議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 府中市

平成18年第1回定例会(第1号) 本文




2006.02.20 : 平成18年第1回定例会(第1号) 本文


              午前10時2分 開会・開議
◯議長(小野寺 淳議員) おはようございます。ただいまから平成18年第1回府中市議会定例会を開会いたします。
 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

       ────────────── ◇ ──────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程に入ります前に、去る2月17日に議会運営委員会が開催されておりますので、その経過と結果について、委員長から御報告願います。議会運営委員長。
      〔議会運営委員長松村寿志議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会運営委員長(松村寿志議員) おはようございます。御報告いたします。
 本年第1回市議会定例会の運営について、去る2月17日に議会運営委員会を開催し、協議いたしましたので、その経過と結果について御報告いたします。
 まず、会期については、本日2月20日から3月17日までの26日間と内定いたしております。
 次に、議案、陳情の付託先について申し上げます。お手元に配付いたしております議案等の付託表を御参考にしていただきたいと思います。
 日程第4第1号議案及び日程第5第2号議案は本会議で直接審議の上、即決でお願いいたします。日程第6第3号議案及び日程第7第4号議案は厚生経済委員会、日程第8第5号議案は本会議で直接審議の上、即決でお願いいたします。日程第9第6号議案は厚生経済委員会、日程第10第7号議案は建設環境委員会、日程第11第8号議案から日程第13第10号議案までの3議案は文教委員会、日程第14第11号議案は全員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査をお願いいたします。日程第15第12号議案及び日程第16第13号議案は厚生経済委員会、日程第17第14号議案及び日程第18第15号議案は総務委員会、日程第19第16号議案は建設環境委員会、日程第20第17号議案は予算特別委員会、日程第21第18号議案から日程第23第20号議案までの3議案は厚生経済委員会、日程第24第21号議案及び日程第25第22号議案は総務委員会、日程第26第23号議案から日程第28第25号議案までの3議案は建設環境委員会にそれぞれ付託を内定しております。
 なお、平成18年度税制改正に伴う府中市市税条例等の一部改正関係については、国会審議の状況を見て措置することとしております。また、会期中の追加議案といたしまして、人事関係の同意議案2件が予定されておりますので、あらかじめ御承知おきをお願いいたします。
 続いて、陳情について申し上げます。
 日程第29陳情第1号は文教委員会、日程第30陳情第2号及び日程第31陳情第3号は建設環境委員会、日程第32陳情第4号は厚生経済委員会にそれぞれ付託を内定しております。
 次に、一般質問について申し上げます。
 19人、37件の通告がなされております。質問時間等については従来からの申し合わせのとおり御協力をお願いいたします。
 次に、会期中の日程については、お手元に配付したとおりでありますので、御参考にしていただきたいと思います。
 なお、平成17年第4回定例会において、当委員会に検討を依頼されました事項については、2月17日の委員会で、「一般質問において、自己の発言通告外にわたり、他議員の発言に異を唱えるなどの発言は厳に慎むものとする」との申し合わせを行いましたので、御報告いたします。
 以上でございますので、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) ただいま委員長報告のとおり議事を進めることに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認め、委員長の報告を了承といたします。
 なお、本日、広報課から写真撮影の申し出があり、許可いたしましたので御承知おき願います。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.会議録署名議員の指名について


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第1会議録署名議員の指名について。本件については、会議規則第108条の規定により、2番服部ひとみ議員、3番目黒重夫議員の御両名を指名いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.会期の決定について


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第2会期の決定についてお諮りいたします。
 本件については、ただいま議会運営委員長の報告のとおり、本日から3月17日までの26日間と決することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認め、会期は本日から3月17日までの26日間と決定いたしました。
 なお、この際御通知申し上げます。先ほど議会運営委員長の報告の際に了承されました会期日程のとおり本会議を再開いたしますので、御承知おき願います。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.報告
  (1) 議長報告


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第3報告。議長報告につきましてはお手元の印刷物のとおりでありますが、この際、事務局長から若干補足説明をいたさせます。局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯糸満純一郎議会事務局長 議長報告につきまして、若干の補足説明を申し上げます。
 初めに、2月7日に開催されました全国市議会議長会基地協議会第69回総会でございますが、会務報告を了承した後、平成16年度決算を認定し、平成18年度運動方針案及び事業計画案を決定し、平成18年度予算案を決定いたしました。また、役員の改選が行われ、会長に福生市議会議長が選任されました。
 次に、2月14日に開催されました第44回東京都市議会議員研修会でございますが、猪瀬直樹氏による「構造改革とは何か」と題した講演が行われたものでございます。当日の受講者は680人とのことでございました。
 なお、講演に先立ちまして議員等の顕彰が行われ、府中市議会からは、正副議長3年以上表彰として小野寺議長及び相原議員が、また、議員10年以上表彰として村崎議員及び林議員がそれぞれ受賞されました。まことにおめでとうございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) ただいま事務局長から報告したとおりでありますが、私のところに表彰状が届いております。受賞者の方にお渡ししたいと存じますので、しばらくの間、お時間をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
      〔表彰状授与〕(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) それでは、以上で議長報告を了承といたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

  (2) 市長報告
   ア 議会の委任による専決処分の報告について


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 次に、市長報告を求めます。
 議会の委任による専決処分の報告について、その報告を求めます。都市整備部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯久保謙治都市整備部長 議会の委任による専決処分について御報告申し上げます。
 本件は、自動車事故による損害賠償額についてでございます。本件自動車事故は、平成17年11月25日、午前11時45分ごろ、庁用車の駐車場として契約いたしております府中市寿町2丁目14番地、グリーンパーキング内の事故でございます。
 事故の状況でございますが、職員が駐車場に入庫するため庁用車を後退したところ、隣に駐車してあった車両と接触し、相手方車両の左前席ドアを損傷させたものでございます。相手方車両は駐車保管した状況にあり、けが等はございません。
 相手方は、府中市寿町1丁目にお住まいの●●●●氏でございます。なお、本年1月12日に示談となり、相手方車両の修理費として損害賠償額11万1,678円を支払ったものでございます。
 事故の状況につきましては以上のとおりでございますが、今後の事故防止に当たりまして、職員に安全確認の徹底と車庫入れ時の補助員の確保を図るよう注意を促してまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) お諮りいたします。本件については、了承することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 異議なしと認め、本件は了承といたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第1号議案 府中市と受託施行者との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売
         事務の委託に関する規約の一部を改正する規約
 1.第2号議案 モーターボート競走施行者と府中市との間におけるモーターボート競走施行
         に伴う場外発売事務の委託に関する規約の一部を改正する規約


