議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 立川市

平成17年  9月 定例会(第3回) 参考資料




平成16年度決算についての要望意見
1 事務事業評価については、事業別だけでなく、政策別に見ていく
ことにより、さらに検討を深められたい。
2 職員倫理の向上に向けた研修については、職員個々の意識の確認
やチェックをし、コンプライアンス(法令遵守等)に努められたい。
3 公共工事の入札契約制度の改革については、広域行政による業者
の相互参入の検討をするなど、改革全般を止めることなく、さらに
進められたい。
4 公共工事においては、検査体制の強化による品質確保と建設業等
従事者の賃金や労働条件の確保に努められたい。
5 委託契約制度改革への取り組みを強化されたい。
6 水道入札汚職事件からの教訓を踏まえ、監査委員からの指摘を真
摯に受け止め、業務の改善、職員の意識改革にさらに努められたい。
7 財政健全化については、目標値設定について再考願いたい。
8 住民基本台帳の閲覧に際しては、市として閲覧者に対し、個人情
報保護を喚起し、なお一層慎重な対応に努められたい。
9 市民バスについて、利用者にとって使いやすいコミュニティバス
として運行されるようさらに努められたい。
10 講師等謝礼の公金支出については、実態が基準にあわない場合に
は、その都度、理事者の判断を仰ぐという方法を取り、より適正な
公金の取扱いとなるよう是正されたい。
11 市政アドバイザーの導入については、今後さらに充実したものと

なるよう努められたい。
12 市民防災組織の目標結成率については、市の現状にあった目標値
を設定し、市民防災組織の充実に努められたい。
13 夢育て・たちかわ子ども21プランについては、より多くの保護
者や子どもたちの参加が得られるよう、積極的にPRするなど努め
られたい。
14 子ども家庭支援センターやファミリーサポートセンターの事業に
ついては、その成果をPRすることによって、さらなる事業の拡充
に努められたい。
15 老人性白内障特殊眼鏡等助成や酸素購入費助成のPRについては、
高齢者等が対象となるため、ホームページといった方法だけでなく、
わかりやすいPRに努め、制度の活用を図られたい。
16 生活保護世帯の稼働年齢層の実態を把握し、計画的な自立支援に
努められたい。
17 がん検診については、早期発見に寄与していることからも引き続
き強化を図られるとともに、より多くの市民が受診出来るよう対策
を講じられたい。
18 小児夜間救急体制については、早期実現に向け、引き続き努めら
れたい。
19 機能訓練、パワーリハビリについては、その成果を評価するとと
もに、継続的に事業を推進されたい。
20 待機児対策については、保育園、
学童保育所の施設拡充を図られた

い。
21 ごみの減量化については、目標を持って、推進されたい。
22 就労支援事業については、就労意欲の向上につなげるだけではな
く、就労機会の提供施策を検討されたい。
23 農産物等共同直売所を充実させていく施策については、今後とも
さらに強化し、推進されたい。
24 土壌の残留農薬問題については、土壌の安全性確保を、引き続き
都に対し要請されたい。
25 商業振興については、市全域において、商業者が発展していける
要素をどのようにつくっていくのかという視点で、今後の施策を検
討、実施されたい。
26 学校生活協力員については、学校、協力員、保護者、行政のバラ
ンスを取りながら、より充実した制度となるよう引き続き努められ
たい。
27 スクールカウンセラーの配置については、都に対し、拡充につい
て強く求められたい。
28 ハートフルフレンドについては、拡充に努められたい。
29 児童、生徒の学ぶ意欲が向上していくような教育の充実に努めら
れたい。
30 競輪事業については、開催内容の見直しなど、さまざまな経営努
力により、赤字を出さない運営に努められたい。
31 周辺対策協議会への交付金の見直しについては、これまでの経過

等を踏まえ、より丁寧な対応に努められたい。
32 雨水対策における道路整備については、公道、私道の別なく状況
に応じた対応をされたい。