議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 三鷹市

平成20年度 予算特別委員会  本文




2008.03.06 : 平成20年度 予算特別委員会  本文


                  午後5時30分 開議
◯議長(石井良司君)  ただいまから、平成20年度予算審査特別委員会を開きます。
 委員会設置後、最初の委員会でありますので、委員長が互選されるまでの間、三鷹市議会委員会条例第10条第2項の規定により、年長の委員が委員長の職務を行うことになっております。本日出席委員中、嶋崎英治委員が年長の委員でありますので、委員長が互選されるまでの間、委員長の職務をお願いいたしたいと思います。よろしくお願いいたします。
◯年長委員(嶋崎英治君)  それでは、議長から職務を依頼されましたので、三鷹市議会委員会条例第10条第2項の規定によりまして、委員長が互選されるまでの間、委員長の職務を私が行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 予算審査特別委員長互選について。これより、予算審査特別委員長の互選を行います。
 互選の方法について、指名推選、投票、いずれかにいたしましょうか。
                (「指名推選」と呼ぶ者あり)
 今、指名推選という声がございました。
 それでは、お諮りいたします。互選の方法については、三鷹市議会会議規則第118条第5項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 異議なしと認めます。よって、互選の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 休憩いたしたいと思います。
                  午後5時32分 休憩

                  午後6時35分 再開
◯年長委員(嶋崎英治君)  委員会を再開いたします。
 慎重に御審議いただいたようでございます。
 お諮りいたします。指名の方法については、赤松委員において指名することにいたしたいと思います。これに異議ございませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 異議なしと認めます。よって、赤松委員において指名することに決定いたしました。
◯委員(赤松大一君)  宍戸委員に委員長をお願いしたいと思います。
◯年長委員(嶋崎英治君)  赤松委員において指名されました宍戸委員を、予算審査特別委員長の当選人に定めることに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名されました宍戸委員が予算審査特別委員長に当選されました。
 この際、委員長就任のごあいさつをお願いいたします。
 委員長を交代いたします。
◯委員長(宍戸治重君)  それでは、一言ごあいさつをさせていただきます。ただいまは御指名をいただきまして、ありがとうございます。私は、もとより経験がまだまだ不十分であるとは思いますが、皆さんの御協力によって職務を全うしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 それでは、引き続きまして、予算審査特別副委員長互選について。これより、予算審査特別副委員長の互選を行います。
 互選の方法については、指名推選、投票、いずれにいたしましょうか。
                (「指名推選」と呼ぶ者あり)
 ただいま、指名推選との声がございました。
 お諮りいたします。互選の方法については、三鷹市議会会議規則第118条第5項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、互選の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 お諮りいたします。指名の方法については、大城美幸委員において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、大城美幸委員において指名することに決定いたしました。
◯委員(大城美幸さん)  寺井委員にお願いをしたいと思います。
◯委員長(宍戸治重君)  お諮りいたします。ただいま大城委員において指名されました寺井委員を、予算審査特別副委員長の当選人に定めることに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名されました寺井委員が予算審査特別副委員長に当選されました。この際、副委員長就任のごあいさつをお願いいたします。
◯副委員長(寺井 均君)  推薦いただきまして大変にありがとうございました。市民の皆様の大事な予算の審査ということですので、委員長を助けて滞りのないように頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。
◯委員長(宍戸治重君)  以上を持って、正副委員長互選は終了いたしました。
 それでは、審査要領等について、正副委員長と事務局とで打ち合わせしたいと思いますので、しばらく休憩いたします。
 休憩いたします。
                  午後6時40分 休憩

                  午後7時04分 再開
◯委員長(宍戸治重君)  委員会を再開いたします。
 それでは、皆さんと審査要領等を協議してまいりたいと思います。
 休憩いたします。
                  午後7時05分 休憩

                  午後7時50分 再開
◯委員長(宍戸治重君)  委員会を再開いたします。
 協議事項1、審査要領について、2、審査日程について、3、質疑の方法について、4、予算審査参考資料について、5、その他については、ただいま休憩中に御確認をいただきましたように、お手元に御配付した日程のとおりとすることに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議ないようですので、そのように確認いたします。
 予算の審査は3月12日から始まりますが、ただいまの審査要領、審査日程等に基づき委員会の運営に努めてまいりたいと思います。御協力のほどよろしくお願いいたします。
 本日の予算審査特別委員会はこれをもって散会いたします。
 なお、次回は3月12日午前9時30分より、第1委員会室にて開会し、若干の打ち合わせの後、協議会室に移り、午前10時から審査に入ることといたします。文書にて改めて御通知いたします。
 本日は御苦労さまでした。
                  午後7時51分 散会