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第4第1号議案及び日程第5第2号議案の2議案を一括議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第1号議案 府中市と受託施行者との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約の一部を改正する規約 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 町村合併によるモーターボート競走施行者の名称変更に伴い、所要の改正を行うものであります。
 第2号議案 モーターボート競走施行者と府中市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約の一部を改正する規約 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 町村合併によるモーターボート競走施行者の名称変更に伴い、所要の改正を行うものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 2議案について提案説明を求めます。事業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯渋谷 彰事業部長 ただいま議題となりました第1号議案及び第2号議案を一括して御説明いたします。
 最初に、第1号議案府中市と受託施行者との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約の一部を改正する規約につきまして、御説明いたします。
 本件は、地方自治法第252条の14の規定に基づきまして、府中市が主催するモーターボート競走施行に伴う場外発売事務を委託している施行者のうち、桐生競走場の施行者であります阿左美水園競艇組合を構成する群馬県新田郡笠懸町及び山田郡大間々町が勢多郡東村と合併し、新たに群馬県みどり市となり、同組合の施行権はみどり市に引き継がれることに伴い、規約の一部を改正するために御提案するものでございます。
 改正内容は、議案の1ページに記載のとおり、府中市と受託施行者との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約の別表中、阿左美水園競艇組合をみどり市に改めるものです。付則は施行期日を定めたもので、みどり市に改正されます平成18年3月27日とするものです。
 次に、第2号議案モーターボート競走施行者と府中市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約の一部を改正する規約につきましては、他場の施行者が主催するモーターボート競走の発売事務等を府中市が受託することに伴い、第1号議案と同様の理由によりまして、他の施行者と府中市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約の別表中、阿左美水園競艇組合をみどり市に改めるものです。付則は施行期日を定めたもので、平成18年3月27日とするものです。
 以上で、第1号議案及び第2号議案の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま議題となっております第1号議案及び第2号議案については、会議規則第35条第2項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認めます。よって、第1号議案及び第2号議案については委員会の付託を省略することに決しました。
 直ちに本会議の審議に入ります。
 これより質疑に入ります。質疑のある方は挙手をお願いいたします。25番。

-------------------------------------------------------------------------------

◯25番(手塚歳久議員) 即決ということでございますので、今回、平和島の競走事業の関係で一般質問の通告も出させていただいた関係がありますので、簡単に確認だけさせていただければと思うんですけれども、今回のこの改正につきましては、今まで2町で構成してきました阿左美水園の競艇組合が、2町1村でみどり市にかわるということで、その件については了承いたします。
 確認なんですけれども、みどり市にかわっても、これまでの、例えば年間の開催日数でありますとか、1日のレースの数ということについては、これまでどおり変更はないということでいいのかどうか。
 それから、施行日が3月27日ということになっていますが、それは、阿左美水園の競艇組合が解散する日が27日で、みどり市が誕生するのは27日ということでいいのかどうか、そのあたりを確認させてください。
 それから、所在地なんですけれども、ここの場所は、ありましたように桐生競艇場ですか、というふうになっているんだと思うんですけれども、桐生市については、過去の経緯で抜けたというふうに記憶しておりますけれども、この競艇場の名称あるいは住所等については従来どおりなのかどうか、その確認をさせてください。
 最後に、この桐生の競艇場については、以前からナイターを開催しているというふうに記憶をしているんですけれども、そのナイターの関係については、これまでどおりで、府中市としてもそのナイターの場外について、従来どおりで受託をしていくということでいいのかどうか。
 以上、確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 順次答弁願います。事業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯渋谷 彰事業部長 お答えいたします。
 1点目のみどり市にかわったときの年間の開催日ということでございますが、今までも180日、一般開催をやっておりますので、その日数、レース数についても変わりなく、今までどおりということを引き継ぐということでございます。
 それと、解散日でございますが、2町1村が合併するわけでございまして、その日が3月27日で、解散については、前日の3月26日に当然解散するということになっていると聞いております。
 それと、3点目の所在地でございますが、桐生競走場といいますのは、名称としては桐生でございますが、以前から桐生市にはございませんで笠懸町というところにございます。現在もそこでやりますし、今後もそこでやっていくということで、名称はそのまま使うことになっていると聞いております。住所も変わりません。
 4番目のナイター開催でございます。ナイター開催についても同様でございますが、桐生としては、なるべくナイターレースを多くしたいということでございますけれども、府中市としては、従来からお話ししているとおり、地域の方々と協議しておりますので、現在、ナイターレースについては4日間しかできません。そのうち、桐生競走場については、今年度が2日、18年度についても2日を一応予定しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 答弁は終わりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯25番(手塚歳久議員) 住所の関係については、多分、今までが町だったのが、今度市になるので、住所はそういうふうに変わるんじゃないかなと思うんで、それはもう一回ちょっと確認させてください。
 あと、ナイター等については、もしかしたら、一般質問のときにでも触れさせていただければと思いますので、そのほかの件につきましては了承いたします。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 答弁願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯渋谷 彰事業部長 失礼いたしました。所在場所としては変わりませんが、地名が変わりますので、当然変わると思いますので、まだ確認しておりませんが、確認させて、また御報告したいと思います。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) お諮りいたします。一括議題の2議案については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認めます。よって、第1号議案及び第2号議案は可決されました。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第3号議案 府中市障害認定審査会の委員の定数を定める条例


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第6第3号議案府中市障害認定審査会の委員の定数を定める条例を議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第3号議案 府中市障害認定審査会の委員の定数を定める条例 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 障害者自立支援法(平成17年法律第123号)第15条の規定により設置する府中市障害認定審査会の委員の定数を定めるため、同法第16条第1項の規定により条例を制定するものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 本案の提案説明を求めます。福祉保健部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯竹内健祐福祉保健部長 ただいま議題となりました第3号議案府中市障害認定審査会の委員の定数を定める条例につきまして、御説明申し上げます。
 本条例は、障害者自立支援法第15条の規定により設置する府中市障害認定審査会の委員の定数を同法第16条第1項の規定に基づき30人以内と定めるものでございます。
 なお、詳細につきましては、当該委員会におきまして御説明申し上げますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。御質疑はありますか。
      〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) ただいま議題となっております第3号議案は厚生経済委員会に付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第4号議案 府中市国民健康保険条例の一部を改正する条例


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第7第4号議案府中市国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第4号議案 府中市国民健康保険条例の一部を改正する条例 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 障害者自立支援法(平成17年法律第123号)の制定に伴い、所要の改正を行うものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 本案の提案説明を求めます。生活文化部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯東 千惠藏生活文化部長 ただいま議題となりました第4号議案府中市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきまして、御説明申し上げます。
 本件につきましては、障害者自立支援法の成立に伴い、精神通院医療に係る規定が現行の精神保健及び精神障害者福祉に関する法律から削除され、障害者自立支援法上に規定されます。このことにより、国民健康保険におきまして入院給付費として助成を行っております精神医療給付金について支給額などに関する引用法令等の改正を行うものでございます。
 なお、施行日は平成18年4月1日とするものでございます。
 詳細につきましては、当該委員会におきまして御説明申し上げますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま議題となっております第4号議案は厚生経済委員会に付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第5号議案 府中市立心身障害者福祉センター条例の一部を改正する条例


