のほどお願いいたします。
○伊藤 委員長 
 説明は終わりました。本件についての質疑、意見を許します。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なしと認め、質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。
 議案第62号「調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例及び調布市都市公園条例の一部を改正する条例」、本件につきましては原案了承と決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、議案第62号は原案了承と決しました。
 それでは、議案第51号「平成17年度調布市一般会計補正予算(第2号)」、建設委員会所管部門を議題といたします。
 本件の審査の進め方につきましては、最初に環境部所管の説明、質疑を受けた後、続いて都市整備部の説明、質疑を受けたいと思います。また、質疑につきましては、ページを区切って審査を進めてまいりたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 それでは、本件につきまして理事者の説明を求めます。最初に、環境部の説明を願います。小豆畑環境保全課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 私からは、環境保全課所管分の補正予算について御説明申し上げます。
 それでは、議案の22、23ページをお願いいたします。
 款20「衛生費」、項5「保健衛生費」、目15「環境整備費」です。
 説明欄をごらんください。地球環境保全基金でありますが、基金積立金に3万円の増額をお願いするものであります。
 本基金は、地球環境保全事業推進に必要な資金に充てるため設置されているものですが、平成17年6月4日に行われました第32回調布市環境フェアの会場で 9,556円の寄附が、また、平成17年6月24日に環境保全課窓口で2万円の指定寄附がありましたことから地球環境保全基金に積み立てるものでございます。
 よろしく御審議いただきますようお願いいたします。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。中村ごみ対策課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 24、25ページをお願いいたします。
 項10「清掃費」、目10「塵芥処理費」、新ごみ処理施設基本計画策定費にごみ組成分析調査委託料として 829万 5,000円の増額をお願いするものでございます。
 新ごみ処理施設につきましては、平成25年度の稼働を目指し、今年度末までに基本計画を策定することとなっており、来年度以降、環境影響評価等を経て、基本計画に対する実施計画に当たる整備計画書を作成することになっております。
 調布市の場合、戸別収集や有料化を実施し、ごみの減量が大きく図られ分別が進んだことから、今後策定する基本計画や将来の実施計画を策定していく上で、炉の設計やごみ、資源物の収集方式を検討するためにごみの組成を十分に把握しておかなければなりません。
 また、さらなるごみ減量の施策を検討していく上では、今回の調査に限らず、季節や対象に変化を持たせながら継続的に続けていかなけばいけないと考えております。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。広田交通安全対策課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 続きまして、26ページ、27ページをお願いいたします。
 交通安全対策課所管分につきまして御説明を申し上げます。
 款「土木費」、項「土木管理費」、目「土木総務費」でございます。説明欄をごらんください。
 工事請負費であります。佐須街道から神代中学校へ至る原山線の拡幅が困難な状況の中で、交通不便地域の解消と高齢者の社会参加を目的としたミニバス北路線の暫定運行のための折り返し用整備工事を実施するために、ミニバス運行事業費に 354万 5,000円の増額補正をお願いするものでございます。よろしく御審議くださいますようお願いいたします。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。小板橋緑と公園課長。
◎小板橋 緑と公園課長 
 続きまして、環境部緑と公園課所管部分について御説明いたします。
 28、29ページをお願いいたします。
 款「土木費」、項「都市計画費」、目「緑化推進費」、節「繰出金」でありますが、緑の保全基金への指定寄附があったため補正をお願いするものであります。これにより補正後の予算額は 101万 6,000円となります。
 なお、このことにより基金残高は、土地として20億 4,532万 5,212円、現金として1億 2,042万 8,829円となります。
 以上、よろしくお願いいたします。
○伊藤 委員長 
 理事者の説明は終わりました。これより環境部所管の質疑を許します。
 最初に、22、23ページからお願いいたします。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 次に、24、25ページ。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 ごみの組成分析調査委託なんですが、具体的に市民参加プログラムについてはどのようになっていますでしょうか。
○伊藤 委員長 
 中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 組成分析ということでございますので、特段、市民参加のプログラムに当ててということで進めるというような予定はございません。
◆大須賀 委員 
 ぜひ御検討をお願いしたいんですが、もちろん、委託先はそれなりの専門のところに委託するのは、それは結構なんですが、当然、その実態調査の場面ではごみの中身を見るわけですよね。それをその場で見る、あるいは映像資料等で市民が見るだとか、工夫の仕方いろいろあると思うんです。
 当然、これから先、ごみ減量をますます進めていって、ごみゼロを目指してリサイクル型社会にしていくわけですから、いろんな形で市民参加も必要だと思うんですね。まさしくごみの発生者である市民に、実際にどういうごみが出されているかということの再認識というのはとても大切だと私は思いますから、その辺はいろんな創意工夫をすることによってプログラムが考えられると思いますので、ぜひ御検討をお願いします。
 また、その検討に際しても、いろんな市民の方から意見をいただけば、行政側が思いもつかないようなアイデアが浮かぶこともあると思いますので、ぜひ御検討をお願いします。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 要望ですね。ほかにございますか。任海委員。
◆任海 委員 
 組成分析のことですけれども、私もかつて一般質問で、さらなる減量を求めるために、まず分析することが必要じゃないかということで取り上げたこともあります。今の目的がさらなる減量の問題と新しい炉をつくるに当たって数量をつかむということですけれども、それはそれで理解するんですが、組成分析した後、具体的にどういうように今度はこれを資料として生かしていくのか、そのプロセス、何年までにどういうことをやるのかというようなことを大枠で結構ですから計画を聞かせてもらいたいと思います。
○伊藤 委員長 
 中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 この組成分析に関しましては、説明でも述べさせていただきましたけれども、現在、基本計画策定中でございます。したがいまして、当然のことながら、調布市のごみの組成というのが、その後に続く実施計画をつくっていく上で実態はどうなのかというようなところを含んでいるものでなければいけません。したがいまして、そういったところのデータは基本計画の中に極力入れていきたい。さらには、18年度以降、1回だけの調査じゃなくて、例えば、秋、冬、春、夏、ここら辺のごみの組成も全く異なってくるものですので、こういったところについての調査も追っかけ続けてやりながら実施設計をつくるような形にしていきたい。
 さらには、並行しながら次の減量施策を進めていく上でも、現在までは二枚橋衛生組合、それからふじみ衛生組合の中で、それぞれ複数市の中での組成でしかわからなかったものですけれども、調布のごみがどうなっているのかというところをきっちりと把握した中で次の施策を練っていきたいというふうに考えております。
◆任海 委員 
 調布のごみ全体をまとめたのは、ごみ管理基本計画を持っていらっしゃるんですよね。組成がわかって具体的な回収方法を定めると、当然、管理計画そのものがその実態に合ったように見直しをしていく。さらに、それに向けて減量を進めるということになるんですが、ごみ管理基本計画の見直しについては、いつごろをめどに考えていらっしゃいますか。
◎中村 ごみ対策課長 
 現在のごみ管理基本計画は、平成9年から始まって24年までの第2期のところにございます。予定としましては、20年4月のスタートということでの第3期計画をつくる予定になっております。私どもの方で次の基本計画をつくる上で一番考えていかなければならないのは、今、この組成分析の件でもお話をさせていただきましたとおり、有料化、それから戸別収集をやった上でごみの現状が減ったということだけではなくて組成も変わってきたということと、次の新しい施設をつくる上で、その中間施設がどういうふうな形をつくっていくのかというようなところを、三鷹市さんと協議を進めながらつくっていかなければならないというふうに考えております。
 したがいまして、こういった調査を重ねながら、18年度には市民の皆さんの御意見をお聞きするような機会、審議会等を立ち上げまして、ちょっとじっくりとお話を伺った後、スケジュールに合わせて改定していきたいというふうに考えております。
◆任海 委員 
 確認しますけども、平成20年度をスタートとおっしゃったんですよね。
◎中村 ごみ対策課長 
 そのとおりでございます。
◆任海 委員 
 ありがとうございます。
○伊藤 委員長 
 はい、渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 新ごみ処理施設の方もやっとという感じで軌道に乗ってきたのかなという感じがします。ただ、今後、やはり、この処理施設の場所、これをつくろうという場所については市民の意見がまだ分かれているという部分があるわけですけれども、これらについての意見をきちっと集約できることを、いつごろまでに念頭に置いているのか、お聞かせください。
○伊藤 委員長 
 土方主幹。
◎土方 ごみ対策課主幹 
 市民の合意を得るために基本計画素案策定に向かって今、動いておりますので、その時期を目標に定めていきたいと思っております。
◆渡辺 委員 
 これ、意見がなかなか難しいと思うんですよ。やはり、反対の人というのは、反対の基準というのはすごく幅広いと思うのね。そういった中で、市の方がどこで決断するか。当然、25年にはもう動き出すというようなことですけど、大体、めどとしてはどのぐらいの期間を目指しているんですか。
◎土方 ごみ対策課主幹 
 最終的には今年度末には確定でございますので、その前という時間的なスケジュールからいけば、今年度、また、年度の初頭ぐらいまでの期間である程度きちんとまとめていきたいというふうに考えております。
◆渡辺 委員 
 現在の状況の中で反対の意見の方々の中身というか、さまざまだと思うんですけど、具体的にどの辺が一番大きなネックになっているのか、もしわかりましたらお願いいたします。
◎土方 ごみ対策課主幹 
 今の一番大きなネックというのは、適地選定の経過を我々の説明が不十分なためにまだ御理解をいただけないところかなと。そのほかの点につきましては、ある程度、今後いろいろな検討委員会とか、処理方式につきましては9月1日から検討を始めておりますので、それなんかも公開をしてすべてやっております。
 ですから、一番のネックというのは、やはり、適地の問題をきちんと理解していただくのをどう説明していくかだと思っております。
◆渡辺 委員 
 確かに適地選定、これから反対があったからといって、またほかの場所にというわけには当然いかないと思うんですよね。ですから、ぜひ市長を先頭にきちっと。これは、ごみの問題ですから、やはり、だれでもその施設が自分の近所にできるとなると、必要だということはわかっていても反対すると思うんですよ。本会議の中でも武蔵野の例を出したり、いろいろありましたけど、それは1つの参考として結構だと思うんですが、調布は調布のきちっとした誠意を見せて解決をしていただきたいなと思います。よろしくお願いいたします。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。川畑委員。
◆川畑 委員 
 ごみの問題で組成分析に関係してくると思うんですけども、人体に与える影響というのがどこまであって、それに関して新ごみ処理施設の周りの方々、あるいは、それに関する補償という部分はどのように考えていらっしゃるのか、ちょっとお聞かせください。
○伊藤 委員長 
 中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 人体に与える影響ということで、何をもっての影響かとかというようなところについては、これから場所が決まり、計画ができた後、環境影響評価をやっていくことになります。ですから、当然のことながら、そういうような条件のもとで施設ができてくるというようなところで、そこら辺の目的があるわけですので、そういったものは、まず、その時点の中で十分に調査をしながら、当然のことながら一般質問の中にもございましたけれども、具体的な実施設計、施設をつくっていく上の中では、市民の御意見をお聞きしながらというようなところのお話もさせていただいておりますので、そういったところの中で受けとめさせていただきたいというふうに思っております。
◆川畑 委員 
 具体的なということをおっしゃいましたので、やはり、ある程度の基準を設けながら、住民の方々は不安なさっていますので、そういう意味でも和らげるためにも、ある程度基準を設けて、補償という部分を先に打ち出していかれた方がある程度いいんではないかと私は考えるんですけれども、その辺に関してはいかがでしょうか。
○伊藤 委員長 
 井上参事。
◎井上 環境部参事 
 事前の補償という問題になりますと、これは非常に難しいことでありまして、特に健康被害と言われる部分については、今でも全国的にさまざまな健康被害ということで訴訟等起きていますが、因果関係がはっきりしないとなかなか補償ができない。ですから、そういう意味では環境影響評価、あるいは、どういったものが排出されるということで、事前にそれを予測して補償いたしますという補償の額を提示することは、現段階では困難かなと思っています。
 ただ、いろんなところにこういう焼却場がございますので、そういったところの周辺のことを全部調査しながら、きちっとお訴えをして御理解いただくということしかないのかと。前段で補償ということで提示することは非常に難しいだろうと思っております。
◆川畑 委員 
 調布市というところは、ある一例でいいますと、シックスクールという問題で取りざたされた土地でもありますので、非常に難しい問題ではあるかもしれませんけども、よくしっかりと調査、検討されて、それに対応していただきたいと要望いたしまして終わります。
○伊藤 委員長 
 大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 さっき渡辺委員からも発言がありましたけども、ごみ問題というのは、ごみの中間処理施設は調布市内というか地元には必要だけども、近所には嫌だという典型的な迷惑施設ですよね。だから、それを特に近隣の方に理解してもらうためには、市がどれだけ誠意をもって説明責任をきちんとやっていくかというのがかぎだと思っているんですね。
 まず、適地選定については市が一定の結論を出しましたよね。職員の方については、私はとても評価しているんです。一生懸命説明、私も説明会に何回か出ましたけども、その姿勢は感じました。
 ただ、残念ながら最高責任者の市長がみずから積極的に市民のところへ出て行って、自分の考え、それから、迷惑をかけるけれども、こういう点でお願いしますという姿勢を私は残念ながら感じていなかったということをまず申し上げたいと思います。
 2番目、今度大きなところで処理方式になってきますよね。その処理方式に際しても9月1日に、こういった公開でやったということはとてもいいと思うんですよね。ただ、問題は、その日行ける方というのは限られるじゃないですか。実際に議員の中でもいろいろと9月1日というのは忙しい時期でしたから、私も行きたいけど行けませんでした。当然、市民も都合があってこの日は行けなかったという方も多いと思うんですよね。その行けなかった方にどうやって情報提供できるかというところも問われると思うんですけども、具体例としては9月1日のこの選定委員会での内容がどのような形で今後、情報提供されていくのか、お伺いしたいと思います。
○伊藤 委員長 
 土方主幹。
◎土方 ごみ対策課主幹 
 今後は、今、御質問にあったように、その公開の場に来られなかった方のために議事録は整理して公開をしていくという予定でございます。これは、やはり、ホームページ等なりを通じてきちんと皆さんに公開していくということでございます。
◆大須賀 委員 
 議事録の公開もできるだけ早くお願いしたいのと、それから、うちのホームページ、皆さんごらんになっていると思うんですよ。見た方はわかると思うんですけど、残念ながらとても検索しにくい、わかりにくいホームページなんです。だから、その辺はきちんとわかりやすいように。それから、ホームページの常識として最新のデータが一番先に来なきゃいけないんですけども、見た方はわかると思うんですけれども、うちのホームページはばらばらなんですよね。順番がよく整理されていないところが見受けられますので、せっかくアクセスしても見つからなかったというんじゃ困るんで、その辺はよりわかりやすいように。いっそのこと、市長に積極的に市民に理解してもらいたいという姿勢があるんだったら、例えばトップページにごみの処理方式についてというところをちゃんとクリックできるようにするぐらいの姿勢を求めたいと思います。要望です。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかに。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 続いて、26、27ページ。はい、山口委員。
◆山口 委員 
 ミニバス北路線というやつです。一日千秋の思いということで今までずっと待って、地域の人は待ってきたわけですけども、ようやく暫定運行ということで感謝しているところでございますが、この折り返し場、例えば、民有地なのか、あるいは面積がどのぐらいなのかとか、整備工事の工期がどのぐらいだとか、そういう詳細がわかりましたら、わかる範囲で答えてください。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 お問い合わせがございました所有は民有地でございます。それと、おおむね面積につきましては 400平米から 500平米で計画をいたしております。主な工事といたしましては、周囲のフェンス工事、車路の簡易舗装、全体に圧接等でございます。
 以上でございます。
◆山口 委員 
 それは、いつごろから工事に入っていくんですか。
◎広田 交通安全対策課長 
 これから、こちらの議会で御議決をいただきました後に、北ノ台地区、それから、八雲台地区、調布ケ丘地区等で住民の皆様の説明会を開催させていただきます。その中で御意見をいただきながら工事を進めていきたいというふうに考えております。
 以上でございます。
◆山口 委員 
 調布路線の暫定運行ということで、やはり、運行には3・4・30の工事、あるいは武蔵野市場南の信号移設、あるいは停留所の設置など、すべて対応が必要かと思いますけども、大体そういうことを経て、運行時期についてはいつごろを目指しているかということ。それと、それの北側で、あれは原山線でしたっけ、あれの拡幅整備ができて、しっかりとその先まで路線がつながったときには、折り返し場が閉鎖されるのかどうかとか、そういう点はいかがですか。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 まず1つ目は運行の時期でありますけれども、先ほどお話がありましたように幾つかの課題を抱えておりまして、1つには3・4・30号線が現在のところ、国庫補助金を仰いで来年3月17日に完成というふうに聞いています。それとあわせまして信号の移設ということであります。もちろん、それが完成後に実際に走る車によって実車をしなければいけないという中で、それらを見ながら、先ほど話がありましたように、3ヵ所の住民説明会も実施して、しかも暫定でありますので、きちっと住民にも話をして理解を求めていかないといけないということだと思います。
 そういう中で、本来の理想路線でありませんで、原山線の道路の拡幅がままならない中でありますので、もちろん拡幅になった場合は、この暫定の場所につきましては廃止をして、本来の理想に持っていくということの中で、今の予定ですと工事の完成、それらを踏まえまして、やはり、4月か5月ぐらいの運行につながっていくのかなというふうに今、考えているところであります。
 以上です。
◆山口 委員 
 非常に希望が高いところでもありまして、長年待ちに待ってきたという地域の状況でございますから、ぜひ万全の気構えで、来年4月ないし5月の運行に向けまして関係箇所と連携をとって、しっかりお願いしたいと思います。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかに。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 バスのデザインについては、具体的に何か話は進んでいるんですか。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 まだ具体的には進んでおりませんが、私どもとしましては、一応、西も東もおかげさまで鬼太郎バスが両方とも走っておりますので、できれば北路線につきましても、水木さんの方にぜひお願いをしまして、ぜひ、そういうふうなものを走らせたいなという希望は持っています。
◆大須賀 委員 
 東路線の鬼太郎バスに続いて、御存じのように西路線も鬼太郎バスになりましたよね。しかも、担当の職員の方の御努力でバス会社のお金でやっていただいて、市にとってとてもありがたい話で、なおかつ東の鬼太郎バスと違って、当然、味の素スタジアムが近いんでサッカーの要素も取り入れたという、地元でも非常に評判がいいんですよね。
 基本的には、今、鬼太郎バスということになるかと思うんですが、当然、北路線は行く行くは深大寺方向を想定しているわけですから、イメージはイメージでまた御検討いただいて、例えば、将来的なイメージも含めて、その説明会で聞いてもいいと思うんですよね。そういった中で、今の東、西に準じた形で、ぜひデザイン的にも御配慮したものにしていただきたいと思います。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 川畑委員。
◆川畑 委員 
 ミニバスの折り返し地点は、先ほど民有地をお借りするということだったんですけども、民有地を借りるということは、やはり、幾らかお金がかかっているかと思うんですが、かかりますよね。それは一体どのぐらいで、どのぐらいの期間で考えていらっしゃるんでしょうか。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 当然、民有地でありますので、それと先ほどお話がありましたように、地主の方の非常な好意をもちまして、場所的にはちょうど原山線、神中を登っていくあたりの場所なんですが、 400から 500平米を考えておりますので、具体的にはまだ数字の話は詰めておりませんが、少なからず私も地主の方に3回ほどお会いしまして、大体合意に達していると。ただ、額的なことにつきましては、今後、交渉していきたいと、そんなふうに思っています。
◆川畑 委員 
 ぜひ後手後手に回らないようにしていただければということだけ要望させていただきます。
 それと、もう1点だけよろしいですか。
○伊藤 委員長 
 どうぞ。
◆川畑 委員 
 先ほど大須賀委員から言われましたデザインに関してなんですけども、確かに私も鬼太郎バスとかそういうのはいいと思うんですが、これは、前も宮本議員から一般質問で出たと思うんですが、ラッピングバスとして、広告塔として使用されるお考え、あるいは、これからの御検討はあるのかという点はどうなんでしょうか。
◎工藤 環境部長 
 広告塔というのは非常に難しいんではないかなと。東も西も、あるいは、バス会社の方で費用を負担してもらったと。例えば、西路線がどうして今までできなかったというのは、最初は全部市の方でもってくれよと。聞くところによると、何か半年で60万円の広告という話がありましたので、今後も何とか水木さんにお願いして、鬼太郎、もちろん市民の北の説明会のときにお聞きしながら進めたいと思っていますけども、ただ、深大寺も鬼太郎茶屋もありますんで、そんなことをやりたいと思っていますけども、バス自体はバス事業者の所有でありますので、それに広告というのはちょっと難しいのかなというふうに思っています。
◆川畑 委員 
 そこは、やはり、交渉事だと思うんですよね。赤字が出るんであれば、財政難であればあるだけ、それをどこから負担していくかという問題ですんで、それ、交渉事で、ラッピングバスで広告を載せることができるんであれば、それでペイできるというわけではないでしょうけれども、そういう努力もしていただければという要望で終わらせていただきます。
○伊藤 委員長 
 渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 ここの場所は神代中学から下がってくる、結構、交通量が激しいんですよね。御存じのように交差が非常にしにくい場所で、神代中学の方に鋭角に曲がっていますから、隅切りもきちっとしていないし。今度、バスの折り返し場として予定している反対方、植木だまりがありますよね。あそこも近所の地主さんが持っているところですけど、私の情報では協力してもいいと。当然、原山線が入っているところですから、事によったら買っていただいてもいいのかなという希望もあるんじゃないかと思うの。
 これ、今、本当に言ったように、あそこは今度バスがたまるようになって、実際にはどういうふうになるか、頭の中で描いてもわかんない部分もあるんですけど、何しろ交通量が非常に見にくいというところなので、そうやって、反対側の方、地主さんの方も協力してもいいという意向があるから、ちょっと当たってみて、あそこが広くなればそれだけ交差もしやすくなりますから、ぜひ頭に入れていただいて、ちょっと交渉してもらいたいなと。
 それと、せっかくバスが走り出すということになれば、当然、神代中学の方に上がる両サイドの地主さんたちも目につくわけですよね。今、あそこがなかなか拡幅できないという意味では、交渉しやすい材料の1つにはなると思うんですよ。ぜひ、7階の方の担当者の方と連携をとりながら一刻も早い開通をお願いしたいと思います。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかに。任海委員。
◆任海 委員 
 暫定でバスが佐須街道まで来るというのは賛成なんです。ここで説明会をやったりすると、それから上はどうするかという問題が必ず出てくると思うんですね。そこで問題の整理もきちんとしながら、さらに北側へ延ばして、野ケ谷団地あたりの方々の長年の要望にもこたえていくんだという姿勢は、やはり、きちんとされておく必要があるんじゃないか。
 その上で、今、何でそこのところがいけないんだというネックになっている問題も、やはり、きちんと話も、どの程度まで住民の中で話をするかという問題がありますけども、きょうは議会ですから、どのような実態かということをちょっと話をしていただいて、今後、その解決に向けてどういうふうに努力しているのか。3階よりも7階の問題に係ると思いますけども、道路担当は望月さんでしたっけ。初め3階の方から話してもらって、道路の問題については7階の方から話してもらえればと思いますけど。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 まず、佐須街道につきましては、暫定のところまでは時間が経過をすればできるだろうということです。
 それから、原山線を神代中学校に登っていくところ、両サイドが畑になっていますけれども、あそこ自体は狭いためにバスが通れない。これがまず1点ですよね。それから、さらに上がっていきますと、次の問題は明治大学のグラウンドのところが狭くて通れない。それから、さらに明治大学を上がったところの信号に当たりますけれども、あの信号のところが一部一方通行ということで、まずここで3つ。一方通行の解除もしなければいけない。解除しなければ、神代植物公園の右に行く方、非常に鋭角に曲がったりしなければいけませんから、これはとても警察が許可しないだろうと。そのところもあります。
 それから、原山線をずっと行きますと野ケ谷団地に入るところの道路がありますけれども、そこが居住者専用道路になっていて20キロ規制がかかっている。それも野ケ谷団地にお住まいの方と話し合いをして、20キロ規制だと恐らくバスは通れないんじゃないかということで、それも話をしなければいけない。それが全部解決すれば、めでたく理想線という感じであります。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 道路課の方でいいですか。はい、望月参事。
◎望月 都市整備部参事 
 今、課題が幾つかというか、結構、問題があるわけですが、道路課として取り組んでいるのは、その入り口の狭いところの道路を若干広げるということで、地権者の方といろいろ交渉しているんですが、地権者の御理解がなかなか得られないという状況で、そういう意味では、なるべく地権者の方に理解をいただくように粘り強く交渉していくしかないのかなというふうに思っています。
 あと、あそこの3・4・18という都市計画道路がかかっているということなんですが、その路線について、今、どうこうという形にはなかなかできない状況にございまして、今、明大グラウンドの関係でいろいろ情報が出ている中で、その状況を見ながら市としての対応を、3・4・18自身をどうするかという部分も考えていかなければいけないのかなというふうには考えておりますが、ただ、それはなかなか見えないところがありましてという状況でございます。
◆任海 委員 
 一番初めの地権者との交渉というのは、神代中学へ登っていくところの狭い道の問題ですよね。交渉しているが理解できないというのは、はっきり言って境界査定が不調だということでよろしいんですよね。
◎望月 都市整備部参事 
 結構です。
◆任海 委員 
 これは、境界が確定できないというのはなかなか大変なことで、これからの解決も考えていくと大変な問題なんだけど、都市計画道路として16メーターか18メーターかちょっとわかんないけれども、原山線が入っているわけでしょう。これは、都市計画道路としての拡幅でなくて、暫定的にバスが通れるだけの広さに拡幅することができないのか。それでも境界が確定していないといろいろ問題があるんだけれども、暫定的に境界が不確定であっても、例えば、両側に2メーターずつ拡幅するという買収をかけたようなときに、法律的に、あるいは条例から照らして問題になりますか。とりあえず境界は不確定のままで。だから、都市区画道路でつくってあると、それはきちんとしなければならない。境界が確定していないと手続の関係でもできないと思うけれども、暫定道路の整備ということで広げた場合に何か問題になることはありますか。
◎望月 都市整備部参事 
 今のお話は、都市計画線がかかっている中にある部分を道路にしましょうということでございますよね。境界が決まっていなくとも、例えば、18メーターあれば、そのうちの10メーター分だけ広げればいいじゃないかというお考えですよね。
 それ自体は、地権者さんの御理解がいただければ可能だとは思います。やはり、将来的な問題ですから、ある部分だけ広げて将来にまた広げますよということで地権者さんがまた御理解いただければ、それは可能かと思います。
◆任海 委員 
 では、私は、その方法を具体的に検討してみたらどうかと思うんです。原山線は深大寺の方へ行くと広がっていますよね。それから、国領の入り口のところも広げてきた。しかし、まだまだ全体が開通するまでには相当時間とお金をかけなきゃならないわけですね。ですから、今の佐須街道から神代中学の間だけ、とりあえずバスが通れるということにすれば、都計道として考えないで、今言った一般市道の暫定整備という形をとって地主さんの協力は得られないか。ひとつ新しい角度で交渉してみるということを検討されたらどうでしょうか。
◎望月 都市整備部参事 
 そういう意味で、今、交渉しているものは、実際にバスが通れる部分だけ、必要最低限のものを今お願いしているという状況なわけです。そういう意味では、またそれ以上広げるような意味合いなのかわかりませんが、今、そういう意味で、バスが通れる必要最低限の幅員でお願いをしているという状況でございます。
◆任海 委員 
 そうしますと、今、交渉しているというのは、査定不調の問題については地主さんにどういうように説明されているんですか。査定が不調であっても、これだけ買収に応じてくれという話をされているんですか。
◎望月 都市整備部参事 
 いや、その査定の話と当然広げる話と両方あるわけで、いずれにしても、境界が決まらなければ相手としても御理解いただけない部分もありますし、我々は道路としての境界の部分が必要だということでお話をしているわけでございますので、そこのところ、確かに厳しい状況ありますけれども、なるべく御理解をいただけるように、ここのところ何回となく地権者さんにお話をしているという状況でございます。
◆任海 委員 
 ですから、私が言うのは、境界問題は棚に上げて、とりあえずバスが通れるだけ広げてくれということで交渉しているということであれば、都計道として仕上げるときは、やはり、境界をきちんとしなければいかんと思うんですけれども、暫定であれば境界問題を棚に上げながら、とりあえずこれだけ、その人が主張している境界からでもいいですよね。とにかく何メーター分買収させてくれないかというようなことをやって、それが法的に、あるいは条例上に何か抵触しないんであれば、思い切ってそれで話を進めたらどうかということなんです。
◎望月 都市整備部参事 
 御意見としてお伺いしたいと思います。
◆任海 委員 
 では、ぜひ、よろしくお願いします。
○伊藤 委員長 
 ほかに。渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 ちょっと確認なんですけど、明治大学のグラウンドのところにマンションができるという話ですよね。当然、そうなれば、あそこは計画道路のところまで下がってもらうことになるし、先ほど工藤部長が一方通行云々と言っていましたけど、神代中学をあわせて、そのとき工事ができるような形にもっていく気があるのかどうなのか。どうですかね、部長。
○伊藤 委員長 
 中倉部長。
◎中倉 都市整備部長 
 明大のところについては、いろいろお話をさせていただいておりますけども、まだ売買がきちんと成立していないということになっておりますから、等価交換でやりたいということで、向こうとの交換です。ただ、明治の代理であります長谷工とは、当然、都市計画道路が走っているということを申し上げておりますし、工事に入る際には、そのことの認識もありますから、計画線に下がるということは、当然のこととして市として要望するということになろうかと思います。
 それ以外にもさまざまな課題があるところでありますので、これは売り主である明治にもお話をしておりますし、長谷工にもそういう話をしているということでございます。
◆渡辺 委員 
 大部分がという感じですから、明治の結果によって、かなり拍車がかかるような気がするんですよね。もし神代中学の下までおろせるとなれば、今、任海委員が言っていたような部分についても、地主さんに対してもそういう意味ではいい見本が、ここまで来ちゃったみたいな形がとれるような気がするんですよ。それは、一遍にできないにしても、もうここまで計画が来ましたというものを交渉の中でも示すことができると思うんですよね。意欲を見せないとなかなか進まないと思うんで、ぜひ意欲をもって取り組んでいただきたい。もう何十年もかかっているわけですから。お願いいたします。
○伊藤 委員長 
 ほかになければ、次、28、29ページ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、これで環境部所管の質疑を打ち切ります。
 ここで理事者入れかえのため暫時休憩いたします。
 再開は11時10分といたします。
   午前11時0分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午前11時10分 開議
○伊藤 委員長 
 それでは、委員会を再開いたします。
 都市整備部所管の説明を求めます。はい、塩足都市政策担当課長。
◎塩足 街づくり推進課都市政策担当課長 
 それでは、28、29ページをお願いいたします。
 款40「土木費」、項15「都市計画費」、目30「都市基盤整備事業基金費」でございます。
 節25「積立金」に 1,904万 9,000円を都市基盤整備事業基金として積み立てるものでございます。これは、開発行為に伴います一般寄附金を積み立てるものでございます。
 内訳は、財源内訳の欄にございますように、平成17年度分としてこれまでに収入した一般寄附金 1,659万 9,000円と16年度末近くに収入し、17年度に繰り越された 245万円を積み立てるものでございます。
 なお、当基金の平成16年度末の残高は約35億円でございます。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 理事者の説明は終わりました。これより都市整備部所管の質疑を許します。
 28、29ぺージ。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 1点だけ確認なんですが、開発行為に基づく一般寄附ということで、あえて名前を出しますけども、リクルートコスモスと安藤建設のペアによる、協力しませんよという件が調布市内で2ヵ所ありましたよね。それ以外は、それ以降、きちんと市のお願いを聞いていただいているかどうか、それを確認したいと思います。
○伊藤 委員長 
 内藤課長。
◎内藤 開発調整課長 
 今のところ、協力はしていただいております。