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第8第5号議案府中市立心身障害者福祉センター条例の一部を改正する条例を議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第5号議案 府中市立心身障害者福祉センター条例の一部を改正する条例 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 障害者自立支援法(平成17年法律第123号)の制定に伴い、所要の改正を行うものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 本案の提案説明を求めます。福祉保健部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯竹内健祐福祉保健部長 ただいま議題となりました第5号議案府中市立心身障害者福祉センター条例の一部を改正する条例につきまして、御説明申し上げます。
 本条例は、国の障害者福祉サービスの見直しに伴う知的障害者福祉法、児童福祉法等の一部改正に伴い障害者及び障害児に対するデイサービスに関する規定がこれらの法から削除され、平成17年11月7日に制定されました障害者自立支援法において定められたため、府中市立心身障害者福祉センター条例の一部を改正するものでございます。
 議案書の1ページ、2ページの府中市立心身障害者福祉センター条例、新旧対照をお開き願います。
 第3条第2号の知的障害者福祉法第4条第3項に規定する「知的障害者デイサービス」を障害者自立支援法附則第8条第1項第6号に規定する「障害者デイサービス」に改めるものでございます。
 次に、第3条第3号の「児童福祉法第6条の2第3項」を「障害者自立支援法第5条第7項」に改めるものでございます。
 次に、付則でございますが、この条例の施行期日を平成18年4月1日からとすることを定めるものでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま議題となっております第5号議案については、会議規則第35条第2項の規定により委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認めます。よって、第5号議案については、委員会の付託を省略することに決しました。
 直ちに本会議の審議に入ります。
 これより本案に対する質疑に入ります。25番。

-------------------------------------------------------------------------------

◯25番(手塚歳久議員) この件につきましては、前回の協議会の関係で障害者の数等について質問させていただいて、また、多分委員会の中で議案が出たらお尋ねしようかと思っていましたので、即決になると思っていませんでしたので、あえて質問させていただきますが、一つは、今回、こういう形で対照表になっておりますけれども、知的障害者福祉法の第4条第3項の中身と障害者自立支援法附則第8条第1項第6号の中身ということについては、児童福祉法も同様でございますけれども、全く同じという理解でよろしいのか、若干違うのかどうか。そこをまず確認させてください。
 それから、今回、昨年の12月に、障害者自立支援法ということで新たに制定をされて、この4月1日からということでございますので、いろいろと影響はあるんだと思うんですけれども、大きく、この府中市に対してどのような影響というか、メリットとか、デメリットというか、そういうことでどのような影響が一番考えられるのか。あわせて、今回、特にこの障害者福祉センターの関係で何か影響があるのかどうかということについてお尋ねをいたします。
 以上、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 順次答弁願います。福祉保健部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯竹内健祐福祉保健部長 1点目の、内容に変わりがあるのかどうかというお話でございますが、これにつきましては、引用条文が異なったということだけでございまして、内容につきましては従来と全く同じでございます。
 それから、2点目の府中市への影響ということでございますが、今回の改正によりまして、従来の支援制度における居宅サービス、施設サービスというこの分類が、大きく分けまして障害福祉サービス、それから地域生活支援事業というふうに大きく大別されたわけでございます。
 そこで、特に影響が大きいと思われることですが、地域支援事業という、これは市町村の創意工夫によりまして利用者の状況に応じて事業を組み立てるというものでございますけれども、したがいまして、事業内容や利用者の負担はそれぞれ市町村ごとに異なるということになるわけでございます。ところが、これに要する財源として、国は今、200億円を全国で用意しているということなんですけれども、この配分につきましては、まだ明らかにはなっておりませんけれども、今まで府中市がやっている事業そのものを継続してやっていくと仮定したときに、従来と比べてかなりの財源不足が見込まれるのではないかと現時点では想定しておるところでございます。
 それから、3点目の心障センターへの影響ということですが、これにつきましては、従来と全く変わりはございません。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯25番(手塚歳久議員) 了解いたしました。自立支援法の関係につきましては、財源不足が懸念されるということにつきましては、いろんな意味で心配をしているところでございますけれども、今回のこの法律の並びでは特に影響はないということでございますので、了解をいたしますが、その財源不足に対して、府中市が持ち出しをしなきゃいけないということが極力少なくて済むように、できれば従来どおりで、全く同じような形で進めていけますようにきちっと要望して、対応していただければということをお願いをいたしまして、質問を終了させていただきます。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 以上で質疑を終わります。
 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認めます。よって、第5号議案は可決されました。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第6号議案 府中市介護保険条例の一部を改正する条例


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第9第6号議案府中市介護保険条例の一部を改正する条例を議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第6号議案 府中市介護保険条例の一部を改正する条例 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 介護保険法(平成9年法律第123号)の一部改正及び介護保険料の見直しに伴い、所要の改正を行うものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 本案の提案説明を求めます。福祉保健部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯竹内健祐福祉保健部長 ただいま議題となりました第6号議案府中市介護保険条例の一部を改正する条例につきまして、御説明申し上げます。
 本条例は、介護保険法の一部改正により予防重視型システムへの転換や住み慣れた地域で暮らし続けられるサービスの創設などに伴う関係用語の変更と、第3期介護保険事業計画における保険料額の見直し等により、所要の改正を行うものでございます。
 改正の内容でございますが、その主な点を御説明申し上げますと、介護保険法の一部改正に伴い、「居宅支援サービス」という表現を「介護予防サービス」に、「居宅介護支援」を「介護予防支援」に改めるものでございます。
 また、第3期の介護保険料について、事業計画に基づき基準額を3,950円に変更するものでございます。あわせて税制改正により保険料段階が上昇する者への緩和措置を講ずるものでございます。
 なお、詳細につきましては、当該委員会におきまして御説明申し上げますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま議題となっております第6号議案は厚生経済委員会に付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第7号議案 府中市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正す
         る条例


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第10第7号議案府中市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例を議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第7号議案 府中市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 建築制限を行う区域を追加することによるほか、所要の改正を行うものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 本案の提案説明を求めます。都市整備部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯久保謙治都市整備部長 ただいま議題となりました第7号議案府中市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例につきまして、御説明申し上げます。
 本案につきましては、2点の改正を提案するものでございます。
 1点目は、建築基準法の改正を受けまして、公共事業の施行等に伴う敷地面積の縮小に対して、本条例で規定する各区域における最低敷地面積の制限の適用を除外する例外規定を追加するものでございます。
 2点目は、府中インテリジェントパーク内での建築物の制限に関する事項でございます。当地区では、平成元年10月11日に都市計画日鋼町地区地区計画を決定し、きめ細かな地区の特性を生かしたまちづくりを進めております。このたび、さらに地区との連携を図り、効率的な運用を進めるため、建築基準法の規定に基づき日鋼町地区地区計画に規定する建築物の制限を本条例に追加するものでございます。
 建築制限の内容といたしましては、議案書の1ページから8ページに記載をしておりますが、建築物の用途、建ぺい率の最高限度、敷地面積の最低限度、壁面の位置の制限、高さの最高限度、そして垣またはさくの構造を制限するものでございます。
 以上、2点の事項につきまして、所要の改正を行うものでございます。
 詳細につきましては、当該委員会で御説明申し上げますので、よろしく御審議くださいますようお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま議題となっております第7号議案は建設環境委員会に付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第8号議案 府中市立府中第三中学校校舎改築工事請負契約
 1.第9号議案 府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う電気設備工事請負契約
 1.第10号議案 府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う空気調和設備工事請負契約


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第11第8号議案から日程第13第10号議案までの3議案を一括議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第8号議案 府中市立府中第三中学校校舎改築工事請負契約 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 府中市本町4丁目16番地において、府中市立府中第三中学校校舎改築工事(鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、地上3階建、延べ8,956.66平方メートル)を施行するものであります。
 第9号議案 府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う電気設備工事請負契約 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 府中市本町4丁目16番地において、府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う電気設備工事を施行するものであります。
 第10号議案 府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う空気調和設備工事請負契約 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直 (説明) 府中市本町4丁目16番地において、府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う空気調和設備工事を施行するものであります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 3議案について提案説明を求めます。財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯原 拓二財務部長 ただいま一括議題となりました第8号議案から第10号議案までの3議案につきまして、順次御説明申し上げます。
 初めに、第8号議案府中市立府中第三中学校校舎改築工事請負契約でございますが、本案は、府中市本町4丁目16番地において、府中市立府中第三中学校校舎改築工事を施行するものでございます。
 入札につきましては、平成17年12月21日に条件付一般競争入札をもちまして、7建設共同企業体により実施いたしました結果、府中市宮西町2丁目15番地の1、西松・田中・関根建設共同企業体が第1回目に14億2,000万円で落札いたしました。現在、消費税及び地方消費税相当額を加算いたしました契約金額14億9,100万円で同建設共同企業体と仮契約を締結しております。工期につきましては、契約確定の日の翌日から平成19年9月28日まで。また、支出科目等につきましては、平成17年度一般会計教育費中学校費債務負担行為となっております。
 続きまして、第9号議案府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う電気設備工事請負契約でございますが、本案は、府中市本町4丁目16番地において、府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う電気設備工事を施行するものでございます。
 入札につきましては、平成17年12月21日に公募型指名競争入札をもちまして、事前辞退のありました1社を除いた14社により実施いたしました結果、第1回目に7社から調査基準価格を下回る入札が行われたため、入札会を一たん保留し、最低価格の株式会社金子電気商会について、府中市公共工事低入札価格審査委員会の審査及び事務手続を進めていたところ、同社から契約を辞退したい旨の申し出がありましたので、同社は契約を締結する意思がないものと判断し、2番目に低い入札金額の村山電気株式会社について同様の審査を行い、東大和市南街5丁目97番地の10、村山電気株式会社を落札者と決定いたしました。現在、入札金額1億6,800万円に消費税及び地方消費税相当額を加算いたしました契約金額1億7,640万円で同社と仮契約を締結しております。工期、支出科目等につきましては第8号議案と同様でございます。
 次に、第10号議案府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う空気調和設備工事請負契約でございますが、本案は、府中市本町4丁目16番地において、府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う空気調和設備工事を施行するものでございます。
 入札につきましては、平成17年12月21日に公募型指名競争入札をもちまして、17社により実施いたしました結果、府中市東芝町2番地の1、オーク設備工業株式会社多摩営業所が第1回目に2億6,500万円で落札いたしました。現在、消費税及び地方消費税相当額を加算いたしました契約金額2億7,825万円で同社と仮契約を締結しております。工期、支出科目等につきましては第8号議案と同様でございます。
 以上、請負契約につきまして議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により御提案申し上げるものでございます。
 工事の内容につきましては、都市整備部長から御説明申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 都市整備部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯久保謙治都市整備部長 続きまして、第8号議案から第10号議案までの工事の内容につきまして、御説明申し上げます。
 初めに、第8号議案府中市立府中第三中学校校舎改築工事でございますが、参考の1ページをごらんください。建設概要でございますが、1の建設地は府中市本町4丁目16番地、2の用途地域・地区等は第一種中高層住居専用地域、第二種高度地区・準防火地域、3の敷地面積は2万2,635.11平方メートル、4の建築面積は3,850.30平方メートル、5の延床面積は8,956.66平方メートル、6の構造階数は鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、地上3階建、7の面積表は記載のとおりでございます。
 2ページをごらんください。案内図で、斜線で囲まれた範囲が建設地でございます。
 3ページをごらんください。配置図で、斜線でお示してございます位置に建設建物を改築するものでございます。
 4ページをごらんください。下の図は1階平面図で、職員室、事務室、金工室等を、上の図は2階平面図で、普通教室、音楽室、理科室等を配置いたします。
 5ページをごらんください。下の図は3階平面図で、図面上部に屋上庭園、図面下部に普通教室を配置いたします。上の図は屋外平面図で、縦線で表示しておりますのは交流ホールの屋根を示しており、外周にはキュービクル、空調用室外機等を設置いたします。
 続きまして、第9号議案府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う電気設備工事でございますが、参考の1ページをごらんください。建設概要は省略させていただきます。工事項目でございますが、1の受変電設備工事は屋上に設置するキュービクルに受電する工事。2の幹線・動力設備工事は各階に動力盤、分電盤を設置し、電源を供給する工事。3の電灯コンセント設備工事は照明器具及び配線器具を設置し、電源を供給する工事。4の弱電設備工事は放送設備、自動火災報知器設備、電気時計設備等の工事でございます。
 2ページの案内図、3ページの配置図は省略をさせていただきます。
 続きまして、第10号議案府中市立府中第三中学校校舎改築に伴う空気調和設備工事でございますが、参考の1ページをごらんください。建設概要は省略させていただきます。工事項目でございますが、1の空気調和設備工事は職員室、事務室の管理諸室、普通教室及び特別教室等に空調機を設置し冷暖房を行う工事。2の換気設備工事は換気扇を設置し、換気を行う工事。3の自動制御設備工事は職員室に中央監視盤を設置し、各室の状態監視及び空調機の自動制御遠隔操作を可能としております。
 なお、2ページの案内図、3ページの配置図は省略をさせていただきます。
 なお、工事中の安全につきましては十分注意をして施行してまいります。
 詳細につきましては、当該委員会に御説明申し上げますので、よろしく御審議くださいますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま一括議題となっております第8号議案、第9号議案及び第10号議案は、いずれも文教委員会に付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第11号議案 平成17年度府中市一般会計補正予算(第3号)
 1.第12号議案 平成17年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 1.第13号議案 平成17年度府中市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)
 1.第14号議案 平成17年度府中市競走事業特別会計補正予算(第1号)
 1.第15号議案 平成17年度府中市公共用地特別会計補正予算(第1号)
 1.第16号議案 平成17年度府中市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第14第11号議案から日程第19第16号議案までの6議案を一括議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第11号議案 平成17年度府中市一般会計補正予算(第3号) 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第12号議案 平成17年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号) 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第13号議案 平成17年度府中市老人保健医療特別会計補正予算(第2号) 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第14号議案 平成17年度府中市競走事業特別会計補正予算(第1号) 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第15号議案 平成17年度府中市公共用地特別会計補正予算(第1号) 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第16号議案 平成17年度府中市下水道事業特別会計補正予算(第2号) 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 6議案について順次提案説明を求めます。財務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯原 拓二財務部長 ただいま一括議題となりました第11号議案から第16号議案につきまして、順次御説明申し上げます。