○伊藤 委員長 
 ほかに。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、これで都市整備部所管の質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第51号「平成17年度調布市一般会計補正予算(第2号)」、建設委員会所管部門、本件につきましては原案了承と決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、議案第51号の建設委員会所管部門は原案了承と決しました。
 ここで理事者入れかえのため暫時休憩いたします。
   午前11時13分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午前11時14分 開議
○伊藤 委員長 
 委員会を再開いたします。
 それでは、議案第44号「平成16年度調布市一般会計歳入歳出決算の認定について」、建設委員会所管部門を議題といたします。
 本件の審査の進め方につきましては、理事者の入れかえを挟みながら、最初に環境部所管の説明、質疑を受けた後、続いて、都市整備部所管のうち民生費の社会福祉費から土木費の道路橋りょう費までの説明、質疑を受け、次に、土木費の都市計画費から住宅費までの説明、質疑を受けたいと思います。
 また、質疑につきましてはページを区切って審査を進めてまいりたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 なお、理事者におかれましては、要領よくかつ簡潔に説明をいただきますようお願いをいたします。
 それでは、本件につきまして理事者の説明を求めます。
 最初に、環境部所管の説明をお願いいたします。はい、広田交通安全対策課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 決算書の 100、 101ページをお願いいたします。
 交通安全対策課所管分につきまして御説明を申し上げます。
 款「総務費」、項「総務管理費」、目「交通安全対策費」です。支出済額は 1,149万円余で、ほぼ前年度と同様の状況になっておりまして、執行率は 96.34%となっております。
 それでは、備考欄をごらんください。
 初めの◎交通安全対策事務費でございます。主な内容を御説明いたします。
 最初の○印の消耗品費は、高齢者交通安全講習会テキスト及び小学1年生に対する黄色い帽子やランドセルカバー、校章等の購入費でございます。
 次の○交通安全協会補助金でありますが、調布交通安全協会は、調布警察所管内における交通状態の改善を図り、交通の円滑と安全の促進を目的とする団体であることから、交通安全に寄与する団体として補助金を交付しているものでございます。金額は、前年度決算額と同額となっております。
 次に、 102、 103ページをお願いいたします。
 備考欄をごらんください。
 最初の○調布警察署園児交通安全防犯連絡会と次の○調布警察署自転車交通安全母の会に対する補助金でございます。
 園児交通安全防犯連絡会は、調布警察所管内の幼稚園と保育園で組織する団体で、調布警察署自転車交通安全母の会は、同じく管内の小学校で組織する交通事故の防止と防犯を目的として活動する団体であり、ともに交通安全運動を初めとする交通事故防止活動に協力いただいていることから補助金を交付しているものです。いずれも前年度と同額の執行になっております。
 その次の○東京都市市町村民共済加入負担金につきましては、ボランティアとして交通安全活動に参加する機会の多い交通安全協会の役員に対する加入負担金を補助しているものです。昨年度とほぼ同額の執行となっております。
 次の◎交通安全運動費ですが、主な内容を説明いたしますと、最初の○子ども交通教室指導員報酬は、子ども交通教室の指導員5人分の報酬であります。また、2つ飛びまして次の○交通安全運動運営委託料は、交通安全市民の集いを調布交通安全協会に委託したことによるもので、前年度と同額を執行いたしております。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。小豆畑環境保全課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 私からは、環境保全課所管分について御説明申し上げます。
  248ページから 249ページをお願いいたします。
 款20「衛生費」、項5「保健衛生費」、目15「環境整備費」です。
 執行額は1億 5,040万円余であります。全体の執行率は95.3%となっております。前年度と比較いたしまして約 4,750万円の減額となっています。主な理由は、約 3,100万円の経費を要しました2ヵ所の公衆便所の新設並びに改修工事と緊急地域雇用特別事業で実施いたしました総合的な学習の時間に対応する地域プログラム等作成事業が終了したことによるものであります。
 それでは、順次、主要な事業について御説明申し上げます。
 備考欄をお願いいたします。
 ◎環境保全事業費です。最初の○環境保全審議会報酬ですが、平成7年に施行されました調布市環境管理計画の見直しについての諮問を受けまして作業部会を設け、9回の論議を経て、現行計画の見直しと新たな環境基本計画の骨子について市長に答申をしております。
 それから、5つ下の○をお願いいたします。競輪場周辺対策交付金ですが、競輪場周辺にお住まいの方々の生活環境の悪化を防止するため23自治会に補助金を交付させていただいて、美化活動の推進及び生活環境の向上を目指しております。
 次に、4つ下の○をお願いいたします。都市美化推進費についてであります。前年度の京王多摩川駅周辺に続き、関係自治会並びに商店会等の御協力により仙川駅を美化推進重点地区に指定しましたことから、地区指定と歩行喫煙及びポイ捨て禁止の看板を設置したものです。
 以下、ゴミ運搬委託料と清掃器材購入費及び清掃委託料は、多摩川クリーン作戦、野川クリーン作戦や、地域及び団体の自主的なクリーン作戦で収集したごみ運搬に要した経費と駅周辺の清掃に要した経費であります。あわせて東京市町村共同事業実行本部による喫煙マナーアップキャンペーンとタイアップしたキャンペーンを実施しております。
 その下の○環境学習支援事業費でありますが、調布市自然環境保全計画に基づき、行政とのパートナーシップを基礎とした市民参加による環境学習の場を提供し実施してきたものであります。
 それでは、 250、 251ページをお願いいたします。
 一番上の環境学習支援事業運営委託料ですが、環境モニター活動、こどもエコクラブ並びに自主的な市民活動等の企画、資料作成、講師派遣等の運営をNPO法人に委託したものです。
 次に、備考欄中段下の◎ゆう水保全事業費です。ゆう水保全施設費は、湧水の保全回復を図るため雨水浸透ますを野川以北の宅地内に設置したものであります。
 その下の◎地球環境保全基金についてであります。地球的規模の環境問題への貢献のために、地域で行動することを目的として基金を積み立てています。
 ○の基金積立金は、ごみ対策課の資源物売り払い代金 6,200万円余と一般からの指定寄附を財源としていますが、雨水浸透ます設置費、資源物の地域集団回収事業奨励金、保全地区等補助金などに 5,900万円余を充当しています。年度末の基金積立額は1億 7,848万 2,631円となっております。
 次の◎公害防止対策費です。最初の○河川水質等調査費ですが、河川水質調査委託料並びに水生生物調査委託料は、市内の河川の水質汚濁状況を把握するのに要した経費であります。
 次の○大気汚染等測定調査費です。1つ目の・アスベスト調査委託料ですが、市内6地点でのアスベストの濃度測定に要した経費であります。結果といたしましては、大気汚染防止法による基準値を下回るデータが測定されております。
 次の・大気汚染等移動測定調査委託料ですが、市内3ヵ所で年4回、大気汚染測定を行ったものです。
 次の 252、 253ページをお願いいたします。
 一番上の大気汚染測定局測定調査委託料ですが、市庁舎と電気通信大学で通年測定を実施しているものであります。
 次に、2つ下の○地下水汚染浄化対策費、地下水汚染浄化調査委託料でありますが、多摩川3丁目の有機溶剤による地下汚染物質の除去作業を平成14年度から引き続き実施しているものです。平成16年度末でテトラクロロエチレンが作業開始時の環境基準値 2,100倍から 1,000倍程度に低下しております。
 次の◎ISO 14001事業費をお願いいたします。事業体である調布市役所が環境に与える負荷の軽減と環境の向上に寄与するためシステム運用と維持を図ったものですが、○維持事業費はシステムの審査に要した経費であります。2つ下の◎シックハウス対策事業費ですが、シックハウス対策用備品購入費ですが、市民の室内化学物質測定の要望にこたえるため、検知管方式による測定を実施しておりますが、検知管と空気採取装置を購入したものであります。
 説明は以上であります。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。中村ごみ対策課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 続きまして、ごみ対策課の説明をさせていただきます。
  254、 255ページをお開きください。
 平成16年度のごみ対策課に係る款20「衛生費」、項10「清掃費」の決算は記載のとおりでございますが、補正を含めた予算額に対して執行率は99.5%でありまして、支出済額39億 9,039万 9,883円は、昨年と比較しまして1億 5,931万 6,135円、4%の増となっております。
 16年度は、16年2月から始まった戸別収集が通年収集形態となり、同年4月から家庭ごみの一部有料化が始まったことにより、ごみ、資源物の収集運搬委託料や家庭用指定収集袋の作製・販売等委託料が増加する一方、15年度に新しい制度の事前広報等に要した経費を削除したことによるごみ減量運動費が大きく減額となったことが特徴的なことと言えます。
 以下、備考欄に従いまして主要な事項について説明し、その後、皆様方にあらかじめ配付しております16年度有料化についての説明をさせていただきたいと思います。
 まず、目5「清掃総務費」でございます。◎一般職人件費4億 3,648万 5,848円は、環境部付2名、ごみ対策課48名、合計50名の職員に係る職員給、扶養手当を初めとする諸手当、時間外勤務手当及び職員共済組合負担金の合計額でありまして、執行率は 100%、前年度比マイナス 5.3%、 2,464万 8,658円の減となっております。
 その次の◎クリーンセンター管理運営費 1,556万 5,887円は、クリーンセンターの敷地に所在する建築物及びストックヤードの維持管理、補修点検に係る経費でございます。執行率は87.3%、前年度比マイナス 4.1%の67万 2,003円の減となっております。
 次に、 256、 257ページをお願いいたします。
 ◎三多摩は一つなり交流事業は、15年度同様に日の出町の方 100人をお招きしまして、昼は深大寺や植物公園で開催されておりました深大寺フェスタを見学してもらい、夜は調布市花火大会を観賞していただきました。こちらの経費の執行率は98.4%であります。
 その下に記載されております使用料及び賃借料から役務費への70万 9,000円は、電話回線を増設するために諸経費から通信運搬費への流用を行ったところでございます。
 次の◎目10「塵芥処理費」でございます。執行率99.5%、支出済額は、15年度と比較いたしまして21%、1億 3,602万 4,812円増加しております。この増加要因は、先ほどからお話しさせていただきましたとおり、15年度途中から実施した戸別収集が通年の収集体制となったことと、家庭ごみの一部有料化により家庭用指定収集袋に関する経費が平年度ベースになったことであります。
 その項目の5項目目、臨時収集運搬委託料は、不法投棄、火災等で大量のごみの処理を臨時的に処理しなければならない場合に収集運搬を委託した経費でございます。
 その下、動物運搬処理委託料は、犬・猫の死体処理を16年2月から戸別収集の実施に合わせ運搬を業者委託としておりますが、決算額は 352万 335円ふえております。
 家庭用指定収集袋作製・販売等委託料につきましては、先ほど説明させていただいたとおりでございます。
 その下、9番目、有料収集ごみ袋等作製費は、事業系一般廃棄物収集袋と粗大ごみ用シールの作製に要した経費でございます。
  258、 259ページをお願いいたします。
 真ん中ほどの◎資源物収集費、こちらの方は15年度と比較しまして支出済額が42%、2億 5,624万 5,577円ふえております。これは、塵芥収集費同様、戸別収集体制が通年のものとなったほか、ごみの減量に対して増加した資源物の選別処理等の業務に係る経費がふえたことも要因となっております。
 なお、執行率は99.7%であります。
 最初の地域回収事業奨励金は、市民団体、回収業者に回収量に応じた奨励金を支給しております。
 その次のビン類・ペットボトル収集運搬委託料につきましては、それぞれの資源物の収集運搬に係る経費でございます。瓶類は毎週1回、可燃物と同一日に収集しております。また、ペットボトルは不燃ごみと交互に各週に1回収集しております。
 飛びまして、7項目目ごらんください。古紙類処理搬送業務委託料、こちらは毎週水曜日にクリーンセンターのストックヤードに搬入される古紙類を種類別に選別し、搬出させるために要した経費でございます。
 その下の牛乳パック収集運搬委託料は、市内の福祉作業所で構成されているリサイクル連絡会に委託し、各回収ボックスから牛乳パックを搬送するために要した経費でございます。
 その下、廃棄物等処分委託料は、粗大ごみや資源として回収された鉄くずや紙類をストックヤードから搬出して再利用業者まで搬送することに要した経費でございます。
 次に、 260、 261ページをお願いいたします。
 3番目の◎ごみ減量運動費につきましては、先ほどお話ししましたとおり、15年度に家庭ごみ戸別収集及び家庭ごみの一部有料化の実施に向けた啓発や広報活動に向けた経費が収拾したことにより、16年度決算額 2,590万 8,759円はマイナス64%の減となっております。
 4項目目、生ごみ処理装置等購入費補助金は、市民が一定程度の条件で購入するごみ保管容器、生ごみ処理機、同処理容器及び処理剤への補助金でございます。16年度は、戸別収集と家庭ごみの一部有料化の実施により市民の間にごみの管理と減量意識が高まったことから、申請件数でごみ保管容器が 368件、生ごみ処理装置が35件、それぞれふえております。
 その下の不法投棄防止パトロール委託料は、戸別収集、また家庭ごみの一部有料化により実施前から危惧されておりました不法投棄防止のために16年4月から5月までの2ヵ月間、毎日夜間パトロールを実施したためのものでございます。
 その次でございます。新ごみ処理施設基本計画策定費でございます。説明の方は 260から 263ページにわたります。こちらの方の執行率は97.8%であります。
 昨年度、調布市、三鷹市の職員24人で構成する新ごみ処理施設整備基本計画策定推進チームにおきまして、新ごみ処理施設整備基本計画検討委員会からの答申を踏まえまして、16年度各種基礎データの収集、分析及び調査等を行ったところでございます。
 その次の塵芥処分費の執行率は 100%。これを15年度と比較いたしますと、まず、二枚橋衛生組合負担金は 776万 5,000円の減、ふじみ衛生組合負担金は 2,844万 4,000円の減、東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合負担金は 5,969万円の減で、合計しますと 9,589万 9,000円の減となっております。
 塵芥処分収集費の方はマイナス59%の減でございます。
 塵芥収集車両管理費につきましては、ディーゼル車排気ガス規制対応のための粒子状物質減少装置の取りつけを行ったほか、本年2月から始めました不法投棄対策としての夜間パトロール用、こちらの青色回転灯を購入いたしました。また、この青色回転灯を購入するに当たりましては、修繕料から流用したところでございます。その次の需用費・一般需用費から備品購入へ流用7万 8,000円がこちらでございます。
 最後に、目15「し尿処理費」でございます。し尿処理費につきましては、15年度同様の内容でございます。執行率は99.9%でございます。
 その次でございます。お手元の資料をごらんいただきたいと思います。ございますでしょうか。
○伊藤 委員長 
 ごめんなさい。ちょっと持っていない方もおられるみたいなので暫時休憩させていただいて、取りに行かれる方は取りに行ってください。
   午前11時34分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午前11時35分 開議
○伊藤 委員長 
 それでは、委員会を再開いたします。
 中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 申しわけございません。資料の方、お手元に行き渡りましたでしょうか。
 続きまして、お手元、資料がございますけれども、A3の見開きになっております16年度有料化という表題のついている資料がございます。カラーになっているものでございますけれども、こちらの資料の説明をさせていただきます。
 表が5つございます。まず第1表でございますけれども、こちらの方は15年度、16年度の決算額の比較をしたものでございます。
 先ほど私の方から説明をさせていただきましたけれども、一覧で示したことによりまして塵芥収集費、資源物収集費が大きく増加しました一方、塵芥処分費、さらにはクリーンセンター整備費、ごみ減量運動費が減ったことがおわかりいただけるものでございます。
 その次の表2でございますけれども、こちらの方は15年度当初に行っていましたステーション収集から戸別収集に切りかわりまして、16年度当初に行うことになった収集体制の比較をしたものでございます。表の一番下にございます収集車両合計、こちらの方をごらんいただきたいと思います。収集台数につきましては、15年度48台、これ、直営分を含むというふうになっておりますけれども、こちらが16年度は64台にふえております。この15年度の48台のうち2台は、表のすぐ上にございますけれども、有害ごみを直営で行っていたもの。この2台分につきましては、同じく16年2月から委託に切りかわってございますので、実質的には16年度、18台ふえたというふうな形になっております。
 続きまして、表3でございます。こちらの方はちょっと見にくいかもしれませんけれども、15年度と16年度の燃やせるごみと燃やせないごみの収集量の比較をさせていただいたものでございます。既に市報などでもお知らせしてまいりましたとおり、16年度は燃やせるごみが 5,760トン、13%の減量、燃やせないごみが 4,221トン、55%の減量を達成することができました。
 続きまして、表4、表5、こちらにつきましては、従来の無料ステーション収集と有料戸別収集に関連する歳入歳出をあらわしております。このおのおのの表の表記におきまして共通する事項について説明させていただきます。
 まず、歳入につきましては、表4におきましては塵芥処理手数料(家庭系)という括弧書きになっておりますけれども、これを16年度、一年分を、表5におきましては、16年2月から指定収集袋の販売をいたしたところでございますので、16年2月、3月の15年度2ヵ月分をあらわしております。