 初めに、第11号議案平成17年度府中市一般会計補正予算(第3号)につきまして、御説明申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ8億7,056万5,000円を追加し、予算総額を773億9万5,000円とするもので、これは補正前の額に対しまして1.1%の増となります。
 補正の主な内容でございますが、歳入歳出ともに本年度の執行見込みに基づきまして既定予算の増減を行うものでございます。
 歳入のうち、市税では6億5,099万円、利子割交付金では8,619万6,000円、配当割交付金では3,749万1,000円、株式等譲渡所得割交付金では1億4,106万6,000円、地方消費税交付金では1億1,042万1,000円、自動車取得税交付金では5,226万8,000円をそれぞれ増額し、分担金及び負担金では1,500万円を減額しております。
 国庫支出金では、国庫負担金で1億7,959万1,000円、国庫補助金で6,966万2,000円をそれぞれ増額し、国庫支出金全体で2億4,925万3,000円を増額いたしております。
 都支出金では、都負担金で49万9,000円を減額し、都補助金で2億1,314万円を増額し、都支出金全体で2億1,264万1,000円を増額いたしております。
 財産収入では1,023万4,000円を増額し、寄附金では5,535万8,000円、繰入金では6億5,509万8,000円をそれぞれ減額しております。諸収入では収益事業収入で2億円、雑入で5,246万1,000円をそれぞれ増額し、諸収入全体で2億5,246万1,000円を増額しております。市債では2億700万円の減額となっております。
 次に、歳出でございますが、総務費では1億1,177万5,000円を増額しております。
 民生費では、社会福祉費で5億7,161万7,000円を増額し、児童福祉費で2,320万9,000円を減額し、生活保護費で2億2,682万6,000円、高齢者福祉費で5,124万8,000円、災害救助費で100万円をそれぞれ増額し、民生費全体で8億2,748万2,000円の増額となっております。
 衛生費では3,965万3,000円を増額し、商工費では3,000万円、土木費では3億1,069万4,000円、消防費では1,215万6,000円をそれぞれ減額しております。
 教育費では、教育総務費で2,300万円、小学校費で2,500万円、幼稚園費で3,320万1,000円、社会教育費で4,800万円、社会体育費で1,400万円をそれぞれ減額し、教育費全体で1億4,320万1,000円を減額いたしております。
 公債費では1,970万6,000円を増額し、諸支出金では公共施設管理基金費で100万円、財政調整基金費で200万円、公共施設整備基金費で3億6,500万円をそれぞれ積み立て、諸支出金全体で3億6,800万円を増額しております。
 なお、繰越明許費につきましては、市民会館・中央図書館複合施設新築事業において既存の市民会館にアスベスト使用建材が検出され、解体工事の工期を延長したことにより、埋蔵文化財発掘調査におくれが生じたものでございます。また、リサイクルプラザ(仮称)新築事業は地質調査の実施などにより全体工事におくれが生じたことから、外構工事の一部を翌年度に繰り越すものでございます。
 地方債につきましては、複合福祉施設新築事業において、当初予定しておりませんでした東京都の福祉改革推進事業費補助金が多く充当されることから、限度額を変更するほか、対象事業の実績に合わせまして限度額を変更いたしております。
 次に、第12号議案平成17年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、御説明申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ5億9,920万3,000円を追加し、予算の総額を182億7,489万4,000円とするもので、これは補正前の額に対しまして3.4%の増でございます。
 補正の主な内容でございますが、保険給付費等の執行見込みに合わせて行うものでございます。
 歳入では、国庫支出金で562万5,000円を減額し、療養給付費等交付金で4,394万9,000円、都支出金で6,980万5,000円、繰入金で4億9,107万4,000円をそれぞれ増額しております。
 歳出では、保険給付費で5億9,949万1,000円、老人保健拠出金で271万4,000円をそれぞれ増額し、介護納付金で457万1,000円を減額し、諸支出金で156万9,000円を増額いたしております。
 次に、第13号議案平成17年度府中市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、御説明申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ9億2,619万円を追加し、予算の総額を141億236万3,000円とするもので、これは補正前の額に対しまして7%の増となります。
 補正の主な内容でございますが、医療諸費の執行見込みに合わせて行うものでございます。
 歳入では、支払基金交付金で4億8,759万6,000円、国庫支出金で2億8,339万1,000円、都支出金で7,084万8,000円、繰入金で7,084万8,000円、諸収入で1,350万7,000円をそれぞれ増額しております。
 歳出では、医療諸費で9億2,619万円を増額しております。
 次に、第14号議案平成17年度府中市競走事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、御説明申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ3億340万円を減額し、予算の総額を860億6,557万2,000円とするもので、これは補正前の額に対しまして0.4%の減となります。
 補正の主な内容でございますが、舟券売り上げの減などによるものでございます。
 歳入では、競走事業収入で13億11万8,000円を減額し、繰越金で2億1,221万4,000円、諸収入で7億8,450万4,000円をそれぞれ増額しております。
 歳出では、競走事業費で5億340万円を減額し、繰出金で2億円を増額しております。
 次に、第15号議案平成17年度府中市公共用地特別会計補正予算(第1号)につきまして、御説明申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ3億7,735万6,000円を追加し、予算の総額を17億4,209万6,000円とするもので、これは補正前の額に対しまして27.7%の増となります。
 補正の主な内容でございますが、公園用地取得事業費の増などによるものでございます。
 歳入では、都支出金で1,589万6,000円を計上し、財産収入で2億110万1,000円を増額し、繰入金で1,364万3,000円を減額し、繰越金で1億3,060万3,000円、諸収入で4,339万9,000円をそれぞれ増額しております。
 歳出では、公共用地取得費で3億7,735万6,000円を増額しております。
 次に、第16号議案平成17年度府中市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、御説明申し上げます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ5,939万8,000円を減額し、予算の総額を48億8,099万7,000円とするもので、これは補正前の額に対しまして1.2%の減となります。
 補正の主な内容でございますが、流域下水道事業の負担金の確定などによるものでございます。
 歳入では、分担金及び負担金で30万円、使用料及び手数料で812万3,000円、繰越金で1,798万5,000円をそれぞれ増額し、諸収入で150万6,000円、市債で8,430万円をそれぞれ減額しております。
 歳出では、下水道費で1億1,230万2,000円、繰出金で1,364万3,000円をそれぞれ減額し、基金積立金で9,000万円を増額し、公債費で2,345万3,000円を減額しております。
 なお、地方債につきましては、対象事業の実績に合わせまして限度額の変更をいたしております。
 以上で説明を終わりますが、詳細につきましては、それぞれ当該委員会で御説明申し上げますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。お諮りいたします。ただいま議題となっております第11号議案は、全員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認めます。よって、第11号議案は、全員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。
 なお、予算特別委員会の正副委員長には総務委員会の正副委員長にお願いいたします。
 続いて、常任委員会への付託を行います。
 第12号議案及び第13号議案は厚生経済委員会、第14号議案及び第15号議案は総務委員会、第16号議案は建設環境委員会にそれぞれ付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.第17号議案 平成18年度府中市一般会計予算
 1.第18号議案 平成18年度府中市国民健康保険特別会計予算
 1.第19号議案 平成18年度府中市老人保健医療特別会計予算
 1.第20号議案 平成18年度府中市介護保険特別会計予算
 1.第21号議案 平成18年度府中市競走事業特別会計予算
 1.第22号議案 平成18年度府中市公共用地特別会計予算
 1.第23号議案 平成18年度府中市下水道事業特別会計予算
 1.第24号議案 平成18年度府中市受託水道事業特別会計予算
 1.第25号議案 平成18年度府中市火災共済事業特別会計予算