 次に、おのおのの表は、これはお断りさせていただきますけれども、財源充当表とはなっていないということでございます。歳入におけます塵芥処理手数料は、他の手数料同様、歳出の清掃費に充当されるものでございまして、本資料の中では表1に掲げた各事業に充当すべきものというふうになっております。
 3番目に、歳出についてでございます。表中の可燃ごみ、不燃ごみ、瓶、ペットボトル、缶、プラスチック、この6品目に係るものは、収集運搬に係る経費でございます。
 また、家庭系指定収集袋作製・搬出費以下につきましては、ステーション収集体制時にはなかった事業を掲載しております。このほか、戸別収集有料化の効果によりまして、ごみの減量と資源化に応じて経費増につながった資源物の選別、搬送費用、ごみ減量装置等購入費補助金等につきましては、新たな収集体制の経費としての線引きが難しいことから、ここでは除外しております。
 最後に、これら歳入と歳出につきましては、ステーション収集から戸別収集に切りかわったことによる経費の差を16年度決算額と15年度当初契約額を用いて、表4につきましては16年4月から17年3月までの12ヵ月分を、表5は16年2月から17年3月までの14ヵ月分の期間に応じてあらわしたものでございます。
 こうした共通事項をもとに歳入歳出の差としまして、表4では 448万 7,276円、表5では 1,781万 1,538円とあらわしているものでございます。
 説明は以上でございます。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。広田交通安全対策課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 それでは、 282、 283ページをお願いいたします。
 款「土木費」、項「土木管理費」、目「土木総務費」です。交通安全対策課所管分について説明させていただきます。
 備考欄の中ほどをごらんください。
 初めに、◎自転車対策費ですが、前年度と比べまして 1,683万円余の減額で、執行率は99.2%となっております。その主な理由といたしましては、つつじヶ丘駅西自転車駐車場を返還したことによる土地の賃借料の減額分でございます。
 続きまして、主な内容を説明いたしますと、最初の○土地賃借料ですが、これは、市内に43ヵ所あります自転車等駐車場のうち民間からお借りしている部分の土地賃借料でございます。
 ○が2つ飛びまして、上から4つ目の○になりますが、放置自転車対策指導員報酬であります。調布駅周辺の自転車の違法駐車指導を行っている指導員2人分の報酬でございます。
 その下の○放置自転車等業務委託料でございますが、国からの補助金を 100%活用して仙川駅をモデル地区として5人の専門誘導員を配置し、自転車等駐車場へ誘導を行ったものでございます。
 自転車等処分委託料でございますが、これにつきましては放置された自転車で引き取りがなく、保管期間を過ぎた自転車の処分に係る委託料でございます。16年度には約 8,700台の自転車を撤去いたしまして、そのうちの58%に当たる約 5,000台の返還をいたしましたが、残りの約 3,600台を処分するのに要した費用でございます。
 続きまして、 284、 285ページをお願いいたします。
 備考欄をお願いいたします。
 最初の◎公共施設管理公社業務委託料ですが、前年度より約 779万円余、率にして 7.1%の減額となっております。この内容といたしましては、市内9駅の周辺の自転車の誘導員18人と、43ヵ所ある自転車等駐車場の整理員51人、さらに上石原とつつじケ丘にあります保管所の返還業務にかかわる職員12人の合計81人分に係る一年分の報酬でございます。減額の理由といたしましては、自転車駐車場の閉鎖に伴う整理員の人数減が主なものでございます。
 次の◎自動車違法駐車対策費は、調布警察署と連携を図り、調布駅南北における違法駐車対策を実施いたしたものであります。この対策は平成13年10月から実施を始めたものですが、成果といたしましては、開始前の平成13年4月には1ヵ月で約1万台あった違法駐車台数が平成16年4月には約 4,000台前後へと減ってきております。
 次の◎ミニバス運行事業費につきましては、ミニバス西路線への運行事業補助金の執行です。西路線は平成12年度から運行を開始いたしまして、おかげさまで順調に推移し、5年間で 123万人の方々に御利用いただきました。また、東路線につきましても平成15年から運行を開始し、2年間で約38万人の方に御利用いただきました。東西路線を合わせますと約 162万人の方々に御利用いただきまして、市民の身近な交通手段として定着してまいりました。
 続きまして、 286、 287ページをお願いいたします。
 目「交通安全施設費」でございます。執行済額は2億 7,433万円余、執行率は99.9%で、前年比 8,829万円余、率にして47.4%の増となっております。その主な要因といたしましては、自転車駐車場等整備費でありまして、仙川駅に収容台数約 3,000台の自転車等駐車場を建設して駅前放置自転車を解消するための負担金でございます。
 それでは、備考欄をお願いいたします。
 最初の◎交通安全施設維持管理費でございますが、その主な内容を御説明いたします。街路灯、ガードレール、カーブミラー等に係る維持及び修理の費用でございます。
 最初の○ですが、光熱水費 7,300万円余は、調布市内にあります約1万 3,400基の街路灯の電気代でございます。
 次の○ですが、施設維持補修費は、市内にありますカーブミラー約 2,300本余りのうち約 200本分の修繕費でございます。また、ガードレール、ガードパイプを合わせた総延長は約45キロメートルございますが、そのうちの80ヵ所余りの維持補修のための経費であります。
 次の○ですが、道路照明設置等工事費でありまして、約 100基の街路灯の明るさ改善を図ったものであります。
 次の○防犯街頭電気料助成金でありますが、これは多摩川住宅内の約 1,250基の街路灯について電気料金の助成を行ったものであります。
 次の◎自転車駐車場等整備費ですが、最初の○は国領駅北側と柴崎駅西側に整備した自転車等駐車場の整備費でございます。
 次の○は自転車駐車場整備費負担金でございまして、先ほど御説明いたしました(仮称)仙川駅東自転車等駐車場負担金でございます。
 その次の◎は自転車駐車場用地で、調布駅北第2自転車等駐車場──小島町1丁目にございます──と調布駅北自転車駐車場──布田1丁目にございます──の用地取得に伴う用地特別会計繰出金でございます。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いします。生井下水道課長。
◎生井 下水道課長 
 続きまして、下水道課所管分でございます。
  306、 307ページをお願いいたします。
 右側備考欄中段、下水道事業特別会計でございます。主に雨水処理に要する経費としての繰出金ですが、前年度と比較しまして7%の減となっております。
 内容につきましては、議案第48号「平成16年度調布市下水道事業特別会計歳入歳出決算」におきまして御説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 続いてお願いいたします。小板橋緑と公園課長。
◎小板橋 緑と公園課長 
 続きまして、環境部緑と公園課所管分について説明いたします。
 下水道と同じく 306、 307ページの下の方の目20「公遊園費」をお願いいたします。
 予算現額のうち緑と公園課にかかわるものは7億 9,531万円です。執行額は7億 7,747万 1,083円、執行率は97.8%となっております。また、決算額は、西町公園新設工事などにより前年に比べ 2,200万円余、3%増加いたしました。
 以下、主な事業について備考欄に従い説明させていただきます。
 初めに、一番上の◎業務管理費は、直営作業に伴い執行した経費であります。
 初めの○作業用自動車購入費は、東京都条例によるディーゼル車規制でダンプ1台、老朽化によるトラック2台、計3台の買いかえに要した費用であります。
 3個飛ばし、次の 308、 309ページをお願いいたします。
 一番上の◎公遊園管理費は、調布市管理の都市公園仲よし広場等の維持管理に要した経費であります。
 最初の○公遊園台帳整備費は、提供公園のデータをパソコンに入力するなど公遊園の台帳を整備するのに要した経費であります。
 2つ飛びまして、管理運営委託料は、快適な施設利用を図るため、公遊園と緑道緑地 260ヵ所の除草、施設点検等の年間管理業務委託に要した経費であります。
 次の清掃委託料は、福祉関係団体などについての公遊園の清掃委託、便所清掃及びくずかごのごみ収集等の業務委託に要した経費であります。
 1つ飛びまして、警備委託料は、多摩川児童公園及び深大寺自然広場の巡回警備や受付業務等の業務委託に要した経費であります。
 1つ飛びまして、土地賃借料は、民有地及び国有地10園分の公遊園用地借り上げに要した経費であります。
 3個ほど飛ばしていただきまして、次の◎公遊園整備費をお願いいたします。これは、公園緑地などの新設や改修整備に要した経費であります。
 2つ目の○公園整備工事費は、多摩川児童公園利用者から長年にわたって要望のあった便所を新設するとともに、緑化重点地区、富士見町・西町地区にある西町公園の第1期新設工事に要した経費であります。
 続いて、緑道緑地整備工事費につきましては、仙川駅周辺地区地区計画内の緑地1号の整備工事に要した経費であります。
 次の緑化重点地区策定業務委託では、国分寺崖線の2ヵ所の物納地取得を核とした国庫補助事業の東部地区の整備計画の策定に要した経費であります。
 続きまして、 310、 311ページをお願いいたします。
 ◎公遊園用地費は、公遊園の用地を取得することに要した経費であります。
 まず、公遊園用地取得費は、国庫補助を仰ぎながら実施してまいります緑化重点地区、富士見町・西町地区整備事業として、どんぐり林公園用地 1,405平米を取得した経費であります。
 用地特別会計繰出金は、入間町第3仲よし広場ほか8ヵ所の公遊園用地取得のため土地開発公社への繰出金等として支出した経費であります。
 続く◎自然保護費は、調布の自然保護を目指し、そのシンボル的な事業の蛍飼育を行うのに要した経費であります。昨年の蛍観賞会は、平成16年6月1日から3日間開催いたしまして、 5,350人の観賞者がありました。
 続きまして、 312、 313ページをお願いいたします。
 次に、目25「緑化推進費」の説明をいたします。
 緑化推進費は、予算現額2億 9,520万円余、執行済額は2億 8,750万円余、執行率は 97.4%でありました。対前年比 6,000万円余、26.5%増となっておりますが、これは、緑化基本調査の実施と緑の保全基金への繰出金が増加したことによるものであります。
 備考欄に沿って説明いたします。
 一番上の◎緑化推進事業費は、公園緑地や道路の緑化を進めるとともに、民有地における緑の保全等を支援し、緑化推進していくための経費であります。
 3番目の○公遊園等樹木管理費は、柴崎公園等、比較的規模の大きい公園26園や直営では剪定できない高木などの剪定や刈り込みなど樹木管理に要した経費であります。
 次の樹木管理費は、主要市道の街路樹、植樹帯を管理することに要した経費であります。
 続きまして、崖線緑地等管理費は、国分寺、布田、仙川の崖線緑地の清掃、除草等の管理委託料や物納された国分寺崖線2ヵ所の国有地借り上げに要する経費として執行したものであります。
 次の市営苗ほ管理費は、岬苗圃、布田苗圃の維持管理に要した経費であります。岬苗圃管理組合の年間委託料などを執行いたしましたが、なお、昨年度は布田苗圃が昭和55年より借用しておりましたが、土地所有者の意向により返還することになりました。これに伴い土壌汚染状況調査の実施に要した経費が計上されております。
 次の緑化基本調査業務委託料でありますが、市内にはどのくらいの緑があるかという質問に最新の情報で答えるとともに、緑の保全事業に活用するため調査実施に要した経費であります。
 なお、調査の結果では、平成5年から平成16年にかけて緑率は36.7%から33.2%へ、 3.5ポイント、約75ヘクタール減少したことが明らかになりました。
 1つ飛ばしまして、緑と花の祭典運営費は、春と秋の2回、植木組合等の実行委員会により緑化推進を図るため緑と花の祭典開催に要した費用であります。
 2つ飛ばしまして、保全地区等補助金でありますが、残された民有地の緑を保全、創出するための補助制度として保全地区補助金、保存樹木補助金、生け垣新設補助金、保存生け垣補助金、保存樹木等せん定補助金の支払いに要した経費であります。
 続きまして、 314、 315ページをお願いいたします。
 ◎緑の保全基金ですが、緑の保全基金の繰出金は、基金の現金残高に対する利子と指定寄附及び児童遊園の一部を都市計画道路用地として売却した土地代金を繰出金として支出したものであります。この結果、緑の保全基金残高は、土地として20億 4,532万 5,212円、現金として1億 1,942万 8,829円となりました。
 以上でございます。
○伊藤 委員長 
 以上で理事者の説明は終わりました。
 それでは、午前中の審査はここまでといたしまして、午後にこの続きからということで審査を行いたいと思います。午後の再開は1時30分からといたします。
 委員会を休憩いたします。
   午前11時55分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午後1時29分 開議
○伊藤 委員長 
 それでは、委員会を再開いたします。
 これより環境部所管の質疑を許します。
 最初に、 100、 101ページからお願いいたします。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 その次のページにも関連するんですが、交通安全対策の中で、以前、私が建設委員会のときだったから何年前でしょうか、3年ぐらい前にちょっとお願いした意見がありまして、何かというと、実際にいろいろな事故が発生しますよね。車と車、車と自転車、あるいは歩行者、自転車と歩行者とかね。そういった情報をまず把握するためにも、市民に呼びかけて、どこでどういう事故が発生したのか。その地域の人が一番わかっているわけですから。自分自身で体験した人もいるでしょうし、あるいは、それを認識している人もいるでしょうしね。そういう情報を市民に呼びかけて提供してもらうのが1つ。それから、あと警察と損保の会社に問い合わせれば、市内でどういう形態の事故がどこで起きているかわかりますね。そういう実態把握をしたらどうですかというのを私の記憶だと提案したことがあるんですが、この間、何か対応はなさったでしょうか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 市内で起きました交通事故につきましては、発生、特に死亡事故につきましては、警察の方と情報を交換いたしまして、どこの場所でどんな事故が起きたかということについては、なるだけ早く把握をするようにして周知するようにいたしております。
 以上でございます。
◆大須賀 委員 
 よく言われることなんですけど、確かに死亡事故が起きれば対応がとられるんです。例えば、信号機の設置にしても、交通安全の何らかの表記にしても、逆の言い方をすると、死亡事故があれば初めて警察は対応してくれるんですね。違う言い方だと、死亡事故がない限りは、死亡事故の一歩手前、あるいは死亡事故に至る可能性が極めて高いところでも、はっきり言って、警察は基本的に余り積極的にやってくれないですよね。だからこそ市の方で、そういう危険箇所、死亡事故に至っていないけども、明らかに危険箇所だと言われるところをまず把握して、具体的にどういう対策がとれるかというのをやっていただきたいという話を以前したんですね。
 それに対してのその当時の御回答は、郵便局の関係の職員の方が配達も含めて回っていますよね。そういったことで郵便局がある程度把握しているので、そちらの方の情報はいただいていますよという話だったんです。私は、そのとき、もう一歩広げて市民にも呼びかけて、私が実際に自転車で通っている道にも明らかに危ない危険箇所があるんですね。そういうのはどうでしょうかと言ったんですけども、特に対応はしていなかったんですかね。どうでしょうか。
◎広田 交通安全対策課長 
 事故の情報だけではなくて、ここでこういった交通安全施設が必要ですよというような情報については、随時市民の方からもいただきますので、そういったものを課の中で十分周知徹底を図るようにして情報の共有化を図っております。
 以上でございます。
◆大須賀 委員 
 最後に、改めての提案にしますが、随時受け付けるというのもわかります。ただ、一定の期間、例えば、次の交通安全の期間中に、これから秋にありますよね。秋でもいいし、間に合わなければ春でもいいんですけども、言い方は別として、例えば、調布市内の交通危険マップをつくりますよと。それで積極的に呼びかけて、例えば、交通危険マップをつくるというふうなことが、よく市民との協働と言いますけれども、プログラムって幾つもないじゃないですか。そういった中で、そういったことをすることによって、市民との協働もできるし、実際に危険な箇所で現実的な対応をすることによって減ってくるわけですから、ぜひ御検討いただきたいと思います。
 それから、自転車のマナーとかはここでいいんだっけ。
○伊藤 委員長 
  101ページの中にあれば(「交通教室だからいいんじゃないの」と呼ぶ者あり)、交通教室は次のページじゃないですか。
◆大須賀 委員 
 では、次のページでやります。
○伊藤 委員長 
  100、 101ページ、ほかにございますか。はい、任海委員。
◆任海 委員 
 報酬の不用額が約30万円近く出ているんですが、これは何ですか(「済みません。今のは 103ページ」と呼ぶ者あり)。 101ページ、下から3行目、29万 6,000円。
○伊藤 委員長 
 答弁を求めます。広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 子ども交通教室等の講習報酬費の減額でございます。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 これにつきましては、全体の予算が 550万円ほどあって、要するに、指導員の報酬ということで5人分で時間給で出していた。そういう中での30万円ですので、率からいくと90数%の執行率ですので、それの不用額ということで、例えば、月曜日だけが休館日みたいな形をとっておりまして、全体の代表指導員が1人いまして、それから、あと4人は普通の指導員ということで、その時間給、たしか 1,290円ぐらいというように載っておりますけれども、それに対する一年間の中での事業活動の中での不用額ということでございます。
◆任海 委員 
 わかりました。
○伊藤 委員長 
 ほかに。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ 102、 103ページに移ります。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 先ほどの自転車のマナーについてなんですが、無灯火の自転車の対策についてです。この当該年度は、無灯火の自転車対策については何か具体的におやりになったんでしょうか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 無灯火の自転車については、さまざまな皆様から何とかしてほしいという御要望をたくさんいただいております。ここで秋の交通安全運動を控えまして、警察等との打ち合わせ会も実施しております。その中で警察に対しましては、取り締まりそのものは警察の分野ですので、強く要望を行って、ついこの間も行ってまいりました。警察さんの方の言い分としては、努力はしているけれども、なかなか全部手が回らない部分もあるというようなお話でしたので、交通違反の1つになりますので、引き続き厳しく取り締まっていただくようにお願いをしてまいったところでございます。