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第20第17号議案から日程第28第25号議案までの9議案を一括議題とし、これを朗読いたさせます。議事課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋脩二議事課長 第17号議案 平成18年度府中市一般会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第18号議案 平成18年度府中市国民健康保険特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第19号議案 平成18年度府中市老人保健医療特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第20号議案 平成18年度府中市介護保険特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第21号議案 平成18年度府中市競走事業特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第22号議案 平成18年度府中市公共用地特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第23号議案 平成18年度府中市下水道事業特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第24号議案 平成18年度府中市受託水道事業特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 第25号議案 平成18年度府中市火災共済事業特別会計予算 上記の議案を提出する。平成18年2月20日 提出者 府中市長 野口忠直
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 9議案について一括提案説明を求めます。野口市長。
      〔野口忠直市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯野口忠直市長 平成18年第1回市議会定例会の開会に当たり、市議会並びに市民の皆様の御理解と御協力を賜りたく、市政運営に対します私の考え方の一端を申し上げまして、予算の提案説明とさせていただきます。
 私は、市民の皆様から信託をいただき、市政の重責を担い、2期目の任期も半ばを迎えることになりました。この間、私は「心ふれあう 緑ゆたかな 住みよいまち」を実現するため、市民の皆様の元気な力を結集した市民が主役のまちづくりに全力を尽くしてまいりました。
 平成17年度は、国内各地で児童・生徒などが犠牲となった痛ましい事件が続発いたしましたが、本市では、関係の皆様の御尽力、御協力をいただきまして、多摩地区で初めて全小学校に警備員を配置したほか、府中駅周辺における地元自治会、商店会が行う防犯カメラ設置に対して支援するなど、市民が安全で安心して暮らせるまちづくりに努めてまいりました。また、観光情報センターの開設、PFI手法による市民会館と中央図書館の複合施設の建設推進や複合福祉施設であるいきいきプラザの建設、水と緑のネットワーク拠点整備指針の策定など、幾つもの新たな取り組みに着手することができました。これらの事業を着実に進展させることができましたのは、市議会並びに市民の皆様の深い御理解と多大なる御協力のたまものでございまして、この場をお借りし、心より深く感謝申し上げます。
 さて、市財政を取り巻く状況でございますが、我が国の経済は、原油価格の動向には留意する必要があるものの、企業部門の好調さが家計部門へ波及しており、民間需要に支えられた緩やかな景気回復が今後も続くものと見込まれております。
 こうした中、国の予算編成につきましては、歳出改革の総仕上げとして、一般会計総額を前年度対比3%減の79兆6,860億円と4年ぶりに減額し、政策的経費である一般歳出は2年連続の減で、このうち4割を占める社会保障関係費は医療制度改革などを通じて0.9%増に抑えたものとなっております。
 また、東京都では、平成18年度が第二次財政再建推進プランの最終年度となることから、財政構造改革の足取りを確かなものとし、東京のさらなる発展を目指す予算と位置づけ、強固で弾力的な財政基盤を構築するとともに、オリンピックなど東京の将来を展望する取り組みにも重点的に財源を配分し、一般会計の予算規模は6兆1,720億円と5年ぶりに6兆円台を回復しております。
 本市におきましては、三位一体の改革や税制改正並びに緩やかな景気回復などにより、市税や所得譲与税などの増収を見込んでおりますが、扶助費や繰出金など民生費が大幅な増加傾向にあり、今後の福祉関連経費の動向に留意する必要があります。
 こうした中で、平成18年度予算につきましては、水と緑のネットワーク拠点整備事業を初め防災拠点となる(仮称)中央防災センター新築事業、小・中学校校舎の耐震化事業など、今後数年間にわたり重点的に推進する必要がある各事業の第一歩を踏み出すものとなっております。また、いきいきプラザや(仮称)リサイクルプラザを開設するとともに、学校施設など老朽化が進む各種施設の改修に対して、例年になく多くの予算を配分するなど、福祉、教育、環境、観光、防災などを重視した、「未来へつなげる うるおい あんぜん ぬくもり 予算」と名づけ予算編成を行いました。
 これによりまして、新たに38事業を立ち上げるとともに、25事業のレベルアップと25事業の見直しを行い、この結果、一般会計の予算額は前年度対比1.7%増の756億1,000万円で、ここ10年間では平成16年度に次いで2番目に大きい予算規模となっております。
 また、特別会計を含めた予算総額は2,065億8,845万7,000円で、前年度に比べ0.9%の減となっております。これは国民健康保険特別会計など福祉関連の3つの特別会計が医療費の増などによりいずれも増額となる一方、競走事業特別会計が約34億円の減額となっていることなどによるものでございます。
 それでは、平成18年度の市政の運営につきまして、「心ふれあう緑ゆたかな住みよいまち」の実現を目指した4つの柱に沿いまして、それぞれ主な事業の御説明を申し上げてまいります。
 初めに、第1の柱は、「安心でいきいきと暮らせるまちづくり」でございます。
 健康推進事業といたしましては、健康ふちゅう21の目標達成のため、健康的な生活習慣、健康状態の維持改善などに関する取り組みを市民に呼びかけ、市民の健康づくり活動を支援するとともに、保健相談や健康教育、各種健診事業などの効果的な推進に努めてまいります。
 子育て支援につきましては、一時保育事業や子育て広場事業の拡大を初め在宅の子育て支援に保育所機能の一層の活用を図るとともに、公会堂などを利用して地域の子育て広場事業を自主的に実施している団体への支援を行うなど、地域全体で子供を見守り、子育てを支えていく環境づくりを推進してまいります。
 保育所の待機児解消に向けては、高倉保育所の開設などにより前年と比較して200人以上の定員を拡大いたします。また、民間保育所の新たな分園整備を支援するとともに、三本木保育所の増改築及び市立保育所の定員の見直しに向けて具体的な準備を進めてまいります。
 学童クラブ事業につきましては、地域学童クラブ運営懇談会などを通じて地域住民や関係団体との連携を深め、充実に努めてまいります。また、第五学童クラブの増築、第十学童クラブ分館の新築を行うなど、引き続き安心して子供を預けられる環境を整備してまいります。
 児童の保護につきましては、これまでの児童虐待防止連絡会議を発展的に解消して、児童福祉法に基づく協議会を新たに設置し、関係機関のネットワークの強化をさらに進めてまいります。あわせて子ども家庭支援センター「たっち」につきましては、児童相談所との連携のもと、虐待の予防的取り組みや地域の見守り機能を新たに加えた先駆型子ども家庭支援センターとして運営してまいります。
 高齢者福祉施策といたしましては、新たに市政ディレクターを登用し、専門的立場から広く高齢社会対策について進言、助言をいただきながら、介護予防施策の充実などを図ってまいります。
 また、本年4月、いきいきプラザ内に介護予防の拠点施設として介護予防推進センターを開設し、高齢者が要介護状態にならないよう転倒予防や口腔ケアを初めとする介護予防事業を展開し、府中発の全国のモデルとなる施設運営を行ってまいります。
 また、高齢者が安心して生活できる地域づくりに向け、総合福祉相談などの役割を担う地域包括支援センターを新たに設けるとともに、高齢者見守りネットワーク事業などを展開する上で地域の拠点ともなる在宅介護支援センターを1カ所増設して、12カ所にするなど、きめ細やかな支援体制の充実を図ってまいります。
 障害者福祉施策につきましては、障害者自立支援法の施行に伴い、障害認定審査会や障害福祉計画を策定するための市民参加による協議会の設置などを行い、支援の充実を図ってまいります。
 また、心身障害者福祉センターで実施している児童デイサービス事業の定員を30人から33人にふやすほか、子ども発達支援事業を保健センター分館においても月2回実施してまいります。
 就労支援事業につきましては、就労の場を拡大するための施設の設置を進めるとともに、就労相談などを行う支援員を増員いたします。
 地域福祉の推進につきましては、判断能力の不十分な高齢者や障害のある方の権利を擁護し、安心して地域社会で暮らし続けることができるように支援するため、権利擁護センターを開設してまいります。
 住宅施策につきましては、市営第十一美好町住宅の改築に着手するとともに、民間木造住宅に対する耐震診断への支援を引き続き実施してまいります。
 第2の柱は、「安全で快適に住めるまちづくり」でございます。
 水と緑のネットワークにつきましては、市民健康センターと郷土の森博物館及びその周辺を拠点区域と位置づけ、新しい観光の名所づくりをも目指して、青年の家の跡地利用や憩いの森の環境整備、二ケ村緑道に隣接する公園などの設計に着手し、拠点区域の一体的な整備の検討を進めてまいります。
 また、子供たちが多摩川の水辺などで自然体験や環境学習を行う水辺の楽校を開設いたします。
 緑化につきましては、生け垣造成にかかわる奨励金制度の利用促進に努めるとともに、公園などの整備や緑地の保全に取り組み、人と自然が共生する緑豊かなまちづくりを推進してまいります。
 環境保全の取り組みにつきましては、地球温暖化防止対策として引き続き太陽光発電システムなどの設置に対する支援を進め、環境への負荷が少ない生活様式の普及に努めてまいります。また、人の健康に影響を及ぼすおそれのある化学物質などにつきましては、その実態把握と公表を行い、被害の防止に努めてまいります。
 環境美化につきましては、まちの環境美化条例により市民や企業者による自主的な環境美化活動を促進するとともに、喫煙禁止路線でのパトロール活動を強化して、きれいな町並みの保全に努めてまいります。
 市民聖苑につきましては、待ち日数を解消するために、聖苑内の改装による式場の増設などに着手してまいります。
 ごみの減量とリサイクルの推進につきましては、ごみ50%減量を目指してマイバッグ持参運動や地域ごみ対策推進員の活動を支援しながら、市・市民・事業者が一丸となった1万トンごみ減量大作戦を引き続き推進してまいります。
 クリーンセンターにつきましては、本年10月からの(仮称)リサイクルプラザの稼働に合わせ、廃プラスチックの分別収集を実施し、資源化のさらなる向上に努めてまいります。
 災害に強いまちづくりでは、災害時を想定した訓練や市民向けの救命講習会などを実施し、市民の防災意識の高揚を図るとともに、防災公園の開設や府中消防署の建てかえに合わせた(仮称)中央防災センター建設計画の推進、第五中学校における多目的防火貯水槽の設置など、防災・消防施設の整備に努めてまいります。また、国民保護法に基づいて、市民の避難や救援などの措置を盛り込んだ府中市国民保護計画を策定いたします。
 交通安全対策につきましては、交通安全思想の普及啓発や施設整備を行うとともに、警察や関係団体などと連携し、子供や高齢者の事故防止に努めてまいります。また、自転車駐車場の整備を行うなど、放置自転車対策を引き続き推進してまいります。
 防犯対策につきましては、携帯電話などにより、犯罪発生などの緊急情報を市民に提供するとともに、警察や関係団体を初め市・市民・事業者などが連携・協力し、防犯パトロールなどの各種犯罪防止活動を推進してまいります。
 第3の柱は、「人と文化をはぐくむまちづくり」でございます。
 男女共同参画につきましては、市民参加による懇談会からの御意見をいただきながら、第4次府中市男女共同参画計画の策定に取り組むなど、その推進に努めてまいります。
 生涯学習につきましては、推進の重要な担い手となる市民が企画・運営する講座を実施するとともに、大学などとの連携や生涯学習ボランティアの協力により市民の学習ニーズに沿った各種講座の充実を図ってまいります。また、本年は、平和都市宣言を行ってから20周年という節目の年を迎えますので、平和に対する意識をさらに高められるよう市民の皆様とともに支援事業を展開してまいります。
 図書館では、平成19年12月の新中央図書館の開館に向けて、市民の生涯学習を支え、情報化社会に適応した魅力ある図書館運営について具体的に検討してまいります。また、よりきめ細やかなレファレンスサービスや子供が読書に親しむ機会の提供に努めてまいります。
 市民文化の振興につきましては、その高揚を図るため、市民参加による協議会を設置し、府中市文化振興計画の策定を進めてまいります。
 郷土の森博物館につきましては、園内整備や博物館本館展示のリニューアルなどを進めてまいります。また、環境基準に適合した移動天文観測車を新たに購入いたします。
 美術館では「カミーユ・クローデル展」や「浅井忠と関西美術院展」などの企画展の開催を初め親子で美術鑑賞する機会の提供など、事業の充実を図ってまいります。また、美術作品の収集基本方針に基づき作品の収集保存に引き続き努めてまいります。
 市民会館につきましては、市民の皆様が文化・コミュニティ活動に主体的に取り組むための新たな拠点として、平成19年12月の開館を目指し、市民の誇りとなる施設の建設を進めてまいります。
 文化財につきましては、市民参加による協議会を設置し、武蔵国府の国衙跡や馬場大門けやき並木、熊野神社古墳など、貴重な郷土の文化遺産の保存、整備、活用を検討してまいります。
 スポーツ活動につきましては、スポーツ振興推進計画に基づきスポーツタウン府中の実現を目指して、市民の自立したスポーツ活動を振興するとともに、体育施設整備計画構想を策定するなど、市民がスポーツに親しめる環境の整備に努めてまいります。
 学校教育につきましては、小・中学校における算数・数学の少人数指導やITを活用した授業改善などにより引き続き児童・生徒の確かな学力の定着に努めてまいります。また、障害のある児童の教育ニーズに応じて適切な支援を行う特別支援教育を実施してまいります。
 学校給食につきましては、子供たちの健康に配慮して、内容の充実を図るとともに、給食センターのホームページを開設し、食教育の推進に努めてまいります。
 学校の安全管理につきましては、中学校全校に防犯カメラを設置するほか、小学校では警備員の配置に加えて地域の方々と連携して見守りを行うなど、児童・生徒の安全確保に努めてまいります。また、私立幼稚園に対しましても、防犯対策を支援してまいります。
 学校施設につきましては、第三中学校で本格的な校舎建設に取り組むほか、四谷小学校で耐震改修工事を実施いたします。また、夏の暑さ対策のため、市立の中学校と幼稚園のすべてに扇風機を設置いたします。
 青少年の健全育成につきましては、家庭の日事業の充実に努めるとともに、青少年健全育成協力店の拡大を図り、よりよい地域環境づくりを進めてまいります。また、青少年の社会性や自主性などをはぐくむため、野外体験を主体とした事業や子供たちの居場所づくり事業の充実を図ってまいります。
 NPO・ボランティア活動につきましては、市民への情報提供や相談業務の充実を初め市民の自主的な活動を支援する補助制度の創設など、市民活動に対する支援に努めるとともに、NPO・ボランティア団体との協働を推進してまいります。
 都市間交流でございますが、佐久穂町とは、これまで八千穂村との間で築いてきた友好信頼関係をさらに深めるとともに、ウィーン市ヘルナルス区とは写真展の開催や高校生のホームステイなどを通じてさらなる友好に努めてまいります。
 第4の柱は、「にぎわいと魅力あるまちづくり」でございます。
 土地利用につきましては、府中都市計画マスタープランに基づき地域のまちづくりの方向性を明確にするため、地域別まちづくり方針の策定に取り組んでまいります。
 府中駅南口再開発事業につきましては、第三地区の組合解散まで支援を行いますとともに、引き続きA地区の準備組合に対し、事業化に向けて積極的に支援してまいります。
 西府土地区画整理事業につきましては、南武線新駅の設置や区域内の道路整備、建物移転などが着実に進展いたしますよう、西府土地区画整理組合に対し積極的に支援してまいります。
 バリアフリーのまちづくりにつきましては、府中市交通バリアフリー特定事業計画に沿って府中駅や府中本町駅周辺を整備してまいります。また、その他の地域におきましても、みちづくりバリアフリー化整備を計画的に進め、歩行者などの移動の円滑化を図ってまいります。
 コミュニティバスにつきましては、道路事情や社会環境などの変化に対応し、交通利便性のさらなる向上を図るため、市民参加による検討協議会で今後のコミュニティバス事業の運営などのあり方について、引き続き検討してまいります。
 道路整備につきましては、幸町地区の府中都市計画道路3・4・13号や多摩川通りの築造を初め既存道路の改良工事などを計画的に進めてまいります。
 市政情報の提供につきましては、これまでの広報紙やホームページに加え、ケーブルテレビを活用して、本市の特性や魅力ある情報を市民に提供するため、新たな広報番組を放映してまいります。
 また、市民相談につきましては、週2回実施している法律相談に加え市民要望の多い予約制による法律相談を新たに週1回実施してまいります。
 電子自治体の推進につきましては、市民待望のパソコンや携帯電話などから施設の予約や空き情報の検索ができるサービスを本年6月から開始いたします。
 商工業の振興につきましては、むさし府中商工会議所と連携して、新たに商店会への加入促進や中小企業の人材採用を支援してまいります。
 観光につきましては、新たに市政ディレクターを登用し、専門的立場から広く観光施策に関して助言、進言をいただきながら、地域経済の活性化にもつなぎ、にぎわいと魅力あるまちづくりを推進してまいります。
 農業の振興につきましては、農業振興計画に基づき認定農業者制度を導入するとともに、地産地消の拡大を図るなど、豊かな市民生活を支える府中農業の実現を目指してまいります。
 最後に、総合計画「私たちの新世紀 府中プラン」につきましては、広く市民の皆様から御意見をいただきながら、平成20年度を初年度とする後期基本計画の策定に取り組んでまいります。
 以上、平成18年度の市政の運営につきまして所信の一端を申し述べましたが、私は24万市民の皆様がいつまでもこのまちに住むことを誇りに思えるような、美しい風格のあるまちの実現によって府中ブランドが確立されますよう、ソフトパワーを生かした市民が主役の市政を推進してまいりたいと考えております。
 ここに市議会議員の皆様並びに市民の皆様の御理解と御協力を賜りますよう、心からお願いを申し上げまして、市政の運営方針といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 説明は終わりました。ただいま市長から説明のありました市政の運営方針につきましては、後日御配付するとのことであります。
 なお、配付してあります予算の概要につきましては、朗読を省略したいと思いますので、御了承願います。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております第17号議案は予算特別委員会に付託することに御異議ありませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 御異議なしと認めます。よって、第17号議案は予算特別委員会に付託と決定いたしました。
 続いて、常任委員会への付託を行います。
 第18号議案、第19号議案及び第20号議案は厚生経済委員会、第21号議案及び第22号議案は総務委員会、第23号議案、第24号議案及び第25号議案は建設環境委員会にそれぞれ付託いたします。