 以上でございます。
◆大須賀 委員 
 今、御認識されているように、無灯火の自転車というのは凶器ですから、自転車にとっても歩行者にとっても、あれ以上危ないものはないですよね。なおかつ無灯火で走っている人の傾向としては、無灯火だと当然、安全確認しない人の方が多いですから。今の警察の取り調べというか努力もわかりますけれども、恐らく警察は盗難自転車についてはとても熱心だけれども、無灯火については、警察の評価につながるかどうかわかりませんけれども、正直言って余り熱心じゃない。
 そこで、条例をつくって、無灯火 1,000円なり 3,000円なり取るという方向のお考えというのはありますでしょうか。
◎広田 交通安全対策課長 
 御指摘のとおり無灯火自転車、非常に危ないということは十分に認識いたしております。条例をつくって取り締まるというのも1つの方策ではあると思いますけれども、その前に、まず自転車の販売業界の皆様を通じてお買いになるときに自動的に発光するライトのものを御購入いただくとか、要するに、ダイナモ式で踏まないと電気がつかないという形式のものがございます。踏んで倒してタイヤの横の部分に接触させて電気をつけるというタイプの自転車と、それから自動発光式の自転車がございますので、夜間になれば走っているだけで自動的に発光するというタイプの自転車もございますので、そういったものの普及についてお願いをしてまいりたいというふうに考えております。
◆大須賀 委員 
 最後は要望にしますけど、無灯火のほとんど 100%近くは球切れなんですよね。だから、物理的に本人が灯火できるんだけれども、怠慢こいてというか、結果的に灯火しないで走っているんじゃなくて、電球切れなので、実態はもう 100%近く本人が確信犯なんですよ。そうすると、警察の努力だとか、市役所がスローガンを 100万遍唱えても、絶対に減らないと私は思っています。
 私の確信は、条例をつくって罰金を取ることしかないと思っていますから、ぜひ積極的に、この秋の交通安全も通じてでもいいですけれども、この一年間検討してください。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかに。渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 今、大須賀委員の方からマナーのことでお話ありました。私も先日、廊下で課長に立ち話程度で、どうも自転車に乗る人のマナーが悪いねと。右も左も勝手に、車に向かって走ってくるからね。夜なんか、今、大須賀さんが言ったように無灯火で車に向かって走ってくる自転車がある。それで事故を起こして車が悪いというのはどうも納得いかない。私が以前勤めていたところ、知っていると思うんだけど、2人乗りで外に行ってお巡りさんに捕まって始末書を書かされたりとか、そんなこともありましたけど、今、お巡りさん自体が結構、信号無視して平気で自転車で甲州街道を横断したりとか、そんなものも見受けるし、実際そうなの。この間もびっくりしたんだけど、やはり、自転車のマナー違反については厳しく、今、無灯火のことを言っていたけど、本当に厳しくしないと、結局、これがいいからあれもいいみたいになっちゃうから、課長、本当に大変だけど、本当にしつこく、くどく、怒って言わないとだめだと思うんですよ。子供には交通教室の中で本当にマナーをきちっと教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 要望ですか。
◆渡辺 委員 
 はい。
○伊藤 委員長 
 はい、川畑委員。
◆川畑 委員 
 ママチャリの件で、前回一般質問させていただきまして、部長の方には積極的に施策を考えていただくという御答弁をいただきまして、ありがとうございました。東京都のハートフルキャンペーン、無償供与された帽子、ヘルメットに関しては効果を奏して、結構、あちらこちらのところで見かけるようになったんですけども、市報にもいろいろ積極的にやられているのはわかるんですけども、それから一歩進んだことで、ぜひ調布市も無償ではなくとも半額、あるいは、それに対しての一歩進んだ施策を考えていただけるのかどうかをいま一度お聞きしたいんですけれども。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 3月の一般質問ですか、お答えをさせていただきました。ちょうど東京都もそれに合わせまして、たしか調布も幼稚園3園という中で、モデル的に実施させていただきまして、ここでようやくアンケートの集計されたものが市の方に来ましたので、それを分析して、今後、これからちょうど予算の要求時期でもありますので、それらを参考にしながら、あるいは東京都ともお話をしながら対応してまいりたいと、そんなふうに考えています。
 それから、今、市報のお話がありましたけども、最近、やはり、子供の自転車の事故もお母さんたちが多いということで、まちのあちこちで、帽子をかぶっている、ヘルメットをかぶっている方が前に比べると少し多くなっているのかなと。ということは、やはり、啓発活動も大事だろうし、分析をしながら、どういうふうな対応をすればいいのかどうか、これを考えてみたいというふうに思っています。
 以上です。
◆川畑 委員 
 つい先日も、頭蓋骨陥没という事件が発生したというデータも入りまして、小さな命ですから非常にほうっておけないなと。やはり、今、部長が言われましたように啓発活動、保育園、小学校、幼稚園に対する啓発活動は、ぜひ積極的にやっていただきたいと思います。
 それと、大須賀委員、渡辺委員からも出ました。3月の一般質問でも言いましたけども、自転車に関してのマナー教室、高齢者及び中間層の方々のマナー教室は、現時点でどうなっているのか。それから、これから先はどうやられていくのかという意見、お聞かせください。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 今、御指摘がありました自転車のマナー教育ですけれども、幼稚園、保育園層の方については子ども交通教室、小学校3年生までについては、それらの方々を対象に子ども交通教室を実施いたしておりますが、それを上回る年齢の方々を対象としたものは特にやっておりません。今、御意見をいただきましたので、ちょっと考えさせていただきたいなというふうに思っております。
◆川畑 委員 
 警察の方では、たまにちょこちょことやられているみたいですけども、それは、市報で募ってマナー教室をしっかりとしていただかないと、今言われていましたように、危険な凶器が走り回っているという状態ですから、これは、ぜひ要望としてお願いいたしたいと思います。
○伊藤 委員長 
 続いて、福山委員。
◆福山 委員 
 関連している話なんですが、その上の方の団体交付金の支出をされている自転車交通安全母の会の内容というか、どういう団体なのか教えていただけますか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 こちらは、調布市内にございます小学校のお母さんたち、お父さんも昨年から入るようになったんですけども、お子さんを持つ親御さんたちでつくる交通安全と自転車事故の防止を目的とする団体でございます。現在、市内の学校のうち約10校の加盟をいただいておりまして、交通安全運動、その他の、例えば、自転車クリーンキャンペーンでありますとか、そういった活動に一緒に取り組んでいただいて、それらをそれぞれのお子様たちにも普及していただくというような活動をお願いしております。
◆福山 委員 
 市内10校ということですね。ということは、市内小学校20校で10校入っていないということですよね。この母の会に入られていない方たちに対してデメリットがあるかと思いますが、何かありますか。
◎広田 交通安全対策課長 
 御指摘のとおり、なかなか全校が加盟するに至っていないところがございますけれども、今、共働きの御家庭等もふえまして、PTA活動にも御参加がなかなか難しい状況というようなことも承っております。今後、少しでも広報活動を活発にいたしまして、多くの皆様にお入りいただけるように努力を継続していきたいと思っております。
◆福山 委員 
 過去に子供の交通事故がありまして、そのときに信号の移設等の申請をさせていただきました。そのときにお話を伺ったんですが、警察の方は、この母の会に入っていない学校、団体だからというふうなことを言われたということがありました。こういうことがあってはいけないと思うんですね。ですから、啓発活動、当然、各学校にどんな形でもこの母の会に入っていただくということは大事なことだと思いますが、入られていない理由があるわけで、だからといって警察の方はそれに対して不公平な扱いをするということはとんでもないことだと思いますので、そういうことがあってはいけないということで、何かそういう例が具体的にあるでしょうか。
◎広田 交通安全対策課長 
 具体的な例としては承ったことはございませんけれども、少なくともこの会に入っているから、入っていないからというふうなことは、当然、そういう事故に関して、あるいは御要望に関して、そういった反応があるということはあってはならないことだと考えておりますので、場合によりましては警察の方に事情を伺いながら、この組織が事故や移設等について、そういった入っているからどうのこうのというような組織ではないということについては、また改めて警察の方と連携をとってみたいなと思っております。
◆福山 委員 
 そのあたりは、ぜひ、よろしくお願いしたいと思います。
 それともう1点、今、川畑委員の方からもお話がありましたように、最近、子供の自転車の事故というのが非常に多いんですね。頭蓋骨陥没の事故の当事者も私、知っておりますけども、お父さんの目の前で自転車に乗っていた子供が転倒して頭蓋骨陥没というようなことになったわけですけども、今、川畑委員がおっしゃったハートフルキャンペーン、こういったことを通してヘルメットの啓発活動等も、できればこの交通教室等で訴えていただきたいなというふうに思いますけども、これについての補助金等というのはないんでしょうか。
◎広田 交通安全対策課長 
 今のところ調布市では、ヘルメットの購入等についての補助金等は出しておりません。ただ、今、おっしゃったような子ども交通教室の中でも実際の実物を来られた方にかぶっていただいて、使っていただいて、その効果を確かめていただくというようなことはお願いをしております。
◆福山 委員 
 ぜひ、こういった身近なところで、自転車のマナー等も含めて事故に対しては敏感に反応していただいて、こういった啓発活動も続けていただきたいと思います。要望です。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。任海委員。
◆任海 委員 
 先ほど自転車の無灯火の問題がありましたけども、いろいろ啓蒙宣伝含めて、少し本腰を入れて考えてもらった方がいいんじゃないかと思います。
 それから、もう1つ、マナー違反の問題で私、ふだんから感じているんだけれども、信号を守らないのが結構あるんですね。その中には、やはり、信号の改善も必要なところがあるんじゃないかというふうに思っているんです。例えば、そこの市役所のたづくりから駅に行くところは一回渡ってまた渡るでしょう。それから、その先の三菱銀行のところから京樽の方へ行くのでも、バスターミナルの方となるでしょう。ああいうところはスクランブル交差点にできないのかという声も前、聞いたことがあるんですけれども、市の方から要求すればなりますか。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 この件に関しましては、他の議員の方からも一応要望がありまして、警察の方とも何とか、特にあそこの南口の、今、お話がありました件について、どうも無断で渡る方もいるし、事故も心配だから、今、お話がありましたように、何とかスクランブルにできないものかどうか、一応お話ししたんですが、警察の方で、どうもスクランブルというのは減らしていく方向にあるというふうなことらしいんですね。そういう中で、ことしになってからも、あそこ非常に心配なもんですから、都市整備部とも話し合いをしながら、何とかあそこに横断歩道をもう1本をつけられないかどうかという中で、警察の方にはお願いをしているんですが、あそこは何かいろいろ距離的な問題とかあるのかわかりませんが、要望はしているんですが、なかなか実施には至っていないと。私なんかもあそこは時たま通りますけども、何となし合点がいかないというか、歩行者にしてみれば余分な時間だからという中で、見ていると中には違反する方も結構いますので、また再度、警察の方には要望してみたいと思っています。
◆任海 委員 
 どうぞよろしくお願いします。
○伊藤 委員長 
 要望ですね。ほかにございませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、 248、 249ページ、お願いいたします。山口委員。
◆山口 委員 
  249の○の下から2番目、都市美化の関係で御質問をしたいと思いますが、多摩川や野川のクリーン作戦など頭が下がる思いをしております。駅周辺の美化とも関連をいたしますけども、違反の屋外広告物といいますか、これの撤去作戦なども年に何回かやられていると思いますが、その辺はいかがでしょうか。
○伊藤 委員長 
 小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 関係団体、関係機関、それから市民の方々と一緒に一年に一回、共同除去を行っておりますけれども、それ以外にも随時、市民の方からの通報、あるいは定期的な主要幹線のパトロールということで、違反屋外広告物の撤去については実施をいたしております。
 以上でございます。
◆山口 委員 
 法律的な関係でかたいことを言いますと、非常に難しさを秘めている違法看板、あるいは雑ビラ撤去などですね。その辺は、例えば、違法捨て看を歩道上に立てたといったときに、それは大体無断で立てているわけですが、財産権との関係で、これは憲法25条というものを盾に、無断であっても、先方では、その辺の権利を主張してくるという場面があるのではないか。一方、行政側は、道路法上、道路管理者である行政がそれを盾に、警察の立ち合いのもとに取り外すといったようなことに今現在なっているのかどうか、その辺の考え方はいかがでしょうか。
◎小豆畑 環境保全課長 
 確かに、違反屋外広告物ということになりましても、財産権というものがあるわけです。ただ、違反屋外広告物ということで、行政の方で撤去した場合につきまして返還を求めるということは実際はないんですけれども、ただ、やはり、原則的には財産権というものがありますので、それについてはこの間、東京都の方で条例によって、ここで実際に使用した際の公示期間等を定めるということになりましたので、そういう定めにのっとって、具体的な財産権について考慮しながら、なおかつ、そういうものについては行政の方で撤去するということで、条例の運用がここで改めるということになっておりますので、そういう条例にのっとりまして、今後、運用を図っていきたいというふうに考えております。
◆山口 委員 
 ですから、今日までは行政の委任で警察の立ち合いのもとに、関係機関や住民がその辺のものを撤去してきたということになっていたということでいいですか。そうではない。
◎小豆畑 環境保全課長 
 実際は、各施設、道路なら道路の管理者が撤去することになっておりますけども、ただ、具体的には、市役所の中では環境保全課がそれをとり行うということになっておりまして、警察が直接立ち合うということは今のところございません。
◆山口 委員 
 屋外広告物法という法律もありますし、あと、また不動産関係の、例えば、違法看板なども多い場合は、この宅地建物取引業法という法律があるというようなことも含めて、そういう法的な見地からもかなり整理づけをして、問題のないような対処をしていくということは求められていると思うんです。だから、無断で取りつけたものを、こちらも都市美化のためにどんどん取り外していくということでいいという認識を私も持ちますけれども、ただ、そういういろいろな法律的なものが絡んで、厳密に言えばあるということと、あと、住民だけではなくて、関係機関も協力して、行政とタイアップして外して、生活環境の美化を図っているという点についてはよく理解をしておりますので、そういう全体的な見地からどうあるべきかということも、今後よく考えながら、効果的な都市美化方策を展開していただきたいと思っております。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 御意見ですね。ほかに。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 競輪場周辺対策交付金に関連してお伺いしたいんですが、競輪場ではなくて味の素スタジアムについてです。味の素スタジアムも、興業によっては周辺の飛田給、上石原、富士見町の地域が迷惑を受けています。Jリーグのサッカーが中心になるんだけども、それはまだマナーがいい方なんですよね。やはり、Jリーグ、ホームとアウェイなんですけども、自分のホームは大切にするという認識がある程度徹底していますから、Jリーグはまだましなんですけども、特にことしは海外、ヨーロッパのチームを招待した試合が4試合行われました。そこに来る人たちというのは、ふだんJリーグで来ている人たちと層が多少違うんですよ。もう二度と来ないというのもあるんでしょうけども、ごみの捨て方からしても非常にひどいです。それから、この間もコンサートが開かれましたけども、飛田給駅北口広場がごみ捨て場状態になっているような状況なんですよね。
 当然、スタジアム通りに隣接した家については、たばこの投げ捨て、飲食物の投げ捨ても含めて、かなり状況がひどいんです。環境部の方では、その辺の実態をどのくらい把握しているんでしょうか。
○伊藤 委員長 
 小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 環境保全課といたしましては、飛田給駅の公衆便所を主に清掃するということをしておりますので、ただ、一定規模以上の人員が入るところにつきましては清掃の回数をふやすということをしておりますけれども、それ以外に具体的な都市美化ということで、飛田給駅周辺ではやっておりません。この間、美化推進重点地区に京王多摩川駅周辺、それから仙川駅周辺もしております。それと今年度、オール東京でやりました喫煙マナーアップキャンペーン、これをまた来年度やるかと思いますけれども、そういうことも含めまして、順次、京王線の駅周辺を美化推進重点地区に指定をしながら、ただ、その指定というものは単純に市役所が指定するというものではなしに、やはり、関係する商店会、自治会等と連携して行われておりますので、その他のまだ指定していない駅周辺につきましては、そういうところと連携をとりながら、これから積極的に駅周辺の美化を推進していきたいというふうに思っております。
◆大須賀 委員 