       ────────────── ◇ ──────────────

 1.陳情第1号 30人学級を早期に実現することを求める陳情
 1.陳情第2号 三井不動産株式会社による(仮称)府中市府中町計画に関する陳情
 1.陳情第3号 ライオンズステージ府中武蔵野台建設への陳情
 1.陳情第4号 患者負担増の計画の中止を求める陳情


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 日程第29陳情第1号から日程第32陳情第4号までの陳情4件を一括議題とし、事務局長に付託委員会を報告いたさせます。
 なお、質疑等については付託後にお伺いいたしますので、御了承願います。事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯糸満純一郎議会事務局長 御報告申し上げます。
 日程第29陳情第1号につきましては、陳情人は府中市本町2−20―15−205 都教組北多摩西支部府中地区協議会書記長渡部 勝さん。署名3,625人。件名は30人学級を早期に実現することを求める陳情でございまして、付託する委員会は文教委員会。
 日程第30陳情第2号につきましては、陳情人は府中市府中町2−12−1−210 府中町2丁目高層マンションを考える会会長藤間敏三郎さん。件名は三井不動産株式会社による(仮称)府中市府中町計画に関する陳情でございまして、付託する委員会は建設環境委員会。
 日程第31陳情第3号につきましては、陳情人は府中市押立町3−28−30 マンション対策委員会代表高橋淳二さん。件名はライオンズステージ府中武蔵野台建設への陳情でございまして、付託する委員会は建設環境委員会。
 日程第32陳情第4号につきましては、陳情人は府中市晴見町2−15−5 府中社会保障推進協議会吾妻 裕さんほか3人。署名33人。件名は患者負担増の計画の中止を求める陳情でございまして、付託する委員会は厚生経済委員会。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(小野寺 淳議員) 報告が終わりました。ただいま一括議題の陳情4件については、それぞれの委員会に付託いたします。
 以上で、本日の日程は終了いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。なお、明日午前10時、本会議を再開し、一般質問を行いますので、定刻までに御参集願います。
              午前11時36分 散会