 順次というお話がありましたけども、味の素スタジアム周辺については、すぐにでも対応していただきたいと私は思うんですよ。特に、ことしは海外の4チームとの試合のときの1つはごみ、それから外国人が来て、露店でウエアとかマフラーを販売するんですよね。それが私有地に勝手に入ってきて販売していたんですね。私も対応して私有地に入っている外国人とやり合って、警察も呼んできていろいろと事情を調べてみると、きちんとわかっているんです。日本語もぺらぺら、法律的な知識もある。ただ、日本語がわからないふりをして私有地に入って販売しているんですよ。警察が来るとちゃんとパスポートを見せて、違法行為であることもわかっているというような状況なので、きちんとした対策をとる必要があると私は確信しています。
 それから、味の素スタジアム、株式会社東京スタジアムですね。その会社と飛田給自治会、飛田給地区協議会と一緒に話し合いを持ったんですけれども、5年前、東京スタジアムができたときには周辺環境をとても気にしていて、警備、例えば、ガードマンの数にしても、ごみがどのくらい捨てられるかにしても、かなり細かくやっていたんですね。それが当然、開いて5年もたってきて、担当者も変わってくると、正直に言ってだんだん薄れてきているんです。実態調査をしてみると、ガードマンの数と配置からして、もうオープン当初とは違うんですよ。お金がかかるところはちょっと削っていくというところもあるんでしょうけれども、地元としても、その辺はもう一回きちんと対応してもらいたいという要望は、今、言っていますけれども、最近、正式に地域でアンケート調査をしてみようという話も実は出ているんですね。その中に、やはり、環境部も入っていただかないと、例えば、自治会に入っている人と入っていない人がいるわけですよね。加入率は50%台ぐらいだと思っていますから。入っていない人もいっぱいで被害を受けているわけです。地区協議会もありますけども、全世帯が入っているわけではありませんから、やはり、行政がそこに入っていかないと、全市民的なことになかなかなって来ないと思うんですね。ですから、ぜひ、そういったことにも積極的に対応していっていただきたいのと、近々、スタジアム通り周辺の方にアンケートをとることになっていますから、その方面でも、ぜひ行政からも協力していただきたいと思っています。そのアンケートというのは、味の素スタジアムが一応、向こうの関係でまいて回収するという方向で、今、地元の自治会と調整中ですけども、よろしくお願いします。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。任海委員。
◆任海 委員 
 1つは、ここに不用額の大きいのがあるんですが、需要費で 100万円余、委託費で約 240万円、これは何が不用になったんですか。
○伊藤 委員長 
 小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 平成15年度に……違う。失礼しました。
○伊藤 委員長 
 休憩を入れますか(「はい」と呼ぶ者あり)。答弁調整のため暫時休憩いたします。
   午後2時8分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午後2時30分 開議
○伊藤 委員長 
 それでは、委員会を再開いたします。
 休憩前に引き続き答弁を求めていきたいと思います。はい、小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 先ほどの一般需用費と委託料の不用額についての御質問にお答えいたします。
 まず、一般需要費、不用額 107万 3,733円でありますけれども、これに対しまして害虫駆除費37万 6,800円、空き地草刈り委託料46万 5,366円等の差額によるものであります。
 なお、この医薬材料費につきましては、前年度の薬品分等が減ったということであります。
 それから、空き地草刈り委託料につきましては、件数そのものが減ったということで不用額が生じております。
 失礼しました。駅前公衆便所等維持管理費の光熱水費36万 2,979円が不用額として計上されております。これは、旧ロータリー緑地の公衆便所が工事により閉鎖ということもありまして、不用額が生じたものであります。
 次に、引き続きまして委託料の不用額でありますけれども、まず、空き地草刈り委託料は、先ほど御説明しましたように、件数が減ったということで46万 5,366円が不用額として計上されております。
 それから、競輪場周辺対策費、ごみ収集運搬委託料でありますけれども、これにつきましてはごみが減ったということで、収集箇所を減らしたことに伴って40万 7,000円余の不用額が計上されております。
 それから、環境学習支援事業費でありますけれども、これもさまざまな事業がありますので、これについての不用額の差金の合計、25万 9,177円が計上されております。
 それから、公害防止対策費でありますけれども、全体として86万 8,436円を不用額として計上されておりますけども、これにつきましては各測定等の委託料の差金の合計によるものであります。
 説明は以上であります。
○伊藤 委員長 
 任海委員。
◆任海 委員 
 わかりました。わかりましたといっても、ぱっと言われたのでわからないところもあるんだけれども、それはいいとして、わからないところは後で個別に聞きます。
 それで、不用額の考え方なんだけども、釈迦に説法かもしれないんだけれども、不用額というのはいろいろな意味があるんですよね。やはり、決められた事業が何かの事情でやれなかったということでも不用になりますし、それから、委託費が安くなったというのもありますしね。それから、皆さん方の努力、いろいろな方がお金をかけないでやったんだということだってあるわけだから。いずれにしろ、一年間を総括して来年度予算を組んでいくということからすると、かなり重要なウエートを占めることですから、それは、やはり、説明できるようにしておいてもらいたいというように思います。
 ほかのことでいいですか。
○伊藤 委員長 
 どうぞ。
◆任海 委員 
 競輪場の周辺対策のことなんですけれども、京王閣周辺環境対策連絡協議会相談役ということに私はなっているんですよね。この数年はやっていないんだよね。全然招集がないんです。この間も6月の議会で、改めてまた委員を決めたでしょう。前に部長さんに何でやらないのと聞いたことがあるんだけれども、やる問題がありませんからとたしかおっしゃった。だけども、要綱でちゃんと決められているわけだし、設置の目的は周辺住民の安全と良好な生活環境を保全するためにということですから、やはり、一年に一度くらいやられて、状況報告くらいはする必要があるんではないでしょうか。以前はよく調布以外で、江戸川を見に行ったり、立川を見に行ったり、何かいろいろしましたけども、やはり、地元をきちんと、今、どういう実態になっているか把握しておくのは大きな仕事になっていると思いますので、どうでしょうか。何度もとは言わないから、一年に一回はやってくださいよ。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 確かに今、言われましたとおり、3年前には競輪場周辺対策の交付金ということで大幅な変更をされた中では開催をさせていただきまして、要綱が承認されたと。それから、2年くらい前ですか、ナイター競輪が始まったということで、これにつきましては、委員の皆さんに京王閣の方に御案内をさせていただいて、視察をしていただいた。その後、前にも言われたことがあるんですが、確かに今、大きな問題はないんですが、競輪場もナイターの日数も非常に多くなってきておりますことから、今後、やはり、一年間の総括も含めまして、年に一回は開催するような方向で検討させていただきたいというふうに思っています。よろしくお願いします。
◆任海 委員 
 どうぞよろしくお願いします。議会で各種委員で選ばれてもお役目がないと。それはそれとしても、やはり、問題がないわけではないんですよ。依然として路上飲酒の問題は深刻にありますし、数は減りましたけども、やはり、違法駐車の問題もありますからね。そういう実態がどうなのかということで、お互いに出し合って対策を立てるということでは、やはり、重要な意味があると思いますので、ぜひ、よろしくお願いします。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、 250、 251ページをお願いいたします。はい、川畑委員。
◆川畑 委員 
 まず、地球環境保全基金のことなんですけども、地球環境保全基金の運用状態をお聞きしたいのと、ちょっと私の認識が違ったら御勘弁いただきたいんですけど、この中の金額と、ここに書かれている金額が違うんですが、それはどうしてなのか、お聞かせください。決算審査意見書の中の78表の地球環境保全基金の決算年度末現在高の金額と、地球環境保全基金の同じところの金額。私の認識が違ったら御勘弁いただきたいんですが、これも踏まえて教えていただければと思うんですけれども。
○伊藤 委員長 
 質問の内容はわかっておりますか。
◆川畑 委員 
 もう一回言いましょうか。決算事項別明細書の 251ページの地球環境保全基金の金額が 6,339万 4,568円に対し、こちらの決算等審査意見書の中の78表にあります地球環境保全基金の決算年度末現在高が 7,866万 3,097円になっているんですね。これはどうしてなんでしょうか。私の考えが違っていたり、認識が違っていたりしたら、まずはそこを教えていただきたいという部分と、あと、それが終わったら運用状況を教えていただきたい。この3点です。
○伊藤 委員長 
 答弁、よろしいですか。はい、小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 まず、決算審査意見書の78表の地球環境保全基金の決算年度末現在高でありますけれども、これにつきまして帳簿上は1億 7,459万 9,063円が計上されておりますけれども、実際は国債の債権5年物を買っております。 9,981万 9,534円ということで、現在の決算年度末現金残高がこの数字ということであります。
 それと 251ページの地球環境保全基金でありますけれども、これについては基金の積立金及び利子積立金を合計したものであります。この額を基金に積み立てたということであります。
 それから、この基金の運用状況でありますけれども、環境保全課の湧水保全施設設置工事費に 1,196万、地下水汚染浄化委託費に 6,925万 8,000円、環境対策自動車購入費に 230万 7,000円、ごみ対策課の資源物回収事業奨励金に 2,500万円ちょうど、緑と公園課の保全地区等補助金に 1,331万 8,000円、合計で 5,951万 1,000円を充当しております。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 よろしいですか。はい、川畑委員。
◆川畑 委員 
 ちょっとわかったようなわからないような御答弁だったんですけども、済みません、私の頭が悪いのか。要は、合計金額とこの差額が生じたのはどうしてなのかということを聞きたいんです。それを端的に言っていただければ済むことなんです。
◎小豆畑 環境保全課長 
 地球環境保全基金は、財源をごみ対策課の資源物売り払い代金に充当しておりますけれども、その基金の積立金が議案書 211ページの 6,339万 4,568円ということになります。それから、審査意見書の年度末現在高 7,866万 3,097円、これは、現在の国債持ちの費用を除いた現金で持っている額ということであります。
◆川畑 委員 
 わかりました。運用については先ほどばっとおっしゃいましたけど、細かい数字というのは、今、この中から出した表みたいのものがあるんですか。
◎小豆畑 環境保全課長 
 表という形ではありませんけれども、もし委員長のお許しが得られれば、後日、作成して渡すということもできます。
◆川畑 委員 
 ぜひ委員長のお許しで、先ほどの数字の部分があれば教えていただきたいと思うので、お願いします。
○伊藤 委員長 
 それでは、お諮りをしたいと思いますが、資料請求ということで、全委員にこの資料をお渡しするということでよろしいですか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 お示しをするということで。それでは後日、この用意をお願いしたいと思います。
◎小豆畑 環境保全課長 
 はい、わかりました。
○伊藤 委員長 
 続けて川畑委員。
◆川畑 委員 
 済みません。続けてもう1件だけ。一般質問させていただいた中にもありましたが、崖線の大きい○の1つ目なんですけど、保全事業費について若干教えていただきたいと思います。
○伊藤 委員長 
 この内容ですか。
◆川畑 委員 
 はい。
○伊藤 委員長 
 小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 崖線樹林地保全事業委託料でありますけれども、これは、崖線樹林地を保全活用するための市民の活動の運営支援及び講師派遣等に要した費用であります。
◆川畑 委員 
 保全に対して委託したわけですよね。市民に対して委託したんですか、それともどこかに委託するところがあったんでしょうか。
◎小豆畑 環境保全課長 
 これは、NPO法人の方に運営を委託しております。
◆川畑 委員 
 わかりました。では、私の方もまた勉強させていただきます。済みません。
○伊藤 委員長 
 ほかに。福山委員。
◆福山 委員 
 公害防止対策費の中の大気汚染のところで、アスベストの調査委託費についてお尋ねします。最近、アスベストにおける健康被害について、非常に大きな社会問題になっておりますけども、大気中アスベストの調査を6ヵ所でされているわけですけども、どういうふうな理由でこの場所を設定されているのか、ちょっとお伺いします。
○伊藤 委員長 
 小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 6ヵ所ですけども、具体的にはクリーンセンター前のごみ対策課前の交差点とか、あるいは東部児童館の屋上とかということで設定させていただいておりますけども、主に交通、特にアスベストにつきましてはブレーキのところから出るということがありますので、そういうところと、あとは一般大気中ということで、児童遊園、あるいはビルの屋上ということで6ヵ所設定しております。
◆福山 委員 
 ほかのところは不検出になっておりますけれども、クリーンセンターの交差点のところで今回、濃度は 0.2ということで出ていますね。これは、例えば、14年、15年は全部不検出だと思うんですけども、ここだけ出ていますよね。これについて、どういうふうな分析をされているかということをお尋ねしたいのと、検査をする場所の設定なんですけども、ほかのところは全部同じなんですが、山口銀行調布社宅女子寮の跡で調査されていますけども、昨年は調布市舎、14年は多摩川の市民テニスコートというふうに、ここだけは移動しているわけですけども、これも何か理由があるのかなというふうに、その時代によって場所を検討されているのか、ちょっとお尋ねしたいんですけど。
◎小豆畑 環境保全課長 
 変えているところということで御指摘のとおりなんですけども、それ以外につきましてはごみ対策課の前、あるいは調布中学前の児童遊園とか下石原大気測定局ということで固定化しておりまして、経年で動きを追っているということでありますけれど、それ以外にも、アスベストにつきましてはどこで出るかということがわからないものですから、あと数ヵ所については、その都度変えるということを実際にしております。
◆福山 委員 
 もう1つ、このクリーンセンターの 0.2について。
◎小豆畑 環境保全課長 
 ごみ対策課前ということで、平成16年度に 0.2本という、1リッター中の濃度の測定がされておりますけれども、ただ、これにつきましては、ほかのところが不検出という状態なんですけども、多分、具体的にどういう原因かということにつきましては、分析等も含めまして、なかなか難しいものがあるということで、特定はできませんけれども、ただ、過去のデータ等を見てみますと、調布市の庁舎6ヵ所で不検出の場合が多いですので、大気状況としては、それによる健康被害が想定される状況ではないだろうというふうに思っております。
◆福山 委員 
 健康被害につながるだけの濃度ではないという判断だと思うんですけども、今、アスベストにつきましては非常に大きな社会問題になっておりまして、市民もかなり敏感になっているんですね。せんだってもある住宅の天井のところにちょっとすき間があって、そこからアスベストが顔を出しているというふうな通報があったりして、調べてみましたら、そうではなかったわけですが、そのぐらい市民が非常に敏感になっておりますので、今後、これは調布市だけではなくて、国と自治体が連携していろいろな検討をしなければいけない問題だと思いますが、ぜひ、こういう空気中の大気汚染も含めて、このアスベストについては、何かあれば敏感に反応していただきたいというふうに思います。これは要望しておきます。
○伊藤 委員長 
 ほかに。はい、渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 崖線の関係なんですけれども、若葉町の崖線、かなり崩れているところがありますよね。非常に危険だと思うんですよね。あそこの今後の具体的な手当てというもの、何か計画、もし考えがあれば。
○伊藤 委員長 
 小板橋課長。
◎小板橋 緑と公園課長 
 御指摘のところは、若葉小の崖線の上のところですよね。実際、あそこは木が大分オーバーハンギングしていまして、そういうところは倒れないように、今回も台風とかが来てましたが、昨年あたりから少しずつ手を入れて切っております。ただ、擁壁を組むと、擁壁を組んだなりに景観上もどうかという部分もあります。それともう一つ、市道のわきはそんな状態になっておりますが、中の方が民有地も絡んでおりまして、人が通行できるようなところがちょっと通行しにくいというか、崩れかけているところがあります。あそこのところは、道路課もちょっと絡んでいる部分が、赤道が中の方までずっと入っている関係もありまして、今、通行どめになっていますけど、どこかでまた復活できるか、あるいは下の方に人が通れるようなことが考えられたらと思っています。
 以上です。
◆渡辺 委員 
 子供が遊ぶには非常に危険だけれども、何となく遊んでみたいような雰囲気のところだから、けが人が出たりなんかすると大きな問題になると思うので、やはり、もうちょっとはっきりとした看板を掲げた方がいいのかなという気がしますので、考えてください。要望しておきます。
○伊藤 委員長 
 ほかに。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、 252、 253ページをお願いします。よろしいですか。任海委員。
◆任海 委員 
 では1点。事務報告書によれば環境目標、これはISO 14001の事業としてだと思いますが、電気使用量の削減目標が11年度を基準に6%削減するということになっているのが 2.2%になっていると書いてあるんですね。CO2 に直すとこれだけだと。達成率35%くらいですが、これは、別にそちらだけじゃなくて、全市的な対応が必要なことだと思うんだけども、どういうふうに考えればいいんですか。
○伊藤 委員長 
 小豆畑課長。
◎小豆畑 環境保全課長 
 まず、目的が達成できなかった理由なんですけれども、1つは、基準年の平成11年と比較して昨年、平成16年、夏が非常に暑かったということ、それから選挙の期日前投票があったということ、それから土日の開庁期間があったということでふえているというふうに思っておりますけれども、これにつきましては、やはり、目標が達成できなかったということになりますので、検討しまして、それ以前からも庁舎の改修ということが予定されておりましたので、それに合わせてエスコ事業を実施いたしまして、空調関係等含めて設備を新しくするということで、結果的に今の時点で、これまでと比較して、従前より大体20%ぐらいのエネルギー使用料が削減できるんではないかというふうに見込んでおります。
◆任海 委員 
 20%削減すると、この11年度基準の6%に行き着くんですか。行くんですね。はい、わかりました。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、 254、 255ページ、お願いいたします。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、 256、 257ページ。よろしいですか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
  258、 259ページ。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 続いて、 260、 261ページ。はい、山口委員。
◆山口 委員 
 ○で下から3つ目、不法投棄防止パトロール委託料でありますが、これは、夜間パトロールのみという見方かということですね。それと平成16年度は国の雇用創出で 346人ほどの雇用を図っておりますが、そのうちの4人が多分、この不法投棄防止パトロールということで、期間は2ヵ月間になりましょうか、対応されたように思うんですが、その辺の内容について知っておきたいと思います。
○伊藤 委員長 
 中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 今、御質問いただきました不法投棄防止パトロール委託料でございます。改めて重ねるようですけれども説明をさせていただきますと、昨年、家庭ごみの一部有料化が始まった4月、5月、この2ヵ月間の土曜、日曜を含めたほぼ毎日、60日間行ったわけですけれども、市内にある主に不法投棄が常習ということで行われている地点、30〜40ヵ所ございましたけれども、そこを夜間から早朝にかけて、委託業務で雇用創出金で行ったということでございます。
◆山口 委員 
 では、夜間ということでもない。夜間も含めて日中もやっていたという理解でいいですか。
◎中村 ごみ対策課長 
 失礼いたしました。日中はやっておりません。夜から早朝にかけて、通しの時間の中でやっておりました。日中の場合につきましては、私ども清掃指導員がおりますので、日常の事業の中で職員がみずからパトロールを行っていたということでございます。
◆山口 委員 
 不法投棄関係は、このパトロールと、あと処理役務費とか、あるいは臨時収集運搬委託料とか、不法投棄関係全体では 750万円規模かかっているのかなと思われますが、不法投棄全体の決算としてね。その辺はいかがでしょうか。
◎中村 ごみ対策課長 
 今、委員の方から御指摘をいただいております不法投棄パトロール委託料、これは文字どおり、ここに記載させていただいているとおり 526万。これは、主に、ある意味で言うならば人件費と見ていただいて結構かと思います。さらに、不法投棄にかかわるような経費としましては、例えば、事業費ということの中で言いますと、私どもが一番頭を悩ませておりますのが家電4品目、市が直接収集処理を行えなくなったというようなものがございます。こちらの方は、ページでいくと不法投棄処理費というのがございます。これは、ページがちょっとさかのぼることになるんですけども、そちらの方で、こういった家電4品目についての処分というのも、直接は持ち主がわからなければ市がせざるを得ないということでございまして、昨年は45万円ほど支出をしております。
◆山口 委員 
 その辺も含め、あるいは投棄されたごみを収集して運搬するという委託料も含めて、そしてパトロール料も含めれば不法投棄全体が 750万規模になっているのかなという意味合いで私も質問したんですが、そんな理解でよろしいですか。
◎中村 ごみ対策課長 
 不法投棄ということで限定で事業費を合わせますと、今の委員の方からの御指摘いただきましたところでございます。
◆山口 委員 
 はい、わかりました。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。福山委員。
◆福山 委員 
 ちょっとお尋ねしたいんですが、要は、生ごみ処理装置等購入費、この事務報告書の中にあるんですけど、生ごみ堆肥化容器というのは16年度はゼロ件数になっているんです。事務報告書の 345ページの下の表にあるんですけど、これはなくなったんですか。
○伊藤 委員長 
 はい、中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 要綱として補助対象から削ったということではございません。ここに挙げさせていただいています堆肥化容器、さらにはコンポスト、処理剤、処理装置といったようなものが、ある意味で言うと生ごみの減量にかかわるような器材だというふうに思います。そうした幾つかある中で、昨年圧倒的に多かったのが、ずれますけれども生ごみ処理装置、こちらの件数が圧倒的にふえたということでございます。
◆福山 委員 
 わかりました。ということは、この堆肥化というよりも、処理剤とか処理装置とかという、屋外の保管容器もかなりふえているようですけれども、こういった方向に流れが変わってきているということでしょうか。
◎中村 ごみ対策課長 
 おっしゃるとおり、生ごみ処理装置につきましては、一律に処理機という以上に、御家庭で堆肥化ができるようなものがあれば、水分と炭酸ガスに分解させてしまうような消滅型というような機械も出ております。やはり、ここら辺のものが日進月歩進歩してきているようで、そういったところの方に市民の方の購入意欲がいっているということだというふうに理解しております。
◆福山 委員 
 ありがとうございます。有料化に対する意識がこれだけ変わってきたのかなというふうに思っていますけれども、とにかく生ごみを出さないような努力を市民がしている結果だというふうに思いました。感想です。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、 262、 263ページです。福山委員。
◆福山 委員 
 し尿処理費ですが、これ、件数は今どのくらいあるんでしょうか。
○伊藤 委員長 
 中村課長。
◎中村 ごみ対策課長 
 申しわけございません。件数自体、今、調べます。大体、横ばいというようなことが主でございます。少しふえている傾向があるのが、仮設のし尿処理、ここら辺の方が若干ふえているというような傾向がございます。
 済みません。事務報告書の方で指摘させていただきますと、ページ数で言いますと 348ページをお開きいただきまして、14のし尿処理関係がございます。こちらの方のところで見ていただきますと、 (3)し尿処理状況、こちらの方は件数ということではございませんけれども、処理量としましては14、15、16、15年度が 661.4キロリットルということでふえている若干傾向がございますけれども、16に戻るとほぼ14年度並み 475、 500を若干切るぐらいの量ということになっております。
◆福山 委員 
 ということは、仮設が大半ということですか。件数としては、戸建ては減ってきているんでしょうか。
◎中村 ごみ対策課長 
 件数は今、見ておりますけれども、し尿されている御家庭というのは……全体でやっているのが取り組み人口としては 328件です。件数的に言うと、そのくらいの方が常時、これは今も言いましたとおり、処理量に応じて人口的に言うと、そこら辺のニーズの方たちが推移しているというようなことでございます。
◆福山 委員 
 ということは、調布は、下水がかなり完璧に進んでいる中で、まだこういうところがあるということは、これに対する対策というのは何か考えていらっしゃるんでしょうか。
◎中村 ごみ対策課長 
 ごみ対策課としての対策としましては、要は、減らすというところの部分で、いかに減らそうかというのは大変頭の痛いところだというふうに思います。したがいまして、各御家庭のし尿の件数が減っているという傾向は、いわゆる下水の普及に当然連動して、例えば、道路であるとかいうような工事に伴って、少しずつ減ってきているのかなというふうに感じております。
 あと、仮設のトイレ、ここら辺の部分については、昨今のいろいろな建設ブーム、調布市内の中にございますので、問い合わせ等は依然として少しふえているのかなというような傾向が見てとれるというふうに思います。
◆福山 委員 
 わかりました。ありがとうございます。
○伊藤 委員長 
 ほかにございませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、 282、 283ページをお願いいたします。よろしいですか。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 自転車対策費の土地賃借料に関連してなんですけども、以前の建設委員会のときにも私は申し上げたんですが、基本として、その自転車の駐輪に対して有料か無料かという話です。仙川や飛田給のように、ある程度の本格的な駐輪場にした場合には有料、そうじゃない場合には原則として無料ということになっていますが、私は、どういうものであっても賃借料を払って、税金を投入している限りは、受益者負担の原則からいって有料にすべきだというふうに過去も委員会で言い続けているんですが、それに対して見解はいかがでしょうか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 今、御指摘にありましたとおり、民間の土地につきましては、賃借料をお支払いしてお借りして駐輪場としてお使いいただいておりますけれども、これには一定の条件がございまして、地主さんから土地を返してほしいというような御要望があったときには、一定の期間の中でお返しをしていくということなものですから、なかなか長期的、安定的に駐輪場として使い続ける見込みが立たないといいましょうか、そういった状況の中でございますので、今のところ有料化をして、お金を払っていただくと使う方に権利が発生しますので、そういうところについては、今のところ長期的な使用の見込みが立たない以上はできないということで、しておりません。
◆大須賀 委員 
 その説明ですと、条件をつけて、更新というか契約期間を極端な話1ヵ月、通常だと3ヵ月か半年ですよね。万が一、何らかの事情で地主さんから返還申し入れがあって、契約が満了する前に返還する場合にはお返ししますよという、ある意味、行政と市民が契約の中でお互いに了解し合えば、その問題は解決すると思うんですけど、いかがでしょうか。
○伊藤 委員長 
 はい、工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 私、この自転車につきましては、私も大須賀委員が今言われましたように、有料が一番原則だと思っています。ただ、今、交通安全対策課長が言ったように、非常に借地が多いものですから、しかも駅から近いところということで、それからアクションプランの中でも自転車の有料化を図りまして、それに対して費用、受益者負担という話が出ておりますけれども、ただ、駅前の一等地がゆえに、やはり、有料にする場合はそれなりの設備投資もしなければいけない。ということは、例えば、月極、あるいは日極と2つありますけれども、日極の場合には管理人がいなければいけない。それと、やはり、お金を取るということは、例えば、いつでも出せるような状態にしなければいけない。それと人も張りつけなければいけない中で、地主の方にお話をして、何とか駅前の一等地あたりを、そういうことを考えているんだけれどもというふうなお話をすると、じゃ私が万が一亡くなって相続が発生した場合に市の方で買っていただけますかとかいうふうな話にもつながってくるわけです。そういう中で、今後、例えば、少なくとも最低で3年くらいの契約ができれば可能だと思うんですけれども、今はほとんど1年契約でやっているものですから。それと設備投資というのは、例えば 1,000台ぐらいのをつくりますと、どうしても 1,000万円ぐらいとか投資しなければいけない中では、地主の了解が現実になかなかいかないような状態です。そういう中で、では2年でもいいのか、1年だと投資しても、またすぐ返してくれとなりますので、やはり、最低でも3年から5年ぐらい貸してくれるような地主の方がいればね。
 ことし、たまたま調査委託をやっておりますので、その辺は実態調査が出ますので、それらを踏まえながら順次、地主と話をしながら有料化を図っていきたいというふうに思っております。
◆大須賀 委員 
 まず、借りている話とその設備投資の話、私は、別に設備投資があるないと有料化にするかは関係ないと思うんですよ。別に飛田給や仙川のように機能整備しなくたって、今の、例えば、調布駅周辺の駐輪場の状態で有料化したって全く何もおかしくないと思います。1つはね。
 それから、2年なり3年なり継続して借りられるかどうかなんですけれども、この庁舎だって借りているわけでしょう。それを考えたら、別に2年や3年にこだわらなくてもいいし、現実に今借りている駐輪場は、少なくとも5年、10年以上借りているものばかりでしょう。それを考えたら、確かに今の部長のは、それはその方がよりいいですけども、現実に、まさしく原則有料とおっしゃった視点をどこまで貫くかなんですよね。そっちを優先するんでしたらば、幾つかある事情はさておいても、有料化に踏み切るべきだと私は思っています。ただ、月極はまだいいんだけども、一時使用を有料化にした場合に管理人を置く置かないという話がありますから、そのポイントはあると思います。それは別に解決すればいいんで、少なくとも月極の自転車においては 100%有料という方向で大至急検討いただきたいと思いますので、よろしくお願いします。要望です。
○伊藤 委員長 
 ほかに。福山委員。
◆福山 委員 
 ミニバス運行事業費 975万 1,000円、これは、当初予算のときは 1,950万の予算を組まれているんですよね。これが半分ぐらいということは、何か理由が(「次のページに行っちゃっている」と呼ぶ者あり)。違った。ごめんなさい。済みません。失礼しました。
○伊藤 委員長 
 このページはよろしいですか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、 284、 285ページをお願いいたします。福山委員。
◆福山 委員 
 済みません。ミニバス運行事業費、予算との乖離があるんですけれども、これは、何か理由がありましたか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 これは、予算の段階では昨年度と同額を計上させていただきまして、その年の運行事業実績に基づきまして補助金を増減するという中で、補助金が少なかったために不用となったお金でございます。
◆福山 委員 
 ということは、これは、利用者が多かった、ふえたということですか。何か、その辺の具体的な理由をちょっとお聞かせください。
◎広田 交通安全対策課長 
 済みません。答えがずれまして申しわけありません。内容といたしましては、西路線を導入しまして5年たちまして、バスの減価償却が終わったというようなことで、このお金。当初の段階では、これがわからなかったということでございますので、このお金が不用額として出てきたというものでございます。
◆福山 委員 
 かなり乖離がありますよね。これは、説明のときにこのあたりを少ししていただいた方がいいかなと思います。わかりました。結構です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。このページ。任海委員。
◆任海 委員 
 違法自転車の撤去の問題なんですけど、事務報告書によりますと、大体、返還されるのが6割で、4割は処分になっているんですね。だけども、処分の中で再利用というのは、処分台数が 3,595で再利用が54なんですね。圧倒的に再利用されていないんだけれども、これは、いろいろあちこちの市をこれまで見てきたりしている中で、積極的に再利用を進めているところもあるんですよね。条例上は、一定期間で告示した後、引き取り手のない自転車は処分することができるということになっているから、再利用しても問題ないというふうに思うんですが、何か進まない理由があるんですか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 これは、そういう技術を持った方にお願いをして再利用しているところでありますけれども、作業場所等が一時期なかったというようなことがあったものですから、再利用が図れなかったという結果になっております。
◆任海 委員 
 ということは、今後の計画としては、作業場所をつくって積極的にやりたいということなんですか。
◎広田 交通安全対策課長 
 今、委員から御指摘があった部分も含めまして、今後、再利用については考えてまいりたいと思っております。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 自転車の再利用につきましては、事務報告にありますように、 8,700台の撤去をしまして、返還が6割しかない。この再利用の現在の考え方は──考え方というとおかしいんですけども、シルバー人材センターの方へお願いし、むしろ、シルバー人材センターの方から何台か期間が終わった自転車を提供してくれないかということで対応したと。先ほど話があったように、布田の区画整理事業内の土地の返還ということで、作業場所がなくなったと。シルバー人材センターの方では、今後も高齢者の雇用対策ということで、ぜひ再開をしたい、そのときにはぜひ協力をお願いしたいというふうなことを今は聞いております。
 ただ、 3,000何百台を処分している中で、一応、2ヵ月間の保管期間を終わって、それをどんどん再利用して、市民の方に安価で売るということは、当然のことながら、自転車業界の問題もあるわけですね。そういう中では、やはり、市の方の再利用の考え方につきましては、一応、高齢者の就労対策ということで、例年のあれですと多くて月に50台程度ということになると、年間で 600台につながってきますが、 500台から 600台のつながりなんですが、それ以上、再利用して安価で売る場合には、自転車業界の方から、それは我々の商売上困りますよというふうな話も出ますので、その辺についてはやはり慎重に、業界の方とも相談しながら、再利用の数も決めていかなければいけないと思っています。
◆任海 委員 
 そうですか。それでは、この年に特に少なかったのは、布田の自転車のあれがなくなったから、シルバーの仕事の場がなくなったからできなかったということですね。私も厚生委員をやっているときにその話があって、シルバーの方から何とか場所がないかという話もあったんですね。1つは、クリーンセンターの中で家具だとか修理して売っていますよね。ああいうところの一角だったら問題がないんじゃないかというようにして、どう、そこで聞いてみたらと福祉の方に話をしたことを覚えているんですけれども、適合できますか。
○伊藤 委員長 
 はい、井上参事。
◎井上 環境部参事 
 実際、そういうお話は、正式に文書でどうのこうのということではないんですが、口頭では伺っております。ただ、私どもも今、新ごみ処理施設の関係がありまして、永久にあそこを使えるという保証は今のところありません。要するに、現在では、クリーンセンターの敷地も新ごみ処理施設用地として提供していかなければいけないだろうというふうに考えていますので、そうすると長くても2年か3年ということになります。それと同時に、そういう意味で今、施設の中を私どもとして余りいじりたくないという事情もありまして、そんなことから、まだ正式にお返事はさせていただいておりません。スペースとしてはあるかなと思っておりますけれども、そういうごみ処理施設の関係のスケジュールが固まり次第、お返事させていただきたいなと思っております。
◆任海 委員 
 わかりました。それ以上、シルバーとの関係は、こちらの委員会ではないんで、そこまでにします。
○伊藤 委員長 
 ほかにございませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、 286、 287ページ。山口委員。
◆山口 委員 
 自転車駐車場整備なんですけども、国領北と柴崎北の新設というのがあると思うんです。それは整備工事費の方へ入っていると思うんですよね。もう1つは、仙川東の負担金、これは 4,800万円の方の仕分けをしたのか、つつじケ丘西の撤去工事もあったと思うんですが、これはどこに入っているんですか。その辺はどうでしょうか。
○伊藤 委員長 
 広田課長。
◎広田 交通安全対策課長 
 今の2つの自転車駐輪場ですね。柴崎駅北と国領駅北、その2ヵ所と、それから、つつじケ丘の自転車駐車場の廃止に伴う整備工事、こちらはすべて整備工事費の方に含まれております。負担金の方は、こちらの下の方の整備費負担金の方に含まれております。
◆山口 委員 
 わかりました。了解です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、ここで暫時休憩させていただきますが、再開時間は20分後で40分というこということでお願いをいたします。
   午後3時22分 休憩
       ─────────── ── ───────────
   午後3時40分 開議
○伊藤 委員長 
 それでは、委員会を再開いたします。
 続いて、 306、 307ページをお願いいたします。よろしいですか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 続きまして、 308、 309ページ。任海委員。
◆任海 委員 
 前に私は一般質問で、公園は今、高齢者にも開かれた方がいいんじゃないかと質問をしたことがあるんですよ。そうしたら、あのときの答弁はすごく前向きで、検討しますと。児童公園、今、児童だけの時代じゃないだろうという話も含めてね。今度の一般質問で出ていたけれども、高齢者がいれるようないすだとか、よしずだとか、そういうものも、これからの公園のあり方で考えたらどうだということで、そのとおりだと当時は言われたんだけれども、頭に残っていますか。
○伊藤 委員長 
 小板橋課長。
◎小板橋 緑と公園課長 
 頭に残っております。実は、公園が全部で 205ヵ所ありますが、約半分の99ヵ所が児童遊園ということになっております。児童遊園という名前が時代とともにそぐわなくなっている部分もあるし、少子・高齢化という部分もあるというところもありまして、検討は引き続きしていきたいと思っております。
 以上です。
◆任海 委員 
 名前の問題、1つあるんだけども、やはり、公園が高齢者に使いやすいような、そういう配慮のある施設の問題を検討していかなければならないんですけども、何かそういうような計画はありますか。
◎小板橋 緑と公園課長 
 この間の川畑議員さんの一般質問でも新しい公園とかについては、そういった配慮もある意味では簡単にできるというか、皆さんと意見交換しながらやっていくわけですけど、古くからある公園を改修するとなると、お金の問題もありますし、今は改修まで手が回らないというのが1点あります。ただ、地域によっては、例えば、この遊具が老朽化したから、こういう遊具を入れてくれというような要望があればこたえていきたいと思っております。
◆任海 委員 
 では、どうぞよろしくお願いします。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 公園について基本的な考え方をお聞きしたいんですが、今、任海委員もちょっと触れましたけど、都市公園はいいんですけども、児童遊園と仲よし広場について、調布市の行政上の特徴と私は思っているんですけれど、結構、小さいものをいっぱいつくってきているんですよね。例えば、図書館の分館、それから地域福祉センター。例えば、4ヵ所とか、自治体によっては大きいものを幾つかつくって対応するところもあるんですが、調布は行政上の特色で小さいものを各地域につくる。それはそれで評価する部分もあるんですよ。ただ、今の児童遊園の仲よし広場で、子育て支援の視点から立つと、例えば、親子でキャッチボールをする、あるいは子供の自転車、小学生とか幼稚園で自転車を習いますよね。実際に自転車を習えるくらいの広さを持った公園もしくは空き地がないところが非常に多いんですよ。実際に、飛田給にもありません。ですから、駐車場の中で練習しているとか、どこかで練習しなければいけないわけですから、結構、大変なんですね。
 そういう意味では、公園のあり方を方向転換して、児童遊園なり、仲よし広場を見直して、手放すものは手放す、返すものは返す、その一方で一定規模の公園面積のあるものを確保していくという方向転換がどこかで求められるのではないかと私は思うんですけれども、いかがでしょうか。
○伊藤 委員長 
 小板橋課長。
◎小板橋 緑と公園課長 
 大須賀委員のおっしゃることはもっともですし、私たちも小さい公園は統合して、あるいは、ちょっと乱暴な言い方になるかもしれませんけれども、売却して、その金でどこかに寄せ集めてでかい公園というのも考えないわけではないんですが、実は、児童公園なり、公園なりの必需というか、何で調布市の公園になっているかといいますと、さっき公園が 205といいましたけど、恐らくこの7〜8割が実は提供公園なんですね。マンションをつくったり、あるいは宅地開発の中で出てきた公園なんですね。ということで、提供者の意向とかも酌んでいかなくてはいけないという部分がありまして、その辺はなかなか微妙な問題があるというのが1点。
 それと、児童遊園も都市公園という扱いの中になっておりまして、そういう児童遊園の中にも提供公園がある。それと、仲よし広場については、一部買ったものもありますが、やはり、7割ぐらいが借地公園だと思うんですけれども、仲よし広場38ヵ所。仲よし広場は、借地ですが、比較的面積は広いんですね。 1,000平米以上ある仲よし広場が結構あるということで、従来は近隣に住宅がなかったために、結構、ボール遊びもできたんですけれども、最近は周りに家ができてきまして、ボール遊びもなかなか難しい状況が出てきているというのが現在の公園の実態です。
 以上です。
◆大須賀 委員 
 幾つかの問題はもう認識していらっしゃるというのはよくわかりました。よく言われていますけど、開発指導要綱に基づく提供公園が果たしてもらっていいものかどうか。もらった後、当然、管理が必要ですよね。中には、それなりに理解できる場所で、ありがたい場所もあるんですけども、中には何でこんなところをというような提供のされ方があって、向こうが一方的に提供してくれるものだから断れなくて、そのまま引き受けて、だれも使っていないという現象も実際に何ヵ所かありますよね。そこは、やはり、公園再配置計画とともに、一定の面積を必ず持った公園を積極的に確保していくという発想が絶対に必要だと思うんですよね。飛田給地区に限定していけば関東村がありますよね。それがどういう形の公園か、もちろん西町公園もああいう形で、地域の住民の方にも声をかけていただきましたけども、関東村も東京都、あるいは国と調整しながら、一定面積の公園を確保していくという戦略が残念ながら私は余り感じていなかったんで、それで、今、この質問をしているわけです。例えば、飛田給はそういう課題があるし、十分な面積を持っていない地域というのは幾らでもあると思うんですよ。幾らでもというか、かなりあると思うんです。その辺は、私もそこから先、もうちょっと突っ込んでどこのところが足りないのか、自分で調べてみないとこれ以上は言えないんですけれども、その辺の実態は皆さんわかっているはずですから、この公園、だれも遊んでいないし、だれも利用していないけれども、何であるのかなというのが実際ありますから、そういうところは返すなり、売るなり、そういうふうに積極的にしていきながら、あるいは提供公園のあり方も、この分はお金でくださいという方向転換も必要かもしれない。その辺は、ほかの部にも関することですけども、何らかの対応が必要ではないかということだけは提案しておきたいと思います。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかに。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、 310、 311ページ、お願いをいたします。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 それでは、 312、313ページ。渡辺委員。
◆渡辺 委員 
 岬の苗圃の今後について、具体的にお決まりになりましたでしょうか。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 最終的な結論までちょっと至っておりませんけれども、現段階では近々、最終的な結論を出したいというふうに思っております。
◆渡辺 委員 
 昔は希望もあったみたいですけど、今はお荷物になっていると思うんですよね。ぜひ勇気をもって答えを出していただきたいと思います。お願いします。
○伊藤 委員長 
 ほかにございませんか。大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 生け垣の新設補助金に関連してなんですが、万年塀をどう減らしていくかということに関連して何ですけども、交通安全ともかかわるし、災害対策、地震にもかかわるし、万年塀を減らしていくということは、市民の生命を守るために不可欠だと私は思うんですよね。
 実際に震災の現場では万年塀が倒れて亡くなったり、けがをしたりしているし、それから、両側が万年塀で隅切りをしていなかったら、車もそうですけども、自転車が出るときに、当然、左右から車や自転車が来るかどうかを見るためには必ず頭を出さなければいけませんよね。それによる事故というのは現実にかなりあるんですよね。車を運転している方はみんなわかると思いますけど、そうすると万年塀をどうするかという話になって、1つの対策が生け垣新設ですよね。その辺は、行政対応としてはどのように積極的になさってきたんでしょうか。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 積極的かどうかというのはあれなんですが、少なからず万年塀を生け垣にするということは、環境から考えましても私は非常に有効な1つの手段ではないかなと。今後は、積極的に万年塀から生け垣に変えていくという方向は大事なことだと私は思っています。
 ところが残念なのは、家庭ごみが一部有料化になりまして、当然、生け垣がありますと、一年に1回か2回ぐらいは剪定しなければいけないという中で、現在は有料なんですね。市民の方から環境という立場、地球温暖化という立場から言いますと、緑を守ってくれと言っておきながら、一方では剪定枝が出たら有料と、やっていることと言っていることが違うじゃないかということもございますので、今、ごみ対策課を中心にしまして剪定枝をリサイクルするというふうなことを検討しております。聞くところによりますと、年間に約 1,500トン出るやに聞いておりますけども、そうしますと、恐らく調布市内では 1,500トンはさばき切れないと思うんですね。果たして市内でどのくらいのリサイクルでさばけるのか、その辺あたりを検証しながら、剪定枝のリサイクル化が図れれば、生け垣の推進も、例えば、緑の保全化ということでは、生け垣の補助金もありますので、あるいは剪定してもそれは無料になりますから、市民の方にぜひよろしくというような啓発活動を積極的にやっていけるのではないかと。ここは、今、検証しておりますので、あと1年、2年くらいでそういう方向になればより広がっていくのかなというふうに思っています。
◆大須賀 委員 
 もちろん、理想は万年塀を生け垣にすること、そのとおりです。それはそれで御努力いただきたいんですよね。都市整備部にお願いするんですが、その理想は、費用負担の問題もあるから現実なかなか難しいですよね。そこで、万年塀の本来、隅切りをしたいところが隅切りができない場合には、一定部分をさく状、ブロックじゃなくてさくにしている事例もあるじゃないですか。市内で結構そういうところがふえてきているんですね。わかりますよね。さく状というのは、わかるよね。わからない(「フェンス」と呼ぶ者あり)。フェンス状というの、万年塀の角の一部分を格子状というの、フェンスみたいにして、死角をなくすと。実際にそういうのが意外と市内に見受けられますから、そういう対策を市が行政テーマとしてしっかり掲げて、とにかく交通安全対策上も含めて死角を減らしていくという対策を、ぜひ積極的に展開していただきたいんですよね。いかがでしょうか。
○伊藤 委員長 
 中倉部長。
◎中倉 都市整備部長 
 突然のあれなので、今すぐどうこうということはできないと思うんですが、先ほどの議論を聞いていますと、交通安全対策、特に、生活道路内でのという御発言が多いようであります。その必要性も重々感じておりますので、関連部署と連携しながら研究してまいりたいというふうに思っております。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 大須賀委員。
◆大須賀 委員 
 所管がまたがっちゃうと、協議はしたけど、また2、3年たっちゃいましたということになりますが、同じ委員会の所管ですから、両部長さんとも非常に積極的な発言があったというふうに私は今、感じましたので、できるだけ早く検討していただいて、その検討の結果、あるいは途中経過をいただきたいと思います。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。福山委員。
◆福山 委員 
 花いっぱい運動事業運営費、この助成金の内容なんですが、具体的にどういうふうなプロセスでこの助成金を出しているか、ちょっと教えていただけますか。
○伊藤 委員長 
 小板橋課長。
◎小板橋 緑と公園課長 
 花いっぱい運動事業費ですね。対象者は自治会とか子ども会とか、大きい会じゃなくて少人数のグループが花いっぱいをするような形で、現物給付、種ないし苗を給付するというような形になります。市民の方々が公共の空閑地とか人の目につきやすいところで花いっぱい運動をやるというようなことで、申請なり、相談なりに来ていただいて、もちろん私たちの方も市報とか緑と花の祭典とか、いろいろなところで広報をしますが、そういうような形で申請していただいて、現物給付していくというような形で、最後は実績報告まで上げてもらうという形になります。
◆福山 委員 
 件数としてはふえてきているんですが、面積が非常に小さくなってきていますよね。これというのは、本当に小さいグループが小さいところで花を植えているという感じなんでしょうか。
◎小板橋 緑と公園課長 
 大きいところでも10人といないグループだと思います。小さいところは2、3人からやっています。面積が減っているというのは、実は助成した件数なんですね。トータルでは、登録団体とこちらの方は言っていますけれども、30団体ぐらいありまして、助成していない団体については、自分たちでことし取った種を来年使うとかということで、自立している団体も何団体かありまして、そういう団体もあるということで御理解願いたいと思います。
◆福山 委員 
 今、そういう申請制度になっていて、申請すれば花の種を現物給付しているということなんですが、今、高齢者の方々の園芸療法というのが全国的に非常に盛んになってきていまして、音楽療法とともに園芸療法というのがかなり見直しをされているんですね。高齢福祉の方とタイアップしていただいて、できればこういったことを何か新たな事業としてできないかなというふうに考えているんですけど、これは、ここですぐにはできないと思いますけど、ただ、申請されたものに対して助成金を出すというだけではなくて、少し積極的に、これを生かしていくという方向の新たな展開ができればいいなというふうに思っていますので、一応、これは御検討いただきたいということで、提案だけさせていただきます。
◎小板橋 緑と公園課長 
 わかりました。
○伊藤 委員長 
 御意見ですね。ほかに。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 なければ、 314、 315ページをお願いいたします。川畑委員。
◆川畑 委員 
 済みません。私の一般質問でやったんですけど、ちょっとお聞きしたいんですけども、この緑の保全基金ですが、土地として20億ぐらい残っていまして、現金としては1億ぐらいしかないということで、この20億円の使い道、運用状況というのはいかがなさるのかなというところなんです。とまっているだけなのかどうなのか、ちょっと教えてください。
○伊藤 委員長 
 工藤部長。
◎工藤 環境部長 
 土地の20億というのは、約 7,000数百平米だと思うんですが、それを20億円で取得しまして、土地がイコール20億円になっているということで、理想的に言いますと、本来は、この基金を有効活用するためには、今回の一般質問でもお答えさせていただきましたように、できれば財政当局がそれを買い戻していただいて、常に私ども市が最低でも7、8億とか現金を持っていたい。そういうことによって、急な場合も対応できると。ところが残念ながら、今は1億 2,000万円の現金しかありませんので、1億 2,000万円だと、坪 100万円だと 100坪や 140坪? 、買えない中ではどうにも活用できる額ではないという中では、できれば財政の方で早目に 7,400〜 7,500、それだけの面積がありますから、それを買っていただいて、現金化されれば一番よろしいんですが、ただ、財政需要が非常に厳しい中で、ここ10年くらい、悪い言葉で言うと20億イコール土地になっておりまして、塩漬けされている状態の中では、前々から何とかお願いをしたいということで話をしているんですが、財政が許さないというふうな現状になっています。
 ただ、そうした中でも、この間も一般質問でお答えをさせていただきましたが、今年度、国分寺崖線ということで、 6,000平米を遺産化を図って国の補助金をいただいて、それで崖線の 4,000平米を取得して、 2,000平米を国から永久的に無償貸与ということでの直接対応ということの中で、今後できるだけ、その基金の方の現金をふやすような方策を財政の方と相談していきたいというふうに思っています。
 以上です。
○伊藤 委員長 
 よろしいですか。
◆川畑 委員 
 わかりました。結構です。
○伊藤 委員長 
 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 ほかになければ、これで環境部所管の質疑を打ち切ります。
 ここでお諮りいたします。
 本日の会議はここまでとして、あす、この続きから審査を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○伊藤 委員長 
 御異議なしと認めます。
 それでは、本日の審査はこれまでとし、明日午前10時に委員会を再開いたします。
 なお、改めて通知はいたしませんので、御了承願います。
 これにて委員会を散会いたします。御苦労さまでした。
   午後4時1分 散会